議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成23年第 1回定例会−03月10日-01号




平成23年第 1回定例会

                 会  議  日  程

┌──────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│ 月  日 │曜日│会     議│      予          定       │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│ 3月10日│ 木 │本  会  議│一般議案審議                  │
│      │  │       │平成23年度各会計予算上程・提案説明・補足説明 │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   11日│ 金 │本  会  議│各会計予算総括質問、議案等審査特別委員会へ審査付│
│      │  │       │託、請願・陳情等委員会付託、選挙        │
│      │  │       │一般質問通告午後1時締切            │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   12日│ 土 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   13日│ 日 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   14日│ 月 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   15日│ 火 │委  員  会│議案等審査特別委員会              │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   16日│ 水 │委  員  会│小学校卒業式                  │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   17日│ 木 │委  員  会│中学校卒業式                  │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   18日│ 金 │委  員  会│議案等審査特別委員会(まとめ)         │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   19日│ 土 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   20日│ 日 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   21日│ 月 │休     日│春分の日                    │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   22日│ 火 │本  会  議│一般質問                    │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   23日│ 水 │本  会  議│一般質問                    │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   24日│ 木 │休     会│保育園卒園式                  │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   25日│ 金 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└──────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第 2号 光をそそぐ交付金基金の設置、管理及び処分に関する条例
 議案第 3号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 松川村保育園設置条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 8号 松川村下水道条例の一部を改正する条例
 議案第 9号 北アルプス広域連合規約の一部を改正する規約
 議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分について
 議案第11号 国土利用計画松川村計画について
 議案第12号 村道の認定について
 議案第13号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第5号)
 議案第14号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第15号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 議案第16号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 議案第17号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第4号)
 議案第18号 平成22年度松川村デジタル移動系防災行政無線整備工事の変更請負契約の締結について
 議案第19号 平成22年度松川南保育園建設工事の変更請負契約の締結について
 議案第20号 平成23年度松川村一般会計予算
 議案第21号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第22号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第23号 平成23年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第24号 平成23年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第25号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第26号 平成23年度松川村水道事業会計予算
 議案第27号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第6号)

 報告第 1号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第5号)
 報告第 2号 平成23年度各会計予算について
 報告第 3号 「住宅リフォーム助成制度」の創設を求める陳情書



              平成23年松川村議会第1回定例会
           村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬──────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │    質  問  事  項    │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴──────────────────┴───────┤
│3月22日(火)午前10時から                         │
├──┬──┬───────┬──────────────────┬───────┤
│ 1 │3 │井 上 直 昭│1 村長の政治姿勢         │村長     │
│  │  │       │                  │教育長    │
├──┼──┼───────┼──────────────────┼───────┤
│ 2 │2 │佐 藤 節 子│1 松川村の安全・安心対策について │村長     │
│  │  │       │2 池田・松川学校給食センターの建設│村長     │
│  │  │       │  について            │       │
├──┼──┼───────┼──────────────────┼───────┤
│ 3 │10│矢 口 あかね│1 土地利用計画および村施設の後利用│村長     │
│  │  │       │  について            │       │
│  │  │       │2 収蔵庫(旧農協第二倉庫)    │村長     │
├──┼──┼───────┼──────────────────┼───────┤
│ 4 │4 │甲斐澤   明│1 下水道の財政シミュレーションの内│村長     │
│  │  │       │  容について           │       │
│  │  │       │2 答申について          │村長     │
├──┴──┴───────┴──────────────────┴───────┤
│3月23日(水)午前10時から                         │
├──┬──┬───────┬──────────────────┬───────┤
│ 5 │11│白 澤 富貴子│1 消防行政と協働の村づくりへの取り│村長     │
│  │  │       │  組み              │       │
├──┼──┼───────┼──────────────────┼───────┤
│ 6 │8 │渡 邉 尚 省│1 「住宅リフォーム助成制度」の創設│村長     │
│  │  │       │  について            │       │
│  │  │       │2 松川村「水資源保護条例制定」につ│村長     │
│  │  │       │  いて              │       │
└──┴──┴───────┴──────────────────┴───────┘



           平成23年松川村議会第1回定例会会議録
                                      〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成23年3月10日                │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                   │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成23年3月10日 午前10時00分 │議 長│新 村 久仁男│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成23年3月10日 午後 3時24分 │議 長│新 村 久仁男│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│           ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│           ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│           ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│    凡例    │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲 斐 澤 明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   3番   │井 上 直 昭│   4番   │甲 斐 澤 明│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│茅 野 英太郎│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│法第121条により説│       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│    全員出席  │会計管理者兼会│伊 藤 勇 二│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり            │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり            │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり            │
└──────────┴───────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第 2号 光をそそぐ交付金基金の設置、管理及び処分に関する条例
 議案第 3号 付属機関設置条例の一部を改正する条例
 議案第 4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 6号 松川村保育園設置条例の一部を改正する条例
 議案第 7号 松川村後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 8号 松川村下水道条例の一部を改正する条例
 議案第 9号 北アルプス広域連合規約の一部を改正する規約
 議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分について
 議案第11号 国土利用計画松川村計画について
 議案第12号 村道の認定について
 議案第13号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第5号)
 議案第14号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第15号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 議案第16号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 議案第17号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第4号)
 議案第18号 平成22年度松川村デジタル移動系防災行政無線整備工事の変更請負契約の締結について
 議案第19号 平成22年度松川南保育園建設工事の変更請負契約の締結について
 議案第20号 平成23年度松川村一般会計予算
 議案第21号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第22号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第23号 平成23年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第24号 平成23年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第25号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第26号 平成23年度松川村水道事業会計予算



                                 午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成23年松川村議会第1回定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(新村久仁男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本会議の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、3番 井上直昭議員、4番 甲斐澤明議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(新村久仁男君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等については、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。
 議会運営委員長。
◎議会運営委員長(甲斐澤明君) (報告)
○議長(新村久仁男君) 議会運営委員長報告に対する質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 お諮りします。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から3月25日までの16日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から3月25日までの16日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(新村久仁男君) 日程第3 村長あいさつを願います。
 村長。
◎村長(平林明人君) 皆様、おはようございます。
 平成23年第1回松川村議会を開催いたしましたところ、全議員の皆様に御出席をいただきまして、開会できますことに感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございます。
 チュニジアに端を発しました中東情勢の悪化がとどまることを知らず、ここにきて原油価格がうなぎ上り状態で、食料品の価格まで値上りをするという状勢であります。
 民主党内閣は相も変わらず足の引っ張り合いで、野党も国民不在の駆け引きばかりが目につきます。予算は衆議院を通過いたしましたが、関連法案が未審議であり、予断を許さない状況であります。子ども手当など支給に支障が出ないことを望みたいというように私は思っております。
 大学入試においても、常識では考えられないような問題が起こっています。この世の中、どうなってしまったのか、大変気がかりであります。
 そんな中、1人の市民ランナーが東京マラソンで日本人1位、全体3位の好成績で世界選手権の出場権を得たとの朗報もありました。
 最近の村政の状況などについて若干申し上げます。
 まず、土地利用調整基本計画であります。村では緑あふれる住みよい村づくりを推進するため、村づくりの基本的な方針を示した「松川村土地利用調整基本計画」を平成13年3月に策定し、取り組んできております。また、国土利用計画法の規定による「国土利用計画(松川村計画)」を平成14年3月に改定し、総合的かつ計画的な国土の利用を図ってまいりました。
 計画策定から10年を迎え、総合計画との調整を図ることなどから、本計画の見直しを進めてまいりました。村づくり審議会へ諮問し、村民アンケートや各行政区の意見聴取を行いながら、審議会の皆様の慎重なる審議の結果答申をいただき、このたび土地利用調整基本計画の改定を行いました。
 国土利用計画(松川村計画)につきましてでありますが、国土利用計画法の規定により、議会の議員の皆様の議決をいただかなくてはなりませんので、よろしくお願いをいたします。
 松川村の将来の土地利用の指針となる計画としまして、今後も引き続き適正な運用を図ってまいりたいと思っております。
 続きまして、消防行政無線であります。昨年6月から整備を進めてきましたデジタル移動系防災行政無線につきましては、今月下旬にはアナログからデジタルへの切りかえが完了します。特に消防関係等での情報連絡の強化が確立できるとともに、村民の安心・安全に寄与するものと考えております。
 続きまして、交通災害共済掛金の村費負担であります。交通事故に対応する中信地域町村交通災害共済への加入につきましては、今までは園児から中学生の子どもに限り、掛金を村で負担して加入してまいりました。新年度からは対象を村民全員に拡大をしたいというように思っております。このため、新年度予算には村民全員分の掛金を計上しております。なお、全員加入の時期でありますけれども、現在の加入者の更新を行う10月1日からということを予定しております。
 次に、南保育園建設についてであります。南保育園建設につきましては、本体工事が竣工し、外構工事が行われております。県の木の香る補助事業を受けまして村産材、それから県産材を十分に使った温もりの感じられる建物となっております。この14日に本体検査を、そしてまた25日には外構検査を行いまして、新年度からは新園舎での保育が開始されます。
 また、29日の竣工式には議員皆様の御臨席をお願いいたします。
 続きまして、HVP等ワクチンの接種事業についてであります。子宮頸がんワクチン、ヒブ・肺炎球菌ワクチンの接種事業につきましては、2月1日の説明会以降、大よそ7割の方が説明を受け、4割近い方が問診表をお持ちになりました。が、3月4日現在、子宮頸がんワクチンにつきましては、ワクチンの需要が多く供給が間に合わないため、国・県、そして製薬会社におきましては調整を行っている状況であります。
