議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 羽島市

平成19年  6月 定例会(第3回) P.149 06月26日−05号




平成19年  6月 定例会(第3回) − 06月26日−05号









平成19年  6月 定例会(第3回)



平成19年第3回

         羽島市議会定例会会議録

                          第5号 6月26日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程 第5号 平成19年6月26日午前10時開議

 第1       会議録署名議員の指名

 第2 議第39号 公聴会参加者等の実費弁償条例の一部を改正する条例について

 第3 議第40号 羽島市税条例の一部を改正する条例について

 第4 議第41号 羽島都市計画事業駅東土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例について

 第5 議第42号 羽島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

 第6 議第43号 平成19年度羽島市一般会計補正予算(第2号)

 第7 議第44号 平成19年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 第8 議第45号 市道路線の廃止について

 第9 請第 1号 日豪EPA交渉に対する請願書

 第10 発議第4号 日豪EPA交渉に対する意見書

 第11       羽島市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について

 第12       羽島市農業委員会委員の推薦について

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 第1       会議録署名議員の指名

 第2 議第39号 公聴会参加者等の実費弁償条例の一部を改正する条例について

 第3 議第40号 羽島市税条例の一部を改正する条例について

 第4 議第41号 羽島都市計画事業駅東土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例について

 第5 議第42号 羽島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

 第6 議第43号 平成19年度羽島市一般会計補正予算(第2号)

 第7 議第44号 平成19年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 第8 議第45号 市道路線の廃止について

 第9 請第1号 日豪EPA交渉に対する請願書

 第10 発議第4号 日豪EPA交渉に対する意見書

 第11       羽島市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について

 第12       羽島市農業委員会委員の推薦について

 追加日程

    議第46号 平成19年度羽島市一般会計補正予算(第3号)

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18名)

    1番  山田紘治君    2番  花村 隆君

    3番  今井田和子君   4番  安田孝司君

    5番  松永 宏君    6番  炭竃信太郎君

    7番  大橋勝好君    8番  糟谷玲子君

    9番  大鐘康敬君   10番  星野 明君

   11番  味岡 弘君   12番  安井善保君

   13番  近藤伸二君   14番  加藤恒夫君

   15番  加藤英輔君   16番  斉藤 孝君

   17番  奥田三郎君   18番  不破啓司君

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長        白木義春君

  副市長       大野隆弘君

  教育長       大平橘夫君

  総務部長      河合省三君

  企画部長      大野貴己君

  市民部長      高橋光治君

  福祉部長      井貝康治君

  経済部長      奥田時雄君

  建設部長      近藤明広君

  水道部長      堀田幸広君

  教育委員会事務局長 岩田源五君

  消防長       加藤清利君

  市民病院長     天野和雄君

  市民病院事務局長  松井 聰君

  監査委員事務局長  山田文一君

  会計管理者     田内重三君

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員の職氏名

  事務局長      稲葉 高

  庶務課長      浅野泰正

  課長補佐      永田幸弘

  係長        不破勝秀

  書記        松原雄一

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時01分開議



○議長(加藤恒夫君) 皆さん、おはようございます。

 お待たせいたしました。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 日程に入る前に、表彰状の伝達並びに諸般の報告をいたします。

 初めに、さきに開催されました全国市議会議長会及び東海市議会議長会において表彰されました方に表彰状の伝達を行います。

 なお、両表彰とも受賞者が同一でありますので、全国市議会議長会表彰のみの伝達とさせていただきますので、ご了承願います。



◎議会事務局長(稲葉高君) それでは、お名前をお呼びいたしますので、順次お受け取りをお願いいたします。

 市議会正副議長として4年表彰の伝達でございます。

 奥田三郎議員さん、ご登壇をお願いいたします。

          〔17番 奥田三郎君 登壇〕



○議長(加藤恒夫君) 

               表彰状

 羽島市 奥田三郎殿

 あなたは市議会正副議長として4年市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第83回定期総会に当たり、本会表彰規定により表彰いたします。

 平成19年6月19日

                   全国市議会議長会会長  藤田博之

          〔表彰状授与〕(拍手)



◎議会事務局長(稲葉高君) 続きまして、特別表彰として議員在籍20年表彰の伝達でございます。

 奥田三郎議員さん、お願いします。



○議長(加藤恒夫君) 

