議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成23年第 1回定例会−03月22日-03号




平成23年第 1回定例会

            平成23年松川村議会第1回定例会会議録
                                       〔第3号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成23年3月22日                │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                   │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成23年3月22日 午前10時00分 │議 長│新 村 久仁男│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成23年3月22日 午後 3時13分 │議 長│新 村 久仁男│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│           ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│           ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│           ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例    │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲 斐 澤 明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   3番   │井 上 直 昭│   4番   │甲 斐 澤 明│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│茅 野 英太郎│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│法第121条により説│       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│    全員出席  │会計管理者兼会│伊 藤 勇 二│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり            │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり            │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり            │
└──────────┴───────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

日程第1 一般質問
  1 村長の政治姿勢                        3番 井 上 直 昭
  2 松川村の安全・安心対策について                2番 佐 藤 節 子
    池田・松川学校給食センターの建設について
  3 土地利用計画および村施設の後利用について          10番 矢 口 あかね
    収蔵庫について(旧農協第二倉庫)
  4 下水道の財政シミュレーションの内容について          4番 甲斐澤   明
    答申について



                                 午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 今月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0という、今まで経験したことのない未曾有の被害を我が国に与えました。
 また、翌日には、長野県北部で地震が起き、住宅、鉄道、道路の損壊が相次ぎ、多くの住民が不安な生活を送られております。
 大地震とそれに伴う大津波により、たくさんの方が亡くなり、いまだにその行方の知れない人が数多くいます。
 家族を失い、家財を失い、そして仕事を失った人たちが何十万人に上ると言われておりますが、一人ひとりの人生が一瞬の災害で大きく変えられてしまいました。
 ほんの寸前まで、何でもないと思っていた日常が、次の瞬間には何一つなく消えうせてしまう。しかも、テレビでそれが現実であるということを心に刻んでしまいました。
 そして、東京電力福島原子力発電所も水素爆発と炉心溶融を引き起こし、電力不足、放射能漏れによる影響が心配されるところです。
 そんな中、現在も余震が続き、身の危険も顧みず行方不明者や負傷者等の救援、救出、救護に当たっておられる皆様に、心から敬意を表します。
 今ほど助け合い、支え合いが求められるときはありません。
 国民のさりげない優しさ、団結力、底力が発揮されるときでもあります。
 被災された皆様の御健勝と、1日も早い復興をお祈りするとともに、犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表し、黙祷をささげたいと思います。
 御起立ください。
 黙祷。
                   (黙  祷)
○議長(新村久仁男君) ありがとうございました。着席ください。
 村長から発言を求められております。
 村長。
◎村長(平林明人君) このたびの東日本大震災にてお亡くなりになられた多くの方々や、御遺族には心よりお悔やみを、そして、長野県北部地震も含めたすべての負傷者、被災者の皆様にはお見舞い申し上げます。また、災害対策に力を尽くしている関係者の方々には敬意を表すとともに、1日も早い復興、復旧を心からお祈り申し上げます。
 この未曾有の大震災に関して、村の対応等を若干お話させていただきます。
 この震災に対する支援対策の対応窓口を総務課としました。その上で、各課横断的に連携して、支援体制をとっております。
 まず、救援物資でありますが、避難された方々への救援物資としまして、生きていく上で最も必要とされる水を、株式会社あずみ野ビバレッジの協力をいただく中で、2リットルペットボトル6,000本、これは1,000ケースであります12トンを、またJA大北の御協力によりまして、こしひかり、約1,760キロを早速準備いたしました。
 水6,000本につきましてでありますが、本日、陸上自衛隊松本駐屯地へ持ち込み、埼玉県の入間基地から空輸で岩手県へ届けられるということが決まっております。このためにきょう、11時ごろ、須沢総務課統括課長補佐をあずみ野ビバレッジのほうまで立ち会わせをさせますので、しばらくの間、留守になりますのでお許しをいただきたいというように思います。
 ペットボトルを包装した段ボール箱につきましては、駅の道にて、この連休中に行われた「みんな頑張れ!花で応援チャリティー販売会」ということで、花さき村の方たちに一生懸命やっていただきましたけれども、被災地への花によるメッセージを上空から撮影した写真を張りつけるなど、少しでも気持ちが届けられればと考えています。
 また、お米につきましても、県を通じて被災地の要望により対応を進めてまいりたいというように思います。
 皆様にお願いをしてあります補正等につきましては、最終日にお願いをいたします。
 支援金であります。また、被災者の速やかな救援、救護及び被災地域の早期復旧、復興を支援するため、全国町村会を通じまして支援金110万円を考えております。
 村民の皆様の温かいお気持ちをお寄せいただくために、災害募金箱を役場、保健センター、ゆうあい館を初め、村内5施設等に設置いたしました。この募金につきましては、日本赤十字等を通じて送られます。職員全員による募金も、24日をめどに全員から集めて送るということになっております。
 現在までに東北関東大震災に集められました募金は、141万1,782円であります。これにつきましては、福祉課を通じて日本赤十字社のほうへ送ってあります。また、長野県北部地震につきましては15万円ほどのお金が届いておりますので、これも福祉課を通じて送金をさせていただいております。この中には農業委員会の皆さん、そして議会議員の皆様、それから個人等、大勢の方からこちらのほうへ、領収書の欲しい方につきましてはこちらのほうへお名前が来ておりますが、そういう中で御協力をしていただいていることに感謝を申し上げたいというように思います。
 支援物資でありますが、村民の皆さんからの支援物資につきましては、3月16日からゆうあい館にてお受けをしております。
 19日までにお寄せいただきました支援物資は、段ボール94箱に詰められております。毛布35枚を一箱に、一緒に20日早朝、宮城県へ救援物資を届ける村民の方のトラックに便乗させていただき、当日のうちに被災地へ届けられたという報告を受けております。
 今後も、必要な物品、物資品目等につきましては県と連絡をとり、受け付けをしてまいりたいというように考えております。
 避難者の受け入れであります。旧松川村公民館、今の役場の西側にある建物でありますけれども、短期的な受け入れ施設として県へ報告をしてございます。約25人ほどは受け入れが可能であります。基本的には自炊としていただきますけれども、米は支給をいたしますし、おふろ等は村の施設を利用してもらうことが可能であります。
 また、村内にある空き家、空きアパート等の状況を管理する不動産会社等からの情報を提供いただき、避難者の方々へのスムーズな情報提供を行えるように準備をしたところであります。
 そんな中でありますけれども、17日には福島県からの自主避難の家族が役場へ相談に来られました。家屋所有者の方の御協力をいただきまして、すぐに空き家を紹介することができ、その日より現在、住まわれております。これは細野でありますけれども、3人の方が住まわれております。
 今後も、このような方々への支援につきましては、引き続き行ってまいりたいというように思いますので、もし議員の皆様がそういう御相談を受けられましたら、総務課のほうへお願いしたいと思います。
 以上でありますけれども、現時点でとれる支援体制につきましてはすべて進めておりますが、今後時間が経過する中で、さらにいろいろなものが出てくるというように思っております。その都度対応してまいりたいというように考えておりますが、議会の皆様とも御相談する中で、今後対応していきたいというように考えております。
 議会の皆様の御協力をいただく場面が多くあると思いますけれども、よろしくお願いいたします。
 話は全然変わりますけれども、本日、4月1日付の異動の内示をいたしました。議会事務局のほうへも文書を出してありますので、必要な方は議会事務局のほうからもらっていただけたらというように思います。
 何はともあれもう少しで23年度になるわけですけれども、支障のないようにやっていきたいというように思いますので、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は一般質問です。
△日程第1 一般質問
○議長(新村久仁男君) 日程第1 一般質問を行います。
 順次発言を許します。
 順位1番、3番井上直昭議員の質問事項、村長の政治姿勢の質問を許します。
 井上議員。
◆3番(井上直昭君) おはようございます。通告に従いまして質問させていただきますが、先ほど村長のほうから東日本大地震の関係で、村の受け入れ態勢等説明がありました。その関係で私も通告の後の大震災ということで関連質問をしたいので、議長の許しを受けたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 許可します。
 井上議員。
◆3番(井上直昭君) それでは、先日の東日本大震災、津波で水没し壊滅状態になった自治体、その中では安否、死者等が確認できない状況にある。本当に数え切れない、報道の中では2万人を超えているというようなことを言われております。この日が進むにつれて被害の拡大は増すばかりでありまして、私もテレビを見ている中で、教科書で見た戦後の焼け野原のような状況でした。
 また、県内でも栄村で被害がひどく、避難者が1,800人を超えると言われています。先ほどの村長の報告がありました村としても対応が早く、支援金の募金箱設置や米、毛布、水などを災害地に送ると。また、派遣の要請があれば検討するというのも、先日、村長のほうから報告を聞き、1日も早く復旧することを祈るばかりでございます。
 それで、先ほど村長のほうからお話がありました避難所から親戚を頼ったり、また原発事故の影響から脱出した被害者が、3月17日に役場へ来庁したということの中で、差し支えなければ細かなことをちょっとお聞きしたいと思いますが、どうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) この間、福島原発の近くで避難の範囲ではございませんけれども、自主避難をした方が、昔大町の温泉郷へ来られたことがあるということで、そちらのほうのホテルに宿泊されておりました。そんな関係で1泊約1万円かかるということで、大町市役所とか空き家を探しながらいたそうですけれども、そんな関係で松川村に来られて空き家を探していたと。村民の方が役場のほうへ紹介をしていただいて、その方を連れて来られて、空き家情報、この家をすぐ貸せられるかという部分はわからなかったのですが、時たま職員の親戚の方が家を持っておられまして、そのつてを通じて、先ほど村長申し上げましたけれども、その日に紹介ができて、そこへ入居されたということが、その日の過程でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 被災者が求めてくるということの中で、村の対応が早く、空き家を提供し、被災者の家族が本当に安心して疲れをとったり、休めるというようなことだと思います。
 先日も道の駅で毎年行っています花のじゅうたん祭りを中止し、メッセージを描いたチャリティー販売会をしたと。その売上金の一部を送ろうという温かい実行委員の皆さん。これも本当に官民一体になって被害者の支援をやっていくということが必要ではないかなと思います。
 そこで、先ほども出ています村では空き家対策の考え、それからリスト等、地域防災計画の見直し等の考えがあったらお聞かせ願いたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) いつもお願いをしておりますけれども、細部につきましては課長等に答弁をさせますので、お願いいたします。
 村としましてはできるだけのことをしてきたいという考え方であります。細部については総務課長より答弁をさせます。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 空き家の状況ですけれども、先ほど村長が申し上げましたけれども、村で持っている事業者、不動産会社に通知をしまして、今の段階で空き家及びアパートの空き室状況は把握してございます。その中で、紹介という形になりますけれども、きのうあたりですか、県のほうでも空き家の補助を出していただけるという話もございましたので、相談があれば県と連携をとりながら進めていきたいと、こんなふうに考えております。
 地域防災計画でございますけれども、1年前に見直しをしてございますので、今のところすぐ見直しということではございませんけれども、中を確認しながら、必要であれば必要に応じて対応していきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 本当にありがたいことです。いつ何が起こるかわかりません。村の早い対応に感謝して、本来の質問に移りたいと思います。
 村長の政治姿勢についてお聞きするわけですが、まず村長に就任し7年目が終わろうとしています。2期目の最後の年度になったわけですが、この間、ハード面またソフト面の事業の中で、今でもあの事業がよかったというような、頭に浮かんでくるハード面、ソフト面の事業を挙げるとしたらどんなものがあるかお聞きしたいと思いますし、この事業を進めていく中にも、職員のアイデアもあったかなと思います。そういう中で、もし村長があの事業は本当に村民のためによかったというような面がありましたら、お聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今言われましたように、私は8年目になりました。そういう中で、住民の皆さんと約束をしたことを重点に、私のモットーとしております「真実一路」ということを念頭に、毎日務めさせていただいております。その中で、お約束したことを1つ残らずやりたいという考え方で実施をしてまいりました。
 特にと言われましても、約束したことがすべてできればこんないいことはございません。そういう中で、1つも残さないようにして実施したいという考え方です。特にと言われますと、ソフト面では議会の皆様にも御協力をしていただいておりますように、人員が16名から12名になって、まだ報酬等の減額もしていただいております。それは私どもも同じでありますけれども、そしてまた、18歳までの医療費の無料化ができたというようなことがよかったかなというように思っております。
 ハード面につきましては、多目的交流センター、またこのりんりんパーク、そして南保育園等の建設ができました。そして県の御協力もいただきましたけれども、長野県下では駐在所が多く廃止されている中で、池田に警部交番がありながら、松川村は駐在所を新たにつくっていただいたということは大きな成果だったというように思います。
 ただ、残念なのは17年12月10日以来、21年、昨年の3月まで大町発の特急あずさ6号が、乗る人が少なかったということの中で廃止をされたことが残念であります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) ありがとうございました。村民の夢であったすずの音ホール、それから南保育園の建設、本当にありがたいことだと思います。また、あずさの廃止ということの中で、本当に松本平、特に北は小谷からのあずさが廃止になったということは本当に残念で仕方がありませんが、これもこれからの中で陳情等、私たちもあずさを利用するということの中でいきたいと、こう思っております。
 それでは、馬羅尾マレットゴルフ場に出没するクマ対策についてお聞きしたいと思います。
 21年度、にぎわったマレットゴルフ場、また近くのキャンプ場、林遊館が今では本当に人が少なく、閑古鳥が鳴くような状況であります。9ホールを増設し、県的な大会及び画期的な取り組みであったが、クマの出没によって人が少ないのが実情でございます。クマ対策について何か検討したことがあったら、お聞かせ願いたいと思います。公民館長、どうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) 馬羅尾周辺につきましては、今、議員おっしゃられましたマレットゴルフ場、それから林遊館、健康広場等、キャンプ場ももちろんございます。利用につきましては減少しているのですけれども、多くの村民あるいは村外の方が、クマ出没に対して恐怖を覚えながら利用をされているといった状況でございます。
 私どものほうといたしましては、協力金箱というものを設置してございますので、週1度は直接現地のほうに入りながら、利用者に対しては呼びかけをしているのが実態でございます。
 また昨年9月1日より、防災無線によります屋外拡声子局を設置して、稼働しておるといった状況でございます。昨年の対応は若干遅かったわけですけれども、本年度につきましては、経済課等とも連携・調整を図りながら利用者に対する啓発、あるいはお願い等をしていくような形で、万全を期していきたいというふうに考えております。
 また、利用者に対しましては、場合によりましては仮設の看板等でその辺の情報を提供できるような形で考えていく中で、安全対策には万全を期していきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) クマが出没してから本当に利用者が少なくなったと。こういうことの中で、グラウンドでは定期的に利用して、練習している中学生の野球シニアがあります。そういうことによっても、ぜひクマ対策に対して力をお願いしたいと思います。
 馬羅尾は憩いの場であります。子どもから年配までの方々が利用しています。不安でプレーするのではなく、本当に安心・安全で楽しくプレーができるように、これからもクマ対策について検討をお願いしたいと思います。
