議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 羽島市

平成20年  6月 定例会(第3回) P.1 06月06日−01号




平成20年  6月 定例会(第3回) − 06月06日−01号









平成20年  6月 定例会(第3回)



平成20年第3回

         羽島市議会定例会会議録

                          第1号 6月6日(金曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程 第1号 平成20年6月6日午前10時開議

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 報第3号 平成19年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第4 報第4号 平成19年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第5 諮第3号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 第6 議第48号 羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例について

 第7 議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)

 第8 議第50号 平成20年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 第9 請第2号 後期高齢者医療制度を中止し、廃止を求める請願書

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 報第3号 平成19年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第4 報第4号 平成19年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第5 諮第3号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 第6 議第48号 羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例について

 第7 議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)

 第8 議第50号 平成20年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 第9 請第2号 後期高齢者医療制度を中止し、廃止を求める請願書

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

    1番  山田紘治君    2番  花村 隆君

    3番  今井田和子君   4番  安田孝司君

    5番  松永 宏君    6番  炭竃信太郎君

    7番  大橋勝好君    8番  糟谷玲子君

    9番  大鐘康敬君   10番  星野 明君

   11番  味岡 弘君   12番  安井善保君

   13番  近藤伸二君   14番  加藤恒夫君

   15番  加藤英輔君   16番  斉藤 孝君

   17番  奥田三郎君   18番  不破啓司君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長    白木義春君   副市長   大野隆弘君

  教育長   伏屋敬介君   総務部長  山田文一君

  企画部長  大野貴己君   市民部長  高橋光治君

  福祉部長  井貝康治君   経済部長  豊島保夫君

  建設部長  近藤明広君   水道部長  堀田幸広君

  教育委員会事務局長     消防長

        岩田源五君         小池一郎君

  市民病院長 天野和雄君   市民病院事務局長

                      松井 聰君

  監査委員事務局長      会計管理者 吉田悦子君

        田内重三君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員の職氏名

  事務局長  服部和夫    庶務課長  大曽根佳明

  課長補佐  永田幸弘    係長    不破勝秀

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時00分開会



○議長(近藤伸二君) 皆さん、おはようございます。

 ここで、写真撮影の申し出がありましたので、これを許可いたします。

 お待たせいたしました。

 本日ここに、平成20年第3回羽島市議会定例会が招集されましたところ、議員各位にはご多用の中ご参集賜りまして、まことにありがとうございます。

 さて、今定例会に付議されます案件は、条例の制定、一般会計補正予算など6件でありますが、いずれも重要な案件でございますので、当面する市政の諸問題を含め、十分ご審議くださるようお願いいたします。

 また、議員並びに執行部各位におかれましては、議事が円滑に運営できるようご協力をお願いいたします。

 また、梅雨に入り、蒸し暑さが増しますと思われます。上着を脱いで、しのぎやすくご協力を願いまして、開会の挨拶といたします。

 ただいまから、平成20年第3回羽島市議会定例会を開会し、直ちに本会議を開きます。

 ここで、市長から挨拶がありますので、許可いたします。

 市長 白木義春君。

          〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) 皆さん、おはようございます。

 開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 本日、平成20年第3回羽島市議会定例会の開催をお願い申し上げましたところ、議員の皆様方にはご出席をいただき、ありがとうございます。

 今定例会にご提案させていただきます案件は、繰越明許費繰越計算書の報告が2件、人事案件が1件、条例の制定が1件、補正予算が2件の合計6件でございます。

 各議案の内容につきましては、後ほどご説明をさせていただきますが、いずれも重要な案件でございます。慎重にご審議を賜り、適切なご決定をいただきますようお願いを申し上げ、ご挨拶といたします。



○議長(近藤伸二君) 日程に入る前に、表彰の伝達並びに諸般の報告をいたします。

 初めに、さきに開催されました全国市議会議長会及び東海市議会議長会において表彰されました方に表彰状の伝達を行います。

 なお、両表彰とも受賞者が同一でありますので、全国市議会議長会表彰のみの伝達とさせていただきますので、ご了承願います。



◎議会事務局長(服部和夫君) それでは、お名前をお呼びいたしますので、お受け取りをお願いいたします。

 市議会正副議長として4年表彰の伝達でございます。

 加藤恒夫議員さん、ご登壇をお願いいたします。

          〔14番 加藤恒夫君 登壇〕



○議長(近藤伸二君) 

               表彰状

 羽島市 加藤恒夫殿

 あなたは市議会正副議長として4年市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第84回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成20年5月28日

                   全国市議会議長会会長  藤田博之

          〔表彰状授与〕(拍手)



