議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 多治見市

平成22年 12月 定例会(第5回) 11月30日−02号




平成22年 12月 定例会(第5回) − 11月30日−02号 − P.0 「(名簿)」








平成22年 12月 定例会(第5回)



議事日程

 平成22年11月30日(火曜日)午前10時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 議第109号 多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するについて

 第3 議第110号 多治見市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正するについて

 第4 議第111号 多治見市職員の給与に関する条例等の一部を改正するについて

 第5 議第112号 平成22年度多治見市一般会計補正予算(第5号)

 第6 議第113号 平成22年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 第7 議第114号 平成22年度多治見市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 第8 議第115号 平成22年度多治見市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 第9 議第116号 平成22年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 第10 議第117号 平成22年度多治見市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

 第11 報第26号 専決処分の報告について

 第12 報第27号 専決処分の報告について

 第13 報第28号 専決処分の報告について

 第14 議第118号 多治見市教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例を制定するについて

 第15 議第119号 多治見市部設置条例等の一部を改正するについて

 第16 議第120号 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の一部を改正するについて

 第17 議第121号 多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するについて

 第18 議第122号 多治見市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正するについて

 第19 議第123号 多治見市教育長の給与等に関する条例の一部を改正するについて

 第20 議第124号 多治見市営住宅管理条例の一部を改正するについて

 第21 議第125号 多治見市体育館の設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて

 第22 議第126号 平成22年度多治見市一般会計補正予算(第6号)

 第23 議第127号 平成22年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 第24 議第128号 平成22年度多治見市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)

 第25 議第129号 平成22年度多治見市営住宅敷金等特別会計補正予算(第1号)

 第26 議第130号 平成22年度多治見市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 第27 議第131号 平成22年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 第28 議第132号 平成22年度多治見市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

 第29 議第133号 平成22年度多治見市水道事業会計補正予算(第2号)

 第30 議第134号 平成22年度多治見市病院事業会計補正予算(第3号)

 第31 議第135号 指定管理者の指定について

 第32 議第136号 市道路線の廃止について

 第33 議第137号 市道路線の認定について

 第34 議第138号 市道路線の廃止について

 第35 議第139号 市道路線の認定について

 第36 議第140号 市道路線の認定について

 第37 議第141号 市道路線の認定について

 第38 請第3号 後期高齢者医療制度の廃止に関する意見書の提出を求める請願書

 第39 休会期間の決定

    (第2から第10まで 委員長報告〜討論〜表決、第11から第37まで 質疑〜委員会付託、第38 委員会付託)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

         1番    水野正太郎君

         2番    柴田雅也君

         3番    松浦利実君

         4番    山中勝正君

         5番    若尾敏之君

         6番    三輪寿子君

         7番    若林正人君

         8番    梶田廣幸君

         9番    林 美行君

        10番    加藤元司君

        11番    安藤英利君

        12番    大安歳博君

        13番    仙石三喜男君

        14番    加納洋一君

        15番    石田浩司君

        16番    各務幸次君

        17番    加藤信弘君

        18番    宮嶋由郎君

        19番    岡田智彦君

        20番    嶋内九一君

        21番    中山勝子君

        22番    若尾靖男君

        23番    春田富生君

        24番    森 寿夫君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

         市長          古川雅典君

         副市長         木股信雄君

         教育長         村瀬登志夫君

         企画部長        土田芳則君

         総務部長        服部知明君

         健康福祉部長      佐橋政信君

         医療整備局長      纐纈崇治君

         経済部長        渡辺哲郎君

         市民環境部長      佐藤喜好君

         都市計画部長      桜井晴幸君

         建設部長        堀江義英君

         水道部長        若尾正人君

         消防長         加藤英治君

         会計管理者       平井純子君

         教育委員会事務局長   水野高明君

         監査委員事務局長

                     加納安貴君

         併選挙管理委員会書記長

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

         事務局長        青山 崇

         書記          水野浩則

         書記          宮地 敦

         書記          後藤紀男

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

    午前10時01分開議



○議長(嶋内九一君) これより本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 会議録署名議員の指名



○議長(嶋内九一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、16番 各務幸次君、17番 加藤信弘君の両君を指名いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 議第 109号から第10 議第 117号まで



○議長(嶋内九一君) この際、日程第2、議第 109号から日程第10、議第 117号までを一括議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          総務常任委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定しましたので、会議規則第 102条の規定により報告します。

               記



事件番号
件名
審査結果


議第109号
多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するについて
原案可決


議第110号
多治見市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正するについて
原案可決


議第111号
多治見市職員の給与に関する条例等の一部を改正するについて
原案可決


議第112号
平成22年度多治見市一般会計補正予算(第5号)
原案可決


議第113号
平成22年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議第114号
平成22年度多治見市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議第115号
平成22年度多治見市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議第116号
平成22年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議第117号
平成22年度多治見市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決



 平成22年11月22日

 多治見市議会議長 嶋内九一様

                       総務常任委員長 林 美行

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) これより委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長 林 美行君。

    〔総務常任委員長 林 美行君登壇〕(拍手)



◆総務常任委員長(林美行君) それでは、総務常任委員会の審査報告をさせていただきます。

 去る11月22日の本会議におきまして本委員会に付託されました9議案を審査するため、当日、本会議終了後に本委員会を開催いたしました。

 審査の結果につきましては、お手元の審査報告書のとおり、議第 109号から議第 117号までの9議案はすべて全員一致で原案どおり可決すべきものと決しました。

 それでは、審査の過程において質疑のありました主な内容について、簡単に報告をさせていただきます。

 最初に、議第 109号 多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するについては、今国会の会期末が12月3日ということで新聞報道等されており、本案の表決日が11月30日になっていることを考えると、国会で法が成立する時点と本案が成立する時点で食い違いがあるが、そのあたりの見解はいかがかとの質問に対し、今回の改正趣旨に基づいて施行しようとすると、12月の期末手当等の支給基準日が12月1日となっているので、それまでに可決成立する必要があるとの答弁がございました。また、公務員の給与体系で、政府の考え方と人事院の考え方の両方がある中で、それらの整合性がとれないということになった場合、どのような判断となるのかとの質問に対し、国の給与法に準ずることが現在の考え方であり、給与法による改正の前提には人事院勧告制度があるが、そういったものと全く違った方向でということになれば、この制度も変わるものと考えているとの答弁がございました。

 次に、議第 110号 多治見市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正するについては、質疑はありませんでした。

 次に、議第 111号 多治見市職員の給与に関する条例等の一部を改正するについては、若い職員の給与体系は、大卒の初任給で民間と比べると4万円ほど違う。今回は、その線に徐々に近づけていくという理解でよいかとの質問に対し、近づけていくというよりも、現在の官民の格差の調査により、特に若い職員の方で差があったということによる措置であるとの答弁がございました。また、国の動きも見定めていかないといけないことだと考えるが、多治見市は55歳以上の方が働いた割には給料が減るということになると働く意欲がなくなるのではないか。多治見市として、元気なまちづくりを進めていく視点の中で何か考え方はあるかとの質問に対し、今回の措置は、給与の官民格差があるということで、それを上回っているところを是正するということの措置であり、働く意欲については、多治見市の職員は一生懸命頑張っていただけるものと考えるとの答弁がございました。

 また、給料が減る、そうすると社会保障も減るということになり、老後にいただく金額も変わってきて、職員の老後の生活設計にも影響が出てくる。ただ給料をなぶればいいということだけではなく、その人の一生を左右する、例えば 100歳まで生きるということなら、その残りの半分の人生設計が変わってくると考えるが、そのあたりはいかがかとの質問に対し、すべて待遇に関することについては、一部を除いて退職金や年金まで影響するものである。これについては制度で動いており、国公準拠で進めていきたいと考えているとの答弁がございました。

 次に、議第 112号 平成22年度多治見市一般会計補正予算(第5号)については、 5,968万円ほどを退職手当の積立金に回すということであるが、最終目標はどのくらいまで積み立てるのかとの質問に対し、今回の人事院勧告で減額する分を積み立てるということであり、当初予算の 4,000万円と今回の額を足しても最低とする年間1億円に足らないということで、また3月に積み立てさせていただければと考えている。今は、最低で年度末で10億円かつ年間1億円以上の積み立てをするということであるが、公表している目標はないとの答弁がございました。

 また、バランスシート上の問題で、退職金引当金をどれだけ用意したら後々健全な財政を維持できるかということだと考える。年間6億円以上出た分については、引当金を取り崩して退職金に充てることになっているが、今の景気を考えると6億円の手当ができるのか。全体の予算を編成するときに、いろいろと収入が減るとそれも不可能となるおそれもある。現在のバランスシート上で一体どれくらいが必要額になるのか、しっかりと目標額を示していかないと、だらだらした状態になってしまうと考えるがいかがかとの質問に対し、予測では、平成26年、平成27年に十二、三億円のレベルに達し、それ以外の年でも8億円は必要であると見込んでいる。最低10億円なのか、25億円なのか、もう一度計算をしたいと考えている。財政向上指針についても来年度見直しをするので、平成23年度か平成24年度中に新しい数値を御審議いただけるように示したいと思うとの答弁がございました。

 議第 113号から議第 117号について質疑はありませんでした。

 以上が主な質疑の内容でございました。なお、ともに議員間討議、討論はございませんでした。

 以上で総務常任委員会の審査報告とさせていただきますので、どうかよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(嶋内九一君) ただいまの報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) これをもって委員長報告を終わります。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) これより討論を行います。

 討論の通告がありますので、発言を許可します。

 6番 三輪寿子君。

    〔6番 三輪寿子君登壇〕



◆6番(三輪寿子君) 日本共産党を代表して、議第 111号 多治見市職員の給与に関する条例等の一部を改正するについて及び関連する議第 112号から議第 117号の補正予算について、反対討論を行います。

 10月8日の人事院勧告に準じて、40歳以上、中高年層の基本給平均 0.1%の減給、50歳後半の給与 1.5%の減給、ボーナス、現行4.15%から3.95%に減給。全国平均41.9歳で9万 4,000円減。多治見市ではボーナスの平均が7万 2,597円、プラス基本給等の減給です。今回のマイナス勧告は過去最大の減額幅で、昨年に続き、基本給、ボーナスの同時引き下げで、ボーナスが4カ月を割り込むのは1963年以来47年ぶりです。

 官民格差をなくす措置としておりますが、本来の人事院勧告制度、公務員の労働基本権制約の代替措置を踏みにじるもので、許されません。日夜、市民サービスを提供するために奮闘している公務員の生活にも大きな影響を与え、今回の引き下げによって、買い控え、購買力の低下、生産の縮小、雇用の減少、公務員給与を目安とする法人、民間企業のさらに賃金低下へと負のスパイラルとなり、地域経済はますます疲弊します。

 今必要なことは賃下げではなく、働く者の懐を暖め、家計への支援です。景気対策、市民生活を守るために、その信託にこたえて、中心的役割を果たす自治体職員の人件費削減はするべきではないと提案申し上げて反対討論といたします。御賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(嶋内九一君) ほかに討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) これをもって討論を終結いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) それでは、これより採決を行います。

 最初に、議第 109号 多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するについては、原案どおり可決することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 110号 多治見市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正するについては、原案どおり可決することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 111号 多治見市職員の給与に関する条例等の一部を改正するについては反対討論がありましたので、起立により採決を行います。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(嶋内九一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 112号 平成22年度多治見市一般会計補正予算(第5号)は反対討論がありましたので、起立により採決を行います。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(嶋内九一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 113号 平成22年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第2号)は反対討論がありましたので、起立により採決を行います。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(嶋内九一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 114号 平成22年度多治見市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は反対討論がありましたので、起立により採決を行います。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(嶋内九一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 115号 平成22年度多治見市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は反対討論がありましたので、起立により採決を行います。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(嶋内九一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 116号 平成22年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は反対討論がありましたので、起立により採決を行います。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(嶋内九一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 117号 平成22年度多治見市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は反対討論がありましたので、起立により採決を行います。

 本案に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(嶋内九一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第11 報第26号から第37 議第 141号まで



○議長(嶋内九一君) この際、日程第11、報第26号から日程第37、議第 141号までを一括議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) これより質疑を行います。

 最初に、報第26号 専決処分の報告について、質疑はありませんか。

 21番 中山勝子君。



◆21番(中山勝子君) 市道に穴ぼこがあいていたということで、運行していました車のタイヤ、アルミホイールが破損したと。総額が12万 7,050円であったわけですが、3割を示談で市が出したと、そういうふうに御説明を聞いております。3割が市が出して7割本人がという形ですね。これは御本人の不注意な運転が多分にあったと、それでこのような示談の結果になったというふうに理解をしていいのか、どうでしょうか。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 当然、御本人の走行の不注意もありまして、そういうことを含めて保険会社と協議いたしまして、3割を市の方が、舗装がめくれておったということもありますので、管理上の問題がございますので、そういった割合とさせていただきました。



