議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 瑞浪市

平成29年第1回定例会(第1号 2月23日)




平成29年第1回定例会(第1号 2月23日)





平成29年2月23日


第1回瑞浪市議会定例会会議録(第1号)








 
議 事 日 程 (第1号)


平成29年2月23日(木曜日)午前9時 開議


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 仮議長の選任


  ================================================================


議 事 日 程 (第2号)


 日程第1 議長の辞職許可


 日程第2 議長の選挙


  ================================================================


議 事 日 程 (第3号)


 日程第1 副議長の辞職許可


 日程第2 副議長の選挙


 日程第3 リニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員の辞任許可


      議会改革特別委員の辞任許可


 日程第4 議会運営委員の選任


  ================================================================


議 事 日 程 (第4号)


 日程第1 常任委員の選任


 日程第2 特別委員の選任


 日程第3 東濃西部広域行政事務組合議会議員の選出


 日程第4 東濃農業共済事務組合議会議員の選挙


  ================================================================


議 事 日 程 (第5号)


 日程第1 議第1号 瑞浪市監査委員の選任につき同意を求めることについて


  ================================================================


 本日の会議に付した事件


 第1 会議録署名議員の指名


 第2 会期の決定


 第3 仮議長の選任


 第4 議長の辞職許可


 第5 議長の選挙


 第6 副議長の辞職許可


 第7 副議長の選挙


 第8 リニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員の辞任許可


    議会改革特別委員の辞任許可


 第9 議会運営委員の選任


 第10 常任委員の選任


 第11 特別委員の選任


 第12 東濃西部広域行政事務組合議会議員の選出


 第13 東濃農業共済事務組合議会議員の選挙


 第14 議第1号 瑞浪市監査委員の選任につき同意を求めることについて


  ================================================================


出席議員(14名)


       1番  樋 田 翔 太          2番  小 川 祐 輝


       3番  渡 邉 康 弘          4番  大久保 京 子


       5番  小木曽 光佐子          6番  成 瀬 徳 夫


       7番  榛 葉 利 広          8番  熊 谷 隆 男


       9番  石 川 文 俊          10番  加 藤 輔 之


       13番  熊 澤 清 和          14番  舘 林 辰 郎


       15番  柴 田 増 三          16番  成 重 隆 志


  ================================================================


欠席議員(1名)


       11番  大 島 正 弘


  ================================================================


欠員(1名)


  ================================================================


説明のため出席した者の職、氏名


市長            水 野 光 二     副市長         勝   康 弘


総務部長          正 村 和 英     まちづくり推進部長   加 藤 誠 二


民生部長          宮 本 朗 光     民生部次長       正 村 京 司


経済部長          成 瀬   篤     経済部次長       小 栗 英 雄


建設部長          石 田 智 久     建設部次長       金 森   悟


会計管理者         渡 邉 俊 美     消防長         小 倉 秀 亀


総務課長          鈴 木 創 造     秘書課長        正 木 英 二


教育長           平 林 道 博     教育委員会事務局長   伊 藤 正 徳


教育委員会事務局次長    藤 井 雅 明     企画政策課長      梅 村 修 司


税務課長          伊 藤 和 久     市民課長        小木曽 松 枝


市民協働課長        兼 松 美 昭     生活安全課長      日比野 茂 雄


高齢福祉課長        南 波   昇     保険年金課長      林   恵 治


健康づくり課長       成 瀬 良 美     農林課長        景 山 博 之


商工課長          小木曽 昌 弘     窯業技術研究所長    加 藤 正 夫


クリーンセンター所長    小 川 恭 司     土木課長        市 原   憲


都市計画課長        渡 辺 芳 夫     上下水道課長      山 内 雅 彦


浄化センター所長      市 川 靖 則     会計室長        平 野 和 彦


教育総務課長        酒 井 浩 二     社会教育課長      柴 田   宏


スポーツ文化課長      工 藤 嘉 高     選挙管理委員会書記長補佐


                                      大 山 雅 喜


消防総務課長        足 立 博 隆     警防課長        足 立 憲 二


予防課長          鵜 飼 豊 輝     消防署長        大 津 英 夫


  ================================================================


職務のため出席した事務局職員


議会事務局長  北 山 卓 見     事務局総務課長  奥 村 勝 彦


書    記  加 藤 百合子     書     記  加 藤 千 佳


  ================================================================





                                   午前9時00分 開会


○議長(熊谷隆男君)


