議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 羽島市

平成15年  3月 定例会(第2回) P.1 03月03日−01号




平成15年  3月 定例会(第2回) − 03月03日−01号









平成15年  3月 定例会(第2回)



平成15年第2回

         羽島市議会定例会会議録

                          第1号 3月3日(月曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程 第1号 平成15年3月3日午前10時開議

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 議第2号 平成15年度羽島市一般会計予算

 第4 議第3号 平成15年度羽島市国民健康保険特別会計予算

 第5 議第4号 平成15年度羽島市老人保健特別会計予算

 第6 議第5号 平成15年度羽島市介護保険特別会計予算

 第7 議第6号 平成15年度羽島市簡易水道事業特別会計予算

 第8 議第7号 平成15年度羽島市交通災害共済事業特別会計予算

 第9 議第8号 平成15年度羽島市下水道事業特別会計予算

 第10 議第9号 平成15年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計予算

 第11 議第10号 平成15年度羽島市・羽島郡四町介護認定審査会事業特別会計予算

 第12 議第11号 平成15年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計予算

 第13 議第12号 平成15年度羽島市病院事業会計予算

 第14 議第13号 平成15年度羽島市上水道事業会計予算

 第15 議第14号 羽島市基金条例の一部を改正する条例について

 第16 議第15号 羽島市交通遺児激励基金条例の一部を改正する条例について

 第17 議第16号 羽島市ハイビジョン学習館条例の一部を改正する条例について

 第18 議第17号 羽島市墓地条例の一部を改正する条例について

 第19 議第18号 羽島市介護保険条例の一部を改正する条例について

 第20 議第19号 羽島市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について

 第21 議第20号 羽島市身体障害者デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について

 第22 議第21号 羽島市公共施設巡回バス設置条例の一部を改正する条例について

 第23 議第22号 字の区域及び名称の変更について

 第24 議第23号 岐阜地域広域市町村圏協議会を設ける市町村数の減少等に関する協議について

 第25 議第24号 岐阜地域広域市町村圏協議会を設ける市町村数の減少等に関する協議について

 第26 議第25号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の一部を改正する規約について

 第27 議第26号 岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の増減について

 第28 議第27号 岐阜地域肢体不自由児母子通園施設組合を組織する市町村数の減少等に関する協議について

 第29 議第28号 岐阜地域肢体不自由児母子通園施設組合を組織する市町村数の増加等に関する協議について

 第30 議第29号 証明書の交付等の事務委託の廃止に関する協議について

 第31 議第30号 証明書の交付等の事務委託に関する協議について

 第32 議第31号 平成14年度羽島市一般会計補正予算(第5号)

 第33 議第32号 平成14年度羽島市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)

 第34 議第33号 平成14年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 第35 議第34号 平成14年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 第36 議第35号 平成14年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 第37 議第36号 市道路線の認定について

