議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成22年第 2回定例会−06月16日-02号




平成22年第 2回定例会

            平成22年松川村議会第2回定例会会議録
                                       〔第2号〕

 ┌──────────┬───────────────────────────────┐
 │招集年月日     │平成22年6月16日                     │
 ├──────────┼───────────────────────────────┤
 │招集場所      │松川村役場議場                        │
 ├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
 │開閉会日時     │開会 │平成22年 6月16日 午前10時00分│議長 │新 村 久仁男│
 │          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
 │及び宣告      │散会 │平成22年 6月16日 午後 2時59分│議長 │新 村 久仁男│
 ├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
 │ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │出席並びに欠席議員 │ 1 │新 村 久仁男│ ○ │ 7 │平 林 寛 也│ ○ │
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │出席12名 欠席 0名 │ 2 │佐 藤 節 子│ ○ │ 8 │渡 邉 尚 省│ ○ │
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │   凡例     │ 3 │井 上 直 昭│ ○ │ 9 │河 内 國 治│ ○ │
 │ ○…出席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │ △…欠席を示す  │ 4 │甲斐澤   明│ ○ │ 10 │矢 口 あかね│ ○ │
 │ ×…不応招を示す ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │ △公…公務欠席  │ 5 │勝 家   尊│ ○ │ 11 │白 澤 富貴子│ ○ │
 │          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
 │          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │榛 葉 良 子│ ○ │
 ├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
 │会議録署名議員   │4番     │甲斐澤   明│5番     │勝 家   尊│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │職務のため出席した者│事務局長   │鈴 木   智│書記     │西 澤 なつみ│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│須 沢 和 彦│
 │          │       │       │補佐     │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │法第121条により説│副村長    │奥 野 勝 久│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │職・氏名      │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │    全員出席  │会計管理者兼 │伊 藤 勇 二│       │       │
 │          │会計課長   │       │       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │環境福祉課長 │白 沢 庄 市│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │経済課長   │丸 山 正 芳│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │建設水道課長 │白 澤   繁│       │       │
 │          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
 │          │社会教育課長兼│茅 野 英太郎│       │       │
 │          │公民館長   │       │       │       │
 ├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
 │議事日程      │別紙のとおり                         │
 ├──────────┼───────────────────────────────┤
 │会議に付した事件  │別紙のとおり                         │
 ├──────────┼───────────────────────────────┤
 │会議の経過     │別紙のとおり                         │
 └──────────┴───────────────────────────────┘



                本日の会議に付した事件

日程第1 一般質問
  1 福祉対策の充実について                    8番 渡 邉 尚 省
    経済対策について
  2 消防・防災体制の強化について                 3番 井 上 直 昭
    西原遺跡公園周辺について
  3 第6次総合計画の実現にむけて                12番 榛 葉 良 子
  4 指定管理者制度の導入                    11番 白 澤 富貴子



                                 午前10時00分 開会
○議長(新村久仁男君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は一般質問です。
△日程第1 一般質問
○議長(新村久仁男君) 日程第1 一般質問を行います。
 順次発言を許します。
 順位1番、8番渡邉尚省議員の質問事項、福祉対策の充実についての質問を許します。
 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) おはようございます。村議選後、初めての議会であります。質問の最初になりました。
 初めに、私の感想、大きな出来事が起こりました。それに対する感想を一言述べたいと思います。先日、日本じゅうに衝撃が走りました。鳩山首相と小沢幹事長辞任のニュースでした。だれもがなぜと驚かれたのではないでしょうか。これは普天間基地問題で国外移転、最低でも県外と公約しながら日米合意で辺野古移設を決め、沖縄県民と国民の声を裏切ったこと、政治と金の問題では人に責任を押しつけてうやむやにする、このような公約と期待を裏切る国民の怒りの前に政権を投げ出すことになった、これが真相であり、原因ではなかったかと思います。菅首相の登場で20%から一気に60%を超える支持率になりました。これも見事な小沢隠しの結果ではなかったでしょうか。
 菅首相の所信表明で大変気になることがあります。これまで公約だった対等な日米関係、国民の生活が第一のスローガンが消えました。政治と金の問題は2人の辞任でけじめがついたと述べました。鳩山さん、小沢さんがなぜ辞任になったのか、全く反省がありませんでした。そして今度は強い経済、強い財政、強い社会保障を強調しました。財政健全化の名のもとで消費税増税と法人税減税をねらう税制改革協議機関を超党派で進めようと言いました。大企業、財界の思想と同じです。この先は小泉改革で試され済みの新自由主義経済、弱肉強食そのものの路線と言わざるを得ません。財界言いなり、アメリカ言いなりの政治、国民の立場でものが言えない政治はもうごめんです。これこそ国民が求めている政治ではないかと深く考えさせられました。
