議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 恵那市

平成17年第4回定例会(第1号 9月 2日)




平成17年第4回定例会(第1号 9月 2日)





        平成17年第4回恵那市議会定例会会議録〔第1号〕


                              平成17年9月2日


 ────────────────────────────────────────


 
 議 事 日 程(第1号)


                    平成17年9月2日(金)午前10時開議


  第 1        会議録署名議員の指名


  第 2        会期の決定


  第 3        承第8号及び認第68号から認第70号並びに議第80号か


             ら議第102号まで一括上程


 ────────────────────────────────────────


1 本日の会議に付した事件


 議 事 日 程(第1号)


  日程第 1       会議録署名議員の指名


  日程第 2       会期の決定


  日程第 3 承第 8号 専決処分の承認について


        認第68号 平成16年度恵那市水道事業会計決算の認定について


        認第69号 平成16年度恵那市病院事業会計決算の認定について


        認第70号 平成16年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定


              について


        認第80号 恵那市国民健康保険診療所設置条例の一部改正について


        認第81号 恵那市くしはら温泉軽スポーツ施設条例の制定について


        認第82号 恵那市火葬場条例の制定について


        認第83号 恵那市火災予防条例の一部改正について


        認第84号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更について


        認第85号 東濃農業共済事務組合規約の変更について


        認第86号 市道路線の認定について


        認第87号 市道路線の変更について


        認第88号 恵那市特定環境保全公共下水道根幹的施設(竹折浄化セン


              ター)の建設工事委託に関する基本協定の締結について


        議第89号 岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場用地の売払いにつ


              いて


        議第90号 恵那市武並コミュニティセンター建設工事(建築工事)請


              負契約の締結について


        議第91号 人権擁護委員の候補者の推薦について


        議第92号 人権擁護委員の候補者の推薦について


        議第93号 人権擁護委員の候補者の推薦について


        議第94号 人権擁護委員の候補者の推薦について


        議第95号 平成17年度恵那市一般会計補正予算


        議第96号 平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)補


              正予算について


        議第97号 平成17年度恵那市介護保険特別会計補正予算について


        議第98号 平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算


        議第99号 平成17年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算


        議第100号 平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算


        議第101号 平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算


        議第102号 平成17年度恵那市水道事業会計補正予算


 ────────────────────────────────────────


1 出 席 議 員


     1番  町 野 道 明 君       2番  畑 村 眞 吾 君


     3番  堀 井 文 博 君       4番  荒 田 雅 晴 君


     5番  堀   光 明 君       6番  伊 藤 桂 子 君


     7番  水 野 功 教 君       8番  伊 東 靖 英 君


     9番  勝   滋 幸 君      10番  堀     誠 君


    11番  市 川 雅 敏 君      12番  柘 植   羌 君


    13番  光 岡 克 昌 君      14番  小 林 敏 彦 君


    15番  西 尾 公 男 君      16番  鈴 木 清 司 君


    17番  小 倉 富 枝 君      18番  伊 藤 一 治 君


    19番  山 田 幸 典 君      20番  林   武 義 君


    21番  伊佐地 良 一 君      22番  伊 藤 和 之 君


    23番  安 藤 洋 子 君      24番  柘 植 弘 成 君


    25番  後 藤 薫 廣 君      26番  吉 村 典 男 君


    27番  渡 邊 鈴 政 君      28番  土 屋 藤 夫 君


    29番  藤   公 雄 君      30番  成 ? 鍾 平 君


 ────────────────────────────────────────


1 欠 席 議 員


     な し


 ────────────────────────────────────────


1 説明のため出席した者の職氏名


    市     長    可 知 義 明 君


    助     役    三 宅 良 政 君


    収入役        堀   歳 昭 君


    総務部長       林   茂 信 君


    地域振興部長     伊 藤 常 光 君


    企画部長       安 藤 仁 志 君


    市民福祉部長     渡 村 保 名 君


    医療管理部長     安 藤 常 雄 君


    建設部長       今 井 久 朗 君


    水道部長       遠 山 時 仁 君


    環境部長       三 宅 隆 司 君


    企画部調整監     大 島 博 美 君


    経済部参事      林   健 一 君


    山岡振興事務所長   桜 井 広 美 君


    明智振興事務所長   近 田 雅 和 君


    串原振興事務所長   堀   恒 夫 君


    上矢作振興事務所長  川 上 好 美 君


    教育委員長      伊 藤 保 直 君


    教育長        三 浦 忠 信 君


    教育次長       田 中 秀 雄 君


    教育次長       纐 纈 佳 恭 君


    消防長        曽 我 公 平 君


    代表監査委員     市 川 康 夫 君


    監査委員事務局長   石 原 和 幸 君


 ────────────────────────────────────────


 1 職務のため出席した事務局職員


    議会事務局長     山 田 賢 悟 君


    議会事務局次長    梅 村 義 隆 君


    議会事務局書記    山 田 英 正 君


    議会事務局書記    西 尾 克 子 君


    議会事務局書記    鈴 木 静 香 君


    議会事務局書記    三 田 理 広 君


 ────────────────────────────────────────


              午前10時00分 開会


○議長(後藤薫廣君) おはようございます。開会に先立ち、市民憲章の唱和を行います。全員ご起立を願います。


 事務局長に一節ずつ朗読させますから、続いて唱和をお願いいたします。


 議会事務局長・山田賢悟君。


                  (唱和)


○議長(後藤薫廣君) ご着席願います。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) これより平成17年第4回恵那市議会定例会を開会いたします。


 日程に入る前に、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日説明のため出席する旨報告のありました者を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご覧願います。


 次に、6月1日から8月31日までにおける議会関係諸報告、及び5月から6月までの出納検査結果報告の写しをお手元に配付しておきましたので、お目通しを願います。


 次に、閉会中に受理いたしております陳情は、陳情第10号・岐阜県建設技術協会会長及び副会長より、技術職員の計画的な採用および適性配置等を求める要望書、陳情第11号・岐阜県シルバー人材センター連合会会長及び恵那市シルバー人材センター理事長より、シルバー人材センター事業の機能の充実、強化に対する支援についての要望書、陳情第12号・恵那市酪農組合組合長より、恵那市家畜貸与基金の増額についての要望書、陳情第13号・恵那市長島町久須見区長ほか9名より、一般県道大湫恵那線早期改良要望書、陳情第14号・恵那市障害者団体連絡協議会会長ほか8名より、恵那市障害者団体の行政に対する要望書、以上5件であります。その写しをお手元に配付しておきましたので、お目通しを願います。


 なお、執行部におかれましては、よろしく処置くださいますようお願いしておきます。


 次に、地方自治法第180条により、報第7号から報第10号の専決処分の報告が4件ありましたので、お手元に配付しておきましたから、お目通しを願います。


 次に、先般来実施されました各常任委員会の行政視察について、総務文教委員会・柘植羌委員長、市民福祉委員会・西尾公男委員長、経済建設委員会・伊藤一治委員長、水道環境委員会・柘植弘成委員長からそれぞれ視察報告が提出されております。その写しをお手元に配付しておきましたので、お目通し願います。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) ここで、収入役・堀 歳昭君より平成16年度恵那市会計別決算数値確定概要報告についての発言の申し出がありましたので、これを許可いたします。収入役・堀 歳昭君。


             (収入役・堀 歳昭君 登壇)


○収入役(堀 歳昭君) おはようございます。貴重な時間に発言の機会をお許しいただきました。本当にありがとうございます。


 平成16年度恵那市一般会計及び特別会計の決算の数値が確定いたしましたので、概要について報告をいたしたいと思います。お手元に配付しております恵那市会計別決算概要書、A4、1枚のものですが、それをお目通しいただきたいと思います。


 平成16年度恵那市会計別決算の概要についてご説明をいたしたいと思います。会計別決算の合計は、一番下の合計欄にございますが、予算減額308億6,626万3千円で、歳入決算額は308億7,383万6千円、歳出決算額は289億7,748万5千円で、歳入から歳出を差し引いた決算差引額は18億9,635万1千円、そのうち翌年度に繰り越すべき財源は3,588万6千円で、実質収支額、黒字額でございますが、18億6,046万5千円となってございます。一般会計でございますが、予算減額192億600万4千円で、歳入決算額は195億7,938万3千円、歳出決算額は180億708万9千円で、歳入から歳出を差し引きました歳入歳出決算の差引額は15億7,229万4千円、翌年度に繰り越すべき財源は3,588万6千円でございます。実質収支額、黒字額としましては、一般会計では15億3,640万8千円となっております。


 なお、翌年度に繰り越すべき財源の内訳といたしましては、総務費のJR恵那駅交通バリアフリー整備事業で1,978万2千円、土木費の鏡山住宅関連排水事業ほか2件で1,160万2千円、災害復旧で450万2千円となっております。


