議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 羽島市

平成22年  5月 臨時会(第2回) P.1 05月13日−01号




平成22年  5月 臨時会(第2回) − 05月13日−01号









平成22年  5月 臨時会(第2回)



平成22年第2回

            羽島市議会臨時会会議録

                      第1号 5月13日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程 第1号 平成22年5月13日午前10時開議

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 報第1号 平成21年度羽島市病院事業会計予算繰越計算書の報告について

 第4 承第2号 専決処分の報告並びにその承認について(専第2号 羽島市税条例の一部を改正する条例について)

 第5 承第3号 専決処分の報告並びにその承認について(専第3号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)

 第6 承第4号 専決処分の報告並びにその承認について(専第4号 平成21年度羽島市一般会計補正予算(第11号))

 第7 承第5号 専決処分の報告並びにその承認について(専第5号 平成21年度羽島市介護保険特別会計補正予算(第2号))

 第8 承第6号 専決処分の報告並びにその承認について(専第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第4号))

 第9 承第7号 専決処分の報告並びにその承認について(専第7号 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号))

 第10 承第8号 専決処分の報告並びにその承認について(専第8号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第1号))

 第11 議第28号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 報第1号 平成21年度羽島市病院事業会計予算繰越計算書の報告について

 第4 承第2号 専決処分の報告並びにその承認について(専第2号 羽島市税条例の一部を改正する条例について)

 第5 承第3号 専決処分の報告並びにその承認について(専第3号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)

 第6 承第4号 専決処分の報告並びにその承認について(専第4号 平成21年度羽島市一般会計補正予算(第11号))

 第7 承第5号 専決処分の報告並びにその承認について(専第5号 平成21年度羽島市介護保険特別会計補正予算(第2号))

 第8 承第6号 専決処分の報告並びにその承認について(専第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第4号))

 第9 承第7号 専決処分の報告並びにその承認について(専第7号 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号))

 第10 承第8号 専決処分の報告並びにその承認について(専第8号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第1号))

 第11 議第28号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第2号)

◯追加日程

          副議長辞職許可について

          副議長選挙

          議長辞職許可について

          議長選挙

          議会改革特別委員会委員辞任許可について

          各常任委員会委員、議会運営委員会委員、議会改革特別委員会委員の選任について

          閉会中の継続審査について

    議第29号 羽島市監査委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(16名)

    1番  山田紘治君    2番  花村 隆君

    3番  今井田和子君   4番  安田孝司君

    5番  松永 宏君    6番  炭竃信太郎君

    7番  大橋勝好君    8番  糟谷玲子君

    9番  大鐘康敬君   10番  星野 明君

   11番  味岡 弘君   12番  安井善保君

   13番  近藤伸二君   15番  加藤英輔君

   17番  奥田三郎君   18番  不破啓司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(1名)

   14番  加藤恒夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長        白木義春君   副市長       田村 隆君

  教育長       伏屋敬介君   総務部長      近藤文彦君

  企画部長      脇田 勇君   市民部長      大橋 優君

  福祉部長      奥田博行君   経済部長      浅野泰正君

  建設部長      宇野隆夫君   水道部長      鳥本博久君

  教育委員会事務局長 番 敏郎君   市民病院長     天野和雄君

  市民病院事務局長  山田文一君   監査委員事務局長  服部和夫君

  会計管理者     松井 聰君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員の職氏名

  事務局長      大野貴己    庶務課長      林 彰三

  課長補佐      堀 哲郎    主任        安田裕治

  書記        牧野充守

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時06分開会



○議長(奥田三郎君) 皆さん、おはようございます。

 ここで、写真撮影の申し出がありましたので、これを許可いたします。

 お待たせいたしました。

 ただいまから、平成22年第2回羽島市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 ここで、会議に先立ち、去る4月17日にご逝去されました故 斉藤 孝君に対し、心からのお悔やみを申し上げ、生前をしのんで黙祷をいたしたいと思いますので、皆さんのご起立を願います。

     〔一同起立〕



○議長(奥田三郎君) 黙祷始め。

     〔一同黙祷〕



○議長(奥田三郎君) 黙祷終わります。

 ご着席ください。

     〔一同着席〕



○議長(奥田三郎君) ここで、市長からご挨拶がありますので、許可いたします。

 市長 白木義春君。

     〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) 開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 本日、平成22年第2回羽島市議会臨時会の開催をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方にはご出席をいただき、お礼申し上げます。

 去る4月17日に亡くなられました前議長でありました斉藤 孝議員には、長年、市政の発展、市民福祉の向上にご努力いただきましたことに心から感謝を申し上げますとともに、ご冥福をお祈りいたします。

 今臨時会にご提案させていただきます案件は、予算繰越計算書の報告が1件、専決処分の報告が7件、補正予算が1件、合計9件でございます。

 各議案の内容につきましては、後ほどご説明をさせていただきますが、いずれも重要な案件でございます。慎重にご審議を賜り、適切なご決定をいただきますようお願いを申し上げ、ご挨拶といたします。



○議長(奥田三郎君) これより日程に入ります。

 本日の日程は、お手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(奥田三郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議長において1番 山田紘治君及び2番 花村 隆君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(奥田三郎君) 日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 さきに開催されました議会運営委員会の結果報告を願います。

 議会運営委員会委員長 近藤伸二君。

     〔議会運営委員会委員長 近藤伸二君 登壇〕



◆議会運営委員会委員長(近藤伸二君) 皆さん、おはようございます。

 議会運営委員会は、7日に委員会を開催し、今臨時会の議事運営について協議いたしましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 まず、理事者から、提出案件の概要説明を求め、議案の件数、内容等を協議の結果、会期は本日1日間とし、議事進行については、市長提出案件9件を一括上程し、説明、質疑を行い、委員会付託を省略し、討論、採決と進めることが適当であるとの結論になりました。

 なお、正副議長から辞職願が提出された場合は、その時点で日程に追加し、選挙まで進めます。

 また、議会改革特別委員会委員から辞職願が提出された場合も、同様に日程に追加し、後任者の選任を行い、あわせて、任期満了による常任委員会委員、議会運営委員会委員の選任も、同様に日程に追加し、行います。

