議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 中津川市

平成20年  5月 臨時会(第2回) 05月19日−01号




平成20年  5月 臨時会(第2回) − 05月19日−01号







平成20年  5月 臨時会(第2回)



平成20年第2回中津川市議会臨時会会議録(第1号)

=========================

 平成20年5月19日(月)午前10時開議

◯議事日程

第 1        会議録署名議員の指名

第 2        会期の決定

第 3 報第  1号 専決処分の承認を求めることについて

第 4        岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

第 5 議第 52号 市道路線の認定について

第 6        常任委員会委員の選任について

第 7        議会運営委員会委員の選任について

 ――――――――――――――――――

◯本日の会議に付した案件

日程第 1        会議録署名議員の指名

日程第 2        会期の決定

日程第 3        報第1号

日程第 4        岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

日程第 5        議第52号

追加日程         議長辞職の件

追加日程         議長の選挙

追加日程         副議長辞職の件

追加日程         副議長の選挙

日程第 6        常任委員会委員の選任について

日程第 7        議会運営委員会委員の選任について

追加日程         議員派遣の件

 ――――――――――――――――――

◯出席議員 30名

  1番   田口文数君

  2番   櫛松直子さん

  3番   黒田ところさん

  4番   吉村卓己君

  5番   大堀寿延君

  6番   原 昌男君

  7番   深谷明宏君

  8番   三浦八郎君

  9番   熊谷文雄君

 10番   粥川茂和君

 11番   吉村俊廣君

 12番   中島敏明君

 13番   深谷 勲君

 14番   中西康浩君

 15番   森 廣茂君

 16番   加藤 出君

 17番   鈴木雅彦君

 18番   鈴木清貴君

 19番   松浦高春君

 20番   鷹見憲三君

 21番   伊佐治由行君

 22番   吉村久資君

 23番   今井 誠君

 24番   片桐光朗君

 25番   安江俊平君

 26番   島田千寿君

 27番   佐藤光司君

 28番   鷹見信義君

 29番   可知いさむ君

 30番   楯 公夫君

 ――――――――――――――――――

◯欠席議員 なし

 ――――――――――――――――――

◯法第121条により出席した者

  市長        大山耕二君

  副市長       加藤晴郎君

  教育長       西尾洋昭君

  総務部長      林 博和君

  企画部長      五十棲正博君

  企画部政策局長   勝 佳朗君

  健康福祉部長    張山あけ美さん

  生活環境部長    小縣正幸君

  産業振興部長    安部成信君

  文化スポーツ部長  近藤信幸君

  基盤整備部長    柘植達樹君

  水道部長      桃井良夫君

  市民病院部長    井口芳明君

  山口総合事務所   水野克司君

  坂下総合事務所   鎌田隆二君

  川上総合事務所   井口 実君

  加子母総合事務所  熊澤博志君

  付知総合事務所   小池和廣君

  福岡総合事務所   杉山克美君

  蛭川総合事務所   柘植貴敏君

  消防長       松葉和正君

  教育次長      大井文高君

 ――――――――――――――――――

◯議会事務局職員出席者

  事務局長      市岡幹朗君

  書記        平井紀之君

  書記        安田充孝君

  書記        坂巻和良君

  書記        加藤直人君

 ――――――――――――――――――

 平成20年5月19日(月曜日)

 午前10時00分開会

 ――――――――――――――――――



○議長(伊佐治由行君) おはようございます。これより平成20年第2回中津川市議会臨時会を開会いたします。

 ただいま市長から特に発言を求められておりますので、これを許可いたします。市長・大山耕二君。

  〔市長・大山耕二君登壇〕



◎市長(大山耕二君) ただいま議長のお許しを得ましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 さきの市長選挙において、市民の皆さんのご支持を受け、2期目の市政運営を担わせていただくことになりました。選挙を通じて、市民の皆さんの期待の大きさを肌に感じ、改めて身の引き締まる思いがしております。意志あるところに道ありの精神で、中津川市ここにありと全国に誇ることのできるすばらしいふるさとを、中津川市をつくってまいりますので、議員の皆様におかれましてはご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 ――――――――――――――――――



△表彰の伝達



○議長(伊佐治由行君) 引き続いて、本会議場におきまして表彰状の伝達を行いたいと思います。

 本日、伝達いたします表彰状は、過日開催されました東海市議会議長会の席上でお受けになったものです。

 それでは、表彰状の伝達を行います。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) それでは、お名前を申し上げます。

 特別表彰、議員在職25年 30番・楯 公夫議員。

  〔30番・楯 公夫議員登壇〕



○議長(伊佐治由行君)

