議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 多治見市

平成29年  6月 全員協議会 06月02日−01号




平成29年  6月 定例会(第3回) − 06月02日−01号 − P.0 「(名簿)」








平成29年  6月 定例会(第3回)



議事日程

 平成29年6月2日(金曜日)午前10時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 報第4号 専決処分の報告について

 第4 議第51号 多治見市税条例等の一部を改正するについて

 第5 議第52号 多治見市都市計画税条例の一部を改正するについて

 第6 議第53号 多治見市手数料条例の一部を改正するについて

 第7 議第54号 多治見市道路占用料徴収条例の一部を改正するについて

 第8 議第55号 平成29年度多治見市一般会計補正予算(第1号)

 第9 議第56号 平成29年度多治見市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

 第10 報第5号 平成28年度多治見市一般会計継続費繰越計算書の報告について

 第11 報第6号 平成28年度多治見市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第12 報第7号 平成28年度多治見市土地取得事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第13 報第8号 平成28年度多治見市下水道事業特別会計継続費繰越計算書の報告について

 第14 報第9号 平成28年度多治見市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第15 報第10号 平成28年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

 第16 報第11号 平成28年度多治見市水道事業会計継続費繰越計算書の報告について

 第17 報第12号 平成28年度多治見市水道事業会計予算繰越計算書の報告について

 第18 議第57号 財産の処分について

 第19 議第58号 損害賠償の額を定めるについて

 第20 議第59号 多治見市農業委員会委員の任命について

 第21 議第60号 市道路線の認定について

 第22 休会期間の決定

    (第3から第19まで及び第21 提案説明、第20 提案説明〜質疑〜委員会付託(省略)〜討論〜表決)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

          1番    吉田企貴君

          2番    佐藤信行君

          3番    渡部 昇君

          4番    渡辺泰三君

          5番    山口真由美君

          6番    森  厚君

          7番    寺島芳枝君

          8番    古庄修一君

          9番    柴田雅也君

         10番    松浦利実君

         11番    山中勝正君

         12番    若尾敏之君

         13番    三輪寿子君

         14番    若林正人君

         15番    林 美行君

         16番    加藤元司君

         17番    若尾円三郎君

         18番    安藤英利君

         19番    仙石三喜男君

         20番    加納洋一君

         21番    井上あけみ君

         22番    石田浩司君

         23番    嶋内九一君

         24番    若尾靖男君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

         市長         古川雅典君

         副市長        佐藤喜好君

         教育長        渡辺哲郎君

         副教育長       鈴木稔朗君

         企画部長       鈴木良平君

         総務部長       打田浩之君

         福祉部長       纐纈昭司君

         市民健康部長     水野義弘君

         経済部長       細野道仲君

         環境文化部長     樋口正光君

         都市計画部長     日比野昌雄君

         建設部長       中筬信彦君

         水道部長       久野重徳君

         消防長        加藤法夫君

         会計管理者      柳生芳憲君

         監査委員事務局長

                    奥村 清君

         併選挙管理委員会書記長

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

         事務局長       富田明憲

         書記         加藤直美

         書記         皆元健一

         書記         山田直子

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

   午前9時59分開会



○議長(加納洋一君) ただいまから、平成29年第3回多治見市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(加納洋一君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告につきましてはお手元に配付いたしましたので、御了承を願います。

 以上で、諸般の報告を終わります。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 会議録署名議員の指名



○議長(加納洋一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において、15番 林 美行君、16番 加藤元司君の両君を指名いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 会期の決定



○議長(加納洋一君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月27日までの26日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から6月27日までの26日間とすることに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 報第4号から第19 議第58号まで及び第21 議第60号



○議長(加納洋一君) この際、日程第3、報第4号から日程第19、議第58号まで及び日程第21、議第60号を一括議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 提出議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君登壇〕



