議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 多治見市

平成29年  5月 臨時会(第2回) 05月12日−02号




平成29年  5月 臨時会(第2回) − 05月12日−02号 − P.0 「(名簿)」








平成29年  5月 臨時会(第2回)



議事日程

平成29年5月12日(金曜日)午前10時開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 議第48号 常任委員の選任について

第3 議第49号 議会運営委員の選任について

第4 選第3号 東濃西部広域行政事務組合議会議員の選挙について

第5 選第4号 東濃農業共済事務組合議会議員の選挙について

第6 議第50号 多治見市監査委員の選任について

第7 報第2号 専決処分の報告について

第8 報第3号 専決処分の報告について

第9 承第1号 専決処分の承認を求めるについて

第10 承第2号 専決処分の承認を求めるについて

第11 議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについて

   (第2及び第3 選任、第4及び第5 選挙、第6 提案説明〜質疑〜委員会付託(省略)〜討論〜表決、第7及び第8 質疑、第9から第11まで 質疑〜委員会付託〜委員長報告〜討論〜表決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第2号)

平成29年5月12日(金曜日)

第1 閉会中の継続審査及び調査の申し出について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

         1番    吉田企貴君

         2番    佐藤信行君

         3番    渡部 昇君

         4番    渡辺泰三君

         5番    山口真由美君

         6番    森  厚君

         7番    寺島芳枝君

         8番    古庄修一君

         9番    柴田雅也君

        10番    松浦利実君

        11番    山中勝正君

        12番    若尾敏之君

        13番    三輪寿子君

        14番    若林正人君

        15番    林 美行君

        16番    加藤元司君

        17番    若尾円三郎君

        18番    安藤英利君

        19番    仙石三喜男君

        20番    加納洋一君

        21番    井上あけみ君

        22番    石田浩司君

        23番    嶋内九一君

        24番    若尾靖男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

        市長          古川雅典君

        副市長         佐藤喜好君

        教育長         渡辺哲郎君

        副教育長        鈴木稔朗君

        企画部長        鈴木良平君

        総務部長        打田浩之君

        福祉部長        纐纈昭司君

        市民健康部長      水野義弘君

        経済部長        細野道仲君

        環境文化部長      樋口正光君

        都市計画部長      日比野昌雄君

        建設部長        中筬信彦君

        水道部長        久野重徳君

        消防長         加藤法夫君

        会計管理者       柳生芳憲君

        監査委員事務局長

        併選挙管理委員会書記長 奥村 清君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

        事務局長        富田明憲

        書記          加藤直美

        書記          皆元健一

        書記          山田直子

        書記          加藤文恵

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

   午前10時00分開議



○議長(加納洋一君) これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 会議録署名議員の指名



○議長(加納洋一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において、13番 三輪寿子君、14番 若林正人君の両君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 議第48号



○議長(加納洋一君) 日程第2、議第48号 常任委員の選任についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項本文の規定により、渡辺泰三君、森  厚君、寺島芳枝君、若尾敏之君、若林正人君、安藤英利君、私、加納洋一、石田浩司君、以上8名を総務常任委員に、佐藤信行君、渡部 昇君、古庄修一君、柴田雅也君、松浦利実君、三輪寿子君、林 美行君、若尾靖男君、以上8名を経済建設常任委員に、吉田企貴君、山口真由美君、山中勝正君、加藤元司君、若尾円三郎君、仙石三喜男君、井上あけみ君、嶋内九一君、以上8名を厚生環境教育常任委員にそれぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 議第49号



○議長(加納洋一君) 次に、日程第3、議第49号 議会運営委員の選任についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。本委員の選任については、委員会条例第8条第1項本文の規定により、吉田企貴君、山口真由美君、寺島芳枝君、若林正人君、林 美行君、加藤元司君、安藤英利君、仙石三喜男君、以上8名を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8名を議会運営委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第4 選第3号



