議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 関市

平成十二年第二回定例会会議録 06月26日−05号




平成十二年第二回定例会会議録 − 06月26日−05号







平成十二年第二回定例会会議録





議事日程



平成十二年六月二十六日(月曜日)午前十時  開  議

第一 会議録署名議員の指名

第二 議案第六十四号 市道路線の廃止について

第三 議案第六十五号 市道路線の認定について

第四 議案第六十六号 平成十二年度関市一般会計補正予算(第

           一号)

第五 議案第六十七号 平成十二年度関市下水道特別会計補正予

           算(第一号)

第六 議案第六十八号 平成十二年度関市鉄道経営対策事業基金

           特別会計補正予算(第一号)

第七 市議第 七 号 関市議会会議規則の一部改正について

第八 市議第 八 号 聴覚障害者の社会参加を制限する欠格条

           項等の早期改正に関する意見書

第九 市議第 九 号 道路特定財源の堅持に関する意見書



議事日程追加

各常任委員会の管外視察の閉会中の継続調査について



本日の会議に付した事件

 1 議事日程第一から第九まで

 2 議事日程追加 一件



出席議員(二十六名)

         一番   佐  藤  善  一  君

         二番   丹  羽  栄  守  君

         三番   山  田  菊  雄  君

         四番   大  野  周  司  君

         五番   市  川  隆  也  君

         六番   三 ツ 岩 征  夫  君

         七番   杉  江 代 志 熙  君

         八番   山  田 美 代 子  君

         九番   新  木     斉  君

         十番   石  原  教  雅  君

        十一番   松  井     茂  君

        十二番   栗  山  昌  泰  君

        十三番   福  田  定  夫  君

        十四番   亀  山  忠  雄  君

        十五番   古  市     守  君

        十六番   酒 井 田 泰  克  君

        十七番   松  田  文  男  君

        十八番   深  沢     保  君

        十九番   長 谷 川 秀  夫  君

        二十番   高  木     茂  君

       二十一番   成  瀬  豊  勝  君

       二十二番   岡  田  洋  一  君

       二十三番   須  田     晃  君

       二十四番   清  水  英  樹  君

       二十五番   山  田  一  枝  君

       二十六番   小  森  敬  直  君



欠席議員(なし)



説明のため出席した者

  市        長  後  藤  昭  夫  君

  助        役  西  尾     治  君

  収    入   役  小  川  淳  二  君

  教    育   長  船  戸  政  一  君

  総  務  部  長  武  藤  政  和  君

  民 生 福 祉 部長  下  條  正  義  君

  環 境 経 済 部長  森     義  次  君

  建  設  部  長  亀  山     誠  君

  建 設 部  次 長  富  田     清  君

  水  道  部  長  小  藤  省  司  君

  教育委員会事務 局長  山  田  勝  行  君

  教育委員会事務局次長  長  瀬  正  文  君

 

出席した事務局職員

  局        長  山  田  康  平

  次        長  吉  田 乃 四 朗

  課  長  補  佐  加  藤 源 一 郎

  係        長  西  部  延  則

  書        記  篠  田  賢  人





  午前十時〇〇分 開議



○議長(岡田洋一君) 皆さん、おはようございます。

 これより平成十二年関市議会第二回定例会第五日目の会議を開きます。



△日程第一、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第七十六条の規定により、私から指名いたします。十四番 亀山忠雄君、十五番 古市 守君のお二人にお願いいたします。

 これより議案の審議に入ります。



△日程第二、議案第六十四号 市道路線の廃止について、



△日程第三、議案第六十五号 市道路線の認定について、



△日程第四、議案第六十六号 平成十二年度関市一般会計補正予算(第一号)、



△日程第五、議案第六十七号 平成十二年度関市下水道特別会計補正予算(第一号)、



△日程第六、議案第六十八号 平成十二年度関市鉄道経営対策事業基金特別会計補正予算(第一号)、以上五件を一括議題といたします。

 これら五件は所管の各常任委員会に付託してございますので、その審査結果につきまして、各常任委員長から御報告をお願いいたします。

 最初に、総務委員長からお願いいたします。

 四番 大野周司君、どうぞ。

  (四番 大野周司君登壇)



