議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成22年第 4回定例会−12月09日-01号




平成22年第 4回定例会

                 会  議  日  程

┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│  月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│12月 9日 │ 木 │本  会  議│一般議案審議                  │
│       │  │       │請願・陳情等委員会付託、全員協議会       │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   10日 │ 金 │委  員  会│一般質問通告午後1時締切            │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   11日 │ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   12日 │ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   13日 │ 月 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   14日 │ 火 │委  員  会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   15日 │ 水 │休     会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   16日 │ 木 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   17日 │ 金 │本  会  議│一般質問                    │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   18日 │ 土 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   19日 │ 日 │休     日│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   20日 │ 月 │休     会│                        │
├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   21日 │ 火 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例

 議案第69号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第3号)
 議案第70号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第71号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第72号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)



              平成22年松川村議会第4回定例会
           村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

 ┌───┬──┬────────┬──────────────────┬───────┐
 │ 順位 │議席│ 氏    名 │    質  問  事  項    │答弁を求める者│
 ├───┴──┴────────┴──────────────────┴───────┤
 │12月16日(木)午前10時から                          │
 ├───┬──┬────────┬──────────────────┬───────┤
 │ 1 │2 │佐 藤 節 子 │1 信州DCキャンペーンの成果と今後│村長     │
 │   │  │        │  の観光行政について       │       │
 │   │  │        │2 住宅用火災警報器の設置について │村長     │
 │   │  │        │3 安心・安全の村づくりの要望につい│村長     │
 │   │  │        │  て               │       │
 ├───┼──┼────────┼──────────────────┼───────┤
 │ 2 │5 │勝 家   尊 │1 「松くい虫」対策について    │村長     │
 │   │  │        │2 連続ドラマ「おひさま」の放映を控│村長     │
 │   │  │        │  えての対応・対策        │       │
 ├───┼──┼────────┼──────────────────┼───────┤
 │ 3 │8 │渡 邉 尚 省 │1 TPP参加と松川農業について  │村長     │
 │   │  │        │2 緊急経済対策について      │村長     │
 │   │  │        │3 「すずむし保護条例」と村づくりに│村長     │
 │   │  │        │  ついて             │       │
 ├───┴──┴────────┴──────────────────┴───────┤
 │12月17日(金)午前10時から                          │
 ├───┬──┬────────┬──────────────────┬───────┤
 │ 4 │12│榛 葉 良 子 │1 子育て支援の体制づくりについて │村長     │
 │   │  │        │2 実施計画と23年度予算編成につい│村長     │
 │   │  │        │  て               │       │
 │   │  │        │3 里山整備について        │村長     │
 ├───┼──┼────────┼──────────────────┼───────┤
 │ 5 │6 │横 沢 喜 造 │1 住みよい村づくりへの取り組み  │村長     │
 │   │  │        │2 西部地帯の産業活性化      │村長     │
 └───┴──┴────────┴──────────────────┴───────┘



            平成22年松川村議会第4回定例会会議録
                                       〔第1号〕

 ┌──────────┬───────────────────────────────┐
 │招集年月日     │平成22年12月9日                     │
 ├──────────┼───────────────────────────────┤
 │招集場所      │松川村役場議場                        │
 ├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