 さらに、土地開発公社理事から辞職願が提出されたら、後任者の推薦も同時に行います。

 また、市長から監査委員の選任に関する議案が提出されたら、その時点で日程に追加し、説明を求めた後に質疑を行い、委員会付託を省略し、討論、採決まで進めます。

 以上、議会運営委員会結果報告を終わります。



○議長(奥田三郎君) お諮りをいたします。

 今臨時会の会期は、議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥田三郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日間とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報第1号 平成21年度羽島市病院事業会計予算繰越計算書の報告について〜



△日程第11 議第28号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第2号)



○議長(奥田三郎君) 次に、日程第3、報第1号から日程第11、議第28号までの9件を一括議題といたします。

 日程の順序により、議案の説明を願います。

 市長 白木義春君。

     〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) それでは、本日提出いたしました議案について、順次その概要を説明申し上げます。

 まず、議案書の1ページをお願いいたします。

 報第1号 平成21年度羽島市病院事業会計予算繰越計算書の報告についてでございます。

 このことにつきましては、羽島市民病院事業会計予算の建設改良費について、地方公営企業法第26条第3項の規定により、繰越計算書を報告するものであります。

 繰越額につきましては926万1,000円であります。

 次に、3ページをお願いいたします。

 承第2号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 このことにつきましては、羽島市税条例の一部を改正する条例について、3月31日に専決処分いたしましたのでご報告し、承認をお願いするものであります。

 これは、地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されたことに伴う改正でございます。

 次に、6ページをお願いいたします。

 承第3号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 このことにつきましては、羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、3月31日に専決処分いたしましたので報告し、承認をお願いするものであります。

 このことにつきましても、羽島市税条例同様、地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴う改正でございます。

 次に、9ページをお願いいたします。

 承第4号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 このことにつきましては、専第4号 平成21年度羽島市一般会計補正予算について、3月31日に専決処分いたしましたので報告し、承認をお願いするものであります。

 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億762万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ212億7,479万8,000円とするものでございます。

 補正の主な内容としましては、地方消費税交付金、地方交付税、国庫支出金等の確定によります財源の組み替えと、寄附採納によります教育振興基金等積立金の増額等であります。

 次に、25ページをお願いいたします。

 承第5号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 このことにつきましては、専第5号 平成21年度羽島市介護保険特別会計補正予算について、3月31日に専決処分いたしましたので報告し、承認をお願いするものであります。

 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ14万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億1,400万5,000円とするものでございます。

 補正の内容としましては、基金利子の確定に伴う介護保険給付準備基金等積立金の増額でございます。

 次に、31ページをお願いします。

 承第6号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 このことにつきましては、専第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計補正予算について、3月31日に専決処分いたしましたので報告し、承認をお願いするものであります。

 補正の内容としましては、歳入予算の国庫支出金と繰入金の財源組み替えでございます。

 次に、36ページをお願いいたします。

 承第7号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 このことにつきましては、専第7号 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算について、3月31日に専決処分いたしましたので報告し、承認をお願いするものであります。

 補正の内容としましては、羽島市駅東土地区画整理事業特別会計の終了に伴う清算による余剰金を一般会計に繰り出すものでございます。

 次に、40ページをお願いいたします。

 承第8号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 このことにつきましては、専第8号 平成22年度羽島市一般会計補正予算について、4月19日に専決処分いたしましたので報告し、承認をお願いするものであります。

 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ560万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ187億8,560万9,000円とするものでございます。

 補正の内容としましては、羽島温泉改修事業の増額であります。

 財源としましては、基金繰入金を充てるものであります。

 次に、46ページをお願いします。

 議第28号 平成22年度羽島市一般会計補正予算でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ438万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ187億8,999万3,000円とするものであります。

 補正の内容としましては、予防接種事業の増額であります。

 財源としましては、基金繰入金を充てるものであります。

 以上、簡単ではございますが、各案件の説明とさせていただきます。

 なお、各案件の詳細は担当部長から説明をいたさせますので、よろしくご審議の上、適切な議決を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(奥田三郎君) 病院事務局長 山田文一君。



◎市民病院事務局長(山田文一君) 私からは、報第1号をご説明させていただきます。

 議案書1ページをお願いいたします。

 報第1号 平成21年度羽島市病院事業会計予算繰越計算書の報告についてでございます。

 平成21年度の羽島市病院事業会計に係る繰越事業費につきまして繰越計算書を調整し、地方公営企業法第26条第3項の規定に基づき議会にご報告するものでございます。

 2ページをお開きいただきたいと思います。

 地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額についてでございますが、これは、国の平成21年度第2次補正予算に伴うきめ細かな臨時交付金の決定を受け、3月議会で繰り越しをお認めいただきました羽島市民病院周辺ユニバーサルデザイン整備事業につきまして、工期を3月19日から6月30日までとし、翌年度繰越額に記載の金額926万1,000円を平成22年度に繰り越したものでございます。

 以上でございます。

 よろしくお願いします。



○議長(奥田三郎君) 総務部長 近藤文彦君。



◎総務部長(近藤文彦君) 総務部所管といたしまして、承第2号、承第4号、承第8号、議第28号をご説明させていただきます。

 議案書3ページをお願いいたします。

 承第2号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 地方自治法第179条第1項の規定によりまして、次のとおり3月31日付で専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めるものでございます。

 専第2号 羽島市税条例の一部を改正する条例についてでございます。

 この関係につきましては、地方税法等の一部を改正する法律が、平成22年3月31日に公布されたことに伴いまして、羽島市税条例の一部を改正するものでございます。

 それでは、議案要綱・新旧対照表とあわせましてご説明申し上げます。

 議案要綱の1ページをごらんいただきたいと思います。

 改正の内容につきまして、ご説明申し上げます。

 要綱の関係でございますが、羽島市税条例の改正の内容は、1 市民税に関することといたしまして、公的年金からの特別徴収制度の対象とならない65歳未満の公的年金等に係る所得がある給与所得者の公的年金等所得に係る所得割額を給与から特別徴収の方法により徴収することを規定したものでございます。

 新旧対照表につきましては、2ページから3ページ中段まででございます。

 次に、2 その他といたしまして、その他所要の規定の整備を行い、改正はそれぞれに定める日から施行し、所要の経過規定を設けるものでございます。

 続きまして、議案書の9ページをお願いいたします。

 承第4号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 地方自治法第179条第1項の規定によりまして、次のとおり3月31日付で専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めるものでございます。

