議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 中津川市

平成22年  3月 定例会(第2回) 02月26日−02号




平成22年  3月 定例会(第2回) − 02月26日−02号







平成22年  3月 定例会(第2回)



平成22年第2回中津川市議会定例会会議録(第2号)

=========================

 平成22年2月26日(金)午前10時開議

◯議事日程

 第 1        会議録署名議員の指名

 第 2 議第  3号 平成21年度中津川市一般会計補正予算

 第 3 議第  4号 平成21年度中津川市国民健康保険事業会計補正予算

 第 4 議第  5号 平成21年度中津川市交通災害共済事業会計補正予算

 第 5 議第  6号 平成21年度中津川市下水道事業会計補正予算

 第 6 議第  7号 平成21年度中津川市老人保健事業会計補正予算

 第 7 議第  8号 平成21年度中津川市農業集落排水事業会計補正予算

 第 8 議第  9号 平成21年度中津川市特定環境保全公共下水道事業会計補正予算

 第 9 議第 10号 平成21年度中津川市介護保険事業会計補正予算

 第10 議第 11号 平成21年度中津川市後期高齢者医療事業会計補正予算

 第11 議第 12号 平成21年度中津川市病院事業会計補正予算

 第12 議第 13号 平成22年度中津川市一般会計予算

 第13 議第 14号 平成22年度中津川市国民健康保険事業会計予算

 第14 議第 15号 平成22年度中津川市交通災害共済事業会計予算

 第15 議第 16号 平成22年度中津川市駅前駐車場事業会計予算

 第16 議第 17号 平成22年度中津川市下水道事業会計予算

 第17 議第 18号 平成22年度中津川市老人保健事業会計予算

 第18 議第 19号 平成22年度中津川市簡易水道事業会計予算

 第19 議第 20号 平成22年度中津川市農業集落排水事業会計予算

 第20 議第 21号 平成22年度中津川市特定環境保全公共下水道事業会計予算

 第21 議第 22号 平成22年度中津川市介護保険事業会計予算

 第22 議第 23号 平成22年度中津川市個別排水処理事業会計予算

 第23 議第 24号 平成22年度中津川市後期高齢者医療事業会計予算

 第24 議第 25号 平成22年度中津川市水道事業会計予算

 第25 議第 26号 平成22年度中津川市病院事業会計予算

 ――――――――――――――――――

◯本日の会議に付した案件

日程第 1        会議録署名議員の指名

日程第 2        議第3号

日程第 3        議第4号

日程第 4        議第5号

日程第 5        議第6号

日程第 6        議第7号

日程第 7        議第8号

日程第 8        議第9号

日程第 9        議第10号

日程第10        議第11号

日程第11        議第12号

日程第12        議第13号から日程第25 議第26号

 ――――――――――――――――――

◯出席議員 30名

   1番       田口文数君

   2番       櫛松直子さん

   3番       黒田ところさん

   4番       吉村卓己君

   5番       大堀寿延君

   6番       原 昌男君

   7番       深谷明宏君

   8番       三浦八郎君

   9番       熊谷文雄君

  10番       粥川茂和君

  11番       吉村俊廣君

  12番       中島敏明君

  13番       深谷 勲君

  14番       中西康浩君

  15番       森 廣茂君

  16番       加藤 出君

  17番       鈴木雅彦君

  18番       鈴木清貴君

  19番       松浦高春君

  20番       鷹見憲三君

  21番       伊佐治由行君

  22番       吉村久資君

  23番       今井 誠君

  24番       片桐光朗君

  25番       安江俊平君

  26番       島田千寿君

  27番       佐藤光司君

  28番       鷹見信義君

  29番       可知いさむ君

  30番       楯 公夫君

 ――――――――――――――――――

◯欠席議員 なし

 ――――――――――――――――――

◯法第121条により出席した者

  市長        大山耕二君

  副市長       水野賢一君

  理事        勝 佳朗君

  理事        宮崎 哲君

  教育長       大井文高君

  総務部長      林 博和君

  企画部長      安部成信君

  健康福祉部長    桂川和英君

  生活環境部長    小縣正幸君

