議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 羽島市

目次 P.1 03月02日−01号




平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月02日−01号









平成21年  3月 定例会(第1回)



平成21年第1回

          羽島市議会定例会会議録

                      第1号 3月2日(月曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程 第1号 平成21年3月2日午前10時開議

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 報第1号 専決処分の報告について(専第1号 損害賠償の額を定めることについて)

 第4 報第2号 専決処分の報告について(専第2号 損害賠償の額を定めることについて)

 第5 報第3号 専決処分の報告について(専第3号 損害賠償の額を定めることについて)

 第6 報第4号 専決処分の報告について(専第5号 損害賠償の額を定めることについて)

 第7 承第1号 専決処分の報告並びにその承認について(専第4号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号))

 第8 諮第1号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 第9 議第1号 平成21年度羽島市一般会計予算

 議10 議第2号 平成21年度羽島市国民健康保険特別会計予算

 第11 議第3号 平成21年度羽島市老人保健特別会計予算

 第12 議第4号 平成21年度羽島市介護保険特別会計予算

 第13 議第5号 平成21年度羽島市簡易水道事業特別会計予算

 第14 議第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計予算

 第15 議第7号 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計予算

 第16 議第8号 平成21年度羽島市・羽島郡二町介護認定審査会事業特別会計予算

 第17 議第9号 平成21年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計予算

 第18 議第10号 平成21年度羽島市駅北本郷土地区画整理事業特別会計予算

 第19 議第11号 平成21年度羽島市後期高齢者医療特別会計予算

 第20 議第12号 平成21年度羽島市病院事業会計予算

 第21 議第13号 平成21年度羽島市上水道事業会計予算

 第22 議第14号 羽島市監査委員の選任について

 第23 議第15号 羽島市基金条例の一部を改正する条例について

 第24 議第16号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

 第25 議第17号 羽島市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例について

 第26 議第18号 羽島市介護保険条例の一部を改正する条例について

 第27 議第19号 羽島市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について

 第28 議第20号 羽島市民病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例について

 第29 議第21号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第6号)

 第30 請第1号 消費税の増税をしない事を国に求める意見書採択に関する請願

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 報第1号 専決処分の報告について(専第1号 損害賠償の額を定めることについて)

 第4 報第2号 専決処分の報告について(専第2号 損害賠償の額を定めることについて)

 第5 報第3号 専決処分の報告について(専第3号 損害賠償の額を定めることについて)

 第6 報第4号 専決処分の報告について(専第5号 損害賠償の額を定めることについて)

 第7 承第1号 専決処分の報告並びにその承認について(専第4号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号))

 第8 諮第1号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 第9 議第1号 平成21年度羽島市一般会計予算

 議10 議第2号 平成21年度羽島市国民健康保険特別会計予算

 第11 議第3号 平成21年度羽島市老人保健特別会計予算

 第12 議第4号 平成21年度羽島市介護保険特別会計予算

 第13 議第5号 平成21年度羽島市簡易水道事業特別会計予算

 第14 議第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計予算

 第15 議第7号 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計予算

 第16 議第8号 平成21年度羽島市・羽島郡二町介護認定審査会事業特別会計予算

 第17 議第9号 平成21年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計予算

 第18 議第10号 平成21年度羽島市駅北本郷土地区画整理事業特別会計予算

 第19 議第11号 平成21年度羽島市後期高齢者医療特別会計予算

 第20 議第12号 平成21年度羽島市病院事業会計予算

 第21 議第13号 平成21年度羽島市上水道事業会計予算

 第22 議第14号 羽島市監査委員の選任について

 第23 議第15号 羽島市基金条例の一部を改正する条例について

 第24 議第16号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

 第25 議第17号 羽島市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例について

 第26 議第18号 羽島市介護保険条例の一部を改正する条例について

 第27 議第19号 羽島市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について

 第28 議第20号 羽島市民病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例について

 第29 議第21号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第6号)

 第30 請第1号 消費税の増税をしない事を国に求める意見書採択に関する請願

◯追加日程

    議第22号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第7号)

    議第23号 平成20年度羽島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

    議第24号 平成20年度羽島市介護保険特別会計補正予算(第3号)

    議第25号 平成20年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

    議第26号 平成20年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

    議第27号 平成20年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

    議第28号 平成20年度羽島市駅北本郷土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

    議第29号 平成20年度羽島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

    1番  山田紘治君    2番  花村 隆君

    3番  今井田和子君   4番  安田孝司君

    5番  松永 宏君    6番  炭竃信太郎君

    7番  大橋勝好君    8番  糟谷玲子君

    9番  大鐘康敬君   10番  星野 明君

   11番  味岡 弘君   12番  安井善保君

   13番  近藤伸二君   14番  加藤恒夫君

   15番  加藤英輔君   16番  斉藤 孝君

   17番  奥田三郎君   18番  不破啓司君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長    白木義春君   副市長   大野隆弘君

  教育長   伏屋敬介君   総務部長  山田文一君

  企画部長  大野貴己君   市民部長  高橋光治君

  福祉部長  井貝康治君   経済部長  豊島保夫君

  建設部技監 宮島雅広君   水道部長  堀田幸広君

  教育委員会事務局長     消防長   小池一郎君

        岩田源五君

  市民病院長 天野和雄君   市民病院事務局長

                      松井 聰君

  監査委員事務局長      会計管理者 吉田悦子君

        田内重三君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員の職氏名

  事務局長  服部和夫    庶務課長  大曽根佳明

  課長補佐  永田幸弘    係長    不破勝秀

  書記    牧野充守

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時00分開会



○議長(近藤伸二君) 皆さん、おはようございます。

 ここで、写真撮影の申し出がありましたので、これを許可いたします。

 お待たせいたしました。

 本日ここに、平成21年第1回羽島市議会定例会が招集されましたところ、議員各位にはご多用の中ご参集賜りまして、まことにありがとうございます。

 さて、今定例会に付議されます案件は、平成21年度の各会計予算、条例の制定・改正及び、平成20年度一般会計補正予算など27件でありますが、いずれも重要な案件でございますので、当面する市政の諸問題を含め、十分ご審議くださるようお願いいたします。

