議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成24年第 1回定例会−03月08日-01号




平成24年第 1回定例会

                 会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│  3月 8日│ 木 │本  会  議│一般議案審議                  │
│       │  │       │平成24年度各会計予算上程・提案説明・補足説明 │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│     9日│ 金 │本  会  議│各会計予算総括質問、議案等審査特別委員会へ審査付│
│       │  │       │託                       │
│       │  │       │請願・陳情等委員会付託、全員協議会       │
│       │  │       │一般質問通告午後1時締切            │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    10日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    11日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    12日│ 月 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    13日│ 火 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    14日│ 水 │委  員  会│議案等審査特別委員会(まとめ)         │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    15日│ 木 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    16日│ 金 │委  員  会│中学校卒業式                  │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    17日│ 土 │休     日│小学校卒業式                  │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    18日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    19日│ 月 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    20日│ 火 │休     日│春分の日                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    21日│ 水 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    22日│ 木 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、選挙、全員協議会   │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第 1号 松川村文化財保護条例
 議案第 2号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 3号 松川村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 松川村税条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 行政財産使用料条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村国民健康保険高額医療費資金貸付基金の設置,管理及び処分に関する条例を廃止する条例
 議案第 8号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第10号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第11号 北アルプス広域連合規約の変更について
 議案第12号 中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部変更について
 議案第13号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第14号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
 議案第15号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 議案第16号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第17号 平成24年度松川村一般会計予算
 議案第18号 平成24年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第19号 平成24年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第20号 平成24年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第21号 平成24年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第22号 平成24年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第23号 平成24年度松川村水道事業会計予算

 議案第24号 一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例
 議案第25号 松川村副村長の選任について
 議案第26号 松川村監査委員の選任について
 議案第27号 松川村監査委員の選任について
 報告第 1号 平成24年度各会計予算について
 報告第 2号 B型肝炎・C型肝炎患者の救済に関する意見書採択の請願
 報告第 3号 年金2.5%の削減の中止を求める請願書
 報告第 4号 直轄事業の継続と適正な維持管理、地元建設業への支援を求める陳情書
 報告第 5号 国に対し、消費税増税反対の意見書を提出することを求める陳情書
 選挙第 1号 議長の選挙について
 選挙第 2号 副議長の選挙について
 選挙第 3号 常任委員の選任について
 選挙第 4号 議会運営委員の選任について
 選挙第 5号 広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙について



                 請願・陳情一覧表

 請願
┌─────┬───────────────────┬──────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │     請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 24. 2.10 │B型肝炎・C型肝炎患者の救済に関する意│新潟市中央区万代1-2-3-603  │河内國治│
│     │見書採択の請願            │すべての肝炎患者の救済を求め│    │
│     │                   │る全国センター       │    │
│     │                   │代表 村田 光子      │    │
│     │                   │長野市元善町481       │    │
│     │                   │すべての肝炎患者の救済を求め│    │
│     │                   │る長野の会         │    │
│     │                   │代表 村上 光田      │    │
│     │                   │北安曇郡松川村5650-106すべて│    │
│     │                   │の肝炎患者の救済を     │    │
│     │                   │求める大北の会       │    │
│     │                   │代表 佐藤 初子      │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 24. 2.27 │年金2.5%の削減の中止を求める請願書│北安曇郡松川村5724-335   │渡邉尚省│
│     │                   │全日本年金者組合長野県本部 │    │
│     │                   │大北支部長 井川 恵右   │    │
└─────┴───────────────────┴──────────────┴────┘


 陳情
┌─────┬────────────────────┬──────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │      陳  情  者      │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 24. 2.13 │直轄事業の継続と適正な維持管理、地元建設│新潟市中央区美咲町1丁目1番1号  │
│     │業への支援を求める陳情書        │国土交通省管理職ユニオン北陸支部  │
│     │                    │執行委員長 土肥 和広       │
│     │                    │松本市元町1丁目8-28        │
│     │                    │国土交通労働組合北陸建設支部松本分会│
│     │                    │分会長 境 和宏          │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 24. 2.20 │国に対し、消費税増税反対の意見書を提出す│大町市美麻13992           │
│     │ることを求める陳情書          │北アルプス民主商工会        │
│     │                    │代表 種山 博茂          │
└─────┴────────────────────┴──────────────────┘



             平成24年松川村議会第1回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬────────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │ 答弁を求める者 │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴────────┤
│3月19日(月)午前10時から                            │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬────────┤
│ 1 │11│白 澤 富貴子│1 村長3期目の村づくり        │村長・副村長  │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼────────┤
│ 2 │ 5 │勝 家   尊│1 松川村の観光について        │村長・教育長  │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼────────┤
│ 3 │ 2 │佐 藤 節 子│1 教育行政の推進について       │教育長     │
│  │  │       │2 防災・減災対策の強化について    │村長      │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼────────┤
│ 4 │ 8 │渡 邉 尚 省│1 消費税大増税問題と三期目の課題につい│村長      │
│  │  │       │  て                 │        │
│  │  │       │2 村防災計画の見直しについて     │村長      │
│  │  │       │3 介護保険制度改正について      │村長      │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼────────┤
│ 5 │ 7 │平 林 寛 也│1 農業振興について          │村長      │
│  │  │       │2 森林整備について          │村長      │
│  │  │       │3 旧公民館他整理事業について     │村長      │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴────────┤
│3月21日(水)午前10時から                            │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬────────┤
│ 6 │12│榛 葉 良 子│1 村の教育方針について        │村長・教育委員長│
│  │  │       │2 農業の振興について         │村長      │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼────────┤
│ 7 │10│矢 口 あかね│1 交通災害共済掛金公費負担      │村長      │
│  │  │       │2 旧農協第二倉庫の活用        │村長・教育長  │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴────────┘



           平成24年松川村議会第1回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成24年3月8日                  │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成24年 3月8日 午前10時00分 │議 長│新 村 久仁男│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成24年 3月8日 午後 3時12分 │議 長│新 村 久仁男│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例    │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   4番   │甲斐澤   明│   5番   │勝 家   尊│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │伊 藤 勇 二│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │奥 野 勝 久│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          │兼会計管理者 │       │       │       │
│   全員出席   │兼会計課長  │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │社会教育課長兼│大 澤   浩│       │       │
│          │公民館長   │       │       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第 1号 松川村文化財保護条例
 議案第 2号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 3号 松川村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 松川村税条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 行政財産使用料条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村国民健康保険高額医療費資金貸付基金の設置,管理及び処分に関する条例を廃止する条例
 議案第 8号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
 議案第10号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第11号 北アルプス広域連合規約の変更について
 議案第12号 中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部変更について
 議案第13号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第14号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
 議案第15号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 議案第16号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第17号 平成24年度松川村一般会計予算
 議案第18号 平成24年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第19号 平成24年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第20号 平成24年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第21号 平成24年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第22号 平成24年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第23号 平成24年度松川村水道事業会計予算



                               午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成24年松川村議会第1回定例会を開会します。
 会議に先立ち、一言ごあいさつ申し上げます。
 今般の松川村村長選挙において、平林明人村長が、無投票により3選という栄誉を得られました。議会を代表して心からお祝いを申し上げます。
