議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成23年第 2回定例会−06月08日-01号




平成23年第 2回定例会

                会  議  日  程

┌──────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│ 月  日 │曜日│会     議│      予          定       │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│ 6月 8日│ 水 │本  会  議│一般議案審議、請願・陳情等委員会付託、全員協議会│
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    9日│ 木 │委  員  会│一般質問通告午後1時締切            │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   10日│ 金 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   11日│ 土 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   12日│ 日 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   13日│ 月 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   14日│ 火 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   15日│ 水 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   16日│ 木 │本  会  議│一般質問                    │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   17日│ 金 │本  会  議│一般質問                    │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   18日│ 土 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   19日│ 日 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   20日│ 月 │休     会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   21日│ 火 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└──────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第 2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例
 専決第 4号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第7号)
 専決第 5号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
 専決第 6号 平成22年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)
 専決第 7号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
 専決第 8号 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 専決第 9号 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第2号)
 専決第10号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)
 専決第11号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第5号)
 報告第 4号 平成22年度松川村一般会計補正予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第28号 松川村税条例の一部を改正する条例
 議案第29号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 議案第30号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第31号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第32号 平成23年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)

 議案第33号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例
 議案第34号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第2号)
 議案第35号 国政を正常化し、政治本来の使命を果たすことを求める意見書
 報告第 5号 「住宅リフォーム助成制度」の創設を求める陳情書
 報告第 6号 住宅の新築・リフォームに対する助成制度創設についての請願
 報告第 7号 公契約条例制定についての請願
 報告第 8号 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める請願書
 報告第 9号 30人学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書提出に関する請願書
 報告第10号 長野県独自の30人規模学級の中学校全学年への早期拡大と複式学級の解消、県独自に教職員配置増を求める意見書提出に関する請願書
 報告第11号 学校給食を自校方式にすることを求める陳情書
 報告第12号 旧農協第二倉庫取り壊しについての陳情



                 請願・陳情一覧表

 請願
┌─────┬───────────────────┬──────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │     請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 23. 5.2 │住宅の新築・リフォームに対する助成制度│大町市大町467番地      │勝家 尊│
│     │創設についての請願          │大北建設労働組合      │    │
│     │                   │組合長 太田 隆巳     │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 23. 5.2 │公契約条例制定についての請願     │大町市大町467番地      │勝家 尊│
│     │                   │大北建設労働組合      │    │
│     │                   │組合長 太田 隆巳     │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 23. 5.24 │「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求め│松川村7016-1        │平林寛也│
│     │る請願書               │長野県教組大北支部松川村単組│    │
│     │                   │代表者 犬飼 隆博     │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 23. 5.24 │30人学級の早期実現、教職員定数増を求│松川村7016-1        │平林寛也│
│     │める意見書提出に関する請願書     │長野県教組大北支部松川村単組│    │
│     │                   │代表者 犬飼 隆博     │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 23. 5.24 │長野県独自の30人規模学級の中学校全学│松川村7016-1        │平林寛也│
│     │年への早期拡大と複式学級の解消、県独自│長野県教組大北支部松川村単組│    │
│     │に教職員配置増を求める意見書提出に関す│代表者 犬飼 隆博     │    │
│     │る請願書               │              │    │
└─────┴───────────────────┴──────────────┴────┘


 陳情
┌─────┬────────────────────┬────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │     陳  情  者     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 23. 5.26 │学校給食を自校方式にすることを求める陳情│松川村3363-1090         │
│     │書                   │新日本婦人の会松川村支部    │
│     │                    │支部長 谷口 真弓       │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 23. 5.26 │旧農協第二倉庫取り壊しについての陳情  │松川村5725-227         │
│     │                    │山崎 久義           │
└─────┴────────────────────┴────────────────┘



             平成23年松川村議会第2回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│6月16日(木)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 5 │井 上 直 昭│1 東日本大震災を振り返って      │村長     │
│  │  │       │                    │教育長    │
│  │  │       │2 旧農協第2倉庫について       │村長     │
│  │  │       │                    │教育長    │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │12│榛 葉 良 子│1 東日本大震災を教訓とした村の取り組み│村長     │
│  │  │       │  について              │       │
│  │  │       │2 「すずむし保護条例」を活用した村活性│村長     │
│  │  │       │  化対策               │       │
│  │  │       │3 「のびのび相談」その後の取り組み状況│村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 6 │横 沢 喜 造│1 西部山麓地帯の自然災害について   │村長     │
│  │  │       │2 村文化財の保護について       │村長     │
│  │  │       │                    │教育長    │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 8 │渡 邉 尚 省│1 災害に強い村づくりについて     │村長     │