 一方、ヒブ・肺炎球菌ワクチンにつきましては、同時接種後の死亡報告、因果関係は不明でありますが、国より一時的見合わせの通達があり、そのように対処をしております。どちらにしましても、国・県の通達等を受ける中で、村内医師会等の関係者の皆さんと協議をしまして、迅速に対応したいと考えております。
 続きまして、農家懇談会であります。2月17日、18日の2日間、7会場で農家懇談会を開催いたしまして、222名の農家の皆さんから出席をいただきました。今回は初めての試みとしまして、JA組合員懇談会と同日の開催をいたしましたが、昨年を若干上回る出席でありました。
 懇談会では、大北地域の振興計画にかかわる平成23年度松川村実行計画と平成23年度より本格実施となります国の「農業者戸別所得補償制度」を中心に説明をいたしました。国の制度では詳細が示されていない部分もありますけれども、今後農家の皆さんには随時情報提供を行ってまいります。そのほか、懇談会で出されました意見・要望等につきましては検討いたしまして、村水田農業推進協議会のほうで決定をしていきます。
 続きまして、すずむし荘、寄って停まつかわの指定管理者への移行であります。昨年9月定例会の中で、両施設の指定管理者をFunSpace株式会社とする議決をいただきまして、その後、村と指定管理者の管理運営等に関する協議を経て、この1月21日に基本協定書の調印式を行いました。4月1日からは指定管理者による管理運営へ移行がスムーズにできますよう、現在引き継ぎ作業を進めております。
 続きまして、プレミアム商品券(太っ腹商品券?)についてであります。景気低迷が続く中、食品類や燃料の高騰が深刻な状況となっております。そのような中、生活弱者への支援を主目的としたプレミアム30%の商品券を3月3日から販売を開始いたしました。販売は好調と聞いておりますが、経済対策の面からも地元の消費拡大を願うところであります。
 きのう現在、残数はあと88冊、88万円ということでありますので、もしお買いでない方はぜひ早目に買っていただけないと本日は終わると思います。
 そして、次はそんみん観光大使であります。村のよさをだれよりも知る皆さんに「そんみん観光大使」になっていただき、村外・県外で松川村の魅力をPRしてもらえる方を募集したところ、22名から応募がありました。3月24日に任命式を行い、村の観光宣伝に協力をしていただく予定であります。多くの期待をしているところであります。
 次は、そばマップの作成であります。NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」の放映に向け、村では村観光協会及び池田町観光協会と共同で、ドラマのテーマでもあるそばを中心とした「そばマップ」を村内そば店12店舗、池田町そば店8店舗の協賛を得る中で作成をいたしました。
 そば店主が勧める村内の名所等も取り入れた安曇野らしい雰囲気を伝えるイラストマップに仕上がっており、ドラマ放映により安曇野を訪れる旅行者への村への誘客に、現在村で製作しているのぼり旗とともに活用してまいりたいというように思います。
 続きまして、本日上程いたします議案でありますけれども、25件あります。若干概要を説明申し上げます。
 議案第2号 光をそそぐ交付金基金の設置、管理及び処分に関する条例であります。新設条例で光をそそぐ交付金実施計画の実施に要する経費に充てるため、基金を設置するものであります。
 議案第3号 付属機関設置条例の一部を改正する条例は、温泉施設等の管理運営を指定管理者に移行することに伴いまして、松川村温泉施設等運営委員会を廃止し、松川村活性化センター運営委員会とする。そしてまた、目的が終了したため、松川村多目的文化施設等検討委員会を廃止するための改正であります。
 議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例は、職名の変更、委員会の統合や廃止及び報酬額の引き上げのため改正するものであります。
 議案第5号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、給与法改正に伴う超過勤務手当の変更による改正であります。
 議案第6号 松川村保育園設置条例の一部を改正する条例は、松川南保育園の移転新築に伴いまして、位置と定員を改正するものであります。
 議案第7号 松川村後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例は、平成22年度に引き続き、平成23年度以降も普通徴収の第1期から第3期の暫定徴収を行わないための改正であります。
 続きまして、議案第8号、松川村下水道条例の一部を改正する条例は、下水道排水設備工事責任技術者の登録・更新等を(財)長野県下水道公社が県下統一として一括管理するための改正であります。
 議案第9号 北アルプス広域連合規約の一部を改正するための規約は、広域連合業務の見直しに伴い、関係業務及び経費支弁方法の追加・変更のために改正するものであります。
 議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分については、基金から1,000万円を取り崩し、高規格救急車の整備費用の財源に充てるためのものであります。
 議案第11号 国土利用計画松川村計画につきましては、現在の計画は策定から10年が経過したため、見直し・改定を行いました。国土利用計画法の規定によりまして、議会の議決を求めるための議案であります。
 議案第12号 村道の認定につきましては、道路改良により1路線を認定するものであります。
 議案第13号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第5号)は、年度終盤を迎えました中で、事業費の確定等に伴う計数整理で、1億2,660万8,000円を追加し、総額を45億1,903万7,000円とするものであります。主なものでは、歳入では、基金繰入金、1億2,170万円、村債3,900万円、県補助金など県支出金909万4,000円の減額と国庫補助金など国庫支出金2,191万9,000円、地方交付税1,587万円の増額で、歳出では、児童福祉費など民生費1億5,072万9,000円、消防費4,417万1,000円の減額と、下水道費など土木費5,121万3,000円、教育総務費など教育費1,290万円の追加であります。特定環境保全公共下水道特別会計へ5,000万円の繰り出しを行い、なお、計数整理の中で残余として見込まれる1,398万6,000円は教育施設整備基金に積み立てるための教育費に計上しております。
 第2表繰越明許費は小学校図書館充実事業など4事業であります。
 議案第14号から議案第17号につきましては、特別会計の補正予算であります。
 議案第18号 平成22年度松川村デジタル移動系防災行政無線整備工事の変更請負契約の締結につきましては、中継局設備空中線数量変更、中継局設備電力計の追加、携帯型無線用イヤホンの追加による増額でございます。
 議案第19号 平成22年度松川村南保育園建設工事の変更請負契約の締結につきましては、避雷導線設置工事への変更、渇水時に備え井水のさく井を10メートル深くする、そしてまた残土搬出等による増額に伴うものであります。
 議案第20号から議案第26号までは、一般会計ほか各特別会計の平成23年度の予算であります。
 いずれにつきましても、提案時には各担当課長に説明をいたさせますので、御審議の上、議決をいただきますようお願い申し上げまして、開会のあいさつとさせていただきます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(新村久仁男君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。
 事務局長。
◎事務局長(鈴木智君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.穂高広域施設組合議会第1回定例会
   開催期日  平成23年2月14日
   出席議員  新村議長、白澤副議長
   審議事項等 ・平成22年度一般会計補正予算(第2号)
         ・平成23年度一般会計予算
   審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 2.北アルプス広域連合議会2月定例会
   開催期日  平成23年2月15日、16日
   出席議員  新村議長、白澤副議長、甲斐澤議員
   審議事項等 ・ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分
         ・平成22年度各会計補正予算
         ・平成23年度各会計予算
   審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 3.高瀬広域水道企業団議会2月定例会
   開催期日  平成23年2月17日
   出席議員  新村議員、白澤副議長
   審議事項等 ・平成22年度補正予算(第1号)
         ・平成23年度会計予算
   審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 4.池田松川施設組合議会第1回定例会
   開催期日  平成23年2月24日
   出席議員  新村議長、白澤副議長、井上議員、佐藤議員
   審議事項等 ・平成22年度一般会計補正予算(第2号)
         ・平成23年度一般会計予算
   審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第5 議案の上程を行います。
 議案第2号 光をそそぐ交付金基金の設置、管理及び処分に関する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) それでは、議案第2号 新設条例でありますけれども、御説明をしたいと思います。
 今回の国の経済対策で新たに雇用創出がされる場合助成対象となりまして、図書館の新規司書の雇用で対象となりまして、基金積立をするに当たりまして条例を設置するものであります。
 まず第1条、設置であります。図書館の充実を図るため、光をそそぐ交付金の設置。
 それから第2条から第7条までにつきましては、基金の額、管理、運用益金の処理、処分、繰替運用、委任についてうたっております。
 なお、今回の基金の積立分につきましては、平成24年度で執行することを予定しております。
 附則、この条例は、公布の日から施行する。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第2号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第3号 付属機関設置条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案第3号 付属機関設置条例の一部を次のように改正する内容でございますが、別表中「松川村温泉施設等運営委員会」が指定管理に移行することから「松川村活性化センター運営委員会」に変更するものでございます。また、「松川村多目的文化施設等検討委員会」は初期の目的が達成されたため、削除するものでございます。
 附則としまして、この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第3号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を次のように改正する内容でございます。別表中、先ほどの「多目的文化施設等検討委員会委員」を削除する内容が1点。2点目につきましては、村職員衛生健康管理規程に基づきまして産業医を委嘱してございますけれども、労働安全法に沿いまして職員の健康管理等を月1回、年間通じて行っていくために、報酬額を年額1万5,000円から36万円に変更する内容でございます。
 なお、この金額につきましては、大北医師会の取り決めによります金額でございます。
 3点目は、温泉施設等運営委員会委員から活性化センター運営委員会委員に名称を変更する内容でございます。
 附則といたしまして、この条例は平成23年4月1日から施行する。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 中ほどに書いてあります「産業医」の件ですけれども、これが1万5,000円から36万円にというふうに大きく変更になるわけですが、この内容につきましてわかりやすく知りたいなというふうに思うので、説明をお願いします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今まで衛生委員会というのを年1回行っておりまして、そこに産業医としまして医師をお願いしていたものでございますけれども、先ほど申し上げましたけれども、労働安全衛生法に従いまして一定の職員というか従業員を抱えている事業所につきましては、健康管理をしっかりしなさいという労働安全衛生法に従いまして、基準の見直しを村でも行いまして、年間を通して医師が月1回は事業所に来ていただいて、職員の健康相談、それから健康管理、特に毎年行っております職員の健康診断の結果について評価をしていただいたり、指導していただくといったことでお願いをしていく内容でございます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第4号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決しました。
 続いて、議案第5号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第5号、一般職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する内容でございますが、超過勤務手当の変更についての改正でございます。平成22年4月1日施行の給与法改正におきまして、労働基準法の取り扱いによりまして月60時間を超える超過勤務にかかります超過勤務手当の支給割合を引き上げたところでございますけれども、平成23年4月1日からは、民間企業の実態を踏まえる中で、休日の勤務についても月60時間の超過勤務の積算範囲を加えるものでございます。
 なお、超えた部分につきましては、本人が代休及び超過勤務手当の選択ができるものでございます。
 附則といたしまして、この条例は平成23年4月1日から施行するということでよろしくお願いします。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 説明の中で60時間を超えた部分についてのものというお話でしたが、この60時間を超えない中のもの、それから現状の中でそういう事例があるのかどうか。最初に言ったのは、60時間を超えない、60時間まではどのような扱いをするのか、今までどおりのようにするのか、その辺のところをお願いします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今まで月60時間を超えて超過勤務をした職員はございません。ということで、現状ないわけですけれども、今までの中では運用の中で行っておりますけれども、職員労働組合と話し合いを行う中での運用をしてございます。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員、よろしいですか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 運用は組合と話し合いの中で行うというお話ですけれども、やっぱり代休扱いがしっかりとれているかとか、先ほどの産業医の部分とも相まってくるところがあると思いますので、その辺のところ、職員の健康管理についてもあわせてこういうふうに法律が定めるに当たりましてお願いをしておきたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第5号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第6号 松川村保育園設置条例の一部の改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 議案第6号 松川村保育園設置条例の一部を改正する条例でございます。
 これは松川南保育園の移転・新築に伴いまして、位置を5651番地の11、そして定員を10名ふやしまして130人にするものでございます。
 附則、この条例は平成23年4月1日より施行する。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第6号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第7号 松川村後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第7号 松川村後期高齢者医療に関する条例の一部を次のように改正するという内容でございます。平成22年度は暫定付加をしないで、本暫定をしてから、7月から3月までの9期で普通徴収を行ってまいりました。この条例が22年3月31日で切れるということで、平成23年度も混乱を招かないように引き続き暫定付加をせず、平成22年と同様に納期を7月からとする改正内容でございます。
 附則の第2条の3の次に次の1条を加えるということで、「平成23年度以降における普通徴収に係る保険料の納期の特例、第2条の4 平成23年度以降当分の間、普通徴収の方法によって徴収する保険料の納期については、第4条第1項に規定する第4期以降の納期とする」という内容でございます。
 国の政権交代によりまして今のところ後期高齢者医療制度の見直しが平成25年度よりというふうに聞いておりますけれども、それまでの間、暫定付加はしないということでお願いしたいと思います。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第7号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第8号 松川村下水道条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 議案第8号 松川村下水道条例の一部を改正する条例。
 このたびの改正は、責任技術者に関する事項を削除する改正です。第35条第1項中第2号の責任技術者の登録を削除し、またこれに関係する別表第2の中の責任技術者の欄を削除するものでございます。
 今まで登録は各市町村ごとで行ってきました。県と県内市町村が出資して設立した財団法人長野県下水道公社が県内の責任技術者を一括して登録・更新していくことになりまして、現在約90人いる村登録の責任技術者は4月から下水道公社の登録に移行します。更新及び新規の登録もこれからは公社が一本で行うことになります。登録の移行に伴う村や登録者の負担はございません。
 なお、指定工事店につきましては、今までどおり村が登録することになっております。
 附則、この条例は平成23年4月1日から施行する。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第8号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第9号 北アルプス広域連合規約の一部を改正する規約を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第9号 北アルプス広域連合規約の一部を改正する規約の改正内容でございます。北アルプス広域連合の事業の見直しに伴いまして、関係業務及び経費支弁方法の追加・変更について、広域連合の規約の一部の記述を改める必要が生じたことから提案するものでございます。
 次ページ、別紙をお願いしたいと思います。まず1点目ですが、現行の規約第4条第16号「情報システム」の次に「(戸籍事務に係る中央処理装置)」を新たに追加するものでございます。
 これは市町村固有の事務でありました戸籍情報システム等につきまして、平成23年度より広域連合が実施予定のサーバ共同利用によりまして、関係市町村の経費節減が見込まれることから、関係市町村で締結予定の協定に基づきます事業内容及び経費負担とするものでございます。
 2点目でございますけれども、次のページになります。広域的なごみ処理の推進に関する事務で、広域ごみ処理施設建設管理に関する事項など内容とした関係市町村締結予定の広域ごみ処理施設建設事業に関する基本協定に基づく事業や、経費負担方法とするものでございます。
 これにつきましては、松川村については関係ございませんけれども、規約の変更ということで同時提案でございます。
 それから3点目の変更でございますが、次のページにわたります福祉施設等の建設に対します財政援助に関する事務では、広域連合補助金交付規則の改正により各施設への補助割合を決定したことに伴いまして、関係市町村の負担割合を人口割りと定めるものでございます。
 附則といたしまして、この規約は平成23年4月1日から施行するということで、前のページに戻っていただきまして、北アルプス広域連合規約(平成12年長野県指令11地第1061号)の変更について、地方自治法(昭和22年4月17日法律第67号)第291条の11の規定により別紙のとおり提出する。
