議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成23年第 3回定例会−09月12日-01号




平成23年第 3回定例会

                 会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│ 9月12日 │ 月 │本  会  議│一般議案審議、                 │
│       │  │       │22年度各会計決算上程・提案説明・補足説明   │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   13日 │ 火 │本  会  議│各会計決算総括質問、議案等審査特別委員会へ審査付│
│       │  │       │託、請願・陳情等委員会付託、全員協議会     │
│       │  │       │一般質問通告午後1時締切            │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   14日 │ 水 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   15日 │ 木 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   16日 │ 金 │委  員  会│議案等審査特別委員会(まとめ)         │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   17日 │ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   18日 │ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   19日 │ 月 │休     日│敬老の日                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   20日 │ 火 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   21日 │ 水 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   22日 │ 木 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   23日 │ 金 │休     日│秋分の日                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   24日 │ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   25日 │ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   26日 │ 月 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第36号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第37号 松川村税条例等の一部を改正する条例
 議案第38号 松川村立学校施設の開放に関する条例の一部を改正する条例
 議案第39号 災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第40号 公の施設の区域外設置に関する協議について
 議案第41号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第3号)
 議案第42号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第43号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 議案第44号 平成23年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第45号 平成23年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)
 議案第46号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第47号 平成23年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
 議案第48号 平成22年度松川村一般会計歳入歳出決算書
 議案第49号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書
 議案第50号 平成22年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書
 議案第51号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書
 議案第52号 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第53号 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書
 議案第54号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第55号 平成22年度松川村水道事業会計決算書

 議案第56号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第4号)
 議案第57号 教育委員会委員の任命について
 報告第13号 平成22年度各会計決算について
 報告第14号 学校給食を自校方式にすることを求める陳情書
 報告第15号 旧農協第二倉庫取り壊しについての陳情
 報告第16号 山の恩恵に感謝し、里山・山岳の自然とともに共生して地域づくりをする村民挙げての決意のため「松川山の日の制定」を願う請願書
 報告第17号 私立高校に対する大幅公費助成をお願いする陳情書
 報告第18号 拡大生産者責任(EPR)及びデポジット制度法制化を求める意見書採択について


                 請願・陳情一覧表

 請願
┌─────┬───────────────────┬──────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │     請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 23. 8.25 │山の恩恵に感謝し、里山・山岳の自然とと│松川村2478         │勝家 尊│
│     │もに共生して地域づくりをする村民挙げて│松川村宮沢敏文後援会    │    │
│     │の決意のため「松川山の日の制定」を願う│代表者 平林 博三     │    │
│     │請願書                │              │    │
└─────┴───────────────────┴──────────────┴────┘

 陳情
┌─────┬────────────────────┬────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │     陳  情  者     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 23. 7.28 │私立高校に対する大幅公費助成をお願いする│松本市県3-6-1          │
│     │陳情書                 │中信地区私学助成推進協議会   │
│     │                    │会長 赤羽 勝巳        │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 23. 8.17 │拡大生産者責任(EPR)及びデポジット制│福岡県筑後市長 中村 征一   │
│     │度法制化を求める意見書採択について   │福岡県大川市長 植木 光治   │
│     │                    │福岡県大木町長 石川 潤一   │
│     │                    │環境自治体を目指すちっご委員会 │
│     │                    │委員長 荒木 フサヱ      │
└─────┴────────────────────┴────────────────┘



             平成23年松川村議会第3回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│9月21日(水)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │12│榛 葉 良 子│1 災害への対応の再点検        │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │10│矢 口 あかね│1 「セーフコミュニティ」について   │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 7 │平 林 寛 也│1 平成22年度決算の評価       │村長     │
│  │  │       │2 新たな経済対策           │村長     │
│  │  │       │3 町村交通災害共済への加入について  │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 2 │佐 藤 節 子│1 松川村の防災・減災対策について   │村長     │
│  │  │       │2 村政に対する要望について      │村長     │
│  │  │       │3 大糸線輸送強化期成同盟会について  │村長     │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│9月22日(木)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 5 │ 8 │渡 邉 尚 省│1 ゆたかな学校給食をめざして     │村長     │
│  │  │       │2 地下水保全条例について       │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 6 │ 4 │甲 斐 澤 明│1 安曇野松川村すずむし保護条例の活用と│村長     │
│  │  │       │  今後の方策について         │       │
│  │  │       │2 危機管理について          │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



            平成23年松川村議会第3回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │平成23年9月12日                     │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │松川村役場議場                        │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成23年 9月12日 午前10時00分│議 長│新 村 久仁男│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成23年 9月12日 午後 2時41分│議 長│新 村 久仁男│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例    │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  11番  │白 澤 富貴子│  12番  │榛 葉 良 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│教育長    │西 澤   勇│代表監査委員 │川 上 雅 嗣│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │会計管理者兼 │伊 藤 勇 二│       │       │
│          │会計課長   │       │       │       │
│    全員出席  ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第36号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第37号 松川村税条例等の一部を改正する条例
 議案第38号 松川村立学校施設の開放に関する条例の一部を改正する条例
 議案第39号 災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第40号 公の施設の区域外設置に関する協議について
 議案第41号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第3号)
 議案第42号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第43号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 議案第44号 平成23年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第45号 平成23年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)
 議案第46号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第47号 平成23年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
 議案第48号 平成22年度松川村一般会計歳入歳出決算書
 議案第49号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書
 議案第50号 平成22年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書
 議案第51号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書
 議案第52号 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第53号 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書
 議案第54号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書
 議案第55号 平成22年度松川村水道事業会計決算書



                               午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成23年松川村議会第3回定例会を開会します。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(新村久仁男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、11番 白澤富貴子議員、12番 榛葉良子議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(新村久仁男君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等については、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(甲斐澤明君) (報告)
○議長(新村久仁男君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 お諮りします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から9月26日までの15日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月26日までの15日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(新村久仁男君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。
 実りの秋を迎えまして、公私とも大変お忙しい中、平成23年松川村議会第3回定例議会を開催をいたしましたところ、全議員の皆様に御出席をいただきまして開会できますことに感謝を申し上げたいというように思います。
 今年は、秋晴れに恵まれず曇天が続きました。水稲の収穫作業が若干おくれぎみと聞いておりましたけれども、このところの天気によりまして、一気に進み出しました。
 四国・中国地方を縦断をいたしました台風12号による豪雨では、和歌山県、それから奈良県など大きな被害となり、死者、不明者は全国で100人を超えました。私どもの松川村はおかげさまで平穏無事に本日を迎えることができ、何よりと思っているところでございます。
 しかし、9月の3日、4日に行われました北アルプス山麓ツーデーウオーキングにおきましては、西原区でのすずむし探索会等が雨空での開催となりまして、準備万端整えてお待ちをいただきました皆様をがっかりさせたというように思っております。
 先日は、地域高規格道路松本・糸魚川連絡道路の安曇野地域の概略ルートが1案、2案ということで発表されました。安曇野市では住民説明会が行われております。松川村としましては、構造を一日も早く示してほしいことを県にお願いをしております。この16日には、大北市町村長が県及び県議会に陳情することが決まっております。