│  │  │       │2 原発からの撤退とエネルギー政策の転換│村長     │
│  │  │       │  を                 │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 5 │勝 家   尊│1 村発注の工事と入札制度について   │村長     │
│  │  │       │2 ゴミ0運動について         │村長     │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│6月17日(金)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 6 │ 9 │河 内 國 治│1 糸魚川・静岡活断層における村の地震対│村長     │
│  │  │       │  策について             │       │
│  │  │       │2 自治組合未加入者について      │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 7 │ 2 │佐 藤 節 子│1 交通安全に対する村民要望について  │村長     │
│  │  │       │2 観光行政の推進について       │村長     │
│  │  │       │3 原発問題について          │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成23年松川村議会第2回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成23年6月 8日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成23年 6月 8日 午前10時00分│議 長│新 村 久仁男│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成23年 6月 8日 午後 0時38分│議 長│新 村 久仁男│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   7番   │平 林 寛 也│   8番   │渡 邉 尚 省│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│大 澤   浩│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │奥 野 勝 久│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│          │       │       │補佐     │       │
│明のため出席した者の├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │教育長    │西 澤   勇│       │       │
│職・氏名      ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│    全員出席  ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │会計管理者兼会│伊 藤 勇 二│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第 2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例
 専決第 4号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第7号)
 専決第 5号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
 専決第 6号 平成22年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)
 専決第 7号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
 専決第 8号 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 専決第 9号 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第2号)
 専決第10号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)
 専決第11号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第5号)
 報告第 4号 平成22年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第28号 松川村税条例の一部を改正する条例
 議案第29号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 議案第30号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
 議案第31号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第32号 平成23年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)
日程第6 請願・陳情の委員会付託


                               午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) 御苦労さまでございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成23年松川村議会第2回定例会を開会いたします。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(新村久仁男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、7番 平林寛也議員、8番 渡邉尚省議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(新村久仁男君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等については、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(甲斐澤明君) (報告)
○議長(新村久仁男君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から6月21日までの14日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月21日までの14日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(新村久仁男君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) 皆様おはようございます。
 風薫るさわやかな初夏の季節を迎えました。
 本日、全議員御出席の中、平成23年第2回定例議会が開会されるに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げさせていただきます。
 平成23年度がスタートをしまして2カ月が経過をいたしました。村内の水田は緑一色と、すばらしい風景となりました。今年は特に入梅が早く、これからの天候が心配でありますけれども、すばらしい豊作となっていただくように願いたいというように思います。
 東日本大震災等で、村民の皆様から義援金をいただきましたけれども、6月6日現在、東日本大震災は1,404万2,399円、そしてまた長野県北部地震には113万7,636円、それぞれ日赤や共同募金会を通じまして被災地に送付をしていただいております。県町村会を通じての公費義援金でありますけれども、県下56町村から総額9,280万円が集まり、岩手県町村会、宮城県町村会にそれぞれ3,100万円、そして福島県町村会に3,080万円を配分したという報告を県町村会の方からいただきました。一日も早い復興を皆様とともに祈りたいと思います。
 先日、議会全員協議会の中でもお話をいたしましたが、村民の皆様の固定資産税の課税誤りにつきましては、本当に申しわけないことをしたというように思っております。私どもの監督責任につきましては、会期中に条例改正案を提出させていただきますので、よろしくお願いをいたします。
 また、平成7年からのものであり、金額が確定次第、村民の皆様にお返しをしてまいりたいというように思っております。
 次に、主な事業の取り組み状況についてでありますけれども、まず豪雨による被害状況についてであります。5月29日の台風2号の影響による大雨により、村内に被害をもたらしました。消防団員の皆様に出動をいただきまして、小河川のはんらんによって住宅等への浸水が想定される20カ所ほどに土のうを積み、深夜に及ぶまで応急対策を実施をしていただき、幸い大きな災害を出さずに済みました。しかし、林道北和田線は道路陥没によって通行不能となったほか、水路への土砂の堆積、林道馬羅尾線の水路への土砂堆積、山際の水田への土砂流入の被害等が発生をいたしました。応急手当等は、翌日より建設業組合にお願いをいたしまして終了しております。今後、早期に復旧を図ってまいりたいというように思います。
 また、その費用につきましては、会期中に再度予算補正をお願いをしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。
 次に米の生産調整等についてであります。
 村への配分は、昨年より23トン少ない4,606トンで、村内農家への定率配分を実施をいたしました。また、本年度は震災による東北地域の県間調整と地域間調整とを合わせて約288トンが追加となりまして、農家への配分をいたしました。
 本年4月から松川村水田農業推進協議会が松川村農業再生協議会へと移行となりました。これは国の制度であります農業者戸別所得補償制度が本年度から本格実施となり、米だけでなく麦、大豆等の畑作物を含めた生産目標の検討、生産振興等が必要になることを踏まえた組織改正であります。
 新たな協議会では、従来の米の生産調整に加え、農業経営の改善や自給率向上を目指した戦略策作物の生産振興を初め、担い手の育成や遊休農地対策等がございます。農業振興を一体的に検討していただくようになっております。この会議を昨日、実施をさせていただきまして、平成23年度の予算等お認めをいただいておりますので、これからが、この事業に沿ったものをやっていきたいというように思っております。
 また、本年5月の23日には営農支援センターの総会を開催をいたしました。村の基幹産業であります農業が継続的に維持発展するよう、昨年同様、村単独の助成を支援センター予算へ計上し、農業振興を図ってまいります。
 次に、指定管理についてであります。本年4月1日にすずむし荘と寄って停まつかわの両施設の指定管理者となるFunSpaceへの管理運営の引き渡しを行いました。当初は震災の影響もありましたけれども、現在では順調な管理運営がなされているという報告を受けております。今後も村民サービス等が低下しないよう、連絡調整を密にしてまいります。
 続きまして、NHK連続テレビドラマ小説「おひさま」の効果についてであります。
 4月の放映開始から2カ月が経過をいたしましたが、村へロケ地情報や観光パンフレット等を希望する問い合わせがふえております。5月のゴールデンウイーク中は、すずむし荘では宿泊者数が昨年度比10%増となり、安曇野ちひろ美術館でも入場者数が同様に増加をしております。今後の村の観光振興につながることを期待しているところであります。本日、安曇節が放映されましたけれども、期待をしておりましたが、短時間で若干残念でありました。皆様も見ていただいたと思いますけれども、また機会があればプロデューサーの方へお礼をしながら、再度使っていただくようなことをしていきたいというように思っております。