◎市長(古川雅典君) 平成29年第3回多治見市議会定例会の開会に当たり、議員の皆様には、御参集を賜り感謝を申し上げます。

 前回の定例会以降にありました主な事案について簡潔に御報告を申し上げます。

 ビッグニュースが3つ続きました。

 第1点目は、長瀬テクノパークにものづくりの超一流企業、日本ガイシ株式会社の進出が決定いたしました。日本ガイシ株式会社は、半導体製造装置用セラミックス製品で高い技術力を持つ世界のトップメーカーです。2020年4月に量産を開始する新工場では、約 100人の正規雇用が見込まれます。拡張用地では、さらなる設備投資による雇用の拡大を大きく期待をいたします。

 また、水道に関しては、最大日量 1,000トンを使用する、こういったことが提案をされました。多治見水道の技術力で配水池を新たに建設する、あるいは専用管を新たに敷設をする、こういったことなく新たな水道会計に大きなプラスの影響が期待をする、こういうような傾向でございます。

 2点目です。第7次総合計画の目玉事業であります多治見駅南地区再開発事業の建設系事業協力者に、スーパーゼネコンの1つであります株式会社竹中工務店が決定いたしました。実績もあり、事業推進全体への広い視野に加え、事業の成立に向けた前向きな姿勢が高く評価されました。事業推進に向け、大きな一歩を踏み出すことができます。

 最後に、本年9月に開催されます第11回国際陶磁器フェスティバル美濃2017の名誉総裁に、前回に引き続き眞子内親王殿下に御就任をいただくことが決定をいたしました。眞子内親王殿下は日本工芸会の総裁を務められるなど、伝統工芸にも造詣が深く、その振興に向け、積極的な活動が期待をされております。今回の第11回国際陶磁器フェスティバル美濃2017にも、ぜひ当地にお越しいただけるよう、現在、宮内庁と最終調整を行っております。

 それでは、議案の説明に入ります。

 本定例会には、専決処分の報告1件、条例4件、補正予算2件、繰越計算書の報告8件、財産の処分1件、損害賠償1件、人事案件1件、市道認定1件の合計19件を提案をさせていただきます。

 それでは、人事案件以外の議案について概要を申し上げます。

 報第4号 専決処分の報告については、緑地の倒木により損額賠償額を定めています。

 議第51号 多治見市税条例等の一部を改正するについて及び議第52号 多治見市都市計画税条例の一部を改正するについては、地方税法等の改正に伴い、配偶者控除等の基準が見直されるほか、わがまち特例により、小規模な保育事業や市民緑地の固定資産税を軽減するなど、概要の改正を行います。

 議第53号 多治見市手数料条例の一部を改正するについては、引用している建売住宅の省エネ基準等を定める省令に条ずれが生じたため、所要の改正を行います。

 議第54号 多治見市道路占用料徴収条例の一部を改正するについては、平成30年度から道路に埋設されるガス管に係る占用料を徴収するため、所要の改正を行います。

 次に、議第55号 平成29年度多治見市一般会計補正予算(第1号)は、1億円余の増額の補正でございます。

 主な内容につきましては、1、たじみ創造館売却に伴う財政調整基金への積み立て、2、インクルーシブ教育の推進による増額、3、寄附金等による施設整備や学校図書の充実、4、コミュニティ助成事業助成金等の決定に伴う補助金の増額などでございます。

 次に、議第56号 平成29年度多治見市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、後期高齢者医療特別会計の郵便料を増額をする補正予算です。

 報第5号 平成28年度多治見市一般会計継続費繰越計算書の報告についてから報第12号 平成28年度多治見市水道事業会計予算繰越計算書の報告についてまでは、平成28年度の一般会計ほかの繰越計算書の報告です。

