議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 多治見市

平成29年  3月 定例会(第1回) 02月22日−01号




平成29年  3月 定例会(第1回) − 02月22日−01号 − P.0 「(名簿)」








平成29年  3月 定例会(第1回)



議事日程

 平成29年2月22日(水曜日)午前10時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 報第1号 専決処分の報告について

 第4 議第1号 多治見市教育長の勤務時間、休暇等及び職務専念義務の特例に関する条例を制定するについて

 第5 議第2号 多治見市新市民病院建設に係る資本整備基金条例を廃止するについて

 第6 議第3号 多治見市中心市街地出店資金融資条例を廃止するについて

 第7 議第4号 多治見市ドメスティック・バイオレンスの被害者等の支援に係る住民票の写しの交付等の制限に関する条例の一部を改正するについて

 第8 議第5号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例を制定するについて

 第9 議第6号 多治見市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正するについて

 第10 議第7号 多治見市特別会計条例の一部を改正するについて

 第11 議第8号 多治見市税条例等の一部を改正するについて

 第12 議第9号 多治見市国民健康保険条例の一部を改正するについて

 第13 議第10号 多治見都市計画地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正するについて

 第14 議第42号 多治見市介護保険条例の一部を改正するについて

 第15 議第11号 平成28年度多治見市一般会計補正予算(第4号)

 第16 議第12号 平成28年度多治見市南姫財産区事業特別会計補正予算(第1号)

 第17 議第13号 平成28年度多治見市土地取得事業特別会計補正予算(第1号)

 第18 議第14号 平成28年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 第19 議第15号 平成28年度多治見市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)

 第20 議第16号 平成28年度多治見市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 第21 議第17号 平成28年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 第22 議第18号 平成28年度多治見市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

 第23 議第19号 平成28年度多治見市廃棄物発電事業特別会計補正予算(第2号)

 第24 議第20号 平成28年度多治見市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

 第25 議第21号 平成28年度多治見市病院事業会計補正予算(第1号)

 第26 議第22号 平成29年度多治見市一般会計予算

 第27 議第23号 平成29年度多治見市南姫財産区事業特別会計予算

 第28 議第24号 平成29年度多治見市土地取得事業特別会計予算

 第29 議第25号 平成29年度多治見市下水道事業特別会計予算

 第30 議第26号 平成29年度多治見市駐車場事業特別会計予算

 第31 議第27号 平成29年度多治見市営住宅敷金等特別会計予算

 第32 議第28号 平成29年度多治見市国民健康保険事業特別会計予算

 第33 議第29号 平成29年度多治見市農業集落排水事業特別会計予算

 第34 議第30号 平成29年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計予算

 第35 議第31号 平成29年度多治見市介護保険事業特別会計予算

 第36 議第32号 平成29年度多治見市後期高齢者医療特別会計予算

 第37 議第33号 平成29年度多治見市水道事業会計予算

 第38 議第34号 平成29年度多治見市病院事業会計予算

 第39 議第35号 財産の取得について

 第40 議第36号 町の区域の変更について

 第41 議第37号 第7次多治見市総合計画基本計画を変更するについて

 第42 議第38号 市道路線の認定について

 第43 議第39号 市道路線の認定について

 第44 議第40号 市道路線の認定について

 第45 議第41号 市道路線の認定について

 第46 休会期間の決定

   (第3から第45まで 提案説明)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

          1番    吉田企貴君

          2番    佐藤信行君

          3番    渡部 昇君

          4番    渡辺泰三君

          5番    山口真由美君

          6番    森  厚君

          7番    寺島芳枝君

          8番    古庄修一君

          9番    柴田雅也君

         10番    松浦利実君

         11番    山中勝正君

         12番    若尾敏之君

         13番    三輪寿子君

         14番    若林正人君

         15番    林 美行君

         16番    加藤元司君

         17番    若尾円三郎君

         18番    安藤英利君

         19番    仙石三喜男君

         20番    加納洋一君

         21番    井上あけみ君

         22番    石田浩司君

         23番    嶋内九一君

         24番    若尾靖男君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者の職氏名

         市長         古川雅典君

         副市長        佐藤喜好君

         教育長        渡辺哲郎君

         副教育長       永冶友見君

         企画部長       鈴木良平君

         総務部長       打田浩之君

         福祉部長       纐纈昭司君

         市民健康部長     水野義弘君

         経済部長       細野道仲君

         環境文化部長     樋口正光君

         都市計画部長     日比野昌雄君

         建設部長       中筬信彦君

         水道部長       久野重徳君

         消防長        加藤法夫君

         会計管理者      柳生芳憲君

         監査委員事務局長

                    奥村 清君

         併選挙管理委員会書記長

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

         事務局長       富田明憲

         書記         加藤直美

         書記         堀田順弥

         書記         山田直子

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

   午前10時00分開会



○議長(加藤元司君) ただいまから、平成29年第1回多治見市議会定例会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(加藤元司君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告についてはお手元に配付いたしましたので、御了承願います。

 以上で、諸般の報告を終わります。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1 会議録署名議員の指名



○議長(加藤元司君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第87の規定により、議長において、1番 吉田企貴君、2番 佐藤信行君の両君を指名いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第2 会期の決定



○議長(加藤元司君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今定例会の会期は、本日より3月17日までの24日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は、本日より3月17日までの24日間とすることに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第3 報第1号から第45 議第41号まで



○議長(加藤元司君) この際、日程第3、報第1号から日程第45、議第41号までを一括議題といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             〔議案掲載省略〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(加藤元司君) 提出議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 古川雅典君。

   〔市長 古川雅典君登壇〕



◎市長(古川雅典君) 平成29年第1回多治見市議会定例会の開会に当たり、議員の皆様には、御参集を賜り感謝を申し上げます。

 議案の説明に入ります前に、前回の定例会以降にありました事案について簡潔に御報告をいたします。

 快挙です。多治見市から甲子園出場が決定いたしました。多治見高校硬式野球部の皆さんの努力と成果がついに実を結び、第89回選抜高等学校野球大会の21世紀枠として甲子園出場が決定いたしました。昨年の秋の岐阜県大会に見事優勝し、堂々と胸を張っての出場です。議員の皆さん、甲子園の大舞台で躍動する多治見高校球児の活躍を期待し、全力で応援をお願いいたします。