               表彰状

 羽島市 奥田三郎殿

 あなたは市議会議員として20年の永きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第83回定期総会に当たり、本会表彰規定によって特別表彰いたします。

 平成19年6月19日

                   全国市議会議長会会長  藤田博之

          〔表彰状授与〕(拍手)



◎議会事務局長(稲葉高君) 続きまして、特別表彰として議員在籍20年表彰の伝達でございます。

 斉藤 孝議員さん、ご登壇をお願いいたします。

          〔16番 斉藤 孝君 登壇〕



○議長(加藤恒夫君) 

               表彰状

 羽島市 斉藤 孝殿

 あなたは市議会議員として20年の永きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第83回定期総会に当たり、本会表彰規定によって特別表彰いたします。

 平成19年6月19日

                   全国市議会議長会会長  藤田博之

          〔表彰状授与〕(拍手)



○議長(加藤恒夫君) 以上で、表彰の伝達を終わります。

 次に、市長から、地方自治法第243条の3第2項の規定により、お手元に配付いたしましたとおり、土地開発公社並びに地域振興公社の経営状況の説明書が提出されましたので、ご報告いたします。

 次に、22日に開催されました議会運営委員会の結果報告を願います。

 議会運営委員会委員長 大鐘康敬君。

          〔議会運営委員会委員長 大鐘康敬君 登壇〕



◆議会運営委員会委員長(大鐘康敬君) 議会運営委員会は、22日に委員会を開催し、追加議案の取り扱い等に関する議会運営について協議いたしましたので、その結果をご報告いたします。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付してありますように、現在審議中の案件を採決まで進めます。続いて、発議第4号を議題とし、提案者から説明、質疑と進め、委員会付託を省略し、討論、採決と進めます。

 なお、市長から追加議案が提出された場合は、その時点で日程に追加し、議題とし、説明を求め、質疑と進め、委員会付託を省略し、討論、採決と進めることが適当であるとの結論となりました。

 以上、議会運営委員会結果報告を終わります。



○議長(加藤恒夫君) 本日の日程は、ただいま議会運営委員会委員長報告のとおり進めたいと思いますので、ご了承願います。

 これより日程に入ります。

 本日の日程は、お手元に配付したとおりであります。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(加藤恒夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議長において11番 味岡 弘君及び12番 安井善保君を指名いたします。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          総務委員会審査結果報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。

               記



事件の番号
件名
議決の結果
議決の理由


議第39号
公聴会参加者等の実費弁償条例の一部を改正する条例について
原案のとおり
可決すべきもの
 


議第40号
羽島市税条例の一部を改正する条例について
原案のとおり
可決すべきもの
 


議第42号
羽島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について
原案のとおり
可決すべきもの
 


議第43号
平成19年度羽島市一般会計補正予算(第2号)
原案のとおり
可決すべきもの
 



 平成19年6月15日

                        総務委員会委員長 斉藤 孝

 羽島市議会議長 加藤恒夫殿

          市民厚生委員会審査結果報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。

               記



事件の番号
件名
議決の結果
議決の理由


議第44号
平成19年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)
原案のとおり
可決すべきもの
 



 平成19年6月18日

                      市民厚生委員会委員長 加藤英輔

 羽島市議会議長 加藤恒夫殿

          経済文教委員会請願審査結果報告書

 本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第135条第1項の規定により報告します。

               記



請願番号
受理年月日
件名
請願者の住所
及び氏名
紹介議員
審査結果
理由


第1号
平成19年5月15日
日豪EPA交渉に関する請願書
岐阜市西駒爪町14
食とみどり、水を守る岐阜県民会議 代表者
議長 池田 修
加藤英輔
採択
 



 平成19年6月20日

                     経済文教委員会委員長 炭竃信太郎

 羽島市議会議長 加藤恒夫殿

          建設水道委員会審査結果報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。

               記



事件の番号
件名
議決の結果
議決の理由


議第41号
羽島都市計画事業駅東土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例について
原案のとおり
可決すべきもの
 


