議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 瑞浪市

平成29年第4回定例会(第4号 9月28日)




平成29年第4回定例会(第4号 9月28日)





平成29年9月28日


第4回瑞浪市議会定例会会議録(第4号)








 
議 事 日 程 (第1号)


平成29年9月28日(木曜日)午前9時 開議


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 議第 57号 瑞浪市税条例等の一部を改正する条例の制定について


 日程第3 議第 58号 瑞浪市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第4 議第 59号 瑞浪市分担金徴収条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第5 議第 60号 瑞浪市中小企業小口融資条例の一部を改正する条例の制定につ


            いて


 日程第6 議第 61号 瑞浪市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第7 議第 62号 瑞浪市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第8 議第 63号 瑞浪市下水道条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第9 議第 64号 瑞浪市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例の制定


            について


 日程第10 議第 65号 訴えの提起について


 日程第11 議第 66号 市道路線の認定について


 日程第12 議第 67号 市道路線の認定について


 日程第13 議第 70号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第2号)


 日程第14 認第 1号 平成28年度瑞浪市一般会計決算の認定について


 日程第15 認第 2号 平成28年度瑞浪市後期高齢者医療事業特別会計決算の認定につ


            いて


 日程第16 認第 3号 平成28年度瑞浪市国民健康保険事業特別会計決算の認定につい


            て


 日程第17 認第 4号 平成28年度瑞浪市介護保険事業特別会計決算の認定について


 日程第18 認第 5号 平成28年度瑞浪市介護サービス事業特別会計決算の認定につい


            て


 日程第19 認第 6号 平成28年度瑞浪市駐車場事業特別会計決算の認定について


 日程第20 認第 7号 平成28年度瑞浪市水道事業会計決算の認定について


 日程第21 認第 8号 平成28年度瑞浪市下水道事業会計決算の認定について


 日程第22 発議第1号 「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」の


            規定に基づく補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書の


            提出について


 日程第23 発議第2号 国民健康保険制度都道府県化に関する意見書の提出について


  ================================================================


議 事 日 程 (第2号)


 日程第1 発議第3号 北朝鮮の弾道ミサイル発射と核実験に断固抗議する意見書の提


            出について


  ================================================================


本日の会議に付した事件


 第1 会議録署名議員の指名


 第2 議第 57号 瑞浪市税条例等の一部を改正する条例の制定について


 第3 議第 58号 瑞浪市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について


 第4 議第 59号 瑞浪市分担金徴収条例の一部を改正する条例の制定について


 第5 議第 60号 瑞浪市中小企業小口融資条例の一部を改正する条例の制定について


 第6 議第 61号 瑞浪市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について


 第7 議第 62号 瑞浪市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


 第8 議第 63号 瑞浪市下水道条例の一部を改正する条例の制定について


 第9 議第 64号 瑞浪市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例の制定につ


          いて


 第10 議第 65号 訴えの提起について


 第11 議第 66号 市道路線の認定について


 第12 議第 67号 市道路線の認定について


 第13 議第 70号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第2号)


 第14 認第 1号 平成28年度瑞浪市一般会計決算の認定について


 第15 認第 2号 平成28年度瑞浪市後期高齢者医療事業特別会計決算の認定について


 第16 認第 3号 平成28年度瑞浪市国民健康保険事業特別会計決算の認定について


 第17 認第 4号 平成28年度瑞浪市介護保険事業特別会計決算の認定について


 第18 認第 5号 平成28年度瑞浪市介護サービス事業特別会計決算の認定について


 第19 認第 6号 平成28年度瑞浪市駐車場事業特別会計決算の認定について


 第20 認第 7号 平成28年度瑞浪市水道事業会計決算の認定について


 第21 認第 8号 平成28年度瑞浪市下水道事業会計決算の認定について


 第22 発議第1号 「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」の規定


          に基づく補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書の提出につ


          いて


 第23 発議第2号 国民健康保険制度都道府県化に関する意見書の提出について


 第24 発議第3号 北朝鮮の弾道ミサイル発射と核実験に断固抗議する意見書の提出に


          ついて


  ================================================================


出席議員(15名)