○議長(嶋内九一君) 21番 中山勝子君。



◆21番(中山勝子君) 市道に穴があいていた、また例えば段差ができて危ない、そのような市民からの通報のようなものは、日常的に多分市の方にもあるのではないかというふうに理解をいたしています。私のところにも、時にはあそこの市道のここがこうなったとか、穴があいたとか、危険な状態だとか、そういう連絡がたまに入るわけですので、多分、日常的に市の方には入ると思います。そのときの職員の皆様、本当によく速やかに対応していただいていると私は理解をしておりますが、そのあたりはどうですか、部長。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 当然、市民の方から通報をいただいた場合には、直ちに補修に向かっておりますし、定期パトロールもやっておりまして、市道全体で 660キロありますので、毎週水曜日に市の職員が点検、パトロールを行っておりますけれども、どうしても全部すぐに回り切れるわけではございませんので、市民の方の通報等を含めて対応していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(嶋内九一君) 21番 中山勝子君。



◆21番(中山勝子君) 本当によくやっていただいています。私もここがということで指摘したところ、速やかに対応していただきました。市民の方も感謝しています。

 ただ、予算というものは限りがございますよね、担当課の。それで、どうしても優先順位というのがあるというふうに理解をしているんですね。それで、市民の方から、ここは何年来市の方にも言っているけれども、やっぱり優先順位です。予算がという市の方のつらそうなお声を聞く中で、手をつけていただいていないところもあります。

 それで、予算状況、昨年の多治見市の財政状況の16ページを見ますと、土木費というところが予算現額比率91.7%、そして構成比17.9%で、不用額 9,772万 6,000円となっておりますよね。これは昨年のですけれども、そのようなことも踏まえながら、適切に本当に職員の皆様はやってあげたいと思っていらっしゃると思いますし、よく動いてくださっていますが、さて予算が適切なのかと、この市の予算の中で。また、そのようなことを時々私も市民のお声を聞きながら考えるわけでございますが、そのあたり、どのようなお考えでしょうか、市の方は。また、今後どのようにこのあたりは考えていかれるのでしょうか。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) これからの時代は、当然、今の管理が中心になってきますので、私どもとしても適切な管理をしていく上で、当然必要な修繕費については要求をしまして、市民の方に対しては事故等が起こらないような形で対応していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(嶋内九一君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) ちょっと1点だけお尋ねしますけど、こういった示談交渉、過失割合の交渉ですけど、保険会社同士でおやりになるのか、多治見市は職員が対応するのか、そこだけ1点ちょっと教えてください。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 当然、市の担当者も対応しておりますので、その中で保険会社の方と協議をしながら割合を決めております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、報第27号 専決処分の報告について、質疑はありませんか。

 12番 大安歳博君。



◆12番(大安歳博君) いつものことなんでしょうけど、ごみ収集車に運転手1人しか乗っていないという話ではないかと思われます。2人以上、そして1人は当然後ろを見て誘導してあげるという行為が行われていたはずだと私は思っているんですが、もっともこの収集車はエンジン音も結構大きいんで、少々小さい声で、オーライ、ストップとか言っても聞こえない部分があるんで、こんなことがあったのかなあ。もし雨が降っていて、外へ出るのが嫌だから後ろを見るのを怠ったのかなあと、その辺があるんで、状況をもう少し、ちゃんとバックを確認してくれる人を立てていたのか、そういう教育方針になっていると思うんですが、その辺のところをちょっとお聞かせください。



○議長(嶋内九一君) 市民環境部長 佐藤喜好君。



◎市民環境部長(佐藤喜好君) まずもって、職員の不注意によりましてこのような事故が生じましたことをおわび申し上げます。

 この事故に至りました経緯でございますが、ふだん、ごみ焼却場の円滑な運営という見地によりまして、職員には空き時間、極力、焼却場の中だけでなく場外についても、例えば県道、あるいはああいった駅についてもできるだけ清掃、草刈り等をするように指示しているところでございます。

 今回は、古虎渓駅をある意味自主的に清掃していたということでございまして、ここでは運転手と助手2人でその作業に当たっておりました。作業自体はおおむね終わりまして、運転手だけが次の場所へ行くつもりで方向転換をいたしました。もう1名は、ほぼ終わってはおりましたが、もう少し片づけをしていたということで、私ども、方向転換に当たりましては必ずもう1人が後方を確認するということを指示していたところですけれど、作業の方に気をとられて、その点がちょっと不注意になっていたというようなことでございます。

 これを受けまして、私ども、毎日朝礼等では指示しているところですが、再度、後方確認の徹底ということで改めて指示したところですので、御理解のほどよろしくお願いいたします。



○議長(嶋内九一君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 1点御質問をさせていただきます。

 今回、お2人の方が多分乗ってみえたと思うんですけれども、ドライバーは本市職員の方であって、もう1人の助手の方はどういう立場の方か、少し確認をさせていただきたいなということと、ごみ収集関係の方については、当市のこれからの対応のあり方について、退職者不補充ということで以前からお聞きしていますけれども、今後、例えば職員の方がいなくなっていくとドライバーの方も日々雇用等々の方に変わっていくんですが、その辺のところとの兼ね合いはどうであったか、少しお聞かせください。



○議長(嶋内九一君) 市民環境部長 佐藤喜好君。



◎市民環境部長(佐藤喜好君) 2人とも正規の職員でございます。

 それから、退職不補充でございますが、だんだんと正規職員が減ってまいりまして、数年前より減りましたので、通常の資源の回収ですね。旧多治見地域の資源の回収、それまでは直営でやっておりましたが、現在は委託に切りかえております。これでさらに減ってまいりますと、例えば地域単位でその部分、一般のごみについても委託するという形で乗り切っていくことになろうかと考えております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、報第28号 専決処分の報告について、質疑はありませんか。

 19番 岡田智彦君。



◆19番(岡田智彦君) この件については、いわゆる空調の取りかえ工事の間もない事故というふうにお聞きしておりましたけれども、こういった場合、工事業者に対する措置というのはどのようになっておるのか、その辺をお聞かせいただきたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 総務部長 服部知明君。



◎総務部長(服部知明君) 今回の工事につきましては、工事に瑕疵があるということで指名停止処分にしております。



○議長(嶋内九一君) 19番 岡田智彦君。



◆19番(岡田智彦君) 幸いと言っては被害者の方には失礼ですけれども、この程度のけがで済んでよかったんですが、これが直接頭に当たったりなんかして大きな事故につながったということになると大変だと思いますが、その場合、損害賠償に対する、いわゆる業者さんの責任においての被害者に対する賠償とか、そういったもののかかわりというのはないわけですか。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) 今回の相手方への損害賠償の中には慰謝料というのがございまして、それは業者、また指定管理者が入っています保険の中で相手方に慰謝料を払う、そのような形で考えております。



○議長(嶋内九一君) 5番 若尾敏之君。



◆5番(若尾敏之君) それでは、私の方からも少し質問をしますが、7月15日に修理をしてということで、45日しかたっていないときに事故が起きたわけですが、その工事が終了した場合に、当然、終了しましたということで市の職員が立ち会っておられると思うんですが、そこの引き渡しですね。その辺をどのようにやられたのか、ちょっと御説明願います。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) 指定管理者等の協定の中で、20万円以下の修繕は指定管理者がみずからにおいて行うと。今回が15万 9,600円の事業でしたので、指定管理者みずからが発注して行ったと。ただ、事前に市の方に、こういうことですので修理を行いますということは聞きました。

 最終的には、今申し上げましたように、指定管理者がみずから行うという事業の中でしたので、市の職員は立ち会わずに、指定管理者の方が目視によって点検をしたと、そのように報告を受けております。



○議長(嶋内九一君) 5番 若尾敏之君。



◆5番(若尾敏之君) 我々でも、なかなか見てもきちっとついているかどうかというのはわからないと思うんですね。ですから、目視だけというふうにしか見られないと思うんですね。一般の人というか、できましたよと言ったら、わかりましたということで見るしかないと思うんですけれども、そうするとやっぱり業者さんの責任というのがすごく重いと思うんですけれども、最後にそこの点だけもう一度お伺いできますか。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) そのとおりでございまして、天井、約3メーターぐらいのところで12カ所、指定管理者が一個一個引っ張ってやるということじゃないんで、あくまでも業者がみずからでもって、その引っ張りぐあいでしっかりなっているかということを確認したということで、指定管理者を受けて目視でしました。

 ただ業者は、後から聞いてみたら、12カ所のうち数カ所を点検して、すべていいということの報告を受けていましたので、その部分は今後も指定管理者はほかの施設もございますので、そのようなときにはしっかり、最終的には業者に指導する形で今後も対応していきたいと、そのように考えております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 118号 多治見市教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例を制定するについてですが、本案に関しまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第24条の2第1項の規定により議会が求めました教育委員会の意見は、あらかじめお手元に配付しましたとおりですので、御了承願います。

 議第 118号について、質疑はありませんか。

 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) じゃあ、ちょっと質問させていただきます。

 スポーツに関する事務を市長部局へ移管するということなんですが、ジュニア期のスポーツについてですが、ガイドラインがありまして、スポーツ活動補助金というものもあると思うんですが、これは同じ内容でそちらの方へ移管するのか、また新たに検討して対応するのか、ちょっとお答えください。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 今お尋ねのガイドラインにつきましては、そのままの状態で移管をする予定にしてございます。



○議長(嶋内九一君) 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) そこでもう一つお伺いしたいんですが、文化とスポーツを包括的に管理、執行できるようにということなんですが、中学校の部活動の場合だと下校時間後とか土・日曜日なんかは、多くの生徒がクラブ活動ということでスポーツもやっていて、それがガイドラインに従ってということだと思っております。

 その中で、今までは文化系のクラブというものは市民文化課の方の対応だったと思いますけど、これで市長部局の方に移管することによって運動系も文化系も同等に扱われるというような考え方なのかそうでないのか、ちょっとお答えいただきたいです。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 原則としまして、今のガイドライン、ここにもありますが、部活については学校教育なんですが、現状におきましても、ジュニアクラブにつきましては学校の所管からは外れると。これについては変わらないわけでございます。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 今回のことは大変な決断をされたと思うんですけれども、この決断に至るまでの、ここに至った最大要因、市長、ちょっとみずからお答えいただけますか。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 市民にとってわかりやすい組織であるということ、加えまして職員にとって働きやすい組織であるというようなこと、この2点からきっかけをつくりました。

 一つは国体推進室を、教育委員会にあったのを市長部局に持ってきた方が機動性が早いということも途中の意見としてございました。加えまして、他自治体の状況をしっかり見るというようなことから、これまで文化とスポーツが2部局に分かれていたものを1部局に統一しよう。どちらがいいのかと。教育委員会にすべて移管をする方がいいのか、市長部局がいいのかというようなさまざまな議論、市民からの声、こういったことから今回の提案に至りました。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) まずこの部分を移管ということなんですけど、教育委員会そのもののあり方、地方分権の流れの中でいろんな議論をされておる中で、市長はその一環としてこれがまずあるのかということですね。それから、このようになった後、教育委員会の委員長とその部分についての連携、その後の引き渡し等についてはどのようにされるかということをお聞きしたい。

 それから、この議案において、附則関係で多治見市スポーツ振興審議会条例の第8条の、教育委員会事務局も文言を環境文化部に改めるというのも同時に出ておりますけど、議第 119号はまだその後に出てくる話で、議第 118号が可決されても議第 119号は可決されるとは限らないときに、こういうあり方というのは何ら問題ないのかということ、その点をあわせてお答えいただけますか。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 教育委員会のあり方云々かんぬんということは、今回の議案の提案とは直接関係ございません。文化とスポーツが2部局に分かれている、これが市民にとって非常にわかりにくいということが、今回の議案の提案の一番の原因でございます。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 附則の改正につきましては、今回の次の議案にあります部設置条例とは、前段ですけど、その前にスポーツを市長部局に移管することに関連するものについての附則ですので、これでよろしいかと考えております。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 今ちょっとわかったんですけど、これでなるというけど、引き継ぎの関係ですね。基本的には、教育委員会はもちろん先ほどの議長のあれもありましたので同意されているんですけど、その辺の協定部分とか、それは文言であるとか、それなりの文書をつくってきちっと引き継ぎの作業をこれからされるのかということをお聞きしたいことと、基本的に、なぜこの時期にこのような改正がされることになったのかだけ答えていただきたい。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 引き継ぎにつきましては、御議決賜りましたら4月の施行に向けてしっかりとやっていきたいと思います。

 それから、この時期ということですが、これは先ほど市長が答弁しましたように、市民にとってわかりやすい、また職員にとっても働きやすい形につきましては一刻も早くといいますか、それともう一つ、これまで議会におきましても、スポーツを市長部局に持ってきたらどうかという御議論は何回か、少なくとも平成18年以降、お尋ねをいただいております。そういうようなことから、今回、こういう議論にまとまったということでございます。



