議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成25年第 1回定例会−03月07日-01号




平成25年第 1回定例会

                 会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│  3月 7日│ 木 │本  会  議│一般議案審議                  │
│       │  │       │平成25年度各会計予算上程・提案説明・補足説明 │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│     8日│ 金 │本  会  議│各会計予算総括質問、議案等審査特別委員会へ審査付│
│       │  │       │託                       │
│       │  │       │請願・陳情等委員会付託、全員協議会       │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│     9日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    10日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    11日│ 月 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    12日│ 火 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    13日│ 水 │委  員  会│議案等審査特別委員会(まとめ)         │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    14日│ 木 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    15日│ 金 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    16日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    17日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    18日│ 月 │休     会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    19日│ 火 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    20日│ 水 │休     日│春分の日                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    21日│ 木 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第 1号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例
 議案第 2号 松川村村道の構造の技術的基準等に関する条例
 議案第 3号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な村道の構造の基準に関する条例
 議案第 4号 松川村水道事業に係る布設工事監督者及び水道技術管理者に関する条例
 議案第 5号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例
 議案第 8号 松川村都市公園条例の一部を改正する条例
 議案第 9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第10号 松川村下水道条例の一部を改正する条例
 議案第11号 消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例
 議案第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第13号 松川村地域特別賃貸住宅特別会計設置条例を廃止する条例
 議案第14号 池田松川施設組合規約の変更について
 議案第15号 平成24年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第16号 平成24年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第17号 平成24年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第18号 平成25年度松川村一般会計予算
 議案第19号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第20号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第21号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第22号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第23号 平成25年度松川村水道事業会計予算

 報告第 1号 平成25年度各会計予算について
 報告第 2号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求める請願書
 報告第 3号 年金2.5%削減の中止を求める陳情



                 請願・陳情一覧表

 請願
┌─────┬───────────────────┬────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │   請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼────────────┼────┤
│ 25. 2. 8 │「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求め│松川村5721-634     │勝家 尊│
│     │る請願書               │長野県教組大北支部松川村│    │
│     │                   │単組          │    │
│     │                   │代表者 津野 尊    │    │
└─────┴───────────────────┴────────────┴────┘


 陳情
┌─────┬────────────────────┬────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │     陳  情  者     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 25. 2.22 │年金2.5%削減の中止を求める陳情     │松川村5724-335         │
│     │                    │全日本年金者組合長野県本部   │
│     │                    │執行委員長 松沢 秀紀     │
│     │                    │大北支部支部長 井川 恵右   │
└─────┴────────────────────┴────────────────┘



             平成25年松川村議会第1回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│3月15日(金)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 3 │井 上 直 昭│1 村長の政治姿勢について       │村長・教育長 │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │ 8 │渡 邉 尚 省│1 TPP交渉参加中止せよの声を挙げると│村長     │
│  │  │       │  き                 │       │
│  │  │       │2 墓地開発反対は全村民の声、村長の判断│村長     │
│  │  │       │  を問う               │       │
│  │  │       │3 生活保護問題と就学援助を守るために │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │11│白 澤 富貴子│1 住み良いむらづくりの推進      │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 2 │佐 藤 節 子│1 松川村の観光魅力アップについて   │村長     │
│  │  │       │2 駅前セピアの活動と対策について   │村長     │
│  │  │       │3 池田松川給食センターの管理と目的につ│村長・教育長 │
│  │  │       │  いて                │       │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│3月19日(火)午後1時から                            │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 5 │10│矢 口 あかね│1 防災 3.11から2年〜いかなる災害│村長     │
│  │  │       │  にどのように備えるか〜       │       │
│  │  │       │2 観光 〜民泊、姉妹都市、ムラコン(村│村長     │
│  │  │       │  婚)に期待すること〜        │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 6 │ 9 │河 内 國 治│1 住宅の需要と供給について      │村長     │
│  │  │       │2 除雪の在りかたについて       │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘


          平成25年松川村議会第1回定例会会議録
                                       〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成25年3月7日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                   │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成25年 3月 7日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成25年 3月 7日 午後 2時44分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例     │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  12番  │榛 葉 良 子│  2番   │佐 藤 節 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │梨子田 公 雄│総務課統括課長│丸 山   稿│
│法第121条により説│       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼会│白 澤   繁│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │古 畑 元 大│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第 1号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例
 議案第 2号 松川村村道の構造の技術的基準等に関する条例
 議案第 3号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な村道の構造の基準に関する条例
 議案第 4号 松川村水道事業に係る布設工事監督者及び水道技術管理者に関する条例
 議案第 5号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例
 議案第 8号 松川村都市公園条例の一部を改正する条例
 議案第 9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第10号 松川村下水道条例の一部を改正する条例
 議案第11号 消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例
 議案第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第13号 松川村地域特別賃貸住宅特別会計設置条例を廃止する条例
 議案第14号 池田松川施設組合規約の変更について
 議案第15号 平成24年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第16号 平成24年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第17号 平成24年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第18号 平成25年度松川村一般会計予算
 議案第19号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第20号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第21号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第22号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第23号 平成25年度松川村水道事業会計予算


                               午前10時00分 開会
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成25年松川村議会第1回定例会を開会します。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(平林寛也君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第125条の規定により、12番 榛葉良子議員、2番 佐藤節子議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(平林寛也君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(新村久仁男君) (報告)