○議長(加納洋一君) 次に、日程第4、選第3号 東濃西部広域行政事務組合議会議員の選任についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 本選挙は、東濃西部広域行政事務組合規約第5条第2項及び第7条の規定により、組合議会議員2名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。本選挙は、指名推選の方法で行い、議長から指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、本選挙は指名推選の方法で行い、議長から指名することに決しました。

 それでは私から、松浦利実君、三輪寿子君の2名を指名いたします。

 ただいま指名いたしました2名を当選人とすることに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、東濃西部広域行政事務組合議会議員に、松浦利実君、三輪寿子君の2名が当選いたしました。

 ただいま東濃西部広域行政事務組合議会議員に当選されました2名が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 これより当選証書をお渡しいたしますので、議長席までお越しください。

   〔当選証書授与〕(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第5 選第4号



○議長(加納洋一君) 次に、日程第5、選第4号 東濃農業共済事務組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 本選挙は、東濃農業共済事務組合規約第6条第1項の規定により、組合議会議員1名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。本選挙は指名推選の方法で行い、議長から指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、本選挙は指名推選の方法で行い、議長から指名することに決しました。

 それでは、私がその任に当たりたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、東濃農業共済事務組合議会議員に私、加納洋一が当選いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第6 議第50号



○議長(加納洋一君) 次に、日程第6、議第50号 多治見市監査委員の選任についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 22番 石田浩司君に申し上げます。本案は、地方自治法第 117条の規定に抵触いたしますので、議場からあなたの退席を求めます。

   〔22番 石田浩司君退席〕



○議長(加納洋一君) 提出議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君登壇〕



◎市長(古川雅典君) 議第50号 多治見市監査委員の選任について、次の者を本市監査委員に選任をしたい旨、地方自治法第 196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 氏名につきましては、石田浩司さん、多治見市旭ケ丘10丁目2番地在住でございます。

 よろしく御審議をお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより質疑を行います。本案について質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議第50号については、会議規則第36条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、議第50号については委員会の付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより討論を行います。討論はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより採決を行います。議第50号 多治見市監査委員の選任については原案に同意することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、本案については原案に同意することに決しました。

 22番 石田浩司君の除斥を解きます。

   〔22番 石田浩司君着席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第7 報第2号から第11 議第45号まで



○議長(加納洋一君) 次に、日程第7、報第2号から日程第11、議第45号までを一括議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより質疑を行います。

 最初に、報第2号 専決処分の報告について、質疑はありませんか。

 21番 井上あけみ君。



◆21番(井上あけみ君) これは、市営住宅及び駐車場使用料の未収金ということなんですけども、放棄する理由は死亡とか、あるいは時効の援用とかあったと思うんですけれども、もう少し具体的にお話ししていただきたいということと。

 それから、時効の援用が成立する条件として、一度も請求、これは、裁判で請求するということですけれども、なかったとか、あるいは差し押さえがなかったとか、あるいは途中で1円でも払ってくださいとか、そういうことがなかったのか。そういうことで時効の援用ができるということなんですけれども。

 それから、もう一つは、市営住宅の場合は連帯保証人がいらっしゃると思うんですけども、その場合の連帯保証人についても時効の援用ができるということと聞いておりますが、そういう連帯保証人についても、そういう請求などはされなかったのかどうなのか、伺いたいと思います。



○議長(加納洋一君) 建設部長 中筬信彦君。



◎建設部長(中筬信彦君) 今、ちょっと具体的にというお話でありましたので、保証人等も含めて少しお話をさせていただきます。

 一人は、平成28年の8月に亡くなっておられます。生前、再三にわたり電話や文書での催促、そして臨宅、そして分納誓約をとるなどをしておりましたけれども、応じていただけなかったということでございます。

 保証人については死亡しておりまして、家族は妻と子どもの5人ということでしたが、本人が亡くなってから、家族が相続を放棄しておりまして、今回、その債務者が死亡し、その債務に関する相続人がいないということで、権利の放棄を行うものでございます。

 一人は、平成22年の7月に亡くなっておられます。当時、妻と子どもの3人暮らしでございましたが、7月の次の8月に妻も続いて亡くなっておられまして、7月の前、6月にその子どもさんが転居をされております、春日井市のほうに。

