議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 関市

平成20年第4回定例会会議録 11月26日−01号




平成20年第4回定例会会議録 − 11月26日−01号







平成20年第4回定例会会議録





議事日程

 平成20年11月26日(水曜日)午前10時 開  議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 議案第 81号 関市職員の退職手当に関する条例の一部改正について

 第4 議案第 82号 関市基金条例の一部改正について

 第5 議案第 83号 関市行政財産の目的外使用に係る使用料徴収条例の一部改正について

 第6 議案第 84号 関市総合福祉会館条例等の一部改正について

 第7 議案第 85号 関市生涯学習センター条例の制定について

 第8 議案第 86号 関市立図書館条例の一部改正について

 第9 議案第 87号 関市地区体育館条例の一部改正について

 第10 議案第 88号 関市過疎地域自立促進計画の変更について

 第11 議案第 89号 関市土地開発公社定款の変更について

 第12 議案第 90号 公の施設の指定管理者の指定について(関市武芸川健康プール)

 第13 議案第 91号 公の施設の指定管理者の指定について(関市武芸川温泉ゆとりの湯)

 第14 議案第 92号 公の施設の指定管理者の指定について(関市上之保温泉ほほえみの湯)

 第15 議案第 93号 財産の取得について(移動脱水乾燥車)

 第16 議案第 94号 財産の取得について(精密旋盤及び立型フライス盤)

 第17 議案第 95号 平成20年度関市一般会計補正予算(第4号)

 第18 議案第 96号 平成20年度関市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 第19 議案第 97号 平成20年度関市下水道特別会計補正予算(第2号)

 第20 議案第 98号 平成20年度関市財産区特別会計補正予算(第1号)

 第21 議案第 99号 平成20年度関市中小企業従業員退職金共済事業特別会計補正予算(第1

           号)

 第22 議案第100号 平成20年度関市食肉センター事業特別会計補正予算(第2号)

 第23 議案第101号 平成20年度関市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

 第24 議案第102号 平成20年度関市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

 第25 議案第103号 平成20年度関市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

 第26 議案第104号 平成20年度関市上水道事業会計補正予算(第1号)

 第27 認定第 2号 平成19年度関市一般会計歳入歳出決算の認定について

 第28 認定第 3号 平成19年度関市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について

 第29 認定第 4号 平成19年度関市下水道特別会計歳入歳出決算の認定について

 第30 認定第 5号 平成19年度関市財産区特別会計歳入歳出決算の認定について

 第31 認定第 6号 平成19年度関市中小企業従業員退職金共済事業特別会計歳入歳出決算の

           認定について

 第32 認定第 7号 平成19年度関市食肉センター事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 第33 認定第 8号 平成19年度関市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について

 第34 認定第 9号 平成19年度関市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 第35 認定第 10号 平成19年度関市公設地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算の認定につ

           いて

 第36 認定第 11号 平成19年度関市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 第37 認定第 12号 平成19年度関市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 第38 認定第 13号 平成19年度関市有線放送事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 第39 諮問第 8号 関市教育委員会の委員の任命について

 第40 選第  5号 関市選挙管理委員会の委員及び補充員の選挙について





本日の会議に付した事件

  1 議事日程第1から第40まで





出席議員(25名)

      1番   山 田 弘 子 君        2番   山 藤 鉦 彦 君

      3番   伊佐地 秀 次 君        4番   尾 関 健 治 君

      5番   山 田 美代子 君        6番   猿 渡 直 樹 君

      7番   小 森 敬 直 君        8番   杉 本 富 夫 君

      9番   林   修 美 君        10番   長 屋 和 伸 君

      11番   山 田 義 行 君        12番   波多野   保 君

      13番   西 部 雅 之 君        14番   酒 向   薫 君

      15番   足 立 将 裕 君        16番   幅   永 典 君

      17番   市 川 隆 也 君        18番   太 田 博 勝 君

      19番   三 輪 正 善 君        20番   佐 藤 善 一 君

      21番   丹 羽 栄 守 君        22番   石 原 教 雅 君

      23番   山 田 菊 雄 君        24番   桜 井 幸 三 君

      25番   松 田 文 男 君





欠席議員(なし)