 皆さん、おはようございます。


 平成29年第1回定例会であります。この定例会は、一つの事の終わりと、これから始まる出発の定例会でもあります。


 今日は役員を決める、役割を決める一日となります。はつらつと元気な議会を目指すためにも、大事な一日でありますし、皆さんのこれからの活躍を占う場でもありますので、真摯な気持ちで取り組んでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


 本日の会議に、大島副議長がけがの療養のため、欠席です。


 また、報道機関から写真撮影の申し出がありましたので、これを許可します。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(熊谷隆男君)


 ただ今から、平成29年第1回瑞浪市議会定例会を開会いたします。


 これより、本日の会議を開きます。


 ここで、市長の挨拶をお願いいたします。


 市長 水野光二君。


○市長(水野光二君)


 皆さん、おはようございます。


 本日は平成29年第1回瑞浪市議会定例会を開会いたしましたところ、議員の皆さんにおかれましては、残念ながら大島議員は欠席ということでございますけども、ご出席を賜りましてまことにありがとうございます。


 ただ今、議長のご挨拶の中にもございましたように、議員の皆様におかれましては、平成29年、今日は元旦ということではないのかなと思います。


 まずは平成28年に活躍していただきましたそれぞれの役員の皆様には、心から感謝を申し上げたいと思います。


 そして、今日は平成29年をリードしていただきます役員の皆さんの大切な選挙ということでございますので、我々執行部といたしましても、どういう方々が役員につかれるのか、大変期待をさせていただいておりますので、よろしくお願いしたいと思います。


 今朝の中日新聞とか、各紙を見られたと思うんですけども、大変すばらしい情報が載っておりましたのでご紹介させていただきたいと思いますけど、「魅力の発信のチャンス」という題材で、2018年、来年の朝ドラの舞台は、東濃地域と東京だそうですけど、最近、朝ドラはどちらかというと地方と東京が舞台というような感じの設定になっていますけども、ついに東濃地域がその舞台に選定されたということで、これからロケ地とか、どのような撮影がどこでされるのか、そんなこともこれから検討されるそうですけど、クランクインは今年の秋に予定されまして、東濃地域で撮影されるというふうに書いてありますけれども、タイミング的にはリニア中央新幹線の工事が始まろうとしておりますし、日本はもとより、世界に発信するいいチャンスではないのかなというふうに思いますので、期待をさせていただきたいと思います。


 ひょっとしたらエキストラかそういうことで出演される方もいるかもしれませんので、期待をしたいなと思うわけでございます。


 このような形で、これからこの東濃地域を、リニア開通まで10年あるわけでございますけど、しっかりと地域の活性化、そして、経済産業の振興にリニア中央新幹線のこの大きな事業が寄与するように、我々もしっかり準備をしなくちゃいけない10年間ではないかなと思います。


 新年度予算におきましても、そのようなことも視野に入れながら予算編成もさせていただいておりますので、どうか慎重審議をいただきまして、上程させていただきます全ての議案に対しましてご議決を賜りますことをお願い申し上げ、私の挨拶といたします。


 よろしくお願いいたします。


○議長(熊谷隆男君)


 ありがとうございました。


 本日の日程は、お手元に配布してあります議事日程のとおりでございます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(熊谷隆男君)


 それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本日の会議録署名議員は、議長において、10番 加藤輔之君と、13番 熊澤清和君の2名を指名いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(熊谷隆男君)


 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 本定例会の会期は、本日から3月22日までの28日間としたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、本定例会の会期は28日間と決しました。


 なお、会期中の会議等につきましては、お手元に配付してあります会期日程表に基づいて開催いたしますので、よろしくお願いいたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(熊谷隆男君)


 次に、日程第3、仮議長の選任を議題といたします。


 大島副議長より、本日の会議に欠席届が出されていますので、地方自治法第106条第3項の規定により、仮議長の選任を議長に委任願いたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 よって、仮議長の選任を議長に委任することに決定しました。


 それでは、本日の仮議長に、14番 舘林辰郎君を指名いたします。


 ここで、暫時休憩とします。


                                  午前9時04分 休憩


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                                  午前9時08分 再開


