議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 多治見市

平成29年  5月 臨時会(第2回) 05月10日−01号




平成29年  5月 臨時会(第2回) − 05月10日−01号 − P.0 「(名簿)」








平成29年  5月 臨時会(第2回)



議事日程

平成29年5月10日(水曜日)午前10時開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 報第2号 専決処分の報告について

第4 報第3号 専決処分の報告について

第5 承第1号 専決処分の承認を求めるについて

第6 承第2号 専決処分の承認を求めるについて

第7 議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについて

第8 発議第3号 駅周辺まちづくり特別委員会の廃止について

第9 発議第4号 「テロ等準備罪」の新設について慎重な審議を求める意見書の提出について

第10 休会期間の決定

   (第3から第7まで 提案説明、第8 提案説明〜質疑〜委員会付託(省略)〜討論〜表決、第9 提案説明〜質疑〜委員会付託(省略)〜討論〜表決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第2号)

 平成29年5月10日(水曜日)

 第1 議第46号 議長辞職許可について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第3号)

 平成29年5月10日(水曜日)

 第1 選第1号 議長選挙について

   (選挙)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第4号)

 平成29年5月10日(水曜日)

 第1 議第47号 副議長辞職許可について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程(第5号)

 平成29年5月10日(水曜日)

 第1 選第2号 副議長選挙について

   (選挙)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

議事日程(第1号)から議事日程(第5号)まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

         1番    吉田企貴君

         2番    佐藤信行君

         3番    渡部 昇君

         4番    渡辺泰三君

         5番    山口真由美君

         6番    森  厚君

         7番    寺島芳枝君

         8番    古庄修一君

         9番    柴田雅也君

        10番    松浦利実君

        11番    山中勝正君

        12番    若尾敏之君

        13番    三輪寿子君

        14番    若林正人君

        15番    林 美行君

        16番    加藤元司君

        17番    若尾円三郎君

        18番    安藤英利君

        19番    仙石三喜男君

        20番    加納洋一君

        21番    井上あけみ君

        22番    石田浩司君

        23番    嶋内九一君

        24番    若尾靖男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

        市長          古川雅典君

        副市長         佐藤喜好君

        教育長         渡辺哲郎君

        副教育長        鈴木稔朗君

        企画部長        鈴木良平君

        総務部長        打田浩之君

        福祉部長        纐纈昭司君

        市民健康部長      水野義弘君

        経済部長        細野道仲君

        環境文化部長      樋口正光君

        都市計画部長      日比野昌雄君

        建設部長        中筬信彦君

        水道部長        久野重徳君

        消防長         加藤法夫君

        会計管理者       柳生芳憲君

        監査委員事務局長

        併選挙管理委員会書記長 奥村 清君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

        事務局長        富田明憲

        書記          加藤直美

        書記          皆元健一

        書記          山田直子

        書記          加藤文恵

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

   午前10時01分開会



○議長(加藤元司君) ただいまより、平成29年第2回多治見市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 会議録署名議員の指名



○議長(加藤元司君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則87条の規定により、議長において、11番 山中勝正君、12番 若尾敏之君の両君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 会期の決定



○議長(加藤元司君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今臨時会の会期は、本日より5月12日までの3日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) 御異議なしと認めます。よって、今臨時会の会期は、本日より5月12日までの3日間と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 報第2号から第7 議第45号まで



○議長(加藤元司君) この際、日程第3、報第2号から日程第7、議第45号までを一括議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) 提出議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君登壇〕



◎市長(古川雅典君) 平成29年第2回多治見市議会臨時会の開会に当たり、議員の皆様には、御参集を賜り感謝を申し上げます。

 本臨時会には、専決処分の報告を2件、専決処分の承認2件、条例1件の合計5件を、提案をいたします。

 報第2号及び報第3号 専決処分の報告については、権利の放棄です。

 市営住宅家賃と駐車場使用料及び水道料金の未収金について平成29年3月31日に専決処分をしたため、報告をするものです。

 承第1号及び承第2号は、専決処分の承認です。

 承第1号 専決処分の承認を求めるについては、地方税法等の一部を改正する法律が平成29年3月31日に公布され、一部の規定を除き同年4月1日に施行されたことから、特定配当等に係る所得について市長が課税方式を決定できることを明確化するなど、所要の改正を行ったものです。