 表彰状

 中津川市 楯 公夫様

 あなたは、市議会議員の要職にあること25年、鋭意市政の発展に寄与された功績はまことに顕著であります。よって、本会表彰規程により、これを特別表彰いたします。

 平成20年4月24日

 東海市議会議長会会長 岐阜市議会議長 浅井武司(代読)

 おめでとうございます。

  〔表彰状授与・拍手〕



◎議会事務局長(市岡幹朗君) 続きまして、一般表彰、議員在職10年 12番・中島敏明議員。

  〔12番・中島敏明議員登壇〕



○議長(伊佐治由行君)

 表彰状

 中津川市 中島敏明様

 あなたは、市議会議員の要職にあること10年、鋭意市政の発展に寄与された功績はまことに顕著であります。よって、本会表彰規程により、これを表彰いたします。

 平成20年4月24日

 東海市議会議長会会長 岐阜市議会議長 浅井武司(代読)

 どうもおめでとうございます。

  〔表彰状授与・拍手〕



◎議会事務局長(市岡幹朗君) 以上の皆様でございます。



○議長(伊佐治由行君) 以上をもちまして表彰状の伝達を終わります。

 続きまして、市執行部より議場説明員のご紹介をお願いいたします。副市長・加藤晴郎君。



◎副市長(加藤晴郎君) それでは、5月15日付、職員の人事異動によりまして、議場説明員がかわっております。紹介をさせていただきたいと思います。

 議員の皆様方からごらんをいただきます左側の席1列目、皆様方から左側の総務部長から説明をさせていただきたいと思います。総務部長・林 博和でございます。続きまして、企画部長・五十棲正博でございます。

 それでは、2列目に入らせていただきます。左側から健康福祉部長張山あけ美でございます。その隣が生活環境部長・小縣正幸でございます。その隣が産業振興部長・安部成信でございます。続きまして、基盤整備部長・柘植達樹でございます。

 3列目に入らせていただきます。3列目の左側から文化スポーツ部長・近藤信幸でございます。その隣、水道部長・桃井良夫でございます。その隣が企画部政策局長・勝 佳朗でございます。

 それでは、皆様方から向かいまして右側のほうの席に入らせていただきます。前列1列目、教育長・西尾洋昭でございます。続きまして、教育次長・大井文高でございます。続きまして、消防長・松葉和正でございます。続きまして、市民病院部長・井口芳明でございます。

 2列目に入らせていただきます。2列目、山口総合事務所長・水野克司でございます。続きまして、坂下総合事務所長・鎌田隆二でございます。続きまして、川上総合事務所長・井口 実でございます。加子母総合事務所長・熊澤博志でございます。

 3列目に入らせていただきます。付知総合事務所長・小池和廣でございます。福岡総合事務所長・杉山克美でございます。蛭川総合事務所長・柘植貴敏でございます。

 以上でございます。どうかよろしくお願い申し上げます。

 ――――――――――――――――――



○議長(伊佐治由行君) これより本日の会議を開きます。

 ――――――――――――――――――



△諸般の報告



○議長(伊佐治由行君) 日程に入るに先立ち、事務局長をして諸般の報告をさせます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) 報告いたします。

 本日の会議に提出された議案は、市長提出2件であります。

 次に、地方自治法第121条の規定により、議長から説明のため出席を求めた説明員並びにその委任または嘱託により出席する旨の報告のありましたものは、市長事務部局におきましては市長以下19名、教育委員会事務部局におきましては教育長以下2名、消防本部におきましては消防長であります。

 なお、議会事務報告につきましては、お手元に配付いたしました印刷物により報告いたします。

 以上でございます。

 ――――――――――――――――――



△議会運営委員長報告



○議長(伊佐治由行君) 本日の議会運営について、さきに議会運営委員会が開かれております。

 この際、議会運営委員長の報告を求めます。議会運営委員長・楯 公夫君。

  〔議会運営委員長・楯 公夫君登壇〕



◆議会運営委員長(楯公夫君) 皆さんおはようございます。

 5月16日に議会運営委員会を開いておりますので、報告をさせていただきます。

 まず、本臨時会の提出予定議案について執行部から説明を受けておりますが、皆さんのお手元に配付済みでありますので、これを省略させていただきます。

 それから、日程第2になりまして、議会役職についてということで、代表者会議の報告を受けております。それで、本日の議事日程につきましても行っておりますが、あわせてご報告を申し上げたいと思います。

 それで、皆さんお手元に代表者会議で受けた、議運で了承した文章がお手元にあろうかと思いますが、1、2番の正副議長については、選挙を行うということで決まりましたのでよろしくお願いをいたします。