 │開閉会日時     │開 会│平成22年12月9日 午前10時00分 │議 長│新 村 久仁男│
 │          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
 │及び宣告      │散 会│平成22年12月9日 午前11時34分 │議 長│新 村 久仁男│
 ├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
 │ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │ 出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │ 出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │    凡例    │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
 │ ○…出席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │ △…欠席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
 │ ×…不応招を示す ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │ △公…公務欠席  │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
 ├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
 │会議録署名議員   │10番    │矢 口 あかね│11番    │白 澤 富貴子│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │村長     │平 林 明 人│社会教育課長兼│茅 野 英太郎│
 │          │       │       │公民館長   │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │法第121条により説│副村長    │奥 野 勝 久│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
 │          │       │       │補佐     │       │
 │明のため出席した者の├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │教育長    │西 澤   勇│       │       │
 │職・氏名      ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
 │    全員出席  ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │会計管理者兼 │伊 藤 勇 二│       │       │
 │          │会計課長   │       │       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │住民課長   │宮 澤 大 介│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │福祉課長   │白 沢 庄 市│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
 ├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
 │議事日程      │別紙のとおり                         │
 ├──────────┼───────────────────────────────┤
 │会議に付した事件  │別紙のとおり                         │
 ├──────────┼───────────────────────────────┤
 │会議の経過     │別紙のとおり                         │
 └──────────┴───────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例

 議案第69号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第3号)
 議案第70号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第71号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第72号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
日程第6 請願・陳情の委員会付託



                                 午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成22年松川村議会第4回定例会を開会します。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(新村久仁男君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本会議の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、10番 矢口あかね議員、11番 白澤富貴子議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(新村久仁男君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等については、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。
 議会運営委員長。
◎議会運営委員長(甲斐澤明君) (報告)
○議長(新村久仁男君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から12月21日までの13日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月21日までの13日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(新村久仁男君) 日程第3 村長あいさつを願います。
 村長。
◎村長(平林明人君) 皆様、おはようございます。
 けさ、急に寒くなってまいりましたけれども、本日、ここに松川村議会第4回定例議会を開催いたしましたところ、全議員の皆様には大変お忙しい中、御出席をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。
 北アルプスの峰々は雪化粧をしまして、スキー場もオープンに向け準備が進み、大北地域は冬本番を迎えようとしております。
 平成22年度の国の補正予算が11月26日夜に成立をいたしました。昨年に引き続きまして地域活性化交付金としまして3,500億円が盛り込まれ、各自治体への配分作業が進められております。松川村へは約5,000万円が配分される見込みであります。具体的なメニューはいまだ示されておりませんが、村としましては新年度予算、実施計画との整合を図りながら、住民の目線に立った事業への活用を検討してまいりたいというふうに思っております。具体化しましたら、議長と相談をしながら臨時議会をお願いすることを考えております。
