議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 中津川市

平成24年  6月 定例会(第3回) 06月11日−01号




平成24年  6月 定例会(第3回) − 06月11日−01号







平成24年  6月 定例会(第3回)



平成24年第3回中津川市議会定例会会議録(第1号)

=========================

 平成24年6月11日(月)午前10時開議

◯議事日程

第 1        会議録署名議員の指名

第 2        会期の決定

第 3        リニア中央新幹線対策特別委員会の中間報告

第 4 報第  3号 繰越明許費繰越計算書の報告について

第 5 報第  4号 繰越計算書の報告について

第 6 議第 56号 中津川市監査委員の選任につき同意を求めることについて

第 7 議第 57号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

第 8 議第 58号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

第 9 議第 59号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

第10 議第 60号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

第11 議第 53号 中津川市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部改正について

第12 議第 54号 中津川市火災予防条例の一部改正について

第13 議第 55号 中津川市国民健康保険条例の一部改正について

第14 議第 61号 事務の委託に関する規約の制定に関する協議について

第15 議第 62号 事務の委託に関する規約の制定に関する協議について

第16 議第 64号 損害賠償の額の決定について

第17 議第 65号 予算決算特別委員会設置に関する決議について

第18        予算決算特別委員会委員の選任について

第19 議第 48号 平成24年度中津川市一般会計補正予算

第20 議第 49号 平成24年度中津川市国民健康保険事業会計補正予算

第21 議第 50号 平成24年度中津川市下水道事業会計補正予算

第22 議第 51号 平成24年度中津川市簡易水道事業会計補正予算

第23 議第 52号 平成24年度中津川市病院事業会計補正予算

第24 請願第 7号 請願書『「子ども・子育て新システム」の徹底審議を求める意見書に関する請願』

第25 議第 63号 工事請負契約の締結について

 ――――――――――――――――――――――

◯本日の会議に付した案件

日程第 1 会議録署名議員の指名

日程第 2 会期の決定

日程第 3 リニア中央新幹線対策特別委員会の中間報告

日程第 4 報第3号

日程第 5 報第4号

日程第 6 議第56号

日程第 7 議第57号から日程第10 議第60号

日程第11 議第53号

日程第12 議第54号

日程第13 議第55号

日程第14 議第61号及び日程第15 議第62号

日程第16 議第64号

日程第17 議第65号

日程第18 予算決算特別委員会委員の選任について

日程第19 議第48号から日程第23 議第52号

日程第24 請願第7号

日程第25 議第63号

 ――――――――――――――――――――――

◯出席議員 24名

  1番   牛田敬一君

  2番   吉村浩平君

  3番   岡崎隆彦君

  4番   柘植達樹君

  5番   勝  彰君

  6番   田口文数君

  7番   櫛松直子さん

  8番   吉村卓己君

  9番   大堀寿延君

 10番   原 昌男君

 11番   深谷明宏君

 12番   三浦八郎君

 13番   粥川茂和君

 14番   吉村俊廣君

 15番   深谷 勲君

 16番   鈴木雅彦君

 17番   鈴木清貴君

 18番   松浦高春君

 19番   鷹見憲三君

 20番   伊佐治由行君

 21番   吉村久資君

 22番   片桐光朗君

 23番   佐藤光司君

 24番   楯 公夫君

 ――――――――――――――――――――――

◯欠席議員 なし

 ――――――――――――――――――――――

◯法第121条により出席した者

  市長         青山節児君

  副市長        水野賢一君

  教育長        大井文高君

  総務部長       大井久司君

  企画部長       島崎保人君

  企画部技監      安保辰己君

  定住推進部長     渡辺忠義君

  健康福祉部長     尾関道雄君

  生活環境部長     志津弘美君

  農林部長       細川正孝君

  商工観光部長     成瀬博明君

  文化スポーツ部長   原 益彦君

  基盤整備部技監    丸山裕章君

  基盤整備部長     渡邊弘孝君

  水道部長       櫻井邦彦君

  病院事業部長     鈴木弘之君

  坂下総合事務所長   杉本高雄君

  福岡総合事務所長   杉浦直明君

  消防長        原  賢君

  教育委員会事務局長  山内鐐司君

  行政管理課長     伊藤和通君

 ――――――――――――――――――――――

◯議会事務局職員出席者

  事務局長       勝 宏児君

  書記         平井紀之君

  書記         安田充孝君

  書記         嶋崎雅浩君

  書記         廣瀬公二君

 ――――――――――――――――――――――

  平成24年6月11日(月曜日)

  午前10時00分開会

 ――――――――――――――――――――――



○議長(松浦高春君) おはようございます。

 これより平成24年第3回中津川市議会定例会を開催いたします。

 ――――――――――――――――――――――



△表彰の伝達



○議長(松浦高春君) 会議を開く前に、本会議場におきまして、表彰状の伝達を行いたいと思います。

 本日、伝達いたします表彰状は、過日開催されました全国市議会議長会の席上においてお受けになったものです。

 それでは、表彰状の伝達を行います。

  〔議長・松浦高春君、壇上へ〕



◎議会事務局長(勝宏児君) それでは、お名前を申し上げます。

 一般表彰、議員在職10年 15番・深谷 勲議員。

  〔15番・深谷 勲君登壇〕



○議長(松浦高春君) 表彰状。

 中津川市 深谷 勲殿。

 あなたは、市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第88回定例総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成24年5月23日。