 国政では、2年間に3人の首相が誕生した民主党政権でありますけれども、野田総理のもと、私ども国民のために政治をしていただけるよう願いたいというように思っておりますが、早くも経産相が辞職をいたし、先が思いやられますけれども、この地区からの選出の下条衆議院議員は、初の防衛政務官に任命されました。力をぜひ発揮していただきたいというように思っているところでございます。
 スポーツ面では、サッカー女子ワールドカップで優勝しました、国民栄誉賞を受賞したなでしこジャパン、世界の強豪を相手に懸命に戦う姿は、震災で被災した方々を初め、多くの人々に元気を与えました。昨夜も中国に勝ちまして、ロンドン五輪アジア最終予選を全勝で、見事五輪出場ということを決めてくれました。強さは本物だったというように思います。オリンピック本番での活躍を期待したいというように思うところでございます。
 続きまして、最近の村政状況等の報告をさせていただきます。
 まず、広島平和記念式典への参加についてであります。
 8月上旬には人づくり事業派遣研修によりまして、原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念するため、66回目を迎える広島平和記念式典へ、村の将来を担う中学生4名を含め、8名に参加をいただきました。この生涯を通じて貴重な経験となる中学生の派遣研修の取り組みは、今年で4年目となります。
 続きまして、村総合防災訓練についてであります。
 8月28日に、村内全域を対象とした村総合防災訓練が行われました。地震発生を想定した避難勧告により、村民約2,200人が各避難所に一時避難をしました。小学校校庭では約500人が関係機関の協力をいただき、各種訓練、体験等を熱心に行っていただきました。
 今後も、このような訓練を通しまして、村民の皆様に日ごろから災害への備えをお願いするとともに、防災意識の高揚を図ってまいりたいというように思っております。
 続きまして、住宅リフォーム補助金、住宅用太陽光発電システム設置費補助金についてであります。
 住宅リフォーム補助金は、生活環境の質の向上と地域経済対策としまして、また住宅用太陽光発電システム設置費補助金は、地球温暖化対策を推進するため、それぞれの要綱を制定をいたしまして、村の新規補助事業としまして実施をしてまいります。今年度の補助金見込額は補正予算に計上いたしましたので、御審議の上、決定をいただきますようお願いをいたします。
 続いて、敬老祝金であります。
 今月19日は敬老の日であります。各地区では敬老会等が実施をされているところでございますが、敬老祝金条例に基づく本年の対象者は、80歳が120名、88歳が40名、99歳が1人と、合計161名となっております。ちなみに80歳以上につきましては882名、外国人が4名含まれております。
 長年にわたり社会の進展に寄与してきた皆様に敬意をあらわすとともに、ますます御健康でお過ごしいただきたいというように思っているところでございます。
 続いて、米の作柄概況であります。
 関東農政局長野農政事務所が先月31日にまとめた水稲の8月15日現在の作柄概況は、中信地域は平年並みということが見込まれております。田植え最盛期は平年に比べ1日遅い5月13日、出穂最盛期は平年に比べ2日早い8月6日となりました。これは5月中旬から6月上旬の低温により、生育のおくれがありましたけれども、6月下旬以降の高温による生育が回復したことが要因と思われます。
 続いて、松川産米の放射性物質検査結果についてであります。
 県による松川産米の放射性物質、放射性沃素とセシウム調査が8月18日に実施され、村内の収穫期が最も早い水田から玄米をサンプル採取し、分析機関の日本食品分析センターで検査が行われました。県は8月23日、松川村の米からは放射性物質は検出されなかったと発表いたしました。これにより松川産米の出荷、販売、譲渡などが可能となり、一安心しているところでございます。
 続いて、クマ、イノシシの出没状況であります。
 クマにつきましては、現在まで県の許可のもと、個体調整により3頭を駆除しました。今後も安全対策につきましては、目撃情報及び山林内に入る方への注意喚起等、防災無線で周知するとともに、教育委員会、地方事務所と連絡を取り合って安全確保を図ってまいります。
 また、イノシシにつきましては近年、農作物等への被害が拡大してきており、現在、西原地区と川西地区にくくりわなを設置し、西原地区7頭、川西地区は2頭を捕獲駆除しました。今後も猟友会、各地区の鳥獣害防止推進協議会と連携しながら、被害軽減を図ってまいりたいというように思っております。
 松くい虫の状況であります。
 今年度8月31日までに21本、31.3立米の枯損木の処理を行いました。検体調査も同時に行っており、7本の松よりマツノザイセンチュウが検出をされました。今後も森林保全等巡視員を中心としたパトロールを強化するとともに、関係機関と連携する中で、早期発見による被害防止に努めてまいりたいというように思っております。
 続きまして、農家民宿開業希望者説明会の開催であります。
 都市部の学校では、修学旅行で農村での農業体験、農家民泊を希望する学校が増加をしているというように聞いております。村では、その受け入れ体制づくりの一環といたしまして、8月25日、農家民宿開業希望者説明会を開催し、約20名が受講をされました。現在、大阪の中学校から来年5月に修学旅行で農業体験と農家民泊の受け入れ要望があり、今後、村内の農家民宿に意欲のある農家の皆さんと連携する中で、受け入れ準備を進めてまいりたいというように思います。村も全面的にバックアップをしてまいるということで考えております。
 続きまして、給食センター建設についてであります。
 8月26日に開催されました池田松川施設組合議会協議会において、池田松川給食センターの建てかえ場所を松川中学校テニスコートにすることに決定をいたしました。
 今後、プロポーザルコンペを経て、実施設計業者の選定等建設に向けスタートすることとなりますので、池田町、松川村教育委員会が十分連絡をとりながら進めていくこととします。
 また、テニスコートの移設場所としてサブグラウンドを予定しておりまして、造成工事の予算を本議会最終日に提出する予定でありますので、よろしく御審議をいただきたいというように思います。
 続きまして、本日上程いたします議案は20件でありますが、概要を若干申し上げます。
 議案第36号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例は、スポーツ振興法を全部改正し、スポーツ基本法が制定されたことに伴い、体育指導員をスポーツ推進委員に変更するものであります。
 議案第37号 松川村税条例の一部を改正する条例は、現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して、税制の整備を図るための地方税法等の一部改正に伴い、改正するものであります。
 議案第38号 松川村立学校施設の開放に関する条例の一部を改正する条例は、学校教育法の適用条文の変更と、スポーツ基本法制定に伴う改正であります。
 議案第39号 災害弔慰金の支給に関する条例の一部を改正する条例は、東日本大震災の被害の甚大さ等にかんがみ、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正し、災害弔慰金の支給対象となる遺族の範囲が拡大されたため、これにあわせて条例改正をするものであります。
 議案第40号 公の施設の区域外設置に関する協議については、池田町営松川村緑町自転車駐車場を池田町が借地で設置してきたが、このたび土地を取得することとなり、当時の協議内容が変更となります。このため池田町から改めて協議があり、地方自治法に基づき議決を求めるものであります。
 議案第41号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第3号)は、4,790万5,000円を追加し、総額を33億8,357万5,000円とするもので、主なものを申し上げますと、歳入は地方交付税に1,469万2,000円、緊急雇用創出事業交付金など県支出金1,625万6,000で、歳出は住宅リフォーム補助金など土木費1,315万2,000円、太陽光発電システム設置補助金、ごみステーション管理委託など衛生費1,184万1,000円、地域支え合いマップ作成業務、社会就労センター作業員工賃など民生費736万8,000円、農林水産業費645万6,000円、消防費623万9,000円の追加であります。
 議案第42号から議案第47号までは、平成23年度各特別会計等の補正予算でありますが、前年度の精算や繰越金の確定等が主な内容であります。
 議案第48号から議案第55号までは、平成22年度松川村一般会計歳入歳出決算書及び各会計決算書であります。
 いずれも、提案時には各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議いただきまして、お認めをいただきますよう、お願いをいたします。
 以上を申し上げまして、あいさつとさせていただきます。長くなりましたけれども、よろしくお願いをいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(新村久仁男君) 日程第4 諸般の報告を行います。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(鈴木智君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.北アルプス広域連合議会6月臨時会
  開催期日  平成23年6月30日
  出席議員  新村議長、白澤副議長、甲斐澤議員
  審議事項等 ・平成23年度各会計補正予算
        ・養護老人ホーム鹿島荘改築に係る工事請負契約の締結について
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決
 2.社会福祉法人大北社会福祉事業協会第3回評議員会
  開催期日  平成23年7月4日
  出席議員  新村議長
  審議事項等 ・理事の選任
        ・監事の選任
  審議結果等 理事に松川村 平林村長ほか8名を選任
        監事に池田町 山田賢一氏ほか2名を選任
 3.高瀬広域水道企業団議会7月臨時会
  開催期日  平成23年7月19日
  出席議員  新村議長、白澤副議長
  審議事項等 ・正副議長選挙
  審議結果等 議長に大町市議会 大厩議長、副議長に池田町議会 甕議長が就任。
 4.高瀬広域水道企業団議会8月定例会
  開催期日  平成23年8月22日
  出席議員  新村議長、白澤副議長
  審議事項等 ・平成22年度各会計決算の認定
  審議結果等 決算を認定
 5.北アルプス広域連合議会8月定例会
  開催期日  平成23年8月24日、25日
  出席議員  新村議長、白澤副議長、甲斐澤議員
  審議事項等 ・監査委員の選任
        ・平成22年度各会計歳入歳出決算の認定
        ・平成23年度各会計補正予算
  審議結果等 監査委員に小谷村 岡澤利幸氏を選任
        各会計決算を認定
        各議案を原案のとおり可決
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第5 議案の上程を行います。
 議案第36号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは議案第36号の方をお願いいたします。
 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例。
 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和34年松川村条例第5号)の一部を次のように改正する。
 別表中、体育指導委員をスポーツ推進委員に改める。
 昭和36年に制定されましたスポーツ振興法が全部改正されまして、スポーツ基本法が公布、施行されましたことに伴う名称変更で、体育指導委員をスポーツ推進委員に改めるものです。
 附則、この条例は公布の日から施行する。
 平成23年9月12日 提出 松川村長。
 以上であります。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第36号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第37号 松川村税条例等の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案第37号 松川村税条例等の一部を次のとおり改正するということで、今回の改正については、現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応し、税制の整備を図るための地方税法等の一部を改正する法律、それから地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則等の一部を改正する政令が、平成23年6月30日に公布されたことに伴い改正するものでございます。
 今回の条例改正の主な内容でございますが、まず住民税関係、個人住民税の寄附金税額の控除の適用下限額が5,000円から2,000円に引き下げとなります。また、上場株式等の配当所得及び譲渡所得等に対する10%の軽減率等の特例が、平成23年12月31日までで廃止し、本来の税率である20%になることでございますが、これが25年の12月31日まで2年間延長されます。
 それから、諸税関係でございますが、経済社会状況の変化に対応しました罰則等の限度額の引き上げを行います。国税の見直しに合わせた所要の罰則の見直しで、申告書の不提出等に係ります罰則等3万以下の過料が、10万円以下の過料に引き上げとなるものでございます。
 それでは各条文の御説明を申し上げます。
 第1条による改正でございますが、第26条第1項、村民税の納税管理人に係る不申告に係る過料の上限額を3万円から10万円に改正するものでございます。以下、過料についての改正額は同額でございますので、改正となる条文及び項目のみ申し上げます。
 34条の7、寄附金、税額控除に関する事項でございまして、寄附金の税額控除の適用下限額を5,000円から2,000円に引き上げる内容のもの及び、その根拠、控除金額等を条例の規定から地方税法で規定する内容に改正するもので、削除させていただきます。
 それから、36条の3第2項につきましては、地方税法施行規則の条文を適用するための改正です。
 36条の4第1項、村民税に係る不申告に関する過料の改正でございます。
 続きまして、53条の10第1項、退職所得申告書の不提出に関する過料の改正。
 61条第9項及び同条第10項につきましては、地方税法の項の繰り下げに伴う改正でございます。
 65条第1項及び75条の第1項、固定資産税の納税管理人に係る不申告に係ります過料及び固定資産に係る不申告に関する過料の改正でございます。
 83条の第2項、軽自動車税の納税の始期、開始の時期ですが、前倒しをしまして納税期間を延長するための改正でございます。
 第88条の第1項、軽自動車に関します不申告等に関する過料の改正。
 それから100条の2、たばこ税に係る不申告に関する過料を定める条文を加えるものでございます。
 次ページの105条の2、鉱産税にかかわります不申告に関する過料を定める条文を加えるものでございます。
 107条第1項及び133条第1項、鉱産税の納税管理人に係ります不申告に係る過料及び特別土地保有税の納税管理人に係る不申告に関する過料の改正です。
 139条の2、条繰り下げによりまして、第139条の2を第139条の3としまして、新たに特別土地保有税に係る不申告に関する過料を定める条文を加えるものでございます。
 附則第7条の4、寄附金税額控除におけます特別控除の特例に関する条文でございますが、34条の7の改正と同様に、特例控除額の計算の根拠を、条例での規定から地方税法附則で規定する内容に改正するものでございます。
 附則の下段になりますが、第8条第1項、肉用牛売却によります課税の特例の見直しで、適用期限を3年延長するものでございます。
 附則第10条の2第4項、高齢者の居住の安定確保に関する法律の改正に伴う改正です。
 附則第16条の3第3項第2号から、次ページの中段、附則第19条の9第2項第2号、同条第5項第2号は、前に述べましたが、34条の7及び附則第7条の4の改正に伴う改正でございます。
 下段の第2条によります改正でございます。松川村税条例の一部を改正する条例の附則を改正すものでございます。
 附則第1条第4号、附則第2号、第6号、軽減税率の適用期限延長に伴いまして、施行日及び適用年月日を2年延長するものでございます。
 附則といたしまして、第1条は施行日の規定でございますが、この条例の公布の日から施行いたします。ただし、1号から3号につきましては、次のとおりとなります。
 第1号につきましては、過料の上限3万円を10万円に改める部分に関する規定で、公布の日から起算して2月を経過した日から施行いたします。
 第2号につきましては、肉用牛の売却特例の施行日で、平成25年1月1日になります。
 第3号につきましては、第1条中松川村税条例附則第10条の2第4項の改正規定の施行日を規定するもので、高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部を改正する法律の施行日となります。
 第2条から第4条、村民税、固定資産税、罰則に関する経過措置を示した内容でございます。
 平成23年9月12日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) ただいまの説明はですね、要約しますと罰則強化というふうに理解をするわけです。それで罰則を強化して、従来よりこれが効果が上がると、そういうようなことなのかどうなのか、その点が1点。
 それから、もう1点はですね、雇用情勢の変化というような、当初、村長の説明でありましたけれども、どういうふうに雇用にこれがプラスに影響するのか、そういうことについての説明お願いしたいと思います。
 それから、この具体的な運用につきましては、村で行うという理解でよろしいかどうか。