 第38 請第1号 合併問題に関し情報公開と住民投票を求める請願

 第39 請第2号 乳幼児医療費助成制度の改善を求める請願

 第40 請第3号 医療費の3割自己負担実施凍結を求める意見書採択に関する請願書

 第41 請第4号 国連決議を尊重し日本政府として、アメリカのイラク攻撃計画に反対を表明することを求める意見書採択に関する請願書

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 第1      会議録署名議員の指名

 第2      会期決定

 第3 議第2号 平成15年度羽島市一般会計予算

 第4 議第3号 平成15年度羽島市国民健康保険特別会計予算

 第5 議第4号 平成15年度羽島市老人保健特別会計予算

 第6 議第5号 平成15年度羽島市介護保険特別会計予算

 第7 議第6号 平成15年度羽島市簡易水道事業特別会計予算

 第8 議第7号 平成15年度羽島市交通災害共済時特別会計予算

 第9 議第8号 平成15年度羽島市下水道事業特別会計予算

 第10 議第9号 平成15年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計予算

 第11 議第10号 平成15年度羽島市・羽島郡四町介護認定審査会事業特別会計予算

 第12 議第11号 平成15年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計予算

 第13 議第12号 平成15年度羽島市病院事業会計予算

 第14 議第13号 平成15年度羽島市上水道事業会計予算

 第15 議第14号 羽島市基金条例の一部を改正する条例について

 第16 議第15号 羽島市交通遺児激励基金条例の一部を改正する条例について

 第17 議第16号 羽島市ハイビジョン額週間条例の一部を改正する条例について

 第18 議第17号 羽島市墓地条例の一部を改正する条例について

 第19 議第18号 羽島市介護保険条例の一部を改正する条例について

 第20 議第19号 羽島市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について

 第21 議第20号 羽島市身体障害者デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について

 第22 議第21号 羽島市公共施設巡回バス設置条例の一部を改正する条例について

 第23 議第22号 字の区域及び名称変更について

 第24 議第23号 岐阜地域広域市町村圏協議会を設ける市町村数の減少等に関する協議について

 第25 議第24号 岐阜地域こ初気市町村圏協議会を設ける市町村数の宗が等に関する協議について

 第26 議第25号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の一部を改正する規約について

 第27 議第26号 岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の増減について

 第28 議第27号 岐阜地域肢体不自由児母子通園施設組合を組織する市町村数の減少等に関する協議について

 第29 議第28号 岐阜地域肢体不自由児母子通園施設組合を組織する市町村数の増加等に関する協議について

 第30 議第29号 証明書の交付等の事務委託の廃止に関する協議について

 第31 議第30号 証明書の交付等の事務委託に関する協議について

 第32 議第31号 平成14年度羽島市一般会計補正予算(第5号)

 第33 議第32号 平成14年度羽島市交通災害共済児特別会計補正予算(第1号)

 第34 議第33号 平成14年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 第35 議第34号 平成14年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 第36 議第35号 平成14年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 第37 議第36号 指導路線の認定について

 第38 請第1号 合併問題に関し情報公開と住民投票を求める請願

 第39 請第2号 乳幼児医療費助成制度の改善を求める請願

 第40 請第3号 医療費の3割自己負担実施凍結を求める意見書採択に関する請願書

 第41 請第4号 国連決議を尊重し日本政府として、アメリカのイラク攻撃計画に反対を表明することを求める意見書に関する請願書

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(23名)

    1番  島根正寿君    2番  星野 明君

    3番  安井善保君    4番  糟谷玲子君

    5番  味岡 弘君    6番  大鐘康敬君

    7番  鈴木正美君    8番  牧田富子君

    9番  大野仁作君   10番  近藤伸二君

   11番  加藤三郎君   12番  棚橋正伸君

   13番  伴野久子君   14番  加藤恒夫君

   15番  加藤英輔君   16番  斉藤 孝君

   17番  奥田三郎君   18番  魚住昭三君

   19番  不破啓司君   20番  箕浦茂幸君

   21番  佐野隆史君   22番  山田定顯君

   23番  石黒義宣君

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長        吉田三郎君

  助役        大竹 亮君

  収入役       浅井高?君

  教育長       大平橘夫君

  総務部長      大野隆弘君

  企画部長      姉川盛宇君

  市民部長      松井 聰君

  福祉部長      大橋丈訓君

  経済部長      川合 勝君

  建設部長      安部純夫君

  水道部長      奥田正夫君

  教育委員会事務局長 加藤義泰君

  消防長       岩田隆雄君

  市民病院長     天野和雄君

  市民病院事務局長  勅使河原昌夫君



  監査委員事務局長  山田紘治君

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員

  事務局長      野田信二

  庶務課長      大野貴己

  課長補佐      箕浦完治

  係長        長沢龍己

  書記        古川裕之

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時00分開会



○議長(魚住昭三君) 皆さん、おはようございます。

 ここで、写真撮影の申し出がありましたので、これを許可いたします。

 お待たせいたしました。

 本日ここに、平成15年第2回羽島市議会定例会が招集されましたところ、議員各位にはご多忙中のところご参集賜りまして、まことにありがとうございます。

 さて、今定例会に付議されます案件は、平成15年度の各会計予算及び条例改正など35件でありますが、いずれも重要な案件でございますので、十分ご審議くださいますようお願いを申し上げます。

 また、議員並びに執行部各位におかれましては、議事が円滑に運営できますようご協力をお願いいたしまして、開会のあいさつといたします。

 ただいまから平成15年第2回羽島市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 ここで、市長からあいさつがありますので、許可いたします。

 市長 吉田三郎君。

          〔市長 吉田三郎君 登壇〕



◎市長(吉田三郎君) おはようございます。

 本日、平成15年第2回羽島市議会定例会の開催をお願いを申し上げましたところ、議員の皆さん方におかれましては、何かと公私ともにご多忙の中にもかかわりませずご出席を賜り、ここに開会の運びとなりましたことをまずもって厚く御礼を申し上げます。

 今定例会に私ども執行部からご提案させていただきます案件は、平成15年度予算関係12件、平成14年度補正予算関係5件、条例の改正案件8件、字の区域及び名称の変更案件1件、山県市設置予定に伴う一部事務組合等の規約変更等8件、市道路線の認定案件1件の、合計35件でございます。

 おのおの各議案の内容につきましては、後ほど順次ご説明をさせていただきたいと存じますので、議員の皆さん方には、慎重にご審議いただきご承認を賜りますよう、何とぞよろしくお願いを申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。



○議長(魚住昭三君) 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 初めに、監査委員から平成14年11月分ないし平成15年1月分の例月出納検査の結果報告がありましたので、ご了承願います。

