議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成24年第 4回定例会−12月17日-02号




平成24年第 4回定例会

           平成24年松川村議会第4回定例会会議録
                                       〔第2号〕
┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成24年12月17日               │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                   │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 議│平成24年12月17日 午後 1時01分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成24年12月17日 午後 3時38分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例     │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  10番  │矢 口 あかね│  11番  │白 澤 富貴子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │梨子田 公 雄│総務課統括課長│丸 山   稿│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │会計管理者兼会│白 澤   繁│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│  全員出席    ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │古 畑 元 大│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 一般質問
 1 再生エネルギーの普及・促進について              8番 渡 邉 尚 省
   すずむし探索会の継続・発展について
   墓地公園開発問題について
 2 道路政策                          11番 白 澤 富貴子
   美しい村づくりの推進
 3 景観の保全について                     12番 榛 葉 良 子



                               午後 1時01分 開議
○議長(平林寛也君) お疲れさまです。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 直ちに本日の会議を開きます。
 初めに総務課長、住民課長よりそれぞれ発言を求められておりますので、これを許します。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは先日、議案第54号につきましての御質問がございましたので、これにお答えしたいと思います。
 東筑摩郡行政組合の解散の理由ということでございました。これにつきましては東筑摩郡の町村会が来年の3月末をもって解散するということに決定をされたようでございます。それに伴います、組織する団体がそれぞれ公平委員会に加入をするということとなったため、事務組合が脱退をしましてそれぞれの組織団体が加入するといった内容での理由でございます。
 町村会の解散の理由ですけれども、諸般の事情、それから経費の節減等が理由ということでございますので、よろしくお願いします。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 先日の議案第59号の御質問にお答えをいたします。
 公園墓地の残り造成可能な面積ということでございましたけれども、造成可能な土地約800から1,000平方メートルございまして、60から80くらいの使用区画ができる面積となっております。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 本日の議事日程は一般質問です。
△日程第1 一般質問
○議長(平林寛也君) 日程第1 一般質問を行います。
 順次発言を許します。
 順位1番、8番渡邉尚省議員の質問事項、再生エネルギーの普及・促進についての質問を許します。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) それでは質問をいたします。この議会で私は一番目の質問になりました。
 まず初めに3・11、これは大変な衝撃と深刻な問題を提起したというふうに考えます。福島原発事故は、日本のエネルギーについて根本から問い直す問題を提起しました。安全神話にまみれた原発政策を根本から改めることを突きつけた。深刻な放射能汚染は、今なお16万人の避難者をつくり出し、帰れるめどさえ立たない状況であります。一番安いコストと宣伝したが、比較にならないほど高いコストが原発であることを証明しました。子供たちの未来、福島の現状を考えたら原発ゼロを決断し、再生エネルギー政策へ転換を図り、国と国民が総力を挙げて普及、開発を進めることではないでしょうか。
 日本は地震大国であり、活断層は全国に網の目のようにあります。このような基本認識に立って今後を考えることが今求められているというふうに確信するものです。
 そこで質問をしてまいります。地球温暖化の深刻さとCO2の削減について質問をいたします。村長、爆弾低気圧という言葉について聞いたことがあると思いますが、御存じでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 細部につきましては、また担当課長に答弁させますので、よろしくお願いいたします。
 ただいまの御質問でありますけれども、爆弾低気圧と言われましたよね。聞いたことはありますけれども、じゃあそれが何かということまで質問されると、意味不明なところがありますので、よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 私も最近聞いた言葉で中身については、正式にはよくわからない部分があります。気象庁ではこういう言葉は使わないそうです。マスコミ等で最近言われるようになった言葉です。これは最近の日本の気象、それから世界じゅうの気象の異変、こういうことを端的に表現したというようなことかと思っております。こういう現象は年々進行し、その規模は巨大化しているというふうに思います。
 今、日本では毎週のように低気圧が発達し、30メートルから40メートルの強風を伴って、大雪や吹雪をもたらす。北海道では送電線の鉄塔が倒れ、10万世帯が停電になりました。11月はアメリカ・ニューヨークを襲ったハリケーン、洪水、停電、家屋倒壊、しかも大雪など、経験したことがない異常気象が起こりました。グリーンランドでは氷が解けて、湖がたくさんできたと。北極のシロクマの絶滅が心配されている。ネパールではヒマラヤの氷河が解け出し、洪水が頻繁に起こっているという報道があります。中国では温暖化でパンダの生態系に深刻な影響が出て、繁殖が進まず絶滅が危惧されていると報道を先日、私は見ました。
 長野県は、夏は涼しく快適というフレーズがぴったりでしたが、日中は都会と変わらない暑さになってしまいました。動物がこれを正直に教えてくれています。イノシシ、シカが北上し被害が広がっています。
 そこで村長、いかにCO2削減に着手するか、これが今すべての人に課せられていると思いますが、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) おっしゃるとおりだと思います。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) そこで最近感じたことなんですけれども、夏場の暑さ、こういうことがありました。9月は議場入り口のドアをあけて開催する日がありました。それから12月11日の議会初日ですが、皆さん異口同音に足が冷えたと、中にはあぐらをかいたという人もいる。後で聞きましたら、冗談かもしれませんが。
 そこで私は夏場対策では、天井付近に換気扇があれば大分違うのではないかと。対策としては天井にプロペラ式のような空気を循環させる、扇風機というのかどうかわかりませんが、こういうのがあれば大分違うのかなというふうに感じた次第ですが、ここに一緒に同席した村長、この問題についてはどんな感想をお持ちでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 同じ人間でありますので、同じように感じております。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 改善できるようなことがあれば、ぜひ検討を要請したいなというふうに思います。
 次に、私たちはドイツを10月に訪問してまいりました。ドイツでは農村も都会もどこへ行っても、福島の原発事故をよく知っていました。放射能の危険をよく知っている。だから脱原発、CO2削減に真剣に取り組んでいることを痛感させられる研修となりました。
 ドイツは放射能と原発についてチェルノブイリ事故直後から取り組んできました。CO2削減は30年以上も前から取り組んでいる。そういう姿に接し、私たちの認識とは比較にならないほど、先の先を歩んでいることに衝撃を受けました。
 まちづくりではCO2を出さない鉄道、路面電車がしっかりと根づき、活用されていました。CO2削減、再生エネルギー、省エネルギーが国民の日常生活や暮らしに溶け込んでいることを痛感しました。ゼーバッハ村の水車小屋の番人の話が特に印象的です。自分は村の3分の1の電気を供給していると、福島を繰り返さないためにも安全な電力をつくっている。人間が人間のために役に立つ仕事をするのは当たり前です。自分の仕事に誇りを持って働いている姿に感動しました。
 今、私たちはあれこれ評論している場合ではない。いかに実行に踏み出すかが問われているのではないでしょうか。そんなことを強く感じて帰ってまいりました。
 ちなみに、私たち議員は4年間毎月積み立てて海外研修に備えてきました。100%自費で行ってまいりましたので、一言報告しておきます。
 村長、質問いたします。再生エネルギーへの取り組みとして、松川村は先進的に取り組んできました。敬意を表したいと思います。これまで村の補助を活用して、取りつけた件数はどうか。それ以前に自前で取りつけた件数がわかれば教えてください。
 また、公共施設の設置件数はどうか、公共施設での発電割合はどうか、このことについてお答えいただきたいんですが、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) まず、村が今補助を行っております住宅用の太陽光発電システムの設置補助の実績でございますけれども、平成23年度から始まりまして、それが24件、金額で360万9,000円でございます。それから今年、今年度へ入りまして現在までで49件の申請がございました。金額ですと申請額が739万9,000円となっております。
 それから、公共施設でございますけれども、太陽光発電設置が2カ所ありまして、まずこの松川村役場でございます。最大出力が25キロワット、年間の発電電力量でございますけれども、約2万6,400キロワットアワーというふうになっております。それから南保育園が新たにできましたけれども、こちらの方に設置がされております。最大出力20キロワット、約1万8,992キロワットアワーということで、この2カ所が太陽光発電の公共施設の設置場所というふうになっております。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この太陽光発電については、公共施設1つ考えても、まだまだ余地はあるというふうに伺いをいたしました。
 この件で私は御近所の方にたまたま話を聞く機会がありました。毎月2万近い発電になっていると。これはちょっと本当にそうなのかなとびっくりしたんですけども、村の補助金をいただいて設置しましたとおっしゃっています。エコ給湯もつけました。そしてこんなによいものだと思いませんでしたと。太陽光発電は大勢の方がつけるといいですねということで、散歩した先で、あるいはレクリエーションの仲間でこれが話題になっていますと。しかし、値段の話になると無理よねと。もっと安くないと手が出ないよねということで、関心は非常に強いんですが、値段になるとみんな引っ込んじゃうということで、ニーズはあるんだけれども、というようなことがわかりました。
 そこで私は飯田市の取り組みについて、ちょっと紹介しながら質問をしたいなというふうに思います。飯田市は87年から環境文化都市を目指し、基本構想に着手してきました。96年から環境文化都市を掲げ、09年環境モデル都市として国の指定を受け、総合的な取り組みを行ってきました。その中の1つが太陽光発電と省エネ事業というふうになっています。
 私たちは大北議員団、共産党のですね、ここで視察に行ってきました。かなり前からアポイントをとって行ったんですが、何しろ全国から視察が物すごくて、すみませんが、入る日にちがありませんと断られましてね、それでたまたま保育所だけは1カ所ね、紹介していただいて見学に行ってきました。資料もいただいてきました。
 注目したいのはですね、おひさま0円システム2010というものがあります。これは市民の出資を募集して、おひさまグリッド株式会社というものをつくってですね、それで一般住宅にはゼロ円でパネル設置をすると、こういうシステムなんです。住宅の方は9年間で定額で返済をしていくというものです。電力を売る先は中部電力というものです。それでこのソーラーの発電の規模なんでしょうかね、2.5キロワット、3.3キロワット、4.4キロワット、この3種類のメニューを用意しているということです。業務委託先はおひさま進歩エネルギー株式会社というのをつくって、そこがやっているということです。