議第45号
市道路線の廃止について
原案のとおり
可決すべきもの
 



 平成19年6月21日

                      建設水道委員会委員長 糟谷玲子

 羽島市議会議長 加藤恒夫殿



△日程第2 議第39号 公聴会参加者等の実費弁償条例の一部を改正する条例について〜



△日程第9 請第1号 日豪EPA交渉に対する請願書



○議長(加藤恒夫君) 日程第2、議第39号から日程第9、請第1号までの8件を一括議題といたします。

 上程の案件は、いずれも各関係常任委員会において審査願いましたので、その経過及び結果について委員長から報告を願います。

 総務委員会委員長 斉藤 孝君。

          〔総務委員会委員長 斉藤 孝君 登壇〕



◆総務委員会委員長(斉藤孝君) 皆さん、おはようございます。総務委員会結果報告をいたします。

 総務委員会は、去る15日に委員会を開催し、付託案件の審査を行いましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 まず、議第39号、議第40号については、質疑なく、採決の結果、原案のとおり可決するものと決しました。

 次に、議第42号について、委員の質疑に対し、理事者から、今回の一部改正により、消防団員等への影響はない。現在のところ、団員本人の公務災害補償の実例はあるが、扶養親族加算には及んでいないとの答弁があり、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議第43号について、委員の質疑に対し、理事者から、財政調整基金の積立額は、平成18年度末で、24億2,163万円ほどである。

 通所サービス利用促進事業負担金は、障害者自立支援法にかかる実施分のうち、同級他団体からの負担金見込み金額である。

 障害者自立支援法の負担金の関係で、市独自の軽減策は実施していない。近隣で独自の軽減策を実施しているところは、岐阜市、山県市、本巣市である。

 障害者自立支援対策臨時特例交付金事業には、事業運営円滑化事業、通所サービス利用促進事業、就労意欲促進事業の三つがある。

 子ども読書推進事業は、1,000万円の寄附を小中学校の図書購入費に充てるものである。その分配の方法は、おおむね、基本額4割、読書量に応じた額5割、積極的な図書館経営に対し1割とし、配分したいと考えている。

 特別支援教育サポーター設置事業は、18年度までの県単の特別支援教育アシスタント設置事業が廃止され、今回、市単でお願いするものである。人数は、18年度同様8名を予定している。

 給食センター施設改修事業は、南部学校給食センターの食器消毒保管機等の導入に伴う、電気動力増設関係の工事費である。

 現在、北部学校給食センターで調理している、福寿小学校の児童、職員430人分の給食、西部幼稚園の園児、職員78人分の給食、合計で508人分の給食調理を南部学校給食センターへ、移管するためのものである。

 北部学校給食センターは、昭和54年9月に開設され、28年ほど経過しており、老朽化が激しいため、老朽化対策を検討中であるなどの答弁があり、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、付託案件の審査は終了しましたが、引き続き、協議会を開催いたしましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 委員の質問に対し、理事者から、6月12日付で市県民税の納付書を発送した結果、12日から14日までに、窓口の問い合わせが51件、電話による問い合わせが220件、合計で271件あった。

 内容は、税制改正に関するものが158件、残りは、口座振替等その他に関するものであったとの答弁がありました。

 次に、当委員会の行政視察について、協議を行いました。視察項目及び視察場所については、委員からの希望等検討し、進めることとなりました。

 視察日程については、各委員の都合など調整を行い、7月下旬をめどに進めることになりました。

 以上、総務委員会結果報告を終わります。ありがとうございました。



○議長(加藤恒夫君) 市民厚生委員会委員長 加藤英輔君。

          〔市民厚生委員会委員長 加藤英輔君 登壇〕



◆市民厚生委員会委員長(加藤英輔君) おはようございます。

 市民厚生委員会は、去る18日に委員会を開催し、付託案件の審査を行いましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 まず、議第44号について、委員の質疑に対し、理事者から、自己負担分を除いた医療費は、社会保険診療報酬支払基金、国、県及び市で負担している。

 平成18年度分の精算に伴い、歳出の償還金は、社会保険診療報酬支払基金からの概算交付金が多かったため、同基金へ償還するものである。歳入のうち国庫負担分の補正は、国が負担すべき額が、概算交付金で少なかったことに伴い追加交付されるものであるとの答弁があり、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で付託案件の審査は終了しましたが、引き続き協議会を開催いたしましたので、その概要を報告いたします。

 まず、理事者から、現在社会問題となっている社会保険庁での5,000万件を超える年金納付記録不備の件について、当市では、これらの年金記録は、昭和62年度までは紙ベースでの年金台帳、昭和63年度から平成13年度まではコンピューターにて保存管理し、一部自治体で見られる破棄はしていない。