 次に、今定例会において受理した陳情を報告します。

 陳情第1号 「金子容子さんの早期救出を求める陳情」

                        兵庫県加古川市議会議員

                               大矢卓志

 以上、今定例会において受理した陳情は1件であります。内容につきましては、お手元に配付してあります文書表のとおりでありますので、朗読を省略いたします。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 これより日程に入ります。

 本日の日程は、お手元に配付したとおりであります。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(魚住昭三君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議長において、8番 牧田富子さん及び9番 大野仁作君を指名いたします。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(魚住昭三君) 日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 さきに開催されました議会運営委員会の結果報告を願います。

 議会運営委員会委員長 加藤恒夫君。

          〔議会運営委員会委員長 加藤恒夫君 登壇〕



◆議会運営委員会委員長(加藤恒夫君) 議会運営委員会結果報告。

 議会運営委員会は、2月27日に委員会を開催し、今定例会の議事運営について協議いたしましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 まず、理事者側から、提出案件の概要説明を求め、議案の件数、内容等を協議の結果、会期は本日から20日までの18日間とし、本日は市長提出案件35件及び請願4件を上程し、市長から議案の説明及び関係者から請願の紹介を願い、散会といたします。

 明日4日と5日は議案精読のため本会議を休会とし、4日と5日は午前10時から議案の詳細説明を求めることといたしました。

 次に、6日と7日は午前10時から本会議を開き、一般質問を行い、8日と9日は休会とし、10日は午前10時から本会議を開き、7日に引き続き一般質問を行います。したがって、一般質問の通告期限は本日限りでありますが、午後3時までの提出にご協力くださるようお願いします。

 次に、11日は本会議を休会とし、12日は午前10時から本会議を開き、議案に対する質疑を行った後に、議第31号については委員会付託を省略し、採決まで進め、残りの案件はそれぞれ関係委員会に付託します。

 13日から19日までは、本会議を休会とし、13日に総務委員会、14日に民生文教委員会、17日に産業建設委員会をそれぞれ午前10時から開催願い、付託案件の審査を願います。

 最終日20日は、午前10時から本会議を開催し、付託案件に対する各委員長報告を求め、同報告に対する質疑を行い、討論、採決と進めた後、委員会条例の一部改正を発議でもって提案し採決まで進めることが適当であるとの結論となりました。

 以上、議会運営委員会結果報告を終わります。



○議長(魚住昭三君) ありがとうございました。

 お諮りをいたします。

 今定例会の会期は、議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日から20日までの18日間とし、会期中の会議日程については、お手元に配付してあります会期日程表のとおり行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(魚住昭三君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は20日までの18日間とし、会期中の会議日程については会期日程表のとおり行うことと決しました。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議第2号 平成15年度羽島市一般会計予算〜



△日程第41 請第4号 国連決議を尊重し日本政府として、アメリカのイラク攻撃計画に反対を表明することを求める意見書採択に関する請願書



○議長(魚住昭三君) 次に、日程第3、議第2号から日程第41、請第4号までの39件を一括議題といたします。

 日程の順序により、議案の説明を願います。

 市長 吉田三郎君。

          〔市長 吉田三郎君 登壇〕



◎市長(吉田三郎君) 今議会に提出いたしました議案につきまして、ご説明をさせていただきます。今定例会では、新年度予算をはじめ各般にわたる議案についてご審議を賜るわけでございますが、その前に、私の所信の一端を交え予算案の大綱を申し上げ、議員の皆さん方の一層のご理解、ご協力を申し上げる次第でございます。

 ご案内のように、我が国では構造改革あるいは経済活性化に向け、各種の施策が精力的に進められているところでございます。しかし、諸情勢は大変厳しい状況にあると思っております。また、同時に国、地方のあり方についても地方分権改革推進会議、地方制度調査会、財政制度等審議会等においてさまざまな議論、検討がなされており、国の関与の縮減、国庫補助負担事業の廃止、縮減、地方財政計画の歳出の徹底的な見直し、同計画の抑制等々、地方財政に大きく影響を及ぼす内容となっております。

 そうした中、地方分権、行財政改革、将来的には特に顕著になりつつある日本全体の人口の減少、少子高齢化社会への突入など、地方自治行政全般にわたり新しい情勢への対応が一層求められております。

 当市におきましても、経済情勢、国などの施策の影響を受け、厳しい財政環境の中、一層の創意工夫が必要となっております。

 このように厳しい情勢下でございますが、平成15年度予算編成に当たりましては、第4次総合計画、同基本構想に掲げる「明日へつながる街 羽島」の実現を目指し、五つの目標を掲げ取り組んでいるところでございます。