 次に、第29回ふるさと祭り等についてであります。
 大震災直後は各種イベントも自粛傾向にありましたけれども、地元経済が活性化することが復興支援につながるということで、5月26日開催の第29回松川ふるさと祭り第1回実行委員会で、本年度のふるさと祭り並びに納涼花火大会の開催が決定をされております。
 祭り当日も、うちわ販売による売上金の一部を震災地への義援金とすることや、ちょうちんの点灯期間や点灯時間を短縮することによる節電対策にも配慮するなど、工夫をしながら開催をしてまいりたいというように思っております。
 続きまして、プレミアム商品券(太っ腹商品券?)についてであります。
 本年3月に生活弱者への支援を主目的としたプレミアム30%の商品券を商工会へ委託し、5,000セット販売をいたしました。現在、既に90%近くの利用がされたと聞いております。地元消費の推進により、地域経済の活性化にも貢献できたものと感じております。
 続きまして、長野県市町村対抗駅伝競走大会の報告であります。
 4月29日に松本市陸上競技場周辺で開催された市町村対抗駅伝は、4月にしては気温が上がり大変暑い中でありましたけれども、第21回大会となる一般の部と第7回大会となる小学生の部に、それぞれ村の代表選手が出場いたしました。一般の部では参加57チーム中、総合24位、村の部では優勝をおさめ、村の部6連覇、通算11度目の優勝という快挙を達成をいたしました。
 また小学生の部では参加59チーム中、総合19位、優勝こそ逃しましたけれども、村の部第3位ということで大変な活躍をしていただきました。
 続きまして、本日上程いたします議案の概要を若干申し上げます。
 専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例は、地方税法施行の一部改正によるもので、国保税額の限度額の引き上げをするものであります。
 専決第3号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例は、3月31日の専決で、暫定的に引き上げていた出産育児一時金の支給について、平成23年4月から恒久化することに伴うものであります。
 専決第4号ですが、平成22年度松川村一般会計補正予算(第7号)は、3月31日の専決で、年度末の計数整理をしたもので3,042万6,000円を追加し、総額を45億5,246万3,000円とするものであります。主なものは、歳入は地方交付税、村税、地方譲与税の追加と諸収入、繰入金、国庫支出金、県支出金、使用料及び手数料の減額で、歳出は下水道費に特定環境保全公共下水道特別会計への繰出金5,000万円を計上いたしました。余剰金は公共施設等整備基金に1億1,358万2,000円を積み立てます。温泉施設及びふれあい交流センター整備基金への積立金は、今回の補正予算では626万5,000円の減額となっておりますけれども、今年度の営業利益の利益分、1,072万円が積み立てられます。
 続きまして、専決第5号から専決第11号は、各特別会計等の補正予算で、年度末の計数整理であります。
 報告第4号でありますが、平成22年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書については、役場庁舎冷房設備設置事業、商品券発行補助事業など9事業を繰り越す報告でございます。
 議案第28号 松川村税条例の一部を改正する条例は、東日本大震災にかかわる地方税法の一部を改正する法律が公布されたこと等に伴うもので、雑損控除額等の特例を定めるものであります。
 議案第29号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第1号)は、3,743万8,000円を追加し、総額を33億2,343万8,000円とするもので、主なものは、歳入は地方交付税1,654万6,000円、国庫支出金1,160万円、県支出金908万4,000円であります。歳出は、道路新設改良費など土木費2,288万8,000円、県農地・水・環境保全地域協議会負担金など農林水産事業584万4,000円、個別予防接種委託料など衛生費に516万2,000円の追加であります。また、今回の補正で人事異動に伴う人件費の調整を行っていますので、よろしくお願いをいたします。
 議案第30号から議案第32号は、特別会計等の人事異動に伴う人件費の調整等でございます。いずれも提案時に各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議いただきまして、議決または御承認をいただきますようお願いを申し上げまして、本日の定例会招集のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いをいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長あいさつ終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(新村久仁男君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(鈴木智君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.池田松川施設組合議会第1回臨時会
  開催期日  平成23年5月10日
  出席議員  新村議長、白澤副議長、井上議員、佐藤議員
  審議事項等 ・施設組合議長の選挙
  審議結果等 議長に池田町、甕議長が当選
 2.北アルプス広域連合議会5月定例会
  開催期日  平成23年5月26日
  出席議員  新村議長、白澤副議長、甲斐澤議員
  審議事項等 ・副広域連合長の選任
        ・監査委員の選任
        ・平成22年度各会計補正予算等の専決処分報告
        ・平成23年度広域連合会計補正予算
  審議結果等 副広域連合長に小谷村、松本村長を選任
        監査委員に大町市、荒澤議員を選任
        各議案を原案のとおり承認並びに可決
 3.社会福祉法人 大北社会福祉事業協会第2回評議員会
  開催期日  平成23年5月30日
  出席議員  新村議長
  審議事項等 ・寄附金に関する報告
        ・平成22年度事業協会会計決算の認定
        ・理事の選任
  審議結果等 決算を認定。
        理事に小谷村、松本村長を選任
 4.穂高広域施設組合議会第1回臨時会
  開催期日  平成23年6月2日
  出席議員  新村議長、白澤副議長
  審議事項等 ・平成22年度一般会計繰越明許費繰越計算書報告
        ・平成22年度一般会計補正予算の専決処分報告
        ・平成23年度一般会計補正予算
        ・監査委員の選任
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決
        監査委員に池田町、甕議長を選任
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正するということで、この一部改正につきましては、地方税法施行令の一部改正によるものでございます。
 第2条第2項では、医療保険納付金課税額の限度額を50万から51万円に引き上げるものです。また同条3項につきましては、後期高齢者支援金等の限度額を13万円から14万円に引き上げるものでございます。
 同条第4項におきましては、介護納付金課税額の限度額を10万円から12万円に引き上げるものでございます。
 第23条では、国民健康保険税の減額条項についても、同様に限度額を引き上げるものでございます。
 附則といたしまして、第1条では施行日を平成23年4月1日から行う条文。
 第2条では適用区分の条文でございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成22年3月31日 専決 松川村長名。
 平成22年6月9日 報告 松川村長名。
 以上よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 第2条第2項中…。
○議長(新村久仁男君) 暫時休憩します。
                               午前10時22分 休憩
                               午前10時22分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) すみません、日付等を間違えてしまいましたので、もう1度申し上げます。
 平成23年3月31日 専決 松川村長名。
 平成23年6月 8日 報告 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 続いて、質疑を受けます。渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 第2条第2項中、50万円を51万円に改めということがあります。それからですね、同条第4項中10万円を12万円に改めるというふうにあります。それから、同様にですね、この23条中云々ということなんですが、これは同じ意味なんでしょうか。50万円を51万円に、それから13万を14万に、10万を12万円にと、この、そうして次の行も何か同じようなことが書いてあるんですが、この何ですか、理解というか同じことを言っていることなんでしょうか。お尋ねしたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 限度額の引き上げによるものが、上段でございます。23条中におきましても、減額条項についても同様に金額を引き上げるという内容ですので、内容は同じでございます。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 質問なんですが、13万を14万に、それから10万円を12万円に改めるということは、これは健康保険税そのものが上がると、そういう理解でよろしいでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 限度額以上の計算式で納税される方がいらっしゃった場合には、最大で今まで50万円を納めていただいた方が51万円に引き上がると、1万円引き上がるという内容でございます。それ以下の納税者につきましては、何ら変更はございません。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) そうしますと、この13万円を14万、10万を12万にという、これはどういうふうに理解したらいいでしょうか、教えてください。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 税の内容で、医療保険納付金につきましては50万円が51万円に引き上がる、それから税の中で後期高齢者支援金の限度額が1万円引き上がる、それから介護納付金の部分が2万円引き上がるということで、それぞれ国民健康保険税の中の内訳の記載でございますので、総体で全部上がるとなりますと、全部足した額で4万円上がるという形になります。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員、よろしいですか。ほかに質疑はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第2号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(新村久仁男君) 起立多数。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第3号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは、専決第3号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例。
 松川村国民健康保険条例の一部を次のとおり改正するということで、第7条第1項中35万円を39万円に改めるということで、その内容を御説明を申し上げます。