 日本、さらには世界全体が大きな曲がり角に差しかかっているこの時期、村政のかじ取りは、これまでに増して難しいものになると思います。危機意識の希薄な国政の担い手たちとは対照的に、国家の現状、政治のありように村民は憂いを抱き、一方ならぬ危機感を持っています。2期8年の経験を生かし、松川村のさらなる向上発展のために、格段の御尽力をお願い申し上げます。
 村長は3期目に向けた4つの重点施策を公約に掲げております。稲穂は実れば実るほど腰をかがめ、頭を下げるものであります。この教訓を胸に、的確なリーダーシップを発揮して、誠実に日々の事務を執行している職員ともども一丸となって、「松川村第6次総合計画」基本理念である「緑豊かな自然とくらし、心やすらぎ魅力あふれる村」づくりのため、御尽力されんことを大いに期待を申し上げます。
 議会とともに、村発展のため、健康にはくれぐれも留意され、ますますの御活躍されんことを御祈念申し上げ、御就任に対する歓迎の言葉といたします。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 議事に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(新村久仁男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、4番 甲斐澤明議員、5番 勝家 尊議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(新村久仁男君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期については、議会運営委員会において審議がなされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(甲斐澤明君) (報告)
○議長(新村久仁男君) 議会運営委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 お諮りします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から3月22日までの15日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から3月22日までの15日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(新村久仁男君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) 皆様、おはようございます。
 平成24年松川村議会第1回定例議会を本日招集させていただきましたところ、全議員の皆様にはお忙しい中、御出席をいただきまして開会できますことに、感謝を申し上げたいというふうに思います。
 私ごとで大変申しわけございませんけれども、ただいま議長からしっかりやれと、そしてお祝いの言葉をちょうだいいたしまして、ありがとうございました。また、過日の村長選挙の折には、議員全員の皆様から御支援をいただきまして、おかげさまで無投票で3選をいただきました。こんなうれしいことはございません。住民の皆様にお約束したことを任期いっぱい全力を尽くしてやり遂げる覚悟でございますので、何とぞ最後まで、よろしくお願いをしたいというように思います。
 さて、平成24年度の一般会計予算につきましては、村長選挙のために義務的経費を中心に計上した骨格予算であります。しかし、学校給食施設建設に伴う負担金の計上をいたしましたので、23年度の当初予算に比較しまして3億2,400万ほどの増となっております。投資的経費につきましては、6月議会において補正で計上させていただきたいというように思っております。
 最近の村政の状況などについて、若干申し上げさせていただきます。
 まず、小谷村への除雪ボランティアでありますけれども、小谷村は平成18年の豪雪に匹敵する大雪に見舞われ、皆様御存じだというように思いますけれども、災害救助法が適用されました。去る2月4日から9日までの間、小谷村からの要請によりまして、役場職員7名、そして村社協の職員3名の合計10名を、雪かきボランティアとして派遣をいたしました。活動は、大網集落において、手作業による住宅周囲の除雪作業を行ったと報告を受けております。
 続きまして、東日本大震災でありますけれども、いまだかつてない大地震と巨大津波に襲われた東日本大震災から、この11日で1年を迎えます。震災で犠牲となられた多くの方々、そして避難を余儀なくされ、避難先で亡くなられた方々の御冥福をお祈りをし、震災発生時刻に合わせ、村民の皆さんが黙祷をささげていただきますよう、防災無線等でお知らせをしていきたい、協力をお願いをしてまいります。
 東日本大震災への支援につきましては、震災以来、日赤を通じ募金、3月1日現在でありますけれども1,440万、そして救援物資、職員の派遣、保健師2名、一般職2名等を行ってきたところでありますが、今回、長野県及び長野県社会福祉士会より、社会福祉士の派遣要請を受けまして、福祉課の社会福祉士1名を岩手県山田町に2月5日より2月11日の7日間、派遣をいたしました。
 派遣者の復命では、山田町は岩手県沿岸北部に位置し、人口は1万7,600人ほどだそうであります。被害状況は、1月13日現在で死者604人、行方不明者165人とのことでありました。
 主な活動は、65歳以上の在宅高齢者に対します健康状態、生活状況の訪問調査を行い、高齢者世帯台帳等を作成をいたしました。この台帳は、今後の町の高齢者施策事業の資料として活用されるとのことであります。
 また、町の状況としましては、瓦れきはきれいに片づき、新しい店がオープンなど復興の兆しもありますけれども、今なお、多くの住民が仮設住宅での不自由な生活を強いられ、先行きが見えにくい状況のようであります。
 村としましても、一日も早い復興をお祈りするとともに、今後もできる限りの支援を行っていきたいと思っております。
 続きまして、安曇野まつかわ馬羅尾高原郷土の森保存協定であります。
 馬羅尾国有林内にあります貴重な歴史的自然遺産の、あがりこサワラの群落を郷土のシンボルとして保全をしていくために、1月17日に村と中部森林管理局とで郷土の森の保存協定を締結をいたしました。今後は、中部森林管理局と協議をしながら、生育区域を保全する中で、観光資源としての活用を図ってまいりたいというように考えております。
 続きまして、農家懇談会等についてでありますが、2月の16、17の2日間、7会場で農家懇談会を開催をいたしました。163名の農家の皆さんに出席をいただきました。昨年と同様にJA組合懇談会と同日開催としまして行ったわけでありますけれども、今回は、それに加えまして、安曇総合病院の懇談会もあわせて実施をさせていただきました。
 懇談会では、大北地域の振興計画にかかわる平成24年度松川村計画の、国の農業者戸別所得補償制度と、新たな対策となります戸別所得補償経営安定推進事業を中心に説明をいたしました。懇談会の意見、要望等につきましては検討し、3月下旬開催予定の村農業再生協議会に諮ってまいります。
 続いて、農家民宿の推進でありますけれども、2月9日に農家民宿開業予定者を中心に、10名の有志の方で安曇野松川村農家民宿連絡協議会が設立をされました。農家民宿は、村の豊かな自然を活かした滞在型農業体験の核となるもので、滞在型観光の推進に向け、村も全面的に協力をしてまいりたいというように思います。
 今年の5月には、大阪府の中学校1クラスの修学旅行の受け入れが予定をされておりますので、またぜひ民宿される方も頑張っていただきながら、村も応援をしてまいりたいというように思います。
 続きまして、登録有形文化財の登録であります。
 松川村収蔵庫、旧農協第二倉庫は、昨年、国の文化審議会から登録有形文化財に登録するよう答申が出されていましたが、2月の23日に国の告示がされ、県経由で登録証が村に届けられました。議会の皆様には全協の後、見ていただいたというように思いますけれども、立派なもので私もちょっと驚いたわけであります。松川村収蔵庫が正式に登録有形文化財として認められたことから、今後とも管理・活用方法について、具体的に検討してまいりたいというように思います。
 続きまして、池田松川学校給食センターの建設等についてであります。
 給食センターの基本設計が完成し、御意見をいただきました各団体に図面を送付をいたしました。また、今月号の「広報まつかわ」にも掲載をしております。現在、設計者により実施設計に取りかかっております。安全でおいしい給食が提供でき、食育の推進にとって大きな意味を持っている給食センターの完成を目指してまいります。
 なお、池田・松川施設組合の事務局長は、今後、松川村からの出向となります。4月の人事異動で対応をしていきたいというように考えております。
 本日上程いたします議案は23件でありますが、概要を若干申し上げます。
 議案第1号 松川村文化財保護条例は、村民協働による文化財保護の規定の新設及び文化財保護法との整合性を図り、文言の見直し等による全部改正であります。
 議案第2号でありますが、付属機関設置条例の一部を改正する条例は、松川村食育推進協議会を加えるための改正であります。
 議案第3号 松川村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例は、非常勤職員の育児休業等に関し、必要な事項を定めるための改正であります。
 議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例は、報酬額から、消防団員の訓練等の出動を削り、別表で表示することと、2つの委員報酬を加えるための改正であります。
 議案第5号 松川村税条例の一部を改正する条例は、地方税法の一部改正に伴う改正であります。
 議案第6号 行政財産使用料条例の一部を改正する条例は、電気通信事業税法の一部改正に伴う改正であります。
 議案第7号 松川村国民健康保険高額医療費資金貸付基金の設置、管理及び処分に関する条例を廃止する条例は、限度額適用制度が、この4月から外来診療にも導入されることから、高額療養費支給見込額の貸付制度が不要となるための条例の廃止であります。
 議案第8号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例は、公運審の委員の委嘱の基準を定めるに当たって、参酌すべき基準を定める省令が一部改正されたことに伴う改正であります。
 議案第9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例は、地域主権一括法による公営住宅法及び公営住宅施行令の改正されたことに伴う改正であります。
 議案第10号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例は、障がい者制度改革に関する法律の一部施行に伴い、国の政令の一部が改正されたことに伴う改正であります。
 議案第11号 北アルプス広域連合規約の変更につきましては、大北地域ふるさと市町村圏計画の計画期間満了に伴う改正であります。
 議案第12号 中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部変更につきましては、事務所の所在地を変更することに伴う改正であります。
 議案第13号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)は、年度終盤を迎え、事業費の確定等に伴う計数整理で、6,251万8,000円を追加し、総額を34億7,925万3,000円とするものであります。主なものは、歳入では、地方交付税5,034万7,000円、諸収入590万3,000円、財産収入504万3,000円の追加で、歳出では、小・中学校施設環境改善事業など教育費2,133万1,000円、残余として見込まれる額は、公共施設等整備基金に積み立てる等総務費4,594万3,000円の追加です。第2表繰越明許費は、消防団安全対策施設整備事業、小・中学校施設環境改善事業であります。
 議案第14号から議案第16号までは、国民健康保険特別会計ほか各特別会計の補正予算であります。
 議案第17号から議案第23号までは、一般会計ほか各特別会計の平成24年度予算であります。
 いずれも、提案時に各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議の上、お認めをいただきますようお願いを申し上げます。
 このあいさつ書には明記をしてございませんけれども、奥野副村長より、私の任期に合わせ、後進に道を譲るために辞任したい旨の辞職願が、2月の27日に提出をされまして保留をさせていただいております。私が、2期、3期と無投票によりまして、住民の皆様から信任をされたことにつきましては、奥野副村長の力が大きかったというように感謝をしているところであります。
 そんな中、今回も一緒にやってほしいというようにお願いをいたしましたが、辞任の意志がかたく、どうしても引き受けていただくことができませんでした。しかし、自分の任期、3月31日までは残っていただけるということになりましたので、残り少なくなりましたけれども、一緒に頑張らせていただきたいというように思っております。
 関係者と相談の上、後任者につきましては、空間あけることなく、4月1日から適任者を皆様にお示しをさせていただきまして、全員の御理解をいただきまして、新たな体制で行けるように祈っているところであります。私がお示しをしました人事案につきましては、ぜひ満場一致で御支援をいただきますようお願いをしておきたいというように思います。
 なお、奥野副村長につきましては、長い間本当にお世話になりました。この議会が最後というようになりますので、議員の皆様の温かい御支援を、この会期中にお願いをしたいというように思います。
 以上申し上げまして、開会のあいさつとさせていただきますが、長い期間となりますので、よろしくお願いをいたします。ありがとうございました。
○議長(新村久仁男君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(新村久仁男君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(伊藤勇二君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.高瀬広域水道企業団議会2月定例会
  開催期日  平成24年2月17日
  出席議員  新村議長、白澤副議長
  審議事項等 ・平成24年度会計予算
  審議結果等 原案のとおり可決。
 2.穂高広域施設組合議会第1回定例会
  開催期日  平成24年2月20日
  出席議員  新村議長、白澤副議長
  審議事項等 ・長期継続契約を締結することができる契約を定める条例
        ・平成23年度一般会計補正予算(第3号)
        ・平成24年度一般会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 3.北アルプス広域連合議会2月定例会
  開催期日  平成24年2月22日、23日
  出席議員  新村議長、白澤副議長、甲斐澤議員
  審議事項等 ・北アルプス広域連合特別会計設置条例の制定
        ・北アルプス広域連合基金条例の制定
        ・北アルプス広域連合手数料条例の一部を改正する条例の制定
        ・北アルプス広域連合介護保険条例の一部を改正する条例の制定
        ・平成23年度各会計補正予算
        ・平成24年度各会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 4.池田松川施設組合議会第1回定例会
  開催期日  平成24年2月29日
  出席議員  白澤副議長、井上議員、佐藤議員
  審議事項等 ・平成24年度一般会計予算
  審議結果等 原案のとおり可決。
 5.松川村国民健康保険運営協議会
  開催期日  平成24年2月1日
  出席議員  勝家議員
  審議事項等 村長から諮問のあった、平成24年度松川村国民健康保険特別会計予算(案)及び松川村国民健康保険の税率について審議。
  審議結果等 原案のとおり承認することを決定し、2月8日に村長へ答申。
        答申では、附帯事項として次の点を要望。
      (1)急激な医療費の伸びによる歳入不足が生じた場合は、健全な運営を維持していくため、一般会計からの繰り入れを求める。
      (2)現状の松川村国民健康保険財政では、健全運営を今後も維持していくことは困難な状況である。そのための財源確保のため、保険税の未納者対策や医療費削減に向けての特定健診、健診増進事業に一層取り組みながら、平成20年度から据え置きとなっている保険の税率について、見直しもやむを得ない。ただし、被保険者の負担増に配慮する必要から、十分な周知期間を設けて平成25年度に保険税率の改正ができるよう慎重な審議をすることを求める。
 6.松川村上下水道委員会
  開催期日  平成24年2月15日
  出席議員  河内議員
  審議事項等 村長から諮問のあった、平成24年度松川村上下水道事業会計予算(案)について審議
  審議結果等 原案のとおり承認することに決定し、2月17日に村長へ答申。
        答申では、使用料等未収金の回収と、健全な財政運営に努められたい旨を要望。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第5 議案の上程を行います。
 議案第1号 松川村文化財保護条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、議案第1号 松川村文化財保護条例の全部を改正するということで、御説明を申し上げます。
 全面の改正の理由につきましては、1点目としまして、文化財保護法、それから県の文化財保護条例との整合性を図るため、文言の修正並びに条文の整理を行った点が1点でございます。
 2点目といたしまして、協働の村づくりの趣旨に合わせまして、文化財の保存、活用につきましては、村民との協働によるという規定を追加した内容でございます。
 3点目といたしましては、改正条項がほとんどの条文に該当しているため、一部改正ですと、非常にわかりづらいものとなってしまうということから、全部改正を行ったということでお願いを申し上げます。
 改正の概要といたしましては、旧条例の内容を踏襲しており、基本的に規定の内容変更につきましてはございません。そういうことで御理解をお願いをしたいと思います。
 なお、改正内容につきましては、松川村文化財審議会並びに松川村教育委員会に諮りまして御了解を得ております。
 それでは、改正条文の概要につきまして御説明を申し上げます。条例につきましては、1ページから13ページという内容になっておりますので、お願いをいたします。
 まず、1ページ目の目次につきまして、新たに追加をしたということで、わかりやすいようなものとしております。
 また、第7章松川村文化財審議会という部分が、旧条例にはございませんでしたので、新たに章立てをしたという内容でございます。
 それでは、第1条の関係、目的でございますけれども、文化財保護法の規定をうたってございましたけれども、あとの条文に規定をするということで、制定の目的のみ、ここに記載をしてございます。
 定義につきましては、旧条例の内容につきまして変更はございません。
 それから、第3条、4条、5条、2ページまでにわたりますけれども、追加をした内容でございます。
 まず3条では、文化財の保存、活用に関する村の責務という点を規定をしてございます。
 1枚おめくりをいただきまして、第2項でございますけれども、財産権の尊重及び他の公益との調整ということで、旧条例にも盛り込んであった内容でございます。