 本年は、特に一層市民の視点、事業費の負担者すなわち納税者の視点から事務事業の見直しを行い、経費の抑制に努めるとともに、同じ事業でどれだけの事業費を削減できたか、あるいは同じ事業費でどれだけの事業効果を上げることができるかなど、予算編成評価方式で創意工夫による経費節減に取り組み、これらにより捻出した財源を含め新規あるいは重要事業に充てたところでございます。

 特に、本年は健康づくりと福祉施策の充実を図り、やさしい街づくりを推進するため、健康福祉対策、東海・東南海地震が想定される現在、防災体制と生活環境の整備を図り安心・安全な街づくりを推進する環境防災対策、産業の振興を図り魅力ある元気な街づくりを推進する新産業支援対策、教育環境とITの整備を図り希望が持てる街づくりを推進する教育・IT対策、都市基盤の整備を図り住みよい活力ある街づくりを推進する街づくり対策に重点を置き、諸施策の事業推進に取り組んだところでございます。

 それでは、この5本柱の中の重点事業の説明をさせていただきます。

 まず最初に、健康福祉対策事業では、地域住民のふれあいの場、地域福祉の拠点として福祉会館整備事業、市民に高度で総合的な医療サービスを提供するため、市民病院第二病棟整備事業、乳幼児への福祉増進健全育成を図る乳幼児医療費助成事業は入院、外来ともに一層拡充することとしております。また、がん検診事業では新たに前立腺がんを対象に、さらに市民の健康づくりの拠点施設として羽島温泉整備事業に向けての経費、家族介護支援事業、支援費制度事業、老人福祉施設整備支援事業に取り組んだところでございます。

 二つ目の柱、環境防災対策事業では、災害時における通信体制を確保するため衛星携帯電話の導入、公共施設の耐震調査事業、耐震防火水槽設置事業、消防自動車購入事業、市民の安全を守る交通安全施設整備事業、ごみ処理広域化事業などを計上したところでございます。

 三つ目の柱といたしまして、新産業支援対策事業では、新産業の創出と地域の活性化を促進する新事業支援施設運営事業、工場等の立地を促進するための工場等設置奨励事業をさらに推進してまいります。

 四つ目、教育・IT対策事業では、集団生活で児童生徒の社会性や社会規範の高揚を図る通学合宿推進事業及び宿泊研修施設の整備に向けての経費、生涯スポーツの振興、青少年の健全育成、地域スポーツクラブの活動拠点づくりの総合地域スポーツクラブ推進事業、いきいきコミュニティづくり事業、IT講習の学級講座、パソコン教室などを開催するIT推進事業を促進してまいります。

 五つ目の街づくり対策といたしまして、基盤整備、住みよい活力ある街づくりを推進する街づくり対策事業では、公共下水事業、駅東土地区画整理事業、インター北土地区画整理事業の推進、人中心の安全で快適なゾーン整備を推進する歩行者安心エリア整備事業、平方大浦線、新井堀津線等の市内幹線道路の整備事業、生活道路の整備事業などに取り組んだところであります。

 以上、市政運営に当たり、私の所信の一端を述べさせていただきました。今後とも、市民本位で開かれた市政の推進に努めてまいりますので、議員各位をはじめ市民の皆様方の一層の温かいご支援、ご協力を賜りますよう、心からお願いを申し上げます。

 それでは、今議会に提出いたしました議案につきまして、説明をさせていただきます。

 今回提出いたしました議案は、あいさつのところで申し上げました合計35件でございます。順にご説明を申し上げます。

 まず最初に、別冊になっております議第2号から議第13号までの平成15年度予算について、説明をさせていただきます。

 別冊の予算書の1ページをごらんをいただきたいと思います。

 平成15年度一般会計予算は199億5,000万円、前年度対比3.4%の減少となっております。

 内容につきましては、13ページ、歳入の主なものといたしまして、約40.8%を占めます市税につきましては1%の減、金額にして8,197万2,000円減の81億4,117万1,000円、地方交付税につきましては3%の減、1億円減額の32億円、国庫支出金につきましては、教育小学校費補助金が減少し1億9,979万3,000円減の13億1,001万9,000円、県支出金につきましても緊急雇用特別対策事業費補助金などが減少し9億2,941万9,000円、市債につきましては、市営斎場更新事業などの完了によりまして1億4,600万円減の21億5,080万円を計上いたしたところでございます。

 それでは、続きまして新年度におきます重点施策について、説明をさせていただきます。

 まず一般会計でございます。第1に、少子高齢化社会を迎えてますます重要度が高まる健康福祉対策といたしまして、地域住民のふれあいの場、地域福祉の拠点施設、(仮称)福祉会館整備事業に5億1,687万円、乳幼児の福祉増進、健全育成を図るため、医療費助成について1歳拡充し、入院を6歳未満児、外来を5歳未満児までにする経費、さらに高齢社会になりましてはますます健康が求められる中、がん集団検診事業を充実し、新たに前立腺がん、55歳以上を対象とした経費、また15年度から新たに支援費制度が始まり、障害のある方々の自立と社会参加の促進を図るため障害者生活支援センターの設置、羽島温泉の温泉機能を最大限活用した市民健康づくりの拠点施設の整備に向け、同整備基金積立金を含め5,423万4,000円、家族介護支援事業2,018万2,000円、老人福祉施設支援事業8,696万1,000円を計上いたしました。

