議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 高山市

平成18年  9月定例会 一般質問通告書 一般質問通告書




平成18年  9月定例会 一般質問通告書 − 一般質問通告書







平成18年  9月定例会 一般質問通告書



 一般質問通告書

平成18年9月19日、20日、21日



◯20番(谷澤政司議員)

1.市長4期目の公約について

 (ア)実現に向けての抱負について

 (イ)健全財政の確立と財政基盤の強化について

2.凍上災について

 (ア)支所地域別の事業について(道路延長・工事期間・事業予算など)

 (イ)町内会からの環境整備要望や市民生活への影響について

3.県の裏金問題について

 (ア)市民からの苦情、税金徴収などへの影響について

 (イ)子供に対する学校教育への影響について



◯34番(下山清治議員)

1.障害者自立支援法について

 (ア)障がい者の就業サポートについて

 (イ)障がい者授産施設等の法人化サポートについて

2.中部縦貫自動車道高山インター開通について

 (ア)インター周辺の活用について

 (イ)都市計画の見通しと用途地域指定について

3.食器リサイクルについて

 (ア)破損した学校給食器のリサイクルについて

4.災害復旧と今後の日程について



◯25番(小井戸真人議員)

1.市長選挙における公約(マニフェスト)について

 (ア)景観と環境の保全について

   ?ごみの減量化と資源化の推進について

   ?タバコポイ捨て禁止条例について

 (イ)行政改革について

   ?競争の導入による公共サービスの改革に関する法律(市場化テスト法)と公共サービスのあり方について

   ?職員の削減について



◯35番(山腰武彦議員)

1.宮川圏域河川整備計画について

 (ア)江名子川における調節池建設と河道狭小部の改修

 (イ)合併記念公園事業などにおける雨水流出抑制対策

   (貯留施設整備・浸透整備など)

 (ウ)河川整備計画(案)に対する市長意見

2.健全な森林づくりで水害に強い地域づくりを

 (ア)山地災害の現況と未然防止対策

 (イ)合併後の森林保全・整備計画

 (ウ)里山林の保全・整備・利用の促進

   (森林ボランティア等の活動による森林整備)

3.産業振興を目指したネットワークの構築について

 (ア)産学官・異業種交流の促進

 (イ)地産地消推進協議会(仮称)の設置と地産地消から地消地産への取り組み



◯15番(村中和代議員)

1.ガン予防について

 (ア)行政としての予防対策について

 (イ)市民への予防啓発について

2.妊娠から出産までの費用無料化について



◯33番(大坪章議員)

1.人口減少と高山市の活性化について

 (ア)人材誘致、移住政策の展開について

 (イ)高山市と連携し関係する民間団体等を交えた推進体制の確立について

 (ウ)アンケート調査の実施について

2.森林の守り手育成「緑の雇用」について

 (ア)実態と対策について

 (イ)後継者育成と対応について

3.マタニティーマーク、ハート・プラスマークの活用について

4.綱紀粛正等について、市民の声から

 (ア)飲酒運転事故防止等について



◯36番(長田安雄議員)

1.市長の公約と実現へのプロセス

 (ア)三位一体の改革と地方交付税削減と影響

   ?地方交付税見直しと影響について

   ?公共事業・社会保障など行政サービスへの影響について

 (イ)合併地域との一体感と地域振興予算とイベント

   ?合併地域の特色をいかすことと一体感との整合性

   ?地域振興特別予算の確保とイベント対応

 (ウ)行政改革・職員数削減と市民サービスの向上

   ?職員数削減と支所への影響

   ?職員のモチベーションを高める

 (エ)子どもを産み育てやすい環境づくり

   ?徹底した子育て支援策を

    他市の取り組み紹介・新生児宅の全戸訪問など



◯18番(藤江久子議員)

1.障害者自立支援法からみた高山市の役割

 (ア)現在、高山市が関わっている福祉サービスについて

2.地域包括支援センターの役割

 (ア)時間外対応について

 (イ)困難事例の対応について

 (ウ)今後の高齢者福祉の施設サービスについて

3.介護保険料の激変緩和措置について

4.グリーンツーリズムの自然案内人のレベル判定について



◯21番(上嶋希代子議員)

1.学童保育について

 (ア)国府小学校での早期実施を

2.高層マンション建設について

 (ア)高山のまちにふさわしい高さ規制の実現を

 (イ)十分な住民、関係者の意見交流と合意を

 (ウ)強制力のある規制の早期実現を

3.高山市の健康施策について

 (ア)健康診査の充実とその後の十分な指導を

 (イ)5才児健診の実施を

4.プールについて

 (ア)全小学校にプールの設置を

 (イ)プールの指定管理者の業務内容について



◯26番(伊嶌明博議員)

1.障害者自立支援法に基づく助成制度について

 (ア)利用料軽減策についての全国的実施状況と高山市の特徴について

 (イ)施設利用料の軽減策と施設法人への支援策について

 (ウ)障がい者通園バス代負担の解消策を

2.介護保険について

 (ア)介護度1以下の場合の介護用ベッド、車いすレンタル利用について

 (イ)特養老待機者の実態と低所得者対策について

 (ウ)介護保険料の引き下げ策についての長期計画づくりを

3.雇用政策について

 (ア)正規職員数と非正規職員数の推移について

 (イ)若者のワーキングプアの実態と対策について

 (ウ)労働実態調査と長期的視野をもった計画づくりを

4.市街地の除雪対策について

 (ア)ロータリー除雪機確保による排雪対策を

 (イ)流雪溝設置計画について



◯28番(牛丸尋幸議員)