 市民からの出資ですけれども、おひさまエネルギーファンド株式会社ということで08年に募集したら、653名の方から4億3,430万円の出資があったというものです。こういう取り組みが09年に環境省から指定されまして、そして日本環境経営大賞受賞などなど、こういう賞をたくさん受賞しているようです。その後、NHK「クローズアップ現代」、NHK「サキどり」に紹介されたということで、一役飯田市の取り組みが全国に知れ渡ったということです。
 それで飯田市の庁舎や公共施設にはほとんど設置されて、太陽光発電所となっていますというふうに資料には書いています。
 私たちは保育園を視察しました。園長先生がシステムについて誇らしげに説明、紹介してくれました。発電が一目でわかるモニターがついていましてね、これも写真で写してきましたけれども、そういうようなことで非常に力を入れて取り組んでいると、それで市民からも喜ばれているという取り組みがあるということを知りまして、非常に驚きました。
 そこで村長、飯田市の先進的な取り組みの一端を紹介させてもらいました。既に御存じだとは思いますが、村長としての感想はいかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) この件については知っております。飯田市もそれぞれの検討の中で、大丈夫だろうということでやられたというふうに思いますけれども、松川村は今、16万の補助金の中で動いている状況でございます。これについては検討してありませんので、どうでしょうかと言われましても、まあいいとも悪いとも言えませんので、今後の検討課題だというように思います。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 私は大いに学ぶべきところがあると。大きな都市と1万ちょっとの松川村を一緒にしろ、こういう乱暴なことを私は全く考えていません。ただ学ぶべきところはあると、取り入れられるところもあるだろうと、そういう意味で私は非常に感動したわけですが、私は松川村に合った取り組みが進められたらいいなと強く思います。
 太陽光発電は、最も身近に考えられるCO2削減、再生エネルギーを住民と一緒につくり出していける方法ではないかと私は考えます。
 そこでプロジェクトチームをつくって、調査、検討などに着手してみると、検討してみると、そういうことで一歩踏み出してみませんかというのが、私の村長に対する強い願いであると同時に、質問なんですが、どうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 調べてもらいますとですね、日照時間が飯田市と松川村では年間100時間ほど違うと、そういうこともわかってきておりますけれども、今ここで、わかりました、じゃあこれからすぐやりますというわけにはまいりませんので、しばらく検討時間をいただきたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) ぜひ考えて、検討してみるというふうに一歩足を出してください、前に。強くお願いしたいと思います。
 次は、小水力発電の可能性について質問したいと思います。まず、手っ取り早く考えられるのは、馬羅尾高原の水力発電の可能性ということで、だれもが考えるものではないかというふうに思います。ここには芦間川、それから馬羅尾のキャンプ場とかね、ありましていろいろ川が流れております。こういうところを可能性として、十分あるなというのが1つ、それからもう1つは村内のかんがい用の水力の可能性ですね。私はできると言っているわけじゃないんです。可能性を言っているんですね。ということで、ぜひこれも大いに考えてみる必要がある、検討してみる必要があるというふうに私は思います。正直言って、私は素人です。こういうことについての専門的な知識は全くありませんが、最近、小水力発電というのがいろんなところに取り上げられて、大町などもよく話題になって、大町の取り組みなども紹介されているように思いますので、この小水力発電の可能性についてぜひ調査を始めるということについては、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、私の方からお答えさせていただきます。
 農水省の補助事業で小水力等再生可能エネルギー導入推進事業というものがございます。平成25年度にこの事業を活用する中で、林道馬羅尾線沿いの水路、それから前川の水路が水力発電として利用可能かを調査する計画を持っております。
 この調査の内容でございますが、発電量等を積算する中で適正規模の発電施設等の建設が可能かどうかという事業の内容でございますので、この事業を活用できるかどうかを模索してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この件についても大いに期待しておりますので、ぜひ検討をお願いしたいなというふうに思います。
 以上で1番目の質問を終わります。
○議長(平林寛也君) これで、再生エネルギー普及・促進についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、すずむし探索会の継続・発展についての質問を許します。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 初めに、探索会の取り組みの現状について質問をしていきたいと思います。
 今年は天候にも恵まれての開催でした。メーンになる探索会は9月1日、子供55名、一般150名の参加で205名の参加でした。9月4日は東京から20名の団体がマイクロバスで来ました。すずむし荘に宿泊しました。9月6日は4名、9月9日は24名ということで、253名の参加であったというふうに聞いております。
 地元では今年は一番盛り上がったというふうに言っております。村と商工会、地元の皆さんの協力で成功することができたと思います。村の努力に私は敬意を表したいと思っています。具体的には経済課の皆さんがいろいろ骨を折っていただいたというふうに思います。この件について、村長、どんなふうに受けとめているのか、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 西山の中山間地の関係、南部の皆さんの御協力によりまして、これをやっていただいているわけであります。こういうことでもって、村外の皆さんがおいでになって、松川村の自然に触れていただいたり、すずむし荘に泊まっていただいているということで本当に感謝をしているところでございます。すばらしいことでありますので、これからもぜひ続けていっていただけたらというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この探索会の取り組みの中でのエピソードといいますか、私がとても教訓に思ったことについて述べたいと思います。
 9月4日の20名の団体は、私がかかわった団体です。私が昭和34年に入社したときの会社の仲間であります。東京北区、埼玉南部に居を構える皆さんでした。とても感動して帰られました。感想なんですが、地元の農家の皆さんが温かく迎えてくれたと、すずむしの里づくりの話を語ってくれた。ちょうちんをかざしての探索、耳を澄ませばきれいな透き通った鳴き声に感動しましたと。それからうだるような猛暑を離れ、人間を取り戻した思いにさせられました、という感想が寄せられました。また、村の人たちが素朴で暖かい、おかげさまで人間を取り戻しましたというのです。スズムシを通して、人と人との交流ができたこと、これがお互いにまた来たいねということで広がっていく一番の方法ではないかと強く感じました。
 村長、松川村にはこのような大切な財産があります。人間と自然がつくり出した、ほかではまねのできない財産があることを痛感しました。継承していかなければと改めて考えさせられましたが、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 継承してまいります。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) それで探索会は1日で終わるんですね、大きな村としてやるイベントは。立派な燈籠を立てて、今年はですね、商工会の皆さんですか、立派な燈籠をつくっていただいて、非常によかったと思いますが、1日で終わるのはさみしい気がします。期間を設けるとか、あるいはイベントを企画するとか、アイデアを募るとか考えまして、ぜひもうちょっと、1日でぱっと終わってしまわない方法を何かないものか、私はちょっと考えているんですが、いかがでしょうかね、その辺のところは。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 確かに議員おっしゃるとおりでございます。村の方でも旅行会社の方に、いわゆるこの探索会につきましては、旅行企画としまして御提案を申し上げております。ですので、先ほど議員が申されました9月の4日、それから9月の6日、9月の9日については旅行会社が企画する形で来ていただいたものでございますので、こちらの方をさらに充実させていただきたいと考えておりますので、お願いいたします。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 引き続き村の宝ですので企画なり考えていっていただきたいなというふうに思います。
 次に、探索会の今後の課題について質問をしたいと思います。西原地区の実行委員会の皆さんが心配していることがあります。その1つが高齢化です。跡継ぎが非常に厳しくなってきていると。それからもう1つは財政確保ということを心配されています。中山間地事業西原南部組合の事業の一環として取り組まれてきたわけで、これがあと2年で終了になるんだそうです。財政面で厳しくなるというので継承、存続していくためには安心できる実行委員会の体制も含めて、そういうことができると安心できるんだがというような切実な願いが出されていますが、この件についてはどうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) それぞれ関係団体と一致協力しながら、このイベントについては残していくべく努力をいたします。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) そこで私は2つ提案があります。1つは役場の職員の皆さんに、本当に協力していただいてね、こういうふうに充実、発展している大きな要因の1つになっているというふうに思うのですが、この実行委員会ではもっとリーダー的な役割を発揮していただけませんかという、そういう声が出ております。
 どうも一緒にやっていても、遠慮がちというか、そういうふうに感じられるので、もう一歩前に出てね、積極的に一緒にやっていただけたらありがたいということで、そういう要望です。
 それから、もう1つはあの山際に公園または広場のようなものをつくってほしいということです。何か3反歩ほど荒れ地になった場所が、もちろん所有者はいるわけでしょうが、放置された状況でずっとあるということなので、展望もよいところだし、ふさわしい場所ではないかということで、ぜひ考えてほしいと、そういう要望が出されています。
 以上2つの提案ですが、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 職員は今のまんまでいいんじゃないかなというふうに思います。すべて職員が前に出ますとですね、今まで一生懸命やってきた人たちの行き場所がなくなれば困ります。そういうことのないように、それぞれの団体の皆さんと話をしていきたいというふうに思います。
 それから、山際の土地につきましては計画中でありますので、もうしばらく時間をいただけたらというように思います。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 今の村長の答弁もよくわかりますので、ぜひ実行委員会の中で話し合っていただいて、スムーズに探索会がよりよく実現できますように、一層の努力をお願いしたいなというふうに思います。
 以上ですずむし探索会の質問を終わります。
○議長(平林寛也君) これですずむし探索会の継続・発展についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、墓地公園開発問題についての質問を許します。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この墓地公園の開発問題について、まず初めはこの墓地についてどういうふうに法律上といいますか、どういうふうに位置づけられているのかということについて考え、質問をしていきたいなというふうに思います。
 この墓地公園開発申請が発表されて以来、この是非について村民も大変強い関心を示し、それから説明会が開催されることなどを通して、非常にこの問題についての関心がますます高まっているというのが現状だと思います。
 墓地は、墓埋法、墓地埋葬法というんでしょうかね、これによって定められています。基本的考えは第1条に定められています。墓地納骨堂、または火葬場の管理及び埋葬が、1つ国民の宗教的感情に適合すること、2つ公衆衛生その他公共性の福祉の見地から支障が生じないこと、以上の目的に沿って行われるよう、各種規制措置を講じようというのが、この第1条でうたわれている精神かなというふうに思います。
 そして第10条では墓地納骨堂、または火葬場を経営しようとするものは都道府県知事の許可を受けなければならないとしています。ところが11年には第2次一括法により、都道府県知事から市町村長に権限が移譲されています。そしてもっと前なんですが2000年には厚生労働省生活衛生局長通知において、墓地経営主体は市町村などの地方公共団体が原則であり、これによりがたい事情があっても宗教法人、または公益法人などに限られることと示されている。こういうふうになっております。