○議長(平林寛也君) 議会運営委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 お諮りします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から3月21日までの15日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から3月21日までの15日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(平林寛也君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) 皆さん、おはようございます。
 平成25年松川村議会第1回定例会を本日招集をさせていただきましたところ、全議員の皆様に御出席によりまして開会できますことにまず御礼を申し上げたいというように思います。
 松川村としましては、降雪の少ない冬がここ数年続いておりましたが、この冬は全国的に降雪量が多く、村道等の除雪作業を4回ほど実施をいたしました。融雪剤が品不足という情報も聞かれる中、一日も早い春の訪れが待ち遠しいというように思っております。
 また、昨年12月の総選挙の結果、政権が交代しました。大型補正予算は先ごろ参議院で1票差により成立したことは、皆様御存じのとおりであります。株価が上昇し、円安が進んでおることも、御承知のとおりであります。
 デフレ対策としましてインフレ志向で物価を2%上昇させ、給料も引き上げるとの約束でありますが、今、地方公務員には退職手当の引き下げ、給与の引き下げなど強い押しつけが来ております。今後、状況を見守る中で対応をしてまいりたいというように思っております。
 また、全国火災予防運動に入ったばかりの3月2日、細野地籍での火災では大変御心配をおかけいたしましたけれども、消防団員の活躍で大事に至らず、消火することができました。今後もさらに消防団員とともに火災予防の啓発に努めてまいりたいというように思います。
 最近の村政状況の中で若干お話を申し上げます。
 まず、台湾の鹿港鎮(ルーカンチン)との交流についてであります。
 台湾、彰化縣の鹿港鎮との友好協定関係につきましては、鹿港(ルーカン)より6月12日、台湾の一大イベントでありますドラゴンボートフェスティバルに合わせて訪問してほしい旨の要請がありました。今のところ6月12日前後に鹿港鎮においての友好協定を締結する見込みとなっております。
 先ごろ職員3人とともにプライベートで視察をしてまいりましたが、日本で言えば小正月に当たる時期ということで、大変なにぎやかさでございました。
 今後、子供たちの交流を初め経済交流など友好交流締結に大きな期待をしていたきたいというように思います。
 調印に当たりましては、村の各団体等の代表者による訪問団を結成しまして当地を訪問させていただき、調印式に臨むこととしたいと考えておりますけれども、詳しい内容はまだ固まっておりませんので、詳細なスケジュールがわかり次第、皆様に御報告をいたします。
 なお、6月定例会の日程と重なることも予想されますので、日程が確定した時点で議員の皆様に日程調整等をお願いしたいと思いますので、そのときはよろしくお願いをいたします。
 次に、地域づくり活動活性化支援補助金の募集についてであります。
 今回で8回目の募集になります村地域づくり活動活性化支援補助金につきましては、平成25年3月4日から1カ月間募集を行っております。自発的な地域づくり活動を行う皆様を支援するための補助金でありますので、多くの団体から応募をお待ちしている状況でございます。
 続いて、イベント列車いろどり号による松川村民号の実施についてであります。
 大変好評をいただいておりますいろどり号による松川村民号の運転につきましては、今年は東京スカイツリー見学をメーンとしまして、6月2日の日曜日に計画をしております。詳細につきましては、関係団体による実行委員会で進めてまいりますので、ぜひまた御協力をいただけたらというように思います。
 次に、ムラコン(村婚)の実施であります。
 3月5日にTBS系列の「もてもてナインティナイン」の関係者が、松川村に番組作成についての協議に参りました。この件につきましては、元気づくり支援金を要望してありますが、対象となる可能性はありません。しかし、話をお聞きする中で放映は5月の末と、これ25、26日の土日の予定だそうであります。そういうことでありますので、すぐに準備に入らないと間に合わない状況でありまして、番組の性格から松川村の大きな宣伝にはなると思いますので、実行委員会を立ち上げ万全を期さなければというように思っております。
 若干細部を申し上げますと、3月16日には男性参加者の告知の前撮りをすると、そして現在11名が出演オーケーだそうでありますが、20名以上どうしても必要ということでありますので、あと十数名の確保が急務であります。3月16日ということでありますので、日が迫っておりますので、ぜひまた皆様、御支援をいただけたらというように思います。この前撮りをいたしまして、3月の終わりごろから毎週火曜日の午後7時からの番組の中で松川村の宣伝をし、またこの男性の皆さんの紹介をしていっていただけるようであります。ぜひ御支援をいただけたらというように思います。
 次に、修学旅行生の受け入れ推進についてであります。
 村では、都会の学校の修学旅行生を対象に、村の豊かな自然を生かした滞在型農業体験を推進しておりますが、平成25年度は首都圏、関西方面から3校、生徒総数350人が修学旅行で来村する予定であります。安曇野松川農家民宿連絡協議会の皆さんの連携する中で、修学旅行生の受け入れに村も全面的に協力をしてまいりたいということを思っております。
 続きまして、営農支援センターの人事異動でありますが、このたび3月1日付のJAの人事異動で、企画推進員が一本木さんから高橋さんにかわりました。そういう中で事務局も新たな体制になります。今後も農家の皆さんへの農業支援体制を円滑に行えるよう努めてまいりますので、よろしくお願いをいたします。
 続きまして、農家懇談会であります。
 2月の13、14日の2日間、8会場で農家懇談会を開催し、171名の農家の皆さんに御出席をいただきました。昨年と同様にJA組合員懇談会、安曇総合病院の懇談会を同日開催し、昨年を上回る農家の皆さんに御参加をいただきました。
 懇談会では、平成25年産米の生産調整、国の経営所得安定対策、人・農地プラン推進について説明をいたしました。懇談会で出されました意見、要望等につきましては検討いたしまして、3月下旬開催予定の村農業再生協議会に諮ってまいりたいというように思っております。
 続きまして、人・農地プランの推進状況であります。
 地区ごとに集落営農組合やJA農家組合を中心に人・農地プランの作成を進めてまいりましたが、このたび6地区でプラン原案が完成をいたしました。
 今後、松川村人・農地プラン検討委員会での審査を経てプランの決定をしてまいります。
 また、プラン未整備の地区につきましては、地区の実情に合ったプラン作成ができますよう、今後も村営農支援センターを中心に支援をしてまいります。
 続きまして、学校給食センターであります。
 昨日の給食センターの竣工式には御出席をいただきまして、ありがとうございました。
 新しい給食センターはドライシステムの採用などにより、徹底した衛生管理のもと安全・安心な給食を子供たちに提供できます。また、特に炊飯施設の導入によりまして温かい給食が提供できるとともに、地元産米の消費拡大と地産地消が推進できること、もう1つは児童・生徒から募集をいたしました絵柄の食器を使用するなど、楽しく食べてもらうことで食の教育の発信場所にもなると期待をしております。
 いよいよ新学期から1,800食の給食を調理し、各学校の児童・生徒に届けます。きっと子供たちは喜んで食べてくれるものと信じております。住民の皆さんにも見学コースやホール等も備えておりますので、気軽に足を運んでいただけたらというように思います。
 それでは、本日上程いたします議案につきまして若干御説明をさせていただきます。本日上程いたします議案は23件でありますが、概要を説明いたします。
 議案第1号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例から、議案第4号 松川村水道事業に係る布設工事監督者及び水道技術管理者に関する条例は、地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う新設条例であります。
 議案第5号 付属機関設置条例の一部を改正する条例及び議案第6号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例は、松川村人・農地プラン検討委員会の追加による一部改正であります。
 議案第7号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例は、上位法の法律名の改正に伴う一部改正であります。
 議案第8号 松川村都市公園条例の一部を改正する条例から議案第10号 松川村下水道条例の一部を改正する条例は、地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う一部改正であります。
 議案第11号 消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例は、題名変更の一部改正であります。
 議案第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例は、上位法の法律名の改正に伴う一部改正であります。
 議案第13号 松川村地域特別賃貸住宅特別会計設置条例を廃止する条例は、起債償還が完了いたしました、それに伴いまして特別会計を廃止する条例であります。
 議案第14号 池田松川施設組合規約の一部を改正する規約は、給食センター移転に伴う住所変更等を改めるための規約変更であります。
 議案第15号 平成24年度松川村一般会計補正予算(第6号)は、年度終盤を迎え事業費の確定等に伴う計数整理で6,150万5,000円を追加いたしまして、総額を39億2,519万9,000円とするものであります。
 主なものは、歳入では地方交付税1,926万7,000円、県支出金2,062万8,000円、村債1,480万円の追加であります。
 歳出では、庁舎改修費の総務管理費、川西地区水路改修の農林水産費、小中学校の備品購入を含む教育費が主なものであります。
 議案第16号、議案第17号は、国民健康保険特別会計、特定環境保全公共下水道特別会計の各補正予算であります。
 議案第18号から議案第23号までは、一般会計ほか各特別会計等の平成25年度予算であります。いずれも提案時には各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議の上、議決をいただきますようお願いを申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。長くなりますが、よろしくお願いをいたします。
△日程第4 諸般の報告
○議長(平林寛也君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(伊藤勇二君) それでは朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.穂高広域施設組合議会第1回定例会
  開催期日  平成25年2月13日
  出席議員  平林議長、榛葉副議長
  審議事項等 ・職員の給与勤務時間その他の勤務条件分限及び懲戒並びに服務に関する条例の一部を改正する条例
        ・平成24年度一般会計補正予算(第2号)
        ・平成25年度一般会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 2.池田松川施設組合議会第1回定例会
  開催期日  平成25年2月15日
  出席議員  平林議長、榛葉副議長、井上議員、河内議員
  審議事項等 ・長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び規約の変更
        ・池田松川施設組合設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
        ・平成25年度一般会計予算
        ・池田松川施設組合教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて
  審議結果等 原案のとおり可決及び同意。
 3.高瀬広域水道企業団議会2月定例会
  開催期日  平成25年2月19日
  出席議員  平林議長、榛葉副議長
  審議事項等 ・平成25年度会計予算
  審議結果等 原案のとおり可決。
 4.松川村上下水道委員会
  開催期日  平成25年2月20日
  出席議員  渡邉議員
  審議事項等 村長から諮問のあった、平成25年度松川村上下水道事業会計予算(案)について審議。
  審議結果等 原案のとおり承認することに決定し、2月28日に村長へ答申。
        答申では、引き続き水道水の安定供給及び下水道の接続推進に努められたい旨を要望。
 裏面をお願いします。
 5.北アルプス広域連合議会2月定例会
  開催期日  平成25年2月21日、22日
  出席議員  平林議長、榛葉副議長、白澤議員
  審議事項等 ・北アルプス広域連合が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続きに関する条例制定について
         外 条例制定4件 条例の一部改正3件
        ・平成24年度各会計補正予算
        ・平成25年度各会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 6.大北社会福祉事業協会第1回評議員会
  開催期日  平成25年3月1日
  出席議員  平林議長
  審議事項等 ・平成24年度会計補正予算
        ・平成25年度会計予算
        ・基本財産の処分(高瀬荘跡地の売却)について
  審議結果等 各議案を原案のとおり同意。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(平林寛也君) 日程第5 議案の上程を行います。
 議案第1号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案第1号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置基準に関する条例について御説明を申し上げます。
 第1条、趣旨は、すみません、その前に全般的なことを先ほど村長、冒頭のごあいさつで申し上げましたけれども、申し上げます。
 議案第1号から議案第4号と、議案第8号から議案第10号につきましては、地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律、通称地方分権一括法が施行されたことによります新設及び一部改正の上程でございます。
 地方分権一括法は、もっと地方の力を強くしようという狙いから設けられたもので、機関委任事務が廃止され、法定受託事務と自治事務という制度を新しく設けたものでございます。地方の自主裁量を高めようと定められたものでございます。
 今回のそれぞれの議案については、基本的には国の法律を準拠しておりまして、その内容を参酌して条例を定めてございますので、今までの法律等の内容と基本的には変更は今回はございません。そういったことで御説明申し上げます。
 戻りまして、第1条趣旨でございますけれども、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律第13条の特定公園施設の新設、増設または改築を行うときは、移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置に係る省令で定める基準に適合させなければならない旨を規定をしております。
 第2条委任では、省令に準拠する内容を規則で委任している内容でございます。規則においては、園路や公園の出入り口等の基準を定めるものでございます。