  産業振興部長    西尾多津夫君

  文化スポーツ部長  近藤信幸君

  基盤整備部長    丸山裕章君

  水道部長      櫻井邦彦君

  病院事業部長    桂川一二君

  山口総合事務所   張山あけ美さん

  坂下総合事務所   鎌田隆二君

  川上総合事務所   井口 実君

  加子母総合事務所  桃井良夫君

  付知総合事務所   小池和廣君

  福岡総合事務所   杉山克美君

  蛭川総合事務所   柘植達樹君

  消防長       松葉和正君

  教育次長      可知達也君

 ――――――――――――――――――

◯議会事務局職員出席者

  事務局長      市岡幹朗君

  書記        坂巻和良君

  書記        平井紀之君

  書記        加藤直人君

  書記        安田充孝君

 ――――――――――――――――――

 平成22年2月26日(金曜日)

 午前10時00分開議

 ――――――――――――――――――



○議長(中西康浩君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。

 ――――――――――――――――――



△諸般の報告



○議長(中西康浩君) 日程に入るに先立ち、事務局長をして諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) 報告いたします。

 本日の会議に提出された議案は、市長提出24件であります。

 次に、地方自治法第121条の規定により、議長から説明のため出席を求めた説明員並びにその委任または嘱託により出席する旨の報告のありました者は、市長事務部局におきましては市長以下20名、教育委員会事務部局におきましては教育長以下2名、消防本部におきましては消防長であります。

 本日の会議に早退の旨、通知のありました議員は、19番・松浦高春議員。

 以上でございます。

 ――――――――――――――――――



△日程第1  会議録署名議員の指名



○議長(中西康浩君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において

    3番 黒田ところさん

    4番 吉村卓己君

を指名いたします。

 ――――――――――――――――――



△日程第2  議第3号



○議長(中西康浩君) 日程第2、議第3号・平成21年度中津川市一般会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、各委員長の報告を求めます。最初に、総務企画委員長・深谷 勲君。

  〔総務企画委員長・深谷 勲君登壇〕



◆総務企画委員長(深谷勲君) おはようございます。それでは、ただいま議題となりました議第3号・平成21年度中津川市一般会計補正予算のうち総務企画委員会にかかるものについての審議の報告をさせていただきます。

 結果としまして、全会一致、原案可決であります。

 予算書により説明を受け、審査をいたしておりますので、内容について報告をさせていただきます。

 歳出から説明を受けておりますので、同じように報告をいたします。

 予算書の33ページ、歳出でありますけども、款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費であります。これは退職手当の増額を3億9,485万6,000円とするものであります。この要因につきましては、本年度の一般退職予定者が定年退職者36名、早期退職予定者18名、死亡退職者2名の合計56名となり、その他に嘱託職員の退職者が19名となっているということであります。当初予算におきましては、定年退職者については8億2,452万3,000円の予算を計上していたが、今回の退職予定者が増加した分、その不足分を補正として計上されております。

 以下、基金の積立金につきましては、基金の利息分を基金に積み立てるものであります。

 あと、諸費の中でありますけども、目13諸費、区分の25積立金でありますけれども、これは公共施設運営基金へ積み立てるものであります。これは付知の振興公社からの寄附金1,000万円も含め、基金の利子分の積み立て分を計上するというものであります。

 あと、37ページ、款12公債費、項1公債費、目1元金でありますけども、この償還金利子及び割引料につきましては、長期債の元金は利率の高い縁故債で保証金免除が認められたため、繰上償還をするために計上されております。

 支出については、以上であります。

 歳入についてでありますけども、30ページ、歳入、款10地方交付税、項1地方交付税、目1地方交付税につきましては、財源調整のため計上をされております。

 次に、31ページ、財産収入につきましては、利子及び配当金の収入が計上されてきております。

 32ページ、款17寄附金、項1寄附金、目4総務費寄附金、1総務管理費寄附金につきましては、付知の振興公社からの1,000万円とふるさと納税によりますものを合計して収入として計上がなされております。