 全国市議会議長会会長・関谷 博(代読)。

 おめでとうございます。

  〔表彰状授与・拍手〕



◎議会事務局長(勝宏児君) 以上でございます。



○議長(松浦高春君) 以上をもちまして、表彰状の伝達を終わります。

 ――――――――――――――――――――――



○議長(松浦高春君) これより本日の会議を開きます。

 ――――――――――――――――――――――



△諸般の報告



○議長(松浦高春君) 日程に入るに先立ち、事務局長に諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(勝宏児君) 報告いたします。

 本日の会議に提出された議案は、市長提出19件、議員提出1件、今定例会に提出されました請願1件、合わせて21件であります。

 次に、地方自治法第121条の規定により、議長から説明のため出席を求めた説明員並びにその委任、または嘱託により出席する旨の報告のありました者は、市長事務部局におきましては市長以下18名、教育委員会事務部局におきましては教育長以下2名、消防本部におきましては消防長であります。

 また、議会事務報告につきましては、お手元に配付いたしました印刷物により報告いたします。以上でございます。

 ――――――――――――――――――――――



△議会運営委員長報告



○議長(松浦高春君) 本日の議会運営について、さきに議会運営委員会が開かれております。

 この際、議会運営委員長の報告を求めます。議会運営委員長・伊佐治由行君。

  〔議会運営委員長・伊佐治由行君登壇〕



◆議会運営委員長(伊佐治由行君) おはようございます。

 それでは、本日までに議会運営委員会を5月30日、6月7日、2回開催しておりますので、ご報告いたします。既に各会派の代表よりご報告を受けていると存じますので、それぞれ簡潔にご報告いたします。

 まず初めに5月30日でございますが、6月定例会提出予定議案について、報告2件、条例3件、人事5件、その他4件、補正予算5件、合計19件、執行部より説明を受けております。

 次に、付託委員会についてであります。条例3件、その他4件、補正予算5件については、お手元に配付されております議案付託表のとおり付託されますので、よろしくお願いをいたします。

 続いて、議会改革特別委員会の合意事項についてを議題としております。

 これは既に議員懇談会、特別委員会において、決算委員会のあり方、予算委員会のあり方についての合意事項を議運において確認し、合意したものでありますので、よろしくお願いをいたします。

 続きまして、次に、中津川市議会議事運営要綱の一部改正についてであります。

 議会議事運営要綱の第55条第1項、執行部説明員、第60条及び第61条、予算特別委員会、決算特別委員会、第79条、本会議及び委員会における服装について、一部改正することで合意をしておりますので、よろしくお願いをいたします。

 その他でございますが、総務部長よりその他で、市議会での実行確約事項を公開するという報告がございました。そしてもう1点は、新年度各委員会において説明員の紹介を行うかどうかについてでございますが、本年度、新年度も委員会においての説明員の紹介をしていただくということになりましたので、よろしくお願いをいたします。

 その他協議事項でございますが、市外からの陳情について、新たな人権救済機関を設置する法案の国会提出に反対する請願、それから地球社会建設決議に関する陳情書2件でございますが、この取り扱いについては、会派持ち帰りとさせていただいております。後ほどまた報告をさせていただきます。

 次に、事務局のほうより、議場写真撮影について、市議会60年のあゆみ用の写真を6月定例会最終日に撮りたいということで、そのように写真撮影がございますので、よろしくお願いをいたします。

 続きまして、6月7日の議会運営委員会でございますが、初めに、先ほど少し触れました特別委員会設置に関する決議についてを議題としております。本日、議第65号において、予算決算特別委員会設置に関する決議を上程いたしますので、よろしくお願いをいたします。

 次に、請願の付託委員会についてを議題としております。

 請願第7号・請願書『「子ども・子育て新システム」の徹底審議を求める意見書に関する請願』につきましては、お手元の請願一覧表のとおり、文教民生委員会に付託をいたしますので、よろしくお願いをいたします。

 続いて、6月定例会初日議事日程についてを議題としております。

 本日の議事日程でありますが、お手元の議事日程のとおり進めてまいりますので、よろしくお願いをいたします。その中で、議第63号・工事請負契約の締結については、休憩中に文教民生委員会を開催していただきまして、本日審議していただくようになっておりますので、よろしくお願いをいたします。

 そして、続いて中津川市議会議事運営要綱の一部改正についてでありますが、先ほども若干触れさせていただきましたが、議事運営要綱の一部改正の条文案について、各会派持ち帰りとさせていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。

 その他でございますが、総務部長より各種計画書の説明、いろいろと皆様方のところに、例えば省エネ節電計画、災害に強いまちづくり計画等、4点ほど計画書が行っていると思いますが、こういった各種計画書の説明は、議員連絡協議会のときに説明をしていただくということになりましたので、よろしくお願いをいたします。

 2点目としまして、三笠宮殿下がご逝去されまして、6月7日13時より、記帳所を本市役所庁内にも設けるということでございます。

 なお、さきに報告しました各種計画書の説明でございますが、7月10日、8月14日、2回議連協が計画されておりますが、7月10日におきましては、省エネ節電計画、災害に強いまちづくり計画を説明していただきます。8月14日の議連協におきましては、中津川市子ども読書活動推進計画及び農業振興ビジョン、林業振興ビジョンについてを説明していただきます。