 私は11月末から12月初めにかけまして、それぞれ国でおかれました大会に出席をしました。民主党または県関係国会議員の先生方に、それぞれ課題等を要望してまいりました。財政厳しい折でありますが、景気回復が感じられない中にあって、実効ある緊急の経済対策を国に期待したいというように思います。
 また、特別養護老人ホーム高瀬荘の移転新築工事につきましては、一般競争入札の結果、応募した会社は7社であります。松本市の株式会社アスピアが10億2,375万円で落札をいたしました。落札率は79.2%であります。この起工式を11月10日に実施しまして、工事が今進められておりますが、工期は来年の9月30日までというようになっております。
 最近の村政の状況について若干申し上げたいと思います。
 まず、1日レストランについてでありますが、県の地域発元気づくり支援金を受け、地元食材を使った料理を提供する1日レストランが、11月28日日曜日にセピア安曇野を会場に、村内外から70名ほどの方が参加し、盛大に開催することができました。家庭の中だけにとどめておくことがもったいないぐらいのすばらしい料理が並び、御協力をいただいた村内のお母さん方には感謝を申し上げたいというように思います。
 1日レストランの開催は、地域の活性化や地産地消を通じた交流の場として、今後の村の発展につながるよい機会であったと思います。
 次に、駐在所の移転、建てかえ工事についてであります。当初計画よりおくれましたけれども、22年10月1日付で県との用地賃貸契約を結びました。駐在所の建てかえ工事は県の入札の結果、松本市の大信工業株式会社が落札し、設計は株式会社県設計、監理は有限会社アド設計に決定をしまして、12月1日から工事が開催されております。来年の3月上旬には竣工の予定と聞いておりますけれども、冬期間の工事となりますので、事故がなく順調に進むことを願っております。
 次に、女性消防団員の登用でありますけれども、全国的に消防団員数の減少傾向が続いており、当村においても新入団員の確保には苦慮しているところであります。このような中、団員確保の推進と団の活性化のために、女性消防団員の登用について村消防委員会へ諮問をしまして、先日、登用を進められたいとの答申をいただきました。
 これを受けまして、今後は女性の消防団への入団が進むよう、幹部会と相談をしながら募集をしてまいりたいというように思います。
 次に、南保育園の建設であります。南保育園の建設につきましては、当初の計画どおり進んでおります。来年2月の竣工が待ち遠しい状況であります。
 次に、HPV等ワクチンの接種事業についてでありますが、国の補正予算で「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金」が可決され、本日、国から県への説明があるそうであります。また、それを受けまして県では、12月22日前後に市町村への説明会を計画中とのことですけれども、内容を確認し前向きに対応したいと考えております。
 次に、民生児童委員の改選であります。12月1日に全国一斉に民生児童委員が改選となり、村ではあわせて福祉委員の委嘱も行いました。今回から活動範囲を行政区と同じようにするため2名増員を認めていただきまして、総計22名であります。主任児童委員2名を合わせますと24名となります。これから区等との連携をいただく中で、さらに福祉を推進してまいりたいというように考えております。
 次に、平成22年度産水稲の作柄及び生産調整についてであります。関東農政局長野農政事務所は、10月15日現在の水稲の調査結果の概要を10月28日に公表いたしました。作柄は1平方メートル当たり、全もみ数は平年並み、登熟も平年並みが見込まれることから、10アール当たりの予想収量は612キロで、県下作況指数は98となっております。中信地区は10アール当たりの予想収量は616キロで、作況指数は97と県平均を下回っている状況であります。また、生産調整は地域間調整を図り、農家の皆さんの御理解、御協力の中で、村全体としては生産目標数量内で実施することができました。
 次に、平成23年産米の米生産調整についてでありますが、農林水産省は、平成23年産米の都道府県別の生産数量を発表しました。長野県は対前年比1.7%減の20万2,310トンとなりました。今後は、県の水田農業推進協議会が地方事務所ごとに生産目標数量を配分し、最終的には今月24日に予定されております大北水田農業推進協議会において村の生産目標数量が決定されます。
 農業を取り巻く環境は年々厳しさを増しており、村営農支援センターでは村農業に生かしてもらうべく、エコファーマー認定者への研修会を今月14日に予定しております。また、長野農政事務所次長を講師に、TPPの勉強会を今月17日に予定しております。24日の大北水田農業推進協議会の中で示されるというように思っておりますけれども、松川村は生産調整を達成しておりますので、ことしより減ということになりましたら、少しその場で意見を申し述べたいというように考えております。
 戸別所得補償モデル対策事業についてでありますが、戸別所得補償モデル対策交付金交付申請を11月末でに済まされた農家の皆さんは、農政事務所で確認が完了すれば年内に定額部分の10アール当たり1万5,000円が国から直接振り込まれるという予定をしております。これまでに村が長野農政事務所に進達した件数は520件で、約9割強の方から交付申請を受けております。
 次に、クマの関係であります。本年度は例年になくクマの出没が多く、果樹などの農作物に被害が発生いたしました。人里への出没もあり、猟友会の皆さんには緊急警戒及び捕獲駆除に御尽力をいただき感謝を申し上げているところであります。県の許可のもと、個体数調整には現在までに12頭を駆除いたしました。このほかに学習放獣として1頭を山に帰しております。
 次に、信州デスティネーションキャンペーンでありますけれども、10月から始まった信州デスティネーションキャンペーンに合わせて、村では観光客の誘客を目的に、観松院護持会と安曇野ちひろ美術館の御協力によりまして、銅像菩薩半跏像展の開催、すずむし荘でおこひる弁当の販売、寄って停まつかわ限定のキャラクターストラップ等の販売などを行い、いずれも話題となり、県内外から前年を上回る大勢のお客様に来ていただいております。特にストラップにつきましては1日で1,000個を売り切ったというような中で反響が大きかったように思います。
 また、このキャンペーン中、大糸線を走るリゾート列車を利用する観光客の皆さんに、地域の魅力を伝える活動を有明山語りの会や研有会ぞうり部を初めとする村民の皆さんから積極的に取り組んでいただいております。これらのおもてなしの心で観光客をお迎えする団体や人のかかわりが、新たな村の観光振興につながればと思っております。
 以上が、村政状況でございます。
 本日、上程いたします議案は7件でありますが、概要を若干申し上げます。
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、国の人事院勧告に準じ、一般職の職員の給与を減額等の改正をするものであります。
 専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例は、一般職の職員の給与の減額改正することに伴いまして、議会議員の皆さん、それから常勤の特別職員も同様に減額改正するものであります。