○仮議長(舘林辰郎君)


 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○仮議長(舘林辰郎君)


 ただ今、ご指名いただきましたので、これからの議事進行については、仮議長として進行していきますので、よろしくご協力のほどお願いいたします。


 休憩中に、熊谷隆男君から議長の辞職願が提出されました。


 議長が、地方自治法第117条の規定により退席していますので、仮議長の私が議長の職務をとらせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○仮議長(舘林辰郎君)


 お諮りいたします。


 この際、議長の辞職許可及び議長の選挙を日程に追加したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議事日程(第2号)を日程に追加いたします。


 議事日程(第2号)を配付させます。


             〔事務局職員 追加議事日程配付〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○仮議長(舘林辰郎君)


 議事日程(第2号)、日程第1、議長の辞職許可を議題といたします。


 辞職願を朗読させます。


 議会事務局総務課長 奥村勝彦君。


○議会事務局総務課長(奥村勝彦君)


 平成29年2月23日


 瑞浪市議会仮議長様


 瑞浪市議会議長 熊谷隆男


 辞職願


 今般、一身上の都合により、議長の職を辞したいので、地方自治法第108条の規定により許可くださるようお願いします。


○仮議長(舘林辰郎君)


 お諮りします。


 熊谷隆男君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、熊谷隆男君の議長の辞職を許可することに決しました。


 熊谷隆男君の着席を求めます。


               〔熊谷隆男議員 着席〕


○仮議長(舘林辰郎君)


 ここで、熊谷隆男君から、議長辞職にあたっての挨拶があります。


 8番 熊谷隆男君。


○8番(熊谷隆男君)


 改めまして、議長辞職の言葉を申し述べたいと思います。


 初めに、議員の皆様、そしてまた、水野市長を初め執行部の皆様方、この一年のご支援、また、ご協力をいただきましたことを心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


 一昨年から、通算しますと2年間、議長職を務めたわけでありますけども、昨年の一年間の辞任の言葉の折に、議会改革を進めて、いろんな諮問を皆様方にお願いして、道半ばであるけども、随分進んだんですよという話をお礼のお言葉の中に述べさせていただいたということを記憶しております。


 そして、この一年、いろんな改革というよりも、前進が見られたと。自負するわけでもなく、また、皆様のご協力があってなされたことでありますので、皆さんも胸を張っていただいたら結構かと思いますけども、市民の政策提案を受け入れる形、それから、予算決算を常任委員会化したということ、なおかつ、議員から出された一般質問の確認ができるということであったりとか、いろんなことの新しい形ができてきたなという思いであります。


 しかしながら、できた中に魂を込めないと、全く形ばかりのものになってしまいます。これからはその中身を充実すること、それこそが真の議会改革につながるんだろうというふうに思います。


 全く私の私見でありますけども、この一年、二年、務めさせていただいて、議員ということの意味、立場というものを考えますと、議員は市民の皆様の付託に応じて市民の声を伝えるということも大きな役割でありますけども、議員各位が自分の意志を持つ、自分の意見を持つ、自分の思いを伝える、言葉にする。そのことが非常に大切なんだなということを思います。


 正しいのか、否なのかということの決断だけではなくて、それは、正しいことの理論構成が自分でできないと、何かに流されたり、何か思いと違うところへ進んでしまったりする。やはり自分の資質を高めるためにも、議員各位が努力をしなければいけない。これは私自身に思うところの反省でもあるわけでありますけども、自覚と責任を痛感して、日々の議員活動を行っていくと。その決意をあらわすのに、この第1回定例会は場所として全くふさわしいところではないかなというふうに思います。


 口はばったい言葉となりましたけども、今日から一議員となりまして、また心新たに進める思いでありますので、皆様のご協力、ご指導をよろしくお願いしたいと思います。


 この一年間、まことにありがとうございました。お礼の言葉とさせていただきます。


 終わります。(拍手)


○仮議長(舘林辰郎君)


 ありがとうございました。


 瑞浪市議会のため、また、瑞浪市政発展のため大変なご尽力を賜りまして、まことにご苦労様でございました。


 改めてお礼申し上げます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○仮議長(舘林辰郎君)


 次に、日程第2、議長の選挙を行います。


 ここで、暫時休憩とします。


                                  午前9時17分 休憩


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                                  午前9時40分 再開