 附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第1号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第2号 松川村村道の構造の技術的基準等に関する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 議案第2号 松川村村道の構造の技術的基準等に関する条例ということで、御説明いたします。
 今回の条例でございますが、地域一括法により道路法が改正され、これまで国で定めていた道路の構造の技術的基準等について各地方自治体の条例で定めるものでございます。
 初めに、村道の構造の技術的基準につきましては、これまでは全国一律に政令で定められておりましたが、法改正によりまして、自治体が管理する道路につきましては、政令を参酌しましてその条例で構造の技術的基準を定めることとなりました。
 次に、村道に設ける道路標識の寸法についてですが、これにつきましても国が定めた命令によりまして、全国一律に寸法や文字の大きさが規定されていたわけでございますが、これも法の改正によりまして、道路標識の寸法についても地方公共団体がその命令を参酌して条例で定めることになったものでございます。
 本文の内容でございますが、まず第1条では、趣旨としまして道路法を根拠にこの条例を制定することを規定しております。
 第2条では、村道の構造の技術的基準及び村道に設ける道路標識の寸法についての具体的な内容について規則へ委任するということとしております。
 なお、規則では参酌基準を準拠する形で具体的な基準を規定しておりますが、これまでの基準と変わりはございません。
 附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第2号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第3号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な村道の構造の基準に関する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 議案第3号 松川村高齢者、障害者等の移動等円滑化のために必要な村道の構造の基準に関する条例ということで、御説明申し上げます。
 これにつきましても地域一括法によりまして、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律、いわゆるバリアフリー法が改正されたことによります、多くの高齢者や障害者等が歩いて移動するために特に円滑化に配慮をする必要がある道路として定められております特定道路における構造の基準について、これまでは省令で定められていたわけでございますが、各地方自治体が省令を参酌して条例でその基準を定めるものでございます。
 バリアフリー法では、特定道路の新設または改築を行う場合に、道路移動等円滑化基準に適合するように義務づけられております。現在、当村には国土交通大臣が定めます特定道路というものはございませんが、特定道路以外の道路につきましてもこの円滑化基準に適合するために必要な措置を講ずるように努力義務が規定されていることから、今後道路の新設または改築を行う場合には当基準に配慮することとなります。
 本文の内容でございますが、まず第1条では、趣旨としましてバリアフリー法を根拠に当条例を制定することを規定してございます。
 第2条では、具体的な村道の移動等円滑化基準の内容について規則へ委任するものであります。
 なお、規則では参酌基準を準拠しておりますので、車道と歩道との段差基準など細かく規定しておりますが、これまでの基準と何ら変わりはございません。
 附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第3号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第4号 松川村水道事業に係る布設工事監督者及び水道技術管理者に関する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 議案第4号 松川村水道事業に係る布設工事監督者及び水道技術管理者に関する条例ということで、御説明申し上げます。
 地域一括法によりまして水道法が改正され、これまで政令で定められておりました水道布設工事の監督技術者の配置基準、資格基準及び水道技術管理者の資格基準について、その政令を参酌しまして地方自治体の条例で定めるものでございます。
 本文の内容でございますが、まず第1条では、趣旨としまして水道法を根拠に当条例を制定することを規定しております。
 第2条では、水道施設の工事で布設工事監督者を配置しなければならないものを規定しており、具体的には水道の配水管等の新設工事などがこれに該当します。
 第3条では、布設工事監督者の資格として、必要な学歴及び水道事業等の経験年数を規定しております。その下、第1号及び第2号では大学を、第3号では短大及び高専を、第4号では高校及び中学を卒業した場合のそれぞれ実務経験年数を、第5号では第4号まで以外の場合の実務経験年数を、第6号では大学院を卒業した場合の実務経験年数を、次のページへまいりまして、第7号では外国の学校において全1号から4号までと同等の課程を修了した場合の実務経験年数を、第8号では技術士試験を合格した場合の実務経験年数を規定しております。
 第4条では、水道管理について技術上の業務を担当する水道技術管理者の資格として、必要な学歴や水道事業等の経験年数を規定しております。第1号では、前条の布設工事監督者の資格を有する者、第2号では大学、短大、高専、高校、中学の各学校を卒業した場合の実務経験年数を、第3号では10年以上の実務経験年数を有する者、第4号では第2号に掲げる者と同等以上の技能を有すると認める者を、第5号では外国の学校を卒業した場合の実務経験年数を、第6号では登録を受けた者が行う講習を修了した者を規定しております。
 附則といたしまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 次のページにまいりまして、平成25年3月7日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第4号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第5号 附属機関設置条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第5号 附属機関設置条例を次のように改正するということで、今回の改正につきましては松川村人・農地プラン検討委員会が設置されたことによります別表の追加でございます。
 附則としまして、この条例は公布の日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第5号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第6号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第6号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を次のように改正するということで、議案第5号と同様に松川村人・農地プラン検討委員会が設置されたことによるもので、別表に名称と金額を追加するものでございます。
 附則としまして、この条例は公布の日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第6号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第7号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 議案第7号 松川村福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例。
 松川村福祉医療給付金条例の一部を次のように改正をいたします。
 内容でございますけれども、障害者自立支援法が障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律名に改正されたことによる名称の変更の内容でございます。
 第2条第3号中は、施行令名の改正でございます。
 第3条第1項第2号及び第2項第1号中は、法律名の改正でございます。
 附則といたしまして、この条例は平成25年4月1日から施行。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名でございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第7号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第8号 松川村都市公園条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案第8号 松川村都市公園条例の一部を次のように改正するということで、先ほども申し上げましたが、地方分権一括法が施行されまして、現在の条例に都市公園法の政令で定められてした都市公園の基準及び設置基準を条例事項化し追加するものでございます。
 第1章の次に、第1章の2都市公園の設置を加えるものでございます。
 次に、第2条の次に、第2条の2配置及び規模の基準、それから第2条の3公園施設の基準を加える内容でございます。第2条の2では、第1号で村民1人当たりの敷地面積を規定するものでこず。第2号では、アからエまでそれぞれ誘致距離の敷地面積を規定するものでございます。3号では、2号以外の都市公園を設置する場合の敷地面積を規定するものでございます。
 次ページになりますけれども、第2条の3につきましては、都市公園に公園施設として設けられる建築物の建築面積、いわゆる建蔽率の総計において、これまで都市計画法第4条第1項に規定されたものを参酌し、条例で定めるものでございます。第2項につきましては、休養施設、運動施設、図書館、備蓄倉庫などを意味しておりまして、3項につきましては重要文化財、登録有形文化財等、それから4項につきましては屋根つきの広場、雨天用の運動場などが該当になります。
 次に13条4号と18条につきましては、都市公園法の条ずれによるものでございます。
 それから次に、別表第3の2号につきましては、一括法ではございませんけれども、村のパターゴルフ場の利用者増を図るために使用料を700円から100円に引き下げる内容でございます。
 附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第8号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 議案第9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正するということで、地域一括法によりまして公営住宅法が改正されたことによる一部改正でございます。
 この法改正によりまして、これまで省令で定められておりました公営住宅の整備基準及び政令で定められておりました公営住宅の入居収入基準について、各自治体がそれぞれ省令、政令を参酌して条例で定めるというものでございます。
 本文の内容でございますが、まず目次中、第1章総則の次に第1章の2として整備基準を加え、第4条の2としまして第1号から3号まで整備の基本理念、配慮事項を定め、第4号で具体的な整備基準は規則へ委任する内容としてございます。
 次に、入居者の資格を規定した第7条第1項第2号中の親族の定義規定につきましては、他の条文にも親族があるため改正し、同項第3号には入居できる者の収入条件等を規定するものでございます。
 下段でございますが、イでは特に居住の安定を図る必要がある世帯の場合の金額を規定し、(イ)から次のページの(ニ)まで従来の国の基準を準拠しまして現行と同様に高齢者、心身障害者等の範囲を規定してございます。ロでは、イに掲げる場合以外の金額を規定しております。なお、裁量階層の収入条件につきましては、基準額を裁量により緩和した場合は入居の応募倍率等が上昇してしまい、住宅に困窮する方の入居の機会を狭めてしまう懸念がございますので、引き続き現在の収入基準を維持するという内容でございます。
 次に、入居者資格の特例を規定しました第8条第2項は、前7条の改正による引用条文の改正でございます。
 次に、第53条第1号中の親族の定義規定を第7条の改正により削除するものでございます。
 附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第9号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第10号 松川村下水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 議案第10号 松川村下水道条例の一部を次のように改正するということで、地域一括法によりまして下水道法が改正されたことによります一部改正でございます。この法改正によりまして、これまで政令で定められておりました公共下水道の構造の技術上の基準、それから終末処理場の維持管理に関する基準につきまして、この政令を参酌して条例で定めるものでございます。
 本文の内容でございますが、まず目次中、第2章公共下水道の設置の次に、第2章の2としまして公共下水道の構造の技術上の基準等を加えるものでございます。
 第5条の2では、公共下水道の具体的な構造の技術上の基準を次条から第5条の6まで規定することを定めております。
 第5条の3では、排水施設、処理施設に共通します構造の技術上の基準について、施設建設等のときに使う材料等について規定してございます。
 次のページでございますが、5条の4でございますが、管渠やマンホールなど排水施設の基準を決めてございます。
 それから5条の5では、終末処理場の脱臭や排気などの基準を規定してございます。
 第5条の6では、前3条の規定を適用しない仮設の施設等を定めてございます。
 第5条の7では、終末処理場の維持管理にかかわります運転操作等について規定をしております。
 附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第10号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第11号 消防団の設置に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 議案第11号について御説明申し上げます。
 消防団の設置に関する条例の一部を次のように改正するということで、今回の改正につきましては県等からの意見を聞く中で、現在の条例に松川村が記載されていないため、題名を松川村消防団の設置に関する条例に改めるというものです。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第11号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(丸山稿君) 議案第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を次のように改正するということで、今回の改正につきましては議案7号でもございました同様で、障害者自立支援法が障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律名に改正されたことによる名称と項ずれの変更でございます。
 第9条中、9条の2第1項第2号中の法律名と項ずれを改正するものであります。