 次も快挙です。昨年12月31日、岐阜メモリアルセンターで開催をされましたWBO世界ライトフライ級タイトルマッチにおきまして、田中恒成選手が2階級制覇を達成いたしました。プロ8戦目での日本最速タイ記録と21歳6カ月という国内最年少での2階級制覇の達成です。試合は終始田中選手のペースで進み、見事第5ラウンド1分52秒TKO勝ちをおさめました。田中選手にとって2階級制覇は通過点である、このように言っております。今後とも勝ち続けるよう、皆さんで応援をお願いいたします。

 1月24日、国内飲食店店舗の最大級のプロジェクションマッピングを使ったレストラン、「TREE BY NAKED」建設のための地鎮祭と起工式が、駅北の市有地で開催をされました。虎渓用水広場西側に隣接する土地で、期間限定で月額8万円で貸し付け、まちのにぎわいに寄与するものでございます。4月28日から8月31日までのオープンの特別展「DIGITAL SWEET ART展」を開催した後、9月初旬からレストラン営業を始める予定です。皆さん、大いに期待をしてください。

 次に、モザイクタイルミュージアムの開館以来、見込みを大きく上回る入館者数を数えました。ついに10万人を突破をすることができました。これもひとえに関係者の皆様の御尽力のたまものと深く感謝を申し上げます。3月には笠原中央公民館喫茶室もリニューアルオープンの予定です。ゆっくり休んでいただける場所もできます。今後とも来館者の皆さんが何度も足を運んでいただけるよう、また多くの商談が行われる、そしてタイルが売れる、このような魅力のある建物に成長してまいります。

 最後に、9月には第11回国際陶磁器フェスティバル美濃 '17が開催をされます。グランプリ賞金は陶磁器コンペでは世界最高の 1,000万円。総合プロデューサーは元サッカー選手、日本代表の中田英寿さん。準備は着々と進んでおります。残すところあと半年ほどでございます。本フェスティバルが成功裏に終わることができるよう、皆様の御協力をお願いをいたします。

 次に、本議会に提案をいたしました新年度予算の重要施策について説明をいたします。

 今後の財政状況を見ますと、市税等の歳入増が見込めない中で、福祉、介護、医療の経費が増加し続けます。さらに、駅南市街地再開発事業の本格化や小泉小学校の全面建てかえ、学校調理場の整備など、後世のための健全な財政を堅持しつつ、現在の市民の幸せだけではなく、未来のための投資を積極的に行ってまいります。

 また、老朽化が進む道路や橋梁、上下水道等の生活に必要不可欠な施設の維持管理は必須であり、その経費が膨らむことは明らかです。今後とも持続可能な市政運営のためには、今まで以上の知恵と政策立案能力が必要となってきます。

 こうした状況に対応するため、今年度策定をいたしました第8次行政改革大綱に基づき、職員一人一人の生産性の向上を第一といたします。精華小学校附属愛児幼稚園のように施設の統廃合を進め、事業の見直し等を取り組みます。

 その上で、新年度は、将来のための積み立てた財政調整基金の取り崩し等により財源を確保いたします。新規事業や事業の拡充だけではなく、未来へ向けて種をまく事業の予算についても計上をいたしました。

 一般会計の予算額は 356億 2,500万円で、対前年度から4億 8,000万円余の増額でございます。一般会計に特別会計や企業会計を加えた予算総額は 704億円余となりました。

 それでは、新年度の重点事業について説明をいたします。

 平成32年度に完成を目指す駅南市街地再開発事業は、移住・定住の促進や多治見駅周辺のにぎわいづくりとともに、「ネットワーク型コンパクトシティ」を進める上で核となる重要な事業です。新年度では、特定業務代行者の決定と法定の再開発組合の設立・認可を目指します。また、鉄道やバスの公共交通に加え、タクシーを活用した新たな移動手段である「あいのりタクシー」、こういった運行の補助を開始し、郊外地域などの移動を支援いたします。

 平成23年台風15号の豪雨を受け、水害のない、安心、安全なまちづくりを目指し、浸水対策事業を着実に進めてまいりました。新年度は、平成25年度から平成29年度までの浸水対策実行計画の最終年となります。土岐川左岸ポンプ場や脇之島川の改良工事を完成をさせます。これにより大規模事業はおおむね完了する見込みです。また、浸水シミュレーションを行い、実施施策の事業効果の検証も行います。

 地域で管理をしております防犯灯LED化への補助を平成25年度から5年間の事業として実施をしています。平成28年度末には、90%ほどがLEDに切りかわる見込みでございます。新年度は最終年になります。 100%達成できるような予算計上をさせていただきました。自治会の皆さんに切りかえをお願いしてまいります。

 総合政策の分野ごと、重点事業について説明いたします。

 「安心して子育て・子育ちできるまちづくり」では、「小中学校ICT化元年」、情報通信技術の整備、こういったことをしっかり行ってまいります。10年間の計画に基づいて、学校内でのネットワークやハードウエアの整備を行ってまいります。児童・生徒の学力向上や教職員の働きやすさ、セキュリティ強化を図ります。

 社会全体の課題となっています「子どもの貧困」の状況調査では、岐阜県の補助メニューは新年度予算に計上をされないことが決定いたしました。しかし、私どもは国の補助を活用しながら、本年度はしっかり実施してまいります。

 コーディネーターの配置等により拡充をしてきた放課後児童クラブは、学校内で運営をする、こうした基本方針に基づき、「精華小学校第3たじっこクラブ」を学校内に移転をいたします。

 精華小学校附属愛児幼稚園や昭和小学校近接校対応調理場の建設に入るとともに、小泉小学校の全面建てかえの基本設計を進めます。また、調理場整備計画では、持続可能な公共施設管理の観点を取り入れた計画となるよう見直しを行います。

 少子化対策として、一般不妊治療費の助成に加え、特定不妊治療の助成を始めます。

 次に、「健康で元気に暮らせるまちづくり」では、高齢者を地域で支え合う「地域包括ケア」を推進するため、拠点整備や人財育成、地域の自主的な活動を支援いたします。また、6カ所目の地域包括支援センターを北栄地域に増設いたします。

 健康増進では、各種健診や生活習慣病予防等に引き続き取り組むとともに、健康寿命延伸都市協議会を多治見市で開催いたします。

 次に、「にぎわいと活力のあるまちづくり」では、観光客の受け入れ態勢を強化するため、観光協会を法人化をいたします。多言語のホームページの開設「美濃焼こみち事業」等の観光宣伝事業を充実をいたします。「国際陶磁器フェスティバル美濃 '17」が開催されることから、美濃焼ミュージアムやモザイクタイルミュージアムと連携をし、誘客をさらに促進をいたします。

