議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成23年第 4回定例会−12月08日-01号




平成23年第 4回定例会

                 会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│ 12月 8日│ 木 │本  会  議│一般議案審議、請願・陳情等委員会付託、全員協議会│
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│     9日│ 金 │委  員  会│一般質問通告午後1時締切            │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    10日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    11日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    12日│ 月 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    13日│ 火 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    14日│ 水 │休     会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    15日│ 木 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    16日│ 金 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    17日│ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    18日│ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    19日│ 月 │休     会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    20日│ 火 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第58号 松川村暴力団排除条例
 議案第59号 松川村廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例
 議案第60号 「安曇野松川村山の日」の制定について
 議案第61号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第5号)
 議案第62号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第63号 平成23年度水道事業会計補正予算(第3号)

 選挙第 1号 選挙管理委員の選挙
 選挙第 2号 選挙管理委員補充員の選挙
 報告第19号 耐震診断・耐震改修に関する陳情書
 報告第20号 最低制限価格の設定に関する陳情書
 報告第21号 国土交通省告示第15号の履行に関する陳情書



                  陳情一覧表

 陳情
┌─────┬────────────────────┬────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │     陳  情  者     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 23.11.22 │耐震診断・耐震改修に関する陳情書    │長野市岡田町124-1        │
│     │                    │社団法人 長野県建築士事務所協会│
│     │                    │会長 新井 典夫        │
│     │                    │大町市大町1058-2        │
│     │                    │社団法人 長野県建築士事務所協会│
│     │                    │大北支部長 荒山 行雄     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 23.11.22 │最低制限価格の設定に関する陳情書    │長野市岡田町124-1        │
│     │                    │社団法人 長野県建築士事務所協会│
│     │                    │会長 新井 典夫        │
│     │                    │大町市大町1058-2        │
│     │                    │社団法人 長野県建築士事務所協会│
│     │                    │大北支部長 荒山 行雄     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 23.11.22 │国土交通省告示第15号の履行に関する陳情書│長野市岡田町124-1        │
│     │                    │社団法人 長野県建築士事務所協会│
│     │                    │会長 新井 典夫        │
│     │                    │大町市大町1058-2        │
│     │                    │社団法人 長野県建築士事務所協会│
│     │                    │大北支部長 荒山 行雄     │
└─────┴────────────────────┴────────────────┘



             平成23年松川村議会第4回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│12月15日(木)午前10時から                          │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 2 │佐 藤 節 子│1 村長選3期目出馬の決意について   │村長     │
│  │  │       │2 安心・安全に対する村民要望について │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │ 3 │井 上 直 昭│1 新年度予算編成について       │村長・教育長 │
│  │  │       │2 防災計画について          │村長・教育長 │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 8 │渡 邉 尚 省│1 '12年松川村長選挙について     │村長     │
│  │  │       │2 介護保険制度改正問題と子供の様子につ│村長     │
│  │  │       │  いて                │       │
│  │  │       │3 「住宅リフォーム制度」の利活用について│村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 9 │河 内 國 治│1 環境に優しいLED防犯灯設置を積極的に │村長     │
│  │  │       │  進めませんか。           │       │
│  │  │       │2 友好都市提携を結ぶ様努力してみません│村長     │
│  │  │       │  か。                │       │