 次に、環境防災対策事業としまして、東海・東南海地震等が想定される中、災害時における通信体制を確保するための衛星携帯電話の導入、防災意識の高揚を図るための防災マップの作成経費などに1,738万3,000円、計画的に公共施設の耐震調査を行う経費を計上、消防水利耐震防火水槽設置事業に2,530万7,000円、消防自動車購入事業に2,500万円、交通安全施設整備事業などの経費を計上いたしたところでございます。

 次に、教育関係とITの整備を図るため教育・IT対策事業といたしまして、現在、小中学生の学力につきましてさまざまな議論がなされているところでございますが、ただ単に知識や技能だけでなく、今後の変化の激しい社会を生き抜いていくため、やる気、意欲、思考力、判断力、表現力、問題解決能力といった観点で学力を論じていくことが重要であると考えているところでございます。したがいまして、このような観点からも併せ、集団生活を通しての児童生徒の社会性、社会規範の高揚を図る中学生を中心とした通学合宿事業に321万6,000円、青少年宿泊研修施設整備に向けての同整備基金積立金を含め5,027万8,000円、また、いつでも、どこでも、誰でもが気軽にスポーツに親しめる環境づくりのために、地域総合型スポーツクラブ推進事業に301万7,000円、IT推進事業としてIT相談、IT講習の学級講座、ITグループやサークルの育成、パソコン学習館でのパソコン教室の開催経費に809万5,000円、地域における人との交流、ふれあい事業のいきいきコミュニティづくりに618万2,000円を計上いたしたところでございます。

 次に、新産業の創出と地域の活性化を図るため、新産業支援対策事業として新事業支援施設運営事業、工場等設置奨励事業に8,315万6,000円を計上いたします。

 次に、都市基盤の整備事業としまして、環境の保全と快適な生活の推進としての公共下水道事業といたしまして31億1,696万6,000円、良好な住環境の整備を図る駅東土地区画整理事業に7億4,432万6,000円、インター北土地区画整理事業に2億4,938万1,000円、都市計画街路平方大浦線をはじめ、市内幹線道路整備事業に3億1,141万9,000円、幹線道路との接続や住民生活の利便、生活道路の整備事業に8億9,234万6,000円、なお、愛称募集いたしました羽島田園街路環境整備事業、歩行者安心エリア整備事業の経費も計上いたしたところでございます。

 以上が、一般会計の主なものでございます。

 次に、特別会計に移らせていただきます。これ以降につきましては、予算規模の説明とさせていただきます。

 それでは、別冊予算書の157ページをお願いを申し上げます。

 議第3号 平成15年度羽島市国民健康保険特別会計予算につきましては、対前年比3.9%増、総額57億6,057万4,000円の計上をいたしました。

 次に、予算書177ページ、議第4号 平成15年度羽島市老人保健特別会計予算につきましては、対前年比3.4%の減、総額47億1,446万2,000円の計上をいたしました。

 続きまして、予算書187ページ、議第5号 平成15年度羽島市介護保険特別会計予算につきましては、総額18億5,735万4,000円を計上、対前年比0.5%の減でございます。

 続きまして、予算書207ページをお願いを申し上げます。

 議第6号 平成15年度羽島市簡易水道事業特別会計予算につきましては、対前年比1.3%の減、総額5,418万7,000円を計上いたしました。

 続きまして、予算書225ページ、議第7号 平成15年度羽島市交通災害共済事業特別会計予算につきましては、対前年比1.2%の減、総額1,819万2,000円の計上でございます。

 続きまして、予算書237ページをお願いをします。

 議第8号 平成15年度羽島市下水道事業特別会計予算につきましては、対前年比17.3%の増、総額31億1,696万6,000円を計上をいたしました。

 次に、予算書267ページ、議第9号 平成15年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計予算につきましては、総額7億4,432万6,000円、対前年比25.3%の減でございます。

 次に、予算書287ページをお願いをします。

 議第10号 平成15年度羽島市・羽島郡四町介護認定審査会事業特別会計予算は、総額3,384万2,000円を計上をいたしました。

 続きまして、予算書303ページ、議第11号 平成15年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計予算につきましては、対前年比59.7%の増、総額2億4,938万1,000円を計上いたしました。