 福祉の充実を目指して質問を行います。かつてない深刻な経済不況、依然として長引く不景気は村民の心を不安にしています。それだけに健康、医療、介護への関心も強まっていると言わざるを得ません。高齢者にとってはわずかな年金から介護保険料、後期高齢者保険料、所得税が遠慮なく天引きされています。このような中で18歳までの医療費無料化は明るいニュースとして村民から、若い人たちから大変喜ばれています。池田町の住民の皆さん、また議員の皆さんからうらやましい声が届いています。子育てするなら松川村と近隣市町村で話題になっています。松川村の施策がいかに先進的であるか、村内外の皆さんから高く評価されていることであり、大変うれしい話であります。これが新たな人口増加につながることを期待したいと考えています。
 初めに、福祉医療費窓口負担の無料化について質問いたします。村長、この要望は子育て中のほとんどの方から出されます。お母さんから、窓口負担しても後で返ってくるからと言いますが、なぜできないんですか。事務的なことではないですか。窓口での支払いがなくなったらどんなにありがたいか、いつも考えさせられます。また、3人の子育て中のお母さん、上は小学生の女の子2人、下は就学前の男の子、負担を考えると支払いのことが先に立ち、我慢することもあります。ありがたさが半減してしまいます。お母さん方の要望についてはいかがでしょうか。こういう声が届いております。村長、いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 最初に、また細部につきましては課長に答弁させますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、議員にお答えをしてまいります。
 窓口無料化につきましては村も検討はしておりますけれども、大変難しい問題がございます。細部につきましては課長が答弁をいたしますけれども、3カ月ほど待っていただければ必ず返るので、お金がないから医者にかからないでおこうという考え方じゃなくて、ぜひ何とかして軽いうちに医者にかかっていただきたいということをお願いもしてまいりたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) それでは、私のほうから説明をさせていただきます。
 まず、御質問のお答えの前に、現制度での流れについて関係がありますので最初に説明をさせていただきます。
 まず、長野県の福祉医療制度は福祉医療制度のあり方検討委員会、これは平成14年の8月ですが、その提言をもとに自動給付方式というのを行っております。これは受給者証を医療機関で提示すると、今村長も申しましたように医療費が3カ月後にそれぞれ口座に払われるという制度です。具体的には村のほうでどういう事務をしているといいますと、今窓口でお支払いした自己負担額、3割とか義務教育までは2割とかそれぞれ率はあるんですが、一般的には3割をお支払いして、各医療機関、お医者さんなんかでは1月分の受診データをまとめて国保連合会等へ送付いたします。で、2カ月後に市町村にそのデータが送られてきまして、その個々の保険がありますね、それぞれみんな入っている健康保険が違うものですから、その保険ごとに付加給付または合算した場合の高額療養費等の保険で出るお金を除いた分を確認しまして、村では指定の口座に1レセプト当たり500円引いたものを振り込ませていただいております。
 それらの中で今村長が申し上げていましたように検討はしてきております。2つほど大きな問題点があるというのがありまして、1つは今言いました付加給付の取り扱いです。付加給付とは各健康保険組合ごとに自己限度額というのを決めてございます。例えば何千円以上かかった場合、その保険で例えば5,000円付加給付と決めていますと、5,000円以上かかったら保険のほうでそのお金を返していただけるというような形のものです。その付加給付がないのもありますし、ある保険もあると、保険がそれぞれバラバラでございます。松川村は現在福祉医療の受給者が約2,300名いるんですが、そのうち838名の方、約36%ですが、その付加給付というのの対象になっている方です。また、県からいただいているデータでは、健康保険も県内でそれぞれ入っている健康保険が約800以上の保険者がありまして、無料化にするということは実際保険者の付加給付を医療機関の窓口でこれは負担した部分の限度額を超えた分は保険者にあげなければいけない、それのない部分についてはそれぞれ市町村にあげなければいけないということで、医療機関が付加給付、今言った何百種類もあるのを保険機関で判断ができるかということで、非常に取り扱いが煩雑になって、また対応が困難であると思われます。
 それともう1点は、高額療養費、先ほどもありましたが、これは1世帯当たりの限度額が決まっておりまして、これも1月1世帯合算でございますので、そのとき窓口で払った分は幾らというのはわかりますが、1月合算してみないと実際のところの1月分のやつがわからないという中で、その取り扱いも今医療機関ではできかねるというふうにこちらでは判断しております。
 このような状況を踏まえて非常に厳しい状況ではあるんですが、毎年医療懇談会というのを1月に各先生たちを含めてやっているんですが、村のほうとしてはそれとは別にことし早い段階で医療懇談会を予定していますので、その折にまた案件として御相談して検討していきたいと思っております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 医療事務が非常に煩雑で、なかなか一様にはいかないと、そういうことかというふうに思います。私は専門家ではありませんので、そういった詳しいことにね、あれこれ言えるような状況をつかんでいるわけではありませんが、実際に窓口でもう支払わなくていいという自治体もあるんです。この間私のところにたくさんのお母さん方から要望が出されました。そして都会から来た方も中にいます。その中で1人、都市名を挙げますと川崎市ではやっています、できるじゃありませんかと、こういうふうに言われています。ですからほかの自治体でもやっているところは、川崎とたまたま名前を出しましたけれども、ほかでも私はあると思っています。大変な状況があるということは私は否定はしませんけれども、やはりそういうところがあるということを、やはり承知をして、認識をしていただいて前に進むということで、ぜひとも前に検討を進めていただきたいというふうに強く思うところであります。
 で、この問題の一番肝心な点は、子供を医療機関で見てもらうときに、お金がないといけないということなんです。今それほど経済的に厳しい状況に置かれているということの、私は反映かと思っています。その裏返しとして窓口負担の心配もせず病院に行けたらどんなにありがたいかという、本当に切実な声です。その点をぜひとも改めて受けとめていただいて、前に進んで頑張っていただきたいというふうに思うんです。
 私は思うんですが、医療機関は患者のためにあるんです。主役は住民である子供です。安心して医療機関にかかれるようにすべきではないかというふうに私は強く思います。こういう点につきまして改めていかがでしょうか、村長。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 言っていることはわかります。ですが、医療機関で3割がどうしても払えないという方は、私は本当に少ないというように思います。今のこの状況の中で。で、医療懇談会の中で村内の先生とお話もしてあります。どうしても払えない人は、医療機関の窓口で先生があるときに払ってくださいということで帰ってもらっていますと、そういうお話も聞いております。ですが、その後なかなか払っていただけないと、そういう方もいるようであります。ですが、お金ができたときに払い来てくれる人も大勢いるということでありますので、言うことはよくわかりますので、川崎市がやっているということでありますけれども、もう1回先生たちともお話をさせていただきますし、これから前向きにしっかりと検討してまいります。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) それから、レセプト料を300円から500円に昨年秋に値上げされました。自治体によっては300円を維持しているというところもあると思います。この件につきましても、ほとんどの人がどうして維持できないんですかと、今でも300円を守れないんですかと、わずかな金額じゃありませんかということで、これもぜひ検討してくださいというのもね、圧倒的なお母さんの声ということなんです。ぜひこの点も含めまして前に検討をできますように強く要望したいと思います。この点はいかがでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) この点につきましては議会の皆様に案件の議決の折に十二分に説明をさせていただいております。今さら500円を300円にするとかという考え方はございません。私はこの500円のままでやらせていただきます。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 以上の点につきまして、強く要望を申し上げて、次の質問に入りたいと思います。