 また、議員並びに執行部各位におかれましては、議事が円滑に運営できますようご協力をお願いいたしまして、開会の挨拶といたします。

 ただいまから、平成21年第1回羽島市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 ここで、市長から挨拶がありますので、許可いたします。

 市長 白木義春君。

          〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) 皆さん、おはようございます。

 開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 本日、平成21年第1回羽島市議会定例会の開催をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方にはご出席をいただき、まことにありがとうございます。

 今定例会にご提案させていただきます案件は、専決処分の報告等が5件、人事案件が2件、条例改正等が6件、平成21年度予算が13件、平成20年度補正予算が1件、合計27件でございます。

 各議案の内容につきましては、後ほどご説明させていただきますが、いずれも重要な案件でございます。慎重にご審議を賜り、適切なご決定をいただきますようお願い申し上げ、ご挨拶といたします。



○議長(近藤伸二君) 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 監査委員から、平成20年11月分ないし平成21年1月分の例月現金出納検査報告及び平成20年度定期監査の結果報告がありましたので、ご了承願います。

 次に、今定例会において受理いたしました陳情を報告いたします。

 陳情第1号 C型肝炎被害者の救済の意見書採択に関する陳情

          カルテのない薬害C型肝炎の全員救済を求める新潟の会

                            代表 佐藤静子

 陳情第2号 「アスベスト被害者の救済等を求める意見書」の提出に関する陳情

                    アスベストに関する地域住民の会

                            代表 林 三統

 以上、今定例会において受理いたしました陳情は2件であります。内容につきましては、お手元に配付してあります文書表のとおりでありますので、朗読を省略いたします。

 以上で諸般の報告を終わります。

 これより日程に入ります。

 本日の日程は、お手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(近藤伸二君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議長において1番 山田紘治君及び2番 花村 隆君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(近藤伸二君) 日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 さきに開催されました議会運営委員会の結果報告を願います。

 議会運営委員会委員長 安井善保君。

          〔議会運営委員会委員長 安井善保君 登壇〕



◆議会運営委員会委員長(安井善保君) おはようございます。

 議会運営委員会は、去る2月26日委員会を開催し、今定例会の議事運営について協議いたしましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 まず、理事者から、提出案件の概要説明を求め、議案の件数、内容等を協議の結果、会期は本日から26日までの25日間とし、本日は、市長提出案件27件及び請願1件を上程し、市長から提出議案の説明及び関係者から請願の紹介を願い、定額給付金、子育て支援、地域活性化・生活対策に係る一般会計補正予算関係の議案については、本日質疑を行った後、委員会付託を省略し、討論、採決と進め、その後、定額給付金、子育て支援、地域活性化・生活対策関係を除いた一般会計、特別会計補正予算関係議案が提出された場合は、日程に追加し、議案の説明を願って散会といたします。

 明3日から8日までは議案精読のため本会議を休会とし、3日と4日の午前10時から議案の詳細説明を求めることにいたしました。

 次に、9日は午前10時から本会議を開き、一般質問を行い、10日は休会とし、11日と12日は午前10時から本会議を開き、9日に引き続き一般質問を行います。したがって、一般質問の通告期限は本日限りでありますが、午後3時までの提出にご協力くださるようお願いします。

 次に、13日は午前10時から本会議を開き、議案に対する質疑を行った後、報第1号、報第2号、報第3号、報第4号、諮第1号及び議第14号については、委員会付託を省略し、諮第1号及び議第14号の2件は討論、採決まで進めます。残りの案件は、それぞれの関係常任委員会に付託します。

 14日から25日までは本会議を休会とし、16日に総務委員会、17日に市民厚生委員会、18日に経済文教委員会、19日に建設水道委員会をそれぞれ10時から開催願い、付託案件の審査を願います。

 最終日26日は、午前10時から本会議を開催し、付託案件に対する各委員長報告を求め、同報告に対する質疑を行い、討論、採決と進めます。

 なお、市長から追加議案が提出された場合は、その時点で議題とし、説明を求め、質疑と進め、委員会付託を省略し、討論、採決と進めることが適当であるとの結論となりました。

 以上、議会運営委員会結果報告を終わります。



○議長(近藤伸二君) お諮りいたします。

 今定例会の会期は、議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日から26日までの25日間とし、会期中の会議日程については、お手元に配付してあります会期日程表のとおり行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は26日までの25日間とし、会期中の会議日程については、会期日程表のとおり行うことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報第1号 専決処分の報告について(専第1号 損害賠償の額を定めることについて)〜



△日程第30 請第1号 消費税の増税をしない事を国に求める意見書採択に関する請願



○議長(近藤伸二君) 次に、日程第3、報第1号から日程第30、請第1号までの28件を一括議題といたします。

 日程の順序により、議案の説明を願います。

 市長 白木義春君。

          〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) それでは、本日提案いたしました議案について、順次ご説明させていただきます。

 今議会には、新年度予算案を初めとした諸議案の審議をいただくわけでございますが、特に新年度予算の編成に当たり、私の所信の一端を申し上げ、議員の皆様並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願いするものであります。

 昨年12月、市長に再選させていただきまして2期目のスタートとなる新年度予算で、羽島市第五次総合計画に掲げております「ともにつくる、明日につながる 元気なまち・羽島」の実現を目指し、計画的に事業を執行してまいる所存でございます。

 さて、国内の経済は、世界経済の厳しい状況に直面し、少なくとも2〜3年は厳しい経済環境が続くと想定されております。地方においても、国内経済の景気後退の影響を受け、多くの市町で新年度の市税の収入見込を減額せざるを得ない状況となっております。

