議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成24年第 1回定例会−03月22日-05号




平成24年第 1回定例会

           平成24年松川村議会第1回定例会会議録
                                     〔第5号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成24年3月22日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 議│平成24年 3月22日 午前10時00分│議 長│新 村 久仁男│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │閉 会│平成24年 3月22日 午後 2時17分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例    │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   4番   │甲斐澤   明│   5番   │勝 家   尊│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          │兼会計管理者 │       │       │       │
│職・氏名      │兼会計課長  │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │社会教育課長兼│大 澤   浩│       │       │
│          │公民館長   │       │       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 追加議案の上程
 議案第24号 一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例
 議案第25号 松川村副村長の選任について
 議案第26号 松川村監査委員の選任について
日程第2 委員長報告
 報告第 1号 平成24年度各会計予算について
 報告第 2号 B型肝炎・C型肝炎患者の救済に関する意見書採択の請願
 報告第 3号 年金2.5%の削減の中止を求める請願書
 報告第 4号 直轄事業の継続と適正な維持管理、地元建設業への支援を求める陳情書
 報告第 5号 国に対し、消費税増税反対の意見書を提出することを求める陳情書
追加日程第1 議長の辞職について
追加日程第2 選挙
 選挙第 1号 議長の選挙について
追加日程第3 議席の一部変更について
追加日程第4 副議長の辞職について
追加日程第5 選挙
 選挙第 2号 副議長の選挙について
日程第3 選挙
 選挙第 3号 常任委員の選任について
 選挙第 4号 議会運営委員の選任について
追加日程第6 選挙
 選挙第 5号 広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙について
追加日程第7 追加議案の上程
 議案第27号 松川村監査委員の選任について
日程第4 閉会中の継続審査及び調査の申し出について
日程第5 議員派遣の件
日程第6 村長あいさつ



                               午前10時00分 開議
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 直ちに議事に入ります。
△日程第1 追加議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第1 追加議案の上程を行います。
 議案第24号 一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の御説明をさせていただきます。
 第1条としまして、まず一般職の職員の給与に関する条例の一部改正でございます。こちらにつきましては、平成23年9月30日、昨年になりますが、人事院勧告によりまして国家公務員の給与を0.23%引き下げるという勧告がなされました。これに基づきまして、毎年、村は完全実施をしてきたわけですけれども、国が法案を見合わせたといったことに伴いまして、村も実施をしてきませんでした。先ごろ国家公務員の人勧分が法案が通ったということで、松川村につきましても人勧どおり実施をしていきたいといったことで、別表の給与表の表を改正するものでございます。
 内容的には、40歳代以上の方が平均0.23%引き下がる給与表の内容となっております。
 続きまして、第2条関係でございますけれども、2枚ほどめくっていただきまして、下段になります。一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正ということで、これにつきましては、現給保障を受けている職員の月額給与99.59%から、99.1%、0.49ポイント引き下げる内容でございます。これにつきましても、同様の内容でございますので、よろしくお願いします。
 附則としまして、この条例につきましては平成24年4月1日から、この4月の1日からということで施行したいということで、上程するものでございます。
 平成24年3月22日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第24号について採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第25号 松川村副村長の選任についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第25号につきまして、御説明をさせていただきます。
