議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成23年第 1回臨時会−01月25日-01号




平成23年第 1回臨時会

                会  議  日  程

 ┌──────┬──┬───┬────────────────────────────┐
 │ 月  日 │曜日│会 議│        予          定         │
 ├──────┼──┼───┼────────────────────────────┤
 │ 1月25日│火 │本会議│議案上程、提案説明、議案審議              │
 └──────┴──┴───┴────────────────────────────┘


付 議 事 件
 専決第 1号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)

 議案第 1号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第4号)



            平成23年松川村議会第1回臨時会会議録
                                       〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │    平成23年1月25日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │    松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬────┬──────┤
│開閉会日時     │開 会│平成23年1月25日 午前10時00分 │議  長│新村久仁男 │
│          ├───┼───────────────┼────┼──────┤
│及び宣告      │閉 会│平成23年1月25日 午前10時54分 │議  長│新村久仁男 │
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼────┴──┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席11名 欠席 1名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │甲 斐 澤 明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ △ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   12番  │榛 葉 良 子│   2番   │佐 藤 節 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│茅 野 英太郎│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │奥 野 勝 久│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
│          │       │       │補佐     │       │
│明のため出席した者の├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │教育長    │西 澤   勇│       │       │
│職・氏名      ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│    全員出席  ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │会計管理者兼会│伊 藤 勇 二│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 議案の上程
 専決第 1号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)

 議案第 1号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第4号)


