議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 多治見市

平成21年  6月 定例会(第5回) 06月08日−02号




平成21年  6月 定例会(第5回) − 06月08日−02号 − P.0 「(名簿)」








平成21年  6月 定例会(第5回)



議事日程

 平成21年6月8日(月曜日)午前10時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 議第74号 多治見市屋外広告物条例を制定するについて

 第3 議第75号 多治見市情報センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて

 第4 議第76号 多治見市土岐川観察館の設置及び管理運営に関する条例の一部を改正するについて

 第5 議第77号 多治見市健全な財政に関する条例の一部を改正するについて

 第6 議第78号 多治見市税条例等の一部を改正するについて

 第7 議第79号 多治見市手数料条例の一部を改正するについて

 第8 議第80号 多治見市児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて

 第9 議第81号 多治見市学校給食共同調理場設置条例の一部を改正するについて

 第10 議第82号 平成21年度多治見市一般会計補正予算(第3号)

 第11 議第83号 平成21年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 第12 議第84号 平成21年度多治見市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)

 第13 議第85号 平成21年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 第14 議第86号 平成21年度多治見市水道事業会計補正予算(第1号)

 第15 議第87号 平成21年度多治見市病院事業会計補正予算(第3号)

 第16 報第3号 平成20年度多治見市一般会計継続費繰越計算書の報告について

 第17 報第4号 平成20年度多治見市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第18 報第5号 平成20年度多治見市一般会計事故繰越し繰越計算書の報告について

 第19 報第6号 平成20年度多治見市土地取得事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第20 報第7号 平成20年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第21 報第8号 平成20年度多治見市後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第22 報第9号 平成20年度多治見市水道事業会計予算繰越計算書の報告について

 第23 議第88号 第6次多治見市総合計画基本計画を変更するについて

 第24 議第89号 物品供給契約の締結について

 第25 議第90号 市道路線の認定について

 第26 議第91号 物品供給契約の締結について

 第27 休会期間の決定

    (第2から第15まで 質疑〜委員会付託、第16から第22まで 質疑、第23から第25まで 質疑〜委員会付託、第26 提案説明〜委員会付託)

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

          1番    水野正太郎君

          2番    柴田雅也君

          3番    松浦利実君

          4番    山中勝正君

          5番    若尾敏之君

          6番    三輪寿子君

          7番    若林正人君

          8番    梶田廣幸君

          9番    林 美行君

         10番    加藤元司君

         11番    安藤英利君

         12番    大安歳博君

         13番    仙石三喜男君

         14番    加納洋一君

         15番    石田浩司君

         16番    各務幸次君

         17番    加藤信弘君

         18番    宮嶋由郎君

         19番    岡田智彦君

         20番    嶋内九一君

         21番    中山勝子君

         22番    若尾靖男君

         23番    春田富生君

         24番    森 寿夫君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

         市長          古川雅典君

         副市長         木股信雄君

         教育長         村瀬登志夫君

         病院事業管理者     山田昌夫君

         企画部長        土田芳則君

         健康福祉部長      佐橋政信君

         経済部長        渡辺哲郎君

         市民環境部長      若尾正成君

         都市計画部長      桜井晴幸君

         建設部長        堀江義英君

         水道部長        若尾正人君

         病院事務局長      纐纈崇治君

         会計管理者       青山 崇君

         教育委員会事務局長   水野高明君

         監査委員事務局長

                     加納安貴君

         併選挙管理委員会書記長

         総務課長        河田祥則君

         財政課長        町井好夫君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

         事務局長        服部知明

         書記          松田直美

         書記          水野浩則

         書記          宮地 敦

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

    午前10時01分開議



○議長(岡田智彦君) これより本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 会議録署名議員の指名



○議長(岡田智彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、23番 春田富生君、24番 森 寿夫君の両君を指名いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 議第74号から第25 議第90号まで



○議長(岡田智彦君) この際、日程第2、議第74号から日程第25、議第90号までを一括議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) これより質疑を行います。

 最初に、議第74号 多治見市屋外広告物条例を制定するについて、質疑はありませんか。

 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) 議案説明の方の2ページですけれども、この広告条例の制定についての趣旨が、県条例を基本にして新たに市独自の制限を加えた本条例ということですけれども、ポスター等を張る場合に市長の許可手続が要るということでしょうか。2ページの(5)です。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) お答えをいたします。

 ポスター等につきましても掲示物として許可はとっていただくということで、認証みたいなものを張られるというような条件でございます。



○議長(岡田智彦君) 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) それは選挙以外の通常のポスターとか張り紙、宣伝物についてもそういう手続を毎回とらなければいけないということでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 禁止区域、禁止物件等を規定してございますけれども、そういった中で、禁止されていないものについては正規の手続をとっていただければ許可しますよというのがこの条例でございまして、今の公職選挙法等に規定されているものについては法令に沿った形での掲示になるということで、それ以外のものにつきましては手続をとっていただきたいということでございます。



○議長(岡田智彦君) 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) そうなりますと、政党が政治活動をする場合に一々市長の許可を得ないといけないということになりますと、憲法に保障された表現の自由を規制することにはならないでしょうか。

 ついでに28番、7ページですけれども、これをしなかった場合には50万円以下、20万円以下、5万円以下の罰金という罰則がついておりますけれども、その内容がちょっと厳しいので、その必要があるのかなということで質問いたしました。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 自由を規制するものではない、それは手続を踏んでいただきたいということでお願いするものであって、これは禁止するものということではないということで御理解いただきたい。したがいまして、その手続については踏んでいただくと。また、そういったことについては私どもの方でお願いもしていくということでございます。

 この罰則等については、あえて罰則等を積極的に適用していこうという気はございませんで、またそういった手続をとっていただければ、これは正規の手続でありますので、そういった対象にはならないということでございます。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 今度の広告条例には罰金という刑が科せられるわけです。これは刑罰に当たるわけですけれども、この刑罰に当たる罰金を科す場合はどのような手続を踏んでこの罰金を科すのか、その1点だけお教え願えますでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 当然その前に十分私どもの方で御指導はさせていただくと。それで、繰り返しそういったことが改善されない場合について、風景づくり審議会に諮問をさせていただきまして、その上で対応をさせていただくということになります。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 対応の方法はわかりましたけれども、最終的に罰金を求めると。これは先ほどから申し上げるように刑罰に当たるんですけれども、その場合には、例えば検察庁に告訴をするとか、そういった手続が必要になるのか、例えばたばこの投げ捨てというのは過料ということになっているので、名古屋市だと2,000円徴収していますが、そういった形ではないと思うんです。だから、その点の手続方法はどうなるんですかということの質問ですので。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 罰金については、おっしゃるように刑罰でございますので、これについては検察庁の方への手続をとるということでございます。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) よく事例としてあるんですけれども、業者がつくった看板等が、例えば倒産をしてしまってそのまま放置されているもの等いろいろあるわけですけれども、財産権の問題も絡みますが、そういったものを撤去する場合の手続方法というのはどのような手続を踏んで行うのか、最後にその点だけお教え願えますでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 違反広告物、あるいは事業に失敗して放置されているようなものにつきましては管理すべき方法がないということでございます。したがいまして、それについて最終的には、本来そこの地権者が権利を有して貸してあるということであるならばそことの協議ということになろうかと思いますが、最終的に撤去し、自動車の放置というのがございますね、ああいったものと同じような手続になろうかと思います。したがいまして、処分して、それを換金した上で手数料に充てていくというような手続を定めてございます。



○議長(岡田智彦君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) まず、議案説明資料の3号冊の9ページですけれども、ビルオーナーへの個別訪問ということで、一番規制を受けるビルオーナーの不安が6点ほど出ておるんですが、これに対する市の考え方をお聞かせ願いたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 直接関係する、特に大手でございますけれども、そういったところには足を運ばせていただきまして直接御意見等を伺ってございます。それで、ここにございますのは、目立たなければ意味がないというようなこともありますけど、これについては色彩等、またデザイン等での方法があるんでないかということを我々は考えてございますが、言ってみれば、これを全部適用してすべてだめだと言ってしまったときには非常に影響が大きいということを考えてございます。したがいまして、ある一定の期間を置いて、その上で施行させていただくというようなことで、その間については、屋上広告物を中心にお話を伺ったわけでございますけれども、そのあたりの補助制度等についても考慮をしていくというようなことでお答えをさせていただいてございまして、できる限りスムーズな移行ができていけばというようなことを考えてございます。



○議長(岡田智彦君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) 6点書いてあるんで、市の考え方を一つずつお聞かせ願いたいという質問なんで、よろしくお願いします。

 それと、先ほどの各務議員の方の関連のような質問ですけれども、例えば昭和の時代のほうろう看板がまだまちに残っております。それとか大きな大看板が店舗によく、昭和の名残を残した看板が立っておるわけですけれども、これを読みますと、著しく汚染し、変色し、または塗料が剥離したものということで、禁止広告物に当たるわけですけれども、今、昭和の名残を残そうというようなまちづくりの中で、こういったものがまだまだ多治見市内には残っておると思うんですが、その辺をどのような解釈をされているのか、この2点、よろしくお願いします。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) まず1点目、市がなぜ看板を規制するのかというグランドプランづくりを進めることが大切ではないかということでございます。これにつきましては、商工会議所等、また事業者等をお伺いさせていただいたときにそういう話がございまして、そのとおりであろうというふうに考えてございます。したがいまして市としましては、まずその前段としまして、また大前提として、多治見市の風景づくり条例というのを制定させていただきまして、またさらに風景づくり計画といったものを示させていただいてそういった方向に向かっていくということをお示しさせていただいております。

 また、先ほど言ったように、看板というのは目立たなければ意味がない、それは一つの看板の役割でございまして、その中でもある程度色彩、あるいは大きさについては工夫をしていただきたいということで、これについては御理解をいただいておるということでございます。

 また、看板が設置できないと今後継続して契約ができないということでございますが、こういったことにつきましても、今後、壁面広告とかをつける場合に面積の問題、そういったことは規制させていただきます。それに沿った形でやっていただければ、それはできるだろうということを考えてございます。

 それから、目隠し的な役割もあるということでございますので、これにつきましては、ただいまですと十六銀行の新たに開店をされたところがございますが、あの上のところに表示があったと思います。それは囲いがございました。それは空調機だと思うんですけれども、そういった形で少し勘考していただいて、壁面なり出た広告物といった形の工夫をしていただくというようなことができるのではないかというふうに考えてございます。ただ、無理やりそれをやるということではなくて、先ほど昭和のほうろう看板、あるいは大きな看板についての御質問がございましたが、それとあわせてお答えをするならば、耐用年数が来て更新するという時期が必ず来るということでございますが、そのときにはここに我々が示させていただいたような条例に沿った形で対応をしていただきたいという考え方でございます。

 それから、企業のイメージカラーがあるので難しいのではないかということでございます。これもそのとおりだと思います。ただし、今、社会に対する企業責任みたいなものを十分大手企業さん等については御理解をいただいてございまして、既にコンビニ等であってもそういった工夫がされておりまして御考慮いただいておるということで、我々が話をした段階では、そんなに大きな問題というふうな形ではとらえてございません。

 それから、補助があるかないかという話なんですが、これも先ほど申し上げましたように、今後進めていく中でこういったものについては当然考慮をしていきたいというふうに、実現が云々かんぬんというのは別の問題としまして、当然そういったインセンティブをとっていくというのは我々の方の一つの課題であろうというふうに考えてございます。



○議長(岡田智彦君) 12番 大安歳博君。



◆12番(大安歳博君) 1号冊の7ページで、6条、7条、13条ですが、許可した証票を張りつけておかなければならないというその証票なんですが、どんなものを計画されているのか。私どもの後援会事務所等の証票は小さくて非常に見づらくて、もっと言ったらボールペンで書き足していただいているということで、書きかえる人はいないでしょうけれども、広告物をすっとボールペンでそのものをコピーとって書きかえてある、あの程度ではいかがなものかなあと思いまして、どのようなものがあるのかなと。これも当然有効期間として何年に1回は新しいものを、また色が変わった証票で変えていくよとかいう計画があるのかどうかと。これの第6条のところでずっと見てみますと、市長が指定する区域、市長が指定する区域とずうっとあるんですね。この市長が指定する区域というのは今はもう決まっているのか、決まっていなければいつぐらいまでに、当然平成22年の1月1日までには決めないかんとは思っていられると思うんですが、その辺のところをお聞かせください。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) まず、証印の件でございますけれども、条例上もうたってございますけれども、規則で定めていきたいということで、ただいま印章等の形については検討中でございまして、規則の中で表示をさせていただくと。ただいま御意見等がございましたものについては、十分考慮すべきというふうに理解をいたしております。

 それから、新規では3年を見ております。更新は2年というのを原則にしてまいりたいというふうに考えてございます。

 それから、市長が定めるということでございますけれども、これにつきましては、例えば第16条等でございますが、これも規則で定めるところにより市長が定めるということでございまして、現在この内容についても、これまで既に岐阜県条例を施行する中で実際に事務を進めてまいっておりますのでそれをベースにしまして、多治見市独自で加えるところについては入れていくということでございます。例えばここの第6条の基準で申しますと、位置図、また形状等に関する仕様書、構造物、こういったものについても申請書の様式、手続等について定めていくつもりでございますし、この後についても市長が指定するという区域がいろいろとございますけれども、現実に具体的なものとして上がってくるかどうかというのは少し精査する中であると思いますけれども、原則的には、例えば第16条の第1項の第2号でございますが、これは文化財保護法がベースになってございまして、こういったところでベースとしては決まったものがございますので、それを多治見市として拡大をしていくかどうかということになろうかと思います。ちなみに、ここでございます第27条、第78条については、第27条については国宝について述べておりますし、第78条については重要無形文化財について指定をしてございますので、その辺を精査するということになります。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 1点御質問させていただきます。

 今、部長の御答弁を聞いておりましても、従前の仕事に加えて、この条例を施行することによって業務が非常にふくそうしていることが予測されるわけでございますが、県から市への移管の一つの分権であると思いますが、仕事の内容をかんがみて、職員の配置とか、そういうものについてのこれからの対応については、この条例の制定と並行してどういうふうにお考えになっているか、お聞かせください。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) ただいま御質問いただきました職員の対応についてでございますけれども、先般、臨時雇用ということで対応させていただいた部分がございます。それについてちなみに申し上げますと、約2カ月ぐらい対応させていただきまして、そこの中で無届けとか違法なものについて調査をしたわけでございますが、それで571件ほど出てまいりました。また、我々が日常そういった処理をしておる許可の件数等については、年間で1,200件ほどございます。こういったものを対応するについて、今現在グループが二つございますけれども、そこの中の職員が日々雇用でお願いしている方も含めて2名で常時対応してございます。今のところはこういった形の対応はできるだろうと思いますけれども、現在無届けで設置されておるものについてどう対応するかということが問題として残るわけでございます。したがいまして、こういったものについては、市民の皆様のグループの協力を得まして、そういったものを外してまいるというような作業をしておりまして、身分上の問題もございますけれども、そういったところを考慮しながら手を打って対応してまいりたいということで、協働でやっていきたいなというふうに考えてございます。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今、御答弁の中で、日々雇用の方が2名ということで、無届けとかいろんなケースがあるわけでございますが、これ以上メンバーをふやさないでいくというのが今部長のお考えだと思いますけれども、その辺のところを踏まえて、市民の方にはどのような周知をこれから半年間かけておやりになっていく御予定か、その辺のところもあわせてお聞かせください。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) ただいま2名が臨時職員というお話でございますが、1名は正規職員でございまして、1名は臨時雇用の職員で対応させていただいてございます。あくまで、原則日常的にはそういうことでございまして、グループの中の一つの大きな目玉として、今回屋外広告物について掲げてございますので、グループ全体としての対応という形になろうかと思います。