○議長(近藤伸二君) 以上で、表彰の伝達を終わります。

 次に、監査委員から、平成20年3月分ないし4月分の例月現金出納検査報告がありましたので、ご了承願います。

 次に、今定例会において受理いたしました陳情を報告いたします。

 陳情第6号 要望書「インター南部東地区への物流センター進出反対について」

                          岐阜羽島インター会役員一同

                             山田 良二 ほか8人

 陳情第7号 過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書提出に関する陳情書

                                合資会社 緑源

                               社長 諸 百合子

 以上、今定例会において受理いたしました陳情は2件であります。内容につきましては、お手元に配付してあります文書表のとおりでありますので、朗読を省略いたします。

 以上で諸般の報告を終わります。

 これより日程に入ります。

 本日の日程は、お手元に配付したとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(近藤伸二君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議長において3番 今井田和子さん及び4番 安田孝司君を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(近藤伸二君) 日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 さきに開催されました議会運営委員会の結果報告を願います。

 議会運営委員会委員長 安井善保君。

          〔議会運営委員会委員長 安井善保君 登壇〕



◆議会運営委員会委員長(安井善保君) おはようございます。

 議会運営委員会は、去る2日委員会を開催し、今定例会の議事運営について協議いたしましたので、その概要と結果を報告いたします。

 まず、理事者から、提出案件の概要説明を求め、議案の件数、内容等を協議の結果、会期は本日から26日までの21日間とし、本日は、市長提出案件6件及び請願1件を上程し、市長から提出議案の説明及び関係者から請願の紹介を願い、散会といたします。

 明7日から11日までは議案精読のため本会議を休会とし、9日の午前10時から議案の詳細説明を求めることといたしました。

 次に、12日と13日は午前10時から本会議を開き、一般質問を行い、14日と15日は本会議を休会とし、16日は午前10時から本会議を開き、13日に引き続き一般質問を行います。したがって、一般質問の通告期限は本日限りでありますが、午後3時までの提出にご協力くださるようお願いいたします。

 次に、17日は午前10時から本会議を開き、議案に対する質疑を行った後、報第3号、報第4号及び諮第3号の3件については委員会付託を省略し、諮第3号は討論、採決まで進めます。残り、議第48号から議第50号までの3件については、それぞれ関係常任委員会に付託します。

 18日から25日までは本会議を休会とし、18日に総務委員会、19日に市民厚生委員会をそれぞれ午前10時から開催願い、付託案件の審査を願います。

 最終日26日には、午前10時から本会議を開催し、付託案件に対する各委員長報告を求め、同報告に対する質疑を行い、討論、採決と進めます。引き続き7月19日で任期満了に伴う農業委員会委員の推薦を行うことが適当であるとの結論となりました。

 なお、市長から追加議案が提出された場合は、その時点で議題とし、説明、質疑と進め、委員会付託を省略し、採決まで進めることといたします。

 以上、議会運営委員会結果報告を終わります。



○議長(近藤伸二君) お諮りいたします。

 今定例会の会期は、議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日から26日までの21日間とし、会期中の会議日程については、お手元に配付してあります会期日程表のとおり行いたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(近藤伸二君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は26日までの21日間とし、会期中の会議日程については、会期日程表のとおり行うことに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報第3号 平成19年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について〜



△日程第9 請第2号 後期高齢者医療制度を中止し、廃止を求める請願書



○議長(近藤伸二君) 次に、日程第3、報第3号から日程第9、請第2号までの7件を一括議題といたします。

 日程の順序により、議案の説明を願います。

 市長 白木義春君。

          〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) それでは、本日提出いたしました議案について、順次その概要をご説明申し上げます。

 まず、議案書の1ページをお願いします。

 報第3号 平成19年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 内容は、2ページでございますが、ストックヤード整備事業497万6,000円、外粟野大浦線改良事業1,300万円及び福寿小学校プール新築事業1,771万円を繰り越しましたので、ご報告申し上げるものでございます。

 続きまして、議案書の3ページをお願いします。

 報第4号 平成19年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 内容は、4ページでございますが、移転補償費3,514万8,000円を繰り越しましたので、ご報告申し上げるものでございます。

 次に、議案書の5ページをお願いします。

 諮第3号 人権擁護委員の候補者の推薦についてでございます。

 このことにつきましては、人権擁護委員の南谷東子さんの任期が平成20年9月30日に満了となることから、引き続き委員に推薦したいので、人権擁護委員法の規定により、議会の意見を求めるものであります。

 続きまして、6ページをお願いいたします。

 議第48号 羽島市議会議員及び羽島市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例についてでございます。

 このことにつきましては、市議会議員及び市長の選挙において、選挙公報を発行するため、条例を制定するものであります。

 次に、9ページをお願いします。

 議第49号 平成20年度羽島市一般会計補正予算(第1号)でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,206万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ191億3,206万3,000円とするものであります。

 補正の主な内容としましては、子ども読書推進事業、福寿小学校プール新築事業、地区集会施設建設補助費、財政調整基金積立金等でございます。財源としましては、国庫補助金、繰入金、市債等を充てるものであります。

 次に、19ページをお願いいたします。

 議第50号 平成20年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)でございます。

 このことにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,794万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億7,100万1,000円とするものであります。

 補正の主な内容としましては、平成19年度の精算に伴います償還金及び一般会計繰出金でございます。財源としましては、支払基金交付金、国庫負担金等を充てるものであります。