│  │  │       │3 英語の出来る子どもを育てませんか。 │教育長・村長 │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 6 │横 沢 喜 造│1 生き残れる農業を目指しての村農業の活│村長     │
│  │  │       │  性化について            │       │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成23年松川村議会第4回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成23年12月8日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成23年12月8日 午前10時00分 │議 長│新 村 久仁男│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成23年12月8日 午前11時41分 │議 長│新 村 久仁男│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例    │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   2番   │佐 藤 節 子│   3番   │井 上 直 昭│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │会計管理者兼会│伊 藤 勇 二│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│    全員出席  ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例
 議案第58号 松川村暴力団排除条例
 議案第59号 松川村廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例
 議案第60号 「安曇野松川村山の日」の制定について
 議案第61号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第5号)
 議案第62号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第63号 平成23年度水道事業会計補正予算(第3号)
日程第6 請願・陳情の委員会付託



                               午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成23年松川村議会第4回定例会を開会します。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(新村久仁男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、2番 佐藤節子議員、3番 井上直昭議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(新村久仁男君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期については、議会運営委員会において審議がなされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(甲斐澤明君) (報告)
○議長(新村久仁男君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から12月20日までの13日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月20日までの13日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(新村久仁男君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) 皆様、おはようございます。
 本日ここに、松川村議会第4回定例議会を招集しましたところ、議員皆様には大変お忙しい中、全員御出席をいただきまして、12月定例会が開会できますことに感謝を申し上げたいというように思います。
 最近、暖かな日が続いておりますが、きょうはちょっと寒いわけでありますけれども、先日、村長室に村民の方がおいでになりまして、カマキリの巣が高いところにあると、今年の冬は雪が多いんじゃないかという心配をされておりましたが、私どもは雪は要りませんので、なければないにこしたことがないというように思っておるところでございます。北部では、例年より早くスキー場がオープンをしたと報道もありますが、除雪を考えますと、先ほど申し上げましたように、積雪はない方がいいというように考えているところでございます。
 平成16年から改築の検討を始めまして、平成20年1月に改築計画を決定し、昨年11月に着工いたしました特別養護老人ホーム高瀬荘が完成し、先日、関係者によりまして竣工式が行われました。入所定員は80名で変更ありませんが、すばらしい施設となりましたので、議員の皆様もぜひ時間をつくりまして、あの施設を見学していただけたらなあというように思います。大北社会福祉事業協会では、引き続き白嶺の20床増床に取り組んでいるところであります。
 また、大北の第5期福祉計画の中に、松川村に特別養護老人ホーム60床、通所介護20床の粋が組み込まれました。この間の広域の議会の中でお示しがされました、皆さんも多分御存じだというように思いますが、村としましては、福祉ゾーンでもある南保育園跡地対策として要望をしていたところのものであります。現在、この建設実現に向けて努力をしているところでありますが、また議員の皆様にお力添えをいただくことになりますが、どうぞよろしくお願いをしたいというように思います。
 最近の、村政の状況について若干申し上げます。
 いろどり列車、松川村民号についてであります。
 去る11月6日に、昨年に引き続きまして、いろどり列車、松川村民号に100名の方から御参加をいただき、東京日帰りの旅が実施をされました。鉄道旅行の魅力を感じていただくとともに、大糸線の活性化を願って計画されましたけれども、信濃松川駅を愛する会や、各関係機関の皆様の御協力により実施することができました。御参加いただいた方からは、とても楽しい1日であったというように言葉が返ってきております。大盛況のうちに終了をすることができました。また御協力いただきました団体や、参加をしていただきました皆様には、この場をお借りして御礼を申し上げたいというように思います。
 次に、住宅リフォーム補助金、住宅用太陽光発電システム設置補助金についてであります。
 前定例会に決定いただきました住宅リフォーム補助金につきましては、9月中旬より申請の受付を開始しましたところ、11月末までに10件の申請がありました。また、住宅用太陽光発電システム設置費補助金につきましては20件の申請がありました。残念ながら、松川村の業者の方に頼まれる方が少なくて、ここら辺のところはちょっと残念だなあというように思っているところであります。また今後もPRに努めてまいりたいというように思っております。
 次に、飲料水の寄附でありますけれども、サントリーホールディングス株式会社におきまして、飲料水の余剰があるため、緊急対応等の備蓄として役立ててほしいとの申し出がありまして、受け入れを要望しましたところ、500ミリリットルのペットボトル2万4,000本強の寄附をいただけることになりました。半分は各自主防災組織へ配布をして活用していただくほか、残り半分につきましては、村が有効活用してまいりたいというように思っております。
 次に、防犯カメラの設置についてでありますが、信濃松川駅を御利用いただく方が安心して通勤、通学をいただけるよう、駅前2カ所に防犯カメラの設置を計画をしております。今回の補正予算で設置費用を計上いたしましたので、御審議いただきまして、お認めをいただきますようお願いを申し上げます。
 続きまして、介護保険事業であります。