 子宮頸がん予防ワクチン接種についてであります。2月の信濃毎日新聞に子宮頸がんについての特集記事がありました。ここで見出しとしては、「若い女性の発症が増加、ワクチン接種始まる」と報じました。そして、「子宮頸がんは早期発見で100%治療が可能。ワクチンは感染を防ぎ、リスクを減らす。しかし、医療保険が適用されない。5万円の費用がかかる。各地で女子中学生を対象に接種費用を全額助成」と報じました。この議会に新日本婦人の会松川支部から陳情書が提出されています。時宜にかなった陳情ではないかと考えます。村長、子宮頸がん対策について最近話題になってきました。御承知かと思いますが、このがんについていかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 細部については課長に答弁をさせますけれども、この件についてはまだ安全性が確立をされていないとかいろいろ問題があるようでありますので、しばらく様子を見ていきたいというように私は思っております。細部については課長に答弁させます。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 私どもが把握している現時点の状況ですが、全国で47市町村が公費負担を実施している、県内でも3町村がやっているという状況を把握してございます。今議員さんおっしゃられましたように、そのような効果があるということで、昨年度も同じような質問をいただきまして、その折にさらに検討していきたいというような御答弁をさせていただきましたが、唯一日本で製造している業者からパンフレットを取り寄せまして、内容等も確認をしました。その中では今村長申しましたように、もちろん有効な部分というのはあって、そういう実績もありますが、それと一方に効果や何かの部分でも、例えば効果が平均で5.9年とか、そういういろいろな部分、またそれと害障の部分も含めてまだ確実に実証されていない部分があるという中で、この後さらにまた検討していきたいという状況です。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 自治体のワクチン助成の実施状況、今回答がありましたけれども、4月時点で19都道府県下の自治体で、全額助成が21自治体、一部助成が14自治体でした。年齢を調べましたら、小学6年生から中学3年生までが圧倒的に多いということです。それで長野県は今おっしゃられましたように、私の手元にあるのは3町村です。松川町、根羽村、南牧村です。根羽村と南牧村では全額です。中学1年生から3年生までであります。このように医学的にまだ問題があるんだというお答えがありましたけれども、前向きに取り組んでいると、そういう状況に今進んできているということですので、その辺は十分、医学的な部分につきましては、一定考えなくちゃならんところもあろうかとは思いますが、趨勢としてはそういう方向にあるということなので、これを実施する方向で検討をぜひとも進めるべきではないかというふうに思うところです。
 そこで、私のところに12名のお母さんから訴えが来ています。いずれ村長のところにこの訴えをお手紙になってきていますのでお届けしますが、幾つか紹介をさせていただきたいと思います。
 小学校6年生の娘を持つ母親です。このごろは特にテレビ、新聞等で取り上げられる機会が多い子宮頸がんはワクチン接種で唯一防ぐことができるがんです。村長が話の中で村民の人口増加と言いますが、こんなすばらしいことがいち早く松川村で実現されたら人口増加にもつながるのではないでしょうか。松川村の未来を担うすばらしい子供たちの命がワクチン接種で守られるのであれば、ぜひ私たち母親の声に耳を傾けていただきたいと思います。一人ひとりの声が行政に届くことを願っています。
 子宮頸がんはワクチン接種で予防できる唯一のがんと言われています。私も女の子を持つ親として、未来のママになる我が娘に接種させたい気持ちはありますが、費用が高額ですので公費助成をお願いいたします。高校3年生まで医療費が無料になり、とてもありがたく思っていますが、窓口負担300円の無料化もぜひよろしくお願いします。
 それから、小学生の娘を持つ母親です。毎日家事、仕事、子育てと本当に忙しい日々です。自分のことはいつも後回し。まして自分の健康管理など、年に1回の健診を受けるくらいで子宮頸がんの検診までできないのが現状です。そこで子宮頸がんのワクチン接種を受けさせてもらえると、とても助かります。村民として松川村の未来を担う子供たちを心身ともに健康で育てられたらと思います。一人ひとりの声が行政へ届き、ワクチン接種の現実化が実現することを望みます。よろしくお願いいたします。
 もう1人だけ読みます。小学校5年生の娘を持つ母親です。子宮頸がんの予防接種により、がんにかかる確率が低くなるという話を近所の方から聞きました。なるべく早い年齢での接種を希望するとともに、接種の負担、窓口での支払いもできることならば仮払いなしでスムーズにできることを希望します。神奈川県川崎市に知り合いがいます。小学生の医療費は窓口での支払いがないそうです。よろしくお願いいたします。
 こういうものであります。いうことで、お母さん方の声は非常に強い。もう真剣そのものなんです。こういう声にどうこたえられるか、一言お願いしたいです。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 要望にすべてお答えできることが一番いいことだというふうに思いますけれども、まだ安全性がものの本というか、こういうチラシによりますと、しっかりされていないんです。村が公費を使ってやるからにはある程度、安全性の確率の高いものにやっていきたいということで、私はやらないとは言いません。できることならばやっていきたいですが、この、もう少し安全性がこういうチラシ等によりまして出てくれば率先してやっていきたいというように思いますけれども、今の段階で、はい、わかりました、やりますというわけにはまいりませんので、もうしばらく時間をいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) いつになるかちょっと何とも言えないというふうになろうかと思うんです。ただいまの村長のお答えですとね。ただ、確認しておきたいことは、安全性が確認できればやりますと、そういうようなお答えというふうに受けとめてよろしいでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 安全性が確認されれば実施をしてまいります。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) ぜひよろしくお願いしたいというふうに思います。