 第4条では、村民等の責務として、村と協働による保存、活用について規定をしてございます。
 第5条におきましては、開発を行う事業者の責務について、村及び教育委員会の指導を遵守をするという規定を盛り込んでございます。
 それでは、第2章から御説明をさせていただきたいと思います。
 6ページまで、第20条まで、第2章の松川村指定有形文化財について規定をしてございます。
 まず第6条につきましては法、それから、ここに旧条例では県条例の規定が盛り込まれておりませんでしたので、その規定を追加しております。指定としましては、それぞれ所有者の同意を得て審議会に諮問をし、決定した場合については所有者に通知をし、告示をしながら指定書を交付するという内容で、前、旧条例と内容は変わっておりません。
 それから、解除、第7条につきましては、第6条の指定と同様の指定によりまして、解除の手続を行うという内容でございます。
 3ページに移りますが、第8条、所有者等の管理義務及び管理責任者。それから第9条、所有者等の変更等。第10条、滅失、き損等。第11条、所在の変更等。それぞれ届け出を要する内容でございまして、その内容につきまして規定をしているということで、内容につきましては、旧条例と変わってはおりません。
 それから、第12条の関係、これは管理又は修理の補助ということで、4ページの方にわたっております。
 それから、第13条、補助金の返還ということで、それぞれ1号から3号まで規定をしてございますけれども、この内容に該当した場合については、補助金の返還等を行うという内容でございます。
 第14条、これにつきましては、管理又は修理に関する勧告という内容で、所有者等が管理方法の改善、保存施設の設置、その他管理に関して必要な事項につきまして、教育委員会で勧告することができるという内容でございます。
 第15条につきましては、現状変更等の制限という内容で、現状を変更する場合につきましては、教育委員会の許可がいるという内容でございます。
 5ページにわたりますけれども、第16条、修理等の届け出の規定でございます。
 第17条、それから第18条につきましては、公開につきましての方法について規定してございます。この内容の中で、一部教育委員会の方で、勧告すると公開をしなければならないという規定でございますが、旧条例と内容は変わっておりませんのでお願いいたします。
 続きまして、6ページの方にお願いをいたします。第20条、所有者等の変更に伴う権利義務の継承ということで、所有者の変更があった場合につきましては、従前の所有者の権利義務を継承するという内容でございます。
 続きまして、第3章、6ページからになりますけれども、第3章から第6章までの文化財並びに選定技術につきまして、第2章の有形文化財の指定方法、解除事由、それから解除の方法、所有者の管理義務及び管理責任者、補助金の交付、現状変更等の制限、公開、調査、報告に関しまして、今まで御説明した内容につきまして、それぞれ各章で該当する条項につきまして、章ごとに、その規定を準用、または規定をしているという内容でございますので、よろしくお願いをいたします。
 6ページ、第3章、松川村指定無形文化財につきまして8ページまで、条文では26条までになります。指定解除等、それから、特に7ページは無形文化財ということで、保持者、氏名の変更ということで、保持者の規定が、この章では入ってくるということでお願いをいたします。
 8ページになりますけれども、第4章、指定有形民俗文化財、それから指定無形民俗文化財につきましての規定でございます。第27条から第31条まで、9ページの方にわたっております。なお、9ページの第3条につきまして準用規定ということで、特に2章の有形文化財の関係を準用しておりまして、手続等につきまして、この規定で規定をしているという内容でございます。
 続きまして、9ページ、第5章、松川村指定史跡名勝天然記念物の章でございます。
 その内容につきましては、10ページの方に規定をしてございますが、第36条、準用規定ということで、ここの章におきましても、準用規定をしているという内容でございます。
 それから、第6章、松川村選定保存技術、次のページの第39条まで続いております。この章におきましても、第39条で準用規定ということで、こちらの方で準用しているということでお願いを申し上げます。
 それから、11ページの第7章、松川村文化財審議会についてでございます。
 条例におきましては、教育委員会の諮問に応じまして、文化財の保存及び活用に関する重要事項を調査、審議するということで、文化財審議会の方を設置を定めております。特に、文化財の登録や指定につきまして、専門家というような意見が不可欠ということで、旧条例では、第40条の2項に定数は6人以内というふうに規定してございますけれども、旧条例におきましては5人という規定でございます。先ほど申し上げました内容から、専門家の御意見をいただきたいということで、1名を増という内容でなっておりますのでお願いをいたします。
 なお、審議会は、文化財についての学識経験者で構成をされているということで、旧条例の内容と変更はございませんのでお願いを申し上げます。
 続きまして、12ページ、第8章、補則につきましては、教育委員会規則で必要な事項は定めるという内容でございます。
 それから、第9章、罰則でございます。指定有形文化財や記念物につきましては、その保護の実効性を高めるため、罰則の規定が設けられているということで、旧条例の内容につきましては変更がございません。
 それから、12ページ、附則の方でお願いいたします。
 施行期日が、平成24年4月1日ということでお願いをいたします。
 経過措置、第2項につきましては、今まで交付されている指定書につきましては、新条例につきましても、引き続き、旧条例と引き継いで、新たに指定書は出さないということですが、この規定の条例によって交付された指定書とみなすという内容でございます。
 第3項につきましては、文化財審議会の委員、現5名の方に委嘱をしてという内容でございますけれども、この委員さんにつきましても、旧条例の委員さんの規定を引き継ぐということで、任期につきましても、旧条例の内容でいくということでございます。
 第4項につきましては、罰則の適用ですけれども、これも従前の例ということで変更がないということでうたっております。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この議案第1号ですが、今回、第二倉庫、収蔵庫がですね、国指定の有形登録の文化財というふうになりました。これとの関連で、今回見直しをしようというふうに、動機としてそうなったのかどうか、その点をちょっとお聞きしたいんですけれども。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 制定内容につきましては、最初の方で申し上げました内容でございます。
 今回、国の登録有形文化財の指定につきましては、国の文化財保護法によりまして指定ということで、松川村の指定という、この、本、松川村文化財保護条例とは違うという内容でございますので、先ほど申し上げましたように、3点につきましての改正理由を申し上げましたとおりでございますので、お願いを申し上げます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 3ページの第12条、この中で、管理又は修理の補助ということで、今まで、いろいろたくさんこのことについて、案分率とか補助の内容についても少しどういう計算をするようなことを書いてあったのが旧条例だと思いますが、とてもわかりやすくはなりました。
 それで、やはり村も文化の香り高い村としていくために、この補助というものをどんな形で、村長の定める範囲が出てくるのか、その経費の一部というようなものについても、どういうような条項で、どんなところに定められるのか。それは一応保存をしているのが地域であったりするわけで、この中では、政教分離というような、いろんなものもあるかとは思いますが、やっぱり文化財として、こういうふうにして前向きに、この条例を施行していくことは、本当にいいことだと思いますが、その辺のところで何か、ほかに施行規則のようなものをつくりながら、これを運用されるのか、その辺のところをお聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 村の規定の中には、補助金交付要項がございますけれども、この文化財の関係の補助につきまして、新たに補助金の交付要項を策定したいということで、現在、策定中でございます。その中で、当然予算の範囲という部分が出てきますので、補助率、それから限度額等につきまして、今、庁内で調整をしているという段階でございますので、また策定後は、当然4月1日から施行になろうかと思いますので、その時点で事務局の方に届けさせていただきたいと思いますので、お願いを申し上げます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第1号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第2号 付属機関設置条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、議案第2号 付属機関の設置条例の一部を改正するということで、この改正につきましては、食育推進協議会が昨年設置をされたことによります、別表に食育推進協議会を追加するものでございます。
 附則としまして、この条例は、公布の日から施行する。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第2号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第3号 松川村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、議案第3号 松川村職員の育児休業等に関する条例の一部を次のように改正するということで、今回の改正につきましては、国家公務員の育児休業等に関する法律等が一部改正されたことに伴う改正でございます。
 主な内容としましては非常勤職員、松川村に関しましては準職員、嘱託職員という言い方をしておりますけれども、この方たちの子が1歳に達する日までの間、無給ではありますけれども、育児休業を取得することができるように改正するものでございます。また、一定の非常勤職員につきましては、3歳に達するまでの子を養育するために、1日につき2時間を超えない範囲で無給ではございますけれども、育児時間を取得できるように改正するものでございます。
 それでは、条文の改正文の御説明を申し上げます。
 第2条の次に1号を加えるということで、3号として、育児休業を取得するということができない職員を明文化したものでございます。育児休業法改正前においては、法律で育児休業することができない職員として規定をされておりました非常勤職員に含まれておりましたものを、今回の改正で非常勤職員に育児休業を認めることとしたことを受けまして、任用の状況に照らし合わせまして、育児休業をすることができない職員として条例に定めるものでございます。
 次に、第2条の2を加えるところによります2条の3は条ずれ、また新たな第2条の2としまして、任命権者が育児休業の承認をする日を定める条文を明文化したものでございます。非常勤職員が、育児休業とすることができる期間の末日につきまして、当該、その事由に応じて第1号で、子の第1歳到達日、第2号で子が1歳2カ月に達する日、これは、次のページの中段になりますけれども、また第3号では、子が1歳6カ月に達する日を規定をしてございます。
 また、下段の第3条の第1項、第5号の後に、再度の育児休業がすることをできる特別な事由としまして、第6号といたしまして、第2条の2第3号の該当する場合に該当すること。それから、第7号としまして、任期の末日までに育児休業をしている非常勤職員が任用の更新または採用に伴いまして、引き続き育児休業をしようとするものを追加する条文でございます。
 次ページの第7条、第1項につきましては、正規の勤務時間を条例名として明文化したものでございます。それを8条とするものでございます。
 それから、新設の第7条につきましては、部分休業することができない職員を、第1号では規定の整理、第2号では部分休業をすることができない職員としまして、一定の要件を満たす非常勤職員以外の非常勤職員、再任用短時間職員等を除いたものでございますけれども、これを追加するものでございます。
 それから、第2号に追加された職員につきましては、今般の育児休業法改正前におきましては、法律で部分休業することができない職員として規定されていた非常勤職員に含まれていたものでございますけれども、今回の改正で非常勤職員に部分休業を認めることとしたことを受けまして、任用の状況に照らして、部分休業をすることができない職員として条例に定めるものでございます。
 前後しますけれども、8条から10条については条ずれでございます。
 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するということでございます。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第3号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を、次のように改正するということで、今回の改正につきましては、第1条の別表で消防団員の報酬の削除と鳥獣被害対策実施隊員と食育推進協議会の委員の報酬日額を追加することと、消防団員の出動手当を次のページになりますけれども、第2条におきまして、次の次ですか、におきまして、日当として定めるための改正のものでございます。
 2ページ目の鳥獣被害対策実施隊員の日額報酬は1,700円、ただし、わな等の見回りは300円ということでございます。
 それから、食育推進協議会の委員は、日額4,000円ということでございます。
 それから、消防団員の日当につきましては、1,700円は変わりございません。
 附則としまして、この条例は、公布の日から施行する。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 鳥獣被害対策実施隊員に対しまして、日額1,700円という、新たのが出てきましたけれども、これは日額1,700円というのは、大きな仕事をしていただくんですけれども、ほかに何かあって、この1,700円というのは決定されたのか、その辺お聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) この日額1,700円の設定の経過でございますけれども、この実施隊につきましては、大北管内のすべての市町村で設置することになりました。それで近隣市町村との均衡を図る中で、この日額の1,700円は設定してございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第4号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第5号 松川村税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、議案第5号 松川村税条例等の一部を次のとおり改正するということで、今回の改正につきましては、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための、地方税法及び地方法人特別税法等に関する暫定措置法の一部を改正する法律、地方税施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令及び東日本大震災からの復興に関し、地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律、並びに地方税法の一部を改正する法律が公布されたことに伴います改正でございます。
 今回の条例改正項目の主な内容を申し上げますと、住民税関係、まず東日本大震災からの復興を図ることを目的としまして実施する防災のための施策に要する費用の財源を確保するために、臨時の措置としまして、個人住民税の均等割の標準税率につきまして、特例としまして、平成26年度から35年度までの各年度分の個人の村民税の標準税率、現行3,000円でございますけれども、これに500円を加算することになります。
 なお、県民税につきましても500円の加算となります。標準税率1,000円、長野県については、森林づくり県民税が500円上乗せされておりまして、現行1,500円となっております。
 それから、東日本大震災に係ります雑損控除等の特例期限の延長でございます。
 それから、個人住民税におけます退職所得の10%税額控除の廃止、これが25年1月1日以降分でございます。
 それから、たばこ税関係でございますけれども、法人実効税率の引き下げと課税ベースの拡大に伴います都道府県と市町村の増減収を調整するために、県のたばこ税の一部を村のたばこ税に移譲するものでございます。これにつきましては、平成25年の4月1日から適用になります。
 それから、主文の説明に入らさせていただきますが、まず最初に、第95条中、4,618円を5,262円に改める文につきましては、法人実効税率の引き下げによります村税減と、課税ベース拡大に伴います県増税を調整するために、県のたばこ税1,000本につきまして、1,504円から860円に644円減額をいたしまして、村のたばこ税644円を増額するものでございます。これが、平成25年4月1日からの適用となります。
 それから、附則第9条を次のように改めるということで、分離課税分の退職所得に関します個人住民税の10%税額控除を廃止するものでございます。これにつきましては、平成25年1月1日以後に支払われる退職等からの適用になります。
 その次に、附則の第16条の2第1項の2,190円を2,495円に改める部分につきましては、第95条の改正と同じく、旧三級品のたばこ税の移譲に伴います増額1,000本につきまして305円の増額になります。県たばこ税716円から411円に減額となります。これにつきましては、平成25年4月1日の適用となります。
 それから、附則第22条第1項中の、この条におきましては、東日本大震災にかかわります雑損所得控除の特例の期限を延長するものでございます。
 それから、附則23条の次に次の1条を加えるということで、第24条としまして、東日本大震災からの復興財源を確保するために、個人住民税の均等割の標準額につきまして、特例としまして、26年から平成35年、先ほど申し上げましたが、現行3,000円につきまして500円を加算する内容でございます。
 それから、附則としまして、第1条では施行期日。
 第2条につきましては、村民税に関する経過措置。
 第3条につきましては、村たばこ税に関する経過措置を記載をしてございます。