 それから、一つ新たに多治見市がこういった条例を設けるということでございますので、市民の皆様方、それから事業者に対しての働きかけといいますか、お願い等もしていくということでございますので、今後はこれを受けた中で商工会議所、あるいは広報等で、こういった条例ができましたというようなことをお知らせをしていって、さらに市民活動の中で御協力をいただけるような働きかけをしてまいりたいと考えてございます。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 最後に1点確認をさせていただきます。

 これから分権がますます行われてきますと、県の施策等についても頻繁に市へおりてくることが予測されるわけでございますが、今後県の仕事が市へ移管されてくることによって、仕事の量と、それから人とのかかわり合いという問題が大きく課題になってくるわけでございますが、そういうことについて、今現状分権という絡みで見まして、仕事のボリュームがふえたときにこれからどう対応していこうかというお考えというものは何かお持ちでございますが、お聞かせください。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 地方分権の流れは、国のお仕事が岐阜県に、岐阜県のお仕事が市町村にというふうに動いております。市長会で必ず私が発言をするのは、分権を行うに当たって二つの権限をくっつけてくれないとできないということを言います。人間と財源です。人間と財源をつけないで分権だけする。国は県におろせます。県は市町村におろせます。最終的に市町村はどこもおろす当てがないというようなことです。ただ、一方できつい財政状況、あるいは私どもが行おうとしている定員適正化計画、ここの中のはざまに陥るというようなことが十分ございます。ですから、県に対しては必ず人間と財源をセットで分権をしてくださいというようなことを申し上げております。ただ、その考えに県が十分対応してくれているかどうかということについては、議員もおわかりだと思いますが、不十分な対応でしかありません。最近特に話題になっているのは、県の広報「くらしと県政」というものを多治見市の広報の中にくっつけてくれ、こんなようなお話まで出てきているというようなことで、県は財政的に相当逼迫している。人間も財源もつけないで分権だけ行う、これを受けて市が四苦八苦する、そういった状況の中ですが、限りある職員の中、そして先ほど部長が申し上げましたように、臨時の職員をどのように対応しながらというようなことで現在のところは対応しているというのが現状でございます。



○議長(岡田智彦君) 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) 私からもこの条例の適用について少しお尋ねしたいと思います。

 私も県の時代から実際にこの手続をしたことがございます。経験があるもんですから申し上げますが、この条例は県の方は岐阜で見ているという姿勢がかなり強くて、細かく現場まで来てチェックをするというようなことは今まで経験したことありませんし、特別な場合を除いてはチェックが入ったこともございません。ということは、結局申請に任せて、そしてある程度規制がかかっていればいいんだという考え方で今まで県の条例は運用されていたんだろうと思うんですね。それが地方へおりたことでかなり条例そのものがきっと細かくなっていますし、規制そのものもかなり厳しくなっておるような気がいたします。そういった中で、あまり運用で極端なことをやっていくと、事業者やその他の方にいろんな意味での抵抗感も出ますでしょうし、難しい現場での問題が出てくるような気がします。そこら辺を運用するに当たって少し配慮すべきじゃないかと考えますが、この点についてお考えをお聞かせください。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 先ほど申し上げましたように、原則的に県の条例を基本としております。それで、ただいま御質問がありました中の、大安議員からも御質問がありましたけれども、多治見市としての独自の考え方でもって対応する部分については、規則等で定め、それを市長が検証していくという形にしてございまして、それは薮田の方から見たものではなくて、私どもの多治見市が独自でそういった政策としてやっていくということでございます。ただ、極端な運用ということは、ただいま議員が申されましたように、非常に無理があるということは重々承知をしてございます。したがいまして、条例というのはそもそも育て上げていくというのが一つの条例の性格でもあろうかというふうに考えてございまして、まずは指導、それからお願い、こういったところから入っていって周知をしながら、完成形はいつになるかわかりませんけれども、そういった方向をきちっと示させていただいて、それに向けて我々も努力していくと、それにまた市民の皆様方も御協力をいただくといった方向で努めてまいりたいと考えてございます。



○議長(岡田智彦君) 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) 先日の環境自治体会議の中の分科会で、実は看板規制に関して民間で協力してみえるという団体の事例発表がございました。えらい活動をしてみえる方があるんだなあということを、正直言って私も初耳だったもんですから、市と連携しながらどういうことをやっているよというような報告があったわけですが、今、部長の話を聞きますと、早急にこの条例を振りかざして取り締まるという姿勢ではなくて、民間にも協力を得ながら理解を深めていきたいという考え方だというふうに理解いたしますので、ぜひともその辺の運用を間違いないように、ひとつ丁寧な指導をしていっていただきたいと考えて質問にいたします。よろしくお願いします。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 特に今回多治見市独自として留意しようとしているのは、駅北口の、いわゆる駅北におりた瞬間の多治見の正面の印象です。ビルが雑然として並んでいて、看板が自由気ままに立っていると。私どもはずうっとそれを見て普通の光景だと思いますが、外から来られた方は、多治見って一体どういうまちですかというようなことを言われるぐらい悪印象だというふうに聞いております。ある意味ああいった屋外広告物については、公共の福祉を優先させて私権を制限する、これが一つの目的です。例えば軽井沢地域、あるいは那須塩原地域、こういうところに行きますと、私たちが当たり前のように見ているコンビニエンスストアの看板の色が全く森に同化したような、あるいは高原に同化したような形でトーンを変えてもらっています。ある意味地元の中で協力をしているというようなことですので、特に今回は駅北側の区画整理で人工的な環境に留意した環境都市をつくる、それに引きかえ駅の南口、いわゆる駅正面に関してのビルの看板、大きさ、あるいは配色、こういったものにルールをつくって、えいやあと罰を与えるということではなくて、ビルオーナーに多治見市の考え方をしっかり説明をしながら整然とした駅の南口をしっかりつくり上げていくというのが、今回の県条例を受けてプラスアルファの一番大きい目的です。議員御指摘のように、十分にビルオーナー、あるいは地域の皆さん、こういったところに市が目指す目的をお話しし、理解を得て事業を進めていく考えでございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第75号 多治見市情報センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) ちょっと簡単にお伺いします。

 この施設の移転の中身は、すべて移転の対象になっているのかどうか、産業文化センターの方に移転されるのかどうかということが一つと、IT講習というのが一つの中の事業だと思っておりますが、民間がもうIT講習とかやっている中で、今、行政的に役目を持っているとお考えかどうかということをお答えいただきたいです。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) まず1点目の移転につきましては、現在の機能をそのままといいますか、滞りなく行えるような形で移転をいたしたいと思っております。

 それからIT講習につきましては、平成18年からITボランティアの方がそれ以降たくさん手を挙げていただきまして、今はその方々を中心に情報格差の是正とか、そんなようなことを主眼として置いておりますので、民間での講習とはやや違うかなととらえております。



○議長(岡田智彦君) 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) いま一度、IT講習の対象者、今、IT格差とおっしゃいましたが、どのような世代、年齢等ということを対象に思ってみえるのか、現在どのような方が利用しているかということをお答えいただきたいんですが。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 現在、主に二つに分けられると思いますが、一つは50歳以上でパソコンの初心者の方を対象としたパソコン体験講座を行っております。それからもう一つは、年齢要件はございませんが、パソコンの初歩的な操作ができるようにということでパソコン活用講座を行っております。いずれにいたしましても、先ほど申し上げました情報弱者と申しますか、または情報格差の是正ということを目的として講座を行っております。



○議長(岡田智彦君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) まず、パブリック・コメントの市の考え方ですが、「わかりやすい言葉で、わかりやすい政治を」が、市長のモットーですが、情報リテラシーとか、最近また片仮名が多くなってきていますので、市民に対する返答のときはなるべくわかりやすい言葉でお願いしたいなあというふうに思っております。

 その中で、今回の移転は行革大綱の取り組みの結果ではないよと書いてありますけれども、ちょうど一番いい時期なんで、まだ多分移転までには時間がかかるんで、その間に行革の取り組みも一緒に並行して、その結果を採用した方がいいような気がするんですが、その辺の考え方はどうでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 専門用語、片仮名言葉を使わないというようなことで庁内の中で十分徹底をしておりますが、特にいまだに顕著なのは、情報関係の言葉がこういったことを使いますので、議員御指摘の件につきましては、よりわかりやすい言葉をしっかり使うというようなことで返答については徹底をしてまいります。

 加えまして、情報センターというようなものについては民間の事業者が今いっぱいありますよね。ですから、行政改革の中と同時に並行して議論をしてはどうかということも庁内の中で実は議論をいたしました。ただし、この議案もそうですし、次の議案もそうですが、問題発生が市民病院の移転・新築というようなことが、すぐお隣のところに市民病院をつくる、その隣地のところに住んでいらっしゃる皆さんから、あの校区内の中に移転をしたいという御希望が4軒の皆さんに非常に高くございました。ですから、現在あります旧社会保険事務所の中の情報センター、あるいは土岐川観察館、これについて行政改革一本のレールで進めてきた中でお話ができればいいんですが、問題発生が市民病院の問題であるというようなことから、議論はいたしましたが、これをきっかけに、じゃあ民間にお願いしようかというような議論についてはやや乱暴ではないかということで、今回は移転をさせていただくということを庁内の中で議論し、今回議案を提出させていただいております。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) ちょっと苦言になると思うんですけれども、今議会に8本の条例の改正案が出ておりますけれども、特に今審議しております情報センターの一部改正は、5月19日にパブリック・コメントを締め切りました。私が多治見市のホームページで確認をしましたけど、6月3日のホームページ上にパブリック・コメントがあったかなかったかの有無、それからそれに対しての意見についての考え方が掲載されました。私がこれから申し上げたいのは、市民参加条例第7条第3項に、前段は言いません、重要な条例等を議会に提案するときは、当該議案の提案者は、市民参加の有無及びその状況に関する報告を添付して議案を提出しなければならないとあるんです。6月1日に議案提案されました。議案提案されたその時点では、全くパブリック・コメントの件にも触れられておりません。次に出てくる議第76号についても、実際ホームページ上に掲載されたのは6月2日だったんです。そういうことを考えますと、この市民参加条例は、執行部がぜひともつくりたいということで議会に提案して議決されて現在あるわけですけれども、この条例が守られていない。今までずうっとそうだった。私は気がついておりましたけれども、今回は議案が提案された後にパブリック・コメントの有無、それに対する市の考え方がやっと我々の耳に入ってきた。本当にそれでいいのかということなんですね。執行上の義務についてきちっとやっていない。せっかくこの条例をつくったのに、この条例が無意味になっている。私はこの第7条第3項をそのように解釈しておりますが、その解釈が間違っているのか、まずその点、執行部の見解を求めたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 今、議員から御指摘をいただきましたように、ホームページへのアップがおくれたということ、これについてはおわびを申し上げたいと思いますし、今の市民参加条例の手続につきまして、その所管部といたしまして、これからも細部にわたり注意してまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 所管だけの問題じゃなくて、これは執行部全体の問題なんですよ。条例をきちっと守るというのは、市民はもちろんのことなんですけれども、最初に条例提案をした執行部がこの条例を守れなくてどうするんですかということなんです、私が申し上げるのは。それについて何のお答えもない。今までも何にもされていないんですよ、この点については。今回の場合は、今の議第75号と議第76号については期間を短縮しているんですね。より慎重に扱うべき問題なんですよ。何のために市民に対して意見を求めるんですかということなんです。私は必ずホームページを開いて意見があったかなかったのか、市民からどんな意見が寄せられたのかということをきちっと目を通して、その上に立って今まで質疑をやってまいりました。初めて第7条の第3項について触れさせていただくんですけれども、今までこれがずうっと市民参加条例ができてから行われていない現状があるんです。それについてどうするんですかという話です。責任を感じないんですかということです。やることはきちっとやるということは必要なことだというふうに思うんですけれども、所管としてミスでございましたで、それで済むんですかという話なんですね、私が申し上げるのは。また再度お尋ねしますけど、市民参加条例第7条第3項の解釈が間違っているのかということなんです。重要な条例等と書いてありますけど、例えばこれは重要じゃないというお考えならば添付する必要はないわけですけれども、重要な条例でない条例なんて一つもないわけですね。条例はすべて重要な条例なわけですから、その点についてしっかりとした統一の見解をここで御説明願いたいし、見解をお尋ねしたいというふうに思います。



○議長(岡田智彦君) 副市長 木股信雄君。



◎副市長(木股信雄君) 今回の市民参加条例第7条第3項に基づく市民参加状況の報告につきましては、議案の説明書には添付させていただいておりますけれども、議員御指摘のようにホームページのアップについてはおくれたということで、今後十分気をつけて趣旨に沿うように進めていきたいというふうに思っております。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 今後きちっとその点を、市民参加条例に基づいてきちっとやっていただきたいということを今回は申し上げておきます。

 それから、本題に入りますけれども、民間でやっているものは民間に任せるべきだというふうに私は思っているんです。この情報センターを立ち上げたころには、民間の事業者が、ここでは情報リテラシーという表現になっていますけれども、この情報をどういうふうに活用するか、情報活用能力と訳すのが適当かなあというふうに私は思いますけれども、民間の事業者がどんどんどんどんとこういった事業に参入しておやりになっている、これからも行政がこの仕事をやるべきことなのかどうなのかという問題の視点で今回の条例を考えてみるべきだというふうに思います。確かに先ほどの市民病院の移転の問題ということも考えられますけれども、市民病院の移転云々とは切り離してきちっと考える。またこれで産業文化センターに設備を整えれば340万円投資をするわけですので、来年やめるというわけにはいきませんよ。

 もう1点は、このパブリック・コメントにボランティアの皆さんにお願いしていると、だからやめられないというような表現だというふうに私は受けとめておりますけれども、もうそういった問題じゃないのではないかなと。多治見市の今後の事業の選択を見ていきますと、民間でおやりになっているのは民間に任せていく。いつも市長がおっしゃっていますけど、行政の仕事の何を選択するかということを盛んにおっしゃいますけれども、まさにこの事業に関しては、その事業に当たるんじゃないのかなということを思うんです。

 もう1点は、この設備をつくってから10年になりますので、パソコンはかなり旧式になっています。だから、これをずっと今度継続していきますとパソコンも買いかえないかんというふうになって、またお金がかかるんですよ。だから、先ほど安藤議員からも話がありましたけれども、今ここで判断するタイミングなんです。このタイミングを逃してしまったら、またずるずるっと行ってしまうということを今考えるべきことだというふうに思うんです。私はだから、この情報センターを改めて産業文化センターに移設するというのは反対です。そういった考え方に基づいて、これは第6次総合計画でも廃止という方向で検討がされているんですよね。前倒しすればいい話なんですよ、今まで検討を加えてきたから、今のこの時期に、民でやる仕事は民でやっていただきますよということで市民の御理解はいただけるだろうというふうに思うんです。

 それともう1点は、子どもたちの情報リテラシーの問題については、今学校の中でインターネットの教育というのがかなり進んでいるわけですよね。1998年だったか、臨時教育審議会がそういった方針を定めているんですけれども、もうそれから10年たっているんです。だからもうそろそろ行政の仕事は役目が終わっただろうと、子どもたちの学校の教育は別ですけれども、というふうに思うんです。再検討をできませんか。何が何でもやるんだというふうにお思いになるのか、今私が申し上げたお話をじっくり聞いて、もうここで打ち切るんだというふうな考え方になりませんか。その点について再度お答えを願えますでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 先ほどお答えをいたしましたように、情報センターについては行政改革の中で議論をしております。ただし、今回の議案を提出した中では、問題発生が市民病院を新しく建てかえる、そのある意味玉突きの状況から原因発生になるというようなことから、今回このタイミングで直ちに情報センターを閉鎖する、これについては好ましくないだろうというようなことを庁内の中で議論をいたしました。そうした議論に基づいて今回議案を提出させていただいておりますので、議員御指摘のように、今この時点で議案を撤回するとかというような考えは持っておりません。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君の本件に関する発言は既に3回に及びましたが、会議規則第55条ただし書きの規定により、特に発言を許可いたします。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 市民病院の件で移設ということをうたっておりますけれども、その後に、今使っている旧社会保険事務所がかなり建物が古くなったということも理由に上げているんですね。このパブリック・コメントを見ておりますと、市民病院のこともあります。しかし、重点は旧社会保険事務所、現在使用している建物がもう老朽化してきたということもうたっているわけです。読みますと、そちらの方が今回の一部改正の発生原因というふうに読み取れるんです。だから、二枚舌を使っているようなふうにしか私は思えんですよ、パブリック・コメントを求めているときに。市民病院だけの問題で移設と言っていないんですね。建物がもう古くなりましたと言っているわけですよ。今回の場合は、建物が古くなったということは関係ないわけです。先ほど市長がきちっと明確に言われましたけど、市民病院の移設にかかわって、だから移設をせざるを得ないという話なんですね。だけどそう言いつつもパブリック・コメントの中では、老朽化いたしています、だからもう移設をせざるを得ませんよということも書かれているわけです。だから、議案を引っ込めよなんてことは言いませんけれども、そういった検討がなされなかったのかということなんですよね。もう一度お願いできますか。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 二枚舌だとは毛頭思っておりませんので、まずお答えをさせていただきます。