                               午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は11名です。
 定足数に達しておりますので、これから平成23年松川村議会第1回臨時会を開会します。
 欠席議員等については、事務局より説明させます。
 事務局長。
◎事務局長(鈴木智君) それでは、説明させていただきます。
 6番、横沢喜造議員より、所用のため、本日欠席との届け出がありましたので、御報告させていただきます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(新村久仁男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、12番 榛葉良子議員、2番 佐藤節子議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(新村久仁男君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期については、本日1日限りとしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日1日限りと決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(新村久仁男君) 日程第3 村長あいさつを願います。
 村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。
 平成23年松川村議会第1回臨時会を招集いたしましたところ、大方の議員の皆様に御出席をいただきまして、開会できましたことに感謝を申し上げます。
 本日の臨時会は、国の緊急経済対策等につきまして主にやらせていただきたいというように思います。若干、前の説明と財源の内訳が変わってまいっているところがございますので、都度、担当課長に説明をいたさせますので、どうぞお引き取りをいただきたいと思います。
 そして、まず、きょうは専決の関係でありますけれども、水道の揚水ポンプが昨年の暮れ、急遽故障してしまったということの中で、専決をさせていただいております。今まで議会の皆様に話す機会がありながらきょうになってしまったことを、まずおわびをしながら、これについてはぜひお認めをいただきたいということをお願いしてまいりたいと思います。それぞれ、その都度担当課長よりしっかりと説明いたさせますので、ぜひお引き取りをいただきまして、提案の議案につきまして、お認めをいただきますようお願いいたしまして、開会のあいさつとさせていただきます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第4 議案の上程を行います。
 専決第1号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、3ページをごらんいただきたいと思います。
 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)でございます。資本的収入及び支出でございます。
 資本的支出、建設改良費、配水設備改良費です。工事請負費に464万1,000円の追加をお願いするものでございます。昨年の暮れ、12月26日に第1水源のポンプが故障しまして、揚水が不能となってしまいました。原因はモーターの絶縁不良ということで、故障による停止です。詳細には引き上げて分解をしなければ原因がわからないということ。それから、仮にポンプの修理が可能でありましても修理期間、費用、修理後の耐用年数は不明であるということで、ポンプを入れかえることが最善の方法という判断をいたしました。
 村内の配水に影響があってはなりませんので、専決による予算補正として工事請負費の追加をお願いし、何とぞ御了承をお願いしたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) うちにも井戸のポンプがあるのだけれども、水が出ないときがたまたまあって修理はしているのだけれども、そういういわゆるぐあいが悪いという兆候は今までなかったわけでしょうか、どうですか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 今回の故障につきましては、突然というような状態で停止をしてしまったという状況です。
○議長(新村久仁男君) 甲斐澤議員、よろしいですか。
 ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第1号について採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、議案第1号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、御説明申し上げます。今回の補正の主な内容につきましては、国の緊急経済対策として、地域活性化・きめ細かな交付金及び住民生活に光をそそぐ交付金事業に伴います補正が主なものでございます。
 それでは、3ページをお願いします。
 まず、第2表繰越明許費になりますが、地域活性化交付金事業等によるものが主なものでございます。2款総務費、事業名、役場庁舎冷房設備設置事業につきましては5,533万円のうち、交付金3,199万2,000円を充当してございます。
 続きまして4款衛生費、事業名、予防接種事業、子宮頸がん等の予防接種事業につきましては1,852万7,000円のうち、県の補助金833万6,000円を充当してございます。
 それから、4款衛生費の保健センター冷房設備整備事業でございますが、419万円。このうち交付金245万円を充当してございます。
 それから、6款商工費、プレミアム商品券発行補助事業でございますが、1,627万5,000円のうち、交付金762万6,000円を充当してございます。
 7款土木費、道路新設改良事業としまして、1−6号線分、774万4,000円のうち、交付金572万円を充当してございます。
 地域活性化交付金、合計で4,974万8,000円のうち、4,778万8,000円を充当してございますので、よろしくお願いします。
 それから、6ページをお願いします。
 まず総務課関係を御説明申し上げます。歳入、9款1目地方交付税、6,178万2,000円の増額の内容でございますが、普通交付税2,765万2,000円と特別交付税3,413万円を予定してございます。
 続きまして国庫支出金、6目総務費国庫補助金でございますが、4,974万8,000円のうち、きめ細かな交付金が4,009万2,000円、それから、住民生活に光をそそぐ交付金で965万6,000円を予定してございますけれども、光につきましては、第2次配分も可能性があるということで今回の内示額を計上してございます。