 続きまして、別冊になっております薄い方の企業会計予算書をお願いをいたします。

 まず1ページ、議第12号 平成15年度羽島市病院事業会計予算につきましては、対前年比7.8%の増、総額76億6,394万1,000円の計上をいたしました。高度先進医療の充実を図り、市民のニーズに合った中核病院として信頼される総合病院を目指すため、市民病院第二病棟建設事業として5億6,767万2,000円を計上しております。

 次に、28ページをお願いをいたします。

 平成15年度羽島市上水道事業会計予算につきましては、総額10億7,279万7,000円の計上をし、ライフラインとしての重要な役割を担いつつ安定した質の高い水の供給を図ってまいりたいと考えております。

 以上をもちまして、簡単ではありますが新年度予算についての説明とさせていただきます。

 それでは、次に、議案書1ページをお願いをいたします。

 議第14号 羽島市基金条例の一部を改正する条例についてでございます。

 児童生徒等の宿泊研修施設の設置費に充てるための基金として、羽島市青少年宿泊研修施設設置基金を、さらに健康づくりの拠点施設として羽島市老人福祉センター羽島温泉施設整備事業費に充てるための基金として、羽島市老人福祉センター羽島温泉施設整備事業基金を追加するものでございます。

 次に、3ページをお願いをいたします。

 議第15号 羽島市交通遺児奨励基金条例の一部を改正する条例につきましては、ご寄附がございましたので基金の額を増額変更させていただくものでございます。

 続きまして、5ページ、議第16号 羽島市ハイビジョン学習館条例の一部を改正する条例につきましては、情報化社会におけるIT学習の基幹施設を目指し機能の充実を図ることから、名称を「パソコン学習館」に変更するものでございます。

 次に、7ページをお願いをいたします。

 議第17号 羽島市墓地条例の一部を改正する条例につきましては、舟橋墓苑を追加するものでございます。

 9ページをお願いをいたします。

 議第18号 羽島市介護保険条例の一部を改正する条例につきましては、本年4月から次期介護保険事業運営期間に入ることに伴います改正でございます。

 続きまして、11ページ、議第19号 羽島市福祉医療費助成に関する条例の一部を改正する条例につきましては、入院については現行の5歳未満児から6歳未満児に、外来については現行の4歳未満児から5歳未満児にそれぞれ1歳拡大することなどの改正をいたすものでございます。

 次に、13ページをお願いをいたします。

 議第20号 羽島市身体障害者デイサービスセンター条例の一部を改正する条例につきましては、身体障害者福祉法等の改正に伴いまして、新たに支援費制度が始まりますことに対応するための改正でございます。

 続きまして、15ページをお願いをいたします。

 議第21号 羽島市公共施設巡回バス設置条例の一部を改正する条例につきましては、利用者の利便性を高め効率的な運行を図るため、時間の変更等の改正をいたすものでございます。

 次に、17ページ、議第22号 字の区域及び名称の変更につきましては、地方自治法第260条第1項の規定により、本市内の字の区域及び名称を変更するものでございます。

 続きまして、43ページ、議第23号 岐阜地域広域市町村圏協議会を設ける市町村数の減少に関する協議について及び45ページ、議第24号 岐阜地域広域市町村圏協議会を設ける市町村数の増加等に関する協議について並びに47ページ、議第25号 岐阜県市町村職員退職手当組合規約の一部を改正する規約につきましては、平成15年4月1日、山県市の設置予定に伴います規約の改正でございます。

 次に、49ページ、議第26号 岐阜県市町村会館組合を組織する市町村数の増減につきましては、山県市の設置予定に伴いまして、同組合から山県郡高富町、同郡伊自良村及び同郡美山町を脱退させ、平成15年4月1日から山県市を加入するものでございます。

 続きまして、50ページでございます。

 議第27号 岐阜地域肢体不自由児母子通園施設組合を組織する市町村数の減少等に関する協議について及び52ページ、議第28号 岐阜地域肢体不自由児母子通園施設組合を組織する市町村数の増加等に関する協議につきましても同様に、山県市の設置予定に伴います規約の改正でございます。

 次に、54ページをお願いをいたします。

 議第29号 証明書の交付等の事務委託の廃止に関する協議について及び56ページ、議第30号 証明書の交付等の事務委託に関する協議につきましても同様に、山県市の設置予定に伴います規約の廃止及び制定を行うものでございます。

 続きまして、60ページをお願いをいたします。

 議第31号 平成14年度羽島市一般会計補正予算(第5号)につきましては、歳入歳出それぞれ1億6,249万4,000円を追加し、補正後の総額をそれぞれ219億7,130万7,000円とするものでございます。

 主なものといたしましては、将来の財源補てんのための基金積み立て、介護保険のシステム変更に伴います事務経費、土地開発公社の処分計画に基づきます桑原岐阜線改良事業の土地購入費などでございます。財源といたしましては、地方交付税、地方消費税交付金、地方特例交付金、市債等を充てるものでございます。