 以上のような説明を受け、審査に入ったわけであります。

 その中で1点報告をさせていただきますと、特に退職金が多くなっている、退職者が多くなっているということから、早期退職者の内訳はということで、勧奨退職者が11名、自己都合が7名という18名、早期退職者の内訳であります。勧奨と自己都合の基準はどうなっているかということですが、勧奨は職員の勧奨基準実施要綱及び勧奨基準によるわけですが、まず、退職手当に関する条例の中で勧奨にかかわる基準を設け、9月の時点で満50歳以上の職員に勧奨をし、10月末までに申し出のあった者を把握し、1月末までに正式の文書を出し、市長の承認を得た者を勧奨対象の退職者としているということであります。

 勧奨退職していく中での定員管理についての部分の質疑もあったわけでありますが、答弁のほうを主体として報告をさせていただきます。850の定員を目指す中で勧奨制度を進めてきている中で、平成19年度勧奨18名、平成20年度19名、平成21年度11名であると。現在、勧奨対象者は50歳以上としているが、今後については850名の目安がついてきたので、今後といいますか、22年度からは勧奨退職制度を見直していきたいということであります。また、自己都合というのは1月末までに満50歳に満たない者が自己の都合により退職されるものを自己都合というふうになっており、勧奨退職者との仕分けをしているというふうなことであります。

 また、いつまでこの定員の削減をやっていくのかという質疑に対しまして、平成21年度末で現在員が退職者を含めますと857名になるということで、新規採用者13名の予定で870名の見込みと。それで、来年度退職予定者23名で、22年度末で847名になる予想を立てているということであります。今後、850人体制をもっと定員を減らしていくかどうかについては、今後、事業の内容等を検討しながら、検討していくということであります。また、再度、市長のほうから、今後勧奨退職は行わない方針で行きたい、そして、サービス、その他を含め業務を見ながら検討をしていきたいという答弁がありました。

 以上をもちまして総務企画委員会の報告を終わらせていただきます。

 なお、結果として、再度申し上げますが、全会一致、原案可決であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 続いて、文教消防委員長・中島敏明君。

  〔文教消防委員長・中島敏明君登壇〕



◆文教消防委員長(中島敏明君) ただいま議題となっております議第3号・平成21年度中津川市一般会計補正予算のうち文教消防委員会の所管にかかるものについて、文教消防委員会の審議経過並びに結果について、ご報告を申し上げます。

 結論から申し上げますが、全会一致、原案可決であります。

 予算書の34ページをごらんください。

 上段、保育所費でございますが、備品購入費でございます。福岡在住の方から福岡保育園へ寄附を受け、ポータブルデッキや遊具等購入ということでございます。

 続いて、36ページの消防費でございますが、備品購入費、これにつきましては、エアーテント一式購入ということでございます。

 その下の中学校費、学校管理費でございますが、これは坂下在住の丑寅会の寄附を受け、中学校体育館のひな壇の購入ということでございます。

 その下、社会教育費、公民館費でございますが、この備品購入費も坂下公民館の行事案内板ということでございます。その下、文化振興費でございますが、基金利子とか東濃新報社の寄附によるものでございます。その下の図書館費の備品購入費でございますが、中津紙工からの寄附によるものでございます。その下、積立金でございますが、ふるさと納税5名ということで匿名ということでございます。

 次に、歳入に入りますが、31ページをごらんください。

 31ページの県支出金でございますが、民生費に坂下総合体育館大規模改修のことが出ておりますし、その下の利子及び配当金にも下2段、美術館、そして明治座が出ております。そして、32ページの寄附金に児童福祉費寄附金、社会教育費寄附金、中学校費寄附金ということに載っております。それからあとにつきましては、6ページの繰越明許費の中で、消防費、教育費ということで出ております。

 以上のような説明を受けまして、質疑に入ったわけでございますが、ご報告申し上げるようなさしたる質疑もなく、冒頭申し上げましたように、全会一致、原案可決であります。

 以上、報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 続いて、民生委員長・深谷明宏君。

  〔民生委員長・深谷明宏君登壇〕



◆民生委員長(深谷明宏君) それでは、ただいま議題となりました議第3号・平成21年度中津川市一般会計補正予算のうち民生委員会所管にかかるものについての報告をさせていただきます。