 この1万 6,200円というのは、夫と妻が続けて亡くなりまして、子どもが転居してますので、空き家になった状態でございまして、その住宅を引き取ってくださいよということで、お話をいたしましたけども、子どもからは、住宅の返還の退去、それができずに、その空白、空室のままちょっと料金が発生をしまして、その後、保証人についても行方不明、死亡ということで、本人とも連絡がとれない状態になりまして、今回、消滅時効に係る時効期間5年が満了し、かつ債務者及び連帯保証人が時効の援用を行う見込みであるため、権利放棄をするものでございます。

 一人は、平成15年の6月に、結婚を機に高根の中層団地に入居しておりまして、その後、平成21年に離婚をされています。平成24年の5月に退去届を出して、6月に豊明市に転居しております。

 その当時の家族構成が、未成年の子2人の妻と子ども2人の3人家族でおりまして、この方に話をして、再三にわたり電話や文書での督促、そして、分納誓約をとるなどしていたが、約束が不履行のままということでございます。

 そして、この方も、平成26年の10月に豊明市から可児市に移転しておりますので、臨宅して再度お願いをしましたところ、この方から自己破産をしたということをお伺いし、弁護士にその確認をとっております。

 保証人については、行方不明のまま連絡がとれない状態でございまして、よって、今回、同じように時効期間5年が満了し、かつ債務者及び連帯保証人の時効の援用する見込みがあるため、権利の放棄をするものでございます。

 もう一人は、妻と妻の子どもの4人でございましたが、平成17年に離婚されております。その後、平成25年9月に、夜逃げ同然で行方がわからなくなってございまして、その後、ずっと行方不明でございます。

 保証人は、妻の縁戚の方でございまして、今回の債務は妻と離婚した後の債務でございますので、その支払いを拒否をされておりまして、今回、5年の期間が満了しまして、援用の見込みがあるということで、権利の放棄をするものでございます。



○議長(加納洋一君) 市長 古川雅典君。



◎市長(古川雅典君) 今後のことで発言をさせていただきますが、井上議員の質問に対して、権利の放棄までに行政として適切な手続をしっかりとっているかどうか、こういった御質問でございます。

 建設部長につきましては、余りにも具体的に、余りにも詳細的に答弁をいたしました。今後、そこまでの答弁を求められるかどうかというようなことについては、これ以降、議長、副議長、あるいは議会運営委員会の中の取り計らいにおいて、御決定をいただきたいと思います。

 市長としては、余りにも詳細過ぎるし、余りにもそこまで、建設部長としては完全にきちっと手続をとったという気持ちが相当あったと思いますので、今後についてはしっかり御検討いただくように、議長にお願いを申し上げます。



○議長(加納洋一君) 21番 井上あけみ君。



◆21番(井上あけみ君) 私も、ちょっと今、答弁をお聞きしながら、そこまで私としては、お聞きする予定はなかったんですけれども、要は、やっぱり手続をしっかりやっていただいていたのかなということです。1円でも、10円でもいただけば、時効の援用というのはできないというふうに聞いておりますし、そういう請求の仕方とか、あるいは差し押さえとなると、かなりきついものがあると思うんですけど、差し押さえするものがなかったのかということも一つあると思うんです。

 そういうようなことが、分納誓約をとるということは、時効の援用を妨げるものにはならないということですよね、今のお話だと。だから、1円でも10円でもいただくなり、そういう努力をやっぱりして、するべきではなかったかなという思いがありまして、伺ったわけです。手続的には、そういうことはできなかったということですか。



○議長(加納洋一君) 建設部長 中筬信彦君。



◎建設部長(中筬信彦君) 答弁、大変詳しく申し上げまして、済いません。具体的にということでございましたので、具体的答えさせていただきましたので、今後は注意させていただきます。

 答弁の中でも申しましたように、再三、臨宅、電話その他、一度は約束をしても、約束は果たされないということばかりでございます。私債権でございますので、強制執行権、ございませんので、そういうことで、財産があるのかどうかというのも、これは申告になりますので、私どもとしては一生懸命やったつもりでございます。