 お手元の3号冊9ページ、議第75号の改正趣旨の第1段に書いてございます。各務議員、ここをしっかりお読みください。多治見市民病院の建てかえに要する敷地の代替地として情報センターの所在地を予定している、加えて二つ目の理由として現施設が建築後相当年数を経過している、ここにしっかりと記載をし、今回の議案の提案については二つの理由をもって議第75号を提案させていただいている。加えまして庁内の中でも行政改革の議論をさせていただきましたが、今回このタイミングで直ちに民営化を行うということは適当でないというようなことから、この議案の中の改正趣旨にもしっかり明記をさせていただいておりますので、お願いをいたします。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) すみません、一つだけ確認をさせてください。

 まず、メールで確認をさせてもらいましたけれども、ちょっと遅かったから確認の返事はいただけませんでしたが、今回、旧社会保険事務所におかれましては建築後相当年数ということで、建築がいつされたのか、私も調べたんですけれども確認できませんでしたので、一度この場で、正式にいつ建てられた建物なのかをまず確認をさせていただきたい。

 二つ目に、当施設において2階にありました某企業様が最近新築移転されたということが記憶に新しいわけでございますが、それは今回相当年数が経過しているためそういう措置を某企業様がされたのかどうか、もし参考に聞くことができればお聞かせをください。

 それと3点目でございますが、今回新しい場所に産業文化センターの2階を提案されているわけでございますが、この近辺の駐車場の問題について、地域の方から御提案をいただきまして、これからどんどんどんどんそういう施設がふえていって対象者がふえてまいりますと、駐車場の懸念を少しされているというお声も聞いております。そういう中で確認でございますが、現状この施設を産業文化センターに移した場合、日々でどれくらいの利用者を予定されているのか確認をさせてください。



○議長(岡田智彦君) 総務課長 河田祥則君。



◎総務課長(河田祥則君) 旧社会保険事務所の建築年につきまして御答弁させていただきます。

 昭和40年につくられまして、昭和54年に一部増改築等がされております。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 最後の駐車場の見込み、駐車されるといいますか、来館者の見込みを申し上げます。

 平成20年度の実績から申しますと、開館日数が306日で、来館者の総数は3,251人でございます。単純に計算しますと1日10人強というようなことで、大幅に周囲に御迷惑をかけるようなことはないと考えております。

 もう1点、中へ入っておりました企業の移転の理由につきましては、承知をいたしておりません。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今、御答弁で、利用者が多分1日10人前後だという御答弁をいただきましたが、もう少し僕はおありじゃないかなと想定しているわけでございますが、さておいて、この産業文化センターに変えるときに、今までの場所においても駐車場の問題について土岐川観察館の利用者も含めて非常に困難さがあったわけでございますが、そういう視点で、果たして今後そういう施設を持っていくことによって、また利用者が1日10人じゃなくしてもっともっと御利用の方をふやしていこうという意向を含めて考えた場合に、駐車場の問題について何か議論をするお時間をかけられましたでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 現状のようにはいかないかもしれませんが、一つは指導していただきますボランティアの方につきましては、堤防の下のところですが市有地がございます。そこを活用していただこうというふうに考えておりますし、あとは会館の利用者の方につきましては1時間以内については無料ですとか、そういうようなことで、幾分は長時間活用される方には御迷惑をかけるかと思いますが、これはやむを得ないかなあと、このあたりが検討した結果でございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第76号 多治見市土岐川観察館の設置及び管理運営に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 私も今回の議案に何となくもやもや感があったのが、今、各務議員に質問していただいたこととほとんど一緒なんですけれども、今回、玉突き状態になって代替地とするために押し出された形で土岐川観察館が移転するんだということなんですけれども、病院の移転事業とあわせて、まず土岐川観察館の移転のリミット、日にちを教えてください。

 それから、この平和町に移転するということに対して、指定管理者であるリバーサイドヒーローズは、川に親しむという感覚よりも大分離れたところの平和町に移転されることについてどのような考え方を示されたか、その2点、まず教えてください。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 御質問にお答えさせていただきます。

 まずリミットとしましては、12月末ぐらいまでに現在の建物を解体いたしまして造成をしていこうということで、時間的な問題がございます。

 もう一つは、指定管理者の方とは十分にこの辺については協議させていただきまして、我々としては産業文化センターと平和町ということで最終的に移転可能な部分を選択いたしまして、指定管理者の方とも協議いたしましたけれども、御理解をいただいております。



○議長(岡田智彦君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 先ほども言いましたけれども、基本計画を変えるところに親しみある河川づくり、つまり川と親しむのが土岐川観察館のテーマなんですね。やはりどう言おうが川のそばがいいわけですよ。この趣旨からいっても、河川体験、学習の場、自然団体の活動拠点としても川のそばがいいわけでして、この平和町に限定じゃなくて、賃貸物件も含めて、とりあえずそういう議論はなかったのか、その点をちょっとお願いいたします。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 敷地につきましては、理想といたしましては土岐川沿いにあるのが一番最適であるわけでございますが、限られた時間の中でいろいろ私どもも検討いたしました。結果的なものでございますけれども、指定管理者とあわせて今回土岐川観察館という位置づけについても、若干今の場所よりも離れますけれども、これが全く問題があるということではなくて、この建物を現在の平和町の中で生かして、これから自然体験学習を含めて、土岐川の活動も含めて充実させていこうということで、指定管理者の方とも協議させていただいております。



○議長(岡田智彦君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) それはわかります。僕は川のそばでといったときに、川のそばに賃貸物件が幾らでもありますよね。お魚さんは死んじゃうから、移す場所は身近にあるわけです。なぜ平和町に今行かなくちゃいかんのか。例えば、私たちが家の住民票を移すときに、新しい物件がないと住民票を移しませんよ。今何もないところに、とりあえず平和町に移すんだと。それを急がれる理由がこれに示されるように何かあるんですか。あそこを早く抜いちゃおうとかいう事情でもあるんですか、ちょっとその辺を最後に。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 先ほども回答させていただきましたように、限られた時間の中で、例えば賃貸物件であれば地権者の方との交渉等もありまして、時間的な問題もございますので、今回私どもとしましては市有地と市有施設の中で検討してまいりました。その中で、最終的に指定管理者とかサポート委員会、それと外部団体の方にも説明いたしまして御理解をいただいております。



○議長(岡田智彦君) 7番 若林正人君の本件に関する発言は既に3回に及びましたが、会議規則第55条ただし書きの規定により、特に発言を許可いたします。

 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) あとは市民病院の委員会でやりますけれども、限られた時間というのは病院の方の事情であって、土岐川観察館が限られた時間というのはお魚さんの生き死にだけの話で、平和町へ持っていく理由にはならないと思うんですね。はっきり言ってどこへ置いておいてもとりあえずは移せるわけです。だから、病院をつくる時間軸というのは僕は十分理解しています。ただし、土岐川観察館を今持っていかないかんというのが、時間的何とかというのは僕はおかしいと思うんですけど、その点だけ最後にお願いいたします。



○議長(岡田智彦君) 副市長 木股信雄君。



◎副市長(木股信雄君) 土岐川観察館の指定管理者との意見調整につきましては、建設部長がお答えしたとおりでございますけれども、民間の施設も検討する中で、一番問題になったのは水槽の移設の費用、これが約300万円から500万円かかるというふうに言われております。したがって、近い将来また新たに居場所を移転ということになりますと、そういった費用が重複するといいますか、そういった理由が大きな理由であるというふうに考えております。



○議長(岡田智彦君) 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) 土岐川観察館において、大人も利用者が多いかと思いますが、児童・生徒、子どもたちが利用するということにおいて、この平和町というのは非常にアクセスが難しいと思いますし、今後それに対してなるべくそこへ行きやすい環境というのは公共交通に絡んでくると思いますが、児童・生徒の教育という面において駅から平和町の距離に対してちょっと距離感があると思いますが、その辺についてお考えをいただきたいです。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 学校からの観察館へのアクセスにつきましては、例えば昭和小学校であれば今の場所よりも若干近くなりますし、安全な部分もあると思います。逆に精華小学校の方ですと橋を渡ってこなきゃいけないということがありますけれども、現在道路につきましても、現道の県道よりも若干広い道路がございますので、アクセスについては自動車とか引率ということで気をつけて来ていただくというようなことで十分活動はできると思います。



○議長(岡田智彦君) 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) 利用者は昭和小学校、精華小学校の児童だけではなくて、多治見市じゅうの子どもたちが利用するものであると思いますけど、そういう点においてのなるべく公共交通、ある程度歩いて行くのにも支障がないという考え方は当たらないと思いますけど、その辺はどうでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 昭和小学校とか精華小学校だけではなくて市内のいろんな学校から来ていただくんですけれども、従前も同じようにバスとかで来ていただいていた部分もあるとは思いますので、現在はそういった環境については問題ないと思っております。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 市長にちょっとお伺いいたしたい。

 先ほどの議論になりますけれども、今回も同じパブリック・コメントで求めております。私はさっき二枚舌じゃないかというお話をしましたけど、ここに1枚関連して、これは市長名で出されたものです。市長の印鑑も押してあります。平成21年6月1日、これは12区にお出しになった回覧文です。「拝啓、そよ風のころ、ますます御健勝のことをお慶び申し上げます」云々。「さて、現在御利用いただいております12区集会所がある旧社会保険事務所は、築後年数が相当経過し、水道配管など抜本的な修繕が必要とされておりますが、修繕するには多額の費用がかかると予想されます。このため市は、旧社会保険事務所を取り壊す計画を持っております。つきましては、旧社会保険事務所の取り壊しにつきまして12区の皆様の御賛同を賜りたくここにお願い申し上げる次第でございます。なお、集会所の建てかえ等につきましては別途提案させていただきますので、よろしくお願い申し上げます」とあるんですね。これは市民病院の移設に関連をして、それが発生原因となって移設という問題になったわけです。この中には、市民病院の「し」の字も何も入っていないですよ。水道管など抜本的な修繕が必要となったから取り壊すと、こういう文言になっておるんです。これは間違いないですよ。12区への回覧で、多治見市長と書いてある。古川市長の印鑑も押してあるんですよ。だから、場所場所によって言っておみえになることが違うんじゃないですかと、それで市民の理解が得られますかという話なんですね。それについてだから私は再度申し上げますけど、二枚舌じゃないですかと。そういう使い方はだめですよと。明らかに発生原因がどこにあったのかということだけ述べて、市民に御協力をお願いするというのが私は建前じゃないのかというお話を申し上げているんです。

 それから、今回のこの土岐川観察館の費用に関しまして、2,400万円は市債を発行して賄うということになっております。本来からいいますと、一般会計から40億円を繰り出した新市民病院建設に係る資本整備基金の中でこれは賄うべき問題じゃないのかと。私はこの問題についてかねてから申し上げていましたけれども、白紙小切手は絶対だめですよというお話を申し上げていたんです。予算の枠内できちっとやってくださいと。これを一つ認めてしまうと、またあれもこれもと絶対そうなるんですよ、財政というのは。今までも見ていますとそうなっていくんです。だから、市民病院の40億の基金の中でやりくりをするのが本来行政の手腕なんですよ。金が足らなくなったから一般会計からまた2,400万円市債を発行して賄いますよと、これは結局は一般会計でまた補うということになるんでしょう、市債を組むということは。だから、そういうことが平然として行われてきてしまう。どこに発生原因があったかということも含めて、急ぎ過ぎているから、そういった議論があいまいになって、何を本当に市民に伝えなければならないのか、そういうことが全く欠如してしまっているんですよ。本当にこんなことでいいんですかという話なんですね。先ほどから申し上げている議案を提案するときには添付するのが当たり前でしょうという話もそうなんですけど、そちらの方まで頭が回らないんですよ、目先のことばかりになってしまって。だから、もっと周りを見渡す姿勢というのが今本当に最も求められるんじゃないかというふうに私は思うんです。私もこんなことを言いたくないんですけど、非常に苦になります。先ほど市長は、各務議員、よく読んでくださいとおっしゃいましたけど、一部ではこういった文言の書き出しで、これは公文書ですよ、きちっと出されている。まさかこんなことは知らんとはおっしゃいませんよね。そういう今の現状なんですよ。オール多治見市でやっていくと言っていますけど、一つのプロジェクトになっていない。所管がそれぞれ違う、所管が違うと違う文言でどんどんどんどん文書が流れていく、そういった今の現状をきちっと考えていただきたい。これについてお答えを願いたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 副市長 木股信雄君。



◎副市長(木股信雄君) 12区の区民の皆さんへの周知の文書の関係でございますけれども、その文書を出させていただく前に、市民病院の建設を契機といたしまして地権者の代替地を確保する必要があるという理由から12区の集会所について協議をさせていただきたいというような申し入れを、私が直接区の役員の方々とお話をさせていただきました。その際に、区の方から強い要請がございまして、12区の集会所と病院問題は切り離してもらいたいという、特に区の方々への周知については病院問題を取り上げないでほしいという強い要請がございまして、これは病院問題は病院問題として区の方々と御協議をさせていただいておりますけれども、12区の集会所については別の観点から協議をさせてもらいたいという12区からの強い要請がございましたので、これはオール多治見市役所で取り組んでおりまして、各セクションがやったことではなく、私も承知いたしておりますけれども、そういった理由から12区の役員の方々の意向を受けてそういった内容の文書を出させていただいたと。内容については役員の方々とも協議させていただきましたけれども、こういった経過でこの12区の集会所について御協力いただきたいという趣旨については私ども説明させていただきましたけれども、最終的にそういった文書になった経緯については今お話ししたとおりでございます。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) 土岐川観察館の財源の関係について御答弁申し上げます。

 土岐川観察館の財源について、その4分の3、75%は市債対応、残りの分については新市民病院建設に係る資本整備基金を充てるということにしてございまして、この考え方の根底の部分でございますけれども、原則経常的な部分を除いては新市民病院建設に係る資本整備基金を充てましょうという考え方でございました。ただ、今回この土岐川観察館について市債を充てるということにいたしました経緯といたしましては、観察館自体を恒久的な施設として拡充していくということで、第6次総合計画にもきちんと位置づけをした上で進めていくということから、これは起債を充てるということに適当な事業であるという判断で起債を充てるということになったものでございます。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) ああいえばこう、こういえばこうという話になるんですけれども、そもそも最初の話は、40億円を一般会計から繰り出したときには、この範囲内でやるという話になっていたんですよ。違いますか。そんな話じゃなかったんですよ。それがいつの間にか一般会計の、今の病院事務局長のような話になってしまう。私どもは今までの審議の過程でいろいろ質疑した、じゃあ何を信用して行えばいいのかという話になるんですよ。お互いの信頼関係なんです。だから、40億円の範囲内できちっとやる、そういった姿勢をきちっと持つということが大事な話なんです。今度私は一般質問で財源・財務の問題を取り上げさせていただきますけれども、市民病院の経営のあり方を含めて、これからの設備投資の問題も含めて、もっとその辺をきちっと考えて財政運営をやっていただかないと困りますということなんですよ。できないはずはないんですよ、いろいろすれば。だから、何もまだ全部決定しないうちに、一般会計で2,400万円市債を組みますよというふうに走ってしまっている。だから、それが本当にいいですかという話なんですね。約束はきちっと守っていただきたい。今までの議論の過程の中で執行部からいろいろなお話を聞いた、これは執行部の見解として出た問題なんですけど、40億円の範囲内できちっとやっていただきたい、再度申し上げたいと思います。