 次に、議第57号 財産の処分については、たじみ創造館の敷地及び建物について、取得額と同額で処分をするものです。

 議第58号 損害賠償の額を定めるについては、脇之島南第1公園のカイヅカイブキの根が隣地の住宅に侵入したため、損害賠償の額を定めるものでございます。

 議第60号 市道路線の認定については、市道路線の認定です。

 以上が提出いたします議案の概要です。詳細につきましては、総務部長が提案をいたします。



○議長(加納洋一君) 引き続き、総務部長に議案の詳細について説明を求めます。

 総務部長 打田浩之君。

   〔総務部長 打田浩之君登壇〕



◎総務部長(打田浩之君) それでは、議案の詳細につきまして御説明させていただきます。よろしくお願いいたします。

 まず、議案集1号冊の1ページをお開きください。3号冊議案説明資料につきましても1ページとなりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。

 まず最初に、報第4号 専決処分の報告について、専第5号 損害賠償の額を定めるについてでございます。

 平成29年1月5日、市内星ケ台3丁目地内おきまして、本市所有の緑地の枯れ松が倒れまして、隣接する東邦液化ガス株式会社のLPガス貯蔵庫の屋根を破損させていることが確認されました。これに対する損害賠償額を平成29年5月10日、2万 1,600円と定め専決処分いたしましたので、御報告いたすものでございます。

 続きまして、1号冊2ページをお願いいたします。

 議第51号 多治見市税条例等の一部を改正するについてでございます。

 地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律が平成29年3月31日に公布されたことに伴いまして、5月議会にて御承認いただきました専決処分による条例改正以外の部分について改正するものでございます。

 第1条では、第70条の次に第70条の2を加え、定員5人以下の家庭保育事業、居宅訪問型保育事業及び事業所内保育事業の用に供する家屋・償却資産の固定資産税課税標準額をわがまち特例の規定によりまして国の参酌基準と同じ2分の1とする改正でございます。

 次の附則第4条の4の改正は、税制改正により配偶者控除等の見直しが行われることに伴いまして、今まで控除対象配偶者と言っておりましたものを同一生計配偶者に文言を改めるものでございます。

 附則第9条の2の改正は、固定資産税等の課税標準の特例を定めております地方税法附則第15条の項の削除及び追加による項ずれの整理でございます。

 3ページの一番上の、今回、同条に加えられます第11項は、従業員の子供だけでなく、総定員の2分の1以内で地域の子供も入園できる枠を設定可能とされております企業主導型保育事業の用に供する土地・家屋・償却資産の固定資産税課税標準額を最初の5年間について国の参酌基準と同じ2分の1とする改正でございます。

 次の第12項は、緑地保全・緑化推進法人が管理いたします市民緑地の土地の固定資産税課税の標準額を最初の3年間について国の参酌基準と同じ3分の2とする改正で、いずれもわがまち特例の追加事業となります。

 第2条は、平成26年の多治見市税条例の一部を改正する条例の一部改正でございまして、平成31年10月1日の消費税率改正規定に合わせまして、軽自動車税の旧税率の据置規定を改めるものでございます。

 附則につきましては、4ページをごらんいただきたいと思います。

 4ページの一番上ですが、施行期日は公布の日からとしておりますが、ただし、控除対象配偶者の文言修正につきましては平成31年1月1日から、第2条は平成31年10月1日から、市民緑地に関するものにつきましては公布の日か都市緑地法等の一部を改正する法律の施行日のいずれか遅い日としまして、それぞれに経過措置を定めております。

 次に、5ページをお願いします。

 議第52号 多治見市都市計画税条例の一部を改正するについてでございます。

 地方税法の附則第15条に項の削除及び追加があったため、おのおの項ずれを改正するものと、6ページからの改正となりますので、6ページをごらんいただきたいと思いますが、さきの多治見市税条例等の一部改正におけるわがまち特例のうち、企業主導型保育事業と市民緑地について、固定資産税と同様に都市計画税の課税標準額につきましても軽減するものでございます。

 企業主導型保育事業は同じように2分の1、市民緑地は3分の2に軽減することを附則の2項及び3項として追加し、以降の項を繰り下げるものでございます。

 施行期日は公布の日からですが、市民緑地につきましては、多治見市税条例と同様に公布の日か都市緑地法等の一部を改正する法律の施行日のいずれか遅い日とし、それぞれに経過措置を設けておるところでございます。

