議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 関市

平成十三年第三回定例会会議録 09月12日−02号




平成十三年第三回定例会会議録 − 09月12日−02号







平成十三年第三回定例会会議録





議事日程



平成十三年九月十二日(水曜日)午前十時  開  議

第 一 会議録署名議員の指名

第 二 議案第五十三号 関市条例の左横書き等に伴う措置に関

            する条例の制定について

第 三 議案第五十四号 関市議会議員及び関市長の選挙におけ

            る自動車の使用及びポスターの作成の

            公営に関する条例の一部改正について

第 四 議案第五十五号 関市非常勤の特別職職員の報酬及び費

            用弁償に関する条例の一部改正につい

            て

第 五 議案第五十六号 関市税条例の一部改正について

第 六 議案第五十七号 関市生活安全条例の一部改正について

第 七 議案第五十八号 市の境界変更について

第 八 議案第五十九号 字区域等の変更について

第 九 議案第 六十号 財産の取得について(備品購入)

第 十 議案第六十一号 平成十三年度関市一般会計補正予算

            (第二号)

第十一 議案第六十二号 平成十三年度関市下水道特別会計補正

            予算(第二号)

第十二 議案第六十三号 平成十三年度関市老人保健特別会計補

            正予算(第二号)

第十三 議案第六十四号 平成十三年度関市農業集落排水事業特

            別会計補正予算(第二号)

第十四 議案第六十五号 平成十三年度関市介護保険事業特別会

            計補正予算(第一号)

第十五 認定第 一号 平成十二年度関市上水道事業会計決算の

           認定について

第十六 報告第 八号 専決処分の報告について(損害賠償)

第十七 報告第 九号 専決処分の報告について(損害賠償)



本日の会議に付した事件

 1 議事日程第一から第十七まで



出席議員(二十六名)

         一番   佐  藤  善  一  君

         二番   丹  羽  栄  守  君

         三番   山  田  菊  雄  君

         四番   大  野  周  司  君

         五番   市  川  隆  也  君

         六番   三 ツ 岩 征  夫  君

         七番   杉  江 代 志 熙  君

         八番   山  田 美 代 子  君

         九番   新  木     斉  君

         十番   石  原  教  雅  君

        十一番   松  井     茂  君

        十二番   栗  山  昌  泰  君

        十三番   福  田  定  夫  君

        十四番   亀  山  忠  雄  君

        十五番   高  木     茂  君

        十六番   酒 井 田 泰  克  君

        十七番   松  田  文  男  君

        十八番   深  沢     保  君

        十九番   長 谷 川 秀  夫  君

        二十番   古  市     守  君

       二十一番   成  瀬  豊  勝  君

       二十二番   岡  田  洋  一  君

       二十三番   須  田     晃  君

       二十四番   清  水  英  樹  君

       二十五番   山  田  一  枝  君

       二十六番   小  森  敬  直  君



欠席議員(なし)



説明のため出席した者

  市        長  後  藤  昭  夫  君

  助        役  西  尾     治  君

  収    入   役  小  川  淳  二  君

  教    育   長  船  戸  政  一  君

  総  務  部  長  下  條  正  義  君

  民 生 福 祉 部長  山  田  勝  行  君

  環 境 経 済 部長  森     義  次  君

  建  設  部  長  亀  山     誠  君

  建 設 部  参 事  高  ?     豊  君

  建 設 部  次 長  富  田     勲  君

  水  道  部  長  小  藤  省  司  君

  教育委員会事務 局長  長  瀬  正  文  君

  教育委員会事務局次長  山  口  正  昭  君





出席した事務局職員

  局        長  吉  田 乃 四 朗

  次        長  神  谷 安 比 古

  課  長  補  佐  加  藤 源 一 郎

  主  任  主  査  平  田     浩

  書        記  篠  田  賢  人





  午前十時〇〇分 開議



○議長(成瀬豊勝君) 皆さん、おはようございます。

 これより平成十三年関市議会第三回定例会第二日目の会議を開きます。



△日程第一、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第七十六条の規定により、私から指名いたします。二十三番 須田 晃君、二十四番 清水英樹君のお二人にお願いします。

 これより議案の審議に入りますが、議案質疑は、お手元に配付してあります議案等質疑通告の一覧表のとおり、通告者のみといたします。

 それでは



△日程第二、議案第五十三号 関市条例の左横書き等に伴う措置に関する条例の制定についてを議題といたします。

 質疑の通告はございませんので、質疑を終わります。

 本件は、お手元に配付してあります付託区分表のとおり総務委員会に付託いたします。ついては休会中に御審査いただきまして、来る二十五日の本会議において、その審査結果の御報告をお願いします。