 副村長の件についてでありますけれども、皆様に開会時にあいさつの中でお願いをいたしましたように、現副村長が、この3月31日の任期をもって後進に道を譲りたいということで、辞職願が出されておりました。そういう中で慰留をしてまいったわけでありますけれども、意志が固く、受けざるを得ないということの中で、副村長を空席にするわけには、私としてはまいりませんので、4月1日から新たな副村長を選任をしていただきたいということで、きょう提案をさせていただきます。
 議案第25号 松川村副村長の選任について。
 松川村副村長に次の者を選任したいので、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるということであります。
 住所は、松川村29番地14。
 氏名、梨子田公雄。
 生年月日は、昭和18年3月23日生まれの68歳であります。
 若干、補足をさせていただきますけれども、うちにつきましては中部、ちょっと名前を出しちゃっていいかどうかわかりませんけれども、アオキの床屋さんのすぐ南側であります。ですので、役場には歩いて5分以内で到着できるような方であります。
 この梨子田さんにつきましては、昭和36年の3月に大町高等学校を卒業されまして、その4月に日本国有鉄道へ入社をされております。昭和60年の3月に白馬駅長、それから62年の4月は、御存じのように日本国有鉄道から民間に変わるということの中で、東日本旅客鉄道株式会社に採用されて、そちらの方へ移っております。そして、平成6年の2月に長野支社の運輸部の販売促進課長ということで、支社の方へ勤めていただいております。そして平成7年の3月に上田駅長に転出をいたしました。そして平成10年の3月に、この東日本旅客鉄道株式会社を退職をいたしまして、同じく4月にJR東日本レンタリース株式会社へ入社をしました。平成13年から同社の取締役長野支店長に就任をいたしまして、平成17年の6月に、この取締役支店長を退職をいたしました。そして、引き続き同じ6月でありますけれども、同社の嘱託の業務監査担当者ということで就任をし、平成20年6月に辞任をしております。現在は有明駅の方で、OBの方と一緒に切符の販売等、それから乗客の乗りおりの安全等の仕事をしております。
 免許等につきましては普通自動車免許、それから特殊無線技師電話の乙、それから国内旅行業務取扱主任者を持っております。
 性格でありますけれども、明朗闊達、趣味は登山とゴルフということであります。御存じの方もおいでと思いますけれども、頭の毛は私と違いまして黒々であります。そして、性格的にはすごくいい方でありまして、私は今まで職員に対して甘いというか、甘やかしたつもりは全然なかったわけでありますけれども、村民の皆さんが、おまえは職員上がりだから職員に対して甘いという言葉を、ずっと言われていたわけであります。今回、松川村の中では多分、異色だというように思いますけれども、民間の方にこの副村長に入っていただきまして、職員の住民に対する対応等の指導もしていただきながら、私とともに4年間、松川村住民のために一生懸命頑張っていただきたいということでお願いをいたしましたので、議会の皆様も全員の御同意によりまして、御支援をいただきますようお願いをいたしまして、提案の説明とさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いをいたします。
○議長(新村久仁男君) 本議案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、採決したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。これから、議案第25号について採決します。
 本案は原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。
 続いて、議案第26号 松川村監査委員の選任についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第26号について、説明をさせていただきます。
 次の者を松川村監査委員に選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるということで、お願いをいたします。
 住所は、松川村5794番地93。
 氏名、川上雅嗣。
 生年月日、昭和36年2月11日生まれということでございます。51歳の方でございます。
 現在、村の代表監査委員を務めていただいておりますので、今まで一生懸命やってきていただいておりますし、すばらしい監査をしていただいておりますので、引き続き4年間、この川上雅嗣さんにお願いをしていきたいというものであります。ぜひ皆様も全員の御同意をいただきますようお願いをいたします。
○議長(新村久仁男君) 本議案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、採決したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。
 これから、議案第26号について採決いたします。
 本案は原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。
△日程第2 委員長報告
○議長(新村久仁男君) 日程第2 委員長報告を行います。
 報告第1号 平成24年度各会計予算についての委員長報告を求めます。議案等審査特別委員長。
◎議案等審査特別委員長(榛葉良子君) (報告)
 個別事項でありますが、総務課です。(報告)
 これにつきましては、少し説明させていただきます。国、県の改正にあわせての村の改正との説明もありましたけれども、防災意識の高揚と周知を図るためにも、村民の意見を十分に反映し、実のある計画にすることを要望いたします。