 次に特別会計でございますが、簡易水道事業特別会計ほか12件の特別会計でございます。予算額としまして116億6,025万9千円、歳入決算額は112億9,445万3千円で、歳出決算額は109億7,039万6千円となっております。歳入から歳出を差し引きました決算差引額は3億2,405万7千円で、特別会計では繰り出し額はございませんので、実質収支額も同額の3億2,405万7千円でございます。


 老人保健医療の特別会計のマイナス分4,503万3千円につきましては、翌年度歳入充用金で補てんをいたしておりますので、よろしくお願いいたします。


 以上が平成16年10月25日から17年3月31日までの恵那市一般会計及び特別会計の決算の概要でございます。


 なお、決算監査が終了いたしました12月議会で詳細についての説明及び決算の認定についてお願いをいたすこととしておりますので、どうかよろしくお願いいたします。


 貴重な時間、ありがとうございました。


○議長(後藤薫廣君) 以上で諸般の報告を終わります。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、15番・西尾公男君、16番・鈴木清司君を指名します。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月22日までの21日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月22日までの21日間と決定いたします。


 なお、会期中の会議予定は、お手元に配付いたしました会期日程表により開催いたします。


 次に、一般質問の通告は9月5日午前10時に締め切りますので、それまでに通告書の提出をお願いします。質問の内容はできる限り簡潔明瞭にご記入くださいますようお願いしておきます。


 ────────────────────────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 日程第3 承第8号及び認第68号から認第70号並びに議第80号から議第102号まで27件を一括上程し、議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。市長・可知義明君。


             (市長・可知義明君 登壇)


○市長(可知義明君) 本日、平成17年第4回恵那市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様にはご多用の中ご出席いただきまして、誠にありがとうございました。


 市議会におかれましては、行革議員協議会を6月に設置していただき、その後これまでに3回ほどの協議会を開催していただいております。市の総合計画並びに行財政改革大綱の策定についてのご意見を賜る等、議会のあり方に関する様々な問題にも検討をいただいておりますが、このようなご活動に対して感謝を申し上げる次第でございます。


 なお、市行政における行財政改革推進本部におきましても、各部会での審議を急ピッチで進めておりまして、10月を目処に行革大綱(案)を議会に報告できるよう準備を進めております。同様に、総合計画原案の策定につきましても11月を目処に行ってまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、ただいま上程されました27議案につきまして、提案理由の説明をいたします。


 まず、承第8号の専決処分の承認につきましては、平成17年8月8日の衆議院解散に伴い、8月30日公示、9月11日投票の衆議院議員総選挙執行のために必要な予算の補正について、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,850万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ278億1,419万7千円とし、8月9日に専決処分をいたしたもので、議会の承認をお願いするものでございます。


 次に、認第68号から認第70号につきましては、平成16年度恵那市水道事業会計決算、同恵那市病院事業会計決算、同じく恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定につきまして、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見を付して議会の認定をお願いするものであります。


 各企業会計決算の概要につきましては、収入役及び担当部長等から説明をいたしますので、よろしくお願いいたします。


 次に、議第80号の恵那市国民健康保険診療所設置条例の一部改正につきましては、串原地区の地域医療の充実を図るため、国民健康保険串原診療所の診療日を増設し、今までの火曜日診療日に金曜日1日を加える等の改正を行うため、条例を改正するものであります。


 次に、議第81号の恵那市くしはら温泉軽スポーツ施設条例の制定につきましては、グラウンド・ゴルフ場の供用開始に伴って、くしはら温泉軽スポーツ施設の設置、管理及び利用料金等について規定するため、恵那市マレットハウスいっぷく条例の全部を改正するものであります。


 次に、議第82号の恵那市火葬場条例の制定につきましては、えな斎苑の供用開始に伴って、火葬場の設置、管理及び使用料等について規定するため、恵那市火葬場条例の全部を改正するものであります。


 次に、議第83号の恵那市火災予防条例の一部改正につきましては、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取り扱いに関する法律を定める省令等の改正に伴い、燃料電池発電設備を新たに対象火気設備等に位置づける等、所要の改正をするため条例を改正するものであります。


 次に、議第84号の岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更につきましては、平成17年に5月1日をもって加茂郡兼山町が可児市に編入したことに伴い、組合規約を変更するものであり、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第85号の東濃農業共済事務組合規約の変更につきましては、平成18年1月23日をもって土岐郡笠原町が多治見市に編入することに伴い、組合規約を変更するものであり、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第86号の市道路線の認定につきましては、新たに市道路線(市道0293号雀子ケ根7号線)を認定することについて、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第87号の市道路線の変更につきましては、市道(山岡町267号線)の道路改良に伴い、市道路線を変更することについて議会の議決をお願いするものでございます。


 次に、議第88号の恵那市特定環境保全公共下水道根幹的施設(竹折浄化センター)の建工事委託に関する基本協定の締結につきましては、平成17年8月1日、東京都港区赤坂六丁目1番20号、日本下水道事業団理事長板倉英則と委託金額8億円で仮契約を締結したもので、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第89号の岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場用地の売り払いにつきましては、恵那スケート場の用地のうち、スケート場及び調整池に係る部分の用地を岐阜県に売り払いするため、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第90号の恵那市武並コミュニティセンター建設工事──これは建築工事にかかわるものでございます──請負契約の締結につきましては、武並振興事務所と武並公民館の併設施設として1億5,750万円で、平成17年8月19日、岐阜県恵那市武並町竹折1095番地、岡本建設株式会社代表取締役岡本博昭と仮契約を締結したもので、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。


 次に、議第91号から議第94号の人権擁護委員の候補者の推薦につきましては、任期満了に伴い、再び現委員である宮地祥敬氏及び松村和枝氏の両氏を再推薦し、水野泰子氏及び春日井嘉子氏の退任に伴い、新たに鈴木美千代氏及び阿部可和氏を推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により候補者の推薦をするため、議会の意見を求めるものであります。


 次に、議第95号から議第102号までは、予算の補正にかかわる案件であります。


 まず、議第95号の平成17年度恵那市一般会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億3,510万8千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ280億4,930万5千円とするものであります。その主な内容といたしましては、去る7月1日、7月3日、7月4日及び8月5日に発生した豪雨災害にかかわる災害復旧費(農地災害4カ所、農業用施設災害4カ所、林道災害3カ所、道路橋りょう災害6カ所、河川災害11カ所)8,115万9千円を計上しております。


 総務費では、市役所の本庁舎耐震補強等実施設計、公共施設アスベスト調査のための委託料等で1,852万7千円を、また、土木費では国からの補助事業内示の増額に伴う緊急地方道路整備臨時交付金事業の増額2,037万8千円を計上しております。なお、今回の補正財源の主なものいたしまして、災害復旧費国庫負担金2,948万2千円、災害復旧費国庫補助金1,852万7千円、災害復旧債2,580万円、前年度からの繰越金1億2,706万8千円等を充当計上しております。


 次に、議第96号の平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)補正予算につきましては407万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億5,387万円とするものであります。三郷・上矢作歯科両診療所における雨漏修繕費357万円が主な内容であります。


 次に、議第97号の平成17年度恵那市介護保健特別会計補正予算につきましては、事業勘定では273万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億4,213万7千円とするものであり、第1号被保険者保険料還付金207万1千円が主な内容であります。また、サービス事業勘定では803万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億7,863万円とするものであり、老人福祉施設福寿苑事業に係る臨時職員経費が主な内容であります。


 次に、議第98号の平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算につきましては3,640万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億4,810万円とするものであり、未普及地区の早期解消のため、今回、河合・椋実両地区の事業認可を進めるための図書作成業務委託料1千万円及び下水道工事──これは上矢作町の分でございますが──に伴う配水管布設替工事請負費957万円等がその主な内容でございます。


 次に、議第99号の平成17年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算につきましては175万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億7,365万1千円とするものであり、消費税支払い及び恵那地区処理場の緊急修繕が主な内容であります。


 次に、議第100号の平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ958万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億328万1千円とするものであり、グラウンド・ゴルフ場整備委託料、ろ過砂入替工事費等が主な内容であります。


 次に、議第101号の平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算につきましては295万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出予算それぞれ24億2,695万5千円とするものであり、使用料還付金並びに公共奥戸処理区建設事業の事務費減に伴う単独分の増が主な内容でございます。


