議事ロックス -地方議会議事録検索-


岐阜県 岐阜市

平成25年第3回(6月)定例会(第7日目) 本文




2013.06.26 : 平成25年第3回(6月)定例会(第7日目) 本文


開  議
 午前10時1分 開  議
◯議長(國井忠男君) これより本日の会議を開きます。
 本日の日程はお手元に配付申し上げたとおりであります。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1 会議録署名議員の指名


◯議長(國井忠男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において9番小堀将大君、10番江崎洋子君の両君を指名します。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2 第59号議案から第30 請願第6号まで


◯議長(國井忠男君) 日程第2、第59号議案から日程第30、請願第6号まで、以上29件を一括して議題とします。
           ───────────────────
             〔議 案 等 掲 載 省 略〕
           ───────────────────
           総 務 委 員 会 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規
 則第109条の規定により報告します。
                    記
┌───────┬─────────────────────────┬────────┐
│ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │
├───────┼─────────────────────────┼────────┤
│第59号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳入                     │        │
│       │ 第2条 地方債の補正              │        │
│第61号議案 │岐阜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を │原案のとおり可決│
│       │改正する条例制定について             │        │
│第62号議案 │岐阜市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例 │原案のとおり可決│
│       │制定について                   │        │
│第63号議案 │岐阜市税条例の一部を改正する条例制定について   │原案のとおり可決│
│第65号議案 │市税以外の諸納付金の督促手数料及び延滞金徴収条例 │原案のとおり可決│
│       │の一部を改正する条例制定について         │        │
│第81号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳入                     │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第1款 議会費               │        │
│       │   第2款 総務費               │        │
│       │   第9款 消防費               │        │
│第82号議案 │岐阜市職員の給与の臨時特例に関する条例制定につい │原案のとおり可決│
│       │て                        │        │
│第83号議案 │岐阜市教育長の給与の臨時特例に関する条例制定につ │原案のとおり可決│
│       │いて                       │        │
│第84号議案 │特別職の職員の給与の臨時特例に関する条例制定につ │原案のとおり可決│
│       │いて                       │        │
└───────┴─────────────────────────┴────────┘
  平成25年6月24日
                       総務委員長  杉 山 利 夫  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────
         総 務 委 員 会 請 願 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第142条
 第1項の規定により報告します。
                    記
┌───────┬──────────────────────────────────┐
│請 願 番 号│請願第4号                             │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│件     名│消費税増税の実施中止を求める意見書の提出についての請願       │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│受理年月日  │平成25年6月10日                        │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│請願代表者  │岐阜市啓運町1                           │
│住所・氏名  │消費税をなくす岐阜市の会 代表 土田 整 外1件          │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│紹 介 議 員│中川裕子、井深正美、堀田信夫                    │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│審 査 結 果│不採択                               │
└───────┴──────────────────────────────────┘
  平成25年6月24日
                       総務委員長  杉 山 利 夫  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────
           産 業 委 員 会 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規
 則第109条の規定により報告します。
                    記
┌───────┬─────────────────────────┬────────┐
│ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │
├───────┼─────────────────────────┼────────┤
│第59号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第6款 農林水産業費            │        │
│       │   第7款 商工費               │        │
│第81号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第5款 労働費               │        │
│       │   第6款 農林水産業費            │        │
│       │   第7款 商工費               │        │
└───────┴─────────────────────────┴────────┘
  平成25年6月24日
                       産業委員長  西 垣 信 康  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────
           厚 生 委 員 会 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規
 則第109条の規定により報告します。
                    記
┌───────┬─────────────────────────┬────────┐
│ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │
├───────┼─────────────────────────┼────────┤
│第59号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第3款 民生費               │        │
│       │   第4款 衛生費               │        │
│第60号議案 │岐阜市附属機関設置条例の一部を改正する条例制定に │原案のとおり可決│
│       │ついて                      │        │
│第64号議案 │岐阜市手数料徴収条例の一部を改正する条例制定につ │原案のとおり可決│
│       │いて                       │        │
│第66号議案 │岐阜市介護保険条例等の一部を改正する条例制定につ │原案のとおり可決│
│       │いて                       │        │
│第77号議案 │町(字)の名称及び区域の変更について       │原案のとおり可決│
│第81号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第3款 民生費(第6項 市民参画費は除く) │        │
│       │   第4款 衛生費               │        │
└───────┴─────────────────────────┴────────┘
  平成25年6月24日
                       厚生委員長  井 深 正 美  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────
           建 設 委 員 会 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規
 則第109条の規定により報告します。
                    記
┌───────┬─────────────────────────┬────────┐
│ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │
├───────┼─────────────────────────┼────────┤
│第59号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第8款 土木費               │        │
│第67号議案 │岐阜市風致地区条例の一部を改正する条例制定につい │原案のとおり可決│
│       │て                        │        │
│第68号議案 │岐阜都市計画事業岐阜駅北口土地区画整理事業施行条 │原案のとおり可決│
│       │例の一部を改正する条例制定について        │        │
│第75号議案 │財産の処分について(東海環状自動車道用地)    │原案のとおり可決│
│第76号議案 │市道路線の認定について              │原案のとおり可決│
│第78号議案 │平成25年度岐阜市下水道事業会計補正予算(第1号)│原案のとおり可決│
│第79号議案 │企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を │原案のとおり可決│
│       │改正する条例制定について             │        │
│第80号議案 │岐阜都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一 │原案のとおり可決│
│       │部を改正する条例制定について           │        │
│第81号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第8款 土木費               │        │
└───────┴─────────────────────────┴────────┘
  平成25年6月24日
                       建設委員長  若 山 貴 嗣  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────
           文 教 委 員 会 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規
 則第109条の規定により報告します。
                    記
┌───────┬─────────────────────────┬────────┐
│ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │
├───────┼─────────────────────────┼────────┤
│第59号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第10款 教育費              │        │
│第69号議案 │工事請負契約の締結について((仮称)市民活動交流 │原案のとおり可決│
│       │センター及び(仮称)中央図書館建築工事)     │        │
│第70号議案 │財産の取得について(電子黒板 第1ブロック)   │原案のとおり可決│
│第71号議案 │財産の取得について(電子黒板 第2ブロック)   │原案のとおり可決│
│第72号議案 │財産の取得について(電子黒板 第3ブロック)   │原案のとおり可決│
│第73号議案 │財産の取得について(電子黒板 第4ブロック)   │原案のとおり可決│
│第74号議案 │財産の取得について(電子黒板 第5ブロック)   │原案のとおり可決│
│第81号議案 │平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)   │原案のとおり可決│
│       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │
│       │  歳出中                    │        │
│       │   第3款 民生費中              │        │
│       │    第6項 市民参画費            │        │
│       │   第10款 教育費              │        │
└───────┴─────────────────────────┴────────┘
  平成25年6月24日
                       文教委員長  田 中 成 佳  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────
         文 教 委 員 会 請 願 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第142条
 第1項の規定により報告します。
                    記
┌───────┬──────────────────────────────────┐
│請 願 番 号│請願第6号                             │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│件     名│新しい劇場建設に関する請願                     │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│受理年月日  │平成25年6月10日                        │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│請願代表者  │岐阜市大洞桜台4―38                       │
│住所・氏名  │岐阜に新しい劇場をつくる会 代表 今西忠勝             │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│紹 介 議 員│山口力也、堀田信夫、田中成佳、大西隆博、須賀敦士          │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│審 査 結 果│採択                                │
└───────┴──────────────────────────────────┘
  平成25年6月24日
                       文教委員長  田 中 成 佳  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────
       議 会 運 営 委 員 会 請 願 審 査 報 告 書
  本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第142条
 第1項の規定により報告します。
                    記
┌───────┬──────────────────────────────────┐
│請 願 番 号│請願第5号                             │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│件     名│岐阜市議会議場に国旗及び市旗の掲揚を求める請願           │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│受理年月日  │平成25年6月10日                        │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│請願代表者  │岐阜市福住町1―7―1―901                   │
│住所・氏名  │柳井徳磨                              │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│紹 介 議 員│松岡文夫、須賀敦士、石井浩二、和田直也               │
├───────┼──────────────────────────────────┤
│審 査 結 果│採択                                │
└───────┴──────────────────────────────────┘
  平成25年6月24日
                     議会運営委員長  大 野   通  印
   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様
           ───────────────────


◯議長(國井忠男君) これら29件の各委員会における審査結果の報告を求めます。産業委員長、19番、西垣信康君。
   〔私語する者多し〕(笑声)
   〔西垣信康君登壇〕