 で、この問題につきましては、90年代から急速に発症率が増加したと言われております。特に性交年齢の若年化が原因と言われています。いまや20歳から40歳の女性の発がん、がんの発症率はトップになっているというふうに報じられております。で、私が思いますのは、学校で性と生殖に関する教育を行うとともに、親御さん、村民に対しても啓蒙活動が必要になってきているのではないかというふうに考えております。今後の取り組みについてはいかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 先ほどのお答えとかぶりますが、ワクチン接種が有効である、安全であるということを村のほうで確認して、そういうような助成なり、そういう方向が決まらないと啓蒙等もできないということですので、それを村のほうで決めた後に啓蒙等は行っていきたいと考えております。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 私は今のお答えは、ちょっと接種と連動なんだというふうに答えられたように思うんですがね、これは接種、もちろん一緒のほうがいいに越したことはありませんけれども、現実にこの問題が、やはり子供たちの発達が非常によくなって、いろいろな点で早くなっているということの結果として低年齢のうちから発症すると。だから性に対するしっかりとしたね、教育をするということはね、私はそれはそれでやっぱり必要なことだと思うんですよ。そういう意味で私は言ったわけなのでね、そういうふうに理解をしていただきたいと思うんですが、いかがですか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 性教育につきましては学校のほうの判断で当然実施をしているということでございます。ただ、性教育とこの子宮頸がんワクチンとの関係を学校で啓蒙していかなければいけないかという御質問であれば、ちょっと性教育とがんのということになると、ちょっと、学校の教育とはちょっと違うような気がするんですけれども、もう少しお話を伺わないと御回答はなかなか難しい部分がありますが、今のお話の中ではちょっと違うのではないかという気がしますけれど。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 新聞、テレビ、その他雑誌等でもかなり前からね、かなりもう具体的に報じられていることです。非常に性の交わりがね、もう小学生の終わりぐらいからかなり多いということが実際言われています。知らないのは親だけというようなことも雑誌などでは言われてます。本当にそういう点が物すごく発達しちゃってるというか。それでお母さん方から言われているのはね、女の子だけの問題じゃありません、男の子にもしっかり教えてください、これは男も女もありませんということで、今そういう点がかなり乱れちゃってるというかね、そういうことの反映でもあるということで、お母さん方は大変心配をなさっております。そういう点を、ぜひ認識をしていただきたいなというふうに思います。
 それで、次の質問に入りたいと思います。高齢者支援についてであります。松川村の高齢者の現状について伺いたいと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) ことしの、6月1日現在でございますが、高齢者人口が2,579人、これは65歳以上でございます。高齢化率が25.58%。独居世帯が244世帯。高齢者世帯、これは75歳以上の後期高齢者世帯ですが、これは住民票台帳上では102世帯ということで、これは今の最後に言いました高齢者世帯につきましては22年の1月1日現在の数字でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 次に、高齢者の願い、荒っぽい言い方で恐縮ですが、まとめて言うとどういうことがいわゆる高齢者の一番の願い、望みだと思いますか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) やはり10人いれば10人の方それぞれ考えが違う部分があると思うんですが、あえて言わせていただきますと、やっぱ皆さん最後まで健康で自分らしく尊厳を持って暮らしを送りたいというふうに考えているのではないかと思います。そして、その一方、やはり高齢化に伴いまして体力の衰えや病気、認知症等で適切な判断ができなくなるようなときが来ましても、家族や地域、人とのつながりの中で支えて、その人らしい毎日を送ることが大切だというように考えております。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 私は全く同感です。そこで、村は高齢者に対してかなり多岐にわたって支援を行っているのではないかと考えます。高齢者にとってお世話になる公の場所は包括支援センター、社会福祉協議会、ゆうあい館があります。それぞれどういう仕事をするところか、大づかみで役割について伺いたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) それでは、包括支援センターからですが、これは高齢者の皆さんが住みなれた地域でその人らしく暮らしを続けることを支える総合的な機関でございます。主なものは4業務ありまして、介護予防業務ということで介護を予防すること、そして2としまして総合相談事業、そして権利擁護事業、そして包括的また継続的ケアマネジメントということで、適切なサービスが受けられるようなケアマネをするということでございます。それとあと介護予防というような形の支援も行っているところでございます。
 社協につきましては、住民がその力を地域に還元できるように地域福祉を進める団体でありまして、ことしの重点目標としては地区ふれあい会の充実であるとかボランティア活動の推進、介護保険事業・障害者自立支援事業の推進、子育て・障害者・高齢者福祉の推進、心配事相談所と、また援護活動の推進等が挙がってございます。
 ゆうあい館につきましては、主にデイサービスやホームヘルプなど介護保険事業、配食サービスなど在宅生活支援事業や有償福祉運送など、福祉事業の実施施設であって、ボランティアセンターを運営する社協が管理する村の総合福祉センターという位置づけでございます。以上です。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 包括支援センターについて質問をいたします。それぞれ役割があって、連携しながら仕事をこなしているということかと思います。特定健診が始まって3年目でしょうか。国が決めた受診率を達成しないとペナルティーが科せられるというものですが、どんな状況でしょうか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 特定健診はちょっと包括支援センターの事業ということではなくて、うちの保健福祉が担当していて、40歳から74歳までの方を対象にしている事業です。65歳以上になりますと、生活機能評価という形の中で包括支援センターのほうで担当してございます。今議員おっしゃられましたようにペナルティー云々の話もありますが、村としてはやはり先ほども言いましたように、なるべく健康で過ごしていただくために生活機能評価等を行って、本人の状況を把握して、なるべく筋力の衰えとかそういうものがないとか、内臓や何かも含めてそういうことがないように支援しているのが包括支援センターの事業として行っているところでございます。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 受診率はどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 特定健診の受診率ということでしょうか。生活機能評価の中での受診率ということでしょうか。
◆8番(渡邉尚省君) どちらもお願いします。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 済みません、今手元に正確な数字は持ってございませんが、特定健診のほうは、3年目は今ちょっとことし行っている最中でございますので、この秋にも予定していますが、まず1年目が47〜48%、これは人間ドック等も対象になるものですから、ありました。昨年、21年度が若干落ちまして42〜43%と、済みません、正確な数字はちょっと今持っていません。生活機能評価については65歳以上ということで、これは別に先ほど言いましたペナルティーがあるとかそういう数字ではなくて、あくまでも65歳以上の方が健康に過ごしていただく中でやっていることですので、これについてはほとんど同様の状況で受けていただいている。ただ、やはり若干21年度のほうが落ちているというような形で思っております。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 受診率が、当初予定したようになかなか上がらないという理解でよろしいでしょうかね。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) はい、そうです。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 私もそのように聞いてきたという認識であります。