議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 羽島市

平成20年  6月 定例会(第3回) P.123 06月17日−04号




平成20年  6月 定例会(第3回) − 06月17日−04号









平成20年  6月 定例会(第3回)



平成20年第3回

         羽島市議会定例会会議録

                          第4号 6月17日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程 第4号 平成20年6月17日午前10時開議

 第1      会議録署名議員の指名

 第2 報第3号 平成19年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第3 報第4号 平成19年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第4 諮第3号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 第5 議第48号 羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例について

 第6 議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)

 第7 議第50号 平成20年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 第1      会議録署名議員の指名

 第2 報第3号 平成19年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第3 報第4号 平成19年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第4 諮第3号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 第5 議第48号 羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例について

 第6 議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)

 第7 議第50号 平成20年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

    1番  山田紘治君    2番  花村 隆君

    3番  今井田和子君   4番  安田孝司君

    5番  松永 宏君    6番  炭竃信太郎君

    7番  大橋勝好君    8番  糟谷玲子君

    9番  大鐘康敬君   10番  星野 明君

   11番  味岡 弘君   12番  安井善保君

   13番  近藤伸二君   14番  加藤恒夫君

   15番  加藤英輔君   16番  斉藤 孝君

   17番  奥田三郎君   18番  不破啓司君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長    白木義春君   副市長   大野隆弘君

  教育長   伏屋敬介君   総務部長  山田文一君

  企画部長  大野貴己君   市民部長  高橋光治君

  福祉部長  井貝康治君   経済部長  豊島保夫君

  建設部長  近藤明広君   水道部長  堀田幸広君

  教育委員会事務局長     消防長   小池一郎君

        岩田源五君

  市民病院長 天野和雄君   市民病院事務局長

                      松井 聰君

  監査委員事務局長      会計管理者 吉田悦子君

        田内重三君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員の職氏名

  事務局長  服部和夫    庶務課長 大曽根佳明

  課長補佐  永田幸弘    係長   不破勝秀

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時00分開議



○議長(近藤伸二君) 皆さん、おはようございます。

 お待たせいたしました。

 ただいまから、本日の会議を開きます。

 これより日程に入ります。

 本日の日程は、お手元に配付したとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(近藤伸二君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議長において10番 星野 明君及び11番 味岡 弘君を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 報第3号 平成19年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について〜



△日程第7 議第50号 平成20年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)



○議長(近藤伸二君) 日程第2、報第3号から日程第7、議第50号までの6件を一括議題といたします。

 上程の案件については説明が終っておりますので、直ちに質疑に入ります。

 なお、質疑にあたっては、議案番号及びページをお示しくださいますようご協力をお願いします。

 また、議員活動に関する申し合わせにありますように、所属する委員会に付託が予定される案件につきましては、極力質疑を差し控えていただきますよう、あわせてお願いいたします。

 それでは、質疑のある方、ご発言願います。

 2番 花村 隆君。



◆2番(花村隆君) では、議案質疑を行います。

 まず、議案書3ページ、報第4号 平成19年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでありますが、今回6件分の移転補償費として3,514万8,000円を今年度に繰り越すものという報告がなされておりますが、インター北土地区画整理事業における移転は今後どれだけ残っているのか、お尋ねいたします。

 次に、議案書6ページに移ります。議第48号 羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例についてであります。この選挙公報の発行については、日本共産党でもかねてから求めてまいりましたし、昨年ちょうど1年前の6月議会で私もこの発行を求める一般質問をしたところであります。政策論争によって選挙を行うために大事なものと考えます。だれに投票したらいいのかわからないという人にとって、大事な判断の物差しになることを期待いたします。

 そこで質問の1項目めは、市議会議員・市長選挙の選挙期間が日曜日から土曜日までの7日間でありますが、この条例案では発行は選挙の期日の前日までとありますが、おおむね何曜日頃に市民の手元に届けられるという予想がされておりますか。