 保険年金課への問い合わせも増加しているが、平成14年度以降、社会保険事務所へ移管された関係上、十分な対応は難しいが、できる限りこれらの年金相談に応じていきたい。

 また、6月15日夜から、翌16日未明にかけて、いきいき元気館(旧丸善ビル)及び福祉サポートセンター(旧羽島保健所)が事務所荒らしに遭った。いきいき元気館は6団体、福祉サポートセンターには2団体が入居しており、金銭の盗難被害を生じている団体もある。2施設とも、指定管理者にて管理運営を行っているため、今後は、同管理者とも協議し、再発防止に努めたい旨の報告がありました。

 次に、当委員会の行政視察についての協議を行い、日程は8月1日から3日をめどに調整し、視察項目は委員からの希望等検討し、進めることになりました。

 以上、市民厚生委員会の結果報告を終わります。



○議長(加藤恒夫君) 経済文教委員会委員長 炭竃信太郎君。

          〔経済文教委員会委員長 炭竃信太郎君 登壇〕



◆経済文教委員会委員長(炭竃信太郎君) おはようございます。

 経済文教委員会は、去る20日に委員会を開催し、付託案件の審査を行いましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 まず、請第1号について、委員から、最近もEPA交渉並びにFTA交渉に関し、東京などで大々的に反対運動がなされ、日本の食糧自給、国土を守るという点において、請願内容を最低限守り通さないと、日本の農業が根底から崩れてしまう。ぜひとも政府関係者には、勇気を持って交渉にあたってもらいたいことから、採択すべきであるとの意見があり、採決の結果、全会一致で採択すべきものと決しました。

 なお、この請願に基づく意見書については、当委員会委員で発議することにいたしました。

 以上で付託案件の審査は終了しましたが、引き続き協議会を開催いたしましたので、その概要を報告いたします。

 理事者より、文化センター内のレストラン部門について、新たな事業者の応募がなかった。しかし、利用者等からの強い要望と、利用促進を図ることから、文化センターの指定管理者である羽島市地域振興公社の直営により、「喫茶 まんよう」として4月27日からサービスを開始した。

 続いて、平成24年に岐阜県で開催される第67回国民体育大会(岐阜国体)について、平成19年3月23日付で県準備委員会より、成年男子ソフトボールを羽島市での開催との内定通知があった。競技会場は、総合運動場を予定しているが、今後、県準備委員会、県ソフトボール協会及び日本ソフトボール協会の会場視察も行われる予定で、改修が必要となる旨の報告がありました。

 次に、当委員会の行政視察についての協議を行い、視察項目及び場所は、委員からの希望等で検討。視察日程は、10月初旬をめどに進めることになりました。

 以上、経済文教委員会結果報告を終わります。



○議長(加藤恒夫君) 建設水道委員会委員長 糟谷玲子さん。

          〔建設水道委員会委員長 糟谷玲子君 登壇〕



◆建設水道委員会委員長(糟谷玲子君) 建設水道委員会は、去る21日に委員会を開催し、付託案件の審査を行いましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 まず、議第41号について、委員の質疑に対し、理事者から、駅東土地区画整理事業の精算金徴収対象者は、全部で119人である。18年度分未納者が7人で、未納総額は360万9,208円である。この7人のうち、4人が5年以上の分割納付を希望している。

 区画整理法で、精算金の分割徴収を10年まで延長できるとなっており、今回の一部改正をお願いするものである。

 期限については、精算金の支払い能力を総合的に判断し、決めていきたい。

 10年を超えるようなことになれば、延滞金、督促手数料等、税と同じような事務手続をとることを考えているとの答弁があり、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議第45号については、質疑なく、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で付託案件の審査は終了しましたが、引き続き協議会を開催いたしましたので、その概要と結果を報告します。

 当委員会の行政視察について、協議を行いました。視察項目及び視察場所については、委員からの希望等検討し、進めることになりました。視察日程については、9月定例会終了後の10月下旬をめどに進めることになりました。

 以上、建設水道委員会結果報告を終わります。



○議長(加藤恒夫君) 以上で、委員長報告を終わります。

 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑のある方はご発言願います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) 以上で、委員長報告に対する質疑を終わります。