 また、陶磁器意匠研究所の外国人研究生に4人が合格をいたしました。美濃焼の魅力を世界に発信し、陶磁器に携わる人材の育成を進めます。

 多治見駅北地区では、景観整備工事を進めるとともに、事業の清算に向けた換地計画等を作成をいたします。また、「有限責任事業組合キメラ」によるプロジェクションマッピングを駆使した飲食店がオープンをいたします。多治見駅南北自由通路を中心に無料のWi−Fi環境を整備するなど、まちの魅力が向上をいたします。

 企業誘致では、長瀬テクノパークへの誘致活動を継続し、新年度内での誘致企業の決定、発表を目指します。

 次に、「安全・安心で快適に暮らせるまちづくり」では、移住・定住促進策の拡充として、空き家の建てかえやリフォームに対する補助制度を地域限定で行っておりました。これを市内全域に拡大をする、このような制度拡充を行います。

 また、本市の魅力を紹介する動画の作成やホームページの開設、パンフレットの改訂など、効果的な情報発信を行います。

 道路改良工事では、若松町交差点、これはバロー若松町店の北側の変形交差点でございます。これを円形交差点、ラウンドアバウトにするという整備を進め、用地測量や補償調査、詳細設計を行います。

 地域防災力の拡充を図るため、新たに大学生等の消防団活動認証制度を制定するなど、消防団の加入を促進をいたします。

 平成15年度から稼働しております三の倉センターは、長寿命化計画を行います。一般的に焼却炉の寿命は15年程度と言われておりますが、平成44年度まで使用できるよう、前後期4年の計8年間をかけ改良工事を行います。

 次に、「市民がお互いに助け合う学び合うまちづくり」では、地域防災リーダーの育成や小中学校での防災教育の試行、地域の自発的な活動の支援を通じ、地域の助け合いの意識を高めます。

 第3次男女共同参画プランを策定するとともに、男女共同参画推進審議会への体制を強化することで、一人一人の個性や能力を発揮し、あらゆる分野で活躍できる社会の実現を目指します。

 最後に、「政策を実行・実現する行財政運営」では、第8次行政改革大綱を実行し、効率的な行政運営を進めるとともに、公共施設全体のマネジメント方針を固め、市民アンケート調査や積極的な情報提供を行います。

 情報システムでは、平成30年度からの稼働を目指し、基幹系業務システムの再構築を行います。

 「まるごと元気!多治見」を基本方針とした、ロケットスタートをいたしました第7次総合計画が2年目を迎えます。実行・実現に向け、スピードと正確さを持って、着実に政策を推進してまいります。

 続きまして、議案の説明に入ります。

 本定例会には、専決処分の報告1件、条例11件、補正予算11件、新年度予算13件、その他7件の計43件を提案させていただきます。

 初めに、報第1号 専決処分の報告については、損害賠償の額を定める専決処分の報告です。

 次に、条例について説明をいたします。

 議第1号 多治見市教育長の勤務時間、休暇等及び職務専念義務の特例に関する条例を制定するについては、教育長が一般職の職員から特別職の職員に位置づけられることに伴い、勤務時間等について定めるものでございます。

 議第2号 多治見市新市民病院建設に係る資本整備基金条例を廃止するについては、新市民病院建設に係る基金について、企業債の償還が終了し、その目的を終えたため、基金を廃止するものです。

 議第3号 多治見市中心市街地出店資金融資条例を廃止するについては、中心市街地出店資金融資については、今後の利用見込みがないため、条例を廃止するものです。

 議第4号 多治見市ドメスティック・バイオレンスの被害者等の支援に係る住民票の写しの交付等の制限に関する条例を一部改正するについては、関係法令の一部改正に伴う条ずれについて、所要の改正を行うものです。

 議第5号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例を制定するについては、議第1号と同様、教育長が一般職の職員から特別職の職員に位置づけることに伴い、関係5条例の一部改正を行うものです。

 議第6号 多治見市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正するについては、関係法令の一部改正に伴い、育児休業の対象となる子の範囲の拡大について、所要の改正を行うものです。

 議第7号 多治見市特別会計条例の一部を改正するについては、廃棄物発電事業特別会計について、電気事業債の償還が終了し、その目的を終えるため、当該特別会計を廃止するものです。

 議第8号 多治見市税条例等の一部を改正するについては、消費税の増税延期による地方税法等の一部改正に伴い、個人市民税における住宅借入金等特別控除の適用期限の延長等について、所要の改正を行うものです。

 議第9号 多治見市国民健康保険条例の一部を改正するについては、関係法令の改正に伴い、国民健康保険の保険料について、所要の改正を行うものです。

 議第10号 多治見都市計画地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正するについては、多治見駅前中之郷地区地区計画に係る建築物の用途の制限について、所要の改正を行うものです。

 議第42号 多治見市介護保険条例の一部を改正するについては、消費税の増税延期に伴い、介護保険料の保険料について、所要の改正を行うものです。

 次に、補正予算について説明をいたします。

 議第11号 平成28年度多治見市一般会計補正予算(第4号)については、5億 2,000万円余の増額補正を行うものです。

 歳出の増額の主な内容は、先行取得をしました土地の買い戻し、養正小学校への太陽光発電設備と蓄電池の設置、将来の負担軽減のためや新市民病院建設資本整備基金の廃止に伴う基金の積み立て、選抜高等学校野球大会に出場する多治見高等学校の応援への補助等です。

 減額につきましては、予算の執行状況を踏まえ減額するもの、契約差金の整理等です。

 繰越明許費は、事業の進捗状況により翌年度に繰り越すものです。

 議第12号 平成28年度多治見市南姫財産区事業特別会計補正予算(第1号)から議第21

号 平成28年度多治見市病院事業会計補正予算(第1号)までは、特別会計、企業会計の補正予算です。下水道事業特別会計や多治見駅北土地区画整理事業特別会計において、事業の進捗に伴う工事請負費等の増減のほか、各会計の予算の過不足を整理するものです。