○議長(嶋内九一君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) 文化に関することは、数年前に市長部局に移管をしたわけですけれども、そのときのことがちょっと思い出せないんで教えていただきたいんですけれども、教育委員会から文化に関することを市長部局に移管するときに、スポーツを外したときの経緯、なぜスポーツだけ外したかを一回思い出したいんで教えていただきたいというのが一つ。

 それから、市長部局に文化だけを事務委任したときは、条例は変えなかったわけですよね。今回は特例に関する条例をつくるんだよということは、今までつくらなかったこととどういう違いがあるのかを教えてください。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) スポーツを文化と一緒に市長部局に移管しなかった理由でございます。

 1点は、いつものことがありますけど、限られた時間の中で議論するときに、スポーツを市長部局の方に、委任ですね、当時は。委任するという議論に至らなかったということで、それは一つは部活との関係です。部活とジュニアクラブの関係が1点。それと、学校開放について、学校との関連があるということで、もう少し議論をしようということで残してきた経過がございます。

 それから2点目の、今回条例制定に至ったことでございますが、教育委員会のあり方のもとになります地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正が平成19年6月、平成20年の4月施行でございまして、教育委員会の担うべき業務がそこに掲げられているわけですが、その中の文化とスポーツ、文化については文化財を除く、スポーツについては学校体育を除くという条件がついておりますが、これを市長に移管することができると、このように法律改正がなされました。

 ということで、平成18年に文化を移管するときはまだこの改正がございませんので、市長には移管できずに、当時でいきますと企画部長に委任をしたわけです。そのような状態でおりましたが、今回、スポーツを移管するに当たりまして、1部長に委任という形の不安定性とか責任の所管ということも考えながら、文化もあわせて今回この条例を制定させていただくというような経過でございます。



○議長(嶋内九一君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) ありがとうございます。大変わかりやすく説明していただきましたのでよくわかりましたけれども、前段の、前回スポーツを残した理由で部活の関係、それから学校開放の関係、その辺、この数年の間にどういう変化があってそれが解決したのか教えてください。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 今の部活とジュニアクラブの関係については、一部の保護者の方、また一部の教育委員さんの御議論にもあったとお聞きしておりますが、保護者の方の中で、その関係についてまだ問題視をされている意見があることは承知しております。

 ただし、それは先ほどからも出ておりますガイドラインの中で、学校教育のことと社会体育の所管の違いといいますか、そこのところは示しているわけでございます。実際にその中で、現実に指導者の問題ですとか、そういうようなことで御不満ですとか御異論があることは承知をしておりますが、今の事務の切り分けということについては議論は深まってきたと思っております。さらに、部活とジュニアクラブの関係については、中学校の校長会で議論もされておりますし、そういうことで議論が、解決ではございませんが深まってきたと思っております。

 それから、学校開放につきましては、現状におきましても学校の行事を優先して、その上で開放していただくというルールというのは決まっておりますので、それを市長部局に、いわゆる社会体育を移管しても問題はないと、このように考えております。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 学校開放でございますが、学校開放の施設につきまして、今回、全小・中学校の開放する体制が整いましたので、施設をさわるときの調整の必要がなくなってきておりますから、あとはお使いいただくという状況になっておりますので、それは随分時間の経過とともに改善しているということでございます。



○議長(嶋内九一君) ほかに質疑はありませんか。

 12番 大安歳博君。



◆12番(大安歳博君) このジュニアスポーツクラブ、私も今その一つの育英会長をまだ名前だけは残っているのか、やっているんですが、5時までが部活動で、正式には4時45分で5時までに学校を出なさいよと、一たんね。そしてその後、学校でジュニアスポーツクラブをやりましょうねということでやっているんだと思います。時間はどっちかが15分で、5時15分から始めるのかな。このときに学校の先生が俗に言う監督、一番チーフになる指導者が、約 100クラブくらいのジュニアスポーツクラブが多治見市にあろうかと思うんですが、学校の先生がその主となる指導者のクラブが80ぐらいはあると思うんです。

 それで、例えば南ケ丘中学校を見ると、土曜・日曜日、学校開放ですわね。学校行事がないときはジュニア野球クラブが使うよと。一日、よそのチームも来て2面使うので、女子のソフトボールはどこかに練習試合に行くか休みにしてほしい、あるいはサッカーのチームのときもそういう調整をしっかりと先生同士がどうもとられていて、そして月の終わり、25日ぐらいに来月度の予定表が育英会の会長のところに来て、その育英会長がこの日は南ケ丘中学校でやります、この日はよそへ行きます、送迎等、立ち番はだれとだれができるでしょうかという調整をしていくんですよ。今そういうふうにしているんですよ。

 そうして、これが市長部局に流れたときに、学校開放というか、その時間のとり方、校庭のとり方がどのように行われていくのか。先生たちじゃなくて、一般人の指導者をチーフに持っていきなさいよと。先生たちはもう学校だけでいっぱいですよみたいになってきているように思われるし、その辺のところをどう考えて、そこまで話をされたのか。教育委員会が別に支障ないとしたのも、本当にそこまでわかって回答を出されたのかなあと、私は不思議に思うんです。

 その辺のところ、教育長、学校の先生が一生懸命、6時半ぐらいまでやってくれるんですね。今でも、暗くなっても一生懸命指導してくれるんです。そして日曜日も出てきて。その辺がうまくつながるかどうか、私は疑問に思っているんですけど、どうでしょう、教育長の考えから。



○議長(嶋内九一君) 教育長 村瀬登志夫君。



◎教育長(村瀬登志夫君) まず、学校の部活動の終了時刻は5時とは決まってはおりません。下校時刻までということでありますもんですから、4時半の場合もありますし、5時の場合もありますし、5時15分の場合もあります。その辺だけまず承知いただきたいと思います。

 あと、教員の参加ですが、これは非常に難しい問題がございます。というのも、まずもって教員はその種目の免許なりを当然ながら持って赴任しているわけではありません。その学校に着任しますと、その学校にあります部活動の種目に応じて分担が決まっていくというところであります。そうした中で、部活動とジュニアクラブの体制をとってきております。

 この問題は、今現在は教育委員会の中に学校教育課があり、そして教育総務課のスポーツ担当がございますが、そういう中でもこういう問題がずうっと続いておるということを承知しております。ということは、今回、環境文化部の方に移管したらさらにどうなるかということでありますが、先ほど来企画部長も答弁しておりますように、現在もう中学校の校長会で議論が始まっておりますし、そして私ども縦割りはいけませんものですから、きちっと連携をしながら、学校の部活動とジュニアクラブの体制をどうしていくかということの体制を来年度とっていきたい。今からとっておりますが、さらにとっていきたいと、こういうふうに考えております。



○議長(嶋内九一君) 12番 大安歳博君。



◆12番(大安歳博君) 今のお話で、校長会を通じて今どういう体制をとっていこうかということを検討しているみたいに聞いたんですが、それがうまく体制がとれないよ、やっぱり教育委員会がもっとかかわっていかないといけないよみたいな話し合いになってこないのか。僕は、市長部局、この環境文化部に持っていった場合に、相当、教育委員会の先生も含めた人との会合の場が市役所で行われる格好になっていくんで、教育委員会がもっとかかわっていくんだというところが欲しいんで、何かそういうところが話し合いでできるんですか。もう一度その辺教えてください。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) まず前提でございますが、先ほど議員がおっしゃっていただきましたように、教員が部活動が終わった後のクラブ活動の指導者に入っている場合、これは基本的には社会人指導者と同じ立場で動いております。その方々が、教員同士という人脈を通じてのやりとりが濃密であるということですが、それは教育委員会にあるなしにかかわらず、そういったことにかかわっていただく指導者のお立場は、私どもは変わらないと思っています。

 もう一つ、ただし部活とクラブの接続の部分は、部活は教育活動の一環としてやっておりますので、教育委員会として部活のあり方の接点をクラブにうまくつなげる、もしくはクラブからの情報を部活にちゃんと伝えると、そういったことをしっかりやりましょうということでガイドラインを定めておるわけですが、それがまださまざまな考え方がある中で十分な浸透がされていないところもあるもんですから、そこの接点の部分について、校長会においてもう一度部活のあり方を通じてその接点をスムーズに行くようなことを今考えおっていただいているということでございます。今おっしゃっていただいたように、教員も社会人指導者としての立場が、市長部局へ行ったからといってにわかに変わって、かかわりがないということは起こらないと思っております。もし仮にそういうような問題が起きれば、その時点でもう一度社会人指導者と部活動のあり方については、私どもがお知らせをしていく必要があるというふうに思っています。



○議長(嶋内九一君) ほかに質疑はありませんか。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 2点ほどお尋ねをいたしたいと思いますけれども、イメージとしては、教育行政というイメージで私は受けております。今度、市長部局に移しますと、教育が抜けて文化・スポーツ行政というとり方も、一般の方もとられるんじゃないかなあと思うんですけれども、今回のこの条例案は、手続上の問題、手段なんですね。

 市長部局に変わった時点で、これからこの二つのスポーツと文化の点について、じゃあどのようにしていくんですか、どんな問題があって、問題があるならそれをどう解決していくんですか、これからの多治見市のスポーツ、文化をどのように向上させていくんですかという目標があると思うんです。それが全くこの中では見えてこない。ただ方法としてこういうふうに変えますよというだけで、何をどのように具現化していくのかどうなのかというのは全く見えてこない。

 先ほどから質疑が出ておりまして、聞いておりますと、子どもたちのクラブの問題、私はスポーツ教育という点で非常に重要なものだろうというふうに思っているんです。それがまだ生煮えの段階の中で、こうしてぱたぱたとあまり時間もない状態でこのことが議論されて変わっていくということに対して、私は非常に危惧をしております。もっとしっかりこの点について議論をして、先が見える状態、どうするんだという中で考えていく必要があるだろうというふうに思っていますけれども、この件についてお考えをお尋ねいたしたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) これは、平成18年に文化を市長部局に、当時は委任をしたわけですが、そのときと考え方は同じでございます。いわゆるスポーツも幅広い意味では社会教育というふうに法的にもなっておりますが、そのときの経緯につきましては先ほどお話ししたとおりでございます。

 文化・社会教育を市長部局に移管したということは、これは一般的によく言われていることですが、これから市が市民を教育とか、または生涯学習ということで音頭を取ってというようなことではなしに、市民文化の高まりという中では、一つの教育委員会という枠からはもう外れてきていると、そういうような認識でございます。

 そういうことから、これは今までは事務委任とか補助執行というような形で、全国の各市が文化及びスポーツを市長部局の方に持ってきております。それを国の法律でも追認をしてきたということは、やはり方向性としては教育委員会の枠ではなしに、今の市民スポーツ、市民文化という観点から総合的に施策を考えていく、そういうようなことで、本市としても同じような趣旨でございます。



○議長(嶋内九一君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) ただいま企画部長の答弁の中で、検討をしていくと。どのような施策がいいのかという御答弁だったというふうに思いますけれども、どのような施策を行っていくかというのは、もう現存してなければならないと思うんですね。

 というのは、方法を変えるということは、何に向かって方法を変えるのかという目的があるわけです。その目的は、どのようなプロセスによって、どのようにしたら変えられるかということも当然あるべきです。だから、これから考えるよでは私はだめだというふうに思うんですね。だからそこなんですよ、問題は。どのように変えるんですか、どこに問題点があるんですかというところに議論を移さないと話にならないと思いますけれども、再度お答えをいただきたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 今回の議第 118号を提案するに当たって、議員のお言葉をかりればぱたぱたと拙速にということを言われましたが、全くそういうことはしておりません。

 冒頭、若林議員にもお話をしましたように、文化とスポーツをしっかりこれからの子どもだけではなくて大人全体の教育の中にどう生かしていくのか、これが最も重要なことでございます。

 加えまして、二またに分かれている不便さ、市民からしてわかりにくさ、これについてしっかり議論をしてきました。現行のままで行くのか、教育委員会に一回全部戻してしまうのか、市長部局に入れるのか、これは3択の中の一つしかないというのが結論です。他の自治体等についてもしっかりと調査をいたしました。加えまして、組織機構を見直してから計画を立てるという考えは全くございません。これからの方針として、文化をどういうふうに醸成していくのか、スポーツを通じて人間形成をどう醸成していくのか、この計画に基づいて組織・機構のあり方の変更を提案しております。

 したがって、議員が指摘されますように、この議案を通してから後づけで計画をつくる、こんなようなことは全くしておりません。既に将来のビジョン、計画、こういったものをしっかり示した中で今回の議第 118号を提案させていただいております。