 あと、3番以降、常任委員会あるいは特別委員会それぞれ、代表者会議で決定しました案件につきまして議運では了承しております。また、各種委員についてもそのようになっておりますが、あと、議長、副議長の当選によって充て職がはまるということになりますので、よろしくお願いをいたします。

 それでは、本日の議事日程につきまして若干触れさせていただきますが、議第52号・市道路線の認定につきましては、委員会付託を産業建設委員会にいたすことに決めておりますので、休憩をとって委員会を開いていただくよう、お願いをいたします。

 その前に、日程第4、岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙というものが日程に入っております。これは、県の広域連合の関係でございまして、中津川市長が前回、広域連合の議員になっております。改選によりまして、長の任期によるということでございまして、これを、任期が新たになったものですから、改めて広域連合の議員に指名推選をするということで決めておりますので、議長から指名推選の方法を諮ると思いますが、よろしくお願いをいたします。

 それから、その後、議長の選挙あるいは副議長の選挙が日程に追加されますので、お間違えのないよう、よろしくお願いをいたします。

 それから、その後、日程第6になりまして、常任委員会委員の選任後、正副委員長の互選を休憩をとって行っていただきますが、よろしくお願いをいたします。

 また、その後、議会運営委員会委員の選任、正副委員長の選任、それから、特別委員会は任期がありますが、辞任に伴う関係で委員長、副委員長の互選を行っていただくことになっておりますので、よろしくお願いをいたします。

 また、最後に議員の派遣ということで、伊佐治現議長がブラジル派遣を行うことになるわけでございますが、この派遣を議決していただくということになりますので、議会を代表するという形で議決をしていただきますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。

 それから、その他の案件でございますが、平成19年度の議員互助会の決算報告がお手元に配付されておりますので、確認をいたしてください。

 それから、平成20年度の中津川市姉妹都市友好推進協会の年会費を、一口1,000円でございますが、議員互助会より一括納入するということで決めさせていただいておりますので、よろしくお願いをいたします。

 また、本年度、20年度の飯田市との交流事業につきまして、中津川市が当番でございますが、8月23日(土曜日)ということで日程を決定させていただいておりますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。

 以上で報告を終わります。



○議長(伊佐治由行君) 委員長の報告に何か質疑ありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) 質疑なしと認めます。

 ――――――――――――――――――



△日程第1  会議録署名議員の指名



○議長(伊佐治由行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において

   10番 粥川 茂和君

   11番 吉村 俊廣君

を指名いたします。

 ――――――――――――――――――



△日程第2  会期の決定



○議長(伊佐治由行君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議なしと認めます。よって、会期は1日間と決定いたしました。

 ――――――――――――――――――



△日程第3  報第1号



○議長(伊佐治由行君) 日程第3、報第1号・専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・大山耕二君。

  〔市長・大山耕二君登壇〕



◎市長(大山耕二君) それでは、報第1号の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 報第1号は、専第1号の中津川市病院事業及び国民健康保険診療所等使用料及び手数料徴収条例の一部改正について、及び専第2号の中津川市税条例の一部改正についての専決処分の報告でございます。

 専第1号の条例改正は、診療報酬等を定めた厚生労働省告示の改定に伴い、専決処分をさせていただいたものであります。改正の内容につきましては、条例で引用している厚生労働省告示を変更するため、条文整備を行うものであります。なお、この条例は、平成20年4月1日から施行するものであります。

 次に、専第2号の条例改正は、地方税法の一部改正に伴い、専決処分をさせていただいたものであります。改正の主な内容につきましては、既存住宅において工事に要する費用が30万円以上の省エネ改修工事を行った場合、翌年度の固定資産税を減額する特例措置が創設されたことに伴い、この特例措置の適用を受けようとする場合の規定を設けたものであります。このほか、条例で引用している条項の整備等、所要の改正を行っております。なお、この条例は、平成20年4月30日から施行するものであります。

 以上、ご説明申し上げました内容につきましては、議会を招集する時間的余裕がなかったため、専第1号                           については3月31日をもって、専第2号については4月30日をもって専決処分とさせていただきましたので、ご報告いたします。



○議長(伊佐治由行君) これより質疑に入ります。専第1号及び専第2号の質疑を一括して順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております報第1号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議なしと認めます。よって、報第1号については委員会の付託を省略することに決しました。

 本件に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 お諮りいたします。本件は市長報告のとおり承認することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議なしと認めます。よって、本件は市長報告のとおり承認することに決しました。

