議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 多治見市

平成22年  5月 臨時会(第2回) 05月12日−01号




平成22年  5月 臨時会(第2回) − 05月12日−01号 − P.0 「(名簿)」








平成22年  5月 臨時会(第2回)



議事日程

 平成22年5月12日(水曜日)午前10時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 報第8号 専決処分の報告について

 第4 報第9号 専決処分の報告について

 第5 承第1号 専決処分の承認を求めるについて

 第6 承第2号 専決処分の承認を求めるについて

 第7 承第3号 専決処分の承認を求めるについて

 第8 承第4号 専決処分の承認を求めるについて

 第9 承第5号 専決処分の承認を求めるについて

 第10 議第40号 多治見市職員退職手当に関する条例の一部を改正するについて

 第11 議第41号 多治見市税条例の一部を改正するについて

 第12 議第42号 多治見市国民健康保険条例の一部を改正するについて

 第13 議第43号 平成22年度多治見市一般会計補正予算(第1号)

 第14 議第44号 工事請負契約の締結について

 第15 議第45号 工事請負契約の締結について

 第16 休会期間の決定

    (第3から第15まで 提案説明)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第2号)

 平成22年5月12日(水曜日)

 第1 議第46号 議長辞職許可について

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第3号)

 平成22年5月12日(水曜日)

 第1 選第1号 議長選挙について

    (選挙)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第4号)

 平成22年5月12日(水曜日)

 第1 議第47号 副議長辞職許可について

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第5号)

 平成22年5月12日(水曜日)

 第1 選第2号 副議長選挙について

    (選挙)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程(第1号)及び議事日程(第2号)から議事日程(第5号)まで

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

          1番    水野正太郎君

          2番    柴田雅也君

          3番    松浦利実君

          4番    山中勝正君

          5番    若尾敏之君

          6番    三輪寿子君

          7番    若林正人君

          8番    梶田廣幸君

          9番    林 美行君

         10番    加藤元司君

         11番    安藤英利君

         12番    大安歳博君

         13番    仙石三喜男君

         14番    加納洋一君

         15番    石田浩司君

         16番    各務幸次君

         17番    加藤信弘君

         18番    宮嶋由郎君

         19番    岡田智彦君

         20番    嶋内九一君

         21番    中山勝子君

         22番    若尾靖男君

         23番    春田富生君

         24番    森 寿夫君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

         市長          古川雅典君

         副市長         木股信雄君

         教育長         村瀬登志夫君

         企画部長        土田芳則君

         総務部長        服部知明君

         健康福祉部長      佐橋政信君

         医療整備局長      纐纈崇治君

         経済部長        渡辺哲郎君

         市民環境部長      佐藤喜好君

         都市計画部長      桜井晴幸君

         建設部長        堀江義英君

         水道部長        若尾正人君

         消防長         加藤英治君

         会計管理者       平井純子君

         教育委員会事務局長   水野高明君

         監査委員事務局長

                     加納安貴君

         併選挙管理委員会書記長

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

         事務局長        青山 崇

         書記          水野浩則

         書記          宮地 敦

         書記          中野智子

         書記          後藤紀男

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

   午前10時04分開会



○議長(岡田智彦君) ただいまから、平成22年第2回多治見市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 会議録署名議員の指名



○議長(岡田智彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、11番 安藤英利君、12番 大安歳博君の両君を指名いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 会期の決定



○議長(岡田智彦君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今臨時会の会期は、本日から5月14日までの3日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡田智彦君) 御異議なしと認めます。よって、今臨時会の会期は、本日から5月14日までの3日間と決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 報第8号から第15 議第45号



○議長(岡田智彦君) この際、日程第3、報第8号から日程第15、議第45号までを一括議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 提出議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君登壇〕