◎四番(大野周司君) 皆さん、おはようございます。

 御指名をいただきましたので、総務委員会の審査結果の報告をさせていただきます。

 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は、議案第六十六号 平成十二年度関市一般会計補正予算(第一号)の所管部分、議案第六十八号 平成十二年度関市鉄道経営対策事業基金特別会計補正予算(第一号)の二件でございます。この案件を審査するため、六月十九日に、全委員出席の上、委員会を開催いたしました。



 審査に当たりましては、関係部課長の出席を求め、当局の詳細な説明を受けた後、細部にわたって質疑し、慎重に審査いたしました。そして採決の結果、議案第六十六号の所管部分、議案第六十八号は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で総務委員会の審査結果の報告を終わります。

  (拍手・降壇)



○議長(岡田洋一君) 次に厚生委員長、お願いいたします。

 九番 新木 斉君、どうぞ。

  (九番 新木 斉君登壇)



◎九番(新木斉君) おはようございます。

 御指名をいただきましたので、厚生委員会の審査結果の報告をさせていただきます。

 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は、議案第六十六号 平成十二年度関市一般会計補正予算(第一号)の所管部分の一件でございます。この案件を審査するため、六月十九日に、全委員出席の上、委員会を開催いたしました。

 審査に当たりましては、関係部課長の出席を求め、当局の詳細な説明を受けた後、細部にわたって質疑し、慎重に審査いたしました。そして採決の結果、議案第六十六号の所管部分は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で厚生委員会の審査結果の報告を終わります。

  (拍手・降壇)



○議長(岡田洋一君) 次に文教経済委員長、お願いいたします。

 十番 石原教雅君、どうぞ。

  (十番 石原教雅君登壇)



◎十番(石原教雅君) おはようございます。

 御指名をいただきましたので、文教経済委員会の審査結果の報告をさせていただきます。

 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は、議案第六十六号 平成十二年度関市一般会計補正予算(第一号)の所管部分の一件でございます。この案件を審査するため、六月十九日に、全委員出席の上、委員会を開催いたしました。

 審査に当たりましては、関係部課長の出席を求め、当局の詳細な説明を受けた後、細部にわたって質疑し、慎重に審査いたしました。そして採決の結果、議案第六十六号の所管部分は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で文教経済委員会の審査結果の報告を終わります。

  (拍手・降壇)



○議長(岡田洋一君) 次に建設委員長、お願いいたします。

 二番 丹羽栄守君、どうぞ。

  (二番 丹羽栄守君登壇)



◎二番(丹羽栄守君) おはようございます。

 御指名をいただきましたので、建設委員会の審査結果の報告をさせていただきます。

 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は、議案第六十四号 市道路線の廃止について、議案第六十五号 市道路線の認定について、議案第六十六号 平成十二年度関市一般会計補正予算(第一号)の所管部分、議案第六十七号 平成十二年度関市下水道特別会計補正予算(第一号)の四件でございます。これらの案件を審査するため、六月十九日、二十日の二日間にわたり、全委員出席の上、委員会を開催いたしました。



 審査に当たりましては、関係部課長の出席を求め、当局の詳細な説明を受け、細部にわたって質疑し、さらに現地視察も行うなど慎重に審査いたしました。そして採決の結果、議案第六十四号、議案第六十五号、議案第六十六号の所管部分、議案第六十七号の四件は、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で建設委員会の審査結果の報告を終わります。

  (拍手・降壇)



○議長(岡田洋一君) 御苦労さまでした。

 それでは、これより各常任委員長の審査結果の報告に対する質疑を行います。

 質疑のある方はございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑もないようですので、質疑を終わります。

 討論の通告はございませんので、討論を終わります。

 これより採決いたします。

 最初に、議案第六十四号 市道路線の廃止についてを採決いたします。

 本件は、建設委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第六十四号は建設委員長の報告どおり可決されました。

 次に、議案第六十五号 市道路線の認定についてを採決いたします。

 本件は、建設委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第六十五号は建設委員長の報告どおり可決されました。

 次に、議案第六十六号 平成十二年度関市一般会計補正予算(第一号)を採決いたします。

 本件は、各常任委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第六十六号は各常任委員長の報告どおり可決されました。

 次に、議案第六十七号 平成十二年度関市下水道特別会計補正予算(第一号)を採決いたします。

 本件は、建設委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第六十七号は建設委員長の報告どおり可決されました。