 附則といたしまして、この条例は平成25年4月1日から施行する。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第12号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第13号 松川村地域特別賃貸住宅特別会計設置条例を廃止する条例を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 議案第13号 松川村地域特別賃貸住宅特別会計設置条例は廃止するということで、本特別会計につきましては建設にかかわる収支を明確にするため設置した経過がございます。建設費に伴う起債償還のために一般会計から繰り入れを行ってまいりましたが、24年度をもちまして起債償還が完了いたします。これによりまして特別会計を設置した所期の目的が達成されたため、当特別会計を廃止しまして一般会計に整理統合するものでございます。
 附則といたしまして、施行期日につきましては、この条例は平成25年4月1日から施行する。経過措置としまして、本特別会計の平成24年度の歳入及び歳出並びに決算に関しましては、なお従前の例によるということでございます。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第13号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第14号 池田松川施設組合規約の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、議案第14号 池田松川施設組合規約の変更についてお願いをいたします。
 これは、地方自治法第280条第1項の規定によりまして、池田松川施設組合規約の一部を別紙のとおり変更するため、同法第290条の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 裏面をごらんいただきたいと思いますけれども、池田松川施設組合規約の一部を改正する規約でございます。池田松川施設組合規約の一部を次のように改正をいたします。
 第4条は、事務所の位置を松川村5721番地636に変更するものでございます。
 第8条は、第2項を2つの項に分けました。改正後の第2項では、管理者をこれまで池田町長に限定していたものを、両町村長の協議によって決定できるための変更でございます。それに伴い、改正後の第3項では、副管理者は管理者以外の町村長と管理者の副町長または副村長となります。また、それに伴って改正後の第4項では、会計管理者についても両町村の会計管理者が行えるよう管理者が任命することとしました。改正後の第5項でございますけれども、改正前の第4項の池田町副町長のみを両副町村長に改め、任期は改正前と同様でございます。
 第12条は、現在の松川村中学校に建設中の給食センターの将来的処分について、現在の建設分担比率で処分する内容となっております。
 なお、附則として、平成25年4月1日施行で、経過措置といたしまして、池田町にある現センターの処分について、処分が完了するまでの間有効とするということでございます。
 平成25年3月7日 提出 松川村村長名でございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第14号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで、11時15分まで休憩いたします。
                               午前11時00分 休憩
                               午前11時15分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、議案第15号 平成24年度松川村一般会計補正予算(第6号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、今回の補正の主な内容でございますけれども、歳入では交付税、国・県補助金、村債を見込んでございます。歳出におきましては、庁舎修繕の総務費、川西地区水路改修の農林水産業費、小中学校の備品購入を含みます教育費が主なものでございます。
 それでは、まず5ページをお願いします。第2表繰越明許費でございますけれども、6事業を繰り越す内容を記載してございます。まず総務費の2項目、役場庁舎改修事業の862万5,000円でございますが、工事費で高圧の電気の補修、それからトイレの改修の内容でございます。次に、大北福祉会館耐震診断の事業費村の負担分35万1,000円でございます。
 続きまして、農林水産業費川西地区水路改修費4,000万5,000円ですが、設計、工事費の内容です。
 次に、土木費の中で道路新設改良事業357万7,000円ですけれども、1−1号線JRの踏切の設計委託料でございます。
 続きまして、消防費消防施設整備事業598万5,000円ですけれども、工事費で旧南保育園の防火水槽の移転先未定のためでございます。
 あと、地域防災計画整備事業費315万円でございますが、県の防災計画が2月19日に見直しがされまして、このほど発表になりました。これに伴います村の計画分を一部見直すもので、委託料の計上でございます。
 それから、次ページをお願いします。第3表地方債の補正の内容でございますが、追加分といたしまして川西地区水路改修事業、限度額1,480万円でございます。利率は3.5%以内ということで予定をしております。
 では9ページをお願いします。総務課関係、まず歳入ですが、6款の地方消費税交付金62万3,000円でございますが、額確定見込みに伴う計上でございます。続きましてその次、地方交付税1,926万7,000円でございますが、普通交付税と特別交付税の計上でございます。
 次ページ、10ページ、消防の関係ですが、消防費国庫補助金減額の19万9,000円、これにつきましては災害対策費におきまして住宅建築物耐震改修等事業費補助金、事業確定に伴います減額です。
 その下、地域の元気臨時交付金23万1,000円でございますが、大北福祉会館の耐震診断事業のための松川村負担分の入を見込んでございます。
 次ページ、11ページ上段ですが、2項目め、災害対策費としまして減額の46万5,000円、先ほどの県の補助金の確定見込みによります減額です。
 その下、財産収入でございますが、利子及び配当金が3,000円ですが、額確定見込みによります増額。その下、繰入金でございますが、人づくり基金繰り入れ44万円、対象者の実績増見込みに伴います繰り入れです。その下につきましては、光をそそぐ交付金繰入金額確定見込みに伴います増額です。
 次ページをお願いします。雑入の関係596万8,000円のうち、下段の市町村振興資金、額確定見込みに伴います計上で579万円です。歳入の最後ですが、村債、川西地区水路改修事業としまして1,480万円の計上です。
 続きまして、歳出13ページをお願いします。まず総務費一般管理費ですが、261万8,000円の減額の内訳ですが、需用費としまして修繕費3万5,000円。これにつきましては個別受信器の修理代の不足分を計上してございます。
 続きまして、13節の委託料減額の278万3,000円ですが、J−ALERT(アラート)の保守点検業務、それから移動系防災無線の保守点検業務の減額ですが、当初保守を行う予定でございましたけれども、業務内容を見直す中、故障時に修理代を直接支払ったほうが安いため、未契約のための減額です。
 それから、19節負補交の13万円ですけれども、勤労者住宅貸付資金利子補給としまして、増額見込みでの計上です。
 それから、財産管理費1,057万8,000円ですが、需用費としまして94万1,000円、燃料80万円、光熱水費14万1,000円、ともに高騰による増額分でございます。
 15節の工事請負費911万2,000円でございますが、先ほども御説明申し上げましたが、庁舎の高圧受電設備の修繕工事、それからトイレ改修費、それからエレベーターの改修費の計上でございます。それから備品購入費52万5,000円ですけれども、庁舎建設以来村長室の応接セットの老朽化に伴います購入費でございます。
 それから、7目の企画費35万1,000円ですけれども、負補交としまして北アルプス広域連合の経常経費、大北福祉会館の耐震診断の村負担分、これにつきましては診断総額で211万1,000円の広域連合の計上でございます。それから自治振興費31万9,000円の減額ですが、行政区役員の額の財務部長兼務に伴います額確定に伴います減額。
 1つ飛びまして、人づくり推進費でございますが、44万円の内訳ですが、先ほど申し上げましたけれども、人づくり派遣事業の人員増見込みに伴います補助金の計上でございます。
 飛びまして、18ページをお願いします。中段、消防費になります。1目の常備消防費減額の213万7,000円ですが、広域で緊急消防隊の設備費の負担補助としまして、水槽つきポンプ車を購入しましたが、その事業確定に伴います1台の還付金でございます。
 その下、非常時消防費41万9,000円ですけれども、消防団員の出動手当、出動増に伴います計上でございます。
 その下、消防設備費53万4,000円ですが、需用費としまして6万1,000円、消防団等のはっぴ代等でございます。
 それから、備品購入費47万3,000円でございますが、ポンプ車用の給水管、それから操法用の水槽2台を購入するものでございます。
 それからその下、災害対策費減額の70万8,000円ですが、委託料としまして42万円の増額の計上、先ほど申し上げましたが、県の地域防災計画見直しに伴います村の地域防災計画見直しに伴います増額分でございます。
 次のページ、19節の負補交減額の112万8,000円でございますが、住宅耐震改修事業の事業確定に伴います減額でございます。
 総務課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、住民課関係をお願いいたします。
 歳入をお願いいたします。9ページお願いいたします。12款2目2節清掃手数料は、有料指定ごみ袋卸し増見込みによります手数料収入の増収でございます。
 10ページをお願いいたします。中段、13款2目1節の社会福祉費委託金は、市町村情報照会システムの年金ネットへの統合作業委託分の交付金でございます。
 歳出をお願いいたします。13ページお願いいたします。2款9目の交通安全防犯対策費は、高齢者の交通安全対策として2本組の蛍光リストバンドを全戸配布するものでございます。
 14ページをお願いいたします。3款1項1目28節の繰出金は、パソコン購入に伴う事務費の増額と、出産育児一時金の減額に伴う国保会計への繰出金でございます。
 15ページ中段をお願いをいたします。3款4項1目国民年金事務取扱費は、先ほど収入のほうでも御説明申し上げました年金ネットへの統合システムのサポート料でございます。
 4款4目19節は除雪費等が増加に伴いまして、北アルプス葬祭場の負担金の増額となっております。
 16ページをお願いいたします。4款2項1目の清掃総務費は、これも入のほうで御説明しましたごみ袋の卸し量増加に伴う証紙売りさばき手数料の増額でございます。
 2目清掃費は、手数料収入増によります財源の振りかえでございます。
 住民課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、福祉課関係お願いいたします。
 歳入からお願いいたします。9ページ、下段をお願いいたします。款13項1目1節1の社会福祉費負担金75万円の増でございますが、自立支援給付費等が増額に伴い国から2分の1を受けるものの増額というものでございます。
 次のページをお願いいたします。上段です。節1の社会福祉費補助金12万2,000円の増額ですが、法改正に伴うシステム改修費のためのものでございます。
 同ページ、下段をお願いいたします。款14項1目1節1の社会福祉費負担金37万5,000円の増でございますが、先ほど言いました自立支援給付費の県分の4分の1を受けるものでございます。
 その下、節3生活保護費負担金31万8,000円でございますが、授産施設事務費ということで社会就労センターの利用者が増によるものでございます。
 すみません、ページ飛びまして12ページをお願いいたします。19諸収入の節1雑入でございます。上段部分の老人デーサービス事業費でございますが、17万8,000円の増額は老人デーサービス事業費が増額に伴い、案分分を村社会福祉協議会から受けるものでございます。
 それでは歳出をお願いいたします。14ページをお願いいたします。款3項1目1上段、節13の委託料でございます。12万3,000円でございますが、先ほど言いました法改正に伴うシステム改修のものでございます。
 20扶助費150万円の増額は自立支援給付費の増でございます。
 次にいきまして、1つ飛びまして節11の需用費132万6,000円、松香荘とゆうあい館の燃料費の増が102万7,000円、同じく松香荘、ゆうあい館光熱水費の増としまして29万9,000円をお願いするものでございます。
 18備品購入費7万9,000円でございますが、松香荘の掃除機が故障したためにお願いしたいものでございます。その下へいきまして、23の償還金利子及び割引料30万円でございます。国庫補助金返還金ということで、平成23年度の次世代育成支援対策交付金を返還するものでございます。
 その次、15ページをお願いいたします。節11の需用費10万9,000円でございます。社会就労センターの燃料費ということで、プロパンガスとして9,000円、修繕料でございますが作業場の床を修繕したために10万円お願いするものでございます。
 1段飛びまして、款4衛生費節23の償還金利子及び割引料27万6,000円でございますが、これも国庫補助金返還金ということで、平成23年度のがん検診推進事業補助金を返還するものでございます。
 その下、需用費10万6,000円でございます。光熱水費として電気料が伸びしている中でお願いするものでございます。
 18備品購入費27万6,000円です。内訳としましては、予防接種用のワクチンを保管する冷蔵庫が古くなってきたためにお願いするものと、同じくそのワイヤレスアンプシステムということで、これも古くなってきたためにお願いするものでございます。
 福祉課関係以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課関係、歳入でございますが、11ページをお願いいたします。款14県支出金目3農林水産業費県補助金節2農業費補助金2,040万円の増額でございますが、農業基盤整備促進事業補助金としまして、国の24年度補正予算に伴う川西地区水路改修工事への国及び県の補助金で、25年以降の補助事業分を前倒しで交付されるものでございます。
 続きまして歳出関係、16ページ中段をお願いいたします。款5農林水産業費目3農業振興費節1報酬8万円の増額ですが、鳥獣害被害対策実施隊の活動日数の増に伴います不足見込み分の計上でございます。
 目4地域営農支援事業費ですが、節19負担金補助及び交付金で656万9,000円の増額でございますが、まず補助金では農業経営基盤強化利子助成額の確定見込みに伴い4,000円を増額するものでございます。機械等購入助成につきましては、本年度は認定農業者からの機械購入希望が多く、不足分107万円を計上するものでございます。交付金では、農地流動化交付金549万5,000円の増額でございますが、額の確定見込みに伴う不足分を計上するものでございます。
 目5農村婦人の家管理費節11需用費4万8,000円の増額は、電気料の不足見込み分を計上するものでございます。
 目6土地改良費節13委託料365万4,000円の増額は、川西地区水路改修工事の設計料、それから節15工事請負費3,635万1,000円の増額は、これも同じく川西地区水路改修工事費でございます。この委託料と工事請負費につきましては、国の24年度補正予算に伴うもので、歳入で御説明申し上げましたが、平成25年度への繰越明許となりますのでお願いいたします。
 続きまして、節19負担金補助及び交付金10万円の増額ですが、工事事業費増に伴います長土連への負担金の増額分を計上するものでございます。
 次に、17ページをお願いいたします。款6商工費目2観光費節11需用費で30万7,000円の増額でございますが、印刷製本費として25万7,000円の増額ですが、これは昨年度、作成しました春夏と秋冬の2種類ずつあります村の観光ポスターを旅行会社等の春の商談会向けと、あとイベント等でPR効果を高めるために、インパクトのある大きなサイズに変えたいということで、B1サイズで10枚ずつ印刷するための費用を計上するものでございます。
