議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 関市

平成20年第1回臨時会会議録 05月12日−02号




平成20年第1回臨時会会議録 − 05月12日−02号







平成20年第1回臨時会会議録





議事日程

 平成20年5月12日(月曜日)午前10時 開  議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 関市議会議会運営委員会委員の選任について

 第3 関市議会常任委員会委員の選任について





議事日程追加

    議長辞職の件

    選 第1号 議長の選挙

    副議長辞職の件

    選 第2号 副議長の選挙

    選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の辞任の件

    総合交通に関する調査特別委員会委員の辞任の件

    企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の辞任の件

    選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の選任について

    総合交通に関する調査特別委員会委員の選任について

    企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の選任について

    諮問第4号 関市監査委員の選任について(議員選任)

    岐北衛生施設利用組合議会議員の辞任の件

    選 第3号 岐北衛生施設利用組合議会議員の選挙

    関市議会運営委員会の閉会中の継続審査について





本日の会議に付した事件

  1 議事日程第1から第3まで

  2 議事日程追加 14件





出席議員(25名)

      1番   山 田 弘 子 君        2番   山 藤 鉦 彦 君

      3番   伊佐地 秀 次 君        4番   尾 関 健 治 君

      5番   山 田 美代子 君        6番   猿 渡 直 樹 君

      7番   小 森 敬 直 君        8番   杉 本 富 夫 君

      9番   林   修 美 君        10番   長 屋 和 伸 君

      11番   山 田 義 行 君        12番   波多野   保 君

      13番   西 部 雅 之 君        14番   酒 向   薫 君

      15番   足 立 将 裕 君        16番   幅   永 典 君

      17番   市 川 隆 也 君        18番   太 田 博 勝 君

      19番   三 輪 正 善 君        20番   佐 藤 善 一 君

      21番   丹 羽 栄 守 君        22番   石 原 教 雅 君

      23番   山 田 菊 雄 君        24番   桜 井 幸 三 君

      25番   松 田 文 男 君





欠席議員(なし)





説明のため出席した者

 市     長    尾 藤 義 昭 君    副  市  長   森   義 次 君

 副  市  長    道 家 年 郎 君    教  育  長   遠 藤 俊 三 君

 市 長 公 室 長    村 井 由 和 君    市長公室次長    青 山 雅 紀 君

 総 務 部 長    村 山 景 一 君    総 務 部 次 長   後 藤 康 範 君

 民生福祉部長     小 島 昭 二 君    民生福祉部次長   武 藤 正 明 君

 環境経済部長     長 瀬 卓 男 君    環境経済部次長   林   貞 一 君

 建 設 部 長    太 幡 正 樹 君    建 設 部 参 事   小 澤   中 君

 建 設 部 次 長    渡 辺   環 君    水 道 部 長   栗 本 敬 二 君

 水 道 部 次 長    塚 原 照 男 君    会 計 管 理 者   中 村   猛 君

 教育委員会事務局長  浅 野 澄 生 君





出席した事務局職員

 局     長    大 野 喜 郎      次     長   藤 井 建 治

 課 長 補 佐    渡 辺   悟      主 任 主 査   水 野 一 生

 主     査    廣 瀬 正 則





     午前10時00分 開議



○議長(山田菊雄君) 

  皆さん、おはようございます。

  これより、平成20年第1回臨時会第2日目の会議を開きます。



△日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第77条の規定により、私から指名いたします。

  1番 山田弘子君、2番 山藤鉦彦君のお二人にお願いいたします。

  この際暫時休憩をしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  それでは、暫時休憩といたします。

     午前10時01分 休憩

     午前10時40分 再開



○副議長(佐藤善一君) 

  休憩前に引き続きまして、会議を開きます。

  地方自治法第106条第1項の規定によりまして、議長の職務を行います。

  ただいま、議長 山田菊雄君から、一身上の都合によりまして、議長の辞職願が提出をされました。

  お諮りをいたします。

  この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。



△よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

  お諮りいたします。

  山田菊雄君の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、山田菊雄君の議長の辞職を許可することに決しました。

    (23番 山田菊雄君入場)

  この際、前議長のごあいさつをお願いいたします。

    (23番 山田菊雄君登壇)



◆23番(山田菊雄君)

  皆さん、こんにちは。

  2日間にわたりまして、大変皆様方に御迷惑をかけたことを心からおわび申し上げます。

  私はおかげさまで議長にならせていただきまして、政務調査費につきましては、1円なりとも領収書がないといけませんと、それを徹底いたしまして、おかげさまできょうに至ったわけでございます。