 この条例の改正につきましては、国の少子化対策により、健康保険法施行令等の一部を改正する政令に基づき、平成21年10月から平成23年3月までの間、暫定措置として引き上げられてきた出産育児一時金4万円上乗せ制度が、平成23年4月から恒久化されることに伴う改正でございます。なお、一般的な出産におきましては、産科補償制度掛金3万円が加算されますことから、一時金の現在の支給額は42万円となっております。
 附則としまして、施行期日は23年の4月1日から施行するということで、経過措置につきましては施行日前に出産した被保険者にかかわる松川村国民健康保険条例第7条の規定による出産育児一時金の額については、なお従前の例によるということでございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので、専決処分する。
 平成23年3月31日 専決 松川村長名。
 平成23年6月 8日 報告 松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第3号を採決します。本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第4号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第7号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、今回の専決につきましては事業費の確定、執行済みに伴う補正でございます。
 歳出につきましては、余剰金を公共施設等整備基金への積み立てと、公共下水道事業特別会計への繰り出しが主なものでございます。
 計数整理が主なものでございますので、各項目での担当課長からの説明は、大きなもののみとさせていただきます。
 また歳出の人件費につきましても計数整理でございますので、担当課長からの説明は省略をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 それでは6ページをお願いします。第2表繰越明許費補正でございますが、追加分としまして、中学校備品整備事業の関係でございますけれども、光をそそぐ交付金事業の特別支援教室備品購入費の関係で、東日本大震災により一部備品の納入が平成22年度内に間に合わなくなったための繰り越しでございます。
 次に、予防接種事業の子宮頸がん等ワクチン接種が年度内に事業完了したため廃止をするものでございます。
 それでは、総務課関係、9ページからお願いします。
 まず歳入、1款村税1目個人、2目法人の関係ですけれども、それぞれ額の確定見込みによるものでございます。徴収率について若干申し上げますけれども、個人の現年分につきましては97.3%、滞納繰越分につきましては22.8%、法人の現年分につきましては99.6%、滞納繰越分につきましては42.6%となっております。
 続きまして、2項固定資産の関係でございますけれども、こちらの現年分の徴収率が97.3%、滞納繰越分については21.4%でございます。
 それから、下段になりますが軽自動車税につきましては97.9%、次ページになりますけれども、滞納繰越分については32.6%の実績でございます。
 次に、たばこ税、入湯税につきましては記載のとおりでございます。
 続きまして、2款の地方譲与税から12ページの交通安全対策特別交付金までにつきましては、額の確定に伴うものでございます。
 15ページをお願いします。総務手数料の関係でございますが、記載のとおりでございます。
 続きまして16ページをお願いします。中段でございますけれども、総務費国庫補助金3節の住民生活に光をそそぐ交付金でございますが、三軒家会館の外壁塗装の入札差金分11万3,000円の減額、それからプレミアム商品券の関係で、当初、国に対し65歳以上と18歳以下で申請をしていたものでございますけれども、国の2次補正におきまして、対象者が75歳以上と住民税非課税世帯と障害者、母子・父子家庭に限定となったため、その販売実績により480万1,000円の減額となりました。
 18ページをお願いします。下段ですけれども、総務費県補助金関係は額の確定に伴うもの、その下の総務費委託金の額も確定見込みに伴うものでございます。
 19ページの中段というか下段をお願いします。利子及び配当金、その下の不動産売払収入も確定見込みによるものでございます。
 20ページをお願いします。16款寄附金、次の、人づくり基金繰入金も額の確定見込みでございます。
 それから21ページ、19款諸収入も額の確定見込みによるものでございます。
 22ページをお願いします。雑入の関係ですけれども、総務関係、私用電話料、土地開発公社政策要望活動経費、有料広告掲載料、役場自販機手数料ほかでございますけれども、こちらも額の確定見込みによるものでございます。
 それから、23ページの下段になりますが、村預金利子関係も額確定見込みによるものでございます。
 それでは、歳出関係を御説明申し上げます。次ページをお願いします。下段の2款総務費1目の一般管理費から次ページにわたりますが、6目の財産管理費につきましては、計数整理によるものでございますので、記載のとおりでございます。
 それから、26ページの7款の企画費25節の積立金でございますけれども、冒頭にも申し上げましたが、公共施設等整備基金に1億1,358万2,000円の計上をしてございます。
 それから27ページ、12目の人づくり推進費19節の負補交におきましては、19団体54個人に補助を出しましたが、東日本大震災の影響で太鼓の全国大会及びソフトテニスの全国大会が中止になったことによる減額でございます。
 それから13節総合行政情報費、次の2項税務費につきましては、計数整理によるものでございますので、記載のとおりでございます。
 次ページ、28ページをお願いします。下段になりますが、選挙費、次ページの5項の統計調査費につきましても計数整理でございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 飛びまして47ページをお願いします。8款消防費の関係になりますが、計数整理によるものでございますので、記載のとおりです。
 また飛びまして、53ページをお願いします。一番下段になりますが、11款の予備費、こちらも計数整理によるものでございますので、記載のとおりです。
 総務課関係は以上です。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは住民課関係、まず歳入の方から御説明申し上げます。
 14ページをお願いいたします。下段になりますが、目1総務手数料は窓口業務の交付手数料の額の確定による減分でございます。
 15ページをお願いいたします。目2衛生手数料は、犬の登録関係手数料の減分と、清掃手数料の増分でございます。
 下段になりますが、款13目1民生費国庫負担金でございますが、児童手当費、子ども手当費の交付額決定による減分でございます。
 16ページをお願いいたします。項3委託金目1総務委託金、目2民生費委託金は、交付額決定によるものでございます。
 17ページ、款14県支出金目1民生費県負担金は、各負担金の確定額によるものでございます。項2目1民生費県補助金節2医療特別給付費補助金は、額の決定によります増減でございます。
 少し飛びまして21ページ、款19諸収入項2は福祉医療費の貸付金はなしという減額でございます。
 次のページ、22ページ、節1雑入のうち中段にありますアルミ缶の売却代、後期高齢者健診自己負担金は、いずれも額の確定によります増減でございます。
 続きまして、支出をお願いします。
 26ページをお願いします。下段にあります目9交通安全・防犯対策費は、チャイルドシートの購入補助金の確定によるものでございます。
 続きまして28ページ、中段の款2目1につきましては、窓口業務の額の確定によるものでございます。
 30ページ下段からお願いいたします。目3医療特別給付費は、福祉医療費の確定に伴う減額でございます。
 続いて31ページ下段になりますが、目6老人医療費は、後期高齢者医療広域連合と特別会計の額の確定に伴う減額分でございます。
 33ページをお願いいたします。目3児童措置費は、支払額確定に伴います減額でございます。
 34ページをお願いいたします。項4国民年金事務取扱費は、窓口事務の実績に伴う計数整理でございます。
 35ページ下段、目4環境衛生費は、葬祭センターの実績等に伴う計数整理でございます。
 36ページになりますが、項2目1清掃総務費、目2清掃費も、事業の確定に伴う計数整理でございます。
 住民課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは福祉課関係をお願いいたします。まずは歳入の方から御説明申し上げます。
 13ページをお願いいたします。上段、11款分担金及び負担金1節の社会福祉費負担金は、老人、障害者関係の額の確定による増減でございます。同じく2節の関係、保育園の保育料の確定による増減分でございます。
 下段をお願いいたします。12款1目の民生使用料は、松香荘と就労センターの額の額の確定による増減分でございます。
 15ページをお願いいたします。15ページ上段3節は、保育園の督促手数料の増分でございます。
 続きまして、15ページ下段になりますが、13款1目民生費国庫負担金1目社会福祉費負担金のうち、自立支援給付費等負担金は交付額決定による減分です。
 16ページをお願いいたします。上段1目の民生費国庫補助金ですが、社会福祉費補助金は交付額決定による増減分でございます。
 下段2目の衛生費国庫補助金ですが、女性特有のがん検診の交付額決定による減分でございます。
 その下、下段をお願いします。3項委託金2目民生費委託金は、交付額決定による減額でございます。
 17ページ、お願いいたします。上段14款県支出金1目の民生費負担金1節は自立支援給付費等負担金、交付額決定による減額。
 4節は就労センターの額の確定によります増額でございます。
 その下になりますが、2項1目社会民生費補助金1節社会福祉費補助金は、福祉係事業及び妊婦健康診査の額の確定による増減でございます。
 3節児童福祉費補助金は、保育園事業の額の確定による減でございます。
 18ページをお願いいたします。中段ですが、7目衛生費補助金は新型インフルエンザ接種費用軽減事業と健康増進事業は額の確定による増額、子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金は、2年度にまたがる繰越事業の予定でしたが、ワクチン不足等の問題がある中で、予算的に先が見えない中で、単年度ごとの実績による精算をするため、大幅な減額となっております。
 また下段、2目民生費委託金は、額の確定による減額でございます。
 飛びまして21ページをお願いいたします。一番下段でございますが、19款諸収入3項は就労センターの事業の確定による減額でございます。
 22ページをお願いいたします。1節雑入のうち保育園職員副食代、老人デイサービス事業、福祉バスの協力金、広域連合負担金の還付金は福祉課ですが、いずれも額の確定によります増減でございます。
 続きまして、23ページ下段、4節地域支援事業費収入、5節地域包括支援センター収入は、それぞれ事業の確定による減額でございます。
 続きまして、歳出をお願いいたします。29ページをお願いいたします。
 29ページの最下段から30ページ、翌ページの30ページに続きますが、3款1目の社会福祉費総務費は、事業確定によります計数整理でございます。
 続きまして、2目老人福祉費13節委託料で、生活機能評価がなくなったためと、20節扶助費の老人保護措置費の減額が主なものでございます。
 31ページお願いいたします。中段、4目の老人福祉施設は、ゆうあい館と松香荘の実績に伴う計数整理でございます。
 32ページをお願いいたします。2項1目の児童福祉費は保育園関係となりますが、主なものは18節備品購入費の南保育園建設に伴います備品購入の入札差金、2目の保育園費につきましては、33ページ上段までですが、7節賃金は、加配が必要な子が登園が少なかったことによる大幅減と、11の事業費経費節減に伴う中での実績に伴う計数整理でございます。
 下段をお願いします。3項1目授産施設総務費、2目の授産施設運営費は、社会就労センターの実績に伴う計数整理でございます。