 10ページをお願いいたします。

 専第4号 平成21年度羽島市一般会計補正予算(第11号)でございます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億762万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ212億7,479万8,000円とするものでございます。

 第2条につきましては、地方債の補正でございます。

 少し飛びますが、歳出のほうからご説明を申し上げます。

 それでは、20ページをお願いいたします。

 2 歳出でございます。

 2款1項5目財産管理費でございます。5,018万2,000円を増額いたしまして、9億9,425万円とするものでございます。

 これは、財政調整基金に4,962万2,000円、その他特定目的基金56万円を積み立てるものでございます。

 次に、同項7目企画費につきましては、ふるさと納税寄附金をいただき、街づくり構想推進事業に充てさせていただきましたことによる財源振り替えでございます。

 次に、3款1項1目社会福祉総務費34万円の増額でございますが、これにつきましては福祉に対する寄附金34万円を福祉基金に積み立てるものでございます。

 次に、同項7目福祉医療費につきましては、ふるさと納税寄附金をいただき、乳幼児等医療費助成事業に充てさせていただきましたことによる財源振り替えでございます。

 次に、同項10目老人福祉センター羽島温泉費200万円の増額でございますが、これにつきましては羽島温泉施設整備に対する寄附金200万円を老人福祉センター羽島温泉施設整備事業基金に積み立てるものでございます。

 次に、4款2項1目清掃総務費につきましては、ふるさと納税寄附金をいただき、分別収集対策事業に充てさせていただきましたことによる財源振り替えでございます。

 次に、21ページをお願いいたします。

 6款1項7目用水事業費でございます。

 これは、きめ細かな臨時交付金の追加交付によります財源振り替えでございます。

 次に、7款1項2目商工業振興費につきましては、ふるさと納税寄附金をいただき、地場産業活性化・商店街活性化・工場等設置奨励事業に充てさせていただきましたことによる財源振り替えでございます。

 次に、8款2項3目道路新設改良費についてでございます。

 これは、先ほどご説明申し上げました用水事業費同様にきめ細かな臨時交付金の追加交付により、千代田1号線道路改良事業、中央中学校西側歩道橋塗装事業、八神北9号線道路整備事業の財源振り替えでございます。

 また、ふるさと納税寄附金をいただき、外粟野大浦線改良事業に充てさせていただきましたことによる財源振り替えでございます。

 次に、22ページをお願いいたします。

 8款4項3目街路事業費でございます。

 これにつきましても、きめ細かな臨時交付金の追加交付によります財源振り替えでございます。

 次に、同項6目公共下水道費5,300万円の増額ですが、これは下水道事業に対し、地域活性化・公共投資臨時交付金が交付されることに伴う下水道事業特別会計への繰り出しでございます。

 次に、9款1項3目消防施設費でございます。

 これは、消火栓設置に伴う上水道事業会計への負担金について、まちづくり交付金が交付されることに伴う財源振り替えでございます。

 次に、10款1項2目事務局費210万円の増額でございますが、これにつきましては教育振興として文化センター施設整備に対する寄附金200万円、図書購入に対する寄附金10万円がございましたので、教育振興基金に積み立てるものでございます。

 次に、同項3目教育研修費につきましては、ふるさと納税寄附金をいただき、夢いっぱいコミュニティ事業に充てさせていただきましたことによる財源振り替えでございます。

 次に、23ページをお願いいたします。

 10款2項1目学校管理費でございますが、これにつきましては小学校施設耐震補強・大規模改修事業に対し、地域活性化・公共投資臨時交付金が交付されることに伴う財源振り替えでございます。

 次に、10款3項1目学校管理費でございますが、これにつきましても、中学校施設耐震補強・大規模改修事業に対し、地域活性化・公共投資臨時交付金が交付されることに伴う財源振り替えでございます。

 次に、10款5項11目生涯学習促進事業費につきましては、ふるさと納税寄附金をいただき、生涯学習推進市民大会開催事業に充てさせていただきましたことによる財源振り替えでございます。

 15ページのほうへお戻りいただきたいと思います。

 1 歳入でございます。

 2款地方譲与税から17ページの10款交通安全対策特別交付金につきましては、交付額の確定によります補正でございますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、2款1項1目地方揮発油譲与税でございます。

 これにつきましては1,587万7,000円を減額し、4,712万3,000円とするものでございます。

 次に、2款2項1目自動車重量譲与税でございます。755万5,000円を減額し、2億1,244万5,000円とするものでございます。

 次に、2款3項1目地方道路譲与税でございます。464万5,000円を減額し、3,235万5,000円とするものでございます。

 次に、3款1項1目利子割交付金でございます。234万4,000円を減額し、3,965万6,000円とするものでございます。

 次に、16ページをお願いいたします。

 4款1項1目配当割交付金でございます。255万3,000円を減額し、1,244万7,000円とするものでございます。

 5款1項1目株式等譲渡所得割交付金でございます。60万3,000円を増額し、560万3,000円とするものでございます。

 次に、6款1項1目地方消費税交付金でございます。1,396万7,000円を増額し、5億7,596万7,000円とするものでございます。

 次に、7款1項1目自動車取得税交付金でございます。3,005万3,000円を減額し、8,994万7,000円とするものでございます。

 次に、同項2目旧法による自動車取得税交付金でございます。8,000円を減額し、2,000円とするものでございます。

 次に、17ページをお願いいたします。

 8款1項1目地方特例交付金でございます。3,952万2,000円を減額し、9,947万8,000円とするものでございます。

 8款2項1目特別交付金でございます。92万7,000円を増額し、3,192万7,000円とするものでございます。

 次に、9款1項1目地方交付税でございます。1億1,464万2,000円を増額し、26億964万2,000円とするものでございます。

 次に、10款1項1目交通安全対策特別交付金でございます。220万9,000円を増額し、1,220万9,000円とするものでございます。

 次に、18ページをお願いいたします。

 13款2項1目総務費国庫補助金でございます。

 これは、地域活性化・きめ細かな臨時交付金が追加交付されることとなりました1,119万7,000円と地域活性化・公共投資臨時交付金1億8,902万3,000円でございます。