 承第2号 専決処分の承認を求めるについては、平成28年度人事院勧告に基づき12月議会で扶養手当を変更したことに伴い、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準について所要の改正を行ったものです。

 議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについては、平成27年9月9日の番号法の一部改正により、条例で定められる事務に係る特定個人情報の提供が認められたため、所要の改正を行うものです。

 以上が提出いたしました議案の概要です。

 詳細につきましては、総務部長が説明をいたします。



○議長(加藤元司君) 引き続き、総務部長に議案の詳細についての説明を求めます。

 総務部長 打田浩之君。

   〔総務部長 打田浩之君登壇〕



◎総務部長(打田浩之君) それでは、議案の詳細につきまして説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 まず、議案集1号冊の1ページをお願いいたします。

 初めに、専決の処分の報告でございます。

 報第2号 専決処分の報告について、専第1号 権利の放棄についてでございます。

 市営住宅の家賃及び駐車場使用料の未収金の権利放棄について、平成29年3月31日に専決処分いたしましたので、御報告するものでございます。

 2ページのほうをごらんいただきたいと思います。

 権利放棄の金額合計といたしましては、 129万 4,420円、債務者は4名分となっております。

 放棄の理由としましては、債務者が死亡し、相続人がいないためが1名、時効期間が満了し、時効の援用が見込まれるためが3名となっております。

 次に、3ページのほうをお願いいたします。

 報第3号 専決処分の報告について、専第2号 権利の放棄についてでございます。

 こちら、水道料金の未収金の権利放棄について、平成29年3月31日に専決処分いたしましたので、御報告するものです。

 6ページから7ページのほうをごらんいただきたいと思います。

 6ページの中ほどで、権利放棄の金額合計が、80万 1,680円、債務者は7ページの最後のほうで、67名分となっております。

 放棄の理由としましては、破産によるものが2名、債務者本人が死亡し、相続人がいないためが1名、時効期間が満了し、時効の援用が見込まれるためが64名となっております。

 次に8ページをお願いいたします。

 承第1号 専決処分の承認を求めるについて、専第3号 多治見市税条例等の一部を改正するについてございますが、こちらは、地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律が平成29年3月31日に公布されたことに伴いまして、多治見市税条例等についても、3月31日付で専決処分により改正を行ったものです。

 改正内容につきましては、2号冊の議案説明資料の1ページにより説明させていただきますので、2号冊の1ページのほうをお願いいたします。

 2号冊の1ページの承第1号のところでございますが、改正趣旨は、今述べたとおりでございます。

 主な改正内容といたしまして、2条立てとなっておりまして、(1)の第1条の多治見市税条例の一部改正では、まずアで、特定配当等、特定株式等譲渡所得金額につきましては、原則分離課税となっておりますが、確定申告等により総合所得課税等の選択が可能となっております。

 確定申告、市申告のいずれの書類も提出された場合に、市長が記載事項及び諸事情を勘案し、所得税と異なる課税方式により市民税を課することができることを明確にしたものでございます。

 今回は、これに租税条約の適用による利子及び配当についても同様に規定しております。

 次に、イの震災等の事由により滅失・損壊した住宅の土地につきまして、被災市街地復興推進地域内にあり、やむを得ない事情により土地を住宅用地として使用できないと認められる場合は、震災等の発生後4年度分の固定資産税に限り当該土地を住宅用とみなす措置を講じることを規定しているほかに、震災関係では、ほかにも滅失・損壊した償却資産にかわるものとして、取得する償却資産に係る固定資産税償却資産分について、最初の4年間について課税標準額を2分の1にすることについても規定しております。

 ウでございます。1頭当たり 100万円未満の肉用牛を売却した際、その頭数が 1,500頭以内であった場合は、その所得に係る住民税が免除される特例措置がございますが、それを3年間延長し、平成33年度まで特例とするものでございます。