  そんな中で、私たち監視、監督する義務、権利があるわけでございまして、いろいろやっていました。いろいろ違いがあるかと思いますが、3月におきまして政務調査費につきまして各会派に、3会派からいろいろちょっとそれらしき件がございまして、きょうに至ったわけでございます。私のこれ、不徳のいたすところかと思います。

  これからは一議員に成りかわって、公正な立場で、9万5,000の目でしっかり見て、頑張っていきたいと思います。どうかくれぐれもひとつよろしく御支援のほどお願いします。どうもありがとうございました。

    (降  壇)



○副議長(佐藤善一君) 

  前議長さん、大変御苦労さまでございました。

  ただいま議長が欠員となりました。

  お諮りをいたします。

  この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、この際、選第1号、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

  議場の閉鎖を命じます。

    (議場閉鎖)

  ただいまの出席議員は25名であります。

  投票用紙を配付させます。

    (投票用紙配付)

  投票用紙の配付漏れはございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  配付漏れなしと認めます。

  それでは、投票箱を点検させます。

    (投票箱点検)

  異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。

  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席1番 山田弘子君から議席順に順次投票をお願いいたします。

    (投票執行)

  投票漏れはございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  議場の閉鎖を解きます。

    (議場開鎖)

  ただいまから開票を行います。

  会議規則第30条第2項の規定によりまして、開票立会人を私から指名いたします。

  議席10番 長屋和伸君、議席17番 市川隆也君のお二人にお願いいたします。

    (開 票)

  それでは、選挙の結果を報告いたします。

  投票総数25票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

  そのうち有効投票24票、無効投票1票。

  有効投票中、丹羽栄守君21票、小森敬直君2票、波多野保君1票、白票が1票。

  以上であります。

  この選挙の法定得票数は6票であります。

  よって、丹羽栄守君が議長に当選をされました。

  ただいま議長に当選されました丹羽栄守君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

  この際、議長就任のごあいさつをお願いいたします。

  丹羽栄守君、どうぞ。

    (議長 丹羽栄守君登壇)



○議長(丹羽栄守君)

  一言ごあいさつを申し上げます。

  ただいまは、皆様方の御支援によりまして、議長という大役を仰せつかり、光栄に存じております。ありがとうございました。

  もとより、浅学非才な身でございます。皆様方の御協力によりまして、全身全霊を傾けて関市の発展と関市議会の発展のために、お骨折りをさせていただきたいと思っております。

  議員の皆さん、並びに理事者の皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げまして、簡単でございますが、議長就任のごあいさつとさせていただきます。

  ありがとうございました。

    (拍手・降壇)



○副議長(佐藤善一君) 

  御苦労さまでございました。

  それでは、これをもちまして議長を交代いたします。御協力ありがとうございました。

    (副議長 佐藤善一君議長席を退席)

    (議長 丹羽栄守君議長席に着席)



○議長(丹羽栄守君) 

  議長を交代いたしましたので、よろしくお願いいたします。

  この際、暫時休憩をしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  それでは、異議なしということで、暫時休憩をいたします。

     午前10時59分 休憩

     午前11時20分 再開



○議長(丹羽栄守君)

  休憩前に引き続きまして、会議を開きます。

  ただいま、副議長の佐藤善一君から、一身上の都合によりまして副議長の辞職願が提出をされました。

  そこでお諮りいたします。

  この際、副議長辞職の件を日程に追加して、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。



△よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

  お諮りいたします。

  佐藤善一君の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、佐藤善一君の副議長の辞職を許可することに決しました。

    (20番 佐藤善一君入場)

  この際、前副議長のごあいさつをお願いいたします。

    (20番 佐藤善一君登壇)



◆20番(佐藤善一君)

  一言ごあいさつをいたします。

  副議長という大役をいただきまして、無事その職責を全うすることができましたのも、議員の皆様方はもちろんのこと、当局の皆様方、そしてまた議会事務局の職員の皆様方の温かい御支援、御協力によるものと感謝を申し上げております。

  この上は一議員となりまして、議会の活性化のために皆様とともに、また一生懸命一から頑張っていきたいと、そんなことを思っております。

  大変簡単でございますが、副議長の退任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。

    (拍手・降壇)



○議長(丹羽栄守君)