○議長(嶋内九一君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 私の申すことはわかっていただいたと思うんです。目的はそこなんですね。市長の言われることと、私とそんなに変わらないと思うんです。だったら、その目的、ビジョンを描いておみえになるわけですから、それをお話し願いたいな。この組織の変更だけじゃなくて、その点についてきちんと説明をしていただくと、ああなるほどなということがわかるわけですけれども、ビジョンがあります、ビジョンを描いておりますと言われたって、私どもはわからないんですよ。再度お願いします。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 今後のビジョンとか計画ですが、スポーツ振興計画というのをつくっておりまして、これは今までですと教育総務課のスポーツ担当でつくりましたが、これにつきましても市長部局も委員となってつくっておりまして、その中身を見ていただきますと、競技性スポーツですとか生涯スポーツ、それぞれのステージごとのスポーツのあり方を掲げております。

 そういう観点からいきましても、もう既にスポーツ振興計画を策定している段階でも、先ほどから言っております教育委員会の枠というのをスポーツの面においても超えているというふうに認識をいたしております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 119号 多治見市部設置条例等の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) まず一つが、今回の部設置条例について苦情をいただきました。その方は、市民文化活動とか、それから環境ボランティアとか、いろんなことを熱心におやりで、市役所によく来られている方ですけれども、また窓口が変わっちゃうのと。ころころ変わっちゃって、どこへ行ったらいいかわからへんということを言われました。

 今回は、そうだけど、市民にわかりやすく、利用しやすいように直すんだよということは言っておきましたけれども、機構改革が多過ぎやへんかということで、本当に市民にとってはわかりづらいということを言われましたんですが、具体的にどの辺がわかりやすくなったのかを教えていただきたい。

 それから、先ほど市長さんが、今回の見直しの理由は大きく二つあると。市民にわかりやすいというのと、職員が働きやすいということだよと言われました。地区懇談会では予算の概算要求を今終わって、パブリック・コメントにかけていますよと。予算が、収入が足りないから行政改革をやっていますよと。事務事業の見直しを一つやっております。それから補助金の見直しを、この間答申を受けたところです。それから、人件費を含めた定員適正化計画の見直しをしていますと。それから、市長、三役と議員の報酬の見直しを12月議会にかけていますよと。それから、そこに組織改革の見直しを今議会に出していますよと。行政改革の中で、いわゆる予算の収入が足りないよという説明の中でこの五つを上げられましたけれども、今回の組織改革がどういった節約につながるのかを教えていただきたい。

 それから三つ目が、パブリック・コメントの意見が七つあるわけですけれども、この7点に関しての市の回答を聞かせていただきたい。お願いします。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 1点目の、市民にわかりやすい組織づくりにつきましては、一つは課内室というのを今回は解消いたしております。教育委員会の教育相談室と、それから時限的であります国体推進室は例外としまして、課内室を解消しました。そういうことで、企画課政策推進室、企画課人権推進室と、こういうようなのをなくしたということであります。それともう一つは、大もとの、先ほどから出ております文化とスポーツの所管の統合、これから大きな点でございます。

 それからもう一つの、機構改革による経費の節減につきましては3課だと思いますが、課を減らしております。そういうことで管理職の数も減るということでございます。

 それからもう一つは、パブリック・コメントにつきましてですが、1点は政策開発室に対する考え方であります。これは政策開発室と健康福祉政策課でございますが、一つは、政策開発室のこれまで果たしてきた役割といいますか、財務条例を初めとする仕事については庁内的にも当然評価をしているわけですが、先ほどのわかりやすい組織という観点からいえば、全庁的な方向ですとか、そういうのは本来的にこれは企画課の仕事であるというような観点でございます。

 それから、健康福祉政策課につきましては、以前の福祉企画課の流れをくみまして、計画部門と実施部門の分離といいますか、そういうようなことで来たわけで、さまざまな計画づくりについては大きな役割を果たしましたが、一方では計画をつくる人と実行する職員という、そこの辺の問題点もあるかと思っております。

 そしてもう一つ、今回は、以前から課題になっておりました、大きくなりました健康福祉部を二つに割るということになりますと、その一方の部だけに今の計画、専門部署を置くことはどうかというようなことで、計画をつくる人と実行する人はやはり同じの方がいいという観点から、今回の案になっております。

 それからもう一つは、今後の行政運営のためには財政部長職を設けたらどうかという御意見をいただきましたが、この財政問題の課題につきましては、所管は総務部の財政課が担っていると思いますが、この御意見につきましては、今回ではございませんが、今後の参考とさせていただきたいというようなお答えをさせていただいております。

 それからもう一つは、一番多くいただきましたのは土岐川観察館の所管を環境課に移管するということでございます。これにつきましては、今の土岐川観察館が非常に広い分野で、川のみならず活躍のステージを広げられておりますことから、幅広く環境課にというような考えでおりましたが、パブリック・コメントで3名でしたか、御意見をいただきましたし、これまでの水辺の学校等の成り立ちですとか、今後の河川行政、かわまちづくり等のかかわりからも今の建設部に置いた方がいいということで、これにつきましては、パブリック・コメントの御意見のとおり現状のままと変更をいたした次第でございます。



○議長(嶋内九一君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) パブリック・コメントで意見が戻ったということを今知ったわけでございます。

 文化とスポーツの統合が一番の目玉であるように、市民にわかりやすいところでと言われて、先ほどの議第 118号の議論の中でも、文化とスポーツを教育委員会から市長部局の方に持ってくるということに関しては、特に大きな意見はなかったように僕は思っておるんです。

 ただし、1号冊の21ページでスポーツに関することのところに、括弧書きで、学校における体育に関することを除くとあるが、ここにジュニアクラブを入れられないかというところが一番の争点だと思っておるんですけれども、その点は、もう一回考えることはできないか教えていただきたい。それから室を解消したというのも大きな変更点だよと言われたんですが、市民が、室があることによってわかりにくかったとは全く考えられないんですが、室を解消したことは市民にわかりやすいとは私は思わないんですけれども、もう一回、なぜ室をなくしたか、具体的に理由を教えてください。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 学校の部活動とジュニアクラブの切り分けにつきましては、先ほどから申し上げておりますように、もう既にガイドラインで示したところでありますが、今回の条例のもとであります地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正におきましても、先ほども申し上げましたが、スポーツは市長部局に移管は可ですが、その法律の中に部活動、学校体育は除くと。部活は除くという、ちょっと表現は正しくないかもしれませんが、そういうことが明記してありますし、文化に関しては文化財は除くということで、これは法律の面からもできないことでございます。

 そして、ジュニアクラブを戻せないかということでございますが、これは先ほどからも申し上げておりますように、学校教育と社会教育の所管の切り分けということからも、我々としてはこれがいいというふうに考えた結果でございます。

 それからもう一つ、さっきの室をなくすというのは、市民の方がとりたててわかりにくくないとおっしゃればそういうことですが、この議会の中でも過去に、企画課と今の政策開発室の関係等を御質問いただいたときがございまして、組織上は企画課政策開発室なんですが、そのあたりの連携等がうまくいっていたかというようなことは、やはり反省すべきところもございます。それと、先ほどの政策開発室の担っていた仕事がどうかというようなことからも、今回このようにしたところです。ただ、おっしゃいますように、それが市民から見てわかりにくかったのかどうかということについては、ちょっと断言は差し控えさせていただきます。

 繰り返しになりますが、もう一つ、先ほど出ました行政改革の観点からいきましても、管理職の削減ということもございます。



○議長(嶋内九一君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 少し簡単なことをお尋ねさせていただきます。

 今回、環境文化部の中のくらし人権課及び文化スポーツ課の名称のつけ方について、これはくらし人権課、文化スポーツ課ということで、「・」も「と」も入っていませんけれども、こういう呼称のされ方と、それとこういう出された案と、それからくらしと人権課、または文化とスポーツ課というように、市民の方から見たときにどういう課なのかなということをわかりやすく明確にする中での課の名前のつけ方について、この二つの課についてちょっとこういう場で確認をしたいということ。

 それから2点目は、資料の中で地域における教育及び青少年健全育成事業を教育委員会に移管するということで、先般の全員協議会の資料の中にうたってありましたけれども、この中から、例えば、校区青少年まちづくり市民会議については今まで市民文化課が担っていたわけでございますが、そうなると今あります校区青少年まちづくり市民会議について呼称のあり方と、それからこの会議の中身等々についても議論がなされていることを聞いておりますが、その辺のところについて、今回の教育委員会に移管することとどうかかわりが議論されてきたのかをお尋ねさせていただきます。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 課の名称につきましては、庁内的にはこのような形に決定しておりますが、さまざまな意見が実際はございました。そういうような中からこの案に決定したわけでございますが、今、これがベターだと思っておりますが、もう一度再確認はいたしたいと思っております。条例事項ではございませんので。

 それともう一つ、青少年教育といいますか、この分野ですが、これはこのところ今の子どもの子育ちにつきまして、学校教育と家庭教育、地域の連携ということは以前から言われていることですが、それを親育ち4・3・6・3ですとか、先回の議会でも安藤議員から御質問をいただきましたが、これこそ教育委員会独自で行っていくものではございませんので、そういうことからこれをより強力に進めるためにも、この分野を学校教育課に移管して、学校内だけではなしに、側面といいますか、一体的にとらえていくというようなことから今回の改正に至っております。

 そういうことからまいりますと、青少年まちづくり市民会議につきましては、現行においては教育委員会へという考えでおります。



○議長(嶋内九一君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今の企画部長の御答弁をお聞きしますと、校区青少年まちづくり市民会議はこのまま呼称名称でまた教育委員会の方へ移されるということでありますと、教育委員会は、このまちづくりについてもそういうことを担いながら、社会教育の一環として子育てをやっていくという考え方をお示しになられたという受けとめ方をしていいだろうかということと、もう1点は、さっきの呼称から、暮らしと人権ということで、人権と聞きますと、例えば、私は前も部設置で議論された中で、人権が本当にこの課の中でいいだろうかという議論がなされたことを記憶していますが、私は個人的には、多治見市人権施策推進指針をもう一度読ませていただいても、人権に関する課題については総合的、効果的に、やはり全庁的に取り組まなきゃいけないテーマという、この指針にも書かれているように、少し立ち位置が違うのではないかなと思う個人的な考えを持っておりますが、その辺の議論は、今回この課にすることによっての立ち位置のあり方としてどのような議論がされてまいりましたでしょうか。2点お聞きします。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 青少年まちづくり市民会議の呼称につきましては、そちらの方で御議論もされているということも聞いておりますので、それを市の方からどうこうと断定をするという考えはございません。先ほどからも言っておりますように、今のさまざまな子どもを取り巻く環境を、家族ですとか、これは親育ちの関係ですが、地域の皆さんの見守りですとか、連携の中でよりよく進めていこうという、これを主に今回教育委員会が所管する。これが一つの目玉といいますか、特色と考えております。

 それからもう一点の人権の関係ですが、これは今議員御指摘のように議論をいたしましたが、今の子どもの人権とか考えてみました場合でも、例えば一つは教育委員会に置くとか、それから保育園、幼稚園を管理しております現状の健康福祉部に置くとか、これはちょっと趣旨が違うかと思いますが、全庁的にこの施策を進めていくという点に関しましては、企画部であろうと今度の環境文化部であろうと、全くそごはないというふうに考えております。

 それともう一つは、今の市民文化課の方でさまざまな人権相談とか行っておりまして、そういうようなものとの有機的な結合といいますか、そういう点からも環境文化部がふさわしいと、このように考えた次第でございます。



○議長(嶋内九一君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) それでは、今の御答弁に対して、まちづくりの呼称についてはこれから議論ということでございますが、家庭教育について教育委員会の中に移行となりますと、そうしますと、今回の案の中で教育委員会の教育推進課でございますが、そこが多分、資料を見させていただきますと位置づけがされているということで認識しておりますが、非常に広い課題についてこれから対応していかなきゃいけない。それと、教育と広い社会、暮らしそのものも入ってくるような気がしますけれども、この辺のところの教育推進課のメンバーの充実、それから多様なメンバーを入れて、もう一度新たな視点での課をつくって、それに対応できるような体制をお考えですか。それを最後にお聞きします。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 当然、事務分担がふえるわけですので、今おっしゃいましたような人的な増員といいますか、強化とか、そういうのは考えていきたいと思っております。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) いろいろ出てきましたもんでちょっとあれなんですけど、まず第一に、健康福祉部が組織が大き過ぎるということで、今回二つの部に分割されることなんですけど、分け方、課の段階を見ているんですけど、これはある意味全部これから必要で、連携をとっていくべきことなんで、これを分けた基準をちょっと教えていただけますか。

 それから、私は従来の福祉関係の部と市民文化課だとか税務課とか、こういう部分が連帯して市民の相談を受けるべきだと。そういうワンストップを進めるべきだと言っていたんですけれども、逆に言えば、今回健康福祉部が分かれることによって、より縦割りの方向に進んでいるんではないかと危惧しているんですけど、その点をあわせて2点お聞かせ願えますか。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 健康福祉部に限らず、もう一つは総務部、ずうっと過大規模といいますか、この解消というのが機構改革のたびの課題でしたが、今回そういうことで市民課の移管ということも含めて対応したということであります。区切りは、先ほど議員もおっしゃいましたように、一つは本来の社会福祉事務所が担うという分野であります。それからもう一つは、今の健康の問題、こういうようなより市民生活に近いところ、そういうようなところで切り分けをしたわけでございます。