 介護保険事業は、北アルプス広域の中で行っておりますけれども、本年度は来年度からの第5期介護保険事業計画の作成年度であるため、今までに4回の委員会を開催し、住民の皆様が安心して老後を過ごしていただけるよう検討をしてまいりました。
 高齢化が進み、本年10月末の要介護認定者は3,095人となりまして、前年同月と比較をいたしますと109人の増加であります。保険給付費も5.4%の増加となっております。このような状況にあって、介護保険料の改定も見込まれております。住民の皆様には、計画の内容について御理解いただくため、懇談会等の開催や広報紙、ホームページ等で周知をしてまいりたいというように思っております。
 続きまして、平成23年産の水稲の作柄及び生産調整でありますが、関東農政局長野地域センターは、10月15日現在の水稲の調査結果の概要を、10月26日に公表いたしました。
 県下の水稲の作柄は、1平方メートル当たり全もみ数は平年並みで、登熟はやや不良が見込まれ、10アール当たりの予想収量は604キロで、作況指数は97となっております。中信地区は10アール当たりの予想収量は598キロで、作況指数は94と県平均を下回り、不良となっているような状況であります。昨日も発表がありましたけれども、作柄等は変更がありませんでした。
 また、本年度の米生産調整は、地域間調整を図り、農家の皆さんの御理解、御協力の中で、村全体としては生産目標数量内で実施することができました。感謝をしているところであります。
 24年産米の米生産調整についてでありますが、農林水産省は、平成24年産米の都道府県別の生産数量を発表し、長野県は対前年比0.7%増の20万3,650トンとなりました。今後は、県の農業再生協議会が地方事務所ごとに生産目標数量を配分し、最終的には22日に予定されております大北農業生産協議会において、当村の生産目標数量が決定をされてくるところであります。また関係者の皆様とともに出席をしてまいりたいというように思います。
 続きまして、農業者戸別所得補償制度の実施状況であります。
 本年度から本格実施となりました農業者戸別所得補償制度につきましては、農家の皆さんから547件の交付申請がありました。交付申請を済まされました方へは、米の所得補償交付金の定額部分10アール当たり1万5,000円が、年内に国から直接振り込まれる予定となっております。
 続きまして、鳥獣害被害防止対策及びクマ、イノシシの出没状況であります。
 国の鳥獣被害緊急総合対策事業の採択を受けまして、村西部山ろく地域の各組織が要望する山林と農地境、約8キロメートルでありますが、そこへ電気さくの設置事業を現在進めております。年度内に完成をする予定となっております。
 また、クマ、イノシシの出没状況でありますが、本年度はクマの出没が少なく、11月30日までに県の許可のもと、個体数調整により3頭を駆除いたしました。また、農作物等への被害が拡大しておりますイノシシにつきましては、10頭を捕獲、駆除いたしました。
 今後も猟友会の皆さん、それから各地区の鳥獣害防止推進協議会と連携をしながら、被害軽減を図ってまいりたいというように思います。
 続きまして、松くい虫の発生状況でありますが、本年度も森林保全等巡視員を中心としましたパトロールや、関係機関と連携して、早期に発見により被害防止に努めてまいりました。11月30日までには42本、64.1立米の枯損木の処理を行いました。検体調査も同時に行っておりますが、7本の松よりマツノザイセンチュウの検出がされております。
 前年度につきましては52本、104立米の枯損木の処理を行っており、松くい虫の発生状況につきましては、ほぼ横ばいで推移している状況にあります。
 続きまして、池田松川給食センター改築工事の設計についてであります。
 先月の28日に、池田松川給食センター改築工事の設計プロポーザルコンペが行われました。19名の審査員の投票によりまして、宮本・志ちや設計共同体、代表者、長野市大字柳原1875番地1、株式会社宮本忠長建築設計事務所に決定をいたしました。
 平成24年3月の完了を目指し、設計業務が行われますが、各方面からの御意見を反映されるよう努めてまいります。昨日も要請がございましたので、それにつきましても、今後、鋭意努力をしてまいりたいというように思います。
 本日上程いたします議案は7件でありますが、概要を若干申し上げます。
 専決第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例は、障害者等の地域生活を支援するため、法律の一部の施行に伴う関係法令の整備に関する政令が施行され、非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令の一部が改正されたために改正するものでありまして、9月30日の専決であります。
 議案第58号 松川村暴力団排除条例は、村全体で暴力団の排除を推進し、村民の安全で平穏な生活の確保や、地域経済活動の健全な発展を目的とした、新設条例であります。
 続きまして、議案第59号でありますが、松川村廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例は、し尿くみ取り料金を安曇野市が引き上げたため、これにあわせて、同じ穂高広域施設組合内である当村と池田町でも協議してきましたけれども、引き上げを行うべきとの結論に至りまして、改正案を提出させていただくものであります。
 この改正より、引き上げの対象となるのは、下水道処理区域の中で、いまだ下水道に接続せず、くみ取り式のトイレのある世帯であります。なお、下水道未接続世帯に対しましては、引き続き接続推進を進めてまいりたいというように思います。
 続きまして、議案第60号でありますが、「安曇野松川村山の日」の制定については、松川村は昔から恵まれた森林資源と自然景観を大切にして歴史を重ねてきました。今後さらに山の恩恵に感謝し、山を大切にし、山の整備や育成に努めるため、山を大切にする日として、5月の第3土曜日を安曇野松川村山の日に制定するものであります。
 議案第61号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第5号)でありますが、113万1,000円を追加し、総額を34億1,673万5,000円とするものであります。
 主なものを申し上げますと、歳入は地方交付税1,847万3,000円、県支出金542万3,000円、諸収入490万6,000円の増額と、子ども手当負担金の減額等により、国庫支出金2,520万6,000円の減額であります。
 歳出は、徴税費など総務費954万8,000円、中学校費など教育費276万9,000円の増額と、児童福祉費など民生費755万3,000円、公債費395万7,000円の減額であります。
 議案第62号、議案第63号は、各特別会計の予算補正であります。
 いずれも、提案時に各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議の上、議決をいただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつとさせていただきます。長くなりますけれども、どうぞよろしくお願いをいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(新村久仁男君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(鈴木智君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.池田松川施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成23年10月14日
  出席議員  白澤副議長、井上議員、佐藤議員
  審議事項等 ・平成23年度一般会計補正予算
        ・平成22年度一般会計歳入歳出決算の認定
        ・組合監査委員の選任同意について
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
        組合監査委員に山田賢一氏を選任することに同意。
 2.穂高広域施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成23年10月19日