 暫時休憩いたします。

 討論のある方は、休憩中に発言通告書の提出をお願いします。

               午前10時25分休憩

               午前10時31分再開



○議長(加藤恒夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 これより討論に入ります。

 討論のある方はご発言願います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) 討論を終わります。

 これより、議第39号、議第40号、議第41号、議第42号、議第43号、議第44号、議第45号及び請第1号の8件を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決及び採択であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第39号、議第40号、議第41号、議第42号、議第43号、議第44号、議第45号は原案のとおり可決、請第1号は採択と決しました。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 発議第4号 日豪EPA交渉に対する意見書



○議長(加藤恒夫君) 次に、日程第10、発議第4号を議題といたします。

 提案者 炭竃信太郎君から提案理由の説明を願います。

 6番 炭竃信太郎君。



◆6番(炭竃信太郎君) それでは、提案説明をさせていただきます。

 発議第4号 日豪EPA交渉に対する意見書について、提案理由の説明をいたします。

 先ほど、この関係の請願については採択されたところであります。豪州政府の担当閣僚は、「すべての品目が交渉の対象」とことし2月、JAグループの代表団に述べているように、日豪EPA交渉では、豪州政府は農産物を含むすべての関税撤廃を主張すると見られ、仮に豪州政府の要求どおり農産物の輸入関税が全面的に撤廃される事態になると、我が国が取り組んできた担い手育成を初めとする構造改革の努力を無にするにとどまらず、農業・農村に壊滅的な打撃を受けることとなる。また、関連産業や地域経済にはかり知れない影響を与え、日本の食糧安全保障をも危うくするおそれがある。

 仮に、豪州農産物の関税を撤去すれば、米国、カナダ等からも反発を招き、同様の処置を求められればさらに大きな影響が出ることも予想され、日豪EPAの問題は、我が国の食料安定供給や農林水産業のあり方、ひいては我が国のあり方にも大きくかかわる問題でもあります。

 こうしたことから、「日豪EPA交渉に対する意見書」の提出について、意とするところをお酌みいただき、議員各位の賛同を賜りますようよろしくお願いいたします。

 意見書の送付先といたしまして、内閣総理大臣、農林水産大臣、外務大臣、以上でございます。



○議長(加藤恒夫君) 以上で、議案の説明を終わります。

 これより、発議第4号についての質疑入ります。

 質疑のある方はご発言を願います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) 以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 発議第4号は委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議第4号は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論のある方はご発言願います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) 以上で、討論を終わります。

 これより、発議第4号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議第4号は原案のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩いたします。

               午前10時36分休憩

               午前10時50分再開



○議長(加藤恒夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議第46号 平成19年度羽島市一般会計補正予算(第3号)



○議長(加藤恒夫君) 先ほどの休憩中に、市長から議第46号が追加提案されました。

 お諮りいたします。

 この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第46号を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 議案の説明を願います。

 市長 白木義春君。

          〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) ただいまは、今議会にお願いをいたしました議案すべてを全会一致でご承認をいただきまして、まことにありがとうございました。

 それでは、お許しを賜りましたので、追加議案の概要を説明申し上げます。

 議案書1ページをお願いいたします。

 議第46号 平成19年度羽島市一般会計補正予算(第3号)でございます。

 歳入歳出予算の総額にそれぞれ20万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を183億5,496万8,000円とするものでございます。

 主な内容は、岐阜地方裁判所事件番号平成19年(ワ)第474号配当異議事件で、担保不動産競売申立事件につきまして、当市が交付要求を行い、岐阜地方裁判所が作成をいたしました配当表に対し、その訂正を求め、当市などに訴訟が提起されました。当該訴訟に応訴するため、市の代理人として弁護士に委任したいので、弁護士への着手金と費用弁償の補正をお願いするものでございます。

 詳細につきましては担当部長から説明させますので、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(加藤恒夫君) 総務部長 河合省三君。



◎総務部長(河合省三君) それでは、追加議案書1ページをごらん願いたいと思います。議第46号につきましてご説明申し上げます。

 議第46号 平成19年度羽島市一般会計補正予算(第3号)でございます。

 第1条でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ20万6,000円を追加いたしまして、歳入差出予算の総額を歳入歳出それぞれ183億5,496万8,000円とするものでございます。