 次に、議第22号 平成29年度多治見市一般会計予算です。

 予算総額は 356億円余で、前年度よりも5億円ほどの増額となりました。

 歳入予算では、企業誘致等の効果が見込まれるものの、「ふるさと納税」の影響を見込み、市税を 139億円余と見込んでいます。財政調整基金からは、災害対策経費に充てる額を含め、前年度よりも2億 4,000万円の増額の13億 4,000万円を繰り入れます。臨時財政対策債は、発行可能額の増加が見込まれることもあり、対前年度よりも1億円増の11億円としています。

 歳出予算で、総務費は、基幹系システムの再構築や退職手当等の増があるものの、バロー文化ホールの整備工事の完了等により減額をしています。

 民生費は、民間保育所施設整備への助成や自立支援給付費等の増により、年金生活者等支援臨時福祉給付金の減があるものの、増額となっています。

 衛生費は、三の倉センター長寿命化改良工事が始まることから増額となっています。

 商工費は、国際陶磁器フェスティバル美濃 '17への負担金や観光宣伝事業の充実により増額をしています。

 土木費は、駅南市街地再開発事業や道路改良事業等により増額となっています。

 教育費は、精華小学校附属愛児幼稚園の建設があるものの、星ケ台陸上競技場第2種公認継続に係る改修工事の完了等により減額となっています。

 次に、議第23号 平成29年度多治見市南姫財産区事業特別会計予算から議第34号 平成29年度多治見市病院事業会計予算までは、特別会計、企業会計です。

 下水道事業特別会計では、浸水対策事業のうち土岐川右岸ポンプ場の完成により減額となっています。

 国民健康保険事業特別会計は、被保険者数の減により減額となっています。

 多治見駅北土地区画整理事業特別会計は、景観整備工事等の進捗により減額となっています。

 介護保険事業特別会計は、給付費の増により増額となっています。

 水道事業会計は、岐阜県生活基盤施設耐震化等交付金事業や滝呂台配水池更新事業の予算を計上しています。

 病院事業会計は、企業債元金償還の減により減額となっています。

 次に、その他の議案について説明をいたします。

 議第35号 財産の取得については、たじみ創造館の土地、建物を独立行政法人中小企業基盤整備機構から取得をするものです。

 議第36号 町の区域の変更については、多治見駅北土地区画整理事業の進捗に伴い、事業区画内の町の区域を変更するものです。

 議第37号 第7次多治見市総合計画基本計画を変更するについては、大原区運営基金を活用し、老朽化した大原児童館を複合施設として建てかえることについて、総合計画基本計画に記載するものです。

 議第38号 市道路線の認定についてから議第41号 市道路線の認定についてまでは、市道路線の認定でございます。

 以上が今議会に提案をいたしました議案の概要でございます。

 詳細については、総務部長から説明をいたします。



○議長(加藤元司君) 引き続き、総務部長に議案の詳細について説明を求めます。

 総務部長 打田浩之君。

   〔総務部長 打田浩之君登壇〕



◎総務部長(打田浩之君) 議案の詳細につきまして、説明させていただきます。よろしくお願いいたします。

 それでは、議案集1号冊の1ページをお願いいたします。

 まず初めに、報第1号 専決処分の報告について専第24号 損害賠償の額を定めるについてでございます。

 平成28年10月9日午後6時50分ごろ、岐阜大学への出張の帰りに岐阜市芥見大船2丁目地内の県道93号線におきまして、本市職員の運転する公用車が信号待ちから発進する際に、前方に停車中の普通自動車に追突し、同車両の後部を破損させたものでございます。これに対する損害賠償額を、平成28年12月1日、36万 461円と定め専決処分いたしましたので報告するものでございます。

 次に、2ページをお願いいたします。

 議第1号 多治見市教育長の勤務時間、休暇等及び職務専念義務の特例に関する条例を制定するについてでございます。

 教育長が一般職から特別職に位置づけられましたため、教育長の勤務時間、休日・休暇並びに職務専念義務の特例を定めるものでございまして、職員の例によることとしているものでございます。

 施行日は公布の日から、ただし「在職特例期間」においては従前の例によることとしております。

 4ページをお願いいたします。

 議第2号 多治見市新市民病院建設に係る資本整備基金を廃止するについてでございます。

 この3月で新市民病院の建設当時に購入いたしました医療機器の企業債償還が終了するため、その目的を終える当該基金を廃止するものでございます。

 施行日は平成29年3月31日となっております。

 5ページをお願いいたします。

 議第3号 多治見市中心市街地出店資金融資条例を廃止するについてでございます。

 当該融資制度は平成12年に中心市街地活性化を目的に開始されましたが、平成15年度以降の利用はなく、市中金融機関におきましても低金利の融資が行われていることから制度を廃止するものでございます。

 施行日は平成29年4月1日からとなっております。

 6ページをお願いいたします。

 議第4号 多治見市ドメスティック・バイオレンスの被害者等の支援に係る住民票の写しの交付等の制限に関する条例の一部を改正するについてでございます。

 インターネット等によりますストーカー行為を新たに規定し、警察が早期に対応できるように法律が改正されましたため、引用している箇所の条ずれを改正するものでございます。第1条では、法律でストーカー行為を規定している第7条第1項が第7条となったため改正するもので、第2条は、警告を経なくても禁止命令等ができるように法律が改正される中で、法の第6条が削除をされ、さきの第7条が第6条となるため、おのおの条ずれ等を改正するものでございます。

 施行日は、第1条が公布の日から、第2条はこの部分の法律改正の施行日に合わせ、平成29年6月14日からとなっております。

 次に、7ページをお願いいたします。

 議第5号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例を制定するについてでございます。

 教育長が特別職に位置づけられましたため、定数、旅費、給料、退職手当に関する5条例を改正するものでございまして、第1条及び第2条の「多治見市職員定数条例」と「多治見市非常勤の特別職員の報酬及び費用弁償に関する条例」から教育長部分を削りまして、8ページのほうに行きますが、第3条及び第4条で「多治見市常勤の特別職員の給与に関する条例」と「多治見市職員等の旅費に関する条例」に教育長について規定するものでございます。給料月額は、現状と同じ66万 5,000円。さらに、第5条で「多治見市職員退職手当に関する条例」におきまして、前任者の残任期間に教育長となった者が引き続き教育長になった場合、残任期間を通算せず任期ごとに支払うこととする規定の変更と、休職した日数の2分の1を在職期間から除く計算につきまして、教育長部分を削るものでございます。