1.岐阜県裏金問題に対する市の対応は

2.「かじ橋市営駐車場」「宮前橋東側大鳥居」の高さは。又、それは市の「景観計画」案の内容に適合しているのか

3.岐阜県は、入札予定価格の積算内訳を入札実施後に公表しているが、市の対応は。又、低価格入札の現状と市の対応は

4.市職員の時間外勤務と代休振替の実態は

5.市図書館分館・分室についての将来見通しを、市はどのように考えているのか。又、分館・分室の管理運営業務・図書館業務は、指定管理者の業務に入っているのでないか

   市図書館本館に、利用者専用駐車場が必要でないか

6.学童保育の対象児童・開設日・開設時間の拡大を。又、保護者の要望を市が聞く場を設けるべきでないか

7.市公園の維持管理を地元組織に委託する方法について

8.地域審議会委員の選定方法に、公募制を導入すべきでないか。又、地域審議会委員と住民との意見交換の場が必要でないか

9.職員削減後の支所の業務内容をどう考えているのか

10.「奥飛騨温泉郷」の地名について

11.荘川支所庁舎建設工事の敷地内での灯油漏れ問題について



◯4番(岩野照和議員)

1.全国高等学校選抜スキー大会について

 (ア)スポーツ拠点づくり推進事業と今後の対応は

2.第46回全国中学校スキー大会について

 (ア)岐阜県での開催が決定したと聞くが、高山市への会場地要請は

 (イ)岐阜県で唯一のジャンプ台を持つ高山市としての対応は

 (ウ)選手強化と教員の対応は



◯7番(北村征男議員)

1.地域振興策に森林振興を

 (ア)92.5%の山林を守り育てるために

   ・木材の利活用や情報発信への支援・助成は

   ・人工林杉の活用と支援・助成は

   ・森林の地籍調査の拡大の考えは

 (イ)適切な森林管理をするために

   ・公共治山事業(保安林整備事業)の取り入れと拡大は

   ・作業道の維持管理に市独自の助成は

2.人工透析者の通院バスについて

 (ア)市全体で何名が通院しているか

 (イ)通院の手段は、経費は

 (ウ)市としての支援と取り組みは

3.飛騨養護学校への通学バスについて

 (ア)市全体で何名が通学しているか

 (イ)通学の手段は

 (ウ)市の現在の実態と今後の支援等の取り組みは



◯9番(小谷伸一議員)

1.4期目を迎えて(マニフェスト)期待するもの活力ある地域社会を創出する振興策の具体性について

 (ア)中心市街地と周辺地域の均衡ある活性化策は?

   (駅周辺整備と特色ある産品づくり)

 (イ)滞在型観光地づくりの施策は?

   (五色ヶ原の考え方)

 (ウ)公共事業の地元企業への優先発注とは?

   (適正価格受注と競争激化と自滅への道)



◯12番(石原孫宏議員)

1.高山市の農業の現況とこれから

 (ア)集落営農について

 (イ)担い手農家について

 (ウ)農業者組織の活動について

 (エ)農業団体との連携について

 (オ)観光、商工との連携について

 (カ)農業の多面的機能について

2.食育の推進に向けて

 (ア)健康づくりの現場では

 (イ)学校教育の現場では

 (ウ)農業者組織等での取組みについて

 (エ)食育に向けた市民運動の展開を



◯14番(村瀬祐治議員)

1.「市民の声を施策に反映させる」について

 (ア)各審議会等のあり方について

 (イ)パブリックコメントについて

2.職員の提案制度(アントレプレナーシップ)について

3.開かれた学校づくりについて

 (ア)学校支援ボランティアについて

 (イ)社会人の特別非常勤講師について



◯19番(中田清介議員)

1.市長は4期目の課題として財政規模適正化へどう取り組まれるか

 (ア)今後の行革の必要性と地方債残高1,150億円の重み

 (イ)一般会計規模と起債残高の縮減への道筋

2.副市長制について市長の見解は

3.消防団員確保についての方策

 (ア)高山市消防団第2分団説明会より、その窮状について

4.バナー広告等の高山市の広告事業について

 (ア)導入への考えとその基準作りについて

5.地域活性化の一方策「ご当地検定」のすすめ

 (ア)全国60カ所の事例から



◯22番(松本紀史議員)

1.山王トンネル開通の喜びと通過車両の増加について

2.工業生産設備に係る固定資産税の特例に関する条例について

 (ア)企業誘致と地元企業対策

 (イ)企業誘致条例の制定について

3.スポーツ振興の推進について

 (ア)高山市長杯社会人野球大会について



◯30番(大木稔議員)

1.高山市の教育行政について

 (ア)市長主導で高山市における教育の改革を

   ・学校区選択制度の導入

   ・小中一貫教育の導入

   ・学校教育部門と社会教育部門の分離

 (イ)教育委員会と市長部局の連携

 (ウ)飛騨教育事務所との関わりについて