 初めに、歳出のほうからですが、33ページをごらんいただきたいと思います。主なもののみ紹介させていただきます。

 33ページの款2の総務費の総務管理費の目諸費、この節の23ですね、償還金利子及び割引料、このうち5万6,000円に当たる部分が自立支援法のほうの関係の清算での支出金ということです。

 下段の民生費のほうへ行きまして、項の1社会福祉費、この中の目8福祉医療費、節20扶助費ですが、これにつきましては、重度心身障害の受給者受診者数の増加に伴う補正ということでございます。

 下段の33ページから34ページにかけてですが、目の児童福祉総務費の34ページへ行きまして備品購入費のOA機器までの計上ですが、これにつきましては子ども手当のシステム導入にかかる費用だということです。

 続きまして、生活保護費の2扶助費、医療扶助費でございますが、これにつきましては、入院受給者の増加に伴う補正というふうに説明を受けました。

 その34ページの一番下段にあります目の保健衛生総務費の負担金補助及び交付金、恵那医師会とありますが、これにつきましては、病診連携に伴う糖尿病の研究会に対する負担金ということでございます。

 では、もう1点、歳入のほうへ行きます。30ページをごらんいただきたいと思います。

 30ページの一番下段にあります国庫支出金の委託金、これにつきましては、先ほど歳出で説明しました子ども手当に対する国からの委託金ということでございます。

 それと、31ページのほうへ行きまして、15の県支出金、県補助金ですが、これはここに書いてありますように新法移行緊急経過措置事業費ということで、坂下体育館の改修に伴いますバリアフリーに対する補助金を県からいただけたということでの歳入です。

 それとあと、繰越明許費がございます。5ページのほうをごらんいただきたいと思います。

 民生委員会の所管としましては、最上段にあります蛭川のショートステイスプリンクラー、認知症グループホームの建設、子ども手当、病院の事業会計、それから次ページへ行きまして、防災情報通信設備施設整備事業ということでこれはJ−ALERTというものですが、いずれも12月、1月の補正で上げたもので、年度内の完了が見込めないということでの繰り越しということでございます。

 以上で説明を受けました。質疑について主なものを報告させていただきます。

 歳出のほうの33ページにありました重度心身障害の扶助費ですが、受給者がふえたということでしたが、何人から何人にふえたのかと、その理由はというようなご質問がありました。これは前年3,693人が3,787人、94人ふえたということだそうです。それと、ここ5年ぐらいこういう割合でふえてきているという状況が見られると。この原因については、医療の進歩なんかによりまして、逆に重篤な方がふえてきていると、そのために費用も上がってきているというような説明を受けました。

 34ページの生活保護の扶助費のほうに関しての傾向ということで質問がありまして、これにつきましては、4月の時点で137世帯、22年の1月末現在で160世帯とふえてきているというお話でした。

 それで、状況としましては高齢者の方が多く、その中を見ると、高額の医療費の方がふえてきているということで今回の補正に至ったというような説明を受けました。

 以上、慎重審議の結果、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 続いて、産業建設委員長・吉村久資君。

  〔産業建設委員長・吉村久資君登壇〕



◆産業建設委員長(吉村久資君) おはようございます。ただいま議題となりました議第3号・平成21年度中津川市一般会計補正予算のうち産業建設委員会の所管にかかるものについて、委員会の審議経過並びに結果について、報告を申し上げます。

 結論から申し上げまして、全会一致、原案可決でございます。

 予算書をお願いいたします。

 35ページでございます。35ページの農業費、それから農地費については、基金の利子の積み立てでございます。

 土木費の目、一番下でございます、道路維持費の融雪剤散布等委託料につきましては、降雪日数、それから市道の凍結日数が今年は多かったという形の中で、除雪、それから融雪剤の散布による道路の安全通行の向上を図るための経費であるという説明をいただきました。

 1枚あけていただきまして、36ページの下水道整備費でございます。この繰出金につきましては、下水道事業会計、それから特定環境保全公共下水道会計、どちらも下水道の負担金の増額に伴いまして繰出金を減額するものであります。

 歳入につきましては、31ページでございますが、そこの財産収入のところにふるさと農村活性化対策とそれから家畜の貸付基金とがございますが、これはどちらも預金の利子収入という形でございます。