 それから、7ページになりますが、17款繰入金でございます。人づくり基金の繰り入れとしまして70万円ですけれども、平成22年度当初、4,396万5,000円の原資に対しまして、利子分12万9,000円、それから取り崩しが今回の70万円を含みまして352万円で、基金が年度末4,057万4,000円となる見込みでございます。
 次ページをお願いします。
 歳出、2款総務費になりますが、一般管理費、11万1,000円でございますが、14節使用料及び賃借料、主に村の公用車のマイクロバスの県外使用率が非常に多くなりまして、有料道路の使用料と駐車料金のそれぞれ9万7,000円、1万4,000円をお願いするものでございます。
 それから、6目財産管理費、5,533万円ですが、13節委託料、庁舎の冷房施設設置に伴います設計・監理で150万円、それから15節工事請負費、1階から3階の冷房設備費としまして5,383万円の計上でございます。
 それから、12目人づくり推進事業で70万円ですが、19節負担金、補助及び交付金で先ほど申し上げましたが、人づくり基金を繰り入れまして70万円を補助金で支出していきたいと。内容につきましては、この冬、スロバキアへ世界大会のスキー派遣が決定をしてございます。それにつきまして補助をしていきたいと。また、3月までに全国大会への出場が見込まれるため、不足します部分の補正をお願いするものでございます。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) それでは、福祉課関係をお願いいたします。
 2歳入、6ページをお願いいたします。
 下段になります。14款2項7目1節保健衛生費補助金でございます。833万6,000円。これは子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金でございます。内容としましては、子宮頸がんワクチン、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンというワクチン接種事業を行いまして、その事業費に対する9割に対して2分の1交付金をいただくものでございます。
 歳出関係をお願いいたします。8ページをお願いいたします。
 中段以降でございます。4款衛生費、1項保健衛生費、2目予防費でございます。まず、7節の賃金でございますが、先ほど言いました予防接種事業を行う中での臨時職員の賃金41万7,000円でございます。11節需用費につきましては、17万5,000円。これにつきましては消耗品費として、啓発用パンフレットや通知用封筒等で11万円、印刷製本費といたしまして、問診票等の印刷で6万5,000円でございます。
 12節役務費につきましては、通信運搬費ということで接種説明会用の通知等でございます。13節委託料でございますが、1,793万4,000円でございます。このうち上段でございますが、老人等インフルエンザ予防接種ということで、これは48万8,100円となってございます。これは今回の臨時の予防接種ではございませんで、通常やっています65歳以上の方の予防接種の部分でございます。予算で1,500名分をとってやっていたところでございますが、22年度につきましては、新型インフルエンザと共通のワクチンができたという中で接種者が大幅にふえまして、今回130名分増をお願いするものでございます。
 下段の個別予防接種でございます。これが1,744万5,000円でございます。内訳としましては、子宮頸がんワクチン、これの対象者はおよそ230名ほどでございますが、それが822万4,000円ほど。ヒブワクチンにつきましては、対象者が390名ほどで、377万4,000円ほど。肺炎球菌ワクチンにつきましては、同じく390名ほどで、547万5,000円ほどという内容のものでございます。
 19節負担金、補助及び交付金でございます。108万2,000円ということで、先ほどの委託料の中で、管内で契約したようなお子さん、生徒の皆さんでは委託料でお願いするわけですが、例えば母子で里帰りした場合、また高校1年生の女子、子宮頸がんワクチンの対象になるのですが、今結構越境といいますか、管内以外のところに行っている方がいると。そういう方が現地で打った場合に償還払いというような形で払うために、補助金として載せさせていただいてございます。これがそれぞれのワクチンに10名ほど予算をつけているものでございます。
 9ページをお願いいたします。
 4款衛生費、1項保健衛生費、3目保健センター管理費でございます。13節の委託料ですが、26万3,000円。これは保健センターの冷房設備事業の中での設計・監理でございます。
 15節工事請負費ですが、392万7,000円。保健センター内において集団指導室、栄養指導室、問診室、相談室、診察室、検査室ということで、保健センターのホール、事務室のトイレ等を除いたところ全体に工事を行っていく中のものでございます。
 福祉課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、経済課関係、歳出関係、9ページ中段をお願いいたします。
 6款商工費、1目商工総務費、1,627万5,000円の増額ですが、経済対策の一環としまして商工会へ事務等をお願いする中で、1万円に対しまして村で3,000円を上乗せするプレミアム商品券5,000冊を発行する経費に対する補助金でございます。
 今回のプレミアム商品券の発行につきましては、国の緊急経済対策の住民生活に光をそそぐ交付金事業で行うため、弱者対策への取り組みが事業要件となってまいります。弱者対策としましては、65歳以上、それから18歳以下の方の購入希望者への優先販売を考えております。
 次に2目観光費、39万9,000円の増額ですが、NHKの連続テレビ小説「おひさま」が安曇野と松本を舞台に、ことしの3月28日から半年間放映がされます。このドラマがもたらします経済効果を村の観光振興に行かすための経費計上でございます。
 11節需用費、29万4,000円でございますが、これはPR用ののぼり旗100本の作成費用でございます。次に19節負担金、補助金及び交付金、10万5,000円ですが、これはドラマのロケ地及び大糸線沿線の市町村、それから観光関連の団体等で組織されます「広域観光連絡協議会」への加盟をいたしまして、広域的な連携の中で村への誘客を図るための負担金でございます。