◯19番(西垣信康君) 産業委員長報告を行います。
 今期定例会において、本委員会は、去る6月21日及び24日の両日、委員会を開会し、付託されました議案2件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。
 初めに、第59号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)のうち、本委員会所管分についてであります。
 質疑においては、日ノ出町商店街が実施するアーケード改築事業について、補助制度の仕組み、国及び市から商店街振興組合に対して支払われる補助金の算定方法及び今後の工事スケジュールを尋ねられたのであります。
 また、当該アーケード改築事業に関連して、カラー舗装などの道路整備に係る国庫補助制度の活用の可否を問われた上で、過去に商店街と締結した協定書に基づく当局の対応方を確認されたのであります。
 加えて、他の商店街におけるアーケードの改築、撤去等に係る検討状況を尋ねられたほか、長期的視野に立った計画的なアーケードの維持管理に対する当局の考え方を問われたのであります。
 さらに、今回のアーケード改築事業を契機とする柳ケ瀬地区全体のにぎわい再生に係る当局の横断的な取り組み方について言及されたのであります。
 大略、以上のような質疑の後、討論へと移行したところ、賛成の立場の一委員からは、地元の悲願であるアーケード改築事業への大きな期待を述べられるとともに、当該事業の実施により関連する路面舗装事業の促進が図られる中、当局に対し、中心市街地という特性を考慮した路面整備を関係部局と協議して進めることを要望されたのであります。
 同じく賛成の立場の他の委員は、柳ケ瀬地区の再生は当該アーケード改築事業だけでなし得るものではなく、地元商店街や岐阜市柳ケ瀬商店街振興組合連合会などと綿密な連携を図ることにより、柳ケ瀬地区のさらなる活性化を推進するよう求められたのであります。
 かかる討論を経て本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、追加上程されました第81号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてでありますが、討論において、反対の立場の一委員は、職員の給与を削減する必要はなく、議案には賛成できない旨を述べられたのであります。
 その後、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、産業委員長報告とします。


◯議長(國井忠男君) 厚生委員長、21番、井深正美君。
   〔井深正美君登壇〕


◯21番(井深正美君) それでは、厚生委員長報告を行います。
 今期定例会において、本委員会は、去る6月21日及び24日の両日、委員会を開会し、付託されました議案6件につきまして慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。
 初めに、第59号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)のうち、本委員会所管分についてであります。
 本件審査において交わされました主な質疑の内容を申し上げますと、まず、民生費では、生活保護費に関連し、生活保護基準の見直しに伴い減額されることから、生活保護受給者への周知方法を尋ねられたほか、生活保護費の不正受給に対する当局の対応方を問われたのであります。
 また、生活保護受給者が所有する家屋が老朽化により撤去を迫られている事例を挙げられた上で、生活保護費では対応が困難な事例が今後増加することを懸念され、適切な予算措置を講ずるなどの対応方を検討するよう要請されたのであります。
 次に、衛生費に関する質疑について申し上げます。
 まず、風しんワクチン接種促進緊急対策に関して、風疹患者の報告数などを尋ねられたほか、妊婦が風疹に罹患した場合に出生児が先天性風疹症候群を引き起こす確率を問われたところであります。
 また、現在、厚生労働省が子宮頸がん予防ワクチン接種の勧奨を差し控えている事例に触れられた上で、風疹ワクチン接種による副反応の危険性及び副反応が発生した場合の対応方を尋ねられたのであります。
 その後、討論へと移行したところ、風疹ワクチン接種による副反応の発生率は低いものの、その危険性について周知に努めることを要望されたのであります。
 かくして、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第60号議案岐阜市附属機関設置条例の一部を改正する条例制定については、異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第64号議案岐阜市手数料徴収条例の一部を改正する条例制定についてであります。
 質疑では、議案に関連して「動物の愛護及び管理に関する法律」に定める愛護動物の範囲及び虐待件数を尋ねられたのであります。
 その後の討論においては、愛護動物である犬及び猫のふんの適切な処理について飼い主への周知徹底を要望されたものの、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第66号議案岐阜市介護保険条例等の一部を改正する条例制定については、異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第77号議案町(字)の名称及び区域の変更についてであります。
 質疑では、今後における住居表示の実施予定を尋ねられたものの、議案そのものに異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 最後に、追加上程されました第81号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてであります。
 質疑においては、特別職等の給与の減額率が5%であることを指摘された上で、給与の減額によって職員の労働意欲が低下することを憂慮されたのであります。
 その後、討論へと移行したところ、特別職等の給与削減率に係る議論が不十分であったと指摘されたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 このほか、本委員会は、高島屋南地区第一種市街地再開発事業での公共施設整備に係る市民意向調査の結果に関する報告について所管事務調査を行ったところであります。
 調査においては、福祉部から当該調査結果に関する報告を受けた後、福祉部が当該調査を実施することとなった経緯、調査対象とした施設の面積や階数及び当該再開発事業における公共施設導入に係る議論の進捗状況等について確認がなされたところであります。
 以上が審査結果の大略でありますが、別途、本委員会所管に係る、患者数が特に少ない希少疾病用医薬品の開発促進・支援のための法整備等を求める意見書及び慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)患者の支援を求める意見書の発議手続をとりましたことを申し添え、厚生委員長報告とします。


◯議長(國井忠男君) 建設委員長、5番、若山貴嗣君。
   〔若山貴嗣君登壇〕


◯5番(若山貴嗣君) 建設委員長報告を行います。
 今期定例会において、本委員会は、去る6月21日及び24日の両日、委員会を開会し、付託されました議案9件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。
 初めに、第59号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)のうち、本委員会所管分についてであります。
 まず、質疑においては、道路橋梁新設改良費の交付金橋梁整備について、防災の観点から、耐震補強の必要な橋梁数及び今後の整備計画を問われたのであります。
 また、街路新設改良費では、梶川工区に係る岐阜駅高富線の物件補償に関連して、当該地域で実施している雨水地下貯留槽の整備工事による交通への影響を憂慮された上で、完了時期を確認されたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第67号議案岐阜市風致地区条例の一部を改正する条例制定について、第68号議案岐阜都市計画事業岐阜駅北口土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例制定について、東海環状自動車道用地に係る第75号議案財産の処分について及び第76号議案市道路線の認定についての以上4件は、いずれも異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第78号議案平成25年度岐阜市下水道事業会計補正予算(第1号)についてであります。
 質疑では、下水道事業費に関し、下水料金徴収処分取消請求事件の名古屋高等裁判所の判決を受けて還付するために計上した特別損失に対して、今後の下水道事業への影響及び下水料金の改定の見込みを尋ねられたところであります。
 その後の討論においては、下水道事業費における特別損失の計上は、将来、下水料金に多大な影響を及ぼす可能性について懸念された上で、拙速に料金改定を実施しないことや、経営の効率化等を十分精査することを要望されたものの、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第79号議案企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例制定について及び第80号議案岐阜都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定については、いずれも異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 最後に、追加上程されました第81号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてであります。
 質疑において、職員給与の削減措置に関し、職員の事務執行への影響についてただされたのであります。
 その後、討論へ移行したところ、賛成の立場の複数の委員から、それぞれ次のような意見及び要望が述べられたのであります。
 まず、一委員は、職員給与の削減措置について、本会議においてさまざまな議論が交わされたことに触れられた上で、市当局が岐阜市職員労働組合連合会との交渉妥結後に議案の上程依頼を提出したことには一定の理解を示されたのであります。
 また、他の委員からは、公共工事に関する事務について、設計業務のおくれに伴う発注時期の不均衡の是正や工事請負代金の支払いの迅速化に向けて、既に人員の適正配置の必要性を指摘している中、今回の給与削減は、職員のモチベーションの低下、さらに、市民サービスへの影響も懸念されると主張されたところであります。
 加えて、今後、労働条件の見直しを検討する際には、精神論を強調して職務の遂行を持続させるのではなく、職務内容の質及び事務量、さらには、職場環境を十分に精査して取り組むよう強く要望されたところであります。
 かくして、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 また、付託案件外ではありますが、本会議においても議論のありました仮称・市民活動交流センター及び仮称・中央図書館建築工事に係る工事請負契約の締結に関して、都市建設部に対し、入札不調の原因及び設計価格の変更内容等について説明を求めたことを申し添え、建設委員長報告とします。