 次に、同項6目消防費国庫補助金でございます。

 これは、消防施設費に対し、まちづくり交付金が92万8,000円交付されるものでございます。

 15款1項2目利子及び配当金でございます。465万6,000円を増額し、927万7,000円とするものでございます。

 これは、財政調整基金のほか11の基金の利子でございます。

 次に、19ページをお願いいたします。

 16款1項2目民生費寄附金につきましては、福祉費寄附金として34万円、羽島温泉施設整備費寄附金として200万円、合わせて234万円を増額するものでございます。

 同項5目教育費寄附金につきましては、図書購入に対する寄附金として10万円、文化センター施設整備に対する教育振興寄附金として200万円、合わせて210万円を増額するものでございます。

 同項7目ふるさと納税寄附金につきましては、元気な羽島応援寄附金として12件の寄附があり、140万5,000円を補正し、ご寄附いただきました方々の寄附の趣意に沿って各事業に充てさせていただくものでございます。

 次に、17款1項1目特別会計繰入金でございます。218万2,000円を増額するもので、駅東土地区画整理事業特別会計が廃止されることに伴う清算金を繰り入れるものでございます。

 次に、20款1項4目教育債でございます。1億3,600万円を減額するものでございます。

 これは、小中学校施設耐震補強・大規模改修事業に対し地域活性化・公共投資臨時交付金が交付されることにより、市債の借入額を小学校債1億70万円、中学校債3,530万円それぞれ減額するものでございます。

 この減額により、一般会計の市債残高は176億1,197万5,000円となる見込みでございます。

 14ページのほうにお戻りいただきたいと思います。

 第2表でございます。

 ただいまご説明申し上げました地方債関係でございますが、この第2表で地方債補正をさせていただくもので、学校教育施設等整備事業に係る起債限度額を2億7,340万円から1億3,740万円に変更させていただくものでございます。

 それから、24ページをごらんいただきたいと思います。

 地方債の前年度末及び当該年度末における現在高の見込みに関する調書でございますが、お目通しのほどよろしくお願いいたします。

 以上が、平成21年度羽島市一般会計補正予算(第11号)の専決処分でございますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして、議案書の40ページをお願いいたします。

 承第8号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 地方自治法第179条第1項の規定によりまして、次のとおり4月19日付で専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めるものでございます。

 41ページをお願いいたします。

 専第8号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第1号)でございます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ560万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ187億8,560万9,000円とするものでございます。

 少し飛びますが、歳出のほうからご説明を申し上げます。

 それでは、45ページのほうをお願いいたします。

 2 歳出でございます。

 3款1項10目老人福祉センター羽島温泉費でございます。560万9,000円を増額補正いたしまして4,328万2,000円とするものでございます。

 これは、羽島温泉1号泉の水中ポンプ等の改修に係る工事請負費560万9,000円でございます。

 44ページのほうへお戻りいただきたいと思います。

 1 歳入でございます。

 17款2項1目基金繰入金でございます。

 これにつきましては羽島温泉改修事業の財源として、財政調整基金より560万9,000円を繰り入れるものでございます。

 以上が、平成22年度羽島市一般会計補正予算(第1号)の専決処分でございますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして、46ページをお願いいたします。

 議第28号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第2号)でございます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ438万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ187億8,999万3,000円とするものでございます。

 少し飛びますが、歳出のほうから説明を申し上げます。

 最後のページでございますが、50ページのほうをお願いいたします。

 2 歳出でございます。

 4款1項3目予防費でございます。438万4,000円を増額いたしまして、7,132万7,000円とするものでございます。

 これは、厚生労働省健康局長通知によりまして、日本脳炎の予防接種事業が再開されることに伴い補正するものでございます。接種対象者は3歳児で、接種期間は6月から7月を予定いたしております。

 補正の内容は、報償費83万円、医薬材料費等に331万4,000円、委託料に24万円計上いたしております。

 49ページのほうへお戻りいただきたいと思います。

 1 歳入でございます。

 17款2項1目基金繰入金でございます。

 これにつきましては予防接種事業の財源として、財政調整基金より438万4,000円を繰り入れるものでございます。

 以上、承第2号、承第4号、承第8号、議第28号をご説明させていただきました。

 よろしくお願いいたします。



○議長(奥田三郎君) 市民部長 大橋 優君。



◎市民部長(大橋優君) それでは、市民部所管の議案でございます承第3号 専決処分の報告並びにその承認につきまして、ご説明をさせていただきます。

 議案書6ページをお願いいたします。

 地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専第3号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を平成22年3月31日に専決処分いたしましたので、同条第3項の規定によりご報告し、その承認を求めるものでございます。

 これは、平成22年3月31日に、地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴いまして条例の一部改正が必要となりましたので、専決処分をさせていただいたものでございます。

 それでは、議案要綱・新旧対照表とあわせてご説明を申し上げますので、別冊議案要綱の9ページをお願いいたします。

 この羽島市国民健康保険税条例の主な改正の内容でございますが、平成22年4月1日から施行するものといたしまして、第1点目の第23条関係では、国民健康保険税の減額措置に係る基準の見直しでございます。

 これまで、応能・応益割合により軽減割合が定められていたものが、今回の改正により、応能・応益割合に関係なく、7割、5割、2割軽減が実施できるようになったことに伴い引用する条文を改正するもので、世帯の所得割額により一律に軽減するものでございます。

 第2点目の第23条の2及び第24条の2関係でございますが、これは、非自発的失業者、いわゆる解雇等により国民健康保険に加入することとなった被保険者の国民健康保険税の課税の特例が地方税法に設けられ、平成22年4月1日から施行する規定を条例に追加したものでございます。

 この特例は申告により実施するもので、倒産や解雇、雇いどめによって離職した65歳未満の被保険者を対象に、離職の日の翌日から翌年度末までの期間が適用され、前年の給与所得を100分の30とみなして国民健康保険税の賦課計算や高額療養費等の所得区分判定を行うものであります。

 なお、この特例の始まる前1年以内である平成21年3月31日以降に同様の理由で離職した被保険者は、平成22年度に限り、この特例が受けることができることとなっています。