◎市長(古川雅典君) 皆さん、おはようございます。

 平成22年第2回多治見市議会臨時会の開会に当たりまして、議員の皆様には出席を賜り、御礼を申し上げます。

 本臨時会には、専決処分の報告2件、専決処分の承認5件、条例の一部改正3件、補正予算1件、契約の締結2件の合計13件を提案させていただきます。

 初めに、報第8号は、平成21年12月4日に明和幼稚園の園行事で起きた事故に対する損害賠償額を定めるものでございます。

 報第9号は、平成19年3月31日前の病院事業会計未収金のうち債権を放棄できるものについて、平成22年3月31日に専決処分をしたものでございます。

 次に、承第1号、多治見市税条例の一部を改正するについては、平成22年3月31日に公布され、4月1日に施行された地方税法等の一部を改正する法律により、65歳未満の公的年金等に係る所得を有する給与所得者の特別徴収などの改正が行われましたので、本市条例もこれにあわせ、改正を3月31日付で専決処分をしたものでございます。

 次に、承第2号、多治見市都市計画税条例の一部を改正するについては、市税条例と同様、地方税法の一部改正により同法から引用している条文の項ずれの改正を3月31日付で専決処分をしたものでございます。

 承第3号、多治見市国民健康保険条例の一部を改正するについては、政令の改正に伴い、保険料の基礎賦課額の賦課限度額の引き上げなど改正と、やむを得ず離職した被保険者の保険料を算定する際の特例を設けるなどの改正を行うもので、平成22年3月31日に専決処分をしたものでございます。

 承第4号及び承第5号は、平成21年度の補正予算でございます。

 承第4号、一般会計補正予算(第10号)は、地方消費税交付金の確定、事業費の確定による国・県支出金、市債の整理を行ったものでございます。

 承第5号、下水道事業特別会計補正予算(第8号)は、事業費の確定による市債の整理などを行ったものでございます。

 次に、議第40号 多治見市職員退職手当に関する条例の一部を改正するについては、雇用保険法の一部が改正されたことに伴い、同法から引用している条文に条ずれ等が生じたことなどにより改正をするものでございます。

 次に、議第41号 多治見市税条例の一部を改正するについては、議第42号 多治見市国民健康保険条例の一部を改正するについては、所得税法等の一部を改正する法律が公布されたことにより、条文中引用している法律名が変更されたことに伴う改正でございます。

 次に、議第43号 平成22年度一般会計補正予算(第1号)は、県の基金を活用した緊急雇用創出事業の追加などで、 5,021万円余の補正を行うものでございます。

 議第44号 工事請負契約の締結については、高機能消防指令システムを消防本部に導入する契約を締結しようとするものでございます。

 次に、議第45号 工事請負契約の締結については、南姫小学校屋内運動場建築工事の工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 以上が提出をいたしました議案の概要でございます。詳細につきましては総務部長より説明をいたします。



○議長(岡田智彦君) 引き続き、総務部長に議案の詳細について説明を求めます。

 総務部長 服部知明君。

   〔総務部長 服部知明君登壇〕



◎総務部長(服部知明君) よろしくお願いします。

 それでは、私からは議事日程に基づきまして、順次詳細説明を申し上げます。

 議案集の1号冊、1ページをお開き願います。

 報第8号 専決処分の報告についてでございます。

 損害賠償の額を定めるについて、その賠償額を5万 4,440円と定め、平成22年3月30日付で地方自治法の規定により専決処分したので、これを報告するものでございます。

 本件につきましては平成21年12月4日、多治見市立明和幼稚園の園庭におきまして、園の行事でありますもちつきをしていたところ、つき手であった本市職員の持っていた子ども用のきねでございますが、タイミングがうまく合わずに、お手伝いに来てみえた手返し側の園児のお母様の頭に、そのきねが当たりまして裂傷の被害を与えたものでございます。これに対する損害賠償額の示談が3月30日に成立いたしましたので、同日付で専決処分をいたしたものでございます。

 次に2ページをお開きください。

 報第9号 専決処分の報告についてでございます。

 病院事業会計の未収金に係る1件20万円未満で、総和が60万円を超えない債権の放棄につきまして、平成22年3月31日付で地方自治法の規定により専決処分したので、これを報告するものでございます。