 次、経済課です。(報告)
 これも口頭で少しつけ加えさせていただきますが、いろいろな観光の点は、最近あちこちで認められてはきておりますが、それをすべて連携した観光については、これからですので、ぜひ各課連携したり、その取り組み、地域と協力しながら取り組みを進めていただきたいということで、一言つけ加えます。
 以上、会計予算についての委員長報告を終わります。
○議長(新村久仁男君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第1号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第2号 B型肝炎・C型肝炎患者の救済に関する意見書採択の請願についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(井上直昭君) (報告)
 そういうことで継続になりましたが、ちょっと口頭で説明したいと思います。
 このB型・C型肝炎のウイルスは奥が深くて、大半は血液製剤の投与、輸血、注射針等の使い回しの医療行為による感染が原因とされています。平成22年に肝炎対策基本法が施行され、松川村では早速、23年9月に補正予算で、村の肝炎ウイルス無料検診を実施しておりました。対象者は、40歳から70歳までの方を対象に、5歳刻みの節目年齢で対象者に個別に通知し、受診を実施しています。
 また、平成24年3月8日現在で、肝炎ウイルス医療給付を受けている方は、大北で十数名の方が受給しております。このような状況の中、国の状況を見たり、また村のウイルス検診を見守る中で、これから調査、研究をすることにいたしました。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第2号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第3号 年金2.5%の削減の中止を求める請願書についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(井上直昭君) (報告)
○議長(新村久仁男君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第3号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第4号 直轄事業の継続と適正な維持管理、地元建設業への支援を求める陳情書についての委員長報告を求めます。総務産業建設常任委員長。
◎総務産業建設常任委員長(榛葉良子君) (報告)
 継続の理由ですけれども、今国民の皆様はむだな財源の歳出を抑制し、行政改革を臨んでおります。拙速な結論は出さず、調査研究が必要との意見で、継続といたしました。
 以上で報告を終わります。
○議長(新村久仁男君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第4号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第5号 国に対し、消費税増税反対の意見書を提出することを求める陳情書についての委員長報告を求めます。総務産業建設常任委員長。
◎総務産業建設常任委員長(榛葉良子君) (報告)
 全員一致で採択はいたしましたけれども、現在、国会でもいろんな論議がされております。社会保障の財源確保のために必要ではないか等、国会でも出されているような意見も多く出されましたけれども、国の説明が不十分で理解されていないこと、それから増税の前に、むだな財政支出を削減して行財政改革を実行していくことをつけ加えて採択といたしました。
 別紙をごらんください。(報告)
○議長(新村久仁男君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第5号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
△副村長退任あいさつ
○議長(新村久仁男君) ここで、議会を代表して、奥野副村長の退任に当たり、お礼の言葉を申し上げます。
 奥野副村長におかれましては平成16年4月に就任以来、今日に至るまで、平林村長を全面的に支え、御尽力をいただきました。昭和45年4月1日に松川村職員に任命され、役場在職中の長い間、行政畑を歩んでこられただけに、村政全般に精通し、この行政経験に裏打ちされた識見と、地方自治に対する深い見識をもって、平林村政誕生以来8年間、副村長として行政運営に手腕を発揮していただきました。
 数々の思い出、出来事等、1つ1つお話ししたい気持ちでいっぱいでございます。どうか、村政を離れてからも松川村政の先輩として、松川の発展を見守り、御指導をいただきたいと存じます。
 これからも御健勝で、ますます御活躍くださいますようお祈り申し上げ、慰労とお礼の言葉とさせていただきます。大変御苦労さまでした。そして、ありがとうございました。
○議長(新村久仁男君) 奥野副村長、退任に当たってのあいさつを中央答弁席でお願いします。
◎副村長(奥野勝久君) ただいま議長さんからお許しをいただきましたので、この席で退任のごあいさつをさせていただきます。
 まずは、議長さんから身に余るお言葉を賜りました。大変ありがとうございました。また、過日は、白澤議員に一般質問の折にも、大変これもまた身に余るお言葉を賜りました。ありがとうございました。
 私は多くの人々に支えられ、今日ここまで副村長として務めてまいりました。とりわけ議員の皆様には、議会事務局期間と合わせまして10年以上にわたる長い間、大変お世話になりました。ここに2期8年の任期を全うして退任できますことに、心から感謝を申し上げます。
