議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 瑞浪市

平成29年第3回定例会(第1号 5月31日)




平成29年第3回定例会(第1号 5月31日)





平成29年5月31日


第3回瑞浪市議会定例会会議録(第1号)








 
議 事 日 程 (第1号)


平成29年5月31日(水曜日)午前9時 開議


 日程第1 諸般の報告


         1 例月現金出納検査結果の報告


         2 提出議案の受理報告


         3 説明員の報告


         4 報第9号 平成28年度瑞浪市一般会計繰越明許費繰越計算書の報


                告について


         5 報第10号 平成28年度瑞浪市駐車場事業特別会計繰越明許費繰越


                計算書の報告について


         6 報第11号 平成28年度瑞浪市下水道事業会計予算繰越の報告につ


                いて


         7 報第12号 出資法人の経営状況説明書の提出について


 日程第2 会議録署名議員の指名


 日程第3 会期の決定


 日程第4 議第 38号 財産の取得について


 日程第5 議第 39号 瑞浪市農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準


            ずる者の割合を4分の1以上とすることにつき同意を求めるこ


            とについて


 日程第6 議第 40号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第1号)


 日程第7 請願第1号 組織犯罪処罰法の改正法案(共謀罪)を創設しないよう求める


            請願書


  ================================================================


本日の会議に付した事件


 第1 諸般の報告


       1 例月現金出納検査結果の報告


       2 提出議案の受理報告


       3 説明員の報告


       4 報第9号 平成28年度瑞浪市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告に


              ついて


       5 報第10号 平成28年度瑞浪市駐車場事業特別会計繰越明許費繰越計算


              書の報告について


       6 報第11号 平成28年度瑞浪市下水道事業会計予算繰越の報告について


       7 報第12号 出資法人の経営状況説明書の提出について


 第2 会議録署名議員の指名


 第3 会期の決定


 第4 議第 38号 財産の取得について


 第5 議第 39号 瑞浪市農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ずる


          者の割合を4分の1以上とすることにつき同意を求めることについ


          て


 第6 議第 40号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第1号)


 第7 請願第1号 組織犯罪処罰法の改正法案(共謀罪)を創設しないよう求める請願


          書


  ================================================================


出席議員(15名)


       1番  樋 田 翔 太          2番  小 川 祐 輝


       3番  渡 邉 康 弘          4番  大久保 京 子


       5番  小木曽 光佐子          6番  成 瀬 徳 夫


       7番  榛 葉 利 広          8番  熊 谷 隆 男


       9番  石 川 文 俊          10番  加 藤 輔 之


       11番  大 島 正 弘          13番  熊 澤 清 和


       14番  舘 林 辰 郎          15番  柴 田 増 三


       16番  成 重 隆 志


  ================================================================


欠席議員(なし)


  ================================================================


欠員(1名)


  ================================================================


説明のため出席した者の職、氏名


市長            水 野 光 二     副市長         勝   康 弘


理事            石 田 智 久     総務部長        正 村 和 英


総務部次長         伊 藤 和 久     まちづくり推進部長   加 藤 誠 二


民生部長          宮 本 朗 光     民生部次長       南 波   昇


経済部長          鈴 木 創 造     経済部次長       小 栗 英 雄


建設部長          金 森   悟     会計管理者       日比野 茂 雄


消防長           小 倉 秀 亀     総務課長        正 木 英 二


秘書課長          近 藤 正 史     教育委員会事務局長   奥 村 勝 彦


教育委員会事務局次長    工 藤 仁 士     企画政策課長      梅 村 修 司


市民課長          小木曽 松 枝     市民協働課長      兼 松 美 昭


生活安全課長        三 浦 正二郎     高齢福祉課長      藤 本 敏 子


保険年金課長        林   恵 治     健康づくり課長     成 瀬 良 美


農林課長          景 山 博 之     農林課主幹       水 野 義 康


商工課長          小木曽 昌 弘     窯業技術研究所長    加 藤 正 夫


クリーンセンター所長    小 川 恭 司     土木課長        市 原   憲


都市計画課長        渡 辺 芳 夫     上下水道課長      山 内 雅 彦


浄化センター所長      市 川 靖 則     教育総務課長      酒 井 浩 二


社会教育課長        工 藤 将 哉     スポーツ文化課長    工 藤 嘉 高


選挙管理委員会書記長補佐  大 山 雅 喜     消防総務課長      足 立 博 隆


警防課長          鵜 飼 豊 輝     予防課長        足 立 憲 二


消防署長          大 津 英 夫


  ================================================================


職務のため出席した事務局職員


議会事務局長  北 山 卓 見     事務局総務課長  加 藤 百合子


書    記  和 田 光 浩     書     記  加 藤 千 佳


  ================================================================





                                   午前9時00分 開議


○議長(石川文俊君)