 次に



△日程第三、議案第五十四号 関市議会議員及び関市長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部改正についてを議題といたします。



 質疑の通告、討論の通告もございませんので、これより採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第五十四号は原案のとおり可決されました。

 次に



△日程第四、議案第五十五号 関市非常勤の特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑の通告、討論の通告もございませんので、これより採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第五十五号は原案のとおり可決されました。

 次に



△日程第五、議案第五十六号 関市税条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑の通告がございますので、発言を許可いたします。

 二十六番 小森敬直君、どうぞ。



◆二十六番(小森敬直君) 議案第五十六号 関市税条例の一部改正について質問いたします。

 この条例は、個人投資家が長期保有株の譲渡益において申告分離課税を選択した場合、譲渡益が百万円未満の場合は地方税を控除するという改正でありますが、この関市の税制の面では収入にどう影響するのかを具体的に質問いたします。



○議長(成瀬豊勝君) 当局の答弁をお願いします。

 下條総務部長、どうぞ。



◎総務部長(下條正義君) お答えします。

 今回の地方税法の一部改正につきましては、お話がございましたように、最近の経済情勢を踏まえた個人投資家の市場参加促進の観点から、個人住民税について、長期所有上場株式の譲渡所得に限り特別措置として百万円を控除されるものであります。株式等に係る譲渡所得につきましては、税法上からも、源泉分離課税が有利なこともありまして、国全体としては源泉分離課税の選択が七割、申告分離課税が三割と言われております。市として特に株式譲渡に関するデータは持ち合わせておりませんが、毎年の確定申告期においても申告件数は少なく、税収への影響は大きくないと思っておりますが、いずれにいたしましても、もう少し経過を見ていきたいと思いますので、御理解をお願いいたします。



○議長(成瀬豊勝君) ほかに質疑の通告もございませんので、これで質疑を終わります。

 討論の通告がございますので、発言を許可いたします。

 二十五番 山田一枝君、どうぞ。

  (二十五番 山田一枝君登壇)



◆二十五番(山田一枝君) それでは、御指名をいただきましたので、議案第五十六号 関市税条例の一部改正について、日本共産党関市議員団を代表して反対の討論をいたします。

 ただいまも話がありましたように、個人投資家が長期株式の保有譲渡益を得て申告分離課税を選択した場合に、譲渡益が百万円未満の場合は地方税を控除するという、この内容の改正、これは緊急経済対策関連の六法案の改正の一つとして、個人投資家の市場参加を促進するために、ごく一部の高額所得者の不労所得に税制上の優遇措置を講ずるものであります。租税特別措置法で所得税の同等の控除もされることになりますけれども、税の公平性を著しく損なうものであり、減税によって個人投資家の市場参加を促進することには賛成できません。



 したがって、この税条例の一部改正に反対するものであります。

 (降  壇)



○議長(成瀬豊勝君) ほかに討論の通告はございませんので、これで討論を終わります。

 これより採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手をお願いします。

  (賛成者挙手)

 賛成多数と認めます。よって、議案第五十六号は原案のとおり可決されました。

 次に



△日程第六、議案第五十七号 関市生活安全条例の一部改正についてを議題といたします。

 質疑の通告がございますので、発言を許可いたします。

 二十六番 小森敬直君、どうぞ。



◆二十六番(小森敬直君) 議案第五十七号 関市生活安全条例の一部改正についてでありますが、これは暴走族の根絶を図るためということで、第三条の四に、安全なまちづくりのために向けての暴走族根絶に必要な施策を講じ、及び関係行政機関に対し、必要な施策を講じるように要請することと書いてあります。必要な施策とは具体的にどういうことをするのかについて説明を願いたいと思います。



○議長(成瀬豊勝君) 当局の答弁をお願いします。

 下條総務部長、どうぞ。



◎総務部長(下條正義君) お答えします。

 県内の暴走族の現状は、二十グループ、三百人が存在し、約八〇%が未成年者と言われております。そのうち関市の居住者が十五名と報告を受けております。

 暴走族根絶の施策はということでございますが、まずは、有識者、警察当局を初めとする関係機関等により組織されています関市生活安全推進協議会を基軸にしまして、今後具体策を検討し、推進することになりますが、一般的な啓発とともに、いわゆる暴走族の予備軍を関市から出現しないような、家庭、学校との連携による啓発活動。また、暴走行為を助長するような自動車部品や燃料、特異な刺しゅう衣服の販売自粛。あるいは、常習的に集合する空き地、駐車場、道路などの管理、あるいは通報など、各面から市民運動的な取り組みが重要かと考えておりますので、格別の御協力をお願いいたします。