 施行日は公布の日からとなっております。

 10ページをお願いいたします。

 議第6号 多治見市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正するについてでございます。

 人事院勧告を受けまして、地方公務員の育児休業に関する法律の一部が改正されたことに伴い当条例を改正するものでございまして、第1条では、法律改正によりまして育児休業の対象となる子の範囲が拡大されたことに伴いまして、それに準ずるものとして条例で定める者を、「親権者の意に反するため、養子縁組によって養親となることを希望している者として児童を委託できない養育里親に委託されている子」を対象とすること。また、育児休業及び育児短時間勤務を承認する特別の事情について養子縁組に関する規定を加えていること。第2条としまして、養育里親の根拠条文等を改めるものでございます。

 施行日は、第1条は公布の日から、第2条は平成29年4月1日からとしております。

 12ページをお願いいたします。

 議第7号 多治見市特別会計条例の一部を改正するについてでございます。

 平成13年4月創設の廃棄物発電特別会計につきましては、電気事業債の元利償還が今年度で終了することを契機に廃止するものでございます。

 施行日は平成29年4月1日からとしております。

 13ページをお願いいたします。

 議第8号 多治見市税条例等の一部を改正するについてでございます。

 第1条は、個人市民税におけます住宅借入金等特別控除期限を2年間延長するもの。第2条は、「多治見市税条例の一部を改正する条例」の一部改正で、もともとは6月議会に予定しておりました改正の残っている部分を改正するものでございます。大きく3点ございまして、1つ目は、軽自動車のグリーン化特例の1年延期、2つ目は、軽自動車の環境性能割の導入と従来の軽自動車税を種別割とすること、3つ目が、法人市民税の法人税割の税率を12.1%から 8.4%へ引き下げることでございます。

 施行日は公布の日からとしております。

 次に、22ページをお願いいたします。

 議第9号 多治見市国民健康保険条例等の一部を改正するについてでございます。

 国民健康保険料の所得割の算定及びその減額におきまして、上場株式の配当所得等の金額について損益通算、繰越控除等を反映させることとする改正でございまして、施行日は公布の日からとしております。

 次に、24ページをお願いいたします。

 議第10号 多治見都市計画地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正するについてでございます。

 12区の中之郷地区地区計画で定めました建築物の用途制限につきまして、建築確認の審査事項とするため改正を行うものでございます。

 施行日は中之郷地区地区計画に係る都市計画決定告示日の翌日としております。

 38ページ、最終ページになりますが、そちらのほうをお願いいたします。

 議第42号 多治見市介護保険条例の一部を改正するについてでございます。

 平成26年度の消費税率5%から8%への改正に伴いまして、平成27年度・平成28年度に限り、第1段階の介護保険料を年額3万 1,200円から2万 8,080円に軽減しております。

 消費税率10%への引き上げが平成31年10月に延期されたことに伴いまして、この軽減期間を平成29年度まで1年間延長するよう改正するものでございます。

 施行日は平成29年4月1日からとなっております。

 以上で条例の説明を終わらせていただきます。

 次に、補正予算のほうを御説明いたしますので、2号冊のほうをお願いいたします。2号冊の1ページをお願いいたします。

 議第11号 平成28年度多治見市一般会計補正予算(第4号)でございます。

 第1条は、歳入歳出予算にそれぞれ5億 2,372万 4,000円を追加するもので、第2条は継続費の変更、第3条は繰越明許費の追加、第4条は債務負担行為の補正、第5条は地方債の補正をお願いするものでございます。

 初めに、歳入につきまして、10ページをお願いいたします。

 第1款の市税につきましては、固定資産税、軽自動車税、都市計画税の決算見込みによるもので、1億円の増額としております。

 第3款の利子割交付金、第4款の配当割交付金、第10款の地方特例交付金は、今までの交付実績等により整理したものでございます。

 第11款の地方交付税は、普通交付税の確定によりまして 9,441万 1,000円を増額するものでございます。

 次に、16ページから17ページにわたって第15款の国庫補助金がございますが、この中の説明欄に幾つか地方創生推進交付金が出てまいります。合計で 9,415万 4,000円を計上しておりますが、これにより浮いてきます一般財源につきましては、平成29年度の当初予算の財源とするため財政調整基金に積み立てております。

 次に、24ページをお願いいたします。

 第22款市債でございますが、昭和小学校近接校対応調理場整備等に国の補助が認められたことによりまして、市債の増額や事業費の確定による減額及び整理と臨時財政対策債の1億円の減額となっております。

 次に、歳出について御説明を申し上げます。

 今回の補正予算の多くは事業費の確定などによる予算の整理でございますが、それ以外の主なものにつきまして御説明申し上げます。

 初めに、26ページ財政調整基金積立金3億 5,799万 9,000円でございますが、こちらには災害留保分の積み戻しで約1億 8,500万円、それから新市民病院建設資金整備基金廃止、先ほども条例に出てきておりましたが、それに伴う戻し入れで約 7,700万円、それと先ほど申しました地方創生推進交付金約 9,400万円のものが積み立ての主なものでございます。下の市債償還対策基金積立金1億 8,759万 4,000円は、そのうちの約1億 3,400万円が市民病院の基金廃止に伴う戻し入れとなっております。その下、1つ飛んでです。庁舎建設基金積立金1億 400万 3,000円は、平成34年度までに目標額20億円を積み立てるために今年度1億円積み増すものでございます。

 続きまして、32ページをお願いします。

 一番上の保育所施設型給付費 2,466万 5,000円につきましては、利用者からの徴収金の減に伴う扶助費の増額でございます。

 次に、34ページお願いいたします。

 上段の一番下のところにあります病院事業会計負担金(基準外) 2,000万円につきましては、平成26年度に行いました血管造影X線撮影室の改修工事の市の負担金が約 5,900万円ほどありますが、これを5年分割で支払っているところでございます。病院資本整備基金の廃止に伴いまして、残り2年分を繰り上げして支払うものでございます。

 次に、37ページをお願いいたします。

 中段の下のところですが、道路改良事業費(単独) 4,550万 6,000円は、土地取得会計で先行取得した土地の買い戻しとなっております。

 38ページ上から2つ目の駅周辺整備調査事業費 2,500万円は、地域経済循環創造事業交付金の内示によりまして有限責任事業組合キメラに補助するものでございます。

 次に、41ページをお願いいたします。

 上から2つ目、小学校施設改良事業費1億 5,781万 3,000円につきましては、精華小学校の用地買い戻しと環境技術促進協会の助成が決定されたことによる養正小学校太陽光パネルの設置工事となっております。