 そこで村長、墓地は公共的なものであり、墓地経営主体は市町村などの地方公共団体が原則であると明確にうたわれています。この法律の考えからすれば、村には既に墓地公園があり、しかもまだ十分に余地がある。したがって、村にとって新たな墓地公園は必要性がない。これによりがたい事情もないということになります。墓埋法から見ても、答えは明らかではないかと考えますが、この点については村長はどんなふうにお考えでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 墓地につきましては、先ほど議員さんおっしゃられましたとおり、公共的な施設というふうにとらえられておりますけれども、先ほど言われましたけれども、宗教法人ならいいという内容も含まれております。確かに墓地については国民生活にとっては必要なものでございますので、村民にとってという部分と、あと全国的な部分からすれば、国民という部分であれば全国的に不足しているという部分は確かにございますので、何とも言えない部分がございますけれども、いずれにしろ、公益的な施設ということですので、途中でほっぽらかされれば困るという内容を宗教法人という部分の中に、それから公益法人ですか、と市町村というふうに含まれているというふうに理解をしてございます。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 広く解釈されたようなお答えでしたが、引き続き質問をしたいと思います。村の墓地公園の現状について先ほど回答がありました。残っている開発用地の区画数ですね、これがあと60ぐらいという理解でよろしいのでしょうか。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) 60から80くらいでございます。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) まだ開発されていない用地なので、そのくらいの幅を見て判断していると、そういう理解でよろしいんですね。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(古畑元大君) はい、そのとおりです。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 開発申請予定地について質問します。この場所は村の森林保養地、水源涵養林地、開発規制区域に指定されている場所というふうに私は理解しております。こういう指定されていると、そういう場所だということについては、そういう理解でよろしいですね、いかがでしょう。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村の土地利用計画の中では自然保護ゾーンという場所が、開発規制区域でございます。今言われている計画地は、森林保養ゾーンであるため、規制というよりも利用制限がかかっているということで、だめという区域でございませんので、その辺は土地利用計画の中でうたわれているとおりでございます。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この場所の北隣には芦間川を挟んで西原地区があります。ここにはスズムシ自然生息地がある場所です。私は総体として村にとって、村民にとって守り続けなければならない場所だというふうに考えます。こんな場所に墓地公園開発はなじまないのではないかというふうに考えますが、この点はいかがでしょう。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 現在、それぞれの地区に検討していただいておるというか、業者の皆さんがそれぞれの地区でお話し合いをしていただいております。そういうことの中で結果を待ってしていきたいというように思いますけれども、先ほど総務課長が申し上げましたとおり、保養ゾーンということでありますので、その点も御理解をいただけたらというように思います。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) もう1点、昭和34年だったと思いますが、伊勢湾台風で芦間川がはんらん、南神戸地区に甚大な被害があったということです。その後、改修整備されたとはいえ、最近の異常気象といいますか、何が起きるかわからない、こういう場所に開発はふさわしくないのではないかという、説明会ではもう怒りにも似たような報告がありました。この説明会の様子については村長は御承知でしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 経過報告の中では読ませていただいてあります。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 次に、地区住民説明会の問題点について触れ、質問をしたいと思います。長野ローズと天理教三水分会が南神戸区住民を対象に行った説明会に参加する機会がありました。関心が高く、広い会場がもうほぼ埋まるという参加者でした。この説明会の特徴を要約しますと、参加者の大半が申請に疑問、開発反対の雰囲気でした。もう1つの特徴は、長野ローズの方が中心に説明をされたということでした。
 この中での説明の特徴は、1つは村の指導で質問、意見について録音テープをとりたいということで、何で録音するんだと、そういう強い質問がありましたが、いや、これは村の指導でやっていますということで、強引に進めたと。
 それから、12月初めから現地の伐採を始めたいと、こういうことも強く発言されたと。
 それから、3つ目は開発申請から地元説明会まで村の指導を受けて進めてきたと。村の指導があって説明会に至っているということで、あたかも村が指導し推進しているかのような説明でした。この説明のあり方に、参加された住民の皆さんは大変反発を感じたのではないかと私は感じております。
 そこで村長、つまり村の指導と了解のもとに進めているのだから、区の皆さんからあれこれの文句を言われる筋合いはない、こういうふうにも聞こえる、そういう説明でした。これでいいんでしょうか、いかがでしょう。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) それは取り方で、村の指導だからあれこれ文句を言われる筋合いはないというのは、そういうことは間違いだというように思います。細部については総務課長から答弁させます。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村の指導としましては、村づくり条例に基づきまして事前協議を行ってくださいということで進めておりますので、いいとか、悪いとか村が言っているものではございません。またテープどりについても、テープをとりなさいといったことではなくて、地元の説明会については報告をしてくださいという部分、そういった内容でお願いしている部分でございます。
 開発申請については受理したわけじゃなくて、事前協議をしてくださいということで進めておりますので、開発についてはこれから地元説明会等が済みましてからのことでございますので、あくまでも事前協議という内容で会社とは進めております。
 また事業主体はあくまでも先ほど申し上げましたが、三水分会ということでございますが、長野ローズは共同企業として参画をしているという契約が、事前協議の中で結ばれておりますので、違法ではないというふうには判断をしております。以上です。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この説明会でさらに見過ごしできない発言がありました。それは先ほど言ったように村の指導で進めてきたと。
 それから2点目は、地元区から反対されても粛々と進めていきますと、ただし法と条例に触れない限りという一言をつけ加えていましたけれども、非常に高圧的な態度表明がありまして、これに相当地元の住民の人たちは、かなり強烈な反発を多分感じたんじゃないかというふうに思いましたし、終わってからもいろんな不満、怒りのような声が漏れ聞こえてきました。あなた方が何を言ってもやることはやるんですよと、進めていきますよと、そういうような態度だったんですね。こういうのは本当に私は住民説明会でこういうやり方というのはちょっとね、余りにもひどいんじゃないかというふうに感じたところですが、どうでしょう、村長。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村づくり条例の中に従っても、地元とトラブルを起こさないようにという、そういった項目も入ってございますので、そういった中ではそういったことがないように指導はしていきたいというふうに考えております。今言えることはいいとか、悪いとかという部分ではなくて、そういうことで地元との協議をしっかりしてくださいという内容を伝えてあります。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 次に、資金繰りについての説明もありました。この三水分会は長野ローズからほとんどの開発費から経営を開始するまで融資を受けると、融資なしにはできないんですということを認める、そういう説明もありました。
 要するに融資がなければ、天理教三水分会は何もできないということで、これは名義貸しの疑いが強いということをみずから吐露する、そういう発言でした。しかも、長野ローズの中心の方ですね、あの方は、その方の説明も、だから一緒にこうやっているんだということで、すごい高圧的というかね、そういう発言の中でこれを事実上そうですということを強調する、そういう発言でした。私は名義貸しの疑いが強いということで、これは問題をはらむおそれがあるという心配を強く感じたんですが、これについてはどうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) まだ事前協議中でございますので、村ではいいとか、悪いとかまだ言える立場ではございませんので、御理解をお願いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 次はですね、厚生労働省生活衛生局長通知で特に宗教法人の経営を許可する場合には、宗教法人の名を借りて実質的に経営の実権を営利企業が握る、いわゆる名義貸しの防止に留意することが必要であると、うたっているんですね。しかもここでは、ある事例まで出して、単なる空論で言っているんじゃないよと、具体的にこういうことがありますよという説明までつけて言っているということなんです。私はこのような事態にならないためにも、明確な態度をとることが必要ではないかということを強く感じる次第ですが、この点はいかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 時が参ればそれぞれの対応を立てて、しっかりと皆さんにお示しをしてまいります。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 住民説明会が2カ所で行われました。もう1つあるというふうに聞いています。それは西原地区ということになろうかと思いますが、この西原地区はいつ行われる予定なのでしょうか、もしわかったら教えてください。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 正式にはいつということはお聞きしておりませんけれども、予定としましては来年の1月の後半、26日くらいを予定したいということでお聞きをしております。以上です。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) そこで、その後の隣接区といいますか、地元区の動きなんですけれども、鼠穴区では15日、臨時総会を開いたそうです。ここで墓地公園開発は全員一致で反対ということを決めたということを聞きました。反対の声明文を採択しましたということであります。それから18歳以上の区民対象に反対署名を集めるということで、1週間かけてこれをやり遂げるということだそうです。きょうから始まっているのでしょうか。南神戸区は詳しいことは聞いてないんですが、13日に臨時総会を開いたのでしょうか、何か全員反対ということだそうです。それから、鼠穴区では村と議会に開発反対の要請行動を行うということも決めたというふうに、議会の方にも行きますよというふうに私は聞きました。
 このように住民説明会が行われた結果、こういうふうな区の動きになってきているというふうに思います。今、村内では墓地公園は要らない、開発は認めるな、自然を守れという声が広がっています。地元区民の怒りの強い反対の動き、そして村民の開発反対、自然を守れの声が強まっています。これにこたえるのが村長だと思います。最終判断は村長です。村長の意思をお聞きしたいと思います。明確な答弁を求めたいと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 村民の生活を守るのは私であります。十分心得ております。以上です。
○議長(平林寛也君) 渡邉議員、あと4分でお願いします。
◆8番(渡邉尚省君) もう終わるんです。御心配は要りません。村長は非常に簡潔、端的にね、今答えられましたが、地元住民の気持ち、それから村民の人たちの不安や気持ち、こういうものがすべて込められた村長のただいまの答弁というふうに受けとめたいと思います。ということで、私も引き続き村民の願い、地元区の住民の願い、これをしっかりと受けとめて議会、村政に反映していけますように頑張っていきたいと思います。
 以上で、質問を終わります。
○議長(平林寛也君) これで墓地公園開発問題についての質問を終わります。
 以上で、8番渡邉尚省議員の質問を終わります。
 2時15分まで休憩します。

                               午後 2時00分 休憩