 顧みますると、職責の重さに身の引き締まる思いでのスタートでありました。そして、それから夢中で過ごした8年間でもございました。この間、いろいろな出来事がありましたが、現在、人口増加を続けている松川村、村内外から元気だねと言われる松川村がございます。この村づくりにかかわれたことに、大きな誇りを感じております。また、この村づくりをともに協力いただいた、それぞれの皆様方に、大きく感謝を申し上げるところでございます。
 村づくり、地域づくり、村政運営に終わりはなく、課題は尽きないと思います。どうぞ議員皆様方には御健勝で御活躍をいただくこと、活発なる議会活動を展開をされまして、行政機関との両輪によって、より一層の村民福祉の増進、これが図られまして、限りない松川村が御発展することを御祈念申し上げ、あいさつとさせていただきます。
 大変長い間ありがとうございました。(拍手)
○議長(新村久仁男君) 奥野副村長には、長い間、松川村行政の発展のために御尽力いただきまして、心から感謝と敬意をあらわします。
 ここで暫時休憩いたします。
                               午前10時39分 休憩
                               午前10時41分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 ここで私の都合により、議事進行を副議長と交代いたします。よろしくお願いいたします。
               (議長、副議長と交代)
○副議長(白澤富貴子君) 議長に交代し、私が議事進行を図ります。
△日程の追加
○副議長(白澤富貴子君) ただいま、新村議長から議長の辞職願いが提出されました。
 お諮りします。議長の辞職についてを日程に追加し、追加日程第1として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第1 議長の辞職について
○副議長(白澤富貴子君) 追加日程第1 議長の辞職についてを議題とします。
 地方自治法第117条の規定により、1番 新村久仁男議員を除斥することといたします。1番、新村久仁男議員、退席を求めます。
             (1番 新村久仁男議員 退席)
○副議長(白澤富貴子君) 事務局長に新村久仁男議員の議長辞職願を朗読いたさせます。事務局長。
                (事務局長 朗読)
○副議長(白澤富貴子君) 新村久仁男議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、1番 新村久仁男議員の議長の辞職を許可することに決定いたしました。
 ここで、新村久仁男議員の除斥を解きます。1番 新村久仁男議員、復席してください。
             (1番 新村久仁男議員 復席)
○副議長(白澤富貴子君) 私から新村久仁男議員に申し上げます。
 ただいま議長辞職については許可することに決定いたしました。
△議長退任あいさつ
○副議長(白澤富貴子君) 新村久仁男前議長よりあいさつがあります。新村久仁男前議長の登壇を許します。
             (1番 新村久仁男議員 登壇)
◆1番(新村久仁男君) 議長退任に当たり、一言御礼申し上げます。
 顧みますと、平成22年第2回臨時会におきまして、議員各位の温かい御支援と御推挙を得まして、第18代議長の要職につかさせていただきました。多様化する住民ニーズに的確に対応していくことが求められていることでありますが、幸いにも議員各位から格別の御支持、御協力をちょうだいし、また、村長初め理事者各位、議会事務局から、手厚い御支援と御指導を賜り、おかげをもちまして、今日まで大過なくその職責を果たし得ましたことにつきまして、ここに心から厚く御礼申し上げます。
 とりわけ、白澤副議長とタッグを組んで、理論的にすぐれた副議長と2年間一緒にできたことは、1つの宝であります。昨年3月11日、決して忘れてはいけない未曾有の東日本大震災の悲劇を教訓として、政治の一番の責務である村民の安全・安心を守る政治、そして村民福祉の向上に、新しい正副議長とともに頑張らせていただきたいと思います。そして、村民の負託にこたえるため努力を重ねたいと思います。
 引き続き御指導を賜りますようお願い申し上げ、議長退任のあいさつといたします。ありがとうございました。
△日程の追加
○副議長(白澤富貴子君) ただいま議長が欠員となりました。
 お諮りします。議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第2として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ございませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
△追加日程第2 選挙
○副議長(白澤富貴子君) 追加日程第2 選挙を行います。
 選挙第1号 議長の選挙についてを行います。
 選挙は投票で行います。議場の閉鎖を命じます。
                 (議場の閉鎖)
○副議長(白澤富貴子君) ただいまの出席議員数は12名です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第32条2項の規定によって、立会人に、2番 佐藤節子議員、3番 井上直昭議員を指名します。
 投票用紙を配付します。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。
                (投票用紙の配付)
○副議長(白澤富貴子君) 投票用紙の漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
             (投票箱の点検。議場に示す。)