 次に、7ページをお願いいたします。

 議第53号 多治見市手数料条例の一部を改正するについてでございます。

 建築物エネルギー消費性能基準等を定める省令の一部改正によりまして、住宅事業建築主の新築いたします一戸建て住宅の省エネルギー基準が第8条・第9条として追加されたことに伴いまして、同省令を引用している部分に条ずれが生じたため、所要の改正を行うものでございます。

 施行は公布の日からとしております。

 次に、8ページをお願いいたします。

 議第54号 多治見市道路占用料徴収条例の一部を改正するについてでございます。

 平成30年度から埋設ガス管に係る道路占用料を徴収するために、占用料の減免対象から除く改正と文言の整理でございます。

 施行は公布の日からで、平成30年4月1日以後の占用について許可したものから適用することとしております。

 続きまして、補正予算の説明に移らさせていただきます。

 議案集2号冊の1ページをお願いいたします。3号冊議案説明資料は4ページからとなっておりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。

 それでは、2号冊の1ページです。

 議第55号 平成29年度多治見市一般会計補正予算(第1号)でございます。

 歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億 286万 1,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を 357億 2,786万 1,000円とするものでございます。

 それでは、歳出予算の主なものを歳入予算などを含めながら御説明させていただきます。

 7ページ総務費でございますが、説明欄の上から2番目、財政調整基金積立金 9,431万 2,000円の増額につきましては、先ほど市長の説明にもありましたが、たじみ創造館の売却収入を財政調整基金に積み立てるものでございます。当初予算に購入のための財源を当基金の繰り入れで賄っていたため、積み戻すものでございます。

 その下の文化振興助成事業費は、文化振興事業団が実施いたします事業に一般財団法人自治総合センターのコミュニティ助成 220万円が認められたため、事業団への補助を増額するものでございます。

 ページ一番下の農林水産業費・農業費の農業再生協議会推進費3万 7,000円の増額は、県補助金の増額に伴いまして、同協議会への補助金を増額するものでございます。

 次に8ページをお願いいたします。

 一番上の土木費・都市計画費、公園施設整備費は、株式会社十六銀行より創立 140周年記念の寄附金として 100万円をいただきましたので、それにより多治見橋夢広場に健康遊具を設置するものでございます。

 その下、教育費・教育総務費のインクルーシブ教育推進事業費 257万 7,000円の増額は、陶都中学校が、文部科学省の障害のある生徒向けの学校経営構築研究開発事業のモデル校に指定されたことから、タブレット等の整備を行うもので 246万 9,000円、それとは別に、障害のある児童生徒用の国語のデジタル教科書のライセンス料に10万 8,000円を増額するものでございます。

 次の小学校費の小学校管理費は、発明協会が主催いたします絵画展で、滝呂小学校の児童が特別賞を受賞したことから、滝呂小学校に20万円の奨励金が交付されました。それにより当小学校に図書を購入するものでございます。

 その下の小学校図書充実費は、匿名を希望される方から、図書購入のための寄附を50万円いただいたことから、各小学校に図書購入するものでございます。

 次の小学校校務員関係費と、次ページ、9ページの中学校公務員関係費については、当初予算におきます学校校務員の配置から中学校を1名減らし、小学校を1名ふやすことによる補正でございます。

 8ページ、一番下の小学校施設改良事業費は、滝呂小学校PTAより50万円の寄附をいただきまして、滝呂小学校の1階の渡り廊下に雨が吹き込まないようひさしを整備するものでございます。

 続きまして、11ページをお願いいたします。

 議第56号 平成29年度多治見市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)でございます。

 歳入歳出予算の総額それぞれに65万 6,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を12億 8,408万 6,000円とするものでございます。

 補正内容は16ページのほうをお願いいたします。

 内容といたしましては、急遽、制度改正に伴うパンフレットを被保険者証の送付に同封することになりまして、重量がふえることで郵送料を増額する必要が生じたため、一般管理事務費を65万 6,000円増額するものでございます。