 ページは大きく変わりまして、5ページでございますが、産業建設委員会は非常に繰越明許が多いわけでございますが、そこのところ、まず、林業費です。項林業費の真ん中の森林路網開設事業、そしてその下の林道改良事業、商工費のにぎわいプラザ改修事業、一つ下がっていただきまして道路橋りょう費、道路維持補修事業、その下の市道拡幅舗装事業、大きく3つほどはねていただきまして、恵那峡大橋歩道舗装事業、そして一番下の排水路改修事業と、1枚めくっていただきまして、6ページの坂下駅前の公衆トイレ、住宅費で丸山団地とそれから山口のUIターン者用住宅の事業、以上10事業につきましては、1月の臨時議会において議決しました国の第2次補正予算、地域活性化・きめ細やかな臨時交付金を活用した事業でございます。その旨、明許したものでございます。

 それで、それ以外でございますが、まず、農地費の青木平でございます。これにつきましては、非常に雪が多くて工事ができなかったのが理由でございます。

 それから、林業費の合板工場につきましては、粘性土質が確認されたということで、その安全対策に不測の時間を要したというのが理由でございます。

 それから、小秀山の避難小屋につきましては、資材をヘリコプターで運ぶ予定であったのですが、発注後に、東濃森林管理署による工事発注があって、通行どめという形で資材の搬入ができなかったのが大きな理由であります。

 それから、道路橋りょうの市道の東原〜尾外岩線と市道中津485号線につきましては、地元の調整ですが、用地とか補償交渉に時間を要しているという形で繰り越しでございます。

 坂本川の菅理用道路につきましては、これは県の施行でございますけれども、岩盤が確認されたということでの工法変更で年度内の完了が難しくなったということでございます。

 それから、下水道事業の会計の繰り出しでございますが、これにつきましては、中津川処理区、そして坂本処理区でございますが、処理場の建設、それから管渠工事につきまして、管渠対策等で地元要望の対応に時間を要したということです。これにつきましては、国の翌債承認を得て、今回繰越明許をするものですという説明を受けました。

 それを受けまして、質疑に入りました。主なものでございますが、まず、35ページのところの畜産業費のところで家畜の貸付基金という言葉が出てきたわけでございますが、ここのところの21年度の実績というような質問がございまして、一応繁殖用、それから肉用の雌の牛ということで15頭にこの基金を使って貸し出しをしているということで790万円余の基金を使っているという説明がございました。

 それから、5ページの繰越明許の中で合板工場につきましては、明許で送ったことによって操業開始に影響はないのかという質問がございました。影響はありませんという言葉をいただいております。

 それから、道路橋りょう費の中で、市道の東原〜尾外岩線、それから中津485号線の中で、地元の交渉に時間を要している説明があったが、進捗というか、その辺の状況をという質問がございました。それで、地権者的には東原〜尾外岩線については約10名、そして485号線については16名ということでございます。

 それで、東原につきましては、3名の方と今契約に至っておるということですが、残りの方につきましても特に工事に反対ということではなくて、契約ですので、単価等いろいろ個人によって思いがあるということで、そういった面で今交渉を進めているということで、最終的には用地の協力も得られるし、合意に至るというふうに踏んでいるという説明がございました。

 それから、中津485号線については、まだ丈量測量が進行中でございまして、そんなところもあり、その辺の丈量等が出てきた中において契約を進めていくというふうに確認しておるという説明がございました。

 以上のような質疑を経まして、冒頭申し上げましたとおり、全会一致、原案可決であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 以上をもって議第3号の質疑を終結いたします。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第3号・平成21年度中津川市一般会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する各委員長の報告は可決であります。本案は各委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、各委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第3  議第4号



○議長(中西康浩君) 日程第3、議第4号・平成21年度中津川市国民健康保険事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。民生委員長・深谷明宏君。

  〔民生委員長・深谷明宏君登壇〕



◆民生委員長(深谷明宏君) それでは、ただいま議題となりました議第4号・平成21年度中津川市国民健康保険事業会計補正予算についての民生委員会での審議の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 結論から申し上げて、全会一致、原案可決でございます。