 ――――――――――――――――――



△日程第4  岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙



○議長(伊佐治由行君) 日程第4、岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員に大山耕二君を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました大山耕二君を岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました大山耕二君が岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。

 ただいま岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました大山耕二君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 ――――――――――――――――――



△日程第5  議第52号



○議長(伊佐治由行君) 日程第5、議第52号・市道路線の認定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長・大山耕二君。

  〔市長・大山耕二君登壇〕



◎市長(大山耕二君) ただいま議題となりました議第52号の市道路線の認定につきましてご説明申し上げます。

 これは、市道西山大原線と西山農道を結ぶ生活関連道路として整備した路線を市道認定し、一貫した道路管理を実施するものであります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(伊佐治由行君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております議第52号は、産業建設委員会に付託いたします。ただいま付託いたしました議第52号について、休憩中に産業建設委員会を開催して審議を行い、その結果を報告願います。委員会を開く場所を事務局長から発表させます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) それでは、産業建設委員会を第1委員会室で開催いたしますので、委員の皆様、よろしくお願いいたします。



○議長(伊佐治由行君) ただいまから暫時休憩いたします。

  午前10時22分休憩

 ――――――――――――――――――

  午前10時38分再開



○議長(伊佐治由行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第5、議第52号・市道路線の認定についてを議題といたします。

 休憩中に産業建設委員会が開かれております。本案に関し、委員長の報告を求めます。産業建設委員長・森 廣茂君。

  〔産業建設委員長・森 廣茂君登壇〕



◆産業建設委員長(森廣茂君) それでは、ただいま議題となりました議第52号・市道路線の認定について、産業建設委員会における審議経過並びに結果についてご報告いたします。

 まず最初に、資料があろうかと思いますけれども、ごらんいただきたいと思いますが、市道認定についての改正の趣旨でございますが、本路線は一級市道西山大原線から西山農道へ接続する落合西山地区生活関連道路として整備した道路で、地元の要望もあり市道として認定し、一貫した市道の管理をするものであります。

 改正の概要でございます。

 路線名は落合151号線、起点は落合字西山95番14地先から、終点落合字西山76番12地先まででございます。道路延長が163.5m、そのうちの73.5mが下水道管理道として整備されていたものでございます。残り90mにつきましては新設でございます。道路の幅員は4mから8m30cmまで。用地につきましては、所有者5名9筆を平成18年度、寄附を受けたものでございます。

 事業名としては落合西山地区生活関連道路改良工事ということでございます。工期は平成19年8月10日から19年11月26日までということで、工事費が759万450円ということでございます。以上のような説明を受けまして、質疑を行いましたが、報告するような質疑はございませんでした。

 以上のような慎重審議をし、採決の結果、全会一致原案可決でございます。

 以上、報告を終わります。



○議長(伊佐治由行君) これより質疑に入ります。順次発言を許します。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) 質疑なしと認めます。

 本案に対する討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

 これより議第52号・市道路線の認定についてを採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊佐治由行君) ご異議ないものと認め、委員長の報告のとおり決しました。

 これより議長を交代いたします。

  〔議長・伊佐治由行君退席、副議長・中西康浩君議長席に着く〕



○副議長(中西康浩君) 伊佐治由行君から議長の辞職願が提出されております。

 お諮りをいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中西康浩君) ご異議なしと認めます。よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 ――――――――――――――――――



△議長辞職の件



○副議長(中西康浩君) 地方自治法第117条の規定により、伊佐治由行君の退席を求めます。

  〔伊佐治由行君退席〕



○副議長(中西康浩君) まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) 朗読いたします。

 今般、一身上の都合により議長を辞職したいので、会議規則第97条の規定により、許可されるようお願いします。平成20年5月19日、中津川市議会副議長様、中津川市議会議長・伊佐治由行。

 以上でございます。



○副議長(中西康浩君) お諮りいたします。伊佐治由行君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中西康浩君) ご異議なしと認めます。よって、伊佐治由行君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。伊佐治由行君の入場を許可いたします。

  〔伊佐治由行君入場〕



○副議長(中西康浩君) ただいま議長を退任されました伊佐治由行君から退任のごあいさつがあります。

  〔21番・伊佐治由行君登壇〕



◆21番(伊佐治由行君) 皆さん、改めましておはようございます。

 退任に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。

 昨年5月18日、議長に就任して以来、議員の皆様からは心温まるご支援、ご協力を賜りまして、本日ここに、何とか議長の重責を果たすことができることを大変ありがたく存じ、心から皆様方にお礼を申し上げたいというふうに思います。また、大山市長さんをはじめ、執行部の皆様、事務局職員の皆様には一致したご協力をいただきまして、議会運営を何とか本日まで進めることができました。心からありがたく思っております。本当にありがとうございました。特に、中西副議長さんにおかれましては、豊富な行政経験と人生経験によりまして、若輩の私を適切なアドバイスをしていただきまして、本日まで導いていただきました。また、心からの気遣いも賜りまして、中西副議長のご支援があったからこそ、ここまで私も議長の重責を務めてこられたというふうに、高い席からでございますが、深く感謝を申し上げます。