 以上3点です。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 1点目の御質問ですが、罰則規定の強化で効果があるかという御質問かと思いますけれども、納税の義務ということで、全員に対しまして納税に対します知識を持っていただきたいということ。それから当然、上位法で決められた部分でございますので、当然、納税をしていただかない方には過料を引き上げていくという内容でございますので、御理解をお願いしたいと思います。
 それから、雇用情勢確保について、どのようなものがあるかという内容でございますけれども、基本的には国税の見直しに合わせた改正でございますけれども、この辺につきましては、上場株式の配当所得とか、譲渡所得の10%の軽減率が終わってしまう部分を、2年間延長するということで、そういった部分の中で経済状況、雇用状況を見直していきたいという内容でございます。
 それから運用につきましては、当然、税条例の一部改正でございますので、村で運用をしていくといった内容ですので、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第37号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(新村久仁男君) 起立多数。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第38号 松川村立学校施設の開放に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、議案第38号の方をお願いいたします。
 松川村立学校施設の開放に関する条例(平成18年松川村条例第3号)の一部を次のように改正する。
 第1条中第85条を第137号に、スポーツ振興法(昭和36年法律第141号)をスポーツ基本法(平成23年法律第78号)に改める。
 先ほどの議案第36号と同じで、昭和36年に制定されたスポーツ振興法が、全部改正によりましてスポーツ基本法が公布、施行されることに伴い、学校基本法の条文85条を137条に改め、スポーツ振興法をスポーツ基本法に改めるものです。
 附則、この条例は公布の日から施行する。
 平成23年9月12日 提出 松川村長名。
 以上であります。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第38号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第39号 災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案第39号 災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を次のように改正するということで、今回の改正につきましては、東日本大震災の被災の甚大さをかんがみまして、災害弔慰金の支給に関する法律が、平成23年7月29日に公布され、施行されたことに伴います災害弔慰金の支給対象者と遺族となる範囲に、死亡した者の死亡当時における兄弟姉妹を加える内容でございます。
 第4条第1項第1号におきましては、兄弟姉妹を除きまして、3号で、2号の存在者がいない場合に兄弟姉妹がいるときは、その兄弟姉妹、死亡した者の死亡当時のその者と同居をし、または生計を同じくしていた方という内容でございますが、これに対しまして、災害弔慰金を支給する条文でございます。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行し、平成23年3月11日以降に生じた災害により死亡した住民に係る災害弔慰金の支給について適用するものでございます。
 松川村に対象者はございませんが、上位法の改正に伴いまして行うものでございます。
 平成23年9月12日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第39号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第40号 公の施設の区域外設置に関する協議についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案第40号 公の施設の区域外設置に関する協議について、御説明申し上げます。
 池田町営松川村緑町自転車駐車場につきましては、平成7年に池田町より地方自治法第244条の3第1項の規定により協議がなされまして、松川村といたしましては、平成7年9月25日に議決を得ているところでございます。
 池田町が土地を借りて駐輪場を設置してきておりますが、このたび地権者、所有者の申し出によりまして、池田町が土地を取得することになりました。これに伴いまして、現状にあわせた分筆が必要となります。当時の協議内容と設置場所の表示などが変更となるため、池田町より改めて協議がなされ、議決をお願いするものでございます。
 また、運用の中では協定書を締結しておくことが適当であるため、裏面になりますけれども、別紙の協定書を新たに締結する内容ですので、よろしくお願いします。
 協議書の内容でございますけれども、第1条、目的及び設置は、池田町と松川村など住民の利用に供するということで、不特定多数の方が利用するための施設の設置となっております。
 また、2条の設置の場所につきましては、場所は従来と同じでございますが、従前の表示が松川村字赤芝7025番1でしたが、同7025番217に変わってございます。
 第3条、経費の負担につきましては、以下につきましては、池田町の条例に基づき設置、管理がなされますので、松川村での費用負担が発生することはないということでございます。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) これは、今はいいと思うんですが、将来のことを考えると、例えば高校がどこかと合併をするっていうようなこともあり得ると思いますし、何かの変化によって、駐輪場として費用を供さない場合が出てくる場合もあると思うんですけれども、その節はですね、第5条によって、村長と町長同士でもってその協議をして、それを決めるのか、それで、そのことについて、この条例の中に、何か一言入れておかなくてもいいのか、そこら辺をお願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 協議書の中の第1条につきまして、自転車駐車場のために設置をするという協定になっておりますので、当然、議員おっしゃられたとおり、目的外使用になる場合は両町村で協議を行いまして、今後の利用の仕方については進めていくという考えですので、当面、池田町の生徒の皆さんが信濃松川駅で乗る部分につきましては、当面の間、池高の生徒とは別にあるというふうに考えておりますので、御理解をお願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 松川村等の住民の利用もあるわけなんですけれども、これは一応、管理については池田町の方できちっとしていくということで、その辺のところは協議の中に、具体的には管理のことについて書いてないように、管理運営というふうには書いてありますけれど、その辺のところを、松川から池田町の方に、状況を見ながらお願いするというようなこともあり得るというふうに考えていいでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 協定の第4条に示してありますとおり、池田町が管理運営する、経費は池田町で負担するということになっておりますので、100%池田の管理ということになります。管理条件が悪ければ、村としては池田町の方に電話やお知らせをしていきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第40号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第41号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、冒頭で村長あいさつでもございましたが、歳入では交付税、緊急雇用創出事業交付金県補助金、歳出におきましては住宅リフォーム、太陽光発電システム補助、緊急雇用創出事業が主なものでございます。
 4ページをお願いします。第2表地方債の補正、変更でございますけれども、臨時財政対策債の額の決定によります変更でございます。なお、起債の方法、利率、償還方法等におきましては変更がございません。
 7ページをお願いします。総務課関係、歳入を御説明申し上げます。
 9款地方交付税2,469万2,000円でございますが、普通交付税分を見込んでございます。
 次ページをお願いします。8ページの下段、14款県支出金3節の選挙費委託金、減額の360万円ですが、県議会議員一般選挙委託料、無投票によります減額でございます。
 次ページ、17款の繰入金1節の人づくり基金繰入金50万円ですが、今後、歳出が見込まれますものに対しての繰入金でございます。現在67万4,000円が残額となっております。
 続きまして、18款繰越金135万6,000円ですが、決算に伴います金額でございます。
 それから、19款の雑入、一番下段になりますが、広域連合負担金還付金経常経費分13万4,000円。次ページになりますが、一番下、コミュニティ助成事業ほか116万6,000円のうち100万円を予定をしております。
 続きまして、20款の村債1節の臨時財政対策債減額の70万円、内示によるものでございます。
 続きまして、歳出11ページ、2款総務費6目の財産管理費でございますが、215万7,000円の増額をお願いするものでございます。委託料としまして、緊急雇用創出事業としましての金額でございます。
 1つ飛びまして、12目の人づくり推進費50万円ですが、先ほど申し上げましたが、今後見込まれる人づくり派遣事業の補助で、50万円を見込んでございます。
 それから、13目の総合行政情報費72万3,000円ですが、13節の委託料17万2,000円、OAサポート料としまして基幹系のハードウエアの保守、1カ月分延びたための増額でございます。それから、18節の備品購入費55万1,000円でございますが、このたび、議会の本会議をインターネット配信をいたしたいということで、ユーストリームという無料サービスのシステムを使って行っていきたいと。ランニングコストがかからないということで、初期投資に55万1,000円かけていきたいというふうに考えております。備品の内容でございますが、配信機器としまして、配信機器、それからノートパソコン、ハードディスク、それからLANケーブル等の内容でございます。
 続きまして、4項の選挙費1目の選挙管理委員会費4万1,000円でございますが、14節の使用料及び賃借料としまして、選挙管理委員の視察がございます職員同行分の使用料でございます。
 それから、2目の県議会議員一般選挙、減額の365万6,000円、節の内容は省略させていただきますが、無投票によりますそれぞれの不用額の減額でございます。
 それから次ページ、4目の農業委員一般選挙、減額の235万7,000円ですが、こちらも節の説明は省かせていただきますが、無投票によります不用額の減額でございます。
 それから19ページお願いします。7款土木費1目の都市計画費1,005万円ですが、11節需用費、消耗品としまして5万円、それから19節の負補交でございますが、これも村長冒頭のあいさつにも触れられておりますけれども、住宅リフォームの補助金を限度額20万円で、50件分を予定をしております。地域経済対策にかかわります一環として、施工業者の振興を図るためのものでございます。
 それから、8款の消防費2目の非常備消防費476万3,000円ですが、9節の旅費20万3,000円につきましては、全国女性消防団員活性化大会が四国の香川県で開催されます。今年初めて女性消防団員入団しておりますので、その旅費としまして2泊3日分、3名分を予定をしております。それから、19節の負補交でございます。456万円でございますが、災害補償掛金としましての計上でございます。本年度のみの計上でございますが、消防団公務災害補償、東日本大震災によりまして殉職されました251名分の計上でございますが、補償掛金が足りないということで、1人通常1,900円のものが、今年に限って2万2,800円ということで追加をお願いするものでございます。なお、後にこの分につきましては特交措置がされるいうふうに聞いております。
 それから、3目の消防施設費147万6,000円の内訳でございます。11節の需用費34万1,000円の修繕ですが、神戸区に防火水槽がございますが、ひび割れがありまして、減水しているということで補修をしていきたいと。それから18節の備品購入費、これはコミュニティ助成事業を用いまして113万5,000円ですけれども、バルーン投光器を1基、それから消防用のホースを15本、背負い式の水嚢5基、それから軽量テントを1基購入予定でございます。
 総務課関係は、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは住民課関係をお願いいたします。歳出のみでございます。
 11ページをお願いいたします。款2項1目9の交通安全・防犯対策費175万4,000円でございますが、緊急雇用創出事業交付金を受けまして、村内の580カ所の防犯灯の設置、位置を既存の地形図データに入力して、管理の向上を図るものでございます。
 13ページの下段をお願いいたします。款3項1目6老人医療費節28繰出金は、後期高齢者医療特別会計より22年度の繰り越しに伴い2万2,000円を減額するものでございます。
 15ページをお願いいたします。中段でございますが、款4項1目4環境衛生費の節18備品購入費59万5,000円でございますが、空間放射線量の測定器具の購入代でございます。続いて、節19負補交は、新規事業といたしまして地球温暖化対策を推進するため、村民がみずから居住する住宅に対しまして、太陽光発電システム補助金として、30件分の480万円を計上いたしましております。
 その下、款4項2目1清掃総務費の節13委託料559万5,000円は、緊急雇用創出事業交付金を受けまして、ゴミステーションの塗装や修繕箇所点検等を計上しております。
 住民課関係は、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、福祉課関係お願いいたします。
 歳入からお願いをいたします。7ページをお願いいたします。中段でございますが、款11項1目1節2児童福祉費負担金187万8,000円の減額ですが、22年度所得が確定したことによる本算定後の保育料によるものでございます。
 下段をお願いいたします。款13項2目2節1の保健衛生費補助金ですが、女性特有のがん検診事業に新しく大腸がんが加わったことによる内容と、名称の変更による増減でございます。
 下段をお願いいたします。款14項1目1節3の生活保護費負担金ですが、生活保護者負担者4名増による168万6,000円と、施設機能強化推進費15万円、合わせまして183万6,000円の増額です。
 8ページをお願いいたします。上段からですが、款14項2目1節1の社会福祉費補助金ですが、地域支え合い体制づくり事業で、災害時支え合いマップ作成分の259万3,000円の増額でございます。
 下段、目2節1の保健衛生費補助金は、23年度より国が新しく補助を出して行う肝炎ウイルス検診の検診料10割分と事務費等で、3分の2部分で45万3,000円の増額です。
 9ページ中段をお願いいたします。款19項3目1節1は社会就労センター事業収入の増額317万7,000円です。
 その下段になりますが、雑入のうち説明欄で2行目、広域連合負担金還付金の介護保険事業分145万9,000円。その下ですが、自立支援給付費過年度分24万7,000円。次のページをお願いいたします。1行目、広域連合の負担金還付金(鹿島荘運営費)120万6,000円の増でございます。
 続いて、歳出をお願いいたします。13ページをお願いいたします。中段からですが、款3項1目1節23償還金39万6,000円ですが、障害者自立支援医療等の平成22年度の国庫補助金の返還金です。
 下段、目2節13委託料259万4,000円は地域支え合いマップの作成を委託するものです。下段、節19負担金69万1,000円は、大町市にグループホームが建設されることによる負担金です。
 下段、4節11事業費16万7,000円は、ゆうあい館の消防設備のうち非常動力設備の修繕、誘導灯バッテリーの不良交換等によるものです。
 14ページをお願いいたします。上段からですが、款3項2目1節11需用費5万円ですが、保育園の公用車等の燃料代の増額です。下段節12役務費10万円は、南保育園の電話を光に変えたわけですが、緊急通報部分が従来どおりアナログ回線のため対応するためのものでございます。
 下段目2保育園費は、歳入で説明しました保育料本算定後の財源振り分けです。
 下段お願いいたします。款3項3目1授産施設総務費のうち、節8の報償費7,000円、節11需用費のうちの消耗品費、燃料費、食糧費の8万1,000円、節14の使用料6万2,000円は、歳入の施設整備強化推進費15万円を受けて研修視察を行うものです。また、節11の需用費修繕料6万5,000円は照明器具、ドアクローザーの修繕を行うものです。
 下段、目2節12役務費317万7,000円は、事業収入増に伴う作業員の工賃の増でございます。
 15ページをお願いいたします。上段からです。款4項1目2予防費節11需用費15万7,000円は、大腸がん検診及び肝炎ウイルス検診のクーポン券用紙代、検診手帳代等です。節12役務費33万4,000円は、今申しましたそれぞれの検診の対象者への通知費等でございます。節13委託料33万3,000円は、肝炎ウイルス検診委託料180名を見込むものでございます。節19補助金2万7,000円は、既に特定健診などで行った大腸がん検診の対象者に償還払いをするもので、54名を見込んでおります。
 福祉課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 経済課、歳入関係8ページをお願いいたします。
 款14県支出金目3農林水産業費県補助金節1の農業委員会費補助金で、農業委員会交付金1万2,000円の計上ですが、これは増額内示によるものでございます。