 34ページをお願いいたします。中段4款1項1目保健衛生総務費は、実績に伴います計数整理。
 下段から35ページにかけての2目の予防費につきましては、主なものは13節委託料、19節負補交とも子宮頸がん等ワクチンの緊急促進事業が単年度精算となり、子宮頸がんにつきましてはワクチンの不足による接種延期と、ヒブ肺炎球菌につきましては死亡事例による検証等での停止期があった中で、実績に伴う減額でございます。
 3目の保健センターの管理費は、実績に伴う計数整理でございます。
 福祉課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは経済課、歳入関係、13ページをお願いいたします。
 款11分担金及び負担金目2農林水産業費負担金ですが、事業費の確定に伴う地元負担金を計数整理するものでございます。
 14ページをお願いいたします。款12使用料及び手数料目2農林水産業使用料、農村婦人の家使用料の減額ですが、施設使用料、農産物加工使用料とも実績に伴う計数整理でございます。
 目3商工使用料で、温泉施設使用料セピア安曇野使用料ですが、それぞれ実績に伴う計数整理でございます。この中で特に温泉施設使用料は大幅な減額となっております。この後で御説明申し上げます雑入に計上してございます温泉施設並びに寄って停まつかわの事業収入についても、大幅な減額となっておりますが、平成21年度は善光寺の御開帳、高速道路のETC休日1,000円効果など、堅調な伸びをしておりましたが、平成22年度は信州DCの下支えはあったものの、両施設とも収入額で前年度比約5%の減収を見込んでおる状況でございます。県観光部がまとめた観光地利用者統計調査でも、県内の観光地への利用者が前年度比で5.5%減少したとの公表がされており、22年は全県的にも観光者が減少した結果となっております。
 それでは、15ページをお願いいたします。款12使用料及び手数料目3農林水産業手数料ですが、額の確定に伴う増額でございます。
 それでは、18ページをお願いいたします。款14県支出金目2農林水産業費県補助金ですが、農業費補助金、林業費補助金ともに事業確定に伴う計数整理でございます。
 目3商工費補助金ですが、観光費補助金の額の確定に伴います計数整理でございます。
 20ページ中段をお願いいたします。款17繰入金目4温泉施設及びふれあい交流センター整備基金の関係ですが、温泉施設すずむし荘の施設の修繕等の額の確定に伴う増額でございます。
 続きまして、22ページ下段をお願いいたします。款19諸収入目3雑入節2温泉施設事業収入ですが、次ページの23ページにわたっておりますが、その次の節3寄って停まつかわ事業収入ともに、実績に伴います計数整理でございます。両施設とも大きな減額となっておりますが、さきの使用料のときに御説明申し上げましたが、これらの減額を含めた中で、両施設とも収入額全体で前年度比5%の減収見込みとなっております。
 続いて歳出の関係、37ページをお願いいたします。款5農林水産業費目1の農業委員会費から次ページの38ページの目6土地改良費までと、38ページ中段から39ページ中段までの目1林業振興費につきましては、実績に伴う計数整理でございますのでごらんをいただきたいと思います。
 それから、39ページ中段をお願いいたします。目1の商工総務費、目2の観光費では、次ページの40ページ中段まで続いておりますが、これにつきましても実績に伴います計数整理でございます。
 次に40ページ中段、目3の交流施設総務費ですが、この中で節25積立金626万5,000円を減額しておりますが、総体では、先ほど村長あいさつにもございましたが、利子分を含めまして1,072万円を温泉施設及びふれあい交流センター整備基金への積み立てを見込んでございます。その他の項目については、実績に伴う計数整理でございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、40ページ下段から42ページまでの目4温泉施設管理費と、42ページ下段から44ページ上段までの目5寄って停まつかわ管理費につきましても、実績に伴う計数整理でございますので、それぞれごらんをいただきたいと思います。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、建設水道課関係を御説明いたします。
 14ページをお願いします。初めに使用料及び手数料の公営住宅の使用料です。これにつきましては入居の実績による増額をお願いします。
 続きまして、16ページをお願いします。国庫支出金の国庫補助金、土木費国庫補助金です。地方道地域活力基盤創造交付金の交付決定によります減額です。これは村道1号線の事業に充てられるものです。
 続いて、22ページをお願いします。諸収入の雑入です。2番目の村土地開発公社、これは人件費相当分を収入としておりますが、人事異動によります減額です。
 それから中ほどの道路維持管理事業、これは堤防道路沿道の除草作業、県からの受託の実績によります追加であります。
 44ページをお願いします。歳出です。
 初めに土木費ですが、土木管理費は実績に伴う計数整理で記載のとおりでございます。
 続いて、道路橋梁費、これにつきましても実績に伴う計数整理です。
 45ページの道路維持費です。実績に伴う計数整理で記載のとおりでございます。その下の道路新設改良費、これも実績に伴う計数整理です。このうち17節の公有財産購入費ですが、これにつきましては、1つが村道1−1号線に関するものです。買収用地の中で取得する土地の中で、現況の道路敷きや水路敷きとの交換、いわゆる代替です、これが出てきたことなどによりまして、買収面積の確定によります減額です。
 それから北細野踏切のJRとの協定に基づく払い下げの道路用地の関係ですが、測量の結果、現地と公図が相違するという結果になりまして、登記の手続に相当な期間が必要だということで、今回減額しまして、関係する登記が整った時点で売買契約を結び、予算措置をお願いしたいというふうに考えております。
 それから、同じページの住宅費になりますが、実績に伴う計数整理ということで、地域特別賃貸住宅特別会計への繰り出しです。
 続いて、46ページをお願いします。下水道費、繰出金5,000万円の追加をお願いするものです。特定環境保全公共下水道事業特別会計への繰り出しでございます。
 続いて施設整備費です。施設整備費及び国営公園対策費ともに実績に伴います計数整理で、記載のとおりでございます。
 建設水道課関係は以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは教育委員会関係をお願いいたします。
 まず歳入、19ページをお願いいたします。一番上段、学校教育費委託金、それから財産収入の土地建物貸付収入、一番下段の物品売払収入、それぞれ確定による実績でございますので、お願いいたします。
 続きまして、47ページ、歳出をお願いいたします。一番下段になりますけれども、事務局費、次のページに48ページまでわたっておりますけれども、それぞれ中間教室等の経費が主なもので記載のとおりでございます。
 それから、その下、スクールバス運行費の関係ですけれども、これも計数整理でございます。
 あと、その下、小学校費の関係の学校管理費、修繕料の中で体育館のカーテン等の差金が計上してございます。あとは計数整理でございます。
 それから、教育振興費につきましても、実績に伴います計数整理でございます。
 それから、49ページの中段になりますけれども、中学校費の関係でございます。まず学校管理費の関係では、職員室等の改修工事差金等が主で、あとは計数整理でございます。
 それから、その下、教育振興費、次のページまで、50ページまでわたっておりますけれども、実績に伴います計数整理でございますので、記載のとおりでございます。
 続きまして51ページ、一番下、5目の文化財保護費につきましては、実績に伴う計数整理でございます。
 それから次のページ、52ページになります。収蔵施設管理費でございます。これは役務費、工事費の中で、旧公民館北のトイレ解体に伴います差金等を計上してございます。計数整理でございます。
 それから、その下、社会教育振興費、子どもプランの関係で、実績に伴います計数整理でございます。
 それから53ページ、4の学校給食運営費の関係、負担金の精算ということで計上してございます。
 教育委員会関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) それでは、公民関係お願いいたします。
 歳入の関係ですが、13ページをお願いいたします。教育費分担金ですが、細野会館、三軒家会館の塗装工事完了による地元分担金の減額でございます。
 続きまして、14ページの中段をお願いします。目5の教育使用料ですが、それぞれ額の確定によります増減でありますので、お願いいたします。
 続きまして、飛びまして22ページでお願いいたします。雑入の高瀬川マレットゴルフ場協力金、多目的交流センター自動販売機の手数料、その下の印刷機使用料でありますが、それぞれ額の確定によります増減でありますのでお願いします。
 続きまして、歳出の方をお願いいたします。
 50ページ中段をお願いいたします。社会教育総務費から次の項の公民館費、次のページの図書館費及びその下の生涯学習推進費でありますが、それぞれ実績によります計数整理でありますので、お願いいたします。
 続きまして、52ページの下段、体育施設費及びその下の次のページの体力増強事業費ですが、それぞれ実績による計数整理でありますので、お願いいたします。
 公民関係は以上であります。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 1点だけお願いします。45ページの土木費の関係ですけれども、公有財産の購入費のところで減額の234万6,000円のところで御説明をいただいたんですけれども、一応代替地に変更したということで、用地代のところが減額になったというふうに説明をいただいたんですが、このところは買った売ったの相殺で減額になったという、そういう解釈でいいんでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) そのとおりでございます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第4号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 審議の途中ですが、11時20分まで休憩いたします。
                               午前11時03分 休憩
                               午前11時20分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、専決第5号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは、専決第5号につきまして御説明申し上げます。
 今回の専決補正につきましては、歳入額確定によりますものと計数整理、あと歳出につきましては、保険給付費確定に伴う減額が主なものでございます。
 7ページをお願いいたします。まず歳入でございますが、款1目1と目2は、一般と退職の税額の確定によるものでございます。
 款3国庫支出金、8ページへ行きまして款5前期高齢者交付金、9ページに行きまして款6県支出金、款7共同事業交付金、10ページへ行きまして款8財産収入、款9繰入金までにつきましては、すべて額の確定によるものでございます。
 11ページに行きまして、款11諸収入につきましては、実績に伴う計数整理でございます。
 続きまして、支出になりますが、12ページをお願いします。
 款1総務費は計数整理でございます。
 款2項1医療諸費は、一般の保険者の医療給付費の支出額確定による減額でございます。
 13ページお願いいたします。項2高額療養費、項3移送費、14ページに行きまして項4出産育児諸費、項5葬祭諸費につきましても、額の確定による減額でございます。
 中段、款3後期高齢者支援金等、款5老人保健拠出金、15ページに行きまして、款6介護給付金は、国庫支出金から一般財源への財源振替でございます。
 款7共同事業拠出金は、支払額確定によります減額でございます。
 款8保健事業費につきましては、特定健診の事業確定によります計数整理でございます。