 それから、ワンストップサービスのことにつきましては、一つのセクションでといいますか、機構上ではなかなか解決する問題ではないと思っております。そういうことで、庁舎のあり方だとか、そういうこともございますが、今後も宿題として考えていきたいと思っております。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 庁舎の形が悪いですからね。本当に相談する場所がない、これは非常に問題でありますけど、私が言ったのは、例えば生活保護へ行って福祉の関係とか税務課にも相談する。それが多重債務なんかがあったら、市民文化課にも行かないかん。相談に応じて関連する課が連携して対応することは、喫緊の課題として早く取り組んでいただきたいということが前提にあることだけ御承知ください。

 それからスポーツ、今、スポーツと文化のところをるる言われましたけれども、スポーツは確かに文化であるし、社会教育の一環でも、もちろんそうです。ただし、スポーツが文化だと考えるのは、スポーツが人に与える影響、そういうものを文化としてとらえたらどうかという議論であって、現場でスポーツをやっておる人間が、文化だと思ってやっていないんです。そんなことは市長が、体育会系の出身の方が一番わかっているわけで、私が心配しているのは、私も運動部の出身として、同好会を見たわけじゃないんです。このとらえ方が、競技スポーツをやっている方、学校スポーツから競技スポーツへ行って、スポーツで目指そうという人に対応できる組織であるのかということです。

 大変申しわけないんですけれども、先ほどごみ収集車のバックでどうなったと言われた部長のところに、競技スポーツを目指してオリンピックへ行こうという人が、同じ部署で賄ってやっていただけるのか、その辺が非常に私は心配しているんです。

 ですから、行政改革で部長、課長、管理職を減らすということもわかるんですけど、何でもいいからここに入れてもらっちゃ若干困ると思うんですが、その辺についてぜひともお聞きしたい。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 環境と文化を一緒にするかという議論は、先々回、平成20年4月施行の御議論いただいたときもお答えしたとおりの、市民生活ということでくくって今の形があるわけですが、そこで考えますと、当時は、私はもう最後だったですけど、教育委員会に生涯学習課ということで文化とスポーツの両方担っておりましたが、それが市長部局の中で、復活と組織的にはなるわけですが、そういうことで連携するところは多いと思っております。

 それともう一つは、スポーツ部をつくるわけにはなかなかいかないのでこのような形になるわけですが、一応担当としましては、一部の方になりますが、競技団体ですとか文化団体、学校の校長先生の意見等もお聞きしながら、今回の案をつくった次第でございます。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) なかなか答弁は、今のと一緒でできないと思いますけど、多治見市では立派なスポーツマンが偶発的に生まれるだけではだめだと思うんですよ。やはりある程度のシステムをきちっとやっていかないと、そんな急に、天才と天才が結婚して天才の子どもが生まれたから、突然多治見からオリンピック選手が出たなんていうことはありませんので、やはり学校教育の中からきちっと競技スポーツをやれるシステム、高校に回す、それで大学まで行くスポーツだと。結果として、優秀な人はスポーツから文化勲章をもらう人がいっぱいいるわけで、スポーツはやっぱり同列では争えないところがあります。ぜひともその点だけはちゃんとお願いしたいということと、先ほど企画部長が、スポーツ振興計画を企画部でつくられると言われた。そのとき、生涯スポーツ、競技スポーツ云々言われたけど、私、前回、障害者スポーツに対しても言ったわけですね、福祉がやっている。それは競技のレベルを上げて、そのために競技大会、全国大会、パラリンピックに出てくれということでなくて、同じようなステージを提供しなくちゃいけないと言ったんです。そういう部門もこれからどこかに、ちゃんとそこで担っていただけるんですか。それだけを最後にお聞きします。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 議員が最後におっしゃいました障害者スポーツにつきましては、新しい名前で申し上げますと文化スポーツ課、ここが所管をいたしてしっかりやってまいりたいと考えております。



○議長(嶋内九一君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) ちょっとお願いを申し上げないといけないんですけど、パブリック・コメント、きょう、質疑なんですね。私、きのう夜の8時に市のホームページを開いてみました。私、いつ回答されるかなと思って毎日開いていますけど、きのうも回答がない。前回にもそういうことがありましたのでお願いをいたしましたけど、また今回同じことがある。

 再三言いたくはないんですけど、パブリック・コメントをどういうふうに受けとめるかという話なんですね。だから、これをしっかりやっていただかないといけないと思いますけれども、きょう、朝載っているかもしれません。私、きょうは朝、パソコンは見ておりませんので、いつなら載るのでしょうか。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 1年前か2年前にこの場で議員に御指摘を受けたことはよく承知しておりまして、今回もそれはずうっと思っておりましたが、庁内での今の答えといいますと、先ほどの土岐川観察館の扱い、こういうところも庁内の行革推進本部で決定をしてきたわけですが、そういうようなスケジュールからいいましても、昨日アップをさせていただきました。これは議員の御指摘をずうっと深く感じておりまして、これだけは忘れてはいけないということで、昨日、急いで決裁も済ませまして載せさせていただきました。

 今後に関しましては、おっしゃいますようにできるだけ早く載せるように努めますし、この前御指摘いただいたときもそのように、全庁的には指示といいますか、連絡をいたしたところでございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 120号 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 121号 多治見市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 私どものつくった、この4月1日から施行されました議会基本条例の第19条第2項、ここの中に明確な改正理由をつけなければならないという条項が載っているわけでございますが、今回、議案書を読ませていただいても、報酬の金額を変えるところの明確な改正理由がどこにもうたわれておりませんけれども、これは特別職報酬等審議会からどのような格好で出されてきたのか、確認を一度こういうところでさせていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 今回の改正の前ですけど、特別職報酬等審議会の開催予算を上げさせていただいたというのも、昨年12月補正でもそうでしたが、議員報酬、特別職の報酬が平成8年の10月から14年間変わっていないということ。この間に経済情勢も変わりましたし、社会の状況、雇用の状況も含め、それから公務員給与についても大きく変わっております。そういうような中で、このままでいいかということがございまして、特別職報酬等審議会を開かせていただきました。

 そして、今回の答申を見ましてもやはり同じような御意見がたくさん中にありまして、なぜ14年間変わらなかったかというような強い御指摘がありました。そういうことから、2年に1回は開いてほしいという要望もついてまいりましたし、それから答申額につきましても、先ほど私が申し上げましたように、経済情勢ですとか他市の状況、公務員の給与の状況、そういうようなところから白紙で諮問をいたしましたが、皆さんの意見としまして、引き下げるべきということで今回は答申をいただいたところでございます。



○議長(嶋内九一君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 私が御質問した内容は、それは今までの経過の中でも今おっしゃったような経済情勢の変動等々については説明は受けましたけれども、私が言ったのは、議会基本条例の今の条項の中から、そういうことを付さなければならないとなっていまして、口頭ではわかりますけれども、その辺のところを明確に、今後、例えばこれから2年に1度なされていくことであれば、もう少し答申されたことに対して明確に文書か何かで付されてもいいじゃないのかなあと思う次第なんです。

 その辺のところ、今後も口頭ではそういう御説明をされるかもしれませんけれども、この条項に沿った、何か諮問し、そして答申された結果については、これは別に市長部局がつくった答申じゃないもんですから、委員会だもんですから出されてもいいと思いますけれども、それを今後どのような格好で明確に付されるのかということをお尋ねしていますが、いかがでしょうか。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 今の議会基本条例につきましては、確認してからお答えさせていただきますが、これは当然ですけど、議会の議員さんの報酬につきましては、市長が特別職報酬等審議会の意見を聞いて御提案させていただくことと、議員さんの方から案が出てくる、そういうような仕組みについては重々承知をいたしております。

 ただ、今回提案させていただいたことにつきましては、先ほどからの繰り返しになりますが、今の社会情勢のもとで現行のままでいいかというような疑問点といいますか、それは特別職報酬等審議会の予算を上げさせていただいた段階で事務局としては持っておりました。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 今、議会基本条例を手元に置いてしっかり読んでいますが、前段と後段と文書が違いますね。

 議員報酬を改正するに当たっては、市長が審議会など答申を経て提案をする場合のほか、ここで一たん区切りますね。これが今回出している条例です。ほか、ここから今度は二つ目の話になります。委員会、議員が議員報酬の改正を行うときは、議員がみずから改正を行うときは明確な改正理由を付さなければならない。だから、議員がみずから議員報酬の改正を提案するときは、議員みずから明確な改正理由を付さなければならない、こういうふうに書いてありますので、今回は前段の特別職報酬等審議会に基づいて市長が提案をしているということでこの条例は読むべきだと思います。これはここで一たん区切ります。

 次に、14年間特別職報酬等審議会にかけなかったというようなことです。名古屋市議会は、連日、テレビ、新聞であのような報道がなされています。過去の人事院勧告からすれば、市の職員の給与がどういう変遷を受けたか、これも調査をいたしました。

 もっとも、今回特別職報酬等審議会にかけるという決断をしたのは、次の理由でございます。市民の皆さんの見る目が、飽和状態から臨界点に達しているというのを私自身も感じました。したがって、特別職報酬等審議会にかけて第三者的な意見としてしっかり議論をして吟味していただいて、多くの市民の声を聞く。そこの中には区長会、11万 7,000人の48区の代表の皆さんも入っていただきました。こうした中から、今回は特別職報酬等審議会の答申をそのまま生で提出をさせていただいております。

 加えまして、今後特別職報酬等審議会にかける頻度、どういう方法がいいのか、これについてもしっかり市民の皆さんと議論をしていきたいというふうに思います。一つの方法は、高山市、これは毎年報酬審議会にかけます。ある意味、人事院勧告に連動するような形の方法もとっています。議会基本条例をつくられた最も大きな精神は、市民の皆さんから負託を受けた議員の皆さんが襟を正してしっかり活動をしていく、この基本だと思っております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 122号 多治見市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 123号 多治見市教育長の給与等に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 124号 多治見市営住宅管理条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 21番 中山勝子君。



◆21番(中山勝子君) 星ケ台団地の16戸あった中の半分の8戸を用途廃止にすると、そのように聞いております。

 16戸中8戸だけを用途廃止し、あとの8戸は市民の方がお住まいになっている、現実に生活を営んでいると、このように理解してよろしいですか。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 現在、星ケ台団地につきましては、昭和27年度建設が16戸と昭和28年度建設が4戸ございまして、合計で20戸でございます。このうちの2棟8戸を解体いたします。残りにつきましては、まだ入居されてみえる方が2名見えますので、現在、移転につきまして交渉中でございます。



○議長(嶋内九一君) 21番 中山勝子君。



◆21番(中山勝子君) 16戸の中の半分を今回用途廃止にするけれども、残りもうあと2軒お住まいだというふうに理解していいかと思うんですが、私が思いますのには、現在のこの社会状況ですよね。先ほど来お話が出ていますとおり、非常に収入が激減している。雇用を失ったとか、働く場を失ったとか、そのような市民の方のお声が頻々と入ってくるわけですが、その中で、例えば早期になるべく出ていただくことを検討してくださいと、こう言われるわけですが、そういう市民の次の住まいの確保ですね。そのようなことが、市としては適正に対応することがとても望まれるのではないかというふうに思っていますが、そのあたりはどのような対応をしてくださっていらっしゃいますか。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 当然、入居者の方につきましては、担当者の方から移転先につきまして、例えば行くところがないということであればほかの団地の市営住宅をお勧めしたり、中には身内の方のところへ行かれるというようなこともございますので、そういった交渉の中で、本人の御意向を踏まえまして移転の交渉に努めております。



○議長(嶋内九一君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今の御質問のあった中から少し関連したことをお聞きしますが、例えば、今回16戸から8戸に変えることによって何世帯、人数も少ないが、お残りになられると思いますが、今後こういうことがいろんなほかの団地にも出てくるわけでございます。

 そういう中で、耐用年数を過ぎた市営住宅も多々出てきますが、その辺のところを市として、そういうふうに同じ4軒なり一つの長屋の中で1カ所しか住んでいないようなところは、どういう方向でこれから集約されていくお考えを示されているのかということと、それともう一つは、民間の空き家が非常に今ふえているような気がいたします、チラシ等を見ますと。そういうことを含めまして、今多治見市の中で非常に維持費とか施設管理費とか大きなお金がかかっているわけですが、そういう方向についてもプランの中でお示しはされていますが、空き家のスピードの方が少し速いような気がするんですね。その辺のところを例えば政策を転換して、今やっている空き家補助対策をもう少し入りやすいような状況に変えていくとか、その辺の方向は今検討はなされておられますでしょうか。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 今私どもが抱えている一番大きな問題としましては、市営住宅自体が極めて老朽化をしておりまして、耐震性とか、かなり多大な修繕費も要りますので、政策空き家も多うございます。その中で老朽化住宅を早期に解体したいと考えておりますが、長屋でございますので、お1人、お2人という方がお見えになりまして、そういった方を対象にしまして、古い団地からできるだけ移転をお願いしております。