  出席議員  白澤副議長
  審議事項等 ・広域施設組合情報公開条例
        ・広域施設組合個人情報保護条例
        ・平成23年度一般会計補正予算
        ・平成22年度一般会計歳入歳出決算の認定
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
 3.北アルプス広域連合議会11月定例会
  開催期日  平成23年11月25日
  出席議員  新村議長、白澤副議長
  審議事項等 ・平成23年度広域連合会計補正予算の専決処分報告
        ・平成23年度広域連合介護老人保健施設事業特別会計補正予算
        ・平成23年度広域連合平日夜間救急医療事業特別会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(須沢和彦君) 専決第12号 松川村消防団員等公務災害補償条例の一部を次のように改正するということで、御説明申し上げます。
 この一部改正は、障害者制度改革に関する法律の一部施行に伴い、非常勤消防団員等に係る損害賠償の基準を定める政令の一部が、平成23年10月1日に施行されたことにより、本条例の改正を行うものであります。
 第9条の2第1項第2号中、第5条第12項を第5条13項に、同条第6項を同条第7項に改めるものです。いずれも介護補償に関する関係法令に項ずれが生じたためのものであります。
 附則といたしまして、この条例は、平成23年10月1日から施行する。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成23年9月30日 専決 松川村長名。
 平成23年12月8日 報告 松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第12号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、議案第58号 松川村暴力団排除条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは、議案第58号 松川村暴力団排除条例について、提案理由の御説明を申し上げます。
 これまで、反社会的勢力であります暴力団対策は、暴力団対警察という構図でした。しかし、これからは暴力団対社会全体への図式へと転換し、これを定着させることが、暴力団の孤立、弱体化、ひいては壊滅のために極めて重要であります。
 そのため、長野県では9月1日に、暴力団排除条例を施行いたしました。また、この機運は市町村レベルにおいても同様に重要でございます。
 松川村におきましては、村、村民、事業者が相互に連携を強化し、村が一丸となって暴力団排除に取り組みを図れるように、その包括的な理念や責務を規定するために、ここに条例を制定するものでございます。
 それでは、各条項について御説明を申し上げます。
 まず、第1条は、この条例の内容を要約するとともに、その目的を定めたものでございます。
 第2条は、本条例における用語の意義を定めたものでございます。
 第3条は、松川村から暴力団の排除を推進する上での基本理念を定めたものでございます。
 第4条は、暴力団を排除していく上で中心的役割を担う、村の責務を定めたものでございます。
 第5条は、村民、事業者の役割の重要性を踏まえ、その責務を定めたものでございます。
 第6条は、村が実施する事務または事業が暴力団に利することにならないよう、率先して行うべき村の責任を明らかにしたものでございます。
 第7条は、村が設置した施設が暴力団活動に利用されないよう、その利用制限について規定したものでございます。
 第8条は、暴力団の排除のために、村が村民、事業者に対して行う支援について定めたものでございます。
 第9条は、暴力団排除の重要性を深めるための広報啓発を規定したものでございます。
 第10条は、村民及び事業者が暴力団に金品供与の禁止を規定したものでございます。
 第11条は、村民及び事業者が暴力団の利用禁止を規定したものでございます。
 第12条は、その他必要な事項は、村長が別に定めることをうたってございます。
 附則といたしまして、平成24年4月1日から施行するものでございます。
 平成23年12月8日 提出 松川村長名。
 以上、御説明申し上げましたが、御審議の上、議決をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第58号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第59号 松川村廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 議案第59号 松川村廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について説明をいたします。
 今回の改正は、別表中、し尿処理、し尿くみ取り10リットル当たり、これまでの74円を84円に引き上げるものです。ただし、下水道法(昭和33年法律第79号)第11条の3第1項に規定する処理の区域内において、同項の規定により下水の処理をすべき日として公示された日から3年を経過した区域以外の区域にあっては74円とするものでございます。
 平成18年4月に、安曇野市では燃料が高騰する状況の中で、し尿くみ取り料金を84円に引き上げております。この安曇野市の引き上げに伴い、同じ穂高広域管内である当村と池田町におきまして協議をしてまいりました結果、足並みをそろえる必要があるということで、引き上げを行うべきとの結論に至りましたので、このたびの改正案を提出するものであります。
 この改正によりまして引き上げの対象となりますのは、下水道処理区域の中で下水道にいまだ接続されず、くみ取り式のトイレのある御家庭です。
 なお、下水道の未接続世帯に対しましては、引き続き接続の推進に努めてまいります。
 附則、この条例は、平成24年4月1日から施行する。
 平成23年12月8日 提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第59号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第60号 「安曇野松川村山の日」の制定についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第60号についての説明をさせていただきます。
 松川村は雄大な北アルプス連峰を背景に、崇高な有明山のふもとに美しく豊かな里山を有しております。これは皆様、御存じのとおりであります。
 先人たちは、古来より山からさまざまな恵みを受けるとともに、たゆまぬ努力により山を守り育ててまいりました。山からの清流は村の豊かな農産物を育て、森林はさわやかな空気を生み出し、緑豊かな美しい景観は、私たちの生活に安らぎと活力を与えてくれております。
 現代に生きる私たちは、先人たちが守り続けた美しく豊かな山を継承し、次世代に引き継いでいかなければなりません。
 そこで、山の恵みに感謝をし、村民挙げて山を大切にする日として、毎年5月の第3土曜日を、安曇野松川村山の日に制定をしていただきたいというものであります。
 若干、補足をさせていただきます。当村の総面積のうち、森林面積は約56%に上がります。先人たちがたゆまぬ努力により、美しい里山を私たちに残してくれました。それを継承し、次の世代へ引き継ぐことは、現代に生きる私たちの義務でもあり、村では積極的に森林整備や、5月に村独自の植樹祭を、皆さんとともに実施をしてまいりました。
 さきの9月定例議会に提出されました、松川山の日の制定を願う請願が、議会で採択をされたことを契機といたしまして、また、本年は国連で定めた国際森林年でもあります。その節目の年に、ここが重要であります。県下の市町村に先駆け、ここが一番大事なところでありますが、そういうことで、村民挙げて山に感謝をする日として、安曇野松川村山の日を制定する議案を今回出させていただきました。