  前副議長さん、大変御苦労さまでございました。

  ただいま副議長が欠員となりました。

  お諮りいたします。

  この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、この際、選第2号、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

  議場の閉鎖を命じます。

    (議場閉鎖)

  ただいまの出席議員は25名であります。

  投票用紙を配付させます。

    (投票用紙配付)

  投票用紙の配付漏れはございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  配付漏れなしと認めます。

  それでは、投票箱を点検させます。

    (投票箱点検)

  異状なしと認めます。

  念のために申し上げます。

  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席1番 山田弘子君から議席順に順次投票をお願いいたします。

    (投票執行)

  投票漏れはございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  議場の閉鎖を解きます。

    (議場開鎖)

  ただいまから開票を行います。

  会議規則第30条第2項の規定によりまして、開票立会人を私から指名いたします。

  議席11番 山田義行君、議席25番 松田文男君のお二人にお願いいたします。

    (開 票)

  それでは、選挙の結果を報告いたします。

  投票総数25票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

  そのうち有効投票25票、無効投票0票。

  有効投票中、長屋和伸君22票、猿渡直樹君2票、酒向薫君1票。

  以上であります。

  この選挙の法定得票数は7票であります。

  よって、長屋和伸君が副議長に当選されました。

  ただいま副議長に当選されました長屋和伸君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

  この際、副議長就任のごあいさつをお願いいたします。

  長屋和伸君、どうぞ。

    (副議長 長屋和伸君登壇)



○副議長(長屋和伸君)

  ただいまは、関市議会の副議長に当選をさせていただきました。御支援をいただきました皆様方に心から感謝を申し上げ、御礼を申し上げます。ありがとうございました。

  先ほど、就任をされました新議長の補佐役として関市の発展のため、関市議会の発展のため努力をする所存でございますので、当局の皆様方、議会の皆様方のより一層の御指導、御鞭撻をお願いを申し上げまして、御礼のごあいさつとさせていただきます。

  ありがとうございました。

    (拍手・降壇)



○議長(丹羽栄守君)

  御苦労さまでございました。

  次に、先ほど伊佐地秀次君と、不肖丹羽栄守の2名から、選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の辞任願の提出がありました。

  先ほど辞任願の提出がありました2名の方は除斥をお願いいたします。

  よって、議長をここで交代をいたします。

    (議長 丹羽栄守君議長席を退席)

    (副議長 長屋和伸君議長席に着席)

    (3番 伊佐地秀次君、議長 丹羽栄守君退場)



○副議長(長屋和伸君)

  お諮りいたします。

  この際、伊佐地秀次君、丹羽栄守君の選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、この際日程に追加し、議題といたします。

  それでは、伊佐地秀次君、丹羽栄守君の選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の辞任の件を議題といたします。

  お諮りいたします。

  伊佐地秀次君、丹羽栄守君の選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の辞任を許可することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員2名の辞任を許可することに決しました。

    (3番 伊佐地秀次君、議長 丹羽栄守君入場)

  これをもちまして、議長を交代をいたします。

    (副議長 長屋和伸君議長席を退席)

    (議長 丹羽栄守君議長席に着席)



○議長(丹羽栄守君)

  それでは、次に、先ほど尾関健治君、桜井幸三君の2名から総合交通に関する調査特別委員会委員の辞任願の提出がありました。

  先ほど辞任願の提出がありました2名の方は除斥をお願いいたします。

    (4番 尾関健治君、24番 桜井幸三君退場)

  お諮りいたします。

  この際、尾関健治君、桜井幸三君の総合交通に関する調査特別委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、この際日程に追加し、議題といたします。

  それでは、尾関健治君、桜井幸三君の総合交通に関する調査特別委員会委員の辞任の件を議題といたします。

  お諮りいたします。

  尾関健治君、桜井幸三君の総合交通に関する調査特別委員会委員の辞任を許可することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、総合交通に関する調査特別委員会委員の2名の辞任を許可することに決しました。

    (4番 尾関健治君、24番 桜井幸三君入場)

  次に、先ほど松田文男君から企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の辞任願の提出がありました。

  先ほど辞任願の提出がありました松田文男君は除斥をお願いいたします。

    (25番 松田文男君退場)

  お諮りいたします。

  この際、松田文男君の企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、この際日程に追加し、議題といたします。

  それでは、松田文男君の企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の辞任の件を議題といたします。

  お諮りいたします。

  松田文男君の企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の辞任を許可することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、松田文男君の企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の辞任を許可することに決しました。