 次に、議第102号の平成17年度恵那市水道事業会計補正予算につきましては、既定の収益的収入に水道施設の事故に伴う保険金14万6千円を、収益的支出に水道施設の事故に伴う損害賠償金等14万9千円を追加し、収益的収入総額を9億4,404万6千円に、収益的支出総額を8億8,594万9千円に、資本的支出では建設改良工事に伴う配水管布設工事──増径差額分でございます──負担金100万円を計上し、資本的支出総額を6億5,880万円とするものであります。


 以上で提案説明を終わりますが、詳細につきましては担当部長等に説明させますので、よろしくご審議の上、適正な議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 市長の提案説明を終わります。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 続いて、各議案毎に詳細説明を求めます。


 なお、承第8号については詳細説明から採決まで行います。


 初めに、承第8号・専決処分の承認について、専第16号・平成17年度恵那市一般会計補正予算について詳細説明を求めます。総務部長・林 茂信君。


            (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、承第8号・専決処分の承認についてご説明いたします。


 専第16号・平成17年度恵那市一般会計補正予算(第2号)を定めることにつきましては、地方自治法第179条第1項の規定により、平成17年8月9日付をもって専決処分いたしましたのでご報告し、承認をお願いするものであります。


 それでは、専第16号・平成17年度恵那市一般会計補正予算についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,850万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ278億1,419万7千円とするものであります。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。


 5ページをお願いします。それでは、歳入についてご説明いたします。15款県支出金、3項県委託金、1目総務費県委託金3,850万円の増額は、平成17年8月30日公示、同年9月11日投票に係る衆議院議員総選挙等の執行経費にかかる県選挙費委託金であります。


 6ページをお願いします。歳出についてご説明いたします。2款総務費、4項選挙費、4目衆議院議員選挙費3,850万円は衆議院議員総選挙の執行経費でありますが、1節報酬におきまして、その主なものは、委員報酬のほか投票、開票の各管理者、各立会人に係る非常勤職員報酬等であり、3節職員手当等では選挙事務従事職員の時間外勤務手当等であります。また11節需用費では、啓発物品及びコピー代金等を内容としておりまして、12節役務費では投票所入場券の郵送料等にかかる経費でありまして、13節委託料では電話交換業務委託料、選挙人名簿等作成業務委託料等であります。また、14節使用料及び賃借料ではテレホンサービス機器借上料等であり、18節備品購入費では計数器、交付機等、また会議テーブル等選挙備品の購入費であります。


 なお、8ページから10ページに給与費明細書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で専第16号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 本件に対する質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、会議規則第37条第2項の既定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会の付託を省略することに決しました。


 本件に対する討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) 討論はありませんので、ただいまから採決を行います。


 承第8号・専決処分の承認について、専第16号・平成17年度恵那市一般会計補正予算については、原案のとおり承認することにご異議ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認め、承第8号・専決処分の承認について、専第16号・平成17年度恵那市一般会計補正予算については、原案のとおり承認されました。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、認第68号・平成16年度恵那市水道事業会計決算の認定について詳細説明を求めます。水道部長・遠山時仁君。


            (水道部長・遠山時仁君 登壇)


○水道部長(遠山時仁君) それでは、概要説明をいたします。議案書の11ページをお願いをいたします。


 認第68号・平成16年度恵那市水道事業会計決算の認定についてご説明し、議会の認定をお願いするものでございます。


 別冊の歳入歳出決算書の17ページを見ていただきたいと思います。平成16年度決算の概要につきましてご説明申し上げます。総括的事項、金額は消費税を抜いたものでございます。今年度──これは平成16年10月25日から平成17年3月31日まででございます──の事業概要は、総配水量182万2千立法メートル、有収水量156万9千立法メートル、有収率861%となり、年間の給水収益は前年より22%の増収となりました。


 本年度の利益剰余金につきましては1,937万円で、前年度繰越利益剰余金6,863万3千円を加えまして、当年度未処分利益剰余金は8,800万3千円となりました。この未処分利益剰余金のうち、法定積立金であります減債積立金──これは当年度利益剰余金の20分の1以上の積立義務がございます──に3千万円を5月議会承認後に積み立て、残り5,800万3千円につきましては減債積立金に500万円、第6次拡張事業に充てるため建設改良積立金に5千万を積み立てる予定にしております。


 収益的収入の主なものは、給水収益が3億3,750万3千円、高料金対策といたしまして、一般会計からの補助金が2,949万8千円、他事業の支障工事負担金が5,451万7千円等であります。


 収益的支出の主なものは、受水費が1億199万7千円、減価償却費が9,191万7千円、企業債利息が4,498万6千円等であります。


 一方、資本的支出につきましては、第6次拡張事業といたしまして武並町藤地区、長島町久須見山中・茂立地区、東野白坂地区等の配水池・ポンプ場の建設及び送・配水管布設工事等を実施をいたしました。


 なお、藤・瀬々良瀬地区、久須見山中・茂立地区におきましては、18年度の完成を目指しております。


 以上が本年度の事業概要ですが、今後も未普及地区──このことにつきましては、上水道第7次拡張事業といたしまして笠置町・姫栗地区の整備を計画しております──の解消に努め、経営基盤の強化を図り、安心して飲んでいただける水の供給に努める所存であります。


 なお、収益的収入及び支出は水道事業の経営活動に伴う経費であり、資本的収入及び支出は水道事業の投資に伴う経費であります。したがいまして、1ページから13ページまでが予算の執行状況であります。また、17ページから55ページまでが水道事業の報告及び関係諸費を掲載しておりますので、ご参照方よろしくお願いをいたします。


 以上で認第68号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、認第69号・平成16年度恵那市病院事業会計決算の認定について詳細説明を求めます。医療管理部長・安藤常雄君。


           (医療管理部長・安藤常雄君 登壇)


○医療管理部長(安藤常雄君) 認第69号・平成16年度恵那市病院事業会計歳入歳出決算の概況につきましてご説明申し上げます。


 恵那市恵南5カ町村との合併により、新恵那市では市立恵那病院と国保上矢作の2施設を管理する病院事業会計となりました。


 平成16年度恵那市歳入歳出決算書をお願いいたします。決算書のピンクの紙による区分以降、57ページから124ページが病院事業会計でございまして、その57、58ページをお願いいたします。平成16年度の10月25日から3月31日までの決算報告書でございます。収益的収入及び支出の収入では、第1款病院事業収益としまして予算額合計14億9,759万5千円に対し、58ページにございますが、決算額13億8,847万9,924円、うち仮受消費税及び地方消費税額が287万2,823円で、予算額に比べ決算額の増減は1億911万5,076円の減となりました。支出では、第1款病院事業費用としまして、予算額合計14億9,759万5千円に対し決算額13億3,926万8,145円、うち仮払消費税及び地方消費税額894万676円で、不用額は1億5,832万6,855円となりました。


 59ページをお願いいたします。資本的収入及び支出の収入では、第1款資本的収入としまして、予算額合計11億5,353万6千円に対し、決算額11億5,242万2,988円で、予算額に比べ決算額の増減は111万3,012円の減となりました。支出では、第1款資本的支出としまして、予算額合計8億5,624万3千円に対し決算額8億4,864万4,088円、うち仮払消費税及び地方消費税額4,004万4,200円と、通所リハビリテーションの利用者送迎車両の購入費を翌年度繰越額として436万円計上し、不用額は323万8,912円となりました。


 61ページをお願いいたします。平成16年度恵那市病院事業の損益計算書でございますが、医業収益から医業費用を差し引きします医業利益は6,173万1,496円の赤字となりました。


 63ページをお願いいたします。医業外利益から医業外費用を差し引きします医業外利益は1億893万8,428円の黒字となりました。通所リハビリテーション事業利益はゼロ円でございます。訪問看護ステーション事業利益は25万6,802円の黒字となりました。したがいまして、経常利益は4,746万3,734円の黒字となりました。前年度繰越利益剰余金に当年度純利益を加え、当年度未処分利益剰余金は2億8,046万242円の赤字となりました。


 以上が決算報告の概要でございます。


 65ページから74ページに剰余金計算書、剰余金処分計算書(案)、貸借対照表を、78ページから124ページに事業報告書及び附属書類を掲載しておりますので、お目通しをお願いいたします。


 なお、決算関係書類の作成上、決算報告書は税込みで、また損益計算書及び貸借対照表の財務諸表は税抜きになっておりまして、書類間の数値で一致しない部分がございますので、よろしくお願いいたします。


 これで認第69号・平成16年度恵那市病院事業会計決算の説明を終わらさせていただきます。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、認第70号・平成16年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定について詳細説明を求めます。市民福祉部長・渡村保名君。


            (市民福祉部長・渡村保名君 登壇)


○市民福祉部長(渡村保名君) 議案書の12ページをお願いします。認第70号・平成16年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定についてご説明いたします。