 議案第69号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第3号)でありますが、給与改定等による人件費の調整、南保育園建設事業の事業債の追加、普通交付税決定額の計上などで、2億58万3,000円を追加いたしまして、総額を45億2,507万9,000円とするものであります。主なものを申し上げますと、歳入は、南保育園建設事業債の追加による村債1億2,940万円、地方交付税7,585万円、県支出金658万4,000円の増額と、個人村民税の減額による村税1,396万3,000円の減額であります。歳出は、基金積立金など教育費1億9,674万5,000円、農林水産業費490万1,000円の増額と、土木費366万6,000円の減額であります。
 議案第70号から議案第72号は、各特別会計の予算補正であります。
 いずれも提案時に各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議の上、議決をいただきますようお願い申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。
 長い期間になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(新村久仁男君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。
 事務局長。
◎事務局長(鈴木智君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.穂高広域施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成22年10月27日
  出席議員  新村議長、白澤副議長
  審議事項等 ・平成22年度一般会計補正予算
        ・平成21年度一般会計歳入歳出決算の認定
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
 2.社会福祉法人大北社会福祉事業協会第4回評議員会
  開催期日  平成22年11月4日
  出席議員  新村議長
  審議事項等 ・寄附金に関する報告
        ・れんげ荘スプリンクラー設置工事の入札結果についての報告
        ・高瀬荘移転改築工事の入札結果についての報告
        ・職員の給与に関する規定の一部を改正する規定
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに同意。
 3.池田松川施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成22年11月5日
  出席議員  新村議長、白澤副議長、井上議員、佐藤議員
  審議事項等 ・平成22年度一般会計補正予算
        ・平成21年度一般会計歳入歳出決算の認定
        ・組合教育委員会委員の任命同意について
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
        組合教育委員会委員に太田文雄氏を任命することに同意。
 4.北アルプス広域連合議会11月定例会
  開催期日  平成22年11月22日
  出席議員  新村議長、白澤副議長、甲斐澤議員
  審議事項等 ・手数料条例の一部を改正する条例の専決処分報告
        ・火災予防条例の一部を改正する条例
        ・平成22年度広域連合会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
 以上でございます。
△日程第5 議案の上程
○議長(新村久仁男君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正するということで、今回の改正は人事院が公務員給与の改定を勧告したことによるものでございます。
 人事院の勧告内容につきましては、本年も厳しい民間の情勢を反映し、公務と民間の給与比較の結果、月例給、特別給、いずれについても公務が民間を上回ったため、それらを引き下げることとしました。
 月例給につきましては、今回の初めての措置として、民間の給与差が拡大している傾向にある50代後半層の俸給及び俸給の特別調整額、管理職手当を1.5%減じて支給することとし、あわせて俸給表の引き上げ改定も行うこととしました。
 また、特別給、ボーナスにつきましても、年間4.15月から3.95月に、0.2月分の引き下げを行う勧告となっております。
 それでは、条文の説明に移らせていただきます。
 第1条、一般職の職員の給与に関する条例の第27条第1項に、附則第4項第2号、55歳を超える職員の給与の特例を加えまして、基準日における期末手当の支給に関することを追加する条文でございます。
 第28条第1項から第3項につきましては、平成22年12月の期末手当の率を1.5月から1.35月に減額変更する条文でございます。
 続きまして、第30条第1項及び第31条第1項第1号は、附則第4項第3号、55歳を超える職員の給与の特例を加える条文と、平成22年12月の勤勉手当の率を0.7月から0.65月に減額変更する条文の内容となっております。
 続きまして、附則第4項につきましては、平成21年6月に支給する期末手当及び勤勉手当に関する特例を、55歳を超える職員の給与の特例に改正するものでございます。
 これが給与表の変更を含みまして、7ページの上段まで続いております。ごらんいただきたいと思います。
 続きまして、その下ですけれども、第2条、一般職の職員の給与に関する条例の第28条第1項につきましては、期末手当の率を平成23年6月の支給率、1.25月から1.225月に、平成23年の12月の支給率につきましては、1.35月から1.375月に、また、特定幹部職員につきましては、6月を1.025月に、12月を1.175月に、第2項につきましては、再任用職員の支給率の変更をうたっている条文でございます。
 第31条第1項第1号につきましては、平成23年6月、12月の勤勉手当の率を0.675月に、特定幹部職員を0.875月に変更する条文です。第2号につきましては、再任用職員の支給率を変更する条文です。
 附則の7条につきましては、平成23年4月以降に特定職員となった場合の期末、勤勉手当の支給率の改正条文でございます。
 第3条につきましては、一般職の職員の給与に関する条例の附則、給与の切りかえに伴う経過措置の改正でございます。
 附則といたしまして、1では施行期日、2では特例措置、3では以前に55歳に達した職員の読みかえについて、4では委任についての条文でございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成22年11月30日専決 松川村長名。
 平成22年12月9日報告 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第14号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正するということで、専決14号と同様、人事院が公務員給与の改定を勧告したことによります期末手当の額を、年間の4.15月から3.95月ということで、0.2月分の引き下げを行う内容となっております。
 それでは、条文の説明に移らせていただきます。
 第1条につきましては、平成22年12月の支給率を1.65月から1.5月に変更する条文です。
 第2条につきましては、平成23年4月以降の6月支給率を、1.45月から1.4月に、12月の支給分の支給率を1.5月から1.55月に変更する条文でございます。
 附則につきましては、今御説明した施行期日の内容です。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成22年11月30日専決 松川村長名。