 移転につきましても、移転費がかなりかかりますので、私どもとしては何とか早くほかの団地に移っていただくようにはお願いしておりますが、御本人さんのお考えもございますので、担当者の方で順次お話を進めさせていたただいております。

 その中で、とにかく新しい団地に移っていただくような方向の中で、どうしても団地をかわりますと環境も変わりますので、古い団地の中でもそこで集約できないかと。できれば新しい団地の方に移っていただけないかという両面で考えております。

 それともう一つ、民間の方でございますが、私どもとしましても本来ならば老朽化の住宅につきましては建てかえということで考えておりましたが、やはり多大な費用がございますので、市内にあります民間の空き住宅を活用しまして、今補助も行っております。できればもうちょっと数をふやしていきたいというようなことは考えておりますので、そういったことを含めまして、市営住宅の今後の管理方法について、現在検討をしております。



○議長(嶋内九一君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今おっしゃいました民間の空き家住宅でございますけれども、これも一般質問等々出まして、空き家に置いておくとか、それよりも何か有効活用した方がまちのにぎわい等に含めましてもそれはいいことだもんですから、今、空き家住宅の施策が、ことしの15戸を入れまして合計で48戸ということで当初予算のときにお聞きしましたけれども、その48戸の戸数と、それから今申されました、例えば移転費とかいろんなことを考えると、その辺の経費と絡み合わせると、空き家住宅施策をとっていくことの方がトータル的に、今後としては、やはりいろんな視点から見ても妥当というお考えをお示しになっているのか。それとも、いろんな経費を考え、また住んでいる方の優先権を考えますと、なかなか一遍にはいかないというふうな、その辺はどのようなお考えをお持ちでございますか。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 今おっしゃいましたように、市がこれから施設を維持していくには多大な費用もかかりますし、建てて何十年維持していくというのも大変でございますので、できれば市内にあります民間の空き住宅の活用という方向で今考えております。

 ただし、移転も、御本人の御都合もございますので、その辺が少しでも早くなるような方策を含めて、現在検討しております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 125号 多治見市体育館の設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) 一つだけお尋ねいたします。

 管理するところが変わってくるわけですね。学校に入るわけですね、今度。そのことによって耐震の順位、今まで市の施設としての順位で入っていたかと思うんですが、耐震化の順位はどういうふうに変わってくるのか、この点について説明してください。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 昭和体育館は、昭和小学校も使っているということもございまして、現在の耐震の順位年表にはもう既に入ってございますので、その順位で進めていきたいと思っております。

 ちなみに、平成26年度を今のところは予定しておるところでございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 126号 平成22年度多治見市一般会計補正予算(第6号)について、質疑はありませんか。

 23番 春田富生君。



◆23番(春田富生君) 寄附のことについてお伺いしたいと思います。

 今回、教育費の中に学校図書ということで指定寄附がございまして、こういった子どもたちによい本を読ませるということは本当に人格形成のためにも非常にいいということで、我々公明党は今までも読書の推進、この本会議、一般質問等でも朝の読書運動とか、またブックスタートとか、そういった提案を申し上げまして、積極的に取り入れていただいて、大変皆さん方から喜ばれておると、このように認識をいたしております。

 そこで、こういった寄附ですが、大変いいことでありますが、ちょっと関連になりますが、我々公職の身ですね。議員、またここに見える市長とか、いいことであっても我々そういった公職の身であるとできないということで、これは公職選挙法第 199条関係でうたってありますが、その辺のことでまず選挙管理委員会にお聞きしたいと思うんですが、この 199条の関係で、それを犯した場合どういったことになるのか。公職の者が寄附をした場合、その結果としてどういうことが起こってくるのか、まずお聞きします。



○議長(嶋内九一君) 選挙管理委員会書記長 加納安貴君。



◎選挙管理委員会書記長(加納安貴君) 申しわけありませんが、私の手元の方に公職選挙法の条文がございませんので確認はとれませんけれども、後ほど確認させていただきます。当然、公職等の方が寄附をするということに違反いたしますと、罰則がたしかかかってくるというふうに思っておりますので、後ほど確認させていただいて回答させていただきます。



○議長(嶋内九一君) 23番 春田富生君。



◆23番(春田富生君) 私の手元にありますので読めばわかるんですけど、この場で皆さん方、議員さんも見えますし、しっかり確認をしたいという意味で御質問申し上げたわけです。

 今、書記長が言われましたように、公職選挙法第 199条の関係を見ますと、公職の身とか関係する会社、それから後援団体等、すべていかなる名義をもってしても寄附をしてはならないと、こういった厳しい内容になっておりまして、我々議員は特にこの公職選挙法をしっかりと熟知しなきゃいけない、また守らなきゃいけないと思っておりますが、全く申しわけないんですが、市長、私の耳に入ってきた情報によりますと、この11月のある葬儀におきまして、市長の後援会の名義、古川雅典後援会という名義で供花が一対飾られておったということを耳にしました。このことを市長は御存じかどうか、まず確認します。



○議長(嶋内九一君) 春田議員に申し上げますが、議案との関連を明確にしていただけますとよろしいかと思いますが、市長、どうですか。何か質問とこの議案との関連がちょっと理解しにくいんですが、何か明確にして聞きたい。



◆23番(春田富生君) 寄附ということでお聞きしましたんですが。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 私の知り得ないところで、あふれる友情から、かかるようなことがあったやに聞いております。今後は後援会に十分注意をいたします。



○議長(嶋内九一君) 23番 春田富生君。



◆23番(春田富生君) 大変勇気ある御答弁、ありがとうございました。

 我々議員もそうですけど、本人の知らないところで、今市長が言われましたようなことが起こることもあります。そういった関係は、特に来年選挙もございますので、しっかりと指導といいますか、目を配っていかなきゃならないということを我々も含めて申し上げて、質疑といたします。



○議長(嶋内九一君) この際、暫時休憩いたします。

    午前11時55分休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    午後1時05分再開



○議長(嶋内九一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど、23番 春田富生君の質問に対して、答弁を求めます。

 選挙管理委員会書記長 加納安貴君。



◎選挙管理委員会書記長(加納安貴君) 先ほどの春田議員の質問にお答えさせていただきます。

 公職選挙法につきましては、公職の候補者等の寄附の禁止をいたしておりますものが第 199条の2、また公職の候補者等の氏名を冠した団体の寄附等の禁止ということで第 199条の4にそれぞれ規定してございます。また、そのほかにも関係会社等の寄附の禁止といったような禁止の条項が盛り込まれております。

 また、これらの規定に抵触した場合につきましては、公職選挙法の第248条で、第 199条の1項の規定に違反した場合は3年以下の禁固または50万円の罰金に処する。それから、先ほど申しました公職の候補者等の氏名を冠した団体の寄附の制限に違反した場合につきましては、50万円以下の罰金に処するということで、それぞれ公職選挙法に規定されております。



○議長(嶋内九一君) ほかに質疑はございませんか。

 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) 議第 126号の土木費に関してですが、4号冊の18ページ、会計検査院の指摘による過年度返還金とありますが、説明の際に不適切使用ということを言われました。この内容について、また、今庁内で自主検査をやってみえるということをお聞きしておりますけれども、現状はどこまでやられているんでしょうか。

 また、今後この検査で再発防止への確認はできるでしょうか。

 以上、2点についてお願いします。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 私からは、まず今回の補助金の返還につきまして、概要を説明させていただきます。

 今回、不適正な事務の執行がありましたことにつきまして、おわび申し上げます。

 概要につきましては、昨年の12月7日から11日にかけまして実施されました国土交通省所管の会計検査におきまして、対象が平成15年度から平成20年度の補助事業に係る事務費において不適正処理ということで、旅費及び需用費といたしまして差しかえ、翌年度納入、補助対象外、それから他所配分といったような項目の指摘がございました。これにおきまして、対象となりました部局につきましては建設部、都市計画部、水道部の3部でございまして、国庫補助金の相当額で70万 9,403円、利息として加算金が39万 7,967円、合わせまして 110万 7,370円を国へ返還するものでございます。



○議長(嶋内九一君) 総務部長 服部知明君。



◎総務部長(服部知明君) 現在の自主検査の状況でございますけれども、11月8日に各課に調査票を配付いたしまして、今回指摘されました国土交通省以外の省庁の事務費を受けている担当課、大体32課ほどございますが、現在、担当課で調査票を作成中でございます。この締め切りが12月6日でございまして、それ以降、庁内の検査員4名による検査を行い、本年中に結論を出したいというふうに考えております。

 今後でございますが、法令遵守の徹底はもちろんのことですけれども、内部体制の強化、チェック体制の強化ですね。例えば、物品購入の検査員と発注の者の人を変えて検査をする。同じ人が同一のものを検査するんじゃなくて、人を変えて検査するような体制にしたいというふうに考えております。



○議長(嶋内九一君) 12番 大安歳博君。



◆12番(大安歳博君) 保健センターの施設整備費、寄附による備品購入ということで上がっておりますが、これでちょっと思い出したのは、議会主催の市民との対話集会のときに住民の方から、保健センターの入り口で、子どもさん連れが入ったりするので大変だから自動ドアにしてくださいとずうっとお願いしているんだけど、人で対応してやっていきますという答弁で直っていないんですよということを聞いて、そのことは頭の中にあって、この寄附金で自動ドアにしようかという計画は全然立てられなかったかどうか、まずそれだけ教えてください。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) 今の御指摘については、内部で検討させていただきました。寄附金は、もともとそれに充てるつもりはなかったんで、その議論の前でその話はさせていただきましたが、自動ドアにつきましては、保健センター、私の所長のときもそうですが、お子さんがぱっと外に出ていってしまって、すぐ前が道路ですので、基本的には自動ドア2枚が必要というふうに認識しておりまして、1枚のドアしか構造上できないんで、それは断念しました。

 したがって、今回の備品購入前にはその話は一応終了しておりましたので、今回の購入の中では、ここの中には入れておりません。



○議長(嶋内九一君) 14番 加納洋一君。



◆14番(加納洋一君) まず民生費の社会福祉費の中で緊急雇用創出事業、これ説明がありまして、75歳以上の所在確認をすると。臨時で3名を雇用するというような報告を受けておりますが、前回の議会のときに、消えた高齢者ということで多くの質問がありまして、いろいろ教えていただきましたが、その対象者というのは75歳以上、これは住民登録者であろうかと思うんです、戸籍上じゃなくて。前回のときに言われたかもしれませんが、ちょっと私の記憶にありませんので、今回、75歳以上の調べられる人が何名ほどあるかということと、どのような方法でこれをチェックされていくかということをまずお尋ねいたします。

 それと農林水産事業、林業費の中で、現在、松枯れが終わりましたら今度ナラ枯れという問題が発生してきておるということで、この対策事業が出ておりますけど、この対策を講じられた背景にあるもの、どこから苦情が来たのか、この補正予算上程に至った経緯、それとか他の自治体でこんなようなものが進んでおるかというようなこと、その辺まずお尋ねいたします。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) 75歳以上の人数につきましては、約1万 1,000人ぐらいを想定しております。これはことしの4月1日の後期高齢者医療制度に加入してみえる人がそのような人数です。ちなみにこの1年間、その約1万 1,000人の方で後期高齢者医療を使われた方が8割から9割見えますので、その方は確認ができるというふうに思います。あと二、三千人につきましては、次、介護保険の方の給付を見まして、最終的には来年1月から今回の調査費で上げています臨時職員3人で各戸を訪問したり、いろんな調査をしたり、それから身内の方にも案内しながら最終確認をさせていただきたいと、そのように考えております。



○議長(嶋内九一君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) ナラ枯れの関係で94万 5,000円ほど計上させていただいておりますが、これにつきまして特に直接苦情があったとか、そういうことではございません。

 近年といいますか、ことし特にでございますけれども、こういった高気温の関係もあったかと思いますけれども、非常にそういったものが目立つようになってきたということと、それから公園あるいは緑地等、こういったところでもそういったものが発生しておるというようなことで、早期に危険木の伐倒等をもって対応してまいりたいということでございます。

 それで、近隣の他の自治体の状況でございますけれども、特に予算化されたということは今のところ私どもまだ掌握はしてございませんけれども、関係機関との会合の中で意見交換等を行ってきたということはございます。ただ、防除策がないというのが非常に困ったもんでございまして、倒木してこれを切り刻んで運び出すと、この方法しかないのかなあというふうに思っていまして、人海戦術に頼るしかないということかなあと思っております。