 節2農業費補助金、農業経営基盤強化資金利子助成事業補助金3,000円の増額は、資金借入者増に伴う増額内示によるものでございます。環境保全型農業直接払交付金11万8,000円の計上は、農地・水・環境保全向上対策の2階建て部分の先進的営農活動支援で、新規対策では、個人農家が取り組む場合も補助対象となり、実施農家へは直接払いの方式となります。県と村が負担する分は、村が県の負担金を含めた金額を取り組み農家へ直接支払いを行うことになります。このため今回、県負担分の交付金を予算計上するものでございます。
 節3林業費補助金で、森林づくり推進交付金11万9,000円の増額は、県の森林税配分の増額内示によるものでございます。
 目4商工費補助金1,472万2,000円の増額ですが、緊急雇用創出事業交付金の新規事業追加分と事業完了分を調整した金額で計上してございます。
 続きまして、9ページ下段をお願いいたします。款19諸収入目3雑入ですが、説明欄の1行目の農業者年金業務委託手数料14万2,000円の増額ですが、額の確定見込みによるものでございます。
 続きまして、歳出関係16ページをお願いいたします。款5農林水産業費目1の農業委員会費節1報酬27万5,000円の減額ですが、本年7月に農業委員の改選がございまして、今回は選任委員のうち農業共済組合からの推薦がなかったため委員が1名減となり、その分を減額するものでございます。節8報償費5,000円の減額ですが、年金加入推進委員は農業委員が務めていただいておりますが、推進員1名分を減額するものでございます。節11需用費5万7,000円の増額ですが、農業者年金推進用の消耗品の計上でございます。節13委託料31万5,000円の減額ですが、農家情報システムの保守委託を計上しておりましたが、システムを共有いたします松川村農業再生協議会の個別所得補償事業で、システム保守分が国庫補助対象となる内示を受けたため、今回、減額をするものでございます。
 目3農業振興費節19負担金、補助及び交付金98万3,000円の増額ですが、負担金では研修会等負担金5万円の計上でございますが、本年度、全国農業担い手サミットが長野県で開催されることに伴いまして、各市町村へ参加依頼があり、その参加負担金を計上するものでございます。
 水稲防除54万6,000円の増額ですが、精算見込みに伴います不足分を計上するものでございます。
 大北地区鳥獣被害対策協議会への負担金8万6,000円の計上でございますが、本年度、国の鳥獣被害防止総合対策事業のソフト対策が、大北管内の市町村で協議会をつくり広域で取り組むことが条件で、申請額の全額が事業採択となりました。大町市が事務局となり事業推進をしてまいりますが、国の交付金が年度末となるため、事業費を借り入れで事業を実施するため、借入利息分を今回負担するものでございます。
 補助金の駆除対策協議会への利子補給30万1,000円ですが、これも国の鳥獣被害防止総合事業のハード対策が事業採択となり、松川村有害鳥獣駆除対策協議会か事業主体となり、西部山麓の各組織の協力をいただきまして、山林と隣地境に電気さくを設置する事業を実施してまいりますが、国の交付金が年度末となるため、事業費を借り入れ事業を実施するため、その利息分を補助するものでございます。
 続きまして、目4地域営農支援事業費節19負担金、補助及び交付金26万8,000円の増額ですが、補助金では農業経営基盤強化利子助成事業3万円の増額では、認定農業者の借り入れ増によるものでございます。
 環境保全型農業直接払交付金23万8,000円の計上ですが、これは歳入でも説明いたしましたが、農地・水・環境保全向上対策の2階建て部分の先進的営農活動支援で、新規対策では個人農家が取り組む場合、県負担分と村負担分を合わせた金額を、個人で取り組んだ農家へ村が直接交付することになります。その金額を今回計上するものでございます。
 目5農村婦人の家管理費節11需用費14万7,000円の計上ですが、ボイラーの修繕代でございます。
 目6土地改良費節13委託料9万5,000円、節15工事請負費199万5,000円の計上ですが、これは、ちひろ公園北側にある排水路が大雨時の増水により、接続しております神戸地区内の水路がその都度はんらんし、下流側の住宅、農地が浸水するため、今回、水路接続部分を分離しまして、直接乳川へ放流する工事を実施するための測量設計費と、工事請負費を計上するものでございます。
 続いて、17ページになりますが、節19負担金、補助及び交付金61万3,000円の減ですが、本年度からスタートした農地・水保全管理支払事業の向上対策として、老朽化が進む農業用施設の長寿命化対策を予定していた2つの組織が採択申請の取り下げに伴い、県協議会へ納付します村負担分を減額するものでございます。
 項2林業費目1林業振興費節12役務費で200万円の計上ですが、県の緊急雇用創出事業を活用しまして、有害鳥獣対策として有明神社西の山林化した農地の緩衝帯整備を行うものでございます。節13委託料200万円の計上ですが、こちらも県の緊急雇用創出事業を活用し、村有林内の下草刈りを行うものでございます。節19負担金、補助及び交付金11万9,000円の増額ですが、県の森林税の村への交付金を、森林づくり推進に向けたかさ上げ分として交付をするものでございます。
 款6商工費目2観光費ですが、節19負担金、補助及び交付金で112万2,000円の計上ですが、負担金で北アルプスフェア負担金として10万円を計上してございます。これは、国営アルプスあずみの公園大町松川地区で、10月22日23日の両日開催されるイベントで、国営公園側から大町市と松川村も主催者としての参加要請があり、その負担金を計上するものでございます。
 補助金で、地域コーディネーター活用事業補助金102万2,000円でございますが、これは国の採択を受けまして、松川村エコツーリズム推進協議会が事業主体となり、松本大学山根教授をアドバイザーとして指導、助言を受ける中で、村内の自然環境資源の保護を推進する中で、観光資源として確立しまして、村内への観光客の来訪促進等を図ってまいります。その協議会へ事業費の2分の1を補助するものでございます。この事業につきましては、平成23年から24年までの2カ年事業となります。
 続いて、18ページをお願いいたします。目3交流施設総務費節11需用費33万4,000円の計上ですが、修繕費として、ちひろ公園内の揚水ポンプの修理と、身障者用トイレの便器取りかえ費用を計上するものでございます。
 節22補償、補填及び賠償金60万円の計上ですが、すずむし荘入浴券で、本年4月に指定管理者へ移行する前に販売した回数券につきましては、すべて村の収入となっておりますが、その回数券を、指定管理に移行した本年4月以降に回数券購入者がその回数券を使用した分は、村が指定管理者へ支払うことになります。今後を見込んだ中で不足分を今回計上するものでございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 建設水道課関係をお願いいたします。
 建設水道課関係、歳入はございません。
 18ページをお願いいたします。7款の土木費になります。2道路橋梁費2目の道路維持費です。310万3,000円の追加です。13節の委託料は110万3,000円、これは草刈り業務ですが、緊急雇用創出事業を活用しまして、村道の路肩等の除草作業を計画をしております。15節の工事請負費200万円です。これは村道の維持補修箇所の増加見込みに対応するため、追加するものでございます。
 その下の枠、住宅費になります。1の住宅管理費です。減額の1,000円です。28節の繰出金の減額です。これは地域特別賃貸住宅特別会計の22年度決算におけます繰越金の確定に伴う調整でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは教育委員会関係をお願いいたします。
 20ページをお願いいたします。教育総務費関係目の2事務局費、節の19の負担金、補助及び交付金5,000円の増額でございますが、県へき地教育振興協議会の負担金の増によるものでございます。
 それからその下、目の3教員住宅費で15工事請負費15万8,000円の増額ですが、教員住宅の東側の擁壁をかさ上げする工事費でございますが、雨水が隣地の方へ浸入したということで、そのためにかさ上げをする工事でございます。
 それからその下、項の2小学校費の関係で学校管理費ですが、11需用費91万円の増、これは修繕料でございますが、小学校の受水槽の改修工事ということで、排水バルブと定水位弁の取りかえのための修繕料でございます。それから13委託料28万4,000円の増額ですが、緊急雇用交付金の関係でございまして、小学校西側のアカシア等の剪定のための増額でございます。
 それから、そのページの一番下になりますけれども、文化財保護費13委託料で16万7,000円の減でございます。これも緊急雇用交付金の関係でございますが、遺跡公園の草刈りの方がほぼ精算がついたということで、16万7,000円の減額となります。
 それから、21ページの関係でございますが、社会教育費の目の6収蔵施設管理費の関係で、11需用費3万3,000円の増額です。修繕料ですが、旧公民館の火災感知器の交換でございます。
 それから、その下段、7社会教育振興費の関係で11需用費2万2,000円の修繕料でございますが、これもふれあい館の火災感知器の交換によるものでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、公民館関係お願いします。歳出の方しかありませんので、お願いします。
 20ページの下段でありますけれど、教育費の生涯学習推進費であります。16万4,000円の追加であります。1の報酬5万6,000円ですが、生涯学習基本構想の見直しにかかる委員会の回数の増による増額でございます。11の需用費10万8,000円ですが、生涯学習センターの上下水道使用量の増に伴う増額でございます。
 続きまして次のページ、21ページの中ほどですが、保健体育費の1の保健体育総務費の関係でございます。5万8,000円の増ですが、報償費2万9,000円、9として旅費2万9,000円ですが、全国スポーツ推進員の表彰受賞による増額でございます。
 次に、目2の体育施設費10万3,000円ですが、需用費4万3,000円につきましては、スポーツプラザの火災感知の修繕費でございます。12の役務費6万円につきましてですが、高瀬川グラウンドの利用者増に伴いまして、パター、マレットゴルフ場のトイレのくみ取り料の増による増額でございます。
 目3の体力増強事業費ですが、6万1,000円、18の備品購入費ですが、分館対抗スポーツ大会の関係で、今度はニュースポーツの関係で、新種目でスポレックの競技用品の購入費であります。
 以上であります。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 全体的に緊急雇用の関係多いわけなんで、積み上げてみると1,400万ぐらいにはなるというふうに思いますが、中でも、ごみステーションの塗装等の業務も550万と金額も多くなっているわけですが、それぞれの課の方で、これを今年度中に発注しながら対応していくということになると思いますが、おおよそシルバーの方にお願いをしたりしていくのか、どんな構想になっているのか。それとも入札しながらやっていくのか。その辺のところ、取り組みの方法等、先ほどのごみステーションについては緊急雇用というので、雇用なのに塗装等それじゃあ材料費はどういうふうにするのかなとか、そういういろいろ考えるんですけれども、その辺のところをお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) ごみステーションの場合を御説明申し上げたいと思います。主には緊急雇用ということですので、約300万数円が雇用の創出ということで使われております。あと材料費としましても、その中にまた盛り込んで、塗装代入れていくような形になっております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかの課の方は。
 休憩します。
                               午前11時18分 休憩
                               午前11時20分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 歳出の関係でございますけれども、シルバーに委託するものは委託をしていきたいというふうに考えておりますけれども、各課長等が内容につきましては御説明を申し上げました。入札かけるものはかけていきたいと思いますので、その辺で御理解をいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。井上議員。
◆3番(井上直昭君) 11ページ、歳出の関係ですが、先ほども緊急雇用の関係で説明があったんですが、6の財産管理費委託料215万7,000円、剪定業務ってありますが、細かな内容ちょっとわかったら教えてもらいたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) この内容につきましては庁舎周りになります。職員も草が出ますと動員をかけたり、議員の皆さんも御協力いただいたりやっているわけですけれども、植栽の中につるみたいのがありまして、どうしても根っこから取れないということで、今、総務課の職員も上っ面だけはできますけれども、中ができていないということで、この際、緊急雇用創出事業におきまして、庁舎周りの植栽帯をきれいにしていきたいという内容でございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) この緊急雇用の関係でね、福祉課は別に上がっていないんですが、ちょっとお聞きしたいと思うんですが、旧南保育園、どこが管理しているんでしょうかね。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 福祉課で管理しております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 新しい南保育園ができ、そして管理が福祉課ということの中で、先日、住民からちょっと電話があったんです。といいますのは、草がえらい、それからアメリカシロヒトリが桜の木、私も行ってみたんですが、本当にえらいですよ。そういうことに、こういう緊急雇用を利用してもらえないかなとは、今、説明聞きながら思ったんですが、ついでにその備品の関係、オルガン等があったり、それから物置があったり、そういうのは有効利用できないのかどうか、ちょっとその辺をお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) まず前段のですね、旧南保育園の管理についてでございますが、アメリカシロヒトリについては、毎年2回ほど職員が出てやっておりまして、今回そのような御意見も聞いた中で、職員がまたアメリカシロヒトリについてはやる予定でございます。
 それと草等の管理につきましては、福祉課関係は6月の補正においてですね、新しい南保育園の管理、その中で若干旧の部分を含めて草刈りの方で、同じ緊急雇用で予算計上してございますので、そちらで対応していくというような内容でございます。
 あとの質問にありました、それぞれの利用についてなんですが、当面ですね、各ほかの北保育園とかですね、各それぞれの必要なもので、中で確認していただいて、利用できるものは利用をしているということで、当面利用のないもので、今あそこで保管しているという内容のものでございますので、お願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 13ページ、老人福祉費の中の13の委託料、地域支え合いマップの作成業務、これ259万4,000円ですけれども、これはあれですか、各地域のいわゆるできているのを集約をして、村でもって、これをつくって持っているということでしょうか。まあ、持っているだけじゃいけないので、このいわゆる利活用をどのようにするつもりなのか、お願いをしたい。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 今現在ですね、平成20年度から村では災害時住民支え合いマップというのを自主防災組合、または区を中心に、各地区で行ってきたんですが、今現在、作成済みの地区が9地区、それで今年度作成中が4地区、そして、この後説明会を予定してる地区が4地区ございます。ですが、それぞれの個人情報がですね、災害時に支援願いたい方、支援できる方という、それぞれの情報が区の中で、または自主防災の中で御了解をいただいた人たちの情報です。またその中で村に情報を流してもいいということでやった区もございます。村としましては、今できている区、このあと作成中の区には、その情報を村の方でも出していただくということを了承していただいたもとと、村独自にもですね、要は独居台帳、要は高齢者の台帳であるとか、障害者またはそういう弱者の方のそれぞれの情報は持ってございますので、村としましてはそれをつくる中で、それぞれの地区、または自主防の情報と村の情報を合わせたものを、あわせて載せていきたいと。
 それで、まだできていない地区についても、単年度事業でありますので、村の持っている情報の中で23年度中に作成をして、それで来年度以降ですね、できていない地区にも、それぞれ個人情報でございますので、本人または民生委員さんとかですね、私たちの職員が訪問した中で、こういう形でそれぞれ情報を出していきたいが、よろしいでしょうかということで、区、自主防災と協力する中でつくっていきたいと。