 工夫としては、大勢の利用者を募るとか、またラジオを流すとか、花火を鳴らすとか、いろいろな工夫があると思います。早急に検討し、これから馬羅尾が本当に楽しくできるようになるよう検討をお願いしたいと思います。
 次に公園墓地造成についてお聞きしたいと思います。現在あいている聖域はどのくらいありますか。ちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今現在、9聖域723聖地ありまして、現在は完売の状況でございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 現在はなしということですが、第6次総合計画の中で31年度には、松川村の目標、定住人口を1万700人にすると。Uターン、Iターンで人口がふえていくのが確実だと思いますが、墓地の希望者がいた場合はどういう対応をこれからとっていくのか。ちょっとその辺をお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 人口1万700人に対応にしていきたいという考え方の中で、公園墓地等の中で、今住民課長が答弁いたしましたけれども、現在出ていって使っていない墓地もあります。そういうような状況の中で調査をいたしまして、譲ってもいいよという方がおいででしたら、そういう対応もしてまいりたいと思います。あと、まだ下段には造成できる余地がございますので、必要ならば造成をしていきたいという考え方です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 使っていない方がもしあるとしたらということの中で、早目に調査をお願いしたいと思います。大体、希望者の何件ぐらいあった場合に造成を計画していくか。その辺はどうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 本当は1人でもあれば1つでも造成しなければいけないというように思いますけれども、お金の件もございますので、そのときに判断をしてまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) Iターンで来た方は墓地も何もないわけです。そういうことの中で、先ほども手放しする方がいれば、検討してそういう方に譲り受けるというようなことを聞きました。そういう中で、22年度の使用料の未収金はありますか。ちょっとお聞きしたいのですが。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 4月に入りまして、納付書を各所有者にお配りしているわけなのですが、若干名ございます。ちょっと手元に資料がありませんので、若干名ということでよろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 23年度の納付書を4月に出していくということですが、700幾つの聖域の中で、やはり現在松川村に住んでいない方も大分いるのではないかなとは思いますが、そういう使用料等の中では、ぜひゼロにしていただくように努力をお願いしたいと思います。
 緑豊かな自然の中で暮らして、心安らぎ、魅力のあるこの地で最期は骨を埋めたいと思っている方が多いのではないでしょうか。そういうことの中で十分な検討をお願いして、ぜひ住民の方に不便のないように検討をしていっていただきたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。
 次に上緑町工業団地未売却の進捗状況についてお尋ねしたいと思います。上緑町工業団地もあと1万2,500平米が残っている状況でございます。長引く不況により、経営環境は極めて厳しい状況とは思いますが、村長、営業マンとして誘致状況はどうか、ちょっとお聞きしたいのですが。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今、担当職員を時々企業回りさせて、松川村の工業団地を忘れられないように努力をしておりますし、私もそれぞれの機会の中でとらえて企業誘致を図っています。これからもさらに力を入れて、1万2,500平米、できるだけ早く売っていきたいという考え方で動きたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) ぜひ早急にお願いしたいと思いますが、これも企業との絡みがあってなかなか難しいとは思いますが、ぜひお願いしたいと思います。
 第6次総合計画の中で、村長も先日の中学校の卒業式のときにちょっと触れたことですが、中学生のアンケートの中で印象に残ったのが、「将来松川村で暮らしたいですか」という問いに、1として「進学しても村へ帰ってきて暮らしたい」、2として「松川村でずっと暮らしたい」、3として「仕事があれば松川村で暮らしたい」というようなうれしい結果がアンケートで出たわけです。この中学生も10年後には25、26歳の働き盛りの青年になるわけです。この誘致についても、雇用を第一に考えた誘致をお願いしたいと思うのですが、どうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 雇用を第一に考えろということはそのとおりだというふうに思いますけれども、現在、水の工場が来て営業しております。そういう中で何でもいいわというわけにはまいりませんので、あの環境を壊さない、そしてまたできるだけ人手が必要なものということの中で、現在も考えて動いております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 確かに7万平米から誘致をしていただいた水の会社もあるわけなのです。本当に水の会社も村に貢献しているわけですが、実際あそこに勤めている職員も本当に数えるほどしかいないという、今でいえばオートメーションで、本当に現代の建物だと思います。
 私も思うのは、若者を無職にさせないということの中で、やはり雇用を本当に使っている企業の誘致をお願いしたいということで今も言ったわけです。23年度の予算に対しても税の落ち込み、また、先日の大震災の影響で、地方交付税を初めとする子ども手当が減額になってくるのではないかと気になるわけなのですが、ぜひ若者を無職にさせない、誘致、雇用に力をぜひお願いしたいと思います。
 次に子宮がんワクチンの接種進捗状況についてお聞きしたいと思いますが、先日、議案等審査特別委員会の中で課長から説明があり、この2月から実施しているという報告がありました。年齢対象をちょっとお聞きしたいのですが。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) お答えいたします。22年度、23年度の2年間の事業でありまして、22年度で中学校1年生から高校1年生まで、23年度は今の小6が中学1年に上がりまして高校1年までであるのですが、今ワクチンの供給が停止している中で、現在の高校1年生がまだ受けていない場合でも、高校2年生になっても受けられるということで情報が入っておりますので、お願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 22、23年度ということの中で計画をしているわけですが、22年度のこの2月から実施している中で、何人の方が現在希望していますか。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 22年度の対象者は264名でありました。その中で現在申請者数が93名、35.2%となっております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 90何名という希望者がいるということの中で、一応22年度予算、23年度予算の中では大変な予算になろうかと思います。このワクチンは初回、1カ月後、6カ月後の計3回接種しなければ効き目がないということを聞いています。先日の厚生労働省の話では、先ほど課長が言ったように、ワクチンが不足しがちだということの中で、この2月に初回接種した方は、3回目は8月ごろになろうかと思います。先ほど課長が言ったように、22、23年度の事業の中で、中学1年生から高校1年生までやるということを聞いています。そういう中で、2回、3回の方を優先するということでいいでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 今、議員おっしゃられましたように、1回目、2回目の間が一月以内ということですのでそちらを優先して、まだ初回を受けていない方は、ワクチンができた後に初回を受けるというような形になっております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) ワクチンがこの7月ころには安定供給ができるというような報道もありますし、今後、ワクチンがあってもこういう大震災の後であり、国の補助金が打ち切られても村独自で実施してこれからいくのかどうか、ちょっとその辺をお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 23年度までは繰越明許をしてございますので、予算的には心配ございません。それ以降どうするかということでありますが、今までやり出してきたものを中途で投げ出すわけにはいかないと、私は考えております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 確かに国の補助金が打ち切られても村独自でやっていく中で、村も現在は無料ということでやっているわけなのですが、やはり少しの個人負担をもらっても、これは続けていってほしいと私も思います。こういう中で希望者全員が接種できるように、村の力をお願いしたいと思います。
 次に農地水環境保全事業についてですが、ことしで5年目を迎える農地・水・環境保全組織、これは松川村の村内の中に10組織があるわけなのですが、本年度から新規事業が加わり、道路と水路をセットで実施する事業ということを聞いています。
 そこで道路舗装ですが、各区から出された陳情の中で、道路舗装を希望している区は何カ所くらいあるか、ちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 昨年取りまとめた要望では、舗装についてはほぼすべての区から出ておりまして、55カ所の要望が出されております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 道路舗装が55カ所。農道関係とか水路関係の陳情はどうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 水路側溝関係は各区の土木部長を通じて出されておりまして、水路側溝については24カ所出されております。農道についてはこちらでは把握しておりませんが、今申し上げました水路側溝については、農業用水路、それから道路の側溝がございますので、各区からその区別なく要望が出されている状況で、要望箇所に応じまして、経済課のほうと協議しながら、ケース・バイ・ケースで対応していくという考えでおります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) この関係の事業については、水路、農道路肩、それから農道舗装というような施設を長持ちさせていくというための事業でありまして、これは私たち水環境の中で、私たちがやらなくても業者へお願いすることができるのだということです。そういう中で、水路については土地改良区との連携があるため、土地改良区との協議は進んでいるのでしょうか。ちょっとお聞きしたいのですが。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 制度がこれからということになりますので、まだ土地改良区等の協議はまだ済んでございません。これからになりますのでお願いいたします。
 それで、地区の要望につきましても、現在取りまとめている状況でございます。そこも踏まえてという形になりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 土地改良区との協議も早急にやっていただかないと、希望組織は、申請書は6月に提出するようになっているのですが、その間、区との調整があります。そういうことの中で、ぜひ土地改良区との協議を早急にやっていただかないと、私たちの組織もどういうふうにやっていくのか調整する中で、何しろ6月までに提出していかなければいけないということの中でやっていきますので、ぜひ早急に協議をしていただきたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。
 次に、遺跡公園検討委員会の進捗状況についてお尋ねしたいと思います。
 現在の検討委員会の進捗状況はどうでしょう。ちょっとお聞きしたいですが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 遺跡公園の検討委員会でございますけれども、昨年12月6日に庁内プロジェクトチームは立ち上げておりますけれども、旧第二倉庫に関する庁内の検討の関係もございます。また、武蔵野美術大学の提案を受けている計画内容につきまして、遺跡公園の構想とあわせて検討する必要があるのではないかということで、第二倉庫の件が済んでからプロジェクトチームの開催を予定しておりますので、立ち上げてはございますけれども会議は行ってございません。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 第二倉庫も大事ですし、遺跡公園の検討委員会ももちろん大事だと思います。平成16年に21村づくり委員会が答申書を出されてから、もう8年たつわけです。国営アルプスあずみの公園大町・松川地区が開園して、入場者も目標以上に推移していると。また、ちひろ美術館も年間18万人から20万人の観光客が村へ訪れると。このままでは人が来るけれどもごみを置いていく。本当にメリットはあるでしょうか。その観光客を足どめする方法はないか、ちょっとお聞きしたいですが。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 1つずつこれがメリットで、これがデメリットだということは申し上げられませんけれども、人が来るということは「何とかも三百」という話の中で、お金はどこかへ落ちると。寄って停等にもお金が落ちておりますし、すずむし荘に来てご飯を食べていただいている方もおります。そしてまた、村のおそば屋さん等でお金を落としていっていただいている方もおりますので、私は人が来ればそれなりきのメリットはあるというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) どうも済みません。メリットをあまり強調し過ぎて済みませんでした。
 村長にお聞きしますが、村の観光拠点はどこになるかと思いますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) それは議員もお考えのとおりだというように思います。私は遺跡がこれから村の大切な観光拠点になっていくというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 本当にそうですよね。
 ちょっと教育長にお聞きしたいのですが、現在、遺跡公園の未買地はどのくらいあるでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 現在、未買収地につきましては2,210平方メートルで、地権者は9名となっております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 教育長も教育長になられて1年がたとうとしているわけですが、地権者との折衝はまだないですか。ないですね。わかりました。
 実施計画によれば、24年度発掘調査が計画されているわけです。どの程度の調査か、ちょっとお聞きしたいのですが。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 前の報告書の中では、本当にアウトラインといいますか、こういう部分が考えられるというような報告書の中で、業者に依頼をして図面をつくったような経緯がありますけれども、全くどのような形で進んでいくかという部分がわかりません。それから、建物等、下のほうの遺跡がある可能性がある部分についてどのくらい影響があるかという部分もわかりませんので、現状でははっきりと何年にこういうことをやるということは、現段階では申し上げられません。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) この発掘調査も恐らく県なり、またそういう資格のある人にお願いして、調査をしていくのではないかなとは想像するわけなのですけれども、遺跡公園の周辺、旧松香荘、ゲートボール場の跡地、あのままではと思うわけです。先ほど総務課長のほうからも報告があったように、第二倉庫を第一に検討し、その後検討委員会を進めていくということですので、遺跡公園の整備を進めていく中で、これは村長の公約でもある観光と農業というところに結びつくような計画を、ぜひお願いしたいと思います。
 それでは、次に職員数の適正化について、ちょっとお尋ねしたいと思います。
 市町村の事務量は年々増加傾向にあると思います。村の人口と同じ規模の町村に比べて、松川村は職員数は多いほうですか、それとも少ないほうでしょうか。ちょっとお聞きしたい。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 詳しい情報というかデータを持っておりませんけれども、基本的に昔から100人に1人というふうに言われておりますので、松川村は少ないほうではないかというふうに推察をしてございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 私も考えるに少ないなとは思います。それだけ優秀な職員がいるからという感じを持ちますが、それにしても村民の住民サービスは低下してはならないということだと思います。地域づくり委員会の自立の村づくり計画実行プランの答申の中では、定員適正化の計画で、22年度から26年度の5年間、採用者が10名、退職者が5名となっているわけなのですが、この比率の中で、先ほども総務課長のほうからもお話があったように、他の町村と比べて少ないということの中で、住民サービスの低下、支障にはならないでしょうか。ちょっとその辺を。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 住民サービスを低下させないようにやるのが私どもの役目でありますので、そのように努めてまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 確かに住民サービスを低下させないようにするのが職員の役目ということの中で、年々業務量も増加の傾向にある中で、本当にそれでいいかどうか、もう少し検討してもらいたいと思います。この23年度の予算書を見ても、賃金の予算が1億5,700万円、多く感じるわけなのですが、人件費が全体でも昨年に比べて4,600万円増額になっています。特に予算書の中で目立つのが保育園費です。20年度、21年度、22年度とも見ても、毎年賃金が5,000万円を超えています。毎年それだけ必要というなら、職員を増員していくという考えはないのでしょうか。未来を担う子どもたちのために、正規職員の増員を考えられないかどうか。ちょっとその辺をお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 22年9月に実行プランを地域づくり推進委員会のほうからいただいてございます。議員も手元にお持ちだというように思いますけれども、当初、私は80の定員まで下げるという答申をいただいた中で、今回はどうしてもそれではできないという状況を説明いたしまして、86人までは何とか、しようがないではないかという言い方はいけないですが、住民サービスを低下させないようにということの中でお認めをいただいてあります。
 一気に職員を採用すると、今までずっと職員の採用がなくて、一番下の人でも26歳、27歳という状況の中で、その下がないという状況でいましたが、おかげさまでことし若い職員を採用させていただくことができました。そういう中でだんご的にならないように、これから職員の採用を考えていかなければいけません。
 保育園の関係でありますけれども、保育園を正規の職員でやることは一番いいことでありますけれども、そうすると正規の職員を全部保育園へ回してしまいますと、こちらの一般職が不足になります。また、今職員を大勢つけなければというか、少人数に職員をつけていかなければいけないという保育園児の数がふえております。というのは、人数は今までと同じであっても、どうしても大勢で見ていかなければいけないという子どもさんがふえておりますので、そういうところにつきましては、今までどおり臨時嘱託職員で対応していかざるを得ないというように私は思っております。