 次に、エでございますが、軽自動車税につきましては、グリーン化特例の適用基準の変更と適用期限、平成31年度までの2年間延長する等の改正でございます。

 そのほか、ここには書かれておりませんが、文言や条ずれ、項ずれ等以外の改正としまして、居住用超高層建築物、高さ60メートルを超えるいわゆるタワーマンションに係る固定資産税につきましては、区分所有者ごとに実際の取引価格の傾向を踏まえて補正するように見直されます。

 ただし、区分所有者全員による補正方法の申し出があった場合で、市長がその方法を適当と認めるときは、その補正方法によることができるという改正。

 それと、耐震改修工事や外壁、窓等の改修による熱損失防止工事が行われた住宅のうち、認定長期優良住宅に該当することになったものについて、固定資産税額の3分の2を1年に限り減額する改正などがございます。

 次の(2)第2条でございますが、こちらは昨年の9月議会において御議決いただきました多治見市税条例等の一部を改正する条例の一部改正でございます。

 附則の読みかえ規定の整合を図るために軽自動車税に関する文言の改正を行うものでございます。

 施行期日は平成29年4月1日ですが、第2条の規定は公布の日からとしております。

 また、それぞれに経過措置を定めております。

 次に、1号冊のほうに戻っていただきまして18ページ、2号冊は、次の2ページをお願いいたします。

 承第2号 専決処分の承認を求めるについての専第4号 多治見市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正するについてでございます。

 平成28年度人事院勧告に基づきまして、12月議会におきまして配偶者及び子に係る扶養手当を変更したことに伴いまして、その扶養手当の支給額、支給対象者をもとに定められております非常勤消防団員等に係る損害補償の基準につきまして、平成29年3月31日に専決処分により所要の改正をいたしましたので御承認願うものでございます。

 具体的な改正内容といたしましては、損害補償の算定の基礎となる額の加算額について、配偶者にあっては現在 433円を 333円に、子につきましては1人につき 217円を 267円に、配偶者のない場合には1人に限り 367円を 333円に、配偶者及び子のない場合の扶養親族1人に限り 367円を 300円に改めるものでございます。

 また、該当する者として、子及び孫としていたものをそれぞれ分けて規定するとともに、文言の整理をしたものでございます。

 平成29年4月1日から施行するものといたしまして、経過措置を定めております。

 次に、1号冊の20ページ、2号冊はそのまま2ページをお願いいたします。

 議第45号 多治見市個人情報保護条例の一部を改正するについてでございます。

 平成27年9月9日の番号法の一部改正によりまして、条例で定める独自利用事務の情報連携が新たに定められました。

 今回、平成28年12月28日付の政令によりまして、今年の5月30日から施行することとなったため、所要の改正を行うものでございます。

 具体的には、条例で定める独自利用事務の情報連携が番号法の第19条第8号で追加規定されたため、情報提供ネットワークシステムの使用に関する規定について、法第26条に準用規定が追加されました。これに伴いまして、文言の追加、条ずれ等を改正するものでございます。

 この条例の施行日につきましては、法の附則第1条第5号に掲げる規定の施行の日からということで、実際には、先ほど申しましたように、平成29年5月30日からとなっております。

 以上で、私の説明を終わらせていただきます。御承認、御議決賜りますよう、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第8 発議第3号



○議長(加藤元司君) 次に、日程第8、発議第3号 駅周辺まちづくり特別委員会の廃止についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) 提出議案に対する発議議員の説明を求めます。

 14番 若林正人君。

   〔14番 若林正人君登壇〕



◆14番(若林正人君) 発議第3号 駅周辺まちづくり特別委員会の廃止について提案理由を述べさせていただきます。

 現在の駅周辺まちづくり特別委員会は、平成27年5月に設置され、駅周辺の安全で快適な生活環境の形成等を調査・研究するため、駅北区画整理事業、駅北多目的広場に加え、駅南再開発を含む多治見駅周辺まちづくり事業について、精力的に議論をしてまいりました。

