議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 高山市

平成19年  9月 定例会(第5回) 09月20日−資料




平成19年  9月 定例会(第5回) − 09月20日−資料







平成19年  9月 定例会(第5回)



 一般質問通告書

平成19年9月10日、11日、12日、13日





◆24番(藤江久子議員)

1.高山市の医療体制について

 (ア)地域医療検討会議の内容と今後の体制について

 (イ)医療を高山市政の中核に位置づけられないか

2.介護保険の住宅改修の償還払いを受領委任払いにできないか

3.緊急地震速報の開始に向け高山市の対応は

4.男女共同参画施策の10年間の進捗状況

 (ア)これまでの成果と課題について





◆20番(水門義昭議員)

1.地元中小企業への支援について

 (ア)主要な支援事業、支援施策の現状について

 (イ)今後の支援策や課題について

 (ウ)「飛騨高山ブランドの強化」への取り組みと推進について

2.地域の文化振興とまちづくりについて

 (ア)教育としての文化について

 (イ)地域経済や観光資源としての文化について

 (ウ)世界遺産登録推進の現状と今後の取り組みについて

3.透明性を高め説明責任をより適切に果たす公会計改革について

 (ア)新たな公会計整備への取り組みについて





◆21番(村瀬祐治議員)

1.教育基本法の改正について

 (ア)生涯学習の理念について

 (イ)家庭教育について

 (ウ)幼児期の教育について

 (エ)教育振興基本計画の策定について

2.学校教育法の改正について

 (ア)義務教育の目的について

 (イ)学校の評価及び情報提供について

 (ウ)副校長、主幹教諭、指導教諭の創設について

 (エ)幼稚園に関することについて





◆9番(中田裕司議員)

1.祝祭日における国旗掲揚の状況について

 (ア)各施設の掲揚責任者が決まっていますか

 (イ)掲揚の状況について

 (ウ)指定管理施設のア、イについて

 (エ)市民の皆さんの掲揚状況について

 (オ)広報「たかやま」を利用しての掲揚啓発について

 (カ)以前、城山に掲揚されていた国旗について

2.江名子川「河川整備計画」について

 (ア)事業の進捗状況について

 (イ)事業開始は何時か

 (ウ)地主、地元関係者への説明会の開催

 (エ)特に危険箇所への早急なる対処を

3.火葬場について

 (ア)改装、改築タイムスケジュールについて

 (イ)位置について 現在地か 移転か





◆27番(松本紀史議員)

1.高山市の職員採用試験について

 (ア)高校卒業程度の試験を大学卒業見込み・卒業した人が受験できるのか

 (イ)採用試験の公正・公明さを確保するために、市はどのような工夫をしているのか

 (ウ)優秀な人材確保のために、市はどのような対策をとっているのか

2.介護予防重視型の事業システムや、高齢者健康教室の現状と今後の方向性について

3.高山市の防災対策について

 (ア)2度も大きな地震に見舞われた、柏崎市の具体的で実践的な活きた教訓を、高山市の地域防災計画の見直しに活用できないか

 (イ)緊急地震速報を受けたら速やかに安全スペースに避難できる為の、建物の部分的補強の現実的な対策について

 (ウ)復旧に時間のかかる、水道施設の耐震化の取り組みについて





◆34番(大木稔議員)

1.高山市における教育再生の取り組みについて

 (ア)教育基本法及び関連法案改正後の高山市の教育方針は

 (イ)社会教育部門の市長部局への移行はどうなっているのか

2.荒廃農地の復旧及び活用について

 (ア)高山市の荒廃農地の現状は

 (イ)荒廃農地を農地として活用するための方針は

3.温泉掘削(高深度掘削)について

 (ア)高山市に於ける現状と対応策





◆1番(若山加代子議員)

1.住民参加の街づくりについて

 (ア)駅周辺整備事業について

 (イ)市道拡幅について

2.シングルマザーの自立支援について

3.乳幼児健診について

4.BSE全頭検査の継続について

5.高山市CATV事業について





◆30番(伊嶌明博議員)

1.高山市の健康と医療体制について

 (ア)健康診査手数料について

 (イ)保健師の統合配置について

 (ウ)療養病床削減の対応について

 (エ)夜間小児科診療体制について

2.高山市の福祉施策と介護保険について

 (ア)要支援など要介護度軽度者のサービス給付について

 (イ)県下で最高額となっている介護保険料について

 (ウ)地域支援事業の現状と今後の対応について

3.高山市の学校教育の方向について

 (ア)不登校の実態と対応について

 (イ)人事考課制度導入について

 (ウ)困っている子をあたたかく受け入れる学校体制を!





◆32番(牛丸尋幸議員)

1.防災対策について

 (ア)「高山市総合防災アセスメント調査報告書」(2001年3月)に基づく防災対策はどこまで進んでいるのか

 (イ)地震災害対策について

   ?建築物等の耐震化の促進

   ?緊急地震速報への対応

   ?北山の特殊地下壕対策

2.子育て支援策について

 (ア)学童保育の拡充と放課後子どもプラン

 (イ)学校給食費の無料化

3.指定管理者制度について

 (ア)水道事業会計決算

 (イ)乗鞍山麓五色ヶ原の森

4.パークボウル跡地について

5.国道41号宮高山バイパスと高山国府バイパスについて

 (ア)高山国府バイパスの完成時点における計画交通量と、その時点の現道交通量は

 (イ)宮高山バイパスは、なぜ4車線必要なのか

6.市公共事業の予定価格について

 (ア)共通費(共通仮設費・現場管理費・一般管理費等)について、建築工事だけが市独自の積算方法になっているのはなぜか





◆12番(佐竹稔議員)