 次に、その他協議事項でございますが、先ほど報告しました市外からの陳情について、新たな人権救済機関を設置する法案の国会提出に反対する請願及び地球社会建設決議に関する陳情書2件については、全会派聞き置くということになりましたので、お願いをいたします。

 2点目としまして、会派提出の意見書案が提出されまして、市議会公明党市議団のほうから提出されました、防災・減災ニューディールにより社会基盤再構築を求める意見書についてが提出されました。この取り扱いについても、会派持ち帰りとさせていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。

 3点目でございますが、選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてでございますが、9月27日に任期満了になるとのことでございますが、本会議の関係で7月2日には委員の内定をしたいということで、各会派1名ずつを選考委員会の委員として選出していただくことになっておりますので、よろしくお願いをいたします。

 4点目ですが、恵那市との交流会についてですが、8月24日金曜日に恵那市との交流会、夕方ですが開催することになりましたので、よろしくお願いをいたします。

 私からの報告は以上とさせていただきます。



○議長(松浦高春君) 委員長の報告に何か質疑ありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第1  会議録署名議員の指名



○議長(松浦高春君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において

   1番・牛田敬一君

   2番・吉村浩平君

を指名いたします。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第2  会期の決定



○議長(松浦高春君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から7月4日までの24日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、会期は24日間と決定いたしました。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第3  リニア中央新幹線対策特別委員会の中間報告



○議長(松浦高春君) 日程第3、リニア中央新幹線対策特別委員会から、会議規則第44条第2項の規定により、同委員会より中間報告を行いたいとの申し出がありますので、この際これを許します。

 リニア中央新幹線対策特別委員長・大堀寿延君。

  〔リニア中央新幹線対策特別委員長・大堀寿延君登壇〕



◆リニア中央新幹線対策特別委員長(大堀寿延君) おはようございます。

 それでは、リニア中央新幹線対策特別委員会の中間報告をさせていただきます。

 6月7日に委員会を開催しました。議題はリニア中央新幹線に関する最近の動きについて、そして先進都市行政視察について、恵那市議会・中津川市議会リニア問題懇談会についてであります。

 皆さんのところには、資料といたしましてリニア中央新幹線の特別委員会の資料、そして、この青いファイルの中津川市のリニアまちづくりビジョンの策定に関する資料、そしてリニアまちづくり推進本部と策定委員会の合同会議の資料を配付させていただいております。あわせてご参照をいただきたいと思います。

 なお、たくさんの資料でございますので、抜粋して報告を申し上げます。

 まず、リニア中央新幹線に関する最近の動きについて。

 6月1日に開催されました中津川市リニアのまちづくり推進本部及び策定委員会の合同会議を中心に報告を受けました。推進本部と策定委員会の合同会議の資料を参照していただきたいと思います。

 本部は市長を本部長としまして、円滑な事業推進を図る意思決定の最高機関として、開業時まで継続設置していく考えを示されております。また、策定委員会については、ビジョン策定のための期間として、来年秋と言われるルート、駅等の詳細位置の決定をにらみ、おおむね2年間の設置を考えていますということでありました。また、竹内大学名誉教授を委員長としたビジョン策定委員会の名簿も載っております。

 委員会構成につきましては、市内関係団体、各地域代表等のほか、県の代表機関、近隣市町からオブザーバーとして参画をいただいているということでありました。

 運営方法につきましては、会議は公開とし、会議の傍聴は20名程度、また会議資料、議事録はホームページにてすべて公開し、市民の皆さんに対し、積極的に情報発信するということでありました。

 資料3の1のビジョン策定に当たっては、論点と視点を明確に共通認識を形成することが大切と考え、提案をした。これまで市が進めてきたメール検討や車座懇談会等、各種団体との懇談の中の意見を踏まえ、たたき台とさせていただいた。あとは資料の一読を願いたいと思います。

 次に、ルート、駅、車両基地とでは、波及効果の種類が異なることから、それぞれの機能の性能を特性からとらえた視点を持つことが大切である。

 最後は、身の丈の視点を持つことが期待需要に流されず、堅実なまちづくりにつながることから、社会情勢や需要動向を踏まえ、柔軟かつ段階的に計画を推進していくということでありました。

 次に、委員から意見が出されておりますので、一部ご報告をさせていただきます。

 中津川市は観光、農業、製造業など資源が豊富であり、こうした資源を活用できる地域づくりをしていきたい。住民の日常の動き、通勤・通学でなく、買い物等の動きなどの交流行動の把握が重要である。学力レベルの高いところに定住する傾向がある。中津川市の学力レベルをつかんでおくべき。早い段階から地域の人たちと議論を深めて進めていくことが重要である。これからの15年、地域づくりをどうやって進めていくか、地域活性化に向けた活動をしながら、ビジョンを作成していかなければいけないという意見が出されておりました。

 次に、資料4でありますが、これはビジョンの策定スケジュールでありまして、来年秋とされるルート、駅等の詳細位置の公表をにらんだ工程とし、目安として7月末ごろビジョン完成としていく。県リニア活用戦略にこちらの意見を盛り込んでいただけるような工程で進め、年度内に策定委員会を4回程度開催し、年度末ごろに素案を提示し、それと並行して地域委員会や女性、若者委員会の最終取りまとめを行い、第5回の最終案に盛り込んでいくという説明でありました。