 平成23年3月提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第9号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分について御説明申し上げます。本基金につきましては、平成4年、5年に県の助成金1億円を含めまして、総額10億円を積み立てておりましたが、現在の基金保有額は6億3,400万円となっております。
 本議案につきましては、このうち1,000万円を処分し、広域連合予算に繰り入れるため、地方自治法第96条第1項の規定及び北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金条例第5条のただし書きの規定に基づきまして議決を求めるものでございます。
 処分理由につきましては、大北ふるさと市町村圏計画及び広域連合計画における消防防災の充実を図るため、具体的な消防防災設備施設の更新等の年次計画を示します広域消防本部の消防施設整備中期計画に基づきまして、高規格救急車を更新整備するため、多額の費用が想定されるため、当該基金の一部を取り崩して財源充当することにより、関係市町村の負担軽減を図るものでございます。
 処分後の財産の内訳でございますが、松川村の出資金につきましては、県の助成分1,309万6,000円をあわせると、平成23年度で8,172万1,000円となります。
 ということで、北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金条例(平成12年条例第20号)第1条に規定する基金6億3,400万円のうちから1,000万円を処分するために、地方自治法(昭和22年4月17日法律第67条)第96条第1項第10号の規定および、北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金条例第5条のただし書きの規定に基づき、議会の議決を求める。
 ということで、平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第10号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第11号 国土利用計画松川村計画についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 議案第11号 国土利用計画松川村計画について御説明申し上げます。次ページ以降から国土利用計画松川村計画が全文載っておりますが、村では緑あふれる住みよい村づくりを推進するため、村づくりの基本的な方針を示しました土地利用調整基本計画を平成12年度に策定して取り組んできております。また、国土利用計画法の規定によります国土利用計画松川村計画に基づきまして、総合的かつ計画的な国土の利用を図っております。
 平成22年度は、総合計画と整合を図ることなどから松川村土地利用調整基本計画及び国土利用計画松川村計画の見直しを行いまして、将来の土地利用の指針となる計画を策定するため、昨年7月から村づくり審議会に諮問を行いまして、意見を求めておりました。
 また、この間ですが、住民へのアンケート調査、それから行政区への意見聴取、パブリックコメントを実施、また県との調整を行いまして、本年2月21日に当審議会よりも答申をいただいてきております。
 この内容でございますが、全文長いため変わった部分のみ御説明申し上げます。
 計画の10ページをごらんいただきたいと思います。
 この計画の目標年次は平成32年度として、人口は村の総合計画にあわせまして1万700人としております。また、11ページ、12ページにも記載をしておりますけれども、過去9年間平成13年から21年度の検証と人口増加を見越しまして、目標年次平成32年度における利用区分目標の概要としまして、農地が7ヘタール減少し、道路が1ヘクタール、宅地が6ヘクタール増加する内容となっております。
 その他、基本的には前回の計画とは大筋変わっておりませんので、ごらんいただきたいと思います。
 初めのページに戻っていただきまして、別紙のとおり国土利用計画松川村計画を策定したので、国土利用計画法第8条第3項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) この計画の5ページの(1)土地需要の量的調整という欄の一番最後の行ですが、「住宅地等の都市的土地利用については、空き家、空き店舗等の未利用地の有効利用を図ります」というふうに書いてあります。
 これはこれからふえる可能性のある内容ではないかというふうに思いますが、どんな審議といいますか議論があったのか、特徴的なことがあればお聞きしたいのですが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村では空き家等の実際把握はしっかりできていないわけですけれども、問い合わせの中でIターンですとか、そういった部分の中で空き家がありませんかというような問い合わせも数件聞いております。今後の利用計画の中で単なる農地転用を行って住宅地をつくる部分も当然今までの経過として考えられてくるわけですけれども、この10年で空き家をしっかり把握しながら、そういった部分も法律的な問題はいろいろあろうかと思いますけれども、そういった部分も紹介できるようになっていけばと、こんなふうに考えております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第11号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第12号 村道の認定についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 議案第12号 村道の認定についてでございます。2ページ目別紙をごらんいただきたいと思います。
 村道認定路線、路線番号4150、路線名、村道4−150号線、起点終点地番は松川村5728−47でございます。総延長は55メートル、道路の幅員は5メートルです。
 この路線につきまして、場所は東松川南区の宮本農機様、南の道路新設の箇所でございます。
 平成21年度まちづくり交付金事業によりまして、道路改良工事に伴い新設した道路でございます。完成は22年3月。22年度の道路台帳補正業務の中で登載が必要なため認定をお願いするものでございます。
 ページを戻っていただきまして、平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第12号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第13号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第5号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正の主な内容につきましては、繰越明許費の計上、また歳入歳出予算につきましては、歳入では地方交付税、光をそそぐ交付金等の計上、歳出では各種事業の確定見込みによります計数整理、教育施設基金への積み立てなどが主なものでございます。
 なお、職員人件費につきましては、部分休業取り消し分や扶養手当増等によるものでございますので、担当課長からの説明は省略させていただきます。
 それでは5ページをお願いします。
 第2表繰越明許費補正になりますけれども、住民生活に光をそそぐ交付金の追加交付に伴います事業のうち、小・中学校及び村図書館の新刊図書を購入するため、また地区公民館整備事業、これは三軒家会館の外壁塗装工事を行うための費用ですが、ともに年度内に納入及び完成ができないため明許をお願いするものでございます。
 次ページをお願いします。
 第3表地方債補正ですけれども、それぞれ事業の確定に伴います地方債の減額となります。
 なお、地方債の方法、利率、償還方法の変更はございません。
 ごらんいただきたいと思います。
 9ページをお願いします。総務課関係を御説明申し上げます。
 歳入ですが、1目地方交付税、1,587万円の増額ですけれども、額の確定見込みによります計上でございます。
 下段になりますが、国庫支出金、消防費国庫補助金、減額の62万9,000円ですが、住宅・建物耐震改修等の事業の確定に伴います減額でございます。
 次ページをお願いします。6目総務費国庫補助金、2,274万5,000円の追加をお願いするものですが、住民生活に光をそそぐ交付金の追加交付内需による計上でございます。その下、総務費委託金、減額の42万6,000円ですが、参院選の額の確定に伴う減額でございます。
 それから、11ページ中ほど、4目消防費県補助金、減額の52万円ですけれども、先ほども申し上げましたが住宅建物耐震改修等の事業確定に伴います件分の減額です。その下、6目総務費県補助金、39万円の減額ですが、元気づくり支援金の事業確定見込みによります高瀬川グラウンド整備完了に伴います減額です。
 その下、県支出金、総務費委託金、43万7,000円の減額ですが、知事選の委託金の額の確定によります減額です。
 次ページをお願いします。中段より下、諸収入の雑入、342万2,000円の追加でございますが、一番下の市町村振興資金、額の確定によります増額でございます。
 その下、村債、消防費ですが3,510万円の減額。これにつきましては、事業確定見込みによります地方債の減額です。
 その次ページになります。民生費の390万円の減額ですが、南保育園の建設事業債の額の確定見込みによります減額でございます。
 続きまして、14ページ、歳出をお願いします。総務費、一般管理費、19節の負担金、補助金及び交付金ですけれども、市町村総合事務組合へ退職者の特別負担金として722万3,000円計上でございます。
 財産管理費の賃金ですが、臨時職員の扶養手当の増によるものです。
 それから、11節需用費、49万6,000円ですが、燃料費価格高騰に伴います庁舎の灯油代の計上です。それから、7目企画費、19節負担金、補助及び交付金ですが、北アルプス広域連合の計上経費の額の確定に伴います6万8,000円の減額。続きまして自治振興費、46万円の減額の内訳ですが、報酬で36万9,000円、総務部長と財務部長を兼務されている方分の減額、それから旅費の4万円の減額ですが、視察欠席者分の減額、需用費ですが、5万1,000円の食糧費の減額ですが、平成22年度から17区全員がそろいまして2年間の任期ということで、そういったことで3月に会議を開かないということで減額です。それから総合行政情報費でございますけれども、備品の購入ということで28万円の増額をお願いするものでございますが、予備1台を含みます職員のパソコン2台を購入したいということで計上でございます。
 それから15ページになりますが、中段以降選挙費になります。参院選、その下知事選、次ページになりますけれども、それぞれ額の確定によります減額ですので、ごらんいただきたいと思います。
 それから20ページをお願いします。消防費になりますが、1目常備消防費、313万7,000円の減額ですが、額の確定見込みによります減額、それから消防設備費ですが、3,936万6,000円の減額ですけれども、11節需用費としまして8万6,000円の増額をお願いするものは、女性消防団員の活動服ほかを購入するものでございます。13節委託料、445万2,000円、また15節工事請負費、3,500万円の減額ですが、デジタル移動系の防災無線の額の確定によります減額でございます。
 なお、同報系の設計も今年度で予定をしておりましたけれども、同報系のデジタル化がまだ先ということで減額をさせていただきます。
 それから災害対策費、166万8,000円の減額の内訳ですが、13節委託料、106万8,000円、住宅耐震診断事業確定に伴います減額でございます。19節の負担金、補助及び交付金ですが、住宅耐震事業費のこれも額の確定によります減額です。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は国民年金事務費と後期高齢者医療特別会計繰出金が主な補正でございます。
 10ページ中段をお願いいたします。13款国庫支出金、3項委託金、2目民生費委託金の26万5,000円ですが、年金ネットシステムの交付金でございます。続いて、14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金の9万6,000円でございますが、後期高齢者医療保険基盤安定費負担金でございます。
 続きまして支出をお願いいたします。16ページの中段をお願いいたします。
 3款民生費、1項社会福祉費、6目老人医療費の12万7,000円でございますが、後期高齢者医療特別会計への繰出金でございます。
 続きまして、次のページ下段からその次のページをお願いいたします。
 3款民生費、4項国民年金事務取扱費、1目国民年金事務取扱費、11節需用費、3万2,000円と、続いて18節備品購入費、23万4,000円でございますが、国民年金ネットシステム構築のためのパソコン等の購入経費でございます。
 続いて、14款衛生費、1項保健衛生費、4目環境衛生費の26万2,000円ですが、北アルプス広域連合への実績割による火葬場運営費負担金でございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 福祉課関係をお願いいたします。歳入からお願いいたします。
 10ページをお願いいたします。14款1項1目4節生活保護費負担金、312万5,000円ですが、授産施設の事務費ということで、社会就労センターが当初予定しているよりも利用者が5名ほどふえまして、その分の事務費としまして312万5,000円でございます。
 次ページをお願いいたします。1目3節児童福祉費補助金、マイナス40万8,000円でございます。内容としましては一時保育促進事業補助金がマイナス90万円、児童環境づくり基盤整備補助金がマイナス22万1,000円でございます。これにつきましては、今言いました一時保育と児童環境づくり基盤整備補助金が1つの補助金になりまして、従来補助率3分の2のものから2分の1になったという中での減額でございます。その下、安心こども基金事業補助金、これは新規でAEDを設置、2機分、60万9,000円と保育の質を上げるための研修事業として10万4,000円の71万3,000円でございます。
 1行飛ばしていただきまして、3節林業費補助金でございます。マイナス1,041万円でございます。木造公共施設整備事業補助金で、南保育園建設の事業確定見込みによる減額でございます。
 12ページをお願いいたします。上段でございます。17款2項4目1節社会福祉施設整備基金繰入金でございますが、マイナス1億2,170万円でございます。これも南保育園建設確定見込みよる減額でございます。その下をお願いいたします。19款3項1目1節社会就労センター受託事業収入でございます。200万円の増でございます。これは事業の増に伴うものでございます。その下をお願いいたします。4節雑入のうち、真ん中でございますが、広域連合負担金還付金、これにつきましては平日夜間緊急医療費でございますが、平成21年度の実績に伴う還付金としまして80万円でございます。
 歳出、18ページをお願いいたします。4款1項1目19節、マイナス9万7,000円でございますが、平日夜間緊急医療で平成22年度の実績の減ということでの減でございます。
 済みません。18ページに行きました。16ページに戻ります。済みませんでした。
 16ページ、中段からなのですが、3款1項2目19節、負担金、補助及び交付金ですが、マイナスの86万6,000円、これは鹿島荘の運営費の減でございます。4目11節、30万4,000円の増でございますが、松香荘の燃料費、光熱水費の増でございます。5目12節役務費でございます。5万7,000円、手数料、コンピュータ保守業務のシステム改修でございます。19節負担金、補助及び交付金、85万6,000円でございますが、介護保険の事業費の広域負担金の増でございます。
 17ページをお願いいたします。1目児童福祉総務費の中で15節工事請負費でございます。1億4,530万円、南保育園の建設工事費の確定見込みによる減でございます。18節備品購入費、マイナス667万1,000円でございます。主に厨房関係の入札後の差額が728万円の減でありまして、先ほど入で言いましたAEDを2機購入するのが60万9,000円プラスという内容のものでございます。その下、2目保育園費、7節賃金でございますが、215万円のマイナスでございます。これは臨時職員ということで、加配保育士ということで、加配をする園児が病気とかのために入院とか、あと調理師もその関係で少なくなったという中での減額でございます。
 その下、お願いいたします。3款3項1目11節需用費でございます。社会就労センターの光熱水費、3万円の増でございます。その下、12節役務費でございますが、260万9,000円、社会就労センターの作業員の工賃でございます。
 18ページをお願いいたします。4款1項1目19節の負担金、補助及び交付金でございますが、マイナスの9万7,000円、平日夜間緊急医療ということで負担金の減ということでございます。
 福祉課関係以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 補足説明の途中でありますけれども、11時25分まで休憩いたします。
                                 午前11時08分 休憩
                                 午前11時25分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて補足説明を願います。
 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 経済課歳入関係、11ページをお願いいたします。
 14款県支出金、2目農林水産業費県補助金、2節農業費補助金、40万9,000円の減額でございますが、水田農業経営確立推進指導事業補助金では、事業費分50万円の増額内需によるものでございます。また、地域営農基盤強化総合対策事業補助金、90万9,000円の減額ですが、これは農地利用集積事業の確定見込みによるものでございます。
 続きまして、歳出関係、18ページ下段をお願いいたします。
 5款農林水産業費、3目農業振興費、19節負担金、補助及び交付金、36万2,000円の減額ですが、水稲防除、損害防止事業、果樹共済掛金、それぞれ額の確定に伴います減額でございます。4目地域営農支援事業費でございますが、19節負担金、補助及び交付金で、157万7,000円の計上ですが、歳入でも御説明申し上げましたが、補助金で県補助金の増額内需分の50万円を、水田農業推進協議会へ補助するものでございます。
 続いて19ページをお願いいたします。地域営農基盤強化総合対策事業では、農地利用集積事業の額の確定見込みに伴い農地利用集積円滑化団体の大北農協への補助金、90万9,000円を減額するものでございます。交付金では農地流動化交付金、198万6,000円の増額ですが、額の確定見込みに伴う不足分の計上でございます。
 6款商工費、1目商工総務費、19節負担金、補助及び交付金で不況対策特別利子補給補助に35万円の増額ですが、額の確定見込みに伴う不足分の計上でございます。22節補償、補填及び賠償金では、県、村、それぞれの制度資金借り入れに対する補償料補給金の額の確定見込みに伴います427万7,000円の減額でございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 建設水道課関係、12ページをお願いいたします。
 3段目の19款諸収入です。雑入の一番上、穂高川水系治水砂防期成同盟会、44万9,000円の追加です。これは構成団体の負担金が今まで大規模な災害がなく、国、県の事業量も減少したため、余剰金となっているために返還されることになりました。
 次に19ページをお願いします。歳出です。
 7款土木費、一番下の段です。2目道路維持費ですが、120万円の追加をお願いいたします。工事請負費としまして、村道7−48号線、かぼちゃやま農場入り口の部分の県道との接続協議におきまして、大型バス等の荷重に適応した道路横断側溝の敷設換えと、歩道舗装等における工事量が増加したため、増工をお願いするものでございます。
 続いて、次の20ページをお願いします。下水道費になります。5,000万円の追加をお願いいたします。繰出金として5,000万円ですが、これは特定環境保全公共下水道事業特別会計への繰り出しとして、過年度の交付税措置の中での追加繰り出しでございます。
 建設水道課関係、以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いいたします。歳入、10ページをお願いいたします。
 一番上段になりますけれども、教育費国庫補助金の学校教育費補助金、3万6,000円の減額です。私立幼稚園就園奨励費、2万5,000円の増、特別支援教育就学奨励費6万1,000円の減額となりますが、それぞれ確定見込みに伴うものでございます。