○副議長(白澤富貴子君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。事務局長。
         (事務局長、1番から議席番号と氏名を点呼・投票)
○副議長(白澤富貴子君) 投票漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。
 開票を行います。
 2番 佐藤節子議員、3番 井上直昭議員、開票の立ち合いをお願いします。
                  (開票計算)
○副議長(白澤富貴子君) 選挙の結果を報告します。
 投票総数12票。出席議員と符合しております。
 有効投票11票、無効投票1票です。
 有効投票のうち、平林寛也議員11票。
 以上のとおりです。
 この選挙の法定得票数は3票です。よって、平林寛也議員が議長に当選されました。
 議場の閉鎖を解きます。
                (議場の閉鎖を解く)
○副議長(白澤富貴子君) ただいま議長に当選されました平林寛也議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をします。
△議長就任あいさつ
○副議長(白澤富貴子君) ここで平林寛也議長、議長の当選承諾及び就任のあいさつを願います。
 中央答弁席でお願いいたします。
              (議長 平林寛也議員 登壇)
○議長(平林寛也君) 一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび不肖、私、議員の皆様方の御推挙をいただき、議長に就任させていただくことになりました。まことに身に余る光栄でございます。心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。
 もとより浅学非才の身でありますが、誠心誠意努力する所存でございます。議員各位並びに行政の皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
 議長の本分は、中立であり公正でなければならないと考えますし、議会運営に当たりましても、不偏不党、公正無私の立場を堅持する所存でございます。
 現在、議会が取り組まなければならないことは、議会改革の継続と推進だと考えております。改革を推進することにより、より開かれた親しみやすい議会となり、多様化する村民ニーズにも対応できるものと思いますし、また議員資質の向上にもつながるものと確信をしております。
 松川村は第6次総合計画を基調とした、自立の村づくり計画実行プランに沿った、村民、地域、行政が互いに支え合う協働の村づくりを推進しています。議会としましては、行政と互いに手を携え、切磋琢磨しながら、松川村発展のため村民福祉向上のため進んでまいりたいと考えております。
 最後に、新村前議長におかれましては、これまでよく議会をまとめ上げ、議会改革を推し進め、議会を引っ張ってきてくださいました。心から敬意を表し、御礼を申し上げます。まことにありがとうございました。今後とも御指導のほど賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。
 まことに簡単ではございますが、就任のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
○副議長(白澤富貴子君) 以上で、就任あいさつを終わります。
 これをもって私の職務は終了いたしました。御協力ありがとうございました。
 ここで議長を交代します。
               (副議長、議長と交代)
△日程の追加
○議長(平林寛也君) 続いて、お諮りします。
 議席の一部変更についてを日程に追加し、追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。
 よって、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第3 議席の一部変更について
○議長(平林寛也君) 追加日程第3 議席の一部変更についてを行います。
 今回、議長選挙に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、1番 新村久仁男議員の議席を7番に、7番 平林寛也議員の議席を1番に変更します。
 ここで暫時休憩します。
                               午前11時02分 休憩
                               午前11時03分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
△日程の追加
○議長(平林寛也君) 白澤副議長から、副議長の辞職願が提出されております。
 お諮りします。副議長の辞職についてを日程に追加し、追加日程第4として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第4 副議長の辞職について
○議長(平林寛也君) 追加日程第4 副議長の辞職についてを議題とします。
 地方自治法第117条の規定により、11番 白澤富貴子議員を除斥することといたします。
             (11番 白澤富貴子議員 退席)
○議長(平林寛也君) 事務局長に白澤富貴子議員の副議長辞職願を朗読いたさせます。事務局長。
                (事務局長 朗読)
○議長(平林寛也君) お諮りします。白澤富貴子議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、11番 白澤富貴子議員の副議長の辞職を許可することに決定しました。
 ここで、白澤富貴子議員の除斥を解きます。
             (11番 白澤富貴子議員 復席)