 特別委員会の資料の中で、地域委員会と女性、若者委員会の議論のイメージと名簿がございます。地域委員会の皆さんには、各地域のまちづくり組織でご議論をいただいたアイデアの集約、策定委員会や地域委員会の議論の地域へのフィードバックをお願いしており、女性、若者委員会の皆様には、女性や若者の視点で新たなまちづくりのアイデアの検討をお願いしております。気軽に意見を交換できるよう工夫していきたいという説明でありました。

 次に、この水色のファイルの関連資料でありますが、非常にボリュームがあります。国・県等の考え方や当市の整理を提示したもので、ほとんどが当委員会で説明を受けたものばかりの資料であります。ご参照いただければよろしいかと思います。

 同じくこのファイルの資料6の2、平成23年度広域のまちづくりに関する調査研究報告書ダイジェスト版でありますが、この報告書は地域の特性や地域資源等、当市の立つ位置がどこにあるのか、飯田や甲府と比較して客観的に評価、市の強みと弱みを洗い出し、リニアの波及効果のプラスもマイナスもあわせてまちづくりにどう生かしていくかを整理したものであります。ご一読をお願いしたいと思います。

 次に、9都府県で構成するリニア期成同盟会の総会について報告を受けました。関連記事を特別委員会資料の1ページの下段に載せてあります。環境影響評価などを確実に進め、早期着工を図ること、大幅なコストダウンに努めること、全線同時開業のための具体策を早急に検討することが期待されております。また、ここに書かれてはおりませんが、農地転用等に関する行政手続の円滑などが決議に盛り込まれておりましたということです。

 以上のようなご報告をいただきまして、質疑に入りました。主なものについて報告をさせていただきます。

 まず初めに、リニアの効果から交流人口増加、観光促進など期待する部分とのギャップが考えられるが、それについてどう考えているかの質疑に対しまして、余り期待需要を膨らませることは危険であり、悲観的に考えるものだ。今後は人口減少、少子・高齢化により需要が伸びないことも考えられ、その需要をしっかり見据える。ビジョンの中でもプラス・マイナスなど、バランス感覚を持って組み立てていくという答弁でございました。

 次に、地価の動向は行政がとらえる範囲内でどうなのかの質疑に対しまして、農地転用等いろいろな取引があることは確認しているが、価格などは個別には把握はしていない。国土利用計画法の中で、現実的な措置は監視区域の指定があり、事前の届け出によって必要な取引の価格、目的を事前に把握することができる。著しく地価が高騰するという動向が見られたときに適用できる。県にその権限があるため、岐阜県と相談をしているという答弁でございました。

 次に、電磁波のことがいろいろ心配されているが、それについてのJR東海の説明を聞いていたら教えてほしいという質疑に対しまして、今回の6月13日JR説明会の中で、相当質疑が出てくるものと考えている。JR東海の見解は国際基準に照らしており、その基準を十分低いレベルでクリアをしているとしており、国の技術評価委員会もこの範囲内で安全であるとの確認を行っている。市としては、国がこういうことでお墨つきを与えていることを前提にしていくべきと考えておるという答弁でございました。

 次に、JRが車両基地、駅をつくっていく、それに付随してまちづくりができていくという形でやっていくのか、都市計画、区画整理を含めてやっていく中で坂本地域にまちができていくのか、まちとしてつくり上げていく意識があるのか、地域のつくり方の考え方を教えてほしいとの質疑に対しまして、坂本の対策協議会の委員の皆さんと相談させていただいている。現時点では、駅も車両基地も詳細な位置というものは明らかではない。車両基地の機能についても詳細はわからないが、車両基地周囲に住宅であるとか、産業関連機能であるとか、ふさわしい機能の張りつけがあると考えている。そういったことをビジョンの中で大枠を議論し、イメージを練り上げていくことが大切と考えている。詳細位置が決まった時点で、基本的な考え方と現地の状況をあわせ、整理し、それに基づいて都市計画の用途区域を検討、結果的に整合するかどうかでまちをどうしていくかが見えてくる都市計画でコントロールしていきたいと考えているという答弁でございました。

 次に、リニアは岐阜県の東の玄関口と言われているが、今の中津川の駅が中津川市の顔として存在する。将来リニア駅ができた場合、衰退するようなことはいけない。現在の駅、中心市街地のあり方について考えがあったら教えてほしいとの質疑に対して、昨年から車座懇談会の中でもご意見をいただいた。リニア駅と中津川駅の機能分担は大事だと考えている。あくまでリニア駅は玄関口、奥座敷は各地域であり、中津川の中心市街地である人の流れを、そういったところに向けていくよう役割分担をしないといけない。そして、ビジョン策定委員会の中で提案をしていきたいという答弁でありました。以上のような質疑でありました。

 次に、先進都市の行政視察についてでございますが、これは目的といたしましては、現在、山梨実験線の延伸工事区間である笛吹市において、高架橋トンネルの整備状況の視察、またこの事業においても笛吹市で出ているさまざまな諸問題を見聞する中、当市においても想定される諸問題について、具体的な方策を行う上で参考になるということで、24年7月26日から27日にかけて山梨県の笛吹市、恵那市と情報共有のために合同で視察することに決定をいたしております。