◯議長(國井忠男君) 文教委員長、25番、田中成佳君。
   〔田中成佳君登壇〕


◯25番(田中成佳君) 少々長いです。(笑声)文教委員長報告を行います。
 今期定例会において、本委員会は、去る6月21日及び24日の両日、委員会を開会し、付託されました議案8件、請願1件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず初めに、第59号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)のうち、本委員会所管分についてであります。
 質疑では、小中学校の空調設備整備において、まず、工事発注方法が学校によって異なる理由を問われたのであります。
 また、今年度中に全ての小中学校への設置ができない要因を尋ねられたほか、エアコン動力源の選定理由及び来年度以降の選定方法を問われたのであります。
 さらに、当該事業を1年前倒して実施することから、平成25年度当初予算に計上された空調設備整備の基本調査に係る予算の使途を尋ねられたのであります。
 また、今回の補正予算にスクールソーシャルワーカー2名分の人件費等を計上した理由及び人材確保の見通しのほか、岐阜薬科大学における国際交流奨学金給付に関して、来年度以降の事業実施予定を問われたのであります。
 その後の討論においては、賛成の立場の一委員から、空調設備整備について、当初1年をかけて業者が実施する予定であった基本調査を、わずか1カ月間で職員により実施したことに対し、技術的信頼性について憂慮を示されたのであります。
 また、今年度、職員が12校の実施設計を実施することに関し、過重な負担とならないよう従事する職員に対する十分な支援体制の強化を当局に求められたのであります。
 また、同じく賛成の立場の一委員からは、理科授業魅力アップ事業について、本事業の重要性には賛意を示された上で、自然観察の重要性について言及されたところであります。加えて、最先端技術を志す子どもたちを育成すると同時に、豊かな心を育むためには、地域の自然から学ぶことも重要であると指摘され、今後、公園や河川の活用など、他部局と連携した取り組みの推進を要望されたのであります。
 かくして、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、仮称・市民活動交流センター及び仮称・中央図書館建築工事に係る第69号議案工事請負契約の締結については種々議論が交わされたところであります。
 質疑においては、まず、入札不調となった前回の設計仕様書と比較して変更した内容、設計価格及びその理由について、より慎重な審査を行うため、本委員会では、仕様の見直しに係る内容を明示した資料の提出を当局に要求し、詳細な説明を求めた次第であります。しかしながら、再度入札の可能性が残るとはいえ、各工種における単価が明らかにされないことから、透明性が確保できず、十分な審査を行うことができないと苦言を呈されたのであります。
 また、工種の一部を切り離したことに対し、その必要性や建設時における技術的な問題点及び総費用が上昇する可能性を問われたのであります。
 さらに、さきの入札不調は、特殊な木造屋根の構造設計等に起因すると主張された上で、設計の見直しを実施しなかった理由及び当該工事に係る入札不調後、仕様を変更するに至ったことに対する当局の対応方を問われたのであります。
 また、今回の総合評価落札方式による一般競争入札における応札者が1者のみで、高落札率入札であったことに対する当局の見解を求められたところであります。
 このほか、仮称・市民活動交流センターにおいて実施する事業概要を尋ねられるとともに、現在、岐阜中日ビルに入居している岐阜市NPO・ボランティア協働センター機能が移転する予定であることから、現在の賃貸借契約期間等を確認されたのであります。
 大略、以上のような質疑を踏まえ、討論に移行したところ、反対の立場の一委員からは、図書館行政の充実を強く願う立場から、図書館については生活圏内において整備充実を図るべきであると主張された上で、再度入札に関し、入札不調となった前回の設計仕様書との変更点及び予定価格の変更内容に関する説明が不十分であり、市民の理解を得ることが困難であると指摘されたのであります。
 また、同様に反対の立場の他の一委員は、良質な図書館の建設そのものに反対するものではないと述べられた上で、現在予定されている仮称・中央図書館の施設規模及び市内に類似した施設が存在する仮称・市民活動交流センターの必要性について疑問を呈されたのであります。また、これらの施設の維持管理には多額の経費を要することを指摘され、本議案には賛成できない旨を主張されたのであります。
 一方、賛成の立場の一委員からは、当該施設の設計は、自然エネルギーを最大限活用することにより、1990年の同規模の建築物と比較して、消費エネルギーを半分にするなどの創意工夫が施されており、当局に対し、より良質な施設建設の実現を要望されたのであります。
 同じく賛成の立場の別の一委員からは、指定管理者制度を導入している他施設の現況に鑑み、当該施設の運営に関しては直営での管理も視野に入れ、慎重な検討方を要望されたのであります。
 かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第1ブロックから第5ブロックまでの電子黒板購入に係る第70号議案から第74号議案までの財産の取得について、以上5件は同様の議案であることから一括して議題としたところであります。
 質疑においては、議案ごとに電子黒板1台当たりの単価が異なる理由を問われたほか、予定価格と比較し大幅に低額となった入札結果の要因を尋ねられたのであります。
 その後、討論へと移行したところ、賛成の立場の一委員から、電子黒板の利用に際し、昨今の国際化の進展に対し英語教育をより重点的に取り組むよう求められたところであります。
 また、同じく賛成の立場の別の一委員は、当局に対して、今後も先端機器の導入を要望されたのであります。さらに、議案に関連し、教科書採択に関する中核市の状況に言及された上で、主体性を持って採択すべきであると述べられるとともに、そのあり方については今後の検討課題とすることを要望されたのであります。
 かくして、これら5件を順次採決に付したところ、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、追加上程されました第81号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分についてでありますが、討論において、反対の立場の委員から、本市ではこれまで既に職員定数の削減及び人事院勧告に基づいた給与の削減を実施しており、さらなる給与削減の実施による職員の勤労意欲の低下及び地域経済に対する影響を懸念されたのであります。
 かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 最後に、請願第6号新しい劇場建設に関する請願についてであります。
 本件の審査においては、まず、長期的な観点に立った文化施設の設置計画の有無を尋ねられたのであります。
 また、岐阜市民会館は、耐震補強工事とともに設備改善を実施しているものの、施設自体の老朽化が著しいため、緊急避難的な対応ではなく、建てかえも視野に入れた方向性を示すことが必要であるとの意見が述べられたのであります。
 その後、討論に移行したところ、本件を否とする立場の一委員からは、本市には既に岐阜市民会館を初めとする多くの劇場機能を有する施設が存在しており、また、今後、道路、橋梁等の社会インフラ及び小中学校等の公共施設等の更新時期を迎えることから、本市の財政状況を勘案し、優先順位を定め必要に応じて整備を行うことが重要であるとして、請願の採択には賛成できない旨を主張されたのであります。
 他方、本件を是とする立場の複数の委員からは、それぞれ次のような意見及び要望が述べられたのであります。
 まず、一委員は、現在の施設においては多くの問題点があることから、出演者にも観客にも利用しやすい劇場の早期建設を要望されたのであります。
 また、別の一委員は、岐阜市の中心市街地が目標とするまちの姿が不明瞭であるのは、中心市街地における公共施設の適正配置のグランドデザインが描けていないためであると指摘され、市民会館の今後について明確な方針がない点が問題であり、市民参加による中心市街地における公共施設のグランドデザインを策定した際には、願意を酌んだ劇場を位置づけるべきであると述べられたのであります。
 さらに、他の一委員は、種々の団体等からの要望を全て受け入れることは不可能であり、劇場に特化した議論を行うことに疑問を呈した上で、市民参加のもと中心市街地の公共施設のありようについての検討会等を設け、今後の公共施設整備に係る全体像を描いていくことが必要であると主張されたのであります。
 加えて、別の一委員は、本市の公共施設、文化行政等に関する計画を策定し取り組んでいくことを求められたのであります。
 かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって採択すべきものと決しました。
 以上、文教委員長報告とします。