 2点目にこの広報における仕分け配達の委託料として、市長選挙費で86万4,000円が今回の補正予算に上程されております。自治会に加入してない世帯や、アパートなどの世帯を含めて全世帯に届くように配達が手配されることができますか。その配達の手配についてどのようにお考えかをお尋ねいたします。

 次に議案書の15ページをお願いいたします。議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)についてであります。歳出、2款1項5目財産管理費、説明欄の財政調整基金1,829万5,000円を積み立てるとあります。財政調整基金の総額残高をお答え願います。

 2点目に16ページをお願いいたします。教育費の関係ですが、10款2項1目学校管理費、この福寿小学校プール新築事業予算のうち、国からはまちづくり交付金として1,456万円の内訳となっております。まちづくり交付金を使わないで、文部科学省の補助金を利用する手段もあるのではないかと思いますが、その場合交付金は、まちづくり交付金よりも少ないのかどうかお尋ねいたします。

 次に、17ページをお願いいたします。10款5項1目社会教育総務費、地区集会施設建設補助費1,150万8,000円についてです。この中には曲利の地区集会所を神社内に新築されるものが含まれますが、神社内に建設する施設に対して市の補助金を使うことが、法律的に問題にはならないのかお答え願います。また、この集会所の建物に対してこの名義は誰になるのかお答えをお願いいたします。

 続きまして、同じく1目社会教育総務費のうちで、地域助成事業の詳細説明をお願いいたします。

 次に、17ページの10款6項保健体育費5目給食センター費のうち、256万3,000円の減額についてお尋ねいたしますが、北部給食センターは建物をこのまま使い続けるのか、そして現在の建物の耐震調査の結果をお答え願います。また、備品購入費1,038万2,000円の減額の理由をお尋ねいたします。

 以上です。



○議長(近藤伸二君) 建設部長 近藤明広君。



◎建設部長(近藤明広君) それでは議員ご質問の議案書4ページ、インター北土地区画整理事業のうちの移転はあとどれだけ残っているかについてお答えさせていただきます。

 今年度を含めまして残り移転補償物件でございますが、43件でございます。その内訳といたしまして、建物が14件、その他工作物等が29件でございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(近藤伸二君) 総務部長 山田文一君。



◎総務部長(山田文一君) 総務部からは議第48号 羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例について及び議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)の2款1項5目財産管理費についてお答えさせていただきます。

 まず議案書6ページ選挙公報の関係でございます。7ページの条例第5条に「選挙公報は選挙の期日の前日までに配布するものとする」とございますが、何曜日ごろまでに届けられるかというご質問でございますが、選挙期日の2日前、金曜日までには配布を完了したいと考えております。

 なお、配布にあたりましては配達業者(ポスティング業者を予定しております)と委託契約を締結いたしまして、自治会加入、未加入等にかかわらず全世帯に配布するよう手配する予定でございます。

 次に、議案書15ページ、一般会計補正予算、2款1項5目財産管理費の財政調整基金積立金の関係でございます。財政調整基金の総額に関するご質問でございますが、平成19年度末の財政調整基金の額は23億1,082万8,000円と見込んでおります。

 財政調整基金積立金につきましては、平成20年度当初予算に551万7,000円を計上させていただいておりますので、今回の補正予算額1,829万5,000円とあわせまして、6月補正後の財政調整基金の総額は23億3,464万円と見込んでおります。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) 教育委員会事務局長 岩田源五君。



◎教育委員会事務局長(岩田源五君) では私のほうは議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算のうちの16ページ、10款2項1目におきます学校管理費のうち、福寿小学校プール、新築工事予算の関係についてお答えさせていただきます。福寿小学校プールの新築事業につきましては、国土交通省所管まちづくり交付金以外の文部科学省の補助金を利用する手段もあるのではないかとのことでございますが、その場合の交付金につきましては、まちづくり交付金より少ないかという意味だと思いますが、これにつきましては、国土交通省所管まちづくり交付金事業につきましては、総事業費に対しまして40%の交付金でございます。文部科学省所管の公立学校体育施設補助事業におきましては補助率は3分の1、一施設あたり補助限度額が1,780万円となっております。また、文部科学省所管の補助事業につきましては、用地費の補助はなく、単独となりますのでご理解をいただきたいと思います。