 これまでに、駅北においては、土地区画整理事業はおおむね終了し、虎渓用水広場も完成いたしました。また、駅北市有地の減額貸し付けにより、まちのにぎわいに寄与する施設がオープンするなど、まちづくりの充実が図られています。

 また、駅南においては、昨年度までに準備組合が設立されるなど、駅南再開発事業が順調に進んでおり、大型事業は一定の区切りがついたものと考えられるため、本特別委員会の役割はおおむね終えたのではないでしょうか。

 今後は、駅周辺と郊外を結ぶネットワーク型コンパクトシティ形成や、都市全体を見渡した土地利用の推進、さらには、都市機能や居住機能の立地誘導、公共交通の再編と連携のために、立地適正化計画を策定する予定であります。

 これらの最近の状況から、駅周辺に特化した特別委員会ではなく、市全体としてまちづくりを捉え、所管の常任委員会で調査・研究することが適切であると考え、このたび、会議規則第13条の規定により、当委員会の廃止を提案させていただくものであります。

 御理解の上、御賛同賜りますようによろしくお願いいたします。



○議長(加藤元司君) これより質疑を行います。

 発議第3号 駅周辺まちづくり特別委員会の廃止について、質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) ただいま議題となっております発議第3号 駅周辺まちづくり特別委員会の廃止については、会議規則第36条第2項本文の規定により、委員会の付託を省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) これより討論を行います。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) これにて討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) それでは、これより採決を行います。

 発議第3号 駅周辺まちづくり特別委員会の廃止については、原案どおり可決することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第9 発議第4号



○議長(加藤元司君) 次に、日程第9、発議第4号 「テロ等準備罪」の新設について慎重な審議を求める意見書の提出についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) 提出議案に対する発議議員の説明を求めます。

 14番 若林正人君。

   〔14番 若林正人君登壇〕



◆14番(若林正人君) それでは、発議第4号 「テロ等準備罪」の新設について慎重な審議を求める意見書について、提案説明させていただきます。

 なお、原案の朗読をもちまして、提案説明にかえさせていただきますが、御了承ください。

 我が国は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を3年後に控えており、テロ対策は最重要課題の一つである。国際的犯罪行為を防止するためには、国際社会と緊密に連携することが必要不可欠であり、こうした協力関係を構築する上で、既に 187カ国と地域が締結している国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約を締結することは極めて重要であります。

 現在、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約に基づく国内法の整備の一環として、組織犯罪処罰法の中にテロ等準備罪の新設が提案され審議されているが、現行法においてもテロ行為等の準備行為を処罰する規定が存在しており、現行法の規定に加えて、テロ行為等の準備行為の処罰を一般化する必要性や合理性が明らかにされなければならない。

 また、テロ等準備罪については、一般市民が対象とならないよう、犯罪の主体を組織的犯罪集団とする、対象となる罪を絞り込む、構成要件に準備行為を加えるなどの対応を図るとされているが、さまざまな懸念があると指摘されている。

 犯罪の主体については、政府見解は、正当な活動を行っていた団体であっても、その目的が犯罪を実行することに一変したと認められる場合には、組織的犯罪集団に当たり得るとしており、取り締りの対象になる可能性があると指摘をされている。

 加えて、テロ等準備罪の新設は、未遂に至らない段階の行為にまで処罰範囲を拡大することから、捜査機関による監視等の範囲の拡大につながるおそれがあることも懸念されている。

 よって、本市議会は、国に対し、テロ等準備罪の新設について、国民の理解が得られるよう幅広い観点から慎重に審議されることを強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成29年5月10日。多治見市議会。衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、法務大臣宛て。

 御賛同のほどよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) これより質疑を行います。

 発議第4号 「テロ等準備罪」の新設について慎重な審議を求める意見書の提出について質疑はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) ただいま議題となっております発議第4号は、会議規則第36条第2項本文の規定により、委員会の付託を省略いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) これより討論を行います。