                               午後 2時15分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、順位2番、11番白澤富貴子議員の質問事項、道路政策の質問を許します。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) まずは道路政策の質問に入る前に、年末の慌ただしい中での昨日の選挙、本当に長時間にわたって、政党も多い中で事務面で、期間も長かったですし、夕べも遅くまで事務の皆様、本当に御苦労さまでございました。世の中の政治、政策等、今までと本当に方向性が変わるような選挙結果になりましたので、これから予算編成もありますし、そういう面でまた村長先ほどもおっしゃっていましたけれども、村民のために、村のために、またしっかりやっていっていただきたいなということをお願いしたいと思います。
 それから前段、村長からお話がありましたすずむし荘の火事ですけれども、本当にびっくりしました。この火災に対してですけれども、指定管理者のファンスペースさんの方での落ち度ではなくて、先ほどいろいろな問題があったというような話もお聞きしたわけですけれども、人命を預かるという、そういう立場でお仕事をしていただいているわけですので、危機管理には再度きちっとしていただきながら、本当に事故も人命にかかわるようなものやけがも余り大きなものがなくて、よかったなと思っていますけれども、再度、その防災危機管理という面では心して、ぜひいざというときにはきちっとした対応がとれるように進めていっていただきたいことをお願いしたいというふうに思います。
 それでは、道路政策についてお聞きします。村の道路整備の指針に対しては、平成17年の1月に施行しております。この基本方針の中で鉄道が大正4年に開通したこと、それから国道と3本の県道の有明大町線、上生坂信濃松川停車場線、それからアルプス・パノラマロードがあること、それによって人口も大変増加をしていると。そういう中にあって計画的な道路整備と修繕が必要で、地域の実態に合わせて推進するというふうにしています。
 またこの整備には、村全体の道路整備計画の道路改良を行います幹線道路、それから生活道路への特徴に合わせ、防災面や福祉、観光などを考慮して取り組み、交通安全対策とあわせて優先順位を決めて事業を進める仕組みというふうになっております。
 そして地区の整備の要望に対しまして、整備の必要性を3段階に分けて、A、B、Cのランクづけを行い、評価マニュアルをつくって進めているということでありますが、各区の区長さんも土木部長さんもそのことは十分に知っていながら、それぞれ2年ごとに交代をされるわけですけれども、取り組みをされているというふうに解釈をしていますけれども、この要望は毎年上げてくるということの解釈でいいんでしょうか。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) お答えいたします。この要望につきましては、それぞれ地区の中で幾つか要望の箇所があるわけでございますけれども、その中で優先順位を区として少し入れかえたいとかいった場合につきましても、随時受け付けをしているような状況でございます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) それは2年に一遍とか、1年ごととかではなくて、随時受け付けるというような形で対応していただくが、主には変わったときにきちっと出していただくという、そんな方向なんでしょうか、その辺のところは何か基準がありますか。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 先ほど議員の方からおっしゃられました、それぞれ出された要望箇所をそれぞれ道路の整備基準に照らし合わせて見直しを行うのは5年に1回でございますけれども、各区からの要望につきまして随時受け付けをさせていただいております。以上です。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 村では村道改良など国の緊急対策事業、そういうものとか中山間地事業などを取り入れて、川西の7−112号線とか、それは馬羅尾の方に上る道ですけれども、その改良とか、それから中学校北の2−13号線の改良、それから、とまとという商店の西側の4−6号線から、元の教員住宅のところに入っていく道、そこから本当に困っている生活道路の改良など、いろいろ整備も進めていただいているわけですけれども、交通量の増加とか、それから安全への配慮などをして、村道の改良が村の方としては進めているということで、本当に村の中がきれいな道路がきちっと改良されて、使用に供しているというふうに解釈はしますけれども、村の中を通っております国道、県道、村道につきまして、現状について課題と改良計画などありましたらお聞きしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) お答えいたします。今、議員の方からある程度道路整備が比較的されているというお話もありましたので、ちょっと松川村の道路整備状況ですか、平成22年度の末でございますが、県の方で各市町村ごとの道路整備の状況なんかの統計が示されておりますので、その辺も御説明させていただきたいと思います。特に道路改良率でございますが、これにつきましては22年度末で松川村は県内では3番目に高い道路改良率となっております。
 それから、道路の舗装率でございますが、これにつきましては23年度末で72.6%ほど、今舗装がされているわけでございますが、こちらにつきましては県内では30番目くらいのところに位置をしております。
 そういった上でそれぞれこれまで計画的に道路整備等、政策的に行ったところ、それから地区要望を反映してやったところが、それぞれこれまであったわけでございますが、ここ5年間では約31路線ぐらいを計画的に進めてきております。
 その中で1つ問題は、やはり限られた予算の中でいかに効率的に行うかと、重点配分して行うかということ。それから今できている改良された道につきましては、高度成長期に一気に道路等の改良、それから舗装が行われてきましたので、ちょうどここへ来て、大分老朽化もしてきているということで、道路の構造物すべてを含めましてなるべく、橋もそうでございますが、いかに延命を図っていくかといったことが、これからの問題が出てきていると思います。ですから、なるべくコストを縮減する中で、これからも重点的な整備、それからあわせましてこれまでストックされてきている道路構造物等を適正に維持管理していくこと、この2点で今後取り組んでいくべきかなというふうに考えております。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 村の県内でも3番目の改良率だとか、それから舗装については県内で30番目というような状況をお聞きしたんですけども、本当に大きな山里とか谷とかないというような状況もありますので、道路は全体的に村の中を網羅しながら適正に配置がされているかなということを、村の中を通りながら思っております。
 それですけれども、一応地区の要望の舗装とか、改良の場所とかがまだ幾つかあるわけですけれども、その辺について内容についてはどんなふうな状況でしょうか。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 現在のところでございますが、道路改良、それから舗装してほしいという要望の箇所、それぞれもう加えますと60カ所以上、現在あるわけでございまして、先ほども申しましたが、厳しい財政の中で予算的な問題もございまして、毎年5本から6本くらいの道路改良と舗装を含めますと5、6カ所実施してきているのが現状でございます。以上です。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 毎年確認をしながら5本から6本ということでしたけれども、やっぱり改良が一気に進められたというような状況もある中で、先ほど課長の方からも御答弁いただきましたように橋とか、それから道路とか、やっぱり少し前倒しで改良を進めていかなければいけないかなということを答弁の中から感じたわけですけれども、一応ちょっと資料がありましたので、それを見ますと、道路舗装関係の要望が新規で2カ所ありまして、今までに57カ所の事業評価箇所というのがありした。そのうちに村の中山間地事業で12カ所が済んでおりまして、舗装の要望はあと45カ所か残されておりました。
 それから、道路改良の要望では新規に3カ所が出ていまして、全体の要望では26カ所ありまして、そのうち9カ所がもう済んでおります。だから、あとは17カ所の要望ということになります。このほかに道路政策の中で平成20年から今年度までの5年間には、本当に全体を網羅する中で計画的に取り組んできた道路改良事業が14カ所ありまして、この事業が今本当に村の中を明るく利用されているというふうに感じております。
 また、来年度から国道の板取の信号から県道有明大町線のかぼちゃやまの前までの1−4号線の歩道改良を予定しているというふうに聞いております。今後、それも含める中で予定をしております村道の改良とか、10メートル以上の橋の修繕、そういうものも予定に入っているというふうに思いますが、その辺のところの予定を聞かせていただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 今もおっしゃられましたように、村道1−4号線、板取信号機から山麓線までの間、約1.6キロメーターあるわけでございますが、これは実施設計の中でも計画していたところでございますが、通学道路それから児童と生徒の安全確保ということもございますし、観光客の利便性を図る上からも1年前倒しして、来年、25年度から工事の方も一部手をつけていきたいというふうに考えているところでございます。それぞれ国からの補助金を、国の補助事業を入れての工事を予定していますので、それぞれ補助金のつき方にもよりますが、約4年くらいである程度整備をしていきたいというふうに考えております。
 それからもう1点、橋の関係でございますが、昨年、村内にあります大きい橋の調査等は行ったわけでございますが、その中で順次橋をかけてからある程度年数がたってきておりますので、その調査に基づきまして、古い橋から順次もう少し詳細な調査を行いまして、その橋を延命措置するためにはどういった方法がいいかということも検討しながら、徐々に計画的に橋の方を延命させるような工事等も計画していきたいと考えております。
 道路につきましては、先ほど申しましたが1−4号線の歩道の拡幅改良工事、これがこの後、数年間は主になるのではないかなというふうに考えております。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) この1−4号線についてですけれども、本当に健康志向ということを、今、皆さん住民も考えていますので、朝夕歩いている人がとても多いのが目につきます。それからちひろ美術館の往復のコースですので、歩いている方や貸し自転車を利用している方、先ほども説明にありましたように通学路としては朝夕本当に大勢の児童、生徒が利用しております。そしてこの歩道の改良がこれから4年間くらいかけて行われるということでありますけれども、私は以前から住民要望が届いておりまして、歩いている途中でぜひ休憩をするベンチを設置してほしいという、そういう要望があります。買い物に行くにもあの道を通って、リュックをしょって買い物に行くんだけれども、途中で休憩をするところが欲しいとか、そういう要望もあったりするわけで、高齢化もこれで見込まれているわけですので、そんなところもぜひ取り組んでいただきたいと思います。
 以前に質問をした折には、いいことなので設置をする場所があったら、ぜひ設置をしていきたいというふうに答弁をいただいていたわけですけれども、間伐材の利用とか、そういう形でこのベンチの設置というのもぜひ補助事業の中に取り込んでいっていただければなというふうに思いますが、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 意見は意見としてお聞きをしておきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そういう要望もありますので、ぜひ取り入れていっていただくように配慮をお願いします。
 村内には10メートル以上の橋が13本あるというふうにも聞いてもいました。そういうことで長寿命化に向けて取り組んでいかれるというお話もありましたので、道路で事故が起きると大変なことになりますので、ぜひ早目早目の対応をお願いしたいというふうに思います。
 それから、この1−4号線の歩道ができ上がる日が待ち遠しいわけですけれども、先日、私も説明会に出席をさせていただいた折には、住民の方から雪かきとか雑草の駆除など、そういう道路管理について、この機会にぜひ一緒に検討していただきたいなというふうな感じを持ったんですけれども、3.5メートルというと相当広いものですから、その辺のところはどんなふうにお考えでしょうか。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 広い歩道の件につきましてのそういった意見が出されたわけでございますが、村内にはほかにも今国道147号線と、それから山麓線を結ぶ道路が何本かあるわけでございまして、特に細野の信号から鼠穴へ行く1−6号線につきましても、これも同じくらい広い歩道が整備されているわけでございます。この1−4号線だけに限らず、ほかの歩道についてももちろん検討していくわけでございますが、なるべく協働のということで住民の皆さんと力を合わせる中で、そういった雪の管理等も今後また一緒にお願いしていかなきゃいけませんし、さらにいい方法があるかにつきましては、また検討したいと思います。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そういうふうに思っております。それで私たち、総務産業建設常任委員会という委員会で、10月に議会として村の商工業の方々と商工業の現状などをお聞きして、懇談会を開催しました。その懇談の中で平成21年に、これは国なんですけれども、中小企業金融円滑化法というものが時限立法されて資金繰り対策をとってきたと。そういうわけですけれども、来年の3月までに償還期限になるということでの苦しさや、建設業者が以前13社あったけれども、8社に減って大変苦しいという切実な声などを聞きました。