 次に、4ページをごらんいただきたいと思います。

 今回の補正としまして、財源でございますが、歳入でございます。17款繰入金2項基金繰入金1目基金繰入金でございます。6億8,342万2,000円に20万6,000円を追加いたしまして、6億8,362万8,000円とするものでございます。1節として、財政調整基金繰入金20万6,000円でございます。

 5ページをごらん願います。

 歳出でございます。2款総務費1項総務管理費1目一般管理費、7億7,898万8,000円に20万6,000円を追加し、7億7,919万4,000円とし、総務関係事務経費に20万6,000円を増額補正をお願いするものでございます。節といたしまして、9、旅費のうち費用弁償が4万8,000円、委託料が15万8,000円でございます。

 訴訟内容について、概要をご説明申し上げます。

 岐阜地方裁判所6月1日受付、平成19年(ワ)第474号配当異議事件でございまして、訴状の送達が6月7日にされました。原告はMSリース株式会社、被告は羽島市、横浜市、国、N株式会社でございます。答弁書の提出期限が来る6月29日、口頭弁論期日は7月6日午後1時10分岐阜地方裁判所302号法廷でございまして、この訴訟に応訴するため当市が弁護士に委任するため、関係の経費をお願いするものでございます。

 弁護士さんにつきましては、当市在住の名古屋で弁護士事務所を開いてみえる方でございます。

 経過につきましては、平成18年8月18日に原告が担保不動産競売申し立てを行いました。羽島市は、N株式会社が固定資産税を滞納しておりましたので、同年10月4日に交付要求を行い、平成19年4月20日に債権現在額申し立てを行ったところでございまして、配当期日の5月29日に原告のMSリース株式会社が配当異議を申し立て、訴訟に至ったものでございます。裁判所が作成しました配当表によりますと、当市へは235万7,200円の配当予定でございましたが、配当異議が申し立てられたために現在は配当されておりません。

 内容につきましては以上のとおりでございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(加藤恒夫君) 以上で、議案の説明を終わります。

 議案精読のため、暫時休憩いたします。

               午前10時56分休憩

               午前11時23分再開



○議長(加藤恒夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 議第46号に対する質疑に入ります。

 質疑のある方は発言を願います。

 2番 花村 隆君。



◆2番(花村隆君) 今、総務部長から説明がありましたが、MSリース株式会社が固定資産税を滞納しておるという話でございました。この滞納の総額及び滞納年度、いつから滞納の実態があるのかをお知らせください。



○議長(加藤恒夫君) 総務部長 河合省三君。



◎総務部長(河合省三君) 滞納しておりましたのはN株式会社でございまして、17年度は完納でございます。したがいまして、18年度の固定資産税滞納分221万3,100円と延滞金及び督促手数料の配当が235万7,200円の岐阜地方裁判所で示された事案でございます。



○議長(加藤恒夫君) 以上で、質疑を終わります。

 お諮りいたします。

 議第46号は委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第46号は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論のある方はご発言を願います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) 以上で、討論を終わります。

 これより、議第46号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第46号は原案のとおり可決することに決しました。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 羽島市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について



○議長(加藤恒夫君) 次に、日程第11 羽島市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙を行います。

 本件は、現在の選挙管理委員会委員及び同補充員の任期が7月18日に満了いたしますので、地方自治法第182条の規定により、議会において選挙するものです。

 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることと決しました。

 さらにお諮りいたします。

 指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 ただいまから指名いたします。

 選挙管理委員会委員に永田勝國君、小見山恒雄君、飯田耕一郎君、河本滉子さん、以上の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を選挙管理委員会委員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君は選挙管理委員会委員に当選されました。

 次に、同補充員の指名を行います。

 補充員は、岩田重夫君、大橋洋子さん、鈴木かよ子さん、篠田圭三君、以上の4名を指名いたします。

 なお、委員に欠員が生じた場合の補充員の順位はただいま指名した順序といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を補充員の当選人に定めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名されました諸君が補充員に当選されました。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 羽島市農業委員会委員の推薦について



○議長(加藤恒夫君) 日程第12 羽島市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 本件は、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により選任されました委員が同法第16条の規定により辞任されましたので、その後任者を推薦するものであります。

 お諮りいたします。

 選出の方法は指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、選出の方法は指名推選によることに決しました。

 さらにお諮りします。

 指名の方法は議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 お諮りいたします。

 本件は、質疑、委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、質疑、委員会付託及び討論を省略することに決しました。