○議長(加納洋一君) ほかに質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 次に、報第3号 専決処分の報告について、質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 次に、承第1号 専決処分の承認を求めるについて、質疑はありませんか。

 23番 嶋内九一君。



◆23番(嶋内九一君) この一部条例改正の(1)のアですが、特定配当等譲渡所得ということですが、市長が課税方式を決定できるということ、もうちょっとこの辺、総務部長、細かく。ということは、売買した場合の売却損が出ると、本来なら申告すると、通常で考えると、ある程度売却損だから認められるという普通の素人考えで。

 読売新聞かな、ちょっと見たとこによると、それを申告すると、損でも申告すると、逆に税金の対象になるということが、ちょっとうたったというような気が、そんなの見たんですが、その辺ちょっと違いが、この辺、もうちょっとこれ、詳しくどういうものなのか説明していただきたい。



○議長(加納洋一君) 総務部長 打田浩之君。



◎総務部長(打田浩之君) 今回の改正につきましては、まず、原則分離課税という形にはなっておりますが、確定申告によりまして、所得、総合課税によりまして所得に含めることができるという形はとれます。

 ただ、確定申告の後に、市申告をされまして、それは、総合課税じゃなくて、所得に含めないよという申告をされた場合に、いずれをとるかということについては、今までは、市の所得額を算定するときに、入れる、入れないの話になりますので、どちらかお得な意味があって、その申告をされたと思いますので、その辺を参酌して、今までもこちらで、市長のほうで決定していたものでございますが、それを今回、明確化にしたものという形でございます。

 ですから、国税と市税のほうで課税方法が違った場合、どちらをとるかという選択ができるという形を明確化したものでございます。



○議長(加納洋一君) 23番 嶋内九一君。



◆23番(嶋内九一君) そうすると、納税者が、申告すれば相談に乗っていただくと、二者択一でという形。それを申告しなきゃ、そのままでということになるわけと思うんですが、その辺のことは、来られれば相談に乗ると、そういうアドバイスをすると、その辺のことはどうですか。



○議長(加納洋一君) 総務部長 打田浩之君。



◎総務部長(打田浩之君) 今回の場合は、国税の確定申告と市税の申告書が出た場合、どちらにするかというのは裁量という形でございますが、納税相談はまた別として、どちらがどういうふうに有利になるかとかそういうことを相談されれば、それは、順次対応させていただくという形でございます。



○議長(加納洋一君) ほかに質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 次に、承第2号 専決処分の承認を求めるについて、質疑はありませんか。

 24番 若尾靖男君。



◆24番(若尾靖男君) これ、消防団員の損害保障ということやけど、今、消防団員になっていただく人は、なかなかないということで、非常に困ってるわけですが、そういう中で、これ、今まで消防団員に対するこういう手当とかいろんなものは、減額されるということはほとんど覚えがないわけですが、今回これ、減額になるときは、これ、何か実際は減額されんというようなことかもしれないですけど、どうもその辺が理解できませんので、詳細に御説明をいただきたいと、こういうことでございます。



○議長(加納洋一君) 消防長 加藤法夫君。



◎消防長(加藤法夫君) 今回の改正につきましては、扶養親族のうち、配偶者については減額されておりますけれども、子につきましては増額されておりまして、減額と増額のセットでございますので、お願いいたします。



○議長(加納洋一君) 24番 若尾靖男君。



◆24番(若尾靖男君) それによって、消防団員の方々に不利益が生じるということはないですか。



○議長(加納洋一君) 消防長 加藤法夫君。



◎消防長(加藤法夫君) 休業補償などで試算したところによりますと、子と配偶者、両方いた場合について、30日程度休業されたときでも、差としてはそんなに、数百円程度の差しか出てこないものですから、これによって明らかに不利益をこうむるとか、そういうことはないというふうに考えております。



○議長(加納洋一君) ほかに質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 次に、議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについて、質疑はありませんか。