 次ページになりますが、平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この内容の中にですね、いわゆる住民税というか、ところがありまして、それがこう加算になって引き上げられるということですが、この議会はですね、いわゆる昨年秋だったと思いますが、大震災の復興税として充当すると、そういう内容のものでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) そのとおりでございます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 再度、ちょっと確認なんですけれども、個人の村民税の税率の特例等で平成26年度から平成35年度ということは、26年4月1日から36年3月31日までの間というふうに考えて、それは住民税の500円上乗せということですか。その、ちょっと県の方は何年から何年だか、そこら辺のところもう一度ちょっと御説明いただければと思うんですが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) 附則に記載してありますとおりでございますので、年度で示してございますので、26年の4月1日から36年の3月31日までということでございますのでお願いします。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第5号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(新村久仁男君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第6号 行政財産使用料条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) 議案第6号 行政財産使用料条例の一部を、次のとおり改正するということで、今回の改正につきましては、別表中の電気通信事業法の改正によります、条ずれによります法の、条の変更でございます。ということで、電気通信法に基づく対価の額の変更ではございませんので、お願いをしたいと思います。
 別表中の第77条の第4項という条文が、第132条の第4項に変更になったということで、対価には関係ございませんので、お願いをしたいと思います。
 附則としまして、この条例は、公布の日から施行する。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、お願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第6号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第7号 松川村国民健康保険高額医療費資金貸付基金の設置,管理及び処分に関する条例を廃止する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは、議案第7号について御説明申し上げたいと思います。
 従来の入院療養費に加えまして、高額な薬剤費等にかかわる患者負担を軽減するために、外来療養費につきましても、この4月から限度額適用制度が導入されることとなりました。そのため、この条例の貸付制度が不要となりまして廃止するものでございます。
 松川村国民健康保険高額医療費資金貸付基金の設置,管理及び処分に関する条例は廃止する。
 附則としまして、この条例は、平成24年3月31日から施行する。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) これは廃止されるということですが、基金はどのくらいあったのか、そして、その基金は廃止した後どのようになるのか、それについて説明をお願いしたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 22年度末(同日、24年2月末の訂正あり)現在におきまして、1,135万5,000円ほどございました。それにつきましては、もう一方の国保診療報酬支払基金の方へ積み立てる予定でございます。
○議長(新村久仁男君) 今、住民課長、22年と言いましたが、23年ですので訂正します。
 ほかに。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第7号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第8号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、お願いします。議案第8号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正でございます。
 今回の改正は、社会教育法の改正により、公民館運営審議会の委員の委嘱の基準に、家庭教育の向上に資する活動を行うものを追加するものであります。
 第5条、審議会の委員は、家庭教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験者のある者の中から、松川村教育委員会が委嘱する。
 なお、教育法の改正が平成24年4月1日から施行されるということでありますので、附則としまして、この条例は、平成24年4月1日から施行する。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上であります。よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 分野が広くなったという解釈で、それともう一つ、委嘱する人数がふえたというふうに解釈するのでしょうか。その取り扱いについて教えてください。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) 分野がふえたということで、家庭教育の向上に資する活動を行う者を追加するものであります。委員の人数につきましては、変わりありませんのでお願いします。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 今、この審議会の委員15人以内となっておりますが、現状は何人で、その分野を背負った人を再委嘱するということにするんでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) 今回、4月1日ということで施行しますけれど、今までの議員につきましてはそのまま、改選の時点からという形になろうかと思いますのでお願いします。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第8号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 審議の途中でありますが、ここで11時25分まで休憩いたします。
                               午前11時09分 休憩
                               午前11時25分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 住民課長より答弁を求められていますので、これを許します。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 先ほど申し上げました議案第7号の基金残高でございますけれども、国保高額療養費貸付基金につきましては、24年の2月末残高ということで、よろしくお願いいたします。すみませんでした。
○議長(新村久仁男君) 続いて、議案第9号 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 松川村営住宅設置及び管理に関する条例の一部を、次のように改正する。今回の改正は、公営住宅法及び公営住宅法施行令が改正されたことに伴う改正です。
 これにつきましては、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地域主権一括法による改正であります。
 公営住宅法では、同居親族要件が廃止されますが、本条例では、このまま継続し、入居資格は今までと変わりありません。また、高齢者、障害者、生活保護受給者など、配慮が必要な方の単身入居の資格要件につきましては、今回条例で明記しますので、改正前と、これにつきましても、何ら変わりはございません。
 改正の本文ですが、第7条中の改正ですが、これにつきましては、法改正に伴う改めです。
 その次の、第7条に次の3項を加える改正ですが、これにつきましては、公営住宅法の同居要件が廃止されたことにより、条例に必要な規定をいたします。当村の条例にございます第1項の同居要件につきましてはそのままとし、削除した老人等の単身入居の資格要件を、第2項で明記いたします。
 第2項の単身入居の資格要件は、1つが60歳以上、2として障害者基本法、3戦傷病者特別援護法、4原爆被爆者援護法、5生活保護法、6としまして海外からの引き揚げ者、7ハンセン病療養所入所者、8配偶者暴力被害者等に該当するものでございます。
 第3項は、被災市街地復興特別措置法に該当する被災者についての規定です。
 第4項は、該当者の判断に伴って、調査について行うという規定でございます。
 その次の第8条の改正ですが、これは、第7条の改正に伴う項ずれです。
 第16条の改正、法改正に伴う字句の改めです。
 第30条の改正は、第7条の項の追加に伴う改正です。
 附則としまして、施行期日は、第1項として、この条例は、平成24年4月1日から施行する。
 経過措置ですが、第2項、この条例の施行の際、現に村営住宅に入居している者については、この条例による改正後の条例の規定に基づいて入居を認められた者とみなす。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第9号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第10号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(須沢和彦君) 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を、次のように改正するということで御説明申し上げます。
 今回の一部改正は、障害者制度改革に関する法律の一部施行に伴い、非常勤消防団員等にかかわる損害賠償の基準を定める政令の一部改正がされることにより、本条例の改正を行うものであります。
 第9条の2第1項第2号中、第13条第13項を、第5条第12項に改める。
 介護補償に関する関係法令に項ずれが生じるためのものでございます。
 附則といたしまして、この条例は、平成24年4月1日施行する。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第10号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第11号 北アルプス広域連合規約の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、議案第11号 北アルプス広域連合規約の変更についての御説明を申し上げます。
 北アルプス広域連合規約の変更につきましては、大北地域ふるさと市町村圏計画が平成24年3月31日で計画期間満了となるため、広域連合と関係市町村との協議によりまして、引き続き、圏域の一体的な発展を目指す大北地域のあるべき姿を、第3次広域計画、平成22年から26年でございますが、基本構想と位置づけるとともに、地域振興事業を推進するため、広域連合規約の変更するものでありまして、地方自治法第291条の3第1項の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 この内容につきまして概略、御説明申し上げますが、次ページの別紙をお願いします。
 北アルプス広域連合規約の第4条に規定する広域連合が処理する事務では、「ふるさと市町村圏計画の策定及び同計画に基づきます事業の実施に必要な連絡調整」を「広域行政の推進」とし、「ふるさと市町村圏計画におきまして広域連合が行うこととされていた事業」を、「ふるさと市町村圏事業」と改めるものでございます。
 同様に、同規約第5条に規定をしております広域計画の項目では、「ふるさと市町村圏計画の基本方針」を「広域行政の推進」とし、「ふるさと市町村圏計画に基づく事業の実施に関連して、広域連合及び関係市町村が行う事務」を、「ふるさと市町村圏事業の実施」と改めるものでございます。
 それから、同規約第18条の第2項にも規定しますふるさと市町村圏基金の設置では、「ふるさと市町村圏計画に基づく事業」を「ふるさと市町村圏事業」と改めるものです。
 これに伴いまして、同規約の別表に記載されております市町村の負担割合につきまして、第4条と同様に、字句を改めるもので市町村の負担割合の変更はございません。
 附則としまして、この規則は、平成24年4月1日から施行するということで、前のページに戻っていただきまして、平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第11号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第12号 中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは、議案第12号 中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部変更について、御説明を申し上げます。
 この事務組合の現在の事務所は、県松本合同庁舎内の東筑摩郡町村会内に置いておりますが、今後、東筑摩郡の町村会は段階的に閉鎖されることとなっておりますので、組合事務所を平成24年4月1日から、松本合同庁舎内から池田町役場内に移転するための規約の変更でございます。
 それでは、先に裏面の別紙からお願いいたしたいと思います。
 中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部を改正する規約。
 中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部を次の通り改正する。
 第4条中、「松本市」を「北安曇郡池田町」に改める。
 附則としまして、この規約は、平成24年4月1日から施行する。
 本文に戻りまして、自治法第286条第1項の規定により、中信地域町村交通災害共済事務組合規約の一部を別紙のように変更するため、同法第290条の規定により議会の議決を求める。
 平成24年3月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第12号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第13号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、今回の補正の主な内容につきましては、繰越明許費の計上、また歳入では地方交付税、それから国庫補助、市町村振興資金を見込みました。歳出では、企画費で、公共施設等の整備基金への積み立て、小中学校費でトイレ改修工事費の計上が主な内容でございます。
 なお、人件費につきましては、計数整理等でございますので、担当課長からの説明は省略させていただきます。
 それでは、初めに4ページをお願いします。第2表繰越明許費の記載でございますけれども、8款消防費につきましては、消防団員安全対策設備整備事業としまして、災害時に備えての投光器や発電機2セットを購入するものでございますけれども、114万9,000円。
 9款教育費、小中学校費でございますけれども、それぞれの施設の環境改良事業としまして1,031万5,000円及び1,136万8,000円でございますが、いずれも和式トイレを洋式トイレに改修する工事費の計上です。
 3事業とも年度内に購入、完成ができないため、明許をお願いするものでございます。
 7ページをお願いします。それでは総務課関係、6款地方消費税交付金、減額の31万円でございますが、額の確定に伴います減額でございます。
 次に、9款地方交付税5,034万7,000円ですが、確定見込みによります増額分です。
 13款国庫支出金4目の消防費国庫補助金でございますが、1節の災害対策費としまして、減額で62万5,000円、これにつきましては住宅の建築物の耐震改修等の補助の額の確定見込みによります減額。それから、2節の消防費補助金38万2,000円ですけれども、先ほど申し上げましたが、消防団員の安全対策設備整備補助金、3分の1を見込んでございます。
 次ページをお願いします。中段の県支出金5目の消防費県補助金、減額の110万円でございますが、住宅の耐震改修補助の額の確定見込みによります減額。
 下段の15款財産収入1節の土地建物貸付収入、減額の8万8,000円でございますが、旧松川駐在所につきましては、県に貸し付けをしておりましたけれども、取り壊しが完了しまして、県より返還されたため、1月、2月、3月分の貸付料の減額でございます。
 次ページ、2項1節土地、建物売払収入です。513万1,000円でございますが、旧駐在所を隣地の地権者に売却したものによります増額計上でございます。
 それから、17款繰入金1節人づくり基金繰入金ですが、人材育成推進に関しています交付者対象見込み者増によります増額分です。
 続きまして、その下の雑入でございますが、567万5,000円のうち、市町村振興資金551万9,000円、これは松香荘へ充当をさせていただきますが、宝くじ関係の資金の計上でございます。
 歳入は以上でございますが、続いて、歳出10ページをお願いします。
 2款の総務費1目の一般管理費ですけれども、4節の共済費、減額の207万6,000円ですが、非常勤職員、いわゆる長期職員、臨時職員が社会保険に加入しなかったための減額。それから、14節の使用料7万8,000円ですが、県外等公用車出張増に伴います増額分です。7万8,000円でございます。19節の負補交5万2,000円ですけれども、勤労者の住宅貸付利子の額の確定見込みによります増額でございます。
 7目の企画費25節の積立金ですが、5,100万円、公共施設等整備基金の方へ積み立てるものでございます。
 それから、12目の人づくり推進費19節の30万円ですが、人づくり事業派遣研修補助に15名分の計上でございます。
 それから、13目の総合行政情報費、委託料で減額の341万1,000円でございますが、OAサポート料として記載をしてございますが、住基法の改正に係りますシステムの改修に詳細が決定されたことによります減額でございます。
 それから、14ページをお願いします。中段から下段にかけてですが、8款の消防費3目の消防設備費、需用費で5万5,000円でございますが、平成24年、新年度の消防団員、女性消防団員3名の入団を予定をしております。活動服につきまして数が少ないため、事前に準備をさせていただきたいということで計上でございます。それから、18節の備品購入費110万2,000円でございますが、国の安全対策事業に伴いますバルーン投光器及び三脚、それから発電機2セット分の購入費でございます。
 それから、4目の災害対策費、委託料で減額の42万6,000円でございますが、住宅耐震診断、額の確定に伴います減額、実績としまして3万6,000円の9戸分でございます。19節の負補交、減額で240万円でございますが、住宅耐震改修事業の額の確定分でございます。実績としまして、1戸に対しましての補助でございます。
 総務課関係は、以上です。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 住民課関係、よろしくお願いいたします。今回の補正につきまして、後期高齢者医療の特別会計の繰出金が主な補正でございます。
 8ページ、お願いいたします。上段でございます。款14項1目1節1社会福祉費負担金の59万円でございますが、後期高齢者医療保険基盤安定費の負担金でございます。
 続きまして、支出の方をお願いいたします。
 11ページ上段をお願いいたします。款3項1目6節28の繰出金の78万7,000円でございますが、後期高齢者医療特別会計への繰出金ということになっております。