○仮議長(舘林辰郎君)


 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○仮議長(舘林辰郎君)


 議長の選挙は、投票で行います。


 議場の出入り口を閉鎖いたします。


                〔議場出入り口閉鎖〕


 ただ今の出席議員は、欠席1名、欠員1名のため、14名であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 議会規則第31条第2項の規定により、立会人に15番 柴田増三君と16番 成重隆志君の2名を指名いたします。


 投票用紙を配付させます。


                 〔投票用紙配付〕


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。


                 〔投票箱の点検〕


 異常なしと認めます。


 念のために申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に、被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 なお、白票は無効といたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○仮議長(舘林辰郎君)


 ただ今から投票を行います。


 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。


 点呼を命じます。


 議会事務局長 北山卓見君。


○議会事務局長(北山卓見君)


 はい。


              〔事務局長点呼 → 投票〕


○仮議長(舘林辰郎君)


 投票漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○仮議長(舘林辰郎君)


 これより開票を行います。


 柴田増三君と成重隆志君の両君の立ち合いをお願いいたします。


                  〔開 票〕


 選挙結果を報告いたします。


 投票総数14票、これは先ほどの出席議員数と符合いたしております。


 そのうち、有効投票14票、無効投票ゼロ票。


 有効投票中、石川文俊君13票、舘林辰郎君1票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 したがって、最多得票者石川文俊君が議長に当選されました。


 議場の出入り口の閉鎖を解きます。


                〔議場出入り口開鎖〕


 ただ今、議長に当選されました石川文俊君に対し、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 ここで、新議長から挨拶があります。


 議長 石川文俊君。


○新議長(石川文俊君)


 ただ今、多くの皆様方のご支持を得まして、議長に当選させていただきました。まことにありがとうございます。


 改めてこの議長という重職の重さを今、ひしひしと感じつつあるところであります。


 私、本日までの経験を十分に生かし、今後の議会運営にしっかりと携わっていきたいという覚悟をしておりますので、皆様方のご理解、ご協力をお願いしたいと思います。


 私の思うところは、歴代議長と同じであります。議員定数の削減に始まり、この10年間、議会改革の名のもと、いろいろな改革、事業が実施されてきました。議会広報紙「議会ちゃんねる。」の発行、そして、議会による議会報告会の実施、あるいは、議員による事業評価など、議会改革先行型と言われるような中で、私自身は、これは市民の皆様方への約束事というふうに捉えておりますが、議会基本条例の制定にも着手し、制定されております。


 この議会基本条例に基づき、これからの議会改革、そして、今やっている事業等をこれからも円滑に継続できるような事業をこれからもどんどん取り入れてやっていかなければならないと思います。


 近いところでは、前任者の熊谷議員から、先ほどの挨拶の中にもありましたように、市民による政策提案、あるいは、今定例会より実施されますが、予算決算委員会を常任委員会化して、全議員によって予算並びに決算等を審議する。こういうことによって、議会の力、議員力というものを今後もますます強化し、向上する。それによって、市長を初め執行部の皆様方への議会からの発言力をしっかりと強めていく。そして、その反面、市民の皆さん方には、情報の発信力というものも今後深めていかなければいけない課題だというふうに思っております。


 長年の懸案になっております議会のICT化の件につきましても、これは議会のみならず、行政全般で取り組んでいく課題であることも承知しておりますが、まずもって議会もそういった課題に積極的に取り組んでいかなければならない。


 そういった形で、情報の収集、発信というものもしっかりと行っていかなければならないということは承知しておりますが、この情報というもの、ICT化というものは、一つ間違えば、本当に大きな危険も含んでいるというようなことも承知しております。そこら辺のところを皆様方と議論を深め、しっかりと検討した上での取り組みとしていきたいなというふうに思っております。


 いずれにいたしましても、議員一人一人の思い、考え方は違います。しかし、皆様方の声を聞き、議論し、そして、集約して、一つの方向性を見出していく。これが我々議員に課せられた「チーム瑞浪市議会」としての役割だというふうに思っております。


 今後、皆さん方のご理解のもと、更なる議会強化を目指し、そして、きめ細やかな議会対応、議員対応をすることによって、本当に広く瑞浪市民の皆様方に身近に感じていただける瑞浪市議会を目指して、誠心誠意、一生懸命頑張らせて、努めさせていただきます。