 5月の第3土曜日は、いつも村の植樹祭をやっている日でありますので、この日に山の日の制定をさせていただけたらということで、第3土曜日とさせていただきました。
 北安曇地方事務所の林務課の話では、山の日を制定している長野県下の市町村はないということであります。都道府県でも山の日、森の日等を定めているのは、インターネット等で調べた中では23府県で、長野県でも山の日の制定はなく、10月を、ふるさとの森林づくり県民運動推進強調月間と定めている状況であります。
 そんな中で、県下に先駆けて、この定例会の中で制定をしていただけたらということの提案でございます。
 23年12月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いをいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 質問というほどのことではないんですがね、先ほど村長は、毎年、毎月と、たしか言葉の上ではそうだったと思うんです。県下初、日本でも初めてということでね、力が入って毎月になったのかなと思うんですが、これは毎年でよろしいですね。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 大変申しわけございません。ちょっと目が雲ってしまいまして、毎年でありますので、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 県下に先駆けて制定されるということで、私たちも本当に山の恩恵を受けている者としてうれしいわけですけれども、植樹祭の日という定めでありますけれども、これに関連しながら、山を大切にするということに着眼しながら、鋭意進めていっていただきたいことを要望したいと思いますが、お願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) そのつもりでやらせていただきます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第60号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第61号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第5号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、提案説明をさせていただきます。
 今回の補正につきましては、固定資産に係ります賦課徴収費、及び子ども手当改正に伴う計上が主なものでございます。なお、人件費につきましては、子ども手当の改正によるものが主なものでございますので、各担当課長からの説明は省略させていただきます。
 それでは、総務課関係から御説明申し上げます。
 6ページをお願いします。まず、歳入の関係です。
 8款地方特例交付金1目の地方特例交付金でございますが、減額の226万7,000円でございます。これにつきましては、額の確定によります減額でございます。
 続きまして、9款1目の地方交付税1,847万3,000円でございますが、普通交付税分でございます。
 8ページをお願いします。下段になりますが、14款県支出金1目の総務費委託金、2節の徴税費委託金85万6,000円でございますが、県民税徴収委託金の額の確定によるものでございます。
 次ページ下段をお願いします。19款諸収入3目の雑入の関係ですが、消防団退職報償金1名分37万1,000円、それから建物共済配分金123万9,000円ですが、こちらにつきましては北保育園、保健センター、すずの音ホールの落雷の共済金の確定によるものでございます。
 次ページをお願いします。歳出の関係になります。
 2款総務費1目の一般管理費の関係47万1,000円でございますが、11節の需用費10万5,000円、これにつきましては、戸別受信機の5台分の修繕料でございます。14節使用料及び賃借料7,000円でございますが、電波法の改正によります使用料の増加分でございます。18節の備品購入費42万円ですが、世帯増によります戸別受信機10台分を購入するものでございます。
 続きまして、6目の財産管理費17節の公有財産購入費7万5,000円ですが、旧駐在所の物置を県から買い取りまして、売却する部分の計上でございます。
 それから、7目の企画費19節の負補交、減額の376万2,000円でございますが、地域づくり活性化支援補助金、額の確定によります減額でございます。実績見込みですけれども、1団体42万円と、書類審査分9団体分でございます。
 続きまして、13目の総合行政情報費でございますが、13節の委託料、OAシステムサポート料53万5,000円ですが、税法の改正に伴います申告相談システムの改修分の計上でございます。
 次ページをお願いします。2目の賦課徴収費23節の償還金、利子及び割引料1,050万円ですけれども、固定資産税更正分を含みます村税還付金の計上でございます。
 それから、17ページをお願いします。下段になりますけれども、8款の消防費2目の非常備消防費99万5,000円ですが、6節の恩給及び退職年金39万5,000円は、退職団員の報奨金、公務外死亡1名分でございます。それから9節の旅費60万円ですが、消防団員の出動回数増に伴います計上でございます。
 19ページをお願いします。下段になりますが、10款の公債費2目の利子でございますが、減額の395万7,000円でございますが、23節の償還金利子及び割引料で、前年度の借り入れ分の額に伴います長期利子分の減額でございます。
 総務課関係は以上です。よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 住民課からは、今回の補正につきましては、平成23年10月から24年3月までの子ども手当の支給に関する特別措置法に伴う減額分と、信濃松川駅周辺に設置いたします防犯カメラ工事代が主なものでございます。
 まず、6ページ下段をお願いいたします。まず歳入からですが、款13項1目1節2子ども手当国庫負担金といたしまして、2,985万3,000円の減額でございます。
 次のページの中段、款13項3目2民生費委託金7万6,000円ですが、子ども手当の郵券代でございます。款14項1目1節2子ども手当県負担金といたしまして、75万3,000円の減額でございます。
 続いて、次のページ、8ページをお願いいたします。目7の総務費県補助金16万円は、消費者行政活性化事業補助金でございます。
 続きまして、10ページの歳出をお願いいたします。款2項1目9の交通安全防犯対策費121万3,000円は、冒頭で申しました信濃松川駅駅前広場と駅北側の駐輪場の防犯カメラの設置工事代でございます。
 次の、目10消費者行政費16万1,000円は、消費者被害の未然防止のための啓発チラシ代でございます。
 少し飛びまして、12ページをお願いいたします。款3項1目1節28の94万6,000円は、固定資産税課税更正による国保税還付金及び加算金としまして、国保会計への繰出金でございます。
 次のページ、項2目3児童措置費は、冒頭で申し上げました子ども手当の改正によるのでございます。節12役務費は、子ども手当の認定請求の郵券代7万6,000円でございます。13の10万8,000円は、子ども手当支給変更に伴いますシステム改修費でございます。節20の3,136万円は、子ども手当支給の減額分でございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 福祉課関係をお願いいたします。
 まず、歳入を説明いたします。6ページ下段をお願いいたします。款13項1目1節1社会福祉費負担金422万5,000円の増額ですが、自立支援給付費の増額に伴うものでございます。
 7ページをお願いいたします。上段、款13項2目1節1の社会福祉費補助金34万6,000円の増額ですが、地域生活支援事業費の増額に伴うものでございます。
 1段飛ばしまして、下段をお願いいたします。款14項1目1節1社会福祉費負担金211万2,000円の増額ですが、自立支援給付費の増額に伴う県負担分でございます。