 これから1万700人、今1万200人ですのであと500人の人口増加を見込んで対応を考えてまいりますけれども、すべて子どもがふえるというわけにはいきませんので、できるだけ86人の体制の中で考えてまいりたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 村長からそういう話を聞くと納得する面もあるわけなのですが、予算書を見る中では、こんなにというように正職員と賃金の臨時職員と大体同じぐらい、そんなに必要なら正規職員でというふうに考えたわけなのです。そういうことの中で、少人数で対応する中で、加配とかそういうことをお願いしていくわけです。そういう中で、村民は村の財産です。住民サービスが低下しないよう、職員数の適正化をぜひお願いしたいと思いますが、またそういう業務量、仕事が多くなる中で、もしあればまたお話をしていただければ、適正化の中でふやしていくということも必要になってくるのではないかなと思います。
 いろいろお聞きしたわけですが、これで私の質問を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで村長の政治姿勢の質問を終わります。
 以上で、3番井上直昭議員の質問を終わります。
 ここで、11時15分まで休憩いたします。
                                 午前11時00分 休憩
                                 午前11時15分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、順位2番、2番佐藤節子議員の質問事項、松川村の安全・安心対策についての質問を許します。
 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) それでは、2番目です。どうぞよろしくお願いいたします。
 今回の地震ですけれども、せっかく松川村に地震の測定器が設置されまして、本当によかったというふうに喜んでいたわけですが、この初めての「松川村」という表示がこんなに大きな災害だったとは、私も大変ショックでございまして、感謝申し上げながら、今は地域とそして自分と、みんなで、さらに安全対策をとりながら生きていかなければいけない、そして一生懸命支援したい、こんなふうに思っております。とにもかくにも、地震測定器をつけていただきまして、出ることになりましたので、あわせてこれも申し上げたいと思います。
 それでは、1番目の質問をさせていただきます。松川村の安全・安心対策ということでございます。まずは信濃松川駅前に、待望の駐在所が移転できまして、先ほど村長さんもおっしゃられましたけれども、大変よかったということでございますが、村民もよかった、よかったと大変喜んでおります。ひとまず安心しているところでありますが、広報の3月号に、駐在所の移転が3月22日、つまりきょうということになっておりました。この長年の夢、駅前3点セット、駐在所が駅へ来てほしい。こういうことが実現したわけでありますけれども、完成祝い等はされたのかどうか、村からお祝いされたのかどうか、そんなことをお聞きしたいとまず思います。お願いします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 当然、駐在所は県の関係になっております。大町警察署に問い合わせましたところ、議員おっしゃられたとおり、本日引っ越しを行い業務開始と聞いております。
 竣工式等は行わないというふうに聞いております。理由としましては、統一選挙の準備に追われているということ。それから人事の異動の時期であるということで聞いております。
 なお、落成式等につきましては、今後東日本大震災の関係や統一選挙の関係もございますけれども、一段落したら検討するというふうに聞いております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) わかりました。いずれにしても今はいろいろなことができない状況なので、また落ちつきましたら村民みんなでお祝いしたいなというふうに思うわけでございます。
 とにかく新しい看板がつきました。運転中なのでしっかりとまって読むことはできないのですけれども、長野県大町警察署松川村警察官駐在所となっていましたか、そんなふうに見られました。村民や観光客、そして通行者の皆様は、これからこの新しい駐在所をどのように利用できますかということをお尋ねしたいと思います。
 今までは1人でございましたので、留守が多かったわけです。そこで勤務時間あるいは執務時間、そして勤務体制などどういうふうに変わるのか、わかりましたら教えてください。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) こちらも大町の警察署のほうに問い合わせを行いました。基本的には現在の駐在所と変わりはございません。現在も2人体制でおりますので、基本的には今までどおりということで、勤務時間につきましては平日の昼間の勤務という形になっております。夜間、休日につきましては、池田町交番ブロックに入っておりますので、交番が対応するといった内容でございます。ただし、駐在所の職員も大町交番のシフトに加わりまして、当直に当たったりするというふうに聞いております。また、駐在所に不在の場合には、今もそうですけれども、非常通報システムというものがございまして、大町警察署に直通で通じるようになっているということです。新駐在所におきましては、新たなコミュニティコーナーの設置とか、そういったことで地域の方との相談業務が行われるスペースを設けてありますし、来客のトイレも完備しているといった内容だそうでございます。
 いずれにしましても、緊急時は110番通報をしていただきたいということでございました。このほか、駐在所の勤務としましては、地域のパトロールですとか、巡回連絡、それから地理の案内、それから落し物や拾い物、事件、事故の届け出の受理、それから迷子の届け出、家出人の受理や保護、そんなような業務になりますので、平日昼間とはいっても24時間勤務といっても過言ではないかと思われます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 今までの松川村の駐在所の状況をちょっと申し上げますと、皆さん駐在所を探すという、どこにあるのですかという、そんなことで、例えばJRの信濃松川駅とかそういうところでは、「弱ったものだ。駐在所はどこだと聞かれちゃって」という話が何回もありましたので、本当に今回はよかった。そしてまた、明科駅も何回もお邪魔したのですけれども、駐在所が駅前の駐車場のところに移ってきてからは、夜間の非行的なことがぐんと減ってしまって、本当にいい体制になったというふうにおっしゃっていましたので、これは効果は大きなというふうに思っております。御苦労していただいて本当に感謝申し上げたいと思います。
 さて、今課長お答えいただきました中にもありましたが、実は松川村の高齢化率の件で、この駐在所にお願いしておきたいなということがあります。松川村の高齢化率は現在4人に1人。しかし、まもなくすぐに3人に1人になるそうです。でも、松川村は北アルプス広域とか長野県の高齢化率よりはおかげさまで低い。これは行政の指導力、努力で子どもの数が圧倒的に松川村は多いということも、やっぱり高齢化率には反映されているということで、大変ありがたいなということを思うわけでありますが、さて、その高齢化の中身について実は大変だということを聞きました。
 何が大変かと申しますと、介護保険の要介護、つまりお世話しなければならない、お世話にならなければならないという介護保険の要因が、今までの順番は1番、脳梗塞、2番、骨折、3番が認知症と、こういう順番であってわけでありますけれども、23年1月、つい最近の実態調査では、松川村は今まで3番目だった認知症がトップの1番に並ぶということの結果が出てしまったそうであります。
 そこで、今課長さんがおっしゃいましたように、新しい駐在所のお巡りさんには、交通安全と同時に、今「地域コミュニティ」とおっしゃいましたけれども、高齢者の見守りや声かけをぜひ積極的にお願いしたい。認知症になりましても声をかけられるとふっと我に返るというか、今自分のやっている行動から返ることができるそうでありますので、ぜひそんなことを主な仕事にしてもらいたいなと思うわけであります。
 そして、むしろ年寄りの迷子やあるいは出歩きが心配の御家庭では、新しい駅前の交番におじいちゃん、おばあちゃんの写真を預ける、こんなことも非常に役に立つなと。これは私の体験からですが、役に立つなと思うわけであります。申し上げるまでもなく、認知症は大事なことをみんな忘れる病気ですから、周りの人や家族がこの病気を認めてあげなければいけない、つまり認知症という病気だというふうに思います。食事はもちろん日付、住所、電話、息子、娘の名前や顔、みんな忘れてしまって家に帰れなくなるというのが、これが認知症の主な特徴です。自分の考えのとおりにどんどんと行動をするわけでありますから、やっぱり交通安全上心配であります。危険です。
 そこで、新しいお巡りさんには、包括支援センターのデータを見ていただいて、松川村の状況がこういうことになっているということをやっぱり知ってもらうことも非常に大事かなと思うわけでありますが、まず認知症が1位になってしまったという、確実にそういう結果が出ているということについて、安全対策等考えながら、村長さん、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私も認知症が1番だったとは、今初めて聞いて驚いているところでありますけれども、それだけ今までしっかりしていた人が多かったかなというようにも、反対にとると思います。そんな中で今言われましたように、行動してどこかに行ってしまったら探すに困るということのないよう、駐在所の職員とお話をさせていただきたいというように思いますけれども、今、まだ村のほうへはごあいさつにも見えておりませんし、きのう、軽トラックで通ったらすらっとした背の大きい方と、それから奥さんがあの中へ入っていきましたので、多分あの人ではないかなというように見ました。またごあいさつに見えてくれるというように思っておりますので、その節には十二分にお話をさせていただきたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 村長のほうからぜひ頼んでいただければと思います。よろしくお願いします。
 何を思っているのかとことことことこ歩く人がふえるということでございまして、前に聞いたのですが、線路も道になってしまう、線路が道だと思って歩いているという人もあるそうでありますので、ぜひお願いしたいと思います。
 実は先日、駐在所のほうにお邪魔して、移転の、新築の感想をお聞きしようかと思ってお邪魔したのでありますけれども、そうしましたら「いや、3月20日で転勤が決まっちゃって、新しいところに行けなくて大変残念です」とにっこりされておりました。そして、一言「松川村は大変環境のよい村でした」とおっしゃいましたので、まずはこちらも転勤と聞いてびっくりしてしまいまして、「村民に伝えたいこと、何か感想ありますか」と聞いたわけでありますが、いろいろなことをおっしゃいました。
 ちょっと紹介しますと、「松川村の皆さんは元気で明るい方ですね。私は何よりも在任中、空き巣事件が1件もなかったことが大変うれしかった。実は松川村に来たときは、大きな新興住宅が幾つもあるので空き巣ねらいが大変心配だったのですが、地域の皆さんのつながりやきずながしっかりしていて、泥棒が入りづらい環境であることが大変立派だった。これからはよそへ行ってもこのことを伝えたい、参考にさせていただく」というふうにおっしゃっておられました。
 そして、その続きですが、「しかし、松川村は幹線道路が3本もあって、池田よりも交通事故の発生は自然に多くなる。幾ら注意しても多くなるので、高齢者や子どもが被害者になるということが心配ですね」とおっしゃっておりました。そして、「なお、一番の心配は、松川村の皆さんは人情に大変に厚い。ですので、オレオレ詐欺が心配です。去年も1件ありましたが、ぜひねらわれないようにお願いします。これでお別れしますが松川村の発展を心から願っています」というふうにあいさつをしていただきました。公務員の使命とはいえ、このような熱い思いで村民の安全・安心を守っていただいているということに感謝しながら、そして新任者にもしっかりお願いしたいと思います。
 この転任されたお巡りさんの言葉、松川村の安全・安心の村づくりにどうですか、参考になりますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) お別れのあいさつに来ていただきました。本当にお世話になって、交通事故が松川村はいつも1番、1番というふうに言われておりましたけれども、去年は1番ではなくて下へ下がったようでありまして、うれしいことであります。あのお巡りさんの力は大きかったというふうに思います。毎朝、交差点に立たれたり、小さいミニパトですが、パトカーが早くから赤いランプを点滅しながら回ってこられたということの中で、本当にお世話になったというふうに思いますので、今言われたことを、人情が厚くて、それを逆手にとられないように、これからも皆さんに注意をしてまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 本当にいいお別れをさせてもらいましたけれども、そこでやっぱり安全対策が大事かなというふうに思ったわけです。
 交通安全はみんなの願いでありまして、4月からはまたかわいらしい1年生がランドセルをしょって学校へ通うわけでありますが、青色回転灯の皆様も、さらにまた安全・安心のために奉仕していただくわけです。毎週水曜日また続けてもらうということですが、むしろ毎日回ってほしいなというくらい思うわけでありますけれども。とにかくお巡りさんも言われましたが、松川村には大北地域を縦断する大型幹線道路が3本もあるためということでございますので、特に皆様がぜひと言っていることは、夜間、雨の夜、こんなときが大変心配だということでありまして、縁石の上で赤くちゃかちゃか光る、線香花火のような、エッジポインタという名前でいいのでしょうか、それの増設、新設設置を望んでおられます。あれは1つどのくらいの値段なのか、そして取りつける工事なんかもどのくらいかかるのかちょっと教えてください。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) エッジポインタにつきましては、池田松川安全協会に問い合わせさせていただきましたところ、取りつけ込みで1個当たり7,000円との回答をいただいております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) よかった。私はもう少し高いのかなと思っておりましたけれども、取りつけ料も含めて7,000円ということで、何とか頑張ればできるかななんて思うのでありますが、これは村民でも取りつけていいのですか、どうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) この取りつけに当たりましては、各行政区に交通防犯部長がおりまして、その部長さんは交通安全協会の支会長を兼ねておりますので、設置箇所の要望がありましたら交通防犯部長を通じましてお願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) あれをちょっと埋め込むということなのかよくわかりませんけれども、そんな難しい工事ではないのではないかなと思うのですが、どこかに売っているというものですか、どうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) よくありますカーブミラーとか、デリネーターとかそういった部類の、要は交通安全対策用品として市売されているものです。ただ、縁石に設置するものですので、例えば県道ですと建設事務所、村道ですとうちのほうの建設水道課というところが管理主体になりますので、そちらとの協議がまた必要かと思います。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 取りつけることそのものの作業の中で、安全もまた心配ですので、村民がつけるということもちょっと心配ではあります。実は転勤されたお巡りさんも、ちょっとそんなことを言っておられました。「松川村はエッジポインタは少ないですね」というふうにおっしゃっておられました。そしてまた村外のほうから来た方も、夜ですけれども、「池田町から通ってきたら、池田は随分あったけれども、松川村に入ると暗いですね」というようなことを言っておられまして、少し努力をしてほしいなと思うわけであります。県道、国道はやっぱり松川村の人だけでなく、村外の人も通りますので、ここのところは行政区ではなくて、地区の要望とか、地区のほうではなくて、縁石のぶつけた跡とか、こすった跡などを見れば歴然とわかりますので行政でチェックして、そして村の中などは地区要望もまた聞くとして、大型幹線道路にはぜひ早目にエッジポインタというもの、これから雨も降りますし、日も長くなって、夜も用事を足したいしというようなこともいろいろありますので、行政で早目に対応していただきたいという要望がありますが、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 交通安全部長、そしてまた交通安全協会の松川支部の皆さんとも相談の上、必要ならば何とか考えたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) ぜひお願いしたいと思います。23年度の予算書の歳出、85ページ、7款2項4目で、交通安全施設整備費の15節工事請負費、135万4,000円が載っていて、御説明ではこれがカーブミラーとか、あるいはガードレール、白線の費用だということで予算をお伺いしました。ですので、エッジポインタについては予算に上がってはいないわけでありますけれども、高齢者、そしてまた子ども等の安全、また松川村から事故を出したくない、そういうことの要望もありますので、また県なんかの関連事業などもございましたら探していただいて、ぜひ一気に進めてほしいなというふうに思います。地域の声や要望はなかなか出づらい、小さい声になることもありますので、御判断をお願いしたいと思います。
 次は元気の出る要望です。お願いします。
 松川村がもっともっと元気を出して、そして発展するために、安全・安心運動の1つとして太っ腹商品券、これは大変立派でした。本当に人気の商品ですが、これに続いて、次は松川村のオリジナルの郵便切手の発行はどうでしょうか。松本市や木曽方面など、あちこちの自治体あるいは団体では、政令あるいは記念行事などに各町村が記念切手を発行しているそうであります。松川村でも日本初、世界初のすずむし保護条例、また村政120周年も過ぎましたがこのお祝い、そして子どもの響岳太鼓全国大会出場記念などなど、絵になること、発信したいニュースはたくさん続いているように思います。そしてまた、郵便局も応援しながら村民とともに楽しい事業が展開できればというふうに思うわけでありますが、いかがでしょうか。そして、ついでに太っ腹商品券の売れぐあいも聞きたいと思いますが、お願いします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) オリジナル切手のことについて調べましたので御報告したいと思います。議員おっしゃられましたように、オリジナル切手の発行につきましては、日本郵政が行うサービスで、個人から企業まで幅広く利用されているということでございます。作成料金につきましては、80円切手10枚組み、800円分になるわけですけれども、このシートが1,200円かかると。それから50円切手10枚で500円分ですけれども、このシートが900円かかるということで、割引サービスもありますけれども、10万シート以上が対象になるというふうにお聞きをしました。近隣では安曇野市の観光協会が、穂高神社の遷宮祭で記念切手を発行したというふうに聞いておりますけれども、1,000シートを作成しまして、1,200円の切手を付加価値をつけて1,500円で販売したといった内容でございます。