 平成16年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算について議会の認定をお願いするものであります。別冊の決算書の140ページをお願いいたします。恵那市介護老人保健施設ひまわりは入所定員、短期入所を含めまして95人、通所リハビリ定員10人であり、平成11年4月恵南福祉保健衛生組合施設として開設、平成16年10月25日以降は合併新市においての運営となっております。


 合併後の運営に当たりましては、従前同様に介護保健法及び施設理念に沿った看護介護、リハビリテーションの実施により、入所者、通所者の有する能力の改善、家庭復帰を目標に努力をしてまいりました。平成16年度合併後の利用状況につきましては、入所者数1万3,063人、1日平均827人は前年比078%の増であります。短期入所者数1,151人、1日平均73人は前年比64%の減であります。通所リハビリ利用者数955人、1日平均92人は前年比61%の減でありますが、全体としては142ページに示してありますが、142ページの利用者数合計欄に示すように1万5,169人、1日平均992人と概ね安定した利用水準を維持しております。医療機器の整備につきましては、入所者の緊急時の対応を図るため、除細動器1台を導入しました。


 財政状況につきましては、以下消費税抜きの数値でご説明いたします。合併前に引き続き経費の節減、利用率のアップに努め、16年度後半5カ月分の決算において単年度黒字195万6,684円の黒字となり、これに前年度繰越剰余金1,815万3,385円を加えて2,011万69円の未処分利益を計上することとなりました。この数値は129ページに掲載してございます。


 続きまして148ページをお願いいたします。収益費用明細書については、収益的収入1億8,730万6,062円の主なものは、第1款第1項事業収益では施設及び居宅サービスにかかる介護報酬収益、利用者等利用料収益であり、同2項事業外では他会計負担金であります。


 149ページの収益的支出1億8,534万9,378円の主なものは、第1款第1項給与費、同第3項では光熱水費、燃料費、調理業務委託料等の事業経費が主な内容でございます。


 151ページをお願いいたします。資本的収支明細書については、資本的収入629万6千円の内容は他会計負担金であり、資本的支出1,444万7,968円の主なものは企業債償還金であります。


 なお、126ページから136ページまでが予算の執行状況であり、140ページから153ページまでが事業執行にかかる報告及び附属書類であります。お目通しをお願いいたします。


 以上で認第70号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、監査結果の報告を求めます。代表監査委員・市川康夫君。


           (代表監査委員・市川康夫君 登壇)


○代表監査委員(市川康夫君) 監査結果についてご報告を申し上げます。


 お手元の平成16年度恵那市公営企業会計決算審査意見書をご参照いただきたいと思います。地方公営企業法第30条第2項の規定により、審査に付されました平成16年度恵那市水道事業会計、恵那市病院事業会計及び恵那市介護老人保健施設事業会計決算につきまして審査をいたしました結果、次の意見を提出いたします。


 1、審査の対象としましては、その1、平成16年度恵那市水道事業会計決算、その2、平成16年度恵那市病院事業会計決算、その3、平成16年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算。


 2としまして、審査の期間でございますが、平成17年7月6日から8月2日までの間でございます。


 3、審査の方法でございますが、審査に当たりましては、各企業会計の決算書、事業報告書及び附属書類、並びに関係諸帳簿等により審査をいたしまして、あわせて関係職員の説明を聴取して実施いたしました。


 4、審査の結果でございますが、審査に付された各企業会計の決算書は、経営成績及び財政状態が適性に表示されており、計数は正確であることを認めました。


 なお、審査の概要と意見につきまして、意見書としてお届けしてございますので、お目通しをいただきたいと思います。


 今回の決算につきましては、市町村合併後の平成16年10月25日から平成17年3月31日までの決算となっております。


 以上、ご報告を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 監査結果の報告を終わります。


 ただいまから本3件の決算について質疑を行います。


 初めに、認第68号・平成16年度恵那市水道事業会計決算の認定についてご質疑はありませんか。


               (「なし」の声あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり水道環境委員会に審査を付託いたします。


 次に、認第69号・平成16年度恵那市病院事業会計決算の認定についてご質疑はありませんか。


               (「なし」の声あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり市民福祉委員会に審査を付託いたします。


 次に、認第70号・平成16年度恵那市介護老人保健施設事業会計決算の認定についてご質疑はありませんか。


               (「なし」の声あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり市民福祉委員会に審査を付託いたします。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第80号・恵那市国民健康保険診療所設置条例の一部改正について詳細説明を求めます。医療管理部長・安藤常雄君。


           (医療管理部長・安藤常雄君 登壇)


○医療管理部長(安藤常雄君) それでは、恵那市改正条例議案の概要、1ページをお願いいたします。議第80号・恵那市国民健康保険診療所設置条例の一部改正についてご説明いたします。


 恵那市国民健康保険診療所設置条例、平成16年恵那市条例第99条の一部改正でございますが、新旧対照表になっており、アンダーライン部分が改正となっております。旧、右側第6条の条文中、「祝祭日」とありますものを、「国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日」と改正し、表中の下から2段目、串原診療所の診療日欄、「火曜日」とありますものに金曜日を追加するものでございます。これは、串原地域の地域医療推進のために関係機関と調整を進めてきましたが、へき地医療拠点病院の指定を受けております市立恵那病院での代診医派遣の協議が整い、週1日の診療日をふやすものでございます。


 次に、診療施設の臨時休診の定めが不足しておりましたので、同条第2項を同第3項に繰り下げ同第3項とし、第2項に「前項に定める診療日及び診療時間であっても、医師の研修等によりやむを得ない事情があると認められるときは、臨時に休診することができる」を追加するものでございます。


 なお、この条例の施行は平成17年10月1日となっております。


 以上で議第80号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第81号・恵那市くしはら温泉軽スポーツ施設条例の制定について詳細説明を求めます。串原振興事務所長・堀 恒夫君。


          (串原振興事務所長・堀 恒夫君 登壇)


○串原振興事務所長(堀 恒夫君) それでは、議案書の15ページをお願いいたします。議第81号・恵那市くしはら温泉軽スポーツ施設条例の制定についてご説明を申し上げます。


 提案の理由といたしましては、グラウンド・ゴルフ場の使用開始に伴い、くしはら温泉軽スポーツ施設の設置、管理、利用料金等について規定するためにこの条例を定めるものであります。


 16ページをお願いいたします。条例の内容でございますが、第1条では設置を、第2条では名称及び位置を、第3条では管理を、第4条では休業日を、第5条では利用時間を、第6条では利用の許可を、第7条では利用の制限を、第8条では利用料金の納付を、第9条では利用料金の減免を、第10条では利用料金の不還付を、第11条では特別の設備を、第12条につきましては目的外利用、権利譲渡等の禁止を、第13条では原状回復義務を、第14条では損害賠償義務を、第15条では指定管理者が行う業務を、第16条では指定管理者の指定期間を、そして第17条では委任を定めるものでございます。


 なお、この条例は平成17年10月1日から施行するものでございます。また経過措置といたしまして、指定管理者の指定がなされるまでの間はマレットハウスいっぷく及びマレットゴルフ場の管理は従前の例によることといたしまして、グラウンド・ゴルフ場は市長が行うことといたします。


 以上で説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、議第81号・恵那市くしはら温泉軽スポーツ施設条例の制定について質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 本件については、別紙の付託表のとおり経済建設委員会に審査を付託いたします。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第82号・恵那市火葬場条例の制定について詳細説明を求めます。環境部長・三宅隆司君。


            (環境部長・三宅隆司君 登壇)


○環境部長(三宅隆司君)それでは、議案書の21ページをお願いします。議第82号・恵那市火葬場条例の制定についてを説明します。


 提案の理由ですが、えな斎苑の供用開始に伴い、火葬場の維持、管理、使用料等につき必要な事項を規定するもので、本改正は条例の全文改正とするものであります。


 22ページをお願いします。条例の内容ですが、まず、第1条におきましては火葬及び遺体の保管の用に供するための設置であることを、第2条では火葬場の名称と位置を定めています。次に、第3条から4条では使用の許可と制限について定めています。


 23ページをお願いします。第5条から第7条では使用料の納付、免除等について定めております。第8条については目的外使用の禁止を、第9条では原状回復の義務を定めています。


 24ページをお願いします。第10条では焼骨の引き取り等を、第11条では建物、施設設備を損傷した場合の損害賠償義務を、第12条では委任を定めています。


 また、附則で施行期日については平成17年10月13日から施行することとし、施行日前の使用については、なお従前の例によるとするものです。


 25ページをお願いします。1つ目ですが、火葬炉使用料についてですが、遺体及び死胎児は現行どおりとし、市内居住者については1体につき5千円と、死胎児については2千円ということで、市外居住者については2倍の料金ということでございます。以下料金については同じ扱いをしております。改葬による骨及び身体の一部については新規に設定するもので、1件につき2千円と千円、それから産じょく汚物は現行どおり1件につき千円、死体動物については新規に設定するもので、1頭につき10キログラムまで3千円、10キロを超え5キロ増すごとの加算額を千円とするものです。