 その他、平成22年6月1日に施行される法律名の変更など、所要の規定の整理を行うものでございます。

 以上、羽島市国民健康保険税条例の専決処分の説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



○議長(奥田三郎君) 福祉部長 奥田博行君。



◎福祉部長(奥田博行君) それでは、議案書25ページをお願いいたします。

 承第5号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 地方自治法第179条第1項の規定によりまして、次のとおり3月31日付で専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めるものでございます。

 それでは、26ページをお願いいたします。

 専第5号 平成21年度羽島市介護保険特別会計補正予算(第2号)でございます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ14万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ31億1,400万5,000円とするものでございます。

 少し飛びますが、歳出からご説明申し上げます。

 それでは、30ページをお願いいたします。

 2 歳出でございます。

 4款1項1目介護保険給付準備基金積立金でございます。14万5,000円を増額し、介護保険給付準備基金及び介護従事者処遇改善臨時特例基金に積み立てるものでございます。

 それでは、29ページにお戻り願いたいと思います。

 1 歳入でございます。

 6款1項1目財産運用収入14万5,000円を増額するもので、基金利子でございます。

 以上、平成21年度羽島市介護保険特別会計補正予算(第2号)の専決処分でございますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(奥田三郎君) 水道部長 鳥本博久君。



◎水道部長(鳥本博久君) それでは、承第6号についてご説明させていただきます。

 31ページをお開き願います。

 承第6号 専決処分の報告並びにその承認についてでございます。

 地方自治法第179条第1項の規定により、3月31日付で専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めるものでございます。

 次ページをお願いいたします。

 専第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第4号)でございます。

 歳入予算の補正でございまして、歳入総額は変わりませんが、国庫補助金の5,300万円を減額して、一般会計繰入金を5,300万円増額する財源の振り替えでございます。

 その内容につきましては、34ページをお開き願いたいと思います。

 昨年の9月議会にて、地域活性化・公共投資臨時交付金を下水道費国庫補助金として5,300万円を下水道事業特別会計にて予算補正しておりましたが、国より、2月12日付で交付金制度の要綱が定まった旨の文書がまいりました。その中で、交付金は一括して地方公共団体に交付され、その後必要に応じて一般会計から公営企業会計に繰り入れることとなりましたことから、要綱に基づき、羽島市一般会計で一たん受け入れてから繰出金として繰り出されるものとなったものであります。

 したがいまして、下水道特別会計3款1項1目下水道費国庫補助金5,300万円を減額し、5款1項1目一般会計繰入金5,300万円の増額をお願いする、いわゆる財源の振り替えを行うものでございます。

 また、歳出予算の1款1項3目下水道建設費の財源内訳としましては、国県支出金を5,300万円減額し、その他財源を5,300万円増額するものでございます。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(奥田三郎君) 建設部長 宇野隆夫君。



◎建設部長(宇野隆夫君) それでは、私のほうからは、承第7号 専決処分の報告並びにその承認についてをご説明申し上げます。

 議案書の36ページをお願いいたします。

 このたび、駅東土地区画整理事業特別会計におきまして、地方自治法第179条第1項の規定により、次のとおり予算の補正を専決処分しましたので、同条第3項の規定により議会へご報告し、ご承認を求めるものでございます。

 また、今回の補正では歳出の組み替えだけを行い、予算規模に変更はございません。

 歳出をご説明いたします。

 38ページ第1表をお開きください。

 区画整理総務費を218万2,000円減額し、同額を区画整理事業費で増額いたしました。

 詳細につきましては、39ページの事項別明細書をごらんいただきながらご説明申し上げます。

 区画整理総務費のうち、1款1項1目換地諸費につきまして、3月末までの執行実績にあわせて減額するものでございます。内容は、賃金として29万円、旅費として14万円、需用費として93万9,000円、役務費として81万3,000円をそれぞれ減額するものでございます。

 区画整理事業費のうち、2款1項1目の一般会計繰出金につきましては、218万2,000円を追加するものでございます。

 内容につきましては、特別会計の閉鎖に向けて3月末における歳入歳出差引相当額を一般会計に繰り出すための予算を措置したものでございます。

 以上でございます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(奥田三郎君) 以上で、議案の説明を終わります。

 議案精読のため暫時休憩をいたします。

     午前10時47分休憩

     午前10時58分再開



○議長(奥田三郎君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 副議長辞職許可について



○議長(奥田三郎君) 休憩中に、副議長 星野 明君から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りをいたします。

 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥田三郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 星野 明君の除斥を求めます。

     〔10番 星野 明君 退場〕



○議長(奥田三郎君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(大野貴己君) 辞職願

 今般、一身上の都合により、副議長を辞職したいから、許可されるよう願い出ます。

 平成22年5月13日

 羽島市議会議長  奥田三郎様

                     羽島市議会副議長  星野 明



○議長(奥田三郎君) お諮りいたします。

 星野 明君の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥田三郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、星野 明君の副議長の辞職を許可することに決しました。

 星野 明君の除斥を解きます。

     〔10番 星野 明君 入場〕



○議長(奥田三郎君) ここで、星野 明君の発言を許します。

     〔10番 星野 明君 登壇〕



◆10番(星野明君) 皆さん、市議会副議長といたしまして、皆様に本当に長い間お世話をいただきました。これからもまた一市議会議員といたしまして頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

 どうもありがとうございました。

     〔拍手〕



○議長(奥田三郎君) まことにご苦労さまでございました。

 ここで暫時休憩をいたします。

     午前11時00分休憩

     午前11時05分再開



○議長(奥田三郎君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 副議長選挙



○議長(奥田三郎君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(奥田三郎君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 選挙の方法は、投票にいたします。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(奥田三郎君) ただいまの出席議員は、16人であります。

 これより投票用紙を配付いたさせます。

     〔投票用紙配付〕



○議長(奥田三郎君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔確認〕



○議長(奥田三郎君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○議長(奥田三郎君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名式でありますので、投票用紙には被選挙人1人の氏名を明確に記載願います。

 また、この選挙には同一氏名等の案分がありませんので、必ず名字、名前両方ともはっきりとご記入をお願いいたします。

 記載が終わりましたら、議席順に1番議員から順次投票を願います。

     〔各議員順次投票〕



○議長(奥田三郎君) 投票漏れはありませんか。

     〔確認〕



○議長(奥田三郎君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○議長(奥田三郎君) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に3番 今井田和子さん及び4番 安田孝司君を指名いたします。