 それから、先ほど副市長から、12区の方から市民病院の問題は触れてほしくないというお話があったということなんですけど、私が聞いた話と全く別で、その辺の真偽がよくわからないんですけれども、今度集会所になってしまうと別の案件になってしまうので申しわけないんですけれども、集会所については市民病院の新築とは切り離して考えていただきたいというお話を、市側から12区の方にお話を申し上げられたというふうに私は聞き及んでおりますが、全く話が逆転した話になってしまうんですよね。だけど、これは一般の12区の人たちが見られたときに、何という話なんですよ。私に3本ばかり電話がかかってきましたので、現物を見ていないからファクスを入れてくださいということでファクスで送っていただいたものなんですよ。その辺を再度確認させていただきます。それと今の2,400万円の扱いについて、本当にそれでいいのかどうなのか、当初そういう約束だったのかどうなのかということも繰り返し再度お尋ねしますので、きちっとお答えを願いたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 先ほど副市長が正確に答弁をしたとおり、集会所の文章につきましては、区役員からの強い御要望がございまして、市民病院問題とは分離した形で文章を出してほしいというようなことがございましたので、地元の区の役員の意向を踏んでその文章の作成をして地元に配布させていただきました。

 加えまして、もう一度各務議員は二枚舌ということをこの議会の場でお話をされましたが、同じく3号冊の10ページ、議第76号の土岐川観察館の議案の中で、改正の趣旨については二つの理由を付しております。一つとしては、多治見市民病院の建てかえに要する敷地の代替地、もう一つは現在施設が建築後相当年数を経過している、この二つの理由を付してこの議案を提出させていただいております。理由は二つです。各務議員のお言葉をかりる「二枚舌」ということは、大変不適切な言葉というふうに市長としてとらえさせていただきます。広辞苑にはこういうふうに書いてあります。前後の矛盾をしたことを言うこと、うそを言うこと、これを「二枚舌」と広辞苑には書いてありますから、執行部がこの議場の場で、前後の矛盾をしたことを言うこと、それからうそを言うことという発言に対しては、僕は議長に、発言の趣旨なり、議会の品位なりということを、このような発言でいいのかというのは後ほどお諮りをいただきたい。このぐらいの気持ちを持ってこの議案を提出させていただいておりますので、お願いをいたします。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 再度申し上げますけれども、今回の移設の問題は、建物が古くなったかどうかというのが主な発生原因ではないということを申し上げているんですよ。だから、そんなことを書く必要があるのかという話なんですよ。市民病院の移設にかかわって代替用地として必要になりましたと。したがって、この施設を取り壊す方針になりました、それだけでいいじゃないですか、建物が古くなったとかどうのこうのなんていう要らないことをつけ加えなくても。主な発生原因がどこにあったかということを私は先ほどから申し上げているんですよ。だから、矛盾しているんじゃないですかということですよ。

    〔発言する者あり〕



◆16番(各務幸次君) だから矛盾しているから先ほどの発言を申し上げたんですよ。



○議長(岡田智彦君) 質問に徹してください。



◆16番(各務幸次君) だから、今市長がそう言われたから私はそう言ったんです。矛盾しているんじゃないですかという話ですよ。私はどこに発生原因があったのかということだけ市民の皆様に説明すればいいんじゃないですかと思っているんですよ。建物が古くなったとかどうとかこうとかというあとのことは、問題の発生源とは違うんですよ。問題の発生源だけ市民にお知らせすればいいんです。だから、私の言葉は間違っているとは思いません。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 再三お話をしておりますが、発生源というのは二つございます。一つは市民病院を建てる、そこの中に民家が4軒あります。その民家の4軒の皆さんは、あの周辺にかわりの土地が欲しいということを言われております。ですから、現在旧社会保険事務所が建っている位置を適地として選びました。ただし、そこに建っている旧社会保険事務所の建物が、築3年とか5年のものだったら代替地に使えますか。昭和40年につくった古い建物である、二つの理由をきっちり付しているわけです。先ほど来言われることは、各務議員も話の展開が変わってきましたよね。だから、二つの理由を付すなと、一つだけでいいじゃいなかと言われるんだけれど、二つ目の理由としては旧社会保険事務所の建物が古い、築3年か5年のものだったら、あれを壊してあそこを代替地にするなんていうことはできないですよね。ですから、市民病院の代替地が必要である、1の理由。2の理由は、代替地にしようとした現在建っている旧社会保険事務所の建物が古い、老朽化をしている、だから代替地として行うんだというような理由の書き方は全く矛盾はしていない、事実をそのとおりありのままに記載をしている、私はこのように議案を提出させていただいております。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君の本件に関する発言は既に3回に及びましたが、会議規則第55条ただし書きの規定により、特に発言を許可いたします。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) こういった議論で時間を費やすのはどうかと思いますけれども、私の考え方というのは変わっていません。発生原因がどこにあったということを申し上げているんです。だからこの12区のも、先ほどから申し上げていますように、この問題じゃないでしょう。先ほどから市長がおっしゃられている4軒の民家の移転用地として希望があるから、そこを移転候補地にすると。したがってそうなりますと、看護師の寮、それから医師住宅、それから旧社会保険事務所を取り壊す必要が出てくるということが主な原因だと言っているんです。だから今の12区の問題も、二つの施設の問題も、私は同じ言葉で申し上げている。だから私は矛盾も何もしていないです。病院の移転用地に関する用地として必要になったからというのが最大の原因であるということを申し上げているんです。話が矛盾してきたねと先ほど市長が言われましたけれども、私はそうは思いません。ありのままを申し上げているんです。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 理由は二つである。1番目の理由が市民病院の代替地、2番目はそこに建っているものが古い。ただし、先ほど来御提示をされておりますが、12区の集会所の建てかえの問題の公文書です。区民の皆さんにお伝えをする文書の記載の方法については、地元12区の役員の皆さんから、こういった方法で書いてください、こういった記載をしてくださいという御要望があって市はそういった文書をつくらせていただきました。特に地元12区の関係については、口頭では2回説明をしております。病院の建設地はあの場所に決定をさせていただきたい、ですがそれを招集文章の中に書かないでいただきたい、その方が区の皆さんのお話し合いがしやすい、こういった区の役員の皆さんの意見を尊重し、理由は二つございますが、2番目の理由だけを記載させていただいたというようなことでございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第77号 多治見市健全な財政に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第78号 多治見市税条例等の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) この多治見市税条例の一部改正ですけれども、このメリットを受ける対象者は高額所得者だと思いますけれども、どういう方が対象で、人数、それから軽減される総額は幾らかお尋ねします。



○議長(岡田智彦君) 総務課長 河田祥則君。



◎総務課長(河田祥則君) 今回の市税条例等の一部改正につきましては、多くの税額控除等が含まれております。一つ一つ対象者であるとか減税額というのがなかなか出ませんもんですから、おおむねのことを言いますと、高額所得者というわけではなくて、そういった取引をされているような方ということで、一つは住宅借入金等の特別控除額等がございます。ただ、今までの分につきましては人数はわかっておりますけれども、新築の居住家屋、平成20年度は435棟でございますけれども、そのうちのどれだけが対象となるということはわかっておりませんし、金額もわかりません。そういったものは減額の調定を起こしまして、その分が国から補てんされるということでございます。あと認定の長期優良住宅に係る固定資産税の減額でございますとか、あと優良住宅地の造成等のためのものが平成20年当初で3人ほど、それから特定管理株式等の価値の変更もほとんど影響はないというふうに考えております。ということで、いろいろございますけれども、正確な人数でございますとか額ということは現在のところ把握できていないというのが今の状況でございます。



○議長(岡田智彦君) 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) 3号冊の13ページの?に関して教えていただきたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 財政課長 町井好夫君。



◎財政課長(町井好夫君) 株の改正でございますけれども、株につきましては、今、条例上は軽減措置がついておりまして、一定の規模以下のものは軽減でやっていくということなんですが、それを撤廃しようということで本則になったということでございまして、取り扱いが変わるというわけではないわけです。特に株につきましては、総合課税と申告分離課税と、もう一つ天引きがございまして、合計の数字というのがなかなかつかめないということがございます。今、株の取引がどれだけで、それに関する税額がどれだけというのはつかんでおりませんので、よろしくお願いいたします。



○議長(岡田智彦君) 20番 嶋内九一君。



◆20番(嶋内九一君) 地方税法の一部を改正する法律ということで、株式のことを今お話しされましたが、価値を失った株式となると私はゼロだと思うんですが、そこの中で譲渡所得の課税等々で追加することとするというふうにうたってあります。たしか株の売買をやると、1回に20万株、もしくは1年に20回以上で、利益が出れば当然自己申告という形ですが、そうした場合にこれが改正されるならば、扱う証券会社等は株式の売買をやる方に対しては指導されると思うんですが、ここの中で3%から1.8%と下がることは大変ありがたいんですが、その辺の行政の対応、指導はどういうふうにされるのか、それを2点。



○議長(岡田智彦君) 財政課長 町井好夫君。



◎財政課長(町井好夫君) 先に御質問のありました特定管理株式の価値を失ったという関係でございますけれども、譲渡所得の算定をするときに特例を入れるということでございまして、市民にとっては利益になる部分でございます。

 それから税率の方ですけれども、3%が1.8%ということですが、配当所得の100万円以下の部分と譲渡所得の500万円以下の部分につきましては、軽減税率をずっと続けておりまして、それをそのまま今回の改正で引き続き行うという改正でございますので、現実に証券会社の方で何か特別に変わるという部分が非常に少ないのではないかと思っております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第79号 多治見市手数料条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) まず、この法令は6月4日から施行がされたわけでございますが、この適合証を取得するためには1割から2割の建築費のアップにつながるということを聞いておりますが、そういう厳しい環境の中で建築費が上がってもこの適合証を取得するメリットは多々ありましたが、その中で当市としては何が一番市民の皆様に説明していきたいメリットとして受けとめておられるか、1点確認をさせてください。

 二つ目に、今回この適合証をとるのは200年住宅をこれから求めていくための施策でございますが、お金がかかるわけでございます。そういう中で、どれぐらいの適合証の申請を想定されているのか。そのうち適合証なしの場合、または適合証ありの場合によって当市の職員における業務の内容が変わってくるわけでございますが、特に適合証がなしの場合は多治見市がそれを担うことになると思っておりますが、それで間違いないのか。そうした場合、どのような仕事の負荷がふえてくるのか教えてください。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) この認定を受けるためには、建築費が高くなるということがございまして、こういったことによってまた税負担が増加するといったことがございますので、それに対応して税制改正が行われてございます。まず1点は、登録免許税の関係、それから不動産取得税、それから固定資産税、あるいは住宅ローン減税といったもの等々が行われてございまして、またこのメリットといいますのは、要するに長期に居住ができるということで、これは国の方策でもありますけれども、特に将来的に流通に乗せていくことができるということで、これを適正に管理することによって価格の目減りがなくなるというようなことがございまして、こういった国の方針等を受けて税制改正等のメリットを受ける中で、将来的に長期に居住できる、あるいは将来的には流通の場に乗せられるというようなことがメリットとして上がってくるんではないかということでございます。

 それから件数につきましては、恐らく現在のところハウジングメーカー等が中心になるかと思いますけれども、全く把握をしてございませんけれども、おおむねの予測としては現在あります全体の10%ぐらいになるんじゃないかなというような予測をしてございます。

 それから認定の問題でございまして、既にほかのところで取ってみえたときと、そうじゃないすべて市が対応するときというのは、相当な負荷がかかってくるというふうに承知をいたしてございます。これについては、件数等の絡みもございますけれども、今後様子を見ながらきちっとした対応の体制を整備していきたいというふうに考えてございます。

 それと、最近では建築確認等も民間で行われるということがふえてきてございますので、先ほどの10%ぐらいという程度でおさまれば何とか対応ができていくというふうに見込んでございますので、よろしくお願いします。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今の御答弁に対して質問ですけど、10%というのは、例えば総戸数のうちの10%ぐらいが多治見市の方が担う、適合証を求めてこられる方が10%という意味なのか、それとも全体の総建築戸数に対して10%の方が適合証を求めて5万円を払ってでもしようとされているのか、もう一度その辺の確認をまず1点させてください。

 それとこの条例については、何回も読みましたけれども、当初はまるっきり理解ができない条例であったわけでございますが、市の職員から説明を受けて初めて、これから建築される方にとってメリットのある条例だなということを認識したわけでございますが、こういう内容は簡単なようで非常に難しいわけでございますが、これについても極力ハウジングメーカーの方で承認をとってもらうような方向づけも含めてこれからPRされていくのか、もうされているのかどうか、その辺のところをちょっと確認させてください。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 先ほど10%と申し上げましたのは、多治見市内の扱う中で10%ということではございませんで、全国的に見て割合としては10%ぐらいになるんではないかという想定をいたしてございます。

 ハウジングメーカー等については既にこういった情報というのは持っておるというふうに考えてございまして、条例案を策定する以前から多分その準備はされておるのかなということでございますけれども、いずれにしましても、岐阜県下で調整を図った上で条例改正を行うというような状況でございまして、今後そういった形での申請が出てくるんではないかということを考えてございます。それで、こういった税制改正等につきましては、国の方も出してございますし、私どもの方としても機会を見つけてはPRをしていき、長期に住める優良な住宅の普及に寄与できればというようなことを考えてございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第80号 多治見市児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第81号 多治見市学校給食共同調理場設置条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) この跡地の利用というのはもう考えておみえになるのかどうか、その1点だけお尋ねいたします。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) この土地は借地でございまして、現在、閉鎖後はお返しをしたいということで考えております。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今回、8月中にいろんな作業がされて9月1日からということでございますが、今、高根調理場の4月1日現在の事務分担表を見ましたら、場長お1人と正職員が7名、それから臨時雇用の方が11名ということで、合計19名の方がこの高根調理場で雇用されて働いていただいておりますが、今後変わることによって、現在働いてみえます18名の方の雇用が今後どうなるのか1点お聞きしたいと思います。

 もう1点目は、多分人の配置の中で、共栄調理場ないしは大畑調理場の方に人の移動がなされるわけでございますが、そうすることによって現在のスペースの中で人数がふえてくることを私は勝手に想定するわけでございますが、そうしたときに調理場という職場のスペースの問題、それから機能性の問題等々について新たな問題が出てこないか、その辺のところについてはどう想定されているのか教えてください。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) まず、今の高根調理場の職員でございますが、正規の職員は当然北栄小学校・北陵中学校隣接校対応調理場も新たに動くことになりますので、そういったことを含めまして配置がえをいたします。それからパートの方についても、現在の高根調理場であるから来ていただけるという方もあったりいろいろしますもんですから、ただ私どもとしては経験のある方をぜひお願いしたいということもあって、その方々の御意見を聞きながら高根調理場以外の各調理場の配置を考えていきたいと思っています。