その上での質問ですが、私は受診する側の受診者といいますかね、に自覚というかね、も1つ大きな要因であるというふうに思うところです。それはどういうことかといいますと、自分は大丈夫という自信です。これはどんな状態にあるのか知ろうとしないということで、逆に言うと大変危険だというふうに私は思います。最近、見聞きして思うことは、直面してから慌てる。そういうケースがね、少なくない。これはどこの市町村でも似たようなケースなんだろうと思います。それでよくお医者さんや何かから言われることは、突然起こるものではありませんと。時間をかけて体に異常をつくり、発症する。で、それまで注意信号、これを何度も送るというふうに私は聞いています。ですから、発症したときはもう非常に大変な事態になっているケースが多いということで、私は健診というか、人間ドックというか、そういうものがあるんだと思います。そこでやはり受診率を高めるということは非常に重要だというふうに思います。私は受診率を上げるために、かなり啓蒙に取り組んでいるということはそうだと思います。しかしながら、改めて受診率、上げるために啓蒙にしっかり取り組む、そして気合を入れて、取り組む必要があるというふうに思います。やはり先ほど答弁があったように、高齢者が長く元気で生活したいというのが共通の願いだと思います。これをね、サポートする、その第1歩が受診だというふうに考えましてね、そういう自覚をしっかり持ってもらうということがね、何よりも重要だと私は思いますが、その点いかがでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) おっしゃるとおりです。自分の健康は自分で守ってもらわなければいけないわけですけれども、今言われましたように、なって慌てるということのないように村も取り組んでまいりますけれども、何かいい方策がありましたらぜひ教えていただけたらというふうに思います。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 今申したとおりでございますが、方策としましては実は6月4日に区長会がありまして、その折に環境福祉保健福祉係が出まして、各区の区長さんに区の役員会の折とかその折に、過去2年の特定健診のデータを持っているものですから、そのデータをもとに説明をさせていただけないかということと、あと保健補導員さん、村内に100何名かいるんですが、その人たちも中心になってお願いする部分と、ことし一番違うのは、今まで特定健診は5月の終わりから6月にかけてやっていたわけですが、ことしは6月で1回終わりまして、この後未受診者の方へ保健師、栄養士等がそれぞれ訪問しまして、秋に2日ほどさらに特定健診の日を設けてございます。これが足りないようですと事業団とも相談しまして2日という日を延ばしてもいいと考えていまして、何しろ未受診者のお宅を訪問してお話を聞く中で、なるべく受診率向上に努めていきたいと思っているところです。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 今までと違った、秋にも取り組むということなので、しっかりと頑張っていただきたいと思います。
 それで、私、この包括支援センターの皆さんといいますか、職員の状況を考えまして、非常に多岐にわたって仕事をされていると、それから足も運ぶということで、本当に大変だなというふうに思います。で、私はここで働く職員が健康で、ある程度余裕を持って働ける場所であってほしいというふうに思っています。そこで有給休暇などはしっかりとれているんでしょうか。その点いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 今この手元にそういうしっかりしたものはないんですが、やはり今言われたように土日も業務があったり、夜間にケース会議、ケア会議等がある場合もございます。ただ、環境福祉課、保健センター在宅福祉係、また包括センターも含めて、それぞれが協力する中でお互い休暇をとるような形で進めております。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 次に、ゆうあい館について質問を行いたいと思います。ここも多岐にわたって、非常にサービスの活動を行っているというところだと思います。そして、他市町村からの視察もよくあるというふうに聞いております。注目されるサービスが行われている反映だというふうに思う次第であります。そこで、ここでは通所サービス、訪問介護サービスなどなど行っているわけですけれども、サービスを提供する職員の体制は十分でしょうか。そして、休暇はとれているのでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 社会福祉協議会のことだというふうに思いますので、私のほうから答弁させていただきますけれども、私は今の仕事の中で、職員はそれぞれの中で十二分にやっていただいていると、それからそれぞれ今環境課長、答弁いたしましたけれども、相互連絡の中でうまく休暇もとっていただいているというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 介護保険制度が始まって10年というふうに言われております。この間に、我が党の国会議員団が4月、介護保険制度を検証して、安心・安全の介護制度へ抜本的な見直しを行うためのアンケート調査を行いました。その中で明らかになったことを述べておきたいと思います。負担が重く、利用料を払えず、介護サービスを抑制する人が急増していると、こういう結果が出ております。それから、特別養護老人ホームに入れない待機者が急増しているということであります。それから、介護事業所では人材不足、職員の待遇改善ができない、経営困難などが浮き彫りになりました。まさに保険があって介護なしの深刻な事態が広がっているということが明らかになりました。村長、通所サービスを受ける方の食事代は幾らでしょうか。食事代の補助は検討できないでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 大変申しわけございません。私は知りません。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 500円というふうにたしか聞いておりますが、今、コンビニだとかスーパーで300円前後でしょうか、弁当がね、大変人気だということであります。私は単純にね、これと比較しようとは思いません。やはり栄養その他ね、よく考えて手づくりということでやるのが一番ですので、一概に量産ということとね、比較しようとは思いません。ただ、この食事代がね、非常に負担になっているという状況もあることはもう事実です。そこでせめて、100円くらい何とか検討できないものかということなんですが、いかがでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 100円をいただいて、あと残りの例えば500円だったら400円を一般村費で出せということだと、打ち出の小づちがあればできますけれども、そうでない限りできません。ですので、やっぱり負担してもらうものは負担してもらう、そういう考え方です、私は。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 村長の考え方は考え方でしょう。ただ、自治体では、こういうような補助も行っている自治体もね、決してまれではないんです。ですからそういうこともね、よく勘案してね、ぜひ100円という金額を出してしまいましたけれども、どのくらいだったらできるのかとかね、そういうことも含めまして、ぜひ検討を強く要請をしたいというふうに思います。