 款9基金積立金は、積立金額の確定でございます。
 款10以上は記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 歳入のところですけれども、税収の収納率、教えていただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、私の方から税収につきまして、収納率等を申し上げたいと思います。1目の一般の関係ですけれども、現年分が92.9%、それから滞納繰越分が20.1%、それから2目の退職の関係ですが、現年分97.4%、滞納繰越分で32.0%という内容でございます。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 現年分の税額ですけれども、1,300万の減額というのは、えらい少なくなっているなあというふうに思うわけでありまして、その退職の分まで合わせますと1,700万近く減額になっていますので、その理由を教えていただきたいのですが。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) この次の国庫支出金で増額になっているわけなんですが、この国庫支出金につきまして額が確定しましたので、それにあわせまして保険税について減額させていただいたということでございます。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 前年分の所得確定に伴います調定を、各項目ごとにやっているわけですけれども、税の減によります税額が減少したという、徴収率につきましては、ほとんど前年分と、ほとんど変わっておりませんので、所得が低くなったということで減額をさせていただいてあります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 暫時休憩します。
                               午前11時26分 休憩
                               午前11時29分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 若干、説明不足の部分がございましたので、訂正をさせていただきます。税分につきましては、年度当初予算を出しているわけですけれども、異動があったりそういったとで、全体の事業費を見る中で3月に専決をさせていただきました。ですので、徴収率は前年度とほぼ変わっておりませんので、年度内で最終専決させていただきましたので、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員、よろしいですか。
◆11番(白澤富貴子君) はい。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第5号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第6号 平成22年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 初めに、これから御説明申し上げます老人保健特別会計につきましては、老人保健法に基づく老人保健会計でございましたが、平成24年4月1日から高齢者の医療の確保に関する法律に基づく後期高齢者医療制度に移行したことによりまして、2年間の猶予期間で存続してまいりましたが、この3月31日をもちまして廃止となりました。よって、今回の補正をもちまして、この会計が終了となるということでございます。
 それでは、専決第6号の御説明を申し上げます。
 5ページをお願いいたします。まず歳入でございますが、款1から款3までは支払基金、国、県の額の確定によります減額でございます。
 6ページをお願いいたします。款4から款6までは、前年度繰越分を含む額確定によります減額でございます。
 続きまして、歳出でございます。7ページをお願いいたします。
 款1医療諸費は、額確定によります減額分となっております。
 款2一般会計繰出金につきましては、一般会計の繰出金でございます。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第6号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第7号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 専決第7号につきまして御説明申し上げます。今回の専決補正予算につきましては、歳入歳出ともに額確定によります計数整理でございます。
 5ページをお願いいたします。まず歳入でございますが、款1は保険料の額の決定によります増減でございます。
 款2以降6ページに行きますが、款4まででございます。それは額確定によります計数整理でございます。
 支出をお願いいたします。7ページになります。
 款1総務費は、事務にかかわる額確定によります計数整理でございます。
 款2につきましては、広域連合に支払う額の確定によります負担金の減でございます。
 8ページをお願いいたします。款3諸支出金、款5予備費ともに記載のとおりでございますのでお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第7号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第8号 平成22年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の専決補正予算は、歳入歳出とも額確定による計数整理でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入ですが、款1、款2とも事業確定によるものでございます。
 次のページをお願いいたします。歳出の款1総務費、款2予備費ともに事業確定に伴います計数整理を行うもので、この総務費の25節積立金にすべての額を持ってまいりまして、積み立てを行っているものでございます。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第8号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第9号 平成22年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 今回の補正は、管理の実績に伴います歳入歳出の調整を行っております。
 5ページをお願いいたします。歳入では使用料、実績による使用料の追加をお願いいたします。なお、年間通して入居率は100%であります。
 それから繰入金につきましては、実績によりまして減額をしております。
 続いて、6ページをお願いします。歳出です。管理費におきまして需用費を減額しております。
 あと公債費、予備費につきましては記載のとおりであります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第9号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第10号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは説明させていただきます。今回の補正では、主に一般会計繰入金5,000万円の追加措置、それから、これに伴います公共下水道整備基金の繰り入れを6,800万円減額というものが主な内容です。
 5ページをお願いいたします。歳入です。下水道負担金、これは受益者負担金です。それから続きまして使用料、下水道使用料です。それから手数料、これはそれぞれ実績に伴う追加を行っております。
 なお、接続率につきましては23年の3月末で85.6%という状況になっております。
 それから、財産収入につきましては記載のとおりでございます。
 続いて、6ページをお願いいたします。先ほどお話しました一般会計繰入金につきましては、5,000万円の追加をお願いいたします。
 それから、同じく繰入金ですが、公共下水道整備基金からの繰り入れです。これにつきましては6,800万強の減額をしております。
 それから諸収入につきましては、事業の実績に伴いまして受託事業収入を減額するものです。
 雑入につきましては記載のとおりです。
 続いて、7ページ、歳出をお願いいたします。初めに下水道管理費ですが、下水管渠、それからマンホールポンプ等管理の実績に伴う計数整理を行っております。
 続いて、8ページをお願いいたします。下水道施設管理費です。浄水苑みどりのふれあい公園の管理の実績に伴います計数整理でございます。
 それから9ページをお願いします。公債費につきましては、財源の振替調整を行っております。
 予備費は記載のとおりでございます。以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第10号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第11号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第5号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、よろしくお願いします。
 4ページをお願いします。初めに、収益的収入及び支出についてです。収入ですが、実績に伴います計数整理を行っております。水道料金につきましては増額となりました。ほかは記載のとおりです。
 5ページ、支出です。水道事業費につきましても、実績に伴います計数整理を行っております。
 6ページをお願いします。中段の6の資産減耗費、固定資産除却費ですが、これにつきましては1号ポンプの更新、それから4号ポンプの更新をそれぞれ行いまして、これの除却にかかる固定資産について計上をしております。ほかは記載のとおりでございます。
 それから、7ページをお願いします。資本的収入及び支出です。収入につきましては新設負担金ですが、これは給水装置の新設負担金に係るもので、実績に伴うものです。
 支出ですが、この中で工事請負費につきましては、第1配水池の建設、それから1号ポンプ、4号ポンプのそれぞれの更新を行っております。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第11号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、報告第4号 平成22年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書についてを議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 次ページをお願いします。いずれも緊急経済対策事業分の9事業分の繰越明許分でございます。
 2款、4款につきましては役場庁舎、保健センターのそれぞれの冷房設備設置分でございます。
 6款につきましては、プレミアム商品券分でございます。
 7款につきましては、村道1−6号線、南部会館前になりますが、これの道路改良分でございます。
 9款の教育費の小学校費は、図書館の本の購入費。中学校費は、特別支援教室の備品の購入分と図書館の本の購入分でございます。