 未収金の債務者につきましては 196名でございまして、2ページから9ページの下段にかけて記載してございます。権利放棄する金額につきましては合計で 841万 5,519円でございまして、その内訳につきましては9ページから13ページの上段にかけて記載してございます。権利放棄の理由につきましては、同じく13ページに掲げているところでございます。

 次に14ページをお開きください。

 承第1号 専決処分の承認を求めるについてございます。

 地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されました。その一部が4月1日から施行されるに当たりまして、多治見市税条例においても所要の改正を行うため、3月31日付で地方自治法の規定により専決処分したので、これを報告しまして、その承認を求めるものでございます。

 改正点は大きく1点でございます。第49条の個人の市民税関係でございますが、平成20年度の税制改正、これ実際、実施年度は21年度の10月からでございますけれども、公的年金受給者の納税の便宜を図る観点から、65歳以上の公的年金受給者から個人住民税を特別徴収する制度、いわゆる年金特徴といいますが、この制度が創設されたところでございます。

 しかしながら、この制度の創設に伴いまして、65歳未満の方で給与と公的年金の両方の所得をお持ちになっている方は、給与所得においては特別徴収、公的年金におきましては普通徴収というふうに、納入方法が制度上二つに分かれてしまったということがありました。この不便さを解消するため、公的年金からの特別徴収制度の対象とならない65歳未満の公的年金所得を有する給与所得者についても、公的年金に係る所得割額を給与所得に係る所得割額に加算して一括して特別徴収の方法により納税することができるように、今回、制度改正を行ったものでございます。そのほかは、項ずれ、条ずれなどの所要の改正をあわせて行っております。

 附則につきましては、施行期日と経過措置を定めてございます。

 次に16ページをお開きください。

 承第2号でございます。専決処分の承認を求めるについて、これにつきましても、地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されまして、その一部が4月1日から施行されるに当たり、多治見市都市計画税条例においても所要の改正を行うため、3月31日付で地方自治法の規定により専決処分しましたので、これを報告し、承認を求めるものでございます。

 改正内容は、地方税法附則第15条の改正に伴いまして、都市計画税に関係する部分の項ずれを改めるものでございます。

 附則につきましては、施行期日と経過措置を定めております。

 次に18ページをお開きください。

 承第3号でございます。専決処分の承認を求めるについて、これにつきましては、国民健康法施行令と国民健康保険の国庫負担金等の算定に関する政令の一部を改正する政令が平成22年3月31日に公布されまして、4月1日から施行されるに当たり、本市の国民健康保険条例においても所要の改正を行うため、3月31日付で地方自治法の規定により専決処分しましたので、これを報告して、その承認を求めるものでございます。

 改正点は大きく2点ございまして、まず1点目は、18ページから19ページにかけまして記載されております保険料の賦課限度額の引き上げでございます。第15条の6、これにつきましては一般被保険者と退職被保険者に係る基礎賦課額、これは医療給付費の分の賦課額でございますが、この限度額を現行の「47万円」から3万円引き上げまして「50万円」とするものでございます。

 もう1点で、第15条の6の12、一般被保険者及び退職被保険者に係る後期高齢者支援金等賦課額の限度額を1万円引き上げまして、現行「12万円」から「13万円」としたいというものでございます。

 次に2点目、大きく2点目、19ページの下段に記載してございますが、第20条の次に1条加えるものでございます。これにつきましては、非自発的な理由による離職者につきまして、離職の期間中、これは条件がついておりますけれども、離職の日の翌日の属する年度の翌年度末までの期間に限りますが、この期間中の保険料の算定に関して前年の給与所得を 100分の30とみなす特例措置、いわゆる軽減措置を新設するものでございます。

 特例の対象者は、雇用保険法に規定いたします特定理由離職者、いわゆる雇いどめ等の離職者でございます。もう一つ、雇用保険法に規定する特定受給資格者、これは倒産とか解雇による離職者をいいます。以上の方が特例措置の対象となります。