 初めに、歳出、45ページをお開きください。

 事業勘定のほうでございますが、45ページの款2保険給付費の節の負担金補助及び交付金、一般被保険者療養給付費ですが、これは新型インフルエンザによる医療費の増加というふうに説明を受けました。

 その下段、拠出金でございます。これは老人保健拠出金ということで、前々年度の老人保健医療費の清算ということでございます。

 その下の介護納付金についても、前々年度の清算による減額ということでございます。

 次のページ、46ページへ行きまして、上段、後期高齢者支援金ですが、これは決定通知に基づく補正ということになります。その下段、前期高齢者納付金、これについては前期高齢者交付金にかかる事務費ということと、それから決定通知に伴う補正ということでございます。

 その下段へ行きまして、それぞれ直診のほうへの事業勘定の繰出金、川上と蛭川の分ですが、これにつきましては、事業の実績に基づく増ということになっております。

 続きまして、事業勘定のほうの歳入を説明したいと思います。43ページになります。こちらもそれぞれ国庫補助金については先ほどの川上・蛭川の直診のほうへの財政調整交付金ということでございますし、一番下段へ行きまして、繰入金で目の一般会計繰入金ですが、これにつきましては保険料軽減相当額ということで今回の繰入金ということになっております。

 直診のほうへ参りたいと思います。こちらは48、49ページということで歳入・歳出がありますが、49ページの歳出、上段にあります款総務費、目の蛭川医科分、節3職員手当等ということで、退職手当ということで看護師1名の方の退職金ということになっております。

 その上、歳入へ行きますが、こちらについては、国からの補助金による組みかえというようなことになっております。あと、蛭川の今の退職金の分については繰入金という形で処理されております。

 以上、説明を受けまして、質疑に入りました。特に質疑はなく、冒頭申し上げたとおり、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第4号・平成21年度中津川市国民健康保険事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第4  議第5号



○議長(中西康浩君) 日程第4、議第5号・平成21年度中津川市交通災害共済事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。民生委員長・深谷明宏君。

  〔民生委員長・深谷明宏君登壇〕



◆民生委員長(深谷明宏君) それでは、ただいま議題となりました議第5号・平成21年度中津川市交通災害共済事業会計補正予算の民生委員会での審議の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 結論から申し上げて、全会一致、原案可決でございます。

 補正予算説明書の52、53ページになりますが、53ページでございます。歳出のほう、これにつきましては災害共済基金の利息です。

 歳入についても、その利息ということでございます。利子収入ですね。よろしくお願いいたします。

 それで、以上報告を受けたわけですが、特に質疑はなく、冒頭申し上げたとおり、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第5号・平成21年度中津川市交通災害共済事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第5  議第6号



○議長(中西康浩君) 日程第5、議第6号・平成21年度中津川市下水道事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。産業建設委員長・吉村久資君。

  〔産業建設委員長・吉村久資君登壇〕



◆産業建設委員長(吉村久資君) ただいま議題となりました日程第5、議第6号・平成21年度中津川市下水道事業会計補正予算につきまして、委員会の審議経過並びに結果について報告をいたします。

 結論から申し上げまして、全会一致、原案可決であります。

 お手元の補正予算書の55ページをお願いいたします。

 歳出でございますが、下水道受益者負担金の増額に伴いまして、一括納付報奨金を増額補正するものであります。

 歳入につきましては、負担金につきましては、整備戸数の増加により受益者負担金が増額したものでございます。それに伴いまして、一般会計からの繰入金を減額補正するというものでございます。

 そして、15ページでございますが、繰越明許ということで、下水道の事業費が2億4,754万円、繰り越しがかけてございます。これにつきましては、先ほども述べましたのですが、中津川処理区の管渠工事、そして坂本処理区の処理場建設工事、管渠工事につきまして、迂回路の確保、それから環境対策等、地元要望の対応に時間を要したという形の中で、国の翌債承認を受けての繰越明許をするものでございます。

 以上のような説明を受け、質疑に入りましたが、特に報告する質疑はございませんでした。冒頭申し上げましたとおり、全会一致、原案可決であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第6号・平成21年度中津川市下水道事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第6  議第7号