 よって、両君の立ち会いを願います。

     〔開票〕



○議長(奥田三郎君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数は16票であります。

 これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票16票、無効投票0票であります。

 有効投票の内訳は、糟谷玲子さん15票、花村 隆君1票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4票であります。

 よって、糟谷玲子さんが副議長に当選されました。

 ただいま、副議長に当選されました糟谷玲子さんが議場におられます。本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 副議長に当選されました糟谷玲子さんから当選の承諾を兼ねた就任の挨拶がありますので、発言を許します。

     〔副議長 糟谷玲子君 登壇〕



◆副議長(糟谷玲子君) ただいまの副議長選におきましては、議員各位の皆様からご推挙いただき、副議長として選任をいただきましてまことにありがとうございました。

 微力ではございますが、議長の補佐役として誠心誠意職務を全うする決意でございます。議員の皆様、また行政の皆様、なお一層のご指導、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。これから頑張ってまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

     〔拍手〕



○議長(奥田三郎君) 暫時休憩をいたします。

     午前11時13分休憩

     午前11時20分再開



○副議長(糟谷玲子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 議長にかわって議事を進めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議長辞職許可について



○副議長(糟谷玲子君) 休憩中に、議長 奥田三郎さんから議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(糟谷玲子君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 奥田三郎さんの除斥を求めます。

     〔17番 奥田三郎君 退場〕



○副議長(糟谷玲子君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(大野貴己君) 辞職願

 今般、一身上の都合により、議長を辞職したいから、許可されるよう願い出ます。

 平成22年5月13日

 羽島市議会副議長  糟谷玲子様

                      羽島市議会議長  奥田三郎



○副議長(糟谷玲子君) お諮りいたします。

 奥田三郎さんの議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(糟谷玲子君) ご異議なしと認めます。

 よって、奥田三郎さんの議長の辞職を許可することに決しました。

 奥田三郎さんの除斥を解きます。

     〔17番 奥田三郎君 入場〕



○副議長(糟谷玲子君) ここで、奥田三郎さんの発言を許します。

     〔17番 奥田三郎君 登壇〕



◆17番(奥田三郎君) 斉藤 孝君は残念でありましたが、逝去されたということで、残任期間、皆さんの温かいご支援で無事、短い期間でございましたが乗り切っていくことができました。心から感謝を申し上げます。

 世間は大変こう厳しいという時代でございますし、そして今後新しい議長、副議長さん、議長さんはだれになられるかわかりませんが、中心となって、市民のニーズにこたえ、そして難局を乗り切っていく。執行部、また議会がともども切磋琢磨して、そして議員が市民から信頼される、尊敬される議員になっていきたいと、こんなようなことも次の人にお願いをしておきまして、お礼とお願いのご挨拶にかえさせていただきます。

 ありがとうございました。

     〔拍手〕



○副議長(糟谷玲子君) まことにご苦労さまでございました。

 ここで暫時休憩をいたします。

     午前11時22分休憩

     午前11時28分再開



○副議長(糟谷玲子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議長選挙



○副議長(糟谷玲子君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(糟谷玲子君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 選挙の方法は、投票にいたします。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○副議長(糟谷玲子君) ただいまの出席議員は、15人であります。

 これより投票用紙を配付いたさせます。

     〔投票用紙配付〕

 〔「加藤議員すいません。放送もいたしましたし……」「放送聞こえないんだから……」「加藤議員すいません。皆さんも探しに行かれましたので……」「放送聞いていなかった……」「今回はもう議場を閉鎖した後ですので、よろしくお願いいたします」「議長、許していいのか」「加藤議員、もう閉鎖いたしましたので、申しわけございませんが退出願います」「決議が整っとらんのに、そんな強引なやり方をしていいのか……」「職員も探しに行かれましたので、申しわけございませんが、お待ちいたしておりましたので」「探しに行ったって、僕は控室におったんよ」「理由にならん」「何が理由にならん。そんなもん探した中に入らない……」「退出をお願いします」「それは、ちょっとおかしいですよ」「もう閉鎖いたしましたので、すいません。本当はかぎをかうぐらいなんですけれども、今入ってみえましたが、閉鎖いたしておりますので退出願います」「議長、もうちょっと探すなら本当に……」「わかりました。今後の課題としてまいりますので、よろしくお願いいたします」と呼ぶ者あり〕



○副議長(糟谷玲子君) 再開いたします。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔確認〕



○副議長(糟谷玲子君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○副議長(糟谷玲子君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名式でありますので、投票用紙には被選挙人1人の氏名を明確に記載願います。

 また、この選挙には同一氏名等の案分がありませんので、必ず名字、名前両方ともはっきりとご記入をお願いいたします。

 記載が終わりましたら、議席順に1番議員から順次投票を願います。

     〔各議員順次投票〕



○副議長(糟谷玲子君) 投票漏れはありませんか。

     〔確認〕



○副議長(糟谷玲子君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○副議長(糟谷玲子君) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に3番 今井田和子さん及び4番 安田孝司さんを指名いたします。

 よって、両君の立ち会いを願います。

     〔開票〕



○副議長(糟谷玲子君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数は15票であります。

 これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票14票、無効投票1票であります。

 有効投票の内訳は、安井善保さん13票、花村 隆さん1票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4票であります。

 よって、安井善保さんが議長に当選されました。

 ただいま、議長に当選されました安井善保さんが議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 議長に当選されました安井善保さんから当選の承諾を兼ねた就任の挨拶がありますので、発言を許します。

     〔議長 安井善保君 登壇〕



○議長(安井善保君) このたびは、議長という重責に選任していただきましてまことにありがとうございます。

 この重責を全うするためには、議員各位の皆さん、そして執行部の皆さん方のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 ご案内のように、地方分権が進んでいるこの中で、議会の役割は非常に重いものだと思われます。そういう中で皆さんとともに研さんしてまいりたいと考えております。羽島市議会は、市民の目線に立った開かれた議会であるよう、また市民の負託にこたえられる羽島市議会になるよう努めてまいりたいと考えております。それと、議会改革を今後皆さんとともに進めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 選任に当たりましてお礼の挨拶にかえさせていただきます。まことにありがとうございました。