       1番  樋 田 翔 太          2番  小 川 祐 輝


       3番  渡 邉 康 弘          4番  大久保 京 子


       5番  小木曽 光佐子          6番  成 瀬 徳 夫


       7番  榛 葉 利 広          8番  熊 谷 隆 男


       9番  石 川 文 俊          10番  加 藤 輔 之


       11番  大 島 正 弘          13番  熊 澤 清 和


       14番  舘 林 辰 郎          15番  柴 田 増 三


       16番  成 重 隆 志


  ================================================================


欠席議員(なし)


  ================================================================


欠員(1名)


  ================================================================


説明のため出席した者の職、氏名


市長            水 野 光 二     副市長         勝   康 弘


理事            石 田 智 久     総務部長        正 村 和 英


総務部次長         伊 藤 和 久     まちづくり推進部長   加 藤 誠 二


民生部長          宮 本 朗 光     民生部次長       南 波   昇


経済部長          鈴 木 創 造     経済部次長       小 栗 英 雄


建設部長          金 森   悟     会計管理者       日比野 茂 雄


消防長           小 倉 秀 亀     総務課長        正 木 英 二


秘書課長          近 藤 正 史     教育委員会事務局長   奥 村 勝 彦


教育委員会事務局次長    工 藤 仁 士     企画政策課長      梅 村 修 司


市民課長          小木曽 松 枝     市民協働課長      兼 松 美 昭


生活安全課長        三 浦 正二郎     高齢福祉課長      藤 本 敏 子


保険年金課長        林   恵 治     健康づくり課長     成 瀬 良 美


農林課長          景 山 博 之     農林課主幹       水 野 義 康


商工課長          小木曽 昌 弘     窯業技術研究所長    加 藤 正 夫


クリーンセンター所長    小 川 恭 司     土木課長        市 原   憲


都市計画課長        渡 辺 芳 夫     上下水道課長      山 内 雅 彦


浄化センター所長      市 川 靖 則     教育総務課長      酒 井 浩 二


社会教育課長        工 藤 将 哉     スポーツ文化課長    工 藤 嘉 高


選挙管理委員会書記長補佐  大 山 雅 喜     消防総務課長      足 立 博 隆


警防課長          鵜 飼 豊 輝     予防課長        足 立 憲 二


消防署長          大 津 英 夫


  ================================================================


職務のため出席した事務局職員


議会事務局長  北 山 卓 見     事務局総務課長  加 藤 百合子


書    記  和 田 光 浩     書     記  加 藤 千 佳


  ================================================================





                                   午前9時00分 開議


○議長(石川文俊君)


 おはようございます。


 本日、国においては臨時国会が召集され、冒頭に衆議院の解散がなされております。本瑞浪市議会においては、本日が最終日、閉会日ということであります。


 議会には議決権があり、議員には表決権があるということであります。上程された案件をしっかりと審議し、そして、本日最終日にははっきりした意思表明をいただけるよう願っておるところでございますので、よろしくお願いいたします。


 それでは、ただ今から本日の会議を開きます。


 本日の日程は、お手元に配付してあります議事日程のとおりでございます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、議長において1番 樋田翔太君と2番 小川祐輝君の2名を指名いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第2、議第57号 瑞浪市税条例等の一部を改正する条例の制定についてから、日程第12、議第67号 市道路線の認定についてまでの11議案を一括議題といたします。


 ただ今、議題としました11議案についてては、所管の常任委員会に付託してありますので、その審査の経過及び結果の報告を求めます。


 初めに、総務委員長 柴田増三君。


○総務委員長(柴田増三君)


 去る9月19日、午前9時から総務委員会を開催し、本委員会に付託されました条例案件2件について、慎重に審査をいたしましたので、その結果をご報告いたします。


 議第57号 瑞浪市税条例等の一部を改正する条例の制定について、主な質疑では、納期の初日を変更する理由は何かとの問いに対し、地方税法で規定される納期に合わせるためであるとの答弁がありました。


 また、口座振替の納税者への影響はどのようかとの問いに対し、口座振替日は納期の最終日のため影響はないとの答弁がありました。


 また、控除対象配偶者、生計同一配偶者とはどのようかとの問いに対し、生計同一配偶者は所得38万円以下の配偶者であり、控除対象配偶者は生計同一配偶者のうち扶養者の所得が1,000万円以下の場合を指すとの答弁がありました。