 それから、スペースでございますが、おっしゃられたように、共栄調理場と大畑調理場につきましては受配コースがふえまして給食の配食数がふえますので、新たに機器を入れる、それから人が入るということはございますが、それに向けてラインの編成の仕方を少し考えてみたり、機器の配置を動きやすいように考えてみたりということで、各調理場の職員が一丸となりましてふえた場合のシミュレーションを行っておりまして、9月以降の給食に支障がないように一生懸命今頑張っている最中でございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第82号 平成21年度多治見市一般会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) 3号冊の18ページ、土木費ですけれども、多治見駅南北連絡通路整備事業費、ここに事業内容としてJR貨物所有地に区分地上権を設置するための費用としてありますけれども、これは法的に必要なものなんでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) この事業につきましては、JR貨物の線路が2本ばかり走ってございますけど、その上空を自由通路が通るというようなことで、地上権というのは地下50メートル、それから上空200メートルまでは地権者の権利が及ぶというようなことで、その上空を多治見市が占有して通路として使わせていただくということでございますので、これについてある意味補償をするということでございますので、この辺は協議の中で当然発生する補償であるというふうに考えております。



○議長(岡田智彦君) 6番 三輪寿子君。



◆6番(三輪寿子君) 今後また追加費用の発生するおそれというのはないんでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) この南北連絡線につきましてでございますが、こういった類似のものが後々で出てくるんじゃないかということでございますけれども、今のところはないものと考えてございます。



○議長(岡田智彦君) 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) 2点ほどお伺いします。

 先ほど情報センターの質問をさせていただいたときに、答弁で、情報センターすべてを移転するかという質問の中で、すべて施設を移転するというふうに言われたように認識しましたけど、サーバーも産業文化センターの方に移転させてしまわれるかどうかということを確認したい。

 それともう一つ、中心市街地活性化事業調査研究費ですが、調査研究の内容と調査の期間についてお伺いしたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 広く情報センターと言われるものの中には、市役所等を結んでいるネットワーク機器がございます。それの中継機につきましては駅前事務所でございますが、情報センターのものにつきましては一部省スペース型の備品には変えますが、産業文化センターの方に持っていくと、こんなような予算でございます。



○議長(岡田智彦君) 経済部長 渡辺哲郎君。



◎経済部長(渡辺哲郎君) 中心市街地の活性化事業調査研究費でございますが、これにつきましては、中心市街地の活性化について市の目指す方向に沿って、市が出資しておりますTMO、多治見まちづくり株式会社が果たすべき事業に関しまして、短期、中長期的な計画の策定について調査研究をお願いしたいと。その期間としましては、来年3月ということを考えております。



○議長(岡田智彦君) 2番 柴田雅也君。



◆2番(柴田雅也君) もう一度確認ですけど、すべてがそこの中へということは、本庁のサーバーのところへということではないということですね。

 それともう一つ、今の調査研究なんですが、調査研究しっ放しではいけないと思っております。この結果の公表についてはどのように考えていらっしゃるか、お答えいただきたいです。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 先ほどの御質問の答弁ですけど、もう一つは教育委員会の関係につきましてはまた別途でございます。そういうことで、繰り返しになりますけど、情報センターの講習とか行っております機能につきましては産業文化センター、それから光ケーブルを使いまして施設間を結んでおりますネットワーク機器の中継機については駅前事務所へ持っていきたいと、こんなような予算でございます。



○議長(岡田智彦君) 経済部長 渡辺哲郎君。



◎経済部長(渡辺哲郎君) このTMOにつきましてでございますが、これは民間と行政が一体となった第三セクターとして平成13年につくりました。これまで思うように活動できなかったということもございまして、今年度、今後のあり方を再度検討するということで調査研究ということで考えております。つきましては、市が委託をしておりますので、市がそれを受けまして広く広報等で公表したいと思っております。



○議長(岡田智彦君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) 今の情報センターの件ですけれども、議第75号で柴田議員が情報センターの移転に関してすべて産業文化センターに移転するのですかという質問のときに、すべてというふうに答えられたと私も理解をしています。今回また答弁が変わってきているんですよね。この辺をはっきりして責任のある答弁をしていただきたいというふうに思っておりますし、それから市民病院の移転にかかわって玉突きで情報センターが移転するということで、そのすべての費用、合計をはっきり教えていただきたいのと、その財源も教えてください。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) 費用と財源について御答弁申し上げます。

 今回の6月補正で上げさせていただいております部分で、用地の確保の分とかそういった部分、それから施設の移転といったところで代替地の分ということでございますけれども、約2,400万円弱を予定してございます。これにプラス債務負担で7億円というのが今回上げさせていただいておる分で、これが基金で対応する分でございます。これにプラスしてありますのが2,400万円の起債対応分、それからあと継続的に要る費用というのがございます。例えば情報センターのネットワーク機器が場所が変わることによって距離が延びるということで、毎年かかってくる費用が若干変わってくる、あるいは新しい施設になることによる費用の増減というのがございます。こういった部分については、今後も続く経常的な経費ということで、一般財源で対応ということで上がっております。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 安藤議員の御質問の中で、冒頭の柴田議員の御質問にありました情報センター、先ほどから申し上げております情報格差の是正ですとか情報弱者の方に情報知識を知っていただくというような情報センターの目的に関するもの、これにつきましてはすべて産業文化センターでございます。ただ、あの建物のあいたスペースですとかに付随をしております先ほど申し上げました市役所の施設を結んでおります中継機ですとか、もう一つは他に場所がないということからだと思いますが、小学校の中での通信機能のサーバーにつきましては、また別途の場所へ移転ということで、紛らわしい点がございましたら訂正を申し上げます。

 そういうことで、今の教育委員会関係を除きまして庁内情報化の移転費と情報センターの移転費を合わせますと約1,000万円でございます。



○議長(岡田智彦君) 11番 安藤英利君。



◆11番(安藤英利君) ちょっと質問が下手だったのかもしれませんが、情報センターの移転に伴う総合の費用は、例えば3号冊の18ページ、19ページでいきますと、上3行と、それから19ページの中ほどのサーバーの管理費用とサーバーの移設費用、この合計の1,600万円ほどが情報センターの移転に伴う総費用というふうに理解してよろしいですか。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 議員のおっしゃったとおりでございます。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 私も情報センターのITの件についてお尋ねしたいと思いますけれども、現在、新しいシステムの構築ということで事業を計画し、これから進められるわけですけれども、現在の情報センターのシステム、サーバーの移転等々、総合的な多治見市のIT戦略の中で検討を加えたのか、今回こういった事例が出てきたので、これは個別に対応するということで対応するのか、ITに関する設備投資額として非常に高額な予算が毎年かかっております。こういった予算を少しでも圧縮するということが求められるというふうに思うんですけれども、再度申し上げると一緒にトータル的に検討するという必要があるわけですけれども、どちらなのか。今話を聞いていると、ばらばらに何か対応しておみえになるように感じがするんですけど、その点きちっともう一度御説明を願いたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 今、各務議員がおっしゃいましたのは基幹系システムの再構築のことだと思いますが、この中におきましては、それこそ今の庁内のばらばらになっている収納システムの再構築ということでございますが、今回の情報センターの中継機の移転に係りましては、先ほどから議論になっております理由によります、あそこの建物がなくなるという前提での対応策でございます。

 また、念押しでございますけど、あくまでも情報センターの移転費については350万円で、その場所に置いてあります機器を移動させたりしますと、先ほどの安藤議員がおっしゃった金額になるということでございます。



○議長(岡田智彦君) この際、暫時休憩いたします。

    午前11時58分休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    午後1時00分再開



○議長(岡田智彦君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 先ほどから情報センターのお話を申し上げておりますけれども、今度は、サーバーの移転ということで考えておみえになりますけれども、先ほどからお話し申し上げているように、もし廃止になった場合は、また他のところへ移転しなければならないということになるわけですけれども、もしそういうことを想定されるのなら、今からまた移転が行われない確かな場所に移転した方がいいだろうというふうに思うんですけれども、その点についてどのようにお考えなのかお尋ねしたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) ネットワークの中継機のことでお答えしたいと思います。

 今の情報センターに附置してあります中継機につきましては、市役所を入れて11施設、全部の施設じゃないです。こちらの方面でございますが、今、議員がおっしゃいましたように、半ば恒久的なというような場所については検討しなければならないと思っておりますが、この数年の間の置き場所というようなことも、経費的にも考えまして、先ほど申し上げました今考えている場所については、何年かの暫定ではありますが、今回はその方が経費的にも安上がりというようなことから移転先を決めた次第でございます。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 小学校用のホームページ用のサーバーも今回移設させていただきますが、今回はハウジング業者の方に持っていきますので、永劫、違ったところに移転するということはございません。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 2点御質問させていただきます。

 まず最初の質問としまして、地域公共交通の対策関係費1,050万円について質問させていただきます。

 これにつきましては、国の補助金により今回この事業が補正予算に上がっていると思いますが、一つ目といたしまして、なぜ今回1,050万円もの補助金がこの時期に得られたか。

 二つ目といたしまして、第6次総合計画の実行計画を見させていただきましたら、平成19年に実証実験もやって、この実行計画によりますと、今後の中では公共交通の利用促進についての協議とか検討というような内容で実行計画にはなっておりましたが、この予算がついたことによって、今後平成21年以降、平成27年の間の実行計画にどういう変化を来すのか、決まっておればお聞きしたいと思います。

 それと、この地域公共交通実行計画により何か具体的な計画のお考えがあるのか、どうこの予算を利用されて公共交通のあり方について進めていかれるのか、お聞きしたいと思います。

 二つ目は、債務負担行為の補正でございます市民病院の建設・取得に係る7億円について御質問をさせていただきます。

 これについては、平成21年から平成26年ということで期間は示されております。そういう中でまず最初に、この7億円については基金であるという説明がございましたが、具体的に幾らどこへどのように使われるのか御確認をまずさせていただきたいと思います。

 次に、用地取得についてはA案、B案、C案の3案が今まで示されてきましたが、現状の中においてどの案が最善であるかは、A案だと思いますけれども、その中で14名の地権者の方との交渉はどうなっているか。それから、4名の個人の建物の方との交渉はどのような経過を今踏んでいるか。そして、先ほどもテーマとなりました12区の地元の方がどのように現状としては総意として踏まえておられるのかについてお聞きしたい。

 それと同時に、このA案を採用するということは、250床を進めるという方針の中でのA案だと私は受けとめておりますが、この250床については以前から市長も御答弁されていますように、県の承認が要るわけでございますが、その後県の承認がどうなっているのか、どういう方向であるのかをお示ししていただければと思います。

 次に、この問題についてでございますが、先般示されました新市民病院基本計画は、できる限り早期にということでございますが、このことを踏まえまして、開院をいつということに着地点を置いて用地取得をされていこうとしているのか確認をさせていただきます。また、これから折衝をするに当たりまして、幾らかの問題点が出てくると思いますが、そういう場合、どの時点をリミットとして交渉の期限を設定するのか、その辺のところについても今どういう認識を持って債務負担行為のお金を使っていこうとされているのかを確認させていただきます。

 それと3番目といたしまして、少し今の問題の関連になると思いますが、ことしの5月18日の特別会議室で行われました政策会議のホームページの内容を読ませていただきましたら、「新市民病院の基本計画(案)について」というテーマで検討された内容の中に、「建設に係る業者選定の委員構成(案)及び今後の予定について報告するもの」という報告がホームページの中で記載されておりましたが、その中で私が確認させていただきたいのは、5月臨時議会で補正されました基本計画の検討委員の方のメンバーがどうなったのか、そして今現状どのような動きがされているのかを確認させていただきたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) まず、多治見市民病院のベッド数250ベッドについてお答えをいたします。

 既に木沢記念病院と多治見市とが一緒になりまして県立多治見病院との打ち合わせ、あるいは多治見医師会との打ち合わせの中で、もともと多治見市が持っておりました実力的な250床という提案をさせていただいております。この双方の団体からも250床にするということについては大きな異論は出ておりません。加えまして許可権者でございます岐阜県へ当然保健所を通じて申請をするわけでございますが、保健所からの考え方としても、250床については好印象を得ているというような状況でございます。

 250床の内容については、詳細について病院事務局長の方からお答えをいたします。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) まず最初に、用地の7億円の具体的な使途ということでございますが、個人別の幾らということは申し上げることはできませんけれども、用地のうちで土地の分が約3億円、補償費が約4億円ということで今考えております。

 それから、14名の地権者との交渉の状況、あるいは建物が建っている所有者との交渉の状況、地元の考え方等はどうかということでございますが、まず、今、用地の交渉に入る具体的な金額を決める前段の用地の測量の立ち会いでありますとか、あるいは補償の調査、こういったことをお願いしておりまして、このお願いについてはすべての地権者に御協力をいただいているという現状でございます。最終的には、この結果を踏まえまして具体的な条件を提示した上で交渉していくということになるというふうに思っております。

 それから地元につきましては、つい最近も役員向けの説明会ということで開催をさせていただいております。地元といたしましても、まずは市と地権者の方ときちんと真摯に交渉をしていただきたいということが大きな考え方ということで、地元がどうこうということではなくて、そこが出発点であるということが基本ということで区長さんとはお話をしておるところでございます。

 それから、250床の具体的な内容ということでございます。

 正式に増床の許可ということについては、建物がある程度形が決まって建築確認が出される、あるいは開院が間近に迫った段階でないと県の方の認可の申請の受け付けができないということもございまして、現在は250床に増床するということについて方向性について確認をいただいているという状況でございます。

 具体的な中身でございますが、250床のうち50床程度を回復期という部分に充てたいと思っておりまして、それにあと残りの200床の中には救急の部分、あるいは産科の部分も入れていきたいというふうに考えております。

 それから、選定委員会のメンバーの考え方でございますが、これにつきましては建築関係の専門家、それから医療関係の専門家、それに病院の実際の運営をしていく人間、それと市民代表といった形で考えておりまして、総勢7名程度を考えております。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 今回補正をお願いした1,050万円について、なぜこの時期にということでございますけれども、当初予算でも関係費用としまして1,100万円ほどの計画策定に向けた予算を計上いたしておりまして、これは当初予算の枠内で何とかということを考えた中で事業を考えたわけでございますが、その後、補助メニュー等を検索いたしてございまして、先導的都市環境形成促進事業といった補助メニューがあるということで、我々が当初計画をいたしておった計画策定に活用できるということで、これを申請しまして内示を得たということでございます。

 それから、第6次総合計画の絡みで利用促進についての話でございますけれども、今現在、御承知かと思いますけれども、全体の公共交通、コミュニティバスのみでなくて路線バス、あるいはタクシー、JR、新交通システム、こういったものを含めた中で公共交通戦略というものをまとめ上げようということでやってきてございます。その中では、考え方としては、短期・中期・長期に分けて事業を展開していこうということを考えてございまして、それぞれについての実証的なものを公共交通実行計画策定の中で対応してまいりたいというふうに考えてございます。中心市街地における公共交通のあり方の検討、あるいは郊外におけます公共交通のあり方を検証してまいりたいというようなことで、アンケート等の実施とか実証実験の実施、あるいはそれらの検証といったことを今後進めてまいりたいというふうに考えてございます。これにあわせてTDM等の施策についても検討するということで、総合的な今後の公共交通のあり方についてこういった経費の中で進めてまいりたいというふうに考えてございます。実際に御利用いただける市民の皆様方の中に入っていって将来的な事業計画を実施計画として策定していくというのが考え方でございます。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) まず、桜井部長にお尋ねさせていただきます。

 今、総合的な戦略・戦術をこの予算をもってこれからやるということでございますが、私が一番聞きたかったのは、今回の環境自治体会議たじみ会議の宣言内容にも、もう待ったなしの地球温暖化ということの中で公共交通政策に対するとらえ方も非常に大きく議論がされてまいりましたけれども、今回この予算がついたことによって、より早くスピーディーに公共交通の施策についておやりになっていただけるという受けとめ方をしてよろしいものでしょうか、確認をさせていただきます。