○議長(平林寛也君) 私から白澤富貴子議員に申し上げます。
 ただいま副議長辞職について許可することに決定いたしました。
△副議長退任あいさつ
○議長(平林寛也君) 白澤富貴子前副議長よりあいさつがあります。
 白澤富貴子前副議長の登壇を許します。
             (11番 白澤富貴子議員 登壇)
◆11番(白澤富貴子君) このような機会をいただきまして、ありがとうございます。
 2年前、副議長の任を担わせていただきました。この2年間、新村議長のいつも笑顔で明朗闊達にして公明正大であり、力強いリーダーシップのお力に支えていただきながら、全議員皆様の御協力をいただき、副議長の任を全うできましたことを深く感謝申し上げます。
 申し合わせの2年の任期で、議長とともに辞職を提出しました。このように、今までにない形で後期2年に向かうことは議会組織の刷新となり、議員の平等に取り組む姿勢として、大変よいことであったというふうに思っております。議員が前向きに協力して、是々非々で議会活動を進めていくよいきっかけとなり、今後もこのような方向性が御理解をされて、全議員の意識が前進していきますことを祈りながら、退任のあいさつといたします。
 まことにありがとうございました。
△日程の追加
○議長(平林寛也君) ただいま、副議長が欠員となりました。
 お諮りします。副議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第5として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。
 よって、副議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第5 選挙
○議長(平林寛也君) 追加日程第5 選挙を行います。
 選挙第2号 副議長の選挙についてを行います。
 選挙は投票で行います。議場の閉鎖を命じます。
                 (議場の閉鎖)
○議長(平林寛也君) ただいまの出席議員数は12名です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に、4番 甲斐澤明議員、5番 勝家 尊議員を指名します。
 投票用紙を配付します。
 念のために申し上げます。投票は単記無記名です。
                (投票用紙の配付)
○議長(平林寛也君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
             (投票箱の点検。議場に示す。)
○議長(平林寛也君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
         (事務局長、2番から議席番号と氏名を点呼・投票)
○議長(平林寛也君) 投票漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。
 開票を行います。
 4番 甲斐澤明議員、5番 勝家 尊議員、開票の立ち合いをお願いいたします。
                  (開票計算)
○議長(平林寛也君) 選挙の結果を報告します。
 投票総数12票。出席議員と符合しています。
 有効投票12票、無効投票ゼロ票です。
 有効投票のうち、榛葉良子議員12票。
 以上のとおりです。
 この選挙の法定得票数は3票です。よって、榛葉良子議員が副議長に当選されました。
 議場の閉鎖を解きます。
                (議場の閉鎖を解く)
○議長(平林寛也君) ただいま、副議長に当選されました榛葉良子議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって、当選の告知をします。
△副議長就任あいさつ
○議長(平林寛也君) ここで、榛葉良子副議長、副議長当選承諾及び就任あいさつを願います。
 中央答弁席でお願いします。榛葉議員。
             (副議長 榛葉良子議員 登壇)
○副議長(榛葉良子君) 副議長就任に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。
 ただいま、皆様に御信任いただきまして、副議長という重席につかせていただきました。身の引き締まる思いであります。歴史ある松川村議会で、2代続けて女性が副議長の席につかせていただけたのは、多くの方々の御理解と協力の、それから御支援のおかげと感謝申し上げます。
 私たちの任期は2年しかありません。この村長3期目のスタートと本議会の新たなスタートを機会に、初心に返り、村の方々は私たちに何を求め、何を託しているのかを確認し合いながら、村民の御期待にこたえられる議会運営を、議長と二人三脚で、議員皆様の御協力をいただきながら頑張りたいと思います。御指導をよろしくお願いいたします。
 就任のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 以上で就任あいさつを終わります。
 ここで休憩します。
                               午前11時20分 休憩
                               午後 2時00分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
△日程第3 選挙
○議長(平林寛也君) 日程第3 選挙を行います。
 議長、副議長の選挙により、選挙番号を2つずつ、順次繰り下げて行いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、選挙番号を繰り下げて、選挙を行うことに決定しました。
 選挙第3号 常任委員の選任についてを行います。