 次に、議案第六十八号 平成十二年度関市鉄道経営対策事業基金特別会計補正予算(第一号)を採決いたします。

 本件は、総務委員長の報告どおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、議案第六十八号は総務委員長の報告どおり可決されました。

 次に



△日程第七、市議第七号 関市議会会議規則の一部改正について、



△日程第八、市議第八号 聴覚障害者の社会参加を制限する欠格条項等の早期改正に関する意見書、



△日程第九、市議第九号道路特定財源の堅持に関する意見書、以上三件を一括議題といたします。



 これら三件は朗読を省略して、直ちに提出議員代表の説明を求めます。

 最初に、三番 山田菊雄君、どうぞ。

  (三番 山田菊雄君登壇)



◎三番(山田菊雄君) 御指名をいただきましたので、市議第七号

 関市議会会議規則の一部改正についての御説明をさせていただきます。

 関市議会会議規則の一部を改正する規則を次のとおり制定するものとするということでございまして、提案理由といたしましては、地方分権の推進を図るため関係法律の整備等に関する法律の制定による地方自治法の改正に伴い、この規則を定めようとするものでございます。内容につきましては、議案及び動議の提出要件を緩和するものでございます。

 次のページをお開き願います。

 関市議会会議規則の一部を改正する規則。

 関市議会の会議規則の一部を次のように改正するものとするということでございまして、新旧対照表をごらんください。傍線の部分を改正するものでございます。第十三条の議案の提出要件として「三人以上」を「二人以上」に、第十四条の動議の成立要件といたしまして「二人以上」を「一人以上」に、第十五条の修正動議の成立要件として「三人以上」を「二人以上」に、それぞれ改めるということでございます。

 議案に戻っていただきまして、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するということでございます。

 提出議員は、敬称を略させていただきます。深沢 保、市川隆也、新木 斉、山田一枝、山田菊雄でございます。よろしく御審議をいただきますようお願いいたします。

  (降  壇)



○議長(岡田洋一君) 次に、五番 市川隆也君、どうぞ。

  (五番 市川隆也君登壇)



◎五番(市川隆也君) 御指名をいただきましたので、市議第八号の提案説明を、案文を朗読して説明にかえさせていただきます。

 市議第八号 聴覚障害者の社会参加を制限する欠格条項等の早期改正に関する意見書(案)。

 一九八一年の国際障害者年を契機に、わが国でも聴覚障害者の社会参加と平等の保障は着実に前進してきており、障害者に対する差別や偏見を助長するような用語、資格制度における欠格条項の扱いの見直しがされてきているところである。

 しかし、医師法、薬剤師法など医事・薬事関係法では「耳が聞こえない者、口がきけない者」を絶対的欠格事由と規定し、個々の障害の程度や業務遂行能力も一切関係なく、一律に資格や免許を与えないとしている条文が残されている。また、著作権法第二十条では、映画やテレビ番組を録画したビデオテープに手話通訳や字幕をつけて聴覚障害者へ普及する自由を認めておらず、情報を獲得して生活向上に利用する活動が制限されており、公職選挙法第百五十条では、候補者のテレビ政見放送はそのまま放送することを規定し、聴覚障害者が候補者の政見を知る機会が制限され、参政権も保障されていない。このような状況は、聴覚障害者の社会参加を著しく制限しているといわざるを得ない。

 よって、政府におかれてはノーマライゼーションの理念に基づき、聴覚障害者の社会参加を制限する関係条項を早急に改正されるよう、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。平成十二年六月二十六日 岐阜県関市議会。



 提出先は法務大臣でございます。

 提出議員の敬称を略して紹介させていただきます。山田菊雄、深沢 保、新木 斉、山田一枝、市川隆也でございます。

 以上、よろしくお願い申し上げます。

  (降  壇)



○議長(岡田洋一君) 次に、九番 新木 斉君、どうぞ。

  (九番 新木 斉君登壇)



◎九番(新木斉君) お許しをいただきましたので、案文を朗読して提案にかえさせていただきます。

 道路特定財源の堅持に関する意見書(案)。

 道路は、最も重要な生活関連社会資本として、地域の活性化と豊かな生活を実現するため優先的に整備されるべきであり、道路整備に対する市民の要望も強く、東海北陸自動車道をはじめとする新高速三道を基軸とした一般国道、県道等の道路ネットワークの整備が急務となっている。