 それと、次に市民病院の問題でございますが、今、市長の答弁より、250床については県立多治見病院、それから医師会の皆さん等々と協議をして異論がないようなというような御答弁であったと思いますが、私も今までの一般質問、それから委員会の中で言ってきましたけれども、特に3次病院の県立多治見病院並びに県の方がどういうふうに250床について踏まえているのかなかなかわかりません、正直言いまして。本当に真摯に3次病院と、それから2次病院が250床を持って協力体制がなるのかどうか、その辺のことについて、以前の御答弁では、3月議会が終わった後お話を進めていくということで聞いておりましたので、もう少し具体的なお話を聞かせていただければありがたいなと思うところでございます。

 それと、次に用地買収でございますが、これだけの債務負担行為が26年にわたるわけでございますが、今までの基本計画に含めましても「早期」という言葉が大きくクローズアップをされているわけでございますが、先ほど質問した中に、その早期の中で建物はいつの開院、当初西坂地区を断念されたときには、時間軸の問題、それから平成26年春の開院が大きくおくれそうだからということでの御判断を示された記憶がございますけれども、そういうことを踏まえまして建物についてはいつごろをめどに、そして用地買収についてはこれからまだやっていただかなきゃいけませんけれども、いつごろまでにリミットを設けておられるのか、もう一度詳しくお聞かせいただければありがたいなと思うところでございます。

 それと市民病院の問題につきまして、今、基本計画の検討委員の方7名について、専門家の方、市民病院の方、それから指定管理者の方等々の御説明がございましたが、これも非公式の場で聞かせていただきましたが、今回の基本計画についてはプロポーザル方式で大きなゾーニング計画を決める内容のものであって、私は入札じゃないと受けとめておりますので、7名の方が既に決まっておれば公表されるお気持ちなのか、公表をまだされていないようですのでどのようなとらえ方をされているのか改めて確認をさせていただきたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) まず、新市民病院と県立多治見病院との関係でございます。

 既に指定管理者制度の御議決をいただきましたので、その翌日から木沢記念病院の山田院長、そして県立多治見病院の舟橋院長、医師対医師、プロ対プロというようなことで、本当に胸襟を開いた話し合いをさせていただいております。ここの中で、いわゆる病院の競合ということではなくて、お互いに協力し補完をし合う、先ほど申し上げましたように250ベッドのうちに50ベッド、5分の1を回復期に使うと。県立多治見病院の場合は、回復期のベッドを持つ余裕はございません。よく言われますが、少しよくなれば次に待っている人がいらっしゃるのでというようなことで、50ベッド多治見市が回復期のベッドを持つ、こんなようなことについても私ども多治見市が必ず同席をいたしますが、具体的な個々の問題については医師対医師というような形で専門同士で話を進めていただいております。

 次に、新多治見市民病院の開設のリミットは、平成26年の春がリミットでございます。これを半年、1年前倒しができないか、今度担っていただける予定の木沢記念病院からは、とにかく来年の4月から木沢記念病院が現在地において担うわけですが、この位置の期間を少しでも短縮しないと、木沢記念病院としては医師のモチベーション、そして職員のモチベーション、金銭的にも非常に窮地に立たされる、したがって一刻も早い新市民病院をつくってほしい、これに関しては非常に強い要望がございます。したがって、平成26年の春をどれだけ前に倒すことができるのかというようなことで、オール多治見市役所の体制でもって現在プロジェクトで進んでおります。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 再質問でございます。スピーディーに対応できるようになるのかということでございますが、ただいま申し上げました公共交通実行計画の中では、現況調査、市民意識調査、あるいはそれをもとにしたアクションプランを策定し、さらにそれが実施されたときの生活指標も具体的にしていこうというようなことで、今後実証実験を重ねる中で、最終的には生活指標といったもので検証してまいりたいというふうに考えてございます。

 それでコミュニティバス、また現在行ってございます新交通システムの実証実験を踏まえますと、やはり限界があるということは明らかでございまして、こういったものをうまく総合的にかみ合わせて利用しやすいような体系にするにはどうしたらいいのかというのを今議論させていただいてございます。もう一つ考えなければならないのは、利用する側、これまで車を使っていた側、あるいはほかの手段でもって移動をしていた皆様方の意識改革というものも必要じゃないかということを考えてございます。そうしたことによって、さらにはCO2の削減につなげていくということが必要だろうというふうに思っています。実施に向けてはこういった計画を早急に策定いたしまして、早い段階で実証実験、あるいは検証をしていきたいというふうに考えてございます。いずれにしましても、今回の補正で上げさせていただいております補助金、さらには他の制度等があれば、そういったものについても活用してまいりたいと考えおります。よろしくお願いします。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) 選定委員会のメンバーの公表について御質問がございましたけれども、このメンバーにつきましては、業者が決まるまでは公表しないということにしてございます。



○議長(岡田智彦君) 13番 仙石三喜男君。



◆13番(仙石三喜男君) 今最後のところで、業者が決まるまで7名の方の委員について公表しないということでございましたが、私がなぜこのことについて御質問させていただいたかというと、この議会の中でも、また一般質問の中でも多くの議員の皆様が、今までのほかの選定委員のあり方についていろんな御意見が出ておりましたので、今回が入札であれば公表が非常に難しいわけでございますが、基本計画の大まかなものをプランニングするところの方を選ぶための選定委員会であれば、そんなにこだわる必要がないのではないかと私が思うところでございますので、もう一度確認をさせていただきます。

 次に、市長から先ほど、平成26年春をリミットに開院を目指すという御答弁をいただきましたが、これはこれで当初の予定どおりでございましたのでそのとおりだと思いますが、その中で私がお聞きしましたのは、今回の債務負担の7億円を使って、用地取得としては例えばどこをリミットにしてやっていって建物を建てて平成26年の春をリミットにされるのか、その用地取得のリミットはどのような御予定かということでお聞きしたつもりでございますので、その辺についてもし御予定があれば御答弁いただければと思います。

 それからもう一つ、県立多治見病院、2次と3次との問題について、プロ対プロの問題であって任せてあるということで御答弁いただいて、これも一つの方法であると私は受けとめさせていただきますが、私が今まで御意見を言ったのは、県立多治見病院対市民病院というプロ対プロもさることながら、やはり多治見市という行政と県の行政との指導の問題、それから地方分権の中でのかかわり合いの中で、その部分はその部分、また市と県との絡みの問題についても十二分にお話がされるべきだと私は思うところでございますが、その辺のところについては市長はどのようにお考えになっているかお示しいただけたらと思います。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 少し言葉足らずで申しわけございません。先ほど申し上げましたように、プロ対プロ、医師対医師との話し合いに全く丸投げをしているわけではございません。当然のことながら多治見市の考え方と岐阜県との考え方のすり合わせ、当然のことながら木沢記念病院の山田院長と県立多治見病院の舟橋院長との話し合いの中に私どもの多治見市民病院の病院長も同席をいたします。当然のことながら多治見市民病院の事務局職員も同席をする。ここの中で特に腹を割った中心的なお話になるところだけ特化をいたしましたので、必ず市としての主体性、あるいは県との情報交換、最終的に250床の申請をしたときに際になってノーと言われないかというようなことについては、事前からいろんな形の情報交換、あるいは県の考え方については行政対行政という部分についても十分連絡をとり合っております。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) まず、用地をいつまでにという話でございますけれども、私どもとしては、今年度中にできれば皆さん方の同意をいただけるように頑張っていきたいというふうに思っております。同意をいただいた上で新しい場所に代替の施設を建てていただいて現在の住んでいらっしゃるところを取り壊していただくということで、そういった手続を経た上で平成23年度中に着工をしたいというのが当面の目標でございます。

 それから、プロポーザル方式ということなので委員の公表をしてもいいのではいなかということなんですけれども、逆に入札であれば金額だけで決まるわけでございますが、プロポーザルということで、プロポーザルについては設計の作品を選ぶわけではなくて、業者が本当にふさわしいかどうかを選んでいただくということでございますので、公表することによって、例えば業者から個々の委員に働きかけがあるというようなことで、影響、あるいは御迷惑をかけるということが想定されますので、決まるまでは公開しないということで進んでおります。



○議長(岡田智彦君) 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) 今の仙石議員の話ともちょっと関連しますので、私も地域公共交通についての関係費の説明をお願いしたいと思います。

 ただいま都市計画部長の大体の説明がありましたので、内容的には把握したつもりですが、ただ1,050万円という金額、これは多いのか少ないのか微妙なところなんですが、この事業の内容の中で策定の委員会みたいなものをやられるのか、それとも業者を選定してある程度策定事業という形での委託をされるのか、この辺についてもしお考えがまとまっておりましたら少し御説明いただけたらと思います。

 それから14ページにありますが、教育費の中に英語教育改善調査研究事業費というのが58万円ばかり上がっておりますが、これの内容につきまして、何にどういうふうに計画されておるのか、中身の説明を少しいただけたらと思います。

 以上、2点をお願いします。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 先ほど冒頭でも申し上げましたけれども、当初予算でも予算計上いたしてございます。そういった中では委員会等の経費も含んでございます。当然そういった指導、あるいは調査等をやっていただくためのコンサルも含んで委託料等も計上していくということになりますが、その中に今現在、先ほど申し上げました公共交通戦略といったものを御検討いただいております会議がございます。公共交通会議というのがございまして、ここの中には市民の代表、また市の職員も入ってございますが、それと学識経験者、こういった方が既に組織としてございますので、こういったところとも連携を図りながら、先ほども申し上げました短期・中期・長期といったものも踏まえながら検討を進めてまいりたいというふうに考えてございます。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 英語教育改善調査研究事業費でございますが、これは笠原の小・中学校で行ってございます一貫教育の中の英語活動でございますが、これが今まで1期・2期にわたって行ってまいりましたが、今回2期が切れます。それを受けまして、3期目を文部科学省の認定をいただきまして、私どももまた笠原小・中学校で行っていきたいというものでございます。58万8,000円は、このほかにALTの人件費がございますが、これは嘱託でございますので、人事課の方の所管ということで掲げまして、そのほかの旅費でありますとか需用費、それから少し備品を考えておりまして、その経費で58万8,000円を計上させていただいております。



○議長(岡田智彦君) 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) 教育費は大体わかりましたので、そうすると都市計画部長の答弁の中で、短期・中期・長期にわたる交通戦略を今までの委員会の審議の延長というような形で今回の事業を進めたいというふうに受け取らせていただきましたが、具体的に例えばその中で今現在こういう面をコンサルタントに出すんだとか、それから具体的にこういうところを重点的にやっていくんだというような中身についての具体策がまだ、それはこれからだというふうに受け取った方がよろしいわけでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 都市計画部長 桜井晴幸君。



◎都市計画部長(桜井晴幸君) 少し舌足らずなところがございまして、補足もさせていただきながらお答えをします。

 公共交通戦略については、おおむねまとめ上げてきてございますので、それについて今後どうしていくかということになろうかと思いますが、今回そういったものを実施に向けていく一つの前段としましてモビリティー・マネジメントというものがございますが、これは簡単に言えば移動交通手段への意識を変革していくというようなこと、それから路線バスの再編、それからデマンド型の交通システムとかいろんな方法があると思いますけれども、そういったものの調査、さらには乗り継ぎのシステムとか具体的な話も随分こう言った中で検証していかなければならないというようなことで、市民の意識調査をするとともに、アクションプランとしてまとめ上げていきたいということがございます。もう一つ、これは先ほど仙石議員の中にもちょっと漏らしてございましたけれども、先ほど来申し上げているのは市域全体についてそういう形で持っていくと。もう一つは環境という観点から、駅の周辺についても今回のこの事業の中で取り込んでいきたいと。いわゆるエネルギーの問題、新エネルギーとか省エネ、こういった機器の導入等によってCO2削減とか、こういったものも含めて考えられないだろうかというようなことも考えてございますし、緑化の関係、安心・安全なまちづくりといったものについて、特に安心・安全なまちづくりについては公共交通の実行計画と引き続き連携をさせながら計画策定に持っていくということでございまして、これの中で重きを置かなければならないというのは、現状の調査はある程度済んでいるわけですが、実際に利用する側の市民の意識調査をどこまでペースを上げてやっていけるのかということが一つ大きな問題だろうというふうに思っておりますし、アクションプランについても、あくまで夢で済んでしまうような形のものではいけないなということを思っていまして、先ほど来申し上げております短期・中期・長期を踏まえてこういったプランの策定に向けていきたいということで、多くが委託でもっての調査研究に当たっていくのかなというふうに思っております。



○議長(岡田智彦君) 10番 加藤元司君。



◆10番(加藤元司君) 計画についてはるる御説明いただきましたのでおおむねわかったわけですが、二つだけ確認させてください。

 まず、これはこのこと自体と関係があるということではないんですが、実は最近の市の目標の中に日帰り観光の問題が入っております。これが車で来られた方への対策というのはそれなりにあると思うんですね、駐車場の問題とかいろいろあると思うんですが、駅へおり立った方がどうやってロケーションをとりながらめぐっていただけるのか、この辺に対する交通手段の面で少し不足があるのかなあということを感ずるわけです。その辺に対する、これも交通問題の一環ではありますので、ぜひとも全体の交通問題を考えられるのであれば、そういう面の考え方をいただけるといいのかなということを一つ思っておるということと、それからもう一つお願いですが、今までいろんな市民のアンケートなんかで出てきますが、バス代が高いという話が出てまいります。これは我々もよその地域、特に大都市へ行くと非常に安いなという感じを受けるわけですね。例えば4キロ乗ったらバス代が幾らだったという話になると、この近所で乗ったときと外へ出たときとかなり落差があるという思いがするわけです。これも一つの大きな交通の利用の意識にかかわる問題だと思いますので、せっかくそういう短期・中期・長期の計画をされるんであれば、この辺の加味も必要なんだろうというふうに考えますので、この辺に対する考えを盛り込んでいただけんかなということを思うわけですが、それに対する考えを一つ。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) まず冒頭にですが、二つの御提案をいただきましたので、ぜひとも今回の中で具体的な議論をするように指示をしたいと思います。

 もともと公共交通機関の関係につきましては、これまであったものを手直しするとかというような考え方はもうやめてくださいということを言ってあります。完全にフルモデルチェンジの公共交通機関をきちっと議論して構築をしてくださいと。計画書は薄っぺらでいいですと。結局それを実行・実践するにはどうするかということがない限りは、とてつもない格調の高い分厚いものをつくってもらって1,000万円でこれだけの調査をしましただけでは何の意味もないわけです。バスの話はいつも議論になりますが、高いから乗らない、乗らないから高くなる、これの悪循環ですよね。ですから、例えば郊外のところまで車で来て、あとは自転車で入ってくるのか、バスで入ってくるのかといったときに、公共交通機関がないから入ってこられないというようなことですので、今回の議論の中は、議員御提案の日帰り観光、あるいはバス代が高いというようなことも含めて報告書は薄っぺらのものでいいと、だけれど何を実行・実践していくのか、御当地の私鉄にどういう協力をしていくのか、多治見市で走らすバスをそんな大きなものが要るのか、あるいは注文があったらすぐに間に合うというような形で、よく「オンデマンド」という言い方をしますが、こういったことができないのか、あるいはバスの回しの仕方でも全部駅から放射線状に出ているんだけれど、ぐるりと回るようなバスができないのか、その報告書を1,000万円かけてつくったなら何をやるのか、ここを主眼として行ってまいりたいと。常に多治見市の計画については、いろんな計画とか構想とかをつくりますが、もう本は薄っぺらでいいと、それをバインダーでとじて共通の皆さんのきちっとした宣言にして、そこから実行・実践をしていくところに力点を置こうというようなことで進んでまいります。



○議長(岡田智彦君) 8番 梶田廣幸君。



◆8番(梶田廣幸君) 1点お伺いします。

 市営球場の改修ですけれども、全国の皆さんにおいでいただいて国体としてやるには本当に寂しいかなという施設ですけれども、これを改修するのは当然かと思いますが、どの程度の改修を計画されておるのか。これは設計委託ということですので、大体概略でもどの程度なのかちょっとお聞かせいただきたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 今回の市営球場の改修は、ぎふ清流国体の軟式野球種目の会場になるということで、実は連盟の方から御視察をいただいておりまして、そこで御指摘をいただいた部分を改修しようと思っています。まずは、ダッグアウト関係の安全を図るためのラバーを張るとか、それからスコアボードが少し傷んでおりますのでそれを直す、それから外周のフェンスなんかも傷みがございますのでそういったものを直していくということで、抜本的な改修ではなくて、御指摘をいただいた部分のところを逐一直していきたいと。それと少し見てくれの関係もございますので、ペンキなんかで外周をきれいに整えたいといったものでございます。