 おはようございます。


 今月9日に第2回臨時会を開いておりますので、今回は第3回ということになるわけなんですが、6月議会は例年、案件も少ないんですが、今回は特に少なくて、今のところ3案件ということで、開催されない常任委員会もあるようなんですが、かと言って気を抜くことなく、しっかりとした慎重審議をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。


 それでは、ただ今から平成29年第3回瑞浪市議会定例会を開会いたします。


 これより、本日の会議を開きます。


 ここで、市長の挨拶をお願いいたします。


 市長 水野光二君。


○市長(水野光二君)


 おはようございます。


 本日は、平成29年第3回瑞浪市議会定例会を開催いたしましたところ、議員の皆さんにおかれましては全員ご出席を賜りまして、まことにありがとうございます。


 先日の日曜に、私どもが災害協定を結んでおります朝霞市さんが市制50周年ということでお招きいただきましたので、行ってまいりました。瑞浪市の60周年のときにも、朝霞市の市長に来ていただきまして、花を添えていただいたわけですけど、私も行かせていただきました。


 人口が13万人ほどの大変大きな町で、財政状況もすばらしい市政運営をしてみえる朝霞市さんなんですけども、本当に式典も粛々と、派手さもない中でもしっかりした式典らしい式典を行われまして、やっぱりすごいんですが、知事まで出席されまして、祝辞を言われました。知事は、祝典の祝辞なのにオリンピックの愚痴ばっかり言われまして、ああ、なかなか生々しい話が聞けたなと思ってうれしかったわけですけど、今朝もNHKのニュースを見てましたら、上田知事が出てみえまして、「とんでもない。負担金は出さない」と力説してみえましたけども、そんな話を直接知事から聞くこともできて、大変いい式典だったなというふうに思っております。


 うちは60周年、向こうは50周年ということでございますけど、これからも「よさこい」という大きな共通点もございますし、加藤孝造先生もお互い共通点がございますので、今後ともしっかり連携をとっていきたいな。我々、執行部もそうですけど、議員にもとっていただいておりますし、また、民間の皆さんにも連携をとっていただいて、必ずいざという大きな災害が発生する可能性があるわけでございますので、そのときに備えて、更にお互いパイプを太くしていきたいなと思いました。


 1つうれしいことは、約800人のお客さんに対して、50周年の記念品をお配りになったわけですけど、その記念品に「みずなみ焼」を採用していただきまして、袋の中にみずなみ焼のセットがどんと入って、あと、紅白の小さなまんじゅうがちょこっとということで、ほぼみずなみ焼を記念品にしていただいたということで、これはよかったな。やっぱりお互いに連携をとってくれてるなという感じがいたしましたけども、大変本当にすばらしい式典でありました。


 今後ともぜひ、議員の皆さんにおかれましても、朝霞市議会との連携も深めていっていただきたいなと思いましたので、よろしくお願いします。


 そして、昨日から瑞浪恵那道路の、それぞれ関連地域の説明会を開かせていただいております。国土交通省に開いていただいておるわけですけど、10人余りの多くの議員にもご出席いただいて、国土交通省の説明を聞いていただいたということでございます。


 どちらにしましても、これからが本番でございますので、やっぱり用地交渉を地域の皆さんにご理解をいただきながら、やれるかやれないか、これに手間取りますと事業もやはりずれていくということになりますので、どうか議員の皆さんにおかれましてもご理解をいただきまして、地域の皆さんとのパイプ役になっていただけるとありがたいなというふうに思っております。


 何と言いましてもまだ1期工事でございますので、恵那までの2期工事が控えておるわけでございますから、この1期部分であります鶴城から武並までが順調に行きませんと、2期工事の要望もしづらいということもございますので、まずは1期工事の工事着手をするタイミングで、2期工事の結論も出していただけるのではないか、事業化も国土交通省で決定していただけるんではないかと、そんな思いもありますので、引き続き議会、そして、経済界とともに国土交通省に要望活動を続けて、全線開通を目指して頑張っていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


 本日の第3回定例会に上程させていただきます議案は、その他の案件が2件、予算案件が1件、合計3件でございます。


 慎重審議を賜りまして、ご議決をいただきますことをお願い申し上げ、私の開会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。


 お世話になりますけれども、よろしくお願いします。


○議長(石川文俊君)