 しかしながら、先の政府税制調査会における環境税の導入を契機として、道路特定財源制度を見直す動きが見られ、これが実現されると道路整備を緊急かつ計画的に行う必要がある本市にとっては極めて深刻な状況となる。

 よって、政府におかれては、道路特定財源を一般財源化することなく絶対堅持するとともに、遅れている地方の道路整備に重点配分されるよう地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。平成十二年六月二十六日 岐阜県関市議会。

 提出先は、内閣総理大臣、大蔵大臣、建設大臣、自治大臣、総務庁長官、経済企画庁長官。

 提出議員は、敬称を略させていただきます。山田菊雄、深沢保、市川隆也、新木 斉、以上でございます。よろしくお願いします。

  (降  壇)



○議長(岡田洋一君) 御苦労さまでした。

 説明が終わりましたので、これら三件に対する質疑を行います。

 質疑のある方はございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質疑もないようですので、質疑を終わります。

 それでは、市議第七号、市議第八号、市議第九号の三件について一括討論を行います。

 討論のある方はございませんか。

  (「議長」と呼ぶ者あり)

 二十四番 清水英樹君、どうぞ。

  (二十四番 清水英樹君登壇)



◆二十四番(清水英樹君) ただいま上程されました道路特定財源の堅持に関する意見書につきまして、日本共産党関市議員団を代表いたしまして反対討論を行います。

 この意見書には、おくれている地方道路整備を求め、道路整備に対する市民の要望も書かれていることから、生活道路整備についての地域住民としての願いも含まれていると考えますので、この視点については反対するものではありません。しかし、昨年の十二月議会でも述べましたけれども、道路特定財源制度は、受益者・原因者負担の考えのもと、利用者から道路整備負担を求めるものでありますけれども、道路への投資の中でも高規格の幹線道路の建設投資が著しいという特徴があります。このような政府の高速幹線道路優先の道路施策と、それに対する巨額の予算投入は、おくれている地方道の整備を重点的に推進するものではありません。無制限なモータリゼーションや予算投入は、交通渋滞や交通事故、交通公害の多発、路面電車の廃止や赤字、ローカル線の切り捨てなど、交通機関の衰退が住民の足を奪うことにもつながり、大きな社会問題であります。道路特定財源を高速道など幹線自動車優先に集中して使う計画を転換することが必要であります。生活の利便、安全や効率、エネルギー浪費の抑制などの総合的な見地から運輸体系をつくることが重要でありまして、道路、鉄道、航空運輸などそれぞれの交通手段の特性を生かした交通体系を確立し、住民の足としての交通機関を発展させることが求められております。



 私たち日本共産党関市議員団は、道路特定財源制度は廃止をし、交通関係の特別会計を一元化した総合交通特別会計を創設すべきとの立場から、この意見書に対しまして反対を表明いたします。以上です。

  (拍手・降壇)



○議長(岡田洋一君) ほかに討論もないようですので、これで討論を終わります。

 これより採決いたします。

 最初に、市議第七号 関市議会会議規則の一部改正についてを採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、市議第七号は原案のとおり可決されました。

 次に、市議第八号 聴覚障害者の社会参加を制限する欠格条項等の早期改正に関する意見書を採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、市議第八号は原案のとおり可決されました。

 次に、市議第九号 道路特定財源の堅持に関する意見書を採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手をお願いいたします。

  (賛成者挙手)

 賛成多数と認めます。よって、市議第九号は原案のとおり可決されました。

 次に、各常任委員長より、管外視察調査するため、会議規則第九十九条に基づき、調査終了するまで閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。この際、本件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、この際、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 それでは、各常任委員会の管外視察調査の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本件は、各常任委員長からの申し出のとおり承認することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、本件は承認することに決しました。

 以上をもちまして、今定例会に提案になりました案件はすべて議了いたしました。

 これをもちまして、平成十二年関市議会第二回定例会を閉会いたします。

 皆さん、連日にわたりましてまことに御苦労さまでございました。

  午前十時二十五分 閉会



 右会議の顛末を記録し、相違ないことを証するためここに署名する。







  関市議会議長      岡   田   洋   一







  関市議会議員      亀   山   忠   雄







  関市議会議員      古   市       守