 2つ下になりますが、節3生活保護費負担金381万円でございますが、社会就労センターの利用者受け入れ増によるものでございます。
 8ページをお願いいたします。上段、款14項2目1節1社会福祉費補助金17万3,000円の増額ですが、地域生活支援事業費の増額に伴います県分でございます。
 その下、節3児童福祉費補助金68万2,000円の増額ですが、安心こども基金事業の中で、保育料控除廃止システム改修が57万5,000円、子どもシステムの改修が10万7,000円となっています。
 最下段になりますが、項3目2節1社会福祉費委託金8万7,000円の増額は、民生児童委員活動費の確定によるものでございます。
 9ページをお願いいたします。中段になりますが、款19項3目1節1社会就労センター受託事業収入301万2,000円の増額ですが、事業の増加によるものでございます。
 続きまして、歳出をお願いいたします。11ページ下段をお願いいたします。款3項1目1節13委託料29万2,000円の増額ですが、障害者自立支援法改正に伴うシステムの改修料でございます。その下ですが、19負担金、補助及び交付金413万1,000円の増額ですが、補助金としまして404万4,000円は、村社会福祉協議会の局長人事に伴う人件費です。
 12ページをお願いいたします。交付金8万7,000円は、民生児童委員活動費の確定によるものでございます。その下ですが、節20扶助費914万2,000円の増額ですが、日常生活用具給費が59万8,000円、自立支援給付費が845万円、日中一時支援事業が9万4,000円の増額となっております。
 2段飛びまして、19負担金、補助及び交付金39万6,000円の減額でございますが、広域シルバー人材センターの補助金の額の確定によるものでございます。その下になりますが、節20扶助費30万円の増額ですが、在宅介護者慰労金の対象者が6名ふえたことによるものでございます。
 その下となりますが、目4節11需用費240万6,000円の増額ですが、松香荘、ゆうあい館の管理に関する中で、燃料費が56万2,000円、光熱水費が71万4,000円の増額です。修繕料113万円の増額ですが、内訳としまして、松香荘が男女浴室の照明器具の取りかえとしまして48万円、ゆうあい館の浴場のろ過装置修理費としまして65万円です。その下、節18備品購入費45万6,000円の増額ですが、ゆうあい館と松香荘が隣接する中で、AEDを1基置いておいたわけですが、松香荘にも1基設置したいというものでございます。
 13ページをお願いいたします。款3項2目1節11需用費55万7,000円の増額ですが、修繕料としまして、今年7月、北保育園の落雷によりまして、安全システム、電話、時計、放送設備が破損したものを修繕するものでございます。その下、13委託料57万6,000円の増額ですが、保育料控除廃止に伴うシステム改修によるものでございます。
 14ページをお願いいたします。款3項3目1授産施設総務費は、381万円の負担金をいただく中で、社会就労センターの改修等を行うものでございます。節11の需用費38万4,000円の増額ですが、消耗品費が3万4,000円、燃料費が5万円です。光熱水費の20万円は運営費と振りかえるものです。修繕料10万円は作業場の床の補修でございます。その下、節15工事請負費152万6,000円ですが、これは照明器具の改修ということで、ライトをLEDに変えたいというものでございます。その下、18備品購入費91万5,000円の増額は、ワークテーブル、作業台ですが54万円、放送機器としまして36万2,000円、あと玄関用のセンサーライトとして1万2,600円という形のものでございます。下段の節11需用費13万2,000円の減額ですが、消耗品費は2万7,000円、燃料費は4万1,000円が事業の増としてふえてございますが、光熱水費の20万円の減額は、先ほども言いましたように総務費と振りかえるものでございます。その下、節12役務費301万2,000円でございますが、事業量増に伴いましての社会就労センター作業員の工賃でございます。
 福祉課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 経済課、歳入関係、8ページをお願いいたします。
 款14県支出金目3農林水産業費県補助金節2農業費補助金ですが、13万9,000円の増額でございます、内訳としましては、中山間地域等直接支払事業交付金1,000円の減額ですが、額の確定見込みによるものでございます。続いて、農地・水・環境保全向上活動推進交付金14万円の増額ですが、事務費分の増額内示によるものでございます。
 節3林業費補助金で186万4,000円の減額でございますが、その内訳としましては、森林造成事業349万9,000円の減額ですが、これにつきましては、緩衝帯整備について鳥獣被害緊急総合対策事業での実施に振りかえたことによる減額でございます。続いて、森林整備地域活動支援交付金163万5,000円の増額でございますが、これは事業体が団地化して森林整備を促進するために行う境界確認などへ交付されます交付金でございますが、増額内示によるものでございます。
 続きまして、歳出関係、15ページをお願いいたします。款5農林水産業費目3農業振興費1万4,000円の増額ですが、節11需用費1万4,000円は、公用車のガソリン代の計上でございます。節19負担金、補助及び交付金1,000円の減額でございますが、中山間地域等直接支払交付金の補助対象面積の確定見込みに伴う減額でございます。続いて、節23償還金、利子及び割引料1,000円の増額でございますが、平成22年度の中山間地域等直接支払交付金の補助対象面積の精査による減額により、補助分を返還するものでございます。
 続いて、目6土地改良費ですが、節11需用費12万1,000円の増額ですが、コピー代等の消耗品の計上でございます。節12役務費2万円の増額ですが、郵券代の計上でございます。節19負担金、補助及び交付金7万8,000円の計上ですが、農地・水・保全管理支払交付金の交付事務は県の協議会で行っており、その事務費の村負担分でございます。
 続いて、16ページ中段をお願いいたします。項6林業費目1林業振興費142万8,000円の減額ですが、節11需用費6万9,000円は、公用車のガソリン代の計上でございます。節12役務費359万2,000円の減額でございますが、林道路肩草刈りについては事業完了によるものでございます。村有林保育事業ですが、これは歳入でも御説明申し上げましたが、緩衝帯整備について、鳥獣被害緊急総合対策事業での実施に振りかえたことによる減額でございます。節13委託料8万4,000円の減額でございますが、事業完了によるものでございます。節19負担金、補助及び交付金217万9,000円の増額でございますが、これも歳入で御説明申し上げましたが、森林整備地域活動支援交付金の増額内示に伴い、村負担分を含めた額を計上するものでございます。
 続きまして、款6商工費目2観光費節11需用費1万4,000円の増額でございますが、公用車のガソリン代の計上でございます。節19負担金、補助及び交付金8,000円の増額でございますが、地域コーディネーター活用事業につきましては、松川村エコツーリズム推進協議会で地域資源の観光活用事業を現在進めておりますが、国の補助金が年度末になるため、事業費を借り入れて事業を実施するため、その利息分を補助するものでございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 建設水道課関係は17ページをお願いいたします。中段の土木費です。項2の道路橋梁費目2の道路維持費です。74万7,000円の追加です。17節の公有財産購入費74万7,000円で、これにつきましては、北細野踏切道路敷に係るJRとの協定に基づく、村が有償で譲り受ける部分の用地代です。登記関係の手続を今まで行ってきましたけれども、それが整ったことによりまして、用地の売買契約を結んでいきたいということでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会の関係お願いいたします。