 さて、振り返ってみますと、合併して3年目、広くなった中津川市を各地域の行事、会議に出席をさせていただきまして実感しますとともに、それぞれの地域の住民の皆様が力を合わせてまちづくりにご尽力いただいておりますこともこの肌で感じたところでございます。今後は、微力ではございますが、大変苦難の、中津川市が今、目の前が苦難になっておりますが、どうか皆様と一致して、住んでよかった、次の世代が誇れる中津川市を目指してまいりたいというふうに思っております。終わりになりますが、大変微力でありますが、今後とも、皆様とともに新中津川市の進展のために、微力でありますが尽力していきたいと思いますので、今後ともご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、私のお礼のあいさつとかえさせていただきます。本当に1年間ありがとうございました。(拍手)



○副議長(中西康浩君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中西康浩君) ご異議なしと認めます。よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 ――――――――――――――――――



△議長の選挙



○副議長(中西康浩君) これより議長の選挙を行います。選挙の方法につきましては投票により行います。それでは、ただいまから投票に入ります。議場の閉鎖を命じます。

  〔議場閉鎖〕



○副議長(中西康浩君) ただいまの出席議員数は30人であります。

 投票用紙を配付させます。

  〔投票用紙配付〕



○副議長(中西康浩君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中西康浩君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

  〔投票箱点検〕



○副議長(中西康浩君) 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) それでは、お名前を申し上げます。

 田口文数君。櫛松直子さん。黒田ところさん。吉村卓己君。大堀寿延君。原 昌男君。深谷明宏君。三浦八郎君。熊谷文雄君。粥川茂和君。吉村俊廣君。中島敏明君。深谷 勲君。森 廣茂君。加藤 出君。鈴木雅彦君。鈴木清貴君。松浦高春君。鷹見憲三君。伊佐治由行君。吉村久資君。今井 誠君。片桐光朗君。安江俊平君。島田千寿君。佐藤光司君。鷹見信義君。可知いさむ君。楯 公夫君。中西康浩君。

 なお、議長は議長席から投票させていただきます。



○副議長(中西康浩君) 投票漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中西康浩君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

  〔議場開鎖〕



○副議長(中西康浩君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により立会人に三浦八郎君、櫛松直子さんを指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

  〔開票〕



○副議長(中西康浩君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数30票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち、有効投票28票、無効投票2票。有効投票中、加藤 出君19票、島田千寿君5票、可知いさむ君3票、吉村卓己君1票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。よって、加藤 出君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました加藤 出君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 議長になられました加藤 出君から当選のごあいさつがあります。

  〔議長・加藤 出君登壇〕



○議長(加藤出君) 議長就任に当たりまして、一言ごあいさつをさせていただきたいと思います。

 ただいま議長選挙によりまして中津川市市議会第52代の議長の要職につくことになりましたことは、まことに身に余る光栄であり、その責任の重さを痛感しているところでございまして、議員の皆様方には深く感謝申し上げます。

 私は、市議会議員として今、4年目でありまして、まだまだ経験も浅く、もとより浅学非才の身でありまして、また、その器でないことも自身よく承知をしておりますが、こうして議長に就任した以上は、議員の皆様方のご支持とご協力をいただきながら、市政の推進と議会運営の円滑な運営のために議会運営委員会の意見を尊重しながら、誠心誠意努めてまいりたいと思いますので、どうかひとつよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 さて、合併して4年目のスタートをしたところでございますけども、依然として大変厳しい行財政運営を強いられており、本市の最重要課題でもある行財政改革の推進は執行部だけではなく、市議会も市民も一緒になって取り組む必要性を感じており、今後の市議会活動の中で議会改革とあわせ、行財政改革の推進に取り組み、市民に開かれた市議会、財政の健全化、そして、合併に向けて一層の力を注がなければならないと考えます。また、これまで執行部と議会は車の両輪であると言われてきましたけども、これからのまちづくりは執行部と議会と、そして市民とで3つの車輪となるような進め方をしなければ新しいまちづくりは前に進まないのではないかと思います。そして、執行部の皆さん方とは、市民の目線に立ってしっかりと議論を尽くし、是々非々の立場で対応してまいりたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げ、少し長くなりましたけども、議長新任に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。きょうはありがとうございました。(拍手)