◯議長(國井忠男君) 総務委員長、17番、杉山利夫君。
   〔杉山利夫君登壇〕


◯17番(杉山利夫君) それでは、総務委員長報告を行います。
 今期定例会において、本委員会は去る6月21日及び24日の両日、委員会を開会し、付託されました議案9件、請願1件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。
 初めに、第59号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第1号)のうち、本委員会所管分について及び第61号議案岐阜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定についての以上2件は、いずれも異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第62号議案岐阜市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、質疑においては、新型インフルエンザ等の緊急事態発生時に本市が派遣を要請する団体等について確認されたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第63号議案岐阜市税条例の一部を改正する条例制定についてであります。
 質疑においては、住宅借入金等特別税額控除を4年間延長するに当たり、その対象人数及び影響額について尋ねられたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第65号議案市税以外の諸納付金の督促手数料及び延滞金徴収条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、質疑においては、延滞金減免規定の追加理由等を確認されたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、追加上程されました第81号議案平成25年度岐阜市一般会計補正予算(第2号)のうち、本委員会所管分について、第82号議案岐阜市職員の給与の臨時特例に関する条例制定について、第83号議案岐阜市教育長の給与の臨時特例に関する条例制定について及び第84号議案特別職の職員の給与の臨時特例に関する条例制定についての以上4件でありますが、いずれも給与の減額措置に伴う議案であることから、一括議題とする提案がなされ、委員会総意のもと一括して議題としたところであります。
 質疑で交わされました主な内容を申し上げますと、まず、地方交付税削減による市民サービスへの影響の有無及び財政調整基金等の活用に対する考え方について尋ねられたのであります。
 また、特別職の給与に対する削減率の根拠を問われるとともに、岐阜市職員労働組合連合会との団体交渉における市当局の交渉の対応方を言及されたのであります。
 さらに、地方交付税削減額である約6億5,000万円と、職員給与から削減する約5億円との差額である約1億5,000万円に対する財源措置について問われるとともに、国から給与削減実施期間の延長を要請された場合の当局の対応方針をただされたのであります。
 加えて、岐阜市政策顧問へ給与削減の協力を要請することについて尋ねられるとともに、歳入面からは、給与削減による所得税及び市税への影響について確認されたのであります。
 その後、順次討論へと移行したところ、まず、第81号議案について、反対の立場の一委員から、政府は経済団体に対し従業員賃金の引き上げを要請するなど、所得の増加につながる政策を打ち出す中、地方の中小企業の給与に多大な影響を与える公務員給与の削減は大きな矛盾であると指摘されるとともに、市長が国の対応は地方自治体の行革努力を適正に評価しておらず、大変遺憾であると表明する一方で、安易に職員の給与削減を行うことは、国の地方自治体への対応と同様であり、矛盾していると主張されたのであります。
 さらに、地方交付税が削減された場合においても本市の財政力を考慮すると、財政調整基金の活用などにより、職員給与の削減以外の方法で対応が可能である旨を述べられたのであります。
 また、5月臨時会において、地方交付税の適正な算定及び地方自治の尊重を求める意見書を全会一致で可決していることに触れられた上で、県内市町村の対応状況も考慮するなど、時間をかけて、より慎重に検討を行うよう求められたのであります。
 一方、賛成の立場の一委員からは、給与削減による職員のモチベーションの低下を憂慮された上で、その対策方の検討を要望されたのであります。
 さらに、別の一委員は、国による地方公務員給与の削減要請は、地方自治の尊重の観点から、さまざまな問題が発生すると懸念された上で、地方六団体が地方公務員給与に関して国へ要請された現状を踏まえた上で、当局においてもさらなる申し入れの実施を強く求められたところであります。
 かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第82号議案及び第83号議案の以上2件については、いずれも第81号議案と同様の理由で反対するとの討論がなされ、順次採決に付したところ、賛成者多数をもってそれぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第84号議案につきましては、異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 最後に、請願第4号消費税増税の実施中止を求める意見書の提出についての請願であります。
 本請願審査の討論において、一委員は、景気の回復等を含めた社会情勢が変わらない限り、消費税増税の延期もあり得るとの立場から、推移を見守るべきであると述べられ、継続審査とすることを主張されたところであります。
 そこで、まず、本件の継続審査について採決に付したところ、賛成者少数をもって否決され、続いて、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択すべきものと決しました。
 以上、総務委員長報告といたします。


◯議長(國井忠男君) 議会運営委員長、36番、大野 通君。
   〔大野 通君登壇〕


◯36番(大野 通君) 議会運営委員長報告を行います。
 今期定例会において、本委員会は、去る6月21日及び24日の両日、委員会を開会し、付託されました請願第5号岐阜市議会議場に国旗及び市旗の掲揚を求める請願について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。
 本件の審査においては、まず、日本人として日の丸の国旗は尊重すべきものであると前置きされた上で、岐阜市議会の議場における国旗の掲揚に関しては、各会派幹事長会議で意見の一致が見られなかったことから実現に至っていない経緯がある中で、今回、本請願の紹介議員となった理由を問われたのであります。
 さらに、これまでの議論に対する認識及び実現に至っていない経緯に関する請願者への説明の状況を紹介議員に確認されたところであります。
 また、平成11年8月に「国旗及び国歌に関する法律」が施行されて以降の本市議会における国旗の掲揚に関する議論の有無を尋ねられたのであります。
 そのほか、本市議会において当該法律の施行後、現在に至るまで国旗を掲揚していない経緯を尊重すべきであると述べられるとともに、政権交代後、改憲等に関する議論がなされ、さらに、参議院議員選挙を控える時期に国旗を議場に掲揚することについて憂慮を示されたのであります。
 その後、討論へと移行したところ、本件を否とする立場の一委員からは、「国旗及び国歌に関する法律」が施行された平成11年当時、国旗に対する世論が二分されていたのは、日の丸が第2次世界大戦において、日本がアジア各国に攻め入った際の旗印であり、また、戦時中の苦しい体験から、国民の中には日の丸を受け入れがたい感情があるためであると主張されるとともに、戦後、ドイツ、イタリアが国旗を変更する中、日本だけが変更していないと述べられたのであります。
 また、議場への国旗の掲揚については以前に意見の一致が見られなかったこと、さらに、当該法律に係る国会での議論においては、国旗を制定するが、強制するものではない旨の答弁がなされていることから、議場における国旗の掲揚を多数決で決すべきものではないことは明らかであると主張されたのであります。
 さらに、議場は市民の多様な意見や考えを反映させる場であり、市民の中にも戦争により苦しい体験を持つ方がみえることから、本件については、議論を尽くし、議員全員が納得した上で決定することが望ましいと述べられ、請願の採択には賛成できない旨を主張されたのであります。
 一方、本件を是とする立場の一委員からは、日の丸は国旗として認められており、また、日本を代表して国際大会等に出場する選手は、ユニホームに日の丸をつけていると述べられた上で、願意は妥当であるとし、採択を主張されたのであります。
 他方、別の一委員は、以前に議場における国旗の掲揚について議論されながら見送りとなった経緯を踏まえ、本請願は議会において慎重に議論すべき必要があることから、継続審査とすることを主張されたのであります。
 そこで、まず、本件の継続審査について採決に付したところ、賛成者少数をもって否決され、続いて、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって採択すべきものと決しました。
 以上、議会運営委員長報告といたします。


◯議長(國井忠男君) この際、しばらく休憩します。
 午前10時43分 休  憩
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
 午前10時53分 開  議


◯議長(國井忠男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 委員長報告に対する質疑の通告はありません。
 これより討論を行います。
 討論の通告がありますので、順次これを許します。11番、中川裕子君。
   〔中川裕子君登壇〕(拍手)


◯11番(中川裕子君) おはようございます。
   〔「おはようございます」と呼ぶ者あり〕
 日本共産党を代表しまして、申し上げます。
 まず初めに、第69号議案についてです。
 これは仮称・市民活動交流センター及び仮称・中央図書館の主体工事、電気・機械設備の工事請負契約の議案です。
 図書館の必要性は十分理解をしております。また、図書行政のさらなる充実が必要だと強く願い、誰でも気軽に行ける距離、規模の生活圏内での整備を今までも求めてきたところですが、この仮称・中央図書館については幾つか申し上げ反対をいたします。
 まず初めに、主体工事について、工事の契約の際に応札がなく仕切り直しをして仕様書を手直しし、本体工事に入っていたものを別途発注することとなりました。しかし、どのように仕様書が変更されたか、また、別途発注の3.2億円は一体何に使われ、どういった工事なのか、明らかにされていません。
 もう一方、仮称・市民活動交流センターにおいては、これにより柳ケ瀬にさらに1つ空き家ができることになりますが、全体の行政施設をどうするか、公共施設をどこにどう配置するか、全体的な見通しも示されていません。加えて、今回既に工事契約の段階にあるにもかかわらず、具体的にこの仮称・市民活動交流センターで何をするのか、まだこれから内容を詰める段階だということです。
 本来やりたい事業があって内容を議論し尽くした上で、建物の面積、形状、場所がつくられていくのではないでしょうか。巨額の税金を費やす大型事業であるにもかかわらず、一連の経緯が不透明、説明が不十分であり、これでは市民の理解は得られないと思われます。
 続いて、第81号議案、一般会計補正予算のうち、岐阜市職員の給与、岐阜市教育長の給与の減額補正部分について反対いたします。
 これについて理由を、以下、4点に分けて申し上げます。
 まず初めに、そもそも経済政策の誤りだということを指摘します。今、国を挙げて民間企業の給与を上げていく、国が給与を上げることを要請していくというときに、地域の民間の給与に大きく影響する公務員の給与削減というのは大きな矛盾です。これは国においての経済政策の矛盾でもありますが、同様に同じことを岐阜市で行えば、同じ矛盾を岐阜市でも抱えることになります。
 2点目、交付税の減額に合わせてということですが、実際の交付額が決まるのは7月下旬という御説明でした。この間、岐阜市の財政を見ると、財政調整基金が160億円、決算で明らかになる不用額も相当な額です。たとえ交付税が6億5,000万円減額されたとしても対応し得る財政力が十分あると考えられます。
 3点目、今回の議会に上程されている学校のエアコン設置に関する予算は、国の交付金に間に合わせるため、この間、職員が休日返上して自力で調査を行った結果です。ことしは工事を行う26校のうち12校、今後さらに実施設計もマンパワーで行うと聞いています。本当に職員の皆さん、大変な中だったと思いますが、こうした職員の頑張りで市民が喜ぶ結果となりました。
   〔私語する者あり〕
国からの補助金はこれで7億円ということです。
 市民サービス低下につながることを懸念したということですが、職員のモチベーションこそ市民サービスに直結しています。市長は国の対応について、自治体の行政努力を適正に評価していない、大変遺憾とコメントされていますが、これは岐阜市の対応にも言えることです。職員の努力を適正に評価せず、安易に給与削減を行うということは国が地方自治体に行ったことと同様です。
 4点目、岐阜市議会では先月の臨時議会で、地方交付税の適正な算定及び地方自治の尊重を求める意見書を全会一致で採択しています。しかし、その1カ月後、追加議案として質疑・一般質問の最終日に提出され、たったの数日の審議で採決となりました。他都市では削減を行わない、また、未定の地域も多くあることを伺っております。せめて時間をかけて慎重に調査を行うべきです。
 なお、第82、第83号議案は関連する条例ですので、同様の理由で反対をいたします。
 続いて、請願第4号消費税増税の実施中止を求める意見書の提出についての請願です。
 委員長報告では不採択でしたが、採択を主張いたします。
 2014年4月に8%、15年10月に10%に増税されれば、13.5兆円という莫大な増税が行われることになります。この4月から6月のGDPなどの経済指標の動向を見て、増税実施の最終判断を秋に行うとのことですが、この間の経済対策というのは働く人の給料が上がるのではなく、輸出企業や株主だけが大きな利益を得るという実態を伴わないものだったことが明らかになりつつあり、こうした見せかけの景気回復で増税が決定されるおそれがあります。
 国民への増税は消費税の増税だけではありません。この10年余りだけを見ても、定率減税の廃止、配偶者特別控除の廃止、年少扶養控除の廃止、復興増税など、増税の連続でした。給料は上がらず物価と税金だけが上がれば、当たり前ですが、消費は落ち込む一方です。逆に国民の所得をふやして消費を促すことで、地域経済は建て直すことができます。請願の願意は妥当と考え採択を求めます。
 最後に、請願第5号岐阜市議会議場に国旗及び市旗の掲揚を求める請願についてです。
 請願にあるように、国と岐阜市の平和と発展、市民生活の向上を願うことは、国旗の有無にかかわらず、議会で取り組むべき役割だと思っております。
 日の丸が国旗として法制化された平成11年当時は、国民の中でも意見が分かれたということがありました。
 日の丸が第2次世界大戦中にアジア各国に攻め込んだときの旗印でした。戦争で人を殺す、または殺される、家族、親、兄弟を失う、こうした戦争中の苦しい体験を持つ市民の中には、今でもなお当時の話を一切できない方もいらっしゃいます。日の丸に対し受け入れがたい感情があるのも法制化の際に世論が分かれた1つだと思います。
 日本とともに第2次世界大戦で侵略国だったドイツとイタリア、戦争の反省から戦後、国旗を変えています。戦後、戦中の旗を出して国旗にしたのは日本だけです。
 国旗、国歌の法制化に当たり強制はしないと国会で首相が明言をしています。
 議場は、市民の多様な意見や考えを表明し、市政に反映させる場です。それゆえ少数であっても市民の中にある多様な意見も保障する言論の府にふさわしい場であってほしいと思います。
 これまでも岐阜市議会では、昨年、各会派幹事長会議で議場での国旗の掲揚が議論され、その結果、見送られました。議会で賛否を諮って多数決によって決める性格のものではないことは、法制化の際の議論からも明らかです。このため議会に国旗を掲揚するとしても、議員全員で議論を尽くし、全会一致のもと決めることがふさわしいかと思います。
 この請願の採択には同意しかねます。
 以上です。(拍手)