 以上でございます。お願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 福祉課関係、お願いいたします。
 8ページ上段、お願いいたします。款14項1目1節3の生活保護費負担金ですが、生活保護費負担者2名増による16万円の増額です。
 下段、お願いいたします。款14項2目2節1の保健衛生費補助金ですが、子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金ですが、接種者減に伴う234万6,000円の減です。
 9ページ下段をお願いいたします。雑入のうち節1雑入、説明欄上段にあります老人デイサービス事業15万6,000円の増は、ゆうあい館需用費のうち燃料代、水道光熱費の2分の1を村社会福祉協議会から受けるものです。
 下段の節3地域包括支援センター収入22万8,000円の増額は、ケアプラン作成者増によるものでございます。
 続きまして、歳出をお願いいたします。
 10ページ下段をお願いいたします。款3項1目1節20扶助費の2万円の増額ですが、重度心身障害児年金の対象者が1名ふえたためのものでございます。
 下段、目2節11需用費6万円の増額は、ガソリン代の増によるものです。下段、節13委託料62万2,000円の増額は、ケアプラン作成者増によるものです。
 11ページお願いいたします。款3項1目4節11需用費88万7,000円の増額ですが、ゆうあい館、松香荘の燃料代、光熱水費が増によるものです。下段、節18備品購入費22万9,000円の減額は、松香荘に設置しましたAEDの入札差金によるものです。
 中段、款3項2目1節13委託料19万2,000円の減額ですが、保育園のボイラー点検業務及び警備業務の入札差金です。
 下段、目2節7賃金247万円の減額は、加配が必要な園児に休みが多かったための加配保育士の減と、アレルギー食園児の食改善による調理師の減によるものです。下段、節11需用費161万円の減額ですが、南保育園が新築されました中で、燃料費、光熱水費を北保育園と同程度見込んでいましたが、およそ8割程度で見通しが立ったための減額です。
 12ページをお願いいたします。上段、款3項3目1節11需用費10万4,000円の増額ですが、社会就労センター事業量増に伴う燃料費、光熱水費の増額です。下段、節15工事請負費50万1,000円の減額ですが、照明器具改修工事の入札差金です。節18備品購入費72万3,000円の増額ですが、事務室、男女休養室で使っていましたストーブが、年数を経過し故障がちのため、FFストーブを事務室2台、男女休養室に各1台、食堂に1台設置したいものです。
 下段、款4項1目2節13委託料467万4,000円の減額ですが、子宮頸がん等予防接種の委託料として、接種率を80%で見込んでおりましたが、子宮頸がんにつきましては約75%の接種がありましたが、ヒブ、肺炎球菌につきましては約50%の接種にとどまったために、減額をするものであります。節18備品購入費7万2,000円の増額は、乳児用体重計を1台ふやしたいものです。節19負担金、補助金及び交付金54万1,000円の減額ですが、これも先ほどの子宮頸がん等の予防接種の償還部分がなかったための減額です。節23償還金でございますが、2万4,000円の増額は、平成22年の女性特有のがん検診事業の国庫返還分でございます。
 目3節11需用費20万3,000円の増額は、保健センターの電気料が、エアコンを設置していただいたための部分と、事業がふえたため伸びたものでございます。
 福祉課関係は、以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課、歳入関係、8ページ中段をお願いいたします。
 款14県支出金目3農林水産業費県補助金節2農業費補助金75万7,000円の増額ですが、水田農業経営確立推進指導事業の事務費分でございます。この補助金につきましては、村で補助金受けをしまして、歳出で御説明いたしますが、村農業再生協議会へ補助金として支出することになります。節3林業費補助金112万3,000円の減額ですが、森林造成事業及び野生鳥獣総合管理対策事業補助金、それぞれ額の確定見込みによるものでございます。
 続きまして、歳出関係、13ページ中段をお願いいたします。款5農林水産業費目3農業振興費節19負担金、補助金及び交付金9万9,000円の増額ですが、農業体験型の農家民宿推進のために、開業者への支援として農家民宿開業助成事業補助金として、旅館業経営許可手数料2万3,000円の2分の1以内で、1万1,000円を9名分計上するものでございます。
 目4地域営農支援事業費ですが、節19負担金、補助金及び交付金で485万2,000円の増額ですが、補助金では機械等購入助成ですが、本年度は認定農業者からの機械購入要望が多く、不足分193万5,000円を計上するものでございます。続いて、農業再生協議会への補助金ですが、歳入で御説明しましたが、県補助金の水田農業経営確立推進指導事業の事務費分75万7,000円を、村農業再生協議会へ補助するものでございます。交付金では、農地流動化交付金216万円の増額ですが、額の確定見込みに伴う不足分の計上でございます。
 続いて、項2林業費目1林業振興費節19負担金、補助金及び交付金で3,000円の増額ですが、県治山林道協会負担金で、事業費割の増に伴うものでございます。
 続いて、14ページをお願いいたします。款6商工費目1商工総務費節19負担金、補助及び交付金5万8,000円の減額は、額の確定見込みに伴うものでございます。節22補償、補填及び賠償金129万3,000円の減額ですが、こちらにつきましても、額の確定見込みによるものでございます。
 目3交流施設総務費節15工事請負費30万6,000円の減額ですが、これは、ちひろ公園スプリンクラー改修工事等の入札差金でございます。節22補償、補填及び賠償金20万円の増額ですが、すずむし荘入浴券で指定管理移行前に販売したものを、指定管理移行後に購入者が使用した分を、指定管理者へ支払う額の不足見込み分を計上するものでございます。
 経済課関係は、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会の関係お願いいたします。
 歳入の7ページ、お願いいたします。一番下、下段になりますけれども、教育費国庫補助金で節の2学校施設環境改善交付金454万円の増額でございます。国の第3次補正の追加分としまして、小・中学校のトイレの改修に係ります補助金でございます。
 歳出、15ページをお願いいたします。教育総務費の関係、目の1教育委員会費、旅費10万5,000円の減額でございますが、委員研修旅費の減額でございます。
 続きまして、目の2事務局費の関係ですが、節の13委託料31万6,000円の減額ですが、それぞれ職員検診7万2,000円の減額、貧血検査5万6,000円の減額、心臓検診9万7,000円の減額、学校建築物検査9万1,000円の減額、それぞれ精算に伴うものでございます。
 続きまして、項の2小学校費目の1学校管理費908万4,000円の増額でございます。節の11需用費30万4,000円の増額ですが、修繕料といたしまして、自動火災報知器の更新として40カ所を見込んでおります。13の委託料31万5,000円、これは小学校のトイレの洋式化27カ所分の設計費ということで計上してございます。その下、15工事請負費930万円でございます。入札差金がございまして、工事費1,000万円でございますが、930万円の計上でございまして、小学校のトイレの洋式化に伴う工事費でございます。その下、18備品購入費、FFストーブ等の入札差金でございます。
 目の2教育振興費節の20扶助費の関係でございます。56万5,000円の減額、児童就学援助費46万5,000円の減額、児童特別支援教育就学奨励費10万円の減額ですが、それぞれ人数の減額に伴うものでございます。
 続きまして、次のページ、中学校費の関係、目の1学校管理費1,111万円の増額でございます。節の13委託料、それから、これが36万8,000円、15の工事請負費1,070万6,000円、それぞれ中学校のトイレの洋式化に伴う工事費、また設計費でございます。なお、工事費につきましては、グラウンド造成工事の入札差金を当てまして、この金額となっております。それから18備品購入費3万6,000円の増でございますが、入札差金を充てまして、パソコンの購入を行うものでございます。
 続きまして、目の2教育振興費218万2,000円の増額でございます。節の11需用費6万8,000円、消耗品費でございますけれども、教師用の教科書の不足分でございます。18備品購入費201万5,000円、これは指導用の教材、主がDVDの関係になりますけれども、その購入費でございます。それから20の扶助費9万9,000円の増額、生徒就学援助費3万4,000円、生徒特別支援教育就学奨励費6万5,000円、人員増のための増の計上でございます。
 飛びまして17ページ、次のページの目の6になりますが、収蔵施設管理費73万5,000円の増額でございます。13の委託料でございますが、松川村収蔵庫の耐震工事の設計費を計上してございます。
 続きまして、目の7社会教育振興費12万円の減でございます。節の1報酬8万6,000円の減額ですが、子どもプランの運営委員の報酬の関係でございます。節の15工事請負費3万4,000円の減額でございます。これは、ふれあい館の下水道工事の入札差金でございます。
 教育委員会関係は、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、公民館関係をお願いします。
 歳出の16ページ下段をお願いします。項4社会教育費の目2の公民館費ですが、報償費4万5,000円の減、次ページ、17ページの需用費の印刷製本費4万9,000円の減ですが、事業終了により減額でございます。光熱水費につきましては、すずの音ホールの上下水道料の使用料の増に伴う増額でございます。8万9,000円の増です。その下、修繕料6万3,000円の増ですが、中央公園の外灯制御盤を修繕するものであります。次、節13委託料38万円の減ですが、中央公園の管理業務の契約差金でございます。18の備品購入費5万9,000円の減ですが、公用車の購入差金でございます。
 次に、同じページの目3図書館費ですが、8万円の増です。需用費8万円の増ですが、図書落下防止用のシートを購入するものであります。
 次に、同じページの下段、項5保健体育費目2の体育施設費ですが、需用費21万9,000円の増は、スポーティプラザ、小学校校庭の照明の電気料使用増によるものでありますのでお願いします。15の工事請負費40万円の減額は、小学校の体育館のバレーボールの支柱の設置工事並びに中学校の駐車場の区画線引き工事の工事差金であります。
 最後になりますが、次ページ、18ページの目3体力増強事業24万円の減額ですが、節8報償費13万円の減額は、事業終了による減額でございます。9の旅費9万9,000円の減額ですが、登山教室の中止によるものでありますのでお願いします。19の負担金、補助金及び交付金ですが、1万1,000円の減額は、大会等負担金の額が確定による減額でございます。
 公民館関係は、以上であります。
○議長(新村久仁男君) 審議の途中でありますけれども、ここで1時5分まで休憩いたします。
                               午後 0時03分 休憩
                               午後 1時05分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 議案第13号 平成23年度松川村一般会計補正予算の説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 12ページお願いします。12ページ、すみません。
 款4、2目の予防費なんですが、13節の委託料、こちら個別予防接種の費用になっていますけれども、子宮頸がんの接種率は、ほぼ予想通りということのようですが、ヒブと肺炎球菌のワクチンが50%ぐらいということで、これをどのように受けとめていらっしゃるかということと、今後、どういうふうにされるかということをお聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) ヒブと肺炎球菌につきましては、この予防接種3つとも、子宮頸がん等という形の中で、3種のやつが昨年の2月1日から同時に接種を開始したわけなんですが、その中で、今おっしゃられましたように、当初予算では80%の接種率を見込んでいたわけですが、子宮頸がんは75%ほど、そしてヒブ、肺炎は35%ほどという形で大分少なくなりました。
 御存じのように、これは任意の予防接種だもんですから、私たちの村としましては、その2月1日の予防接種の始まる前に、保護者の皆さんに集まっていただいて、説明会を開かさせていただきました。その中で任意という部分、そして、この予防接種がどういうものに対して効くのであるかと、どういう場合に必要であるのかというようなことを説明させていただいて、その後ですね、2月1日から始まったわけなんですが、御存じのように、2月の終わりからですね、3月の初旬にかけまして、ヒブ、肺炎球菌では、死亡事例が全国で6、7例ありました。それによって、ヒブ、肺炎球菌のワクチンは、一月ほど接種ができない状態になりました。
 その中で、国はその因果関係というのはないということで再開をされたわけなんですが、そのような情報を、また保護者の皆さんが聞く中で、接種が落ち込んだのではないかというふうに考えております。
 村としましては、この後の方にもありますが、24年度の一般会計の中に、やはり接種率は若干落としてございますが、新しい、国もこの事業を継続という形になっていますので、村も引き続き継続という形でやっていきたいというふうに思っております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかにありますか。佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) お願いします。1つはですね、これは11ページの民生費になります。
 備品購入費の18のところで松香荘のAEDを用意していただいたようでありますが、そうすると、これで松川村の福祉的な公共的な施設は、全部AEDがついたのかどうかということが1つ。
 それから15ページと、今度は教育関係ですが、15ページとそれから16ページのところで、児童の就学援助費が上げられておりますが、特別支援就学費と合わせて、全体に何人くらい小中学校にいらっしゃるかを知りたいなと思います。お願いします。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 最初の質問でございますが、福祉的施設ということで松香荘、ゆうあい館、保育園、保健センター、もちろんですが、全部完了してございます。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) すみません。現時点で、まだ転校等ある可能性がありますので、変わる可能性ありますけれども、小学校が71名、それから中学校が58名です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 13ページの農林水産業費5の1の4の19の負補交のところですけれども、交付金のところで、農地流動化交付金、これが216万円ふえているわけなんですけれども、これは借りた人がということだと思いますが、ここに匹敵する面積と、それから件数、全体的な面積と件数がわかったら教えてください。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 今回、流動化の面積でございますが、19.95ヘクタールでございます。それから貸付人の場合が45人、それから、借受人が22名という形になっております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 農地の集約というか、運営していくために、これとても必要なことだというふうに思うわけなんですけれども、全体的には、村の中では、どんなふうになっているんでしょうか。相当たくさん、こういうあれですか、貸し借り状況は、面積ではどのくらいになっているか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 面積までは、ちょっと把握してございませんが、全体のわりあいでお願いしたいと思いますが、全体の面積の3割強が、この流動化の関係になっておる状態ということでお願いしたいと思います。
◆11番(白澤富貴子君) ありがとうございました。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑ありませんか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 17ページ、お願いいたします。この6の収蔵施設管理費ですけれども、これ設計ということを先ほど伺いましたけれども、これは耐震をするための設計ということだと思うんですけれども、その辺は今までお示ししていただいたとおりなのか、この震災いろいろ来る中で、どの程度までの、何ていう、地震に対応することで、こういう設計をなさるのかお伺いをします。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 耐震強度につきましては、今のところ1.0ということで対応したいと思いますが、あと細部につきましては、工法等ありますので、設計士とはもう一度協議をしますけれども、現状、通常の耐震の一般家庭等の部分ありますので、1.0で想定をしております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) じゃあ、これは耐震をしますと。あと今後の利用について、どうするかこうするかということは、全く考えない工事の設計ということでよろしいですか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 倒壊をしないという基準で、1.0という部分が出てきますので、そういう部分で、耐震工事のみの設計というふうになります。それから使う場合とか、いろいろ今度は建築確認とかいろいろ出てきますので、そういう部分については考慮はしておりません。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) でも、これからのことは全く考えずに、この耐震のみをするということになると、今後の利活用は本当にまだ白紙というのか、その利用するということも全く検討に入れていないということなんでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今回は、去年の3月の時点でも皆様にお話をしましたように、できるだけ早くに、地震が来ても壊れないだけの対応はしたいということの中であります。これをして、利活用につきましては、今までワークショップ等で成功してまいりました、すずの音ホール等がございますので、そういうものを踏まえながら検討してまいりたいというように考えております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員、よろしいですか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ということは基礎部分の、以前、説明はいただいたんですが、基礎部分の構造が主になるという理解でいいですか。これから利用していくには、内部の構造とか、そういうのも当然変えていかなきゃいけない部分があると思うんですけれども、これについては、基礎部分の構造を主に設計するということでよろしいですか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 当初の基本設計の考え方では、基礎を補強するということ、それから耐震の合板を、現状の今こういう板があり、中側につけるということで、そういう部分について想定をしております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 15ページ、16ページ、小学校、中学校費の教育費の問題ですが、トイレの改修なんですけれど、和から洋になるということで、これはね、とてもいいことだというふうに思います。洋になる、どういう洋かということなんですけれど、最近、一般住宅ではね、ウォシュレットで暖房つきというのが、通常住宅で当たり前になってきているわけですが、どういうようなこう便座というかね、なるのか、その点ちょっと説明をお願いしたいですが。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) ウォシュレット等は考えておりません。通常の瀬戸物の便器の上に便座が、Uの字の便座がつくという、それにあと、ふたがつくというような形になろうかと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。平林議員。