 待合室等の使用料では、霊安室は1体につき24時間まで5千円、24時間ごとの加算額を5千円、待合室については1室2時間まで2,500円とするものです。


 備考では、市内居住者に該当する場合について、それから2つ目ですが、市外の居住者に該当する場合を、それから3点目については、火葬できる死体動物の規格と重量について定めております。


 26ページをお願いします。死体動物の重量を算定する場合の5キロ未満の取り扱いについて、そして霊安室の使用時間を算定する場合の24時間未満の取り扱いについて定めております。


 以上で議第82号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


 ここで、議第82号・恵那市火葬場条例の制定について質疑を行います。ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。本件については、別紙の付託表のとおり水道環境委員会に審査を付託いたします。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第83号・恵那市火災予防条例の一部改正について詳細説明を求めます。消防長・曽我公平君。


             (消防長・曽我公平君 登壇)


○消防長(曽我公平君) 議案書の27ページをお願いいたします。議第83号・恵那市火災予防条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 今回の改正は、総務省令並びに建築基準法等の改正に伴い行うものであります。改正の主な内容は、近年科学技術の進歩や環境対策により、化学の変化を利用した燃料電池発電設備が開発されたことにより、新たに対象火気設備等に位置づける等、所用の改正のほか、内燃機関を原動力とする発電設備、火を使用する設備に附属する煙突に関する基準、住宅用防災警報機の設置免除、少量危険物等を貯蔵または取り扱う地下タンクの技術上の基準、消防署等への届け出、最後に罰則に規定についての条例改正をするため、この条例を定めるものでございます。


 それでは、参考資料の2ページをお願いいたします。第1条のアンダーライン部分、少量危険物等の「貯蔵及び取扱いの基準」を、「貯蔵及び取扱いの基準等」の「等」を加えるものであります。第2条、炉の第4項では、液体燃料を使用する炉の位置、構造、管理の基準については指定数量未満の危険物を取り扱う基準を準用するもので、アンダーラインの変更は項の整備を図ったもので、内容は変わりはありません。第7条の3が新たに燃料電池発電設備として加えられたものであります。第1項、第2項では、燃料電池発電設備を屋内に設ける場合の位置、構造及び管理の基準について。


 3ページをお願いします。第3項及び4項では、燃料電池発電設備を屋外に設ける場合の位置、構造及び管理の基準を定めています。5項では、前項に規定するもの以外の構造の基準については、この条例に定める発電用火力設備に関する基準によって行うものと定めています。第11条の見出しの「発電設備」を「内燃機関を原動力とする発電設備」に改め、同条第2項と3項で、屋内及び屋外に設ける内燃機関を原動力とする発電設備についての位置、構造等の基準についてを定めています。


 4ページをお願いします。新たに4項、5項を追加し、屋外に設ける気体燃料を使用するピストン式内燃機関を原動力とする発電設備で、出力10キロワット未満のもののうち、鋼板製の外箱に収納されているものの位置、構造の基準についてを定めています。その他の基準は、発電用火力設備の例によるものと定めています。16条の2では、火を使用する設備に附属する煙突の基準で、ここでは燃料電池発電設備を除きます。旧第1号から9号までのうち、2号から6号までを削除し、新たに第1号では煙突の固定について、2号は煙突の貫通する部分の構造、3号は煙突を容易に掃除できる構造、4号は火の粉の飛散防止を図る構造とすることを定めています。


 5ページをお願いします。新たに5号とし、建築基準法施行例を準用し、内容は建物部分からの煙突の距離等を定めています。次の2項と3項を削除するものであります。


 6ページをお願いします。第26条は化学実験室等における危険物の貯蔵等の基準を定めています。第28条の5は、去る6月議会でご承認いただきました住宅用防災警報設備について、設置の免除規定がさらに追加されたものであります。3から5号が追加されたもので、特定共同住宅、いわゆる寄宿舎や共同住宅にスプリンクラー設備または自動火災報知設備を技術上の基準により設置したときは、住宅用防災警報設備を免除することを定めています。


 7ページをお願いいたします。第30条の5では、火災予防条例に基づく少量危険物のうち、地盤面下に設けられた地下タンクの外面を保護する材料等を示したもので、その材料はエポキシ樹脂、ウレタンエラストマー樹脂、強化プラスチックまたはこれらと同等以上の防食性を有する材料に改めたものであります。7号では、タンク室とタンクの周囲に2カ所以上の管を設け、タンクから危険物の漏れを検知する設備を設けるものとするものであります。第43条では、火を使用する設備等を消防署に届ける義務がありますが、燃料電池発電設備のうち内燃機関を原動力とする発電設備のうち、出力10キロワット未満で自動的に発電を停止できる装置をつけたものについては届け出る必要がないことを定めております。


 8ページをお願いします。第48条の罰則第2号は、「から第30条の7まで」を削除するものでありますが、30条中に「から第30条の7まで」の基準が含まれており、条文を整備するものであります。第49条の備考第7号の「法別表」を「法別表第1」と改めるものであります。これは旧別表3が3表あり、そのうちの第1表とするものであります。


 議案書の31ページをお願いいたします。附則、この条例は平成17年10月1日から施行するものであり、ただし書きの(1)少量危険物の地下タンクの外面保護、第48条の罰則の改正については公布の日から、(2)は炉の基準、化学実験室等の改正については平成17年12月1日、(3)は住宅用防災警報設備の免除の改正については19年4月1日からとするものであります。経過措置は現状設置、工事中のものについては従来のものとするものでございます。


 以上で議第83号・恵那市火災予防条例の一部改正について説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


          ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第84号・岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更について詳細説明を求めます。総務部長・林 茂信君。


            (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、議案書の33ページをお願いいたします。議第84号・岐阜県市町村職員退職手当組合規約の変更についてご説明いたします。


 提案の理由でございますが、市町村合併により加茂郡兼山町が平成17年5月1日をもって可児市に編入したことに伴い、岐阜県市町村職員退職手当組合規約を変更することについて議会の議決をお願いするものでございます。


 34ページをお願いいたします。規約変更の内容でございますが、別表1中「兼山町」を削り、別表2(1)中「御嵩町兼山町中学校組合」を「可児市・御嵩町中学校組合」に改めるものでございます。


 なお、この規約は岐阜県知事の許可のあった日から施行し、平成17年5月1日から適用するものでございます。


 以上で議第84号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第85号・東濃農業共済事務組合規約の変更について詳細説明を求めます。経済部参事・林 健一君。


            (経済部参事・林 健一君 登壇)


○経済部参事(林 健一君) それでは、議案書の35ページをお願いいたします。議第85号・東濃農業共済事務組合規約の変更についてを説明をいたします。


 提案説明でございますが、平成18年1月23日をもって土岐郡笠原町が多治見市に編入することに伴い、組合規約を変更するため議会の議決をお願いするものでございます。


 36ページをお願いいたします。組合規約の一部を次のように改正するもので、第2条中「、土岐市及び笠原町」を「及び土岐市」に、「関係市町」を「関係市」に改めるもので、第3条は組合の事務処理を規定しており、条文中「関係市町」を「関係市」に改め、第5条は議員の定数を規定するもので、「11人」を「10人」に、条文中「市町」を「市」に改めるもので、第6条第1項は市議会からの組合議員を規定しており、「関係市町」を「関係市」に、「市町議会」を「市議会」に改め、同条第2項中「市町」を「市」に改め、第7条は議員の任期を規定しており、条文中「各市町議会」を「各市議会」に改めるもので、第9条第1項は組合の管理者のことで「6人」を「5人」に改め、同条第2項中「関係市町」を「関係市」に改め、同条第3項は副管理者を管理者以外の市長で4人とし、1人を管理者の所属する助役をもって充てるもので、条文中「関係市町」を「関係市」に、「市町」を「市」に改め、同条第4項は管理者、副管理者の任期のことで、条文中「関係市町」を「関係市」に改めるものでございます。


 附則は、この規約は平成18年1月23日から施行するものでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第86号・市道路線の認定について及び議第87号・市道路線の変更について、以上2件について詳細説明を求めます。建設部長・今井久朗君。


            (建設部長・今井久朗君 登壇)