 このような状況下において、国は景気のてこ入れ策として、生活者支援・雇用対策・地域活性化などといった支援策が打ち出されたところであります。本市におきましても、この支援策にあわせて補正予算をお願いしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 また、私ども羽島市の財政環境は、国内経済の景気後退により一段と厳しい環境にありますが、国の動向を見きわめながら限られた財源のもと、現在進めております第五次総合計画を着実に実施し、また、定員管理の適正化・事務事業の見直し等の行財政改革を推進し、職員の意識改革を進め、市民皆様との対話を重ね、説明責任を果たしつつ、市民満足度の高い、質の高い行政を目指してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 さて、平成21年度予算は、世界的な景気後退が続く中、厳しい財政状況での予算編成となりましたが、将来に向けての都市基盤整備、子育て環境の充実に重点を置いた予算編成を行いました。

 平成21年度の予算規模につきましては、一般会計185億6,000万円、特別会計139億2,162万3,000円、企業会計72億7,111万9,000円、予算総額397億5,274万2,000円でございます。これを前年度当初予算と比較すると、一般会計で4億9,000万円減、2.6%の減となっております。

 一般会計歳入につきましては、市税が86億8,900万円で、対前年度比3.2%の減、地方交付税は24億9,500万円で、4.9%の減、市債のうち臨時財政対策債は8億3,200万円で、55.2%の増を見込んでおります。

 また、繰入金につきましては、22%減の約5億5,500万円を計上しました。このうち、財政調整基金繰入金は、17.6%増の2億円を計上しました。

 このように、歳入については市税を初め、すべての科目で減収が見込まれる中で、市債・臨時財政対策債の増額を見込み、財源の確保に努めました。

 また、歳出につきましては、衛生費が岐阜羽島衛生施設組合への負担金の減、ストックヤード整備事業の減等によりまして、対前年度比17.9%減の約20億6,800万円を、農林水産業費は、土地改良施設維持管理適正化事業の減等により19.1%減の約4億9,800万円を、教育費は福寿小学校プール新築事業の増、(仮称)羽島市運動公園整備事業の増等により、8.6%増の約25億9,900万円を、公債費は2.6%減の約25億300万円を計上いたしました。公債費につきましては、今後も減少していくものと見込んでおります。

 続きまして、平成21年度当初予算の概要についてご説明させていただきます。

 平成21年度当初予算は、次の4点を中心に施策展開を図ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 1番目としまして、行財政改革を進め、市政の安定と信頼されるまちづくりを行ってまいります。

 行財政改革といたしましては、人件費の削減、公の施設の指定管理者更新、事務事業の見直しを実施し、その削減された経費を基盤整備、子育て環境整備などに充ててまいります。

 また、市政の安定と信頼されるまちづくりといたしまして、公共事業の適正な執行と発注の平準化を図ってまいります。人件費の削減として約7,300万円の減、指定管理者の委託期間を3年から5年に期間延長したことによる経費削減として約2,100万円の減、事務事業の見直しによる経費削減として約1,400万円の減を見込んでおります。

 2番目として、安全で安心して暮らせるまちづくりとして、産業育成、企業誘致、基盤整備を進め、災害に強いまちづくりを行ってまいります。

 産業育成といたしましては、上中町午北地区の県営農業農村整備事業の事業化を促進し、採算性のすぐれた農業の推進を図ってまいります。事業といたしましては、農業農村整備推進事業、飛騨・美濃じまん農産物育成支援事業等を計上いたしております。

 また、安全で安心して暮らせるまちづくりといたしましては、JR岐阜羽島駅・岐阜羽島インターチェンジ周辺の都市基盤の整備、広域的な東西軸の道路整備、企業立地を促進するための条件整備など、インフラ部分の整備促進に加え、市民の皆様が住んでよかったと思える快適な住環境の創出に配慮してまいります。

 基盤整備事業といたしましては、インター北及び駅北本郷土地区画整理事業、岐阜羽島インター南部東地区地区計画事業、また、道路改良事業として、外粟野大浦線、堀津本郷線、本田加賀野井線の事業を計上させていただいております。

 また、市民の皆様が安心して暮らせるための災害に強いまちづくりとして、治水地震対策の推進、小中学校・保育園・公の施設の耐震化の促進などを進めてまいります。事業といたしましては、水防センター整備事業、逆川排水対策事業、小中学校施設耐震補強・大規模改修事業、福寿小学校プール新築事業、私立保育園耐震化支援事業、公共施設等緊急地震速報設備整備事業、災害時要支援者台帳整備支援事業、住宅等耐震診断助成事業、新型インフルエンザ対策事業を計上させていただいております。

 3番目といたしましては、子供・高齢者・障がい者など弱者が大切にされるまちづくりを行ってまいります。

 子供・高齢者・障がい者など弱者が大切にされるまちづくりとして、子供を産み育てやすい環境整備、保育園の整備支援、保健サービスの充実、スポーツ振興の充実などを実施してまいります。事業といたしましては、乳幼児等医療費助成事業、正木保育園園舎改築工事助成、妊婦健康診査事業、成人歯科健康診査事業、緑内障検診事業、JR岐阜羽島駅周辺バリアフリー化推進事業、(仮称)羽島市運動公園整備事業、ぎふ清流国体準備事業を計上させていただいております。

 4番目といたしましては、自然環境と地域環境を守るまちづくりを行ってまいります。

 自然環境と地域環境を守るまちづくりとして、下水道事業の推進、3Rの促進、一般廃棄物焼却場の建設推進などを実施してまいります。事業といたしましては、公共下水道事業、資源物ストックヤード施設運営事業、ごみ処理広域化事業等を計上させていただいております。

 続きまして、平成21年度の重点施策について、第五次総合計画の施策大綱に基づきご説明させていただきます。

 第1に「豊かな心と人を育てるまち」でございます。

 小中学校施設耐震補強・大規模改修事業につきましては、児童・生徒が安心して学べるよう、施設の耐震補強工事及び老朽化の進んだ施設の改修を計画的に実施するものでございます。平成18年度からの継続事業であり、小中学校施設耐震補強・大規模改修事業は、平成21年度をもちまして終了する予定をいたしております。