 それから、次に、今大変深刻な問題は特養ホームだとか、老健施設ですか、こういうところの待機者が非常に多いということであります。それで聞きたいことは、現在待機している人、あるいはこれから希望する人がどのくらい待ったら入れるのか、その辺はいかがでしょう。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) ことしの、5月末現在で私たちのほうで把握している中では、待機者は今31人という形で把握してございます。内訳としましては、在宅にいる方が18人、老健施設の方が12人、療養型が1人ということでございます。そして、広域の、第4期介護保険事業計画の中で改築が予定されておりまして、白嶺でございますが20床増床となるという中で、当然入所に当たってはいろいろ審査がございますが、そういうのがございます。ただ、在宅での介護が難しい家庭が多いということですが、在宅で介護しているという方については、先ほど言いましたケアマネジャーを中心に、ショートステイの利用や在宅サービス等、提供できるものに力を入れているのが現状でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 私はこの問題が、大変深刻な問題になっているということなんです。で、長生きといいますか、日本は世界で一番長寿国だと言われているのはだれも疑わない。本当は喜ぶべきことなんですが、実際には手放しに喜んでいいかどうかというね、深刻な事態があるということは、高齢になればなるほどぐあいが悪くなる人が多くなるという、そういうことの裏返しでもあるんです。そうするとこういう施設が、入れないということになろうかと思います。
 そこで、地域の支援体制づくりなんですが、先ほど答弁の中で区長会でね、この問題について報告し、問題提起もしていくということだったわけですけれども、私も今地域で、ふれあい会、それから敬老会などが行われております。で、今ひとり暮らし、それから2人だけの世帯だとかふえてきてまして、非常に不安、寂しい、こういう方々がふえているという中で、一昨日ニュースを見ながら、御存じかと思いますが、松本でお年寄りが首を絞められてね、亡くなった。どうしてあの家は電気がつかないんだろうということで、近所の方が反応がないということで警察に電話してわかったということなんです。私は何を言いたいかといいますと、やっぱり地域にね、安全・安心といいますか、何かそういうことが地域でつくれないかということが今非常に必要になっているのではないかというふうに思います。ぜひとも、そういう点で地域と、そして社協、そして村というこの三者が連携し合って、そういう地域のね、どうしたらそういうことが可能になるのか、「ご近所の底力」というのが前ありましたけれどね、そういうようなことで妙案、いい案を、ある案を押しつけるのではなくて、地域に合ったこれならできるというものを地域でつくり出すということを、村が音頭を取って問題提起をしていくということが必要かと思います。ぜひこれが出発点になるのではないかというふうに思いますが、この点について一言お願いします。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 今議員さんがおっしゃられました地区ふれあい会やサロン活動も、当然今包括とか社協それぞれが連携して取り組みをしています。平成20年度からなんですが、自主防災と地域行政区とが一緒になりまして日常的な住民の支え合いの関心を高めていただくということを目的に、災害時の支え合いマップというのをつくりまして、これは行政区であったり自治組合が中心になって、それぞれ台帳を持って、どういう方に支援が必要であるか、どういう手助けできるかというようなことを踏まえて進めております。また、民生委員さんもそれぞれ各地区におりまして、それぞれそういう方たちもそういったサロン活動やふれあい会、そのほかにも常に訪問等もしてケアしていただいていますので、そういう中で活動をしている状況でございます。ちなみに現在6行政区でそのマップが完成しております。以上です。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) ぜひしっかりと取り組みを、前に進めていただけるように要請したいと思います。
 1番の質問はこれで終わります。
○議長(新村久仁男君) これで福祉対策の充実についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、経済対策についての質問を許します。
 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 私はこの間、2つの出来事といいますか、話題に出会いました。うれしいこととつらいことです。
 そのうれしいことをまず述べます。それは就職が決まったということです。昨年夏に相談が寄せられ、事情があって失業してしまった40歳ちょっとの青年です。公務員だったんですが退職することになってしまい、お母さんは高齢で一人息子が仕事がなければ心配だということで、何とか就職の世話をしてもらえませんかと、こういうような相談でありました。私は早速経済界に申し入れ、協力を要請してきたところです。あれこれと動いていただきました。ハローワーク、大町の県事務所、村内と努力していただきました。そのかいあって村内の有力企業に就職が決まりました。私は社長さんとアポイントをとり、お会いすることができました。御礼とお願いをしてきました。なかなか立派な社長さんでした。で、本人とお母さんは本当に喜んでくれました。村長、これからも村民のために積極的に努力をお願いします。
 つらいニュースは5月に個人企業の社長さんが自殺してしまいました。借金が残され、途方にくれる奥さんから相談がありました。残された自宅の処分と住宅ローン、自家用車、その他の債務の処分、この解決の……。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員、あと3分です。途中でブザーが鳴るかもしれません。早く質問をお願いします。
◆8番(渡邉尚省君) そういうことで早速法律相談へ同行し、今取り組んでいるところです。村長、もう大変な、経済的な危機というのが現実的にあると。上向いたなんて言うけれども、現実は大変な事態が進行しているということです。そこで私のこの経済対策の結論ですが、新たな経済対策、村としては検討しているか、あるいは今後検討するか、その点について伺いたいと思います。以上です。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、お答えいたします。厳しい経済状況が続く中、村独自の施策であります不況対策特別利子補給金の申し込み資格の要件の緩和をこの4月1日から行っております。その要件緩和の概要でございますが、今までの基準では売り上げの減少を比較する時期が経営状況の一番悪化した時期よりも後のため、対象とならないケースがありました。そこで比較対象する期間を拡大することで利子補給金をより受けやすくするよう、要件の緩和をいたしました。これに伴いまして利子補給金の予算も増額し、村内企業の支援を行っているところでございます。
 それから、もう一つの支援対策としましては、厳しい経済状況は勤労者個人にも波及しており、長野県労働金庫大町支店と協調しております融資資金の借り入れも増加傾向にあります。そこで借入枠をふやすために預託金をこの4月に1,000万から1,200万に増額し、勤労者個人への支援を行っているところでございます。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 渡邉議員。
◆8番(渡邉尚省君) 引き続き対策をしっかりとお願いしたいと思います。
 以上をもちまして質問を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで経済対策についての質問を終わります。
 以上で、8番渡邉尚省議員の質問を終わります。
 ここで11時15分まで休憩いたします。
                                 午前11時00分 休憩
                                 午前11時15分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、順位2番、3番井上直昭議員の質問事項、消防・防災体制の強化についての質問を許します。
 井上議員。
◆3番(井上直昭君) それでは、通告に従いまして、消防・防災体制の強化についての質問をお願いしたいと思います。
 日ごろ消防・防災計画に対しましては御尽力をいただいていることに敬意を表したいと思います。先日も第6次総合計画の概要の中で老朽化した消火栓の改修、それから消防ホースの更新など、計画的に予算化していただき、また住民も生命・財産を守る中で本当にうれしく思っているところでございます。また、いち早く災害を知らせるデジタル防災行政無線システムなど導入をして、予算化していただいて、本当に住民が安心して生活ができると本当にうれしく思っているところです。それで先日は中学校の校庭でポンプ操法大会が行われたわけですが、技術力はどの分団も甲乙つけがたいものでした。きびきびとした動作の中の大会だったと思います。