 次に3目交流施設総務費、25節積立金、580万円の減額の関係でございますが、これは次の4目温泉施設管理費、11節需用費の燃料費で、灯油の単価高騰によります不足見込み分580万円に充てるものでございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 10ページをお願いします。建設水道課関係です。
 7款土木費、2項道路橋梁費です。2目道路維持費ですが250万円の追加をお願いいたします。委託料に31万5,000円、これは用地等の測量の委託になります。工事請負費、218万5,000円です。路線につきましては西原の村道7−48号線です。かぼちゃやま農場隣の県道有明大町線との取りつけ部分から約30メートルということを計画しております。
 続きまして3目道路新設改良費、974万4,000円の追加をお願いいたします。これは国の補正予算、きめ細かな交付金充当の道路改良工事です。路線につきましては鼠穴の村道1−6号線、南部会館前の拡幅改良工事約80メートル、それから東細野の村道4−35号線舗装工事約90メートル前後の2カ所を計画しております。委託料180万円、これは測量設計業務の委託料です。それから工事請負費、526万円、これは2カ所の工事請負費になります。それから17節公有財産購入費、これは道路の用地代ということで計上しております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いいたします。
 10ページの中段になりますが、教育費の関係の小学校費の学校管理費の関係、230万9,000円の増額でございます。節につきましては、11節需用費、修繕料ということで、小学校の体育館の2階部分の暗幕の取りかえ、178万9,000円。それから小学校の体育館のステージ前にありますネットの関係のワイヤー等の取りかえ、それから3カ所ある入り口の防鳥ネットの設置で52万円でございます。
 それから、中学校費の関係でございますけれども、1点は特別教室等の増加に伴います改修、それから、その部分に伴いまして教員の増等に対応するため、職員室の改修工事を行うもの。それからもう1点は、中学校の玄関への進入路のカラー舗装工事、それからもう1点は、中学校の2階の視聴覚室のじゅうたんの取りかえ工事ということでお願いするものでございます。
 まず13委託料につきまして15万円でございますが、中学校の教室の改修工事の関係の設計・監理費。それから、11ページになりますけれども、15節工事請負費、622万1,000円の内訳でございますが、職員室それから特別支援学級の改修工事で315万円、それから玄関の進入路の舗装工事で200万円、それから視聴覚室の床張かえ、じゅうたんがぼろぼろになっている部分のところでございますけれども、107万1,000円でございます。
 それから、18節備品購入費、221万7,000円の内訳でございますが、職員室それから特別支援学級の改修に伴います備品ということで、机、パソコン、テレビ等の部分、それから職員室のロッカー等の部分でこの金額となっております。
 教育委員会、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 2目公民館費、76万7,000円をお願いするものであります。15節工事請負費76万7,000円のうち、ホールの防音ドアがございます。これにつきまして、上部アーム部分の変形が生じましてドアの開閉ができないということでございます。ご承知のとおり防音効果、遮音効果ということを目的にしておりまして、かなり重量的に多いと。それから、使用頻度が頻繁に行われましたため、上部アーム部分が変形したということで、今回修繕するものでございます。これにつきましては、ホールの入り口4カ所ありますけれども、すべてそれの対応にしまして万全を期していきたいという内容でございます。
 それから、研修室、2階部分でございますけれども、壁が現在石膏ボードということで、陥没、汚れ等が出ております。これにつきまして42万円をかけて、シナ合板で、腰巻で約90センチほどの目張りをしまして、対応していきたいというふうに思っております。
 なお、この施設につきましては、多種多様な機能があるということでありますので、一応、クリーニングのほうも一緒にかけていきたいということで、新年度の対応に向けて図ってまいりたいという内容でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 9ページのプレミアム商品券についてお伺いいたします。
 先ほど福祉ということで65歳以上の方、それから18歳以下の方を優先ということですけれども、人数等家庭数についてどのくらい対象になるのかお聞きします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 住民票のほうで調べますと、65歳以上の方の総数ですけれども2,610人、それから18歳以下の方ですが1,833人ということでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 合計すると4,000人以上になりますよね。それで5,000冊ということになると、間に挟まった人たちは幾らもないわけで、今までも3割という県下でも珍しいプレミアムをつけているわけですけれども、この辺を2割にするとかそういうお考えはなかったでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) これにつきましては、弱い人たちのためにやるということの中で、今まで2回、3割をやらせていただきました。これは弱い人も強い人もみんな一緒ということの中で、今回特に弱い人に優先的にやりたいということの中で3割を、4,400人に行くという中でやらせていただきました。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 弱い方とか小さい子どもたちは入学等に使えると思いますけれども、もう少し幅広く考えてここは、私は2割ということでも村の方々にとっては、ほかでは1割、2割がほとんどでありますので、2割という選択肢もあってもいいのではないかと思うのですけれども、いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先ほどお答えをしたとおり、私は30%でやらせていただきたいということの中で、今回も弱い人たちのために3割をつけさせていただきたいということで、やらせていただきました。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 2つに分けて、2度やるということですけれども、この辺の確認とか方法とかについては今後商工会のほうと御相談の上ということでしょうか。方法についてどんなお考えでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) あくまでも本日御承認がいただければということでございますけれども、現在、商工会のほうでそれぞれ検討してございますが、一応予定としましては3月上旬に発行していきたいということで考えております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 9ページの「おひさま」効果を求めて負担金を出していくわけですけれども、この広域観光連絡協議会はどのくらいの範囲で、どこが入っているのか、その辺のところを教えてください。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 構成団体の関係でございますけれども、これはロケ地が一番多いということで、安曇野市が一応事務局をとっていきたいということで、安曇野市の音頭で今進めておりまして、ちょうどきょう、設立の総会が行われておるという状況でございます。