 次に、私立保育園耐震化支援事業につきましては、保育園の耐震補強に対する助成を行うもので、平成21年度は5園の実施設計と1園の補強計画策定の助成、正木保育園の改築工事の助成を計画しております。

 福寿小学校プール新築事業につきましては、平成20年度からの継続事業で、施設の老朽化に伴い整備するものでございます。まちづくり交付金事業で、学校施設としてだけではなく、災害時における防火水槽として周辺地区の消火活動の拠点として位置づけております。

 (仮称)羽島市運動公園整備事業につきましても、平成20年度からの継続事業で、現在の羽島市総合運動場を全面的に改修し、平成24年のぎふ清流国体ソフトボール競技成年男子の会場として、また、市民の皆さんの運動公園として整備を行うものでございます。

 ぎふ清流国体準備事業につきましては、平成24年のぎふ清流国体開催に向けて、市内外各関係団体代表者の方々の協力を得まして、先進地視察、PR活動等の準備事業を実施するものでございます。

 第2に「健やかで笑顔あふれるまち」でございます。

 乳幼児等医療費助成事業につきましては、平成20年度より中学校卒業まで助成拡大をいたしました。今年度も、この助成水準を堅持してまいります。

 放課後児童対策事業につきましては、教室の環境改善に向け、順次空調設備を整備していくものでございます。

 妊婦健康診査事業につきましては、近年、高齢やストレス等を抱える妊婦が増加傾向にあることから、母体や胎児の健康を確保する上で、妊婦健康診査の重要性が高まっております。現在も10回の公費負担を行っていますが、子供を産み育てやすい環境づくりをさらに進めるため、助成を10回から14回に拡大するものでございます。

 成人歯科健康診査事業につきましては、現在40歳、50歳、60歳及び70歳の希望者に対し実施している成人歯科健診に、新たに80歳を加え実施するものでございます。

 また、緑内障検診事業につきましては、新規事業でございます。40歳及び50歳の希望者に対し、個人負担1,000円で検診を実施するものでございます。

 石綿ばく露健康リスク調査事業につきましては、平成19年度からの継続事業でございまして、引き続き行ってまいります。

 第3に「活力に満ちた元気のあるまち」でございます。

 岐阜羽島インター南部東地区地区計画事業につきましては、平成18年度に都市計画決定した岐阜羽島インター南部東地区地区計画区域において、必要な道路等の整備を行い、企業が立地しやすい条件整備をする事業でございます。

 農業農村整備推進事業につきましては、上中町午北地区のほ場整備事業の推進を県の補助により行うものでございます。

 また、下中町市之枝地区の汎用化水田の排水整備について、県の補助により事業計画書等を作成し、事業化を推進していくものでございます。

 飛騨・美濃じまん農産物育成支援事業につきましては、ぎふクリーン農業の推進を展開するに当たり、市の特産物としてアスパラガス栽培の推進を支援するものであります。アスパラガス栽培の障害となるコスト増加や労力増加の軽減を図るため、機械や施設導入の支援を行うものでございます。

 竹鼻まつり支援事業につきましては、これまでの支援に加え、宵山曳航に対して支援を行うものでございます。

 第4に「快適でうるおいのあるまち」でございます。

 駅北本郷土地区画整理事業、インター北土地区画整理事業につきましては、羽島市の未来に向けての都市基盤整備の根幹に当たる事業でございますが、平成21年度も事業計画に基づき行ってまいります。

 公共下水道事業につきましては、整備計画に基づき、引き続き推進してまいります。

 地籍調査事業につきましては、国土調査法に基づいて、市内の土地の所有者、地番、地目の調査並びに境界・地籍に関する測量を行い、地図及び簿冊を作成していくものでございます。

 JR岐阜羽島駅周辺バリアフリー化推進事業につきましては、岐阜羽島駅周辺交通バリアフリー基本構想により、すべての人が安心して快適に移動ができる環境整備を行うものでございます。

 住宅等耐震診断助成事業につきましては、木造住宅の耐震診断についての助成を一部負担から無料に拡大するものでございます。岐阜県木造住宅耐震相談士を派遣し、耐震診断及び概算補強工事費等の情報提供を行うものでございます。

 外粟野大浦線改良事業につきましては、市北部の道路網の充実を図るため、主要地方道岐阜南濃線及び岐阜羽島線との未改良区間について、暫定2車線の整備を図るものでございます。

 あんしん歩行エリア整備事業、市内幹線道路整備事業、生活道路整備事業につきましても、継続的に推進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 第5に「安全に暮らせるまち」でございます。

 水防センター整備事業につきましては、災害時の水防活動拠点としての機能を持ち、平常時の有効利用として、避難所を兼ねた武道場を併設した水防センターを建設するものでございます。平成21年度は、建築工事に着手いたします。

 逆川排水対策事業につきましては、市北部の主要排水路である逆川水系が、近年たびたび発生するゲリラ的豪雨により、農地に湛水被害が発生していることから、平成20年度に国が行った土地改良事業計画特殊調査の結果に基づき、逆川水系の湛水防除事業を立案、事業化の推進を図るものでございます。

 ストックヤード施設運営事業につきましては、ストックヤード施設を管理運営し、より一層のごみの減量化や再資源化についての取り組みを推進していくものでございます。

 公共施設等緊急地震速報設備整備事業につきましては、平成20年度において緊急地震速報設備を整備してまいりましたが、引き続き平成21年度も整備し、大規模な地震時の初動体制の強化を図るものでございます。

 災害時要支援者台帳整備支援事業につきましては、ひとり暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯、身体障がい者等の災害時要支援者の台帳を平成20年度に作成しました。平成21年度は、台帳の加除や緊急時の対応について、市内10町の社会福祉協議会各支部に依頼していくものでございます。