 続きまして、次の11ページの中段の5目教育費県補助金の関係、1節学校教育費補助金、3万円の減、笑顔で登校支援事業補助金、それから2節社会教育費補助金の28万9,000円の増額ですが、子ども教室補助金、4万4,000円の減額、それから児童クラブ事業補助金、33万3,000円の増額ですが、それぞれ確定見込みによるものでございます。
 続きまして21ページ、歳出をお願いいたします。
 上段、1目教育委員会費、3,000円の減額です。19節負担金、補助及び交付金ですが、女性教育委員中南信ブロックの負担金の確定でございます。続きまして2目事務局費、1,367万3,000円の増額です。13節委託料、34万3,000円、これは職員の検診、それから児童・生徒の検診等検査の委託料ですが、児童数の関係、それから精密検査が必要でなかったということで減額となっております。それから25節積立金、1,398万6,000円ですが、教育施設整備基金への積み立てを行うものでございます。
 それから、小学校費の関係で学校管理費、60万4,000円の減額です。11節需用費、50万円、修繕料ですが、プールろ過剤交換の入札差金によるものです。12節役務費、2,000円の減額ですが、計量器検査料、これは新規購入のため検査が必要なかったということで減額です。それから13節委託料、2万6,000円の減額ですが、B型肝炎予防ワクチン接種の関係で確定の分です。それから15節工事請負費、7万6,000円の減額ですが、校庭転圧の入札差金でございます。
 次のページ、22ページをお願いいたします。小学校費の教育振興費の関係で66万3,000円の増額ですが、まず7節賃金、49万7,000円の減額ですが、これは加配の村費から県費のほうへ移行ということで減額となっております。それから18節備品購入費ですが、光をそそぐ交付金の関係の図書館の図書の関係で116万円の増額です。
 続きまして、中学校費の1目学校管理費、2万6,000円の減額ですけれども、委託料でB型肝炎予防ワクチン接種、それから肝炎の血液検査の関係で確定した部分の減額でございます。
 それから、教育振興費、14節使用料及び賃借料、1万9,000円ですけれども、全中の引率の先生のスキーリフト代が不要だったということ、それから18節備品購入費の84万円の増額ですが、光をそそぐ交付金の図書館の図書分の増額でございます。
 続きまして23ページ、次のページになりますが、下段、下から2番目、5目文化財保護費、4万8,000円の減額ですけれども、これは工事請負費で牛窪古墳の看板の入札差金でございます。続きまして6目収蔵施設管理費、870万4,000円の減額です。まず11節需用費、13万6,000円の減額ですけれども、燃料費につきましては、旧公民館の燃料費の確定分の減額、それから印刷製本費につきましては、当初、ここが文化財の関係の展示ということで展示用パネルの写真代を計上しておりましたが、これの減額。それから12節役務費、35万円の減額ですけれども、旧第2倉庫の不燃物収集手数料ということで、不要の民俗資料の廃棄に伴う手数料を計上してございましたけれども、減額でございます。それから13節委託料、2万8,000円。清掃業務ですけれども、旧公民館の清掃業務を予定しておりましたけれども、その分の減額。それから15節工事請負費、819万円の減額ですが、第2倉庫の取り壊し費の関係の減額でございます。
 続きまして、次のページの一番下の段になりますけれども、学校給食運営費の関係ですが、19節負担金、補助及び交付金、99万4,000円の減額です。これは学校給食センター負担金の確定見込みに伴うものでございます。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) それでは、公民館関係をお願いいたします。まず、歳入で9ページをお願いいたします。
 11款1目教育費分担金であります。48万8,000円の追加をお願いするものでありますけれども、東細野会館の屋根塗装工事、これが工事終了いたしまして6万5,000円の減、それから三軒家会館の外壁工事の塗装工事、55万3,000円、これは光をそそぐ交付金事業の対象分でありますけれども、55万3,000円の増で、48万8,000円を追加お願いするものであります。
 続きまして、12款5目教育使用料、野球場それから林遊館、パターゴルフ場、それぞれシーズン終了に伴いまして、確定見込みに伴います減額、51万3,000円であります。
 続きまして、歳出、22ページをお願いいたします。4項社会教育費、2目公民館費、賃金16万1,000でございますけれども、長期入院に伴います臨時職員の賃金の追加補正をお願いするものであります。
 それから、13節委託料、それから15節工事請負費でございますが、先ほど説明いたしました三軒家会館の外壁工事の設計管理、工事請負費の追加をお願いするものであります。
 3目図書館費、749万8,000円の増でありますけれども、備品購入費といたしまして、図書館の充実事業対象ということで、図書の購入費、これは光をそそぐ交付金事業でありますけれども、210万円。それから、先ほど御承認いただきました基金の関係で250万円を積み立てるといった内容でございます。
 それから、4目の生涯学習推進費、需要日22万8,000円の追加でありますが、生涯学習センター、グリーンワークでありますが、燃料費の追加をお願いするものであります。
 続きまして、24ページ、ここ5稿保健体育日、2目の体育施設費であります。15節の工事請負費、89万3,000円の減。これにつきましては、元気づくり支援金事業で行いました高瀬川洪水時期の整備、それからかぶろ会館の遊具の設置工事、工事終了にともないます減額でございます。
 それから、18節の備品購入費、9万1,000円でございますが、現在、高瀬側の河川敷に電気を仮設としてまして引いてはございますけれども、利用者のほうから容量が不足しているという関係で、御迷惑をかけておりました。これでまたシーズン到来に向けまして発電機を購入するといった内容で、追加をお願いするものでございます。
 それから、3目、体力増強事業費、10万9,000円の減額でございます。報奨費8万9,000円につきましては、事業確定に伴いまして減額。それから19節の負担金等につきましても、大会等の負担金、事業終了に伴います減額見込みで減額するものであります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 23ページの9款4項、一番下になりますが6目収蔵施設管理費、一番下の15節、この819万円、旧農協第2倉庫の解体費が減額となっておりますが、予算は村長にのみ専属しております。180度転換する減額となっておりますが、どういうことか村長にお答えいただきたいです。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 済みません。意味がわからなかったのでもう1回御説明をお願いいたします。
◆10番(矢口あかね君) 23ページをごらんください。9款教育費、一番下なのですが6目15節工事請負費、旧農協第2倉庫の819万円の解体費が予算に上がっておりましたが、今回全額減額となっております。これは180度転換する決断というのでしょうか、転換する結果の減額だと思うのですが、これに対してというかなぜ減額されたのかお答えください。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議員が議員になられる前からこの問題についてお話をしてまいりました。そういう中で、当初第2倉庫につきましては見積もりしていただいたところ、あれを残すために見積もりをしていただいたところ、約6,000万から1億円の耐震補強工事がかかるということの中で、大事なものだということはわかっておりましたけれども、その当時、松川村としてそれだけのお金を出してあれを残すだけの余裕がなかったという状況の中で、これは今の議会の皆さんの中で苦渋の決断をしていただきましてこの819万円についてはお認めをいただきました。
 しかしその後、村民からもそんなにかけなくてもできる工作があるのではないかというような情報がございまして、村もそれに伴いまして設計者を変えまして調査をさせていただきました。そういう中で、1,000万から2,000万円をちょっと超える範囲の設計が、耐震補強工事ができるという設計書が上がってまいりました。その中であまりにも違うので再三調査をいたしましたけれども、約2,000万円ちょっとぐらいで補強工事ができるということが確実になったという状況の中で、前の伊藤村長の思い、そしてその当時、議会議員でありました皆さんの思い、それからあの建物が松川村に残す影響等を考えまして、私はこの1月18日に国のほうへ行ってきた結果、残してもいいだろうと。今の松川村の状況では残すことができると。シンボルとしても残してもいいではないかという結論になりましたので、今回、819万円については取り下げをさせていただいたという状況であります。
○議長(新村久仁男君) 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 私も耐震の見積もり約6,000万円と、その後の2,100万円という両方の資料をいただいております。ざっとした計算で3,900万円の差なのですが、この3,900万円の線引きはございますか。
 6,000万円と2,100万円という2つの見積もりが出ているのですが、3,900万円の差です。6,000万から2,100万を引きますと。3,900万円の差は一体幾らが高額で、幾らが妥当だとお考えでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) これにつきましては、それぞれ設計者によりまして残す方策が違うということの中で、私は当時6,000万円は妥当だったというふうに思うのです、6,000万から1億円というものは。ですが、やり方によってあの建物を、あそこの中に入っているものをあのままにして残すということを考えたときに、この2,000ちょっとのお金でもあの建物は残るというように設計者がそういうことで見積もりをしていただきましたので、私はこの2,100万円も、2,000ちょっとを超える金額も正しいものだというように思っております。
 どちらが正しいかと言われても両方正しいということしか言えませんけれども、2,000ちょっと超えるお金でしたら、今の松川村の状況では大事なもの、昭和15、16年に建てて、村民がお金を出してやって、松川村があれを本当に重要なものとして使ってきたという状況の中で、元伊藤村長でありますけれども、残したいという希望で買われたものでありますので、意に沿って私も残していきたいということであります。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 矢口議員。
◆10番(矢口あかね君) 6,000万円では高額だから保存を断念されたと思うのです。本当に必要なものであれば1億円でも保存すると思うのですが、一応それだけはお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 当時、状況の中で私は6,000万から1億円と言われましても、今松川村の財政状況を考えたときにはちょっと無理かなという状況の中で、これは村が判断をしまして議会議員の皆様にもお願いをしまして、何としても決断をしていただかなければいけないということの中で、議会の皆さんに苦渋の決断をしていただいて取り壊しをするようにさせてもらったわけです。
 ですが、さっきから言いますように、松川村にとってシンボル的なものであったり、あれを有形登録文化財として残せる方策が出てきたので、これも大きな残す理由の1つとして考えていきたいということであります。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 平林議員。
◆7番(平林寛也君) やはり私も旧第2倉庫についてのことでお伺いをしたいと思いますが、どちらにしましても、当時はつぶすということで819万円予算を上程されて、議会も議決をしております。今回、全く落とすということなので、先ほど矢口議員のほうからお話があったように180度変わるのかなという、そんな感じも受けるわけですけれども、ただ、これを村と議会の間だけの話ではないと思うのです。これは本当に村民の皆様に一度取り壊しますよといって議決をして、採決してあるわけです。村民の皆様はそれである程度了解されて今まで来ているわけなのですが、これを変えるということになると、当然、本当に村民の皆様に丁重にその説明をきちんとやっていって了解をしていただかなければいけない。今の状態でそのまま何もなしに残しますよ、2,100万円つけてやりますよということでやっていたのでは、私は議会はもちろん存続の意義を問われかねない。やはり村民の皆さんの意見集約をきちんとやっぱりやる期間を設けて、再度検討すべき大変大きな問題だと思っております。
 全協の折も、村長からはそれを残すということで熱い思いをお伺いはしているのですけれども、再度この場で3つほどお伺いしたいと思います。
 まず1つ目は、検討委員会の答申についてどのようにお感じになられたか。村の検討委員会の答申では、取り壊しやむなしということで幾つかの理由もございました。そこら辺を村長はどうお考えになったのか。
 それからもう一つは、防災公園の指定、緑町中区ですか。になっているわけですけれども、耐震の工事をやってもニュージーランドの例もありますが、余震等を考えると近づけないということになるのだろうと私は予想しているのですが、そうなりますと機能的にも非常に防災公園という位置づけは難しいのではないかなという気がしております。そこら辺代替でどこか考えるのか、どういう対応をしていくのか、そこら辺をお伺いをしたいと思います。
 それともう一つは、これは地元区の皆さんの御意見がどうなのかという、そこら辺のお話なのですが、取り壊しということで地元区の皆さんも了解をして、そういう気持ちでいたところを、今度は残しますよというお話になりますと、地元区の皆さんというのは困惑、ただただ困惑だと思うのですけれども、そこら辺の御意見といいますか、そういうものをお聞きになっていらっしゃるのかどうか、それをお伺いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) それでは3つについてお答えをいたします。
 検討委員会をどのように考えたかということでありますけれども、検討委員会の中間報告は聞いておりますけれども、最終報告をまだ私は手元にもらっておりません。皆さんもお話をしましたときには、中間報告ということの中で今議員言われるように取り壊しが妥当ではないかというように出されておりますけれども、私の考え方は残すということで申し上げたとおりであります。
 それから、防災公園として耐震、余震を考えると値がづけないということでありますから、それについても私は代替を考えずに、地震が来ても大丈夫なように大至急、なるべく早い機会に補強工事をしていきたいということであります。
 それから、地元区の意見につきましてはどうなのかということでありますけれども、全員の皆さんには聞いてございませんけれども、聞ける人についてはお聞きをしております。私は当初残してもらいたかったけれども、村長がつぶすと言ったのでしようがないなという意見もございましたし、どうしてもつぶしてほしいという意見については、私が聞いた中では、私のほうへはどうしてもつぶせということを言う人はございませんでした。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 今の平林議員のにもう一度、再度お聞きしますけれども、私たち行政の中間報告、あれは中間報告だと私は受けとめなくて、報告だとお伺いしました。その場で村長が残したいという意見を言われた。今、お聞きしても区の皆さんの意見は一部はお聞きしている、全体にはお聞きしていない。このような重大な問題を本当に村長の独断で決めたのではないかなと私は思います。
 村長が開かれた村政だと今までおっしゃって動いていらしたのに、ここにきてこの重要な問題を村民の意見を十分に聞かないという、その点をどうお考えなるのかお伺いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私は職員との話の中で、再度状況が変わってきた中で報告書を出すというように言われておりますので、中間報告ということを申し上げました。
 それから開かれた行政につきましても、今議員おっしゃられますように、私は開かれた行政をやってきておりました。あれについても独断と言われましたけれども、この間1月18日の長野県町村長の会議の中で、ちょっと今下に行かないと資料がありませんけれども、名誉顧問の方の講演会を聞いてまいりました。首長は何のためにお金をもらっているかと、こういう状況の中であなたたちは判断をするために、村の判断、方向を出すためにお金をもらっているのだという話を聞いてまいりました。
 そういう状況の中で、いつまでもぐずぐずしているわけにはいかないと、私は自分の考えをもう1回考えた中で、あのものについては残すが一番だという結論を出しましたので、これからそれぞれの皆さんにはお話をしてまいりますけれども、今回、この819万円についてはここで補正を落としてもらわないと、未執行という状況になりますので、今回出したわけであります。
○議長(新村久仁男君) ほかに。榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 確かに村長が決断するというのは当然のことでありますけれども、ただ、文化財的なもので今後有形登録文化財というお話が出ましたけれども、そうしますと今後永久的に保存していくというお話になると思うのです。そうしたときに、歴史というのはある一部の方でも大切に思う方が思いを持って守ってくるから歴史というものは守られていくということは私もわかっていますけれども、今後、村がこれについて有形登録文化財に指定しますと永久的に保存していくという話になりますと、今の世代、若い世代にお願いしていかなければならない項目だと思うのです。そういうことについて、やはりそういう人たちにもう少し意見をきちんと聞いていただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 4月には区長会がございます。そういう中で区長の皆様にもお話をしますし、それぞれ機会あるごとに私は区の皆さんともお話をしてまいりたいというように思っております。
 若い人たちだけ集めて話をするとかそういう考え方はございません。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 私たちも本当に苦渋の選択ということでしたけれども、一番発端は21年8月7日の全協のところで、村長は防災公園の中でもあるし、文化的価値はないという、そういう結論が出たので、一時も早くそういう方向でいかなければいけないと判断をしたというお話をされました。
 それで、今は文化財的な価値というものに目を向けていらっしゃるので、村として所有している文化財的価値になるものはここの旧第2倉庫が1つしかないというふうには思いますけれども、これを機に、松川村の各地域にもあります文化財的なもの、いろいろなものに対しても有形文化財にしたりしながら、文化財審議会の方と検討して進めていくという、そういう並行したお気持ちもある中でこれを進められているのか、第2倉庫についてだけ文化財的価値をとにかくそこへ意識を持っていって残していきたいという思いなのか、その辺のところをあわせて村長の文化財というものに対する今後の姿勢もお聞きをしておきたいと思うのですが、それはどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) これにかけまして、松川村のほかにもある文化財についてをどのようにするかと言われましても、私は今のところどれが、どのものが文化的な価値があるかわかりませんので、今回、このものにつきましては第2倉庫だけを残していきたいという考え方であります。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 文化財審議会が村にはありまして、松川村には有形、無形、たくさんの文化財がありまして、それらについても村のほうも意を注いで補助金を出すなりしながら擁護して、存続しています。そういう中で、やはりこれだけを残すということではなくて、村長にはそういう文化財に対する考え方をもう少し柔軟性を持たせて、今後について大事なものはきちんと残していくという、いろいろなものに対する姿勢というふうに受けとめられるかどうかというところがうんと大事なところなのですけれども、その辺のところをぜひそうあってほしいと願うわけですが、今回のこの予算に直接は関係しないけれども、今後についてやはりそういうことをお願いしたいと思いますが、その辺についてのお考え、済みません、再度お願いします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) それぞれの担当課がございます。そういう中で話をしてまいりたいというように思いまして、今ここであれは残します、これは残しませんということは申し上げませんし、必要なものは残していくと、そういう考え方には変わりございません。