 当然、災害時の折のものでございますので、情報が古くなっては意味がありませんので、事業としては23年度でつくるわけなんですが、細かいそれぞれの情報は、このできたものをもとに職員が手入力等でやれるようにやりまして、随時更新していきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) これ、そうやってつくってくれるのは非常にありがたいことですし、いいことだとは思うんですけれども、いわゆるその災害時にですね、村の方から、いわゆる連絡をし合うような格好になるのではないかと思うんだけれども、そのいわゆる連絡の方法というのは、どういう方法でやるつもりですか。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 災害の種類または大きさによって、その都度どうなるかというのは、この場で一様にはお答えできませんが、基本的にはその、私たちこれは各地区に出て説明するときに、新潟中越であるとか、関西の震災のデータをもとに、約7割から8割の方が、地元の方たちで助け合ったというのが圧倒的に多いという中で、基本的には地区でですね、そのデータをもとに地区で助け合うということでありまして、それプラス、そのあと村との方の連携も通じているならば、そういう情報をお互い確認し合いながら、連携を取る中でやっていくということですので、ちょっと災害の規模もろもろに含めて、一概にどうということは言えませんが、お願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) これ今言うように、やっぱりその災害の規模によって大分違ってくると思うんですよね。それで例えば震度5とか6とかという、そういう強い地震があったときには、例えば携帯電話が使えないという場合も出てくると思うんです。そんなことも想定をしながら、衛星通信のいわゆる携帯を使うとか、それがなかったら早急に買って活用するとか、そんなことも含めながら、これは想定外じゃ、今ちょっとこうはやりで、想定外がはやりなんですけれども、想定外にならないように、ひとつお願いをしたいと思います。以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 19ページですけれど、都市計画費の中の住宅リフォームについてお伺いしたいと思いますけれども、これ村の業者に、ぜひ活性化ができるような、いい補助事業を取り入れていただいてと思いますけれども、その要綱の中でですね、村内に本社または事業所を有する法人及び村内に住所を有する個人事業主という表示がありますけれども、その辺について、例えば本当に住所というか、ただ1軒のお宅に看板を掲げて、事業所ですよというような場合もありますし、その辺のできるだけ村内の業者にという思いはありますので、その辺についての、その事業所というものの表示というのか、調査というか、その辺は村ではなさらないですか。この業者ならば、このリフォームの補助金は使えますよというような基準とか、そういうものは、おつくりになるのかどうなのか、お伺いいたします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 要綱の中の、本社または事業所という部分であろうかと思いますけれども、税務の方に営業所として登録をされている方を対象としたいというふうに考えております。個人事業主につきましては、当然、村に在住をされていて、お大工さんをされている方というふうに解釈をしておりますので、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 水道工事なんかも、事業者がよく一覧表で出てきますよね。ああいう状況で、村内の業者一覧表というものは、これを取り組むまでには表示はしないですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 水道工事につきましては指定店ということで、松川に営業所なりなくても指定を取ればできるということでございますけれども、どういった方が事業者として対象になるのかという部分は、きょうの部分の中では、詳しくはまだ調べておりませんけれども、対象者、対象外の方は当然ですけれども、対象内の方の一覧表は、何らかの形で整備をしていかなきゃいけないというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。井上議員。
◆3番(井上直昭君) もう1点お願いしたいと思います。15ページ、環境衛生費の関係で備品で放射線量の測定器、早速、予算化していただいてありがたいと思っております。先日の新聞の中では、福島県中心に近隣の県の報告がされているわけですが、先日も長野市が若干上がったというような報告がなさっております。そこでどんな方法で行っていくのか、住民にどのように知らせていくのか、ちょっとお聞きしたいと思っています。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 測定に当たりましては、松川村は役場周辺を基点とさせていただきまして、天候や福島の状況変動によりまして、定期的に数値を村のホームページ等でお知らせしてまいりたいと考えております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 今、ホームページって言ったんですが、住民は全員がそれを使えるっていうもんじゃないもんで、できれば無線とか、そういうので松川村は今こういう状況でいいですよとか、そんなようなことを考えてもらえばありがたいと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 先ほど教育長の方で、20ページの委託料のところで、緊急雇用の関係で剪定業務のお話しありまして、アカシア等というお話でしたけれども、小学校の運動会が近いわけで、西のアカシアのところに相当アメリカシロヒトリの子供というか、その虫がいて、運動会のときに、あそこへござを敷いてやると、去年なんかは相当落ってきたっていうことで、村の人からいろんな話しありましたので、その辺も、ここのところでぜひ確認をしていただけたらなあというふうに思いますので、お願いをしたいと思います。
 それから、16ページの地域営農支援事業費の中の交付金ですけれども、環境保全型農業直接支払交付金という形で、ここに上がってきているわけなんですけれども、これは個人の取り組みに対して直接支払うというお話でしたが、このどのくらいの人がここに加盟して、何件ぐらいの人にこれをやるのか、内容的なものがもしわかりましたら、その辺のところをお聞かせいただきたいと思います。農地・水・環境保全の地域協議会の中で、いろいろ対応していくというふうに、私の方では認識をしていましたので、その辺が認識不足で申しわけないんですが、お聞かせをいただければと思います。
 それから、そのすぐ上の農業振興費の中に、すみません、くくりわなとか30基やったりしながら鳥獣害被害を食いとめる施策をとるという防除に対してのお話をお聞きしたんですが、くくりわな、本当に危険だというふうに思いますので、安全対策、子供たちがカブトムシとりながら山へ入るとか、キノコとりに入るとか、その辺どうしても心配になりますので、どんな対策をとられるか、その辺もお聞かせいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) まず1点目の関係でございますけれども、環境保全型農業直接払いの関係でございますが、これは組織とは別で、個人で行う農家を支援してまいるということでございます。現在4件の農家が一応この取り組みをしたいということで要望がございます。取り組み内容としましては、有機農業の関係、それからカバークランプの関係を予定しておるという内容でございます。
 それから、後段のくくりわなの関係でございますが、現在、トラばさみと言われるものは使用禁止になっております。このくくりわなについては、ワイヤー式のもので取り扱いますので、いわゆる挟んでけがをするような形ではなく、いわゆるワイヤーで足を拘束するような形のものでございますので、事故等の部分については、けが等の大きなものはございませんが、いわゆるその表示等をしまして、ここにわながあるというような表示等をしまして、防止対策には努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) じゃあお願いします。11ページですが、目の13で総合行政情報費ということで拝見しました。議場からのライブ中継が始まるということで、新しい歴史かなというふうに思って、大変うれしく思いますが、これは村民の側からすれば、どのようにすれば、どうすればうまく利用できるのかなっていうあたりを、もう少し説明していただきたいと思います。たしか12月ころから利用できるというようなお話だったと思いますが、お願いします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 現在、隣町の池田町さんで、同じような議会のインターネット配信をしておりますけれども、基本的には村のホームページ、それから議会のホームページから入っていただくしかないといったことでございます。ライブ中継という部分をクリックすれば出てくるというふうになっております。
 基本的にはライブ中継と、それから先ほど御説明申し上げましたが、ハードディスクに録画をしておりまして、いつでもそこにアクセスすれば、以前のものは見られるといったことで、いずれにしろ、インターネットの環境ができていないと見られないという形になります。そんなことで御理解いただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかにありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第41号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで、11時50分まで休憩します。10分間休憩します。
                               午前11時39分 休憩
                               午前11時50分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 続いて、議案第42号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、歳入では、退職医療交付金の前年度精算分と繰越金の確定、歳出では、退職の保険給付費が主なものでございます。
 5ページをお願いいたします。歳入ですが、款4医療給付費等交付金600万7,000円は、先ほど申し上げましたが、退職医療交付金の前年度精算分でございます。
 款9の123万2,000円は支払準備基金繰入金です。
 款10の196万1,000円は、前年度繰越金の確定によるものでございます。
 款11の歳入2万6,000円でございますが、これは指定公費負担金でございます。
 続きまして、支出をお願いいたします。6ページでございます。
 款2項1、項2のそれぞれ500万と420万円でございますが、冒頭で申し上げました退職医療費分でございます。
 款10の2万6,000円でございますが、これは指定公費負担金でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第42号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第43号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、繰越金の確定によるものでございます。
 3ページをお願いいたします。歳入でございますが、款3一般会計繰入金2万2,000円を減額し、款5繰越金2万2,000円を確定したものでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第43号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第44号 平成23年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、繰越金の確定によるものでございます。
 5ページをお願いいたします。歳入ですが、繰越金4,000円は確定によるものでございます。
 6ページをお願いいたします。歳出ですが、公園墓地整備基金へ4,000円積み立てるものでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第44号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第45号 平成23年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 3ページをお願いいたします。本会計では、今回、歳入のみの補正となっております。
 一般会計繰入金は1,000円減額し、繰越金を1,000円追加いたします。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第45号について採決を行います。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第46号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 4ページをお願いいたします。歳入です。公共下水道整備基金繰入金は134万3,000円の減額です。
 前年度繰越金は134万3,000円を追加し、調整しております。
 続いて5ページ、歳出です。公債費、いわゆる起債償還金ですが、公債費の利子の支払いにつきまして、前年度繰越金の確定に伴う財源の振りかえを行っております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第46号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第47号 平成23年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 2ページをお願いいたします。収益的収入及び支出の補正でございます。今回は支出のみの補正となります。
 水道事業費、営業費、用総係費、このうち賃金に75万円の追加をお願いいたします。これは臨時職員の追加雇用をお願いするものでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第47号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案の上程を行いますが、議案第48号から議案第55号までは、平成22年度各会計決算であり、関連がありますので一括上程したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。それでは、議案第48号 平成22年度松川村一般会計歳入歳出決算書、議案第49号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書、議案第50号 平成22年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書、議案第51号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書、議案第52号 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書、議案第53号 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書、議案第54号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書、議案第55号 平成22年度松川村水道事業会計決算書を議題とし、一括上程します。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは昨年度の決算について、概要を朗読をさせてもらって、提案の説明とさせていただきます。それでは朗読をさせていただきます。
 平成22年度の当村の決算状況。
 1、一般会計。
 歳入総額は45億8,563万5,000円で前年度より7,523万8,000円、1.6%の減、歳出総額は45億3,352万2,000円で前年度より1億322万5,000円、2.2%の減となりました。
 歳入歳出差引額は5,211万3,000円の黒字で、繰越事業の財源として翌年度へ繰り越すべき財源3,775万6,000円を差し引いた実質収支額は1,435万7,000円となり、このうち800万円を地方自治法第233条の2の規定により基金に積み立てて、635万7,000円を翌年度に繰り越しました。また、単年度収支は159万5,000円となり、財政調整基金積立金利子分50万8,000円を加えた実質単年度収支は210万3,000円の黒字となりました。
 平成22年度は、継続事業であった地域活性化きめ細やかな臨時交付金事業、防災情報通信設備整備事業などのほか、次のような事業に取り組みをいたしました。
 まず住民生活に光をそそぐ交付金事業であります。光をそそぐ交付金積立金、中学校改修事業、正面玄関の舗装、教室改修整備などであります。翌年度の繰越事業でありますが、プレミアム商品券発行補助事業、中学校備品整備事業、図書館充実事業、小学校・中学校図書館図書の購入及び司書の配置であります。三軒家会館整備事業。
 それから、きめ細やかな交付金事業翌年度繰越事業であります。役場庁舎冷房設備設置事業、保健センター冷房設備整備事業、村道改良事業。
 障害者自立支援給付事業、児童手当及び子ども手当支給、南保育園建設事業、予防接種事業、中山間地域等直接支払事業、西部山麓地区水路改修事業、森林育成事業、社会資本整備総合交付金村道改良事業、デジタル防災行政無線整備、児童クラブ・子ども教室運営事業。
 続きまして、歳入の状況であります。
 まず自主財源であります。自主財源は歳入総額の36.8%を占め、前年度より3億296万9,000円、15.2%減少いたしました。これは公共施設等整備基金の繰入金減などによるものであります。村税は前年度より3,376万7,000円、3.7%減の8億7,569万8,000円で、所得や納税義務者の減少から、個人住民税が4,933万5,000円の減となりました。
 続いて、依存財源であります。依存財源は歳入総額の63.2%を占め、前年度より2億2,773万1,000円、8.5%増加いたしました。普通交付税は前年度より6,182万5,000円、4.4%増の14億5,918万6,000円、特別交付税は前年度より2,293万3,000円、18.5%増の1億4,663万4,000円でありました。国庫支出金は児童手当及び子ども手当支給、障害者自立支援給付、村道改良事業などの財源として交付され、前年度より2億1,270万4,000円、40.3%増の3億1,551万8,000円となりました。また、村債は臨時財政対策債2億8,740万円のほか、南保育園建設事業やデジタル防災行政無線整備の財源として借り入れ、前年度より3億430万円、135.7%増の5億2,860万円でした。