 続きまして、修繕費5万円の増額でございますが、ウオーキング用案内表示板の修理代でございます。
 目3交流施設総務費節11需用費37万7,000円の増額でございますが、修繕費としましてセピアの事務室にあります電気温水器及びミニキッチン用の冷蔵庫の修理費、それからちひろ公園内にございます案内図の修理費を計上するものでございます。
 続きまして、節15工事請負費45万2,000円の増額でございますが、セピアの身障者用トイレの出入り口のドアを引き戸式に改修するための費用でございます。
 経済課関係は以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、建設水道課関係をお願いいたします。
 最初に10ページをお願いします。歳入でございますが、上段の2項国庫補助金3目の土木費国庫補助金227万7,000円の減額でございます。補助事業費の確定見込みによるものでございます。
 続いて、17ページをお願いします。歳出関係になりますが、下段の7款土木費1目の土木総務費でございます。道路台帳補正業務完了によります委託料15万8,000円の減額でございます。
 次のページ、18ページをお願いします。2項道路橋梁費の1目道路橋梁総務費でございますが、負補交218万1,000円の減額です。これは事業費確定による負担金の減と、県単の事業割について、本年度から大北管内で集中的に事業を実施するということになったために、今年度は小谷村において行ったための減額でございます。
 なお、当村におきましては来年度以降の実施ということになります。
 次に、2目道路維持費54万6,000円の減額は、塩カル散布車購入によります差金でございます。
 続いて3目道路新設改良費は、補助事業費の確定によります財源の振りかえでございます。
 建設水道課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係お願いいたします。
 19ページ、歳出お願いいたします。中段、小学校費11需用費30万円の増額ですが、燃料費単価増に伴うものでございます。
 その下、中学校費の関係の学校管理費11需用費29万6,000円の増額でございます。燃料費13万3,000円、それから修繕料これは16万3,000円の増額ですが、修繕料につきましては体育館のブラインドの修理、それから体育館等の鍵の取りかえでございます。
 その下段、18備品購入費111万5,000円の増額ですが、中学校の折り畳みいす100脚、それから物置、傘立て、プリンター等でございます。
 続きまして、教育振興費の18備品購入費12万7,000円の増額ですが、理科室それから家庭科室の冷蔵庫の更新でございます。
 次のページをお願いいたします。社会教育費の関係、目の5文化財保護費の関係で11需用費9万円の増額です。印刷製本費でございますが、観松院、それから仏像のパンフレットの印刷でございます。
 その下、6収蔵施設管理費の関係、工事請負費25万2,000円の増額ですが、収蔵庫内に棚を増設する関係でございます。
 その下、7教育振興費18備品購入費6万4,000円の増額ですが、ふれあい館のガスの交換等を予定をしております。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、公民館関係お願いします。
 歳出の20ページをお願いします。目2の公民館費94万円の増ですが、需用費50万2,000円、燃料費25万円の増ですが、灯油代の増によるものであります。
 続きまして修繕費の25万2,000円ですが、すずの音ホールの照明機器の基板の交換に21万円、それから調整室にありますMD・CDデッキがあるわけですが、そのヘッド交換に4万2,000円の修繕を行います。
 続きまして、15の工事請負費8万7,000円ですが、すずの音ホールの調整室にルームエアコンを設置するものがありまして、25万6,000円かかるわけでありますが、予算残との差額8万7,000円を今回計上させていただきました。
 18の備品購入費35万1,000円ですが、すずの音ホールへマイク8本、それから移動スピーカー2台、多目的室の入り口へロールカーテンを取りつける関係と、調理室に子供用のげた箱を購入するものであります。
 次に、3目の図書館費8万3,000円の増ですが、18の備品購入費8万円ですが、学習コーナーへ机8脚を購入するものであります。
 25の積立金3,000円の増ですが、光をそそぐ交付金の基金の預金利子の増によるものであります。
 続きまして、目4の生涯学習推進費83万6,000円の増ですが、18の備品購入費83万6,000円ですが、簡易ステージをセット77万3,000円、それから五月の風の音楽祭の横断幕6万3,000円を購入するものであります。
 次のページ、21ページの目2体育施設費ですが、142万1,000円の増です。需用費としまして58万8,000円、小学校校庭西側の防球ネットの裾の部分があいておりまして、そこからボールがフェンスまで届くというような形で、そのネットの修繕。それからこちらから入っていく、西側から入る入り口付近のところにもボールが飛び出さないように扉というような形でつけたいという形で修繕料を計上させていただきました。
 15の工事請負費53万9,000円ですが、スポーティプラザの電話機の更新9万2,000円と、中学校のサブグラウンド、現在、駐車場、テニスコートになっておりますが、照明灯を8本撤去するもので44万7,000円を計上させていただきました。
 18の備品購入費29万4,000円ですが、小学校の校庭にアルミのレーキ5本、それから体育館のほうにバレーボールアンテナ2本、それからアルミの支柱1組、今の支柱が重たいという形でアルミの支柱のほうを1組購入するものであります。それからソフトバレーボールアンテナ3本とネット3セットを購入するものであります。
 目3の体力増進事業費の5万9,000円の増ですが、備品購入費としましてニュースポーツ用具、エアボールゲームセット1万9,000円とソフトフロアーホッケー競技セット4万円を購入するものであります。
 公民館関係以上です。よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 16ページお願いいたします。農業費の地域営農支援事業費の中で交付金の農地流動化交付金が549万5,000円という大きな補正になっておりますけれど、これは村独自の流動化を促進するための交付金だと思いますのでとてもありがたいのですけれども、今度、人・農地プランが策定が始まりますけれども、その辺の集積の部分の国からの補助対象とどのような整合性を持っていくのかということはおわかりだったらお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) その関係につきましては、人・農地プランで国の補助を受けるわけですが、その部分を優先しまして不足分を村の中で対応させていただくということで考えておりますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。井上議員。
◆3番(井上直昭君) 21ページ、備品購入でこれは先ほどスポーツ少年団のときにいろいろ意見が出て、村長もお聞きして購入という、あれをしていただいたと思いますが、そのほかに中学、それから南部会館のほうの関係もちょっと検討していただければと思います。よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) すみません、小学校の体育館の関係につきまして、小学生が持ち運ぶというような形で、スポーツ少年団のほうから要望がございまして、今回行うように計上させていただきました。ですので、ほかの施設につきましても団体等の要望等を聞く中で検討させていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。お願いします。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 11ページの繰入金17のところで人づくり基金の繰入金が44万円ありまして、これを13ページの一番下の推進費、人づくり基金の関係で一番下支出しているわけなんですけれども、これの関係でどこの団体にいくのか、活発にこういう形でいいと思うんですけれども、基金の状況等、お知らせいただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今予定していますものにつきましては、ちょっと団体名はあれですけれども、4団体、それから10個人を予定をしてございます。
 なお、基金につきましては今手持ちがございませんので、後で御報告申し上げます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 4団体というと、今度24日に全国大会に行く太鼓とか、それからテニスなんかも新聞に載っていましたが、そういう子供たち相当あると思って、この子たちも伸びているなというふうに思いますので、また基金もどのような形なのか、これを今後もちゃんとやっていっていただきたいなというふうに思いましたのでちょっと質問しましたが、じゃあ後でわかったらお願いします。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第15号を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第16号 平成24年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、議案第16号の御説明をさせていただきます。
 今回の補正は、一般の保険給付費が増額見込みとなった内容が主な補正となっております。
 5ページをお願いいたします。まず歳入からですが、3款1項1目の療養給付費等負担金348万7,000円は、一般被保険者療養給付費増に伴う追加交付分でございます。
 7款1項1目の高額医療費共同事業交付金538万1,000円は、一般被保険者高額療養費増加に伴う追加交付分でございます。
 9款1項1目2節の職員給与費等繰入金20万2,000円は、パソコン購入に伴う繰入金増額でございます。3節出産育児一時金等繰入金56万円の減額は、出産件数減によるものでございます。
 6ページをお願いをいたします。11款6目指定公費負担金8,000円は、負担金額増加に伴うものでございます。
 続いて、歳出でございますが、7ページをお願いいたします。1款1項1目の一般管理費20万2,000円は、国保総合システム使用のパソコンの購入でございます。
 2款1項1目の一般被保険者療養給付費800万円、2款2項1目の一般被保険者高額療養費の100万円は、それぞれ増額するものでございます。
 次のページへ行きまして2款4項1目の出産育児一時金の84万の減額は、件数減の見込みによるものでございます。
 2款5項1目の葬祭費は、件数増の見込みによる増額で15万円の増額でございます。
 10款2項19目の指定公費負担金は、支給件数増加に伴う増額となっております。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 6ページの2のところにもありますけれども、この指定公費負担金の関係ですけれども、この字句の説明と、それから指定公費というものは取り扱いに対してはどんな内容でどういうふうに使われているのか、その辺のところを御説明いただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 指定公費につきましては、70歳から74歳までの被保険者負担で償還払いとなる療養給付費等の部分でございますけれども、2割から1割とする国の予算措置によりまして、国の補填する1割分について一旦国保が負担し、その後、国から連合会経由で補填される内容で、それが指定公費負担金ということになっております。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) それについて、私もちょっと今のネットで調べてみたんですけれども、この取り扱いについて、るる書いてありまして、十分に留意して取り扱われるようと、別会計でこういう雑費のほうでやりなさいというようなこともありましたけれども、今まで見てきた中で全て入と出は一緒になっていました。だから今のようにその1割の部分を国からので補填するということでしたけれども、入と出、これは同じではなければならないんではないかと思うんですけれども、その辺の解釈はどうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 今、榛葉議員さんの御質問でございますけれども、諸収入のほうで指定公費のところが8,000円の補正の入に対して6,000円の支出という内容になっている関係のことをおっしゃっていると思いますが、この関係につきましては、議員さんおっしゃるとおり入と出とイコールになっていくわけですけれども、今回につきましては、2月に指定公費の支払いが発生をいたしまして予算不足が発生をしました。急遽その財源については予備費で対応をさせていただきまして、連合会から来るその分の歳入では2,000円が多く、歳出は2,000円が少ないという今回の内容となっておりますので、御説明いたします。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 2月のが8,000円生じたということで、予算的には8,000円をして、出のほうで6,000円にしたという今の、もう一度ちょっと御説明お願いします。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 2月の段階で支払いのほうの発生が先にしておりまして、国保が立てかえますので、その分支出を2,000円多くさせていただいて、それは補正の前でしたので、そういうことになって、今回3月の補正でその入の分、そのときに払った入の2,000円の部分は今回入ってまいりますので、入のほうで2,000円がふえて支出のほうの2,000円については差が出ているという、そういう内容でございます。
◆12番(榛葉良子君) 出が8,000円にならなきゃいけないんじゃあ。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 簡単明瞭に言いますと、予備費でもう2,000円払ってあるということなんです。今回8,000円もらって6,000円でしかないけれども、予備費で払っちゃってあるもんで、足せば同じになると、こういうことです。言っていることは同じじゃなけりゃいけないじゃないかというのは、そのとおりなんです。そういうことです。
◆12番(榛葉良子君) わかりました。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第16号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第17号 平成24年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それではお願いします。
 5ページをお願いいたします。初めに歳入でございますが、上段の1項分担金及び負担金1目の下水道負担金400万9,000円の追加でございます。これは主に民間宅地造成によります下水道受益者負担金の増額です。
 次に4款繰入金1目の公共下水道整備基金繰入金339万7,000円の減額でございますが、先ほどの下水道負担金増に伴います財源調整でございます。
 6ページをお願いします。上段の1款下水道費2目下水道施設管理費61万2,000円の追加でございます。これは終末処理場における電気料の単価上昇に伴います光熱水費の追加でございます。