◯議長(國井忠男君) 26番、服部勝弘君。
   〔服部勝弘君登壇〕(拍手)


◯26番(服部勝弘君) 私は無所属クラブを代表して、第69号議案、工事請負契約の締結、仮称・市民活動交流センター及び仮称・中央図書館建築工事について反対の討論をします。
 まず第1点は、建築主体工事についてであります。
 2月に行われた入札が不調になったことを受け、入札予定価格を見直して上方修正、予算の上積み額は約3億円と高額である。しかし、その積算根拠については内容が明らかにされず不明である。なぜ3億円もの上方修正をしたのか、する必要があったのか、その理由は曖昧であり、納得できません。一口に3億円と簡単に言いますが、その金額は膨大である。上積みした金額の詳細と、どこをどのように見直して、その結果、こうなったという納得できる説明が必要であると思います。
 2、本体工事から切り離した工事についてであります。
 家具工事、本の蔵収蔵庫工事の約3.2億円が今回の入札予定価格から切り離された。これについても、なぜ今回切り離したのか、また、切り離す必要があったのか、納得できる説明がありません。また、切り離した工事をいつ、どのような方法で発注して施工するのかも不明であります。結局、3億円もの予算を上積みしたために目先を変えるという苦肉の策としか思えません。こそくな手法で到底納得できるものではありません。
 3番目であります。
 次に、入札についてですが、本体工事と空調・衛生設備工事の入札はいずれも1者、共同企業体・JVのみの応札で、それも予定価格の99%以上という極めて不明朗で競争性の欠如した結果であります。公平、公正、公明であるべき入札制度において汚点を残すような今回のような変則的な入札は、本市の工事入札においてあしき前例をつくったことになり、こうしたことを招いた責任は重大であります。
 4番目でありますが、公共施設のあり方についてであります。
 もとより私どもは図書館の建設を否定するものではありません。しかし、この地に60億円もの巨費を投じて大規模な図書館等の施設を建設することについては、多くの市民の皆さんが疑問を抱いておられます。そこで、この計画については一旦白紙に戻して、この地における公共施設の建設のあり方、土地の利用方法について、本議会でも新しい劇場建設に関する請願が提出されておりますが、多くの市民の皆さんの多様な意見を集約し、将来的な展望を踏まえた総合利用計画を立てて取り組むことを強く要望いたします。
 以上、主な反対理由を述べて、第69号議案の反対討論とします。(拍手)


◯議長(國井忠男君) 13番、須賀敦士君。
   〔須賀敦士君登壇〕(拍手)


◯13番(須賀敦士君) 市政自民クラブを代表いたしまして、請願第5号岐阜市議会議場に国旗及び市旗の掲揚を求める請願に賛成の立場より討論をいたします。
 平成11年8月、国会において「国旗及び国歌に関する法律」が自民党、公明党、自由党、民主党の一部の賛成により可決されました。これにより、それまで慣習法として定着していた日章旗が行政施設等に掲揚される法的根拠が明確になりました。
 また、それ以前にも昭和49年12月には内閣府が国旗についての世論調査を実施し、84%の方が日の丸は日本の国旗としてふさわしいと回答をしております。
 さらに、同法が採択される1カ月前の平成11年7月にはテレビ朝日が「国旗及び国歌に関する法律」に対する世論調査を行いましたが、これも83%の方が賛成でありました。
 このような国民の日章旗への広範な支持を背景に同法は成立をいたしました。
 そして、現在、全ての都道府県と政令指定都市の議場並びに県庁所在地の市のうち40市の議場において掲揚をされております。これ以外にも、そのほかの市、また、町村で掲揚されている議場もたくさんございます。
 また、本市の市旗につきましても明治42年に制定され、白地に井桁のデザインは岐阜市のシンボルとして広く市民の皆様に親しまれているのは、皆様御存じのとおりであります。
 このような国旗、市旗に対し敬意を表し、本市の発展のための諸施策を審議する本議場に掲揚することは、請願にも記載されておりますが、日本国民、また、岐阜市民としての自覚や一体感の醸成に寄与すると同時に、審議に参画する議員、理事者各位にも、国家及び岐阜市民の現在と将来の福祉の増進と、市政発展の責任の一翼を担う者としての自覚を促すものと考えるものであります。
 よって、本請願に賛成をいたします。(拍手)


◯議長(國井忠男君) 以上で討論を終結します。
 これより採決を行います。
 まず、第69号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。
 本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第69号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。
 次に、第81号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。
 本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第81号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。
 次に、第82号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。
 本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第82号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。
 次に、第83号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。
 本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第83号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。
 次に、第84号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。
 本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第84号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。
 次に、第59号議案から第68号議案まで及び第70号議案から第80号議案まで、以上21件を一括して採決します。これら21件に対する常任委員長報告は、いずれも原案のとおり可決であります。
 お諮りします。これら21件については、いずれも常任委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、これら21件については、いずれも常任委員長報告のとおり決しました。
 次に、請願第4号を起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。
 本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第4号については、常任委員長報告のとおり決しました。
 次に、請願第5号を起立によって採決します。本件に対する議会運営委員長報告は、採択であります。
 本件については、これを議会運営委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第5号については、議会運営委員長報告のとおり決しました。
 次に、請願第6号を起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、採択であります。
 本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第6号については、常任委員長報告のとおり決しました。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
第31 第85号議案


◯議長(國井忠男君) 日程第31、第85号議案を議題とします。
           ───────────────────
              〔議 案 掲 載 省 略〕
           ───────────────────