 議員各位はもとより、市長を初めといたします執行部の皆様方にもご理解、ご協力をお願い申し上げまして、私のご挨拶とさせていただきます。


 よろしくお願いします。ありがとうございました。(拍手)


○仮議長(舘林辰郎君)


 おめでとうございました。


 ご就任を心からお祝い申し上げます。


 私たちの任期も半分過ぎました。まだ半分残っています。更に石川議長のもとで議会運営をスムーズにしていきたいと思っています。


 これで、私の仮議長の任務は終わりますので、新議長と交代させていただきます。


 どうも、ご協力ありがとうございました。(拍手)


               〔新議長 議長席に着席〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 それでは、ただ今より議長の職につかせていただきます。


 よろしくお願いいたします。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 事前に、大島正弘君から副議長の辞職願が提出されています。


 お諮りします。


 この際、副議長の辞職許可及び副議長の選挙、リニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員及び議会改革特別委員の辞任許可、並びに議会運営委員の選任を日程に追加したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議事日程(第3号)を日程に追加いたします。


 議事日程(第3号)を配付させます。


             〔事務局職員 追加議事日程配付〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 それでは、議事日程(第3号)、日程第1、副議長の辞職許可を議題といたします。


 辞職願を朗読させます。


 議会事務局総務課長 奥村勝彦君。


○議会事務局総務課長(奥村勝彦君)


 平成29年2月20日


 瑞浪市議会議長様


 瑞浪市議会副議長 大島正弘


 辞職願


 今般、一身上の都合により、副議長の職を辞したいので、地方自治法第108条の規定により許可くださるようお願いします。


 以上です。


○議長(石川文俊君)


 お諮りします。


 大島正弘君の副議長の辞職を許可することに、ご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、大島正弘君の副議長の辞職を許可することに決しました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第2、副議長の選挙を行います。


 ここで、暫時休憩とします。


                                  午前10時02分 休憩


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                                  午前11時25分 再開


○議長(石川文俊君)


 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 副議長の選挙は、投票で行います。


 議場の出入り口を閉鎖します。


                〔議場出入り口閉鎖〕


 ただ今の出席議員は、14名であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 議会規則第31条第2項の規定により、立会人に1番 樋田翔太君と2番 小川祐輝君の2名を指名いたします。


 投票用紙を配付させます。


                 〔投票用紙配付〕


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。


                 〔投票箱の点検〕


 異常なしと認めます。


 念のために申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に、被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 なお、白票は無効といたします。


 ただ今から、投票を行います。


 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。


 点呼を命じます。


 議会事務局長 北山卓見君。


○議会事務局長(北山卓見君)


 はい。


              〔事務局長点呼 → 投票〕


○議長(石川文俊君)


 投票漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 これより開票を行います。


 樋田翔太と小川祐輝君の両君の立ち合いをお願いいたします。


                  〔開 票〕


 選挙結果を報告いたします。


 投票総数14票、これは先ほどの出席議員数と符合いたしております。


 そのうち、有効投票14票、無効投票ゼロ票。


 有効投票中、榛葉利広君13票、成瀬徳夫君1票。


 以上のとおりであります。(拍手)


 この選挙の法定得票数は4票であります。


 したがって、最多得票者榛葉利広君が副議長に当選されました。


 議場の出入り口の閉鎖を解きます。


                〔議場出入り口開鎖〕


 ただ今、副議長に当選されました大島正弘君に対し、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 ここで、新副議長から挨拶があります。


 副議長 榛葉利広君。


○副議長(榛葉利広君)


 ただ今、副議長選挙におきまして選出いただきました。大変ありがとうございました。


 先ほど、石川文俊議長が述べられましたとおり、議会活性化、また、議会改革に対しまして、しっかり石川議長を支える気持ちで頑張ってまいりたいというふうに思っております。


 また、執行部の皆様、議員の皆様、今後も大変お世話になります。ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


 簡単ではございますが、副議長就任の挨拶とさせていただきます。


 大変ありがとうございました。(拍手)


○議長(石川文俊君)


 おめでとうございました。


 ご就任を心からお祝い申し上げます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第3、リニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員の辞任許可及び議会改革特別委員の辞任許可について一括議題といたします。