 ありがとうございました。


 本日の日程につきましては、お手元に配付してあります議事日程のとおりでございます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 日程第1、諸般の報告を行います。


 1、例月現金出納検査結果の報告、2、提出議案の受理報告、3、説明員の報告、4、報第9号 平成28年度瑞浪市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから、7、報第12号 出資法人の経営状況説明書の提出についてまでは、お手元に配付してあります報告のとおりでございます。


 以上で、諸般の報告を終わります。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、議長において16番 成重隆志君と、1番 樋田翔太君の2名を指名いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第3、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から6月27日までの28日間にしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、本定例会の会期は、本日から6月27日までの28日間に決定しました。


 なお、会期中の会議等につきましては、お手元に配付してあります会期日程表に基づいて開催しますので、よろしくお願いします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第4、議第38号 財産の取得についてを議題といたします。


 本議案につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 総務部長 正村和英君。


○総務部長(正村和英君)


 おはようございます。それでは、議第38号 財産の取得についてご説明いたします。


 議案集の1ページ、議案資料の1ページをお願いいたします。


 議第38号 財産の取得については、瑞浪地区の公園区自治会が所有する公園区民会館を取得したいので、瑞浪市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。


 取得する財産は、市役所旧庁舎の建物の一部分でありますが、公園区自治会が区分所有する公園区民会館です。取得の目的は、旧庁舎の建物全体を取り壊し、跡地の再整備を行うためのものでございます。


 取得する財産の所在地は、瑞浪市寺河戸町1043番地の19、取得する財産の面積は1階、2階の合計で190.99平方メートル、取得金額は3,754万1,993円で、取得の相手方は公園区自治会、代表者 小栗和男氏でございます。


 以上、説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第5、議第39号 瑞浪市農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ずる者の割合を4分の1以上とすることにつき同意を求めることについてを議題といたします。


 本議案につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 経済部長 鈴木創造君。


○経済部長(鈴木創造君)


 それでは、議第39号 瑞浪市農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ずる者の割合を4分の1以上とすることにつき同意を求めることについてご説明申し上げます。


 議案集2ページをお願いします。


 農業委員会の委員については、農業委員会等に関する法律第8条第5項において、「認定農業者等が委員の過半数を占めるようにしなければならない」と規定されております。しかしながら、同項ただし書きにおいて、「認定農業者が少ない場合などはこの限りでない」とされており、農業委員会等に関する法律施行規則においてその内容が定められております。


 まず、法施行規則第2条第1号の規定においては、「区域内の認定農業者の数が委員定数の8倍を下回る場合は、議会の同意を得て、委員の過半数を認定農業者等及び認定農業者に準ずる者に拡大すること」も認められております。


 この条件も満たせない場合は、同法施行規則第2条第2号の規定で、「議会の同意を得て委員の4分の1以上を認定農業者等又はこれらに準ずる者とすることができる」とされております。


 本市の場合、認定農業者等とされる方は23人で、委員定数14人の8倍である112人を下回っております。また、認定農業者に準ずる者は12人で、これを認定農業者等に加えても35人であり、大変数であります。このため、委員の任命に著しい困難を生じると思われますので、法施行規則第2条第2号の規定を適用し、委員に占める認定農業者等又はこれに準ずる者の割合を4分の1以上にすることにつき議会の同意を求めるものでございます。


 以上、議第39号の説明とさせていただきます。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今の説明に対して、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段ないようですので、質疑を終結いたします。


 ただ今、議題となっております議第39号については、お手元に配付してあります審査付託表のとおり、所管の常任委員会へ付託いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ここで、暫時休憩をいたします。


 休憩中に経済建設委員会を開催いたしますので、委員の方は第1委員会室にお集まりください。


 なお、休憩時間はブザーが鳴るまでとしますので、よろしくお願いします。


                                  午前9時46分 休憩


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                                  午前10時20分 再開


○議長(石川文俊君)


 休憩前に引き続き、会議を開きます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ただ今、議題となっております議第39号につきましては、所管の常任委員会に付託してありますので、その審査の経過及び結果の報告を求めます。


 経済建設委員長 熊澤清和君。


○経済建設委員長(熊澤清和君)


 それでは、本委員会に付託されましたその他の案件1件について、慎重に審査をしましたので、その結果をご報告いたします。


 議第39号 瑞浪市農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ずる者の割合を4分の1以上とすることにつき同意を求めることについて、主な質疑では、認定農業者の現状はどのようかとの問いに対し、市内の認定農業者は現在23名であるとの答弁がありました。