 13番 三輪寿子君。



◆13番(三輪寿子君) 非常に文言が理解しにくかったものですから、改正内容の(1)と(2)について伺います。

 (1)の「読みかえる場合を追加」、これは、具体的にどういうことなのかということと、(2)の「照会者及び提供者」というふうにありますけれども、これは、誰を指すのか。この2点について。

 あと、これにまつわることなんですが、個人番号のカード交付率というのは、現在までに何人くらい、何%と到達になっているでしょうか。



○議長(加納洋一君) 総務部長 打田浩之君。



◎総務部長(打田浩之君) まず最初の「読みかえ」というものは、もともと法律が改正されまして、市の条例で定める独自事務につきまして、請求ができるという形になっております。

 その手続につきましては、まだ、今回申しましたように、5月30日から施行という形になりますので、その手続は、今までやっておりました区分と法律に基づくものの方法を準用するという形でそれを読みかえるというものでございます。

 2つ目の提供者と照会者でございますが、これは、条例で独自の事務を定めてみえるほかの自治体もございますが、そちらのほうが照会した場合に、それを提供する自治体という形になります。



○議長(加納洋一君) 市民健康部長 水野義弘君。



◎市民健康部長(水野義弘君) マイナンバーの交付ですが、現在、 8,150件ほどになってございます。

 交付率につきましては、人口と比較しますと、約7%か8%ぐらいになるかなというふうに思っております。



○議長(加納洋一君) 13番 三輪寿子君。



◆13番(三輪寿子君) 事務上の手続ということで、大体わかりました。ただ、交付率が大変少ないなというのを感想として持ちました。

 あと、事務手続で、今までに大きなミスはなく、スムーズに効率化はできているのでしょうか。



○議長(加納洋一君) 13番 三輪寿子君に確認しますけど、これ、マイナンバーのほうのことでよろしいですか。



◆13番(三輪寿子君) はい。



○議長(加納洋一君) 市民健康部長 水野義弘君。



◎市民健康部長(水野義弘君) 全国的に見ましても、県下でも七、八%ぐらいだというふうに認識しております。

 トラブル等は、今のところ聞いておりません。



○議長(加納洋一君) ほかに質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。ただいま議題となっております承第1号から議第45号までは、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり、所管の常任委員会へ付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) この際、暫時休憩をいたします。

   午前10時31分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午後1時43分再開



○議長(加納洋一君) 休憩前に引き続き本会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) ただいま休憩中に開催されました各常任委員会及び議会運営委員会において、それぞれ正副委員長が互選されましたので報告をいたします。

 総務常任委員長に若尾敏之君、同副委員長に森  厚君、経済建設常任委員長に松浦利実君、同副委員長に渡部 昇君、厚生環境教育常任委員長に山口真由美君、同副委員長に嶋内九一君、議会運営委員長に安藤英利君、同副委員長に林 美行君以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             総務常任委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定しましたので、会議規則第 109条の規定により報告します。

                   記



事件番号
件名
審査結果


承第1号
専決処分の承認を求めるについて
承認すべきもの


承第2号
専決処分の承認を求めるについて
承認すべきもの


議第45号
多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについて
原案可決



平成29年5月12日

多治見市議会議長 加納洋一様

                       総務常任委員長 若尾敏之

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長 若尾敏之君。

   〔総務常任委員長 若尾敏之君登壇〕(拍手)



◆総務常任委員長(若尾敏之君) それでは、総務常任委員会の審査報告をいたします。

 本日の本会議におきまして、本委員会に付託されました3議案を審査するため、本会議休憩中に本委員会を開催いたしました。

 審査の結果につきましては、お手元の審査報告書のとおり、付託された3議案のうち、承第1号、承第2号、議第45号の3議案につきましては、全員一致でそれぞれ承認または可決すべきものと決しました。