 そこで道路改良事業と舗装事業、そういうものの各地区から出ている要望の評価を再度見直していただきながら、事業量をもっとふやしていってほしいということを思うわけです。先ほど、課長の答弁にもありましたように、一気に直すということになっていく前に、早目に改良をしていくと、その取り組みによっては費用面や安全面で経済効果なども期待ができると思いますし、その地域のため、それから村民のために新年度予算の中で、ぜひそれぞれの評価を見直して事業費の増額をしていっていただきたいということを要望したいと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 予算の範囲内で努力いたします。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 予算の範囲内ということはやっぱりそういうことも考慮に入れながら予算立てをして、その範囲でやっていただけるということでとっていきたいというふうに思いますけれども、その辺、村長、努力をしていただけるという解釈でいいでしょうか。お願いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 予算の範囲内で努力をいたします。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 予算の範囲内という、その範囲を私も希望的観測で、ぜひそんなふうに取り組んでいっていただけるというふうに解釈をさせていただきますが、よろしくお願いいたします。
 村内業者に仕事を発注していただきますと、その所得も上がりますし村民の活性化にもなります。そういうことで快適な安全な暮らしということで、ぜひ防災面や災害の発生時にもこの建設業の方には協力体制のお願いもしているわけでありまして、そういう面でも村の皆さんが笑顔で協力し合える体制という、そういうところにもつながると思いますので、その辺についてぜひ希望的お願いをしておきますが、よろしくお願いします。
 道路の重要性はだれもが認識をしていますが、松川村全体の道路に対して村民が愛着を持って管理に協力し、先ほど課長の答弁にもありましたけれども、舗装の間に出る雑草の駆除、それから張り出した枝をぜひ切っていただくという、そういうことなどをぜひ村民の皆さんにも呼びかけていただきまして、大事な道、道路が改良工事ばかりしましても、後の管理ということがとても大事になってまいりますので、長く安全でその道路が維持していけるように、ぜひ道路愛護というそういう気持ちを育てる啓発運動、そういうことをしていっていただきたいなというふうに思います。
 春と秋に行います道普請もありますし、そういう中で村民もそのことに前向きには検討したり、対応したりしている部分も見えますけれども、さらにその辺のところをぜひ進めていっていただきたいというふうに思いますが、その点については何か方策もありますでしょうか、よろしくお願いしたいと思いますが、御答弁ください。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 今おっしゃっていただけたわけなんですが、それぞれ土木部長さんが各区にいらっしゃいまして、それぞれ毎年会議の折には、そういう道へ出た木の処理、枝の処理、それから草等もそうなんですが、それぞれ熱心に御自分の地区の中でそういった枝の処理に動いていただいております。それぞれの皆さんのできる管理はしていただいて、みんなが気持ちよく道路を使えるような形で今後もいい方向へ行くように取り組んでいきたいと思います。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) それではそんな方向でよろしくお願いしたいと思います。
 それから、続いて高規格道路の進捗状況ですけれども、この高規格道路は期待されながら長い期間まだ実現にはなっていないという、そういう事業であります。
 今、大北地域は経済も医療も県下で一番という部分もあるそうですけれども、本当に低い位置にランクをされているというふうに聞いております。この高規格道路の実現によって、大北地方に今は脳外科もないわけなのでありまして、脳外科もない、それから本当に医療も過疎化のような状況であるという中で、緊急の医療対策とか経済の活性化ということで期待が大きいわけです。この道路の実現が早くできるように、そしてしかも松川村の活性化につながるように、そういうことを希望しているわけですけれども、先日、宮澤県議会議員の方に要望を村として出したというふうに聞いております。その内容についてお聞かせいただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 宮澤県議の方へは毎年何回も、何回もというか、事あるごとにお願いしてきている内容でございますが、今回の高規格道路に関しましての要望の内容でございますが、要点のみ申し上げさせていただきますが、今年6月に県の方からこの高規格道路の整備に関する基本方針の素案というものが示されたわけでございます。その方針の中でも今まで村が望んでいた高瀬川右岸道路を活用されたいという部分も、その中に含まれておりましたので、特にこの辺につきましては、この基本方針案に基づいて進めていただきたいというのが1点でございます。
 それから、高瀬川の右岸道路につきましては、その道路の沿線にやはり住宅、工場、事業所なんかがたくさんございますので、なるべくここに影響が出ないような形にするために河川側への道路拡幅をぜひお願いしたいというのが、もう1点でございます。
 それから、それぞれ道路の幅員、構造等につきましても引き続き地域の意見や要望をこれまでどおり、十分に聞いていただいて事業を進めていただきたいということ、それから高規格道路でございますので、現在村内にある8カ所の乗り入れ部分がやはりある程度は整理されて、集約されてくるというふうに基本方針の素案でもうたわれてございますので、そこへの取りつけ道路、いわゆるアクセスの村道等につきまして、やはり改良が必要になるわけでございますが、その改良についても県の助成をぜひお願いしたいという内容。
 それから、最後にこの高規格道路、まだ完成までには恐らく長い歳月がかかるというふうに思われますから、現在慢性的な渋滞の原因となっております松川よりも南の部分でございますが、高瀬橋とか安曇橋のそういったところの交差点部分を、なるべく早くアンダーパスの改良工事を行っていただきたいと、これにつきましてもあわせて要望をしてきているところでございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 私たちも県の建設事務所長さんから6月に議会の方でも説明をしていただきましたけれども、今、全体的に村からの要望を出したものと同じ方向の説明もありました。その中でやっぱり高瀬川右岸ということが基本方針でありましたので、その方向で進められるということが強く話されました。それをずっと何十年も思ってきたわけでありますけれども、この基本方針に沿って、ぶれない方向でぜひ村長には今後の村づくりに向けて、歴史に残る事業になるというふうに思いますので、松川村民を代表して村長の強いリーダーシップで取り組んで経済効果や危機管理のために一刻も早い実現を願っておりますが、再度御返答をお願いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) ぶれません。松川村のためになるように努力をいたします。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 河川敷の中に拡幅をするという、そういうような状況もぜひ要望しながらいろいろ心配していることもあるかと思いますけれども、議会も一緒に取り組んでまいりますので、ぜひその方向で強力に進めていっていただきたいことをお願いして、この道路政策についての質問を終わります。
○議長(平林寛也君) これで道路政策の質問を終わります。
 続いて、質問事項、美しい村づくりの推進の質問を許します。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 美しい村づくりの推進についての質問をします。
 松川村は、平成13年4月に松川村村づくり条例をつくって、その中で土地利用調整基本計画も作成をしておりますが、この村づくりの条例の基本理念とこの条例をつくった経過などを、まずお聞きしたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 基本理念といいますか、目的につきましては第1条でうたってございます。「この条例は、松川村総合計画に基づき、緑あふれる住み良いむらづくりを推進するため必要な事項を定めることにより、村民の健康で快適な生活の維持及び向上を図ること目的とする。」という内容でございます。
 理念としましては、第2条でうたってございまして「安曇野らしい田園風景と緑あふれる美しい自然、住みよい生活環境は松川村のかけがえのない資産である。」といったことで、「わたしたち村民は、愛する郷土をさらに豊かなものとして次世代に伝えるため、長年培われてきた人間味豊かな村民性を礎とし、村民の創意による快適で魅力ある生き生きとしたむらづくりに永年の間力を尽くしてきた。」といったことで書いてございまして、あと最後の後段の方で「美しい村づくりを推進していくことを、基本理念」ということでうたってございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 本当にそういうことでつくって、平成13年に取り組んだということで、この地域でもとても早い状況の中で、この村づくり条例ができたというふうに思っております。この条例を今村民も守って植林をしたり、山の日を制定したり、すずむし保護条例という世界に1つという村民の大きな心のよりどころをはぐくんできて、ふるさとを愛する連帯感も大変強くなってきたというふうに思いますけれども、村長、それはどうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議員おっしゃるとおりです。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 11月初めの新聞で桜沢遺跡の北側の芦間川南に宗教法人の開発事業者と土地所有者による墓地公園開発販売計画があるということを知りました。説明会があるというので区の方の了解を得て、鼠穴のところに出席をしました。その後、南神戸の説明会にも出席をさせていただきました。
 まず鼠穴で感じたことですけれども、土葬200区画と一般が1,480区画の1,680区画にもなる安曇野松川墓地公園開発販売計画というものでありまして、駐車場が92台、それから敷地面積約4町歩を超す大きな開発の説明でした。この開発について土地所有者と開発販売する宗教法人との関係と今までの経過についてお聞きをしたいと思います。
 先ほど土地所有者と、それから宗教法人の関係については一部触れられていましたけれども、その辺のところについても説明を再度お願いしたいと思いますが。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 本計画につきましては、今年の3月に村に相談がございました。それで村の土地利用計画に沿った部分で、村としても検討した部分がございます。また村の顧問弁護士とも相談した部分がございますけれども、今の村づくり条例の事前協議の部分におきましては、その段階で村としての判断は事前協議を受けないわけにはいかないという部分がございまして、そういった部分の中で、事業者との協議を事前協議の前に相談を受けてきた部分がございます。
 7月に村づくり条例によります開発事業事前協議についての回答をしてございまして、10月の12日、村づくり条例によります開発事業事前協議申請を受理しまして、関係区の方へ事業者の説明会を開いてくださいということで、お伝えをした部分が今までの経過でございます。