 新型インフルエンザ対策事業につきましては、平成20年12月策定の羽島市新型インフルエンザ対策行動計画に基づき、標準的予防策等の啓発、関係機関等との連絡調整及び職員(本庁及び消防本部等)の感染防護用品等の計画的な備蓄を図るものでございます。

 第6に「市民協働を進めるまち」でございます。

 男女共同参画プラン策定事業につきましては、平成20年度に行った市民意識調査等に基づき、平成21年度は男女共同参画プランの策定を行うものでございます。

 地区集会施設建設支援事業につきましては、地区集会施設の新築、増築、改築、改修に要する費用の一部を支援するものでございます。

 以上、平成21年度事業の重点施策の概要をご説明させていただきました。

 厳しい財政環境のもと、自治体としての自立性を確保し、次世代を担う子供たちの環境整備、安全・安心なまちづくりを実施し、自立した、もっと元気な羽島市を目指していきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、議案書の1ページをお開き願います。

 報第1号 専決処分の報告について(専第1号 損害賠償の額を定めることについて)でございます。

 このことにつきましては、地方自治法第180条第1項の規定により、損害賠償の額を4,167円と定めましたので、ご報告するものであります。

 次に、2ページをお願いいたします。

 報第2号 専決処分の報告について(専第2号 損害賠償の額を定めることについて)でございます。

 このことにつきましても、地方自治法第180条第1項の規定により、損害賠償の額を12万3,027円と定めましたので、ご報告するものであります。

 次に、3ページをお願いいたします。

 報第3号 専決処分の報告について(専第3号 損害賠償の額を定めることについて)でございます。

 このことにつきましても、損害賠償の額を3万3,390円と定めましたので、ご報告するものであります。

 次に、4ページをお願いいたします。

 報第4号 専決処分の報告について(専第5号 損害賠償の額を定めることについて)でございます。

 このことにつきましても、損害賠償の額を6万9,103円と定めましたので、ご報告するものであります。

 次に、5ページをお願いいたします。

 承第1号 専決処分の報告並びにその承認について(専第4号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号))。

 このことにつきましては、専第4号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号)について、2月18日に専決処分いたしましたので、報告し、承認をお願いするものであります。

 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,044万円を追加し、歳入歳出予算の総額を199億244万5,000円とするものでございます。補正の主な内容としましては、定額給付金給付事業及び子育て応援特別手当給付事業の事務費でございます。財源としましては、国庫補助金を充てるものであります。

 続きまして、12ページをお願いいたします。

 諮第1号 人権擁護委員の候補者の推薦についてでございます。

 このことにつきましては、人権擁護委員の東松佳代さんの任期が平成21年6月30日に満了となることから、引き続き委員に推薦したいので、議会のご意見をいただくものであります。

 それでは次に、別冊の平成21年度羽島市予算書及び別冊の平成21年度羽島市企業会計予算書の説明を申し上げます。

 議第1号から議第13号までの新年度の一般会計、特別会計、企業会計予算を順次説明させていただきます。

 別冊の羽島市予算書の1ページをお願いいたします。

 議第1号 平成21年度羽島市一般会計予算でございます。

 平成21年度羽島市一般会計予算については、歳入歳出の予算の総額を185億6,000万円とするものであります。

 次に、予算書の149ページをお願いいたします。

 議第2号 平成21年度羽島市国民健康保険特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市国民健康保険特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を70億4,564万2,000円とするものであります。

 次に、予算書の171ページをお願いいたします。

 議第3号 平成21年度羽島市老人保健特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市老人保健特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を181万2,000円とするものであります。

 次に、予算書の181ページをお願いいたします。

 議第4号 平成21年度羽島市介護保険特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市介護保険特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を30億2,263万7,000円とするものであります。

 次に、予算書の199ページをお願いいたします。

 議第5号 平成21年度羽島市簡易水道事業特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市簡易水道事業特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を778万5,000円とするものであります。

 次に、予算書の209ページをお願いいたします。

 議第6号 平成21年度羽島市下水道事業特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市下水道事業特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を19億7,781万円とするものであります。

 次に、予算書の237ページをお願いいたします。

 議第7号 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を1億7,179万4,000円とするものであります。

 次に、予算書の249ページをお願いいたします。

 議第8号 平成21年度羽島市・羽島郡二町介護認定審査会事業特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市・羽島郡二町介護認定審査会事業特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を3,125万8,000円とするものであります。

 次に、予算書の267ページをお願いいたします。

 議第9号 平成21年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を6億6,258万4,000円とするものであります。

 次に、予算書の289ページをお願いいたします。

 議第10号 平成21年度羽島市駅北本郷土地区画整理事業特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市駅北本郷土地区画整理事業特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を5億6,357万6,000円とするものであります。

 次に、予算書の311ページをお願いいたします。

 議第11号 平成21年度羽島市後期高齢者医療特別会計予算でございます。

 平成21年度羽島市後期高齢者医療特別会計予算については、歳入歳出予算の総額を4億3,672万5,000円とするものであります。

 続きまして、別冊の平成21年度羽島市企業会計予算書の1ページをお願いいたします。

 議第12号 平成21年度羽島市病院事業会計予算でございます。

 平成21年度羽島市病院事業会計予算については、支出の総額を63億3,880万8,000円とするものであります。

 次に、27ページをお願いいたします。

 議第13号 平成21年度羽島市上水道事業会計予算でございます。

 平成21年度羽島市上水道事業会計予算については、支出の総額を9億3,231万1,000円とするものであります。

 以上をもちまして、簡単でございますが、新年度予算の説明とさせていただきます。

 それでは、議案書に戻りまして、議案書の13ページをお願いいたします。

 議第14号 羽島市監査委員の選任についてでございます。

 このことにつきましては、河合武司監査委員の任期が平成21年3月31日に満了となることから、引き続き河合監査委員を選任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 次に、14ページをお願いいたします。