◆7番(平林寛也君) それでは、平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)において、ただ1点、賛成できない部分がございますので、反対の討論ということでさせていただきたいと思います。
 歳出の、款9教育費項4社会教育費目6収蔵施設管理費節の13の委託料73万5,000円について反対をするものです。これは、旧農協第二倉庫の耐震工事の設計費ということで計上されているものですが、第二倉庫については、登録有形文化財の指定は受けたものの、文化的価値は低く、また村が取得してから20年近く経過をしておりますが、有効利用ができているとは思いません。また、今後の利用方法も不明であり、倉庫を維持管理していく費用も相当の額になるものと思わなければなりません。少子高齢化が進む現状で、今後の村、財政運営を考えると、経常経費となるような支出は極力避けねばならないと思います。
 以上の理由により、旧第二倉庫は私は取り壊すべきという立場で、今回の耐震工事の設計費の計上には反対をいたします。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 賛成討論はありませんか。勝家議員。
◆5番(勝家尊君) 5番議員の勝家でございます。私は、議案第13号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)の原案に対し、賛成の立場で討論に参加をいたします。
 この収蔵庫につきましては、昨年の3月の定例本会議において、施設を取り壊すとしていた金額を減額する議案の補正予算案を可決をいたしました。昨年12月、その収蔵施設は国の歴史的景観に寄与しているものとして、産業第1次の分類で、有形登録文化財に国登録となっております。
 今後、松川村の歴史に残るものであり、基盤産業である農業のシンボルとして有効活用を望むものであります。望むものでありますけれども、地震など身近に起きている現実を考えますと、いっときも早い耐震対策が求められています。よって、この施設の耐震設計を含む平成23年度松川村一般会計補正予算議案に賛成する討論といたします。
 終わります。
○議長(新村久仁男君) 反対討論ありますか。甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)の中で、ページ、17ページ、項の社会教育費の目6収蔵施設管理費の中の節、委託料73万5,000円、これは今までお話がありましたように、旧農協第二倉庫の耐震のための設計だということでありますけれども、私は、旧第二倉庫を残すことに反対しているという、その立場で、この73万5,000円に対して反対の討論をいたします。
 旧農協第二倉庫は、壁土の圧縮強度は最低の3分の1程度であり、耐用年数も大幅に経過をしている建物であることを考えると、登録有形文化財に登録されたとはいえ、永久に保存することになり、莫大な維持管理費がかかることが予想され、村の宝である子供たちや、若者にツケを回すことが予想されます。
 よって、この設計費を計上することに反対をいたします。
 なお、設計費73万5,000円以外の補正予算については賛成をするものであり、つけ加えて申し上げます。
 以上であります。
○議長(新村久仁男君) 賛成討論ありますか。横沢議員。
◆6番(横沢喜造君) 私は、平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)について、全体について賛成いたしたいと思います。
 理由を申し上げます。この補正予算(第6号)は、各分野にわたって当面事業を執行するに当たり必要な予算となっているからでございます。
 松川村は、自立を選択した村として他の自治体に負けない、また他に対しても誇れる村づくりは欠くことはできないものだと思っております。希望のあふれる住みよい文化の香り高い村づくりを進めていくには、住民にも多少の負担はしていただかなければならないと思っております。それが何倍かになって返ってくるならば、私は喜んで、この負担、傷みを受けたいと思っております。この補正予算を可決して、揺るぎない村づくりの一里塚にしてほしいと強く望み願っているところでございます。
 以上の理由により、私は原案に賛成いたします。
 これで終わります。
○議長(新村久仁男君) ほかに討論はありますか。渡邉議員、どちらですか。
◆8番(渡邉尚省君) 賛成。
○議長(新村久仁男君) はい。
◆8番(渡邉尚省君) 私は、議案第13号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第6号)に賛成であります。
 特に、17ページ、社会教育費目6収蔵施設管理費ということで、耐震工事の設計委託料735万。73万5,000円、失礼しました。これに賛成する立場で討論を行います。
 私は、第1に有形登録文化財の指定を受けました、立派なプレートが届きました。文化財として残す価値あるものとして、文化庁から認められたものであります。
 第2に、これを残すために耐震工事を行うのは、至極当然なことと言わなければなりません。
 第3は、第二倉庫は米どころ松川村の歴史的遺産として、長く保存することが望ましい。農民の皆さんの血と汗がしみ込んだ価値ある建造物であります。
 最後に、これをマクロ的に見ることが必要ではないでしょうか。この建物は70年以上の歴史があります村の財産であります。耐震性がないと判断したため耐震工事を行う、そのために設計を委託する、これは当たり前の行為ではありませんか。
 よって、私は賛成するものであります。
 以上で討論終わります。
○議長(新村久仁男君) ほかに討論はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第13号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(新村久仁男君) 起立多数。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第14号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、一般と退職の保険給付費の実績見込みに伴います増額分が主な補正でございます。
 それでは、5ページをお願いいたします。まず、歳入からですが、款3項1目1療養給付費等負担金792万9,000円、項2目1の財政調整交付金250万円、目4の高齢者医療制度円滑運営事業補助金5万5,000円、項3目1国民健康保険災害臨時特例補助金6万3,000円、それぞれ追加するものでございます。
 同じく、次のページでございますけれど、款6項2目1の財政調整交付金30万円、それから款7目1の高額療養費共同事業交付金へ100万円、目2保険財政共同安定化事業交付金へ600万円、款9繰入金へ1,966万8,000円を増額するものでございます。
 続いて、7ページの歳出をお願いいたします。款2項1目1の一般被保険者療養給付費2,500万円、目2の退職被保険者等療養給付費に300万円、続いて、項2目1の一般被保険者高額療養費に900万円、それぞれ増額するものでございます。
 次のページでございますが、款7共同事業拠出金へ51万5,000円、実績見込みにより追加するものでございます。
 以上でございます。お願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第14号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第15号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、後期高齢者医療の保険基盤安定繰入金の実績見込みに伴います増額分によるものでございます。
 5ページ、お願いいたします。まず、歳入からですが、款3目2の保険基盤安定繰入金に78万7,000円を追加するものでございます。
 続いて、6ページの歳出をお願いいたします。款2の後期高齢者医療広域連合納付金へ78万7,000円を増額するものでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第15号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第16号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 5ページへお願いします。歳入の、初めに使用料及び手数料の下水道使用料です。80万円の追加をお願いいたします。これは、下水道の新規接続によりまして使用量の増加を見込んでおります。
 続きまして、諸収入の受託事業収入です。40万円の追加をお願いいたします。これは常盤地区の新規接続により増加を見込んでおります。
 続いて、6ページ、歳出です。下水道費、下水道管理費の下水道施設管理費、浄水苑の光熱水費になりますが、120万円の追加をお願いいたします。需用費の光熱水費で、今まで浄水苑は2系列で処理の運転をしてきましたけれども、新規接続によりまして、処理量が増加しております。3系列目を運転したことによりまして、電力使用量が増加しているため、光熱水費を追加するものであります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。平林議員。
◆7番(平林寛也君) 常盤地区の接続率というのは、現在どのくらいになっていますか。おわかりになりましたらお願いします。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 平成24年1月末現在で、48.7%の接続となっております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第16号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第17号から議案第23号までは、平成24年度の各会計予算です。関連がありますので、一括上程したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。議案第17号 平成24年度松川村一般会計予算、議案第18号 平成24年度松川村国民健康保険特別会計予算、議案第19号 平成24年度松川村後期高齢者医療特別会計予算、議案第20号 平成24年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算、議案第21号 平成24年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算、議案第22号 平成24年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算、議案第23号 平成24年度松川村水道事業会計予算、以上を一括上程します。事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(伊藤勇二君) それでは、各会計、緑色の紙で仕切られておりますが、順次朗読させていただきます。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、24年度予算につきまして、朗読をもって提案説明とさせていただきます。
 はじめに
 我が国の経済は、東日本大震災直後の深刻な状況から、景気が緩やかに持ち直す傾向にありますが、欧州の政府債債務危機などを背景とした海外景気の減速や円相場の高騰、デフレの影響などによる下振れ懸念がありまして、予断を許さない状況であります。
 平成24年度の地方財政見通しでは、地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が緩やかに回復することが見込まれる一方、社会保障関係経費の自然増や公債費が高い水準で推移することなどにより、依然として大幅な財源不足が生じる見込みであります。このため、財政運営戦略に基づき定める中期財政フレームに沿って、地方の安定的な財政運営に必要となる一般財源の総額を、平成23年度地方財政計画と実質的に同水準となるよう確保することを基本としまして、地方財政への対応を行うこととしております。
 こうした中、村では第6次総合計画を基調とした「自立の村づくり計画 実行プラン」に沿った、村民・地域・行政が互いに支え合う協働の村づくりを着実に推進をします。
 松川村の平成24年度予算は、村長選挙が予定されていた関係で、義務的経費や施設の維持管理費用などの経常的経費を中心とした骨格予算としていますが、政策的な経費であっても、行政の継続性などの観点から必要な事業や住民の安心・安全に直結する防災対策などの経費につきましては計上し、前年比9.9%増の総額36億1,000万円となっております。
 下の予算等の推移は、見ていただきたいというように思います。
 続きまして、平成24年度当初予算案の概要を申し上げます。
 まず、一般会計であります。
 編成方針
 平成24年度予算編成は、村税収入の改善や地方交付税などの増収による一般財源確保が見込めない状況に加え、社会保障関係経費などの財政需要増加による厳しい財政事情の中、施策全般にわたり見直しを行い編成をいたしました。
 予算規模でありますが、歳入歳出予算は36億1,000万円、9.9%、3億2,400万円の増であります。
 主な歳入状況でありますが、村税8億5,816万2,000円、0.3%、287万7,000円の減額であります。村民税3億7,660万円、5.4%、1,940万円の増。固定資産税4億196万2,000円、3.8%、1,597万7,000円の減。村たばこ税5,440万円、10.2%、620万円の減であります。などを見込んでおります。
 地方譲与税6,900万円、プラスマイナスのゼロであります。地方交付税は13億4,100万円、2.1%、2,900万円の減を見ております。
 国庫支出金2億1,170万7,000円、17.6%、4,536万1,000円の減であります。子ども手当負担金の減が主な減額の理由であります。
 県支出金2億1,092万3,000円、11.3%、2,149万8,000円の増を見ております。自立支援給付費等の負担金などの社会福祉費負担金や、子ども手当負担金、医療特別給付費補助金が主なものであります。
 繰入金4億1,338万6,000円、6,439.9%、4億706万5,000円の増を見込んでおります。教育施設整備基金の繰入金皆増などにより増額となっております。
 村債1億9,100万円、9.0%、1,900万の減でございます。臨時財政対策債のみ計上としております。
 続きまして、主な歳出状況であります。
 人件費は、7億1,745万円、2.9%、2,133万1,000円の減であります。選挙執行に係る経費などが減額となっております。
 物件費4億3,495万5,000円、0.4%、175万円の増であります。地域防災計画の見直しや災害時用備蓄品整備に係る経費などが増額となっております。
 扶助費4億6,415万2,000円、3.3%、1,596万3,000円の減であります。子ども手当に係る制度見直しなどにより減額となっております。
 補助費等9億699万9,000円、84.3%、4億1,481万5,000円の増であります。池田松川学校給食センターの移転新築に伴う一部事務組合への負担金などが増額となっております。
 普通建設事業費1億7,631万1,000円、7.9%、1,516万5,000円の減であります。骨格予算のため継続事業である村道1−1号線改良や、川西地区水路改修などを計上しております。
 公債費3億8,158万1,000円、3.9%、1,550万9,000円の減を見込んでおります。長期債に係る元利償還金を計上しておるところであります。
 2、国民健康保険特別会計10億3,022万3,000円、10.1%、9,442万8,000円の増を見込んでおります。
 この会計は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、社会保障及び村民保健の向上に寄与することを目的とし計上をしております。
 医療制度改革や近年の医療費の動向並びに過去の傾向を考慮しながら、予算の総額を10億3,022万3,000円としました。うち、国保税は2億777万6,000円を見込みました。
 また、歳入歳出の均衡を図るため、一般会計繰入金を4,852万9,000円といたしております。
 このことによりまして、国保会計の中では基金が不足をするという状況になってまいりました。そんなことから、運営協議会の方からも、24年度はしっかり時間をかけて村民に知らせをしながら、値上げ等について、よく検討しろというように答申をいただいております。また、皆様にそういうことでお諮りをさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。
 3、後期高齢者医療特別会計8,396万7,000円、7.2%、563万7,000円の増であります。
 この会計は、高齢者の医療の確保に関する法律により、後期高齢者医療の保険料及び後期高齢者医療広域連合への負担金納付などを計上しております。
 歳入の主なものは、保険料6,310万7,000円、一般会計繰入金2,081万5,000円であります。
 歳出の主なものは、後期高齢者医療広域連合納付金8,243万7,000円であります。
 続きまして、4番の公園墓地造成事業特別会計であります。153万7,000円、0.4%、6,000円の減であります。
 本年度は公園墓地723聖域の維持管理費及び環境整備に対する経費として、予算総額153万7,000円を計上しております。
 歳入の主なものは、聖域の清掃料を計上しました。
 歳出の主なものは、環境整備に伴う委託料を計上しております。
 5番、地域特別賃貸住宅特別会計480万円、1,000円の減額であります。
 平成4年度に建設した地域特別賃貸住宅A型6戸の管理に対しまして計上しております。
 歳入の主なものは、住宅使用料288万円、一般会計繰入金191万9,000円であります。
 歳出の主なものは、管理費20万円と住宅建設資金の元利償還に係る452万円の計上をいたしました。
 続きまして、6番の特定環境保全公共下水道事業特別会計であります。4億464万3,000円、2.9%、1,222万3,000円の減であります。