◯議長(國井忠男君) 本件に対する提出者の説明を求めます。市長、細江茂光君。
   〔私語する者多し〕(笑声)
   〔細江茂光君登壇〕


◯市長(細江茂光君) ただいま上程になりました第85号議案、副市長選任の同意方につきまして御説明をいたします。
 現在その任に御努力をいただいております武政 功さんが6月30日をもって退任されますので、後任の副市長に佐藤哲也さんを選任いたしたいと存じます。
 佐藤さんは昭和61年に建設省に入省され、河川局、都市・地域整備局などを経て、現在、国土交通省都市局で御活躍をされております。これまでに兵庫県や福井市などにおいて地方自治体の業務にも直接携わられるなど豊富な知識と経験を有しておられ、本市の発展に尽力していただける人材と期待をしております。
 以上、よろしく御同意のほど、お願いを申し上げます。


◯議長(國井忠男君) これより質疑を行います。
 本件について質疑を許します。質疑はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 質疑はなしと認めます。
 お諮りします。本件については、常任委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、本件については、常任委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
 本件について討論を許します。討論はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 討論はなしと認めます。
 これより採決を行います。
 第85号議案を採決します。
 お諮りします。佐藤哲也君を副市長に選任するについては、これに同意するに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、佐藤哲也君を副市長に選任するについては、同意と決しました。
 この際、武政 功君から御挨拶があります。
   〔武政 功君登壇〕


◯副市長(武政 功君) 私の退任に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 平成22年4月1日に副市長を拝命いたしましてから3年3カ月がたちました。その間、細江市長、成原・藤澤副市長、市議会議員の皆様方を初め、多くの方々の非常に温かい御指導、御鞭撻を賜り、深く感謝をいたしております。
 この3年3カ月の間にはさまざまな出来事がありました。岐阜スカイウイング37やオアシス柳ケ瀬の完成、あるいは「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の設計の実施など、これからの岐阜市を象徴する都市開発に携わることができました。また、地域活性化総合特区としてのスマートウエルネスぎふの推進や、東海環状自動車道の仮称・岐阜三輪スマートインターチェンジの連結許可にもかかわることができたことを大変うれしく思います。一方で、東日本大震災という未曽有の大災害が発生をいたしました。自然災害から市民の皆様の安全と安心が確保できるよう岐阜市地域防災計画の策定に当たったことも印象的な仕事でございました。
 私は岐阜市に住んで、自分の足と自転車とバスで市内のあちこちを訪ね、また、これまでの任地ではほとんどできなかったことでありますが、地域の活動にも参加する機会を得ました。その中で金華山や長良川に代表されるようなすばらしい自然、織田信長公を初めとする深い歴史、鵜飼や食文化、そして、あふれんばかりの人情に触れ、本当に生活しやすく魅力に富んだ都市であると心から感じました。
 私は、みずから身をもって感じた岐阜市のすばらしさをより一層引き出してまいりたいと強く思い、中心市街地の活性化や、健康、医療、福祉が連携したまちづくり、あるいは災害に強いまちづくりなどに取り組んでまいりました。細江市長の補佐役として十分なことができたとは思いませんが、私なりに精いっぱい務めさせていただきました。
 まだまだ岐阜市としての課題がある中で退任いたしますことは後ろ髪を引かれる思いではございますが、7月からは新任地において岐阜市で得た経験を職務に生かすとともに、直接あるいは間接に岐阜市のために少しでもお役に立てるよう積極的に取り組んでまいりたいと考えております。
 最後になりますが、岐阜市のさらなる発展と議員の皆様を初めとする市民の皆様のますますの御活躍と御健勝を心からお祈り申し上げまして、退任の挨拶といたします。本当にありがとうございました。(拍手)
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
第32 議員派遣の件


◯議長(國井忠男君) 日程第32、議員派遣の件を議題とします。
           ───────────────────
             議  員  派  遣  の  件
                               平成25年6月26日
  地方自治法第100条第13項及び岐阜市議会会議規則第165条の規定により、次の
 とおり議員を派遣する。
                    記
┌─┬──────┬───────────────────────────────┐
│ │      │ 姉妹都市提携を結んでいるカナダ・サンダーベイ市を表敬訪問し、│
│ │      │親交を図り、国際交流のさらなる進展に寄与するとともに、現地の │
│ │(1)派遣目的 │ソーラー発電システムを視察する。               │
│ │      │ また、オタワ市の語学教育やトロント市のランドマークを中心と │
│ │      │したまちづくり等を視察し、今後の市政に反映させる。      │
│1├──────┼───────────────────────────────┤
│ │(2)派遣場所 │サンダーベイ市、オタワ市、トロント市             │
│ ├──────┼───────────────────────────────┤
│ │(3)派遣期間 │平成25年8月19日から8月26日までの8日間        │
│ ├──────┼───────────────────────────────┤
│ │(4)派遣議員 │大野邦博議員、林 政安議員、柳原 覚議員           │
├─┼──────┼───────────────────────────────┤
│ │      │ ブラジル・カンピーナス市との姉妹都市提携30周年記念式典に │
│ │      │出席し、市役所を表敬訪問、岐阜市と交流のあるリオ・ブランコ学 │
│ │      │園を訪問することにより、両市の親交を深め、国際親善に寄与する │
│ │(1)派遣目的 │とともに、サンパウロ市では、県主催の岐阜県人ブラジル移住10 │
│ │      │0周年・岐阜県人会創立75周年記念式典を初めとする行事に出席 │
│ │      │し交流を図る。                        │
│2│      │ また、リオデジャネイロ市の国際規模の大会開催に向けたまちづ │
│ │      │くりを視察し、今後の市政に反映させる。            │
│ ├──────┼───────────────────────────────┤
│ │(2)派遣場所 │カンピーナス市、サンパウロ市、リオデジャネイロ市       │
│ ├──────┼───────────────────────────────┤
│ │(3)派遣期間 │平成25年8月19日から8月28日までの10日間       │
│ ├──────┼───────────────────────────────┤
│ │(4)派遣議員 │浅井武司議員、渡辺 要議員、高橋 正議員、松原和生議員    │
└─┴──────┴───────────────────────────────┘


◯議長(國井忠男君) 派遣の目的、場所、期間、その他必要な事項については、お手元に配付申し上げたとおりであります。
 お諮りします。議員派遣については、これを承認するに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣については、これを承認することに決しました。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
第33 市議第6号議案及び第34 市議第7号議案


◯議長(國井忠男君) 日程第33、市議第6号議案及び日程第34、市議第7号議案、以上2件を一括して議題とします。
 議案は、お手元に配付申し上げたとおりであります。
           ───────────────────
 市議第6号議案
    患者数が特に少ない希少疾病用医薬品の開発促進・支援のための法整備等を求め
    る意見書
  標記について別紙のとおり決議するものとする。
   平成25年6月26日提出
          提出者
           岐阜市議会 厚生委員長  井   深   正   美
           ───────────────────
患者数が特に少ない希少疾病用医薬品の開発促進・支援のための法整備等を求める意見書
 難病といわれる疾病には有効な治療薬、治療法がなく、患者数が1千人未満と特に少な
い希少疾病用医薬品(ウルトラ・オーファンドラッグ)は医療上の必要性が高く、その開
発は急務である。
 そのため希少疾患関係患者団体は、これまでに「特定疾患への指定、及び治療薬開発の
推進」を求める署名活動や「ウルトラ・オーファンドラッグ開発支援と我が国の創薬・難
病対策に関する要望」を提出するなど、政府、関係省庁への積極的な要請活動を行ってき
た。その結果、厚生科学審議会医薬品等制度改正検討部会など、政府、関係省庁は前向き
な検討を行っているが、いまだ創薬実現に向けた明確な前進は見られない。
 難病と闘っている希少疾病患者は日々進行する病状を抱え、もはや一刻の猶予も許され
ない深刻な状況であり、はかり知れない不安を抱きながら一日も早い希少疾病の治療法の
確立を待ち望んでいる。
 よって、国におかれては、下記事項について早期に実現されるよう強く要望する。
                    記
1 患者数が特に少ない希少疾病用医薬品(ウルトラ・オーファンドラッグ)の開発を促
 進、支援するための法整備を行うこと。
2 遠位型ミオパチーを初めとする希少疾病に関する研究事業のさらなる充実強化と継続
 的な支援を行うこと。
3 希少疾病用医薬品の早期承認と医療費補助を含む患者負担軽減のための措置を講ずる
 こと。
 以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
  平成  年  月  日
                               岐 阜 市 議 会
 国会及び関係行政庁宛
           ───────────────────
 市議第7号議案
    慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)患者の支援を求める意見書
  標記について別紙のとおり決議するものとする。
   平成25年6月26日提出
          提出者
           岐阜市議会 厚生委員長  井   深   正   美
           ───────────────────
      慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)患者の支援を求める意見書
 慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)は、健康に生活していた人が、ある日突然激しい倦怠
感に襲われ、それ以降強度の疲労感とともに、微熱、頭痛、脱力感、思考力の障害、抑鬱等
の精神神経症状などが長期にわたって続くため、健全な社会生活が送れなくなるという原因
不明の疾患である。
 米国疾病対策センターにより1988年に提唱された比較的新しい疾患概念であり、世界
保健機関(WHO)の国際疾病分類においては、神経系疾患に分類されているが、今なお原
因が特定されておらず、治療法も確立されていない。
 我が国においては、厚生労働省の1999年の疫学調査や文部科学省の2004年の疫学
調査によると、慢性疲労症候群患者数は約30万人と推定されている。苦痛を伴いながらも
何とか仕事を続けることができる患者もいれば、症状が重く寝たきりに近い患者も多い。患
者の多くが職を失うほど深刻な疾患でありながら、原因が解明されていないため、社会から
の偏見や理解不足に苦しんでいる現状もある。
 よって、国におかれては、こうした状況を打開するため、下記事項について早期に実現さ
れるよう強く要望する。
                    記
1 厚生労働省内の慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の専門研究班による原因究明と治
 療法確立のための研究を一層推進すること。
2 慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の実態を全国の医療関係者や国民に周知するとと
 もに、患者が診察を受けられる環境を整えること。
3 「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(障害者総合支援
 法)が制定されたが、法の対象から外れている慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の患
 者が、日常生活や社会生活に制限を受けている場合には、介護や就労支援等が受けられ
 るよう必要な整備等を行うこと。
 以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
  平成  年  月  日
                               岐 阜 市 議 会
 国会及び関係行政庁宛
           ───────────────────