 なお、2本の繰越明許費も併せてお願いをするものでございます。

 続きまして、70ページをお願いをいたします。

 議第32号 平成14年度羽島市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出それぞれ837万8,000円を追加し、補正後の総額をそれぞれ2,678万4,000円とするもので、共済見舞金の増加に伴いまして繰越金等を充てるものでございます。

 続きまして、75ページをお願いをいたします。

 議第33号 平成14年度羽島市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ3億2,734万円を減額し、補正後の総額をそれぞれ23億2,788万9,000円とするもので、下水道管渠工事費を縮減いたすものでございます。

 次に、82ページ、議第34号 平成14年度羽島市駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出それぞれ1億9,756万6,000円を減額し、補正後の総額を7億8,652万9,000円といたすもので、移転補償及び事業費の実施状況に基づきまして減額の補正をいたすものでございます。

 続きまして、90ページ、議第35号 平成14年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出それぞれ2,160万円を減額し、補正後の総額をそれぞれ1億3,442万5,000円といたすものでございます。

 続きまして、95ページ、議第36号 市道路線の認定につきましては、道路法第8条の規定に基づき、須賀小松37号線ほか10路線の認定をいたすものでございます。

 以上をもちまして、議案の説明にかえさせていただきます。

 詳細につきましては、後日開催されます詳細説明会において各部長から説明させますので、よろしくご審議の上、適切な議決を賜りますようお願いを申し上げ、説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(魚住昭三君) ありがとうございました。

 以上で、議案の説明を終わります。

 次に、請第1号及び請第4号について、紹介議員 大野仁作君から紹介を願います。



◆9番(大野仁作君) それでは、請第1号と請第4号を続いて説明いたします。

 まず、請第1号は、合併問題に関して情報公開と住民投票を求める請願であります。

 はしま革新懇話会 倉田倬治さんより出ておりますが、これは既に皆さんご案内のように、平成17年3月を目指して、今岐阜市、羽島市、そして武芸川町、柳津町、岐南町、笠松町も加わりました、北方町も加わりまして、3月末までに法定協議会を立ち上げるということになっておるわけなんですが、一つはこの請願項目にもありますように、情報を十分公開する、市民が判断できる材料ですね、それで難しい行政用語ではなくて、例えば市長がよく都市間競争とかいう言葉を使われるんですが、一般市民が都市間競争と言ってもわかりにくいわけですわ。そういう行政用語ではなくて、本当に市民がわかりやすい用語でもって庶民の言葉でもってもっと判断材料を提供して、市民的な議論と選択の場をつくる必要があると思います。

 それと、合併するかしないかは、最終的な決定はやっぱり住民の意思を確認して行うべきではないかと。

 既に、羽島市は岐阜の細江市長が編入合併ということで、既に行政側も執行部も議会も編入合併を受け入れていると、しかしそれを決めるのは、これは地域の住民なんです。今まで、去年も住民説明会をやりました7月に、それはそのときはどこと合併するかはっきりしていなかったわけですね。そういった状況の中で、どんどんどんどんと任意の協議会を立ち上げて、今度は法定協議会の方にいくと。やはり、その都度情報を公開しながら私は進めていくべきだなと。したがって、この請願事項の「情報を公開し判断材料を提供することと、住民投票を実施すること」、ぜひこれはよくご論議いただいて、この請願の趣旨に沿って採択いただけるよう、よろしくお願い申し上げます。

 それと、請第4号であります。これは、国連決議を尊重して日本政府として、アメリカのイラク攻撃計画に反対を表明することを求める意見書採択に関する請願でありますが、ご案内のように、今連日テレビあるいは新聞のニュース等でイラク情勢が報道されておりますが、この請願文書の中でもあるように、国際世論としてはこれはイラク攻撃やるなと、例えばロンドンで200万人とかマドリードで200万人、ブッシュ大統領のおひざ元のニューヨークでも50万人、もう世界各地で1,000万人以上の人が戦争反対に立ち上がっておるわけですね。

 日本におきましても、例えば共同通信社では78.7%、日経新聞の世論調査でも69%、NHKの世論調査でも68%の人がイラク攻撃をするなと。それで、この前25日には第13回の非同盟諸国の首脳会議がマレーシアで行われて、これは100カ国以上の首脳が参加して、いわゆる武力行使、これは国連の役割を重視して武力を行使せずに平和的に解決せよという特別声明を盛り込んだ意見書を採択しているわけです。それで、この非同盟というのは、例えばNATO北大西洋条約機構とか、昔ソビエト連邦があった場合はワルシャワ条約機構など軍事同盟がありましたけれども、こういった軍事同盟に参加していない国、これが今世界の大勢なんですよ。日本でも114議会がいわゆる反戦の意見書や決議を可決しているわけですね。中部地方では岐阜県の土岐市、あるいは滋賀県の草津市など9市町村、長野県の松本市、あるいは愛知県の十四山村、静岡県の掛川市、少なくとも18市町村がこの地域でも可決しているわけです。この請願の趣旨に沿って、ぜひともこれも採択していただけるようお願い申し上げます。