 議第15号 羽島市基金条例の一部を改正する条例についてでございます。

 このことにつきましては、区画整理事業区域内かんがい施設維持管理基金を創設するため、羽島市基金条例の一部を改正するものであります。

 次に、15ページをお願いいたします。

 議第16号 羽島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてでございます。

 このことにつきましては、地方税法施行令及び国有資産等所在市町村交付金法施行令の一部を改正する政令により、羽島市国民健康保険税条例の一部を改正するものでございます。

 次に、16ページをお願いいたします。

 議第17号 羽島市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例についてでございます。

 このことにつきましては、介護報酬の改定に伴う介護保険料の上昇を抑制するため、介護給付費及び予防給付費に充てるため、羽島市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を制定するものであります。

 次に、19ページをお願いいたします。

 議第18号 羽島市介護保険条例の一部を改正する条例についてでございます。

 このことにつきましては、第4期羽島市介護保険事業計画の策定並びに介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令の公布に伴い、羽島市介護保険条例の一部を改正するものであります。

 次に、22ページをお願いいたします。

 議第19号 羽島市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。

 このことにつきましては、医療法施行令の一部を改正する政令による診療科名の改正及び追加、並びに公金の保管について円滑な対応を図るため、羽島市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正するものであります。

 次に、24ページをお願いいたします。

 議第20号 羽島市民病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例についてでございます。

 このことにつきましては、入院患者の利便性を図るため、羽島市民病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正するものであります。

 次に、25ページをお願いいたします。

 議第21号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第6号)でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ11億9,078万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ210億9,322万5,000円とするものであります。

 補正の主な内容としましては、定額給付金給付事業、子育て応援特別手当給付事業、舗装修繕工事事業、市道舟橋江吉良2号線道路改良工事事業、はしご車点検整備事業等でございます。財源としましては、国庫補助金、基金繰入金を充てるものであります。

 また、今回補正をお願いしております事業につきましては、今年度に事業が終了しませんので、繰越明許をお願いするものであります。

 以上、今3月定例会に上程いたします議案等につきまして、その概略をご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。

 なお、承第1号及び議第21号の2件につきましては、引き続きまして担当部長から詳細説明をいたさせますので、よろしくお願いいたします。

 ほかの各議案の詳細につきましては、明日からの議案説明会において各部長から説明をいたさせます。十分にご審議の上、適切なご決定を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(近藤伸二君) 総務部長 山田文一君。



◎総務部長(山田文一君) それでは、承第1号及び議第21号の議案の詳細をご説明いたします。

 まず、議案書5ページをお開きいただきたいと思います。

 承第1号 専決処分の報告並びにその承認について(専第4号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号))でございます。

 地方自治法第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めるものでございます。

 6ページをお願いいたします。

 専第4号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号)についてでございます。

 この関係につきましては、国の平成20年度一般会計補正予算(第2号)が平成21年1月27日に成立したことを受けまして、平成21年1月28日に定額給付金給付事務費補助金交付要綱が決定されるとともに、同日施行されたことに伴い、当該補助金交付申請の受付が開始されることとされたため、地方自治法第179条第1項の規定により、2月18日付で専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により報告し、その承認を求めるものでございます。

 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号)でございます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,044万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ199億244万5,000円とするものでございます。

 初めに、歳出からご説明を申し上げます。

 10ページをお開き願います。

 2歳出でございます。

 2款1項15目定額給付金給付事業費でございます。

 3,833万円を補正させていただくものでございます。これにつきましては、国の補助事業である定額給付金給付事業を行うための事務費でございます。内容は、職員の時間外勤務手当、臨時雇用に必要な賃金、消耗品・ポスター作成費、申請書などを送付するための郵送料、口座振込みに必要な手数料、システム開発・データ入力に係る委託料、会場などの借上料でございます。

 次に、3款2項7目子育て応援特別手当給付事業費でございます。

 211万円を補正させていただくものでございますが、これにつきましても、国の補助事業である子育て応援特別手当給付事業を行うための事務費でございます。内容は、職員の時間外勤務手当、臨時雇用に必要な賃金、消耗品・ポスター作成費、申請書などを送付するための郵送料、口座振込に必要な手数料、システム開発・データ入力に係る委託料、会場などの借上料でございます。

 9ページにお戻りいただきたいと思います。

 歳入でございます。

 13款2項1目総務費国庫補助金でございます。

 3,833万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましては、定額給付金給付事業に係る定額給付金給付事務費補助金で、補助率は10分の10でございます。

 13款2項2目民生費国庫補助金でございます。

 211万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましても、子育て応援特別手当給付事業に係る子育て応援特別手当給付事務費補助金で、補助率は10分の10でございます。

 以上が、専第4号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第5号)でございます。

 続きまして、議案書25ページをお開きいただきたいと思います。

 議第21号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第6号)でございます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ11億9,078万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ210億9,322万5,000円とするものでございます。

 第2条は、繰越明許費についてでございます。

 それでは、30ページをお願いいたします。

 2歳出でございます。

 2款1項15目定額給付金給付事業費でございます。

 10億4,900万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましては、国の補助事業である定額給付金給付事業で定額給付金を給付するものでございます。

 この事業は、平成21年2月1日を基準日として、住民基本台帳に記載されている方、外国人登録原票に登録されている方に支給するものでございます。

 次に、3款2項7目子育て応援特別手当給付事業費でございます。

 4,140万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましては、国の補助事業である子育て応援特別手当給付事業で、子育て応援特別手当を給付するものでございます。

 この事業は、平成21年2月1日の基準日において、小学校就学前3年間に属する子、すなわち平成14年4月2日から平成17年4月1日までの間の生まれであって、第2子以降である児童を対象に支給されるものでございます。

 次に、8款2項2目道路維持費でございます。

 2,600万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましては、市道の舗装修繕工事を地域活性化・生活対策臨時交付金を受けて行うものでございます。

 地域活性化・生活対策臨時交付金につきましては、地方公共団体が地域活性化等に資する事業(地方再生戦略または生活対策に対応した事業)を実施したことに対し、国から交付されるものでございます。