 歳出の状況であります。
 性質別歳出の状況、ア 義務的経費は前年度より8,568万4,000円、5.7%増の15億9,474万2,000円で、歳出総額も35.2%となりました。これは扶助額が1億1,194万6,000円、35.1%増になったことによるものです。また人件費は82万7,000円、0.1%減の、公債費が2,543万5,000円、4.9%減となりました。
 投資的経費は前年度より6,851万1,000円、7.4%減の8億6,314万円で、歳出総額の19%となりました。これは工場等用地取得事業補助金の減などによるものであります。
 続きまして、その他の経費でありますが、前年度より1億2,093万8,000円、5.5%減の20億7,564万円で歳出総額の45.8%となりました。主なものは物件費が7億4,032万7,000円、前年比1,841万7,000円、2.5%増、補助費等が国・県・一部事務組合負担金、村補助金などで5億1,044万9,000円、前年比2億2,321万7,000円、30.4%減。繰出金は下水道特別会計繰出金などで4億5,209万8,000円、前年比8,899万8,000円、24.5%増、積立金は教育施設整備基金などの積み立て3億4,281万7,000円、前年比343万円、1.0%減でありました。
 続きまして、目的別歳出の状況であります。歳出を目的別に見た状況では、総務費が定額給付金給付事業などの減などによりまして6,556万円、10.1%減、民生費が南保育園建設事業などにより2億7,343万5,000円、24.3%増、衛生費が予防接種事業、一般廃棄物処理業等合理化事業などにより2,510万9,000円、13.8%増、農林水産業費が西部山麓地区水路改修事業などの減などにより179万円、0.8%減、商工費が工場等用地取得補助金、プレミアム付き商品券発行事業の減などにより3億7,421万6,000円、47.0%減となりました。また、土木費が社会資本整備総合交付金などによる村道改良事業、下水道特別会計繰出金などにより297万5,000円、1.1%増、消防費がデジタル防災行政無線整備などにより、1億3,024万4,000円、84.1%増、教育費が小中学校ICT環境整備事業、教育施設整備基金の積み立て減などにより6,678万円、10.2%減、公債費は2,543万5,000円、4.9%減となっております。
 以上が、一般会計歳入歳出決算の主な事業であります。
 なお、普通会計で見る経常収支比率は、前年度より0.2ポイント低下し、77.0%となりました。さらなる経常経費抑制に努めてまいりたいというように思います。
 また、実質公債費率は前年度より0.4ポイント上昇し、9.7%となりました。引き続き健全性を確保し、安定的な財政運営を図ります。
 続いて、特別会計を申し上げます。
 国民健康保険特別会計。歳入総額は9億3,071万7,000円、歳出総額は9億2,265万5,000円、歳入歳出差引額806万2,000円となりました。このうち条例に基づき410万円を支払準備基金に積み立て、396万2,000円を翌年度へ繰り越しをいたしました。
 歳入のうち自主財源の国保税は2億1,112万1,000円で、構成比は22.7%、前年度より9.9%の減、徴収率は前年度より2.1ポイント下回り、79.9%となりました。
 また依存財源のうち国庫支出金は2億3,511万2,000円で、歳入総額に対し26.3%、前年度より603万5,000円増となりました。
 歳出の主なものは保険給付費で、退職被保険者等分を含め6億5,493万9,000円、構成比は71%、後期高齢者支援金等は1億282万3,000円、構成比は11.1%となっております。
 医療費の動向は、一般被保険者分が前年度より3,501万9,000円、6.2%の増、退職費保険者等分は前年度より783万5,000円、19.5%の増となり、医療費全体では前年度より7.1%増となりました。
 続きまして、老人保健特別会計であります。歳入は医療費交付金が主なもので、総額85万2,000円、歳出は一般会計繰出金で総額85万2,000円となりました。後期高齢者医療制度への移行に伴い、特別会計は本年度末で廃止となりました。
 続きまして、後期高齢者医療特別会計です。歳入総額は7,591万8,000円、歳出総額は7,589万4,000円で、歳入歳出差引額2万4,000円を翌年度へ繰り越しました。
 歳入は保険料5,816万8,000円、一般会計繰入金1,765万8,000円が主なものであります。歳出は広域連合納付金が7,514万5,000円が主なものであります。
 続きまして、公園墓地造成事業特別会計。歳入は聖域使用料が主なもので総額154万円、歳出は施設管理費などが主なもので、総額153万5,000円となり、歳入歳出歳出総額5,000円を翌年度へ繰り越しいたしました。
 続きまして、地域特別賃貸住宅特別会計、歳入は使用料と一般会計繰入金が主なもので、総額459万円、歳出は管理費と公債費が主なもので、総額458万8,000円となり、歳入歳出歳出総額2,000円を翌年度へ繰り越しをいたしました。
 続きまして、特定環境保全公共下水道事業特別会計であります。歳入総額4億5,402万円9,000円、歳出総額4億5,268万5,000円、歳入歳出差引額は134万4,000円となりました。歳入の主なものは下水道使用料1億2,628万9,000円、受益者負担金1,551万1,000円、大町市ほかからの受託事業費受託事業収入は3,812万円であります。
 歳出の主なものは、公債費3億4074万円でありました。
 続いて、水道事業会計であります。水道事業収益は前年度より231万7,000円増の1億7,487万5,000円となりました。このうち営業収益は1億6,549万8,000円、営業外収益は937万7,000円となっております。水道事業費は前年度より581万5,000円増の1億6,610万2,000円となりました。
 その主なものは、減価消却費8,04万7,000円、原水及び浄水費947万7,000円、配水及び給水費954万円、資産減耗費745万3,000円であります。損益では877万3,000円の利益剰余金が生じております。建設改良工事につきましては、第1配水池の更新と第1、第2ポンプの更新を進めてきました。その主なものは配水設備改良費の1億2,117万6,000円となっております。
 以上が主な状況でございます。細部につきましては、それぞれ担当課長が、その場その場で説明をさせていただきますので、この決算をお認めをいただきますようお願いをして、概要報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) ここで暫時休憩いたします。
                               午後 0時10分 休憩
                               午後 0時20分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 ここで、松川村代表監査委員より、決算審査の報告をお願いします。川上代表監査委員。
◎代表監査委員(川上雅嗣君) それでは、審査の結果について御報告いたします。
 平成22年度松川村一般会計、各特別会計及び事業会計決算審査意見書
 地方自治法第233条及び地方公営企業法第30条の規定により、平成22年度松川村各会計の決算書並びに関係帳簿、証書類を審査した結果、次のとおり意見を付する。
1、審査対象
 平成22年度松川村一般会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度松川村水道事業会計決算書及び関係帳簿、証書類
 平成22年度基金に関する帳簿、証書類
2、審査の時期
 平成23年7月27日から平成23年8月8日。
3、審査の総括意見
 村長より提出された決算書に基づき、歳入歳出関係諸帳簿及び証拠書類を照合審査した結果、決算計数はいずれも符合して誤りのないことを確認した。
 (1)一般会計は、歳入総額45億8,563万5,459円、歳出総額45億3,352万2,822円、歳入歳出差引額5,211万2,637円の黒字となっている。翌年度へ繰り越すべき財源3,775万6,000円を差し引き、実質収支額は1,435万6,637円の黒字で、このうち800万円を地方自治法第233条の2の規定により、財政調整基金に積み立てる措置がなされている。
 本年度実質収支額は1,435万6,637円から前年度実質収支額1,276万2,453円を差し引いた本年度の単年度収支額は159万4,184円の黒字となる。これに本年度の財政調整基金の積立金(利子)50万8,392円を加えた実質単年度収支は210万2,576円の黒字となっている。
 予算現額に対する歳入の比率は98.86%、歳出は97.74%となっている。
 本年度の主な事業としては、南保育園建設工事、防災行政無線デジタル化整備工事、全国瞬時警報システム整備工事、西部山麓水路改修事業等が挙げられる。
 基金は、人づくり基金より302万6,000円、温泉施設及びふれあい交流センター整備基金より928万7,000円、社会福祉施設整備基金より2億円が繰り入れられ、積み立てでは、教育施設整備基金に2億1,008万3,000円、公共施設等整備基金に1億1,418万5,000円、温泉施設及びふれあい交流センター整備基金に1,072万円、光をそそぐ交付金基金に250万円、生きがいづくり基金に100万円がそれぞれ積み立てられている。
 地方財政状況調査(普通会計決算)に基づく経常収支比率は77.0%と前年度に比べ0.2ポイント減少している。また、実質公債費比率は9.7%と前年度に比べ0.4ポイント増加した。
 (2)国民健康保険特別会計は、歳入総額9億3,071万7,447円、歳出総額9億2,265万5,447円、歳入歳出差引額806万1,977円となっており、このうち410万円を基金に積み立てる措置がなされている。
 (3)老人保健特別会計は、歳入総額85万2,146円、歳出総額85万2,146円、歳入歳出差引額ゼロ円となり、平成22年度末で廃止となっている。
 (4)後期高齢者医療特別会計は、歳入総額7,591万7,893円、歳出総額7,589万3,991円、歳入歳出差引額2万3,902円となっている。
 (5)公園墓地造成事業特別会計は、歳入総額154万481円、歳出総額153万462円、歳入歳出差引額5,019円となっている。
 (6)地域特別賃貸住宅特別会計は、歳入総額458万9,463円、歳出総額458万7,316円、歳入歳出差引額2,147円となっている。
 (7)特定環境保全公共下水道事業特別会計は、歳入総額4億5,402万9,446円、歳出総額4億5,268万4,893円、歳入歳出差引額134万4,553円となっている。
 (8)水道事業会計は、当年度純利益が877万3,003円となっている。
4、個別意見
 (1)一般会計
 歳入
 ?村税収入状況については、次表のようになっている。
 1村民税 調定額4億784万7,701円、収入済額3億8,038万9,155円、不納欠損額154万6,397円、収入未済額2,591万2,149円、収納率93.3%、前年度94.3%。
 2固定資産税 調定額4億6,162万3,667円、収入済額4億1,613万1,811円、不納欠損額90万7,300円、収入未済額4,458万4,556円、収納率90.1%、前年度89.7%。
 3軽自動車税 調定額2,523万4,400円、収入済額2,377万900円、不納欠損額9万3,800円、収入未済額136万9,700円、収納率94.2%、前年度94.1%。
 4村たばこ税。調定額5,425万9,617円、収入済額5,425万9,617円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ、収納率100%、前年度100%。
 5入湯税 調定額114万6,050円、収入済額114万6,050円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ、収納率100%、前年度100%。
 合計 調定額9億5,11万1,435円、収入済額8億7,569万7,533円、不納欠損額254万7,497円、収入未済額7,186万6,405円、収納率92.2%、前年度92.5%。
 収入未済額が増加している。税の公平負担と収入確保を図るため、引き続き収納率向上に努力されたい。
 歳出
 ?物件費等、経費節減に努力されているが、さらに節減を進められたい。
(2)国民健康保険特別会計
 ?国保税収入状況については、次表のようになっている。
 調定額2億6,421万9,503円、収入済額2億1,112万663円、不納欠損額90万7,700円、収入未済額5,219万1,140円、収納率79.9%、前年度収納率82%。
 収納率は79.9%で前年度に比べ2.1ポイント低下している。引き続き収納率向上に努力されたい。
 ?特定健診・特定保健指導による生活習慣病の予防を推進し、健全運営に努められたい。
(3)水道事業会計
 ?当年度純利益が877万3,003円となり、健全な運営がなされていることが認められるが、未収金が525万160円あり、そのうち522万9,760円が水道料の未収金である。引き続き、水道料の徴収に努力されたい。
 以上、平成22年度一般会計、各特別会計及び事業会計の決算の審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成23年8月11日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員平林寛也
 続きまして、平成22年度松川村財政健全化審査意見書
1、審査の概要
 この財政健全化審査は、村長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
2、審査の結果
 (1)総合意見
 審査に付された下記、健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。
 各比率については次の表のとおりです。
 (2)個別意見
 ?実質赤字比率について
 平成22年度の一般会計等の実質収支は黒字であり、実質赤字比率は乗じていない。なお、早期健全化基準は15.0%である。
 ?連結実質赤字比率について
 平成22年度の一般会計等と公営事業会計を合計した実質収支は黒字であり、連結実質赤字比率は生じていない。なお、早期健全化基準は20.0%である。
 ?実質公債費比率について
 平成22年度の実質公債費比率は9.7%となっており、早期健全化基準の25.0%と比較すると、これを下回っている。
 ?将来負担比率について
 平成22年度の将来負担比率は、将来負担額よりも充当可能財源が上回り将来負担比率は生じていない。なお、早期健全化基準は350.0%である。
 (3)是正改善を要する事項
 特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成22年度松川村財政健全化に関する審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成23年8月11日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員平林寛也
 続きまして、平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計経営健全化審査意見書
1、審査の概要
 この経営健全化審査は、村長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
2、審査の結果
 (1)総合意見
 審査に付された下記、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。
 比率については表のとおりです。
 (2)個別意見
 ?資金不足比率について
 平成22年度において資金不足額はなく、資金不足比率は発生していない。資金剰余額が134万4,000円あり、健全な経営状況にあると認められる。なお、経営健全化基準は20.0%である。
 (3)是正改善を要する事項
 特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計経営健全化に関する審査を終了したので意見書を提出します。
 平成23年8月11日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員平林寛也
 続きまして、平成22年度松川村水道事業会計経営健全化審査意見書
1、審査の概要
 この経営健全化審査は、村長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
2、審査の結果
 (1)総合意見
 審査に付された下記、資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。
 比率については、次の表のとおりです。
 (2)個別意見
 ?資金不足比率について
 平成22年度において資金不足額はなく、資金不足比率は発生していない。資金剰余額が2億4,945万9,000円あり、健全な経営状態にあると認められる。なお、経営健全化基準は20.0%である。
 (3)是正改善を要する事項
 特に指摘すべき事項はない。
 以上、平成22年度松川村水道事業会計経営健全化に関する審査を終了したので、意見書を提出します。
 平成23年8月11日、松川村監査委員川上雅嗣、松川村監査委員平林寛也
 なお、ここで口頭ではございますが、1点、お願いを申し上げます。
 現下の厳しい経済状況の中、手数料を含めた村の自主財源は減少傾向にあり、また村税等の徴収率も若干悪化しております。これらにつきましては審査中、職員の皆さんの対応努力も伺うことができました。限られた職員数ですが、内部統制に留意しつつも英知を結集していただき、引き続き健全な財政運営に努めていただきたいと思います。
 以上、審査の報告といたします。
○議長(新村久仁男君) 以上で決算審査の報告を終わります。川上代表監査委員におかれましては、大変御苦労さまでございました。ありがとうございました。
 ここで、監査委員が退場いたしますので、暫時休憩いたします。
                               午後 0時40分 休憩
