議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 高山市

平成15年 総務委員会 03月13日−01号




平成15年 総務委員会 − 03月13日−01号







平成15年 総務委員会



総務委員会記録

 平成15年3月13日(木)第一委員会室において総務委員会が開催された。

 その次第は次のとおりである。

出席議員

委員長

 杉本健三君

副委員長

 今井武男君

委員

 大木稔君

 高原正夫君

 大坪章君

 鴻巣昇君

議長

 住吉人君

傍聴議員

 中田清介君

理事者

市長

 土野守君

収入役

 西永由典君

企画管理部長

 高原喜勇君

企画課長

 國島芳明君

総務課長

 荒井信一君

総務課職員

 西倉良介君

財務部長

 上木順三君

財政課長

 打保秀一君

税務課長

 荒木一雄君

福祉保健部長

 長瀬力造君

児童課長

 谷口美和君

市民健康課長

 山下祥次君

飛騨地域広域行政事務組合事務局長

 中谷伸一君

高山・大野広域連合介護保険事務局長

 東秀世君

消防長

 打保一宏君

消防総務課長

 谷脇則夫君

消防署長

 谷本光雄君

予防消防課長

 都竹和雄君

事務局

次長

 谷口芳幸君

書記

 川原幸彦君



     午前9時30分 開会



○杉本健三委員長 ただいまから総務委員会を開会します。

 3月12日の本会議におきまして、本委員会に付託となりました条例案件1件、事件案件3件の審査をお願いいたします。それでは議第9号高山市消防団条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 理事者の説明を求めます。



◎打保消防長 〔議案により説明〕



○杉本健三委員長 それでは、ただいま説明のありました事項について、御質疑はございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 御質疑がないようでありますので、以上で質疑を終結します。

 それでは、本案については、原案のとおり可決すべきものと決するにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 ご異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。つぎに議第10号市有財産の無償譲渡についてを議題とします。

 理事者の説明を求めます。



◎上木財務部長 〔議案により説明〕



○杉本健三委員長 それでは、ただいま説明のありました事項について、御質疑はございませんか。



◆大坪章委員 この件につきましては、無償譲渡するわけですが、今後、不良箇所が数年後に出てくると思うんですが、その時の修繕などについては、どのようにされていくのか。



◎長瀬福祉保健部長 無償で譲渡するわけですので、法人側の資産になるということです。ですから、そういう事態が発生したら、法人のほうで直していただくということでございます。



◆鴻巣昇委員 園庭はどのくらいになるんですか。



◎谷口児童課長 貸し付けします土地は3,109?で、そのうち約2,200?ほどです。



◆鴻巣昇委員 保育園の園庭には基準があるんですか。



◎谷口児童課長 一人当たり平米数が3.3?以上となります。



◆鴻巣昇委員 その基準には合ってくるのか。



◎谷口児童課長 定員が140人ですので、十二分に面積は達しています。



○杉本健三委員長 他にございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 御質疑が尽きたようでありますので、以上で質疑を終結します。

 それでは、本案については、原案のとおり可決すべきものと決するにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 ご異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。つぎに議第14号飛騨地域広域行政事務組合規約の変更についてを議題とします。

 理事者の説明を求めます。



◎高原企画管理部長 〔議案により説明〕



○杉本健三委員長 それでは、ただいま説明のありました事項について、御質疑はございませんか。



◆鴻巣昇委員 隔離病舎の維持管理を今度廃止するわけですが、隔離しなければならない病人がいた場合の責任はたぶん保健所だと思うが、その辺のあれはどうなるのかということと、地方債の残、約1,400万円は市がおねてしまうのか。



◎長瀬福祉保健部長 知事が行うということでございます。返済額については14,743,321円で、市が一括返済するわけですが、この部分については後ほど厚生連からいただくということになっています。



○杉本健三委員長 他にございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 御質疑が尽きたようでありますので、以上で質疑を終結します。

 それでは、本案については、原案のとおり可決すべきものと決するにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 ご異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。つぎに議第15号高山・大野広域連合規約の変更についてを議題とします。

 理事者の説明を求めます。



◎高原企画管理部長 〔議案により説明〕



○杉本健三委員長 それでは、ただいま説明のありました事項について、御質疑はございませんか。



◆大木稔委員 規約の改正によって負担割合が変わってくるということですが、実質的にはどれくらいの跳ね返りになってくるのか。



◎東介護保険事務局長 高山市の負担ですが、4,500万円程度の負担増になるといったところです。



◆大木稔委員 給付費と給付費を省く経費ということで、二つに分けて提案されているわけですが、二つに分けた意味は何か。



◎東介護保険事務局長 大野郡の申し入れが保険給付費について、実績をいれてほしいという要望がありまして、給付費について負担割合を変更するということで、提案したところです。



◆大木稔委員 他の町村と高山市の場合、介護保険を必要としている人数の割合で、高山市の割合が高いから、実績で出せという話になったんだと思うんですが、この辺の格差はどれくらいあるのか。



◎東介護保険事務局長 これは概数ですが、従前の負担割合で行くと高山市が55%程度でしたが、今の新しいものでいくと65%、10%程度上がるのではないかと思っています。実態としては高山・大野のうち高山市が75%程度というような状況でございます。



○杉本健三委員長 他にございませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 御質疑が尽きたようでありますので、以上で質疑を終結します。

 それでは、本案については、原案のとおり可決すべきものと決するにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 ご異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。以上で本委員会に付託になりました案件の審査は終了いたしました。本委員会における委員長報告につきましては、委員長にご一任願えますでしょうか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○杉本健三委員長 ご異議がないようですので、そのようにさせていただきます。以上で、総務委員会を閉会します。

     午前9時50分 閉会



 以上のとおり記載して、その相違ないことを証するため、委員会条例第28条によりここに署名する。

   委 員 長