 その範囲でございますけれども、市町村の関係につきましては、これまで聞いている段階でございますけれども、松本市、塩尻市、安曇野市、大町市、隣の池田町、白馬村、小谷村、それから松川村という形でございます。市町村はその関係でございますが、それから県の観光部も入っていただけるということになっております。そのほかに旅客関係でございます。その関係のほうの事業者ということでJRの関係とか、あと松本電鉄の関係、タクシー会社等もこの中に加わっていきまして、いわゆる「おひさま」効果をそれぞれの中で活用していきたいということで、組織立ったものでございます。
 今回、これで設立しまして、「おひさま」の放映が終わりますと、一応解散という形を考えております。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 短期間で終わらせないで、この観光をまた、ぜひ明るい兆しを見つけてもらいたいなと、この効果を期待しているのですが、お願いします。
 それから、続けて10ページですけれども、10ページの7款2項3目17節公有財産購入費ですけれども、用地代が268万4,000円挙がっておりますが、これは舗装だけするところではなくて、拡幅していくところの部分という解釈でしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 鼠穴の村道1−6号線にかかる道路用地代ということでございます。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 1−6号線だけで、これはその上にあります道路維持費の中でかぼちゃやまの入り口のところを、6.5メートルの30メートルというふうに話したその部分は、用地代は含まれてこないというふうに解釈していいわけでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) その路線についてはございません。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 済みませんが、公有財産購入費で、この用地代の面積はどのくらいになるのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 詳細には測量後ということになりますが、概算で440平米を見込んでおります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そうすると坪単価は大体5,000円くらいということになりますか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 5,000円から6,000円程度を見込んでおります。
◆11番(白澤富貴子君) 坪ではないね、平米ですね。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 平米6,100円を見込んでおります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) おおよそ金額的には全部同じということではないと思いますが、平米で6,100円というのは、やっぱりそのくらい、普通これは近傍価格、路線価とかいろいろなものの中で妥当な金額ということですか。それともここだけ残っていたので、少し金額を上げたけれども、ここのところだけきちんと今回工事をしていけるようになったという、そういうことなのですか。その辺のところをお尋ねしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 村の中で、道路改良等で用地を買う単価を決めてございます。そういう中で、ここだけ特別な価格で買うということではございません。それぞれ地区によって単価が変わっております。そういう中での計算であります。
◆11番(白澤富貴子君) わかりました。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 佐藤議員。
◆2番(佐藤節子君) 教えてください。11ページですが、学校の関係で、中学校の正門のところを教育長のほうから工事をしていただくということで、大変水たまりが多かったし、よかったと思うのですが、教育長、この工事は卒業式には間に合うのでしょうか。そのあたりどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 天候ありますけれども、間に合わすということで、現況のところに舗装をかける。幾らか下をかまいますけれども、大丈夫だというふうに思っております。
◆2番(佐藤節子君) わかりました。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありますか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 8ページのところで、ちょっと早口で御説明いただいたわけなのですけれども、13節委託料の衛生費の関係です。個別の予防接種、この3つのワクチンの関係なのですが、それぞれごとに子宮頸がん、ヒブワクチン、それから肺炎球菌ワクチン、人数は230人、390人ずつというふうに今お聞きしました。それで、金額的にはそれぞれが一体どのくらいの補助金を出してやっていくのか、その辺のところ。それから、今後の対応とこれからことし以後についての御検討されている内容をお聞きします。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 済みません。聞き取りづらくて申しわけなかったです。金額についてもう一度お話させていただきます。