 消防設備の充実、それから消防団の機動力等がある中で、ただ1つ心配なのが水と思います。そこでちょっとお聞きしたいんですが、消火栓が、この消火栓からこっちの消火栓まで約何メートルぐらいあるか、ちょっとお聞きしたいんですが。消火栓と消火栓の間が何メートルぐらいということ、ちょっとお聞きしたいです。
○議長(新村久仁男君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(須沢和彦君) お答えいたします。消火栓の基準につきましては消防法の20条に規定がございまして、それぞれ家屋からの距離がうたわれているわけでございますが、村ではその最も厳しい80メートルを基準に消火栓を設置しております。以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) それで80メートルということの中で、それは直線ですか、それとも道なりでの距離をうたっているわけでしょうかね。
○議長(新村久仁男君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(須沢和彦君) この80メートルの基準につきましては、直線距離で基準を設けております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 80メートル直線ということの中で私思うに、今のちょうど田畑に水がかかっている場合、消火栓から直線でいくということはなかなか難しいことではないかなと思うわけなんです。というのは、農閑期でもう、田ももう稲刈りが終わって歩ける状況ならいいんですが、今みたいに水がかかっているところで消火栓を火災だといって引っ張っていく中で、直線の80メートルはちょっときついじゃないかなと思うんですが、村長、その点はどうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) これは道なりにはかって80メートルということになりますと、消火栓だらけになっちゃうわけです。そしてまた今村の中走っている水道管が75から150でありまして、1カ所から何本もとっても圧がかからなくなっちゃって水が出ないわけです。ですので、80メートルを基準にやっておりますので、それに達しないところは消防団のホースをつないでポンプ操法で訓練もしておりますけれども、そういう中で対応していただきたいという考え方であります。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) そういうことで消火栓だらけになってしまうということは私もわかるんですが、いざ火事というときに水が届かないというようなこともあり得る。それでここ住宅もだいぶ建ってきて、直線で80メートルということの中で、80メートルオーバーしているというようなところはありますかね。私もちょっと調べたあれですが、現状としてはどうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(須沢和彦君) 今議員さんのほうでおっしゃられましたように、場所によりましては若干80メートルを超えてしまうところもあるというふうに考えております。ただ、これにつきましてはこれまで順次計画的に進めてまいりました消火栓の改修、それから新設等によりまして位置の移動等も検討しながら行っておりますので、今後も引き続きそういった形で、80メートルクリアできるような形で整備していくということでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 私もちょっと2、3調べたんですが、長いところで110メートルあったんですよね。先ほども言ったように直線ということの中で。約直線に近い道なりだったんですが。そういうことになりますと、ホースは今1本30メートルですか、20メートルですかね。20メートルですか。そうすると4本ぐらいつながないと届かないということになるわけなんですが、ぜひ110メートル、私の見たところでは110メートル近くあるということですので、ぜひ調査をしていただいて、見直しをぜひ、各分団の消防団員でもいいと思いますし、そういうことの中でぜひお願いしたいと思います。
 それから、建設水道課長にちょっとお聞きしたいと思うんですが、消火栓と消火栓の間の建物がもし火事があった場合、先ほど村長もちょっと言いましたが、圧が弱くなる、そういうことは消火に支障がどうでしょう、ちょっとお聞きしたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 先ほど総務課統括課長補佐が申し上げましたけれども、場所により消火栓が近接しているところとそうでないところとありますが、近接しているところですとそのすべてといいますかね、幾つか消火栓をあけますと圧が下がる可能性もあるかと思われます。ですので、そのときは実際の消火活動になりますと、消火栓を選択して消火活動に当たるという場合もあろうかと思います。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 普通考えても圧が弱くなるということだと思いますが、ことし3月、細野地区の火災ですが、運悪く農閑期で河川に水がなかったと、あっても少なかったということの中で、河川に水が多く来ていれれば消火栓と河川で最小限に食いとめることができたじゃないかなと私は思うんです。特に住宅密集地です。今の消火栓だけでそれだけ圧が弱くなるということの中で、防火水槽があれば類焼とか最小限度に食いとめることができるじゃないかなと、私はこう思うんですが、そういう意味で防火水槽の設置を検討していただくことができるかどうか、考えていただけるかどうか、ちょっとその点をお聞きしたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 現在、防火水槽ですけれども、40基村の中に入っております。これは20立米を5基入れますと45基、40基は40トンということで、その近くの火災では十二分に消火ができる量が入っているわけです。現在防火水槽を設置してほしいという消防団側からの要請は来ておりません。こういう中で点検をしていただいて、現在間に合っているというように考えております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) できたらその40基、防火水槽の関係ですが、ちょっと、図面があったらちょっと見させていただきたいと、こう思います。それで私は先日の細野の火事、火災にしても、広域のほうから来て水を入れたポンプ車ですか、それも来てやったわけなんですが、実際消火栓を1つ2つと使う場合は圧も弱くなる、本当にそういうことの中ではしっかりと消火ができない、そういうことの中で私は防火水槽をできれば設置していただきたいと。松川村もこれだけ住宅が密集してきますと、やはり消火栓だけでは本当に消火に無理があるじゃないかなと私は思うわけですので、またその辺、消防団員の皆さんと検討する中で、できれば検討していただきたいと、こう思います。
 それから、地域の防災力を強化するために16行政区に自主防災組織が組織されたと先日の広報で見たわけなんですが、災害時における住民支え合いマップですが、そのつくりも組織されて今進んでいる状況だそうですが、先ほど答弁の中で6行政区ということを言われたんですが、6行政区でいいでしょうか。ちょっとそれをお聞きしたい。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 平成21年度末で6行政区でございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 6行政区がマップが終わったということの中で、あとの11ですか、行政区はまだ進捗状況とすればどのような状況にいるか、ちょっと教えていただけないか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) この件につきましても6月4日に行われました区長会のほうでお話をさせていただきまして、その後、今2つの区の区長さんから私たちのほうでもやりたいんだという意見をいただいております。なるべく多くやっていただけるよう、村のほうとしても進めていく予定でございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) このマップについてもやはりひとり暮らし老人、それから寝たきり老人という方の中で、本当に地域が協力し、やっていかなければならないことだと思います。そういう中で1日も早くマップのほうも完成し、皆さんに公表できるようなことで住民が協力していくということの中でお願いしていきたいと思います。