説明のため出席した者                                

 市     長    尾 藤 義 昭 君    副  市  長    森   義 次 君

 副  市  長    道 家 年 郎 君    教  育  長    遠 藤 俊 三 君

 市 長 公 室 長    村 井 由 和 君    市長公室次長     青 山 雅 紀 君

 総 務 部 長    村 山 景 一 君    総 務 部 次 長    後 藤 康 範 君

 民生福祉部長     小 島 昭 二 君    民生福祉部次長    武 藤 正 明 君

 環境経済部長     長 瀬 卓 男 君    環境経済部次長    林   貞 一 君

 建 設 部 長    太 幡 正 樹 君    建 設 部 参 事    小 澤   中 君

 建 設 部 次 長    渡 辺   環 君    水 道 部 長    栗 本 敬 二 君

 水 道 部 次 長    塚 原 照 男 君    会 計 管 理 者    中 村   猛 君

 教育委員会事務局長  浅 野 澄 生 君





出席した事務局職員

 局     長    大 野 喜 郎      次     長    藤 井 建 治

 課 長 補 佐    渡 辺   悟      主 任 主 査    水 野 一 生

 主     査    廣 瀬 正 則





     午前10時00分 開会



◎議会事務局長(大野喜郎君)

  ただいまから開会式を始めます。最初に関市民憲章を唱和いたします。

  関市民憲章。

  わたくしたちは 自然に恵まれた 伝統ある 刃物のまちの 市民であることに 誇りと責任を持ち 感謝の心で 郷土を住みよくするために みんなで力をあわせます。

  育てよう こころ豊かなまちづくり

  鍛えよう からだ丈夫なまちづくり

  伸ばそう 希望あふれるまちづくり

  議長からごあいさつをいただきます。

    (議長 丹羽栄守君登壇)



○議長(丹羽栄守君)

  皆さん、おはようございます。

  開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

  本日、ここに平成20年関市議会第4回定例会を開催し、議員の皆様方には御多忙の中、御出席を願いましてまことにありがとうございます。

  本定例会には、お手元に配付してございます議事日程のとおり市長より37の議案が提出される予定でございます。平成19年度一般会計決算の認定を初めとしまして、いずれも重要な案件ばかりでございますので、どうか十分御審議の上、適切な議決をいただきまして円滑な議事運営ができますよう、皆様方の格別の御協力をよろしくお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。

    (降  壇)



◎議会事務局長(大野喜郎君)

  続きまして、市長からごあいさつをいただきます。

    (市長 尾藤義昭君登壇)



◎市長(尾藤義昭君)

  おはようございます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

  本日は平成20年関市議会第4回定例会の開催をお願いいたしましたところ、公私とも御多忙のところ御出席いただきまして、まことにありがとうございます。

  さて、今議会には、条例の制定、一部改正及び当面する市政の諸課題に対応するために必要な事業を計上いたします。平成20年度一般会計補正予算などを上程いたしておりますので、よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げまして開会のごあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願いをいたします。

    (降  壇)



◎議会事務局長(大野喜郎君)

  以上をもちまして、開会式を終わります。御着席ください。

    (議長 丹羽栄守君議長席に着席)



○議長(丹羽栄守君)

  これより平成20年第4回定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第77条の規定により、私から指名いたします。

  2番 山藤鉦彦君、3番 伊佐地秀次君のお二人にお願いいたします。



△日程第2、会期の決定を議題といたします。今定例会の会期等は、あらかじめ議会運営委員会で御協議いただいておりますので、この協議結果につきまして委員長より御報告をお願いいたします。

  22番 石原教雅君、どうぞ。

    (22番 石原教雅君登壇)



◆22番(石原教雅君)

  おはようございます。御指名をいただきましたので、議会運営委員会の協議結果の報告をさせていただきます。

  去る11月20日、全委員出席の上、委員会を開催し、今定例会の会期及び議事運営等について協議をいたしました。

  その結果、会期につきましては、本日26日から12月19日までの24日間といたします。

  そこで、日程でございますが、本日の本会議第1日目は、議事日程順序に従いまして逐次上程し、提案説明のみといたします。

  なお、諮問第8号と選第5号の人事案件は、上程の後、即決といたします。

  27日から3日までの7日間は休会とし、4日の本会議第2日目は議案質疑を行い、その後、即決、または所管の各常任委員会に付託といたします。

  なお、午後1時より一般質問を行います。

  5日、8日の両日は、本会議第3日目、4日目で一般質問を行います。

  9日から18日までの10日間は休会とし、9日、10日の両日は文教経済委員会を、11日、12日の両日は建設委員会を、15日、16日の両日は総務厚生委員会をそれぞれ開催し、付託案件の委員会審査をお願いいたします。