 以上で説明を終わります。



○議長(魚住昭三君) 次に、請第2号及び請第3号について、紹介議員 佐野隆史君から紹介を願います。



◆21番(佐野隆史君) それでは、請第2号 乳幼児医療費助成制度の改善を求める請願書と請第3号 医療費の3割自己負担実施凍結を求める意見書採択に関する請願書の2件について、私の方から紹介いたします。

 請第2号については、皆さんに文書表を配付されておりますように、請願者は羽島市正木町大浦1461番地の林みち子さんほか2,046名であります。

 一方、請第3号は、国民救援会羽島支部 羽島市堀津町須賀中34の1 林 功治さんほか6団体という内容で、それぞれ議会へ請願されております。

 まず、請第2号についてでありますが、さきの12月議会に提出されておりまして、現在継続審査になっている請願と同一趣旨でありますので、詳細については省略します。

 3点について、私、今日皆さんにご紹介したいと思います。

 第1点は、この請願の趣旨でも強調しております子供において、アトピーとかぜんそくなどのアレルギー疾患が今急速に増えていて、医療費の負担が大変になっているということです。先月2月15日の朝日新聞に掲載されておりましたが、子供のアトピー性皮膚炎が10年前に比べで2倍近い割合で発症していることが厚生労働省の研究班で判明したと報道しております。大変深刻な状況で、それらの援助が今急がれます。

 二つ目は、多くの市民の願いであるということであります。今回、新年度予算に外来、入院それぞれ1歳ずつ引き上げられる予算が先ほど市長の新年度予算の説明の中でありました。これは大変いいことだと思います。今回この署名は外来、入院とも小学校入学するまで拡大する請願です。2,000名を超す市民の厚い期待の要望が寄せられました。12月議会と合わせると2,999名、約3,000名にもなり、大変多くの市民の皆さんがこの年齢の引き上げを希望していることが改めてはっきりしました。この願いにこたえていくことが任期最後の議員の役割と考えます。ぜひ皆さんのご賛同を得まして採択をお願いします。

 第3は、県下の他の市では、この間に小学校入学する前まで拡大してきております。その市が増えてきております。例えば、可児市でもう既に入院は入学前まで無料にしておりました。今年度4月から外来も4歳であったものを入学前まで拡大して、これで小学校入学する前まで両方無料になったのは県下14市中、高山市、瑞浪市、土岐市、可児市の4市に増えました。

 以上の理由により、今議会で採択されますよう紹介といたします。

 次に、請第3号について紹介いたします。

 第1は、この岐阜県内でも関係者の皆さんから反対の声が出ていることです。岐阜県医師会、岐阜県歯科医師会、岐阜県薬剤師会、岐阜県看護協会の医療4団体から県議会に実施延期を求める請願が提出される予定で、県政自民クラブも実施延期を求める意見書を提出予定と聞いております。

 今回のこの請願は、議会、皆さんご一緒に賛同できるのではないかと思います。ぜひ、今議会で採択をよろしくお願いいたします。

 第2は、先月20日の各新聞が報道しておりましたように、国、厚生労働省が昨年4月から10月までまとめた医療費動向調査によると、7カ月合計で0.6%の減少であったのが、昨年10月だけを見ると約6倍の3.3%の医療費の減少になっております。これは明らかに70歳以上の高齢者の1割負担が昨年10月から影響していることは明らかです。そして、医療費の負担増が受診抑制になっていることで、それがかえって病気の症状を悪化させ医療費を増やす結果になりかねないと医療関係者は警告しているとも報道しており、本当にこれは深刻です。

 以上の内容を考慮し、今議会でこの請願も採択されますようにお願いをいたし、紹介といたします。

 以上です。



○議長(魚住昭三君) 以上で、請願の紹介を終わります。

 今定例会において、本日まで受理した請願はお手元に配付してあります請願文書のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(魚住昭三君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 明4日と5日は休会といたします。

 次の本会議は、6日午前10時に開き、一般質問を行いますので、よろしくお願いいたします。

 本日はこれにて散会をいたします。

 なお、明4日と5日は午前10時から第1会議室において議案の詳細説明を行いますので、ご出席くださいますようご連絡を申し上げます。

 本日はどうもご苦労さまでございました。

               午前10時55分散会

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

               羽島市議会議長  魚住昭三

                  8番議員  牧田富子

                  9番議員  大野仁作