 次に、議第58号 瑞浪市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について、質疑はありませんでした。


 以上2議案について討論はなく、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、本委員会に付託されました条例案件2件の審査結果報告といたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今の報告に対して、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言がないようですので、質疑を終結いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、経済建設委員長 熊澤清和君。


○経済建設委員長(熊澤清和君)


 去る9月21日、午前9時から経済建設委員会を開催し、本委員会に付託されました条例案件6件、その他の案件3件について、慎重に審査をしましたので、その結果をご報告いたします。


 議第59号 瑞浪市分担金徴収条例の一部を改正する条例の制定について、質疑はありませんでした。


 次に、議第60号 瑞浪市中小企業小口融資条例の一部を改正する条例の制定について、主な質疑では、損失補償制度を廃止することで、借入事業者にはどのような影響があるかとの問いに対し、損失補償制度の廃止は、市が信用保証協会に対しての損失補償がなくなるもので、借入事業者に対しての影響はないとの答弁がありました。


 また、中小企業小口融資審査委員会が廃止されることで、本市に対して影響を及ぼすことはないかとの問いに対し、影響はないと判断しているとの答弁がありました。


 次に、議第61号 瑞浪市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について及び議第62号 瑞浪市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について、主な質疑はありませんでした。


 次に、議第63号 瑞浪市下水道条例の一部を改正する条例の制定について、主な質疑では、井戸水メーターの設置場所はどこになるのかとの問いに対し、多くの家庭が井戸水は裏庭等で使用しているため、遠隔式メーターを設置することになるとの答弁がありました。


 また、井戸水を散水、洗車等で使用しても下水道の使用料に含まれるかとの問いに対し、井戸水メーター設置場所は、外散水を含まない、下水道に流れ込む量だけを計測できる位置に設置する予定であるとの答弁がありました。


 次に、議第64号 瑞浪市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例の制定について、主な質疑では、下水道条例には一般用と公衆浴場用とあったが、今回の条例に記載がないのはなぜかとの問いに対し、農業集落排水は一般家庭等を対象とした処理施設であり、事業所等の排水は接続しないことから記載はないとの答弁がありました。


 次に、議第65号 訴えの提起について、主な質疑では、どのような状況になると市営住宅の明け渡し、滞納家賃等の支払いの訴訟を起こすまでになるのかとの問いに対し、今回の案件では、度重なる自宅訪問、電話催告、文書催告を行い、分納誓約についても不履行であることから訴訟を起こすこととなったとの答弁がありました。


 次に、議第66号及び議第67号 市道路線の認定について、質疑はありませんでした。


 以上9議案について討論はなく、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、本委員会に付託されました条例案件6件、その他の案件3件の審査結果報告といたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今の報告に対して、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言がないようですので、質疑を終結いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 これより、議第57号 瑞浪市税条例等の一部を改正する条例の制定についてから、議第64号 瑞浪市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例の制定についてまでの8議案について、討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 本8議案に対する委員長報告は可決であります。


 本8議案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、本8議案は、原案のとおり可決されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第10、議第65号 訴えの提起について討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


             〔14番 館林辰郎議員 退席〕


 お諮りします。


 本議案に対する委員長報告は可決であります。


 本議案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議第65号は、原案のとおり可決されました。


             〔14番 館林辰郎議員 着席〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第11、議第66号 市道路線の認定について及び、日程第12、議第67号 市道路線の認定についての2議案について討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 本2議案に対する委員長報告は可決であります。


 本2議案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、本2議案は原案のとおり可決されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第13、議第70号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第2号)から、日程第21、認第8号 平成28年度瑞浪市下水道事業会計決算の認定についてまでの9議案を一括議題といたします。


 ただ今、議題としました9議案については、予算決算委員会に付託してありますので、その審査の経過及び結果の報告を求めます。


 予算決算委員長 大島正弘君。


○予算決算委員長(大島正弘君)


 去る9月5日から8日までの4日間、予算決算委員会を開催し、本委員会に付託されました予算案件1件及び認定案件8件について、慎重に審査をいたしましたので、その結果をご報告いたします。


 まず最初に、議第70号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第2号)について、歳出の主な質疑は、2款、1項、8目 電算管理費の社会保障・税番号制度整備事業について、旧姓併記にかかるシステム改修はなぜ必要かとの問いに対し、国が推進する男女共同参画社会において、結婚後も旧姓を使用したい方に対応可能にするためであるとの答弁がありました。