 平成22年12月9日報告 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第15号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは、専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を次のように改正するということで、こちらも専決第14号、第15号と同様、人事院勧告によるものでございます。期末手当の額を年間4.15月から3.95月、減額の0.2月という内容となっております。
 条文の説明に移らせていただきます。
 第1条につきましては、平成22年12月の支給率を1.65月から1.5月に変更する条文。
 第2条につきましては、平成23年4月以降、6月の支給率を1.45月から1.4月に、12月の支給分を1.5月から1.55月に変更する条文です。
 附則につきましては、今御説明した施行期日です。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成22年11月30日専決 松川村長名。
 平成22年12月9日報告 松川村長名。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) これで、ここに出ている専決3つ終わることになるわけなのですが、全体的に見て、差額はどのくらいになるのか。それぞれごとに教えていただければと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 特別職の関係で、給与改定見込みで36万円の減額でございます。それから、給与関係で一般職の関係ですけれども、約480万円の減額、それから給与表の改定によりまして減額で8万円、共済費の関係で約85万円の減額の予定となっております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑ありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第16号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、議案第69号 平成22年度松川村一般会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正の内容につきましては、村長が冒頭でごあいさつ申し上げたとおりでございますけれども、歳入では景気の低迷による村税の減、それから地方交付税及び県補助金の増、歳出につきましては、農林水産費と教育費の教育施設整備基金の増が主なものでございます。なお、職員等の人件費につきましては、先ほど専決処分させていただいた条例3本と人事異動にかかるものでございますので、担当課長等からの説明は省略させていただきますのでよろしくお願いします。
 それでは、まず4ページをお願いします。
 第2表地方債補正。追加分としまして南保育園建設事業債でございますが、限度額につきましては、対象事業費の2分の1、1億2,940万円でございます。交付税措置がなされております。こちらにつきましては100%交付税措置ということでございますので、よろしくお願いします。
 それでは、7ページをお願いします。まず、総務課関係、歳入でございます。
 1款村税でございますが、減額で1,396万3,000円。先ほど申し上げましたけれども、景気低迷によります現年分の予定額の減の見込みでございます。
 続きまして、9款地方交付税ですけれども、7,585万円。額の確定による増額でございます。
 1つ飛びまして、13款国庫支出金、1節総務管理費委託金、減額の1,000円ですが、自衛官募集事務委託金の額の確定によるものでございます。
 8ページをお願いします。中段、県支出金、1目総務費委託金、128万4,000円ですけれども、3節選挙費委託金、130万円、県議会議員の一般選挙が23年度に予定されておりますけれども、その分の22年分の増額でございます。それから、4節統計調査費委託金でございますが、学校基本調査交付金、2,000円の増額、工業統計調査交付金、減額で1万6,000円、輸出生産実態調査交付金、減額の2,000円、それぞれ額の確定によります。合計で1万6,000円の減額でございます。
 9ページの上段をお願いします。15款財産収入ということで、1節土地建物貸付収入、1万9,000円でございますが、このうち駐在所土地貸付料、駅前の駐在所の建設予定地につきまして、県への貸し付けが45万715円、10月からの契約ということで、これの半月分ということで22万5,357円となっております。
 続きまして、19款諸収入の雑入でございますが、消防団の退職報償金、116万5,000円の減額、額の確定に伴うものでございます。市町村振興資金としまして、宝くじの交付金、松香荘のほうへ充当しておりますが、362万7,000円の増、1つ飛びまして、環境対応車普及促進対策費補助金としまして、南保育園の公用車購入で12万5,000円の増でございます。
 続きまして、20款村債でございますけれども、南保育園の建設事業債としまして、4ページで御説明申し上げました地方債の補正のとおりでございます。
 10ページをお願いします。歳出になりますが、中段、2款総務費、1目一般管理費でございますが、52万5,000円の増額をお願いするものでございます。18節備品購入費、42万円ですけれども、世帯数増に伴います戸別受信機10台を購入するものでございます。それから、19節負担金、補助及び交付金ですが、134万5,000円、この内訳で県町村総合事務組合に115万5,000円、これは他会計からの職員の異動分でございます。続きまして補助金、勤労者住宅貸付資金利子補給で19万円、対象者増によります増額でございます。
 11ページ、財産管理費のうち8節報償費、減額の9万6,000円ですけれども、駐輪場の管理謝礼ということでございましたが、観光協会費に含めたための減額です。11節需用費、燃料費としまして37万1,000円、これはバスの利用がふえたための増額でございます。光熱水費48万円ですけれども、使用量増に伴うものでございます。それから、13節委託料、7万2,000円の減ですが、役場ロビーに置いておりました分煙機の保守点検業務が撤去によりまして不要になったための減額です。14節の使用料及び賃借料、15万7,000円ですけれども、駐車場の一柳さんから借りている部分でございますが、契約変更によります増額でございます。これにつきましては、駐在所に半分貸せる部分を村が仲介してございます。
 続きまして、7目企画費でございますが、19節負担金、補助及び交付金でございます。400万2,000円の減額ですが、地域づくり活動活性化支援補助金、額の確定によります減額です。
 13目総合行政情報費、15節工事請負費、262万5,000円の増額でございますが、これにつきましては、社会就労センターに無線LANを設置するものが183万8,000円、南保育園の移転にかかります工事費としまして78万7,000円の計上でございます。当初、すずむし荘が指定管理者になるため、そちらの無線LANを就労センターのほうに移設する考えでございましたけれども、見積もりをとったところほとんど設置移転費用と変わらないために、こちらの新規ということでお願いするものでございます。