 財源は一般会計からの繰入金となっております。

 では、最後、17ページのところをお願いいたします。

 財政判断指数は、財政調整基金が増加するということで、4指標のうち償還可能年数は 0.1ポイント、財政調整基金充足率は 0.5%改善いたします。経費硬直率と経常収支比率は変化ありませんが、いずれにしても、財政向上目標、財政健全基準の値を超えているものはございません。

 それでは、補正を終わりまして、1号冊の9ページをお願いいたします。3号冊は11ページからとなります。

 報第5号 平成28年度多治見市一般会計継続費繰越計算書の報告についてでございます。

 次の10ページのとおり、2事業について継続費繰越計算書を調製いたしましたので、御報告するものでございます。繰越額合計は、5億 300万 3,240円となっております。

 次に、11ページをお願いいたします。

 報第6号 平成28年度多治見市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 次の12ページ、13ページのとおり、16事業につきまして繰越明許費繰越計算書を調製しましたので、御報告するものでございます。繰越額合計は7億 6,966万円でございます。

 次に、14ページをお願いいたします。

 報第7号 平成28年度多治見市土地取得事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 15ページのとおり、1事業について繰越明許費繰越計算書を調製いたしましたので、御報告するものでございます。繰越額は 3,551万 3,557円となっております。

 次に、16ページをお願いいたします。

 報第8号 平成28年度多治見市下水道事業特別会計継続費繰越計算書の報告についてでございます。

 17ページのとおり、3事業につきまして継続費繰越計算書を調製いたしましたので、御報告するものでございます。繰越額は、合計で11億 9,428万 2,000円でございます。

 18ページをお願いいたします。

 報第9号 平成28年度多治見市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 19ページのとおり、3事業につきまして繰越明許費繰越計算書を調製しましたので、御報告するものでございます。繰越額は、合計で1億 964万円でございます。

 20ページをお願いいたします。

 報第10号 平成28年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 21ページのとおり、2事業につきまして繰越明許費繰越計算書を調製しましたので、御報告するものでございます。繰越額は、合計で2億 5,067万 1,400円となっております。

 22ページをお願いいたします。

 報第11号 平成28年度多治見市水道事業会計継続費繰越計算書の報告についてでございます。

 23ページのとおり、1事業につきまして多治見市水道事業会計継続費繰越額の使用に関する計画について、継続費繰越計算書をもって報告を受けましたので、御報告するものです。繰越額は 183万 9,200円となっております。

 24ページをお願いいたします。

 報第12号 平成28年度多治見市水道事業会計予算繰越計算書の報告についてでございます。

 25ページのとおり、1事業につきまして多治見市水道事業会計予算繰越額の使用に関する計画について、繰越計算書をもって報告を受けましたので、御報告するものでございます。繰越額は98万 3,000円となっております。

 次に、26ページをお願いいたします。

 議第57号 財産の処分についてでございます。

 こちらは、たじみ創造館の土地及び建物等についての財産処分となっております。

 土地は、本町5丁目9番1及び明治町1丁目78番の宅地2,381.75平方メートル、建物は、店舗2,401.81平方メートル及び倉庫・付属物一切を含むものでございます。

 処分予定価格は 9,431万 1,722円。処分の相手方を多治見市明治町2丁目4番地、多治見陶磁器卸商業協同組合とすることについて御議決願うものでございます。

 相手方の選定経緯について説明させていただきます。

 応募は2社ございまして、その2社につきまして、5月24日にプロポーザルによる選定委員会を開催いたしました。2社の提案説明終了後、選定委員5名によります委員間協議を行い、その後、委員一人持ち点 200点で、施設活性化計画、収支計画、拠点施設としての役割等につきまして採点を行いました。

 その結果、合計点数で、多治見陶磁器卸商業協同組合が 1,000点満点中 774点、他の1社が 772点という極めて僅差の状況でありましたため、再度、委員間協議を行い、長時間に渡る慎重な議論の結果、最終的には採点どおり決定することを全会一致で合意されました。