○議長(成瀬豊勝君) ほかに質疑の通告はございませんので、これで質疑を終わります。

 本件は、お手元に配付してあります付託区分表のとおり総務委員会に付託いたします。ついては休会中に御審査いただきまして、来る二十五日の本会議において、その審査結果の御報告をお願いします。



 次に



△日程第七、議案第五十八号 市の境界変更についてを議題といたします。

 質疑の通告はございませんで、質疑を終わります。

 本件は、お手元に配付してあります付託区分表のとおり総務委員会に付託いたします。ついては休会中に御審査いただきまして、来る二十五日の本会議において、その審査結果の御報告をお願いします。

 次に



△日程第八、議案第五十九号 字区域等の変更についてを議題といたします。

 質疑の通告はございませんで、質疑を終わります。

 本件は、お手元に配付してあります付託区分表のとおり建設委員会に付託いたします。ついては休会中に御審査いただきまして、来る二十五日の本会議において、その審査結果の御報告をお願いいたします。

 次に



△日程第九、議案第六十号 財産の取得について(備品購入)を議題といたします。

 質疑の通告がございますので、発言を許可いたします。

 二十六番 小森敬直君、どうぞ。



◆二十六番(小森敬直君) 議案第六十号 財産の取得について、これは備品購入でありまして、関市食肉センター衛生設備備品として、これを株式会社前川製作所が五千三百九十一万七千五百円で落札されたものでありますが、これは当初から事前公表されていたのかということ。それなら市の予定価格は幾らだったのかということ。それから四社のそれぞれの入札価格は幾らであったということを質問といたします。



○議長(成瀬豊勝君) 当局の答弁をお願いします。

 下條総務部長、どうぞ。



◎総務部長(下條正義君) さきに助役から提案説明のありました財産の取得、備品購入に関する御質問にお答えします。

 最初に事前公表についてでございますが、結論から先に申し上げますと、公表はいたしておりません。関市では、現在、一般競争入札並びに設計額百三十万以上の建設工事及び五十万円以上の設計、調査、測量等の委託に関してのみ事前公表の対象にしております。備品購入につきましては、一般的に製造メーカーがその販売価格を定めておりますので、あえて公表の必要性はないと考えますが、より複雑多様になる今日の物品流通販売システムの進展を考えまして、すべての入札の透明・公平化の観点に立ちまして、常に制度の改善には努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それから二の備品の予定価格につきましては、ただいま申し上げましたとおりで、予定価格は事後においても公表いたしておりません。

 それから三の今回の入札につきましては、第一回、第二回が不調になり、第三回で落札しておりまして、入札書記載価格は、株式会社トモエ鉄工が五千三百万円、三菱レーヨンエンジニアリング株式会社が五千三百五十万円、東西マシン株式会社が五千三百八十万円、そして落札しました株式会社前川製作所が五千百三十五万円、消費税加算の五千三百九十一万七千五百円でございました。よろしくお願いいたします。



○議長(成瀬豊勝君) 二十六番 小森敬直君、どうぞ。



◆二十六番(小森敬直君) 予定価格に対してのパーセンテージはどれだけでしたか。



○議長(成瀬豊勝君) 下條総務部長、どうぞ。



◎総務部長(下條正義君) 先ほど申し上げましたように、逆算すると予定価格が出ることになりますので、数字は持ち合わせておりません。以上です。



○議長(成瀬豊勝君) 二十六番 小森敬直君。



◆二十六番(小森敬直君) 事前公表はされなんだわけですが、これはもう入札が済んだわけですので、公表はされてもよろしいんじゃないですか。公表すべきと思います。



○議長(成瀬豊勝君) 下條総務部長、どうぞ。





◎総務部長(下條正義君) 先ほど御答弁申し上げましたように、そうした御意見もあろうかと思いますし、入札の公平性、あるいは透明性、こういうことに関しましては、特に流通販売、こうしたことがございますので、今後の検討課題とさせていただきます。



○議長(成瀬豊勝君) ほかに質疑の通告はございませんので、これで質疑を終わります。

 討論の通告もございませんので、これより採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第六十号は原案のとおり可決されました。

 次に



△日程第十、議案第六十一号 平成十三年度関市一般会計補正予算(第二号)を議題といたします。

 質疑の通告がございますので、発言を許可いたします。

 二十六番 小森敬直君、どうぞ。



◆二十六番(小森敬直君) 議案第六十一号 平成十三年度関市一般会計補正予算(第二号)についてであります。

 予算書の九ページの教育費県補助金、岐阜県学校安全サポーター設置、そして岐阜県地域サポートチーム支援事業というふうに組まれておりますが、この小学校は金竜小、中学校は小金田中における地域サポート事業ですが、これがとりあえず一校だけなのか。そして、関市の学校はその後どうなのか。そして、今後これを続けていくものかということについてと、内容についてを質問といたします。