 お諮りします。常任委員の選任については、松川村議会委員会条例第6条第1項の規定により、1番 平林寛也議員、5番 勝家 尊議員、6番 横沢喜造議員、7番 新村久仁男議員、10番 矢口あかね議員、11番 白澤富貴子議員、以上6議員を総務産業建設常任委員に。
 2番 佐藤節子議員、3番 井上直昭議員、4番 甲斐澤明議員、8番 渡邉尚省議員、9番 河内國治議員、12番 榛葉良子議員、以上6議員を社会福祉文教常任委員に、それぞれ指名したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名した以上の諸氏を、それぞれの常任委員に選任することに決定しました。
 ここで暫時休憩します。
                               午後 2時02分 休憩
                               午後 2時03分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 続いて、選挙第4号 議会運営委員の選任についてを行います。
 お諮りします。議会運営委員の選任については、松川村議会委員会条例第6条第1項の規定により、3番 井上直昭議員、7番 新村久仁男議員、11番 白澤富貴子議員、12番 榛葉良子議員、以上4議員を指名したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名した以上の諸氏を議会運営委員に選任することに決定しました。
 暫時休憩します。
                               午後 2時03分 休憩
                               午後 2時04分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
△日程の追加
○議長(平林寛也君) 広域連合及び一部事務組合議会議員は、当村議会の構成にあわせた選任が慣例になっており、辞任とみなされます。
 お諮りします。この辞任を認め、広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、追加日程第6として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第6 選挙
○議長(平林寛也君) 追加日程第6 選挙を行います。
 選挙第5号 広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙についてを行います。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にしたいと思いますが御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選の方法で行うことに決定しました。
 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決定しました。
 それでは指名します。
 北アルプス広域連合議会議員に、平林寛也議員、榛葉良子議員、白澤富貴子議員。
 高瀬広域水道企業団議会議員に、平林寛也議員、榛葉良子議員。
 池田松川施設組合議会議員に、平林寛也議員、榛葉良子議員、井上直昭議員、河内國治議員。
 穂高広域施設組合議会議員に、平林寛也議員、榛葉良子議員。
 以上の方を当選人と決定することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。
 よって、以上の方が、それぞれの議員に当選されました。
 ただいま、北アルプス広域連合議会、高瀬広域水道企業団議会、池田松川施設組合議会、穂高広域施設組合議会の議員に当選されました、それぞれの議員が議場におりますので、会議規則第33条第2項の規定により告知します。
 暫時休憩します。
                               午後 2時07分 休憩
                               午後 2時08分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
△日程の追加
○議長(平林寛也君) お諮りします。村長より、追加議案として議案第27号 松川村監査委員の選任についてが提出されました。これを日程に追加し、追加日程第7として日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。
 よって、議案第27号 松川村監査委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第7 追加議案の上程
○議長(平林寛也君) 追加日程第7 追加議案の上程を行います。
 議案第27号 松川村監査委員の選任についてを議題とします。
 地方自治法第117条の規定により、2番 佐藤節子議員を除斥することといたします。
              (2番 佐藤節子議員 退席)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第27号について提案説明をさせていただきます。
 先ほど議会事務局の方から、ここに書かれております者を、議会の方から監査委員として推薦をしてくれるということになりましたので、そういうことで提案をさせていただきます。
 議案第27号 松川村監査委員の選任について。
 次の者を議員のうちから選任する監査委員に選任したいから、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求める。
                    記
 住  所 松川村5725番地161。
 氏  名 佐藤節子。
 生年月日 昭和16年7月13日生まれ。