 次に、恵那市議会、中津川市議会リニア問題懇談会についてでありますが、これは目的といたしましては、リニアに関するまちづくりに対して、共通認識をお互いに持って情報交換するということで、平成24年8月1日に懇談会を行うことに決定をいたしました。

 以上で、リニア中央新幹線対策特別委員会の中間報告を終わらせていただきます。



○議長(松浦高春君) ただいまの委員長の報告について質疑ありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 これをもって、リニア中央新幹線対策特別委員会の中間報告を終わります。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第4  報第3号



○議長(松浦高春君) 日程第4、報第3号・繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました報第3号・繰越明許費繰越計算書の報告についてをご説明申し上げます。

 これは3月議会で議決していただきました一般会計の防災無線整備事業、中学校大規模改造補強事業等17事業及び下水道事業会計の公共下水道事業における繰越明許費につきまして、繰越明許費繰越計算書のとおり繰り越しをいたしましたので、これを報告するものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 以上で報第3号を終わります。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第5  報第4号



○議長(松浦高春君) 日程第5、報第4号・繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました報第4号・繰越計算書の報告についてご説明申し上げます。

 これは水道事業会計の道路改良に伴う配水管改良工事及び下水道工事に伴う配水管改良工事につきまして、繰越計算書のとおり繰り越しをいたしましたので、これを報告するものであります。よろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 以上で報第4号を終わります。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第6  議第56号



○議長(松浦高春君) 日程第6、議第56号・中津川市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第56号の中津川市監査委員の選任につき同意を求めることについてご説明申し上げます。

 これは、同委員の鷹見幸久さんの任期が6月24日をもって満了となりますので、引き続き同氏を選任することについて、議会の同意を求めるものでございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第56号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、議第56号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第56号・中津川市監査委員の選任につき同意を求めることについては、これに同意することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、議第56号・中津川市監査委員の選任につき同意を求めることについては、これに同意することに決しました。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第7  議第57号から日程第10  議第60号



○議長(松浦高春君) この際、日程第7、議第57号から日程第10、議第60号までの人事案件4件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第57号から議第60号・人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて、一括してご説明申し上げます。

 まず、議第57号につきましては、同委員の園原則子さんの任期が9月30日に満了となりますので、引き続き同氏を候補者に推薦することについて、議会の意見を求めるものであります。

 次に、議第58号につきましては、同委員の原 一博さんの任期が9月30日に満了となりますので、引き続き同氏を候補者に推薦することについて、議会の意見を求めるものであります。

 次に、議第59号につきましては、同委員の熊谷和男さんの任期が9月30日に満了となりますので、引き続き同氏を候補者に推薦することについて、議会の意見を求めるものであります。

 次に、議第60号につきましては、同委員の後藤かなゑさんの任期が9月30日に満了となりますので、後藤かなゑさんの後任に渡邊和子さんを候補者として推薦することについて、議会の意見を求めるものであります。

 ご審議のほどよろしくお願いをいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 議第57号から議第60号までの質疑を一括して行います。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第57号から議第60号までの人事案件4件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、議第57号から議第60号までの人事案件4件については、委員会の付託を省略することに決しました。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 これより日程第7、議第57号から日程第10、議第60号までの人事案件4件を一括して採決いたします。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、議第57号から議第60号までの人事案件4件は原案のとおり可決されました。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第11  議第53号



○議長(松浦高春君) 日程第11、議第53号・中津川市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第53号・中津川市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 この条例改正は、現在、普通財産の無償貸し付け、または減額貸し付けについては条例に規定しておりますが、行政財産にはその規定がないため、新たに同様の規定を設けるため改正するものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第12  議第54号



○議長(松浦高春君) 日程第12、議第54号・中津川市火災予防条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第54号・中津川市火災予防条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 この条例改正は、危険物の規制に関する政令の一部改正に伴い改正するものであります。

 改正の内容としましては、消防法上の危険物に炭酸ナトリウム過酸化水素付加物が追加されたことに伴い、新たに指定数量の5分の1以上指定数量未満の危険物を貯蔵し、または取り扱う場所となるものの位置、構造及び設備の技術上の基準等の適用について猶予期間を設けるなど、所要の改正を行うものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第13  議第55号



○議長(松浦高春君) 日程第13、議第55号・中津川市国民健康保険条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第55号・中津川市国民健康保険条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 この条例改正は、国民健康保険法等の一部改正に伴い改正するものであります。

 改正の内容としましては、国民健康保険制度の安定的な運営を確保するため、平成22年度から平成25年度までの暫定措置であります保険料の基礎賦課総額の算定基準となっている交付金事業を平成26年度まで継続し、平成27年度から恒久化する改正と災害等で保険料を減免した場合に、その減免額を保険料の基礎賦課総額に含めることができるとする改正であります。

 また、東日本大震災の被災者等の負担軽減と東日本大震災からの復興に向けた取り組み推進を図るため、被災居住用財産の長期譲渡所得に係る課税の特例について、現行制度では、譲渡期限を災害のあった日から3年後の年末までの間となっていますが、東日本大震災により居住用家屋が滅失した場合に限り、震災があった日から7年後の年末までの間に延長する改正であります。

 なお、この条例は改正ごとにそれぞれ施行日を定めております。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第14  議第61号及び日程第15  議第62号



○議長(松浦高春君) この際、日程第14、議第61号及び日程第15、議第62号を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第61号及び議第62号の事務の委託に関する規約の制定に関する協議について、一括してご説明申し上げます。