◯議長(國井忠男君) お諮りします。これら2件に対する趣旨弁明は、これを省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、これら2件に対する趣旨弁明は、これを省略することに決しました。
 これより質疑を行います。
 これら2件について質疑を許します。質疑はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 質疑はなしと認めます。
 これより討論を行います。
 これら2件について討論を許します。討論はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 討論はなしと認めます。
 これより採決を行います。
 市議第6号議案及び市議第7号議案、以上2件を一括して採決します。
 お諮りします。これら2件については、いずれも原案のとおり決するに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、これら2件については、いずれも原案のとおり決しました。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
第35 市議第8号議案及び第36 市議第9号議案


◯議長(國井忠男君) 日程第35、市議第8号議案及び日程第36、市議第9号議案、以上2件を一括して議題とします。
 議案は、お手元に配付申し上げたとおりであります。
           ───────────────────
 市議第8号議案
    青少年の健全育成に関する基本法の制定を求める意見書
  標記について別紙のとおり決議するものとする。
   平成25年6月26日提出
           提出者  岐阜市議会議員  松   岡   文   夫
           賛成者  岐阜市議会議員  杉   山   利   夫
           同    同        山   口   力   也
           同    同        須   賀   敦   士
           同    同        石   井   浩   二
           同    同        和   田   直   也
           同    同        大   西   隆   博
           ───────────────────
        青少年の健全育成に関する基本法の制定を求める意見書
 あすの社会を担う青少年の健全育成は、全ての国民の願いである。しかし、我が国におい
ては、連日のように新聞等で青少年の事件が報道されており、中学生によるバスジャックや
未成年者の無免許運転による小学生死亡事故など、社会を震撼させる事件、事故が多発し、
憂慮すべき状況にある。
 また、携帯電話やスマートフォン等の情報通信の発展とともに、青少年の有害情報に触れ
る機会の増加や、インターネット上の掲示板などへの書き込み等によって他人を中傷するい
じめが大きな問題となっており、青少年が事件に巻き込まれる、あるいは事件の当事者にな
る事例が後を絶たない。
 こうした社会の現状を見ると、青少年の荒廃は、我々大人が青少年を見守り支援し、時に
は戒めるという義務を果たさなかったゆえの結果であると言わざるを得ない。
 これらの問題には、各都道府県の「青少年健全育成条例」が対処し、一定の成果を上げて
きたが、今日では、その限界が指摘されている。今求められていることは、青少年の健全育
成に対する基本理念や方針などを明確にし、有害環境から青少年を守るための国や地方自治
体、地域社会、保護者等の責務を明らかにし、一貫性のある包括的、体系的な法を整備する
ことである。
 現在、青少年のコミュニケーション能力の不足や規範意識の低下、自立のおくれ、家庭や
地域の教育力の低下などが浮き彫りになる中、いま一度、社会全体で青少年の健全育成や家
庭のあり方を再考し、家庭の価値を基本理念に据えた青少年の健全育成に関する基本法の制
定が必要である。
 よって、国におかれては、青少年の健全育成に関する基本法を制定されるよう強く要望す
る。
 以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
  平成  年  月  日
                               岐 阜 市 議 会
 国会及び関係行政庁宛
           ───────────────────
 市議第9号議案
    橋下 徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」に対する決議
  標記について別紙のとおり決議するものとする。
   平成25年6月26日
           提出者  岐阜市議会議員  堀   田   信   夫
           賛成者  岐阜市議会議員  田   中   成   佳
           同    同        井   深   正   美
           同    同        中   川   裕   子
           ───────────────────
       橋下 徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」に対する決議
 去る5月13日に、日本維新の会共同代表・橋下 徹大阪市長は、「第2次世界大戦当
時は慰安婦制度が必要だった。」との発言をした。
 この発言は、女性を初め多くの人々の人格を否定し、人権を侵害するものであり、日本
が世界から信用を失いかねない。
 よって、岐阜市議会は、橋下 徹大阪市長に強く抗議し、そのような発言の撤回と謝罪
を求める。
 以上 決議する。
  平成25年6月26日
                               岐 阜 市 議 会
           ───────────────────


◯議長(國井忠男君) お諮りします。市議第8号議案に対する趣旨弁明は、これを省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、市議第8号議案に対する趣旨弁明は、これを省略することに決しました。
 市議第9号議案に対する提出者の趣旨弁明を求めます。41番、堀田信夫君。
   〔堀田信夫君登壇〕(拍手)


◯41番(堀田信夫君) ただいま上程になりました橋下 徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」に対する決議でありますが、一言趣旨を申し上げて、各位の御賛同を賜れたらと思うところです。
 橋下市長が旧日本軍慰安婦制度に関して述べた「慰安婦制度は必要だということは誰だってわかる。」の発言は、ごうごうたる批判が国内外で起こっております。女性を戦争の道具、女性を冒涜し、男性も冒涜し、人間への冒涜であります。これは今、国際問題に発展しております。
 同じ時期に橋下市長が米軍司令官に風俗の活用を勧めた問題については、米軍に対して撤回、謝罪はしましたが、沖縄県民や女性に対して謝罪は一言もありません。
 戦時下におけるレイプや性奴隷制、強制売春は、当時の日本政府が批准していた国際条約に照らしても日本の刑法に照らしても犯罪であり、重大な人権侵害であります。ですから、アメリカの下院議会や欧州議会、国際機関が人権を著しく侵害した犯罪行為であり、日本が責任を認め、謝罪することを繰り返し求めてきている経過があります。
 この発言を受けて、橋下市長の発言を受けて、国連の拷問禁止委員会は5月31日に日本政府に対して勧告を行っています。橋下氏の発言を念頭に、勧告は、公人による事実の否定、否定の繰り返しによって再び被害者に心的外傷を与える意図に反論すること、さらに、国政及び地方の高官や国会議員を含む政治家が本件事実を公に否定し、被害者に新たな心的外傷を与え続けていると指摘し、即時かつ効果的な立法的・行政的措置をとるよう国連が日本政府に対して求めてきているわけです。しかし、発言の撤回はされず、謝罪の求めにも応じていないという状況です。自分が言っていることは間違っていると思っていないと、さきの東京の都議会議員選挙のさなかでも開き直りの姿勢を露呈しています。
 被害女性の多くが心的外傷後ストレス障害を抱えて生きておられます。その傷に塩を塗るようなものであり、発言自体が今日拷問と言えます。
 国連事務総長の潘基文氏は6月2日、朝日新聞との会見で、到底国際社会は納得しないだろうとコメントしています。
 アメリカ・サンフランシスコ市議会は、今月の18日、全会一致で慰安婦が強制的な性的奴隷だった事実を否定するということについて驚きを禁じ得ないと述べ、橋下氏の発言を強く非難するとともに、日本の国会が戦時中の残虐行為を公式に認める法律を採択するようオバマ大統領とアメリカ議会が日本側に働きかけるよう全会一致の決議も上がっています。
 つまりは公人としてあるまじき発言であること、これについて国が注意すべきと世界から注意を受けているということになります。一地方の首長の発言として捨ておけない事態です。
 人権問題、慰安婦問題に真正面から向き合うことなしに国際社会で生きていくことは困難です。日本には良識がないのかと思われるのが心外です。アジアの皆さんと本当に心の通う外交をやろうと思ったら、過去の侵略戦争や植民地支配に対する真剣な反省、そして、必要な謝罪と補償を行うことが大事だと考えます。
 橋下氏の発言を許しているような国民ではないことを示す必要があります。国民は許していない、その良識を示す必要があると思います。
 市民の代表機関である市議会がそうした趣旨の決議を上げる意義は大きなものがあると考えます。国際社会に見識を示すためにも本決議が採択されることを願ってやまないところです。(拍手)
   〔私語する者あり〕