○議長(新村久仁男君) ほかに。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 文化財保護審議会、「保護」はとって文化財審議会との話し合いを以前お聞きしたときに、早急にやるということでしたけれども、有形文化財登録をしていく上において、審議会の御意見はどうだったでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 登録の関係につきまして、文化財審議会のほうに御意見をいただくという形にはなろうかと思いますけれども、今まだ登録をするという手続に入るわけではないですし、それから命を受けて申請をしなさいと、それから意見を聞きなさいということは聞いておりませんので、必要とあれば文化財審議会のほうには意見を聞くような形になろうかと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに。白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) まだ開いていないということですか、会議は。審議会に対して。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) この予算の結果を待って、私は指示をしてまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) この登録有形文化財に関して、今既に動きがあるやに聞いておりますけれども、何かそれに対して動いているという、その事実はありますか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 登録有形文化財につきまして、どのようなものか、また手続につきましては県のほうに行って話を聞いてきたということはございます。その関係の中で、12月登録という形になれば、なるべく早く県のほうにその意を伝えてほしいということは聞いております。ですが、実際の手続についてはまだ入っておりません。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) きょう、819万円、これがいわゆる可否を議決されるわけですけれども、それ以前にそういうような動きをするということは、村長、どういうお考えなのか、ちょっとお聞きをしたいです。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私は前にも申し上げましたけれども、1月の皆さんにお話したのは確か25日だというように思います。その時点で残すという判断をいたしましたので、1月18日に文化庁に行ってきた結果でもって、これは手続的に早くやらなければいけないなという考え方の中で、自分で残すという判断をいたしましたので、そういう中で教育長に命じ、県の意見も聞いてほしいということを言ってあります。
 これは私の判断というか、松川村の村長としての判断をやらせていただいております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 議会として議会軽視だと思いませんか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議会軽視としては思っておりません。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 私は議会軽視だと思いますけれども、村長がそういうふうに思わないと言えばあれですけれども。
 それでは、さっき矢口議員がお聞きをした中で、2,100万円ならできるという判断をしたということですけれども、2,100万円で耐震ができたとしても、やっぱりこれから相当長くあれを保存していくには、いわゆる維持管理が必要だと思うのです。その中で一般的な壁土の最低値の3分の1くらいの強度しかないと設計者は言っておりますので、多分、土壁については2、3年、あるいは4、5年のうちに崩落をするおそれがあるのではないかというふうに見ているわけですが、そうなると大体5,000万円ぐらいの金がかかるのではないかというふうに私も本職に、どのくらいかかるのかと聞いておりますけれども、そうなってくると維持管理費というのは、これから6,000から1億円ぐらいのものがかかってくると。
 松川村は財政シミュレーションの中でも、ずっとマイナスになるシミュレーションをつくっているわけで、あまり財政的にはこれからもよくなるわけがないものですから、そこら辺をどういうふうに考えているのかお聞きをしたい。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 2,000万円をかけても2、3年から4、5年で壊れるのではないかというように言われましたけれども、私は普通の地震の中で見ている地震は1以上になれば、普通の地震が来ても壊れないというように言われておりますのでこういうことはないと、今議員が言われるようなことはないだろうというように思っております。
 維持管理に5,000万円以上の金がかかるのではないかというように今言われましたけれども、私は当分の間、補強工事をすることによってこのお金はかからないというように思っております。
 それから、財政的シミュレーションのものについては、年々変わってきております。現在、長野県下では7番目の実質公債比率を誇る松川村でありますけれども、私はこのお金は無駄遣いではないというように思っております。松川村の歴史を残すにはたまたま2,100万円で今回使わせてもらいたいということでお願いをしますけれども、これが松川村にとって不必要の支出であったというようにはしないように努力をしますし、また住民の皆さんに説明をしていきたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 先ほど矢口議員の質問の答弁の中で、6,000万円は松川村にとっては痛い金だから決断をしたという言い方をしていますので、2,100万円ならいいのだという言い方だと思いますけれども、維持管理費というものはいずれにしても将来かかってくるわけです。そういうことを考えると、2,100万円だけでは終わらないと私は見ております。村長とは全然違う考え方ですが、もう1回答弁をお願いしたい。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私も今回の耐震補強工事の2,100万円だけですべてが終わるというようには思っておりません。だけれども、今言われましたようにここ数年間に4,000から5,000万円のお金をかけていかなければならないというようには思っておりません。
 ですので、今2,100万円をかえておけば、当分の間、松川村のシンボルとしても残るだろうし、そしてまた123年たちますこの松川村の歴史の中で必要な建物だということの中で、村民の皆様には御理解をいただけるというように感じております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 今、いろいろたくさん意見が出てきまして、私も村に長い方たちに聞きましたけれども、そういう皆さんの声は、残せるものなら残してほしいというような言葉をきょうまでの間に預かってきました。前回の一般質問でも少し申し上げましたけれども、こういった同じ倉庫を、実は常盤にあったものを常盤の皆さんは壊してしまって、そこに教員住宅とか、あるいは包括支援センターなどをつくっていると、そういう面で松川村はこれを残してきたということはやっぱり農業の村、基幹産業、基盤産業は農業であるという、そういう思いが強くあったのだろうと思います。
 そういうことによって、私たち議会も実は苦渋の選択をしました。苦渋の選択ということは本当は残したかった。残さなければいけないのではないか、本当に残念だなという思いで苦渋という言葉をあの時つけたのだろうと私も今振り返っております。
 ただ、そういう面で平林村長には財政力をたくさん上げていただきましたので、今後もこういった方向性をきちんと持って、そしてこれを残すことによって例えば福祉とか、教育とかこういった面に影響がないようにやっていただけますかというあたりをちょっと聞いておきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私が預かっている間はあれを残すことによって福祉を落としたり、教育を落としたりという考え方はございません。
○議長(新村久仁男君) 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) それからもう一つ、きょうまで何回か180度変わってきたわけでありますけれども、そういう中で専門家の見た感じということでは、あの第2倉庫は大変立派な柱を使っている、珍しいほどしっかりとした柱でびっくりしたということで、松川村の豊かさを感じたという声があったと思います、講師の先生から。そしてまた、きょうまでの状況を見ると、わずか5ミリ程度ですか、南へ傾がっているくらいで、ほとんど動いていないというお話を聞いたことが私の心に残っておりまして、これを判断の材料にしたいなと思いました。
 以上です。その辺はどうですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 耐震の設計をしていただいた業者につきましては、しっかりした業者だというふうに私は思っておりますので、今度これを残されることがきょう議会の皆様の御判断をいただければ、それありきの手続を進めてまいりたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 先ほどの佐藤議員の質問で、教育、福祉等を落とさないというお話で、村長、全協の席でこれを残すことによって、公民館に児童館を建てたいという言葉が一言出たような気がいたします。昨日の長期計画の中でも、それが載ってこなかったのですけれども、その辺についてはどうお考えですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 全協のことを本会議で言われますと、私はしゃべるのに困るのですけれども、だからあのときに今後の経済状況の中で実施計画を変更させていただきますけれども、よろしくお願いします。最終的に私はそういうように議員の皆さんにお願いをした記憶がございますので、そこら辺で御勘弁をいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) では、実施計画の中には載っていないけれども、今後の進め方によっては取り組むという、長期に取り組みたいということでよろしいでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) だから、最終に実施計画については変更をさせていただきます、そういうときが来ればよろしくお願いしますというふうに申し上げましたので、そこら辺でまずいですか。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 実施計画を見たときに、村長のお言葉で私は児童館というものはとても必要だと思っていましたので、載ってくるのではないかと期待をしていましたら載ってきていなかったので、今25年までないということなので、ちょっと残念だったので今お聞きしたわけです。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) もう1回言わせていただきます。それぞれの状況の中で実施計画は変更させていただきますので、よろしくお願いしますということで、25年度までの実施計画は出させていただいております。そういうことで私の気持ちを酌んでいただけたらと思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。
 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 第2倉庫につきましては、松川村の米所としての歴史が刻まれたそういう倉庫であるというふうに私は考えています。ですから、いろいろ経過の中ではありますが、残せるものであれば残したいというのが私の基本的な考え方です。
 そこで質問いたしますが、1月の末に議会が開かれ、その後で開かれたときに、私は指摘をしたわけですけれども、村職員の検討委員会で検討した結果の報告と、それから村長がこうしたいという報告と2つあるように受け取られるような形が私たちに示されたわけです。それがそのまま放置されていては私はまずいというふうに思っています。
 そこで、先ほどもありましたけれども、村長が諮問して検討してもらっているということなので、しっかりとした結論を出してもらって、そこはひとつ一本にしていただきたい。これは年度内にやっておくべきではないかというふうに思います。そうすれば、私などの認識なども非常に明解になってくるというふうに思います。その点はどうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 議員の気持ちにこたえるようにしたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 河内議員。
◆9番(河内國治君) 私自身、第2倉庫を残したいという気持ちは強いです。それで苦渋の決断という形で議会が決断したわけですよね。議会としてもやはり決断したという事実、これに対してしっかりとした答弁、皆さんに説明があるということになると思います。それに対して結果的に残すという形の中で、安く耐震措置ができると。そういう部分では大変結構なことだと思いますが、その後の、先ほど甲斐澤議員の言われたように、ランニングコストまたは経過について心配するわけですが、そういった部分を十分考慮に入れて先々においてどのような経過で金銭的なものがかかってくるかというようなことについての検討はなされたでしょうか。お聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 苦渋の決断をいただきました議会議員の皆さんには大変ありがたいわけでありますけれども、その決断を出した私も苦渋の決断をしているわけであります。そういう中で、私の気持ちを議会の皆さんが酌んでいただいたということで感謝を申し上げたいというように思いますので、村としましても苦渋の決断をしたということを一緒に思っていただきたいというように河内議員にお願いしておきたいと思います。
 それから、今後の維持管理費、経費につきましては、私は先ほど甲斐澤議員に申し上げましたけれども、この耐震補強工事をすることによって、ここ数年間大きな金額がかかるというようには思っておりません。現在、使用につきましては、あそこへ村民の皆さんから出していただいた古い民具等をしまって、時には見てもらいたいとそういう考え方でおりますので、あそこを何かほかのものにやっていくという考え方は今持っておりませんので、当分の間は大丈夫だというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 河内議員。
◆9番(河内國治君) ただいまのお答えの中で、特に何に利用するとかそういう部分は決まっていないというふうに受けとめましたけれども、一番はここの部分でちょっと拙速な状態でことが進んできているのではないかと。もう少し村民に対してできるだけ細かなことで説明責任ですか、そういった方向でよく説明して、納得していただいた上でやっていったほうがいいのではないかというふうに思うわけなのですが、その辺のところはどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 私は拙速だというふうには思っておりません。これからできるだけの住民の皆様には説明をしていくという考え方でおります。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 第2倉庫ではないのですけれども、20ページのところで、消防費の関係、デジタルについて工事請負費が3,500万円で、委託料が440万円の減額がありました。それで、御説明の中では、同報系について今回それに取り組まない状況でやっていくというお話でしたけれども、それによって何がどう変わるのかが不明なので、その辺のところと、それからデジタルがいつから開始になるのか、それをすると何か変化があるのか、その辺のところをもう1回御説明いただきたいのが1つと、それから、21ページのところで、教育費の事務局費の中で、積立金が1,398万6,000円ありますけれども、これは教育施設の整備基金ということで積み立てるようになっております。総合的には相当な金額になってくるのではないかと思いますので、この基金について、金額とそれから今後どのような形でどんなふうにこの基金を活用していくのか、予定等を御説明いただければと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは20ページの消防施設の関係ですけれども、同報系の今アナログで個別受信機と、それから定時の放送をしておりますけれども、その実施計画によりますと25年度に設計で、26年から28年で工事を行う計画をしております。そのために今回落とさせていただいた同報系の設計費ですけれども、今設計をしても26年からの工事ということですので、これからもっといいものが出てくる可能性もあるということで、ぎりぎりで設計をしたいということで、実施計画の中で25年度に変更させていただきたいということで減額をさせていただきましたというか、未執行で発注をしなかったということで、それが約440万円でございます。
 どう変わるかという部分ですが、デジタル系は移動系ですので、防災無線とは関係ございません。消防ですとか、区長さんにお配りしてあります無線でございます。アナログ系の電波がもう使えなくなるということで整備をさせていただいておりますので、当然、デジタルになりますと機能向上等を含めまして、防災のために役立てていきたいと、そういうことで設置をさせていただきました。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 機器の額につきましては、会計課長のほうから聞いてありますけれども、約4億4,100万円強ということです。利息が確定したときに変更がありますので、そういうことでお願いしたいと思います。
 なお、この基金につきましては、当面は給食センターの建設費に充当したいということで考えております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 済みません。先ほどの収蔵施設の件でもう1点だけお伺いしたいのですけれども、登録有形文化財、説明いただいたときには跡利用を国にお願いするときにはしなさいと、それについての予算も多分出てくるだろうというお話を伺いました。今、村長のお答えの中では、中に今まで村民から寄附いただいたそれを置いとけばいいのだと。その辺については、登録文化財、私たち聞いただけでもちょっとわからないのですけれども、その辺はどうですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 現在、あるのをあそこに置いておくのも、今、申請ですか。申請のことを言われたのですか。
 おれはあそこを今申し上げましたけれども、私の気持ちとしてはあるものを残していきたいと、あそこの場所に残していきたいということでやっております。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 議員おっしゃるように、申請につきましては、今後の利用計画についても添付といいますか、話をしろということにはなっております。ただ、それにつきましては計画ということで、何年にこういう利用するかというところまでは求められないということは聞いております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。
 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) ちょっと教えてください。歳入の10ページですけれども、そこの中で先ほど県支出金で、授産施設の事務費がこうなりましたという御説明がありました。景気が悪くて雇用も悪くて、そのためいろいろな事件も起きていてという中では、就労センターで大勢の人が働けるようになっているということはいいことだなと思うわけですが、この人数的なものを知りたいと思います。
 それからもう1点は、めくって12ページですが、広域連合のほうからの還付金が来たというわけでありますけれども、還付金が来るほど利用者が少なかったという判断をしていいわけでしょうか。そして、平均の利用者が2.2人ぐらいということですが、これに対してどんな意見があったのか。私はもう閉鎖をしてもらって、大町病院とか安曇病院でいいではないかと思ったりするわけですけれども、いつまでも続いているのでどんなふうでしょうか。教えてください。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは10ページのほうからお願いいたします。
 当初予算では15人ほどということで見込んでおりました。ですが、先ほど説明しましたように5人ほどふえたということで、生活保護者及びそれに準ずる低所得者というふうな形で、1人当たり一月6万5,900円でございます。それより少し上の階級になりますと、上というのは所得が多い方は1人当たり3万8,209円ということで、先ほど言いました6万5,900円が約20名ぐらい、そして3万8,209円が1名いるという中での増でございます。