 当然、切手につきましては購入しなければいけないということで、売れなかった場合、在庫をどうするかというような問題も残されておりますけれども、そんな状況で作成費がかかるというふうに聞いております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 太っ腹商品券?の関係でございますけれども、3月3日に商工会のほうで販売を開始しまして、今回につきましては弱者対策が中心ということで、最初の3日間は弱者の方を優先ということで販売しまして、その後一般者ということで販売をしました。約1週間で5,000セットを完売しております。それで、詳しい数字等は聞いておりませんが、非常に好評だということをお聞きしておりますので、御報告いたします。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) これは突然のお願いということですが、それでも個人でなかなかできるようなことでもないので、少し楽しみながら私もつくってみたいなというふうに思っておりますので、よろしく御検討ください。
 次に行きたいと思います。すずの音ホールにつきましてはですが、すずの音ホールは人気沸騰中で、まもなく3年になりますが、利用率は予定想定と比較してどのくらいですか。お願いします。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) すずの音ホール多目的交流施設の建設に当たりまして、当初何人の目標ということは特にうたってはございませんでした。ですけれども、多目的交流施設ができたことによりまして、ホール事業、図書館等も併設してございます。今まで生涯学習とか公民館事業をやったわけですけれども、それに加えましてホールでの講演事業とか、展示、教室等々もふえております。また、社会教育団体数も80団体を超えるといった形の中で、当初の公民館に比べて約5倍の方が利用されているということであります。建設当時から500日を待たずして10万人を突破したということで、これにつきましては実際の事業等に参加された人数でありまして、登録されていないパッサージュですとか、ギャラリー等々に入館された人のカウントはカウントしてございませんので、はるかに当初の目的よりも多くの方に利用されているといった状況でございます。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 本当につくってよかったということなのですが、利用率などいろいろ評判も長野県下一、東京にも負けないようなにぎわいを維持しているかなと思うわけです。しかし、そのために公民館として何か問題、思ってもみなかったこととかありましたら聞かせてください。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) この施設の運営等につきましては、オープン当時からすずの音応援団という皆様方が結集して応援していただいております。したがいまして、村民も創意工夫しながらやっておりますけれども、村民の皆さんから助けられて何とか村民の声にこたえられるように頑張っているところです。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 本当にすずの音応援団の皆さんの活躍は本当にありがたいし、立派だなと思うわけであります。
 次ですけれども、「まめってえるーむ」、これも本当に便利ないい部屋をつくっていただきました。私も時々は利用させてもらっておりますが、このまめってえるーむの利用について村民から今不満の声が上がってき始めました。特定の個人やグループが一日じゅう貸し切り状態で利用していて、特に土日、休み日などは多くの村民が談話や休憩に使いたかったわけであります。そしてこの冬場に入って受験生かなと思う子どもたちが、連日カーテンを閉め切ってパソコンなどを広げたりして勉強をしているのかなと思うわけでありますが、大変不安だったというふうに言う方が大変多いです。
 実は、きのうもそんなお電話をいただきまして、中学2年生だと思うというようなことを見た方が連絡してくれましたが、とにかく1日じゅういたということでございます。見かねて連絡をくださったわけでありますけれども、勉強するならば図書館の2階、せっかく上手につくってもらってありますし、騒いだりするならもう少し広いパッサージュもありまして、あそこは遊んでもいいように本当に安全にできているわけであります。
 とにかく便利なまめってえるーむの使い方が、もし中で自分たちが使っていたとき、だれかがちょっとのぞいたら「どうぞ」と、使っている自分たちから声をかける、「御一緒にどうぞ」ということを言えるようにしなければいけないわけですが、外から来た人がのぞいて、すっと帰ってしまうというのが今までだと思うのです。何とか利用上の決まりとして、ドアは開放すること、カーテンは閉めない、そして中から、自分たちから「どうぞ」と声をかける、そのくらいの指導はしてほしいと思うのですが、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) 確かに議員さんおっしゃられますように、当初、建設当時から自由室ということで、いろいろな定めを持ってございません。従いまして、不特定多数の方がいつでも自由に使えるといった内容でございます。ただ、やはり利用される側のモラルの問題も若干あるかと思います。現段階ではロールカーテンを外しておりますし、それから、内側のガラス戸の戸を外してございます。また、卓上に台ふき、それからほかの人の利用も考えてということで置きをしてございます。
 なお、やはり受験生等勉強する人も見えておりますし、議員さんおっしゃられますように図書館の2階の利用率と比較しますと、上のほうが使われていないということもございますので、そちらのほうに誘導するようなことをしていきたいと思います。
 また、職員のほうがもうちょっと明るく接して、自然に利用者からそういった声が出るようにすることも職員の役目だと思いますので、それに関しましては、職員の資質向上に努めてまいりたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) すずの音ホールはつくっていただいて以来、出会いの場所、そしてまた憩いの場所、会議や学習の場所としてみんなが楽しく行くわけです。そこでちょっとだけそれが心配だということになってきましたので、ここら辺でぜひ職員皆様の気遣いや御苦労が多くて今まで言いづらかったわけでありますけれども、この際年度も変わりますことですので、改めて大きな文字の、あそこに何かちょっと壁に張ってありますよね。きれいに使いましょうというようなことでしたかね。その辺をもっと大きく、やっぱりみんなで使うお部屋とか、いろいろいろいろお願いしたいなというふうに思います。御苦労していただいていることは村民みんなわかっておりますので、ぜひモラル、当たり前のことを教えていただくこともお願いしたいなと思います。
 次です。外のほうに参ります。りんりんパークの駐車についてお願いしたいわけですが、村のシンボルでもある安曇節の歌碑の前に、最近工事中のポールが置かれてありますが、何か予定をされていますか。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) 現在の公園につきましては、都市公園事業で設置しておりまして、当初駐車場のスペース等も考えながらしているわけですけれども、オープン当時から今の現状であると。ホール事業等におきましては、やはり大勢の利用客が来るということの中で、現在芝生のところにやっぱり車をとめる方が大勢おります。そのたび館内放送で撤去をお願いしているわけですけれども、現段階としましてはコーンを置いた状況で進入禁止といいますか、駐車禁止ということでやらせていただいております。
 ただ、今後、当時あそこを駐車場ということもありましたので、総務課の政策企画のほうと調整しながら、将来的には不足している駐車場ということも検討していかなければいけないということで考えております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) これは役場の向こうにつくっていただいた駐車場が大変立派で、本当にあれはよかったと思うのですが、やっぱり来てしまった人は早くホールに入りたいということもあったりして、どうしてもあそこへ、歌碑の前にとめたいのですよね。その気持ちもよくわかるわけでありますが、やっぱり芝生の手入れをしている村民もいるわけでございまして、芝生の損傷の心配をしておりました。カラーの駐車禁止案内板とか園芸用の枠とかを置くのはどうかなということでありましたが、逆にそれにつっかかって転んだとか言われてしまうと、また公民館の皆さんは安全を確かめながら方法を変えるしかないということで、大変苦労な役割だというように思うわけであります。ぜひモラルの啓発、教育も常に公民館で教えていただくようお願いしたいわけであります。
 さらに次ですが、春になりまして、ようやく今度はまた庭を見たい、歩きたいわけでありますが、りんりんパークの利用がまた始まるわけです。私も最近歩いてみたわけですが、公園内の小川にリンゴやミカンが落ちていました。流れてきたものとは思いますけれども、定かではありません。すずの音応援団の皆さんも大変御苦労して清掃活動をしていただいているわけでありますけれども、その感想は「川の中に入ってやるのは本当に大変だった」と、こういうふうに聞きました。
 そこで、私はむしろすずの音ホールの利用者、あるいは公園利用者等みんなに呼びかけて、広く村民にお願いをして、協働の村としてみんなで掃除をするという、そういうことができないものかと思うのですけれども、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) 議員さんおっしゃられましたように、現在、すずの音応援団の中にガーデンクラブというクラブがございます。現在33名の方が登録されて活動していただいておりますけれども、本年度につきましては20回以上にわたって掃除をしていただいております。村のほうも河川清掃を年間やっておりますけれども、はるかに多くの村民の方が自発的に公園の整備ですとか、植栽、それから河川清掃を行っていただいておりまして、いろいろ流れてくるかもしれませんけれども、ここ数年ない河川がきれいだということで伺っております。
 ただ、公園利用者からも自発的に除草作業ですとか、河川清掃していただければこれにこしたことはないのですけれども、職員も一緒に携わりながら、また努力をしていきたいというふうに思っております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) この川は、北保育園の北のところで、実は毎朝網を上げて、バケツ1杯のヘドロ、ごみをすくっていただいているということも聞きました。しかし、それでも水面に浮いて流れていってしまうものが公園に入っていくんだねというお話でございました。村内ではなく、上流ということもありますので、嘆かわしいというふうにぼやいておられましたけれども、その方がおっしゃっていたのは、防災無線で毎日のように犬のふんのことについて放送があるので、ぜひ今度は川への不法投棄、村内の川をきれいにしようという、そんなことなども呼びかけてもらうことはできないものかとおっしゃっていたわけですが、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 河川へのごみ、また犬のふんの不法投棄、いろいろございまして、それにつきましては、住民の方から御要望いただいたたびに放送させていただいて、啓発に努めているところでございます。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) ぜひ御検討いただいて、川にごみを捨てないということ、また春には風が吹きますので、なお一層気をつけてほしいわけですので、ぜひ努力をしてほしいなというふうに思います。松川村は水と米が自慢の村、そしてまた下流にはワサビの穂高もありまして、川を使うということ、川をきれいにするということには厳しく取り組まなければいけないということだというように思います。
 今までのりんりんンパークは、こうした皆さんの熱心な活動で支えられてきたわけでありますが、聞けば聞くほどもっとごみやヘドロ、あるいは環境に対して努力をしなければいけないという、村民の責任でもありますので、ぜひまた大きく広げて、回覧板ではなくて、グリーンワークとかすずの音ホールの入り口に、しっかり掲示板でいつ幾日清掃しますので御協力をというようなことも一度やってみていただけたらなというように思いますが、御検討していただきたいです。
 先日、すずむし合唱団では、3月7日ですが、ホール内の丁寧掃除をさせていただきました。折りたたみのいすを全部裏側まできれいにしてほこりを手でとりましたけれども、やっぱり掃除をしているうちに「感謝の気持ちがわいてくるね」「つくってもらって本当によかったね」と、そんな声がたくさん出ておりまして、みんなにこにこと掃除をしておりました。使ったら掃除をするのが当たり前の人間のことだと思いますので、そしてまた、人の心の中には手伝いたい、役に立ちたいという気持ちがうんとありますので、何か村民を集めるような工夫をしていただきたいというように思います。
 ホールに集まるさまざまな活動を温かく支援し、忙しく応援してくださる公民館職員の皆さんに館長のほうから労をねぎらっていただきたいなと思いますが、無理のないようお願いします。
 細かいことをいろいろ申し上げましたけれども、これからの松川村は安心・安全で思いやり、そしてモラルの高い村を目指したい、これが多くのボランティアさんたちのおっしゃっていることであります。そのことへの努力、そしてそのことに働く姿は子どもたちがきっと見ている。そんなふうに思います。どうぞ村を守る、ふるさとを守る教育として取り組んでいただきたい。
 実は、最近いただいた広報の中に、国勢調査の研究結果というのがございました。これを見て大変うれしかったわけであります。県下77市町村のうちで人口がふえたのは13、その中に松川村が入っていたということで、県下の80%以上の市町村が人口を減らしているということでございまして、村長さん、感想はいかがですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今までやってきた施策が、間違いがなかったというように思いますので、今後も村民の皆さんの力を借りながら、さらに一層住みやすい村にしていきたい。中学生からのアンケートにこたえたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) やっぱりそこを見ると、確かに政策がいいと聞いているところなのです。松本市、佐久市、安曇野市、川上村、軽井沢市、御代田町、南箕輪市、宮田村、いろいろいろいろ確かにうわさのところだなというふうに思うわけでありまして、どうぞ23年度も頑張っていただくということで、お願いしたいと思います。
 以上で、1番を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで、松川村の安全・安心対策についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、池田・松川学校給食センターの建設についての質問を許します。
 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) それでは、今、やっぱり第二倉庫のこととか、それからこの学校給食センターについて、行政の皆さん、理事者の皆さんも非常に困っているというか、一生懸命やっていただいているということだと思います。
 それでは学校給食センターについてですが、学校給食は大きな目的と役割を持っています。2月2日には、議会の社会福祉文教常任委員会が当番で、教育4団体による「学校給食のねらいと願い」という講演会を栄養士さんに来ていただきまして、懇談会も含めて開催し、私は大変感動したわけであります。マスクをしておられますが、教育長、1カ月ちょっと過ぎましたけれども、あの懇談会、講演の感想をまず聞きたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 栄養士さんに来ていただいて、いろいろなお話をしていただいたわけですけれども、我々教育委員会の者はいろいろなお話を随時伺っているような部分はありましたけれども、ほかの団体の皆さんは初めて聞くような部分があって、参加者からは非常にいい、よかったというような声を聞いております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) できればもっと広い皆さん、大勢の皆さんで聞いていただきたいなというふうに思うような内容でありました。お膳の御飯は三角に食べること。おみよつけばかりとか、おかずばかりではなくて、おかず、御飯、味噌汁と三角に食べることとか、それから進学とかそういうことも大事ですけれども、自分の子どもたちが、例えば家を離れたときに御飯をつくれるか、そして例えばスーパーに行ってもどんな弁当を買えるか、御飯のしっかり入っている弁当を買える子ども、そうやって命や生活を守れるよう育てることが、進学やそのこと以上に大事ですよという。本当に栄養士さんに大事なことを教えていただきまして、これはもっともっと大勢、PTAの皆さんも含めて聞くべきだなというふうに思ったわけであります。
 そこで、そのときの栄養士さんの講義資料を、こういうのをもらったわけです。『学校給食のねらいと願い』と、これをもらったわけでありますが、その中に大事なことがいろいろありました。そして、調理の目的にところには、学校給食は温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供するようにとなっていました。そう努力しているわけであります。そして、松川村民からも、あるいは池田のほうの町民の皆さんからも学校給食の主人公は子どもたちである。そのことを原点に用地を決めるべきだという、そういう声をかけられてきました。
 このような観点は、当然組合長は理解されているというふうに思うわけであります。しかし、池田町の町長さんとしてでしょうか、現在よりもさらに学校から遠くの用地を提案していると聞き、大変残念に思っております。行政目的で決めるのではなく、学校給食の教育的な目的に沿って円満に解決してほしいと考えますが、現在、どのように進んでいますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 現在、これは直接ではなく漏れ聞くところでありますけれども、池田町の議会が先日閉会をいたしました。その中で場所について、池田町で提案をしているところへつくってほしいというような議会の意見だったように聞きます。直接報告が来ているわけではありませんので、もしかすると間違っているかもしれません。しかし、現在、今言われましたように温かいものは温かく、冷たいものは冷たくという中で、できるだけ学校の近くへ私は建てていきたいと。
 人口的には今50.7%対49.3%であります。松川村が49.3%であります。ただし、子どもの数からいきますと、46.8%対53.2%、53.2%は松川村であります。人口は約0.6%違いますけれども、子どもの数からいくと7%、松川村のほうが多いわけであります。そういう状況の中で、私は前に議会の皆さんにお話をしましたとおり、腹の底では決めております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 言いにくいこともあろうかと思いますけれども、頑張っていただいて、今後、いつどのころどこで決まっていくということになりますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 多分池田町は新たな議会が招集されて、そういう中で最終的に決まってくるのか、この間の議会の中で決めたことが池田町のほうから私どものほうへ話が参るのか、それはちょっとわかりませんけれども、町長との話の中で2人の意見が違った場合は、今度は施設組合の議会等もございますし、その中で決まらない場合は、またそれぞれの議会へ持ち帰っていって決めるのではないかと。平成23年度の予算の中には、御存じのとおり設計金額が含まれておりますので、私はできるだけ早い機会に決めていきたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 夜も寝られないほど頑張って考えていただいているかなというふうに思うわけでありますが、23年度設計計画を立て、そして24年度着工でというような当初の予定だったというように思います。理想は財政も用地も心配がなければ、各学校に給食センターが隣接できればこれは一番いいことでありますが、松川村も安心・安全で安全な食材を子どもたちにと、ふるさとの味を子どもたちに伝えたいということはずっと前からそういうふうに考えているわけであります。松川村食育推進計画、あるいは松川村食育推進協議会というものも立ち上げていただいてあるわけでありますが、このほうは今どんなふうに動いていますか、教えてください。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 食育推進計画につきましては、素々案につきまして各団体から御意見をちょうだいしているということで、それをまとめている状況でございます。それから、その運営主体となります推進協議会につきましては、6月以降に設置をしていきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) いよいよ出番が来たと思いますので、しっかり働いてもらうようお願いしたいと思います。