 次に、7款、1項、4目 観光費の東海自然歩道・中山道観光ブラッシュアップ事業について、看板の内容と設置場所はどのようかとの問いに対し、県が指定する仕様内容で、大きさは高さ180センチ、幅68センチ、奥行き12センチ、宿場名と地図、宿場の解説が日本語と英語で併記された看板であり、また、設置場所については、大湫宿と細久手宿の2カ所であるとの答弁がありました。


 次に、8款、4項、1目 都市計画総務費の空家等適正管理事業について、600万円かけて空き家を取り壊すが、取り壊しにかかった費用はどの程度回収できるのかとの問いに対し、できる限り回収したいが難しいと考えているとの答弁がありました。


 次に、10款、3項、2目 中学校教育振興費の道徳教育地域支援事業について、事業の詳細はどのようかとの問いに対し、瑞浪中学校が道徳教育の指定校として県内で2校のうちの1校に指定されたことに伴い、中学校で道徳教育について研究するための経費であり、詳細はこれからであるが、地域の方に道徳教育にどのようにかかわっていただけるか等も考えているとの答弁がありました。


 次に、認第1号 平成28年度瑞浪市一般会計決算の認定について、歳入の主な質疑は、市税徴収実績について、本市は県下でどのくらいの位置にあるかとの問いに対し、現年度分と滞納繰越分を合わせると20位。現年度分については若干ではあるが、徴収率は上がっているとの答弁がありました。


 歳出では、2款、1項、1目 一般管理費の総務管理職員人件費について、平成28年度は7名ほど増員したが、定員適正化計画に沿ったものかとの問いに対し、企業誘致、デマンドバス等業務、消防業務、リニア関連業務などがふえており、市の課題が解決できるよう定員適正化計画に沿った人員体制をとっているとの答弁がありました。


 また、11目 自治振興費の市民活動補償保険事業について、補償実績10件の詳細はどのようかとの問いに対し、草刈り等の奉仕活動中の負傷に対する補償や物損事故等の損害賠償などで、補償額として支払った額は36万6,553円であるとの答弁がありました。


 同じく、防犯灯設置事業について、地域要望に対する設置率はどの程度かとの問いに対し、要望に対する設置率は100%である。防犯灯のLED化率は、平成28年度末で78.8%となっており、平成30年度までに、全てLED化となるよう事業を進めているとの答弁がありました。


 次に、3款、1項、2目 老人福祉費の在日外国人高齢障害者福祉手当給付経費について、支給実績が2人と少数であるのは何か理由があるのかとの問いに対し、支給対象は大正15年4月以前の出生で、1年以上本市に在住する無年金の外国人で、対象者は2名であるとの答弁がありました。


 また、2項、4目 保育所費の臨時保育士等経費について、臨時保育士経費が増額となっているが、人員配置は適正かとの問いに対し、保育の配置基準に基づき不足する保育士については臨時保育士で補充しているとの答弁がありました。


 次に、4款、1項、4目 健康増進費の健康診査経費について、肝炎ウイルス検査委託料が昨年度と比較して大幅に減額となっているが、その理由は何かとの問いに対し、平成23年度から平成27年度までは40歳から75歳までの節目年齢(8学年)に対して個人案内をしていたが、5年間で一巡したため、平成28年度以降は、新しく40歳になる者(1学年)を対象にして案内したことによるものであるとの答弁がありました。


 また、2項、2目 塵芥処理費の不燃物最終処分場管理経費について、不燃物処分場は年間処理量から換算してどれくらいの残容量で、何年耐えられるのかとの問いに対し、計画埋め立て容量が5万2,900立方メートル、平成29年4月1日現在で1万2,057立方メートル埋まっており、残容量が4万843立方メートル、年間平均埋め立て量が約1,301立方メートルなので、それをもとに計算すると、あと31.4年を想定しているとの答弁がありました。


 次に、3項、1目 環境総務費の生物多様性保存事業について、特定外来生物駆除業務の委託先と今後の実施予定はどのようかとの問いに対し、委託先はシルバー人材センターで、現在、特定外来種がふえ、駆除業務が必要であることから、今後も継続する予定であるとの答弁がありました。