 市といたしましては、選定委員会の結果を受けまして、5月29日に臨時政策会議を開催し、相手方を多治見陶磁器卸商業協同組合としたものでございます。

 経緯は以上でございます。

 次に、27ページをお願いいたします。

 議第58号 損害賠償の額を定めるについてでございます。

 平成28年8月18日に、市内脇之島町7丁目地内の脇之島南第1公園に植栽されておりますカイヅカイブキの根が隣地の個人宅に侵入いたしまして、上下水道施設を破損させたため、これに対する損害賠償額を 198万 8,280円としてよろしいかというものでございます。

 最後に、30ページをお願いいたします。3号冊の22ページの図面がございますので、そちらもあわせてごらんいただきたいと思います。

 議第60号 市道路線の認定についてでございます。

 旭ケ丘6丁目80番3から84番7までの76.1メートルを認定するものでございます。

 私の議案に対する説明は以上ございます。御審議賜りますようよろしくお願いいたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第20 議第59号



○議長(加納洋一君) この際、日程第20、議第59号を議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 提出議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君登壇〕



◎市長(古川雅典君) 続きまして、人事案件の説明をいたします。議案集1号冊28ページをお開きをください。

 議第59号 多治見市農業委員会委員の任命については、制度が新しくなりました。今回、多治見市として留意をした点は次の3点でございます。

 多治見市全体、特に地域性、こういったものをしっかり留意をいたしました。2点目、都市型農業の振興に対して、深い識見をもっている方、3点目、女性の登用でございます。

 特に、これから長い期間、都市型農業を継続していただくために、20代の女性2人を農業委員の中に提案をさせていただきます。

 それでは、受付順に氏名を読み上げてまいります。

 宮嶋豊城氏、長谷川博氏、林 則武氏、日比野敏夫氏、東一二美氏、江崎 勇氏、小川松鶴氏、日比野芳孝氏、若尾 茂氏、砂田 豊氏、宮嶋由郎氏、坂崎寛治氏、伊藤明石氏、奥村和彦氏、奥村優子氏、右高菜月氏、坂崎一良氏、久保 渚氏。

 再任、新任は備考欄で確認をお願いをいたします。

 以上、御審議賜りますように提案をさせていただきます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより質疑を行います。

 議第59号 多治見市農業委員会委員の任命について、質疑はありませんか。

 19番 仙石三喜男君。



◆19番(仙石三喜男君) それでは、少し御質問をさせていただきます。

 今、市長から説明をいただきまして、理解をより深めたところでございますが、この議案については、昨年の12月議会の議決に基づいて、新しい仕組みとなって、市長が18名の方を任命し、議会が同意するという仕組みになったものと私も捉えております。

 今回、名簿、18名の方を見させていただきまして、今、市長からもお話がありましたように、女性の方が3人含まれており、なおかつ20歳代の方が2人も含まれておる人選になっておるところを私も評価するところでありますが、それについて少し、それも合わせまして2つ質問をさせていただきます。

 1点目は、今回、12月議会後、私もこの案件について質問をしたこともありまして、どのような形で応募、公募がされていくのかということを関心を持って見ておりまして、そのうちの、私たちの一番身近なたじみすとにどのような公募周知がされてくるのかということで私なりに見ておりましたが、私が確認した範囲では、この間のたじみすとにも記載がなかったように見受けられますが、なぜ変更、あわせて応募の周知が、もし私の見方が正しければなかったのか、ひとつ確認をさせていただきたいのと、それと、今、市長からもありましたように、18名の方が新たに人選がされたわけでございますが、今、申し上げました、市民の方に広く公募をされていたと思いますが、何名の方が市長の言われましたようなそういう意向に基づいて応募があったのか、確認をさせていただきたいと思います。

 以上、2点についてお答えいただければと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(加納洋一君) 経済部長 細野道仲君。