○副議長(中西康浩君) それでは、加藤 出君、議長席にお着き願います。

  〔副議長・中西康浩君退席、議長・加藤 出君議長席に着く〕



○議長(加藤出君) それでは、議長を務めさせていただきたいと思います。

 中西康浩君から副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 ――――――――――――――――――



△副議長辞職の件



○議長(加藤出君) 地方自治法第117条の規定により、中西康浩君の退席を求めます。

  〔中西康浩君退席〕



○議長(加藤出君) まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) 朗読いたします。

 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので、会議規則第97条の規定により、許可されるようお願いします。平成20年5月19日、中津川市議会議長様、中津川市議会副議長・中西康浩。

 以上でございます。



○議長(加藤出君) お諮りいたします。中西康浩君の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、中西康浩君の副議長の辞職を許可することに決しました。

 中西康浩君の入場を許可します。

  〔中西康浩君入場〕



○議長(加藤出君) ただいま副議長を退任されました中西康浩君から退任のごあいさつがあります。

  〔14番・中西康浩君登壇〕



◆14番(中西康浩君) 失礼いたします。ただいまは私の辞表を受理いただきました。まことにありがとうございました。また、昨年の5月18日以来、大変未熟な私であり、また、議会経験のない私が副議長という重責を担わせていただきました。皆様から賜った温かいご支援とご協力、ご指導というものに対しまして、心から厚く御礼を申し上げます。

 振り返ってみますと、この1年間、私は本当に多くの貴重な体験をさせていただきました。また、多くの皆様からいろいろな知識を与えていただき、また、ご指導いただき、本当にいい勉強をさせていただいたと心から感謝を申し上げるところでございます。この1年間に賜った皆様のそうしたご支援、ご指導、そうしたものをこれからもしっかりと踏まえながら、何とかやってこられた、そうしたのはひとえに伊佐治議長さんをはじめ、議員の皆様、そして大山市長さん、執行部の皆さん、議会事務局の皆さんの、本当に心から支えていただけたおかげだと感謝を申し上げるところでございます。これからあと3年、議員任期がございます。これからは精いっぱい、この、いい勉強をさせていただいたものを糧として、中津川市発展のために誠心誠意努めさせていただく所存でございますので、これからも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜わらんことをお願い申し上げ、十分意は尽くしませんけれども、副議長退任のお礼の言葉にかえさせていただきます。本当に1年間、ありがとうございました。(拍手)



○議長(加藤出君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 ――――――――――――――――――



△副議長の選挙



○議長(加藤出君) これより副議長の選挙を行います。選挙の方法につきましては投票により行います。それでは、ただいまから投票に入ります。議場の閉鎖を命じます。

  〔議場閉鎖〕



○議長(加藤出君) ただいまの出席議員数は30人であります。

 投票用紙を配付させます。

  〔投票用紙配付〕



○議長(加藤出君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

  〔投票箱点検〕



○議長(加藤出君) 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。点呼を命じます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) それでは、お名前を申し上げます。

 田口文数君。櫛松直子さん。黒田ところさん。吉村卓己君。大堀寿延君。原 昌男君。深谷明宏君。三浦八郎君。熊谷文雄君。粥川茂和君。吉村俊廣君。中島敏明君。深谷 勲君。中西康浩君。森 廣茂君。鈴木雅彦君。鈴木清貴君。松浦高春君。鷹見憲三君。伊佐治由行君。吉村久資君。今井 誠君。片桐光朗君。安江俊平君。島田千寿君。佐藤光司君。鷹見信義君。可知いさむ君。楯 公夫君。加藤 出君。

 なお、議長は議長席から投票させていただきます。



○議長(加藤出君) 投票漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

  〔議場開鎖〕



○議長(加藤出君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により立会人に三浦八郎君、櫛松直子さんを指名いたします。よって、両君の立ち会いを願います。

  〔開票〕



○議長(加藤出君) それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数30票。これは先ほどの出席議員数に符合しております。そのうち、有効投票30票。有効投票中、安江俊平君19票、吉村久資君7票、佐藤光司君3票、今井 誠君1票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。よって、安江俊平君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました安江俊平君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