  19日の本会議第5日目は、委員会付託案件の委員長報告、質疑、討論、採決、閉会といたします。

  また、一般質問の要旨通告は11月28日の正午まで、議案質疑の通告は12月1日の正午までとします。

  一般質問の順序は抽選とし、議案質疑は通告順といたします。

  議員提出の議案等につきましては、12月8日の午後5時までに提出願います。

  なお、決算認定議案の上程の時期につきましては、行政視察の先進例でも9月が多く、また過去にも議会活性化協議会から要請した経緯がございます。決算の審議が次年度予算に生かされる9月定例会での提案とされるよう、委員会としての要望意見がありましたので、当局においても御検討をお願いいたします。

  以上で議会運営委員会の協議結果の報告を終わります。

    (降  壇)



○議長(丹羽栄守君)

  御苦労さまでございました。

  会期等については、ただいまの報告どおり決定することに御異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、会期等は委員長の報告どおり決定いたしました。

  それでは、これより議案の審議に入ります。



△日程第3、議案第81号から日程第38、認定第13号までの36件を一括議題といたします。これら36件は、直ちに当局の説明を求めます。

  尾藤市長、どうぞ。

    (市長 尾藤義昭君登壇)



◎市長(尾藤義昭君)

  今定例会において提案いたします諸議案につきまして、その概要を順次御説明申し上げます。

  議案書をお願いいたします。

  議案第81号から第87号につきましては、条例の制定及び改正でございます。

  初めに議案第81号、関市職員の退職手当に関する条例の一部改正につきましては、副市長の退職手当の額に係る特例に関する規定を加えるものでございます。

  議案第82号、関市基金条例の一部改正につきましては、第30回全国豊かな海づくり大会の推進のための経費に充てるため、新たに関市全国豊かな海づくり大会推進基金を設置するものでございます。

  今後、市民の皆様を初め多くの方々に寄附を募り、その寄附金の受け皿にしていくというものでございます。

  議案第83号、関市行政財産の目的外使用に係る使用料徴収条例の一部改正につきましては、武芸川温泉ゆとりの湯のレストラン及び道の駅むげ川のむげ川農産物直売所の目的外使用に係る使用料をそれぞれ引き下げるものでございます。

  議案第84号、関市総合福祉会館条例等の一部改正につきましては、利用者の利便性を考慮し、休館日が休日と重なった場合でも施設を開館するよう各施設の規定を改めるものでございます。

  議案第85号、関市生涯学習センター条例の制定につきましては、これまで関市公の施設の設置及び管理に関する条例により規定しておりました合併した各地域の生涯学習センターについて、地域住民の交流、生涯学習の推進及び福祉の振興を図り、豊かさと生きがいの感じられる地域社会の形成に寄与するため、また、指定管理者制度の導入を図るために新たに条例を制定するものでございます。

  議案第86号、関市立図書館条例の一部改正につきましては、指定管理者制度の導入を図るため、指定管理者が行う業務の範囲等の規定を加える改正を行うものでございます。

  議案第87号、関市地区体育館条例の一部改正につきましては、これまで関市千疋体育館の設置及び管理に関する条例により、規定しておりました関市千疋体育館を地区体育館に加え、使用料の規定を見直すとともに、本条例で規定する体育館について指定管理者制度の導入を図るため、指定管理者が行う業務の範囲等の規定を加える改正を行うものでございます。

  なお、議案第85号、議案第86号及び議案第87号におきましても議案第84号の休館日に係る規定と同様の規定に改めるものでございます。

  議案第88号、関市過疎地域自立促進計画の変更につきましては、平成17年度から平成21年度までの関市過疎地域自立促進計画におきまして、新規事業の追加等をするため、この計画を変更するものでございます。