 これは市民の利便性の向上を図ることを目的に、中津川市と瑞浪市、中津川市と恵那市との間で、証明書等の広域交付を実施するため、相互に事務委託を行うことに関する規約の制定について、議会の議決を求めるものであります。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。議第61号及び議第62号の質疑を一括して行います。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第16  議第64号



○議長(松浦高春君) 日程第16、議第64号・損害賠償の額の決定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第64号・損害賠償の額の決定についてご説明申し上げます。

 これは中津川市民病院において発生しました医療事故について、和解の成立により損害賠償するものであります。

 経過でございますが、平成23年1月25日に皮膚科に入院された患者さんが腰痛を訴えられ、検査の結果、化膿性椎間板炎と診断されたため、整形外科へ転科し治療を行いました。同年2月25日の退院時に処方された感染症の治療薬クラビットを通院中も継続して使用されていましたが、3月8日から嘔吐の症状が継続していました。

 4月21日に人工透析の治療を受けていた他の医院を受診し、クラビットの長期投与による薬物中毒と診断され、同日入院されました。点滴等により一時は改善に向かわれましたが、5月11日に容体が急変され、大腸せん孔に伴う腹膜炎による敗血症が原因で死亡されました。

 腎機能の著しく低下している患者さんに対し、抗生剤であるクラビットを過量に長期間投与したことによる注意義務違反を認め、最大限の配慮をすることとし、損害賠償の支払いについて示談交渉を進めたところ、和解が成立しましたので300万円を賠償するものであります。

 なお、この賠償金につきましては、損害賠償保険により全額補てんされるものでございます。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております議第53号から議第55号まで、議第61号及び議第62号並びに議第64号は、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第17  議第65号



○議長(松浦高春君) 日程第17、議第65号・予算決算特別委員会設置に関する決議についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。20番・伊佐治由行君。

  〔20番・伊佐治由行君登壇〕



◆20番(伊佐治由行君) それでは、ただいま議題となりました議第65号・予算決算特別委員会設置に関する決議についてをご説明申し上げます。

 本市議会に予算決算特別委員会を設置するため、次のとおり決議するものであります。

 1.本市議会に予算決算特別委員会を設置する。2.委員の定数は、24人とする。3.本委員会は、平成24年度補正予算議案及び平成25年度当初予算議案並びに平成23年度決算認定議案の審査を行う。4.本委員会は、平成25年3月31日まで継続存置する。

 以上、よろしくご賛同のほどお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第65号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、議第65号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 これより議第65号・予算決算特別委員会設置に関する決議についてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第18  予算決算特別委員会委員の選任について



○議長(松浦高春君) 日程第18、予算決算特別委員会委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。予算決算特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において全議員24名を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました24名の諸君を、予算決算特別委員会委員に選任することに決しました。

 ただいま選任いたしました予算決算特別委員会委員の諸君は、休憩中に委員会を開催して正・副委員長の互選を行い、その結果を報告願います。

 委員会を開く場所を事務局長から発表させます。



◎議会事務局長(勝宏児君) それでは、予算決算特別委員会を議員控室において開催いたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) ただいまから暫時休憩いたします。

  午前10時51分休憩

 ――――――――――――――――――――――

  午前10時57分再開



○議長(松浦高春君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に予算決算特別委員会が開催され、正・副委員長の互選が行われておりますので、その結果を報告願います。

 10番・原 昌男君。

  〔10番・原 昌男君登壇〕



◆10番(原昌男君) 休憩中に予算決算特別委員会を開催し、委員長に深谷明宏委員、副委員長に牛田敬一委員を互選しましたので、ご報告いたします。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第19  議第48号から日程第23  議第52号



○議長(松浦高春君) この際、日程第19、議第48号から日程第23、議第52号までを一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第48号から議第52号の補正予算についてご説明申し上げます。

 本年度当初予算は、私の市長就任間もないことから、経常的な経費や継続して取り組んでいる事業の経費を計上した骨格予算といたしました。

 今回の補正予算は、平成24年3月定例会初日の所信表明で申し上げました、市民の皆さんとの約束である「和と絆を育むまちづくり」を実現するために、必要となる事業の経費を中心とした肉づけ予算として編成いたしました。

 補正予算の規模は、一般会計10億2,279万2,000円、国民健康保険事業会計(直営診療施設勘定)660万円、下水道事業会計1,738万円、簡易水道事業会計1,404万8,000円、病院事業会計6,304万5,000円、合計で11億2,386万5,000円でございます。

 以下、主な内容をご説明いたします。

 市民の皆さんとの約束であります「和と絆を育むまちづくり」を実現するために、必要な事業の経費として7億5,751万3,000円を計上いたしました。

 主な事業といたしまして、「子どもたちの笑顔が未来につながるまちづくり」では、子育て中の親子が気軽に利用でき、子育て情報や再就職情報などを提供するための親子カフェ「ねこのて」の運営を支援します。また、園児・生徒の安全確保と適切な保育、教育環境を整えるため、一色保育園と阿木高等学校の耐震補強を行うため、実施設計を行います。

 「病院・福祉が充実し、人にやさしいまちづくり」では、絆を大切にする施策として、コミュニティー活動の拠点となる苗木交流センター整備のための進入路の調査・設計を行います。