○議長(嶋内九一君) 14番 加納洋一君。



◆14番(加納洋一君) 今の答弁を聞きまして、もう一度確認したいんですが、まず緊急雇用対策の方ですが、予算を見ますと 107万 3,000円で、この財源を見ますとちょっと、これ一般財源なのかどうなのか、この中ではわかりませんが、これは多治見独自なのか県下一斉なのか、そのやる動機ですね。その辺お尋ねするということと、今聞きますと、医療保険、介護保険、いろいろなふるいをかけてくるということですけど、最後に残る人があるんですね。そういう残った人、これはこの緊急雇用の3名では恐らくできないと思うんですけど、その辺、残った人の措置ですね。対策は、現在時点でどのように構想を描いてみえるかということをお尋ねしたい。

 それと次にナラ枯れですけど94万 5,000円、この予算で既に大体切る場所、こういうものは想定されてみえるのか、あるいはこれも公有地で、民有地の場合は対象になるかならないかということを確認させていただきます。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) 緊急雇用創出事業については、いろいろメニューがございますが、県下一斉ではなくこれは多治見市が手を挙げてこの調査に使いたいということで、採択されるということで、県の支出金が 107万 2,000円で、市の一般財源は 1,000円というふうになっております。

 それと、今の推測ですと、医療保険と介護保険の給付の方を見て、最終的には 1,000人から 1,500人をこの3人の方に調査願うと思います。それはまず台帳からもう一度見るのと、最終的には今いうように家庭訪問、それから身内の人への連絡等をする中で、3カ月間精いっぱい努力したいと思っていまして、最終的に何人残って、その後どうするかはまだ現在のところはちょっと未定で、3カ月間、とにかくこの3人に頑張っていただいて、足を運んでいただきたい。それによって、ゼロの方へ向かうように努力したいと、そのように考えております。



○議長(嶋内九一君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) まずナラ枯れの今回の対象としておりますのは、大体12カ所ほどございます。これは公園、自然公園、それから緑地、それから団地の周辺緑地とか、こういったところで64本ほどを把握してございまして、この辺に対応してまいりたいというふうに考えてございます。言ってみれば住宅地に隣接した緑地、あるいは遊歩道、こういったもののある自然公園といったところでの危険木の伐倒ということで考えてございまして、市の管理するものに限定をさせていただいてございます。民有地につきましては、申しわけございませんという形になろうかと思います。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 3点ほどお聞きしますが、3号資料の19ページの土木費の急傾斜地崩壊対策 400万円云々についてなんですけど、この事業内容説明において、県事業費の変更に伴い、負担割合がふえたことによる増という表現をされているんですけれども、これは単純に事業総額がふえたことによって市の負担がふえたのか、それとも事業内容の変更によって割合比率が変わったのかという点をちょっと教えていただきたいと思います。

 それから、今、加納議員も言われた75歳の緊急雇用の所管でありますけれども、例えばこれ職員の方が行っても、民生委員の方が行っても、なかなか本人に会えないということも結構問題があったわけですよね。そのときに、緊急雇用の方が、申しわけないですけど、訪ねていって拒否されたときや何かの、こちらが身分を明かすなり、そういう手法とかツールなりを考えないと、結局無駄な行ったり来たりで会えなかったということも起きると思うんですが、その辺に何か対策があるのかという点と、それから債務負担行為の、今回非常にたくさん出ているんですけれども、単純に、平成22年度まではあったけど平成23年度に載っていないものは事業が廃止になると考えていいのか、その3点、よろしくお願いいたします。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 私からは、急傾斜地の崩壊対策の県工事の負担金でございますが、こちらにつきましては、市之倉の11丁目、12丁目の対策事業でございまして、これは平成22年度の県の事業費が 5,000万円から 7,000万円、 2,000万円増額されたことによりまして増額になったものでございます。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) 現在のところは、身分証明書を持っていくというふうで、難解のケースは職員も行くと思うんですが、職員が行っても臨時職員が行っても、今みたいなケースですね、本人に絶対に会えないと。そういう問題は、一度私の方の所内で検討して、今後どうしていくかと。そんなようなことはその例だけじゃなくて、ほかの件もあると思うんで、それは少し当たりながら、2月中旬以降、対策を考えていきたいと、そのように考えております。



○議長(嶋内九一君) 総務部長 服部知明君。



◎総務部長(服部知明君) 債務負担行為のお尋ねでございますが、一概には言いかねますので、個々具体をとらえましてお答えしたいと思いますけれども、概括的には、当初予算に既に変えてあるものもございますし、あるいは契約方法を変えたものもあるかもしれませんし、あるいは時期がずれたものもあるかもしれません。

 ということで、ここに載っていないものは事業を廃止したということではちょっと言い切れない部分がございます。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) そうしましたら、建設部長、これはやはり表現の仕方が、負担割合というと県と市の割合みたいな誤解を受けますので、これは金額なら金額としっかり書いていただいた方がいいと思います。

 ちなみに総務部長、今回のこの12月議会に限って、前にさかのぼって詳しくというとあれなんですけれども、英語指導助手派遣委託事業というものとか、ファミリーサポートセンター事業費委託費というのが今回抜けていて、今までもないような気がするんですけど、これについてはいかがなもんでしょうかね。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 英語のものは、2年間、たしか連続でやっておるもんですから、今回は事前の契約行為をしなくても、引き続き契約期間に入っているということでございます。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) ファミリーサポートセンター事業も廃止ではなくて、継続してやっております。



○議長(嶋内九一君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 表現の方法につきましては、以後気をつけていきますので、よろしくお願いいたします。



○議長(嶋内九一君) 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) それでは、私は1点だけお尋ねいたします。

 公債費の普通債元金の償還金という項目でありまして、説明では年6%以上に当たるもので云々という説明がございました。最近の情勢からいって、6%以上というのはかなり高額という感じがいたしますし、当然かなあと思うわけですが、ここの説明の中に保証金免除繰り上げ償還に伴う増という説明書きがあるわけですが、この内容をもうちょっと詳しく説明していただけんかなあということと、それから難しいかもしれませんが、全般的に今公債費で、ある程度把握できる範囲で結構ですので、年利どのぐらいのものが平均になっておるのかということがわかりましたら教えてください。



○議長(嶋内九一君) 総務部長 服部知明君。



◎総務部長(服部知明君) 保証金免除の繰り上げ償還でございますが、その繰り上げ償還をするには、通常、ペナルティーがつくわけですね。そのペナルティーがつかない方法でございます。それには条件がありまして、例えば、その当該市町村の財政力指数だとか、あるいは実質公債費比率等の数字でもって保証金を免除するかしないかということになります。

 今回の場合、一般会計で 6.6%のものが1件残っておりました。下水道会計で 7.2%のものが2件、水道会計でも同じく 6.3%から 7.3%の間で数件ございます。これを、ことしでいいますと、当市の場合の財政力指数に当てはめますと 6.3%以上、あるいは 6.5%、いろいろ条件がついておりますけれども、これ以上の利率については一括繰り上げ償還してもいいよという通知が来ておりますので、これに沿って繰り上げ償還をするものでございます。前回は7%以上だったと思いますけれども、今回は今申し上げました率以上で繰り上げ償還してもいいと。

 もう1点ですが、最近、全部が全部承知しているわけじゃありませんけれども、20年もので 2.5%ぐらいだったと思います。



○議長(嶋内九一君) ほかに質疑はありませんか。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 3号冊4ページの債務負担行為の補正についてお尋ねをいたしますけれども、ここで東濃コミュニティデータセンターサービス業務委託、平成23年度は 1,991万 7,000円ということで、発足当時よりもかなり業務委託費が低くなってまいりました。これは業務量の減少に伴うものなのかということと、それと第2次情報システムの構築運用事業というのが始まります。それに伴ういわゆるシステムの構築と、このデータセンターとの役割によって変わったのか。

 それともう1点、このデータセンターの今の役割ですね。名前のとおり、東濃とありますので多治見市だけのデータセンターじゃないということでございますけれども、もう今、多治見市しかこのデータセンターを使っていないということになっているのかどうなのか。役割が終わったということも考えられますよね、そうなってくると。その点、東濃コミュニティデータセンターの所期の目的と、それから今の現状、現在のこのデータセンターの運用状況について、ちょっとお答えをいただきたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) まず1点ですが、第2次の基幹系システムとの関係ではございません。広域での2市共同運用が今年度までですので、来年度も多治見市単独でお願いしなきゃならないところもございますので、この債務負担での新しいものの関係で少なくなったわけではございません。

 当初と比べますと経費が少なくなったことにつきましては、後ほどお答えさせていただきたいと思いますが、CDCの役割につきましては、国の実証事業にいろいろな企業ですとか地方自治体とか参加しまして、今の地域ポータル「e−neイイね!とうのう」ですとか、それこそ3市1町が2市共同運用になりましたが、こういうような行政改革の視点から経費の節減とか、そういうような役割は果たしてまいりました。

 しかしながら、現在は、厳密にいいますと多治見市だけではございません。まだ民間の事業の方も御利用をいただいておりますが、実際に機器の更新時期が近づいたりとか、それから実際には瑞浪市の今度の共同運用からの離脱ですとか、そういうようなことから今後のあり方というのは検討していかなければならないと、このように考えております。



○議長(嶋内九一君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) ありがとうございました。

 私が心配いたしますのは、このデータセンターが経営的に今後成り立っていくのかという問題がありますね。今、土田部長がおっしゃったように、機器の更新を迎えてくる。もう来年か再来年には恐らく機器の切りかえをやらないけない時期になると思いますけれども、その設備投資に耐えられるかどうかという問題もありますよね。

 そうなってくると、もうその時点で経営が成り立つのかどうなのか、それからこのデータセンターを今後残すのか残さないのかということも含めて、今から多治見市としては検討をし、このセンターのあり方を含めて、今からきちっと方針を出していかないかんという時期にちょうど差しかかってまいりますので、それも含めて検討なさるのかどうなのかという問題、そこを1点だけちょっと。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 議員御指摘の件は、既にもう検討をスタートしております。



○議長(嶋内九一君) ほかに質疑はありませんか。

    〔発言する者なし〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 127号 平成22年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 今回、繰り上げ償還ということで借りかえをいたしました。 8,250万円市債を発行して、利子の償還金が 4,271万 5,000円減額になったということでございますけれども、これは確認をいたしますけれども、借換債の 8,250万円に伴って利払い費が 4,271万 5,000円減額したということになるのかどうなのかということ。

 それからもう1点は、平均の利払い率の問題になるんですけれども、償還する前は、簡単に計算しますと大体 2.5%ぐらいかなあということになりますけれども、この償還が終わることによって、2.23%という細かい数字なんだけど、大体それぐらいの平均利払い率になるだろうというふうに思うんですけれども、その認識でよろしいのかどうなのかということの2点です。

 それからもう1点は、市債の借入額が 200億円、今度で若干 200億円を切るようになりましたけれども、事業収入から比べますと市債の残高が非常に多いというふうに思っております。今後の下水道事業のあり方と、それから市債償還等を比べると、これからの下水道の運営をどのようにやっていったら一番いいというふうに思っておみえになるのか、ついでにちょっとお尋ねしたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 水道部長 若尾正人君。



◎水道部長(若尾正人君) まず1点でございます。

 今度の繰り上げ償還する物件の対象は 8,260万 8,394円でございまして、これは利息が 7.2%でございます。それで残期間が1年と2年あるわけでございますが、これの利息の関係でいきますと、1%で借りると約 550万円の効果があるというふうに踏んでおるところでございます。ということから、先ほどの 2.2%の借り上げでなくて、これは市内の金融機関で入札をかけて、それでやりたいと思っておりますので、とりあえず1%で積算しますと 550万円ぐらいの効果があるんじゃないかというふうに考えております。

 それから、起債が大きいという件でございますが、確かに大きい。ただ、これも年度計画を立てて進めておるところではございます。しかし、今後、ことし第6期の事業認可をとりまして、新たに整備を進めていくように今計画をしているわけでございます。ただ、その中で一番大きいのが、雨水の水質関係というのがちょっと大きい問題がございますので、そういうものを特に進めてまいるということでございます。これは期間が決められておるというのもございますので、実施していかなければならないというふうに思っておるところでございます。

 ということから、今後の予定は、どうしてもこの下水道会計におきましては受益者負担ということを前提に置きまして、ある程度のことは考慮はしていかなければならないというふうに考えるところでございます。



○議長(嶋内九一君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 民間金融機関で借りて返すと、借りかえをやるということで、それが 550万円節減効果があるということはわかりましたけど、じゃあこの 4,271万 5,000円の減額はどこから生まれるかということ、参考までにちょっと知りたいんです。



○議長(嶋内九一君) 水道部長 若尾正人君。



◎水道部長(若尾正人君) 先ほどちょっと言ったと思うんですが、今現在の2本の利率がおのおの 7.2%であったのが、これはまだはっきりしませんが、多分1%で借りられるということから、これだけの削減効果があるというふうに踏んでおるところでございます。



○議長(嶋内九一君) ほかに質疑はありませんか。

    〔発言する者なし〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 128号 平成22年度多治見市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 129号 平成22年度多治見市営住宅敷金等特別会計補正予算(第1号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 130号 平成22年度多治見市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 131号 平成22年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 132号 平成22年度多治見市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