 それから、次のページをお願いします。下段になりますが、選挙費になります。1目選挙管理委員会費としまして、減額の5万5,000円ですが、旅費としまして委員の夏季講座が中止になったための減額、それから6目県議会議員一般選挙費、133万5,000円ですが、平成23年度に行われます県議会議員の22年分の計上でございます。3節職員手当等、31万7,000円は準備のための職員分、それから7節賃金、8万7,000円は臨時職員15日分、次のページに参りまして11節需用費、61万5,000円ですが、消耗品費はポスター掲示板の購入費、43万1,000円、印刷製本費、8万9,000円は入場券の印刷代、修繕料、9万5,000円は計数機の点検及び修繕料で計上してございます。12節役務費、21万5,000円ですが、通信運搬費としまして、入場券の発送手数料20万円、それから、手数料としまして1万5,000円は、掲示板の処分料でございます。それから、13節委託料、10万1,000円ですが、掲示板の設置料としまして計上でございます。
 続きまして、下段の委託統計調査費でございますが、1万5,000円の減額です。まず、1節報酬、2万3,000円の減額は、工業統計調査、輸出生産実態調査の額の確定によるもの、11節需用費につきましては、消耗品費1万円、続きまして12節役務費、減額の2,000円は通信運搬費としまして、交付額の決定に伴います増減でございます。
 飛びますが、19ページをお願いします。下段の8款消防費、2目非常備消防費としまして、減額の50万4,000円ですが、6節恩給及び退職年金としまして、110万4,000円、退職報償金の額の確定に伴います減額です。本年度につきましては8名分、185万6,000円の支出となっております。
 次ページ、20ページをお願いします。上段の旅費でございます。60万円の増ですが、消防団員の出動回数の増による増額でございます。
 続きまして、23ページをお願いします。10款公債費ですが、23節償還金、利子及び割引料ということで、231万5,000円の減額ですが、長期債利子の確定に伴う減額でございます。
 24ページをお願いします。給与費明細書になります。
 まず特別職でございますけれども、減額につきましては期末勤勉手当の支給率の改定による減額でございます。
 続きまして25ページ、一般職の給与費明細書でございます。人勧に伴う措置分が主なものでございます。28ページまで続いておりますので、よろしくお願いします。
 総務課からは以上です。
○議長(新村久仁男君) 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 住民課関係をお願いいたします。歳出、15ページになります。
 中段の3款民生費、1項社会福祉費、3目医療特別給付費、20節扶助費、47万5,000円です。老人受給者の増によるものでございます。
 住民課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 福祉課長。
◎福祉課長(白沢庄市君) 福祉課関係をお願いいたします。歳入、7ページをお願いいたします。
 下から2段目、11款1項1目1節社会福祉費負担金、13万3,000円の減でございますが、地域活動支援センターの利用者負担金の減ということで、これにつきましてはあすなろ憩いの家でございますが、障害者自立支援法の負担金の限度額の変更により、市町村民税非課税世帯の金額がゼロ円となったため、利用者の多くがゼロ円ということでの減額でございます。
 8ページをお願いいたします。14款2項1目民生費県補助金、1節社会福祉費補助金でございます。29万4,000円の減額でございますが、これにつきましては老人クラブ活動助成事業ということで、出のほうで村のほうから老人クラブのほうへ補助金を出しているわけでございまして、それに伴う県からのものでございますが、今年度老人クラブの連合会が解散をいたしまして、その後、それぞれの地区で老人クラブ等の活動の中で、活動があるところにはどのような形で助成していくかということで検討してございましたが、各地区よりそのようなことで、やることはないということで、今回減額とさせていただいているものでございます。
 続きまして、14款3項2目民生費委託金、1節でございますが、6万4,000円の増でございます。これは民生児童委員の活動費交付金でございますが、先ほど村長があいさつで申し上げましたように、この12月から2名の方が増員となりまして、その方の12月からの4カ月分という形のものでございます。
 9ページをお願いいたします。19款4項3目の中で、下から2段目の地域活動支援センター事業で10万円となってございます。先ほど負担金の中では利用者のものは減という形になりましたが、その中でお昼代は自己負担していただこうという中で、1食300円という形の中で、ここで10万円という形で上げさせていただくものでございます。
 歳出関係をお願いいたします。14ページをお願いいたします。
 3款1項1目社会福祉総務費、1節報酬でございますが、6万9,000円です。これについては、福祉委員として村でも委嘱する中で、先ほども言いました民生児童委員さん、12月からの2名分の増を上げさせていただいているものでございます。8節報償費につきましては、1万3,000円の減ですが、法律相談の業務の謝礼が確定したものでございます。その下、11節需用費、1万3,000円の増でございますが、この消耗品費は法律関係に関係する参考図書の購入をしたいものでございます。19節負担金、補助及び交付金でございますが、負担金で地域活動支援センターの負担金、10万円の減でございます。これについては、大町市にある地域活動支援センターで松川村の方が利用していたわけですが、その方が入院ということになりまして、長期化するという中で10万円減というものでございます。そして交付金、民生委員活動費の4万円につきましては、同じように12月からふえた2名分の方の活動費でございます。
 15ページをお願いいたします。3款1項19節負担金、補助及び交付金でございます。52万8,000円の減額でございます。これは補助金でございますが、村から出る老人クラブ補助金の減ということでございます。20節扶助費でございますが、7万円の減。これは敬老祝金、人数が確定して7万円の減となるものでございます。
 4目老人福祉施設費、11節需用費でございます。32万円の増でございますが、燃料費ということで、松香荘の灯油代でございます。
 16ページをお願いいたします。4款1項2目予防費でございます。19節負担金、補助及び交付金、9万円の増でございますが、これは予防接種補助金としまして、今年度から新型インフルエンザと旧インフルエンザと一緒のワクチンができました。そのような中で、管外、要は大北以外のところで注射された方が、注射した後に補助金を償還払いで希望された場合ということで、補助金として9万円分計上させていただきました。
 3目保健センター管理費、11節需用費、9万円でございますが、光熱水費ということで保健センターの光熱水費でございます。18節備品購入費、9万8,000円、これにつきましては電子レンジが1台、ガスコンロが2台ということで、長年使っていた中で壊れたためにお願いするものでございます。
 福祉課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、経済課、歳入関係、8ページをお願いいたします。
 14款県支出金、2目農林水産業費県補助金、1節農業委員会補助金で農地制度実施円滑化事業補助金、240万4,000円の増額でございますが、農地法の改正に基づく事務実施等に伴う増額内示によるものでございます。2節農業費補助金では、中山間地域等直接支払事業交付金、36万6,000円の減額ですが、額の確定見込みによるものでございます。それから、地域営農基盤強化総合対策事業補助金、100万円の計上ですが、農地利用集積事業に対する交付内示によるものでございます。3節林業費補助金では、249万2,000円の増額ですが、これは事業体が団地化しまして、森林整備を促進するために行う境界確認などに交付されます森林整備地域活動支援交付金の額の確定見込みによるものでございます。