◎経済部長(細野道仲君) まず、公募の件でございますけれども、1つには、ホームページに広く公募をいたしております。

 それともう1点は、やはり農業委員と申しますのは農業に関する識見を有するというのが1つの条件でございますので、例えば、一般的な広報誌による公募ということではなく、農業協同組合であるとか、あるいは農事改良組合長会議、あるいは園芸畜産振興会、こういった農業者の団体を通じて広く公募をかけていたというようなことが実情でございます。

 また、今回、18人中8名の方が新規の農業委員ということでございます。10名の方につきましては引き続きということでございますけれども、冒頭に市長が申されたように、地域性ということまでも十分考慮した上で各地域、あるいは農業協同組合で、そういった地区割りも考慮した結果、新たな方が8名入ったということで、今回、女性もあり、都市型農業の識見、あるいは地域性、そういったことを考慮した結果が出たというふうに認識しております。

 応募は18名でございました。



○議長(加納洋一君) 19番 仙石三喜男君。



◆19番(仙石三喜男君) 理解を深めましたが、できれば私は、せっかく今のたじみすとを見ますといろんなことが皆様に周知されながら、そして、広く応募する、市民参加をしていただくような多治見市の市民参加条例に基づいて市政運営がなされていると、私は多治見市のそういうところの力も評価しておるところでございますので、今回は私の見た限りではなかったということで、経済部長から、今、答弁がなかったということは、たじみすとではされなかったように受けとめました。

 しかし、今回、決まったあとに、その辺も含めましてしっかり市民の方にお伝えをしていただきと思うところですが、その辺のところについて御所見がありましたらよろしくお願いします。



○議長(加納洋一君) 経済部長 細野道仲君。



◎経済部長(細野道仲君) おっしゃるとおり、できるだけ広く公募できるように、今後、3年後になりますけれども、それに向けて、また研究をさせていただきたいと思います。



○議長(加納洋一君) ほかに質疑はありませんか。

 14番 若林正人君。



◆14番(若林正人君) 私も少しお聞きしたいんですけど、例えば、今、新任、再任はよろしいんですけれども、これを見ますと、応募が12名が推薦が6名という、こういう結果になっていますけれども、この枠組みというのは、最初から想定をされてこういうふうに枠で臨んでいたのか、結果としてこうなったか。



○議長(加納洋一君) 経済部長 細野道仲君。



◎経済部長(細野道仲君) 全く想定はございませんでした。結果として、応募12名と推薦6名ということになりました。



○議長(加納洋一君) 14番 若林正人君。



◆14番(若林正人君) わかりました。

 そうしますと、推薦の6名につきましてですけれども、応募の方については、新任だろうが再任だろうが、その方の意欲があるので応募という、もちろんわかるんです。

 推薦という中で、結果、新規の方が4名、再任の方が2名となっていますけど、こういうことについても、何らかの、こちらの任命権者としての思いがあったのかどうかだけ確認させてください。



○議長(加納洋一君) 経済部長 細野道仲君。



◎経済部長(細野道仲君) これは地域のほうへ調整していただいた結果でございますので、推薦には農業者3名の推薦が必要ということで、その地域、地域でそういった推薦であったり、応募であったりという結果が出たということでございます。



○議長(加納洋一君) ほかに質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) これをもって質疑を終結いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議第59号は、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、議第59号は委員会付託を省略することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより討論を行います。討論はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) これをもって討論を終結いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) それでは、これより採決を行います。

 議第59号 多治見市農業委員会委員の任命については、原案に同意することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案に同意することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第22 休会期間の決定



○議長(加納洋一君) 日程第22、休会期間の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。議事の都合により、明日から6月7日までの5日間は休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、明日から6月7日までの5日間は休会することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(加納洋一君) 以上をもって、本日の日程は全て終了いたします。

 本日はこれをもって散会いたします。

   午前10時36分散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記会議の顛末を記録し、相違なきことを証するためここに署名する。

  平成29年6月2日

               多治見市議会議長   加納洋一

               多治見市議会議員   林 美行

               多治見市議会議員   加藤元司