    (25番 松田文男君入場)

  ただいま欠員となりました、選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の選任について、総合交通に関する調査特別委員会委員の選任について、企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の選任についての3件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の選任について、総合交通に関する調査特別委員会委員の選任について、企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の選任についての3件を日程に追加し、議題とすることに決しました。



△それでは、日程第2、関市議会議会運営委員会委員の選任について、日程第3、関市議会常任委員会委員の選任についてと、ただいま日程追加いたしました選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の選任について、総合交通に関する調査特別委員会委員の選任について、企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の選任についての以上5件を一括議題といたします。

  この際、暫時休憩をしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  それでは、暫時休憩といたします。

     午前11時40分 休憩

     午後1時40分 再開



○議長(丹羽栄守君)

  休憩前に引き続きまして、会議を開きます。

  先ほど一括上程いたしました日程第2、関市議会議会運営委員会委員の選任について、日程第3、関市議会常任委員会委員の選任について、選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の選任について、総合交通に関する調査特別委員会委員の選任について、企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員の選任についての以上5件については、あらかじめ会派代表者会議で選考しておりますので、その選考結果により私から指名させていただきます。

  まず、議会運営委員会委員には、尾関健治君、小森敬直君、杉本富夫君、林修美君、山田義行君、足立将裕君、佐藤善一君、石原教雅君、桜井幸三君、以上9名の方を指名いたします。

  常任委員会委員の選任についてでございますが、最初に総務厚生委員会の9名を指名いたします。

  山田弘子君、小森敬直君、杉本富夫君、波多野保君、西部雅之君、幅永典君、三輪正善君、山田菊雄君、松田文男君、以上9名でございます。

  次に、文教経済委員会委員の8名には、山藤鉦彦君、尾関健治君、猿渡直樹君、林修美君、長屋和伸君、足立将裕君、佐藤善一君、石原教雅君の8名でございます。

  次に、建設委員会委員の8名には、伊佐地秀次君、山田美代子君、山田義行君、酒向薫君、市川隆也君、太田博勝君、桜井幸三君、丹羽栄守君を指名いたします。

  次に、特別委員会委員の選任についてでございますが、最初に、選挙区及び議員定数に関する特別委員会委員の2名には、尾関健治君、松田文男君を指名いたします。

  続いて、総合交通に関する調査特別委員会委員の2名には、伊佐地秀次君、山田菊雄君を指名いたします。

  最後に、企業誘致及び雇用促進対策特別委員会委員には、桜井幸三君を指名いたします。

  次に、ただいま選任いたしました各委員会の正副委員長の互選をしていただきたいと思います。

  この際、議会運営委員会と各常任委員会、それと3つの特別委員会を開催していただきますので、暫時休憩をいたします。

     午後1時44分 休憩

     午後2時35分 再開



○議長(丹羽栄守君)

  休憩前に引き続きまして、会議を開きます。

  議会運営委員会、各常任委員会、特別委員会の委員長、副委員長が決まりましたので、議会事務局長より報告をお願いいたします。

  大野議会事務局長、どうぞ。



◎議会事務局長(大野喜郎君)

  御指名をいただきましたので、私から報告をさせていただきます。

  議会運営委員会の委員長に石原教雅さん、副委員長に杉本富夫さん、総務厚生委員会の委員長に三輪正善さん、副委員長に幅永典さん、文教経済委員会の委員長に林修美さん、副委員長に山藤鉦彦さん、建設委員会の委員長に酒向薫さん、副委員長に桜井幸三さん、選挙区及び議員定数に関する特別委員会の委員長に石原教雅さん、副委員長に山田弘子さん、総合交通に関する調査特別委員会の委員長に山田義行さん、副委員長に三輪正善さん、企業誘致及び雇用促進対策特別委員会の委員長に西部雅之さん、副委員長に林修美さん。

  以上で報告を終わります。



○議長(丹羽栄守君)

  次に、お手元に配付してございますように、市長から諮問第4号、関市監査委員の選任について(議員選任)が提出されました。

  この際、諮問第4号、関市監査委員の選任について(議員選任)を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、この際、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。



△それでは、諮問第4号、関市監査委員の選任について(議員選任)を議題といたします。

  ここで、5番 山田美代子君は除斥をお願いいたします。

    (5番 山田美代子君退場)

  本件は、直ちに当局の説明を求めます。

  尾藤市長、どうぞ。



◎市長(尾藤義昭君)