 その下、社会教育費につきましては、三軒家会館の外壁の塗装工事分と、すずの音ホールの図書館の本の購入と司書の人件費分の計上でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 6の商工費の件ですけれども、先ほど22年度のところで、繰出金四百何十万、年齢が適用しなかったということであったんですけれども、それはここの一般財源の627万で出すということでしょうか。その辺の御説明をお願いします。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 平成22年の補正の16ページに、総務費の国庫補助金が491万4,000円のところ、プレミアムが481万1,000、これは年齢が適用しなかったという、最初は65歳以上ということが、と18歳以下というのが国で認められなくてというお話でしたけれども、その辺の読み違いを、ここの一般財源でということでよろしいんですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほどの質問ですけれども、当然その対象外になった部分を一財で見ておるという内容でございます。そのとおりでございます。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) さっき22年のときにお聞きすればよかったんですけれども、これは最初に、この年齢でやるといって実施した後、国から、それでは適用しませんという通知があったということですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) ええ、そのとおりでございます。最初、当初予定をしまして補正をお願いしたわけですけれども、その中で第2次内示分としまして、対象者が65から74歳はだめですと、それから18歳未満は対象外ですということでした。そういったことで、そこは減額の部分ですが、追加としましては、住民税非課税世帯と障害者、それから母子・父子世帯は、逆にオーケーですという内示の部分で、その差額が480万1,000円といった形になります。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) それは、もう実施をした後に国の通達があったわけですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 当初、申請をしまして事業を進めておったわけですけれども、その中途で、2次補正分の内示があったということで、もう村の広報等しておりましたので、村はこのまま変えることができなくて販売をしたという経過でございます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑がありませんので、以上で報告を終わります。
 続いて、議案第28号 松川村税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第28号 松川村税条例の一部を改正するということで、この一部改正につきましては、東日本大震災にかかわります地方税法の一部を改正する法律、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地地方税法施行規則の一部を改正する政令が、平成23年4月27日に公布されたことに伴います改正でございます。
 改正の内容につきましては、東日本大震災にかかりわます雑損控除額の特例、東日本大震災にかかわります住宅借入金等特別税額の控除の適用期間の特例についてとなっております。
 各条文の内容ですが、第22条第1項につきましては、東日本大震災により、法に規定された資産の損失について、平成22年に生じた損失の金額として適用することができ、この場合、平成23年には生じなかったものとみなすものでございます。
 第22条第2項につきましては、東日本大震災による損失が今後生じないと言い切れないため、東日本大震災の余震等により平成24年以降の年において損失が生じた場合、第1項の平成23年を当該特例損失金額が生じた年として、第1項を適用する旨規定したものでございます。
 5年間の繰越控除の特例については、地方税法で措置がされております。
 第22条第3項につきましては、第3項の規定については、第1項前の前段の規定によりまして、納税義務者が特例損失金額について、平成22年において生じた損失として適用を受けた場合で、その特例損失金額のうち、納税義務者と生計を1つにする扶養親族の資産が含まれている場合、その扶養親族である者の資産の損失額について、その扶養の平成24年度以降の年度分の第1項の規定の適用について、その親族資産損失額が平成23年に生じなかったものとみなして、適用しない旨の規定となります。
 続きまして、第4項でございますが、第2項の規定と同じ内容となっております。
 続きまして、第5項でございますけれども、第1項の規定の適用を受ける場合には、申告書に記載が必要である旨の規定となっております。
 次ページになりますけれども、以上の規定について公布日からの施行となります。
 第23条につきましては、住宅借入金を有する場合で、村民税の住宅借入金等特別控除を受けていた住宅が震災により居住の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間についても、引き続き控除を受けられるようにするための規定でございます。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行する。
 第23条の規定につきましては、平成24年1月1日からの施行となります。
 平成23年6月8日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第28号を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第29号 平成23年度松川村一般会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正の主な内容につきましては、歳入では、地方交付税、国、県補助金の増額。歳出では。子宮頸がんワクチン等の予防接種、土地改良事業、村道改良事業が主なものでございます。なお、人件費関係につきましては、人事異動に伴うものが主なものでございますので、担当課長からの説明は省略させていただきます。
 それでは総務課関係、歳入6ページからお願いします。9款1目の地方交付税1,654万6,000円は、特別交付税分を見込んでございます。
 次ページ、14款7目の総務費県補助金73万9,000円ですが、元気づくり支援金の支援金分を計上してございます。すずむし保護条例分24万円、植樹事業で49万9,000円、これにつきましては、歳出で担当課長から内容を御説明申し上げます。
 次ページをお願いします。下段の6目の財産管理費、需用費で42万9,000円でございますが、庁舎内の冷房設置に伴いますプロパンガス代の計上でございます。
 15ページをお願いします。7款2目公園費ですが、工事請負費としまして166万5,000円の計上でございますが、東松川南区の公園、村で管理した部分でございますけれども、地元区との協議が整いまして、公園を地元管理をしていただけるようになりました。その中で若干、土等を入れかえを行いまして、区の方へ管理をお願いするということでの計上でございます。
 それから、8款4目の災害対策費でございます。旅費、需用費、委託料とも岩手県の陸前高田市へ職員を派遣をしてございますけれども、今まで4名派遣をしてまいりました。今後、県の動向にあわせまして、さらに派遣協力が来た場合に対応するため、約2回分の4名分の経費を計上させていただいております。まだ日程的にはいつとは決まっておりませんが、まだあるということですので、よろしくお願いします。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは福祉課関係をお願いいたします。歳入から御説明いたします。
 6ページをお願いいたします。3段目、14款県支出金、1節の保健衛生費補助金は、事業年度を分けました子宮頸がん等ワクチンの接種緊急促進臨時特例交付金524万2,000円を受けるものです。
 続きまして、歳出をお願いいたします。
 10ページをお願いいたします。下段になりますが、3款1目老人福祉費、13節の委託料ですが、昨年度建設しました南保育園の園庭の管理で1年目ということもあり、芝や花、植栽等の管理をお願いするものでございます。
 11ページをお願いいたします。中段、4款衛生費2目予防費、13節委託料1,165万円でございますが、子宮頸がん等ワクチンの個別接種の費用です。
 福祉課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、経済課、歳入関係、6ページ下段をお願いいたします。
 款14県支出金目3農林水産業費県補助金、節2農業費補助金9万円の減額ですが、これは減額内示によるものでございます。
 節3林業費補助金3万円の増額ですが、野生鳥獣総合管理対策事業補助金として、有害鳥獣の捕獲従事者の育成を図るため、鉄砲の所持許可取得経費に対する補助金でございます。
 目4商工費補助金、399万3,000円の増額ですが、緊急雇用創出事業交付金の新規事業追加分の計上でございます。
 続きまして、歳出関係、12ページをお願いいたします。
 款5農林水産業費目3農林振興費、節11需用費9万7,000円の増額ですが、これは補助事業にかかわるコピー代でございます。節12役務費15万円の増額ですが、これにつきましても補助事業にかかる通信費でございます。節19負担金補助及び交付金7万6,000円の増額ですが、有害鳥獣の駆除従事者を育成するため鉄砲所持許可取得経費、それから猟銃免許申請手数料、講習会テキスト代を補助するもので、2名分を計上してございます。
 目6土地改良費、節7賃金、それから節11需用費、節12役務費につきましては、県補助金の減額内示分の調整でございます。節19負担金補助及び交付金660万5,000円の増額でございますが、これは本年度からスタートします農地・水・環境保全管理支払いの新規事業の公助活動支援で、老朽化が進む農業用施設の長寿命化対策等の村負担分を、県協議会へ負担金として支出するための計上でございます。
 13ページをお願いいたします。目1林業振興費ですが、収入でも説明がありましたが、県の元気づくり支援金で、村の植樹祭の費用が野生鳥獣対策として内定されたによる財源振替でございます。
 款6商工費目2観光費、節12役務費3万円の増額ですが、観光PR用の通信費です。節13委託料5万円の増額ですが、これは県の元気づくり支援金にすずむし保護条例活用事業が内定されたことによるもので、すずむし探索会等を専門家に写真撮影を委託する費用を計上するものです。撮影した写真映像は、旅行会社等への商談会等で、観光旅行パンフレットなどの観光素材として提供し、すずむしの里を全国的にPRしていく計画をしております。県の元気づくり支援金では、24万円の内定を受けておりますが、残分につきましては財源振替になりますけれども、当初予算で、すずむし保護の関係の説明看板の設置費用の部分を財源振替するものでございますので、よろしくお願いいたします。
 続きまして、目3交流施設総務費、節22補償、補填及び賠償金100万円の増額ですが、すずむし荘入浴券で、本年4月に指定管理者へ移行前に販売しました回数券につきましては、すべて村の収入になっておるわけでございますが、その回数券を指定管理者に移行した本年4月以降に使用した分につきまして、指定管理者へ支払う費用を計上するものでございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 建設水道課関係をお願いいたします。
 6ページをお願いします。土木費国庫補助金です。1,160万円の追加をお願いいたします。社会資本整備総合交付金の追加内示に伴う増額です。
 続きまして、14ページをお願いいたします。歳出の土木費です。
 初めに、土木総務費ですが、300万円の追加です。これは委託料としまして、橋梁長寿命化修繕計画業務としまして村内約80カ所の橋梁の点検を行うものです。
 その下、道路橋梁費の道路橋梁総務費です。35万7,000円の追加で、これは土木振興事業として村道1−1号線の管理業務の追加に伴うものです。
 続く、道路維持費560万円の追加です。委託料としまして村道改良事業に200万円、これは測量設計の委託です。
 それから、18節の備品購入費360万円、国の交付金を充てまして、塩カル散布機を購入を予定しております。
 その下、道路新設改良費1,127万9,000円の追加です。15節の工事請負費ですが、1,200万円、村道1−1号線を約90メートルの追加、合計200メートルに変更して工事を施工するものでございます。
 その下、交通安全施設整備事業98万7,000円、工事請負費ですが、東松川南区公園の西のガードパイプの施工を計上しております。
 建設水道課は以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係、お願いいたします。
 歳入の6ページ、お願いいたします。一番下段になりますけれども、学校教育費補助金ということで83万円の減額ですけれども、学校支援地域本部事業ということで、3月この事業が廃止となるという連絡を受けまして減額するものでございます。