○議長(岡田智彦君) 8番 梶田廣幸君。



◆8番(梶田廣幸君) 今の市営球場は、ダッグアウトからトイレへ行くのに、グラウンドを通って、それからスタンドに上がって外に行くというような構造になっていて、選手が試合中にグラウンドの中を通ってスタンドを通ってというのはちょっとどうかなとは思っていますけど、これは今回の構想の中に入っていますでしょうか、ダッグアウトから直接トイレに行けるようなというのは。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) ダッグアウトも御指摘をいただいておる部分がございますので、その辺も踏まえて改修をしてまいりますし、出入りのドアも少し傷んで行きにくいところもございますので、その辺も一部今回あわせて直させていただきたいと思っております。



○議長(岡田智彦君) 4番 山中勝正君。



◆4番(山中勝正君) 2点お聞きしたいと思います。

 初めに1点目は、情報センターの移転のところですけれども、現在の利用状況はどうなっているのでしょうかというのと、またどういう規模での移転をされるのでしょうかお聞きしたいと思います。

 もう1点は、土木費の市営住宅施設整備費の旭ケ丘市営住宅のアスベスト除去工事というところですけれども、大変な高額な金額なんですけれども、除去ではなくて飛散しないところは閉じ込めるとか、そういう感じで安くできる方法というのはないのでしょうか、この2点をお聞きしたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 市営住宅の方を御回答いたします。

 今回提案させていただきましたものは、前回アスベストの分析についてアスベストがないということで結果が出ておったんですが、アスベストの標準分析法が新たな方法に改正されまして、それによって再調査しましたところ出たということでございます。今回、今御指摘がありましたとおりに、前回につきましては9号棟という1棟、18戸だけでしたけれども、こちらの方につきましては封じ込めを行っております。今回なぜこんなに多額な費用になったかということにつきましては、今回再調査をしたことによりまして、シートと撤去の両方を検討いたしました。前回、シートにつきましても、1戸当たり大体50万円ぐらいでできておりましたんですが、今回は施工方法が若干変わりまして、シートで行ったとしても除去と同じような養生方法が要ると。部屋全体をシートで囲って養生しなければならないということで、またコストが20万円ほど上がります。したがいまして、このシートにつきましても大体寿命が10年という見込みで行っておりますので、10年後にはまた新たに張り直しというようなこともございますので、今回すべて撤去した方がコスト的にも問題ないということと、もう一つは入居者の方の安全を考えてこういう方法をとらせていただきました。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 情報センターでございますが、先ほど申し上げましたように、来館者については総数で3,251人ということで、今の講座につきましては22回の開催を行っております。それからあと、パソコン相談にお見えになった方ですとか、情報化のイベントの来場者等を含めまして3,251人でございます。



○議長(岡田智彦君) 4番 山中勝正君。



◆4番(山中勝正君) 見直しというのはきっかけが要ると思うんです。この情報センターに関して閉鎖するとか、また民間に完全に委託するとか、そういうお考えはあるのでしょうか、一つ聞きたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 企画部長 土田芳則君。



◎企画部長(土田芳則君) 情報センターにつきましては、現在の第6次行政改革大綱の中では縮小見直しというような表現をさせていただいておりまして、当面その中ではITボランティアの方を中心とする講座開催というようなものは残しながら可能な限り経費を少なくしていくということ、そしていつか他の機能との統合とか、あり方そのものを検討していきたいと、このような表現をさせていただいているところでございます。



○議長(岡田智彦君) 12番 大安歳博君。



◆12番(大安歳博君) 2号冊の11ページ、3号冊の横のところでも、病院事業会計補助金3億471万円、これが財源不足のために基準外繰出金ということで上がっています。最後の特別会計のところでも聞こうかなと思っていましたが、ここで聞いておかないとまた管轄が変わるかもしれませんので教えてください。このうちの5,471万円が普通退職者に係る退職金について新市民病院建設に係る資本整備基金からの繰り入れですよと。そして、2億5,000万円が一般会計から補助金として出しますよ。長期借り入れの償還金、一般会計に3億円をお返ししますよ。今度は2ページの歳入のところの公営企業貸付金元利収入、ここは3億円をちょっと超えておるんですが、この辺の違いは一般財源とその他財源に変えたところの差が出てきているんだと思うんですが、まずは3億471万円の内訳は5,471万円と2億5,000万円で間違いないかということと、その他会計をマイナスした分をなぜ一般財源からマイナスしたのかを教えてください。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) 病院事業会計の補助金の内容でございますが、まず先ほど議員がおっしゃられました退職手当の分で5,471万円、それから一般会計の返済のための補助金ということで2億5,000万円、この二つで間違いございません。

 退職手当の5,471万円というのは、これはもともと40億円の基金を整備したときには、その基金を整備した7月時点以降で退職をする方の分というようなことで想定をしてございます。今回3月で退職者が確定をしまして、勧奨退職、あるいは定年退職以外で7月以降に退職された方がいらっしゃいました。その額の合計額が5,471万円ということで、今回その分は精算ということで基金を充当させていただいたというものでございます。

 それから、残りの2億5,000万円でございますが、この2億5,000万円、昨年に資金手当てということで3億円一般会計から借り入れをしまして、この分については指定管理者に移行する今年度末までには返済をしなければいけないということでございます。そういう中で予算上の資金の収支等を勘案すると2億5,000万円ほど不足をするということで、この分については一般会計からお願いするということで、財源としては当然一般会計から借りた分をお返しする貸付金をそのまま一般会計として充てていただくということになろうかと思いますけど、2億5,000万円の部分の補助金をいただくということで予算を計上させていただいております。

    〔発言する者あり〕



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) 全体の金額、補正額は3億471万円でございます。このうちで諸収入3億82万4,000円というのがございます。この諸収入というのは、一般会計から借り入れた3億円をお返しさせていただきます。3億円お返しをさせていただきますので、その3億円返した分については市民病院の関係費に充当するということにしてございまして、したがって市民病院費の中にある一般財源の分については、その分が減ったということでございます。ですから、3億円をお返ししますので、それを市民病院の関係費に充当したということで御理解をいただければと思います。



○議長(岡田智彦君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 今のところの続きなんですけれども、要は昨年末に3億円を貸していただきたいということで貸しまして、そのときに現金がショートしたのが賞与の部分が大きかったと思うんですけれども、今回事業内容のところで財源不足を補うための基準外繰出金、これはここまでの恒常的な財源不足なのか、それとも明らかに6月という時期に必要になる財源のためのお金が要るからまた2億5,000万円申しわけないけど融通してくださいということなのか、その点をまず1点お聞きしたい。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) 昨年12月議会で3億円の借り入れをお願いした際には、上限として3億円をお願いするということで、状況を見ながら借りる額を決めさせていただくということで御提案をさせていただきました。最終的に3億円お借りしましたもんですから、返すものについては、当初から3億円全部借りるということであれば当初予算で返すお金を計上しておかなければいけなかったんですが、先ほど言ったような理由で確定してからということで、もともと6月議会で返済をするという予算を提案する予定でございまして、その中で今回2億5,000万円を補助金、退職金の資本整備基金の分がございますので、そういった中身も含めて、財源変更も含めて手当てをさせていただいたということでございます。



○議長(岡田智彦君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 局長、基本的に12月に3億円、上限でした。それはわかっています。そこへ来て、一生懸命お金を残してきて、借金を早く返したんだと。しかし、正直6月の病院職員のボーナス代がもうないんだということなんですよね。いいんですけれども、この議会の最終日は26日ですよ。例えばこれなんかが通らなかったら、病院職員に遅配するんですか。だから、こんな通ることが前提の出し方は僕はまずいと思うんですよね、何があるかわからないわけですから。だから、職員にたしか20日ごろに出るんですから、もっと前に手当てしておかないと、とりあえず返すから貸してくれると思って出てきちゃうからこういう変な感じになっちゃうんです。この辺について、出し方についてちょっとお考えをお聞かせ願えませんか。



○議長(岡田智彦君) 副市長 木股信雄君。



◎副市長(木股信雄君) 病院の貸付金につきましては、昨年度の病院の収益を見込む際に損失が発生するであろうというような見込みをしておりまして、このときの対応として二つ考えられると思います。一つは最初から基準外の補助金として交付する方法と、もう一方で、これは返済をしていただくことが大前提となりますけれども、貸付金で対応する方法と二通りございますけれども、最終的な収支の損益見込みが立っておりませんでしたので、とりあえずは貸付金として3億円で対応させていただいたと。3月の当初予算の段階でこの3億円を返済する予算を組むのが本来でございますけれども、まだ最終的な確定をいたしておりませんでした。今回この額を2億5,000万円にしたということでございますが、当初3億円の貸し付け、あるいは基準外で補助しようという段階で見込んでおりました損失よりも若干改善がなされておりまして、その分5,000万円、改善分を差し引いて、2億5,000万円を基準外の補助として交付しようということでございます。したがって、本来3億円貸し付けたわけですから、3億円については利息を含めて返してもらうわけですけれども、そのうち改善分を差し引いた2億5,000万円を基準外として補てんをしようということでございます。



○議長(岡田智彦君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) よくわかりました。

 じゃあ確認をとっておきたいんですけれども、例えば26日に表決があってこの予算がおりるんだということが前提で、月末に支払いの分を流用して賞与に払っておくというようなことではないですね、それだけ確認させておいてください。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) 賞与分については、現在手元にございます病院の資金で支払いをする予定でございます。



○議長(岡田智彦君) 20番 嶋内九一君。



◆20番(嶋内九一君) それでは、三つの款についてお尋ねいたします。総務費と、商工費と、教育費。

 まず総務費、笠原診療所、152万6,000円が改修ということで計上されておりますが、多治見市が大家であるならば全額持ってもよろしいと思うんですが、それはいかがですか。第1点。

 それから商工費、緊急経済対策関係費1,000万円、さきの総務費も一般財源ですが、これも一般財源、そして教育費も一般財源から捻出されておるわけですが、これはさきの議会で1億6,800万円で済んで、応募件数が多かった、だけど処理件数は250件で済ましたということで、今度1,000万円をまた追加したわけですが、恐らくこれは要望があって今度こういう計上をされたと思うんですが、さきのときは国からの制度によってされた、今回は一般財源から出さなきゃならないということで、一般財源から出すということの根拠をお尋ねいたします。

 それから教育費、先ほど梶田議員から国体のことで、部分改修と答弁されましたが、実は隣々接のところに国体の会場があるわけですね。多治見市が練習会場になるという種目があります。先輩議員がそのことで質問されて、改修はどうだと言われたら、できんということを言われましたが、本番のグラウンドと練習のグラウンドが違っていては選手が大変困るわけですね。国体となるとプロ的に近い人がやられるわけですよ。だけど改修には大変お金がかかるわけですが、練習会場となるなら、そのぐらいのことは多治見市としてはできないかということです。今回のこの国体の改修には、県が出さないから地元でやりなさいということになっておるわけですが、その辺の考えについてはどうですか。

 以上、3点お尋ねいたします。



○議長(岡田智彦君) 財政課長 町井好夫君。



◎財政課長(町井好夫君) 笠原診療所の件でございますけれども、ドアの改修を行うということで、診療所側の方で5割を負担していただくということなんですが、改修に当たりまして、今まで保健センターであったものを児童館に変えるということになりまして、今はガラス張りでございまして、外から診療所の方が見えてしまうということがありまして、保健センターのときはよかったんですが、今度児童館になりますと、外から診療所の方が見えてしまいますと、セキュリティーの操作をしているところが見えてしまうとか、患者さんの待合室も見通せてしまうということがありますので、診療所の方からお申し出がありまして、半額を負担してプライバシー保護を図りたいということでございましたので、契約書がございますが、そこの中の協議という部分で半額負担ということで決めさせていただいて工事をする予定にしております。



○議長(岡田智彦君) 経済部長 渡辺哲郎君。



◎経済部長(渡辺哲郎君) 緊急経済対策関係費でございますが、平成21年の1月議会で3,000万円の補正をお願いいたしました。3月末現在では、議員が言われましたように、保証料としまして250件で2,389万円の保証をいたしました。そのときも一般財源で対応しました。今回も一般財源で、4月以降も延長したいという考えでございます。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) 国体のハード整備でございますが、国体競技に係るものにつきましては、当市で行われるものに対して多くの方々をお迎えするために必要な施設については一生懸命直させていただくということでして、それでも先ほど申しましたように部分改修でお願いするというような状況でございます。財政の優先順位を考えると、まず私どもの方で開催されるものに対してお金は使っていくべきものだろうと思ってございますし、なお選手の強化につきましては、当市の選手が頑張れるように強化費を別途設けまして、体育協会、種目協会と御協力をしながら進めていくということにしてございますので、そこは少し切り分けてお考えをいただきたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 20番 嶋内九一君。



◆20番(嶋内九一君) 確かに財源的に厳しいことはわかります。財源があれば「よし、しよう」「うん、よし」、多分こうやって言われると思うんですよ。それが恐らく根底にあると思うんですね。

 さきの診療所の件ですが、これはいろんな経緯がございまして、今の医師に、土岐郡笠原町時代に三顧の礼をもって来ていただいたんですね。合併と同時に、どうされますかということになったら、やりますと。だけど、本来なら地域医療に貢献していただく医師ということで無償貸与でもよかったぐらいですよ。そのぐらいの考えは、市長、おありになるのか。せめて無償貸与ぐらいされれば、今度改修される場合だったら独自で直されるわけですが、大家であるなら、家賃をもらっておるならということから見てさっきの質問をしたわけですが、そのぐらいの腹づもりはないのかということです。

 それから、教育委員会に答えていただきましたが、これからの時代はグラウンド整備、施設等々はやはり今の時代になっていかなきゃ私はだめだと思うんですよ。つくったけど魂が入らずというような言葉があるように、つくったからおまえら勝手にやれというような気がしてならないわけです。確かに設備の充実にはお金は大変要りますが、その辺のことを長い目で見ていければ、せっかく国体が来る、練習に来る、選手が来てよかったなあ、すばらしいところだなあと、星ヶ台競技場が1,700万円をかけて写真判定機を入れましたね。やはりこういうものにも少し目を向けてやっていくべきだと思うんです。その点また2点をお尋ねいたします。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 笠原診療所の使用料の件ですが、既に設置をしてあります市之倉の診療所についても使用料はきちっといただいているというようなことでございます。地域医療に対して大変御尽力をいただいているということに深く感謝を申し上げますが、議員御指摘のように、無料でお貸しをするというような考え方は現在多治見市は持っておりません。加えまして今回の改修についても、先方から2分の1出しますので市の方で改修をしてほしいというような御意見がございましたので、2分の1、2分の1というような方法で今回予算を計上させていただいております。



○議長(岡田智彦君) 教育委員会事務局長 水野高明君。



◎教育委員会事務局長(水野高明君) まず、私どものスポーツ施設の運営について、つくったらそれでいいという考えは全く持ってございませんもんですから、メンテナンスにつきましてもいろんな御意見を聞きながら一生懸命させていただいていると思います。

 それで、御質問の競技の、この際というお話をいろいろ聞くわけでございますが、さまざまなスポーツ施設を管理する中で優先順位を考えさせていただくということでございますし、今おっしゃっていただいた施設は頭に少しどういったものか浮かぶわけでございますが、その施設についても、市内の状況を見れば決して不十分なものではなくて、どちらかといえば充実させていただいておる施設でございますので、そのメンテナンス、それから徐々にもう少し時間をかけてこの整備については考えさせていただきますが、今回お近くで開催されます競技を契機に多治見市でやるということについては、少し優先順位が低いのかなということを思っております。