   6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) 4号冊の27ページ、お願いします。

 介護サービス利用者調査事業費、第5期介護保険事業計画の策定のための調査とありますが、これはどういう調査をされるんでしょうか。また、だれを対象にどのように進められるのかということが一つと、もう1点は、低所得、高齢者の夫婦の世帯では、年金から介護保険料を引かれてなかなか利用料が出せないので、利用したくてもできない、こういう市民の声を聞いておりますけれども、こうした現場の声、ニーズを把握したものが第5期の介護保険事業計画に反映されていくのかどうか、この2点についてお聞かせください。



○議長(嶋内九一君) 健康福祉部長 佐橋政信君。



◎健康福祉部長(佐橋政信君) まず最初の介護保険事業額策定の調査というのは、平成24年度から第5期の介護保険が始まります。そのための計画をつくるための調査でございまして、継続費として、今年度が90万 6,000円、来年度が62万 8,000円、合わせて 153万 4,000円の委託料と、ことしは郵便料を含めましたトータルで 155万 4,000円で行います。

 対象者は 1,900人ぐらいを対象として、回収率70%ほどとしております。これは当然、介護保険を給付して利用してみえる人もそうですし、利用していない人も含めてですが、そういう方々のニーズを把握すると。当然ですが、給付の水準もそれに合わせていきます。

 2点目の低所得者層の対策については、具体的には検討はしておりませんが、今後、国の方も介護保険についていろんな新しい提案がございます。一般質問もございますが、そういう中で、多治見市としてもどのように考えていくかは来年の計画策定の中で検討していきたいと、そのように考えております。



○議長(嶋内九一君) 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) ただいまの答弁で、現状のニーズをしっかりと把握していただきたいと思います。

 それから、この5期の事業計画に対して、先ほどの低所得世帯の要望ですね。そうしたものがしっかり反映できるような形に期待しておりますので、よろしくお願いします。



○議長(嶋内九一君) ほかに質疑はありませんか。

    〔発言する者なし〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 133号 平成22年度多治見市水道事業会計補正予算(第2号)ついて、質疑はありませんか。

    〔発言する者なし〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 134号 平成22年度多治見市病院事業会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 135号 指定管理者の指定について、質疑はありませんか。

 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) 質問させていただきます。

 このワーカーズコープは、9月議会でも児童館の指定管理者ということで、幾つかの川南の児童センターで指定管理者になり、今回のマレットゴルフというのは、児童館とか子育ての関係とはまるっきり違うんですが、どのような経緯で指定管理者がここになったかということを教えていただきたいのと、当然、どこかに事務作業の場所が所在すると思いますが、そこの場所には、私の認識ではないと思いますけど、どこの事務所とかで受け入れているかどうかということを説明願いたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) まずワーカーズコープですね。どのような経緯かということでございますが、私どもが公募をいたしましたので、ホームページの公募要項を見て応募してきたという状態でございます。

 それから、どこの事務所かということでございますが、現在、小牧市の第一老人福祉センターの指定管理をされておりまして、そこが担当をされていくというふうに提案のときは聞いております。事業所としては、東海の事業所も名古屋市にあるようですので、そこが大きなくくりで見ておられますが、現実的な最初の対応は小牧市の事業所から対応される。さらに、先ほどおっしゃいましたように、来年度、多治見市の川南側の児童センターを指定管理されますので、そうするとそちらに多治見事業所を置くと言っておられるそうです。そこから対応するというふうに提案の段階では聞いております。



○議長(嶋内九一君) 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) いま一度確認させていただきたいと思いますが、現在は小牧市の方ということだけど、来年、実際に運営になったときは多治見市内に運営の事務所をどこかに置くというようなことで考えていいか。

 それともう一つ、多分、実際に外での作業が多い運営だと思いますけど、人員配置というのは、それから何人配置でこの施設を管理していくかということは、どのように把握してみえますでしょうか。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 現時点では、多治見市に拠点といいましても笠原の児童館程度ですので、それが来年からは一体的に川南をされるということで、提案の段階ではそこのうちのどこかの場において多治見事業所という概念を置いてやりたいというお話をいただいております。

 それから作業員ですが、主となる常務主任の方については、そこから確実に、確実というのは常勤的に毎日というわけではありませんけれど、人に常時来ていただくんですが、実は現在のマレットゴルフ場を管理していただいております管理組合の方々が協力団体ということで、一緒になってやりますよという御提案をいただいておるもんですから、日常的には現在管理組合でお仕事をしていただいておる方々が対応していただけるというふうに聞いております。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) このマレットゴルフ場はいろいろ御迷惑をかけておるような気がいたしております。

 基本的に、今おっしゃいました協力団体として事前に話し合われたんだと。それで今指定管理を担っていただいておる平和マレットゴルフ場の管理組合の方たちは、前回のときは今の利用料金制だけでは無理なんだと、もうやれないから手を挙げなかった。債務負担で年間 110万円程度でしたか、そうすることによって、この方たちが手を挙げるということを想定していたわけです、我々も。それが、非常に言いにくい話なんですけど、ワーカーズコープの理念というのは、私は前のときからも、この方たちは、私たちは子育て、障害者、高齢者福祉など、地域に必要な事業を市民で起こす、新しい福祉社会の創造と地域の再生を目指すという理念でつくられたところが、このような体育施設、しかも屋外施設、大して人も集まらないような、申しわけないんですけど、気候に左右されておるような施設になぜ手を挙げて、このようなところに参画されたのかがまだはっきりわからない。その辺について管理組合がやめた、手を挙げなかった理由とその経緯をちょっと教えていただけませんか。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) まず管理組合の方々、これは9月の債務負担をお願いするときにもお話をいたしましたように、今担っていただく方がゼロ円では難しいというお話をいただいたもんですから、その方々と鋭意検討させていただく中で、このぐらいの経費であれば何とか頑張れますと言っていただいたと。私どもも、今議員がおっしゃっていただいたように、そういうお話をいただいたもんですから、必ず手を挙げていただけるという気持ちでお待ちしておりましたが、少し難しいというような事前のことも耳に入ってまいりましたので、私自身も管理組合へ出向きまして、どういうことでしょうかというお話をいろいろさせていただきました。

 その中で、ことしは雨が降ったりとか、暑い日が続いたりとか、あげくにイノシシが出たりとか、そういうことでお客さんの伸びが厳しいこともあって、少し先行きに不安を感じられたと。この1年、2年ならいいかもしれないけれども、5年を受けるのはなかなか難しいという、先行きに不安を感じられたというのが正直なところのようでございます。詳細はわかりません。

 その中で、公募したところ、ワーカーズコープに手を挙げていただいたと。彼らにしてみますと、先ほど申しましたように、小牧市でありますとか各地域にいろんな事業を行っておられる中で、マレットゴルフ場をそういったところとリンクさせることによってお客さんを呼び込めるという算段もあるようでございます。確かに、算定した委託料は大きな金額ではありませんので、私どもとしてはよくぞ手を挙げていただいたと思っておりますけれども、いろんな連携を図りながらお客さんもふやしていきたいというような提案をいただいておるところでございます。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) マレットゴルフ場について、人も集まらないようなというその御指摘については、私は発言を非常に疑問視して聞かせていただきました。

 地域からの非常に強い要望がございました。そして、これをつくるかつくらないかというのは、私が市長に着任したときに、予算要求のときにゼロベースからもう一回話をしっかりしなさい。いっときは、もうこの事業は取りやめるというところまで行こうかということですが、地域の皆さんから非常に強い要望がございました。そして、地域選出の議員の皆さんも非常に強い要望がありました。このオープニングも、あるいは1年に1回のゴルフ大会も、私も参加をさせていただいております。

 ぜひともそういった経緯で生んだ地元の大切な施設であるということですので、質問等の発言については、私自身が疑問を感じましたので申し添えさせていただきます。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 大変不適切な発言がありまして、申しわけございませんでした。

 この施設につきましては、やはり前々から天候に左右されやすい施設だと。果たして最初の指定管理のときに、指定管理料もなしで、利用料金だけでは非常に難しいんではないかと、たしか御指摘したと思うんですけれども、今となって指定管理料をつけていただいて、新たな方が指定管理者になってやっていただくわけなんですけど、これそもそも、ことしは天候など特別だと言われますけれども、やはり屋外施設のあれくらいの規模のものをやっていくことは、やっぱり最初は間違いではなかったと今でも思われていますか。



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 前段で行っている姫の華立ゴルフ場は、地域の皆さんがしっかり担っているわけです。それをもって同じような天気、晴れ、雨がほぼ同じようなところで、姫の華立ができるのに脇之島のマレットゴルフ場はそもそも無理であった、こういった議論には、私はくみするというのはできません。

 そういうことであれば、全国すべての屋外施設に対してそういうようなことがあります。地域からの非常に強い要望があったと、こういうようなところで何とかこれを存続、あるいは継続、生かしていこうと。ある意味、東京でやっているような事業仕分けだったら、恐らく一刀両断で切るでしょうね。でも、いろんな経緯があったということと、もう一つ、地域の皆さんから強い要望があったということで、リタイアした人たちが大事に使っているということからすれば、この事業については継続をしていくという方針を立てているわけです。

 議員が言われるような形であれば、姫の方ではしっかり運営ができているのに、なぜ脇之島でできないんですか、こういうときに反問権は使いません。



○議長(嶋内九一君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 今の反問権を使われなかった点について質問させていただきますけれども、基本的に、華立のゴルフ場は私も行かせていただきましたけれども、非常に地域と密着して、うちと比べてうちは残念だと思っているんですけれども、その中で市の施設であるということで年会員を集められないとか、回数券等を発行して固定客を確保するという方法がないような気がするんですね、1回ごとで。それで、地域の方がそこに利用できる方がある程度のまとまった、例えばプリペイド式なものをしておいて、ストックして、そのお金が雨の日だろうか何だろうが、我々のものだから協力したいという姿勢をとるような方法というのは、こういう施設では無理なのかだけ教えていただきたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) そういったことも可能ですが、今おっしゃっていただいたように、市の施設ですので、それを可能にするためには手続をとる必要がございます。実はワーカーズコープからもそのような御提案をいただいておるもんですから、またそれには議会の方の御同意をいただく場合もございますので、その折にはぜひ御協力をよろしくお願いいたしたいと思います。



○議長(嶋内九一君) 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) 私も関連で一つだけお尋ねしたいと思います。

 何か話に聞きますと、コースそのものがちょっと荒れておるということを聞いております。そのためには、管理する方は、今言ったようにワーカーズコープがこれから一生懸命やられるだろうし、それに地元も協力するということで期待しておるわけですが、コースそのものへの、いわゆる補修とか改良とかいうところへのあれがちょっと必要なんじゃないかというふうにお聞きしておりますので、その辺に対する考え方だけちょっとお示しください。



○議長(嶋内九一君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 確かに、現管理組合の方からもそういうお話をいただいております。細かいものについては管理組合の方でお願いしますというのが指定管理のお願いなんですが、とはいえ施設自体が新しいもんですから落ちついていないところもあって、少し雨が降ると荒れてしまうところがある。この際、次回から新たな指定管理になるわけですので、予算の限りはあるわけですけれども、その範囲内において設置者である私どもの方で、これは都市計画部の緑化公園課とともに年度内に整備をするという方向で進めておりますので、新年度には整備されたコースで提供できると思っております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 136号 市道路線の廃止について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 137号 市道路線の認定について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 138号 市道路線の廃止について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 139号 市道路線の認定について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 140号 市道路線の認定について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 次に、議第 141号 市道路線の認定について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) これをもって質疑を終結いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託



○議長(嶋内九一君) ただいま議題となっております議第 118号から議第 125号まで、議第 126号所管部分、議第 127号から議第 130号まで、議第 132号及び議第 133号、及び議第 135号から議第 141号までは、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり所管の常任委員会へ付託いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第 126号所管部分、議第 131号及び議第 134号は、お手元に配付いたしました議案付託表(案)のとおり駅周辺まちづくり特別委員会、市民病院特別委員会の各特別委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、議案付託表(案)のとおり各特別委員会に付託することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第38 請第3号



○議長(嶋内九一君) この際、日程第38、請第3号 後期高齢者医療制度の廃止に関する意見書の提出を求める請願書を議題といたします。

 ただいま議題となっております請第3号は厚生環境常任委員会に付託いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第39 休会期間の決定



○議長(嶋内九一君) 日程第39、休会期間の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。議事の都合により明日から12月12日までの12日間は休会したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、明日から12月12日までの12日間は休会することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(嶋内九一君) 以上をもって本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。

    午後1時58分散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記会議の顛末を記録し、相違なきことを証するためここに署名する。

  平成22年11月30日

                多治見市議会議長   嶋内九一

                多治見市議会議員   各務幸次

                多治見市議会議員   加藤信弘