 次に、43ページをお願いいたします。

 一番下の選抜高等学校野球大会出場校応援費 284万円につきましては、多治見高校の甲子園出場に伴う市民応援バスへの補助やパブリックビューイングに係る経費などでございます。

 次に6ページに戻っていただきまして、継続費の補正でございます。

 2つございまして、火葬場環境影響評価追跡調査につきましては、契約額確定による年割額の変更でございます。昭和小学校近接校対応調理場建設事業につきましては、期間と年割額の変更となっております。

 7ページのほうは繰越明許費となってございます。今年度内に事業完了が困難な13事業を翌年度に繰り越すもので、この中には、今回補正にも上がっております有限責任事業組合キメラへの補助と養正小学校の太陽光発電設備の設置も含んでおります。

 8ページをお願いいたします。

 債務負担行為の変更は、文書管理・財務会計システム運用保守業務委託につきまして、カスタマイズ部分の保守分を増額するものでございます。

 次に、9ページの地方債の補正は、追加2件、変更11件で、事業費の増減に伴い追加・変更するものでございます。

 一般会計の説明は以上でございます。

 次に、特別会計でございますが、51ページをお願いいたします。

 議第12号 平成28年度多治見市南姫財産区事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、予算の増減はございませんが、54ページにありますように人事院勧告による人件費の増に伴いまして、事務職員人件費繰出金を7万 5,000円増額し、同額を基金積立金から減額するものでございます。

 次に、55ページをお願いします。

 議第13号 平成28年度多治見市土地取得事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億 7,378万円を追加するもので、先ほど御説明いたしました一般会計での土地の買い戻し分を土地開発基金に積み立てるもので、精華小学校の用地取得を繰越明許としております。

 次に、63ページをお願いします。

 議第14号 平成28年度多治見市下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ1億 1,934万 3,000円を減額するもので、事業費の確定及び国の補助額確定に伴う減額によるものでございます。

 65ページにつきましては継続費の補正で、継続費の地方公営企業法準備事業は事業年度、事業費等を変更するもの、土岐川左岸ポンプ場の土木建築工事及び機械電気工事につきましては年割額の調整をするものでございます。

 次に、66ページをお願いします。

 繰越明許費で、事業進捗の状況によりまして3事業を繰り越すものでございます。

 67ページは地方債の補正で、事業費の減額により限度額を 5,340万円減額するものでございます。

 次に、75ページをお願いいたします。

 議第15号 平成28年度多治見市駐車場事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ 729万 2,000円を追加するもので、繰越金及び利用料金の増額に伴う積立金の増額と利用料金の増収に伴い繰入金を市債償還額の4割から2割にしたことによる財源変更となっております。

 次に、81ページをお願いいたします。

 議第16号 平成28年度多治見市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ8億 8,813万 3,000円を減額するもので、給付費の確定等による整理でございます。

 次に、95ページをお願いします。

 議第17号 平成28年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ 6,248万 4,000円を減額するもので、事業費の確定見込みによる予算の整理でございます。

 また、97ページにあります繰越明許費につきましては、地元及び電線管理者との調整のおくれによる2事業を繰越明許費とするものでございます。

 98ページは地方債の補正で、事業費の減額によりまして限度額を 3,020万円減額するものでございます。

 次に、 105ページをお願いいたします。

 議第18号 平成28年度多治見市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)は、歳入歳出予算の総額からそれぞれ 1,076万 2,000円を減額するもので、事業費の確定見込みによる予算の整理となっております。

  107ページにございます継続費の補正は、契約確定に伴う総額と年割額の変更となっております。

 次に、 117ページをお願いいたします。

 議第19号 平成28年度多治見市廃棄物発電事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ 355万 4,000円を追加するもので、特別会計の廃止に伴う一般会計への繰り出しの増額となっております。

 次に、 123ページをお願いします。

 議第20号 平成28年度多治見市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ 135万 4,000円を追加するもので、保険料軽減分の確定に伴います保険基盤安定負担金の増額となっております。

 次に、 129ページの議第21号 平成28年度多治見市病院事業会計補正予算(第1号)につきましては、事業費の確定見込みによる予算の整理と新市民病院建設資本整備基金の廃止に伴い、先ほど申しましたように5年分割で支払っていた血管造影X線室の改修の市負担分残り2年分の 2,000万円を清算するものでございます。

 次に、 137ページでございます。

 財政判断指数につきましては、いずれも引き続き目標値、基準値を上回っておりまして、健全な状態と言えると思っております。

 補正予算の説明は以上でございます。

 次に、平成29年度当初予算につきまして御説明申し上げます。

 まずは、総括的な説明ということで、4号冊のほうの議案説明資料の33ページをお願いいたします。予算総括集計表をごらんいただきたいと思います。

 初めに、一般会計ですが、歳出の本年度予算額が、総額 356億 2,500万円で、前年度と比較しますと4億 8,800万円の増となっております。これは、民生費で扶助費などの増加ですとか、駅南市街地再整備事業、それから愛児精華統合幼稚園建設事業等による増となっております。

 特別会計・企業会計では、介護保険事業特別会計が3億 5,080万 9,000円の増と、依然として増加の傾向が続いておりますが、下水道事業特別会計と国民健康保険事業特別会計が減少していることから、合計で4億 6,000万円ほどの減となっております。

 それでは、次に3号冊の1ページをお願いいたします。

 議第22号 平成29年度多治見市一般会計予算でございます。

 第1条、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 356億 2,500万円と定めております。

 第2条は継続費、第3条は債務負担行為、第4条は地方債、第5条は一時借入金で、最高額を20億円と定めております。

 次に、一般会計の概要について説明させていただきます。

 先ほどの4号冊に戻りますが、34ページの一般会計予算歳入集計表をごらんいただきたいと思います。

 第1款の市税では、先ほど市長提案にもございましたように、ふるさと納税による個人市民税の減少も考慮した結果、ほぼ昨年並みの 1,800万円ほどの増加となっております。

 第2款の地方譲与税から第11款地方交付税までは、地方財政計画に基づき算定しました。その結果、地方交付税では1億 2,000万円の減額、その他は合計で 1,900万円の減額となりました。

 第15款の国庫支出金につきましては 5,634万 1,000円の減と平成28年度と大きくは変化しておりませんが、この中には地方創生推進交付金を1億円見込んでおります。