     〔拍手〕



○副議長(糟谷玲子君) 暫時休憩いたします。

     午前11時39分休憩

     午前11時56分再開



○議長(安井善保君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 これより議事を進めさせていただきますので、よろしくお願いします。

 暫時休憩をいたします。

 再開は午後1時を予定しております。

 なお、休憩中に、各委員会等の辞任願をいただきますので、議員控室にお集まりください。

     午前11時57分休憩

     午後1時04分再開



○議長(安井善保君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議会改革特別委員会委員辞任許可について



○議長(安井善保君) お諮りします。

 議会改革特別委員会委員から辞任願が提出されております。

 この際、議会改革特別委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、議会改革特別委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 お諮りいたします。

 議会改革特別委員会委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、議会改革特別委員会委員の辞任を許可することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 各常任委員会委員、議会運営委員会委員、議会改革特別委員会委員の選任について



○議長(安井善保君) お諮りいたします。

 先ほどの辞任許可により、議会改革特別委員会委員の選任を行う必要が生じております。

 また、各常任委員会委員及び議会運営委員会委員につきましては、本日が任期満了日でありますので、後任者の選任を行う必要が生じております。

 この際、各常任委員会委員、議会運営委員会委員及び議会改革特別委員会委員の選任の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、各常任委員会委員、議会運営委員会委員及び議会改革特別委員会委員の選任の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 上程の各委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により行いますが、そのほかに土地開発公社理事の辞任に伴い、後任者の推薦も必要となっております。これは、議決事項ではありませんが、あわせて行いたいと思いますので、ご一任いただきますようご了承をお願いいたします。

 ここで、暫時休憩をいたします。

     午後1時06分休憩

     午後1時55分再開



○議長(安井善保君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 本日の会議時間は議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

 先ほどご一任いただきました各委員等の人選について、慎重に検討いたしました結果は、お手元に配付いたしました名簿のとおりであります。

 お諮りいたします。

 名簿のとおり指名いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

 〔「この特別委員会、こんなものは、正副議長がやるんじゃないの。何でおれの名前が書いてあるの」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、名簿のとおり選任することに決しました。

 暫時休憩をいたします。

 なお、休憩中に各委員会を順次開催し、正副委員長の互選をお願いいたします。

 議員の皆様は、議員控室にお集まりください。

     午後1時57分休憩

     午後3時04分再開



○議長(安井善保君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいまの休憩中に、各常任委員会、議会運営委員会及び議会改革特別委員会において正副委員長が互選されましたので、その結果を事務局長からご報告いたさせます。



◎議会事務局長(大野貴己君) ご報告申し上げます。

 なお、敬称は省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 総務委員会委員長 星野 明、副委員長 今井田和子。

 市民厚生委員会委員長 山田紘治、副委員長 花村 隆。

 経済文教委員会委員長 大橋勝好、副委員長 松永 宏。

 建設水道委員会委員長 炭竃信太郎、副委員長 安田孝司。

 議会運営委員会委員長 大鐘康敬、副委員長 星野 明。

 議会改革特別委員会委員長 大鐘康敬、副委員長 大橋勝好。

 以上でございます。



○議長(安井善保君) 次に、ごみ処理施設建設特別委員会において、委員長及び副委員長からそれぞれ辞任願が提出され、これが許可されるとともに、それぞれの後任について互選されましたので、その結果を事務局長からご報告いたさせます。



◎議会事務局長(大野貴己君) ご報告申し上げます。

 なお、敬称は省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 ごみ処理施設建設特別委員会委員長 安井善保、副委員長 糟谷玲子。

 以上でございます。



○議長(安井善保君) 以上のとおり互選されました。

 名簿は後日配付させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 閉会中の継続審査について



○議長(安井善保君) お諮りいたします。

 ただいまお手元に配付いたしましたとおり、各常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長から会議規則第103条の規定により閉会中の継続審査について、議長へ申し出がありました。

 この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、閉会中の継続審査の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 さらに、お諮りいたします。

 お手元に配付いたしましたとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議案第29号 羽島市監査委員の選任について



○議長(安井善保君) お諮りいたします。

 ただいま、市長から議第29号 羽島市監査委員の選任につき同意を求める件が提出されました。

 この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議第29号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 議案を配付いたさせます。

     〔議案配付〕



○議長(安井善保君) 議第29号を議題といたします。

 奥田三郎君の除斥を求めます。

     〔17番 奥田三郎君 退場〕



○議長(安井善保君) 議案の説明を願います。

 市長 白木義春君。

     〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) それでは、議第29号 羽島市監査委員の選任についてご説明を申し上げます。

 監査委員の選任につきましては、地方自治法第196条第1項の規定によりまして、議会の同意を求めるものでございます。

 奥田三郎議員は、昭和11年1月21日生まれ、住所は羽島市江吉良町90番地でございます。

 奥田議員は、ご案内のとおり昭和62年4月30日に市議会議員に当選されて以来6期目ということで、23年余にわたり羽島市議会議員として活躍をされておられます。平成8年に副議長、平成12年、平成17年、平成18年、平成22年に議長、平成7年には監査委員を歴任された方でございます。監査委員として適任と存じますので、議会の皆様のご同意を求めるところでございます。よろしくご審議をお願いをいたします。



○議長(安井善保君) 以上で、議案の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑のある方はご発言願います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) 以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 本案は委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論のある方はご発言願います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) 以上で、討論を終わります。

 これより、議第29号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 ここで奥田三郎君の除斥を解きます。

     〔17番 奥田三郎君 入場〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報第1号 平成21年度羽島市病院事業会計予算繰越計算書の報告について〜



△日程第11 議第28号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第2号)



○議長(安井善保君) これより、日程第3、報第1号から日程第11、議第28号までの9件についての質疑に入ります。

 質疑に当たっては、議案番号及びページ番号をお示しくださるようご協力願います。

 それでは、質疑がある方ご発言願います。

 2番 花村 隆君。



◆2番(花村隆君) では、議案要綱・新旧対照表のほうから質問いたします。

 まず、1ページをお願いいたします。

 承第2号 羽島市税条例の一部を改正する条例についてでありますが、公的年金を受給している65歳未満の給与所得もある方に対して、市民税を給与から特別徴収できるようにする市税条例の改正でありますが、今回の改正におきまして、65歳以上で給与収入もある年金受給者には影響はないのかお尋ねいたします。