 「災害に強く、安全・安心なまちづくり」では、災害に強いまち中津川を目指すため、災害に強いまちづくり計画に沿った総合防災対策として、土砂災害ハザードマップの作成や避難行動に関するマニュアル整備を進めます。また、本庁舎の耐震化などの検討、さらに文化会館、健康福祉会館など、かやの木地区の行政機能の配置などを検討します。

 「ゆたかな自然を生かしたまちづくり」では、農林業の振興として安心して農業が行える環境を整えるため、県内初となる鳥獣被害対策実施隊を設置し、鳥獣による農作物被害への対策を進めます。また、平成23年度に策定した農業振興ビジョンの実行を図るため、13地区に地域農業の振興などを協議する組織を立ち上げ、地域組織の充実と地域の特色を生かした農業政策の具体化を図ります。

 環境対策として、自然エネルギーの活用をさらに促進するため、住宅用太陽光発電システム設置補助の件数を100件分追加します。

 役割を終えた駒場西山地区の旧清掃センター焼却施設を解体し、跡地をリサイクル施設として整備するため、解体工事と跡地利用の基本計画を策定します。また、苗木浄化センター隣接地を地域要望により避難所広場として整備するとともに、汚泥処理施設候補地の選定を行うため、事業の広報や先進地視察を行います。

 「リニア時代を見据えた夢があふれるまちづくり」では、リニア中間駅の活用として、市民とともにリニアのまちづくりに向けた活動を推進するため、市内15地域の検討組織に対する各地区の意見集約を行うための交付金を交付します。

 道路網の整備として、広域幹線道路である国道19号と257号をつなぎ、南北交通軸の強化を図るため、青木斧戸線の予備設計に着手します。また、付知地区の中心部と幹線道路である国道256号を結ぶ主要路線の利便性の向上と歩行者の安全を確保するため、中央橋のかけかえのための橋の撤去を行います。

 「歴史・文化が薫るまちづくり」では、落合から馬籠峠地区までの史跡の資産価値を高めるため、中山道沿線と馬籠地区などの歴史文化遺産の調査を行います。

 「その他の和と絆を育むまちづくり」では、生活環境の向上として、若者の地域定住による地域コミュニティーの維持、活性化を図るため、馬籠地区にUIターン者用住宅1棟6戸を整備します。

 スポーツ・生涯学習・交流の推進としては、読書による人づくりのまちを目指し、平成23年度に策定した中津川市子ども読書活動推進計画に基づく事業を進めるなど、家庭、地域、学校、関係団体が相互に連携をとりながら読書活動を推進するため、本に親しむ講演会、中津川絵本ジャンボリーの開催や公民館図書室などの設備の充実を進めるとともに、公民館図書室、学校図書館、幼稚園、保育園、福祉施設などへの配本サービスを拡充してまいります。

 以上が肉づけ予算としての事業の主なものです。

 このほか、国・県などの補助金獲得により行う事業では、1億1,912万円1,000円を計上いたしました。主な事業といたしましては、駒場西山地区における小水力発電施設の整備に伴う、現況の管路施設の改修の必要性を調査します。平成25年度に予定していました中消防署の救急車1台の高規格救急車への更新を前倒しして行います。

 また、市民病院において、看護学生の臨地実習の受入施設として、よりよい学習環境を提供できるよう、実習用教材などの整備を行います。あわせて岐阜県保健医療計画で、地域災害医療センターに位置づけられた災害拠点病院であることから、災害医療に対応できる必要な設備を整備します。

 災害関連事業では1億2,831万3,000円を計上いたしました。主な事業といたしましては、4月3日の暴風雨により被害を受けた公共施設の補修などを行います。また、冬季のしみ上がりによりひび割れた市道の舗装の復旧工事を行います。

 寄附金を財源とする事業では、168万円を計上いたしました。主な事業といたしましては、環境保全のためにいただいた寄附金を活用し、地球温暖化対策及び節電対策として緑のカーテン事業の幼稚園、保育園への拡大を図ります。

 緊急対応が必要な事業では、1億1,723万8,000円を計上いたしました。主な事業といたしましては、平成23年度に実施した公共施設落雷調査に基づき、落雷から施設を守り、機能を維持するための対策工事を行います。

 安全・安心で豊かな学校給食を提供するため、放射能測定器を購入し、食材に含まれる放射性物質の濃度測定を行い、その結果を市ホームページで公表してまいります。

 また、中央図書館などの老朽箇所などの修繕を行います。

 以上、補正予算についてご説明させていただきました。

 当市が当面直面しているさまざまな課題を解決するため、市民の皆様からの声を大切にし、風通しのよい「和と絆を育むまちづくり」を目指してまいります。

 ご審議のほど、どうかよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 議第48号から議第52号までの質疑を一括して行います。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第48号から議第52号までの補正予算5件は、予算決算特別委員会に付託することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議ないものと認め、議第48号から議第52号までの補正予算5件は、予算決算特別委員会に付託することに決しました。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第24  請願第7号



○議長(松浦高春君) 日程第24、請願第7号・請願書『「子ども・子育て新システム」の徹底審議を求める意見書に関する請願』を議題といたします。

 ただいま議題となっております請願第7号は、お手元に配付してあります文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

 ――――――――――――――――――――――



△日程第25  議第63号



○議長(松浦高春君) 日程第25、議第63号・工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・青山節児君。

