議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 高山市

平成15年 産業委員会 08月11日−04号




平成15年 産業委員会 − 08月11日−04号







平成15年 産業委員会



産業委員会記録

 平成15年8月11日(月)第一委員会室において、産業委員会が開催された。

 その次第は次のとおりである。

出席議員

委員長

 今井武男君

副委員長

 針山順一朗君

委員長

田安雄君

 住吉人君

 杉本健三君

 伊嶌明博君

事務局

次長

 谷口芳幸君

書記

 大川由里子君



(産業委員会視察後勉強会につき要点筆記)

     午前9時27分 開会



○今井武男委員長 ただいまより産業委員会を開会いたします。

 閉会中の継続調査に関する件(1)農業振興施策についてから(3)観光振興施策についてを一括議題といたします。

 ご意見、ご感想はございませんか。



◆伊嶌明博委員 高山は30%の減農薬でぎふクリーン農業という認定を受けてやっており、北九州市の話だと50%と言う数字が出ていたが、そういうのは全国的にはどうなんでしょう。



○今井武男委員長 減農薬と言うと30%減、無農薬と言うと、除草剤は1回くらいはかけるけど、ボカシや堆肥を使って完全無化学肥料でやっているところもある。これには過去3年間の実績に応じて国が認定するもので、高山と直方、北九州との違いは、認定しても、その地域だけで消費する分しか生産できない。高山のように共同で京阪神のほうへ出荷するということがないのでそれほど切羽詰ったやり方というのはないと思った。個人差がある。共同出荷は一人の失敗が全員に降りかかってくる。

 また、直方市のマイスター制度は、制度は作っているけど、なかなか農業マイスターは出ないと言っていた。



◆伊嶌明博委員 つまり、地産地消でやる分なら、50%減の、厳しいやり方でできるけど、高山のように広範囲に出荷し、大量生産もしなければならないということで、岐阜県は30%を目安としていると、こういうふうに考えていいのだろうか。



○今井武男委員長 飛騨の高冷地野菜はクリーン農業ということで、いわゆる地方市場で出すものもそういう組合で制度をとっているし、JAを通じて出荷するものも、クリーン農業ということでやっている。これはやはり共同出荷の生産者の地道な努力をいずれは認めてもらえるのではないか。その中で、農薬の検査なんかもするが、以前ダイアジノンという、土の中から野菜が吸収して虫を殺すというようなものがあり、これが強すぎたということで産地では使用禁止ということがあったり、それが許可されるまで四、五年かかったということがあって、一人の責任が皆に降りかかってくるのが共同出荷の怖いところである。

 北九州市のように地産地消だと、たががゆるいことはある。



◆長田安雄委員 直方市の産業振興センターの電波暗室は、施設自体は子供だましのようにも見えたが、これが一番いいものだということであった。



○今井武男委員長 電波暗室は、メーカーが電磁波の測定をしたのであろうが、そういうもので地域の産業に役立っているなら、まぁまぁ、いいものかなと感じた。



◆伊嶌明博委員 というより、ああいうものは高い施設であり、しかも、工業関係の製品を出すところは、今の時代、ちょっとしたものでも電磁波を出すのをこれだけのレベルに抑えようという規格があってそこを通過しなければ、製品を作ったけど全部だめになるという可能性がある。ああいうものは一会社だけでは絶対持てないので、産業振興としては行政のやるべきことはそういうことであると感じた。手数料は結構取るが、元は取れるということではないか。



◆長田安雄委員 現在ああいう施設があるのは全国にまだ3か所ということだった。大手メーカーなどは自分で持っているだろうけれど。



◆伊嶌明博委員 これはこれとしていいんですが、これを高山の経済振興の問題に当委員会として、当局も含めて、どうやって深めていくかについて、今後の課題とし、特に合併というものがあるので、視野に入れた委員会でなくてはならないと思った。



○今井武男委員長 休憩いたします。

     午前9時40分 休憩

     午前10時06分 再開



○今井武男委員長 休憩を解いて会議を続行します。

 ご意見は尽きたようでありますので、閉会中の継続調査に関する件(1)農業振興施策についてから(3)観光振興施策についてを終わります。

 委員の方には今回の視察を今後に生かしていただくようお願いいたしまして、産業委員会を閉会いたします。

     午前10時07分 閉会



 以上のとおり記載して、その相違ないことを証するため、委員会条例第28条によりここに署名する。

   委 員 長