 それから、第19款の繰入金は、財政調整基金からの繰り入れが2億 4,000万円増加しているものの、修繕引当基金と新市民病院建設資本整備基金からの繰入金が減少しまして2億 2,000万円ほどの減となっております。

 第22款の市債につきましては、臨時財政対策債を1億円ふやすとともに、事業費の増に伴い、廃棄物処理整備事業債や幼稚園園舎建設事業債が増加したため6億 1,850万円の増加となりました。

 次に、歳出について説明させていただきます。

 40ページをお願いいたします。

 一般会計款別予算歳出集計表ですが、大きな増減があった款の内容は先ほどの市長提案のとおりでございます。

 1つだけ補足させていただきますのが、13款の、下から欄の3つ目になりますが、諸支出金でございます。平成28年度に比べ約 9,400万円、約 4.7倍の増となっておりますが、これは、たじみ総合館の土地建物の取得によるもので増加しておるものでございます。

 それでは、歳出の個々の事業について、市長提案と重なる部分も多々あると思いますが、新規事業など主なものを説明させていただきます。

 そのまま4号冊の67ページからをお願いしたいと思います。

 初めに、総務費でございますが、67ページの18番の防犯灯LED化事業補助金 1,200万円は、5カ年事業の最終年度となりますため、切りかえ率 100%を目指した予算となっております。

 19番の定住化促進関係費 891万円は、当市への移住定住を促進するためにウエブページ・PR動画の作成などを行うものでございます。

 23番の地域内交通運行支援事業費50万円は、郊外交通におけるお出かけの足確保のため「あいのりタクシー」に補助するものでございます。

 次に、民生費でございますが、69ページをお願いいたします。

 上から2つ目、35番の自立支援給付費16億 2,690万円は、これは増加傾向にございまして、28年度に比べ1億 2,000万円ほどの増加となっております。

 36番の放課後児童健全育成事業費2億 1,362万 2,000円は、たじっこクラブの運営費と精華小学校第3たじっこクラブを学校内に移転するための経費となっております。

 37番の子どもの貧困対策推進費 302万 5,000円は、これも市長提案にございましたが、国の補助を活用し子どもの貧困に係る実態調査を行うものでございます。

 次に、衛生費ですが、同じページの42番、下から4つ目でございます。不妊治療給付事業費 1,501万 5,000円でございますが、これは一般不妊治療に加えまして、特定不妊治療についても助成するものでございます。

 44番、三の倉センター大規模整備費2億 2,440万円は、施設の長寿命化を図るため平成31年度までの継続事業として改良工事を行うものでございます。

 次に、商工費でございますが、70ページをお願いいたします。

 48番、企業誘致事業費2億 1,920万 7,000円は、引き続き長瀬テクノパーク開発事業及び誘致活動を行うとともに、将来の工業団地開発に向けた可能性調査を行います。

 50番の観光宣伝事業費 4,970万 6,000円は、多治見観光協会の支援を行うほか、多治見駅周辺に無料Wi−Fi環境を整備するものでございます。

 53番、国際陶磁器フェスティバル関連費では 5,209万 3,000円を計上しておるところでございます。

 次に、土木費です。71ページの57番、道路改良事業費(単独)1億 5,351万 2,000円には、若松町交差点のラウンドアバウトによる整備の測量ですとか補償調査及び設計を含んでございます。

 63番、都市計画基礎事業費 1,849万 7,000円は、コンパクトシティ形成に向けて2カ年で立地適正化計画を策定するものでございます。

 65番、駅南市街地再整備事業費3億 4,720万円は、特定業務代行者を決定し組合の設立認可が受けられるよう支援していくものでございます。

 72ページの66番、空き家対策事業費 700万円は、対象地域、対象者を拡大いたしまして実施していきます。

 70番をお願いします。笠原記念公園整備事業費 3,805万 9,000円は、笠原の神戸栄土地区画整理区域内に仮称ですが東公園を整備するものでございます。

 次に、消防費でございますが、78番、消防緊急通信指令施設整備費 3,996万円は、高機能消防指令システムの部分更新を行うものでございます。

 79番の非常備消防車両購入費 2,824万 3,000円は、脇之島分団の消防ポンプ自動車と小型動力ポンプ付積載車を更新整備するものでございます。

 最後に教育費でございますが、73ページ87番の小泉小学校建替事業費 4,213万円は、施設整備方針の検討とともに、基本設計、測量等を行っていくものでございます。

 74ページ88番の小中学校のパソコン整備事業で合計 7,428万円は、学力向上、教職員の働きやすさ、あとセキュリティ強化のため10カ年の計画でICT化に取り組むものの1年目の金額となっております。

 90番、愛児・精華統合幼稚園建設事業費3億 9,724万 9,000円は、平成31年4月開園を目指し整備を行っていくものでございます。

 75ページの97番、昭和小近接校対応調理場建設事業費2億 1,557万 3,000円は、引き続き調理場建設を進めてまいりますとともに、ファシリティマネジメントの観点から調理場整備計画を見直してまいります。

 次に、3号冊に戻っていただきまして、5ページの継続費でございます。

 今年度から新たに継続費を設定いたします事業は3事業ございまして、1つ目は仮称大原児童館建設事業で、これは土地の造成工事分を2年間 9,766万 2,000円で実施するものでございます。2つ目は、三の倉センター第2期基幹改良長寿命化工事で、平成31年度までの3年間、8億 1,532万 5,000円の事業となっております。3番目は、愛児・精華統合幼稚園建設事業で、2年間で5億 2,330万 6,000円の事業でございます。

 次に、6ページから9ページでは、合計62の項目につきまして債務負担行為を設定しております。

 また、10ページのところでは、18の事業債について限度額を定めておるところでございます。

 一般会計の予算については以上でございます。

 続きまして、特別会計でございますが、3号冊 151ページをお願いいたします。

 議第23号 平成29年度多治見市南姫財産区事業特別予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 1,743万円と定めるもので、前年度と比較しますと 2,147万 5,000円の減でございます。平成28年度に駐車場の土地取得代として 2,000万円ほどを一般会計へ繰り出しておりましたので、この分が減となっております。

 次に、 161ページをお願いいたします。

 議第24号 平成29年度多治見市土地取得事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7億 2,807万 1,000円と定めるもので、前年度と比較しますと 2,958万 1,000円の増でございます。主に公共用地の先行取得に要する経費でございます。