 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。

 13番 三輪寿子さん。

   〔13番 三輪寿子君登壇〕



◆13番(三輪寿子君) 発議第4号 「テロ等準備罪」の新設について慎重な審議を求める意見書案について、日本共産党を代表して、賛成討論を行います。

 この法案の本質は共謀罪であり、 277の罪を準備段階で処罰できる刑事法の原則を犯すものです。現在、刑法は、犯罪が実際に行われた場合に逮捕、処罰するのが原則です。

 今回の共謀罪は、犯罪の相談をしているのだから、予防のために検挙し、処罰してもよいという個人の思想や内心の自由が処罰の対象になります。

 電話盗聴や盗撮、人権侵害のやり方が横行し、さらに最高裁で違法とされたGPS捜査など、基本的人権を侵す手段のおそれもあり、冤罪の発生の可能性が高まります。監視社会の暗い戦前時代へ逆戻りになりかねません。

 国際防止条約の早期締結を理由にしていますが、テロに関する予備罪、準備罪の立法は既にあり、新設の必要はないと考えます。条約締結のために、共謀罪など創設したのは、OECD加盟国35カ国中4カ国のみで、ほとんどは既存の国内法で対応されています。一般の人も捜査対象になり得る憲法が保障する基本的人権、内心の自由が侵されるおそれがあります。

 過去3度廃案になった共謀罪は、テロ等準備罪に名前を変えて閣議決定しましたが、廃案にするためにも慎重審議を求める意見書案に賛成いたします。

 御賛同をよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(加藤元司君) ほかに討論はありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) これにて討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) それでは、これより採決を行います。

 発議第4号 「テロ等準備罪」の新設について慎重な審議を求める意見書の提出については、原案どおり可決することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案どおり可決することと決しました。

 この際、暫時休憩をいたします。

   午前10時25分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午前10時35分再開



○副議長(安藤英利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加(議事日程 第2号)



○副議長(安藤英利君) お諮りいたします。ただいま、加藤元司議長から議長辞職願が提出されましたので、お手元に配付いたしましたとおり、議長辞職許可についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(安藤英利君) 御異議なしと認めます。よって、議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

 16番 加藤元司君に申し上げます。本案は、地方自治法第 117条の規定に抵触いたしますので、議場からあなたの退席を求めます。

   〔16番 加藤元司君退席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 議第46号



○副議長(安藤英利君) それでは、議事日程第2号 日程第1、議第46号 議長辞職許可についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(安藤英利君) お諮りいたします。16番 加藤元司君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(安藤英利君) 御異議なしと認めます。よって、16番 加藤元司君の議長の辞職を許可することに決しました。

 16番 加藤元司君の議長辞職が許可されましたので、除斥を解きます。

   〔16番 加藤元司君着席〕



○副議長(安藤英利君) ここで、16番 加藤元司君から、議長退任の挨拶をお願いいたします。16番 加藤元司君。

   〔16番 加藤元司君 退任挨拶〕(拍手)



○副議長(安藤英利君) 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君 退任に対する挨拶〕(拍手)



○副議長(安藤英利君) この際、暫時休憩します。

   午前10時40分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午後1時45分再開



○副議長(安藤英利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加(議事日程 第3号)



○副議長(安藤英利君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、お手元に配付いたしましたとおり、議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(安藤英利君) 御異議なしと認めます。よって、議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 選第1号



○副議長(安藤英利君) それでは、議事日程第3号 日程第1、選第1号 議長選挙についてを議題といたします。

 本選挙は先ほど議第46号により議長の辞職が許可されましたので、地方自治法第 103条第1項の規定により、選挙を行うものであります。

 これより議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

   〔議場閉鎖〕



○副議長(安藤英利君) ただいまの出席議員数は24名であります。

 これより投票用紙を配付いたします。

   〔投票用紙配付〕



○副議長(安藤英利君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(安藤英利君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○副議長(安藤英利君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順に順次投票をお願いいたします。

   〔議席順に各議員投票〕



○副議長(安藤英利君) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(安藤英利君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕



○副議長(安藤英利君) これより開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、議長において、3番 渡部 昇君、10番 松浦利実君を立会人に指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○副議長(安藤英利君) 立会人は、自席へお戻りください。

 それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数24票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票24票、無効投票ゼロ票です。

 有効投票中、加納洋一君21票、仙石三喜男君3票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、加納洋一君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました加納洋一君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 当選証書をお渡しいたしますので、演壇の前までお越しください。

   〔当選証書授与〕(拍手)



○副議長(安藤英利君) ここで新議長から、就任の挨拶をお願いいたします。

   〔新議長 加納洋一君 就任挨拶〕(拍手)



○副議長(安藤英利君) 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君 就任に対する挨拶〕(拍手)

   〔副議長退席・議長着席〕



○議長(加納洋一君) この際、暫時休憩をいたします。

   午後2時01分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午後2時15分再開



○議長(加納洋一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加(議事日程 第4号)



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。ただいま、安藤英利副議長から副議長辞職願が提出されましたので、お手元に配付いたしましたとおり、副議長辞職許可についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、副議長辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

 18番 安藤英利君に申し上げます。本案は、地方自治法第 117条の規定に抵触いたしますので、議場からあなたの退席を求めます。

   〔18番 安藤英利君退席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 議第47号



○議長(加納洋一君) それでは、議事日程第4号日程第1、議第47号 副議長辞職許可についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加納洋一君) お諮りいたします。18番 安藤英利君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、18番 安藤英利君の副議長の辞職を許可することに決しました。

 18番 安藤英利君の副議長辞職が許可されましたので、除斥を解きます。

   〔18番 安藤英利君着席〕



○議長(加納洋一君) ここで、18番 安藤英利君から、副議長退任の挨拶をお願いいたします。18番 安藤英利君。

   〔18番 安藤英利君 退任挨拶〕(拍手)



○議長(加納洋一君) 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君 退任に対する挨拶〕(拍手)



○議長(加納洋一君) この際、暫時休憩をいたします。

   午後2時20分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午後4時53分再開



○議長(加納洋一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 本日の会議は、議事の都合により、あらかじめこれを延長します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程(議事日程第5号)



○議長(加納洋一君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、お手元に配付いたしましたとおり、副議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、副議長選挙についてを日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 選第2号



○議長(加納洋一君) それでは、議事日程第5号 日程第1、選第2号 副議長選挙についてを議題といたします。

 本選挙は、先ほど議第47号により、副議長の辞職が許可されましたので、地方自治法第 103条第1項の規定により、選挙を行うものであります。

 これより副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

   〔議場閉鎖〕



○議長(加納洋一君) ただいまの出席議員数は24名であります。

 これより投票用紙を配付いたします。

   〔投票用紙配付〕



○議長(加納洋一君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○議長(加納洋一君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順に順次投票をお願いいたします。

   〔議席順に各議員投票〕



○議長(加納洋一君) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕



○議長(加納洋一君) これより開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、議長において、3番 渡部 昇君、10番 松浦利実君を立会人に指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○議長(加納洋一君) 立会人は、自席へお戻りください。

 それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数24票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票24票、無効投票ゼロ票。

 有効投票中、若林正人君10票、三輪寿子君1票、柴田雅也君13票。

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、柴田雅也君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました柴田雅也君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 当選証書をお渡しいたしますので、議長席の前までお越しください。

   〔当選証書授与〕



○議長(加納洋一君) ここで新副議長から、就任の挨拶をお願いいたします。

   〔新副議長 柴田雅也君 就任挨拶〕(拍手)



○議長(加納洋一君) 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君 就任に対する挨拶〕(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第10 休会期間の決定



○議長(加納洋一君) 日程第10、休会期間の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。議事の都合により、明日は休会したいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加納洋一君) 御異議なしと認めます。よって、明日は休会することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(加納洋一君) 以上をもって、本日の日程は全て終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。

   午後5時08分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記会議の顛末を記録し、相違なきことを証するためここに署名する。

  平成29年5月10日

                  多治見市議会議長     加納洋一

                  (旧)多治見市議会議長   加藤元司

                  (旧)多治見市議会副議長  安藤英利

                  多治見市議会議員     山中勝正

                  多治見市議会議員     若尾敏之