 それぞれの委員の辞任願は、別紙一覧表のとおりであります。


 お諮りします。


 ただ今、提出されていますリニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員及び議会改革特別委員の辞任は、これを許可することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、リニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員及び議会改革特別委員の辞任については、許可することに決しました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第4、議会運営委員の選任を議題といたします。


 ただ今、議題となっております議会運営委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。


 議会運営委員には、「新政みずなみ」より4番 大久保京子君、6番 成瀬徳夫君、8番 熊谷隆男君、16番 成重隆志君の4名を、「日本共産党」より14番 舘林辰郎君、「清流会」より1番 樋田翔太君、以上6名を議会運営委員に選任したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員については決定いたしました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ここで、暫時休憩とします。


 休憩時間は、ブザーが鳴るまでとします。


 休憩中に、第1委員会室で議会運営委員会を開催いたしますので、よろしくお願いいたします。


 ここで、市長、副市長、教育長、総務部長、総務課長の5名の方を除き、他の執行部の皆さんの退席を許可します。


                                  午前11時39分 休憩


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                                  午後2時25分 再開


○議長(石川文俊君)


 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 休憩中に議会運営委員会が開かれ、正副委員長が互選されましたので報告いたします。


 議会運営委員長に熊谷隆男君、副委員長に大久保京子君が、それぞれ就任されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ここでお諮りします。


 本日の日程に、常任委員及び特別委員の選任並びに、東濃西部広域行政事務組合議会議員の選出及び東濃農業共済事務組合委員の選挙を日程に追加したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議事日程(第4号)を日程に追加いたします。


 議事日程(第4号)を配付させます。


             〔事務局職員 追加議事日程配付〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 議事日程(第4号)、日程第1、常任委員の選任を議題といたします。


 ただ今、議題となっております常任委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。


 総務委員は、1番 樋田翔太君、2番 小川祐輝君、4番 大久保京子君、5番 小木曽光佐子君、6番 成瀬徳夫君、8番 熊谷隆男君、10番 加藤輔之君、11番 大島正弘君、15番 柴田増三君と私の10名といたします。


 民生文教委員は、1番 樋田翔太君、2番 小川祐輝君、3番 渡邉康弘君、5番 小木曽光佐子君、6番 成瀬徳夫君、7番 榛葉利広君、8番 熊谷隆男君、13番 熊澤清和君、14番 舘林辰郎君、16番 成重隆志君の10名といたします。


 経済建設委員は、3番 渡邉康弘君、4番 大久保京子君、7番 榛葉利広君、10番 加藤輔之君、11番 大島正弘君、13番 熊澤清和君、14番 舘林辰郎君、15番 柴田増三君、16番 成重隆志君の9名といたします。


 予算決算委員に、全議員15名を指名したいと思います。


 以上のとおり、各常任委員を選任したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 よって、各常任委員については決定いたしました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第2、特別委員の選任を議題といたします。


 ただ今、議題となっております特別委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。


 リニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員に、2番 小川祐輝君、5番 小木曽光佐子君、6番 成瀬徳夫君、8番 熊谷隆男君、11番 大島正弘君、14番 舘林辰郎君、15番 柴田増三君の7名を指名します。


 議会改革特別委員には、1番 樋田翔太君、3番 渡邉康弘君、4番 大久保京子君、7番 榛葉利広君、10番 加藤輔之君、13番 熊澤清和君、16番 成重隆志君の7名を指名いたします。


 以上のとおり、各特別委員を選任したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 よって、各特別委員については決定いたしました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ここで、暫時休憩とします。


 休憩中に常任委員会及び特別委員会を開催し、正副委員長の互選及び議席の指定を行っていただきます。


 この後、直ちに第1委員会室において総務委員会を開催し、終了次第、引き続き民生文教委員会を、その終了後、経済建設委員会を、その終了後、予算決算委員会を開催します。その後、各特別委員会を開催しますので、各委員は待機をお願いいたします。


                                  午後2時30分 休憩


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                                  午後3時30分 再開


○議長(石川文俊君)


 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 休憩中に各常任委員会、特別委員会が開かれ、正副委員長が互選されましたので報告いたします。