 それでは、審査の過程において、質疑のありました主な内容について簡単に御報告いたします。

 最初に承第1号 専決処分の承認を求めるについては、これまでは特定配当等の所得の申告について、やむを得ない理由で市長が認めたものとなっていたが、今回、市長が課税方式を決定できることが明確化されたので、大きな違いが生じたのではないかとの質疑があり、これまでも、改正と同様な取り扱いで、納税者に対して有利な方式で計算をしており、今回の改正は、その取り扱いを明文化したものであるとの答弁がありました。

 この改正の市民への伝わり方について質疑があり、平成29年度課税で、この改正の対象となる方は市民税申告の1件であり、今回の改正が複雑で市民の状況もさまざまであるので、広報等で市民にお知らせすることは困難だと考えており、ホームページで周知している自治体の事例もあるので、そのような方法を考えているとの答弁がありました。

 次に、承第2号 専決処分の承認を求めるについては、「消防団員等」の指す文言や対象者についての質疑があり、火災現場での消火協力者が「消防団員等」に当たり、女性消防団員も対象となるとの答弁がありました。

 条例の仕組みについて質疑があり、今回の改正は国の政令に基づいて基準を決めており、政令の基準によって、条例で定めることになっているため、全国一律の基準で行うとの答弁がありました。

 最後に、議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについては、マイナンバーカードを持っている市民への影響についての質疑があり、今回の改正が情報連携を行う市の独自事務についてのものであるため、市民への直接影響を及ぼすものではないとの答弁がありました。

 以上が、質疑の主な内容です。

 なお、自由討議、討論はありませんでした。

 以上で、総務常任委員会の審査報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(加納洋一君) ただいまの報告について質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これをもって委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) これより討論を行います。討論の通告がありますので、発言を許可します。

 13番 三輪寿子さん。

   〔13番 三輪寿子君登壇〕



◆13番(三輪寿子君) 議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについて、日本共産党を代表して反対討論を行います。

 特定個人情報の取り扱いについて、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第19条では、個人情報の提供を制限していますが、12号では、刑事捜査やその他法令で定める公益性の必要があるときは例外として、警察が活用できるとしている。監視と管理が強まらないのか心配をされる。

 また、全国で個人情報を取り扱う団体は、法人、人格のない団体等合わせて数百万団体もあり、国の特定個人情報の取り扱いに関する監視・監督する事務局職員は、数十人の配置である。果たして機能するのか心配をされる。

 今回の一部条例改正案は情報連携であり、市の独自事業であるということで、直接市民と関係ないという説明がされているが、自治体のシステム改修費用もふえ、個人情報漏れも危惧される中、より一層厳しい管理、保管、運用が求められます。

 個人番号交付率から見ても、その必要性を感じている国民、市民は大変少ないように思われます。

 したがって、マイナンバー制度から住民を守るためにも、この条例の一部改正には反対といたします。

 御賛同、よろしくお願いいたします。



○議長(加納洋一君) ほかに討論はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) それでは、これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) それでは、これより採決を行います。

 最初に、承第1号 専決処分の承認を求めるについては承認することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は承認することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 次に、承第2号 専決処分の承認を求めるについては承認することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は承認することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) 次に、議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについては、反対討論がありましたので、起立により採決を行います。本案に賛成の諸君は起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(加納洋一君) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

   〔議案配付〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加(議事日程 第2号)



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。ただいまお手元に配付いたしましたとおり、閉会中の継続審査及び調査の申し出についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中の継続審査及び調査の申し出についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 閉会中の継続審査及び調査の申し出について



○議長(加納洋一君) 議事日程第2号 日程第1、閉会中の継続審査及び調査の申し出についてを議題といたします。

 議会運営委員長から、会議規則第 110条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、議員の任期中における閉会中の継続審査及び調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付すことに御異議はありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付すことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(加納洋一君) 以上をもって、本臨時会に付議されました事件は全て議了いたしました。

 本日の会議はこれをもって閉じ、平成29年第2回多治見市議会臨時会を閉会いたします。

   午後1時55分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記会議の顛末を記録し、相違なきことを証するためここに署名する。

  平成29年5月12日

                    多治見市議会議長   加納洋一

                    多治見市議会議員   山中勝正

                    多治見市議会議員   若尾敏之