 2款公債費2目利子は、歳入増によります財源振りかえでございます。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第17号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで1時10分まで休憩いたします。
                               午後 0時00分 休憩
                               午後 1時10分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 総務課長より発言を求められておりますので、これを許します。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほどの議案第15号、11番議員からの御質問の人づくり基金の関係、御質問がありました部分、それから団体・個人の予定の部分につきまして御質問がありました部分につきまして、御回答申し上げたいと思います。基金の状況でございますが、現在3,736万7,000円ほどの基金を保有してございます。
 それから4団体の内容でございますが、太鼓の全国大会、それからソフトテニスの3大会ほど予定をしております。10個人につきましては、ソフトテニスの5大会等を予定をしております。
 それから現在まで延べ12団体、95個人に対しまして補助をしているのが状況でございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 続いて、議案第18号から議案第23号までは、平成25年度の各会計予算です。関連がありますので、一括上程したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。議案第18号 平成25年度松川村一般会計予算、議案第19号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計予算、議案第20号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計予算、議案第21号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算、議案第22号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算、議案第23号 平成25年度松川村水道事業会計予算、以上を一括上程いたします。事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、朗読をもって提案説明とさせていただきます。
 まず、松川村平成25年度当初予算案について説明をさせていただきます。
 はじめに
 我が国の経済は、世界景気の減速などを再掲として、厳しい状況が続いており、雇用情勢やデフレの影響などにも引き続き注意が必要な状況にありますが、過度な円相場の高騰が是正されつつあるなど、輸出環境の改善や経済対策の効果などにより、景気が回復へ向かうことが期待されています。このような情勢の中、国の地方財政対策では、地方交付税等の一般財源総額について、平成24年度地方財政計画と同水準を確保することが示されましたけれども、当村の財政状況は、一般財源における地方交付税等依存財源の占める割合が依然として高いことから、新たな政権による今後の政策や制度改正などが、財政運営に及ぼす影響を的確に把握し、適切な対応を図る必要があります。
 こうした中、村では第6次総合計画を基調とした「自立の村づくり計画 実行プラン」に沿った、村民・地域・行政が互いに支え合う「協働の村づくり」を着実に推進し、心豊かな、活力ある村づくりの実現を図ります。
 松川村の平成25年度予算は、国の15カ月予算の考えに即した平成24年度予算補正での一体的な対応や池田松川学校給食センターの移転新築に伴う一部事務組合への負担金の減などにより、昨年比6.1%減の総額33億8,800万円となっております。
 当初予算の推移につきましては、後で見ていただけたらというように思います。
 それでは、それぞれの会計について説明をさせていただきます。
 まず、一般会計であります。
 編成方針
 平成25年度予算編成は、社会保障関係経費や公共施設等の維持改修費などの財政需要増加に伴う厳しい財政事情の中、施策全般にわたり見直しを行い編成いたしました。
 予算規模でありますけれども、歳入歳出予算は33億8,800万円、三角の6.1%、2億2,200万円の減であります。
 主な歳入状況は、村税が8億8,333万1,000円、プラス2.9%、2,516万9,000円の増であります。村民税3億8,500万円、プラス2.2%、840万円の増。固定資産税4億673万1,000円、プラス1.2%、476万9,000円の増。村たばこ税6,600万円、プラス21.3%、1,160万円増などを見込んでおります。
 地方譲与税につきましては、6,600万円で三角の4.3%、300万円の減であります。地方交付税は14億2,600万円、プラス6.3%、8,500万円の増を見込んでおります。
 国庫支出金は2億2,162万1,000円で、4.7%の増、991万4,000円の増を見込んでおります。自立支援給付費など負担金などの社会福祉費負担金や児童手当負担金、社会資本整備総合交付金が主なものであります。
 県支出金につきましては、2億911万1,000円、三角の0.9%、181万2,000円の減であります。自立支援給付費等負担金などの社会福祉費負担金や児童手当負担金、授産施設事務費、医療特別給付費補助金が主なものであります。
 繰入金につきましては8,048万6,000円、三角の80.5%、3億3,290万円の減であります。教育施設整備基金の繰入金皆減などにより、減額となっております。
 続きまして、村債でありますが、1億7,400万円、三角の8.9%、1,700万円の減であります。臨時財政対策債のみの計上となっております。
 続きまして、主な歳出状況であります。性質別です。
 人件費は7億2,576万7,000円、プラス1.2%、831万7,000円の増であります。選挙執行に係る経費などが増額となっております。
 物件費4億4,348万8,000円、プラス2.0%、853万3,000円の増であります。選挙執行や健康増進に係る経費などが増額となっております。
 扶助費4億8,047万8,000円、プラス3.5%、1,632万6,000円の増であります。障害者自立支援給付費や高齢者無料入浴券給付に係る経費などが増額となっております。
 補助費等5億4,204万5,000円、三角の40.2%、3億6,495万4,000円の減であります。池田松川学校給食センターの移転新築に伴う一部事務組合への負担金などが減額となっております。
 普通建設事業費2億8,224万3,000円、プラス60.1%、1億593万2,000円の増であります。前年度が骨格予算であったことに加え、松川中央公園の整備や川西運動公園施設改修整備などにより、増額となっております。
 公債費3億6,487万1,000円、三角の4.4%、1,671万円の減であります。長期債に係る元利償還金を計上しております。
 続きまして、国民健康保険特別会計であります。11億5万3,000円、プラス6.8%、6,983万円の増であります。
 この会計は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、社会保障及び村民保健の向上に寄与することを目的とし計上をしております。
 医療制度改修や近年の医療費の動向並びに過去の動向を考慮しながら、予算の総額を11億5万3,000円としました。うち、国保税2億4,974万1,000円を見込みました。また、歳入歳出の均衡を図るため、一般会計繰入金を5,378万8,000円としております。
 続きまして、後期高齢者医療特別会計であります。8億529万2,000円、プラス1.6%、132万5,000円の増であります。
 この会計は、高齢者の医療の確保に関する法律により、後期高齢者医療の保険料及び後期高齢者医療広域連合への負担金納付などを計上をしております。
 続きまして、公園墓地造成事業特別会計であります。153万2,000円、三角の0.3%、5,000円の減であります。
 本年度は公園墓地723聖域の維持管理及び環境整備に対する経費として、予算総額を153万2,000円を計上しています。
 歳入の主なものは、聖域の清掃料を計上しました。
 歳出の主なものは、環境整備に伴う委託料を計上しております。
 続きまして、特定環境保全公共下水道事業特別会計であります。4億1,492万9,000円、プラス2.5%、1,028万6,000円の増であります。
 歳入の主なものは、下水道受益者負担金767万5,000円、下水道使用料1億2,441万8,000円、下水道事業債8,760万円、受託事業収入3,242万7,000円、一般会計繰入金1億3,983万8,000円及び基金繰入金2,226万9,000円であります。
 歳出の主なものは、処理場の維持管理委託等4,608万1,000円、長期債元利償還金2億9,115万1,000円であります。
 続きまして、水道事業会計であります。2億5,762万4,000円、プラス7.1%、1,699万4,000円の増であります。
 4条予算は、配水設備改良に1,639万1,000円を計上いたしました。
 3条予算は、通常経費のみで、支出予定額は1億6,872万2,000円となっております。
 それぞれの会計につきまして、細部には担当課長に説明をいたさせますので、御審議の上、お認めをいただきますようお願いをいたしまして、説明とさせていただきます。ありがとうございました。
○議長(平林寛也君) これより、各会計予算の補足説明を行います。
 初めに、議案第18号 平成25年度松川村一般会計予算の補足説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) すみません、その前に5ページ以降、引き続き村の政策の概要につきまして御説明を申し上げて、一般会計の説明に入らさせていただきます。
 5ページからお願いします。
 平成25年度の予算につきましては、村の第6次総合計画に沿いまして、6項目ごとに主要施策として計上してございます。
 7ページまで続いておりますけれども、合計52項目のうち、村単独事業につきましては星印で38項目、補助事業につきましては丸印で14項目を記載してありますので、御確認をお願いします。
 続きまして、8ページの関係ですが、10ページにわたりまして一般会計歳入歳出の一覧でございます。主な財源の内容は、冒頭、村長が申し上げたとおりですので、ごらんをいただきたいと思います。それから9ページですけれども、歳出を目的別に、10ページでは歳出を性質別に記載をしてございます。主な内容は3ページで御説明したとおりでございます。
 それから、11ページから13ページまでにかけましては、歳出を性質別に記載しておりますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、14ページにつきましては、歳入歳出をグラフ化したものでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それでは、議案第18号 平成25年度松川村一般会計予算につきまして、御説明を申し上げます。
 各課長が予算書に基づきまして、補足説明を行いますけれども、経常的な経費は説明を省きまして、説明が必要な目のみ簡潔に行いますで、お願いします。
 なお、人件費関係につきましては、私のほうから一括御説明申し上げますので、各課長等からの説明は省略させていただきます。
 それでは、まず8ページからお願いします。第2表債務負担行為でございますけれども、下記の3つの事業につきまして、それぞれ期間、限度額を定めてございますので、御確認をお願いしたいと思います。
 次のページ、第3表地方債の起債の目的は、臨時財政対策債のみで、限度額は1億7,400万円でございます。起債の方法、利率、償還等は記載のとおりでございます。
 すみません、続きまして歳入の関係になります。19ページをお願いします。
 総務課関係、19ページからですけれども、村税関係では、個人、法人税とも微増を見込んでございます。長引く不況から脱却を若干勘案しまして、次ページの入湯税まで、前年対比2.9%増の計上をしてございます。
 それから、21ページから23ページまでは、贈与税関係の国からの交付金について計上をしてございます。特に、23ページ上段の地方交付税につきましては、前年対比8,500万円を増を計上してございます。
 25ページをお願いします。総務手数料ですけれども、税関係の計上でございます。
 26ページの下段をお願いします。国庫支出金、消防費国庫補助金につきましては、住宅耐震関係の計上でございます。
 27ページ、上段でございますけれども、総務費委託金につきましては、自衛官募集事務と参院選の計上です。
 29ページをお願いします。中段になりますが、県支出金、消防費県補助金につきましては、住宅耐震関係の計上、その下の総務費委託金につきましては、統計関係の計上でございます。
 30ページをお願いします。中段の財産収入から31ページの人づくり基金繰入金につきましては、記載のとおりです。
 32ページをお願いします。繰越金、諸収入は昨年並みの計上でございます。
 33ページ下段をお願いします。雑入、総務課関係は次ページにわたってありますが、ほぼ例年並みの計上となっております。
 36ページをお願いします。村債の関係につきましては、臨時財政対策債、地方財政計画により減額となっております。
 40ページをお願いします。総務費の関係でございます。一般管理費につきましては、人件費の計上が主なものでございますが、9節の旅費では、台湾の鹿港(ルーカン)での友好都市調印式分を計上し、増となっております。
 41ページになりますけれども、11節で村例規集の印刷製本費の減、それから13節のJ−ALERT(アラート)及び移動系防災無線の保守料の減が主なものです。
 42ページをお願いします。中段、文書費、広報費、財産管理費は次のページまでわたっておりますが、昨年並みの計上。
 それから、43ページ下段でございますけれども、財産管理費につきましては、昨年度骨格予算に伴う減でしたので、最終的には昨年並みの計上となっております。
 45ページをお願いします。企画費、次ページにわたっておりますが、次ページ、それから46ページの自治振興費につきましては、昨年並みの計上です。
 それから47ページ、中段の人づくり推進事業についても、昨年並みです。下段の総合行政費ですが、次ページの48ページをごらんをいただきたいと思いますけれども、13節のOAシステムサポート料の減、それから14節OAシステム使用料がリースアップによる大幅の減、19節、最下段になりますが、住基ネットシステム共同設置負担金が増となっております。
 それから49ページ、税務総務費は、人件費等が主な増となっております。
 50ページをお願いします。賦課徴収費につきましては、13節の委託料が増となっております。
 51ページ、下段になりますけれども、選挙費関係を記載しておりますが、選挙管理委員会費は昨年並みで、52ページになりますけれども、新としまして衆院選の新規計上、下段の次ページにわたっておりますが、村議選の計上新規で計上してございます。
 54ページをお願いします。上段になりますが、委託統計調査費は、昨年並みの計上となっております。
 飛びまして、88ページをお願いします。中段以降になりますが、都市計画費は、昨年同の計上、次の公園費は、中央公園の旧公民館付近を駐車場と公園として造成するため、経費の新規事業として計上となっております。
 89ページ、下段になりますけれども、常備消防費は、北アルプス広域消防の負担増によるものでございます。次の非常備消防費は、昨年ほぼ同額の計上となっております。
 91ページをお願いします。消防設備費につきましては、昨年並みの計上。その下の災害対策費ですが、前年度、13節で地域防災計画の見直しがあったため、その部分が減となっております。
 また飛びまして、115ページをお願いします。公債費の関係でございますけれども、記載のとおりですので、御確認をお願いします。