○議長(岡田智彦君) 23番 春田富生君。



◆23番(春田富生君) 商工費についてお伺いをします。

 中心市街地活性化事業調査研究費400万円ですね。中心市街地の活性化、これは全国どこの地方都市も抱えている問題であると思っておりますし、大変重要な課題であると常々思っております。多治見市も以前から中心市街地の活性化という言葉はよく聞きます。今回また400万円をつけて調査をされる、短期・中期・長期にわたって中心市街地の活性化について調査をされるということですが、中心市街地の活性化を図っていくために、多治見市として一番大事な理念、どういった理念を持って中心市街地を活性化していくんだと。専門業者に丸投げしちゃって、何かいい案を出してくださいよというスタンスなのか、こういった理念を持っているから、これに合ったようないい計画を出してくれといってきちっとされて、それで計画が来れば、それに沿って必ず市長が言われるように実行していくというスタンスで臨まれるのか、その辺の理念と御決意をお伺いします。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) まず、今回の補正予算に盛らせていただいた予算の背景でございますが、たしか平成13年に設立をされました多治見まちづくり株式会社、略称TMOというのがございます。役員の変更がこれまでずうっとなされないまま、ある意味活動についてはかなりの停滞ぎみでございました。この際、もう一回そこにきちっと活動を担っていただくためには人事の一新をするべきだ、このような考え方が庁内の中で議論をされました。結果、人事一新ということがなされました。今回、役員も大きくかわりますし、社長もかわるというようなのを契機にして中心市街地の活性化について議論をしていこうと。これも先ほどの公共交通と同じですが、立派な表札と立派な分厚いものをつくっていただく必要はない。ただし、特効薬はないというのも御存じのとおりです、どんな中心市街地もシャッター通りになっている、あるいは抜けているというような状況の中ですので。特に東濃信用金庫の持っていますTOSプラザというのは非常に高いノウハウがございます。そして、ながせ商店街の中には、まちづくりをきちっと議論をしている女性、あるいは若い人たちの姿がございます。一定量シャッターはおりていますが、落書きがない、ごみが散らばっていない、そこの中には大家さんはしっかりいらっしゃいます。大家さんは、知らない人に空き家をお貸しするということについては非常に不安感を持たれます。したがって、多治見市が一たん保証人になって、新たな若い人たちにお貸しをする、こういった議論をしましたが、多治見市の中では難しいということですので、今回、新たに役員がかわりましたTMOが一たんお借りをして若い人たちにお貸しをする。ですから、大家さんは不安感を持つ必要がないんだ、若い人たちが入ってきても大丈夫なんだというようなことで、中心市街地の活性化というのを一つ議論いたします。

 もう一つは、陶器をもう一回きちっと見直そうということで、多治見市の陶器の見方というのは、1個何百万円する美濃陶芸協会の皆さん、あるいは日常汎用品を売る多陶商の皆さん、この両極を聞いてやってきたんですが、中間層の中に抹茶茶わんでいうと1個4万円前後をつくって売る多治見市の陶磁器意匠研究所を卒業した若い作家さんがいます。その人たちのものというのは京都等で非常に高い注目をいただいております。こういったものも入れて、やっぱり陶器のまちである、タイルのまちであるということと、駅舎がきれいになる、旧中部電力多治見営業所の跡地も購入をする、土岐川に関しては、かわまちづくりの事業費が約1億4,000万円入ったというようなことから、総合的にもう一回中心市街地の見直しをしようというようなことで議論をしております。加えますが、分厚い立派なものを丸投げでどこにでもあるような報告書をもらうよりも、何をやるか、何を実行・実践するか、このためにはTMOの役員がかわったということについてはかなり大きな期待感を持っているところでございます。



○議長(岡田智彦君) 副市長 木股信雄君。



◎副市長(木股信雄君) 今回のTMO関係の中心市街地活性化の調査費でございますけれども、基本的な考え方、理念ですとか、あるいは具体的な研究に向けての方向性については、今、市長から申し上げたとおりでございますけれども、今回具体的な調査の内容といたしましては、平成13年にこのTMOが設立された際、これは株式会社でございますので一定の収益を上げる必要がございます。そして第三セクターですので、公共的な使命といったものが一方であるということでございます。平成13年当初設立された際は、その当時具体的な収益事業として検討がされたのは駅西の駐車場の管理運営、そして立体化というようなことが検討されたわけですけれども、その当時まだ具体的にはなっておりませんでしたが、駅舎が西に移動するというようなこと、したがって場合によっては進入路が変更になるかもしれないというようなことがございまして、設立の際には具体的な収益事業がなかったわけでございます。一方で、定款の中でも定めておりますまちづくりの推進事業につきましては、十数項目にわたって事業を掲げてございますけれども、何せ収益を得る事業がなかったものですから、この数年間なかなか厳しい状況が続いたということでございます。今回、役員人事のこともございますけれども、調査をいたしたいというのは、具体的に短期、あるいは中長期にわたってどういった収益事業をまず見出すかということ、そしてその収益事業でもって、十数項目の定款の事業にとらわれず、具体的に短期・中長期でどのような事業を行っていくのかといったことについて、2分の1を出資している市としての立場もございまして、そういった内容の調査をTMOに委託して、そしてTMOで十分検討していただいて今後の方向性を見きわめたいということでございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第83号 平成21年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、質疑はありませんか。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) まず、今回の大きな変更は財源更正ということで、936万5,000円ということがあるわけですけれども、これは国の補助が今、雨水が7で汚水が3、7対3という割合が6対4に変更になりましたよね。そういった国の財政措置による変更によって、これは県の補助金なんですが、県の補助金が変わってきたのか。これは公債費への元金利子への、いわゆるこれは資本費の問題なんですが、そういったことに関連したものか、そのかわりに一般財源からその分を支払うということになっているんですよね、その財源更正になった理由。今私がこうじゃないんですかというお話を申し上げましたけど、そうでなかったらそうでないとおっしゃっていただければいいんですけど、どんな理由があってこういう財源更正が行われることになったのか、その1点だけ教えていただけますか。



○議長(岡田智彦君) 水道部長 若尾正人君。



◎水道部長(若尾正人君) この県からの交付金のことなんですが、これは市町村が行う下水道事業、補助対象事業ですが、その関係の起債償還に相当する額及びその利子に対して県が予算の範囲内で交付をしているというものでございます。それで、結果的にこの件におきましては汚水の関係でございまして、繰越金から充当させていただくというものでございます。



○議長(岡田智彦君) 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) これは新たに公債を発行するというものじゃなくて、今まで発行したものに対する補助の変更ということで理解してよろしいですか。



○議長(岡田智彦君) 水道部長 若尾正人君。



◎水道部長(若尾正人君) この交付金におきましては、前年度の補助対象事業に対する事業に交付金をいただいたというものでございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第84号 平成21年度多治見市駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第85号 平成21年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第86号 平成21年度多治見市水道事業会計補正予算(第1号)について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第87号 平成21年度多治見市病院事業会計補正予算(第3号)について、質疑はありませんか。

 16番 各務幸次君。



◆16番(各務幸次君) 今度の補正は2億5,000万円、これは3億円のうち2億5,000万円を一般会計からいいますと債権放棄すると、簡単に言いますとそういうことなんですよね。そういうふうにならないですか。もう払えないから一般会計で補てんするよということだと思うんですけれども、私は先ほどからの答弁を聞いていますと、お金の貸し借りというのは、貸し手の責任と借り手の責任というのがあるというふうに思うんです。こういった事態になったのに、全くどこにも責任がないような感じに聞こえてならないんですよね。3億円貸した時点で、何月何日までに返しますよという約定を結んだわけです。それが履行されなかった。そういった事態に陥ったわけですけれども、市民病院の事業会計としてはこういう事態になりましたと、まことに申しわけございませんでしたということになると思うんです。そういった責任というのか、そういった言葉もないし、全く責任がないような答弁で先ほどから終始している、本当にそれでいいのかなと。この3億円のお金というのは、市民の大切な税を使っておるわけです。本当にこのままでいいのかなと思うんですけれども、今回の扱いについてどのようにお考えなのか、1点だけお尋ねしたいと思います。



○議長(岡田智彦君) 病院事務局長 纐纈崇治君。



◎病院事務局長(纐纈崇治君) これは昨年の12月議会で3億円の借り入れをお願いするときに、病院の医師不足ということが大きな原因でございますが、資金的に苦しくなったということでお願いをさせていただいたものでございまして、そのときの考え方は先ほど副市長が答弁を申し上げたとおりでございます。したがって、この3億円の部分、資金的に立ち行かなくなったという部分についての経営責任といったものは、当然病院の事業を担っておる私どもにあるわけでございますし、そういった部分での責任というのは当然あるというふうに思っております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、報第3号 平成20年度多治見市一般会計継続費繰越計算書の報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、報第4号 平成20年度多治見市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、報第5号 平成20年度多治見市一般会計事故繰越し繰越計算書の報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、報第6号 平成20年度多治見市土地取得事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、報第7号 平成20年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、報第8号 平成20年度多治見市後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、報第9号 平成20年度多治見市水道事業会計予算繰越計算書の報告について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第88号 第6次多治見市総合計画基本計画を変更するについて、質疑はありませんか。

 15番 石田浩司君。



◆15番(石田浩司君) 今回の総合計画の見直しで、土岐川観察館を移転するというのが主な内容ですが、この文言の中に「自然団体等の活動拠点として」という文言が入っておるわけですけれども、僕は単純に土岐川観察館をただ移転するということだけではないというふうにこの部分から読み取りますとそういうふうに感じるわけですし、先ほどの議論の中で市債を2,400万円発行してやるということですので、土岐川観察館は移転をするんですけれども、この部分の文言についてどういったことが予定をされているのか、私は土岐川観察館だけというふうには考えなくて、環境自治体会議をやった多治見市としては、もっとこの部分について拡大をしていくんだというふうに認識をしているんですが、そのあたりの考えについてお聞かせをください。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 土岐川観察館は土岐川の河川保全とかもございますが、それだけではなくて自然環境団体の活動の一つの拠点ということでとらえておりまして、今後も新たな場所に移ってそういった部分を充実させていきたいということも思っておりますので、お願いいたします。



○議長(岡田智彦君) 15番 石田浩司君。



◆15番(石田浩司君) ということは、具体的にこれから設計をしていく段階になってくると思うんですけれども、土岐川観察館は入っていながら、ほかにもそういった会議ができるような施設のものができたりとか、そういったことも予定をされておるということでよろしいですか。



○議長(岡田智彦君) 建設部長 堀江義英君。



◎建設部長(堀江義英君) 現在の施設につきましては、そういった会議する場所もございませんし、そういった部分について非常に機能としては不足しておりますので、新たな施設となりました段階ではそういった会議がきちっとできる部分を設けていきたいということで今検討しております。



○議長(岡田智彦君) 7番 若林正人君。



◆7番(若林正人君) 先ほどのことからずうっとつながっておりますので、ちょっと一言だけお聞きしたいと思います。

 私が議員になって第6次総合計画特別委員というのをやらせていただいたんですけれども、私がもしそのときに政策部門にこれがあったら相当食いついたと思うんですね。確かに土岐川観察館の老朽化も出てきませんで、市長の発言が二枚舌とか三枚舌とかそんなことは全然思っておりません。ただし、これは今回の形で出ると後出しじゃんけんみたいですよ。この政策の中で、これがこれほど高い位置に優先順位があったかどうかは、昨年の3月にこれが出ていましたら、まだ多治見市としてはやるべき事業が先にあるんじゃないかという議論もあったでしょうし、僕は市長のあれもこれもから、あれかこれかという言葉は非常にいい言葉だと思っていたんですよ。今ここでよりいいものにするためのこういう変更なら私は構わないと思うんですけど、このことについて今はっきり言って総合計画を中心にやってきた本市が変えてまでするということは、みずから総合計画のクオリティーというのを下げるんじゃないかと思って非常に心配しているんです。いろんな御事情はあるでしょうけれども、この総合計画の変更というのはもう少し慎重に納得いくような方向で進めてただきたいと思うんです。その辺についてちょっとお考えをお聞かせ願えませんでしょうか。



○議長(岡田智彦君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 総合計画を中心にして市の行財政を回すというのは伝統的に受け継いでおります。これまでは総合計画の基本構想のみを議会で議決をしていただく、大枠、根幹を議会の中で御議決をいただく、個々の事業計画については執行部にゆだねるというような方法を従来はとってこられました。ただし、改正がございまして、基本計画も議決事項にしよう、しっかり監視をしようというような御趣旨から基本計画まで議決事項に変更になったというふうに私はとらえております。ここの中で、今回土岐川観察館が市民病院の建てかえによって位置を変更しなくてはならない。ここの中に従来からあった自然団体の中で、例えば植物の会、野鳥の会、自然の会、こういった皆さんについても複合的に活動していただく、会議、あるいは活動の拠点、土岐川観察館を移転するだけではなくて、ある意味今までの環境行政、あるいは自然を大切にしていくというようなものについて、この際だから一緒にバージョンアップをしよう、こういった形で提案をさせていただいておりますので、これまでの基本的な考え方とは変わっていないというふうに理解をし、今回議案を提出させていただいております。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第89号 物品供給契約の締結について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 次に、議第90号 市道路線の認定について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) これをもって質疑を終結いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託



○議長(岡田智彦君) ただいま議題となっております議第74号、議第77号から議第81号まで、議第82号所管部分、議第83号及び議第84号、議第86号、議第88号から議第90号までは、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり所管の常任委員会へ付託いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議第75号及び議第76号、議第82号所管部分、議第85号、議第87号は、お手元に配付いたしました議案付託表(案)のとおり市民病院特別委員会、駅周辺まちづくり特別委員会の各特別委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡田智彦君) 御異議なしと認めます。よって、議案付託表(案)のとおり各特別委員会に付託することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第26 議第91号



○議長(岡田智彦君) この際、日程第26、議第91号 物品供給契約の締結についてを議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) 提出議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 古川雅典君。

    〔市長 古川雅典君登壇〕



◎市長(古川雅典君) 議第91号 物品供給契約の締結については、北消防署に配備するCD−1型消防ポンプ自動車1台の購入契約を締結しようとするものでございます。

 議案の詳細につきましては、副市長から説明をいたします。



○議長(岡田智彦君) 引き続き副市長に議案の詳細について説明を求めます。

 副市長 木股信雄君。

    〔副市長 木股信雄君登壇〕



◎副市長(木股信雄君) それでは、引き続き追加議案の詳細について御説明を申し上げます。

 追加議案の1ページをお願いいたします。

 議第91号 物品供給契約の締結についてでございます。

 昭和62年9月に北消防署に配備をいたしました消防ポンプ自動車の更新を行うために、CD−1型消防ポンプ自動車、これはCAFS装置つきでございますけれども、この消防自動車1台の購入を目的といたしまして、岐阜市金園町3丁目25番地、株式会社ウスイ消防、代表取締役 臼井 潔を相手方といたしまして2,982万円で物品供給を締結しようというものでございまして、地方自治法第96条第1項第5号の規定により議会の御議決をお願いするものでございます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) これより質疑を行います。

 議第91号 物品供給契約の締結について、質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) これをもって質疑を終結いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡田智彦君) ただいま議題となっております議第91号は、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり、総務常任委員会へ付託いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第27 休会期間の決定



○議長(岡田智彦君) 日程第27、休会期間の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。議事の都合により明日から21日までの13日間は休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡田智彦君) 御異議なしと認めます。よって、明日から21日までの13日間は休会することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(岡田智彦君) 以上をもって本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。

    午後2時31分散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記会議の顛末を記録し、相違なきことを証するためここに署名する。

  平成21年6月8日

                多治見市議会議長   岡田智彦

                多治見市議会議員   春田富生

                多治見市議会議員   森 寿夫