 さて、次ですが、雇用状況について少し申し上げたいというふうに思います。
 現在の給食センターは、池田町と松川村で運営する一部事務組合でありますけれども、調理員さんや職員さんの雇用数は、池田・松川の負担割合と整合していますか。教えてください。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 負担割合につきましては、先ほど村長が申し上げたとおりでございます。
 また、職員につきましては、まず事務局長は池田町から出ておりますが除いたとしまして、事務職、調理員、正規職員の9名中2名が松川村に住所がある職員です。ただ、採用当時、松川村に在住していたという職員が1名、それ以外におります。それから臨時職員としましては、栄養士、それから調理補助ということで4名中2名が松川村に在住している職員でございます。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 私のほうの調べたのを少し申し上げたいと思いますが、現状をちょっと見させていただきましたところ、事務局の職員も含めまして、17名中、松川村からは4名だけというふうに私は見てきました。そして、この結果にちょっと疑問を感じているわけであります。
 一部事務組合として経費負担も人口割であり、そしてまた給食数もそういうことで松川村が多い。実は、これは119名。今さっき村長さんからパーセントをしっかり伺いましたけれども、池田町は小学校全児童が560人、高瀬中学校が291人で、合計851人。それに対して松川村は、小学校が640人で、中学校が330人、合計970人。引き算をしますと松川村が119、給食数が多い、つまり子どもが多いということで、さっきのパーセントとぴったり合うわけであります。そこで当然、職員や調理員の採用も多くていいはずでありますけれども、17名中4人ということ、4分の1という数字です。大変申しにくいわけでありますが、これは以前からそうであったというふうに聞いたわけでありますが、偶然なのか、緊急対応の結果なのか、あるいは松川のほうに調理師という資格を持った人が少なかったのか、この辺をちょっと聞きたいわけであります。わかりますか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 大変申しわけございませんが、今までの経緯の中でどのような募集をしたかということはわかりませんし、採用経過については大変申しわけありませんが、私は存じ上げておりません。ただ、現在臨時職員を1名募集しておりますが、池田町、松川村に在住ということで、あとは松川村か池田町さんのほうから適材適所で一番いい方を採用するという条件で、現在は進行といいますか、採用をしているという状況でございます。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) よくわかりました。疑問が出ないようにしなければいけないなというふうに思うわけでありまして、公共施設はそこに働く労働者の数にもやっぱり公共性の配慮が必要であります。これはやっぱり自治体の経済効果にもなると私は思いますので、村長、その辺いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 採用試験のときに、私は今まで立ち会ったことがございません。そういう中で、やっぱり池田町のほうで面接官が多くおりますと、どちらかというとそちらのほうへやるかなという気がします。これは確実ではないのですが。そんな中で、これからはもしそういうことがあったら、ぜひ私どもの教育長、私、仲間に入れていただいて、その面接官として立ち会わせていただけたらなというように思います。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 本当に聞いてびっくりしてしまったわけでありますが、この経済効果等も考えて、しかし調理師は資格が必要なことでありまして、すぐ3日、4日で取れる、あるいは自動車の免許のように取れるというものでもないわけでありますので、難しいとは思いますけれども、ぜひ不公平感のないようお願いしたいし、万一、松川村に池田・松川の学校給食センターができることになりましても、職員の数が松川村が4分の3というような、こんな結果が出ないよう、池田・松川が将来も仲よくともに発展するために適正な御判断をしていただきたい。そんなことをお願いして、再度給食センターの早期実現をお願いしてみたいと思いますが、もう一言、お願いします。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 採用といいますか、職員体制について、さっき私のほうから申し上げたと思いますが、1点申しおくれましたが、今の臨時職員の採用につきましては、うちの教育委員長が面接官として立ち会っているということはございます。
 それから松川村のほうに、池田・松川施設組合の給食センターが建つということになった場合につきましても、あくまでも一部事務組合の給食センターでございますから、今の職員体制は当分の間は変わらないということで、採用の比率についても今の職員体制でいくということで御理解いただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) もう一声ということでありますので、私の意志は議会の皆様にお示しをしてありますので、議会が割れないように、全会一致でもって後押しをお願いしたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) それはそのとおりでございまして、何しろ期待をしておりますし、子どもたちの笑顔が浮かぶような学校給食、そしてうれしいセンターを建てたい、そんなことで大急ぎでまた取り組んでいただきたいと思います。
 松川村が、財政力県下7番目ということも、これもぜひ維持していただくよう、私どもも頑張ってまた村の発展に寄与したいなと思いますので、よろしくお願いします。
 終わります。
○議長(新村久仁男君) これで、池田・松川学校給食センターの建設についての質問を終わります。
 以上で、2番佐藤節子議員の質問を終わります。
 ここで、1時10分まで休憩いたします。
                                 午後 0時08分 休憩
                                 午後 1時10分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、順位3番、10番矢口あかね議員の質問事項、土地利用計画及び村施設の後利用についての質問を許します。
 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 連休中、花が咲いている村づくり実行委員会が中心となって、被災地への小さな応援と、自分たちも元気を出そうよという、花のチャリティー販売会が行われ、多くの温かいお心遣いにより、盛況に終わりました。
 私自身、花と仲間とお客様に力をいただきました。ありがとうございました。
 それでは、通告書のとおり質問いたします。
 平成13年に松川村村づくり条例が制定され10年が経過し、見直し時期ということで住民アンケートの実施、パブリックコメントを募るなど、今後の村づくりに向け、新たなスタートを切りました。
 まず初めに、この条例が策定されるに至った経緯をお尋ねいたします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 国土利用計画に基づいて村全体の計画をつくっているわけですけれども、この村づくり条例につきましては、目的と基本理念につきまして、安曇野の田園らしい風景と緑あふれる美しい自然、住みよい生活環境は松川村のかけがえのない財産ということで、この松川村の田園風景を守っていくにはどうしたらいいかという部分の中で、いろいろな条件を設けまして、この屋敷林を中心に、乱開発のない松川村をつくっていこうという目的で設置をされたことと思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 将来を見据えての村づくりの指針には、しっかりとした目的と理念が必要です。この条例の第1条に目的、第2条には基本理念があります。理想的な目的と基本理念だと思います。全文は省略いたしますが、目的に「緑あふれる住み良いむらづくり」、基本理念には「誇りと愛着のある緑あふれる美しい村づくり」とありますが、具体的にはどのような村づくりでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 土地利用基本計画を細かくつくりまして、そういった中で決まりをつくって守っていく、それから進めていくということだと思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) この条例が施行され10年が経過いたしましたが、問題点はありますか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村づくり条例10年の検証をする中で、大きな問題となるようなことはなかったかと思いますけれども、検証の中では建築確認申請箇所につきまして、土地利用調整基本計画で設定しています生活条例の件数が多く、村全体の中でも虫食い的で無秩序な開発はなかったかと、こんなふうに検証してございます。
 村民アンケートの中でも6割以上の方が良好であったという回答をいただいております。ただ、問題点としましては、農地の関係で、分家といいますか農業保全ゾーンには家が建たないということになっております。そんなようなところで、個々のケースによっては転用ができていかないという部分があったかと思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 大きいゾーン分けとして、国道147号線東側を住宅地、西側を農地でというふうになっていますが、西側に山が控える松川では、特に乳川右岸より西は傾斜があり、耕作には不適当な地域かと思います。全国的に見ても、かえって山の手が高級住宅地になっていると思いますが、これについてはどうお考えでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 農地法ですとか農振法に基づいて行っておりますので、それにつきましては、それ以前の問題であろうかと思います。白地につきましては当然住宅が建つようになっているかと思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 今後の課題と優先施策についてお聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 課題としましては、先ほど申し上げましたが、農地転用や開発申請につきましては、過去に比べて減少しておりますけれども、ここ数年で年度による増減があるものの、一定の件数がありますので、今後の開発需要は継続していくものと思いますが、農業を取り巻く情勢が厳しく、高齢化や後継者の不足、それから価格低迷の背景によりまして、農地を手放す農家がふえていくことが懸念されます。そんな折から、優良農地からの転換が増加してくるのではないかという課題が残ります。
 それから、優先施策ということですけれども、美しい自然環境の田園風景を残し、効率のよい農業生産を行う上でも、優良農地の確保が重要となってくるかと思います。土地利用調整基本計画では、農振地域の除外につきましては、白地からの同等面積以上の交換を基本に取り組んでおりますので、こうした計画の運用を適切に行っていきたいと。また、社会情勢や農業を取り巻く環境が不透明なため、大きく変化する場合は随時見直しを行わざるを得ないのかなと、そんなふうでこれからの優先施策として考えております。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先ほど高台のほうへ住宅地というお話がございました。御存じのように松川村は、緑と自然を大事にしていくということの中で、この施策を、利用計画をつくっております。そしてまた、前のもとの村長が水源の涵養林ということの中で馬羅尾の山麓一帯を村の財産としてくれました。そういうような中で、あそこの高台への住宅地の造成というものは、私の代としては考えておりません。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 数十年にわたり耕作されず、しかも荒れ放題の農地が放置されていて、農業委員の方が骨を折っているという話を聞きましたが、御存じでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 耕作放棄地の調査につきましては、先ほど議員おっしゃるとおり、農業委員会で毎年農地パトロールを行い、農地一筆ごとの現況を確認しております。現在のところ、村外に居住する方の農地で、地目が田でございますけれども、確かに農業委員会のほうでも多年にわたり指導を繰り返しておりますが、村外に居住しているということで、なかなか指導が進まず、解消できていない農地があることは事実でございます。
 それから、山際の農地につきましても、こちらは畑地になりますけれども、そちらについても林野化している農地等も見受けられております。こちらについても、農業委員会のほうで法に基づいた指導等を行っている状況でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 先ほどの村づくり条例の目的や基本理念にあった「緑あふれる」とは、草が伸び放題ということかと嫌みを言われそうですが、カナダのある州では、庭先の芝刈りをしないと催促し、催促にも応じない場合は州が芝刈りをして、その住民に州が芝刈り代を請求するということがあるそうです。このような対策はお考えでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 農地の管理につきましては、あくまでも農地所有者が行うことが原則という形になりますので、その関係もございますのでお願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 土地利用住民アンケートを見ると、先ほど課長おっしゃったように、将来農業経営の縮小、または離農を考えているという方が約26%であったかと思います。米価の下落、就農者の高齢化及び後継者不足と、米どころを自負する村としては寂しい限りです。今後の農地の活用についてお聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それではお答えいたします。村の農業につきましては、水稲を中心に発展してきております。いわゆる村の基盤産業である農業でございますので、水稲中心に発展してきております。今後のあり方につきましては、その農地活用のあり方については、良質米生産地帯でございますので、その地域特性を生かしながら、米づくりを主体としながらも米以外の農産物振興を目指した農業を進めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 先日、ある集会で、安曇野ちひろ美術館南にありました旧松香荘に話が及び、何であんなにあっさり壊したのだろう、浴場は使えなくても残しておけば、美術館に来る観光客相手に何か使えたのではという声を聞きました。旧公民館、就業改善センター、現南保育園の今後の利用について、どのようにお考えですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 旧公民館につきましては、この多目的交流センターを建てる前は、つぶして駐車場にするという状況の中で始まりました。その後、予算の関係で図書館が大きなものが欲しいという状況の中で、では図書館にしたらどうかという中で、1回は図書館で残したいということで考えました。けれども、ワークショップ等の中で、一緒にどうしても多目的交流センターの中へつくらなければならないということの中で、図書館という案も消えました。その後、旧農協の第二倉庫の中に入っている、皆さんから出していただきました古い農具等の展示場にしたらどうかということの中で計画をしておりました。しかし、いろいろな状況の中で展示場にする費用を落とさせていただきまして、先日の議会の中で第二倉庫の取り壊しの費用も落とさせていただきました。
 そういう中で、現在Fun Spaceの方が使っておりますけれども、あれが終われば、必要のない建物だというように私は思っております。そういう中で、ちょっと前にも私案的なものをお話いたしましたけれども、当初の目的に沿った使い方にしていきたいという考え方をしております。
 それから、就業改善センターにつきましても耐震診断をしてございません。そういう中で、あれにつきましても、残すではなくて取り壊しをし、かわるべきものをつくっていきたいというように考えております。
 南保育園につきましては、この4月で新たな保育園に移転をしていただきます。あれにつきましては、早急に村の手から放したいという考え方を持っておりますが、まだしっかりとしたものができておりませんので、議会の皆様とお話をしながらやっていきたいというように考えております。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 以上で1つ目の質問を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで、土地利用計画及び村施設の後利用についての質問を終わります。
 続いて質問事項、収蔵庫について(旧農協第二倉庫)の質問を許します。
 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 開会2日目の11日に議決されました、22年度一般会計補正予算で減額された収蔵庫(旧農協第二倉庫)について質問いたします。
 解体費用819万円の減額案ですが、私は議案等審査特別委員会で付された意見を、村長が確実に実行してくれることを信じて起立いたしました。今後、私個人としても、議会全体でも、老若男女を問わず村民の意見を十分お聞きし、保存か取り壊しかを判断したいと思います。
 村長とこうして仕事をさせていただくようになって1年がたとうとしています。これまで自信あふれる仕事ぶりや、やると決めたらぶれない村長の村政運営の姿にリーダーシップを感じてまいりました。
 ところが、長い時間をかけて検討、審議した末、取り壊しを決定し、22年度予算に計上したにもかかわらず、ことしに入って保存しようと心変わりされました。まさに180度の方針転換です。午前の答弁の中で「真実一路を信条とする」と言われた村長の心変わり、その理由をわかりやすくお聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 同じ本会議の中で、議案第13号で、矢口議員から180度転回した理由をということでお尋ねをされました。その中で私ははっきりと申し上げたつもりでありますけれども、もう1回答弁をしたほうがいいわけでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) お願いします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) それでは、お答えをさせていただきます。
 まず、心変わりをしたということにつきましてでありますけれども、それぞれの状況によって一番いい方策を考えていくのが、村政を執行するものとしての立場だというように私は思っております。
 一番いい方策を考えるというのは、当時、私がどうしても苦渋の、議会の皆様もそうであります。苦渋の決断をして取り壊しに賛成をしていただきました。そのときは、あの耐震補強工事に6,000万円から1億円のお金がかかるという状況の中での決断でありました。
 その後、また一部の村民の皆様から、そんなにかけなくてもできるのだよと、そういうことで設計者の御紹介等もございました。村もそれに沿って検討してまいりました。その結果、そんなにかからなくてもできそうだという結論に達しました。