 次に、5款、1項、1目 労働諸費の勤労者生活安定資金預託金及び勤労者住宅資金預託金について、貸付実績件数がゼロ件だが、政策の見直しが必要ではないかとの問いに対し、労働費のあり方自体を考えていく時期であり、現在、どのように見直していくかを検討中であるとの答弁がありました。


 次に、6款、1項、5目 家畜診療所費の畜産特産物生産規模拡大事業について、「強い畜産構造改革支援事業」とそれぞれ豚舎2棟に補助を出しているが、補助割合や上限はどのようかとの問いに対し、「畜産特産物生産規模拡大事業」は市が3分の1で上限250万円までを補助し、「強い畜産構造改革支援事業」は県が4分の1で上限1,000万円までを補助するとの答弁がありました。


 次に、7款、1項、2目 商工振興費の創業支援計画推進事業(創生)(繰越)について、新たな事業チャレンジ支援補助金の交付7件の内訳はどのようかとの問いに対し、喫茶店が2件、焼肉屋が1件、エゴマの製造が1件、移動販売が1件、介護用品のリースが1件、経営コンサルタントが1件であったとの答弁がありました。


 また、3目 窯業技術研究所費の伝統技術伝承事業について、DVDの制作枚数と配布先、活用方法はどのようかとの問いに対し、9枚制作し、配布先は今のところ瑞浪陶磁器卸商業協同組合、瑞浪陶磁器工業協同組合、ちゃわん屋みずなみ、瑞浪市陶磁資料館の4カ所で、貴重な映像なことから、今後PR等を行っていきたいと考えているとの答弁がありました。


 次に、8款、4項、1目 都市計画総務費の地域交流センター管理運営経費について、駐車場の収益はいかほどかとの問いに対し、183万3,530円であったとの答弁がありました。


 次に、9款、1項、1目 常備消防費の消防車両・救急車両等更新事業(単独)について、どこのものを更新したのかとの問いに対し、陶分署であるとの答弁がありました。


 また、3目 消防施設費の消火栓新設事業費負担金について、市内で最も古い消火栓がどこにあって、いつ設置したものかとの問いに対し、昭和44年に土岐町清水に設置したものであるとの答弁がありました。


 また、4目 防災費の地域防災活動支援事業について、本市が目標とする防災リーダーの養成人数は何名かとの問いに対し、平成35年度までに300人の養成が目標であるとの答弁がありました。


 次に、10款、3項、1目 学校管理費の中学校スクールバス運行管理経費について、業務委託以外の経費の内容はどのようかとの問いに対し、クラブバスの運行管理費用で、別の業務委託となっているとの答弁がありました。


 また、6項、1目 保健体育総務費のスポーツ教室等開催経費について、スポーツ教室はどこが企画するのかとの問いに対し、立案は担当部署で行い、スポーツ推進員の方や各連盟の協力を得て実施できるスポーツを企画しているとの答弁がありました。


 次に、認第2号 平成28年度瑞浪市後期高齢者医療事業特別会計決算の認定について、歳出の主な質疑は、3款 保険事業費の健康維持推進事業について、検診の実施人数が昨年より大きくふえている要因は何かとの問いに対し、平成27年度は受診希望者のみに受診券を送付していたが、平成28年度は全ての方に送付したことが増加の要因と考えるとの答弁がありました。


 次に、認第3号 平成28年度瑞浪市国民健康保険事業特別会計決算の認定について、主な質疑はありませんでした。


 次に、認第4号 平成28年度瑞浪市介護保険事業特別会計決算の認定について、歳出の主な質疑は、2款 分担金及び負担金の寝具乾燥消毒サービス事業負担金について、寝具布団乾燥消毒サービス事業の負担金が1,000円となっているが、本事業は今後も継続されるのかとの問いに対し、寝具乾燥車が古く廃車したが、平成29年度より新たに寝具乾燥サービスを委託しており、今後も継続するとの答弁がありました。


 次に、認第5号 平成28年度瑞浪市介護サービス事業特別会計決算の認定について、質疑はありませんでした。


 次に、認第6号 平成28年度瑞浪市駐車場事業特別会計決算の認定について、駐車場の回数券、プリペイドカードに割引はあるかとの問いに対し、回数券は100円券53枚で5,000円、110枚で1万円、プリペイドカードは、5,000円券で5,300円分、1万円券で1万1,000円分の利用ができる。割引分は利益が落ちるが、駐車場の利用促進を図っているとの答弁がありました。