 まず、歳入の8ページをお願いいたします。目の6教育費県補助金の関係でございます。節の1学校教育費補助金35万9,000円の増額、これは笑顔で登校支援事業の補助金。それからその下、節の2社会教育費補助金の33万8,000円の減額ですが、子ども教室補助金ですけれども、それぞれ確定見込みに伴います増減でございます。
 次のページ、9ページの上段、財産運用収入の関係の目1財産貸付収入の関係で、節1土地建物貸付収入19万8,000円の減額ですが、教員住宅貸付料で、単身用1戸が空き家となっているための減額でございます。
 続きまして、歳出の18ページをお願いいたします。目の1教育委員会費の関係です。節の19の負担金、補助及び交付金7万5,000円の増額ですが、私立幼稚園就園奨励費補助金の増によるものでございます。
 目の2事務局費につきましては、笑顔で登校支援事業補助金の財源振替でございます。
 目の4スクールバス運行費11需用費7万4,000円、燃料費の増額でございますが、バスの燃料代の増によるものでございます。
 その下、項の3中学校費の関係で目1学校管理費、工事請負費の35万7,000円の増額でございますけれども、バスケットコートの規格につきましてルール変更がありましたため、ラインの引き直しの工事を行うためのものでございます。
 続きまして、目の2教育振興費11需用費150万5,000円の増額です。これは消耗品費でございますけれども、学習指導要領改定によりまして、教科書の変更が24年度に行われるものでございますけれども、そのための教師用指導書、並びに教科書の分を購入するための金額でございます。
 教育委員会関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 歳出の18ページ下段をお願いいたします。款4社会教育費目2の公民館費21万4,000円ですが、需用費11万9,000円の増額ですが、公用車のガソリン代の増額でございます。次ページの19ページ、18の備品購入費9万5,000円の増額ですが、多目的ホールの箱階段3台の購入費でございます。
 目4生涯学習推進費47万6,000円の増額ですが、11需用費14万円につきましては、生涯学習基本構想のダイジェスト版の印刷代であります。15の工事請負費33万6,000円の増額ですが、ルーラル公園内トイレの改修工事費であります。
 1段飛びまして、項5保健体育費目2保健体育施設費の11の需用費2万5,000円でありますが、野球場の水道使用料の増額でありますのでお願いいたします。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 歳入のところの、8ページの14の2の6の子ども教室の補助金の方、額の確定というか、事業の確定というお話でしたが、利用者数がどのくらいになっているのか教えてください。
 それから、次のページの10ページの歳出の6の財産管理費の中の建物購入費ということで7万5,000円上がっていまして、この辺のところ、歳出、一般財源で出ているんですが、このやりとりの意味がちょっと内容わかりませんでしたので教えてください。
 それから、先ほど説明がありました入と出のところで、出の中では16ページにあるんですけれども、村有林の保育事業の関係で農林水産費350万7,000円の、これ振りかえというお話でしたけれども、入と出も減額となっておりますが、どこにどのように振りかえていくのか、緩衝帯整備、有害鳥獣の方にというお話だったので、その辺のところがちょっと見えないところがありましたので、教えていただきたいというふうに思います。
 それから、18ページの9の教育費の中の教育委員会費の私立幼稚園の就学の補助金ですけれども、増額になっておりますが、私立幼稚園の方に何人が行っているのか、わかったら教えていただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、歳入の関係の子ども教室の補助金につきましては、登録者数が180名強でございます。利用につきましては、大体毎日60名前後の児童が利用をしているという状況でございます。
 それから、歳出の関係の私立幼稚園就園奨励費補助金の関係でございますが、大町市の方へ計10名が通園しているという状況でございます。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、緩衝帯の関係の御説明をいたしますが、この振替の関係でございますけれども、国の鳥獣害被害緊急対策総合事業の関係につきましては、村の事業というよりも、事業採択の中で、いわゆるそれぞれ組織で行うような形になっております。
 それで緩衝帯につきましては、いわゆる国の採択の中ではソフト事業ということで、100%ついた事業でございます。事業主体につきましては、大北管内で行うということで事業採択をしておりまして、大北地域有害鳥獣被害防止対策協議会というものを設立しまして、事務局は大町市で務めていただいておりますけれども、その中で事業実施を行うということで、この分をそちらの方に振りかえたということで減額させていただきますので、いわゆる金額的には減額したものが次に載ってくるところはございませんけれども、事業実施はそこで行うということで御理解いただきたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、総務課関係10ページの財産管理費の7万5,000円の公有財産購入費の関係を御説明申し上げます。
 御存じのとおり、旧駐在所につきましては、建物は県のものでございました。敷地は村のものでございまして、今、解体が済みまして、村に返還という形になっておりますけれども、村といたしましては村有地を売却していきたい考えでございます。その中で、旧駐在所の物置がございまして、買い取り者はもう決まっておりますけれども、その人が欲しいという要望がございまして、それを残していきたいということで、残っております。県の建物で資産がありますので、それは売却しなきゃいけないということで、村が借りておりましたので、村がとりあえず県の方に、その物件を買い取るといった計上で、物置が7万5,000円という金額でございます。
 改めまして、新年になりまして、これを含めまして、地権者の方に同額で売却をしていきたいということで計上してございます。県の方には、12月中に支払いをしなきゃいけないということで、この部分だけ計上させていただきましたので、よろしくお願いします。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員、よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 10ページですけれども、企画費の中で補助事業、地域づくり活動活性化支援金、議会の方でも常にこれをもう少し考えた方がいいんじゃないかという意見を付しておりますけれども、今回、中間でも募集したと思いますけれども、その辺の状況、例年よりも多く使われているような気はいたしますけれども、その辺の状況をちょっとお聞かせいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほどの活性化支援補助金の関係でございますが、3月から4月に募集をしまして、先ほど申し上げましたけれども、42万円の団体、有明山語りの会、2回目になりますが、この団体が1件、それから10万未満の書類審査の団体が9件ということで採択になって、活動をしていただいております。ただし、予算的にまだ枠がございましたので、9月に再募集をかけましたけれども、問い合わせ等数件ありましたが、申請には至らず、当初の1件と9件ということで計10件、金額にしまして123万8,000円の交付申請で、今、活動をいただいておりますので、これでもう事業といいますか、予算は確定ということで減額をさせていただきました。
 ただし、実績報告によりまして、123万8,000円のうちから減額になる部分があるかもしれませんけれども、そういったことで、これ以上ふえないということで減額をさせていただきました。