○建設部長(今井久朗君) それでは、議案書37ページをお願いいたします。議第86号・市道路線の認定について説明いたします。


 道路法の規定によりまして、道路を市道路線として認定することについて議会の議決を求めるものでございます。認定する道路につきましては、路線番号、0293。路線名、雀子ケ根7号線。起点、恵那市大井町字雀子ケ根、終点、恵那市大井町字雀子ケ根でございます。延長は45mで、幅員は34メートルから67メートルでございます。この路線は、位置指定道路の寄附により市道として認定を行うものでございます。位置、起・終点につきましては、次のページの38ページに図面を示しております。よろしくご審議いただきたいと思います。


 続きまして、39ページをお願いいたします。議第87号・市道路線の変更について説明いたします。


 道路法の規定によりまして、市道路線を変更することについて議会の議決を求めるものでございます。変更となる路線でございますが、路線番号、山岡町267、路線名、山岡町267号線。起点でございますが、恵那市山岡町大字原字小万場、変更前の終点が恵那市山岡町大字原字立野でございます。変更後が恵那市山岡町大字釜屋字下平でございます。本変更につきましては、市道の道路改良に先立ちまして、あらかじめ市道の変更認定を行うものでございます。位置図、起・終点につきましては40ページの図面を示しておりますので、よろしくお願いいたします。よろしくご審議願います。


 以上でございます。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第88号・恵那市特定環境保全公共下水道根幹的施設(竹折浄化センター)の建設工事委託に関する基本協定の締結について詳細説明を求めます。建設部長・遠山時仁君。


            (建設部長・遠山時仁君 登壇)


○建設部長(遠山時仁君) それでは、詳細説明をいたします。議案書の41ページをお願いいたします。


 議第88号・恵那市特定環境保全公共下水道根幹的施設──これは竹折浄化センターでございます──の建設工事委託に関する基本協定の締結について、地方自治法第96条第1項5号の規定によりまして、8月1日付で仮契約を締結したことに伴い、恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づきまして議会の議決をお願いし、次のとおり工事委託契約を締結するものであります。


 1、契約の目的は、恵那市特定環境保全公共下水道根幹的施設(竹折浄化センター)の建設工事であります。


 2、契約の方法は随意契約であります。


 3、契約金額は8億円であります。


 4、契約の相手方は東京都港区赤坂六丁目1番20号、日本下水道事業団理事長板倉英則であります。


 なお、42ページに処理場の計画図面を添付いたしましたので、ご参照方よろしくお願いをいたします。


 以上で議第88号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第89号・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場用地の売り払いについて及び議第90号・恵那市武並コミュニティーセンター建設工事(建築工事)請負契約の締結について、以上2件について詳細説明を求めます。教育次長・田中秀雄君。


            (教育次長・田中秀雄君 登壇)


○教育次長(田中秀雄君) 議案書43ページをお願いいたします。議第89号・岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場用地の売り払いについてご説明申し上げます。


 恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決をお願いするものでございます。


 処分する財産につきましては、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場用地、処分の方法としましては随意契約、3番の処分金額、8,937万4,399円、うち立木が795万8,097円、処分の相手方は岐阜県で、代表者、岐阜県知事古田 肇です。処分する財産の詳細につきましては別紙でありますので、44ページをお願いいたします。処分する所在地の面積と、これは全体面積6万2,33938平米のうち3万6,20118平米でございます。46ページの方については、太枠部分が今度県の方へ売り払うものでございます。


 以上で議89号の説明を終わります。


 引き続きまして47ページをお願いいたします。議第90号・恵那市武並コミュニティーセンター建設工事(建築工事)請負契約の締結についてご説明申し上げます。


 恵那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に、次のとおり工事契約を締結するものでございます。


 1、契約の目的は恵那市武並コミュニティーセンター建設工事(建築工事)。2、契約の方法は指名競争入札。契約の金額は1億5,750万円。4、契約の相手方は岐阜県恵那市武並町竹折1095番地、岡本建設株式会社代表取締役岡本博昭。48ページには配置図、49ページには平面図を添付しておりますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。


 議第90号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第91号から議第94号の人権擁護委員の候補者の推薦について、以上4件は人事案件でありますので、詳細説明を省略いたします。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第95号・平成17年度恵那市一般会計補正予算の詳細説明を求めます。総務部長・林 茂信君。


            (総務部長・林 茂信君 登壇)


○総務部長(林 茂信君) それでは、別冊の平成17年度恵那市一般会計補正予算書及び説明書の1ページでございますが、議第95号・平成17年度恵那市一般会計補正予算(第3号)についてご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億3,510万8千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ280億4,930万5千円とするものであります。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページから5ページの第1表歳入歳出予算補正によるものであります。繰越明許費の設定は6ページの第2表繰越明許費によるものでございます。鏡山住宅建設事業については、6月補正予算において継続費事業であったものを、国庫補助金制度の変更に伴い全額を17年度に受け入れるよう変更したところでありますが、事業量の関係から年度内に完成が見込めないため、全体事業費4億180万7千円のうち、3億1,666万円を翌年度に繰り越すものであります。また、既定の地方債の変更は第3表地方債補正によりますが、後ほど説明いたします各災害復旧事業費に充てる災害復旧事業債の起債を追加するものでございます。


 9ページをお願いします。それでは、歳入からご説明いたします。12款分担金及び負担金、1項分担金、2目災害復旧費分担金154万円の計上は、農地及び農業用施設計8カ所の災害復旧にかかる地元分担金でございます。13款使用料及び手数料、1項使用料、2目民生使用料6万6千円の増額は、訪問入浴サービス事業料の増に伴う使用料の増等であり、14款国庫支出金、1項国庫負担金、4目災害復旧費国庫負担金2,948万2千円の計上は、道路、河川17カ所の災害復旧にかかる国庫負担金であり、2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金75万円の増額は、訪問入浴サービス事業の増に伴う国庫補助金であり、3目土木費国庫補助金770万円の増額は、市道山岡4号線にかかる緊急地方道路整備事業補助金内示額の増によるものであり、5目災害復旧費国庫補助金1,852万7千円は、農業用施設並びに林道の計11カ所にかかる国庫補助金であり、また6目総務費国庫補助金1,300万円は、本庁舎耐震補強等設計委託事業に充てる合併市町村補助金であります。


 10ページをお願いします。15款県支出金、2項県補助金、2目民生費県補助金149万2千円の増額は、訪問入浴サービス事業費の増等による社会福祉費補助金及び学童保育の委託事業費増に伴う児童福祉費補助金の増額であります。4目農林水産業費県補助金22万5千円の増額は、小学校3校が実施している学校農園交流事業にかかる補助金であり、3項県委託金、1目総務費県委託金の説明は省略させていただきます。5目商工費委託金93万6千円の増額は、国民宿舎恵那山荘管理費の増に伴う県委託金の増であり、7目教育費県委託金92万円の増額は、県の指定事業であります児童生徒の未来を育む学校づくり研究開発事業の確定に伴うもの等であります。16款財産収入、1項財産運用収入、1目財産貸付収入125万6千円の増額は、NTTへの光ファイバー貸付収入であります。17款寄附金、1項寄附金、1目総務費寄附金の3万円の増額は、串原地区振興を目的とした寄附金であり、2目民生費寄附金55万1千円の増額は、社会福祉協議会活動事業及び恵光園への寄附金であります。18款繰入金、2項基金繰入金、3目シアター恵那関連基金繰入金106万円の増額は、市観光協会が実施する恵那峡関係施設整備費に充てるため、同基金を取り崩すものであります。19款1項1目繰越金1億2,706万8千円の増額は、補正財源とするため平成16年度の繰越金を一部計上いたしております。20款諸収入、5目雑入、1目雑入、469万円の増額は、4件の交通事故賠償金を対象とした自動車共済保険金、串原CATV落雷修繕等を対象とした建物損害共済保険金等であります。21款1項市債、9目災害復旧債2,580万円は、12ページですが、農地災害、農業用施設災害、林道災害、道路災害、河川災害の各復旧事業に充てる起債でございます。


 13ページをお願いします。歳出の主なものについて順次説明をいたします。


 2款総務費、1項総務管理費、6目財産管理費1,500万円の増額は、本庁舎耐震補強等実施設計費及び市施設アスベスト調査費を計上いたしております。8目地域活性化対策費186万3千円の増額は、岩村振興事務所冷暖房用施設修繕並びに串原地区振興の指定寄附による事務用備品購入費であります。12目情報化推進費164万9千円の増額は、串原CATV告知情報システム、落雷被災に伴う修繕費などであります。