1.鉱泉源(温泉源)の保護対策について

 (ア)温泉を健康増進の資源としてとらえているか、観光資源としてとらえているか





◆15番(松葉晴彦議員)

1.高山市の犯罪(刑法犯)の実態について

 (ア)街頭犯罪は減少傾向にあるものの侵入盗犯罪等は増加しているのでは

 (イ)少年非行の傾向について

2.下水道等の水洗化普及状況について

 (ア)地域別(旧町村)水洗化状況について

 (イ)今後の対応について

3.国道257号線整備状況と今後の見通しについて





◆18番(溝端甚一郎議員)

1.少子化と育児

 (ア)岐阜市の「放課後チャイルドコミュニティ」について

 (イ)家族構成と育児について

2.少子化と結婚

 (ア)結婚相談所申し込みの手引きについて

 (イ)結婚相談員及び補助員について

 (ウ)青少年団体の活動について





◆35番(蒲建一議員)

1.公共事業の見通しと対応について

2.大島ダムについて

3.教育行政の取り組みについて

 (ア)特色ある学校経営について

 (イ)高山市教育研究所、今後の取り組みについて

 (ウ)いじめの対応とその後の取り組みについて

 (エ)家庭、地域の教育システムについて

 (オ)特別支援教育について

4.消防団組織と消防力について

5.防災訓練について

6.有害鳥獣対策について





◆6番(倉田博之議員)

1.国道41号宮高山バイパスについて

 (ア)地元住民・関連団体への状況報告について

 (イ)「パブリックインボルブメント」制導入における民意反映の成果について

2.外国人観光客の受け入れ態勢について

 (ア)観光関連業界との連携について

 (イ)観光統計における外国人観光客の意見反映について

 (ウ)外国人観光客対応相談窓口の設置について

3.モンスターペアレント(怪物親)について

 (ア)高山市における現状と対応について





◆10番(水口武彦議員)

1.高山市のスポーツ行政について

 (ア)高山市中山公園野球場の課題について

 (イ)スポーツ少年団の指導者育成と研修について

2.高山市の小中学校校舎の耐震化の進捗状況と早急な予算化の構築について

3.高山市の学校関係者の情報漏えい防止について

4.医師不足に関わる医療人材育成と確保について

   市内高校生の医学部志望者への奨学金対策

5.高山市の小学校英語教育及び国際化教育の対応について

   少年の海外研修のあり方

6.高山市地域福祉計画について

7.グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の開設について





◆5番(丸山肇議員)

1.カブトムシ、ブラックバス、タンポポ等「外来生物が飛騨を襲う」ことを未然に防ぐには

 (ア)乗鞍岳では外来植物の除去活動が行われていますが、里で活動を広げることは考えられませんか。沿道の花壇に高根支所が実践する「山野草方式」を採用しては

 (イ)昨今、外国産昆虫の販売や飼育などにおいても、啓発すべき事例があるのでは

 (ウ)丹生川の深谷ダムにはブラックバスがいますが、排除する必要はありませんか。市民に協力を求めて、移入をチェックするアンテナを張ってはどうですか

2.高山らしい方言を採取するには今がラストチャンスなので取り組みを

 (ア)方言に関するデータは、高山の文化の成り立ちを知る上で重要な資料となるはずですが、官が主導して系統だった調査が行われたことはありません。今後は極端に難しくなるはずで、今が最後のチャンスと認識しています。市教委の見解は

 (イ)岩滝地区などとくに独特の方言がある地域も、完全に風化する手前です。滝覚坊に関する話などとの関連が浮かび上がれば、後世へ遺す歴史に厚みが生まれます





◆7番(牛丸博和議員)

1.町内会要望事項の件数とその取り扱いについて

 (ア)要望事項の件数について

 (イ)庁舎内での取り扱いについて





◆8番(松山篤夫議員)

1.学校図書館の運営について

 (ア)司書教諭の配置について

2.市の災害対策について

 (ア)要支援者への対策について

 (イ)緊急地震速報について





◆3番(岩垣和彦議員)

1.入札制度について

 (ア)総合評価方式とプロポーザル方式の併用について

2.中心市街地の活性化について

 (ア)中心市街地活性化基本計画の今後の進め方について

3.稲作経営について

4.中部縦貫道高山ICの供用開始と東海北陸道全線開通に向けて

 (ア)若者のUターン制度について

 (イ)地域コミュニティの構築と地域リーダーについて

5.高山市の職員配置について





◆29番(小井戸真人議員)

1.認第1号 平成18年度高山市水道事業会計決算について

 (ア)指定管理者制度導入の効果と課題について

2.今後の水道事業の課題について

 (ア)水道ビジョンの策定について

3.教育基本法の改正と教育関連三法について

 (ア)教育関連三法の対応

 (イ)教育基本法に基づく教育振興基本計画策定の考え

 (ウ)教育基本法の改正による学校教育への影響について

4.学校教育を取り巻く諸課題について

 (ア)ゆとり教育と学力の低下について

 (イ)総合的な学習の時間について





◆22番(村中和代議員)

1.発達障がい児の支援について

 (ア)早期発見、早期対応の体制について

 (イ)早期の適切な療育について

 (ウ)支援窓口の充実について

 (エ)学童保育での対応について

2.学童保育について

 (ア)現状と今後の課題と取り組みについて

3.出産育児一時金の受取代理制度の導入について

4.妊婦搬送の広域連携について





◆4番(中筬博之議員)

1.防災対策について

 (ア)高齢者・障がい者等の災害弱者対策について

2.市民サービスの充実について

 (ア)市民への広報について

 (イ)支所機能の確保について