 まず子宮頸がんですが、822万4,000円ほどで、先ほど言いましたように230名でございます。これについては現在の中学校1年生から高校1年生、学年でいう高校1年生まででございます。
 そして、ヒブワクチンにつきましては、377万4,000円ほど。そして、肺炎球菌ワクチンについては、547万5,000円ほどでございます。ヒブと肺炎球菌につきましては、生後2カ月から5歳になる前までという形でございます。
 今後の予定につきましては、きょう議決をいただきましたら、この後保護者の皆さんに通知を出しまして、1月31日に説明会を開いて、それぞれの保護者の皆さんにそれぞれのワクチンについて御説明をしていきたいと。これはあくまでも任意接種なものでございますから、その中で保護者の皆さんで御判断いただいて、接種するかしないかというところでやっていっていただきたいということでございます。
 今後の予定としましては、先ほど繰越明許費にも載ってございましたが、この事業が国のほうで22年、23年度事業でございますので、先ほど言った対象者については24年の3月31日までという形で行っていく事業でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) ヒブについては、肺炎球菌とか子宮頸がんはほぼ1回ずつでいいのですかね。それぞれに予防接種、このワクチンの接種のやり方がいろいろあると思いますので、これを割ればそのまま1回の接種料が出るというふうにはならないかと思いますけれども、大きなお金を村でも出して子育て支援に対応していくということなので、これは大変いいことだと思いますが、やはり本人の希望でやるとはいっても、もし何か問題が起きたときには自治体に責任が全然ないとは、国のほうでも言っていないというふうに、そういう資料もあったりしていますので、その辺のところもある程度予後のことも対応できるような、少し体制も考えながらこの事業に取り組むということが必要かと思いますので、その辺のお考えはどんなふうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) ワクチンごとに違った難しさがあると思います。例えば子宮頸がんワクチンでいいますと、高1の女子に限っては、この3月までに1回接種していないと、3回打つ中で補助対象にならないとか、ヒブ、肺炎球菌につきましても、例えば2カ月から6カ月の間は3回であるとか、7カ月から12カ月は2回でいい、そして1歳以上になったら1回。また肺炎球菌についても、1歳以上になれば2回、2歳から4歳は1回と、それぞれ年齢に応じて状況が違います。その中で、先ほど臨時職員という形で挙げさせていただきましたが、村のほうでは全体の説明会を1月31日に行いまして、その後、接種希望の方に問診票をとりに来ていただいたときに、村の定期の予防接種がそれぞれございます。その合間を縫って、個別接種ということになるものですから、当然主治医の先生、個別で行くときの先生との相談もありますが、村の予防接種、そしていつの時期ならこのような予防接種が受けていけるかということを、個人ごとに臨時職員の方と、あとうちの保健師等が一緒になってそれぞれのスケジュールを組んでいくという中でやっていくものでございますので、お願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 厚労省で出した書類なんかを見ますと、子宮頸がんワクチンは5年、それから肺炎球菌ワクチンについても、大人の部分ですけれども5年というような期限があって、それを過ぎると切れてしまうというふうになっていたり、肺炎球菌ワクチンについては、2度目の接種はいけないとか、だんだんそれが緩んできたとか、今本当に流動的なのです。その辺について将来的にも、ここを1回やってあればその後、村としても相当考えていかなければいけないものがあって、5年ごととなると大変なことだと思うのですけれども、その辺についての御検討の状況はどうですか。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) まず、子宮頸がんワクチンにつきましては、対象者が中1から高1ということで今お話した中と、もう一つ交渉前ということでございます。そういうことで、10代後半から二十歳になると。村のほうとしましては、今回、説明会でもお話ししますが、一番大事なのはその後です。子宮頸がんやもろもろの検診を受けていただくと。検診を受けていくことによってそういうがんの発生を未然に防いだり、軽い段階で発見するということでございます。そのような形でお話をしていきたいと。
 ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンにつきましては、逆に言いますと、5歳を超えると抵抗力がつくということでございます。ですので、例えば2カ月から5歳になる前までの間にやれば、その時期は大丈夫で、その後は抵抗力がついてほとんどが対応していけるという中で、さっき言ったそれぞれの接種回数でやっていくという中身でございますので、お願いしたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 成長する子どもたちのことを考えてとても大事なことなので、前向きな取り組みはとても評価ができるというふうに思いますが、ちまたのほうでは老人に対して肺炎球菌ワクチンの接種をぜひ検討してほしいという声もありますので、今後についてまた御検討いただきたいということを希望として申しておきます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 甲斐澤議員。
◆4番(甲斐澤明君) 8ページの工事請負費の5,383万円。これは1階、2階、3階の冷房施設を入れるということだと思うのですけれども、議会もこのところあまりに暑いものですから、3年前ですか、クールビズを取り入れました。クールビズを取り入れるということは、議会でも上着やネクタイは外してもよろしいということで、これによって相当その批判を受けた経緯がございます。この議会でもって、ネクタイもしないで議場に入るとは何事だというような批判を受けた経緯もございます。
 今回のこの冷房施設の取り入れについては、前年度、屋根に太陽光発電で電気をつくるという施策を行いました。今回は、この冷房を使うことによって、電気料が7、8、9月で皆さんの試算によると、40万円強の電気料が必要になってくるわけですが、そういうことによって、村民が何と言うのか、批判をするのか、褒めるのか、そこら辺が非常に心配なところです。皆さんはどういう考え方をしているのか、そこら辺についてお答えをいただきたい。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 御存じのように、この建物は昭和63年の11月からここへ入りました。これを建てるときに、庁内にクーラーをどうしようということで検討をした経過がございます。その時点では、家庭にもなかなかクーラーが入っていないような状況の中で、役場に行ったら涼しいところでみんな仕事をしていたということはちょっとどうかなという判断が強かったわけで、最小限必要なところだけクーラーを入れさせていただいたというように思っております。