 先ほどの宗教法人と会社の部分は共同企業体ということで開発をしたいという部分の中で契約書が結ばれておりまして、そういった内容を事前協議の中で確認をしてございます。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 村として事前協議も相当されて、期間も経過したりする中で検討もされたというふうに村のお立場も感じてはおりますけれども、村としましてはこの開発によって防災面などで心配されているという、そういう面はいかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村としまして防災面につきましては上位法がございますので、そちらの法律の部分はクリアをしてくださいということはお伝えしておりますけれども、これならいいとか、悪いとかという部分で回答はしてございませんし、開発の事業計画書をしっかり見た中でまた判断をしていきたいということで回答はしてございません。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 村づくり条例の土地利用調整基本計画の中では、先ほども同僚の議員の質問の中にもありましたけれども、森林保養ゾーンということになっていると思います。このエリアならどんな利用ができるというふうに、先ほど全部規制するわけではなくて、利用も内容によって利用するところがあるというふうにおっしゃいましたけれども、その辺のところちょっと再度説明をお願いします。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 市民農園ですとか、オートキャンプ場といいますか、そういった部分の中で協議がされて、村と地元の協議が済めば一部できますよという内容でございます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 今までもゾーンとしては立地が可能なもの、それから地域住民の不安や要望等が立地が可能なものでありましても、地域の住民の不安とか、要望等が解決できないという、そういう場合には開発業者が断念したという、そういう例もありましたけれども、地区の住民の不安や要望は聞いておりますか。村側として今把握している状況はどんなところでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今、地元の区に事業者が説明をした段階でございまして、その報告を区からはまだ村としては受けておりませんので、今ここでお示しすることはできません。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 私としまして、もしこれが開発となりましても、こんなにたくさんの墓地と駐車場の開発が約4メートルの林道、林道南馬羅尾線ですけれども、そこに面しているということで、これは説明の中でも地域住民が生活道路との隣接ということとか、林道の利用がこれでできるのかという心配をたくさん持っておりました。そのことも聞いておりましたけれども、危険ということも考えられるということを私なりに感じました。この村づくり条例、みんなの村民のために先ほどの立派な基本理念のもとにつくってありますけれども、この条例では何とかこのことについて阻止はできないでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 冒頭の目的、基本理念に基づきましてつくられた条例で規制をする条例ではございません。したがいまして、この条例によってできないということは言えない部分もございますけれども、そういった部分の中で村づくり条例に基づいての事前協議中でございますので、返答は控えさせていただきます。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 本当にこの開発がもし事業実施というようなことになっていってしまうということになれば、今後大事なこの扇状地の開発申請、ほかのものに及ぼす影響も大変大きいというふうに思います。この辺のところは考えておられることとは思いますけれども、まだ結果が出ていないということで、その辺のところもぜひ地区からの結果が出てきましたら、検討の考慮する一番大きなところに当てはめて対応していっていただきたいというふうに思います。また、村も村民もぜひ要望を酌んで村政に生かして進めていっていただきたいということを思います。
 この条例の基本理念、これがきちっと生かされて、今規制はしないということでありますけれども、本当に村の人が誇りを持ってやっていこうという、そういう目的に沿って村づくり条例ができておりますので、今までのようにみんなが協力し合って村づくりを進めていく、こういういい体制にぜひ持っていけるように、今後に向けてどういうようにしていけばいいか、この条例を規制をする部分を入れる条例に条例改正をしていくことができるのか、それから具体的な対策としてほかにも何か方法がとれるのか、そんなことを心配したり危惧するわけですけれども、その辺について顧問弁護士との話の中等で行えるものがあったら、ぜひ村として実施をしていっていただきたいというふうに思いますが、その辺はどうですか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 条例でうたうことは可能であるかと思いますけれども、罰則もございませんし、上位法に従って法律がクリアできていれば、できてしまうという部分もございます。ですけれども、あくまでも基本理念、目的に沿った中での判断というものは別問題でございますので、その辺は先ほど申し上げましたとおり、事前協議中でございますので、判断につきましては今申し上げることはできませんので、御理解いただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) この神戸原扇状地、これですけれども、芦間川のはんらんでできた地形でございます。そのために松川村が誕生したもととなるのがこの芦間川であります。そんな場所であるということで、今世界的に天候不順だとか、先ほど何か、何とか豪雨という話もありましたが、ゲリラ豪雨だとか、本当に大災害が目前にあるという、地球温暖化の災害の心配もたくさんあります。
 それから、また村の方に11年前までにはへい獣処理場というものがありました。西原のお墓のそばのところにあったわけですけれども、ここに埋められた動物の死体をキツネなどが掘り出しまして、重い病気で死に至った犬などの頭や足が近隣の畑や山林に散らばっていまして、悪臭とともに不気味で衛生面の不安も当然ありましたし、村が全面的にその時点で閉鎖をしたという、そういう例もあります。今はそのときよりもイノシシだとか、クマ、シカ、猿、ハクビシン、タヌキなど有害鳥獣も相当ふえているという現状であります。
 開発のこの計画の中では土葬もあります。そして約1,700区画もの、村に何の関係もない方の墓地を引き受けるということについては、おいしい水を販売する工場が、工業団地の中で操業しているイメージにも、それから鈴ひかりのブランド米、そして先ほどの質問にもありましたスズムシの生息地としてのクリーンな自然を守ってきた、こういう美しい村づくり、皆さんの協力体制でできている村づくり、そういうものに対する影響はとても大きいというふうに思います。今後の開発への影響もありますし、本当に村民の村を思う気持ちと、そういうものをぜひ酌んでいただきながら、この影響がならないように、それから条例が改正ができるものなら、そういうものにも取り組んでいただきながらぜひ村民の要望を酌み上げていっていただきたいということを切望いたします。その辺について、まだ答えられる段階ではないというふうにおっしゃっていただいてはありますけれども、やはりそういう現状について、どのような見解をお持ちかお答えください。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 総務課長が何回も答弁をしておりますけれども、今はそういう状況でありますので、御理解をいただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 村民が協力し合って育ててきました、この美しい村づくりというものがずっと村民の誇りとして松川村が自然を守っていけるように、何とかしてぜひ協力体制でやっていきたいというふうに思いますけれども、村長の村づくり、それから安曇野らしい、一番安曇野らしさの残った村だという、その誇りの面についても、村長の再度御決意をお聞きしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先ほど御答弁したとおりであります。前の8番議員にも申し上げておりますので、ここではそういうことにしておきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 村民の思いは1つでありますので、その辺のところをこれからの開発とか、村の村づくりに合わせながらぜひ検討して、後で悔いを残さない、そういう結果をきちっと生んでいけるようにみんなで努力をしていきたいということを思いますが、これで私の美しい村づくりについての質問を終わります。
○議長(平林寛也君) これで美しい村づくりの推進の質問を終わります。
 以上で11番白澤富貴子議員の質問を終わります。
 続いて順位3番、榛葉良子議員の質問事項、景観の保全についての質問を許します。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) では、きょうの最後ですけれども、村長お疲れの様子ですけれども、よろしくお願いいたします。
 景観の保全についての質問をさせていただきますので、お願いいたします。先ほど8番議員からも御説明がありましたけれども、議会ではこの4年の任期中に国内と国外へ1回ずつ視察研修旅行をするという計画を立てまして、任期当初から積み立てをしまして、昨年は東日本大震災で大きな被害を受けました東北地方へ行ってまいりました。そうして、今年は目的をきちんと環境とグリーンツーリズムを視察したいということで、あちこち研究いたしましてドイツへ行ってまいりました。日本からも随分多くの自治体が視察に行っているようですけれども、環境都市として有名な古くから交通政策をやったり、それからエネルギー問題に取り組んでいるという、フライブルク市へ行ってまいりました。松本市でももう2回ほど視察に行って、交通政策については勉強しているようです。それともう1つ、人口1,540人というゼーバッハという小さなグリーンツーリズムに取り組んでいる村の研修を2カ所受けてまいりました。
 フライブルク市では前田さんという35年前からフライブルクに住んでおりまして、現在は観光経済メッセ社の方に勤めておいでの前田さんという方の御案内で交通網政策と自然エネルギーへの取り組みを1日熱心に、午前中はレクチャーいただきまして、午後は現場へ行って視察をさせていただきました。
 そして、ゼーバッハでは村長の任期は8年で現在は3期目という、49歳という若い村長さんに半日レクチャーをお願いしたのですが、本当に時間が足りないぐらい熱心に今までの取り組みと、それから村の将来を熱く語っていただきました。その後、農家のお母さん方と昼食を挟んで交流をいたしまして、2軒の農家をお尋ねして現場を見せていただきました。
 研修を通じまして、松川村と通じることが幾つかありましたので、その点について村長のお考えをお尋ねしたいと思います。
 最初に、自然エネルギーについて質問事項を書いてありますけれども、これにつきましては先ほど8番議員が事細かにお聞きいただきましたので、少し省きますけれども、ドイツでは先ほども言っておりましたけれども、「福島」という言葉が随分出てきました。通訳の方のお話では、日本というのは島国なので、隣国というのは海を隔てているわけで、だから国内とか国外とかいう考え方をしがちだけれども、ヨーロッパのような大陸続きのところでは、自分の国でなくても自国のように心配しているんだよということで、どこへ行っても福島を心配していただきました。
 そんな中で、松川は平成17年に新エネルギービジョンを策定いたしました。あれから何年かたっておりますし、あのころとまた現状とは全く違うとは思いますけれども、あのころ池田教授に取り組んでいただきまして、大金をかけて、国の補助事業ではありましたけれども、策定いたしましたが、そのときは村長はこれについては無理だろう、松川では、確かに読み返してみますとなかなか難しい面があるなというのは思いましたけれども、当時、村長はこれに取り組む考えはないということを言っておりましたけれども、長野県では今年1月でしたか一村一エネルギーという取り組みを支援するという方針が出てまいりましたが、それについては何か村としては対応とか、支援をいただきたいとか、いろんな案を出せと、10月14日から受け付けというような、ホームページを見ましたらありましたけれども、その辺について県への御相談等はありましたでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 新エネルギーの中に何が入っていたかちょっと私忘れちゃったんで、申しわけないですけれども、先ほど経済課長が答弁しましたように、水力の発電、それから太陽光等につきましては、水力については来年から考えていきたいと、太陽光については今現在やっていると。それから先ほども飯田市ですかね、そこでも考えていることも取り組めというようなお話がございましたので、またそういうことも考えながらいきたいということであります。全然取り組まなんだと言った記憶はあるだか、ないだかちょっとわかりませんけど、そんなことを考えなけりゃいけないなというふうに思っています。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 当時はね、たしか村長は、これは取り組めないというお話は伺いましたので、私、自分が策定委員だったのでよく記憶しております。でも、ここへ来て、そういう前向きな取り組みということでうれしいお話ですけれども、小水力発電について調査を行うというのは、どういう形とか、例えば以前でしたら川の横をちょっとプロペラとかいろいろ入れて発電をするというような形でしたけれども、ドイツへ行くと必ず落差をつくるために違う水路を引いて発電をどこのうちでもしているような形をしていましたが、日本ではそれは今国交省の許可がないと難しいということで、取り組まれていないんですけれども、その辺についてはどんな調査をされるのかおわかりでしょうか。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 具体的な内容まではこれから詰めていくということで御理解いただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) では新エネルギーにつきましては、25年度の調査を十分していただいて、豊富な水もありますし、村民も今いろんな関心を持っていますので、ぜひ調査をしていただいて、話を進めていただきたいと思います。