 8款2項3目道路新設改良費でございます。

 2,100万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましても、市道舟橋江吉良2号線道路改良工事を地域活性化・生活対策臨時交付金を受けて行うものでございます。

 31ページをお開きください。

 8款4項4目公園費でございます。

 2,136万3,000円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましても、公園遊具改修等600万円と市民の森羽島公園複合遊具改修1,536万3,000円を地域活性化・生活対策臨時交付金を受けて行うものでございます。

 9款1項1目常備消防費でございます。

 2,800万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましても、はしご車点検整備を地域活性化・生活対策臨時交付金を受けて行うものでございます。

 9款1項3目消防施設費でございます。

 401万7,000円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましても、位置情報通知システム導入事業を地域活性化・生活対策臨時交付金を受けて行うものでございます。

 次に、29ページにお戻りいただきたいと思います。

 歳入でございます。

 13款2項1目総務費国庫補助金でございます。

 11億4,212万6,000円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましては、地域活性化・生活対策臨時交付金の9,312万6,000円と定額給付金給付事業費補助金10億4,900万円、補助率は10分の10でございます。

 13款2項2目民生費国庫補助金でございます。

 4,140万円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましては、子育て応援特別給付事業費補助金、補助率は10分の10でございます。

 次に、17款2項1目基金繰入金でございます。

 725万4,000円を増額補正させていただくものでございます。これにつきましては、財政調整基金からの繰入金でございます。

 続きまして、もう1ページ前、28ページにお戻りください。

 第2表、繰越明許費でございます。

 定額給付金給付事業、子育て応援特別手当給付事業、舗装修繕工事事業、市道舟橋江吉良2号線道路改良工事事業、公園遊具改修等事業、市民の森羽島公園複合遊具改修事業、はしご車点検整備事業、位置情報通知システム導入事業、これらの事業につきましては、今年度に事業が終了いたしませんので、繰越明許をお願いするものでございます。

 以上が、議第21号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第6号)の詳細説明でございます。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) 次に、請第1号について、紹介議員花村 隆君から紹介を願います。



◆2番(花村隆君) それでは、消費税の増税をしない事を国に求める意見書採択に関する請願の紹介をさせていただきます。

 昨年10月から12月における日本のGDPは、35年ぶりの減少を記録するなど、世界同時不況の中でも日本がとりわけ大きな打撃を受けております。

 羽島市においても例外ではなく、地場産業である繊維産業を初め、鉄工業や自動車部品関連の工業も、この不況で一層の厳しさを増しております。

 この時期に、麻生総理大臣は定額給付金を支給するとともに、2年後には消費税率の見直しをすることを言明しています。定額給付金の支給は一回限りですが、消費税は一生払い続けなくてはいけません。

 消費税が値上げされると、今でも苦しい羽島市の産業、そしてそれを支える市民の暮らしが立ち行かなくなってしまいます。

 消費税は大資産家には負担が軽く、所得が低い人ほど税負担が重くなる、逆進的な性格を持った税制度です。したがって、消費税の増税は、今日本で大きな問題となっている貧困と格差、これがなお一層拡大して、地域経済のさらなる悪化をもたらすことは明らかです。

 冒頭に述べましたように、日本のGDPが急激に悪化いたしました。これは、外国の需要に頼る日本経済のひずみがあらわれたものです。今後、日本の景気をよくするためには、外需頼みではない日本経済を再構築していくことが必要です。日本の経済力の6割を占めると言われる個人消費をふやすことこそ緊急の課題です。

 消費税の増税は国民の消費に冷や水をかけます。

 羽島市議会は、昭和63年、消費税が導入される前でありますが、当時まだ消費税と呼ばれていなかった新型間接税の導入に反対する意見書を採択しております。当時、日本は円高による経済不況に悩まされていました。そして、新型間接税の導入は、物価の上昇をもたらし、中小企業の営業に支障を来し、長引く不況下、さらに国民に大きな負担を強いるものとして、羽島市議会は新型間接税の導入に反対しております。

 消費税の値上げが大きな問題となっている今、本議会で消費税を増税しないことを、国会と政府に求める意見書を採択していただきますようお願いするものであります。

 以上です。



○議長(近藤伸二君) 以上で、議案の説明及び請願の紹介を終わります。

 今定例会において本日までに受理した請願は、お手元に配付してあります請願文書表のとおり所管の常任委員会に付託いたします。

 議案精読のため、暫時休憩いたします。

          午前10時59分休憩

          午前11時11分再開



○議長(近藤伸二君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 これより、承第1号及び議第21号の2件について、質疑を行います。

 質疑のある方はご発言願います。

 2番 花村 隆君。



◆2番(花村隆君) では、定額給付金について質問をいたします。

 定額給付金は1万2,000円、あるいは18歳以下の方と65歳以上の方は2万円を受け取るものでありますけれども、1万2,000円を受け取る方の羽島市内の人数、そして、18歳以下の方の人数、65歳以上の方の人数は何人と見込んでおられるかを答弁ください。

 また、これと同時に行われます子育て応援特別手当給付金ですけれども、これを受け取ることができるのは、どういう方々で給付金額は幾らであるかを答弁お願いいたします。



○議長(近藤伸二君) 企画部長 大野貴己君。



◎企画部長(大野貴己君) 私からは、定額給付金に関することをお答えさせていただきます。

 定額給付金の対象者でございますけれども、全体で6万9,500人を見込んでおります。そのうち1万2,000円が支給される方につきましては4万2,625人、そして18歳以下の方は1万3,317人、また65歳以上の方につきましては1万3,558人と見込んでおります。

 また、子育て応援特別手当給付金の関係でございますけれども、これは先ほど総務部長のほうが詳細説明で説明をさせていただきましたとおりでございますけれども、まず、基準日となる平成21年2月1日におきまして、小学校就学前3年間に属する子、すなわち平成14年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた子であって、第2子以降である児童が対象となります。なお、第2子以降の判定につきましては、高校卒業までの子を基礎と考えておりますので、お願いいたします。