 1枚はねていただきまして、20ページの中段にございます第25条の3としまして、この特例を受けるために必要な届け出を規定してございます。

 そのほかは、規定上の文言整備をしております。

 附則につきましては、施行期日と経過措置を定めております。

 続きまして承第4号でございますが、これは2号冊の1ページをお開きいただきたいと思います。

 平成21年度多治見市一般会計補正予算(第10号)につきまして、平成22年3月31日付で総額 674万 8,000円の減額補正を専決処分により行いましたので、これを報告し、承認を求めるものでございます。

 1枚はねていただきまして、2ページをお開きください。2号冊、2ページでございます。

 歳入では地方消費税交付金、ゴルフ場利用税交付金などの額確定に伴う減額と交付金事業、臨時交付金事業の確定による国庫支出金の増額に伴いまして市債を減額しております。

 一方、歳出につきましては、3ページをごらんください。

 この内容につきましては、昨年の5月の臨時会と7月の臨時会で議決をいただきました県の緊急雇用創出事業、さらに7月の臨時会で議決をいただきました国の経済危機対策臨時交付金の事業確定に伴う予算整理でございます。このほか一部事業確定による国・県支出金、地方債等の財源変更を行っております。

 同じく2号冊の18ページをお開きください。

 承第5号 専決処分の承認を求めるについてでございますが、平成21年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第8号)でございます。

 これにつきましても、平成22年3月31日付で総額 263万 2,000円の減額補正を専決処分により行いましたので、これを報告し、承認を求めるものでございます。

 19ページをお開きください。

 内容につきましては、事業費の確定により歳入歳出予算をそれぞれ減額するものでありまして、地方債と受益者負担金とで財源の変更を行っております。

 大変申しわけありませんが、1号冊に戻っていただきまして、23ページをお開きいただきたいと思います。

 議第40号でございますが、多治見市職員退職手当に関する条例の一部を改正するについてでございます。

 雇用保険法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されまして、4月1日から施行されました。本条例における改正趣旨は、雇用保険法の改正に準じまして本条例の表現を改めるものでございます。それと第12条中で雇用保険法第56条の2という条文を引用しておりますが、法の改正によりまして、この条番号が第56条の3と条ずれを起こしましたので、それぞれ所要の改正を行うものでございます。

 附則としまして、この条例は公布の日から施行し、平成22年4月1日から適用とすることとしております。

 続きまして、24ページと25ページをお開きください。

 議第41号と議第42号は、先ほど市長からも説明ございましたが、税条例と国民健康保険条例の一部改正については改正趣旨が同じであることから、一括して御説明申し上げます。

 所得税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されまして、その一部が6月1日から施行されるため、所要の改正を行うものでございます。

 税条例及び国民健康保険条例の条文中に、「租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」という法律名を引用しておりますけれども、この法律の題名が変わりましたので、この題名と略称名を改正するものでございます。

 附則につきましては、両条例とも、施行期日を平成22年6月1日としているところでございます。

 続きまして議第43号でございますが、恐れ入ります、3号冊の1ページをお開きください。

 平成22年度一般会計補正予算(第1号)につきまして、歳入歳出予算に総額 5,021万 2,000円を増額するものでございます。

 今回の補正の趣旨は1点でございまして、岐阜県の緊急雇用創出事業の基金から、本年度につきましても、緊急雇用創出事業に加えまして、特定6分野に該当する重点分野雇用創出事業、これ重点分野といいますのは、介護、医療、農林、環境、観光、地域雇用の6点でございますけれども、この6点を重点としました雇用創出事業と、もう一つ、人材育成を目的とします地域人材育成事業の追加募集があったところでございます。

 本市におきましては、3号冊の6ページ、7ページでございますが、ここに記載する事業について採択の内示がございました。なお、重点分野雇用創出事業と地域人材育成事業につきましては、雇用期間が6ヵ月超え1年以内、あるいは委託事業というような条件がついております。総務費につきましては、市民活動発表会の開催のための委託料として 481万 2,000円を、農林水産業費では、地域人材育成事業といたしまして、池田南地区で計画されておりますイチゴ栽培技術者の育成研修を行い、次世代農業後継者の人材委託をしたいということで 336万円。商工費では、将来の中心市街地活性化リーダーの育成委託費、あるいは観光プロデューサー育成委託費としてそれぞれ 830万、 446万 9,000円を追加したい。