 2番目ですが、広域連合の負担金の還付金でございます。21年度の1年を通じたものしか出ておりませんので、全体の総予算の中から各市町村がそれぞれかかった患者でそれぞれ割り振ってございまして、松川村は21年度では1年間で72人という中で、80万円還付になるということで情報をいただいてございます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 ただいま議題となっております議案第13号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第5号)については、質問等、質疑等多数出ておりますので、議案等審査特別委員会へ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、議案第13号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第5号)については、議案等審査特別委員会へ付託することに決定しました。
 ここで、1時20分まで休憩いたします。
                                 午後 0時25分 休憩
                                 午後 1時20分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 議案第14号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、一般と退職の保険給付費増額分約3,400万円と、あと基金の積立減額約1,090万円によるものでございます。
 5ページをお願いします。まず、歳入からですが、3款1目財政調整交付金、1,000万円、2目出産育児一時金、14万円、それから7款共同事業交付金、800万円、9款繰入金、同じく800万円、次のページの11款諸収入、62万8,000円を追加するものでございます。
 続きまして7ページの歳出をお願いいたします。2款1目一般被保険者療養給付費、2,167万円、2目退職被保険者等療養給付費、460万円、3目一般被保険者療養費に100万円、それぞれ増額するものでございます。
 同じく2款1目一般被保険者高額療養費に650万円、2目退職被保険者等高額療養費に50万円、4目退職被保険者高額・介護合算療養費に10万円を減額するものでございます。
 次のページをお願いいたします。3款後期高齢者支援金に19万8,000円、8款保健事業費に75万円を追加し、9款基金積立金を1,093万3,000円減額し、次のページの10款諸支出金、258万3,000円を昨年度の超過分確定に伴う補正でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 今、説明といってもただこれを言っただけで、内容を説明してもらえませんか。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 済みませんでした。全体的には当初に申し上げましたとおりに、一般・退職の療養給付費の増額分を後の基金の積立減額1,090万円で行うものでございまして、2款保険給付費につきましては、これはすべて保険給付の関係でございまして、増額させていただくものでございます。
 8ページのほうに移りまして、保健事業につきましては、8款保健事業費の補助金につきましては、人間ドックの追加分の確定分でございます。あとは基金積立金の減額、10款につきましては、昨年度の国への償還金でございまして、国保療給負担金返還金の246万3,000円と国保出産一時金償還金の12万円ということになっております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 5ページの繰入金で800万円あって、これは支払準備基金の繰入金が。それで、8ページのほうでは支払準備基金の積立金のほうが、減額が1,093万3,000円あるのですが、これは相殺できないのか、どうしてこういうふうになるのか、そこら辺の御説明をお願いします。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) まず、支払準備基金の繰入金800万円の件なのですが、これは準備基金のほうから800万円歳入として受ける分でございます。歳出のほうの基金積立金につきましては、当初では1,102万8,000円ということで当初予算を組んでいたわけですが、その分を取り崩して歳出のほうに充てさせていただくというものでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そうすると、補正前、予算に上げていた額を減らして歳出するほうが減ってくるということになりますよね。その辺のからくりをもう一度説明をお願いします。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 申しわけございません。歳入のほうでは、基金のほうから取り崩して歳入として受けると。それで、基金積立当初では積み立てますよということで見ていたものを積み立てないで、積み立てをしないということでございます。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) これによってまだ決算も見ていないし、今後についてこの税率とかいろいろなものも私もわからない状況なのですけれども、この積立基金のほうは金額はどんなふうになるのか、新年度予算を組むときにどういう状況になっているところで、どうやっていくのか、その辺のところもしわかったら、現在の状況を教えてください。
○議長(新村久仁男君) 会計課長。
◎会計管理者兼会計課長(伊藤勇二君) それでは、基金を管理している立場でお答えをさせていただきます。国保診療報酬支払準備基金につきましては、今回、今住民課長が御説明しましたとおり、800万円の繰り入れということでございますので、それを差し引きまして残りが5,970万円でございます。約でございます。また、なお、国保会計には別に国保高額医療費資金貸付基金というものがございます。こちらのほうが約1,130万円でございます。あわせますと国保関係約7,100万円でございます。
 以上です。
◆11番(白澤富貴子君) わかりました。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第14号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第15号 平成22年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正に当たりましては、後期高齢者医療の保健基盤安定繰入金の実績見込みに伴う増額分でございます。5ページをお願いいたします。
 まず、歳入からですが、1目督促手数料、1,000円、それから2目保険基盤安定繰入金に12万7,000円を追加するものでございます。
 続いて6ページの歳出をお願いいたします。2款後期高齢者医療広域連合納付金に12万8,000円を増額するものでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第15号について採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第16号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは初めに、今回の補正の概要をお話します。
 歳入では、事業費の確定見込みによります国庫補助金、受託事業収入、それから村債の調整、一般会計繰入金の追加と、それに伴う基金、下水道整備基金です。下水道整備基金の繰入金の減額。それから歳出におきまして、事業費の確定見込みに伴う調整を行っております。
 3ページをお願いいたします。第2表地方債の補正です。事業費の確定見込みによりまして、減額の100万円を補正しております。
 続いて6ページをお願いいたします。歳入です。初めに国庫支出金です。下水道事業国庫補助金ですが、これは下水道事業計画の変更認可業務及び浄水苑の主ポンプ増設業務の事業費確定見込みに伴う調整です。
 続きまして繰入金です。一般会計繰入金。一般会計の補正のところでもお話をさせていただきましたが、普通交付税措置分の一般会計繰入金の追加分、5,000万円です。同じく繰入金の公共下水道整備基金繰入金です。これは一般会計の繰入金との振りかえ調整を行っております。
 それから、諸収入は受託事業収入、事業費の確定見込みに伴う調整を行っております。
 7ページに行きまして、村債です。下水道事業債、事業費確定見込みに伴う調整です。
 続きまして8ページ、歳出をお願いいたします。初めに下水道費の下水道建設費です。減額の676万9,000円、これは委託料としまして下水道事業計画の変更認可業務、それから浄水苑の主ポンプ設備の増設業務、これの事業確定見込みに伴う調整を行っております。
 続いて公債費は財源調整を行っております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第16号について採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第17号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、次のページの補正予算実施計画(第4号)という表をごらんいただきたいと思います。
 初めに収益的収入及び支出です。収入では営業収益のうち、雑収益の追加をお願いします。これは国道147号線の歩道拡幅にかかる給水メーターの移設補償、それから第2配水ポンプの落雷被害の共済金、これを補正しております。
 続いて支出です。水道事業費の営業費用の中の負担金、減額の77万9,000円をお願いいたします。高瀬広域水道企業団の負担金の確定によります減額です。
 続きまして、資本的収入及び支出の支出の部です。建設改良費として、工事請負費の減額の1,558万8,000円です。これは1つは、北細野踏み切り水道管敷設換え工事につきまして、JRと協議をしてまいりましたが、鉄道軌道のため、地下水位の面で条件が厳しくJRの了解がない限り、今年度内の施工は断念せざるを得ないという判断にいたりまして、予定していた予算を減額するものでございます。それからもう一つは、今年度行いました工事費の事業費の確定に伴う差金を減額しております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) この支出のところの資本的収入及び支出の支出のところのページがありませんが、工事請負費の関係、北細野の踏み切りの関係が延びるというか、できないということですが、今後においてはどのように計画されていますか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 新年度におきまして事業費をお願いする予定でございます。JRとも協議をしてまいりましたけれども、設計協議の内容が若干変わってくるようになります。そのため、工事請負費につきましても、今年度見積もっていたよりも若干上乗せになるという見込みはございます。新年度に入りまして、補正予算でお願いしまして、北細野の踏み切りの敷設換えを予定していきたいというふうに考えております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第17号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第18号 平成22年度松川村デジタル移動系防災行政無線整備工事の変更請負契約の締結についてを議題とし、提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、議案18号について御説明申し上げます。
 平成22年度松川村デジタル移動系防災行政無線整備工事の変更請負契約の締結についてということで、次のとおり変更請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるということで、契約金額を1億330万1,590円を1億437万490円とするということで、106万8,900円の増額となり、契約をお願いするものでございます。
 主な変更内容でございますけれども、今中継局を細野会館に設置を1機予定しておりましたけれども、信越総合通信局との協議によりまして、空中線といってアンテナなのですけれども、1機から2機に増設しなさいというこということで、これが変更になっております。
 それから、中継局の電力計の設置ということで、引き込みはする予定でおりましたけれども、細野会館との使用料を明確にするため、電力計、電気の精算に伴うための積算電力計を設置していきたいといったことで増額となっております。
 3つ目としまして、携帯型無線用のイヤホンの追加ということで、消防団活動におきまして、非常に消防団活動の折にはポンプが回っていたり、非常に周囲がうるさいということで、イヤホンがないと情報連絡を共有するのに不都合だということで、消防団のみイヤホン30個を追加して購入するという内容でございます。
 平成23年3月10日提出 松川村長名。
 以上よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第18号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第19号 平成22年度松川南保育園建設工事の変更請負契約の締結についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、議案第19号の説明をさせていただきます。
 平成22年度松川南保育園建設工事の変更請負契約の締結について。次のとおり変更請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の所得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求める。
 1、契約金額としまして、3億2,541万6,000円を、3億2,837万7,000円とするものでございます。296万1,000円の増額でございますが、内容としましては、一番大きなものが避雷導線、要はカミナリが落ちたときに逃げるためのアースでございますが、それが主なものでございます。そのほかに、外構工事の残土処理、エアコンの関連地使用、放送設備、冷水給水工事延長、あと多目的トイレのベビーシート、ベビーチェアの追加でございます。
 平成23年3月10日提出 松川村長。
 よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第19号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第20号から議案第26号までは平成23年度の各会計予算です。関連がありますので、一括上程したいと思いますが、御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。議案第20号 平成23年度松川村一般会計予算、議案第21号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計予算、議案第22号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計予算、議案第23号 平成23年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算、議案第24号 平成23年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算、議案第25号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算、議案第26号 平成23年度松川村水道事業会計予算、以上を一括上程いたします。
 事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 村長。
◎村長(平林明人君) それでは、朗読をもって提案説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 まず、「松川村 平成23年度当初予算案」ということで、1ページをめくっていただいたところにありますので、お願いいたします。
 はじめに、日本経済は、企業収益の改善や設備投資の持ち直しなど、景気が回復へ向かう動きが見られるものの、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にあります。その中、政府は「財政運営戦略」に定めた財政規律のもとに、成長と雇用拡大を実現し、デフレ脱却と景気の自律的回復に向けた道筋を確かなものとするため、「新成長戦略」の本格実施を図ることとしております。
 平成23年度の地方財政見通しでは、地方税や地方交付税の原資となる国税が増収となる一方、社会保障関係費が自然増となるなどし、依然として大幅な財源不足が生じる見込みであります。このため、財政運営戦略に定める中期財政フレームに基づき、平成22年度水準を下回らない一般財源を確保することを基本として、地方交付税は増額確保されましたけれども、地方財政の健全化を図る観点から、臨時財政対策債は大幅に縮減されております。
 こうした中、村では第6次総合計画を基調とし、計画を見直した「自立の村づくり計画 実行プラン」に沿った、村民・地域・行政が互いに支え合う「協働の村づくり」を推進します。
 松川村の平成23年度予算は、公債費や南保育園建設事業の完了などに伴う、投資的経費の大幅な縮減を見込む中で、下水道事業の公債費負担に係る繰出金増や子宮頸がん等ワクチン接種、子ども手当の3歳未満に対する上積みなどに対応するとともに、温泉施設、ふれあい交流センターの指定管理者制度導入などによる行財政運営の効率化を図り、前年比22.4%減の総額32億8,600万円となっております。
 下の表につきましては見ていただきたいと思いますけれども、ここ数年間では一番事業が少ないわけであります。
 続きまして、平成23年度当初予算案の概要を申し上げます。括弧内は前年度当初予算との比較であります。
 まず、一般会計であります。編成方針は、平成23年度予算編成は、社会保障関係経費などの財政需要増加に伴う厳しい財政事情の中、施策全般にわたり徹底した見直しを行い編成をいたしました。
 予算規模でありますが、歳入歳出予算32億8,600万円、22.4%の減、9億4,600万円の減でございます。
 主な歳入状況であります。村税8億6,103万9,000円、△0.6%、563万2,000円の減であります。
 村民税3億5,720万円、△6.1%、2,309万2,000円の減、固定資産税4億1,793万9,000円、プラス0.9%、388万6,000円の増、村たばこ税6,000万円、プラス28.8%、1,353万7,000円の増などを見込んでおります。
 地方譲与税6,900万円、△1.4%、100万円の減であります。
 地方交付税13億7,000万円、プラス2.6%、3,500万円の増を見ております。
 国庫支出金2億5,706万8,000円、プラス11.1%、2,578万円の増を見ております。子ども手当負担金の増が主な増額の理由であります。
 県支出金1億8,942万5,000円、△2.2%、427万9,000円の減であります。自立支援給付費等負担金などの社会福祉費負担金や子ども手当負担金、医療特別給付費補助金が主なものであります。
 繰入金632万1,000円、98.3%の減、3億5,492万2,000円の減であります。社会福祉施設整備基金の繰入金皆減などにより減額となっております。
 村債は2億1,000万円、△52.4%、2億3,080万円の減であります。臨時財政対策債のみの計上となっております。
 続きまして主な歳出状況であります。性質別です。
 人件費は7億3,878万1,000円、プラス6.7%、4,666万3,000円の増であります。共済費の制度改正などに伴い増額となっております。
 物件費4億3,320万5,000円、△43.7%、3億3,617万円の減であります。温泉施設、ふれあい交流センターの指定管理者制度導入に伴う管理経費などが減額となっております。
 扶助費4億8,011万5,000円、プラス6.6%、2,976万円の増であります。子ども手当の3歳未満に対する上積支給に伴い増額となっております。
 補助費等4億9,218万4,000円、△5.3%、2,774万5,000円の減であります。圃場整備に係る農林漁業資金の償還金、これは村負担分でありますが、の縮減や一般廃棄物処理業転廃交付金の皆減などにより減額となっております。
 普通建設事業費1億9,147万6,000円、△78.5%、6億9,810万7,000円の減であります。南保育園建設事業やデジタル防災行政無線システム整備の完了などに伴い減額となっております。
 公債費3億9,709万円、△20.2%、1億22万8,000円の減であります。長期債に係る元利償還金を計上しております。
 続きまして、国民健康保険特別会計でありますが、9億3,579万5,000円、プラス5.5%、4,862万3,000円の増であります。
 この会計は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、社会保障及び村民保健の向上に寄与することを目的とし計上しております。