 続きまして17ページ10款5項1目社会教育総務費の地区集会施設建設補助金1,150万8,000円につきましてお答えさせていただきます。当該の地区集会施設が自治会または自治会の連合体によって管理運営され、地域の自治活動、防災活動、住民相互の融和及び社会教育の振興を図るための活動を日常的に行っていること、また宗教団体事務所、社務所等として管理運営されていないこと、またそのような活動目的に使用しないことが補助金交付の趣旨であると考えております。曲利公民館につきましては事前審査処理を精査いたしましたところ、公民館規約では、区民相互の自治活動、社会教育活動、福祉活動の拠点として位置づけられ、事業報告書ではその目的に沿った内容で活動しておられるということです。またその役目を果たし、地区集会施設としまして機能していると判断することができます。また、添付されております県の建築確認済証では名称が曲利公民館で、主要用途は公会堂または集会場とあります。

 次に議事録で区民の総会で建設が承認され、総意で建設されるものと伺います。以上審査の上、住民総意の地区集会施設としましての使用が明白で、公益上必要があると認められますので、羽島市地区集会施設建設事業補助金交付要綱に基づきまして補助申請を承認させていただくものでございます。

 名義につきましては旧の曲利公民館は未登記でございました。新曲利公民館につきましては、完成後に確認させていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 続きまして、同じく1目社会教育総務費のうちの地域助成事業の関係の説明をということでございます。これにつきましては、19節負担金補助及び交付金の480万円でございますが、これは14ページをご覧いただきたいと思います。歳入の19款諸収入5項雑入2目雑入7節教育費雑入480万円、説明としまして、コミュニティ助成事業助成金480万円に対する支出でございます。このコミュニティ助成事業につきまして説明させていただきますと、財団法人自治総合センターが実施しているものでございまして、宝くじの普及び広報事業として行われているものです。

 平成20年度の助成事業としまして、平成19年10月に羽島市小熊町内粟野区自治会と小熊町新生町自治委員会が助成申請され、平成20年度事業で採択されましたので、市へ助成金が交付され、市から申請者に交付させていただきますので、補正予算を計上するものでございます。

 続きまして、10款6項5目給食センター費のほうにつきまして、256万3,000円の減額ということについての説明とそれから耐震調査の結果というご質問をいただきましたので、お答えさせていただきます。5目給食センター費の256万3,000円減額につきましては、弁当箱方式から飯缶方式への変更にあたり、食器の検証をさせていただきました結果、弁当箱の代わりに食器1点を入れますと4点となりますが、仕切り皿を導入しますと食器が3点という作業効率が格段と良くなることが判明いたしました。その結果、給食センター施設改修事業の18節備品購入費の中の食器洗浄機が4レーンから3レーンになり1,038万2,000円の減額となりました。また、11節需用費の消耗品費で給食用食器(仕切り皿)の購入が781万9,000円の増額となりました。

 このようなことから、食器洗浄機購入で1,038万2,000円の減額が生じ、給食用食器購入費が781万9,000円の増額となり、差し引き256万3,000円の減額となったものでございます。

 続きまして、北部給食センターはこのまま使うのか。耐震調査の結果はどうかとのご質問のお答えでございますが、北部給食センターは、開設以来28年が経過しており、平成18年度に受けた耐震2次診断の判定結果では、「耐震性能はかなり良いが、大地震に対して容易に修復できる程度の軽微な被害が想定される。」という内容であり、建物自体は当分倒壊するような危険性はないものと思われます。

 今後につきましては、安心、安全な学校給食センターの運営に努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) そのほか、質疑のある方。

 15番 加藤英輔君。



◆15番(加藤英輔君) では、議第49号からお願いいたします。

 15ページ、2款総務費4項選挙費の関係で4目市長選挙費で112万7,000円、この予算の補正が見てあるわけですが、説明会では印刷、仕分け、配達というふうにお聞きしました。先ほども少し話が出ておりましたが、この予算でそれぞれ配達等々もあわせてポスティング等々の費用になるのかどうかも含めてもう少し詳細にわかっていればお聞きしたいと思います。これが1点目。