  議案第89号、関市土地開発公社定款の変更につきましては、法律の一部改正等に伴い、字句の改正等を行うものでございます。

  議案第90号から議案第92号までの3件につきましては、公の施設の指定管理者の指定に関し、議決を求めるものでございます。

  議案第90号は、関市武芸川健康プールの指定管理者をドルフィン株式会社に、議案第91号は、関市武芸川温泉ゆとりの湯の指定管理者をドルフィン関支店・武芸川町特産品開発企業組合に、議案第92号は、関市上之保温泉ほほえみの湯の指定管理者を株式会社ハートランドかみのほにそれぞれ指定するものでございます。

  また、指定の期間につきましては、3件とも平成21年4月1日から平成24年3月31日までの3年間とするものでございます。

  議案第93号及び議案第94号は、財産の取得2件についてでございます。

  議案第93号は、農業集落排水資源循環計画の見直しに伴う移動脱水乾燥車の購入に関し、指名競争入札において4,095万円で、議案第94号は、関商工高等学校の学科改編により定員増となる機械科で使用する精密旋盤及び立型フライス盤の購入に関し、同じく指名競争入札において4,302万9,000円でそれぞれ取得する契約を締結するものでございます。

  次に、補正予算書をお願いいたします。

  最初に、議案第95号、平成20年度関市一般会計補正予算(第4号)であります。

  今回の一般会計補正予算は、誘致企業等に対する工場等設置奨励補助金、桐谷川改修事業の補助事業費の追加配分によるもののほか、職員等の人件費などを計上いたしております。職員の人件費につきましては、行政改革による職員削減計画に基づく削減により、全会計合わせまして1億3,114万8,000円の減額となっております。

  補正予算書の21ページから順次御説明をいたします。

  議会費では、職員人件費により68万円の補正増。総務費では、情報システム機器の更新、個人住民税の公的年金からの特別徴収に対応するための電算処理委託などにより5,343万9,000円の補正増。民生費では、福祉医療費扶助費、老人福祉施設整備事業補助金のほか、介護保険特別会計への繰出金などにより1億6,789万円の補正増。衛生費では、関市保健センターの駐車場用地取得、予防接種委託などにより3,284万円の補正増。農林水産業費では、全国豊かな海づくり大会推進事業費、農業集落排水事業特別会計への繰出金などにより2,018万7,000円の補正増。商工費では、工場等設置奨励金及び雇用促進奨励補助金などにより7,480万9,000円の補正増。土木費では除雪業務委託、桐谷川改修事業、西本郷一ツ山線整備事業などにより9,737万7,000円の補正増。消防費では、洞戸消防拠点車庫改修などにより1,850万円の補正増。教育費では、旭ケ丘小学校、金竜小学校の耐震補強判定委託、関商工高等学校の職員人件費の減などにより321万5,000円の補正減でございます。災害復旧費では、8月の雷雨によります各施設の復旧費で2,902万7,000円の補正増でございます。

  以上、一般会計の補正総額は4億9,153万4,000円でございまして、その財源といたしましては、主に地方交付税2億897万5,000円、国庫支出金4,511万6,000円。県支出金6,427万8,000円。繰入金6,458万7,000円。市債5,520万円などを充当する補正予算としております。

  次に、特別会計の補正予算について御説明申し上げます。

  55ページの議案第96号、平成20年度関市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)では、事業勘定で療養給付費の増加などにより3億2,645万1,000円の補正増。直診勘定で医薬材料費などにより3,039万円の補正増。

  75ページの議案第97号、平成20年度関市下水道特別会計補正予算(第2号)では、浄化センター管理棟耐震補強工事などにより1億5,184万5,000円の補正増。

  89ページの議案第98号、平成20年度関市財産区特別会計補正予算(第1号)では、積立金利子等の積み立てにより332万3,000円の補正増。

  99ページの議案第99号、平成20年度関市中小企業従業員退職金共済事業特別会計補正予算(第1号)では、基金利子分の積み立てにより148万5,000円の補正増。

  103ページの議案第100号、平成20年度関市食肉センター事業特別会計補正予算(第2号)では、燃料費、光熱水費の不足などにより392万5,000円の補正増。

  107ページの議案第101号、平成20年度関市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)では、光熱水費の不足、処理場設備等の修繕などにより1,394万6,000円の補正増。