 そういう中で、この間も申し上げましたけれども、故伊藤元村長でありますけれども、当時の議会の皆様と一緒になって、あの施設は大切な施設だから残すということの中で買い入れたと。そしてまた、村が10万俵を供出したシンボルとして残していきたい。私はそういうことで費用対効果を考えますと、だれが考えても難しいものだというように思います。そういう中で、シンボルとして残すのならば、これは立派な松川村のシンボルになるという考え方でありました。
 村の人が全額出資をしてつくった建物だと。そして、松川村123年になりますが、当時からの思い出の建物というものはほかに見当たらないと。そういう中で少しのお金で、2,000万円かけるがそれが少しだと言いますと大変申しわけございませんけれども、40億円近い予算を組んでいる松川村としましては、何とかこの2,000万円は工面できるのではないかということの中で、残したいという考え方に変えました。
 そういうことで、議会の皆様には当時苦渋の決断をしていただきましたけれども、今回もまた、今言われますように180度転回した中での予算にお認めをいただいたということには感謝を申し上げます。ぜひあの建物は村のシンボルとして残していきたいと、そういう状況の中でありますので、御理解をいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 今村長がおっしゃった心変わりの理由の中で、たしか登録有形文化財の申請というのも可能ではないかというお話をいただいておりますが、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 登録有形文化財について可能性があるということの中で、申請をしてまいりたいということであります。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) としますと、今の登録有形文化財の申請の可能性があるという部分を除いては、一昨年の状況と何ら変わっていないと思えるのですが、もしやエーシーエ設計の耐震補強工事見積額約6,000万円と、アーキディアック見積額の2,100万円の3,900万円の差が心変わりの理由なのでしょうか。としますと、3,900万円の差で保存を断念したということになりますが、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 単純に言えば6,000万円と2,000万円の差でもって心変わりがしたではないかと言われますけれども、そのとおりであります。私は当時、6,000万円からまだほかに1億円もやり方によってはかかるという状況の中で、これはできないというように判断をいたしました。しかし、今回は2,000万円をかけることによって、あの建物がシンボルとして残るという状況の中で、心変わりと言われるとあまりいい感じはしませんけれども、残す方向に転換をいたしました。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 耐震工事見積もりは屋根の改修、耐震補強で6,000万円、高額なので村で所有する建物の中では最も古いが断念しよう。村のシンボルだけれども取り壊そう。片や2,100万円で残せそうだ、それなら保存しよう。村長の中で一体幾らが高額で、幾らなら妥当であるという、明確なものがあるのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) そういうように3,000万円ならいけないが、2,000万円ならいいと、そういう問題ではなくて、あの建物が、私は前から自分で調べればよかったのですけれども、調べていなかったわけです。登録有形文化財という方向があるというものを直接行って聞いてきましたので、そういうものがあるならば、松川村に1つくらいそのくらいのものがあってもいいということと、2,000万円対6,000万円の中で、2,000万円ならいいだろうという考え方をいたしました。これが3,000万円だったらどうすると言われますと、また考えなければお答えはできませんけれども、現在の2,000万円の中なら松川村としてはやっていけるという考え方の中で、残すほうに変わりました。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 村長の中で特に金額の妥当性はないということで、間違いないでしょうか。村のシンボルで、残さなくてはならないものであるのならば、それはたとえ1億円かかっても残すべきではないでしょうか。この収蔵庫の今後を検討する中で耳にするのは、村民は6,000万円だから取り壊すべきだ、2,100万円だからまあ残してもいいと思っているわけではないということです。
 さかのぼりますが、昨年10月12日、アーキディアックの再度の鉄筋探査、調査を経て、鉄筋が入っていないことを改めて確認し、エーシーエのコア抜き検査で5カ所のうち、1カ所しかコンクリ強度圧縮検査が行われなかったという大変もろい基礎の状態を知り、耐震工事の困難さを再確認いたしました。
 そこで、村長が組織化したパブリックコメントを募りながらの収蔵庫の今後に関する庁内検討委員会についてお聞きします。
 これが組織されたのはいつからで、目的は何でしょう。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 庁内検討委員会の設置は平成22年、昨年の9月7日です。目的につきましては、耐震費用の見直し、それから武蔵野美術大学からの事業提案と新たな諸要素が発生したため、再度幅広い視点から検討、内容、旧第二倉庫の活用方法について、保存をした場合の活用方法ですね。あわせて保存した場合の活用方法も検討したということで、9月7日に設置をいたしました。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 組織のメンバーをお答えください。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 検討会の参加人員ですけれども、教育部門、教育長、それから公民館長、社会教育課の文化施設係長、私、福祉課長、経済課長、建設水道課長、総務課の課長補佐、総務学校課の課長補佐、政策企画係がメンバーでございます。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 検討結果はどうなりましたか。できるだけ詳しくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほど9月7日に設置いたしましたということで内容を申し上げましたけれども、保存した場合の活用方法もあわせて検討をしてきました。そういったことで、中間報告としましては村の実施計画といいますか、村づくり計画、シミュレーションの中でも非常に厳しい情勢にあるということで、保存をしたいけれども今の中では活用方法をいろいろ検討しましたけれども見つからないということで、最終的には壊したらどうかという提案をさせていただきました。
 その後、村長のほうから登録有形文化財という内容をいただきまして、再度また詳しい内容につきまして検討を重ねてまいりました。財政シミュレーションに示されているとおり、村の情勢は厳しいけれども、その後、文化財保護法により古きよき建物を残していくため、登録有形文化財として指定を受けられる制度が判明したことによりまして、この制度により収蔵庫が登録有形文化財として指定されることになれば、農業が村の基盤産業として発展してきた当村を象徴する建造物として位置づけられ、外観も大きく変えなければ改修等も自由に行えるため、目的に応じた利活用の可能性が広がるということで、登録有形文化財の指定を受けた場合には保存活用するために、必要な修理設計費の2分の1が国から補助があるかもしれないということで、耐震補強に関する費用については今のところ補助はないわけですけれども、こられのことについて当委員会では利活用は決まっていないけれども、国の登録要件に収蔵庫が当てはまることから、文化財的な建物であるとの見方もできるため、村の米づくりの歴史と農業を支えてきた人々の記憶がとどめられた村の文化遺産として、指定に向けて取り組むことも重要であるということで最終報告をしてございます。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 本年1月24日付の、今おっしゃいました中間報告では取り壊し、3月16日付最終報告では保存ということでした。村長が保存と言ったからなのでしょうか。村長同様この2カ月で、検討結果が180度変わったということになります。
 先ほどおっしゃった国指定登録有形文化財としても保存が可能だということで、私のほうも教育長から以前聞いております部分で重複しますが、建築後50年を経過している建造物で、歴史的景観に寄与しているもの、造詣の規範となっているもの、再現することが困難なもので、この収蔵庫の場合は3つ目の再現することが困難なものに入るのではないかと。そして、活用しながら保存する登録制度であると。また、保存活用のために必要な修理の設計監理費の2分の1を国が補助できるということで間違いないですね。この件について、村文化財保護審議会に諮問していますか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 申請をする場合につきましては、村の文化財保護審議会のほうに諮問し、その答申を受けまして教育委員会で決定という形になりますので、こういう制度があるということはしましたけれども、諮問という形はとっておりません。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 今の中の修理設計監理費の2分の1を補助するということですが、大体どのくらいになりますでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 先ほど村長より申し上げました2,100万円のうち、約何パーセントを設計監理費とするかということはまだはっきり決まっておりませんけれども、ただ、例えば想定して5%としますと100万円、その2分の1ですから50万円という、補助要綱ではそういう形となっております。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 50万円。2,100万円の工事に対する補助金が50万円で、自主財源は2,050万円。以前、村文化財審保護議会の検討結果として、収蔵庫は村指定有形文化財には指定できないとのことでしたが、今後村指定有形文化財と国指定登録有形文化財はどのような位置づけになりますか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) まず、村の文化財の指定につきましては、第二倉庫の関係で、以前、一昨年ですか、この旧第二倉庫が村の文化財の指定になるかということで、たしか議会のほうに前の教育長のほうから報告してあると思います。この中では、大町市に今、大町市の学芸員さんの先生がいらっしゃいます。それから、村の文化財保護審議会の先生がいらっしゃいますけれども、その先生に見解を聞いたということがございます。
 その中で、村文化財保護条例施行規則には、文化財の指定基準というのを定めてございます。この中で建造物につきましては、「この地方にとって意匠的に優秀なるもの」「技術的に優秀なるもの」「歴史的に価値の高いもの」という基準が記載されております。この旧JAの第二倉庫につきましては、この3項目に該当するということは言えないと。それから、現在の指定候補にも挙がっていないということで、したがって松川村の文化財指定につきましては非常に難しいということで、言い方がちょっと先行してしまった部分があろうかと思いますけれども、村文化財に該当するものではないということでお話をした経緯がございました。
 その中で、村文化財は文化財保護条例、それから国の指定は文化財保護法というような形がございます。保護法のほうは非常に世界文化の進歩に貢献することを目的とするような、非常に崇高といいますか、壮大な目的で第1章のほうに書かれております。この中で、文化財保護法の第182条第2項の地方公共団体は「その保存及び活用のため必要な措置を講ずることができる」という規定を受けまして、村のほうで文化財保護条例を制定しているという形になります。
 それぞれ指定に当たりましては、文化財保護法では文化審議会、それから条例に当たりましては松川村の文化財保護審議会のぞれぞれの指定基準によりまして御判断をいただき、文化庁または教育委員会で指定を行っているというような形になります。ですので、あくまでも上位法が文化財保護法、その規定によりまして文化財保護条例が制定されているというような形になります。
 いずれにしましても、松川村に長い間培われてきた歴史と伝統、さまざまな文化が受け継がれている部分がございますけれども、文化財につきましてはこういうことに欠くことのないものということで判断をしているところでございます。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) このたび保存を決断されて、国指定登録有形文化財という緩やかに守る文化財ということで指定するに当たり、耐震工事だけで2,050万円もの税金を投入するわけですね。文化財の保存には目的と理念がしっかりしていなければ、税金を投入しての保存は村民の理解を得るには困難であり、将来その存在価値を再び問われることになりかねません。
 文化財保護法の第1条「目的」及び松川村文化財保護条例第1条「目的」には、それぞれ「文化財を保存し、且つ、その活用を図り、もつて国民の文化的向上に資する」とありますが、この部分をどう解釈されますか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 文化財につきましては、以前から法のほうにはこのように規定をされている部分がございます。活用という形の中にいろいろな考えがあろうかと思いますけれども、活用というような文言が非常にクローズアップされてきたというのは、平成8年の改正のときからというふうには言われているところがあろうかと思います。
 活用という形の中には、国のほうの関係で若干言われていますのは、5つの分類型があるということですけれども、今までの関係の中には公開することも当然活用だというのが国の見解で、そういう部分がございました。ただ、どうしても公開だけではなくて、活用という部分でその中の考え方の中で、登録有形文化財というふうに特に活用を図りながらという部分が出てきたというふうには思っております。また、これの法の趣旨であろうかというふうに思っておりますけれども、活用というものは何をもってなすかと非常に難しい部分だと思います。例えば、松川村の観松院の仏像がありますけれども、この活用は何かというとやはり、この文化に接して今までの松川村の中の歴史というものを考えていくということ、これも活用の一種ではあろうかというふうに考えております。
 平成8年の改正以後の活用という部分については、いろいろな考え方があろうかと思いますけれども、活用の方法についても今までのような保存が活用になっていき、これが維持していける部分というふうなこともあろうかと思いますけれども、単純にレストランとか旅館とかという部分に使うことが活用かということだけではないというふうには解釈をしているところです。
 済みません。答えになっているかどうかわからないですけれども、そういう考え方もあるということで御承知いただければと思います。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 活用に対しての考えは盛り込まれていないということだと思います。
 文化財保護とは、文化財の保存と活用からなり、保存と活用が互いに補完し合うものとされ、文化財を保存して初めて多彩な活用が可能となり、文化財を活用することが保存をより確実に進めるという考え方を示していると言えます。
 つまり、適切な文化財保護とは、あくまでも保存を前提として活用を考えつつ、常に両者が統一された均衡ある状態と私は解釈いたします。
 先ほどの国指定登録有形文化財の話に戻ります。3月5日付『日本経済新聞』長野県版の新潟柏崎市立博物館が国の登録有形文化財に登録されたという記事を紹介いたします。
 江戸時代から続くかじ屋が農家に貸し出していた貸鍬(かしぐわ)の展示がある。かじ屋が繁忙期に農家にくわを貸し出し、農閑期になると米を貸出料として受け取り、修理をしてまた翌年の春貸し出すという、越後の農民とかじ屋が知恵を絞り合った合理的なレンタルシステムがこの時代に存在していた。
 当時200年以上続いたこの珍しい文化の理解を深めてもらうために、約25年かけて収集。米どころ越後を築いた先人の心を伝える文化財とあります。江戸自体に合理的レンタルシステムが存在したことを知る貴重な文化財です。博物館にはかじ屋の刻印があるだけで、外観は普通のくわやかじ屋の道具と変わりありません。新田開発という大事業が貸鍬を広めた大きな要因ではとあります。
 機械化が進み、高齢化と後継者不足の中、かじ屋が存在するここ4、5年が最後のチャンスと知恵を集めたそうです。文化財の活用について、後でとってつけるようなことは考えられないと思います。
 1つに、防災公園内にある倒壊のおそれのある建築物を長らく放置している現状。2つに、解体予算を計上し、執行しなかったという責任。3つに、村長就任以来7年、一たん決断したことをひっくり返したという記憶がないのですが、長い検討の末、取り壊しから保存へと結論を翻したのは、この収蔵庫の保存についての目的と理念がないからではないでしょうか。いかがでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 「長らく放置」と言われておりますけれども、耐震診断をしてからは3年、約3年だというように思います。そういう中でいろいろ検討してまいりました。ただ、何もしないで長い時間がたったわけではありません。それから、予算の未執行。未執行にならないように議会の皆様にお願いをしまして、先日の本会議の中で決定をしていただきました。
 それから理念がないというように言われておりますけれども、私はあれは松川村のかつて10万俵供出したもののシンボル、松川村農業のシンボルとして、そしてまたあの中に入っている古い農具の保管場所として残していきたいということを思っておりまして、これは前から皆さんに申し上げているとおりであります。信念はございます。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 私自身、この収蔵庫にかかわりまして約1年。収蔵庫を残したい村民の声ばかりが大きく、これからの松川にとって必要なものであるのかという声は届きにくく感じます。どうしても解体とか取り壊しという言葉はネガティブな響きがあり、容易には使いづらいものです。
 ただ、このたびの未曾有の大震災の映像を見るに、人のつくり上げてきたものの何ともろいものかということを痛感いたします。ただもろく崩れ去った残骸を認識して、次世代の住民が知恵と工夫でさらなるものをつくり上げるのだろうと。人間の歴史は自然との共存の中で、そうやって進歩してきたのではないかと思うのです。
 姿を消してしまうことが果たして村民の心の中からをも消し去ることになるのでしょうか。私事ですが、このたびの件について、ことし喜寿を迎える松川に嫁いできて、米づくりをしてきた母に聞きましたところ、「あらゆるものは乗り越えていくものである。次の子どもたちが、そしてまた次の子どもたちが」と申しておりました。おぎゃあと生まれ、また縁あって嫁いできた村外の者も、先祖からのあらゆるものを継承しながら踏み越えていくものではないかと。その中には、形として残るものあり、消えてはゆくが精神として受け継がれていくものあり、長くなりましたがこの収蔵庫について保存か取り壊しかのどちらかしかないのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 取り壊し費用を削除していただいた以上、私は残す方向と、それだけであります。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 村民の中には、収蔵庫の中身が大事なのか、それとも外見が大事なのかという本質を突いた疑問を投げかける方もいます。苦労して集めた民俗資料物が少なからず朽ち果て、ほったらかしにされているのを見て、このたびの様子を口惜しく感じている方もいます。