 現在は、温暖化が進みまして、事務室も当時と違いまして、熱を出す機械が相当入っております。そんな中で、入って来た人たちも「暑いな、暑いな」という状況でございます。また、職員の健康管理等も考えまして、今まで我慢をしてきた中で今回の緊急経済対策のお金をいただいてつくりたいと。今が一番の考えどきかなという状況の中で、今回入れさせていただいたということであります。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) またプレミアムのことについて、どうしても2割という線はないのかと。ただ、村長が先ほどお答えになったので、今まで3割でやってきたから3割だということではなく、今までのを検証した中で、さらに福祉ということにつなげるならば、先ほど4,000数冊が最初に販売されるということですけれども、それは1人1冊ということになるのか、1家庭1冊になるのか、そうすると5,000冊ではとても足りなくなるのではないかという、その辺の御検討はどうなさいますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今までの販売実績からいきまして、1回5,000冊あればいいということの中で、今回も5,000冊ということで判断させていただきました。
 そういうことで、ぜひ御理解をいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ただ、今までのとは違いまして福祉という部分もここにきちんと明記されているわけですよね。そうしたときに、4,000冊は先に行ってしまうと。今まで1冊ではなく2冊、3冊購入された方もおいでになると思うのです。そういうときに、もう少し視野を広げてもいいのではないかと。そうすると2割にするともう500家庭ふえるわけですよね。その辺の検討をもう少し慎重にしていただいて、私は反対するわけではないですけれども、方法について再度御検討いただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 1人1冊ということで、2冊、3冊買った人はいないというように思いますし、この対象の方が全員買うとは限りませんので、今までの経過の中で1回5,000冊でよかったという判断をしておりますので、今回もそういう判断でいます。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 河内議員。
◆9番(河内國治君) 済みません。8ページなのですが、衛生費の予防費のところで臨時職員という部分があるのですけれども、この臨時職員は何名ぐらい使われるのですか。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 2名で20日ずつ40日という形で考えております。
 済みません。それと先ほど1点、ヒブワクチンの関係で377万4,000円ほどと言いましたが、374万4,000円ということで、申しわけなかったです。訂正させていただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 河内議員。
◆9番(河内國治君) もう1点お伺いしたいのですけれども、9ページです。
 観光のほうなのですが、多くの安曇野、松本から大町まで協力してやっていくということなのですが、「おひさま」のロケ地での一番使われていくところが奈良井宿とお聞きしますが、これが撮影現場として大体「おひさま」全体の40%ぐらいに行ってしまうのではないかと。そんなところも考えたときに、その辺のところも奈良井宿というのも視野に入れながら検討していくというような話はあるのでしょうか。ちょっとお尋ねしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) お答えいたします。その関係につきましては、広域の協議会のほうで協議していきますので、今のところまだ議題のほうは、これから会議が始まっていきますので、お願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。
◆9番(河内國治君) はい。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第1号について採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 多 数)
○議長(新村久仁男君) 起立多数。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 以上で、付議された案件は全部終了しました。
 村長あいさつを願います。
 村長。
◎村長(平林明人君) ただいまは提出をいたしました案件、すべて原案どおりお認めをいただきまして、まことにありがとうございました。
 発注するものはできるだけ早く発注し、目的に沿った使用をしてまいりたいというように思います。
 また、専決等の報告の中で皆様にできるだけ早くお話をしなければいけないものにつきまして、今回おくれたことにつきましては、再度おわびを申し上げ、今後こんなことがないようにしてまいりたいというように思います。
 また、低温注意報が出ております中、村内にもインフルエンザ等が発生しているという情報がございます。特に小さな子どもさん、またお孫さんをお持ちの方につきましては、注意をしていただくような配慮が必要かと思います。
 皆さん、風邪など引かぬように、体調を十二分に御注意の上、それぞれの場でさらに御活躍いただきますことを御祈念いたしまして、閉会のあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。
○議長(新村久仁男君) 以上で、平成23年第1回臨時会を閉会します。
 御苦労さまでございました。
                               午前10時54分 閉会


以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


     平成  年  月  日


         松川村議会議長


         松川村議会議員


         松川村議会議員