 また、農業委員になれる資格要件はどのようかとの問いに対し、欠格要件の説明がありました。


 また、農業委員の公募に対し認定農業者の占める数はどのようかとの問いに対し、定数14名の公募に対し、認定農業者の応募は4名であったとの答弁がありました。


 本議案については、賛成討論があり、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、本委員会に付託されましたその他の案件1件の審査結果報告といたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今の報告に対して、質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言がないようですので、質疑を終結いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 これより、議第39号瑞浪市農業委員会の委員に占める認定農業者等又はこれらに準ずる者の割合を4分の1以上とすることにつき同意を求めることについて討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 議第39号に対する委員長報告は可決であります。


 本議案は、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議第39号は原案のとおり同意することに決しました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第6、議第40号 平成29年度瑞浪市一般会計補正予算(第1号)を議題とします。


 本議案につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 総務部長 正村和英君。


○総務部長(正村和英君)


 それでは、議第40号 平成29年度一般会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明させていただきます。


 議案集の3ページをお願いいたします。


 初めに、第1条は歳入歳出予算の補正で、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ5,070万円を追加し、予算総額を159億3,760万円とするものでございます。


 第2項の第1表、歳入歳出予算補正は、4ページのとおりで、別冊の平成29年度補正予算説明書で詳細に説明させていただきます。


 第2条は、債務負担行為の追加で、5ページの第2表のとおり、道の駅整備事業について期間、限度額を定めるものです。


 それでは、別冊の平成29年度瑞浪市補正予算説明書の3ページをお願いいたします。


 歳入です。18款、1項 基金繰入金5,070万円を、今回の補正に必要な財源として計上いたしました。


 4ページをお願いいたします。


 歳出でございます。3款 民生費、1項 社会福祉費1,900万円の増額は、障害者団体貸与施設修繕事業にかかるもので、10款 教育費の陶公民館体育室と同一の建物でございますが、老朽化した屋根及び外壁等の改修工事を行う者でございます。歳出予算は目的別に予算を計上いたしますので、1つの建物でございますが、それぞれの科目に分けて計上しております。よろしくお願いいたします。


 続きまして、8款 土木費、4項 都市計画費1,770万円の増額は、道の駅整備事業で、国道19号瑞浪恵那道路に整備を目指します道の駅にかかる基本構想の検討を行うための業務委託費などでございます。


 10款 教育費、5項 社会教育費1,400万円の増額は、陶公民館体育室修繕事業で、先ほどの民生費と同一の建物に係るものでございます。


 5ページの債務負担行為補正は、道の駅整備事業について、基本構想の検討を平成30年度までの2年間で行う予定のため、期間は平成30年度、限度額2,270万円を設定するものでございます。


 以上、一般会計補正予算(第1号)の説明といたします。よろしくお願いいたします。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


 ただ今、議題となっております議第40号については、お手元に配付してあります審査付託表のとおり、予算決算委員会へ付託いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第7、請願第1号 組織犯罪処罰法の改正法案(共謀罪)を創設しないよう求める請願書を議題といたします。


 本請願について、紹介議員の補足説明を求めます。


 14番 舘林辰郎君。


○14番(舘林辰郎君)


 おはようございます。それでは、請願第1号について、提案理由の補足説明をしたいと思います。


 本請願については、文書でお配りしましたけども、文面については朗読をしていただきたいと思っています。


 請願者は、瑞浪市山田町712番地の1、岩島孝之さんであります。そして、大島議員と、私、舘林辰郎が紹介議員となりました。よろしく審議をお願いいたします。


 本請願は、題名のように、組織犯罪処罰法の改正案に対する請願で、この改正案が創設しないように求めて、この本市議会の意見書を関係機関、いわゆる国会や大臣宛てに出してほしいという趣旨の請願であります。


 少し内容について説明したいと思っています。


 この法律の題名は、今申し上げたとおりですけども、一般的には「テロ等組織犯罪準備罪」という名ですけども、現在、マスコミなどでは「共謀罪」と言っています。この共謀罪というのは、悪名高い法律だということで、今、問題になっています。


 ご承知のように、既に今月の23日に衆議院で法案の採決が通って、そして、参議院で法案の審議が始まりました。こういう過程を持っていますけども、この請願が述べているように、この法律の内容に、今後の日本社会に大きな影響が出てくる。法案成立事態も問題でありますが、これからの日本がどういう社会になっていくかということについて、日本の憲法は国民の内心、いわゆる自由ですね。これをしっかりと国家権力から守っています。国家権力から守れない時代がありました。あの第二次世界大戦は、国民の権利を国家権力から守らずに、あのような悲惨な状態を起こして、今日もその後遺症が引き続いています。