 続きまして、9ページ中段をお願いいたします。19款諸収入、3目雑入で、説明欄の一番最初にあります農業者年金業務委託手数料、14万円ですが、額の確定見込みによるものでございます。
 続きまして、歳出関係、17ページをお願いいたします。5款農林水産業費、1目農業委員会費、235万5,000円の増額ですが、9節旅費で4万8,000円の計上は、職員旅費不足見込み分の計上でございます。13節委託料、240万5,000円の計上ですが、歳入で御説明しました農地制度実施円滑化事業補助金を受けまして、農地保全管理に11万円、それから農地法改正に伴い農地基本台帳の管理項目の追加に対応するため、農地情報管理システムの改良業務に229万5,000円を計上するものでございます。
 3目農業振興費、45万円の減額ですが、8節報償費、10万円の計上は猟友会への謝礼金でございます。本年度は例年になくクマの出没が多く、農作物被害や人里への出没への対応のため、緊急警戒及び捕獲駆除に尽力をいただいたことに対する謝礼金でございます。19節負担金、補助及び交付金、55万円の減額ですが、補助対象面積の確定見込みに伴う交付金の減額でございます。
 4目地域営農支援事業費ですが、19節負担金、補助及び交付金で100万円の計上でございますが、歳入でも御説明いたしましたが、地域営農基盤強化総合対策事業の補助項目にあります農地利用集積事業の交付内示に伴い、農地利用集積円滑化団体の大北農協への補助金でございます。
 続いて、18ページをお願いいたします。2項林業費、1目林業振興費、250万2,000円の増額でございますが、19節負担金、補助及び交付金で、歳入でも御説明いたしましたが、森林整備地域活動支援交付金の交付内示に伴います増額でございます。
 続きまして、6款商工費、3目交流施設総務費でございますが、25節積立金で、職員給与等の減額分、16万円を基金積立するものでございます。
 経済課関係は以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、建設水道課関係をお願いいたします。
 歳入につきましてはございません。歳出の19ページをお願いしたいと思います。
 7款土木費です。2項道路橋梁費、2目道路維持費です。40万円の追加をお願いいたします。15節工事請負費、40万円。これは道路維持補修工事箇所の増に対応するため追加をお願いするものであります。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) それでは、教育委員会関係をお願いします。歳入の9ページをお願いいたします。
 一番上段になりますけれども、財産貸付収入の1節土地建物貸付収入、説明欄の下のほうですが教員住宅貸付料、19万8,000円の減額です。これは単身用1戸が空き家となっているための減額でございます。
 続きまして、歳出の20ページをお願いいたします。教育費の1項教育総務費、2目事務局費、1億9,583万円の増額でございます。1節報酬、7万2,000円の増額。これは食育推進計画策定委員の報酬として9人分、4回分を計上してございます。それから、25節積立金、1億9,609万1,000円でございますが、教育施設整備基金への積み立てでございます。
 3目教員住宅費につきましては、教員住宅使用料の財源振りかえでございます。
 21ページをお願いいたします。小学校費ですが、1目学校管理費、97万円の減額でございます。18節備品購入費、110万2,000円の減額でございますが、机、いす等の入札の差金でございます。
 それから、2目教育振興費、279万2,000円の増額でございます。11節需用費、275万1,000円の増額でございます。消耗品費、これは小学校の教科書の改定が23年度実施ということで、これに伴います教師用の教科書、それから指導書の購入でございます。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎社会教育課長兼公民館長(茅野英太郎君) それでは、社会教育課公民館関係をお願いします。
 22ページをお願いいたします。2目体育施設費、17万3,000円の増額をお願いする内容でありますけれども、11節需用費、光熱水費、1万6,000円であります。これにつきましては水道料の3月分までの不足分をお願いするものであります。それから、修繕料の27万3,000円につきましては、スポーティプラザの防火水槽の漏水がありまして、その修繕をお願いする内容であります。15節工事請負費、11万6,000円の減額であります。これにつきましては、パターゴルフ場内のトイレの改修の工事終了に伴う減額であります。
 以上です。よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 7ページですけれども、歳入の個人の税金のところ、村税のところですけれども、この額が確定したのはいつでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 確定ではございませんけれども、見込みということで22年度は、前年よりも5%ぐらい減るだろうということで、ここで減額をさせていただきました。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) まだ確定とはならないというお話ですけれども、ほぼ確定しているのではないかなと個人のことについては感じているわけですけれども、金額が大分多い理由は、やはり先ほど村長のほうの説明もありましたように、歳入の見込みがないというようなことだと思いますが、税金にしてこれだけというのは相当大きいと思うわけなのですけれども、今後、もうちょっと何とか明るい兆しがあればなと思いながら見せてもらいましたが、こんなに見込まれるということなのですね、状況では。
 それともう一つ、20ページの教育費の関係の25節積立金ですが、これは基金積立1億9,000円ほどして、積立金全体額ではどのくらいになるでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 会計課長。
◎会計管理者兼会計課長(伊藤勇二君) それでは、お答えをいたします。12月1日現在で、2億3,120万1,423円ございます。これに本日お認めいただく予定の1億9,609万1,000円を加えますと、4億2,729万2,423円になる見込みでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 11ページですけれども、企画費ですが、毎年補正が出て減額になっていて、今回400万円というのは随分多い気がするのですけれども、一度これについては内容を改定した記憶もありますけれども、この原因とか今後について何か検討をされる余地があるのかどうか、お願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) この減額につきましては、当然、村として新年度に向けてのPRはしていく予定でございますけれども、今後の対策としましては、公民館事業をやっているところへPRをしていただいたり、自立をしていただくためにそれぞれのところでPRをしていきたいと。