 ただいまから、農業委員会委員の被推薦者として安井善保君を指名いたします。

 ここで、安井善保君の除斥を求めます。

          〔12番 安井善保君 退場〕



○議長(加藤恒夫君) ここで、会議録署名議員に13番 近藤伸二君を追加指名いたします。

 これより、農業委員会委員の推薦について採決いたします。

 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、安井善保君を推薦したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、安井善保君を農業委員会委員に推薦することに決しました。

 安井善保君の除斥を解きます。

          〔12番 安井善保君 入場〕



○議長(加藤恒夫君) 続いて、農業委員会委員の被推薦者として星野 明君を指名いたします。

 ここで、星野 明君の除斥を求めます。

          〔10番 星野 明君 退場〕



○議長(加藤恒夫君) これより、農業委員会委員の推薦について採決いたします。

 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、星野 明君を推薦したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、星野 明君を農業委員会委員に推薦することに決しました。

 星野 明君の除斥を解きます。

          〔10番 星野 明君 入場〕



○議長(加藤恒夫君) 続きまして、農業委員会委員の被推薦者として不破啓司君を指名いたします。

 ここで、不破啓司君の除斥を求めます。

          〔18番 不破啓司君 退場〕



○議長(加藤恒夫君) これより、農業委員会委員の推薦について採決いたします。

 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、不破啓司君を推薦したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤恒夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、不破啓司君を農業委員会委員に推薦することに決しました。

 不破啓司君の除斥を解きます。

          〔18番 不破啓司君 入場〕

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤恒夫君) 以上で、今定例会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 ここで、市長から挨拶がありますので、許可いたします。

 市長 白木義春君。

          〔市長 白木義春君 登壇〕



◎市長(白木義春君) 平成19年第3回羽島市議会定例会を閉会されるにあたりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 去る6月1日開会以来、26日間にわたりまして、人事案件を初め条例改正、補正予算、その他各種の重要案件につきましてご審議いただき、適切なご決定をいただきました。まことにありがとうございました。

 また、追加提案いたしました議案につきましても適切なご決定をいただき、まことにありがとうございます。

 今後とも、議員各位には市政の一層のご支援とご協力をいただきますようお願い申し上げまして、閉会のご挨拶とさせていただきます。まことにありがとうございました。



○議長(加藤恒夫君) 閉会にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

 去る6月1日に招集されました今定例会は、本日までの26日間にわたり開催され、各種案件に極めてご熱心にご審議賜り、ここに議了の運びとなりました。

 議員並びに執行部各位には、議事の円滑なる運営に格段のご協力を賜り、まことにありがとうございました。

 これにて、平成19年第3回羽島市議会定例会を閉会いたします。

 なお、9月の定例会は、9月4日火曜日の開会を予定しておりますので、ご承知おきください。

 ご連絡をいたします。ただいまから全員協議会を開催いたしますので、議員の皆様には第1会議室にご参集願います。

 ご苦労さまでございました。

               午前11時35分閉会

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

               羽島市議会議長  加藤恒夫

                  11番議員  味岡 弘

                  12番議員  安井善保

                  13番議員  近藤伸二

          本会議に提出された事件及び審議結果



議案番号
件名
提出年月日
審議結果
議決年月日


報第8号
平成18年度羽島市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について
平19.6.1
報告
平19.6.14


報第9号
平成18年度羽島市国民健康保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について





報第10号
平成18年度羽島市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について





報第11号
平成18年度羽島市インター北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について





議第38号
羽島市固定資産評価員の選任について

原案同意



議第39号
公聴会参加者等の実費弁償条例の一部を改正する条例について

原案可決
平19.6.26


議第40号
羽島市税条例の一部を改正する条例について





議第41号
羽島都市計画事業駅東土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例について





議第42号
羽島市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について





議第43号
平成19年度羽島市一般会計補正予算(第2号)





議第44号
平成19年度羽島市老人保健特別会計補正予算(第1号)





議第45号
市道路線の廃止について





請第1号
日豪EPA交渉に対する請願書

採択



発議第4号
日豪EPA交渉に対する意見書
平19.6.26
原案可決



 
羽島市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について

選挙



 
羽島市農業委員会委員の推薦について
平19.6.26
推薦
平19.6.26


議第46号
平成19年度羽島市一般会計補正予算(第3号)

原案可決