                               午後 0時40分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 ここで1時50分まで休憩いたします。
                               午後 0時41分 休憩
                               午後 1時50分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、会計管理者の説明を求めます。会計管理者。
◎会計管理者兼会計課長(伊藤勇二君) それでは、決算を調整した立場で、若干説明をさせていただきます。
 まず、冒頭申し上げますが、22年度につきましても、特に年度末につきましては資金が不足いたしましたが、その対応といたしまして財政調整基金等を歳計現金に繰りかえて運用し、繰替運用でございますが、収支の均衡を図ったところでございます。したがいまして、6億円を限度にお認めをいただいておりました一時借入金は、22年度につきましてもございませんでした。まず、冒頭申し上げます。
 なお、決算の概要につきましては、実質収支に関する内容も含め、先ほど村長からの概要説明の中で触れられておりますので、私の方からは、一般会計並びに特別会計それぞれの財産に関する調書を中心に説明させていただきます。増減のある部分のみの説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 それでは初めに、一般会計の関係で、決算書56ページをお願いいたします。
 財産に関する調書ということで、まず1.公有財産、(1)土地及び建物の関係でございます。この中では、土地、建物とも記載のとおり増減がございます。この、それぞれの増減の内容につきまして、ちょっとページ飛びますが、今度は60ページをお願いいたします。縦書きになっております。財産増減調書ということで、順を追って説明してまいります。
 まず、土地の取得の関係で、区分は学校でございますが、松川村83番地11外3筆、319.13平米を小学校用地として寄附を受けてございます。
 また2の売却では、区分は公園でございますが、松川村5721番地1365、11平米を、記載の隣接する買受人の方へ売却しております。
 次に、建物の取得としまして、すべて区分はその他施設でございますが、1件目が松川村5651番地62、面積が399.48平米、使用目的、教員住宅でございますが、教員住宅建設費の償還完了に伴います所有権移転による取得でございます。
 2件目の松川村4363番地46、9.60平米につきましては、南部会館のトイレの増築でございます。
 3件目、松川村5651番地11、1,506.25平米につきましては、南保育園建設に伴うものでございます。
 2の滅失では、区分はその他施設、松川村64番地1、22.40平米ということで、こちらは旧公民館北側のトイレの取り壊しに伴うものでございます。
 財産増減の詳細につきましては以上でございます。
 続きまして、また戻りますが57ページをお願いいたします。
 (2)山林の関係ですが、22年度中の面積の増減はございません。立木の推定蓄積量でございますが、所有、分収といいますのは官行造林などでございますが、それぞれ0.39%の成長率を見込んでおります。所有が95立米、分収が25立米、合計120立米の増と推計させていただきました。合計で3万1,05立米でございます。
 続きまして、(3)の出資による権利につきましては、増減ございません。
 次に、2の物品でございますが、村の公用車の関係で、差し引き2台の減となっております。内訳では、1台を新規購入し、3台を廃車にしたという内容でございます。
 次に、58ページをお願いいたします。ここからは基金の関係でございます。
 まず、(1)財政調整基金でございます。現金で750万8,000円の増でございますが、内訳では、平成21年度の積立金といいますか、歳計剰余金700万円、それと残りにつきましては預金利子でございます。
 (2)の減債基金でございますが、現金で294万3,000円の増でございますが、こちらは全額預金利子でございます。
 (3)公共施設等整備基金では、現金で1億1,418万5,000円の増ですが、内訳では、平成22年度積立金と預金利子合わせた金額でございます。
 (4)人づくり基金では、現金で290万円の減でございますが、平成22年度の取り崩し、こちらは302万6,000円ございましたが、それと預金利子を差し引いた内容でございます。
 (5)社会福祉施設整備基金では、現金で1億9,960万9,000円の減でございますが、南保育園建設関連の取り崩し2億円、それと預金利子を差し引いた内容でございます。
 (6)生きがいづくり基金では、現金で100万円の増でございますが、平成22年度の積立金と預金利子でございます。
 59ページに移りまして、(7)教育施設整備基金では、現金で2億1,008万3,000円の増でございますが、このうちほとんどが平成22年度の積立金、残りは預金利子でございます。
 (8)土地開発基金ですが、現金で517万1,000円の増でございますが、地権者お二人からの遺跡公園用地の購入、こちらは647平米分でございますが、それと預金利子を差し引いた内容でございます。また、土地の関係では、逆に遺跡公園用地購入によります528万円の増でございます。こちらの内容につきましては、基金が土地買収により減少すれば、当然、基金財産である土地は増加するという内容で見ていただきたいというように思います。
 (9)温泉施設及びふれあい交流センター整備基金では、有価証券1億円の減ですが、満期になった国債を定期に切りかえたことによる減でございます。現金で1億143万3,000円の増でございますが、こちらは逆に国債から定期預金への切りかえ、また平成22年度の取り崩しと平成22年度積立金、預金利子などを差し引いた内容でございます。
 1つ飛びまして、(11)のふるさと応援基金では、現金の関係で36万1,000円の増ですが、ふるさと応援寄附に伴う積立金と預金利子でございます。
 (12)の光をそそぐ交付金基金では、先ほどの説明の中でもありましたが、現金の関係で、新規の積み立て分250万円でございます。
 次に、特別会計に移りますが、ちょっと飛びますが80ページをお願いいたします。国保の関係でございます。
 (1)の診療報酬支払準備基金では、現金の関係で1,637万4,000円の増でございます。これにつきましては、平成21年度積立金といいますか、歳計剰余金90万円と預金利子、また平成22年度積立金の合計でございます。
 (2)の高額医療費貸付基金ですが、2万2,000円の増でございます。こちらは全額預金利子でございます。
 また飛びますが、106ページをお願いいたします。こちらは公園墓地整備基金でございます。
 これにつきましては70万4,000円の増ですが、平成22年度積立金と預金利子の合計でございます。
 続きまして、最後になりますが、126ページをお願いいたします。公共下水道整備基金でございます。
 有価証券2億円の減ですが、満期になった国債を定期に切りかえたことによる減でございます。現金で1億1,601万8,000円の増ですが、内訳では国債から定期預金への切りかえ、平成22年度取り崩しと預金利子を差し引いたものでございます。
 以上、基金の関係、御説明いたしましたが、一般また特会合わせまして、22年度末基金残高は1,000円単位で申し上げますが、28億8,291万9,000円となっております。28億8,291万9,000円でございます。
 私からは以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 続いて、補足説明に入ります。
 議案第48号 平成22年度松川村一般会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは成果表をごらんいただきたいと思います。
 平成22年度決算に係る主要な政策の成果についてということで記載をしてございますけれども、初めに、成果表の最後につづってあります62ページをお願いします。
 平成18年度から平成22年度までの財産状況の推移について記載をしてございます。下段になりますけれども、前年度と比較しまして実質公債費率は0.4ポイント上昇、経常収支比率は0.2ポイント低下をしてございます。
 次に、次ページの目的別性質別決算額、次ページ3の財産内訳表はごらんをいただきたいと思います。
 それから65ページになりますが、地方債の残高調でございますけれども、下段の合計欄、平成22年度末現在高は35億7,728万1,000円で、前年対比9,014万4,000円の増額となっております。
 次ページ、66ページのグラフは、今までのものをグラフにしたものでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それでは、成果表の3ページへ戻っていただきたいと思います。総務課関係、御説明申し上げます。
 1目の一般管理費、決算書19ページになりますが、増額となっておりますが、総合事務組合費の増、それから人件費、人事異動に伴いますものと、給与、手当、共済費の増によるものでございます。
 中段より下の文書費、決算書20ページになりますが、記載のとおりでございます。
 続きまして、広報費も決算書20ページでございますけれども、22年度からか表紙と裏表紙をカラーにしたため、若干の増となっております。
 それから4ページをお願いします。財産管理費、決算書20ページになりますけれども、減額となっておりますが、財政調整基金利子分の減でございます。
 それから、6目の財産管理費、決算書は21ページになりますけれども、大分減っておりますが、前年は工事請負費と備品がございましたが、それがなくなっているということで、大幅に減となっております。
 続いて、5ページをお願いします。企画費、決算書は21ページになります。大分増となっておりますが、積立金への積み立てが増の主な理由でございます。それから地域づくり活性化補助金が減となっております。
 続きまして、下段の自治振興費でございますが、決算書は21ページになりますが、記載のとおりでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして6ページ、人づくり推進費、こちらも昨年と主なものは変わっておりませんので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、総合行政情報費でございますが、増となっている理由ですが、就労センターのLAN工事を22年度で行ったため、それから減では、定額給付金がなかったということで減となっております。
 次に選挙費ですが、1目から次ページ中段6目の議会議員一般選挙、記載のとおりですので、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、7ページの統計調査費の2目の委託統計調査費は、国調が行われたため増となっております。
 次に、7款土木費の1目の都市計画費ですが、若干減っておりますが、前年度より都市計画基礎調査が減っている部分でございます。
 続きまして、8ページの常備消防費、決算書43ページになりますが、減額となっております。人件費、備品、修繕の減ということでございます。
 2目の非常備消防費、若干減っておりますが、退職報償と出動手当の減でございます。
 3目の消防施設費、決算書44ページになりますが、大幅に増となっておりますが、15節の工事請負費防災行政無線デジタル化による増でございます。
 続きまして、9ページになりますが、災害対策費、若干増となっておりますが、J−ALART(アラート)のシステムの整備、それから南部会館の耐震診断等が増の理由でございます。
 10款については記載のとおりでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして11ページ、税関係になります。個人税、決算書7ページになりますが、12.4%減となっておりますが、減の要因につきましては、リーマンショックに端を発しました経済不況、それから景気後退の影響によりまして、課税所得が落ち込んでいるためととらえております。右の表の納税義務者の数ですが、昨年より192人減、パーセントにして3.9%減となっております。
 続いて、法人になりますが、こちらも対前年比こちらは36.4%の増となっております。これにつきましては21年度が低かったというふうにとらえております。
 続きまして、12ページをお願いいたします。固定資産の関係になります。対昨年1.3%の増、要因ですけれども、滞納繰越分の収入額がふえたため、それから中段の家屋の関係で31棟新築住宅がふえたという内容でございます。
 それから13ページをお願いします。国有資産等交付金の関係ですが、昨年より1.7の%増、その下、軽自動車税の関係ですが、対前年比0.9%の増で、表の中段にありますが、軽4輪乗用が58台増となっております。
 続きまして14ページ、たばこ税の関係ですが、昨年より3.2%の増、10月に税率が引き上げられたことに伴います買いだめ等の影響も増の理由となっております。なお、小売業者への手持ちの課税分も記載のとおりでございます。
 それから入湯税、昨年より8.8%の減、これは利用者の減が主な理由でございます。
 続きまして、15ページをお願いします。1目の税務総務費でございますけれども、税務の一般事務によるものでございます。
 それから賦課徴収費、こちらの関係ですが、昨年より19.7%減となっております。要因としましては23節の村税の還付金が減となった理由となっております。
 以上、総務課関係、御説明申し上げました。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 住民課関係を御説明申し上げます。
 引き続き、成果表の16ページからお願いいたします。目9交通安全・防犯対策費ですが、池田松川地区交通安全協会、村防犯協会への負担金、補助金は前年同額でございます。
 目10の消費者行政費は、前年とほぼ同額。
 目11交通災害共済費については、事務組合から見舞金支払額は、1件死亡事故がありましたので増額となっております。
 17ページをお願いいたします。目1戸籍住民基本台帳費ですが、交付証明書等は前年に比べふえておりますが、ほとんど変わりませんのでごらんいただきたいと思います。
 目3医療特別給付費は、微増となっております。
 18ページをお願いいたします。目6老人医療費は減額になっておりますが、老人保健特別会計繰出金がなくなったためでございます。
 目3児童措置費ですが、これまでの児童手当から子ども手当にかわり、所得制限や支給単価が増になりました。
 19ページをお願いいたします。款3民生費項4目1国民年金事務取扱費ですが、18節の年金ネットシステム構築のためのパソコン購入の増となっております。
 20ページをお願いいたします。款4衛生費項1目4環境衛生費の減ですが、葬祭センターの負担金減によるものでございます。
 款4項2目1清掃総務費の増ですが、合特法によります減車補償金増によるものでございます。
 21ページをお願いいたします。目2の清掃費ですが、若干の減ですが、ほとんど変わりませんので、ごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは福祉課関係をお願いいたします。
 引き続き、22ページから23ページ中段をお願いいたします。目1の社会福祉総務費です。21年度より大幅な減になっておりますが、主な理由としまして、節25の社会福祉施設整備基金の減によるものです。
 続きまして、23ページ中段から24ページ中段をお願いいたします。目2の老人福祉費ですが、21年度より減となっておりますが、節13委託料、節19補助金の減が主な理由でございます。
 下段より25ページをお願いいたします。目4の老人福祉施設費ですが、増となっておりますが、節11の需用費、節13の委託料の増が主な理由でございます。
 下段、目5介護保険費でございますが、介護保険広域負担金増に伴うものが主な理由でございます。
 下段より26ページ上段をお願いいたします。児童福祉総務費ですが、大幅に伸びておりますが、南保育園の建設に伴う節15の工事請負費、節18の備品購入費が主な理由でございます。
 下段、目2の保育園費は減でございますが、節7の賃金、節11の需用費が主なものでございます。
 次に、27ページをお願いいたします。目1の授産施設総務費の減でございますが、昨年度は節18で公用車を購入したことにより、今年はそれはないということでございます。
 また、目2の授産施設運営費ですが、作業員の工賃の支払いが主なもので増となっております。
 28ページ、中段をお願いいたします。目1保健施設総務費ですが、増となっておりますが、これは職員増員に伴う給与費等が主な理由でございます。
 28ページ下段から29ページ中段をお願いいたします。目2予防費の増は、節11需用費、節13委託料の増が主なものでございます。
 29ページ下段をお願いいたします。目3保健センター管理費ですが、11需用費が若干伸びております。またエアコン設置工事に伴う部分の委託料、工事請負費については、繰越明許となっております。
 福祉課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 経済課関係、引き続き30ページをお願いいたします。目1の農業委員会費ですが、農業委員会の運営経費です。前年に比べ増額になっておりますが、これは農地法改正に伴う農地情報システムの改修にかかわる委託料の増によるものでございます。農地の審議状況等につきましてはごらんのとおりでございます。
 31ページをお願いいたします。目2の農業総務費につきましては、職員の人件費でございます。
 目3の農業振興費では、前年に比べ増額となっておりますが、これは強い農業づくり補助金として、かぼちゃやま農場が事業主体の農産物直売施設建設事業への補助が主な増額内容でございます。
 32ページをお願いいたします。目4の地域営農支援事業費では、前年と比べこれも増額となっておりますが、これにつきましては営農支援センター負担金で、国の産地確立交付金の廃止に伴い、集落営農などへの支援を村費で継続対応としたことによるもの。それから集落営農組合への機械購入助成、農地流動化交付金の増によるものが主な増額内容でございます。