まずは県の補助金を有効活用してもらうというのもございますけれども、その補完的立場で自立を促すための支援をしていかなければならないと思いますが、広報誌、それから防災無線、それらも使って新年度に向けて準備をしていきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 県のほうも、割合に松川村というのは元気づくりについて利用がないような気がいたします。それだけ予算のほうで恵まれているのかなという気もいたしますけれども、これの要綱について、補助事業を既に受けているところは難しいとか、今後は営業というのか、利益のある事業については出さないとか、その辺の難しいところがあると思うのです。なかなか手が挙げられないというような状況について、今後についての検討は考えておりませんか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 要綱の内容につきましては、地域づくり推進委員会のほうで当然審査も行っておりますので、そちらのほうと話をさせていただいて、今後枠を広げるというような委員さんの御意見があれば、また検討していきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) ほかに質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第69号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第70号 平成22年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 住民課長。
◎住民課長(宮澤大介君) 今回の補正は、過年度分の保険税還付金と21年度特定健診国庫負担金の超過分の最終補正でございます。
 3ページをお願いいたします。初めに、中段の下の10款諸支出金から御説明申し上げます。
 1目一般被保険者保険税還付金、23節償還金、利子及び割引料の40万円ですが、過年度還付金不足にかかわるものでございます。
 続いて、3目一般被保険者還付加算金、23節償還金、利子及び割引料の3万円ですが、前述しました過年度還付金に伴う利息分でございます。
 続いて、5目償還金、23節償還金、利子及び割引料の28万2,000円ですが、21年度の特定健診国庫負担金の超過分確定に伴う補正でございます。
 以上の合計金額、71万2,000円の増加分を、上段の9款基金積立金から減額しております。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第70号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 審議の途中でありますが、ここで11時25分まで休憩します。
                                 午前11時07分 休憩
                                 午前11時25分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、議案第71号 平成22年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) それでは、御説明いたします。今回の補正につきましては、人事異動に伴う調整、及び人勧による給与費の補正、及び下水道マンホール用鉄ふたの追加補充の補正をお願いするものでございます。
 5ページをお願いしたいと思います。初めに歳入ですが、5款繰入金、2項基金繰入金です。これにつきましては、歳出の財源調整振りかえに伴う調整でございます。
 続きまして6ページですが、歳出です。1款下水道費、1項下水道管理費です。1目下水道管理費、16節原材料費、34万2,000円の追加をお願いいたします。マンホール用鉄ふた。これにつきましては、民間の宅地造成等に伴う下水マンホールの新設に対応するための鉄ふたの補充を行うものです。
 続きまして、2款公債費、1目元金ですが、これにつきましては、財源の振りかえを行っております。
 7ページから給与費明細書になります。給与費の明細につきましては、異動につきましては記載のとおりですので、よろしくお願いいたします。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第71号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第72号 平成22年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。
 事務局長。
                  (事務局長朗読)
○議長(新村久仁男君) 提案者の説明を求めます。
 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 3ページをお願いします。今回の補正は給与費の補正、及び資本的収支におけます工事請負費の追加をお願いするものです。
 給与費につきましては、人事異動及び人勧に伴うものの調整でございます。
 (2)資本的収入及び支出についてですけれども、工事請負費に追加をお願いします。これにつきましては、北細野の踏切、水道管の横断推進工事の実施に当たりまして、JRと協議を進めてまいりましたが、工事に際しましてJRが指定する列車見張り員、及び交通整理員、軌道検測員等の保安要員をつけるという条件がつけられましたので、その費用として追加をお願いするものでございます。
 給与費の明細につきましては、4ページからになります。記載のとおりですので、ごらんいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 説明が終わりましたので質疑を行います。
 質疑はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                 (「なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第72号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(新村久仁男君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 請願・陳情の委員会付託
○議長(新村久仁男君) 続いて、日程第6 請願・陳情の委員会付託を行います。
 お手元に配付の請願・陳情についてを議題とします。
 ただいまから請願・陳情を各委員会に付託します。
 請願について。
 件名  TPP交渉への参加に反対する請願書
 請願者 松川村1230−2
     松川村農民組合
     組合長 平 林 久 人
     大町市平7561
     安曇地域食料と健康を守る会
     会長 海 川 善 広
 紹介議員は、井上直昭議員です。
 この件を総務産業建設常任委員会に。
 続いて、陳情についてであります。
 件名  ILO看護条約・夜業条約に基づき、医療・介護労働者の大幅増員と夜勤改善を求める陳情書
 請願者 長野市高田276−8
     長野県医療労働組合連合会
     執行委員長 茂 原 宗 一
 この件を社会福祉文教常任委員会に。
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
                (「異議なし」の声あり)
○議長(新村久仁男君) 異議なしと認めます。よって、以上の件は各常任委員会に審査を付託します。
 これで、本日の日程は全部終了しました。
 これにて散会します。
 御苦労さまでございました。
                                 午前11時34分 散会