 以上でありますけれども、議会の皆さんの御推薦でありますので、このままよろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 本議案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、採決したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。
 これより、議案第27号について採決いたします。
 本案は原案のとおり同意することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり同意することに決定しました。
 ここで、佐藤節子議員の除斥を解きます。
              (2番 佐藤節子議員 復席)
○議長(平林寛也君) ただいま、監査委員に同意されました佐藤節子議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって選任、同意されましたので報告します。
△日程第4 閉会中の継続審査及び調査の申し出について
○議長(平林寛也君) 日程第4 閉会中の継続審査及び調査の申し出についてを議題とします。
 議会運営委員長及び各常任委員長から、目下委員会において継続審査及び調査中の事件について、松川村議会会期規則第75条の規定により、お手元に配付の申出書のとおり、閉会中の継続審査及び調査の申し出があります。
 お諮りします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査とすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査とすることに決定します。
△日程第5 議員派遣の件
○議長(平林寛也君) 日程第5 議員派遣の件を議題とします。
 議員派遣については、当面予定がありません。次期定例会までに急を要する場合は、松川村議会会議規則第120条の規定により、議長において議員の派遣を決定しますので、申し添えます。
 これで、付議された議案は全部終了しました。
△日程第6 村長あいさつ
○議長(平林寛也君) 村長あいさつをお願いします。村長。
◎村長(平林明人君) それでは閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつをさせていただきたいというように思います。
 3月8日から本日まで15日間にわたりまして御熱心に、提出されました案件、そしてまた多団体から出されました陳情書等御審議をいただきました。村から提出をさせていただきました議案につきましては、すべて原案どおりお認めをいただきまして、まことにありがとうございました。感謝を申し上げたいというように思います。
 特に、24年度各会計につきましては、若干の補足等の御意見をつけていただきましたけれども、運営に当たりましては慎重にやっていきたいというように思っております。
 御承知のように骨格予算でございますので、6月の第2回定例会の中で、また投資的経費につきましては盛らせていただきますので、審議のほどよろしくお願いをいたします。
 また、人事案件につきましては、すべて原案どおりお認めをいただきました。まことにありがとうございました。新たな副村長とともに、これから頑張ってまいりたいというように思います。
 また、奥野副村長におかれましては2期8年間、村民のために御活躍をいただきましたことに心から感謝を申し上げます。今後は一村民として、私どもにお力添えをいただきますことをお願いをし、体調に十二分に御注意をいただきまして、平穏な生活ができますことを御祈念をいたしたいと思います。長い間、ありがとうございました。
 そして、新村前議長、白澤前副議長、2年間大変お世話様になりました。特に議会改革につきましては、インターネットの中継等、それぞれ実現をしていただきましたことに感謝を申し上げます。今後も引き続き豊富な経験を生かして、私どもにお力添えをいただきたいというように思います。
 また新たになられました平林議長、それから榛葉副議長につきましては、今後2年間私どもとともに、両輪のごとくというように言われております。片一方だけ回ることがないように、ひとつぜひお力添えをいただきたいというように思います。私どもも、できるだけ皆さんにお話をさせていただきながら進めさせていただきたいというように思っておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。
 今年は、また特に寒い日が続き、まだ梅が咲きません。そんなような中で開花が遅れているということでありますけれども、議員皆様には体調に十二分に御留意をいただきまして、それぞれの場でさらに御活躍をできますことを御祈念をしたいと思います。
 そして、また4月からは保育園の入園式、それから小中学校の入学式等行事が続きます。また御出席のほどをよろしくお願いをいたしまして、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。
 長い間本当にありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 村長のあいさつを終わります。
 以上で、平成24年松川村議会第1回定例会を閉会します。
 御苦労さまでした。
                               午後 2時17分 閉会



以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


     平成  年  月  日


         松川村議会議長(旧)


         松川村議会議長(新)


         松川村議会副議長(旧)


         松川村議会議員


         松川村議会議員