 次に、認第7号 平成28年度瑞浪市水道事業会計決算の認定について、有収率が平成27年度と比較するとかなり改善されているがその要因は何かとの問いに対し、平成27年度より隔月検針に移行したことで導入時の4月分が平成27年度の有収率に含まれていないため、平成27年度の有収率が低くなっている。平成28年度が改善しているように見えるが、現状は横ばいの状況であるとの答弁がありました。


 次に、認第8号 平成28年度瑞浪市下水道事業会計決算の認定について、主な質疑はありませんでした。


 以上9議案については討論はなく、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、本委員会に付託されました予算案件1件及び認定案件8件の審査結果報告といたします。


 なお、9月8日の同委員会で、平成28年度決算に係る市議会事業評価を実施しました。


 以上、委員長報告とさせていただきます。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今の報告に対して、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言がないようですので、質疑を終結いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 これより、議第70号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第2号)について討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 本議案に対する委員長報告は可決であります。


 本議案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議第70号は、原案のとおり可決されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、認第1号 平成28年度瑞浪市一般会計決算の認定についてから、認第8号 平成28年度瑞浪市下水道事業会計決算の認定についてまでの8議案について討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 本8議案に対する委員長報告は認定であります。


 本8議案は、認定することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、認第1号から認第8号までの8議案は、原案のとおり認定されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第22、発議第1号「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」の規定に基づく補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書の提出についてを議題とします。


 ただ今、議題としました議案については、所管の常任委員会に付託してありますので、その審査の経過及び結果の報告を求めます。


 経済建設委員長 熊澤清和君。


○経済建設委員長(熊澤清和君)


 本委員会に付託されました意見書1件について、慎重に審査をしましたので、その結果をご報告いたします。


 発議第1号 「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」の規定に基づく補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書の提出について、提出議員から詳細な趣旨説明がありました。


 意見書案に対する質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 また、意見書案が本委員会で可決されましたので、意見書は正副委員長名で提出することといたしました。


 以上、本委員会に付託されました意見書1件についての審査結果報告といたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今の報告に対して、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言がないようですので、質疑を終結いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 これより発議第1号について討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 本意見書に対する委員長報告は可決であります。


 本意見書は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、発議第1号は、原案のとおり可決されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第23、発議第2号 国民健康保険制度都道府県化に関する意見書の提出についてを議題とします。


 ただ今、議題としました議案については、所管の常任委員会に付託してありますので、その審査の経過及び結果の報告を求めます。


 民生文教委員長 舘林辰郎君。


○民生文教委員長(舘林辰郎君)


 去る9月20日、午前9時から民生文教委員会を開催し、本委員会に付託されました意見書1件について、慎重に審査をしましたので、その結果をご報告いたします。


 発議第2号 国民健康保険制度都道府県化に関する意見書の提出について、提出議員から詳細な趣旨説明がありました。


 意見書案に対する質疑はありませんでした。


 意見書の提出については、委員全員が賛成ではあるが、要望事項について修正する必要があるとの意見が多く、審議の中で修正案が提出されました。


 主な討論はなく、採決の結果、全会一致で提出者を正副委員長とした修正案を可決すべきものと決しました。


 以上、本委員会に付託されました意見書1件についての審査結果報告といたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今の委員長報告にありました、発議第2号の修正案をお配りします。


 修正案の配付をお願いします。


                 〔修正案 配付〕


 ただ今、お配りしました発議第2号の修正案について、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言がないようですので、質疑を終結いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 これより発議第2号の修正案について討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 本意見書に対する委員長報告は可決であります。


 本意見書は、修正案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、発議第2号は、修正案のとおり可決されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ここで、お諮りします。


 本定例会の休会中に、委員会提出議案1件を受理いたしました。


 この際、これを日程に追加したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議事日程(第2号)を追加議題とします。


 議事日程(第2号)を配付させます。


             〔事務局職員 追加議事日程配付〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 それでは、日程第1、発議第3号 北朝鮮の弾道ミサイル発射と核実験に断固抗議する意見書の提出についてを議題とします。