  115ページの議案第102号、平成20年度関市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)では、介護サービスに係る負担金の増などにより3億67万3,000円の補正増。

  127ページの議案第103号、平成20年度関市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)では、機器の修繕、武儀・上之保統合基本計画策定業務などにより639万円の補正増でございます。

  137ページの議案第104号、平成20年度関市上水道事業会計補正予算(第1号)では、人件費の補正で、収益的支出85万8,000円の補正増です。

  次に、認定第2号から第13号までの平成19年度一般会計及び特別会計の歳入歳出決算の認定について御説明いたします。

  議案書の47ページをお願いいたします。

  認定第2号、平成19年度関市一般会計歳入歳出決算の認定についてでございます。平成19年度関市一般会計歳入歳出決算について、地方自治法第233条第3項の規定により監査委員の意見をつけて別冊のとおり議会の認定に付すというものでございます。後ほど御説明いたします特別会計につきましても、根拠法令は同様でございます。

  決算書の206ページをお願いいたします。

  一般会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は386億9,391万9,787円。歳出総額は362億8,682万6,626円。歳入歳出差引額は24億709万3,161円。翌年度へ繰り越すべき財源は、繰越明許費で4億7,050万6,327円。実質収支額は19億3,658万6,834円でございます。

  続きまして、認定第3号、平成19年度関市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の事業勘定から順次御説明をさせていただきます。

  決算書の228ページをお願いいたします。

  国民健康保険特別会計(事業勘定)の実質収支に関する調書で歳入総額は92億8,706万6,888円、歳出総額は86億3,300万8,675円。歳入歳出差引額及び実質収支額は6億5,405万8,213円でございます。

  決算書の240ページをお願いいたします。

  国民健康保険特別会計(直診勘定)の実質収支に関する調書で、歳入総額は5億6,163万411円。歳出総額は5億4,130万3,990円。歳入歳出差引額及び実質収支額は2,032万6,421円でございます。

  決算書の256ページをお願いいたします。

  認定第4号の下水道特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は33億5,790万576円。歳出総額は33億5,449万3,575円。歳入歳出差引額は340万7,001円。翌年度へ繰り越すべき財源は、繰越明許費で213万1,150円。実質収支額は127万5,851円でございます。

  決算書の284ページをお願いいたします。

  認定第5号の財産区特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は3,036万2,479円。歳出総額は2,712万4,920円。歳入歳出差引額及び実質収支額は323万7,559円でございます。

  決算書の292ページをお願いいたします。

  認定第6号の中小企業従業員退職金共済事業特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額及び歳出総額は2億3,825万8,037円で同額でございまして、実質収支額はゼロ円となります。

  決算書の300ページをお願いいたします。

  認定第7号の食肉センター事業特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は4,291万3,779円。歳出総額は4,041万3,622円。歳入歳出差引額は250万157円。翌年度へ繰り越すべき財源は繰越明許費で250万円。実質収支額は157円でございます。

  決算書の308ページをお願いいたします。

  認定第8号の老人保健特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は76億172万1,291円。歳出総額は76億172万496円。歳入歳出差引額及び実質収支額は795円でございます。

  決算書の316ページをお願いいたします。

  認定第9号の農業集落排水事業特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は9億5,197万1,959円。歳出総額は9億5,153万6,912円。歳入歳出差引額及び実質収支額は43万5,047円でございます。

  決算書の348ページをお願いいたします。

  認定第10号の公設地方卸売市場事業特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額及び歳出総額は4,855万7,409円で同額でございまして、実質収支額はゼロ円でございます。

  決算書の360ページをお願いいたします。

  認定第11号の介護保険事業特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は45億491万1,541円。歳出総額は44億4,866万9,484円。歳入歳出差引額及び実質収支額は5,624万2,057円でございます。

  決算書の372ページをお願いいたします。

  認定第12号の簡易水道事業特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は6億5,873万4,078円。歳出総額は6億5,864万9,158円。歳入歳出差引額及び実質収支額は8万4,920円でございます。