  諮問第4号、関市監査委員の選任について(議員選任)でございます。

  関市監査委員に次の方を選任いたしたいから、地方自治法の規定によりまして、議会の同意を求めるわけでございます。

  住所は関市宮地町6番9号。氏名は山田美代子議員を議員選出の監査委員に選任いたしたいというものでございます。

  どうかよろしくお願いいたします。



○議長(丹羽栄守君)

  説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

  質疑のある方、ございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  質疑もないようでございますので、質疑を終わります。

  討論のある方ございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)

  討論もないようですので、討論を終わります。

  これより採決を行います。

  本件は、これに同意することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、諮問第4号はこれに同意することに決しました。

    (5番 山田美代子君入場)

  先ほど岐北衛生施設利用組合議会議員 長屋和伸君から岐北衛生施設利用組合議会議員の辞任願が提出されました。

  お諮りいたします。

  この際、岐北衛生施設利用組合議会議員の辞任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。



△よって、この際、岐北衛生施設利用組合議会議員の辞任の件を日程に追加し、議題といたします。

  ここで10番 長屋和伸君は除斥をお願いいたします。

    (10番 長屋和伸君退場)

  お諮りいたします。

  長屋和伸君の岐北衛生施設利用組合議会議員の辞任を許可することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、長屋和伸君の岐北衛生施設利用組合議会議員の辞任を許可することに決しました。

    (10番 長屋和伸君入場)

  ただいま、岐北衛生施設利用組合議会議員が1名欠員となりました。

  お諮りいたします。

  この際、岐北衛生施設利用組合議会議員の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。



△よって、この際、選第3号、岐北衛生施設利用組合議会議員の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております選第3号、岐北衛生施設利用組合議会議員の選挙についての選挙方法につきましては、指名推選にいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。

  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  それでは、指名をさせていただきます。

  8番 杉本富夫君を指名いたします。

  お諮りいたします。

  8番 杉本富夫君を岐北衛生施設利用組合議会議員の当選人とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、8番 杉本富夫君が岐北衛生施設利用組合議会議員に当選をされました。

  ただいま当選をされました杉本富夫君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

  次に、議会運営委員会の委員長から、次期定例会等の会期等について調査するため、委員会条例第38条の規定により、委員の任期中、閉会中の継続審査の申し出がございました。

  ここでお諮りいたします。

  この際、本件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。



△それでは、議会運営委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

  ここでお諮りいたします。

  本件は、議会運営委員会の委員長の申し出どおり、閉会中の継続審査を承認することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)

  御異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員会の委員長の申し出どおり、閉会中の継続審査を承認することに決しました。

  次に、ここで当局より発言を求められておりますので、これを許可いたします。

  武藤民生福祉部次長、どうぞ。



◎民生福祉部次長(武藤正明君)

  大変恐縮でございます。発言のお許しをいただきましたので、皆様方のお手元に配付してあります専決第5号について、御説明をさせていただきます。

  損害賠償の額を定める件について、地方自治法第180条第1項の規定によりまして、平成20年4月24日に専決処分をいたしたものでございます。

  内容としましては、平成19年9月14日、午前8時35分ごろ、関市日ノ出町1丁目3番地3、関市保健センター運動機能室において、来所者が運動器具を使用する際、器具の管理不行き届きにより、運動器具使用者が転倒し、負傷されましたので、次のとおり賠償するというものでございます。

  損害賠償の相手方、損害賠償額につきましては、記載のとおりでございます。

  過失割合は市が100%で、賠償額につきましては、全国市長会市民総合賠償補償保険から全額補てんを受けるものであります。

  今後は、施設の器具の点検管理を徹底し、施設の安全管理に一層努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(丹羽栄守君)

  それでは、次に、監査委員から、地方自治法第235条の2第1項及び第3項の規定により、例月現金出納検査報告書2件が皆様のお手元に配付してございますので、御承知おき願います。

  以上をもちまして、今臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 これをもちまして、平成20年関市議会第1回臨時会を閉会いたします。

  本日は、大変御苦労さまでございました。

     午後2時46分 閉会





上会議の顛末を記録し、相違ないことを証するために署名する。







          関市議会前議長       山   田   菊   雄







          関市議会議長        丹   羽   栄   守







          関市議会前副議長      佐   藤   善   一







          関市議会副議長       長   屋   和   伸







          関市議会議員        山   田   弘   子







          関市議会議員        山   藤   鉦   彦