 本議題について、提出委員会委員長の説明を求めます。


 議会運営委員長 熊谷隆男君。


○議会運営委員長(熊谷隆男君)


 皆さん、おはようございます。急な発議になりましたけども、今週の冒頭に2人の紹介議員を得て、議員発議ということで議会運営委員会へ提出されまして、昨日午後からと本日早朝より、2度の議会運営委員会を開催いたしました。


 標題は、北朝鮮の弾道ミサイル発射と核実験に断固抗議する意見書の提出についてということであります。


 急なこともありましたので、昨日、議会運営委員会では委員会付託を省略させていただき、本日、委員会の提案発議ということで報告させていただきます。


 まだ、配付したところで頭に入っていないということでありますので、朗読させていただきますので、よろしくお願いいたします。


 意見書の部分だけ申し上げますので、よろしくお願いいたします。


 北朝鮮の弾道ミサイル発射と核実験に断固抗議する意見書。


 去る9月3日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、国際社会の度重なる制裁にもかかわらず、爆発規模が広島、長崎を上回り過去最大となる通算6回目の核実験を実施した。また、大陸間弾道ミサイル搭載用の水素爆弾の実験に成功したと発表した。


 9月15日には、8月29日に引き続き、北朝鮮西岸より発射された弾道ミサイルが、北海道上空を通過し、襟裳岬沖の太平洋上に落下したとの報に接した。


 北朝鮮の国連決議に違反する度重なる暴挙は、我が国を初め、アジア・太平洋地域の平和と安全を脅かすものであり、国際社会全体に極めて深刻な危機を及ぼし、重大な不安を与える行為は断じて許すことはできない。


 よって、本市議会は、世界の人々との友好をさらに強め、すべての国のあらゆる核兵器が速やかに廃絶され、一日も早い恒久平和が確立されることを強く願い、北朝鮮が一切の核実験及び核開発を中止し、直ちにすべての核兵器及び核計画を放棄することを強く求めるとともに断固抗議する。


 また、政府においては、我が国の平和と安全の確保、国民の安全安心に万全を期し、引き続き国際社会と連携・協力のもと、北朝鮮に対して核兵器の完全放棄、弾道ミサイル開発の中止など、毅然とした措置を講じるよう強く要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。


 ということであります。


 提出先は以下のとおりでございますので、よろしくお願いいたします。


 ご審議のほど、お願いいたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 本意見書について、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言がないようですので、質疑を終結いたします。


 お諮りします。


 ただ今、議題となっております発議第3号については、委員会付託を省略したと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、発議第3号は、委員会付託を省略することに決定しました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 発議第3号については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、発議第3号は、原案のとおり可決されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 以上で、本定例会に提出されました全ての議案の審議は終了いたしました。


 ここで、市長から挨拶の申し出がありましたので、これを許可いたします。


 市長 水野光二君。


○市長(水野光二君)


 皆さん、おはようございます。


 ただ今は、平成29年第4回市議会定例会に上程させていただきました全ての議案に対しまして、慎重審議を賜り可決認定をいただきましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げたいと思います。


 それこそ、7月の台風災害、そして、8月には豪雨災害ということで、市内各地に大きな被害が出て、大変暗いニュースばかりであったわけでございますけども、昨日、皆様も新聞でご覧になっていただきましたように、ソニーの跡地に、「株式会社アイシン・エイ・ダブリュ」という世界のトップメーカーでありますトランスミッションの会社がソニーさんと正式契約を結ばれたという、大変久々に明るいニュースに接して、本当によかったなというふうに思っておるところでございます。


 これもひとえに市議会の皆様方、議員の皆様方のご指導、ご理解のたまものかなというふうに思っているところでございます。


 これからも、我々執行部と市議会とがしっかり連携をとる中、市政運営に携わっていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


 本日はまことにありがとうございました。


○議長(石川文俊君)


 ありがとうございました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 これで、本日の日程は全て終了いたしました。


 会議を閉じます。


 平成29年第4回瑞浪市議会定例会を閉会いたします。


 ご協力ありがとうございました。


                                  午前9時47分 閉会





   地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。











議     長     石 川 文 俊











署 名 議 員     樋 田 翔 太











署 名 議 員     小 川 祐 輝