 2点目は、16ページ、9款の消防費1項の消防費ですが、この4目水防費の関係の説明欄に水防団員公務災害補償経費5,000円が見てあります。これは実は水防訓練の時にお怪我をなさった人がいるということで、私も参加しておりましたので当日そのような光景を見たわけですが、もう少し負傷の内容も含めて詳細に教えてほしいと思います。

 それからその下の10款教育費1項教育総務費2目の事務局費で、説明欄に子ども読書推進事業、これで図書購入1,000万円があります。この図書購入の内訳等々をもう少し詳細に教えてほしいと思います。



○議長(近藤伸二君) 総務部長 山田文一君。



◎総務部長(山田文一君) 加藤議員のお尋ねの予算書15ページ、2款総務費4項選挙費4目市長選挙費におけます補正予算の内訳についてご説明させていただきます。

 予算書に掲げてございます印刷製本費といたしまして26万3,000円これにつきましては選挙公報2万5,000部の印刷でございます。平成20年6月1日現在の世帯数でいきますと2万3,605世帯ございますので、それに1,500部ほど予備を含めまして2万5,000部の印刷費を予定しております。それから委託料86万4,000円につきましては、選挙公報仕分け配達業務委託料でございまして、これにつきましては先ほど選挙広報は2万5,000部の印刷と申し上げましたが、委託につきましては2万3,500部の配達を見込んでおります。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) 市民部長 高橋光治君。



◎市民部長(高橋光治君) それでは、私のほうから議第49号 一般会計補正予算、議案書の16ページの9款消防費1項消防費4目水防費の災害補償費5,000円の補正額につきましてご説明させていただきます。これにつきましては今年の5月11日、下中町石田地先で開催されました水防団の水防工法の演習が行われている最中に、正木町の水防団員1名が竹流し工の竹が右目に接触し公務災害をこうむったものであります。この負傷につきましては当日眼科の診察、また約1週間後5月16日の2回目の診察で、ほぼ完治したところでございまして、この診察費が14,964円となりましたので、当初予算1万円でございますので、不足額の5,000円を補正させていただいているところでございます。

 なお、現在消防基金にこの公務災害の補償の基金の手続きをさせていただいている最中でございますのでよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) 教育委員会事務局長 岩田源五君。



◎教育委員会事務局長(岩田源五君) 私のほうからは先ほどと一緒の議第49号のうちの16ページの10款1項2目事務局費の中の備品購入におきます子ども読書推進事業について、お答えさせていただきます。

 子ども読書推進事業におきます図書購入の内容、学校別の配付計画についてのお尋ねでございます。

 各学校への予算配分の基準につきましては、小学校におきましては、基本額25万円、中学校におきましては基本額40万円にそれぞれ読書量を加算いたしまして、その結果の配分につきましては足近小学校78万3,000円、小熊小学校67万8,000円、正木小学校103万7,000円、竹鼻小学校93万1,000円、中央小学校113万2,000円、福寿小学校68万4,000円、堀津小学校54万4,000円、中島小学校69万6,000円、桑原小学校50万9,000円、羽島中学校49万6,500円、竹鼻中学校51万8,000円、中央中学校46万4,500円、中島中学校42万9,000円、桑原中学校49万8,000円となり、合計940万円を予定しております。

 したがいまして、60万円の残額が生じますが、この60万円につきましては、図書館コンクールにおきまして優秀な学校3校を選び、各校20万円づつの追加配分を考えております。

 また、図書の内容でございますが、各小・中学校の特色ある図書館経営を目指しておりまして、例えば中島小学校でありましたら、学習情報センターとしての強化や環境の展開に有機的に活用できる図書館づくりをめざしてというテーマをもっておりまして、購入図書としましては、動物、乗り物、植物、農業、歴史、環境問題等の図書購入を予定しており、学習内容を深めるための調べ学習として活用を図っておるという考え方です。中島中学校でもう1つ申し上げてみますと、書物に親しみ、良書を活用して心豊かな子を育てるというテーマをもちまして歴史図書を中心に購入しております。毎月1回1時間の読書の時間を活用するとか、読書推進期間の図書館の利用の促進を図るとか、そういう計画をもっておりまして、それぞれに即した図書の購入を行ってまいりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) そのほか、質疑はございませんか。