 目5の農村婦人の家管理費では、農村婦人の家の維持管理に対する実績です。利用件数等ごらんのとおりでございます。
 33ページをお願いいたします。目6の土地改良費では、前年に比べ減額となっておりますが、前年度は西部山麓地区の水路改修が1年前倒しで実施したため、事業費が倍増になったことと、圃場整備事業に伴う農林漁業資金償還金の減によるものでございます。
 次に、34ページをお願いいたします。目1の林業振興費では、特に今年は県の元気づくり支援金を活用し、松くい虫の処理木を活用しましたベンチや巣箱の制作を行っております。前年に比べ減額になっておりますが、これは工事請負費の減によるものでございます。
 35ページをお願いいたします。目1の商工総務費では、前年と比べ大きく減額となっておりますが、これは工場等用地取得事業補助金の減によるものです。なお、プレミアムつき商品券発行事業補助は、翌年度への繰越明許となっております。
 目2の観光費では、松本大学への観光振興研究委託、観光協会への観光ブログ作成事業委託、観光関係団体への補助が主な内容でございますが、特に本年度は、いわさきちひろがスケッチした場所へ看板を3カ所設置を行っております。
 目3の交流施設総務費では、セピア安曇野イベント広場、ちひろ公園の維持管理経費と、温泉施設ふれあい交流センター整備基金積み立てが主な内容でございます。前年と比べ減額となっておりますが、これはちひろ公園改修工事と積立金の減によるものです。次のページに決算年度比較報告書を添付しございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続いて、37ページをお願いいたします。目4の温泉施設管理費は、すずむし荘の管理運営経費です。次のページに決算年度対比報告書を添付してございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 39ページをお願いいたします。目5の寄って停まつかわ管理費は、寄って停まつかわの管理運営経費です。備品購入で食券機の更新をしております。次のページに決算年度対比報告書を添付してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは建設水道課関係をお願いします。
 ページは41ページをお願いします。土木費です。1の土木総務費、これは道路台帳補正業務が主なものでございます。
 その下、2の道路橋梁費の1道路橋梁総務費です。これは県単事業割、国道の歩道、それから兼用側溝の県への事業負担が主なものです。
 その下、2の道路維持費です。ここは除雪、それから村道7−48号線拡幅工事が主な事業でございます。それから、その下の前年度繰越明許費がございまして、3−31号線、平成21年度からの繰越事業として完了しております。
 それから、その下、3の道路新設改良費です。ここは村道1−1号線、それから、反川踏切拡幅に伴う設計業務、それから大糸線北細野踏切拡幅その他設計業務、あと工事関係では4−35号線の舗装、それから公有財産で1−1号線、2−22号線、42ページへ行きまして、同じく1−1号線、2−22号線の補償関係、これが主な事業でございます。そのすぐ下、前年度繰越明許費ですが、これは平成21年度のきめ細かな臨時交付金の関係で、北細野地区の歩道の整備が主なものでございます。それから、そのほかは1−9号線、5−557号線、これはかぶろ会館前、2−17号線等の工事をしております。それから、その中段ほどにございますが、翌年度繰越明許費、平成23年度のへの繰越となっておりますが、きめ細かな交付金として、1−6号線、南部会館前の道路改良関係を繰越明許しております。
 その下、目4の交通安全施設整備事業費、交通安全施設の設置で、道路区画線、ガードレール等の工事が主なものでございます。
 その下、河川総務費です。これは負担金、補助及び交付金が主な内容です。
 43ページをお願いします。住宅管理費ですが、村営住宅の管理費が主な内容です。
 その下、下水道費、下水道特別会計への繰出金をしております。そのため22年度は大幅に増額となっております。
 その下、施設整備関係です。1として施設整備費がございますが、これは人件費、事務費が主なものです。
 その下の、2国営公園対策費は、国営公園の同盟会の負担金及び国営公園のPR用のパンフレットの作成が主な内容となっております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、44ページから教育委員会関係お願いいたします。
 まず一番上ですが、教育委員会費の関係です。昨年、私立高等学校保護者補助金がありましたが、廃止となったため減となっております。
 それから、事務局費ですけれども、大きく減となっておりますけれども、義務教育施設整備基金への積立額の減によるものでございます。
 それから一番下段、教員住宅費、それから次の45ページ、スクールバス運行費、それから目5外国語指導費につきましては、内容につきましては、前同ということでごらんをいただきたいと思います。
 46ページをお願いいたします。小学校費の関係で、まず学校管理費の方ですけれども、大きく減となっておりますけれども、前年度LAN工事、それから備品購入ではテレビ、パソコンの購入があったため、減という内容でございます。
 47ページの中段になりますけれども、教育振興費の関係です。増というふうになっておりますけれども、学習指導要領の完全実施のため教師用の教科書、指導書の購入があったため、消耗品が増ということでございます。なお、繰越明許費につきましては図書館の図書の関係でございます。
 48ページをお願いいたします。続きまして中学校費の関係で、まず目の1学校管理費の方ですけれども、減となっておりますけれども、前年度デジタルテレビ、パソコンの購入があったためでございます。なお、繰越明許費につきましては支援学級等の机、いすの関係でございます。
 49ページお願いいたします。目2の教育振興費の関係ですけれども、減としましては、前年度子育て応援手当が計上があったためという内容でございます。
 続きまして、50ページをお願いいたします。5の文化財保護費の関係、若干の減でございますけれども、前年度、桜沢遺跡公園の遊具があったため。
 それから、収蔵施設の管理費でございますが、前年度、旧農協第2倉庫の耐震診断、それから改修工事の基本設計があったためでございます。
 7の社会教育振興費、これは子育てプランの関係でございますけれども、放課後こども教室が前年度、毎週水曜日のみということが、毎日実施ということで増となっている内容でございます。
 それから、下段の学校給食運営費でございますけれども、内容につきましては記載のとおりでございます。なお負担率につきましては53.2%となっております。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは51ページからお願いいたします。目1の社会教育総務費ですが、減となっておりますけれど、人事異動によります人件費の減が主なものでありますのでお願いします。
 次のページ、52ページ、目2の公民館費ですが、こちらも減となっておりますけれど、報償費の関係で、すずの音ホールのオープンの記念の式典の関係が21年度にありましたが、22年度はないという形であります。それから工事請負費の関係で減になっております。それで翌年度の繰越明許という形で、三軒家会館の工事設計並びに次ページの工事請負費を繰り越しておりますので、お願いします。
 次に、53ページの図書館費ですが、増となっております。主なものは25に積立金が増になっております。それから翌年度の繰越明許という形で、図書を購入という形で備品購入費を繰り越しております。
 同じページの下段の、4の生涯学習推進室につきましては、前年度と同じ内容となっておりますので、見ていただければと思います。それから、54ページの方に続いておりますので、お願いいたします。
 55ページの保健体育総務費ですが、こちらについても、内容については前年と同じでありますのでお願いいたします。
 目2の体育施設費ですが、こちらについては大幅な減となっておりますけれど、主な内容は次のページの備品購入費、それから工事請負費等の関係で減となってきております。なお、前年度からの繰越明許費という形で、野球場の整備工事、小学校グラウンドの整備工事が前年度より繰り越されておりますのでお願いします。
 目3の体力増強事業費ですが、村民運動会分館対抗の関係でありますので、ほとんど同じ内容となっておりますので、お願いいたします。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第48号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第49号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、成果表の58ページをお願いします。一般被保険者国民健康保険税ということで、対昨年9.7%の減となっております。表の下の1世帯当たりの税額、昨年より5.6%の減ということが理由ではないかというふうに分析をしております。続きまして、介護保険納付分でございますけれども、昨年より1世帯当たりの税額で6.2%の減、1人当たりの税額で7.2%の減となっております。続きまして59ページをお願いします。後期支援金納付分でございますが、1世帯当たりの税額、対前年比5.4%の減、1人当たりの税額5.4%の減となっております。
 続きまして、60ページをお願いします。退職被保険者国民健康保険税の関係ですけれども、1世帯当たりの税額対前年比10.8%の減、1人当たりの税額25.9%の減となっております。それから介護納付分ですが、1世帯当たりの税額32.5%の減、1人当たりの税額27.1%の減でございます。続きまして、後期支援金納付分でございますが、1世帯当たりの税額25.5%の減、1人当たりの税額が28.6%の減となっております。
 税関係は、以上御説明申し上げましたので、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今の税以降の説明をさせていただきます。
 それでは、国民健康保険特別会計の決算書65ページをお願いいたします。款3国庫支出金ですが、これは医療費に対する医療給付費等負担金、高額な医療費に対しての高額医療費共同事業負担金、特定健診事業に伴う特定健診等負担金、あと財政調整交付金等でございます。
 66ページをお願いいたします。款4療養給付費等交付金は、診療報酬支払基金より退職者医療制度該当者への医療費に対する現年、過年度分でございます。
 67ページをお願いいたします。款5は前期高齢者交付金、これは前期高齢者分の医療給付費等に対しまして、療養報酬支払基金より支払うものでございます。
 款6県支出金は、高額療養費共同事業負担金と特定健康診査等負担金、財政調整交付金で、内容は国庫支出金と同じでございます。
 款7共同事業交付金は、国保連合会より支払われるものでございます。
 文末から68ページをお願いいたします。款8財産収入は、基金利子等でございます。
 款9繰入金は、一般会計そして基金からとなっております。22年度分は基金からの繰入金はございません。
 款10繰越金、款11諸収入につきましては、ごらんいただきたいと思います。
 続きまして歳出ですが、71ページをお願いいたします。款1総務費は、一般管理費事務費と国保連合会の資格確認業務への委託料が主なものでございます。
 款2保険給付費でございますが、項1療養諸費は、一般と退職の療養費等の保険者分の負担金でございます。
 72ページをお願いいたします。項2高額療養費も一般、退職の保険者負担分でございます。
 そのほか項3移送費、項4出産育児諸費、73ページの項5葬祭費は、ごらんいただきたいと思います。
 款3後期高齢者支援金等は、後期高齢者保険へ。款4前期高齢者納付金等は、診療報酬支払基金。75ページになりますが、款5老人保健拠出金は、老人保健事務拠出金となっております。
 款6介護納付金は、介護保険制度を運営するための保険者負担分でございます。
 款7共同事業拠出金は、医療費80万円、30万円を超える医療費の事業負担分でございます。
 76ページをお願いいたします。款8保健事務費は、特定健診と人間ドックの補助金となっております。
 款9基金積立金から、78ページまでの款12予備費までは、ごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第49号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第50号 平成22年度松川村老人保健特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) この特別会計は、平成20年度より後期高齢者医療制度に移行したことにより、2年間の猶予期間を存続してまいりましたが、今年の3月31日をもって廃止となりました。
 決算事項別明細書85ページをお願いいたします。まず歳入ですが、款1支払基金交付金と、款5繰越金が歳入となっております。
 歳出でございますが、87ページをお願いいたします。款2諸支出金は、一般会計の繰出金のみでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第50号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第51号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) まず歳入でございますが、決算事項別明細書93ページをお願いいたします。款1保険料、そして款3一般会計繰入金、94ページになりますが款5繰越金が主なものでございます。
 続きまして歳出ですが、95ページをお願いいたします。款1総務費は事務管理費等で、款2広域連合への保険料の納付金が主な歳出となってございます。以上ごらんをいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第51号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第52号 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 決算事項別明細書の103ページをお願いいたします。歳入ですが、款1使用料及び手数料は、723件の使用料と督促手数料分でございます。
 款2財産収入は、基金利子分です。
 款3繰越金は、前年度の繰越金でございます。
 続きまして歳出ですが、104ページをお願いいたします。款1総務費の主な歳出は、13節委託料の清掃委託と、25節積立金は整備基金への積み立てでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第52号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第53号 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) この特別会計は、神戸にあります地域特別賃貸住宅の維持管理に要する経費、それから使用料でございます。
 使用料につきましては11ページをお願いします。6戸分の使用料100%ということで徴収しております。
 それから、続いて歳出ですが、112ページ、歳出の方は施設の修繕料、それから起債償還に当たります公債費が主なものでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第53号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第54号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 決算に係る主要な施策の成果についての、61ページをごらんいただきたいと思います。初めに、下水道管理費です。1目の下水道管理費です。これは下水道施設のうち管渠の維持管理についての経費でございます。下水道整備済み戸数は3,538戸、1万79人の整備を済んでおります。それから、下水道使用開始戸数が89戸増加しまして2,925戸、8,628人という結果でございます。これの接続率を見ますと、平成22年度末で85.6%という状況でございます。主なものは管渠の清掃業務、マンホールポンプの保守点検、それから下水道管渠工事として、公共ますの取り出し6件等となっております。
 それからその下、目2の下水道施設管理費です。これは松川浄水苑の維持管理費でございます。主なものは、浄水苑の維持管理業務として委託してございます管理業務、それから汚泥処分業務、水質試験等の業務が主なものでございます。
 その下、公債費です。公債費は記載のとおりですのでごらんいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第54号の補足説明を終わります。
 続いて、議案第55号 平成22年度松川村水道事業会計決算書の補足説明を行います。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 水道事業会計につきましては、議案第55号の決算書の143ページをごらんください。143ページの表をごらんいただきたいと思います。22年度の業務量として表にしてお示ししてございます。給水人口は1万188人、給水戸数3,575戸、年間配水量98万4,483立方メートル、月平均配水量は8万2,040立方メートル、年間で92万5,470立方メートルの配水を実施いたしました。月平均の給水量は7万7,122立方メートルという状況になっておりまして、平成21年度と比較して表をつくっておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 その他収支の状況につきましては、142ページの概況の中でお示ししてございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第55号の補足説明を終わります。
 以上で、平成22年度各会計決算の補足説明を終わります。
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 これにて散会いたします。
 大変御苦労さまでした。
                               午後 2時41分 散会