 では、次ですけれども、穂高広域施設組合で実験的にバイオマスエネルギーについて取り組んで、実験ということでしたけれども、私も議会の方へ出させていただいていますが、それについては今後どのようなやり方をしていくのか、どのように受けとめているのか、その辺をお伺いします。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) あの施設につきましては、一応今年でもう終わりということになっております。その後、どういうようにすればいいのか、私もまだはっきり聞いておりませんので、また議会の中で、全協等の中で議員の皆様にもお話があるというように思いますので、一緒に聞いて、あれは今までかけてきたものがむだにならないような方策を考えていきたいというように思っております。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 確かに施設組合の方でもお話もありましたし、いい実験で、この3・11以前から取り組んでいることで、なかなか結果が出ないというような状況で、ただそれからごみの収集の方も穂高の近隣だけにしているということも、私たちにしてみるとちょっと納得できない。それがいい方に向かえば本当に広域全部がそこに取り組めるのかなと期待はしておりますので、また私も議会の方へ出させていただきながら一緒に進めたいと思います。
 いろいろエネルギーにつきましてはお聞きしましたし、また前向きに取り組んでいただく姿勢がわかりましたので、これは国の方針に沿うということだと思いますけれども、ドイツへ行きますと自然エネルギーに、原発をなくしてどうするんだという中でエネルギーをつくることばっかり考えないで、今度は何というんですか、エコに取り組む、例えば住宅にもエコ住宅を取り入れるとか、それから省エネに対する取り組みというのがすごく前向きに進んでいました。私たちもそれは一人一人が考えなければいけないことだと思いますけれども、さまざまな面で行政でもその辺を啓発をしながら原発に頼らない、そして自然エネルギーを考える、でもその一方でいかにエネルギーを使わないかということの啓発というものをぜひ進めていただきたいと思いますけれども、その辺はいかがでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) どういうようにPRしていけばいいのかですね、それぞれ場所でまた考えてもらいながら進めたいと。確かに電力を今までと同じように使っていたではですね、原発がなくなればどうなるかということは考えなければならないですので、エコについてもこれからそれぞれの皆さんと考えをお聞きしながら調整させてもらいたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ぜひ前向きにお願いしたいと思います。
 次に、2番目ですけれども、ゼーバッハへ伺ったんですけれども、やはりここと同じ現状でして若者が流出してしまうと、村長さんは悩みだとおっしゃっていました。でも若者が村へ残ってもらうために働く場所をつくらなければいけないと。どうしたら人口が減らないで、若い人たちにとどまってもらうかということを村長さんなりに考えたようです。じゃあ働く場をつくらなきゃいけないという村長の熱い思いで、そこは本当に松川よりもっと森林が多いところでしたので、それで製材所を立ち上げまして雇用の場をつくったり、そのチップで暖房をとったりとか、そんなような取り組みをしておりました。
 それから荒廃地ができないようにということで、4年ごとに果物の苗木をそれぞれ配って、荒廃になってしまうと森林がどんどんふえるんですけれども、景観もよくない、グリーンツーリズムを取り組んでいくには難しくなるということで、4年に1回果物の苗木を配るというお話もしておりました。
 今朝、私、村の人口はどのくらいになったのかなと思って見てきましたら、1万181人ということでありました。村長は1万700人という数字を挙げておりますけれども、雇用の場を確保することはやっぱりすごく大切なことで、大切だけれども、一行政ではとても無理な取り組みだと思いますけれども、今日のまた経済の状況を考えても難しいかなと思うんですけれども、今回、きのうの選挙で政権交代が実現するという運びになりまして、自民党がまず景気の回復をするということを掲げていますけれども、あの道路改良の話も今出てきましたし、ですが村長として自民党政権にかわるということに対する期待は、まあきのうのきょうなので難しいとは思いますけれども、どんなことを期待するでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 期待と言わないでちょっと聞いてもらいたいんですけれども、日本人って勝手だなと、3年くらいでもってすぐ結果を求める。悪かったで、すぐまたもとへ戻ると。もとのが悪かったから民主党にかわって、そして3年間、3年3カ月たったらまた自民党へかわる。こんなあっち行ったり、こっちへ行ったりすることでいいのかなというふうに私は思います。
 今1,000兆円の借金があるのに、200兆円の建設国債を出しながら効果を上げるというように言われておりますけれども、果たしてそれでいいのかなと。それでこの借金については日本銀行に買ってもらう、これをやるんだったら、おれはだれにでもできる。例えば銀行から借りておいて、返せなくなったら、銀行に買ってくれと言うのと同じだというように思うんですよね。
 そういう中でいいのか、悪いのかちょっと私はわかりませんけれども、経済の50%近い人が願って今回自民党にしたんですが、これはやっぱり経済は立て直してもらわなきゃいけないなということはわかります。だが、そのやり方については借金をして、みんなのところへばらまくという言い方をすると申しわけないですけれども、それでいいのかなということは私は何とも言えないです。また様子を見なければいけませんけれども、3年とか4年たったときにまたもとへ戻るとか、そういうあっち行ったりこっちへ行ったりしていることが、この日本にとっていいのかということは、私ども一人一人が考えなければいけないことだろうなというように思っております。ですので、期待もするし心配もいたします。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 今の村長のお答え、本当に私自身もそれは感じております。3年前の政権交代どうだったのかなって、本当に忘れがちになってしまって、現状を何とか打破してもらいたいという思いだけが今回、それと投票率がとても低かったということは、やはり若者が足を運ばなかったのかななんて私は思いはありますけれども、ただ3・11の東北の惨状を見ると何とかしていただきたい。それからここで若者が出ていってしまって、なかなか雇用の場がないという現状はやはり国民みんなが不安に思っていることで、その辺は私も村長と同じですが、不安もありますが、期待をしていきたいし、国外、アジア等との関係もきちんとしていただかないと日本の信用が本当に落ちてしまうというのはすごく不安に思っていますけれども、自民党についてはそれぐらいに、村長の今正直なお言葉をお聞きしました。しっかり投票した人間、それぞれみんなが見守っていかなければいけないことだと思いますけれども、それにつけても雇用については、村長としては何かお考えはないですか。ゼーバッハの村長は製材所をつくったという、本当にそんなお話を伺ってきたものですから、何か村長としてお考えがあればと思いますけれど。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 難しいんですよね。今も工場団地ということの中でさんざん苦労はしたんですけど、あそこを買っていただいて、45〜46人の人は松川村の人があそこへ勤めていただいていると、これはふえたんですけれど、その反面、さっきの方が言われましたように13社あったのが8社になってしまって、そこへ働いていた人たちの働き場所がなくなったとかですね、こういうこともあるんです。
 私が期待しているのは26年4月オープンのライフの皆さんがつくっていただけるということで、60人プラス20人ということで80人くらいの方をあそこで世話をすると。そういう中では30人や40人の働く人たちがいないとできないと、ここに若干の手が出てくるのかなと。そういうことか、あと何というんですかね、村の業者が元気になるにはよそのところが安いからといって、よそへみんな買い物へ行くんじゃなくて、これは自説なんですけどね、松川の中で買ってもらって消費をしてもらっていければ、松川の中でも雇用が出てくるんだというように、おれは思うんです。ですので、いい方策が見つからなくて、私も困っているんですけれども、修学旅行の受け入れ、これについてもですね、来年は130人が一気に来るような契約ができているようでありますので、最低40軒の方が受入態勢を整えてもらうとかですね、そういうところでも働く意欲のある人たちが一緒に来てやってもらえるかななんて、甘い期待かもしれませんけれども、またいい何かがありましたら、ぜひ一緒に教えてもらって実施をしていきたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 本当にそのとおりで悪循環が始まるとすべてが悪い方へ回っていってしまう。どこかで何かをしなければ、これはとめられないんだと思うんですけれども、その方法が今日本じゅうわからないんだろうなと思います。
 やはりみんなで知恵を出し合いながらと思いますけれども、私は農業をしていますので6次産業については、あさってですね、同僚議員が質問しますので、そちらの方に御期待をしたいと思いますけれども、ただ農業での雇用を促進するという方法はなかなか難しいとは思うんですけれども、雇用するにはやはり組織化しなきゃいけない。一番は法人化しなきゃいけないということだと思うんですね。そうしたときに現在では村として農業の法人化に向けての方向とか、それから取り組んでいる状況とか、指導とか、そんな方向はどうでしょうか、進んでいるでしょうか。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 現在のところ、集落営農が11立ち上がっておりますけれども、集落営農の中で法人化ということで、話も出ておりますので、その支援をしているところでございます。それにつきましては営農支援センターが窓口になって進めておる内容でございます。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 法人化はすごく難しいとは思うんですけれども、でも私たちの地域でも先日話し合いがありまして、やはり前向きに取り組まなければ、今のこの状況は打破していけないだろうという結論になりまして、何とか頑張っていこうという皆さんの意思統一、役員だけですけれども、そんなことができましたので、ぜひ村としても順調にうまく立ち上げられるように、ぜひ御指導をいただければと思います。
 6次産業につきましては、それ以降、またどうしたらその法人化がうまくいって軌道に乗るのかということは立ち上げた、計画も立てなきゃいけないでしょうけれども、順次やっていかないと一気にやってしまうと、また大変な部分がありますので、徐々にきっと皆さんで考えて提案しながらいくと思いますので、御指導をお願いしたいと思います。
 先ほど人口は1万700人という目標設定、村長は宅造は村ではしないというお話でしたけれども、近隣、池田町も対策を立てて8区画ですか全部売れてしまってもう少し造成するという話、それから大町市でも先日、そんなような話が出ていましたけれども、現在でも村長は1万700人とついてはどんなお考えですか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) あきらめていません。ただし土地開発公社でもって宅地造成は今のところ考えておりません。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) もちろんあきらめてもらっては困るんですけれども、だからといって近隣と同じ方法をとって、本当に同じ子育て世代の人たちを引っ張り合っても仕方ないと思うので、その辺についてはまた松川村独自の、また19日にありますが婚活じゃないですけど、やはり人口をふやす土台を少しつくるというようなことをぜひやっていけばどうかなと。近隣町村と同じような政策をとりながら引っ張り合っても、これはどうにもならないだろうなと思いますので、またその辺はアイデアを出しながら頑張っていきたいと思いますので、お願いいたします。
 次に、3番目ですけれども、ドイツの観光地に行きますと利便性よりも、まず歴史あるものを残して、環境を、そして景観を大切にしていることに本当に驚きました。屋根の傾斜、色、そして電柱がありません。すべて地中化されていました。帰りに中部国際空港へおりたんですけれども、松川へ向かうバスの中、ちょうど昼間だったので窓の外を見てきましたら、セイタカアワダチソウが一面に咲きまして、それから松枯れがありまして、松くいだと思うんですけど、本当に何とも情けない風景がありました。でも長野県に入りますと本当にドイツに負けないぐらい美しい景色が、私たちを迎えてくれました。伊那のあたりから中央アルプス、南アルプスが一望にできまして、特にこの松本平に入ると北アルプスがきれいに見えまして、本当にこれはドイツに負けないぞと本当に勇気づけられましたし、この景観は大切な財産だなと思いました。
 電柱の地中化というのは大変な費用が発生するとは思いますけれども、やはり美しい景観を損ねている要因の1つにはなっているとは思います。今後の開発とか道路改良の際に検討する価値は私はあると思いますけれども、その辺はどうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 前に県との話し合いの中で地中化の話をしたんですが、県としてはお金の問題で手がつかないと。県が手がつかないのを、きれいだっていうことはわかるんですよ。ですので、どっかの団地の中だけでもとりあえずつくってみればいいかなという気はするんだけど、たくさん出してもらえばやりたいと思いますけれども、今の財政事情の中ではちょっと無理かなという気がします。理想は理想です、わかっています。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 私も経費等いろいろ調べてみましたけれども、莫大な経費がかかるなというのはわかっていますけれども、ただ例えば西部山麓、あの辺の開発、史跡公園の開発等を検討するときとか、今度1の4号線をやるときとか、ちょっと頭の隅に置いていただいて、これからの村づくりのためにどうだろうとちょっと置いていただければと思って、今提案させていただきましたので、お願いいたします。