 また、重点分野の雇用創出事業といたしまして、ITツールを活用しました観光促進事業の実証実験委託費、あるいはインターネットショッピングの出店効果調査委託費としまして 2,160万 9,000円を増額。そのほか、昨年度に引き続きまして企業お見合い、あるいは企業展のデータ集計に係る臨時職員の直接雇用経費。もう一つ、教育費におきましても、昨年度に引き続き、小・中学校におけるITサポーターによる情報教育環境整備の委託費を計上しております。

 なお、財源につきましては5ページをお開きください。5ページに記載のとおり県支出金が10分の10でございまして 5,020万 8,000円、端数の関係上、繰越金 4,000円を計上しております。

 次に1号冊にお戻りいただきまして、26ページをお開きいただきたいと思います。

 議第44号でございます。工事請負契約の締結についてでございますが、消防本部の高機能消防指令システム整備工事につきまして、指名競争入札を行った結果、可児市の中央電子光学株式会社廣見支店、支店長を相手方といたしまして、金2億 4,307万 5,000円で工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 続きまして27ページ、議第45号でございますが、工事請負契約の締結について、これにつきましては、南姫小学校屋内運動場の建築工事といたしまして、指名競争入札を行った結果、多治見市の株式会社吉川組、代表取締役を相手方といたしまして、金2億 2,365万円で工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 以上で、私の説明を終わります。ありがとうございました。



○議長(岡田智彦君) この際、暫時休憩いたします。

   午前10時31分休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午後4時40分再開



○副議長(中山勝子君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案配付〕



△日程追加(議事日程 第2号)



○副議長(中山勝子君) お諮りいたします。岡田智彦議長から議長辞職願が提出されましたので、お手元に配付いたしましたとおり、議長辞職許可についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中山勝子君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(中山勝子君) 19番 岡田智彦さんに申し上げます。本案は地方自治法第 117条の規定に抵触いたしますので、議場からあなたの退席を求めます。

   〔19番 岡田智彦君退場〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 議第46号



○副議長(中山勝子君) それでは、議事日程第2号、日程第1、議第46号 議長辞職許可について議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(中山勝子君) お諮りいたします。19番 岡田智彦さんの議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中山勝子君) 御異議なしと認めます。よって、19番 岡田智彦さんの議長の辞職を許可することに決しました。

 19番 岡田智彦さんの議長辞職が許可されましたので、除斥を解きます。

   〔19番 岡田智彦君入場〕



○副議長(中山勝子君) ここで、19番 岡田智彦さんから議長退任のあいさつをお願いいたします。

   〔19番 岡田智彦君 退任あいさつ〕(拍手)



○副議長(中山勝子君) 市長 古川雅典さん。

   〔市長 古川雅典君 退任に対するあいさつ〕(拍手)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案配付〕



△日程追加(議事日程 第3号)



○副議長(中山勝子君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ声あり〕



○副議長(中山勝子君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 選第1号



○副議長(中山勝子君) それでは、議事日程第3号、日程第1、選第1号 議長選挙についてを議題といたします。

 本選挙は、先ほど議第46号により議長の辞職が許可されましたので、地方自治法第 103条第1項の規定により、選挙を行うものでございます。

 これより議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

   〔議場閉鎖〕



○副議長(中山勝子君) ただいまの出席議員は24名でございます。

 これより投票用紙を配付いたします。

   〔投票用紙配付〕



○副議長(中山勝子君) 配付漏れはございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中山勝子君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○副議長(中山勝子君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名でございます。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順に順次投票をお願いいたします。

   〔議席順に各議員投票〕



○副議長(中山勝子君) 投票漏れはございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中山勝子君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕



○副議長(中山勝子君) これより開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、議長において、4番 山中勝正さん、9番 林 美行さんの両名を立会人に指名をいたします。

   〔開票〕



○副議長(中山勝子君) 本日の会議は、あらかじめこれを延長することを申し渡します。

 投票総数24票。これは先ほどの出席議員に符合いたしております。

 そのうち、有効投票24票、無効投票ゼロ票でございます。

 有効投票中、嶋内九一さん23票、三輪寿子さん1票でございます。

 以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は6票でございます。よって、嶋内九一さんが議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました嶋内九一さんが議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 当選証書をお渡しいたしますので、議長席の前までお越しください。

   〔当選証書授与〕(拍手)

   〔新議長 嶋内九一君 就任あいさつ〕(拍手)



○副議長(中山勝子君) 市長 古川雅典さん。

   〔市長 古川雅典君 就任に対するあいさつ〕(拍手)

   〔副議長退席・新議長着席〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案配付〕



△日程追加(議事日程 第4号)



○議長(嶋内九一君) お諮りいたします。ただいま中山勝子副議長から副議長辞職願が提出されましたので、お手元に配付いたしましたとおり、副議長辞職許可についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、副議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) 21番 中山勝子君に申し上げます。本案は地方自治法第 117条の規定に抵触いたしますので、議場からあなたの退席を求めます。

   〔21番 中山勝子君退場〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 議第47号



○議長(嶋内九一君) それでは、議事日程第4号、日程第1 議第47号 副議長辞職許可についてを議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(嶋内九一君) お諮りいたします。21番 中山勝子君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、21番 中山勝子君の副議長の辞職を許可することに決しました。

 21番 中山勝子君の副議長辞職が許可されましたので、除斥を解きます。

   〔21番 中山勝子君入場〕



○議長(嶋内九一君) ここで、21番 中山勝子君から副議長退任のあいさつをお願いいたします。

   〔21番 中山勝子君 退任あいさつ〕(拍手)



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君 退任に対するあいさつ〕(拍手)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議案配付〕



△日程追加(議事日程 第5号)



○議長(嶋内九一君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、この際、副議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 選第2号



○議長(嶋内九一君) それでは、議事日程第5号、日程第1、選第2号 副議長選挙についてを議題といたします。

 本選挙は、先ほど議第47号により副議長の辞職が許可されましたので、地方自治法第 103条第1項の規定により選挙を行うものであります。

 これより副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

   〔議場閉鎖〕



○議長(嶋内九一君) ただいまの出席議員は24名であります。

 これより投票用紙を配付いたします。

   〔投票用紙配付〕



○議長(嶋内九一君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○議長(嶋内九一君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順に順次投票をお願いいたします。

   〔議席順に各議員投票〕



○議長(嶋内九一君) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕



○議長(嶋内九一君) これより開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、議長において、4番 山中勝正君、9番 林 美行君を立会人に指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○議長(嶋内九一君) それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数24票。これは先ほどの出席議員に符合いたしております。

 そのうち、有効投票24票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、宮嶋由郎君21票、石田浩司君2票、三輪寿子君1票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、宮嶋由郎君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました宮嶋由郎君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 当選証書をお渡しいたしますので、議長席の前までお越しください。

   〔当選証書授与〕(拍手)

   〔新副議長 宮嶋由郎君 就任あいさつ〕(拍手)



○議長(嶋内九一君) 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君 就任に対するあいさつ〕(拍手)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第16 休会期間の決定



○議長(嶋内九一君) 日程第16、休会期間の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。議事の都合により、明日1日は休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(嶋内九一君) 御異議なしと認めます。よって、明日1日は休会することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(嶋内九一君) 以上をもって、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。

   午後5時13分散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記会議の顛末を記録し、相違なきことを証するためここに署名する。

  平成22年5月12日

               多治見市議会議長      嶋内九一

               (旧)多治見市議会議長   岡田智彦

               (旧)多治見市議会副議長  中山勝子

               多治見市議会議員      安藤英利

               多治見市議会議員      大安歳博