 次ページ、16ページ、予備費につきましては、昨年同の計上です。
 それから119ページをお願いします。給与費明細書の関係でございますけれども、119ページにつきましては特別職について記載してありますので、御確認をお願いします。
 次ページ、120ページから124ページにつきましては、一般職について記載をしております。
 それから127ページをお願いします。債務負担行為に関する調書ということで、次ページの128ページまで記載してありますので、御確認をお願いします。
 続きまして、131ページ、地方債に関する調書でございますけれども、記載のとおりですので、御確認をいただければと思います。
 総務課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは住民課関係、お願いいたします。
 まず、歳入を御説明いたします。
 25ページをお願いいたします。12款1目の戸籍等手数料は、窓口証明の関係の予算でございます。
 2目の衛生手数料は、犬の登録、狂犬病予防注射、2節は一般廃棄物処理の手数料でございます。
 26ページをお願いいたします。13款1目の保険基盤安定費負担金は、国保会計の安定費でございます。2節の児童手当費負担金は、2節に計上をさせていただいております。
 27ページをお願いいたします。13款3項2目の基礎年金等事務費の交付金になります。
 14款の1目の保険基盤安定負担金及び後期高齢者医療保険基盤安定費負担金は、国保会計と後期高齢者会計の安定費でございます。2節の児童手当費負担金は、県の負担分でございます。
 28ページをお願いいたします。2項1目2節の医療特別給付費補助金は、県の補助金でございます。
 少し飛びまして、33ページでございますけれども、19款の2項は、福祉医療費の貸し付けの元利収入で、昨年と同額となっております。下段、3目の雑入の関係ですが、3段目の交通災害共済費交付金ですが、掛金の1割を見込んでいる内容でございます。
 次ページになりますが、中段のアルミ等の売却代でございますが、これはアルミ等の売却代を見込んでいるものでございます。下段から1段目の後期高齢者医療広域連合補助金は、健診車の集団検診の補助でございます。
 続きまして、歳入は以上でございまして、歳出のほうでございますが、46ページからお願いをいたします。
 下段でございますけれども、9目交通安全・防犯対策費と10目の消費者行政費は昨年と同様で、負担金補助金が主でございます。
 次ページ、47ページ、11目交通災害共済費ですが、交通災害共済掛金は掛金が減額となりましたので、減額となっております。
 51ページ、飛びまして51ページをお願いいたします。3項1目の戸籍住民基本台帳費は、戸籍事務経費でございます。
 また飛びまして、57ページお願いいたします。3款1項1目28節の繰出金は、国保会計への繰り出しでございます。
 59ページ下段から、次のページですが、3款1項3目の医療特別給付費は、福祉医療の支払いが主な内容でございます。
 61ページ下段から、次ページの6目の老人医療費でございますが、後期高齢者医療広域連合への負担金、特別会計への繰出金が主な内容でございます。
 また飛びまして、65ページをお願いいたします。3款2項3目の児童措置費ですが、こちら減額となっております。
 また68ページへ移っていただきまして、3款4項1目の国民年金事務取扱費につきましても、昨年同額でございます。
 70ページ下段から次ページをお願いいたします。4款1項4目の環境衛生費は、太陽光発電システム設置補助でございまして、昨年同様の同額を計上して継続してまいりますので、お願いをいたします。
 次のページにわたります4款の2項1目清掃総務費は、環境に対する事業費の計上でございます。
 なお、交付金として合特法によります転配交付金が増額の内容となっております。
 次に、下段から次ページの2目の清掃費ですが、19節の穂高広域施設組合の負担金が減額となり、全体で減となっている内容でございます。
 住民課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、福祉課関係、よろしくお願いいたします。
 歳入からお願いいたします。23ページ下段をお願いいたします。款11項1目1節1の社会福祉費負担金は、微増でございます。節2は、保育料等の増額を見込んでございます。
 24ページをお願いいたします。款12項1目1民生費使用料は、若干の減額見込んでおります。
 26ページをお願いいたします。款13項1目1節1は、自立支援給付費等負担金、障害者医療費負担金が大幅に増額になっております。なお、この障害者医療負担金のうち、18歳未満の育成医療費が25年度より県より権限移譲されるもので、大幅に増という状況でございます。
 その下ですが、目2衛生費国庫負担金は、新規事業ですが、母子保健法が改正されまして、今まで県で行っていました低体重児の届け出の受理、未熟児の訪問指導、療養医療の給付が25年4月1日より権限移譲されるもので、国が2分の1を負担するものでございます。
 項2目1民生費国庫補助金は、増額でございます。
 目2衛生費国庫補助金は、今までがん検診事業の対象者に25年度から乳がんの対象者が46歳以上から59歳まで毎年対象となるために、大幅な増額となってございます。
 27ページ、中段をお願いいたします。款13項3目2節2の特別児童扶養手当事務委託金はほぼ同額となっております。
 下段、款14項1目1節1は、自立支援給付費負担金は大幅に増額となっています。
 節3授産施設事務費は、利用者増に伴い増額となっております。
 目2衛生費負担金は、先ほど国庫で説明しました母子保健法改正に伴う権限移譲で、県が4分の1を負担するものでございます。
 28ページ、上段をお願いいたします。款14項2目1節1は、妊婦健康診査交付金が25年度より普通交付税措置に移行されたため、大幅な減となっております。
 目2衛生費補助金は、平成25年度より子宮頸がん等ワクチン接種が定期予防接種化されることにより、普通交付税措置に移行されたため、大幅に減となっております。
 30ページをお願いいたします。款14項3目2民生費負担金は、同額となっております。
 33ページをお願いいたします。中段ですが、款19項3目1民生費受託事業収入は、減額でございます。
 下段から34ページに係る雑入、諸収入のところでございますが、福祉課関係は34ページにいっていただきまして、上から6行目でございますが、各種検診手数料は自己負担金を下げたことにより大幅な減額となっております。
 また、老人デイサービス事業、介護予防事業、生活支援事業は増、ほかはほぼ同額でございます。
 35ページ、中段をお願いいたします。節2では、包括支援事業等が増額、節3では介護予防支援事業が増額でございます。歳入は以上です。
 続きまして歳出ですが、56ページをお願いいたします。すみません、55ページをお願いいたします。55ページから57ページにかけて、社会福祉総務費でございますが、増額となっております主なものが、57ページの節20の扶助費、自立支援給付費、補装具給付費、障害児給付費の増によるものでございます。
 下段から59ページまででございますが、目2の老人福祉費ですが、増額となっていますが、主なものは58ページ下段、18節の備品購入費の公用車の購入、59ページ、節19負担金、補助及び交付金のうち、鹿島荘建設の基金償還分と運営費の増、節20扶助費の高齢者入浴券給付によるものでございます。
 60ページ、中段をお願いいたします。目4老人福祉施設費ですが、増額となっていますが、主なものは節15工事請負費のゆうあい館の屋根、外壁修理によるものでございます。
 下段お願いします。目5介護予防費ですが、北アルプス広域連合の負担金が増となっております。
 62ページから65ページまででございますが、項2目1の児童福祉総務費と、64ページの目2保育園費の増でございますが、主なものは職員の給与分と、節15工事請負費で北保育園遊戯室の空調整備を行うものでございます。
 66ページをお願いいたします。これ67ページまででございますが、目1は増額ですが、主なものは節11需用費の燃料、光熱水費と修繕料で、自転車置き場の塗装等、また節18の備品購入費で紙折り機等を購入したいためのものでございます。
 目2は節12役務費の作業員の工賃が減額となっております。
 68ページをお願いいたします。款4項1目の保健衛生総務費の増額は、主なものは職員給与分となってございます。
 69ページをお願いいたします。目2の予防費ですが、増額の主なものは、70ページ、節20の扶助費で、内容としましては歳入で説明しました母子保健法改正に伴う権限移譲で、未熟児等の養育医療の給付でございます。
 70ページ、中段をお願いいたします。目3保健センター管理費は、ほぼ同額でございます。
 福祉課、以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、経済課、歳入関係、28ページ下段をお願いいたします。目3農林水産業費県補助金ですが、29ページまでわたっておりますが、前年度より減額になっておりますが、これは川西地区水路改修工事にかかわる補助金が24年度に前倒しされた分が減額の主な内容でございます。
 新規では、小水力発電に係る農山漁村再生可能エネルギー導入事業、24年度は補正でお願いしましたが、青年就労給付金関係の新規就農・経営安定継承総合支援事業補助金の当初計上、そして経営転換協力金及び分散錯圃解消協力金に係る担い手への農地集積推進事業補助金を新規計上しておる分でございます。
 それから、目4の商工費補助金では、前年度より減額となっておりますが、緊急雇用創出事業の関係が重点分野創出事業として1年事業延長となり、緩衝帯整備箇所の下草刈り分を計上しております。
 次に、31ページ下段をお願いいたします。款17繰入金目2温泉施設及びふれあい交流センター整備基金でございますが、前年度よりも大幅に増額となっておりますが、すずむし荘の第1号源泉水中ポンプ交換等によります繰入金の増でございます。
 続いて、歳出関係をお願いいたします。
 73ページ下段をお願いいたします。款5農林水産業費目1の農業委員会費ですが、74ページまでわたっておりますが、経常的経費が主なものでございますので、お願いいたします。
 74ページ中段、目2の農業総務費は、職員の人件費でございます。
 目3の農業振興費ですが、76ページまでわたっておりますが、前年度よりも若干減額となっておりますが、事業内容につきましては前年度と同様でございますのでお願いいたします。
 76ページをお願いいたします。目4の地域営農支援事業ですが、これも77ページまでわたっておりますが、前年度に比べ増額となっておりますが、これは賃金で農地の利用集積など農業振興の円滑な推進をより進めるため、専門員の計上をしておるものでございます。
 それから負担金補助及び交付金で、新規利用権設定者等の増を見込み、農地流動化交付金の増額、青年就労給付金、農地集積協力金の計上によるものが主な内容でございます。
 続きまして、77ページ、目5の農村婦人の家管理費でございますが、これは前年度より若干減額になっておりますが、前年度は備品購入で業務用ガス警報器を購入した分が、本年度では減額となっております。
 78ページをお願いいたします。目6の土地改良費ですが、これも前年度よりも大きく減額となっておりますが、これは歳入でもお話し申し上げましたが、川西地区水路改修工事に係る委託料と工事請負費、それから農林漁業資金償還金の減額によるものが主な内容でございます。また、新規事業としましては、委託料で小水力発電に係る再生可能エネルギー調査を予定しております。
 次に、79ページをお願いいたします。項2林業費目1の林業振興費ですが、これも80ページまでわたっておりますが、前年度に比べ増額になっておりますが、これは委託料の村有林造成事業で緊急雇用創出事業を活用する中で、既に緩衝帯整備を行った箇所の下草刈りを行うための増額と、最近増加傾向にあります松くい虫対策として、枯損木の薫蒸伐倒処理を行う松林健全化整備事業の増額が主なものでございます。
 次に80ページ、下段をお願いいたします。款6商工費目1の商工総務費で、これも81ページまでにわたっておりますが、前年度よりも若干減額となっておりますが、事業内容等につきましては昨年と同様でございますので、お願いいたします。
 次に81ページ、下段をお願いいたします。目2の観光費でございます。これは82ページまでわたっておりますが、ほぼ前年度と同様の予算となっております。この中で村エコツーリズムの推進として地域コーディネーター活用事業を平成23年度、24年度の2カ年の補助事業で行ってまいりましたが、24年度終了を受けまして、25年度につきましては村単独事業として引き続きボランティアガイド育成等を行ってまいります。
 次に、83ページをお願いいたします。目3の交流施設総務費でございますが、これも84ページまでわたっておりますが、前年度よりも大幅に増額となっております。増額の主なものでは、需用費の修繕で、すずむし荘第1号源泉ポンプの交換、委託料の関係でございますが、すずむし荘の温泉棟機械設備等更新調査委託、それからスズムシの保護のための環境整備事業として、すずむし公園の整備にかかわる用地購入費及び工事請負費、そして温泉ふれあい交流センター基金積立金の増が主な内容でございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、建設水道課関係をお願いします。
 24ページをお願いいたします。
 初めに歳入でございますが、使用料及び手数料の中段の土木使用料でございます。1節公営住宅使用料は、特別会計廃止に伴います特別賃貸住宅分の増を見込んでおります。その他につきましては、入居者の所得変動によりまして若干の減見込みでございます。
 その下、2節道路使用料は、前年度並みの見込みでございます。
 次に、25ページの中段の手数料でございます。1目総務手数料3節の督促手数料の住宅使用料督促手数料は前年並みでございます。
 続いて、26ページの中段でございますが、国庫支出金です。3目土木費国庫補助金は、社会資本整備総合交付金を見込んでおります。
 続いて、歳出関係になりますが、84ページへ飛んでいただきたいと思います。84ページ下段でございますが、7款の土木費1目の土木総務費は前年並みでございます。
 それから85ページ、2項の道路橋梁費1目の道路橋梁総務費は、補助対象工事に伴います土木振興事業負担金の減額による減少でございます。
 それから86ページにかけまして、2目の道路維持費につきましては、維持補修のための工事請負費の増加を見込んでございます。
 その下、87ページにかけまして、3目の道路新設改良費は、社会資本整備事業によります新規の村道1−4号線歩道拡幅改良、それから村単の工事になりますが、村道1−1号線道路改良などが主なもので、大幅な増加となっております。
 続いて、中段の4目交通安全施設整備事業費は、村道の区画線整備のため、前年度並みの計上でございます。
 その下、3項河川費につきましては、各団体の負担金見込みによります減少であります。
 次に、88ページでございます。4項の住宅費は、地域賃貸住宅特別会計の起債償還完了によりまして、繰出金が不要となったための減少でございます。
 続いて89ページ、上段でございますが、6項の下水道費は、下水道特別会計への繰出金でございます。交付税措置分の見込みによる算出となっております。
 続いて、7項施設整備は、前年度並みでございます。
 建設水道課関係は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いします。
 歳入の29ページをお願いいたします。すみません、26ページです。
 一番下段になりますけれども、教育費国庫補助金の関係です。幼稚園、それから特別支援の関係、ほぼ前年同の内容でございます。
 続きまして、29ページをお願いいたします。中段の一番下になりますが、教育費の県補助金、子どもプランの関係の補助金を計上してございますが、前年度笑顔で登校支援事業がありましたが、本年度については廃止となっております。