 歳入の主なものは、下水道受益者負担金628万9,000円、下水道使用料1億1,858万8,000円、下水道事業債8,100万円、受託事業収入2,715万円、一般会計繰入金1億4,191万8,000円及び基金繰入金2,898万8,000円であります。
 歳出の主なものは、処理場の維持管理委託等に4,580万5,000円、長期債元利償還金2億8,843万8,000円であります。
 7番の水道事業会計であります。2億4,63万円、2.9%、726万1,000円の減であります。
 4条予算は、配水設備改良に300万円を計上いたしました。
 3条予算は、通常経費のみで、支出予定額は1億6,656万5,000円となっております。
 以上、朗読をして説明をさせていただきましたが、細部につきましては、担当課長の方から説明をいたさせますので、よろしく御審議をいただきまして、お認めをいただきますようお願いをいたします。
○議長(新村久仁男君) これより、各会計予算の補足説明を行います。
 初めに、議案第17号 平成24年度松川村一般会計予算の補足説明を行います。総務課長。
◎総務課長兼会計管理者兼会計課長(平林秀夫君) それでは、引き続き5ページですけれども、平成24年度の施策と概要の方から御説明申し上げます。
 村の第6次総合計画に沿いまして、6項目ごとに主要施策としまして計上してございます。
 5ページから7ページまで続いておりますけれども、合計48項目のうち、村単独事業、星印で31項目、補助事業関係、丸印で17項目記載してございますので、御確認をお願いします。
 続いて、8ページから10ページですけれども、一般会計歳入歳出の一覧表でございます。主な財源の内訳は、冒頭、村長が申し上げましたので、ごらんをいただきたいと思います。9ページにつきましては、歳出を目的別に、それから10ページは、歳出を性質別に記載をしてございます。主な内容は、先ほどの3ページで申し上げたとおりでございます。
 それから、11ページから13ページでございますけれども、歳出を節別に記載してございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、14ページになりますが、歳入歳出をグラフ化したものでございますので、御確認をいただきたいと思います。
 それでは、一般会計の予算書、議案第17号になりますが、御説明を申し上げます。
 各課長が予算書に基づきまして、補足説明を行いますけれども、経常的な目につきましては、説明を省略させていただきます。また、説明が必要な目のみ、簡潔に御説明申し上げますので、よろしくお願いします。
 なお、人件費関係につきましては、私の方から一括御説明をさせていただきますので、各課長からの説明は省略をさせていただきます。
 それでは、まず8ページをお願いします。第2表債務負担行為でございますけれども、下記の3つの事業につきまして、それぞれ期間、限度額を定めておりますので、御確認をお願いします。
 続きまして、次のページ、第3表地方債でございますけれども、起債の目的は、臨時財政対策債で、限度額が1億9,100万円、起債の方法、利率、償還の方法は記載されているとおりでございますので、確認をお願いします。
 それでは、総務課関係、御説明をさせていただきます。
 19ページまで飛びますが、19ページからお願いします。
 まず歳入でございますけれども、村税関係では、個人現年分につきまして税制改正、16歳未満の扶養控除廃止に伴います増を見込んでおります。それから、長引く不況を勘案しての法人税の減や、固定資産税のうち家屋の評価替えに伴います減分を勘案しております。また次のページ、入湯税までの、含めまして、前年対比0.3%減の予算を計上してございます。
 それから、21ページから23ページまでは、譲与税関係と国からの交付金について記載をしてございます。特に、特交、普交を合わせまして、22ページの下段、それから23ページの上段合わせまして、約4,000万減額の見込みをしております。
 それから、25ページをお願いします。総務手数料の関係、税関系の計上でございますので、御確認をお願いします。
 26ページ下段をお願いします。国庫支出金、消防費の国庫補助金につきましては、住宅耐震診断の関係の計上でございます。
 27ページをお願いします。総務の委託金につきましては、自衛官募集の事務費でございます。
 29ページお願いします。中段になりますが、県支出金、消防費県補助金につきましては、住宅耐震診断の関係の計上。下段の総務費委託金につきましては、前年の県議選の減が主な減額の理由です。
 30ページお願いします。財産収入から31ページの人づくり基金繰り入れにつきましては、記載のとおりですので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、32ページ、繰入金、諸収入は昨年並みの計上でございます。
 33、34ページ、雑入の関係ですけれども、総務関係は、ほぼ昨年並みの計上です。
 35ページをお願いします。臨財債につきましては、地方財政計画により減額になっております。
 飛びますが、40ページをお願いします。これから、歳出になりますが、総務費の一般管理費からになります。人件費の計上が主なものでございますが、7節で、新規採用職員分2名、それから次ページの13節でJ−ALERT(アラート)及び移動系防災無線の保守料、それから、42ページになりますが、19節の県町村総合事務組合の負担金が大きく増額となっております。
 それから、下段の文書費、広報費、次ページの財政管理費につきましては、昨年並みの計上でございます。
 下段の財産管理費につきましては、骨格予算に伴います減額の計上です。
 45ページの企画費、46ページの中段の自治振興費、47ページの中段になりますが、人づくり推進費は、昨年並みの計上です。
 次の下段になりますが、総合行政情報費、次ページをごらんいただきたいと思いますが、13節のOAシステムサポート料で、昨年度、単年度発注分がありまして、その分が大幅に減額となっております。それから、14節の使用料につきましても、OAシステムの使用料がリースアップによりまして、大幅な減額となっております。
 それから49ページ、税務総務費は、人件費の減が減額の理由です。
 下段の賦課徴収費は、昨年並みの計上です。
 51ページをお願いします。下段の選挙管理委員会費は、旅費の減額が、減額の理由でございます。
 52ページ、お願いします。下段の委託統計調査費につきましては若干減で、飛びますけれども、86ページまでお願いします。
 86ページ、土木費の都市計画費になりますけれども、19節で住宅のリフォームの補助が、増額の主な理由でございます。
 87ページ、消防費の1目の常備消防費は、北アルプス広域の北部署の水槽付消防ポンプ車購入による負担増による増額の理由でございます。
 それから、非常備消防費は、ほぼ昨年同の計上です。
 88ページ、お願いします。中段からになりますが、消防設備費は、骨格予算のため減額の計上です。
 次ページの、災害対策費でございますけれども、11節で災害時の備蓄品、それから13節で地域防災計画の見直しを含む防災マニュアルの作成委託を予定をしておりますので、増額となっております。
 飛びまして、113ページお願いします。公債費関係でございますが、記載のとおりですので、ごらんをいただきたいと思います。
 次ページ、予備費は、昨年同の計上でございます。
 それから、給与費明細書になりますが、117ページお願いします。給与費明細書の特別職について記載をしてございますので、御確認をお願いします。
 それから、次ページになりますけれども、118ページからは、一般職について記載をしてございます。122ページまでにわたっておりますが、御確認をいただきたいと思います。特に118ページ、減額となっておりますけれども、一般会計とほかの会計上の給与費の計上のための差額となっております。
 それから飛びますけれども、125ページお願いします。債務負担行為に関する調書でございますが、127ページまでにわたっておりますが、記載してございますので、御確認をお願いしたいと思います。
 それから、131ページをごらんをいただきたいと思います。地方債に関する調書ですので、御確認をしていただきたいと思います。
 総務課関係は、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは住民課関係、お願いいたします。
 まず、歳入を御説明申し上げます。
 25ページ、お願いいたします。款12項2目1節1の戸籍等手数料は、窓口証明の関係でございます。
 目2の衛生手数料は、犬の登録、狂犬病予防注射、節2は一般廃棄物処理手数料でございます。
 26ページをお願いいたします。款13項1目1節1の保険基盤安定費負担金は、国保会計の安定費です。節2の子ども手当負担金を計上してございます。
 27ページ、お願いいたします。款13項3目1節1の外国人登録事務委託金は、住基台帳の委託金でございます。目2節1は、基礎年金等事務費の委託金です。
 款14項1目1節1の保険基盤安定費負担金及び後期高齢者医療保険基盤安定費負担金は、国保会計と後期高齢者医療特別会計への安定費でございます。節2の子ども手当費は、県負担分でございます。
 28ページをお願いいたします。項2目1節2の医療特別給付費補助金は、若干の増額となっております。
 少し飛びまして、32ページ、お願いいたします。款19項2は福祉医療費貸付金の元利収入で、昨年と同額でございます。
 それから次のページ、目3の雑入の関係ですが、3段目の交通災害共済事務費交付金ですが、掛金の1割分を見込んでございます。
 歳入は以上でございます。
 続きまして、歳出でございますが、46ページ下段をお願いいたします。目9交通安全・防犯対策費、次のページ、目10消費者行政費は昨年と同様で、負担金、補助金が主なものでございます。
 目11交通災害共済費ですが、交通災害共済掛金の対象範囲を全村民に広げておりますので、増額となっております。
 50ページから下の次のページをお願いいたします。項3目1戸籍住民基本台帳費は、人件費を除きますと、ほぼ昨年と同様でございます。
 56ページ中段をお願いいたします。款3項1目1節28の繰出金は、国保会計への繰出金でございます。
 58ページをお願いいたします。款3項1目3の医療特別給付費は、福祉医療の支払いが主なものでございます。
 60ページをお願いいたします。目6の老人医療費ですが、19節の後期高齢者医療広域連合療養費負担金が増額となっております。
 63ページをお願いいたします。款3項2目3の児童措置費ですが、平成23年10月から子ども手当の見直しによりまして減額になっております。
 66ページをお願いいたします。款3項4目1の国民年金事務取扱費は、昨年と同額でございます。
 68ページから69ページをお願いいたします。款4項1目4の環境衛生費は、太陽光発電システム設置補助が新規で増額となっております。そのほか、ほぼ昨年と同様でございます。
 款4項2目1の清掃総務費は、環境に対する事業費の計上でございます。昨年とほぼ同様でございます。
 次に、目2清掃費ですが、18節で清掃用軽トラを更新しますが、18節の穂高広域施設組合の負担金が減額となっておりますので、全体では減となっております。
 住民課関係は、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、福祉課関係、よろしくお願いいたします。
 まず、歳入を御説明いたします。
 23ページをお願いいたします。款11項1目1節1は、ほぼ同額でございます。その下節2は、保育料等の減額を見込んでございます。
 24ページをお願いいたします。上段からでございますが、款12項1目1節1は、松香荘入浴料の増額を見込んでいます。節2は、ほぼ同額を見込んでございます。
 26ページをお願いいたします。上段からですが、款13項1目1節1は、自立支援給付費等負担金が増額で見込んでございます。
 項2目1節1は、地域生活支援事業が増額、節2は、ほぼ同額で見込んでございます。
 目2節1は、平成23年中途より大腸がんが加わり、女性特有がん検診からがん検診推進事業と名称が変更となっていますが、ほぼ同額となっています。
 27ページをお願いいたします。款13項3目2節2、特別児童扶養手当事務費委託金は、ほぼ同額となっています。
 下段、款14項1目1節1は、自立支援給付費等の負担金が増額となっています。節3授産施設事務費は、利用者増に伴い増額となっています。
 28ページ、お願いいたします。これも上段からですが、款14項2目1節1は、ほぼ同額となっています。
 目2節1健康増進事業補助金は、平成23年度より肝炎ウイルス検診を実施し、これは継続となったための増額と、子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金も継続が決まったため、ほぼ同額を計上しています。
 30ページをお願いいたします。上段です。款14項3目2節1は、ほぼ同額となっております。
 33ページをお願いいたします。上段でございます。款19項3目1節1は、社会就労センターの事務量増加に伴う増額です。
 下段、款19項4目3節1は、老人デイサービス費が増、ほかは、ほぼ同額でございます。
 35ページをお願いいたします。これも上段でございますが、節2では、包括支援事業費等が増額、節3では、介護予防支援収入が増額でございます。
 歳入は、以上です。
 続きまして、歳出ですが、53ページをお願いいたします。款3項1目1の社会福祉総務費は、増額となっていますが、主なものは職員給与分でございます。55ページに行っていただきまして、節19負担金、補助金及び交付金の増額は、村社会福祉協議会への補助金。56ページに行っていただきまして、節20扶助費の自立支援給付費の増によるものでございます。
 続きですが、56ページの目2でございますが、老人福祉増額となっていますが、主なものは職員給与分でございます。57ページに行っていただきまして、節19負担金、補助金及び交付金のうち、増額の内訳としまして、鹿島荘及び特養建設補助金の償還分によるものでございます。
 59ページをお願いいたします。目4老人福祉施設費ですが、ほぼ同額の計上です。
 60ページをお願いいたします。目5介護保険費ですが、北アルプス広域連合負担金が増となっております。
 下段より63ページまでですが、項2目1の児童福祉総務費と、62ページ目2保育園費の増額ですが、主なものは職員給与分となっております。
 64ページをお願いいたします。ここから65ページまでとなりますが、項3目1と目2は、社会就労センターの事業量増に伴い、節7の賃金と、節12の役務費の作業員の工賃が増額となっています。
 66ページをお願いいたします。款4項1目1の保健衛生総務費の減額は、主なものは職員給与分となっています。
 67ページをお願いいたします。目2の予防費ですが、増額のものは、再開しました日本脳炎の予防接種対象者増加によるものと、委託料で23年度より始まりました肝炎ウイルス等によるものでございます。
 68ページをお願いいたします。目3保健センター管理費の増額は、需用費の増加で、これは事業増加に伴うものでございます。
 福祉課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課、歳入関係、28ページ下段をお願いいたします。
 款14県支出金目3農林水産業費県補助金ですが、前年度より増額となっておりますが、これは本年度から始まる川西地区水路改修工事にかかわる農山漁村活性化プロジェクト支援交付金と、28ページ一番下段にございます戸別所得補償制度推進事業補助金、これは事務費分の補助でございますが、それが増の主な内容でございます。この戸別所得補償制度の関係につきましては、前年度までは村農業再生協議会へ直接交付されていたものが、24年度からは村が補助受けをし、それを村農業再生協議会へ交付する方式に変わったための計上でございます。また、減額分につきましては、森林造成事業補助金により緩衝帯整備を行ってまいりましたが、全体整備がおおむね完了したことによる減額分が含まれてございます。
 それから、29ページをお願いいたします。目4商工費補助金では、前年度より減額となっておりますが、ふるさと雇用再生特別交付金事業が終了になったことによります。また、緊急雇用創出事業についても、平成23年度で終了となる予定でしたが、こちらについては、1年事業延長となり、今回計上してございます。
 続いて、31ページ下段をお願いいたします。款17繰入金目2温泉施設及びふれあい交流センター整備基金ですが、温泉施設のろ材交換及び修繕への基金繰り入れでございます。
 続いて、歳出関係でございますが、71ページをお願いいたします。71ページ下段をお願いいたします。
 款5農林水産業費目1農業委員会費ですが、72ページにわたっておりますが、前年に比べ減額となっておりますのは、前年度は委託料に計上しておりました農地基本台帳システム保守を、24年度はシステムを共有しております営農支援センター予算で見ることになり、その分の減が主な内容でございます。
 72ページ中段、目2農業総務費は、職員の人件費でございます。
 目3農業振興費ですが、74ページまでわたっておりますが、前年に比べ増額になっておりますのは、24年度から結成する鳥獣被害対策実施隊員の報酬の増等によるものです。また、村農産物ブランド化推進のため、認定ステッカー作成費用を需用費に計上してございます。それから、農業体験型修学旅行の受け入れ体制づくりとして、農家民宿の推進のため、農家民宿開業助成事業補助金を10名分計上してございます。
 74ページ中段をお願いいたします。目4の地域営農支援事業費は、前年に比べ増額となっておりますが、歳入で御説明いたしましたが、県補助金の戸別所得補償制度推進事業補助金等を村農業再生協議会へ補助金として支出する分が増額の主な内容でございます。
 75ページ中段をお願いいたします。目5の農村婦人の家管理費ですが、前年より減額となっておりますのは、前年は備品購入で野菜スライサーを購入した分が、本年度は減額となっておる内容でございます。
 目6の土地改良費ですが、76ページにわたっておりますが、前年より増額となっておりますのが、歳入でも説明いたしましたが、川西地区水路改修工事の増と、県農地・水・環境保全協議会への向上活動に伴う負担金の増が主な内容でございます。なお、農地・水の共同活動については、平成23年度で事業完了予定でございましたが、国では交付率を下げますが、平成24年度から5年間の対策として継続する方針が出されましたので、その分の予算計上をしてございます。また、減額部分では、農林漁業資金の償還金が半減しております。
 次に、77ページをお願いいたします。項2林業費目1の林業振興費ですが、78ページまでわたっておりますが、前年に比べ減額になっておりますが、歳入でも御説明申し上げましたが、村有林保育事業として実施してきました緩衝帯の全体整備がおおむね完了したことによる減が主な内容でございます。なお、過去に緩衝帯整備をした箇所の下草刈りは、24年度も引き続き実施をしてまいります。また、松くい虫が疑われる枯損木の伐倒薫蒸処理に対する松林健全化整備事業につきましては、枯損木が増加傾向にあり増額しております。
 次に、78ページ下段をお願いいたします。目1の商工総務費ですが、79ページにわたっておりますが、前年度より大幅な減になっておりますが、工場等用地取得事業補助金の減によるものでございます。
 79ページをお願いいたします。79ページ下段をお願いいたします。目2の観光費ですが、80ページにわたっておりますが、ほぼ前年度同様の予算となっておりますが、前年度実施した村の観光ポスター制作作成委託費が減額となり、増額としましては、前年度は9月議会で補正いただきましたが、村エコツーリズム推進事業として、地域コーディネーター活用事業補助金を計上してございます。この事業は2カ年事業で、24年度が最終年度となります。