 次に、 167ページ、議第25号 平成29年度多治見市下水道事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ44億 7,114万 8,000円と定めるもので、前年度と比較しますと3億 613万 1,000円の減となってございます。

 平成29年度に土岐川左岸ポンプを完成させまして、浸水シミュレーションを実施することで事業効果の検証を行ってまいります。

 また、三の倉センター改良工事に係ります下水道負担分3年間で2億 851万 5,000円でございますが、これを継続費として計上しております。

 次に、 193ページをお願いいたします。

 議第26号 平成29年度多治見市駐車場事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 6,326万 7,000円と定めるもので、前年度と比較しますと 282万 5,000円の増でございます。支払消費税が増加したことによるものでございます。

 次に、 201ページをお願いいたします。

 議第27号 平成29年度多治見市営住宅敷金等特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 484万円と定めるもので、前年度と比較しますと58万 5,000円の減でございます。主に、入居者の敷金積み立てと退去者の敷金の返還をとり行っております。

 次に、 207ページをお願いします。

 議第28号 平成29年度多治見市国民健康保険事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 141億 6,088万円と定めるもので、前年度と比較しますと3億 8,761万円の減となっております。こちらは、被保険者の減少によりまして療養給付費が減少していることが主な理由でございます。

 次に、 237ページをお願いいたします。

 議第29号 平成29年度多治見市農業集落排水事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 1,327万 7,000円と定めるもので、前年度と比較しますと3万 1,000円の減でございます。管理費及び市債の元利償還金が主な事業となっております。

 次に、 247ページの議第30号 平成29年度多治見駅北土地区画整理事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億 6,589万 8,000円と定めるもので、前年度と比較しますと 7,904万 2,000円の減となっております。主な内容といたしましては、事業清算に向けての換地計画の作成ですとか、電線共同溝や修景整備工事等を計上をしております。

 次に、 263ページの議第31号 平成29年度多治見市介護保険事業特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ92億 3,031万 9,000円と定めるもので、前年度と比較しますと3億 5,080万 9,000円の増となっております。主な内容としましては、第7期、平成30年から平成32年度までの介護保険事業計画の策定をするとともに、北栄地域に包括支援センターを開設し、全体で6包括体制とすることで、要援護者の早期把握や介護予防を進めてまいります。

 次に、 291ページをお願いいたします。

 議第32号 平成29年度多治見市後期高齢者医療特別会計予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ12億 8,343万円と定めるもので、前年度と比較して 3,320万 9,000円の増となっております。これは、広域連合への納付金が増加しているためでございます。

 次に、 301ページをお願いいたします。

 議第33号 平成29年度多治見市水道事業会計予算でございます。

 収益的支出及び資本的支出の合計で32億 843万 5,000円となりました。前年度と比較しまして 8,200万 6,000円の増となっております。

 老朽管の布設がえによりまして耐震化を図るとともに、配水池から広域避難所へ直結する排水管の耐震化を行ってまいります。また、脇之島送水ポンプ場の更新事業を完了し、滝呂台の配水池の全面的な更新の設計にかかってまいります。

 次に、 327ページをお願いいたします。

 議第34号 平成29年度多治見市病院事業会計予算は、収益的支出及び資本的支出の合計で9億 7,117万 8,000円となります。前年度と比較しまして1億 4,463万 7,000円の減でございます。主な内容といたしましては、政策的医療の負担金及び企業債の償還金などとなっております。

 次に、 347ページの財政判断指数は、経常収支比率のみ財政向上目標の88%を 0.1%超えております。他の3指標については、財政向上目標内にとどまっておるという状態でございます。

 以上で平成29年度当初予算の説明を終了させていただきます。

 続きまして、1号冊27ページをお願いいたします。

 議第35号 財産の取得については、たじみ創造館の土地及び建物を独立行政法人中小企業基盤整備機構から取得するもので、土地については宅地2,381.75平方メートル、建物は本体延床が2,401.81平方メートルと倉庫及び附属物を含むものでございます。取得予定価格といたしましては、 9,431万 1,722円となっております。

 次に、28ページをお願いいたします。

 議第36号 町の区域の変更についてでございます。

 こちらは、4号冊議案説明資料の93ページのところに図面がありますので、こちらも御参照していただきたいと思います。

 多治見駅北区画整理事業に伴いまして、音羽町1、2丁目の一部及び白山町1から3丁目の一部につきまして、こちらの図面にありますように実線部分から破線部分のように区画に沿って区域を変更するものでございます。

 次に、30ページ、4号冊91ページの議第37号 第7次多治見市総合計画基本計画を変更するについては、第7次総合計画の政策の柱「安心して子育て・子育ちするまちづくり」の施策「親育ち・子育て支援」に「大原区運営基金を活用し、大原児童館を複合施設として建て替えます」と基本計画に追加するものでございます。

 パブリック・コメントは、平成28年12月22日から平成29年1月22日まで行いましたが、意見はございませんでした。

 次に、34ページをお願いいたします。市道路線の認定についてでございます。

 議案説明資料の94ページから図面がございますので、そちらも御参照していただきたいと思います。

 議第38号から議第41号は、宅地開発に伴い整備されまして市に移管された道路について指導認定するものでございます。

 まず、34ページの議第38号 市道路線の認定につきましては、生田町1丁目42番2から生田町4丁目59番4にかけての 259.6メートルを認定するものでございます。

 続きまして、35ページの議第39号 市道路線の認定につきましては、住吉町3丁目51番3から51番9までの86.8メートルを認定するものでございます。

 36ページの議第40号 市道路線の認定につきましては、赤坂町9丁目10番10から10番65

までの93.5メートルを認定するものでございます。

 続きまして、37ページの議第41号 市道路線の認定につきましては、旭ケ丘7丁目19番6から10番9までの 258.7メートルを認定するものでございます。

 以上で私の説明を終わります。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第46 休会期間の決定



○議長(加藤元司君) 日程第46、休会期間の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。議事の都合により、明日から2月27日までの5日間は休会したいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤元司君) 御異議なしと認めます。よって、明日から2月27日までの5日間は休会することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(加藤元司君) 以上をもって、本日の日程は全て終了いたしました。本日はこれをもって散会いたします。

   午前11時15分散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上記会議の顛末を記録し、相違なきことを証するためここに署名する。

  平成29年2月22日

               多治見市議会議長   加藤元司

               多治見市議会議員   吉田企貴

               多治見市議会議員   佐藤信行