  決算書の410ページをお願いいたします。

  認定第13号の有線放送事業特別会計の実質収支に関する調書で、歳入総額は2,915万2,056円。歳出総額は2,902万6,908円。歳入歳出差引額及び実質収支額は12万5,148円でございます。

  以上で平成19年度の一般会計及び特別会計の歳入歳出決算についての御説明を終わらせていただきます。

  御審議のほど、どうかよろしくお願いをいたします。

    (降  壇)



○議長(丹羽栄守君)

  御苦労さまでした。



△次に、日程第39、諮問第8号、関市教育委員会の委員の任命についてを議題といたします。

  本件は、直ちに当局の説明を求めます。

  尾藤市長、どうぞ。



◎市長(尾藤義昭君)

  関市教育委員会の委員に次の者を任命いたしたいから、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、議会の同意を求めるわけでございます。

  住所は、関市武芸川町跡部1407番地1、氏名は、武藤孝惠さんでございまして、生年月日が昭和18年1月14日でございます。

  武藤さんには、平成16年12月21日から委員を務めていただいておりまして、平成20年12月20日をもって1期目の任期が満了いたしますが、引き続き委員をお願いいたしたいということでございます。

  なお、任期は4年でございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(丹羽栄守君)

  説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

  質疑のある方はございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  質疑もないようでございますので、質疑を終わります。

  討論のある方ございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  討論もないようでございますので、討論を終わります。

  これより採決をいたします。

  本件は、これに同意することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、諮問第8号はこれに同意することに決しました。



△次に、日程第40、選第5号、関市選挙管理委員会の委員及び補充員の選挙についてを議題といたします。

  本件につきましては、議会事務局長より説明をさせます。

  大野議会事務局長。



◎議会事務局長(大野喜郎君)

  御指名をいただきましたので、選第5号、関市選挙管理委員会の委員及び補充員の選挙について御説明を申し上げます。

  現在の関市選挙管理委員会の委員及び補充員の方は、本年12月18日で任期満了となります。

  したがいまして、地方自治法第182条の規定により、本定例会におきまして後任の委員4名と補充員4名の選挙をお願いするものでございます。

  任期は4年でございまして、選挙権を有する方で、人格が高潔、政治及び選挙に関し公正な識見を有する方のうちから選ぶことになっております。

  委員は地方公共団体の議会の議員及び長と兼ねることはできません。また、補充員は委員に欠員が生じたときに補充する方でございまして、補充の順序も選挙のときに決めておくことなどが条文の主な内容でございます。よろしくお願いいたします。

  以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(丹羽栄守君)

  御苦労さまでした。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております選第5号、関市選挙管理委員会の委員及び補充員の選挙方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。

  指名の方法については、議長において指名することにしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  ここで候補者名簿を配付させます。

    (候補者名簿配付)

  それでは、指名をさせていただきます。

  お手元に配付しましたとおり、選挙管理委員会の委員には、宮本洪純さん、安田勇さん、亀山静子さん、酒井いつ子さんの4名を指名いたします。

  次に、選挙管理委員会の補充員を補充順位の順番に指名いたします。

  1番、藤村靖子さん、2番、岩田幸子さん、3番、内田和敏さん、4番、伊佐地英俊さんの4名をそれぞれ指名いたします。

  そこでお諮りいたします。

  ただいま指名いたしました方々をそれぞれ選挙管理委員会の委員及び補充員の当選人とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました方々がそれぞれ選挙管理委員会の委員及び補充員に当選されました。

  なお、補充員につきましては、ただいまの指名の順番をもって補充の順位といたします。

  この当選告知は、追って文書をもって本人にそれぞれ告知いたします。

  次に、監査委員から地方自治法第235条の2第1項及び第3項の規定により例月現金出納検査報告書2件が皆様のお手元に配付してございますので、御承知おき願います。

  以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

  本日はこれにて散会いたします。

  次の本会議は、来る12月4日の午前10時から開きます。議事日程は、議案質疑及び一般質問でございます。

  本日は大変御苦労さまでございました。

     午前10時39分 散会





上会議の顛末を記録し、相違ないことを証するために署名する。







          関市議会議長       丹   羽   栄   守







          関市議会議員       山   藤   鉦   彦







          関市議会議員       伊 佐 地   秀   次