 先ほど申し上げたとおり、保存の目的と理念がしっかりしていない限り、将来にわたり村民の理解を得て、保存していくことは困難であると思われます。それならば村はこの収蔵庫を手放し、愛着を感じている熱心な要望者に売却したらいかがかと提案いたします。いかがでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先ほども申し上げましたけれども、故伊藤村長、当時の議会の皆様が松川村の重要なものだということで、松川村財産として買っていただいたものであります。これを今私の代でこれが欲しいという人に手放す、そういう気は私は全くございません。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 旧農協第二倉庫保存会を立ち上げていただき、村は2,100万円で耐震工事を施し、解体費用819万円を引いた約1,300万円で保存会に売却します。土地は旧農協第二倉庫を保存している間、無償で貸します。あとは保存会が費用を工面し、活用は自由に設計してもらいます。文化財はそもそも保存と活用が一体です。やみくもに残してほしいとだけ叫ぶのは、次世代の村民に過酷ではないかと感じます。
 本日、私が質問に当たって述べたことは、私個人のものではありません。耳に入るあらゆる村民からの声です。重ねて申し上げますが、この提案についてどう思われますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 提案は提案としてお聞きしますけれども、私は一切売却するつもりはございません。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 何度も申し上げますが、文化財は保存と活用が一体であり、明確な目的と理念に沿った保存と活用がなければ、次世代の村民は困惑するでしょう。
 さて、23年度一般会計予算に計上されています。全村民を対象とした交通災害共済への公費負担は目的を取り違えた政策ではないでしょうか。共済とは互助精神から成り立っているものであり、交通災害が多ければ交通災害防止策を練り、交通災害共済加入の互助精神を啓発するのが村の立場であると思います。共済の公費負担はまさに本来の目的と理念を見失った政策ではないでしょうか。
 最後に、このたびの件で、私に諭してくださった方から言われた明治維新、五箇条の御誓文の1つを紹介します。
  「広く会議を興し、万期公論に決すべし」。広く会議を開設し、何においても議論によって決めること。無駄を惜しまず何度も何度ももとに戻して多くの意見を聞くこと。どうか広く村民の声をお聞きいただき、松川村にとってよりよい道をお示しください。
 以上で、私の一般質問を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで、収蔵庫について(旧農協第二倉庫)の質問を終わります。
 以上で、10番矢口あかね議員の質問を終わります。
 ここで、2時15分まで休憩いたします。
                                 午後 1時58分 休憩
                                 午後 2時15分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、順位4番、4番甲斐澤明議員の質問事項、下水道の財政シミュレーションの内容についての質問を許します。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) まずはこのたびの東日本大震災で被災された何十万の方々に対し、心からの哀悼とお見舞いを申し上げます。
 先ほど井上議員のほうから、この大震災について質問がありましたが、重複を避けて質問をしたいと思いますけれども、議長の許可をお願いしたいと思いますが、よろしいでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 許可します。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) それでは質問をいたします。
 けさのテレビを見ていましたら、義援物資、いわゆる救援物資ですけれども、受けるほうの相手方の倉庫が満杯で、入れるところがないからしばらく送りつけを待ってくれないか、中止をしてくれないかというあれがあったのですが、御存じでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 県のほうからもそういう指示が出ております。ただ、今防災無線を流しておりますし、15品目につきましてはまだ募集をかけておりますけれども、けさ防災無線はこれで、毛布についてはもういっぱいだからいらないという情報が入りましたので、毛布は除外して、まだ集められるものについては、今週いっぱいは県では受け付けていただけるということですので、そういった対応をしてございます。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 被災者は別としても、我々一人ひとりが一体何をすればいいのか、こういう災害が起きたときに何をすればいいのか。先般ある学者が、アンデスの民話を取り上げて、非常にいい言葉ですので紹介をしたいと思います。
 ハチドリが山火事に向かってくちばしから水をかけていたので、「おい、おまえさん、何をやっているのだね」と聞いたら、ハチドリは「自分のできることをただやっているだけだよ」と、こう言ったというのです。
 この話の後、この学者は、今私たちができる唯一のことは、買いだめをしないことだと言っておりました。私もずっと回ってみたのですが、トイレットペーパーから始まって、電池、災害に付するいろいろな品物がなくなっております。本当に買って使いたくても使えないような、こんなところでもそういう状況であります。
 ですので、行政としても本当にこれからも冷静に対処するようなメッセージをぜひ出してもらいたいと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議員おっしゃるとおりであります。店に行ってもトイレットペーパーがなくなっていたり、カップラーメン等がなくなっているようであります。そういうことのないよう、これからもPRしていきたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) ここで必要なものを買って、向こうに送るというなら別ですけれども、買いだめをしておいてもしようがないといえばしようがないような気もいたしますので、そこら辺はぜひとも広報等でもってお知らせを願いたいと思います。
 それから、先ほどの空き家の状態ですが、把握をしているということですが、今空き家、使える空き家というのは何軒ぐらいありますか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) すぐ使用できる空き家につきましては、ほぼ壊滅といいますか、金額が合わないとかいう部分もございますけれども、一戸建てについてはあまりない。今の中ではあまりないです。ただ、アパートにつきましてはすぐ入居できる状況ですけれども、そこにやっぱり緊急避難ということで、金銭的に合わない部分があるというふうに聞いております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 今、2万人強の人たちが被災地から出ているということを聞いております。ここに来るのはよほどの事情の方が来るので、今のところそんなには来ないだろうとは予想するのですけれども、もしやっぱり来た場合には、その方たちが不自由しないようにすぐ対応できる体制づくりだけはしておかないとまずいのではないかと思います。
 これは県、あるいは国からお金みたいなものの補助というものはあるのでしょうか、どうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほど井上議員に申し上げましたけれども、しっかり県のほうから通知は来てございませんが、知事のほうから避難民に対しての補助があるという情報もございますので、当然、空き家情報ですとか、そういったものは県で集約、各市町村に問い合わせがございまして県のほうへ報告してございます。また、先ほど村長が冒頭にも申し上げましたけれども、緊急避難的なものは村の公民館を、短期的な受け入れならできるということで、これについては無料で支援をしていきたいというふうに考えております。これからどういった県のほうからの指示が来るのかという部分が見えてございませんけれども、情報としては補助がありそうだという情報でございます。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 補助があるから入れるのだということではないと思いますけれども、幾らかでもやっぱり補助があったほうがやりやすいと思いますので、そこら辺のところも十分検討、相談をしていただきたいと思います。
 それから、今、風評被害が相当出ております。例えばホウレンソウなんかは、ほかの産地からのやつもホウレンソウはもう食べられないというような風評も出ておるらしいですし、いろいろな風評が出て被害が出ております。これは洗えばいいのだというような言い方をする学者もいますし、1年じゅう通して食べなければ大丈夫だという言い方をする人もいます。だけど、なるべく食べないほうがいい、それではどっちだというような気もいたします。
 やっぱりあいまいな説明の仕方もまずいのではないかと思いますが、松川村で農産物なんかに風評被害が出るおそれがありますけれども、そういう対処の仕方というのは何か考えておられますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今のところそういうことを私は考えておりませんけれども、近いところでそういうものが出てまいりますと大変でありますので、経済課、担当課とよく相談をしながら考えてまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 風評被害もそうですが、あれだけの大地震になりますと、やっぱり防災計画あるいは防災訓練も緻密なことをやっていかないとまずいと思いますし、今のうちからやっておくことが大事だと思いますので、ぜひお願いをしたいと思います。村長のお考えをもう1回お願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 防災訓練等はいつも8月の最後の日曜日に、それぞれ区の皆さんに御協力をしていただきながらやっております。あまり微に入って細に入っているものについてはやっておりませんので、あれを教訓に今後十二分に検討してまいりたいというように思います。消防の皆さんとともに話をしてまいります。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 済みません。質問の項目になかった項目でございますけれども、これで災害に対する質問は終わります。
○議長(新村久仁男君) 続いて、下水道の財政シミュレーションの内容についての質問を許します。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) まず、用語について説明を受けたり、あるいはそれにかかわる内容について説明を受けたいと思いますけれども、起債償還に係る交付税措置の内容について、建設水道課長には、質問するからには同じ資料がないといけないと思いましたので、同じ資料を渡してありますので、その資料に基づいて質問したいと思います。
 まず、収入支出の平成6年から31年度までの表で、一般会計繰入金交付税45%、これはどういうものであるのか、それからその上の繰入金で特例債、それと高資本対策費とありますけれども、これはどういうものでどういう内容になっているのか、ここら辺を答弁願います。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、初めに下水道事業について若干お話をさせていただきます。
 当村の下水道事業は平成4年度から計画調査を行いまして、平成7年度から建設工事、平成12年度には一部供用開始となりました。下水道事業の事業費ですけれども、これは国庫補助事業と村単、単独事業に分かれますけれども、建設費につきましては国庫補助金、地方債、村単独費、それから受益者負担金等の財源で賄われます。このうち地方債、いわゆる起債ですが、起債につきましては、国庫補助金を除いた建設費に一定の率で充てることができる長期の借入金ということになっております。
 起債の償還ですが、これは種類にもよりますけれども、下水道事業債の場合は、借り入れ後5年据え置きまして、その後25年間、トータルで30年の元利均等償還というふうになっております。
 当村の下水道事業債は、22年度までで約61億円の借り入れがありまして、返し終わるまでですけれども、利息を含めますと元利償還総額が約82億円。22年度末の元金残高は約46億円で、これに係ります23年度以降の元利償還は約57億円というふうになっております。
 そこで交付税措置についてですけれども、交付税措置はこの起債償還に係って国から措置されます財政的な支援措置です。償還期間の30年間交付税措置がされるわけですが、これは交付税の中の基準財政需要額の下水道費の中に算入されるということになっております。
 先ほどの45%の措置ですけれども、平成13年度以前に借り入れた起債に係る部分の元利償還について、これには50%交付税の中に算入されることになっています。毎年度元利償還の50%です。それから、平成14年度以降に借り入れた分について、元利償還額の45%が交付税に算入されるということになっております。
 これが通常の交付税措置です。下水道事業債に係ります通常の措置です。
 その次、特例債分ですが、特例債分といいますのは、国庫補助率の減少ということが国のほうで政策的に行われたことがありました。その国庫補助率の減少による特例措置分ということで、起債が平成12年度まで認められました。これが元利償還額の100%が算入されるということになっております。
 それともう一つ、高資本対策措置ですが、これは松川村のような農村部ですと、地理的条件というか地域条件がありますので、例えば住宅が離れて点在しているというような条件ですけれども、こういう条件によりまして建設費が割高となりますので、使用料の負担対象分を軽減するということで、国の政策として高資本対策費というのが交付税の中に算入されるという方法になっております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 今説明を受けた一般会計繰入金、14年度からは45%の交付税措置があるのだということですけれども、今までにこれはどのくらい来ているのか。それの計算はされておりますか、どんなものでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 本年度までの交付税措置額は約18億4,000万円。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 交付税措置額が18億4,000万円ということですけれども、この表から見ますと、22年度まで一般会計繰入金というのがゼロになっておりますけれども、これは交付税措置を入れなんだというふうに解釈してよろしいのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) これにつきましては、全くということではありませんが、一般会計からの繰入金の中で、特例債と高資本対策費に係ります交付税措置については今まで算入された分、繰り入れをしてきたということです。
 あと、一般会計の財政状況によって、その特例債と高資本対策費以外の通常分について、一般会計より繰り入れられた経過はございます。それを含めて18億4,000万円ということになります。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) この表からいいますと、収入のほうの一般会計繰入金、交付税45%。平成6年から22年まではゼロになっておりますけれども、ゼロではなくて入っているという意味合いでよろしいのですか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) この中では、16年から22年度までについては、上の表の繰入金の一般会計繰入金の中に含めてございます。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) これは議会にみんな出してもらった表ですので。それでは、下水道繰出金、それから普通交付税算入額比較、このA4の表なのですけれども、これだと繰出額で特例債とか高資本対策費はそのままここに出てはいるのですけれども、交付税措置額の額というのはどこを見ればそれが交付税措置額、右を見ればいいわけなのですか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 今お話のありましたA4の資料ですが、これの交付税措置という真ん中の欄につきまして、先ほど申し上げました今までの交付税措置の合計が18億3,600万円で、約18億4,000万円というふうに私お話しましたが、この中に50%分、45%分、それから特例債分、高資本対策費分が入っております。これは内訳でお示ししてありませんので、よろしくお願いします。
 その左の繰出額につきましては、特例債、高資本対策費、それにプラスアルファで通常分の交付税措置額が繰り出しをされてきたということを見ていただく表です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) そうすると、この三角の5億4,948万8,000円というのは、この金というのはどういう金で、この金はどこへ行っているのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) これは交付税に算入された数字、それから実際に一般会計から繰り出しを受けた数字。繰出額といいますのは、交付税の措置された分を繰り出しに回すというような考え方になると思いますけれども、これの年度年度の差額、差額はプラスですと繰り出しのほうが多い。マイナスですと交付税措置額のほうが多かったけれども繰り出しはそれに満たなかったというふうに見ていただけます。それのトータルが約5億5,000万円ということになります。
 これは今まで一般財源として一般会計側で事業に支出というか、事業の経費として使われてきたということであります。もともと交付税措置といいますのは、それぞれの費目ごとに算入されて、トータルの一般財源として国のほうから支援されますので、そういう考えに基づいて一般会計側では、一般財源として政策に使われてきたということになります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) いわゆる交付税というのは、色がついていないから一般財源のほうに使って、当然下水道のほうに使わなければいけない、色をつければこういうふうになるのだけれども、それを使わないで一般財源のほうで使ったという言い回しでいいのですか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) そういうことになります。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) それではもう一つ、平準化債の内容と交付税措置額についてお聞きをしたいのですが、平準化債の内容はこれから説明をしてもらうのですけれども、返済が何年くらいまであるのか、それをお聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 平準化債の償還期間は20年となっております。平準化債につきましては、平成22年度で初めて借り入れを行いました。43年までの償還期間というふうになります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) これは平準化債をやるというのは、我々議会のほうも承知をしているわけです。やっぱり運用の方法としてはやらざるを得ないと思うのですけれども、私は若者や子どもたちの代にまで迷惑がかかるものだというふうに思いますし、なるべくなら平準化債というのは、やらないで済まされるものなら済ます方法が一番いいのではないかというふうに思っているわけですが、村長、ここら辺はどういうお考えでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議員おっしゃるとおり交付税に色がついていないということの中で、それぞれの財政状況に応じたり、また事業の大きさ、小ささに応じていろいろ今までやってきたものでございまして、先ほど建設水道課長が申し上げましたけれども、交付税措置額が18億3,600万円あって、繰出額が13億3,600万円、これは5,000万円、この間一般会計の中で減らしていただきましたが、それを含めて残りが4億9,900万円、水道の、早く言えば下水道の金を一般会計で借りて使ったと、簡単に言えばそういうことであります。