 14ページになりますが、5項統計調査費、1目統計調査総務費の説明は省略をさせていただき、3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費522万5千円の増額は、社会福祉事務一般経費において事業清算に基づく生活保護費負担金など、国庫県負担金の返還金並びに指定寄附に基づく社会福祉協議会への補助金などであります。2目心身障害者福祉費150万円の増額は、心身障害者訪問入浴サービス利用者の増加に伴う補正であり、16ページの5目老人ホーム費25万2千円の増額は、恵光園への指定寄附によりギャッジベッド等事業用備品を購入するものであります。2項児童福祉費、2目児童福祉対策費886万8千円の増額は、学童保育児童数の増加による業務運営委託料の増、及び明智養護訓練センター管理運営委託料であります。


 18ページですが、4款衛生費、2項清掃費、3目じん芥処理費82万6千円の増額は、一般廃棄物処分場関連周辺工事、これは車両の泥を落とし、砂ぼこりを防止する道路工事でございますが、これらのほか、7月22日に発生した資源回収車交通事故賠償金を計上させていただくものであります。4目じん芥処理施設費1,259万2千円の増額は、毛呂窪公民館ほか1施設の地域集会所整備費補助金であり、3項1目水道費4,443万4千円の増額は、水道未普及地域解消事業及び施設の維持管理費等に充てるための簡易水道事業特別会計への繰出金であります。


 20ページですが、6款農林水産業費、1項農業費、2目農業総務費22万5千円の増額は、三郷小、中野方小、明智小学校が実施する学校農園交流事業、これは県の10分の10の事業でございますが、これの県事業採択に伴い、県費同額分を3校に支出していくものであります。3目農業振興費180万円の増額は、農作物被害対象件数の増に伴う農作物被害防止対策助成金の増であります。5目農業農村整備費148万円の増額は、一般廃棄物処分場にかかわる農道補修整備工事を実施するほか、事業費の組み替え等を行うものであります。6目農業用施設管理費146万6千円の増額は、土岐川防災ダム一部事務組合負担金の増であります。


 22ページですが、2項林業費、1目林業総務費27万8千円の減額は、人件費の一部を林道災害復旧費で支出するための組み替えであります。7款1項商工費、3目観光費615万1千円の増額は、温泉事業特別会計運営経費としてささゆりの湯利用者の確定に伴う入湯税分を繰り出すほか、市観光協会が実施する恵那峡関連施設整備への補助金、また国民宿舎恵那山荘等の管理委託料を計上するものであります。


 24ページになりますが、8款土木費、2項道路橋りょう費、1目道路橋りょう総務費12万2千円の減額は、人件費の一部を公共土木施設災害復旧費等補助事業の事務費へ組み替えるための減額、弁護士謝礼金の増、そして6月4日発生の市道管理瑕疵に基づく車両損壊賠償金の計上によるものであります。2目道路橋りょう維持費300万円の増額は、道路橋りょう維持工事費の増であります。3目道路橋りょう新設改良費1,750万円の増額は、東雲バイパス整備事業費では事業内容の組み替えによる電柱移転等補償費の増、また緊急地方道路整備臨時交付金事業では市道山岡4号線の内示額増に伴い、工事請負費の増額と事業内容の変更、組み替えのため事業費支弁人件費を減額し、電柱移転補償費を増額する等の補正、また辺地対策事業でも事業内容組み替えの必要から委託料を減額し、工事請負費を同額分増額する補正を行うものであります。


 26ページですが、9款1項消防費、1目常備消防費23万4千円の増額は、庁舎維持管理経費等でございます。2目非常備消防費400万円の増額は、消防団車両等名称統一を図るための手数料であり、3目消防施設費300万円の増額は、旧恵南地域火災時等の消防団受信器及び恵那市消防団分団旗の購入費であります。10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費169万5千円の増額は、弁護士謝礼金、平成17年5月30日に発生した上矢作スクールバス事故賠償金等を計上するものであります。3目教育研究費65万4千円の増額は、学校教育研究経費では県新規指定事業で山岡小学校が行う児童生徒の未来を育む学校づくり研究開発事業の採択にかかる事業費の増、生涯学習研究費では報酬及び賃金の組み替えによる事業費の減によるものであります。


 29ページですが、2項小学校費、1目学校管理費869万5千円の増額は、明智小学校屋内運動場の設計内容変更に伴う設計委託料、山岡小学校落雷被災に伴う配電盤修繕料等であります。5項社会教育費、2目社会教育振興費14万円の増額は、講師謝礼等であります。


 30ページですが、5目公民館費226万4千円の増額は、飯地公民館のシロアリ防除委託料のほか施設修繕費等であります。7目図書館費428万円の増額は、図書館市職員の欠員を補うため文化振興会事業運営委託料を増額して人員増により対応するものであります。6項保健体育費、5目学校給食費184万1千円の増額は、落雷被災による明智学校給食センターの配電盤修繕費、そして配送車による交通事故賠償金等を計上させていただくものであります。6目東濃スケート場建設促進費370万円の増額は、PR用看板等の設置及び場内附帯工事費等を計上するものでございます。


 32ページでございますが、13款災害復旧費、1項農林水産業施設災害復旧費、1目農地災害復旧費670万円は、8月5日発生の農地災害4カ所にかかる災害復旧工事費等であり、2目農業用施設災害復旧費400万円は、同日発生の用水農道等の農業用施設災害4カ所にかかる災害復旧工事費等であり、3目林道災害復旧費2,354万8千円は、7月1日、2日、4日発生の林道災害3カ所にかかる災害復旧費等であります。


 34ページですが、2項公共土木災害復旧費、1目道路橋りょう災害復旧費2,091万8千円は、8月5日発生の道路災害6カ所にかかる災害復旧工事費等であり、2目河川災害復旧費2,599万3千円は、同日発生の河川災害11カ所にかかる災害復旧工事費等であります。


 なお、36ページに給与費明細書を、そして37ページに地方債に関する調書を添付しておりますので、ご参照をお願いいたします。


 以上で議第95号の説明を終わらせていただきます。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第96号・平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)補正予算について詳細説明を求めます。医療管理部長・安藤常雄君。


           (医療管理部長・安藤常雄君 登壇)


○医療管理部長(安藤常雄君) それでは、恵那市補正予算書及び説明書の39ページをお願いいたします。議第96号・平成17年度恵那市国民健康保険特別会計(施設勘定)補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ407万円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ7億5,387万円とするものであり、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、40ページの第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。


 43ページをお願いいたします。歳入からご説明いたします。7款繰越金、1項繰越金、1目繰越金407万円の増額につきましては、前年度からの繰越金でございます。


 続きまして、44ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目総務一般管理費50万円の増額につきましては、消費税課税対象事業費が当初の見込額より16年度分清算時に増加しており、不足見込額50万円の増額をお願いするものでございます。


 次に45ページをお願いいたします。3款施設整備費、1項施設整備費357万円の増額につきましては、1目医科施設整備経費231万円の増額をお願いするものでございますが、これは三郷診療所屋根が先月の大雨により雨漏りの緊急修繕費及び医師住宅浴室内の漏水による床下の腐食による緊急修繕費でございます。続いて2目医科施設整備経費126万円、これは三郷診療所と同様、上矢作歯科診療所医師住宅の屋根の雨漏りの緊急修繕費でございます。


 以上で議第96号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第97号・平成17年度恵那市介護保険特別会計補正予算について詳細説明を求めます。市民福祉部長・渡村保名君。


           (市民福祉部長・渡村保名君 登壇)


○市民福祉部長(渡村保名君) 予算書の47ページをお願いいたします。議第97号・平成17年度恵那市介護保険特別会計補正予算についてご説明いたします。


 今回の補正は、事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ273万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億4,213万7千円とし、サービス事業勘定の既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ803万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億7,863万円とするものであります。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、48ページの第1表歳入歳出予算補正(事業勘定)及び49ページの第2表歳入歳出予算補正(サービス事業勘定)によるものであります。


 53ページをお願いいたします。事業勘定の歳入であります。3款1項1目介護給付費国庫負担金1,220万8千円の増、4款1項1目介護給付費交付金926万9千円の増、5款1項1目介護給付費県負担金763万円の増は、過年度の清算によるものであり、7款2項1目介護保険給付基金繰入金2,837万6千円の減は、これらに伴う一般会計負担分の減であります。8款1項1目繰越金56万5千円は、16年度清算による繰り越しであります。9款2項3目雑入144万1千円は、中津川恵那広域行政推進協議会における16年度介護保険特別会計未済計剰余金であります。


 54ページをお願いいたします。事業勘定の歳出であります。2款1項1目介護サービス等諸費は財源の組み替えであり、次ページの5款1項1目第1号被保険者保険料還付金270万1千円の増は、過年度における保険料、過誤納にかかる返還金であり、同3目償還金3万6千円は、これに伴う還付加算金であります。