 それから、先ほどお二人の方から墓地の開発について出されましたけれども、私は開発が、あそこの墓地であろうと、何であろうと、今総務課長等の答弁を聞いていまして少し私は納得できなかったんですね。本当に今まで一生懸命村づくり条例の中で、土地利用調整基本計画を守ってきた村民の気持ちを考えますとね、この開発は本当に村を、これからの村の置かれているというか、状況を開発に進むのか、この環境を守るのかという大きな私は分岐点になるんだと思うんです。
 私はですね、地域の実情をお話しして少しお考えを伺いますけれども、私の住む板取の西部地区は田園景観保全ゾーンと設定されております。このゾーンを設定するときも、地域では今後高齢化して自分で農業ができなくなったときのことを考えると、自分の土地が自由にならないということはとても納得がいかないと。村で最後まで判を押しませんでした。でも村全体がこれに賛同してやっていくということならばということで、地域の皆さんも納得していただいて、最後に1−4号線のところを交流施設ゾーンというちょっと色をつけていただいて、判こを押したわけですけれども、設定されてからは本当にみんなで一生懸命守ってきました。自分の子供が家を建てたいといって、田んぼがあるけれども、転用できないということも何軒もありました。それは役場の窓口へ相談に行くと、もうそこはだめですよ、これ条例で制定されているからだめですということを、何回もあったというお話は何人かからも私は伺いました。
 今回こうして、それともう1つ、山際に私も農地があるんですけれども、山際を手放したいと思っても、村道から外されておりましたので、今回は23年度から国の改正がありますので、村の了解を得ればいいということですけれども、売りたくても売れないというような状況もありましたし、農業として跡継ぎとしてうちを建てたいんだけれども、という話も受け付けてもらえなかったというお話もありました。こういう話がいろいろあって一生懸命守っている中で、今回のような開発申請が出されたから、受け付けざるを得なかったという状況はわかりますけれども、私は今まで一生懸命みんなが守ってきたことに対して、村の今回の開発のやり方には私は到底納得いかないんですけれども、その辺についてはいかがですか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) それぞれその場所において、今までもやってきたというように思いますけれども、これにつきましても、この開発を門前払いすることができるかどうかということで、それぞれの担当の部署で検討してもらいましたし、顧問弁護士との相談の中で受け付けを門前払いすることはできないと、そういう状況の中で、それでは村の開発要請に従ってやってもらおうじゃないかということでやっておりますので、今までのことは今までのことでありますけれども、あれを受けたからといって即開発ができるということではございませんので、今はそれぞれ地区でそれぞれ検討していただいております。そういう状況の中でありますので、今、大丈夫ですよ、いけませんよと、先ほど何回も総務課長が申し上げておりますけれども、状況は今申し上げたとおりであります。ですので、村としましては条例に従ってやらざるを得ないということであります。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) それは私もわかっているつもりですけれども、ただ近隣の住民に対しては説明はあります。だけど、私らのような離れているところには、そういう説明はないわけですね。そうするとその地域の人たちは、じゃあここが田園景観保全ゾーンでこういうものはだめですよ、こういうものは協議をするといいですよというのがありますよね。
 今回のお墓の申請もそうですよね。交流施設ならいいですと言うけど、墓地とは書いてないじゃないかということですよね。そうした場合に、今度、私たちもじゃあこういうふうに申請して、これは協議すればいいですよと書いてあるけど、というちょっと皮肉った受け取り方をすると、そういうふうにもなりかねないと思うんですけれども、そうして地域にじゃあ話せば、それは仕方ねえじゃねえかと、年とったからいいじゃねえかという話になれば、それでオーケーという話になりますでしょうかね。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私ども松川村の住民であります。松川村が何になってもいいという考え方はないと思うんですよ。ですので、良心に従って私は行動してもらって、わからないところは役場へ相談をしていただきたいと、そういうように思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) だから役場へ相談したときに、もうこれは条例でこうなっているからだめですよ。でも、こういう方法もありますよ、こうですよってちょっと言っていただければ、1軒のところがやっぱりあったんです、そういう事例が。これはもうだめですよと言われて、みんな断られたけれども、どうしても3世代も同居していて困るんだと。だけど、自分の土地はあるんだ。だけどそこはだめだと言われている。だから困っちゃうんだといって頭を抱えているわけですよ、何年も。でも、言って聞いてみて、だめかどうかもう一度行ってきてみたらといって、私も勧めたら、例えば下水がちょっと通っていないからお金がかかりますよと、まあいいじゃないかという話が出たので、じゃあしましょうと言ったら地域の方がですね、いや、あそこはやっぱり田園地帯でもったいないからあそこにうちは建てない方がいいよと農業委員の方がおっしゃってくださって、別のところへ建てたという、そういう一生懸命みんなが協力している部分もあるんですよね。だから、その辺はやっぱりこれからも村民が納得できるような誠意を持った説明をしていただいて、進めていただきたいと思いますが、どうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私はいつも誠意を持って説明をしていただいているというように思っております。ですが、足りなかった面がありましたら、これから職員の指導を徹底的にしてまいりたいというように思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 本当にこれから高齢化していきますし、ゾーン設定して、私も何回もこれは質問していますけれども、ゾーン設定して網をかけた。だけど、その中で外から見ている人たちはきれいだねと言っていけばいいんですけど、中で生きていく人たちはやっぱりそれなりの収入がなければ生きていけません。そういうところについても、やっぱり村としては何らかを考えていかなきゃいけないと思うんですね。それについては集落営農なり、人・農地プランなり、いろんなことで農地・水・環境でも支援していただいていますけれども、今回のこのお墓の開発に関しては、私はあそこだけの開発で済む問題ではない。これは村全体を二分する話になっていくんだろうなという心配がすごくあるので、今回ちょっと言わせていただきましたけれど。
 それから、先ほど名義貸しの話もありました。それについては文書に書いてあるということはお伺いしましたけれども、ただ説明会の中で管理はだれがしていくんだという話の中で、2カ所で違ってきているんですよね。だからその辺がやっぱりしっかりしていかないと、これは問題、とても大きいだろうと。鼠穴地区のときにはたしか長野ローズと聞いていますけれども、南神戸のときは三水分教だというお答えだったんですね。管理をしていくのはだれがしていくんだというお話だったので、その辺についてはきちんと書類の中には書いてあるというお話でしたけれども、その辺のこれからの監視というんですか、村へ来たときの話はきちんとしていった方がいいと思うんですけれども、いかがですかね。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 当然上位法に基づきまして墓地条例の中で判断をしていかなきゃいけない部分でございます。先ほど冒頭にも申し上げましたけれども、墓地経営につきまして公共的でなければならないという部分がございますので、その辺はしっかり判断をしていきたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) これの問題については、あとの議員も質問されますけれども、私はとにかく自分たちの地域が一生懸命守っているところを穴をあけてしまうということは、非常に私としては納得いかないことですので、その辺を村長も村民をきちんと守っていくのが自分の責務だとおっしゃっているので、その辺に期待いたします。
 フライブルクでも前田さんは、市長が何代かわろうと方向は継続してきたから、今この環境都市があるんだというお話がありました。それからゼーバッハの村長さんも、こんな村にしたいという熱い思いを語っていただきましたし、前の村長さんからも引き継いできたから今があるんだとおっしゃっておりました。
 最後に、村長さんの村に対する熱い思いをもう一度お伺いしたいと思います。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 前から申し上げていますように、この自然は残していきたいと。開発をむやみにするんじゃなくて、松川村はすばしいところだと。最後の安曇野の田園風景が残っているところだと。そういう中での私は松川村を残してまいりたいというように前から申し上げておりますので、今もその気持ちには変わりございません。あとは1万700人に向かって、開発をしないでどうやってふやすか、それが問題でありますので、これからそれに向かって努力をしてまいりたいというように思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 本当にこの自然というのは私たちが生まれる前から、ずっと守られてきたものでありますので、今の村長のお言葉を信じて、これについては行政の皆さん、それから村民の皆さんも守っていくことを期待しながら質問を終わりたいと思います。
○議長(平林寛也君) これで景観の保全についての質問を終わります。
 榛葉議員より、すずむし荘火災の対応についての緊急質問について要請がありましたので、これを許可します。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 議長にお願いしまして、村長にもお許しをいただきましたので、緊急ということで突然不幸な火災がありましたので、それについてお伺いしたいと思います。
 先ほど焼失したことについて原因とか、それから詳しい内容については、そしてけが人がなかったということはお聞きして、とても安心いたしました。ただ、今後について私は人的な被害がなかったけれども、たまたま我が家が現場にいましたので、訓練、火災に対する訓練というのが全く、新聞では避難誘導したというふうに書いてあったので、ああそうだったのかと思いましたけれども、レストランにたまたまいたんですね。そうしたら本当に誘導もなく、煙が調理場に充満していてもお客様はレストランに座って、外に出たら従業員がみんな外に出ていたという状況があったんです、現実。これからのことですけれども、訓練が本当に十分にされていたのか、それで消火器がどこにあるのかわからなくて、お客さんが消火器で消してくださったという話もあります。この辺について危機管理、それから訓練をきちんとしていただきたいと思います。その辺についてはどんなふうに報告されているでしょうか。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私も行ったときには既に全員の方が外に出ておりましたので、十二分に中のお客さんを外に誘導したというように思っておりましたし、誘導は多分うまくできたんじゃないかというように思っておりましたけれども、今のお話を聞きましたら、自分たちだけで出て、お客さんは出てなんだということでありますので、早急に会社の方に申し上げまして、しっかりした避難誘導ができますように注意をしてまいりたいというふうに思います。
○議長(平林寛也君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 本当にお客さんを扱っているところでね、万が一ということを考えて、必ず訓練は繰り返しながらやっていかなきゃいけないと思いますので、その辺はぜひ村の施設ですし、指定管理はしたといえども、村の施設ですので、ぜひ今後きちんとしていただきたいと思います。
 それから、人的削減はやはり指定管理ということで随分されているというふうに現場の方からも伺っています。その火災のときの対応がフロント等人数が少なくて、とても大変だったというお話も伺っていますので、その辺についても、今後、この火災をきっかけに指定管理者と十分話し合いをして、人員削減が一番経費削減の中では簡単なことですけれども、そういう不手際があったりしてはなりませんので、その辺についてもぜひ指定管理の方ときちんと話し合いをしていただきたいと思いますが、お願いいたします。
 今の2点、私、今回の火災で今後の対応については当事者と十分気をつけていただきながら対応していただきたいと思いますが、その避難、それから訓練について、ぜひ今後検討していただきたいというお願いをしまして、終わりにさせていただきます。ありがとうございました。
○議長(平林寛也君) 以上で12番榛葉良子議員の質問を終わります。
 これで本日の日程は全部終了いたしました。続きの一般質問はあさって19日、午前10時より行います。
 これにて散会します。大変御苦労さまでした。
                               午後 3時38分 散会