 こういうことでありまして、これから平成23年度からずっと大きなお金を返していこうという考え方の中で、財政シミュレーションを組んでおります。例えば23年度につきましては、1億6,800万円ほどの財源をこの会計の中で見ております。そういうことの中で、これからできるだけ早い機会に、今まで借りて使ったといえばそういうことになりますけれども、色のつかないお金を使ってまいりましたので、返していきたいということで考えております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 一般会計のほうで使い込んだと。「使い込んだ」という言い方はちょっと語弊があってまずいとは思いますけれども、そっちのほうに使わせてもらったと。使わせてもらったものはやっぱり下水道会計のほうへ返さなければいけない金だと思います。今、4,900万円、ことし5,000万円返しているので、約5億ですけれども。それでは、今村長が言った1億6,827万4,000円。これは今のいわゆる国から来る一般会計繰入金、あるいは特例債や高資本対策費、それから一般会計の平準化債のあれも全部ひっくるめてやったのが1億6,827万4,000円で、一般会計でもってやり繰りをして出した金というわけではないと思いますが、どうですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 交付税で来るお金は23年では1億2,500万円来るわけです。特別に今まで借りていたものについて4,300万円ほど返していくということの中で、1億6,800万円を返していきたいと、そういうことです。だから、来る金は1億2,500万円だけれども、プラス4,300万円を足して、一般会計で使っているものを含めて返していきたいということです。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 実施計画の22ページを見ますと、1億6,827万4,000円の内訳というのは、高資本対策費、特例債交付税措置分、それから下水道事業債交付税措置分、平準化債交付税措置分、これを足したものがこうなるのだというふうになっているのですが、交付税措置分を抜きにして一般会計から入れたものはこの中にあるのですか。もう1回聞きますけれども。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 実施計画を持ってきていませんで申しわけないのですけれども、一般会計のもらう以外の金を4,300万円、来年は返していくというように組んでおります。1億6,827万4,000円のうち、交付税として来るお金は1億2,527万4,000円、プラス4,300万円は今まで借りてきているお金を返していくということでありますので、別に来た分だけではなくて、こちらで皆さんからいただいたお金も返していくと。それで1億6,000万円です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) そうすると、約5億円という金を、31年までに何らかの方法でもって返す計画というものはあるわけでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 国から来た交付税と、それから村で4,300万円ずつを乗せていった場合は、34年にチャラになると。ですが、22年度でもお返しをしましたように、少しずつお金が出てきますので、今まではそれぞれ目的があってそちらのほうへ積み立てをして、今後の事業に支障がないようにしてまいりましたけれども、大分そういう状況が変わりましたので、そういうお金を多目に多目に返していきたいという考え方を持っております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 例えば、24年度は1億4,627万4,000円ということですが、この中にも4,300万円、一財からのお金というのは入っているわけでしょうか。同じく25年度もそういうことでしょうか。ずっとそういう金が入っているという計算でいいわけですか。
 そうすると、それを返していくと34年までには約5億円という金が返せるということですけれども、そうなってくると、この表から見ると、25年から31年までに5億745万6,000円というものがマイナスになってしまうということで、4,300万円の3年分、1億3,000万円くらい余計に返しても約3億円というものは赤字になるわけです。そういう計算の仕方をしていきながら、今度は答申の内容に入るわけですけれども、それを幾らか値上げをせざるを得ないというふうな考え方を持っておられるのかどうか、ここら辺はどうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今までの考え方です。今までは特別交付税については、当初予算には組んでございません。最終的にはどのくらい来るかがわからないということの中で、組まないできております。
 23年度も特交については組んでおりません。そういう中で、来るお金については余裕のあるお金といっては悪いのですけれども、そういうお金がありますので、できるだけさっきの4,300万円プラスそれをやっていきたいという考え方であります。しかし、A3の紙にありますように、今のままでいきますと、私の考え方とこの表との考え方が違うのですが、これでいきますと27年、改定なしでいった場合は、27年に赤字になるというようになっていますね。A3の表にいきますと、27年度では収入が4億131万8,000円、支出が4億5,607万6,000円で、三角の5,475万8,000円が赤くなるという表をいただいています。
 ちょっと違うようでありますけれども、そういう表をいただいております。ですので、この赤字になれば上げなければいけないということでありますけれども、これを答申は300円プラス30円、24年度からというお話をいただいておりますけれども、再度計算をした中で、私は少しでも引っ張りたいという考え方をしております。ですが、赤字になってから上げるでは、前にもありましたけれども、国保会計について40%も上げなければならない、どうしてもだめだから一般会計から貸しておきますという状況の中で今来ているわけであります。そういうことのないようにしたいということ中で答申をいただいておりますので、できるだけこれを引っ張って安くしていきたいという考え方の中で、再度計算をしながら話をしていきたいということを思っております。
 ですが、答申をいただいたからには、答申はしっかりと受けとめなければいけないという状況の中で、また委員会の皆さんと話をしながらいきたいと。約5億円については借りておりますので、できるだけ私は早い期間に返したい。だけど、返しても赤字になることに変わりはない。少しでも、一気に上げるのではなくて、上げながら延ばしていきたいという考え方を持っています。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) やっぱりなるべく値上げをするというのは延ばすべきだと思いますし、例えば、別表から見ますと、300円プラス30円値上げをしたとしても、この表からすると26年度にはもう4,468万3,000円がマイナスになっていると。31年度まで入れると約4億円マイナスになってしまう。値上げをしてもマイナスになってしまうということになってしまいますので、そこら辺は十分考えてもらわないといけないのではないかと思います。
 もし、値上げをすることによって、年間の各家庭の負担増というのはどうなるのか。使用料ごとあるいは標準家庭で見た場合にどうなるのか、そこら辺はわかりますか。
○議長(新村久仁男君) ちょっと待ってください。休憩します。
                                 午後 2時54分 休憩
                                 午後 2時54分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) それでは、1については終わりにいたします。
○議長(新村久仁男君) これで、下水道の財政シミュレーションの内容についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、答申についての質問を許します。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 先ほども言いましたように、値上げによってどのくらいの年間の負担増になるのか。これは使用料と標準家庭をお知らせ願いたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 答申の料金についてお話させていただきますけれども、その前に1つ、先ほど見ていただいた平成16年度から31年度までの表の中で、見ていただいておりますのは22年度に追加で措置いただいた分が入っておりませんので、それを全部含めてやっていきますとマイナス分が先送りになってきております。その点では表が少し、私どもが見ているのが先送りになっている表であるということで、御承知をいただきたいと思います。
 料金の負担の影響額ですけれども、上下水道委員会の答申によります料金は、先ほど村長のほうからもお話ありましたけれども、基本料金は300円、超過料金は1立方メートル当たり30円というようなことがありますので、これの料金で見ることにしたいと思います。
 標準家庭といいますか、村内で最も多い御家庭のケースなのですが、これは村内で25%の御家庭が該当するケースです。基本料金以内で済んでいるというところが25%ございまして、影響を受けるのが、月々300円ふえるわけですので、年間で税込3,780円の増加ということになります。
 それから、大体村内で9割の御家庭が該当する料金ですが、9割といいますが月々30立方メートル以下という御家庭が、そこまでで9割になります。月々30立方メートルまでの御家庭が約9割になります。これの場合ですと、先ほどの同じ方法で求めますと、年間で1万1,340円の負担増ということになってきます。30立方メートルまで使う御家庭が村内で約9割ございますので、月々30立方メートルを使った場合には、1万1,340円というような計算になってきます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 今度は村長に聞きますが、この答申をどう受けとめていくのか、ここら辺ちょっとお願いします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 答申は重く受けとめていきたいというように思います。ただ、先ほどもちょっと申し上げましたけれども、この答申につきましては22年度5,000万円返しているもの等も含まれておりません。そういう中で、もう1回私どものほうでしっかりと調査をし、調査というか予定を立てまして、財政シミュレーションをつくって、委員会の皆さんと私は話していきたいと。
 現在の状況の中では、近隣市町村の中では、松川村は一番安いわけです。これはたまたま200円上げてもらったとしても一番下なのです。300円上げたときに下から2番目になるという状況の中で、できるだけ上げたくないというのはみんながそういうふうに思っていることであります。委員会の皆さんもそういうことを承知の上で、しっかり赤字になってしまえば困るということの中でこういう答申をいただいておりますので、重く受けとめることは十二分に承知をしておりますし、そういう考え方もしておりますが、再度調整をしていただくように考えたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 値上げをする時期は、答申のからあれすると24年の4月から施行することというふうになっておりますけれども、やっぱりこれはいわゆる交付税措置を今まで約5億円お借りをしていて、それをどういうあれでもって返していくのか、そういう計画を皆さんにもお示しをしながら、村民がやっぱり納得づくでこの値上げについてやっていかないと、何で村は一般財源でもってそれだけ使っておいて、値上げだけするのかというふうな誤解を招くようでは困ると思いますが、そこら辺はどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 何回も言いますけれども、そういうことのないように再度調整をしてまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) それでは、答申に従って質問しますけれども、実施時期及び条例改正のスケジュールについてはどうお考えなのか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) スケジュールにつきましては、24年度までにしっかりとPRをし、住民の皆さんに理解をしてもらいなさいという答申を受けておりますので、上げるにしろこのままでいくにしろ、少し上げさせてもらうにしろ、もう1回委員会の皆さんとしっかり話をし、結論が出次第、住民の皆さんに話をしていくということであります。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 答申の2番の値上げを実施する場合の住民同意の方法というのは、どういう方法をとられますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) これは答申をいただいて、議会の皆さんの御理解を得られたば実施をしていかなければいけないというように思っておりますが、その前にしっかりと区の懇談会等を開いていただきながら、話をしていきたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) やっぱり住民の同意を得るというのは大変なことですけれども、下げるなら村民は喜ぶと思うのです。上げるということになってくると、住民同意の上にやっていかないといけないと思いますので、そこら辺はしっかりやってもらうようにお願いをいたします。
 3番目のことで、未接続世帯と接続世帯との不均衡是正策はどういう考え方をしているのか、ここら辺はどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 22年度末の下水道接続率は85%強というふうに見込んでおります。未接続が約600件ほどになります。未接続世帯に対しましては、もちろん接続を進めていくわけですけれども、これについてはダイレクトメールといいますか、文書でお願いの文書を未接続の御家庭に送ると。それから、広報等でのPR、防災無線等でのPRに努めてまいりたいというふうに考えております。
 それから、料金の収納につきましては、上水道料金とあわせて徴収を行っております。これは両方の未納者対策としてとっている対策です。水道料金につきましては、滞納者に対する給水停止を場合によっては実施しております。それから、誓約書をいただいて滞納額の毎月定額徴収を行う、こういう方法をとっております。給水停止につきましては、連続して2期の滞納となった場合には実施させていただくという場合がございますので、申し添えさせていただきます。
 それから、受益者負担金につきましては、催告通知及び戸別訪問によって徴収に努めてまいりたいというふうに考えております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 上水道は接続率が100%だから不公平感はないと思うのですけれども、やっぱり接続をしていない世帯と、接続をしてある世帯というのは公平間がなくなってきますので、ここら辺は十分努力をしてもらうことは大事だと思います。
 それから、第4番目の維持管理費の縮減策。これについてはどういうお考えをしているのか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) これは管渠、処理場ともに適切な維持管理を行いまして、経費、例えば委託料、人件費、あと需用費、それから動力の光熱水費関係、これにつきましては適正な維持管理によりまして節減を図ってまいりたいというふうに考えています。
 それから、施設自体は適切な維持管理によりまして長寿命化を図っていくということで努めてまいりたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 時間も残り8分でございますので、またこの値上げの説明をする前の段階で質問をすることがあると思いますので、その機会にしたいと思います。
 次は、第二倉庫の、これは答申という言い方ではなくて、やっぱり報告なのですけれども、我々が見たのは、庁内検討結果報告書というのを1月24日付のやつで見ておりまして、つい最近、金曜日でしたか、「最終」という報告書が出ているのですが、私ども議員とすれば最初に出した検討結果報告書が、最終の検討会のまとめではないかというふうに理解をしたわけですけれども、何でこの最終報告書というのが出てきたのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほども申し上げましたが、9月に検討委員会を立ち上げまして、ゼロベースから見まして、壊すのか保存をしていくのかという部分を検討してまいりました。1月24日に報告をしたわけですけれども、この中では「活用方法が見つからなかったので」という部分を強調しまして、一応前段としてはいろいろと検討結果を加えてきたわけですけれども、その中で財政シミュレーションですとか、活用方法とかで壊さざるを得ないだろうということで報告をさせていただきました。
 その後、村長のほうから文化財指定も視野に入れた中の意見を聞きまして、検討委員会としてはこのままで終わってはならないと判断をしまして、再度2月、それ以降3回ほど検討委員会を開催しまして、検討してきた結果、最終報告とさせていただきました。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) ざっくばらんに言うと、村長から登録有形文化財制度があるから残したいというようなことでつけ加えたというふうに私は理解をするのですが、それではいけませんか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先ほどもちょっとお話しましたけれども、私も人の言うことばかりを聞いていて自分で動かなくて申しわけなかったのですけれども、自分で行って聞いてきた中で、登録有形文化財という方法もあるということがわかりましたので、これを帰ってきまして検討委員会の皆さんに申し上げました。24日のときにはそれをもうつくってありましたので、たまたま議会の皆さんに今回最終ということで出していただいたわけでありますけれども、若干それと違っていたということの中で、ほかの方法もあるということを申し上げてこういう結果になったと。議員おっしゃるとおり、単純に言えばそういうことがあって、こういうふうに変更になったというように私も考えております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 登録有形文化財制度については、登録されると取り壊しができなくなるということで、相当に維持管理費がかかるのではないかというふうに思います。設計者に言わせると、壁土の圧縮強度は壁土の強度の最低値の3分の1程度しかないというようなことも出ていますし、これから土壁についての研究をしたり、あるいは基礎が砂上の楼閣で、基礎自体が木片でもってこすると、砂がぽろぽろぽろぽろ落ちるようなもろいものですので、あれを本当にサンドイッチをして鉄筋でもって固めて、果たして耐震のそれになるのか私自身は疑問に思っております。そんなことも含めながら、これから研究をしてください。
 それから、先ほど下水道の値上げの件ですが、今私が質問をしてもいわゆる専門用語がいっぱいありまして、住民にはなかなかわからない部分があると思います。そこら辺は専門用語を使わずに、なるべく住民にわかるような説明の仕方をこれからしてもらうことをお願いしながら、これで質問を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで、答申についての質問を終わります。
 以上で、4番甲斐澤明議員の質問を終わります。
 これで、本日の日程は全部終了しました。
 続きの一般質問は、あす午前10時より行います。
 これにて散会します。
 大変御苦労さまでした。
                                 午後 3時13分 散会