 また、対象となる方は普通徴収による市民税を納めること、これを選択ができるのかどうかも答弁をお願いいたします。

 続きまして、議案要綱・新旧対照表9ページのほうをお願いいたします。

 こちらは、承第3号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてでありますが、今回、国民健康保険税の減額措置に係る基準の見直しでありますが、7割、5割、2割のそれぞれの軽減を受けている羽島市内の世帯数と減額の総額は幾らになっておりますか。

 また、会社の倒産や解雇などによって職を失った国民健康保険の被保険者に対し、給与所得金額を100分の30とする措置についての市民への徹底はどのように行われているのか質問をいたします。



○議長(安井善保君) 総務部長 近藤文彦君。



◎総務部長(近藤文彦君) 私のほうからは、承第2号 羽島市税条例の一部を改正する条例についての要綱についてというお尋ねでございますが、今回の改正で、65歳以上においても給与収入のある年金受給者に影響がないのかというお尋ねでございますが、65歳以上の方につきましては今回改正の影響はございませんので、よろしくお願いいたします。

 また、対象となる方が普通徴収により市民税を納めることを選択できるかというお尋ねでございますが、今回の改正につきましては、公的年金を受給している65歳未満の給与所得のある方の納税上の便宜を考慮したものでございます。したがいまして、その適用に当たりましては、納税者の意思が尊重されるべきとの観点から普通徴収への変更は可能となっておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(安井善保君) 市民部長 大橋 優君。



◎市民部長(大橋優君) 議員ご質問の承第3号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、順次お答えを申し上げます。

 初めに、1点目の7割、5割、2割軽減の世帯数と減額総額でございますが、平成21年度では4月現在、7割軽減につきましては2,556世帯、5割軽減世帯は493世帯、2割軽減世帯は1,199世帯でございます。また、減額の総額につきましては、1億8,487万円でございます。

 2点目の周知徹底についてでございますが、この特例制度の周知につきましては、既に広報はしま5月号及びホームページへの掲載、窓口でのチラシの配布等により周知徹底を図っておりますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(安井善保君) 2番 花村 隆君。



◆2番(花村隆君) それでは、羽島市税条例の一部を改正する条例について、2回目の質問を行います。

 今回のこの条例改正で、特別徴収されることになる市民の数は何人と見積もってみえるか答弁をお願いいたします。

 また、羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についての2回目の質問といたしまして、条例の改正を本年4月1日から施行しているという報告でありますが、申請者は今日まで何人あったかを報告をお願いいたします。



○議長(安井善保君) 総務部長 近藤文彦君。



◎総務部長(近藤文彦君) 条例改正で特別徴収されることになる市民が何人おられるかというご質問でございますが、22年度課税分につきましては賦課前ということでございますので、まだ該当者につきまして把握はできておりませんが、21年度課税分で申し上げますと、約300人ほどの方が該当されると思われます。

 よろしくお願いします。



○議長(安井善保君) 市民部長 大橋 優君。



◎市民部長(大橋優君) それでは、ご質問の申請者の件数についてお答えをいたします。

 既に4月1日からこの特例制度の受け付けを行っておりますが、現在55件の申請を受け付けておりますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(安井善保君) ほかに質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) 以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 上程の案件は、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、上程の案件は、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論のある方はご発言願います。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) 以上で、討論を終わります。

 これより、承第2号、承第3号、承第4号、承第5号、承第6号、承第7号、承第8号及び議第28号の8件を採決いたします。

 本案は、原案のとおり承認及び可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安井善保君) ご異議なしと認めます。

 よって、承第2号、承第3号、承第4号、承第5号、承第6号、承第7号、承第8号は原案のとおり承認、議第28号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(安井善保君) 以上で、今臨時議会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 ここで、市長から挨拶がありますので、許可いたします。

 市長 白木義春君。

     〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) 平成22年第2回羽島市議会臨時会を閉会されるに当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 今臨時会は、専決処分の承認、平成22年度補正予算等につきましてご審議をいただき、適切なご決定をいただきました。

 また、追加提案いたしました議案につきましてもご審議を賜り、適切なご決定をいただきました。ありがとうございました。

 今後とも議員各位のご理解とご協力をいただきますようお願いを申し上げまして、閉会のご挨拶とさせていただきます。



○議長(安井善保君) これにて、平成22年第2回羽島市臨時議会を閉会いたします。

 本日は長時間にわたり、まことにご苦労さまでございました。

     午後3時20分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

                      羽島市議会議長  安井善保

                          副議長  糟谷玲子

                          前議長  奥田三郎

                         1番議員  山田紘治

                         2番議員  花村 隆

         本会議に提出された事件及び審議結果



議案番号
件名
提出年月日
審議結果
議決年月日


報第1号
平成21年度羽島市病院事業会計予算繰越計算書の報告について
平22.5.13
報告
平22.5.13


承第2号
専決処分の報告並びにその承認について(専第2号 羽島市税条例の一部を改正する条例について)

原案承認



承第3号
専決処分の報告並びにその承認について(専第3号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)





承第4号
専決処分の報告並びにその承認について(専第4号 平成21年度羽島市一般会計補正予算(第11号))





承第5号
専決処分の報告並びにその承認について(専第5号 平成21年度羽島市介護保険特別会計補正予算(第2号))





承第6号
専決処分の報告並びにその承認について(専第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第4号))





承第7号
専決処分の報告並びにその承認について(専第7号 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号))





承第8号
専決処分の報告並びにその承認について(専第8号 平成22年度羽島市一般会計補正予算(第1号))





議第28号
平成22年度羽島市一般会計補正予算(第2号)

原案可決



議第29号
羽島市監査委員の選任について

原案同意



 
副議長辞職許可について

許可



 
副議長選挙

選挙



 
議長辞職許可について

許可



 
議長選挙

選挙



 
議会改革特別委員会委員辞任許可について

許可



 
各常任委員会委員、議会運営委員会委員、議会改革特別委員会委員の選任について

選任



 
閉会中の継続審査について

原案可決