 次の7ページ一番下、雑入でございますが、子ども教室負担金ということで、今、募集をしておりますけれども、追加約50名を見込んだ金額でございます。
 続いて、歳出、16ページをお願いいたします。
 教育費の目2事務局費63万8,000円の減額でございます。これは人件費の関係ありますけれども、1の報酬で4万6,000円の増額、食育推進協議会委員ということで、食育推進計画が策定されまして、その実行という関係で協議会を設置するものでございます。それから7の賃金、これは小学校の学習支援、相談業務に当たる1名加配教員を設置するという内容でございます。13委託料19万円の増額ですが、安心の家マップを新しく作成するということで、その委託費でございます。
 続きまして、その下、小学校費の教育振興費の関係でございます。11需用費5万1,000円の増で消耗品費ということですが、後期分の教師用の指導教科書を購入するものでございます。
 次のページ、17ページの中学校費の関係、学校管理費ですが、11需用費30万円の増額、修繕料でございますが、体育館の照明を修理するものでございます。
 続きまして、その下のページ、5の文化財保護費の関係、50万6,000円の増額です。まず13委託料41万6,000円の増額ですが、遺跡公園の草刈り業務ということで、緊急雇用交付金の充当をするものでございます。それから15の工事請負費9万円ですが、雲照院の看板設置をするものでございます。
 それから7教育振興費の関係でございますが、162万6,000円増額、7賃金ということで、子ども教室の関係、増になっているというような状況から、子どもプランに指導員を増員する内容でございます。それから11需用費18万8,000円ですが、子ども教室の体験にかかわります賄材料費の増額でございます。次のページ、18ページでございますが、12役務費3万円の増額です。これは子ども教室の児童の増分の保険料を計上するものでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(大澤浩君) じゃあ公民関係、お願いいたします。
 歳出の関係で17ページの中段ほどに社会教育総務費がございます。1の報酬費の19万7,000円の増額でありますが、社会教育指導員の勤務日数の増によるものでありますのでお願いいたします。
 飛びまして、18ページの2の体育施設費でありますが、15の工事請負費132万円でありますが、小学校の体育館に6人制のバレーボールの支柱金具2コート分4カ所を新設工事するものと、中学校東の駐車場ですが、区画線が消えておりますので、その区画線の更新工事でございますのでお願いします。18の備品購入費ですが、6人制のバレーボールのネット一式2組と、中学生並びに一般のサッカーゴールの関係一式1組の購入費でありますのでお願いいたします。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 先ほど、老保のところで853万円を廃止に伴って、一般会計に繰り入れるというふうに説明ありました。それはどんなふうに処理がされているのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 暫時休憩します。
                               午後 0時19分 休憩
                               午後 0時20分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 老人保健の7ページでございますが、支出金としまして、合計金額85万3,000円ということで、支出金を組んでいるわけなんですが、これにつきましては、22年の9月補正で一般会計の繰入金ということでやらせていただいていますので、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員、いいですか。
◆11番(白澤富貴子君) 失礼しました。85万3,000円でしたね。もう一度、ちょっと22年の…。
◎住民課長(宮澤大介君) ただいまは、23年の一般会計の補正の説明をさせていただいたんですが、こちらにつきましては、22年の専決処分の内容でございまして、22年度中に9月補正でやらせていただいたんですが、一般会計の方へ繰入金として繰り出したという内容になっておりますので、お願いいたします。
◆11番(白澤富貴子君) じゃあもう過去に終わっているものですね。先ほど専決でやった中にあったということですね、これが。
○議長(新村久仁男君) 休憩します。
                               午後 0時21分 休憩
                               午後 0時23分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
◆11番(白澤富貴子君) わかりました。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 歳入の6ページで、先ほど商工費補助金で、緊急雇用創出事業交付金399万3,000円、これは新規だと先ほどおっしゃいましたけれども、どういうところに雇用されるのかお知らせください。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 追加分の内示を受けての受け入れでございますので、お願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 先ほど遺跡公園のところ草刈りかに40何万、それはお聞きしましたけれども、ほかにはどのようなことにお使いですか。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 福祉課関係を言いたいと思います。先ほど説明しました10ページ、歳出関係の10ページです。13の委託料園庭管理の業務50万9,000円。
◆12番(榛葉良子君) ああ、これもそうですか。
◎福祉課長(白沢庄市君) ええ、そうです。これはすみません、言い落としましたが、これもそうであります。以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかにありますか。
 休憩します。
                               午後 0時25分 休憩
                               午後 0時26分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開します。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 財源振替につきましては、手持ちが今お持ちしていませんので、明細をまたお知らせしたいと思いますので、よろしくお願いします。いずれにしましても、追加分ということで御理解をお願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかにありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第29号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第30号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は後発医薬品周知チラシ送付用封筒の印刷代と、22年度分の出産一時金超過分交付分返還還付金の歳出補正でございます。
 5ページをお願いいたします。まず歳入ですが、款3の国庫支出金としまして、後発医薬品の調整交付金52万5,000円でございます。
 それから、款9繰入金2万円は、基金繰入金でございます。
 続いて6ページをお願いいたします。款1の総務費は後発医薬品周知チラシ送付用封筒の印刷代52万5,000円でございます。
 款10の諸支出金2万円は、22年度分出産育児一時金1件分の超過交付分還付金でございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第30号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第31号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 今回の補正は、人事異動に伴います人件費の補正を行っております。
 5ページをお願いします。繰入金として基金の繰入金ですが、下水道整備基金から人事異動に伴う人件費減額分のこれは調整を行っております。
 6ページの歳出をお願いします。下水道管理費におきまして、人件費の減額を行っております。
 それから、公債費につきましては、この人件費減額分に伴います財源充当の調整を行うということで、財源振替を行っております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第31号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第32号 平成23年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 2ページをお願いいたします。人事異動に伴う人件費の補正を行っております。収益的収支におきまして、総係費の人件費に係るところの予算の調整を行っております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第32号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 請願・陳情の委員会付託
○議長(新村久仁男君) 続いて、日程第6 請願・陳情の委員会付託を行います。
 お手元に配付の請願・陳情についてを議題とします。
 ただいまから請願・陳情を各委員会に付託します。
 請願について
 件名  住宅の新築・リフォームに対する助成制度創設についての請願
 請願者 大町市大町467番地、大北建設労働組合 組合長 太田隆巳
 紹介議員は、勝家 尊議員です。
 この件を総務産業建設常任委員会に。
 件名  公契約条例制定についての請願
 請願者 大町市大町467番地、大北建設労働組合 組合長 太田隆巳
 紹介議員は、勝家 尊議員です。
 この件を総務産業建設常任委員会に。
 件名  「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める請願書
 請願者 松川村7016−1、長野県教組大北支部松川村単組 代表者 犬飼隆博
 紹介議員は、平林寛也議員です。
 この件を社会福祉文教常任委員会に。
 件名  30人学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書提出に関する請願書
 請願者 松川村7016−1、長野県教組大北支部松川村単組 代表者 犬飼隆博
 紹介議員は、平林寛也議員です。
 この件を社会福祉文教常任委員会に。
 件名  長野県独自の30人規模学級の中学校全学年への早期拡大と複式学級の解消、県独自に教職員配置増を求める意見書提出に関する請願書
 請願者 松川村7016−1、長野県教組大北支部松川村単組 代表者 犬飼隆博
 紹介議員は、平林寛也議員です。
 この件を社会福祉文教常任委員会に。
 続いて、陳情について
 件名  学校給食を自校方式にすることを求める陳情書
 陳情者 松川村3363−1090、新日本婦人の会松川村支部 支部長 谷口真弓
 この件を社会福祉常任委員会に。
 件名  旧農協第二倉庫取り壊しについての陳情
 陳情者 松川村5725−227 山崎久義
 この件を総務産業建設常任委員会に。
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。
 よって、以上の件は各常任委員会に審査を付託します。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 これにて散会します。
 御苦労さまでございました。
                               午後 0時38分 散会