 続きまして、歳出の92ページをお願いいたします。
 教育総務費の関係の教育委員会費でございます。増となっておりますけれども、19の負担金補助及び交付金の関係で、私立高等学校の保護者補助金、昨年度補正ということでこの部分が増額となっております。
 それから、93ページの事務局費ですが、ほぼ前年同の内容でございます。
 続きまして、95ページになりますけれども、3の教員住宅費、それから4スクールバス運行費、5の外国語指導費につきましては前年同の内容でございます。
 続きまして96ページ、小学校費の関係です。若干の減になっておりますけれども、14の使用料及び賃借料の関係のパソコンが10月にリースアップになるということで、減額となっております。
 それから98ページですが、教育振興費につきましては前年同の内容でございます。
 続きまして、100ページになりますけれども、中学校費の関係です。金額的には前年同ですけれども、工事費につきましては体育館の暗幕等の工事費を計上してございます。
 それから102ページになりますけれども、教育振興費につきましては、増額となっております。18備品購入費の関係で、図書費を増額をしてございます。それから次のページの扶助費の修学援助費の関係、人数等の増によりまして、金額も増額となっております。
 110ページをお願いいたします。社会教育費の関係の5文化財保護費でございます。若干減となっておりますけれども、文化財誌の増刷数が前年度行ったという内容です。それから6の収蔵施設管理費、それから7社会教育振興費子どもプランの運営費の関係ですけれども、それぞれ前年同の内容でございます。
 115ページをお願いいたします。保健体育費の関係の4の学校教育運営費でございます。大幅な減額となっておりますけれども、給食センターの改築が終わったということで、負担金が減となっている内容でございます。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、社会教育課関係、公民館関係お願いします。
 歳入の関係ですが、24ページの下段から次のページの上段のほうお願いします。
 目5の社会教育使用料ですが、各施設の使用料を計上させていただきました。おおむね昨年並みという形でありますんで、お願いいたします。
 続きまして、歳入の30ページをお願いします。15の財産収入の中の財産貸付収入の中ほどですが、生涯学習センターの事務室の貸付料を昨年と同額計上させていただいてあります。
 続きまして、飛んでいただきまして33ページの下段ですが、雑入になります、次のページが、34ページが主なんですが、スポーティプラザの自販機の手数料から始まりまして、関係する負担金等を計上させていただいてあります。35ページの中ほどまでありますので、お願いいたします。歳入関係は以上です。
 歳出の関係、飛んでいただきまして、104ページをお願いします。目1の社会教育総務費ですが、若干の増になっておりますけど、人件費の増が主なものでありますのでお願いします。
 続きまして、105ページの下段ですが、目2の公民館費ですが、若干の増となっておりますけど、ずっといきまして107ページまでそうなんですが、107ページの13の委託料の中の清掃業務の関係で、多目的ホールの床のクリーニング、それからあと空調機器のフィルターの清掃等を増額を見込んでおりますのでお願いいたします。
 続きまして、107ページの下段、3の図書館費ですが、若干の増となっておりますけど、図書等の購入費33万7,000円ほど増額させていただいてありますので、お願いしたいと思います。
 それから、108ページの目4の生涯学習推進費ですが、こちらにつきましても増になっております。
 次のページの11の需用費の中で燃料費、それから光熱水費、それから修繕費の関係で、単価の増によるものと、あとセンターの冷暖房設備の修繕を考えておりますので、お願いしたいと思います。
 次、飛んでいただきまして、112ページの下段のほうをお願いします。1の保健体育総務費です。減となっております。スポーツ推進員と体育協会の補助金が主なものでありまして、スポーツ推進員の視察の研修、旅費等がございませんので、その分減額というような形でございます。
 次のページ、113ページの目2体育施設費ですが、大幅な増となっております。これにつきましては、次のページの114ページ、15の工事請負費のところでスポーティプラザの人工芝の張りかえ、今の土のものを人工芝に張りかえる工事、それから野球場のラバーのフェンスの塗装等塗りかえ工事を計画しておりますんでお願いします。
 同じページの目3の体力増強事業費ですが、こちらにつきましては昨年と同じ内容となっておりますんで、お願いしたいと思います。
 社会教育関係、以上でありますのでお願いします。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第18号に対する補足説明を終わります。
 ここで、14時30分まで休憩します。
                               午後 2時14分 休憩
                               午後 2時30分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、議案第19号 平成25年度松川村国民健康保険特別会計予算についての補足説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それではお願いいたします。平成25年度国民健康保険特別会計は、昨年度当初予算に比べ増額となっております。これは一般退職の保険給付費、後期高齢者支援金の納付額の増が主な内容となっております。また、保険税につきましては、改定させていただきました税率で編成をしておりますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、歳入からですが、8ページをお願いいたします。1款国民健康保険税は、税率改正により現年度課税分増収となりますので、よろしくお願いいたします。
 2款は督促手数料でございます。
 9ページをお願いいたします。3款国庫支出金は、負担金と補助金の内容でございます。
 10ページをお願いいたします。4款療養給付費等交付金及び5款の前期高齢者交付金は、支払い基金からの交付金でございます。
 6款の県支出金は負担金、次のページ上段は、調整交付金の県負担分でございます。
 11ページ中段をお願いをいたします。7款の共同事業交付金は、高額の医療費が発生した場合に、保険者の財政運営の安定化を図るための交付金でございます。
 8款は、利子でございます。
 12ページをお願いいたします。9款の繰入金は、一般会計からの繰入金と基金の繰入金でございます。
 10款は、前年度繰越金でございます。
 13、14ページをお願いいたします。11款の諸収入は、保険税の延滞金等でございます。以上、歳入でございます。
 続きまして、歳出のほうお願いいたします。
 15ページから16ページ上段をお願いをいたします。1款の総務費は、一般管理費ほか通常経費でございます。
 2款保険給付費1項の療養諸費は、見込みとして一般退職、療養給付費とも増額した編成となっております。
 17ページをお願いいたします。2項は、高額療養給付費ですが、こちらも増額となった内容となっております。
 その下段、3項移送費は、昨年並み。
 次ページの4項出産育児諸費は減額、5項葬祭諸費は、増額で計上をしてございます。
 3款の後期高齢者支援金等は、県広域連合への負担金で増額となっております。
 19ページ中段をお願いいたします。4款は、前期高齢者納付金です。
 5款老人保健拠出金は、過年度の過誤調整分のみの計上でございます。
 20ページになります。6款の介護納付金は、保険者の負担分でございます。
 7款の共同事業拠出金は、国保連合会への拠出金でございます。
 次ページにわたる8款の保健事業費1項の特定健診等事業費は、健診、保健指導事業でございます。
 21ページをお願いいたします。2項保健事業は、予防事業の人間ドックの助成の計上で、助成額をアップし、また新たに脳ドックの助成もすることとしてございます。
 以下、22、23ページは記載のとおりでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第19号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第20号 平成25年度松川村後期高齢者医療特別会計予算についての補足説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、御説明申し上げます。
 平成25年度の後期高齢者医療特別会計は、後期高齢者広域連合への負担金にかかわるものでございます。
 それでは、歳入の6ページからお願いをいたします。
 1款は保険料で、特徴、普通徴収分の計上でございます。
 2款は、督促手数料です。
 3款の繰入金は、一般会計からの繰り入れの計上でございます。
 それから、7ページ、8ページは、4款諸収入、5款繰越金の内容でございます。
 続いて、歳出、9ページをお願いいたします。
 1款の総務費は、一般管理費等の事務費の計上でございます。
 2款後期高齢者医療広域連合納付金は、県の広域連合への負担金でございます。
 10ページの3款諸支出金は、還付金と加算金でございます。
 4款は予備費となっております。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第20号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第21号 平成25年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算についての補足説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) それでは、御説明申し上げます。
 平成25年度の公園墓地造成事業特別会計につきましては、公園墓地の管理費が主なもので、昨年とほぼ同額を計上をいたしました。
 それでは、6ページをお願いいたします。
 まず、歳入ですが、1款は使用料、手数料で、723聖域を予定しております。
 2款の財産収入、3款の繰越金は、ごらんのとおりでございます。
 続きまして、歳出ですが、7ページになります。
 1款の一般管理費は、公園墓地の管理費の計上でございます。
 2款は、予備費の計上でございます。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第21号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第22号 平成25年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは、よろしくお願いします。
 下水道の特別会計、本年度の事業の内容としましては、施設の維持管理が主な内容でございます。
 7ページをお願いいたします。歳入の関係ですけれども、分担金及び負担金1目下水道負担金は、受益者負担金で、民間宅地造成によります増加分を見込んでございます。その下、使用料、手数料1目下水道使用料は、新規接続によります若干の増加を見込んでおります。
 その下、2項の手数料1目の下水道使用料は、排水設備指定工事店の更新及び下水道確認申請の手数料で、減少見込みでございます。下段の財産収入、利子及び配当金は、基金の利子の計上でございます。
 続いて、8ページお願いします。繰入金1目一般会計の繰入金は、25年度交付税措置分の計上で、前年に比べ減少見込みでございます。
 その下、2項基金の繰入金ですが、これにつきましては収入不足分の計上でございます。
 以下、繰越金、諸収入の延滞金は、前年並みの計上でございますので、よろしくお願いします。
 それから9ページ、2項受託事業収入は、大町市及び安曇野市からの汚水の処理の受託分を計上しておりまして、流入水量の増によります増加を見込んでございます。
 3項の雑入は、記載のとおりです。
 下段の村債1目下水道事業債は、25年度も資本費平準化債を予定しております。
 続いて、歳出でございますが、10ページをお願いいたします。
 11ページにかけまして、1目下水道管理費、管渠とマンホールポンプ等の管理の内容でございますが、幹線管渠の清掃業務の計上によりまして増加となっておりますが、そのほかの業務内容に変更はございません。
 続いて12ページ、13ページにかけまして、2目の下水道施設管理費、処理場の管理の関係になりますが、新規接続等によりまして処理水量の増に伴う光熱水費及び設備の機器の交換等によります需用費が増加、それから施設管理に必要な備品購入などを見込んでございます。
 13ページ下段、公債費につきましては、記載のとおりでございます。償還額は若干の増加を見込んでおります。
 14ページ、予備費は記載のとおりでございます。
 15ページからは、給与費明細書でございますので、ごらんいただきたいと思います。
 飛びまして、20ページは地方債に関する調書でございます。25年度末で約41億8,000万円の起債残高を見込んでございます。
 下水道関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第22号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第23号 平成25年度松川村水道事業会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) よろしくお願いいたします。水道事業会計につきましても、主な内容は施設の維持管理、それから新年度以降の水道の計画書等の作成が主な内容でございます。
 3ページをお願いいたします。3ページ、水道事業会計の予算実施計画でございます。初めに、収益的収入及び支出について、水道事業収益は営業収益、それから営業外収益ともに前年並みを見込んでございます。
 続いて、4ページをお願いします。支出の水道事業費です。営業費用の1目原水及び浄水費につきましては、第1配水池周辺の立ち木伐採、それから2目配水及び給水費では、村内約半分の漏水調査等によります業務量の増加を見込んでございます。
 5ページへまいりまして、3目総係費、4目業務費は前年並みを見込んでございます。そのほかは記載のとおりですので、ごらんいただきたいと思います。
 続きまして、6ページの営業外費用は、前年度並みを見込んでございます。特別損失、予備費につきましては、記載のとおりでございます。
 それから7ページは、資本的収入及び支出です。収入につきましては新設負担金が主なもので、前年度並みを見込んでございます。支出につきましては、建設改良費としまして引き続き安定した水道水の供給に向けた平成26年度以降の水道の計画の策定、それから第1配水場への残留塩素計の設置等を予定してございます。
 公債費につきましては、前年度並みでございます。
 8ページは資金計画ですので、ごらんいただきたいと思います。
 それから、9ページは平成24年度の予定損益計算書です。計算書の右下に記載してございます当年度未処分利益剰余金は約2,100万円くらいの見込みでございます。
 10ページ、11ページは、24年度の予定貸借対照表です。
 続きまして、12ページ、13ページが25年度の予定貸借対照表というふうになっておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 それから、14ページから18ページにかけましては、給与費の明細書となっております。前年並みとなっておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 以上で、議案第23号に対する補足説明を終わります。
 以上で、平成25年度各会計の提案説明並びに補足説明を終わります。
 以上で、本日の日程は全て終了しました。
 これにて散会します。
 御苦労さまでした。
                               午後 2時44分 散会