 そして、子育て応援特別手当の給付額につきましては、対象となる子1人につき3万6,000円となっておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(近藤伸二君) 2番 花村 隆君。



◆2番(花村隆君) 今説明がありました、子育て応援特別手当給付金ですけれども、これを受けることができると見込まれる羽島市内の子供さんの人数は何人ですか。

 そして、定額給付金及び子育て応援特別給付金が、市民の手元に来るまでの手続はどのようにされる予定か、この手続の流れを説明してください。



○議長(近藤伸二君) 企画部長 大野貴己君。



◎企画部長(大野貴己君) 子育て応援特別手当を受け取ることができる子供の人数についてお答えをさせていただきます。

 子育て応援特別手当給付金の支給対象となります子の数でございますが、1,150人を見込んでおりますので、よろしくお願いいたします。

 また、手続の流れについてでございますけれども、市から申請書類が各世帯のほうに郵送されます。申請者の方は、その申請書に必要事項を記入をしていただきまして、本人確認書類とともに、郵送または窓口提出により給付の申請をいただく予定であります。その後、市は受領した申請書の審査を行い、給付決定がされた申請者もしくは受給者の方が指定されました口座への振り込みにより、定額給付金並びに子育て応援特別手当を給付する予定といたしております。

 なお、給付の方法は、口座振り込みを原則としておりますが、振り込みによる給付が困難な場合には、現金による交付を行う予定でありますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(近藤伸二君) 2番 花村 隆君。



◆2番(花村隆君) では、こういった給付金が、おおむねいつごろ市民の手に届く予定であるか、答弁をお願いいたします。



○議長(近藤伸二君) 企画部長 大野貴己君。



◎企画部長(大野貴己君) 給付金がいつごろ市民の手元に届くかということでございますけれども、現時点で、具体的な給付の時期はまだ決まっておりませんけれども、おおむね3月下旬ごろには申請書の発送を行いまして、4月下旬ごろから給付金をお届けしたいと考えておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(近藤伸二君) その他、質疑はございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) 以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 上程の案件中、承第1号及び議第21号の2件については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) ご異議なしと認めます。

 よって、承第1号及び議第21号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより、討論に入ります。

 討論のある方はご発言願います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) 以上で、討論を終わります。

 これより、承第1号及び議第21号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり承認及び可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) ご異議なしと認めます。

 よって、承第1号は原案のとおり承認、議第21号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議第22号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第7号)〜



△議第29号 平成20年度羽島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)



○議長(近藤伸二君) ここで、市長から追加議案が提出されましたので、議案を配付いたさせます。

          〔議案配付〕



○議長(近藤伸二君) この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議第22号から議第29号までの8件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 議案の説明を願います。

 市長 白木義春君。

          〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) ただいまは、今議会にお願いいたしました承第1号及び議第21号の2件につきまして、お認めをいただきましてありがとうございました。

 それでは、お許しをいただきましたので、追加提案させていただきました8議案の概要を説明させていただきます。

 それでは、1ページをお願いいたします。

 議第22号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第7号)でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,073万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ211億2,395万9,000円とするものであります。

 補正の主な内容としましては、生活保護扶助費、駅東土地区画整理事業特別会計繰出金、水防センター整備事業、土地開発公社補助費等でございます。財源としましては、国庫負担金、特別会計繰入金、基金繰入金等を充てるものであります。

 また、桑原川改修事業の繰越明許、水防センター整備事業の債務負担行為の補正並びに地方債の補正をお願いするものであります。

 次に、14ページをお願いいたします。

 議第23号 平成20年度羽島市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,198万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ69億5,890万5,000円とするものであります。

 補正の内容としましては、国民健康保険財政調整基金積立金、保険財政共同安定化事業拠出金でございます。財源としましては、財産収入、繰越金を充てるものであります。

 次に、19ページをお願いいたします。

 議第24号 平成20年度羽島市介護保険特別会計補正予算(第3号)でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,025万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ29億9,517万5,000円とするものであります。

 補正の内容としましては、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金でございます。財源としましては、国庫補助金を充てるものであります。

 次に、24ページをお願いいたします。

 議第25号 平成20年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,777万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ20億5,174万9,000円とするものであります。

 補正の内容としましては、下水道管渠整備費の減でございます。また、繰越明許及び地方債の補正をお願いするものであります。

 次に、33ページをお願いいたします。

 議第26号 平成20年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)でございます。

 このことにつきましては、財産収入を減額し、一般会計繰入金、繰越金及び諸収入を増額するものであります。

 次に、37ページをお願いいたします。

 議第27号 平成20年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)でございます。

 このことにつきましては、移転補償費の繰越明許をお願いするものであります。

 次に、39ページをお願いいたします。

 議第28号 平成20年度羽島市駅北本郷土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)でございます。

 このことにつきましても、移転補償費の繰越明許をお願いするものであります。

 次に、41ページをお願いいたします。

 議第29号 平成20年度羽島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)でございます。

 このことにつきましては、国庫補助金を増額し、一般会計繰入金を減額するものであります。

 また、保険料システム改修事業の繰越明許をお願いするものであります。

 以上、追加上程いたします議案につきまして、その概略をご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。

 なお、議案の詳細につきましては、明日からの詳細説明会において各所管部長から説明をいたさせますので、よろしくご審議の上、適切なご決定を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤伸二君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 明日3日から8日までは休会といたします。

 次の本会議は、9日月曜日午前10時に開き、一般質問を行いますので、よろしくお願いいたします。

 本日はこれにて散会いたします。

 なお、明日3日と4日水曜日は、午前10時から第1会議室において議案の詳細説明を行いますので、ご出席くださいますようご連絡いたします。

 ご苦労さまでございました。

          午前11時27分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

               羽島市議会議長  近藤伸二

                  1番議員  山田紘治

                  2番議員  花村 隆