 医療制度改革や近年の医療費の動向並びに過去の傾向を考慮しながら、予算の総額を9億3,579万5,000円としました。うち、国保税は2億1,209万5,000円を見込みました。また、歳入歳出の均衡を図るために、一般会計繰入金を5,032万7,000円といたしました。
 続きまして、後期高齢者医療特別会計でありますが、7,833万円、プラス0.8%、63万円の増であります。
 この会計は、高齢者の医療の確保に関する法律により、後期高齢者医療の保険料及び後期高齢者医療広域連合への負担金納付などを計上しております。
 歳入の主なものは、保険料5,994万7,000円、一般会計繰入金1,837万8,000円であります。
 歳出の主なものは、後期高齢者医療広域連合納付金7,684万1,000円であります。
 続きまして、公園墓地造成事業特別会計であります。154万3,000円、プラス0.1%、2,000円の増であります。
 本年度は公園墓地723聖域の維持管理及び環境整備に対する経費として、予算総額154万3,000円を計上いたしました。
 歳入の主なものは、聖域の清掃料を計上しました。
 歳出の主なものは、環境整備に伴う委託料を計上いたしました。
 次に、地域特別賃貸住宅特別会計であります。480万1,000円、△2.0%、9万9,000円の減であります。
 平成4年度に建設した地域特別賃貸住宅A型6戸の管理に対して計上しております。
 歳入の主なものは、住宅使用料288万円、一般会計繰入金192万円です。
 歳出の主なものは、管理費20万円と住宅建設資金の元利償還に係る452万1,000円を計上しております。
 続きまして、特定環境保全公共下水道事業特別会計であります。4億1,686万6,000円、△12.0%、5,671万5,000円の減であります。
 歳入の主なものは、下水道受益者負担金1,424万7,000円、下水道使用料1億1,813万円、下水道事業債8,280万円、受託事業収入2,628万4,000円、一般会計繰入金1億6,827万4,000円及び基金繰入金665万7,000円であります。
 歳出の主なものは、処理場の維持管理委託等4,961万1,000円、長期債元利償還金2億9,223万2,000円であります。
 続きまして、水道事業会計でありますが、2億4,789万1,000円、△18.5%、5,629万8,000円の減であります。
 4条予算は、緑町中区給水管布設工事などに395万9,000円を計上いたしました。
 3条予算は、通常経費のみで、支出予定総額は、1億7,428万4,000円となっております。
 以上、提案説明とさせていただきますけれども、細部等につきましては、それぞれの場所で担当課長等が御説明を申し上げます。ぜひ御審議をいただきまして、お認めをいただきますようお願いいたしまして、提案説明とさせていただきます。
 ありがとうございました。
○議長(新村久仁男君) これより、各会計予算の補足説明を行います。
 初めに、議案第20号 平成23年度松川村一般会計予算の補足説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは5ページからお願いします。「平成23年度施策の概要」ということで、平成23年度予算は村の第6次総合計画に沿いました6項目ごとに主要施策として計上してございます。
 6ページ、7ページまで続きますけれども、合計48項目のうち、村単独事情が星印で30項目、補助事業関係、丸印で18項目を掲載しておりますので、御確認をお願いします。
 では、8ページをお願いします。8ページから10ページは一般会計歳入歳出の一覧表でございます。主な財源の内訳は冒頭村長が申し上げましたので、ごらんいただきたいと思います。
 9ページには歳出を目的別に、10ページでは歳出を性質別に記載してございます。主な内容は3ページで御説明申し上げたとおりでございます。
 それから、11ページから13ページでございますが、歳出を節別に記載してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 続きまして14ページですが、歳入歳出をグラフ化したものでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 それでは、各課長が予算書に基づきまして補足説明を行いますが、経常的な目は説明を省き、新規事業や説明が必要な目のみ簡潔に行いますので、よろしくお願いします。
 なお、人件費関係につきましては、私から一括説明申し上げますので、各課長からの説明は省略させていただきます。
 それでは8ページをお願いします。第2表債務負担行為でございますが、下の3つの事業につきましてそれぞれ期間、限度額を定めております。御確認をお願いします。
 それから第3表地方債、9ページになります。起債の目的は臨時財政対策債で、限度額2億1,000万円で、起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。
 それでは、総務課関係を御説明申し上げます。19ページをお願いします。
 まず、歳入ですけれども、村税の個人現年分は給与所得の低迷や長引く不況を勘案しまして、前年対比6.1%減を計上してございます。法人分につきましては、中小事業の景気の動向を考慮し、計上してございます。下段の固定資産、次ページになりますけれども、軽自動車税、入湯税につきましては実績に基づいて計上しております。
 なお、その中間のたばこ税でございますけれども、昨年の10月の値上りの状況に応じ試算をしてございますので、ごらんいただきたいと思います。
 21ページからは譲与税について記載をしてございますので、ごらんいただきたいと思います。
 中段から下、3款から次ページにわたりますが、国からの交付金を計上してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 23ページになりますが、地方交付税につきましては、地方財政計画を勘案して増を計上してございます。
 25ページをお願いします。下段の総務手数料ですけれども、税関係の計上でございます。
 27ページをお願いします。国庫支出金、消防費国庫補助金は住宅耐震関係の計上、それからその下の総務費委託金ですけれども、参院選の減による大幅な減となっております。
 29ページをお願いします。県支出金、消防費県補助金は先ほどの国と一緒ですが、住宅耐震関係の計上でございます。
 次ページの30ページをお願いします。総務費委託金につきましては大幅な減額となっておりますが、22年度は国勢調査があったためでございます。その下の財産貸付収入から31ページの寄附金については記載のとおりですので、ごらんいただきたいと思います。
 32ページ下段をお願いします。繰入金は昨年どおりの計上です。
 34ページになりますが、雑入、総務関係はほぼ昨年並みですので、ごらんいただきたいと思います。
 歳入の最後になりますが、36ページ下段になります。臨時財政対策債につきましては、地方財政計画により減額となっております。
 それでは、歳出ですけれども38ページからになりますので、よろしくお願いします。
 2款総務費、一般管理費につきましては人件費が主なものですが、1節の報酬で産業医を年間通じてお願いすることとなっておりますので、増となっております。
 それから40ページ、文書費、広報費については昨年並みの計上、次ページの財政管理費につきましては、基金積立の減でございます。下段の財産管理費は次のページになりますが、複写機の使用料が増となっております。
 それから43ページの企画費ですが、前年度国土利用計画の委託料があったもので、その分が減になっております。
 44ページをお願いします。自治振興費、それから次のページの中段、人づくり推進費は昨年並みの計上、下段の総合行政情報費は大幅に増となっておりますが、次ページの13節委託料で、OAシステムサポート料、それから14節使用料及び賃借料で一般会計のシステム使用料の増、それから19節負担金、補助及び交付金で基幹系システムの共同設置負担金、それから戸籍情報システム共同化負担金の増によるものでございます。
 それから47ページ、税務総務費は人件費等の経常経費、それから下段の賦課徴収費は減となっておりますが、次ページの13節委託料で、前年度航空写真拡大作成図業務がなくなっているもので減となっております。
 それから49ページ下段になりますが、選挙管理関係でございます。52ページまで選挙の関係の予算ですので、ごらんいただきたいと思います。
 53ページをお願いします。下段の委託統計調査費が大幅に減となっておりますけれども、先ほど申し上げましたが、前年度国勢調査が行われたものがなくなっております。
 87ページをお願いします。都市計画費でございますが、13節委託料で都市計画図の作成業務委託が増の主な内容です。
 次のページ、88ページをお願いします。消防費になります。常備消防費は北アルプス広域等の負担の計上、それから非常時消防は昨年同の内容でございますので、ごらんいただきたいと思います。
 89ページ下段になりますが、消防設備や消防施設費は大きく減となっておりますが、前年度の防災行政無線の移動デジタル系の完了に伴う工事額の減が内容となっております。
 次のページをお願いします。90ページ、災害対策費ですが、住宅改修の増を見込んで増額となっております。
 飛びまして113ページをお願いします。下段の公債費になりますが、記載のとおりですので御確認をいただきたいと思います。
 続きまして、次のページ、予備費は昨年並みの計上です。
 続きまして、給与費明細書になります。1枚めくっていただきまして117ページになります。
 特別職の給与費明細書につきましては、記載しておりますので御確認をいただきたいと思います。
 次のページをお願いします。118ページから122ページにわたっておりますけれども、一般職について記載をしてございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、債務負担行為に関する調書を載せてございます。125ページでございます。債務負担に関する調書につきましてですが、125ページから127ページまで記載をしてございますので、御確認をお願いしたいと思います。
 続きまして、地方債に関する調書、131ページでございます。地方債に関する調書ですので、右下欄に合計欄を記入してございます。
 総務課関係は以上です。
 よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) それでは、住民課関係、まず歳入を御説明申し上げます。25ページをお願いいたします。
 12款2項1目1節戸籍等手数料は窓口証明の関係でございます。2目衛生手数料は犬の登録、狂犬病予防注射、次のページ、一般廃棄物処理手数料でございます。
 ページ中段、13款1項1目1節保健基盤安定費負担金は国保会計の安定費でございます。2節子ども手当負担金を計上しています。
 27ページの下段、13款3項1目1節外国人登録事務委託金は住基台帳の委託金でございます。2目1節は基礎年金等事務費の委託金です。2節子ども手当委託金は通知代でございます。
 28ページをお願いします。14款1項1目1節保健基盤安定費負担金及び後期高齢者医療保険基盤安定費負担金は、国保会計と後期高齢者医療会計の安定費でございます。2節の子ども手当負担金は県負担金分でございます。2項1目2節医療特別給付費補助金は若干の増となっております。
 33ページ中段をお願いいたします。19款2項は福祉医療費貸付の元利収入で昨年と同額でございます。
 それから次のページ、3目雑入の関係ですが、3段目の交通災害共済事務費交付金ですが、掛金の1割分を見込んでおります。
 それから次のページになりますけれども、2段目のアルミ等の売却を見込んでおります。中段の後期高齢者医療広域連合補助金と、下段から3番目の後期高齢者健診自己負担金は健診者の集団健診の補助金と自己負担でございます。
 歳入は以上でございます。
 続きまして歳出でございます。44ページ中段をお願いいたします。
 9目交通安全・防犯対策費、10目消費者行政費はほぼ昨年同様でございます。
 次のページ、11目交通災害共済ですが、冒頭の村長のあいさつにもありましたが、交通災害共済掛金の対象範囲を全村民に広げてありますので、増額分となっております。
 48ページ下段から次のページをお願いいたします。3項1目戸籍住民基本台帳費は人件費を除くとほぼ昨年同様でございます。
 59ページ中段をお願いいたします。3款1項3目医療特別給付費は福祉医療の支払が主なものでございます。
 60ページ下段をお願いいたします。6目老人医療費ですが、19節の後期高齢者医療広域連合医療費負担金が増となっております。
 64ページをお願いいたします。3款2項3目児童措置費ですが、3歳児の子ども手当が増額分になっております。
 66ページをお願いいたします。3款4項1目国民年金事務取扱費は昨年同様でございます。
 69ページをお願いいたします。4款1項4目環境衛生費は、池田松川葬祭センターの負担金や狂犬病予防にかかわる経費でほぼ昨年どおりでございます。
 次のページ、4款2項1目清掃総務費は環境に対する事業の計上と、昨年度下水道の整備等に伴います一般廃棄物処理業者等への合理化に関する特別処置法により、死のう処理者への転廃交付金として池田町と案分して計上してありましたので、大幅減となっております。
 次に2目清掃費ですが、19節の穂高広域施設組合の負担金が大幅減となっております。
 住民課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、福祉課関係お願いいたします。歳入を御説明いたします。23ページをお願いいたします。
 下段、11款1項1目社会福祉費負担金はほぼ同額ですが、保育園の保育料等の減額を見込んでいます。
 24ページをお願いいたします。12款1項1目民生使用料は松香荘の減額を見込んでいます。就労センターの使用料は昨年とほぼ同額を見込んでいます。
 26ページをお願いいたします。13款1項1目社会福祉費負担金は増額、2項1目社会福祉費補助金は大幅な減額、2節児童福祉費補助金は新規事業分の増額でございます。
 27ページ上段ですが、2目の女性特有のがん検診補助金も増額となっています。
 27ページ下段となりますが、3項2目民生費委託金は減額となっています。
 28ページをお願いいたします。14款1項1目自立支援給付費等負担金は減となっていますが、生活保護費負担金は大幅な増となっています。
 下段をお願いします。2項1目民生費県補助金は社会福祉費補助金が増となっています。2目衛生費県補助金は新規事業、子宮頸がん等ワクチン接種事業の増となっています。
 30ページをお願いいたします。中段ですが、3項2目民生費委託金は増となっています。
 32ページをお願いいたします。17款1項繰入金ですが、下段南保育園の建設が完了のための減でございます。
 33ページをお願いいたします。一番下ですが、19款3項1目就労センターの受託収入分の増でございます。
 34ページをお願いいたします。3目雑入ですが、各種検診手数料は増額、ほかはほぼ例年どおりでございます。
 歳入は以上です。
 続きまして歳出ですが、54ページをお願いいたします。
 54ページから57ページまでですが、3款1目社会福祉費総務費は福祉の民生児童委員に関すること、また障害者関係の事業、社協の補助金などの計上でございます。
 57ページ、続きまして2目老人福祉費は、地域包括支援センターの事業や敬老祝金事業、社協等への負担金が主なものですが、増額の主なものは職員給与等によるものです。
 59ページをお願いいたします。4目老人福祉施設費ですが、松香荘とゆうあい館の管理費で昨年とほぼ同額でございます。
 60ページをお願いいたします。5目介護保険費ですが、北アルプス広域連合への負担が増となっております。
 続きまして61ページから63ページまでですが、2項1目児童福祉総務費と次ページの2目保育園費ですが、保育園の運営、経理に関する計上です。南保育園が完了したため大幅な減となっていますが、ほかはほぼ同様でございます。
 64ページ中段をお願いいたします。そこから66ページ上段までですが、3項1目と2目は社会就労センターにかかる計上です。作業員の工賃が増額となっております。
 67ページをお願いいたします。4款1目保健衛生総務費は北アルプス広域連合や医師会事業への負担金が主なものですが、増額の利用は給与費の増でございます。
 下段より68ページをお願いいたします。2目予防費ですが、各種検診費用の計上が主なもので、特に13節委託料で個別予防接種で、子宮頸がん等ワクチン接種の増額、検診委託料では女性特有のがん検診事業の委託で増額となっております。
 下段の3目保健センター管理費はほぼ例年どおりでございます。
 福祉課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 経済課歳入関係、29ページをお願いいたします。
 県支出金、3目農林水産業費県補助金で前年より減額となっておりますが、西部山麓水路改修工事完了に伴う交付金の減額が主なものでございます。西部山麓水路改修工事につきましては、本年度基盤整備促進事業補助金を受け、新規採択に向けた実施計画作成業務を行なう計画でございます。
 4目商工費補助金では、緊急雇用創出事業交付金が業務委託項目の増に伴い増額となっております。
 32ページをお願いいたします。繰入金、2目温泉施設及びふれあい交流センター整備基金ですが、温泉施設の修繕及びろ材交換への基金繰り入れでございます。
 34ページをお願いいたします。3目雑入でございますが、前年より大きく減額となっておりますが、温泉施設及びふれあい交流センターの両施設が指定管理者への移行により、それぞれの収入が減となることによるものでございます。
 35ページをお願いいたします。34ページから引き続いておりますが、1節で下から2段目になりますが、指定管理者から納入される施設借料を新たに計上してございます。
 続いて、歳出関係になりますが、71ページ下段をお願いいたします。1目農業委員会費ですが、72ページにわたっておりますが、農業委員会の運営経費です。定例会等における委員報酬、会報発行等が主な内容でございます。2目農業総務費につきましては、職員の人件費でございます。
 続いて73ページをお願いいたします。3目農業振興費につきましては、総合的な農業支援振興にかかる事業で、各団体事業への負担金、補助金が主な内容でございます。
 74ページ中段をお願いいたします。4目地域営農支援事業費につきましては、地域営農支援システム構築のための推進事業費が主な内容でございます。前年より減額となっておりますが、水田農業推進協議会への補助等の減額によるものでございます。
 続いて75ページ下段をお願いいたします。5目農村婦人の家管理費ですが、農村婦人の家の維持管理経費でございます。
 76ページをお願いいたします。6目土地改良費ですが、前年より大きく減額となっておりますが、歳入でもお話しましたが西部山麓水路改修工事の完了に伴う工事費の減と農林漁業資金の償還金の減が主な内容でございます。西部山麓水路改修工事につきましては、新規に事業採択を受けるために委託料の基盤整備促進事業で、実施計画書作成業務を行なっていく内容でございます。
 77ページをお願いいたします。2項林業費、1目林業振興費では森林整備を中心とした村有林の維持管理経費と有害鳥獣対策が主な内容でございます。熊や猿害対策も含めた緩衝帯整備の実施と、森林育成のための植樹祭を実施してまいります。また松くい虫が疑われる枯損木の伐倒薫蒸処理に対する松林健全化整備業務につきましても引き続き行っていく内容でございます。
 次に78ページの下段をお願いいたします。79ページにわたっておりますが、1目商工総務費では商工会への助成、中小企業者への融資に対する利子補給、保証料補給が主な内容でございます。前年より大幅に増額となっておりますが、補助金で工場等用地取得事業の増によるものでございます。
 続いて80ページをお願いいたします。2目観光費では観光振興に伴う各種団体への補助と、イベント等への助成が主な内容でございます。松本大学とは引き続き村観光振興についての連携を図るべき経費を計上してございます。また、新規事業としましては、村の観光ポスターの作成とスズムシ保護のPR用の看板設置費を計上してございます。
 81ページ中段をお願いいたします。3目交流施設総務費では、セピア安曇野イベント広場、ちひろ公園等の維持管理経費が主な内容でございます。前年に比べ減額になっておりますが、すずむし荘、寄って停まつかわにかかる基金積立の減額によるものが主な内容でございます。それから、温泉施設及び寄って停まつかわの管理費につきましては、指定管理者への移行に伴い減額となっております。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、建設水道課関係をお願いいたします。歳入の24ページをお願いします。
 使用料及び手数料の土木使用料になります。これは公営住宅の使用料及び道路占用にかかる使用料の収入です。公営住宅使用料につきましては、入居率の増加を見込んでおります。道路の占用料につきましては、NTT中連等の電柱等の占用料です。
 続きまして27ページをお願いします。国庫支出金の土木費国庫補助金です。これは社会資本整備総合交付金としまして、村道1−1号線の改良事業、それから橋梁長寿命化計画の策定業務の財源となっております。