○議長(中西康浩君) 日程第6、議第7号・平成21年度中津川市老人保健事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。民生委員長・深谷明宏君。

  〔民生委員長・深谷明宏君登壇〕



◆民生委員長(深谷明宏君) それでは、ただいま議題となりました議第7号・平成21年度中津川市老人保健事業会計補正予算の民生委員会での審議並びに結果について、ご報告申し上げます。

 結論から申し上げて、全会一致、原案可決でございます。

 補正予算説明書の57ページをお開きください。

 歳出ですが、これにつきましては、前年度20年度分の老人保健国庫負担金の清算による償還金でございます。

 歳入につきましては、それに伴う繰入金でございます。

 以上、説明を受けまして審議に入りましたが、特に質疑はなく、冒頭申し上げたとおり、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第7号・平成21年度中津川市老人保健事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第7  議第8号



○議長(中西康浩君) 日程第7、議第8号・平成21年度中津川市農業集落排水事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。産業建設委員長・吉村久資君。

  〔産業建設委員長・吉村久資君登壇〕



◆産業建設委員長(吉村久資君) ただいま議題となりました日程第7、議第8号・平成21年度中津川市農業集落排水事業会計補正予算につきまして、産業建設委員会の審議経過並びに結果について、報告をいたします。

 結論から申し上げまして、全会一致、原案可決であります。

 予算書の59ページをお願いいたします。

 歳出につきましては、財政調整基金利子収入を基金積立するものでございます。

 歳入につきましては、今の利子収入を増額補正するものでございます。

 以上のような説明を受け、質疑を行いましたが、特に報告する質疑はございません。

 冒頭申し上げましたとおり、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第8号・平成21年度中津川市農業集落排水事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第8  議第9号



○議長(中西康浩君) 日程第8、議第9号・平成21年度中津川市特定環境保全公共下水道事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。産業建設委員長・吉村久資君。

  〔産業建設委員長・吉村久資君登壇〕



◆産業建設委員長(吉村久資君) ただいま議題となりました日程第8、議第9号・平成21年度中津川市特定環境保全公共下水道事業会計補正予算につきまして、産業建設委員会の審議経過並びに結果について、報告をいたします。

 結論から申し上げまして、全会一致、原案可決であります。

 補正予算書の62ページをお願いいたします。

 歳出でございます。目下水道整備費につきましては、苗木地区の下水道受益者負担金の増額に伴い、一括納付報奨金を増額補正するものでございます。

 目2下水道管理費につきましては、財政調整基金の利子収入を基金積立するものでございます。

 1ページ戻っていただきまして、61ページが歳入でございます。歳入につきましての下水道費負担金につきましては、下水道整備の推進に伴いまして、整備戸数の増加による受益者負担金の増額補正でございます。

 財産収入、利子及び配当金につきましては、財政調整基金利子収入を増額補正するものでございます。それに伴いまして、一般会計からの繰入金を減額補正するものでございます。

 以上のような説明を受け、質疑を行いましたが、特に報告する質疑はありません。

 冒頭申し上げましたとおり、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第9号・平成21年度中津川市特定環境保全公共下水道事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第9  議第10号



○議長(中西康浩君) 日程第9、議第10号・平成21年度中津川市介護保険事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。民生委員長・深谷明宏君。

  〔民生委員長・深谷明宏君登壇〕



◆民生委員長(深谷明宏君) それでは、ただいま議題となりました議第10号・平成21年度中津川市介護保険事業会計補正予算の民生委員会での審議の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 結論から申し上げて、全会一致、原案可決でございます。

 66ページをお開きください。

 まず、上段でございますが、これは2つの基金に対する利息を積み立てるというものでございます。下段のサービス事業費ですが、こちらの負担金補助及び交付金ですが、それぞれ施設サービスについては入居者の重度化による増ということ、それから住宅改修費につきましては、1件当たりの給付費が下がってきたということに伴う減額ということです。あと、その下段にあります特定入所者介護サービス費、予防サービス給付費、これについては利用者がふえているという状況にあるということで増額ということです。

 前のページに戻りまして、歳入ですが、まず、一番上段の介護保険料については、これは保険料の確定に伴う増ということです。その後の下段、国庫支出金から国庫負担金、国庫補助金、それから支払基金交付金、それから県の負担金、一般会計繰入金と、これにつきましては、給付見込額の増によります国・県・市の負担額の増ということでございます。