 総務委員長に柴田増三君、副委員長に樋田翔太君。


 民生文教委員長に舘林辰郎君、副委員長に小木曽光佐子君。


 経済建設委員長に熊澤清和君、副委員長に渡邉康弘君。


 予算決算委員長に大島正弘君、副委員長に小川祐輝君。


 リニア・瑞浪恵那道路・新丸山ダム特別委員長に成瀬徳夫君、副委員長に小川祐輝君。


 議会改革特別委員長に成重隆志君、副委員長に樋田翔太君。


 以上のとおり、各常任委員会及び特別委員会の正副委員長が就任されました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第3、東濃西部広域行政事務組合議会議員の選出を議題といたします。


 お諮りします。


 選出の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、選出の方法は指名推薦によることに決定いたしました。


 指名の方法につきましては、議長において指名したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議長において指名することに決定いたしました。


 それでは、ただ今から指名いたします。


 東濃西部広域行政事務組合議会議員には、私のほかに1番 樋田翔太君と4番 大久保京子君の2名を、本組合議会議員に選出することといたします。


 ただ今、議長において指名いたしました1番 樋田翔太君と4番 大久保京子君の2名と私を、本組合議会議員に選出することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、1番 樋田翔太君と4番 大久保京子君の2名と私を、本組合議会議員に選出することに決定いたしました。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 次に、日程第4、東濃農業共済事務組合議会議員の選挙を行います。


 お諮りします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推薦によることに決定いたしました。


 指名の方法につきましては、議長において指名したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議長において指名することに決定いたしました。


 ただ今から指名いたします。


 東濃農業共済事務組合議会議員には、2番 小川祐輝君と私を指名いたします。


 お諮りします。


 ただ今、議長において指名いたしました2番 小川祐輝君と私の2名を、本組合議会議員の当選人とすることにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、2番 小川祐輝君と私の2名を、本組合議会議員の当選人とすることに決定いたしました。


 ただ今、選出されました2番 小川祐輝君と私に対し、会議規則第32条第2項の規定により、東濃農業共済事務組合議会議員に当選されたことを告知します。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ここで、暫時休憩とします。


                                  午後3時35分 休憩


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


                                  午後3時37分 再開


○議長(石川文俊君)


 それでは、休憩前に引き続き、会議を開きます。


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 ただ今の休憩中に、市長から瑞浪市監査委員の選任につき同意を求める議案1件が提出されました。


 これを本日の日程に追加したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議事日程(第5号)を日程に追加いたします。


 議事日程(第5号)を配付します。


             〔事務局職員 追加議事日程配付〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 それでは、議事日程(第5号)、日程第1、議第1号 瑞浪市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 ここで、地方自治法第117条の規定により、10番 加藤輔之君の退席を求めます。


              〔10番 加藤輔之議員 退席〕


 本案につきましては、議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 市長 水野光二君。


○市長(水野光二君)


 それでは、ただ今、議題となっております議第1号 瑞浪市監査委員の選任につき同意を求めることについてをご説明申し上げます。


 瑞浪市監査委員のうち、議会の議員のうちから選任する委員に、加藤輔之議員を選任したいと思いますので、議会の同意を求めるものでございます。


 よろしくお願いいたします。


 以上です。


○議長(石川文俊君)


 これより、本案について質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、質疑を終結いたします。


 ただ今、議題となっております議第1号 瑞浪市監査委員の選任につき同意を求めることについては、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、委員会の付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論を行います。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


 別段発言もないようですので、討論を終結いたします。


 これより採決を行います。


 お諮りします。


 議第1号 瑞浪市監査委員の選任につき同意を求めることについては、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、議第1号は原案のとおり同意することに決定いたしました。


 ここで、加藤輔之君の着席を認めます。


              〔10番 加藤輔之議員 着席〕


   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


○議長(石川文俊君)


 以上で、本日の日程は全て終了いたしました。


 ここでお諮りします。


 明日24日から26日までの3日間は、本会議を休会したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。


 したがって、明日24日から26日までの3日間は、本会議を休会といたします。


 また、2月27日は午前9時から本会議を再開しますので、定刻までにご参集願います。


 本日は、長時間にわたりご苦労様でした。


 これにて散会といたします。


                                  午後3時43分 散会





   地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。











議     長     熊 谷 隆 男











新  議  長     石 川 文 俊











仮  議  長     舘 林 辰 郎











署 名 議 員     加 藤 輔 之











署 名 議 員     熊 澤 清 和