 続きまして歳出、82ページをお願いします。
 土木費の土木総務費をお願いします。ここは道路台帳の補正業務、それから橋梁の長寿命化修繕計画業務を計画しております。
 83ページへ行きまして、道路橋梁総務費です。この中の主なものは土木進行事業としまして、村道1−1号線の管理業務、それから県単の事業割、これは東部地区の国道の県用側溝改修事業の負担金、これらを計上しております。
 それから続きまして道路維持費、ここで主なものは除雪業務、それから堤防道路等の草刈りの委託業務、主要村道の維持補修にかかる工事請負費が主なものでございます。
 次、84ページから85ページにかけて道路新設改良費です。ここの主なものは村道1−1号線の改良工事でございます。これの委託料、工事請負費等を計上してございます。
 85ページの交通安全施設整備事業です。これは道路の区画線及びカーブミラー等の工事で、前年並みを見込んでおります。
 86ページをお願いします。河川総務費。これは河川砂防関係の団体の負担金が主なもので、前年並みを見込んでおります。
 その下の住宅管理費をお願いします。村営住宅の建物及び設備の修繕、それから地域特別賃貸住宅特別会計への繰出金、これらを見込んでおります。ほぼ前年並みです。
 それから87ページへ行きまして、下水道費、これは下水道特別会計への繰出金を前年度に比べ、1億1,600万円ほど増額して計上してございます。
 それから同じく87ページの施設整備費、これは職員1名減のため、減となっております。
 それから、その下の国営公園対策費、主なものは事務費と負担金でありまして、前年並みを見込んでおります。
 建設水道課関係、以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いいたします。まず歳入ですが、29ページをお願いいたします。
 一番下段になりますけれども、教育費県補助金の関係で4つほど事業が載っておりますけれども、一番下の児童クラブ事業補助金が基準高等の見直しによりまして増となっている内容が、増減で一番大きい内容でございます。
 あと、歳出のほうで91ページをお願いいたします。まず、教育委員会費の関係でございます。これは教育委員会の運営経費が主な内容でございまして、ほぼ前年同の内容となっております。
 続きまして92ページをお願いいたします。事務局費ということで増となっておりますけれども、これは次のページ、93ページになりますけれども、25節積立金の関係で、教育施設整備基金のほうへ積み立てをしている内容でございます。
 それから93ページの真ん中、教員住宅費の関係ですけれども、前年度建設費償還が終了したため、大きく減という内容でございます。
 それから、スクールバス運行費、これはスクールバスの運行経費でございまして、ほぼ前年同という内容でございます。
 94ページをお願いいたします。外国語指導費というこで、中学校ALTの経費でございます。
 続きまして、小学校費の関係のまず学校管理費でございますけれども、ほとんど前年並みという内容でございますけれども、96ページ、次のページになりますけれども、備品購入費で前年度生徒用机いすがありまして減となっているという内容でございます。
 97ページになりますけれども、教育振興費、これは計上経費でありまして、ほぼ前年同の内容となっておりますので、お願いいたします。
 続きまして98ページ、中学校費の関係でございます。まず学校管理費でございますが、内容的には前年度と同じ内容となっておりますけれども、99ページの需用費の関係の修繕料の関係で、プールろ過ポンプの取りかえ、それから図書館の床の工事等がありまして増となっているという内容でございます。
 続きまして、飛びますが101ページ、中学校費の関係の教育振興費でございます。これは増となっているということですけれども、主な内容につきましては7節賃金の中でふえておりますけれども、これは特別支援教室が1クラス増という関係でございますけれども、これは県費のほうで対応できないということで、村費対応のため増となっているという内容でございます。
 あと、飛びまして108ページをお願いいたします。5目文化財保護費でございます。無形有形文化財の管理補助、また遺跡公園の管理費を計上してございます。それから、その下の6目収蔵施設管理費でございますけれども、前年度旧第2倉庫の取り壊し費用が計上してあったため、大きく減という内容でございます。
 続いて次のページ、109ページになりますけれども、社会教育振興費、これは児童クラブ、それから放課後子ども教室運営費、ふれあい館の管理費等を計上してございますけれども、若干増となっておりますが、ふれあい館のエアコンの設置、それから備品として洗濯機等の購入によりまして増となっている内容でございます。
 続きまして113ページをお願いいたします。中段の関係の学校給食運営費ということで、大きく増となっておりますけれども、これは給食センター建てかえに伴います実施設計費等の経費を計上してあるということで、給食センターの負担金が増となっている内容でございます。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) それでは、続きまして公民館、社会教育関係をお願いしたいと思います。
 まず最初に24ページをお願いいたします。歳入の関係ですけれども、5目教育使用料ということで、スポーティプラザほか体育施設の使用料をここで計上してございます。ほぼ例年同様でございますけれども、パターゴルフ場使用料につきましては、本年度からオフシーズン、週末のみの営業ということで若干減っております。また、多目的交流センターにつきましては、すずの音ホールになりますけれども、若干増といった内容でございます。
 続きまして34ページの雑入でございますけれども、各施設の自販の手数料等が記載してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 続きまして、歳出の関係をお願いいたします。102ページをお願いします。
 社会教育総務費でございます。これにつきましては、社会教育、それから青少年、人権教育、男女共同等が主なものでございますけれども、ほぼ昨年同様でございます。
 なお、下段の小集団育成ということで、本年に団体の育成振興を図るということを目的といたしまして、社会教育団体の活動支援補助というものを設定いたしました。本年度5団体を対象にした補助を助成していきたいという内容になっております。
 続きまして、104ページ、公民館費でございます。これにつきましては、公民館事業の推進、あるいは多目的センターの管理費といったものが主な内容でございます。この中で委託料が若干ふえてございますけれども、社会体育施設で計上しておりました中央公園、これをこちらのほうに移行したという形になってございます。また、18節備品購入費につきましては、軽トラ1台の購入という形になってございます。
 3目図書館費でございます。減額になっていますけれども、これにつきましては光をそそぐ交付金事業によりまして、図書購入費を本年度で先ほど補正していただきましたので、ここでは計上していないという形で減になっております。
 続きまして4目生涯学習推進費、これにつきましては、グリーンワークの維持管理等が主な内容になってきておりますが、ほぼ昨年同様でございます。
 続きまして110ページをお願いいたします。保健体育総務費でございます。ほぼ昨年同様でございます。体育施設費につきましては、減になっておりますけれども、委託料の中で、先ほど申しましたパターゴルフ場の管理費が減になっております。また、ここから先ほど公民館費のほうへ公園の委託料を移管したといった内容で減になっております。
 続きまして112ページ、体力増強事業費でございます。これにつきましては、運動会、各分館対抗等の事業が主なもので、昨年同様でございます。
 以上、公民館関係です。よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第20号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第21号 平成23年度松川村国民健康保険特別会計予算についての補足説明を求めます。
 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 平成23年度の国民健康保険特別会計は、昨年度当初に比べまして約4,860万円ほど増額となっております。これは一般・退職の高額を含みます医療給付費の増額が主なものでございます。
 予算編成につきましては、まず年間の医療費等を見込み、歳出を確定いたしました。そして、歳入で保健税や国健の負担金、補助金、一般会計より法定繰入金等を見込みました。経済不況が続く中ですので、保険税率は昨年と同じとし、予算編成を行いました。
 それでは、歳入からですが8ページをお願いいたします。1款国民健康保険税は一般と退職をあわせまして、昨年度と同じ税率で算出を見込みました。昨年より減額になっておりますのは不況による税収の落ち込みでございます。2款は督促手数料です。
 9ページをお願いいたします。3款国庫支出金は負担金と補助金です。
 10ページをお願いします。4款療養給付費等交付金及び5款前期高齢者交付金は、支払基金からの交付金でございます。
 6款県支出金は負担金。
 次のページは補助金でございます。中段をお願いします。
 7款共同事業交付金は高額医療費が発生した場合に、保険者の財政運営の安定化を図るための交付金です。
 8款は利子です。
 12ページをお願いいたします。9款繰入金は一般会計からの繰入金と基金の繰入金でございます。
 10款は前年度繰越金です。
 13ページをお願いいたします。11款諸収入は保険税の滞納金でございます。
 以上が歳入でございます。
 続きまして歳出ですが、15ページをお願いいたします。
 1款総務費は一般管理費等が通常経費でございます。
 16ページになりますが、2款保険給付費、1項療養給付費は平成22年度の実績から見込んでおりますが、先ほども御説明申し上げましたが、一般・退職療養給付費ともに増額した予算編成となっております。
 17ページをお願いします。2項高額療養給付費ですが、こちらも増額した予算編成となっております。その下段、3項移送費、次のページ、4項出産育児諸費、5項葬祭諸費は昨年並みで計上してございます。
 3款後期高齢者支援金は県広域連合への負担です。
 19ページ中段をお願いします。4款前期高齢者納付金です。
 20ページになります。6款介護納付金は介護者の負担分でございます。
 7款共同事業拠出金は、国保連合会への拠出金でございます。
 8款保健事業、1項特定健康診査等事業費は平成20年度より義務化された健診保健指導事業でございます。
 21ページをお願いいたします。2項保健事業費は予防事業の人間ドックの助成の計上でございます。
 以下、22、23ページは記載のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第21号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第22号 平成23年度松川村後期高齢者医療特別会計予算についての補足説明を求めます。
 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 続きまして、平成23年度後期高齢者医療特別会計は、後期高齢者広域連合への負担金にかかるものでございます。
 それでは歳入、6ページをお願いいたします。1款保険料で特徴、普徴の計上でございます。
 2款は督促手数料です。
 3款の繰入金は一般会計からの繰入金の計上でございます。
 それから7ページの4款諸収入、5款繰越金でございます。
 歳出は8ページをお願いいたします。
 1款総務費は一般管理費等への事務費の計上でございます。
 2款後期高齢者医療広域連合納付金は県の広域連合への負担金でございます。
 9ページの3款諸支出金は還付金加算金です。
 4款は予備費です。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第22号に対する補足説明を終わります。
 ここで、3時10分まで休憩いたします。
                                 午後 2時55分 休憩
                                 午後 3時10分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開をいたします。
 続いて、議案第23号 平成23年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算についての補足説明を求めます。
 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 平成23年度の公園墓地造成事業特別会計につきましては、公園墓地の管理費が主なものでございます。昨年度とほぼ同額を計上いたしました。
 それでは6ページをお願いいたします。まず、歳入ですが、1款は使用料及び手数料で、723聖域です。
 2款財産収入、3款繰越金はごらんのとおりでございます。
 続きまして歳出ですが、7ページをお願いいたします。
 1款一般管理費は公園墓地の管理費の計上でございます。
 2款は予備費を計上しております。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第23号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第24号 平成23年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算についての補足説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) この予算は神戸にあります地域特別賃貸住宅6戸の維持管理の継続的経費を計上しております。6ページをお願いします。
 歳入ですが、家賃及び一般会計繰入金が主なものでございます。
 続いて7ページをお願いいたします。歳出、ここは公債費として元利償還金を計上してありますが、これが主なものでございます。
 総務費の一般管理費では、建物及び設備の修繕料を見込んでおります。公債費につきましては、元利償還金でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第24号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第25号 平成23年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算についての補足説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 5ページをお願いいたします。第2表地方債です。起債の目的、特定環境保全公共下水道事業とございますが、平準化債を予定しております。限度額は8,280万円でございます。起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。
 8ページをお願いします。下水道事業会計におきましては、浄水苑と下水道関係の維持管理の計上経費、23年度におきましては大きな建設事業は予定してございません。
 8ページの歳入ですが、歳入は受益者負担金、下水道使用料、一般会計繰入金、基金繰入金が主なものでございます。
 初めに分担金及び負担金、下水道負担金ですが、受益者負担金を計上してございます。前年並みの収入を見込んでおります。その下、下水道使用料、新規接続による増収を見込んでおります。それから、その下の下水道手数料です。これは指定工事店の登録更新手数料、それから配水設備の確認申請の手数料を見込んでおります。その下、財産収入、利利及び配当金は下水道整備基金の利子でございます。
 9ページをお願いします。繰入金のうち一般会計繰入金、前年度に比べ1億1,600万円の増加を計上してございます。その下、同じく繰入金の公共下水道整備基金の繰入金でございます。一般会計繰入金が増額したことによりまして、基金の繰入金は減額してございます。
 なお、基金の残高は平成22年度末の見込みで、約1億9,000万円を見込んでおります。
 以下、繰越金諸収入については記載のとおりでございます。
 10ページをお願いします。諸収入です。受託事業収入、これは浄水苑の維持の負担分です。大町市、それから安曇野市の収入を見込んでおりまして、前年度は主ポンプの増設工事にかかる分がありましたので、新年度は減少しております。
 諸収入につきましては記載のとおりです。
 その下、村債、下水道事業債は先ほど第2表で説明させていただいたとおり、平準化債の借り入れにかかる分です。
 国庫支出金につきましては、本年度は予定しておりません。
 11ページ歳出をお願いします。初めに下水道管理費です。これは主に下水道環境、マンホールポンプの維持管理経費、前年度に比べまして減少しておりますのは、主に人件費、需用費、負担金、積立金、公課費の減少によるものでございます。
 続いて13ページをお願いいたします。下水道施設の管理費です。この費目では主に松川浄水苑の維持管理経費、これを計上しております。前年に比べまして増加となっていますのは、主に修繕料、委託料等の増加によるものでございます。
 続きまして14ページをお願いします。中段の下水道建設費です。本年度は計上してございません。その下、公債費につきましては、下水道建設事業債の元利償還金、前年に比べ減少しております。
 15ページは予備費です。記載のとおりでございます。
 16ページ、給与費明細書がございます。前年に比べまして1人減少してございます。
 それから21ページをお願いします。地方債に関する調書です。本年度の起債償還の結果、年度末で約45億円の残高を見込んでおります。
 下水道事業会計、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第25号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第26号 平成23年度松川村水道事業会計予算についての補足説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、水道事業会計をお願いいたします。1ページをごらんいただきたいと思います。
 初めに事業量を載せてございます。給水戸数につきましては、前年同様を見込んでおります。総給水量は節水傾向が見られるため、2,000立方メートルの減少を見込んでおります。それから、建設事業につきましては、今年度緑町中区の給水管布設換え工事を予定しております。
 3ページをお願いします。収益的収入及び支出ですが、収入の水道事業収益、これは前年とほぼ同額を見込んでおります。主に給水の収益を計上しております。
 めくって4ページをお願いします。対する支出、下水道事業費です。原水及び浄水費は前年と同様に見込んでおります。それから、配水及び給水費につきましても前年並みを見込んでおります。このうち工事請負費で計上しておりますのは、漏水復旧工事等でございますが、矢地橋の水管橋修理、それからそのほかが漏水復旧のための工事費を計上しております。
 続いて5ページをお願いいたします。総係費、これは給与費等の一般管理事務費を計上しております。前年並みを見込んでおります。
 その下、業務費ですが、委託料としまして検針及び量水器の取りかえについての委託料を計上しております。検針については約4,000件実施の予定です。
 それから、その下、減価償却費については記載のとおりです。以下、資産減耗費、その他営業費用については記載のとおりです。
 次の6ページをお願いしたいと思います。営業外費用になります。これにつきましても前年並みを見込んでおります。ここは企業債の利息が主なものであります。
 以下、特別損失、予備費につきましては記載のとおりでございます。
 7ページをお願いします。7ページは資本的収入及び支出でございます。収入のほうは前年並み、新設負担金を予定しております。
 支出は、資本的支出として建設改良費、先ほど申し上げました工事請負費として緑町中区の給水管布設換え工事、この場所は緑町中区のマルミツ酒店様の北側から牛越工業様までいって、そこから東松川コミュニティの前の通りまで出るコースの給水管の布設換えでございます。
 それから、その下、公債費につきましては前年並みを見込んでおります。企業債の償還金であります。
 続いて8ページ、水道事業会計の資金計画、それから9ページ以下、損益計算書及び22年度見込みの貸借対照表、それから新年度、23年度の予定の貸借対照表を参考資料として添付してございます。
 その後ろ、14ページになりますが、給与費明細書、記載のとおりでございます。ほぼ前年並みを見込んでおります。
 水道事業会計、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 以上で、議案第26号に対する補足説明を終わります。
 以上で、平成23年度各会計の提案説明並びに補足説明を終わります。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 これにて散会いたします。
 大変御苦労さまでした。
                                 午後 3時24分 散会