 財産収入の利子及び配当金につきましては、利子収入ということで計上されております。

 以上説明を受けまして、質疑に入りました。

 歳出のサービス給付費の中で住宅改修費についてですが、件数、状況をお聞かせくださいというような質問がありまして、月に20件ぐらいの申請があるという状況ですが、最近、限度額までの申請がなく、割に小規模な修繕が、軽微な修繕の申請が多いというようなご回答がありました。

 以上、質疑を終わりまして、冒頭申し上げたとおり、全会一致、原案可決であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第10号・平成21年度中津川市介護保険事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第10  議第11号



○議長(中西康浩君) 日程第10、議第11号・平成21年度中津川市後期高齢者医療事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。民生委員長・深谷明宏君。

  〔民生委員長・深谷明宏君登壇〕



◆民生委員長(深谷明宏君) それでは、ただいま議題となりました日程第10、議第11号・平成21年度中津川市後期高齢者医療事業会計の補正予算の民生委員会での審議の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 結論から申し上げて、全会一致、原案可決でございます。

 補正予算説明書68ページ、最終のページですが、こちらをごらんいただきたいと思います。

 まず、歳出のほうですが、後期高齢者医療広域連合への納付金ということで保険料として192万1,000円の増ということです。

 歳入につきましては、それに伴う相当額ということでございます。

 以上、説明を受けまして、質疑に入りましたが、特に質疑はなく、冒頭申し上げたとおり、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第11号・平成21年度中津川市後期高齢者医療事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第11  議第12号



○議長(中西康浩君) 日程第11、議第12号・平成21年度中津川市病院事業会計補正予算を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。民生委員長・深谷明宏君。

  〔民生委員長・深谷明宏君登壇〕



◆民生委員長(深谷明宏君) それでは、ただいま議題となりました議第12号・平成21年度中津川市病院事業会計補正予算の民生委員会での審議の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 結論から申し上げて、全会一致、原案可決でございます。

 補正予算説明書の17ページをお開きください。

 初めに、中津川市民病院のほうの支出、病院事業費用の中を説明させていただきます。退職給与金から診療材料費は、当初予定しなかった長期勤続の退職者の退職金が不足したということです。それのために、材料費の価格交渉の結果、費用が抑制されまして、退職金に充てるものということで説明を受けました。

 19ページをごらんいただきたいと思います。19ページにつきましては、収入ですが、補助金ということで県補助金、これは災害医療派遣チームの体制を整備するために必要な備品を充てるための県補助金ということで、10分の10の補助金がいただけるということでございます。

 あと、坂下病院があるわけですが、18ページですね、これは予算の組みかえということでございますので、よろしくお願いします。

 以上の説明を受けましたが、特に質疑はなく、冒頭申し上げたとおり、全会一致、原案可決でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(中西康浩君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第12号・平成21年度中津川市病院事業会計補正予算を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第12  議第13号から日程第25  議第26号



○議長(中西康浩君) この際、日程第12、議第13号から日程第25、議第26号までを一括議題といたします。

 ただいま議題となりました平成22年度当初予算に対する市長の提案説明は昨日終了しており、これから質疑に入るわけですが、この際、一たん休憩をし、休憩中に全員協議会を開催し、各部長から補足説明を受けることといたします。

 ただいまから暫時休憩をいたします。

  午前10時58分休憩

 ――――――――――――――――――

  午後 4時45分再開



○議長(中西康浩君) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 この際、日程第12、議第13号から日程第25、議第26号までを一括議題といたします。

 これより質疑に入ります。

 最初に、議第13号の質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 続いて、議第14号から議第26号までの質疑を一括して行います。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中西康浩君) 質疑なしと認めます。

 これをもって議第13号から議第26号までの質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議第13号から議第26号までは、お手元に配付してあります議案付託表(第3号)のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでございました。

  午後4時47分散会

 ――――――――――――――――――

会議録署名議員

 中津川市議会  議長   中西康浩

         署名議員 黒田ところ

         同    吉村卓己