 8番 糟谷玲子さん。



◆8番(糟谷玲子君) 議第49号 羽島市一般会計予算、15ページ、3款1項9目老人福祉センター費で老人クラブ助成事業ということで、説明としては地域見守り事業と説明を受けましたけれども、最初の当年度の予算の時にもう入っていると思いますが、補正される理由をもう少し詳しくお聞かせください。



○議長(近藤伸二君) 福祉部長 井貝康治君。



◎福祉部長(井貝康治君) これは先の一般質問のほうにも少し触れさせていただきましたが、隣の愛知県で少し前に高校生が殺傷されるという事件が起きましたし、この間6月8日には秋葉原でも無差別の殺人事件が起きましたし、7年前に確か6月8日だったと思いますが池田小学校でも8人の生徒さんが亡くなっています。そういうことがございますのと、なかなかこういう事件が減らないということがございますので、前々から少しでも多くの目で見守りを続けないと、抑止力にはならないという考え方が基本的にございましたのが1つございます。

 それからもう一つは団塊の世代がこれから昭和22、23、24年生まれだと思いますが、700万人がこれから退職をされて、すべての方が老人クラブの会員になるとは思っておりませんが、地域に帰られますのでこの力をいかに利用するかということも今日的な私どもの自治体の1つの課題でございますので、こういう方のお力も得ていわゆる見守りをしていきたいという1つの背景がございます。

 そういうことがございまして、ちょうど国、県が19年度からこういう見守り活動に対して一定の補助を与えるという政策も行っておりますので、私どももこういう機会を捉えまして、老人クラブにお願いするといいますか、できないかということもお願いしまして、今年の総会を経まして全市的に各町で行っていただきませんとなんら意味がございませんので、その代わり基本的に月曜日から金曜日まで授業がございますので、その時にすべての1番重点をおいていただきたいのは手薄になる下校時になんとかしていただきたいという思いがございまして、下校時を中心に毎日立っていただくということを原則としておりますので、国が言っております月に1回ではそれにお金を払うのもいかがかということもございますので、こういう機会を捉えましてお願いをするということで補正を組ませていただいておりますので、よろしくお願いしたいということ、15ページにございますようにまず需用費の中で12万円が組んでございますが、これにつきましては見守り用の腕章を各町20個、600円掛ける10町の20人ということで12万円、それから補助金でございますが、237万円ございます。

 まず1つは小学校の見守り、特に下校時に重点を置いていただきたいということで、連合会に一括公布をしまして、基本的には連合会の責任においていわゆる監督と言いますか指導も含めて行っていただくということで、120万円ございます。各町10万円で連合会に20万円という基本的な私どもの考えをもっておりますが、配布につきましては当然会員とかそういうこともございますので、これは連合会のほうにお任せいたしますがそういうふうに算出をさせていただきました。それからもう1つは単位老人クラブに高齢化の昨今を迎えておりますので、地域の声かけ運動を独居の家庭の老人にしていただくということを月1回以上お願いするということで、これが117万円、合計で237万円。それから先ほどのと合わせますと249万円という内訳になっておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) その他質疑はございませんか。

 10番 星野 明君。



◆10番(星野明君) 報第3号議案書2ページなんですけど、4款衛生費2項清掃費ストックヤード整備事業と、8款土木費2項道路橋りょう費外粟野大浦線改良事業をもう少し詳しくお願いいたします。