○議長(成瀬豊勝君) 当局の答弁をお願いします。

 長瀬教育委員会事務局長、どうぞ。



◎教育委員会事務局長(長瀬正文君) それでは、御質問いただきました教育費の県補助金の一、二、三についてお答え申し上げます。

 この事業は新規事業でございまして、当初、六月に岐阜県地域・学校安全サポートモデル推進事業の要綱と希望調査が県の方より参りました。そのときの要綱では、地域スクールサポートチーム支援事業並びに学校安全サポーター設置補助事業は、それぞれ単独校での取り組みが可能で、また各小・中学校にとって事業が推進しやすい内容でございました。そのために、地域スクールサポートチーム支援事業については、市内の六中学校すべてを希望し、さらに学校安全サポーター設置補助事業も全小学校十一校を希望いたしました。その後に県下各地の希望が出そろったところで再び七月中旬ごろに、この二つの事業は相互連携を保ったセットの組み合わせ内容となってまいりました。その補助金の使途内容についても具体的に、また提示もされてまいりました。

 そこで、新しく示された要綱により、小・中学校校長会役員と教育委員会とで協議をいたしまして、その結果、地域・学校サポートチーム支援事業の使用できる経費の内容につきまして、人件費等は対象外で、例えば腕章とか帽子、蛍光ジャンパー、懐中電灯、電池等の、いわゆる消耗品的な内容でございます。また、学校安全サポーター設置の補助事業では、採用するサポーターの人選の資格として、生徒指導経験者か、あるいは警察官、あるいは消防団のOB等になっており、さらに勤務時間にも制約があったり、時給千円という事業内容であるなど、さらにこのサポーター事業につきましては県の補助額は三分の一で、多くが市からの持ち出しによることなど、希望しにくい事業内容との意見が多く出されました。そこで、今回この新規セット事業につきましては、二年間、指定の県のモデル事業推進事業でございますので、一校、一校区をまずモデル地区として取り組み、その効果を見てから来年以降対応してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



 二番目につきましては、ただいま述べましたように、小金田中学校の地域サポートチーム支援事業と金竜小学校の学校安全サポーター設置補助事業のセット事業の成果を見定めながら、今後検討していく予定でございますので、よろしくお願いいたします。

 三つ目の今後続けるのかについてでございますが、二つのセットによる事業でございますので、モデル事業の推進状況を見守りながら、今後、関係者や関係機関等と十分協議していきますので、御理解を賜りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(成瀬豊勝君) ほかに質疑の通告はございませんので、これで質疑を終わります。

 本件は、お手元に配付してあります付託区分表のとおり所管の各常任委員会に付託いたします。ついては休会中に御審査いただきまして、来る二十五日の本会議において、その審査結果の御報告をお願いいたします。

 次に



△日程第十一、議案第六十二号 平成十三年度関市下水道特別会計補正予算(第二号)、



△日程第十二、議案第六十三号 平成十三年度関市老人保健特別会計補正予算(第二号)、



△日程第十三、議案第六十四号 平成十三年度関市農業集落排水事業特別会計補正予算(第二号)、



△日程第十四、議案第六十五号 平成十三年度関市介護保険事業特別会計補正予算(第一号)、以上四件を一括議題といたします。

 これら四件に対する質疑の通告はございませんので、質疑を終わります。

 これら四件は、お手元に配付してあります付託区分表のとおり所管の各常任委員会に付託いたします。ついては休会中に御審査いただきまして、来る二十五日の本会議において、その審査結果の御報告をお願いいたします。

 次に



△日程第十五、認定第一号 平成十二年度関市上水道事業会計決算の認定についてを議題といたします。

 質疑の通告はございませんので、質疑を終わります。

 本件は、お手元に配付してあります付託区分表のとおり、建設委員会に付託をいたします。ついては休会中に御審査いただきまして、来る二十五日の本会議において、その審査結果の御報告をお願いいたします。

 次に



△日程第十六、報告第八号 専決処分の報告について(損害賠償)、



△日程第十七、報告第九号 専決処分の報告について(損害賠償)、以上二件を一括議題といたします。

 これら二件に対する質疑の通告はございませんので、質疑を終わります。

 報告第八号、報告第九号は報告どおりでございます。御承知おき願います。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 次の本会議は、来る十九日の午前十時から開きます。

 議事日程は代表質問でございます。

 本日は早朝より御苦労さまでした。

  午前十時二十三分 散会



 右会議の顛末を記録し、相違ないことを証するためここに署名する。







  関市議会議長       成   瀬   豊   勝







  関市議会議員       須   田       晃







  関市議会議員       清   水   英   樹