 そこで、今回、国民の内心、いわゆる思うことやとか、考えること、ここに国家権力が介入してもいいですよということを認めるということで、これは大変なことであります。権力が個人の自由に介入したら、どういうことになるか。まさに独裁国家、それ以上の争いになると思っています。それを罰するのが共謀罪というものでありますけども、法律の審議の上では、テロ等準備罪となって、東京オリンピックをやるために必要だとか、あるいは、世界のテロ対策に条約ができて、それで必要だということ言っていますけども、世界のテロ対策は、マフィアなどをどう取り締まるかというようなことで行われています。日本国内ではこのマフィアを取り締まる法律は既に幾つも準備されて、万全な対策がされて、だから今度、オリンピックにかこつけてこのテロ対策ということが叫ばれています。


 こういう現在の状況の中で、今、国民世論の中には、この共謀罪に対する反対の意見が巻き起こって、その反対運動も大きくなっています。既に国会審議の中では、過去3回もこの法案が廃案になったという、悪名高い、傷だらけの法案であります。


 さて、これは何を、どんな罰を処罰するかという問題でありますけども、共謀罪は事件が起きて実行されたことを罰するのではなく、未遂罪、予備罪でそれぞれ罰していく、取り締まっていくという内容になって、いわゆる人が事件を起こそうかなと考えたり、あの判を使おうかなと思うだけで、使った行為以前に取り締まれるという、そういうひどいものであって、かつて、このことはそういう世の中はだめだということで憲法が禁止したことであります。


 議論を見ていますと、この捜査は一般人は対象でないと言っていますが、それなら誰が対象になるかというと、答弁では、いわゆる権力に逆らう者、権力の行為に疑惑を持つ者と言われますけども、そういう人は一般人でないということを言っているわけです。言ってみれば、そういう考えを持つ人は認めないよと。一般人ではない。だから、一般人はならんと言っていますけども、いろんな人がこの対象になると思います。


 例えば、凡例、審議の内容の欄を見ると、花見やキノコ狩りに行こうと思った、桜の下を通った、それだけで調べる権利が権力についてしまうという、大変これは恐ろしいことではないでしょうか。どこかの山へ入って、人のマツタケをとった時点で罰せられるわけですけども、とろうと思ったということで罰せられるという、そこで取り締まられるというひどいものだと思っています。


 日本をこういう社会にしてはならないということを、多くの人が思っていると思っています。


 例えば、職員が公印を偽造して使ったということやなしに、しようと思ったと。課長が気に入らないので、勝手にこの判をつこうと思っただけで取り調べられるということですから、大変であります。


 人身売買をしようと思っただけで、やらなくたって、おまえはどうも最近行動が、人身売買をするような考えを持ったそぶりをしとるなということで、取り締まれるというわけですから、非常に大変なことです。


 一方、この法律は277という罰則をつくろうとしていますが、ここに予備罪と準備罪が入ってくるわけですけども、都合のええことに、ここに入らない項目があります。例えば、公職選挙法は入りません。安心して選挙に出られると思っています。政治資金規正法も入りません。汚い金を使って政治をやろうが、そういう考え方を持とうが、何も罰せられないと。それから、もう一つは政党助成金。各政党が国民の税金を配分する政党助成金の違法をしたって、したら罰せられますけども、思うことについては、あなたの考え方は自由ですよということですので、大変な法律だと思っています。


 そのような問題が、私はあるということで、この請願に対する紹介議員となりました。


 しっかり議論をしていただいて、これからの我々の社会のために、この請願の審議を採択していただきたいと思っています。


 以上をもって、提案理由にかえます。


○議長(石川文俊君)


 ご苦労様でした。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 以上で、本日の日程は全て終了しました。


 お諮りします。


 明日6月1日から6月13日までの13日間は、本会議を休会にしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、明日6月1日から6月13日までの13日間は、本会議を休会といたします。


 なお、市政一般質問の通告は、6月1日午後3時までに、報告に対する質疑、議案質疑の通告は、6月2日午後3時までにお願いいたします。


 また、6月14日午前9時から本会議を再開しますので、定刻までにご参集願います。


 本日は、これをもちまして散会といたします。


 ご苦労様でした。


                                  午前10時20分 散会





   地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。











議     長     石 川 文 俊











署 名 議 員     成 重 隆 志











署 名 議 員     樋 田 翔 太