○議長(近藤伸二君) 市民部長 高橋光治君。



◎市民部長(高橋光治君) それでは私のほうから議案書2ページ、報第3号4款衛生費2項清掃費、ストックヤード整備事業の繰越明許費についてご説明させていただきます。

 ストックヤード整備事業の建築確認につきましては、平成19年6月7日に申請し、当時、耐震偽装問題が発覚した折、建築基準法の改正により、建築確認申請の審査が非常に厳しく、建築確認の許可が平成19年12月12日となり、その建築確認の遅れにより契約が3月26日、3月議会の最終日に契約の議決をいただいたところでございます。それで4月14日に起工して、国庫補助金が19年度に対象となっておりましたのでこの分につきまして、当然工事の進捗の遅れにより繰越明許をさせていただいたということでございますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(近藤伸二君) 建設部長 近藤明広君。



◎建設部長(近藤明広君) それでは議員ご質問の議案書2ページ、報第3号8款土木費2項道路橋りょう費の中の外粟野大浦線改良事業に対する繰越明許のご説明をさせていただきます。

 この事業につきましては平成19年度におきまして、用地交渉に入ったわけでございますが、用地買収が非常に困難ということで繰越をお願いし、県道岐阜羽島線から西への測量業務を出したということでございます。この外粟野大浦線につきましては、議員ご存知のように市の北部の幹線道路網として木曽川にかかる尾濃大橋を渡り、愛知県と結ぶ重要な路線ということで位置づけておりますので、その関係で測量に入らせていだたいたということ、測量が2件と、あと1件はその道路にかかります補償物件がございますので補償に対する業務委託を1件、計3件でございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(近藤伸二君) そのほか。9番 大鐘康敬君。



◆9番(大鐘康敬君) 15ページの選挙広報の件なんですけれども、先般議会運営委員会で視察した折によく似た事例が逗子市にありまして、印刷代はほぼ匹敵するんですけれども委託料が倍くらいかかっているんですけれど、同じポスティングシステムで住居の密集度によって違うと思うんですけれども、もう少し金額的になんとかならないのかお聞きします。



○議長(近藤伸二君) 総務部長 山田文一君。



◎総務部長(山田文一君) それでは私から議案書15ページの2款4項4目市長選挙費の補正予算のうち、委託料の分につきまして予算86万4,000円、これにつきまして努力といいますか、議員が視察されたところと比較いたしますと少し高いのではないかというご質問でございますが、多分逗子市のことだと思っておりますが、逗子市におきましては人口約5万9,000人で世帯は2万4,000世帯、羽島市におきましても世帯数ではほぼ同じでございますが、業者が配達するにあたりまして面積的な時間的な問題がございまして、羽島市の場合は53.64平方キロメートルでございますが、逗子市は17.34平方キロメートルということで、面積が羽島市よりずいぶん小さいわけでございまして、配達業者が配達するに当たりそういった面積的なものから試算しますと羽島市のほうが高くなっておるという予算の関係でございまして、今後お認めいただければ業者選定等にあたりまして極力節約といいますか、努力に努めてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(近藤伸二君) その他質疑はございませんか。

 以上で質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 上程の案件中、諮第3号は委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) ご異議なしと認めます。

 よって、諮第3号は委員会付託を省略することに決しました。

 これより、諮第3号に対する討論に入ります。討論のある方ご発言願います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) 以上で討論を終わります。

 これより諮第3号を採決いたします。

 本件は原案のとおり適任として同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) ご異議なしと認めます。

 よって、諮第3号は原案のとおり適任として同意することに決しました。

 本日議題といたしました案件中、報第3号、報第4号及び諮第3号の3件以外の各案件は、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、各所管の常任委員会に付託いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤伸二君) 以上で本日の日程は、すべて終了いたしました。

 明18日から25日までは本会議を休会といたします。

 なお、休会中に各委員会を開き、付託案件の審査を願います。

 来る26日木曜日は、午前10時から本会議を開き、各委員長の報告を求め、質疑、討論、採決を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでございました。

               午前10時38分散会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

               羽島市議会議長  近藤伸二

                  10番議員  星野 明

                  11番議員  味岡 弘

          平成20年第3回羽島市議会定例会議案付託表



付託委員会
議案番号
件名


総務委員会
議第48号
羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例について


議第49号
平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)


市民厚生委員会
議第50号
平成20年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)