 それから、新年度につきましてはこれを踏まえまして、より使いやすいように、今、検討中でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 歳出の10ページ、交通安全・防犯対策費の中の15節工事請負費の121万3,000円、こちらですけれども、今回、防犯カメラを設置したいということで、2基の予算が上がっております。今回、公共の場での防犯カメラ設置が許可されますと、各地区やPTAなどから設置要望が出てくると思われますけれども、設置基準についてはございますでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) この防犯カメラにつきましては、設置基準といいますか、防犯カメラの設置及び運用に関する要綱を定めまして、それに基づきまして設置をさせていただくということで、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 事前に設置及び運用に関する要綱がございますが、この中に特に設置の基準がないように見受けられるんですけれども、いかがでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今回のこの防犯カメラ2台につきましては、特に警察署というか、大町警察署長の方からですね、強い要望がございまして、前にもちょっとお話をいたしましたけれども、ストーカー等のもの、それから自転車等のものという中での、今回のつける2台につきましては、そういう中でつけさせていただきました。
 設置基準等につきましては、今、議員がおっしゃられましたけれども、要綱等の中で不備なものにつきましては、今後また検討してまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) ほかの自治体でも、個人情報保護の観点から、設置を踏みとどまっているところもあるように見受けられます。この件に関しては、何とぞ慎重に進めていただければと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) それぞれ今回のものにつきましては、区長会、それから防犯協会等にお諮りをいたしまして、理解をしていただいております。慎重に取り扱っていきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第61号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 審議の途中ですが、ここで11時30分まで休憩いたします。
                               午前11時16分 休憩
                               午前11時30分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、議案第62号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、保険給付費の増額分と固定資産税課税更正による国保税還付金が主なものでございます。
 5ページをお願いいたします。歳入ですが、款3の医療給付費等負担金1,200万円、その下、財政調整交付金の普通分1,441万2,000円と特別分200万円は、一般分の保険給付費の国庫負担補助分でございます。
 款4の療養給付費等交付金1,681万7,000円は、退職分の療養給付費分の交付金でございます。
 款6の財政調整交付金の普通分109万2,000円と、特別分200万円は、一般分の保険給付費の県の補助金でございます。
 款7の共同事業交付金の964万円は、国保連からの高額療養費共同事業交付金です。
 款9の94万6,000円は、固定資産税課税更正による一般会計からの繰入金でございます。
 7ページをお願いいたします。歳出でございます。款1総務費9万4,000円は、国保総合システム稼働に伴います賃金でございます。
 款2項1は一般と退職分の療養給付費の不足分それぞれ2,521万4,000円と2,000万円でございます。
 続きまして、項2の800万円は、一般の高額療養費分でございます。
 続きまして、次のページ、8ページになります。款3の20万2,000円は、後期高齢者支援金決定に伴います負担金でございます。
 款4の7,000万円は、前期高齢者納付額決定に伴います納付金でございます。
 款8の74万2,000円は、人間ドック補助金の不足分でございます。
 続きまして、次のページでございます。款10のそれぞれ63万2,000円、29万1,000円、14万7,000円、7万1,000円は、冒頭でお話し申し上げました固定資産税課税更正におけます国保税還付金加算金でございます。
 目5の350万7,000円は、前年度の国からの療養給付費と特定健診負担金の返還金でございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 8ページの、今、人間ドックの報告をいただきましたが、これ何名分になりますか。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 当初予算ですと、主治医の特定健診の方に導入に移行するということで、若干少なく見込みましたので、ただ昨年並みというような形になりまして、人数的には約60名の方を見込んでございます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第62号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第63号 平成23年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 次のページをお願いいたします。
 今回、追加をお願いするのは工事請負費1,845万9,000円です。これにつきましては、北細野踏切の水道管布設替え工事についてのものであります。今までJRとの協議によりまして、地下水位等の問題がありまして、設計について見直しを行ってまいりました。このたび設計が整いまして、工事費を追加するものでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 工期等については、どのようになっておりますか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 3月末を見込んでおります。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第63号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 請願・陳情の委員会付託
○議長(新村久仁男君) 日程第6 陳情の委員会付託を行います。
 お手元に配付の陳情についてを議題とします。
 ただいまから陳情を各委員会に付託します。
 件名 耐震診断・耐震改修に関する陳情書
 陳情者 長野市岡田町124−1、社団法人 長野県建築士事務所協会 会長 新井典夫、大町市大町1058−2 社団法人 長野県建築士事務所協会 大北支部長 荒山行雄
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 続いて、
 件名 最低制限価格の設定に関する陳情書
 陳情者 長野市岡田町124−1、社団法人 長野県建築士事務所協会 会長 新井典夫、大町市大町1058−2 社団法人 長野県建築士事務所協会 大北支部長 荒山行雄
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 続いて、
 件名 国土交通省告示第15号の履行に関する陳情書
 陳情者 長野市岡田町124−1、社団法人 長野県建築士事務所協会 会長 新井典夫、大町市大町1058−2 社団法人 長野県建築士事務所協会 大北支部長 荒山行雄
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、以上の件は総務産業建設委員会に審査を付託します。
 これで、本日の日程は全部終了しました。
 これにて散会します。
 御苦労さまでした。
                               午前11時41分 散会