◯議長(國井忠男君) これより質疑を行います。
 これら2件について質疑を許します。質疑はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 質疑はなしと認めます。
 お諮りします。これら2件については、常任委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、これら2件については、常任委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
 これら2件について討論を許します。討論はありませんか。
   〔「議長、41番」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 41番、堀田信夫君。
   〔堀田信夫君登壇〕(拍手)


◯41番(堀田信夫君) 失礼しました。
 市議第8号ですが、青少年の健全育成に関する基本法の制定を求める意見書案ですが、提出者のほうから趣旨弁明もございませんでしたし、一体基本法がいかなるものなのか、想像の域を出ませんけれども、今からおよそ10年前に、正確に言えば2004年の3月ですが、国会に共謀罪の制定を求める法案が提出された経過がございますが、これは頓挫し、そして、廃案になった経過もございます。
 それの同じ焼き直しのものかなと推察をするわけですが、そういうことを念頭に、以下、一言申し上げておきたいと思います。
 この中では、「青少年の健全育成に対する基本理念や方針などを明確にし、有害環境から青少年を守るための国や地方自治体、地域社会、保護者等の責任を明らかにし、一貫性のある包括的、体系的な法を整備する」と意見書の案の中では述べていますが、現代社会は弱肉強食、ゆとりのない生活、精神的に殺伐とした雰囲気が、若者の深刻な雇用危機もあり、青年の社会参加すら奪っています。就職や結婚、子育てなど、将来の希望を閉ざす重大な問題があります。いかにして青少年を取り巻く環境や子どもたちの人権を守る施策の充実が図れるかにかかっていると思慮します。法の整備に果たして委ねることが適切なのかという点であります。
 ここでも国連でありますが、国連の子ども権利委員会は日本政府への勧告の中で、極度に競争的な教育制度によるストレスのため、子どもの発達はゆがみにさらされていると厳しい批判を寄せ、さらにその後も子どもの権利委員会審査に当たっては、前回勧告の改善は見られない、子どもの最善の利益、子どもの意見表明権などが十分に組み入れられていないと指摘しています。
 国や地方の自治体、社会が取り組まなくてはならない課題は、基本法や規制や罰則で縛る手法でなく、青少年を憲法、教育基本法に基づく社会の一員として尊重する。その中で自分を大切にし、他人を大切にし、社会のルールを尊重する主権者としての成長が期待できるものと思います。そして、子どもに影響を与える全ての事柄について、自由に自分の意見を表明する権利を保障し、参加することも重視されるべきだと思います。
 いま一つは、「家庭の価値を基本理念に据えた青少年の健全育成に関する基本法の制定」云々とあります。家庭の役割を否定するもんではありませんけれども、青少年を取り巻く問題は家庭の役割で解消できるものではありません。家庭自体が雇用破壊や長時間過密労働によって、家族そろって夕食の団らんや家族のコミュニケーションを奪われています。
 政治や経済での腐敗、不正事件も後を絶ちませんが、健全な社会道徳を軽視する風潮が生み出され、衝撃的な少年犯罪やいじめなどが起こる要因にもなっていることも見逃せないところです。
 家庭の役割だけ強調することは、社会や政治での責任を矮小化し、女性の社会参加までも悪とする風潮に流れるおそれも危惧されます。自己や家庭に責任を求める考え方には疑問を抱かざるを得ません。
 家庭、地域、学校が共同して成長を見守り、悩みに応え、支える草の根からの運動を進めていくことが必要と思います。市民道徳は言葉だけでなく、現実の人間関係、社会関係を通じてこそ身についていくものではないんでしょうか。
 青少年の社会活動や文化・スポーツ活動、ボランティア活動など、豊かな人間関係を育てていく多面的な活動や、いじめ、不登校、ひきこもりなど、子育てに悩む親たちの自主的な活動もかつてなく広がりを見せています。こうした活動と協働、活動の場の確保、社会環境整備など、総合的な対応が求められているものと考えます。
 以上のことを申し上げ、市議第8号、青少年の健全育成に関する基本法の制定を求める意見書には反対であります。(拍手)


◯議長(國井忠男君) ほかに討論はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 以上で討論を終結します。
 これより採決を行います。
 まず、市議第8号議案を起立によって採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、市議第8号議案については、原案のとおり決しました。
 次に、市議第9号議案を起立によって採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
             〔賛  成  者  起  立〕


◯議長(國井忠男君) 起立少数であります。よって、市議第9号議案は、否決されました。
 なお、可決されました意見書の取り扱いについては、これを議長に一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、そのように取り計らいます。
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
閉 議 閉 会


◯議長(國井忠男君) 以上で今期定例会に付議された事件は全て議了しました。よって、本日の会議はこれで閉じ、平成25年第3回岐阜市議会定例会を閉会します。
 午前11時39分 閉  会
   〔閉会後、市長及び議長、佐藤哲也君から次のようなあいさつがあった。〕


◯市長(細江茂光君) 本会議を終了するに当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会におきましては、風疹ワクチン接種費用全額助成のための予算を初め、会期中に設置許可が得られました東海環状自動車道仮称・岐阜三輪スマートインターチェンジに係る道路整備などの都市基盤に関する補正予算などを提案させていただきましたところ、慎重な御審議を賜り、それぞれ適切な御決定を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。
 本市は人間主義都市を掲げ、人材を育むための教育を初め、人への投資を積極的に進めてまいりました。知、絆、文化の拠点となる「みんなの森 ぎふメディアコスモス」につきましては、このたび平成27年夏の完成を目指し、7月末には着工できる運びとなりました。
 学びの場として魅力のある図書館を整備し、老若男女を問わず多くの方々に利用していただくことで、静かなるにぎわいが創出されるものと期待をしております。
 また、児童生徒の快適な学習環境を整えるエアコン設置に関しましては、各位のお力添えもあり、今年度から設置作業に着手し、平成26年度中には全小中学校においておおむね整備を完了してまいります。引き続き教育環境を整え、教育なら岐阜市、岐阜市なら教育と言われる都市をつくり上げてまいりたいと考えております。
 職員の給与削減の措置につきましては、議員の皆様方から貴重な御意見をいただきました。今回の地方公務員給与に関する一連の国の対応や要請は到底容認できるものではありません。私の行政経営の基本姿勢は市民目線、市民が第一の行政でありまして、今回の地方交付税の削減によって市民サービスの提供に影響を及ぼしてはならないとの考えから、組織のトップとして苦渋の選択ではありますが、職員に一定の期間の負担をお願いすることといたしました。
 岐阜市職員労働組合連合会には、今般の措置につきまして御理解をいただき、去る19日に給与削減について合意に達することができました。職員の皆さんの御理解に感謝を申し上げます。
 また、本日、市議会において関連議案につき適切な御決定を賜り、御礼を申し上げます。
 職員には引き続き誇りを胸に、市民の皆様のために全力で職務に励んでいただくことを心から期待をしております。
 最後になりましたが、これから暑さも本番となり、身にこたえる季節となってまいります。議員各位におかれましてはくれぐれも御自愛いただきまして、市政発展のため一層の御尽力、御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、議会終了の挨拶といたします。どうもありがとうございました。(拍手)


◯議長(國井忠男君) 閉会するに当たりまして、私からも一言御挨拶を申し上げます。
 今期定例会は、去る6月10日から本日までの17日間にわたり開会し、付議されました諸議案について審議を行い、ここに閉会するに至りました。
 この間、補正予算や条例改正、追加上程となりました給与削減議案などについて終始熱心に議論されましたことに深く敬意を表するとともに、議会運営への皆様方の御協力に対し厚く御礼を申し上げます。
 これから厳しい酷暑の季節を迎えますが、皆様方におかれましては健康管理に十分御留意されますようお願いを申し上げ、閉会の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
 なお、この際、先ほど副市長に選任同意されました佐藤哲也君より御挨拶がありますので、よろしくお願い申し上げます。


◯(佐藤哲也君) ただいま御紹介いただきました佐藤でございます。
 本日は、先ほど副市長選任に御同意いただきまして、まことにありがとうございました。
 論語では「五十にして天命を知る」とございますが、
   〔私語する者あり〕
本日、私の(笑声)50歳の誕生日で
   〔私語する者あり〕
ございます。
   〔私語する者あり〕
 もとより微力ではございますが、皆様の御指導をいただきながら、岐阜市の発展のため、細江市長のもと全力を尽くしてまいる所存でございますので、
   〔私語する者あり〕
どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

 岐阜市議会議長      國 井 忠 男

 岐阜市議会議員      小 堀 将 大

 岐阜市議会議員      江 崎 洋 子