 副議長になられました安江俊平君から当選のごあいさつがあります。

  〔副議長・安江俊平君登壇〕



○副議長(安江俊平君) 一言ごあいさつを申し上げます。

 このたびは、中津川市議会におきましての副議長に私を選出していただきまして、まことにありがとうございました。厚くお礼を申し上げます。しかしながら、私はまだまだ浅学非才の身でございます。皆様方のご指導、ご鞭撻をいただかなければならないと考えております。どうかよろしく今後ともご指導くださいますように、よろしくお願いを申し上げます。加藤議長をしっかり補佐できますように、健康にも気をつけながら、今年1年を頑張っていく所存でございます。ご支援もまたよろしくお願いを申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

 ――――――――――――――――――



△日程第6  常任委員会委員の選任について



○議長(加藤出君) 日程第6、常任委員会委員の選任についてを行います。

 お諮りいたします。常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、

   28番 鷹 見 信 義君  27番 佐 藤 光 司君

   23番 今 井   誠君  19番 松 浦 高 春君

   16番 加 藤   出    8番 三 浦 八 郎君

    7番 深 谷 明 宏君   1番 田 口 文 数君

以上8名を総務企画委員会委員に。

   24番 片 桐 光 朗君  22番 吉 村 久 資君

   21番 伊佐治 由 行君  17番 鈴 木 雅 彦君

   14番 中 西 康 浩君  10番 粥 川 茂 和君

    3番 黒 田 ところさん

以上7名を文教消防委員会委員に。

   29番 可 知 いさむ君  26番 島 田 千 寿君

   25番 安 江 俊 平君  20番 鷹 見 憲 三君

   18番 鈴 木 清 貴君  11番 吉 村 俊 廣君

    5番 大 堀 寿 延君   2番 櫛 松 直 子さん

以上8名を民生委員会委員に。

   30番 楯   公 夫君  15番 森   廣 茂君

   13番 深 谷   勲君  12番 中 島 敏 明君

    9番 熊 谷 文 雄君   6番 原   昌 男君

    4番 吉 村 卓 己君

以上7名を産業建設委員会委員にそれぞれ指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君をそれぞれの常任委員会の委員に選任することに決しました。

 ただいま選任いたしました常任委員会委員の諸君は、休憩中にそれぞれ委員会を開催し正副委員長の互選を行い、その結果を報告願います。

 それぞれ委員会を開く場所を事務局長から発表させます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) それでは、各委員会の開催場所を申し上げます。

 総務企画委員会を第1委員会室、文教消防委員会を議長室、民生委員会を応接室、産業建設委員会を議員控室において直ちに開催いたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(加藤出君) ただいまから暫時休憩いたします。

  午前11時24分休憩

 ――――――――――――――――――

  午前11時31分再開



○議長(加藤出君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各常任委員会における正副委員長の互選の結果を報告願います。

 初めに、総務企画委員会。28番・鷹見信義君。

  〔28番・鷹見信義君登壇〕



◆28番(鷹見信義君) ただいま第1委員会室におきまして第1回目の総務企画委員会を開きまして、委員長に深谷明宏委員、副委員長に松浦高春委員を選出しましたので、報告いたします。

 以上です。



○議長(加藤出君) 続いて、文教消防委員会。14番・中西康浩君。

  〔14番・中西康浩君登壇〕



◆14番(中西康浩君) ただいま議長室におきまして文教消防委員会の委員長、副委員長の互選を行いました結果、委員長に粥川茂和委員、副委員長に鈴木雅彦委員に決定をいたしましたので、よろしくお願いいたします。



○議長(加藤出君) 続いて、民生委員会。25番・安江俊平君。

  〔25番・安江俊平君登壇〕



◆25番(安江俊平君) 休憩時間中に民生委員会を開きました。委員長に島田千寿君、副委員長に鷹見憲三君を決定しましたので、ここに報告をいたします。

 以上でございます。



○議長(加藤出君) 続いて、産業建設委員会。6番・原 昌男君。

  〔6番・原 昌男君登壇〕



◆6番(原昌男君) 開催いたしました産業建設委員会の結果を報告申し上げます。委員長に熊谷文雄委員、副委員長に深谷 勲委員を満場一致、互選いたしましたのでご報告申し上げます。

 ――――――――――――――――――



△日程第7  議会運営委員会委員の選任について



○議長(加藤出君) 日程第7、議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、

   30番 楯   公 夫君  28番 鷹 見 信 義君

   26番 島 田 千 寿君  24番 片 桐 光 朗君

   22番 吉 村 久 資君  19番 松 浦 高 春君

   18番 鈴 木 清 貴君  14番 中 西 康 浩君

   12番 中 島 敏 明君   8番 三 浦 八 郎君

以上10名を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました10名の諸君を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