 81ページをお願いいたします。目3の交流施設総務費では、セピア安曇野イベント広場、ちひろ公園等の維持管理経費が主な内容で、前年度とほぼ同額の予算となっております。
 経済課関係は、以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 建設水道課関係、歳入の24ページをお願いいたします。
 使用料及び手数料の土木使用料です。公営住宅使用料は、入居者の所得変動により若干の減であります。その下、道路使用料は、前年並みを見込んでおります。
 続いて、25ページをお願いします。手数料です。目1の総務手数料の中の督促手数料、住宅使用料の督促使用料は前年並みです。
 次、26ページをお願いします。13款の国庫支出金です。3目の土木費国庫補助金です。これは、社会資本整備総合交付金を予定しております。
 次、歳出の82ページをお願いします。
 土木費です。土木管理費、土木総務費ですが、これは橋梁長寿命化修繕計画の業務が終了による減少であります。
 続いて、2項の道路橋梁費、道路橋梁総務費です。県単事業割の分が骨格予算のため減少しております。
 83ページ、同じく道路橋梁費の道路維持費です。これは、備品購入費で社会資本整備事業により、塩カル散布車両の購入を予定をしております。そのほかは、前年と同様を見込んでおります。
 84ページ、お願いします。3目の道路新設改良費です。これは社会資本整備事業によります1−1号線改良が主なものです。前年に比べ用地代、補償がなくなった分、減少しております。
 その下、4目の交通安全施設整備事業です。これは村道区画線の対応のため、若干増加しております。
 85ページ、河川費の河川総務費です。これは各団体の負担金の見込みに応じ、若干の減少です。
 その下、住宅費、住宅管理費ですが、これは、ほぼ前年並みを見込んでおります。
 86ページをお願いいたします。項6の下水道費です。これは、下水道事業の特別会計への繰出金です。交付税措置分の見込みによる算出であります。
 その下、施設整備費は前年並みです。
 2目の国営公園対策費、これは観光関連のソフト経費を商工費に移動したため、減少しております。
 建設水道課関係は、以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 教育委員会関係をお願いします。まず、歳入の29ページをお願いいたします。
 中段の、目の6教育費県補助金、減額になっておりますけれども、地域支援本部事業の補助事業が終了したということで減額にでございます。あとは、記載のとおりでございますので、御確認をお願いいたします。
 続きまして、31ページをお願いいたします。基金繰入金でございます。給食センター建設に伴いまして、教育施設整備基金の繰入金ということで、新ということで繰り入れを行う内容でございます。
 続きまして、歳出の89ページをお願いいたします。下段の方、目1の教育委員会費の関係でございますが、前年同の内容でございます。
 1枚、おめくりをいただきまして、下段、事務局費でございます。この関係、減額となっておりますけれども、もう1枚めくっていただきまして、92ページ、積立金、教育施設整備基金の関係の利子の減ということが、その理由でございます。
 続きまして、目の3教員住宅費、目の4スクールバス運行費、目の5外国語指導費につきましては、前年同の内容でございますので、御確認をお願いいたします。
 それから、93ページの小学校費の関係ですが、学校管理費、大きく減額となっておりますが、次のページをお願いいたします。94ページでございますが、昨年は北門の入り口の周辺整備工事というものがございました。本年度は骨格予算ということで減少をしております。
 95ページの目の2教育振興費でございますが、若干増をしておりますが、次のページ、96ページをお願いいたします。備品購入費の教材関係の増が主な内容でございます。
 続きまして、97ページ、中学校費の関係ですが、まず学校管理費につきましては、減額というふうになっております。次のページ、98ページの一番下になりますが、14使用料及び賃借料の関係、一番下ですが、OAシステム使用料ということで、24年6月にOAリースが終了するということで、この使用料の減額が減の主な理由でございます。
 続きまして、99ページ下段の中学校の教育振興費につきましては、次ページまで続きますけれども、前年同の内容でございますので、御確認をお願いいたします。
 107ページをお願いいたします。下段、一番下の目の5文化財保護費の関係です。若干増の内容につきましては、文化財誌の増刷を計画している内容でございます。
 続きまして、次のページで108ページ、目の6収蔵施設管理費、それから次のページの目の7社会教育振興費につきましては、それぞれ運営費等、それから維持管理費でございますので、前年同の内容でございます。
 112ページをお願いいたします。一番下段になりますけれども、学校給食運営費ということで、非常に大きな金額が増額となっておりますけれども、先ほど来、御説明申し上げておりますが、学校給食センターの負担金ということで建設に伴うものでございます。なお、児童数割の率につきましては53.9%ということで、前年比0.7%増額という内容となっております。
 教育委員会関係は、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、社会教育課公民館関係をお願いします。
 歳入の24ページの使用料及び手数料の5の教育使用料ですが、各施設の使用料を計上させていただきました。
 続きまして、飛びまして、31ページの17の繰入金3目の光をそそぐ交付金の繰り入れでありますけれど、図書館の人件費に充てるための基金の取り崩しでありますのでお願いいたします。
 続きまして、33ページの目3の雑入ですが、印刷製本費ほかを計上させていただいてありますので、見ていただきたいと思います。
 歳出の方へ移りまして、101ページの方をお願いいたします。1の社会教育総務費ですが、若干の減になっておりますが、人件費の部分が減になっておりますのでお願いいたします。
 続きまして、103ページの目2公民館費ですけれど、若干増になっております。すずの音ホールの中の改修の関係等ありまして、工事請負費の方が増になっておりますのでお願いいたします。
 続きまして、105ページの図書館費ですが、大幅の増になっておりますけれど、先ほど言いました光をそそぐ交付金の関係で、基金を取り崩して人件費がふえている部分、それから18の備品購入費ですが、昨年まで光をそそぐ交付金の方から出しておりましたので、その部分がふえているということでお願いいたします。
 それから、次のページ、106ページの目4生涯学習推進費ですが、こちらについては若干の減になっておりますが、報償費、需用費等の見直しによる減でありますのでお願いいたします。
 続きまして、飛びまして110ページの方ですが、目1の保健体育総務費、それから目2の体育施設費、飛びまして112ページの目3の体力増強事業費ですが、若干の増減がございますが、昨年となから同じという形で計上させていただいておりますのでお願いいたします。
 公民館関係は以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第17号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第18号 平成24年度松川村国民健康保険特別会計予算についての補足説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 平成24年度の国民健康保険特別会計は、昨年度に比べまして944万2,000円ほど増額となっております。これは、一般退職の高額を含みます療養給付費の増額が主なものでございます。
 予算編成につきましては、まず年間の医療費等を見込みまして歳出を確定しました。そして歳入で国保税や国県の負担金、補助金、一般会計より法定繰入金を見込みました。経済不況が続く中ですので、保険税率等は昨年度と同じ予算編成を行っております。
 それでは、歳入からですが、8ページをお願いいたします。
 款1の国民健康保険税は、昨年度と同じ税率で算出見込みをしました。全体として、昨年より減額になっておりますのは、不況による税収の落ち込みでございます。
 款2は督促手数料でございます。
 9ページをお願いいたします。款3の国庫支出金は、負担金と補助金でございます。
 10ページをお願いいたします。款4の療養給付費等交付金及び款5の前期高齢者交付金は、支払基金からの交付金でございます。
 款6県支出金は、負担金、次のページは補助金でございます。
 中段をお願いいたします。款7の共同事業交付金は、高額の医療費が発生した場合に保険者の財政運営の安定を図るための交付金でございます。
 款8は、利子です。
 12ページをお願いいたします。款9の繰入金は、一般会計からの繰入金と基金の繰入金でございます。
 款10は、前年度繰入金でございます。
 13ページ、お願いいたします。11の諸収入は、保険税の延滞金等でございます。収入がありのが収入でございます。
 続きまして、歳出ですが、15ページをお願いいたします。款1の総務費は、一般管理費ほか通常経費でございます。
 16ページをお願いいたします。款2保険給付費の項1の療養諸費は、平成23年度までの実績から見込んでおりますが、先ほども御説明申し上げましたが、一般退職療養費等も増額した予算編成となっております。
 17ページをお願いいたします。項2は高額療養費ですが、こちらも増額した予算編成となっております。
 その下段、項3移送費、次のページ、項4出産育児諸費、項5葬祭諸費は、昨年度並みで計上してございます。
 款3の後期高齢者支援金等は、県広域連合への負担金でございます。
 19ページ中段をお願いいたします。款4前期高齢者の納付金です。
 款5老人保健拠出金は、過年度の過誤調整分のみ計上でございます。
 20ページになります。款6の介護納付金は、保険者の負担金でございます。
 款7の共同事業拠出金は、国保連合会への拠出金でございます。
 款8の保健事業費項1の特定健診等事業費は、平成20年度より義務化された健診保健指導事業でございます。
 21ページをお願いいたします。項2保健事業は、予防事業の人間ドックの助成の計上でございます。
 以下、22、23ページは記載のとおりでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第18号に対する補足説明を終わります。
 ここで、3時まで休憩いたします。
                               午後 2時45分 休憩
                               午後 3時00分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 続いて、議案第19号 平成24年度松川村後期高齢者医療特別会計予算についての補足説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 平成24年度の後期高齢者医療特別会計は、後期高齢者広域連合への負担金にかかわるものでございます。
 それでは、歳入6ページをお願いいたします。
 款1は、保険料で特徴、普徴分の計上でございます。
 款2は、督促手数料です。
 款3の繰入金は、一般会計からの繰入金の計上でございます。
 それから、7ページ、8ページは、款4諸収入、款5繰越金でございます。
 続いて、歳出、9ページをお願いいたします。
 款1の総務費は、一般管理費等の事務費の計上でございます。
 款2後期高齢者医療広域連合納付金は、県の広域連合への負担金でございます。
 10ページの款3諸支出金は、還付金と加算金でございます。
 款4は、予備費です。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第19号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第20号 平成24年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算についての補足説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 平成24年度の公園墓地造成事業特別会計につきましては、公園墓地の管理費が主なもので、昨年とほぼ同額を計上いたしました。
 それでは、6ページをお願いいたします。
 まず歳入ですが、款1は使用料手数料で、723聖域を予定しております。
 款2の財産収入、款3の繰越金は、ごらんのとおりでございます。
 続きまして、歳出ですが、7ページをお願いいたします。
 款1の一般管理費は、公園墓地の管理費の計上です。
 款2は、予備費計上です。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第20号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第21号 平成24年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 6ページをお願いいたします。この予算は神戸にある地域特別賃貸住宅6戸の管理についての歳入歳出です。
 6ページ、歳入は土木使用料、それから一般会計繰入金、それぞれ前年並みを見込んでおります。
 続いて、7ページの歳出ですが、歳出では主に公債費として元利償還金が主なものであります。そのほか需用費として修繕費を計上しております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第21号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第22号 平成24年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 7ページをお願いいたします。歳入の分担金及び負担金です。下水道負担金ですが、これは受益者負担金、分割納付が終了したことにより減少しております。前年に比べ減少しております。
 その下、使用料及び手数料の下水道使用料です。これは、新規接続を見込んでおります。若干の増加を見込んでおります。
 その下、同じく使用料、手数料の下水道手数料、これは、配水設備指定工事店の手数料及び下水道の確認申請手数料等を見込んでおり、ほぼ前年並みであります。
 その下、財産収入、利子及び配当金です。これは基金の利子を計上しております。
 続いて、8ページをお願いいたします。繰入金、他会計繰入金です。一般会計の繰入金は、24年度交付税措置分の見込みによる算出をしております。前年に比べ減少しております。
 同じく繰入金、基金繰入金です。これは、収入不足分に充てるということで計上しております。
 それから、繰越金は、前年度繰越金、記載のとおりであります。
 以下、諸収入も前年並みであります。
 9ページの同じく諸収入、受託事業収入です。大町市及び安曇野市の処理の受託分を計上しております。ほぼ前年並みでございます。
 諸収入の雑入は、記載のとおりであります。
 その下、村債、下水道事業債ですが、24年度も資本費平準化債を予定しております。
 続いて、歳出になります。10ページをお願いいたします。
 初めに、下水道管理費です。これは人件費、負担金、補助及び交付金等減少しておりますが、業務内容には変更はございません。
 続いて、12ページをお願いいたします。下水道施設管理費です。これは浄水苑の管理になりますが、処理場の維持管理業務委託経費の減少が主なものであります。それから光熱水費は、新規接続による処理料の増加のため、増加を見込んでおります。
 13ページの公債費をお願いします。公債費につきましては、義務的経費として定められたとおりですので、記載のとおりでございます。償還額は、若干の減少を見込んでおります。
 14ページ、予備費は記載のとおりであります。
 15ページは、給与費明細書になります。職員数に変動はございません。人事異動があったことによりまして、給与費の若干の減がございます。
 それから20ページは、地方債に関する調書です。24年度末で約43億8,000万円の起債残高を見込んでおります。償還は現在のところ平成53年度までという償還の見込みとなっております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第22号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第23号 平成24年度松川村水道事業会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 水道事業の3ページをお願いいたします。水道事業会計の予算実施計画であります。
 初めに、収益的収入及び支出の収入です。
 水道事業収益のうち、営業収益につきましては、前年並みを見込んでおります。
 項2の営業外収益、これは主に雑収益として、下水道の共通事務費がございますけれども、減少をしております。これは、量水器の取りかえが新年度減少するための減少であります。
 続いて、4ページをお願いいたします。支出、水道事業費です。営業費用の原水及び浄水費、これは、前年並みを見込んでおります。
 2目の配水及び給水費、これは量水器の取りかえが済んだことによるもの。それから、矢地橋の水管橋の修理等が終了したことにより業務量が減少しております。
 続いて、その次のページ、5ページの総係費は、前年並みを見込んでおります。
 その下、4目の業務費ですが、量水器の取りかえ業務がなくなったことにより減少しております。
 そのほかは、記載のとおりでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続いて、6ページに入りますが、営業外費用、これにつきましても前年並みを見込んでおります。
 特別損失、予備費につきましては、記載のとおりであります。
 7ページの資本的収入及び支出です。収入につきましては、前年実績により減少を見込んでおります。新設負担金が主なものであります。
 支出につきましては、建設改良費、これは芦間橋の水管橋更新工事設計委託を予定しております。
 公債費につきましては、前年並みであります。
 8ページは、資金計画です。表のとおりとなっておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 続いて、9ページから貸借対照表を記載しております。
 (1)として9ページが、23年度の予定損益計算書です。一番右下の記載で、当年度未処分利益剰余金が953万円という見込みでございます。
 10ページは、23年度の貸借対照表です。10ページ、11ページになります。
 続いて、12ページ、13ページが、24年度の予定貸借対照表になります。
 14ページは、給与費明細書です。これも前年並みでございます。給与費明細書につきましては18ページまで掲載しておりますので、ごらんをいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第23号に対する補足説明を終わります。
 以上で、平成24年度各会計の提案説明並びに補足説明を終わります。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 これにて散会します。
 大変御苦労さまでした。
                               午後 3時12分 散会