 以上、簡単ではございますが、よろしくご審議の上、適切なご決定をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(近藤伸二君) 次に、請第2号について紹介議員花村 隆君より紹介を願います。



◆2番(花村隆君) では、後期高齢者医療制度を中止し、廃止を求める請願書について、紹介させていただきます。お手元にある請願文書表をごらんください。

 今回の請願項目は2点であります。

 1点目が、所得の低い方に対して、羽島市独自の保険料の減免制度を実施すること。

 2点目に、制度を中止し、廃止すること及び来年4月から実施が予定されている70歳から74歳の窓口負担2割への引き上げをやめるように、本議会から意見書を政府機関に送付することを求める。以上、2点の請願の採択をお願いするものであります。この請願は代表者初め、822名の方々の請願であります。

 県内では、岐阜県議会初め大垣市議会、岐阜市議会、瑞浪市議会など同様の意見書が採択され、政府機関に対して意見書が提出されているところであります。全国的に見ましても、全体の3分の1以上に上る500以上の地方議会から、同様の意見書が提出されております。

 この制度は、ご存じのように今年4月1日から実施されたわけですが、実施されるやいなや国民から大きな批判の声が上がっております。さらに、4月15日の年金からの保険料の天引きが行われ、批判の声は高まるばかりです。

 4月15日に天引きされた後期高齢者医療制度保険料は4月分と5月分で先取りでありまして、一方、支給された年金は2月分と3月分で月遅れになっています。国が支払うものは月遅れで、国民が支払うほうは先取りでは、国民の納得は到底得られるものではありません。ましてや5,000万件の行方不明の年金記録の所在も明らかになっていない中での保険料の天引きであります。羽島市民の皆さんは本当に怒っておいでであります。

 保険料について言えば、75歳以上で働いておいでの社会保険本人への徴収も始まります。そして、息子さんなど家族に扶養されていた方からの保険料徴収も本年10月から始まります。この家族に扶養されていた方々は、今まで医療保険料を払う必要がなかった方々です。そういった方々にも納付書が届き、実際に年金からの保険料の天引きが始まれば、さらに国民からの廃止を求める声が大きくなるでしょう。収入が一切ない方に対しても均等割で負担が求められます。ですから、請願の1点目にありますように、羽島市独自で保険料の減免をお願いするものです。

 また、75歳以上の方だけを差別する別立て診療報酬も実施され、糖尿病や高血圧などの長期間にわたって治療を要する病気に対して、診療報酬が月当たり点数で600点、6,000円までの診療しか受けられない包括医療とされることも大きな問題です。

 この点については、各地の医師会からも批判の声が上がっております。今まで心臓の専門家や消化器の専門家などが、1人の患者に対して連携して治療を行ってきたのに、それを1人の医師が全部面倒を見なくてはいけない、地域での医師同士の協力ができない診療体系に変えるものです。

 1月当たり6,000円までの診療というのも、高齢者にとって必要な医療が制限される可能性があります。さらに、70歳になれば窓口負担が1割負担になると喜んでみえた方も、来年4月からは70歳から74歳の方の窓口2割負担が強行されようとしております。羽島市内に70歳から74歳の方は3,200人、1割負担が2割負担にふえると、1人当たり年3万6,000円の負担増が考えられております。これは、月に3,000円になります。月に3,000円も余計に負担をしなくてはいけません。3,000円と言えば新聞代ぐらいの金額になりますが、年金でつつましく暮らしている高齢者の方は、新聞の購読もあきらめなくてはいけなくなるかもしれません。

 こういった血も涙もない制度を実施した国の目的は、医療費を安く抑えたい、このことしか頭にないからであります。今まで何十年も保険料を納めてきたのに、75歳になれば後期高齢者としてまた保険料を納めなくてはならない。70歳になっても窓口負担は2割負担、あるいは現役並み所得のある方は3割負担です。高齢者からどこまで絞り取れば国は納得するのでしょうか。

 国は、医療費がかかりすぎると盛んに宣伝しますが、実際には日本の医療費は先進諸国の中でも低水準で推移しております。

 戦争を経験され、戦後は日本の復興のために働いてこられた高齢者の方が、安心して医療にかかれるようにするために、後期高齢者医療制度は廃止していくことが必要です。

 羽島市議会でもこのような趣旨に賛同いただいて、採択していただくようお願い申し上げて、本請願の紹介とさせていただきます。



○議長(近藤伸二君) 以上で、議案の説明及び請願の紹介を終わります。

 今定例会において、本日までに受理した請願は、お手元に配付してあります請願文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤伸二君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 明日7日から11日までは休会といたします。

 次の本会議は、12日木曜日午前10時に開き、一般質問を行いますので、よろしくお願いします。

 本日はこれにて散会いたします。

 なお、9日月曜日は、午前10時から第1会議室において議案の詳細説明を行いますので、ご出席くださいますようご連絡いたします。

 ご苦労さまでございました。

               午前10時21分散会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

               羽島市議会議長  近藤伸二

                  3番議員  今井田和子

                  4番議員  安田孝司