 議会運営委員会委員の諸君は、休憩中に委員会を開催して正副委員長の互選を行い、その結果を報告願います。

 委員会を開く場所を事務局長から発表させます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) それでは、議会運営委員会を第1委員会室にて直ちに開催いたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(加藤出君) ただいまから暫時休憩いたします。

  午前11時36分休憩

 ――――――――――――――――――

  午前11時40分再開



○議長(加藤出君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に議会運営委員会が開催され、正副委員長の互選が行われておりますので、その結果を報告願います。14番・中西康浩君。

  〔14番・中西康浩君登壇〕



◆14番(中西康浩君) ただいま休憩中に議会運営委員会を開催いたしました。第1委員会室でございます。それで委員長、副委員長の互選を行いました結果、委員長に楯 公夫委員、副委員長に吉村久資委員が決定をしましたので、ご報告を申し上げます。

 以上です。



○議長(加藤出君) 粥川茂和リニア中央新幹線停車駅誘致対策特別委員会委員長及び安江俊平リニア中央新幹線停車駅誘致対策特別委員会副委員長から、それぞれ正副委員長を辞任したい旨の願い出があり、委員会条例第12条の規定により許可されております。

 また、鷹見憲三駅前再整備対策特別委員会副委員長から副委員長を辞任したい旨の願い出があり、委員会条例第12条の規定により許可されております。

 また、片桐光朗中津川環境センター対策特別委員会副委員長から副委員長を辞任したい旨の願い出があり、委員会条例第12条の規定により許可されております。

 よって、特別委員会委員の諸君は、休憩中に委員会を開催して正副委員長の互選を行い、その結果をご報告願います。

 会議を開く場所を事務局長から発表させます。



◎議会事務局長(市岡幹朗君) それでは、リニア中央新幹線停車駅誘致対策特別委員会を第1委員会室にて、駅前再整備対策特別委員会を応接室にて、中津川環境センター対策特別委員会を議員控室にて直ちに開催いたしますので、よろしくお願いいたします。



○議長(加藤出君) ただいまから暫時休憩いたします。

  午前11時44分休憩

 ――――――――――――――――――

  午前11時47分再開



○議長(加藤出君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 各特別委員会における正副委員長の互選の結果をご報告願います。

 最初に、リニア中央新幹線停車駅誘致対策特別委員会。25番・安江俊平君。

  〔25番・安江俊平君登壇〕



◆25番(安江俊平君) ただいまの休憩中にリニア中央新幹線停車駅誘致対策特別委員会を開催いたしました。委員長に中西康浩君、副委員長に鷹見信義君と決定いたしましたので、報告をいたします。

 以上でございます。



○議長(加藤出君) 続きまして、駅前再整備対策特別委員長・鈴木清貴君。

  〔駅前再整備対策特別委員長・鈴木清貴君登壇〕



◆駅前再整備対策特別委員長(鈴木清貴君) ただいま休憩中に欠員となりました駅前再整備対策特別委員会の副委員長を佐藤光司君に決定いたしましたので、ご報告させていただきます。

 以上でございます。



○議長(加藤出君) 続きまして、中津川環境センター対策特別委員長・中島敏明君。

  〔中津川環境センター対策特別委員長・中島敏明君登壇〕



◆中津川環境センター対策特別委員長(中島敏明君) 休憩中に中津川環境センター対策特別委員会を開催いたしました。副委員長に三浦八郎君に決定をいたしましたので、報告をいたします。

 以上です。



○議長(加藤出君) お諮りいたします。この際、議員派遣の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、この際、議員派遣の件を日程に追加し、議題といたします。

 ――――――――――――――――――



△議員派遣の件



○議長(加藤出君) お諮りいたします。会議規則第121条の規定により、お手元に配付いたしましたとおり、議員派遣することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、お手元配付いたしましたとおり議員派遣することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま議決されました議員派遣について変更を要するときは、その措置を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、議員派遣について変更を要するときは、その措置を議長に委任することに決しました。

 お諮りいたします。議会運営委員長から、会議規則第72条及び第74条の規定により、定例市議会及び臨時会の会期、日程、あるいは議長の諮問等の審議について、任期中における閉会中の継続審査の申し出があります。議会運営委員長からの申し出のとおり、任期中における閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤出君) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、任期中における閉会中の継続審査に付することに決しました。

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 これをもって平成20年第2回中津川市議会臨時会を閉会といたします。どうもご苦労さまでございました。

  午前11時52分閉会

 ――――――――――――――――――

会議録署名議員

 中津川市議会  議長   伊佐治由行

         議長   加藤 出

         副議長  中西康浩

         署名議員 粥川茂和

         同    吉村俊廣