 59ページをお願いいたします。サービス事業勘定の歳入であります。3款1項1目繰越金803万円の増は前年度繰越金であり──60ページをお願いします──サービス事業勘定の歳出であります。1款1項1目一般管理費803万円の増は、老人福祉施設福寿苑一般管理費において職員の退職等に伴う臨時職員雇用に伴う補正であります。


 以上で議題97号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第98号・平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算及び議第99号・恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算、以上2件について詳細説明を求めます。水道部長・遠山時仁君。


            (水道部長・遠山時仁君 登壇)


○水道部長(遠山時仁君) それでは、詳細説明をいたします。補正予算書の61ページをお願いいたします。議第98号・平成17年度恵那市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,640万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億4,810万円とするものであります。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、62ページ、第1表歳入歳出予算補正によるものであります。


 既定の地方債の廃止は、63ページ、第2表地方債補正によるものであります。


 67ページをお願いいたします。歳入のご説明をいたします。6款1項1目一般会計繰入金4,443万4千円の増額につきましては、一般会計からの繰入金であります。7款1項1目繰越金47万円の増額につきましては、前年度の繰越金であります。8款1項1目雑入499万6千円の増額につきましては、平成16年4月1日から10月24日までの消費税の確定申告によります還付金であります。


 68ページをお願いいたします。9款1項1目簡易水道債1,350万円の減額につきましては、明智町吉良見簡易水道事業におきまして修繕的要素が多く、起債対象にならなかったためでございます。


 69ページをお願いいたします。歳出のご説明をいたします。1款1項1目一般管理費1,500万円の増額につきましては、13節委託料で三郷町椋実地区の最も効果的な手法といたしまして山岡北簡易水道の区域拡張計画を計画し、笠置町河合地区におきましても、最も効果的な手法といたしまして中野方簡易水道の区域拡張計画を計画し、事業認可を進めるための図書の作成業務であります。27節公課費では、平成16年10月25日から3月31日までの消費税確定申告によります納付額でございます。


 70ページをお願いいたします。1款2項維持管理費2,140万円の増額につきましては、2目の飯地簡易水道ほか12簡易水道の修繕料、委託料等でございます。主なものは──72ページをお願いいたします──19目上矢作簡易水道で、15節の下水道工事に伴います配水管の布設工事であります。


 73ページをお願いいたします。2款事業費、1項建設費は財源の組み替えによるものであります。


 なお、74ページに地方債の調書を添付いたしておりますので、ご参照方よろしくお願いいたします。


 以上で議第98号の説明を終わります。


 続きまして、75ページをお願いいたします。議第99号・平成17年度恵那市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ175万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億7,365万1千円とするものであります。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、76ページの第1表歳入歳出予算補正によるものであります。


 79ページをお願いいたします。歳入のご説明をいたします。6款1項1目繰越金175万1千円の増額につきましては、前年度の繰越金であります。


 80ページをお願いいたします。歳出のご説明をいたします。1款1項1目一般管理費97万9千円の増額につきましては、平成16年10月25日から3月31日までの消費税確定申告によります納付額でございます。


 81ページをお願いいたします。1款2項1目農集恵那地区維持管理費77万2千円の増額につきましては、千田川処理場のフロアの修繕費でございます。


 以上で議第99号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第100号・平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算の詳細説明を求めます。串原振興事務所長・堀 恒夫君。


          (串原振興事務所長・堀 恒夫君 登壇)


○串原振興事務所長(堀 恒夫君) それでは、恵那市補正予算書及び説明書の83ページをお願いいたします。議第100号・平成17年度恵那市温泉事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ958万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億328万1千円とするものでございます。


 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出の金額は、84ページの第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。


 87ページをお願いいたします。歳入についてご説明いたします。1款使用料及び手数料、1項使用料、1目温泉施設使用料54万円の増額でございますが、これはグラウンド・ゴルフ場の使用料、10月から3月分でございます。2款繰入金、1項他会計繰入金1目、一般会計繰入金415万5千円の増額でございますが、これは16年10月から17年2月までの入湯税分でございます。3款繰越金、1項繰越金、1目繰越金488万6千円の増額でございますが、これは前年度の繰越金でございます。


 88ページをお願いいたします。歳出についてご説明いたします。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費958万1千円の増額でございますが、温泉施設の管理運営費でございまして、主なものといたしましては、ろ過砂の全面入れ替え工事、消音回路の湯漏れ修繕工事、グラウンド・ゴルフ場の整備委託でございます。


 以上で議第100号の説明を終わります。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) 次に、議第101号・平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算及び議第102号・平成17年度恵那市水道事業会計補正予算、以上2件につき詳細説明を求めます。水道部長・遠山時仁君。


            (水道部長・遠山時仁君 登壇)


○水道部長(遠山時仁君) それでは、詳細説明をいたします。89ページをお願いをいたします。議第101号・平成17年度恵那市公共下水道事業特別会計補正予算につきましてご説明をいたします。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ295万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億2,695万5千円とするものであります。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分毎の金額並びに補正後の歳入歳出予算の基金額は、90ページ、第1表歳入歳出予算補正によるものであります。


 93ページをお願いいたします。歳入のご説明をいたします。7款1項1目繰越金295万5千円の増額につきましては、前年度の繰越金であります。


 94ページをお願いいたします。歳出のご説明をいたします。1款1項1目一般管理費148万5千円の増額につきましては、下水道使用料の還付金であります。


 95ページをお願いいたします。2款1項1目公共奥戸処理区建設事業費147万円の増額につきましては、22節で上水道移転に伴い補償費を増額し、節の組み替えをしたものであります。


 96ページをお願いいたします。2款1項4目特環明智処理区建設事業につきましては、13節委託料から15節工事請負費における組み替えであります。


 以上で議第101号の説明を終わります。


 続きまして、97ページをお願いをいたします。議第102号・平成17年度恵那市水道事業会計補正予算(第1号)につきましてご説明をいたします。


 収益的収入及び支出の補正でございます。今回の補正は、既定の収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものであります。収入につきましては、1款水道事業収益を14万6千円増額し9億4,404万6千円とし、支出におきましては、1款水道事業費用を14万9千円増額し8億8,594万9千円とするものであります。なお、水道事業収益から水道事業費用を差し引き5,809万7千円を税込み経常利益と見込んでおります。


 98ページをお願いをいたします。資本的収入及び支出の補正でございます。既定の資本的収入は、資本的支出に対し不足する額4億440万円を4億540万円に、過年度分損益勘定流用資金3億8,112万2千円を3億8,207万3千円に、消費税資本的収支調整額1,664万3千円を1,669万円に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものであります。資本的支出を100万円増額し、6億5,880万円とするものであります。


 なお、99ページより水道事業会計予算実施計画書、101ページに資金計画書、102ページより予定損益計算書、104ページより予定貸借対照表を添付しておりますので、ご参照方よろしくお願いをいたします。


 108ページをお願いをいたします。平成17年度恵那市水道事業会計予算説明書によりましてご説明をいたします。収益的収入及び支出のうち、収入につきまして1款水道事業収益、2項営業外収益、3目雑収益14万6千円の増額につきましては、水道施設の事故に伴う車両の保険金収入であります。支出につきまして1款水道事業費用、1項営業費用、2目配水及び給水費の19万6千円の増額につきましては、水道施設の事故に伴う車両の損害賠償金であります。なお、5万円の免責がございます。


 2項営業外費用、3目消費税4万7千円の減額は消費税でございます。


 109ページをお願いをいたします。資本的収入及び支出のうち、1款資本的支出、1項建設改良費、1目建設改良工事費の100万円の増額につきましては、20ミリから75ミリの配水管布設工事の増径差額分の負担金であります。


 以上で議第102号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(後藤薫廣君) 詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) ここで、総務部長より訂正の申し出がありますので、これを許可いたします。


○総務部長(林 茂信君) 誠に申しわけございません。数字を一部間違えましたので、訂正をさせていただきます。


 補正予算書及び説明書の6ページでございますが、第2表繰越明許費の説明におきまして、翌年度へ繰り越す額を3億1,694万4千円と申し上げなければならないところを、3億1,666万6千円と誤って申し上げました。おわびして訂正をさせていただきます。申しわけございませんでした。


○議長(後藤薫廣君) 以上をもちまして各議案の詳細説明を終わります。


           ─────────────────────


○議長(後藤薫廣君) ここでお諮りをいたします。議事の都合により9月3日から9月12日まで10日間休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(後藤薫廣君) ご異議なしと認め、9月3日から9月12日までの10日間は休会とすることに決しました。


 本日はこれにて散会いたします。


              午後12時07分 散会


 ────────────────────────────────────────


    地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





            恵那市議会


            議     長      後 藤 薫 廣





            署名議員    15番  西 尾 公 男





            署名議員    16番  鈴 木 清 司