  〔市長・青山節児君登壇〕



◎市長(青山節児君) ただいま議題となりました議第63号・工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。

 これは中津川市立第一中学校大規模改造補強工事のうち、建築主体工事の契約であります。

 この工事請負契約につきましては、去る5月24日に入札を行い、2億8,560万円で株式会社ハラモクと仮契約を締結したものであります。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております議第63号は、文教民生委員会に付託いたします。

 なお、文教民生委員会委員の諸君は、休憩中に委員会を開催し、議第63号について審査を行い、その結果を報告願います。

 委員会を開く場所を事務局長から発表させます。



◎議会事務局長(勝宏児君) それでは、文教民生委員会を第1委員会室で開催いたしますので、委員の皆様、よろしくお願いいたします。



○議長(松浦高春君) ただいまから暫時休憩いたします。

  午前11時12分休憩

 ――――――――――――――――――――――

  午前11時50分再開



○議長(松浦高春君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第25、議第63号・工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 休憩中に文教民生委員会が開かれております。本案に関し、委員長の報告を求めます。

 文教民生委員長・鈴木雅彦君。

  〔文教民生委員長・鈴木雅彦登壇〕



◆文教民生委員長(鈴木雅彦君) ただいま議題となりました日程第25、議第63号・工事請負契約の締結についての文教民生委員会の審査結果並びに経過について報告いたします。

 結論から申し上げまして、全会一致、原案可決であります。

 お手元に配付してあると思いますが、委員会資料に基づき説明をいたしたいと思います。

 冒頭、執行部の説明ですが、この契約につきましては、中津川市第一中学校大規模改造補強工事、建築主体工事ということで説明がありました。契約の方法については指名競争入札、契約金額については2億8,560万円、この落札率は96%であるということでありました。契約の相手方は、株式会社ハラモクということでございます。

 工事の概要でございますが、入札日は平成24年5月24日、工事期間としましては、契約日から24年11月30日までということです。

 工事の概要でありますが、まず校舎2棟、鉄筋コンクリートづくりの3階建て、延べ2,145平米ということです。耐震補強工事につきましては、昭和46年、鉄筋コンクリートづくり3階建てにつきまして調査をした結果、Is値が0.38ということで、これをまずすると。工事の詳細でありますが、普通教室棟から特別教室棟への改修ということで、図面は後のほうで説明いたしますが、昇降口、技術室、理科室1、2と2つ、美術室、図書室、被服室、そうしたものをやっていくというのが1つ。

 それから平成9年、鉄筋コンクリートづくり3階建て、延べ194平米、これを特別教室から普通教室1室、生徒用トイレ、特別支援教室等の工事を行うということです。それから、増築工事としまして、既に工事がなされているところからの渡り廊下棟の増築工事をやるということでございます。連絡路等の工事もやるということでございました。

 そして、これにつきましては、補助事業でありまして、平成23年度学校環境改善交付金、これの話でなっているということで、交付決定日が平成24年2月24日にございました。交付金の決定額としては5,680万7,000円ということで説明がございました。

 執行部の説明の後、何点か質疑がございましたので、報告させていただきます。

 まず、先ほどもちょっと説明いたしましたが、この工事の概要等の裏に諸所図面等がございますので、このところの質疑があって、どの場所かということの質疑がありましたので、また図を参照して見ていただきたいと思います。

 2つ目でありますが、価格の設定についての算出根拠の質疑がありました。これについては積算根拠があり、執行部のほうとして、積算根拠に基づき算定して、これと工事の入札価格等をつくりまして、これに基づいて予算価格を決めているという説明でございました。そして先ほどの96%という落札率が出てくるという説明でございます。

 次に、Is値についての質疑がありました。

 補強工事の1つ目、昭和46年に建築された、これについてはIs値0.38ということなんですが、大変古い建物であるけれども、この補強工事をしたことによって安全にその生徒ができるかというような質疑でございましたが、これにつきましては、結果的に言いますと、今回の工事によってIs値が0.84に設定されていくという説明でございました。ここの詳細はもう少し説明がありましたが、基準としては、国土交通省としては0.6以上の基準があると。そして、文部科学省としては、学校については0.7以上に設定しなきゃいかんということでありますが、中津川市は東海地域の防災の強化地域であるということから、さらに2割増しの0.84に設定していくことから安全でしょうという説明でございました。

 4つ目、もう1つありまして、第一中学校については、新築棟の校舎になされたばかりなんですが、この際にPTAの方々からのご意見があったということです。グラウンド及びその周辺環境等によって、特に夏場、秋を中心とするクラブ活動に支障が出るというような、困ったことになったりしないかというような質疑に対して、執行部からとしては、この議会で承認後、地域の方々に説明をさせていただき、ご理解をいただきたいということでありました。特に、夏休みを中心として、完全にはできないけれど、生徒が休みの間にできるだけの工事をやり、授業等さまざまなものに支障が出ないようにしていきたいということでありました。

 以上で、審査結果、質疑等のご報告を終わりたいと思います。



○議長(松浦高春君) これより質疑に入ります。

 順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第63号・工事請負契約の締結についてを採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松浦高春君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでございました。

  午前11時58分散会

 ――――――――――――――――――――――

会議録署名議員

 中津川市議会  議長   松浦高春

         署名議員 牛田敬一

         同    吉村浩平