 毎日のように新聞、テレビ等で火災で焼死というような事故が多く報道されています。細野地区の3月の火災の折にも、老人が部屋で倒れていると火事の知らせを聞いた住民がガラス戸を割って老人を助けたという、本当に明るい、勇気ある行動だったと思います。どうか消火栓の見直し、それから防火水槽の設置等の中でぜひ検討をしていただき、もしそういうことの中でこの地区は大丈夫だよというところがあれば、それで結構なことだと思いますので、ぜひ検討していっていただきたいと思いますし、また自主防災組織を通じて村民の防災意識を高めてほしいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、先日北アルプス広域消防本部による中南信消防広域化計画について説明を聞いたわけですが、これらの計画についてはこれから北アルプス広域のほうで検討されていくことと思いますが、この広域化について村長はどのように考えているか、もしわかったら教えていただきたい。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今この問題、広域でも考えていただいておりますので、私がここで結論を言うことについては差し控えさせていただきたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 確か村長の口から出たということになれば、まだ検討中の中で言えないと思うんですが、それじゃあ私なりきのよいところといいますか、そういうことをちょっと話をしていきたいと思いますが、緊急出動エリアの範囲が確か広くなるということは、先日の池田町の火事で、山火事、あれは地元はもちろんですが、本来なら明科、穂高広域のほうから出動していただければ本当に近い位置であり、よかったと思うんですが、広域が違うために、ただ明科、穂高の皆さんは見ているだけというような感じになってしまうわけです。松川村も要請があり、大勢の団員が出動され、池田町では本当に感謝の気持ちだったと思います。こういうことの中で松川村の場合も、細野南部に関しては広域消防署よりも穂高のほうが近いというようなあれはあります。そういうことの中で、もう火事ということになればすぐ出動ということの中で、穂高町、もし広域が実施されていれば穂高町のほうからも飛んできていただけるというようなことで、私は、この広域ということについてはぜひ必要なことではないかなと私は思うわけです。そういうことの中で、ぜひこれから北アルプス広域の中で検討していくと思いますが、地域を考えると、ぜひ広域化を進める必要があると私は考えますので、大いに検討されていい条件を出してほしいと私は思いますので、よろしくお願いしたいと思います。この質問、終わります。
○議長(新村久仁男君) 答弁はいいですか。
 村長。
◎村長(平林明人君) ちょっとごっちゃにしている面があるのでお話をさせていただきたいんですけれども、池田の火災の場合、たまたま松川村と応援協定を結んでいるから松川村へ要請が来たと。明科とも穂高町とも応援協定を結んでいると思うんです。だからよそのその火災になっている町村から要請がないと、今の状態は出ていけないということです。たまたま松川村へ要請があったから出たということでありますので、ちょっとごっちゃにしなんで、そうお願いします。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) そういうことになりますと広域を結んでなくても明科、穂高は要請があれば来てくれると。わかりました。以上で終わります。
○議長(新村久仁男君) これで消防・防災体制の強化についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、西原遺跡周辺についての質問を許します。
 井上議員。
◆3番(井上直昭君) それでは、西原遺跡公園周辺についての質問をお願いしたいと思います。
 国営アルプスあづみの公園大町・松川地区は開園して1カ月余りで1年を迎えるようになりました。イベントも多く計画され、年々県内外から観光客がふえているそうです。松川村でも年々観光客がふえてる中で、どうか足どめするためにも遺跡公園整備が必要と思われます。21むらづくり委員会の答申書が出され、もう7年も経過しているわけです。村第6次総合計画が出され、実施計画書を見ますと、発掘調査が22年度の予定が24年度に変更しているわけです。予算等もあると思うわけなんですが、その理由は何かちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 遺跡公園の計画につきましては庁内で検討会を進めてきたということで、以前にもお話を申し上げた部分もあろうと思います。その中で3月に庁内に検討会の報告を上げたという形になっております。その中で23年度に基本構想、またできれば実施計画をつくりたいと。いろいろな状況があろうかと思いますけれども、24年度に整備に着手していければということで報告のほうを上げました。その関係で箱物等を建てる場合につきまして発掘調査が必要になるということで、計画がはっきりしない部分がございますので、実施計画等立ち上がった段階で必要であれば発掘調査をしなければならないということになりますので、現状では整備の目標としています24年ということで変更をさせていただいてございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) できれば24年に着手したいということですが、一昨年もここで質問したわけですが、答申書の中に管理運営は行政直営ではなく、限界があり、やる気のある個人、団体、企業等の公募を提言している。これは21むらづくり委員会の答申書に出されたものですが、村長にお聞きしたいんですが、今まで個人、団体、企業等に打診をしたことがあるかどうか、ちょっとお聞きしたいんです。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) まず最初に、7年と言われておりますけれども、16年3月2日に私は茅野さんに、前村長に出していただいたのを引き受けましたけれども、ちょっと私としてはもう1回出してほしいということでお願いをいたしまして、18年3月1日にむらづくりの委員会のほうから答申を受けております。4年間たつわけでありますけれども、その間に民間の皆様に経営をしてほしいとか、こういうことをどうだということを村のほうから打診したことは、私のほうから打診したことはございません。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 先ほど教育長のほうから24年度に着手ができればという話がありましたし、そういうことの中で、村長としてもある程度煮詰まってくる中でやはり個人、団体、企業等へも打診をしていくという考えでいいですね。どうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 計画がまだ実際にできていませんので、計画を、これはまた皆さんと御相談の中で決めるわけでありますけれども、計画の中で、要請をしなければいけないものについては要請をしていきますし、こういう状況の中で箱物に助成金が、助成がないわけであります。なかなか見つからないもんで、そういう計画の中から今後については考えていきたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) わかりました。
 それで18年度に設置された村地域づくり推進委員会でもこの検討は行われたかどうか、ちょっとお聞きしたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 実行プランの中でお示しをしてございますけれども、地域づくり推進委員会に対しまして村から諮問はしてございませんので、その委員会では検討はしてございません。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 24年度できればということですので、それにあわせて村の地域づくり推進委員会のほうへもまた検討も兼ねて説明をお願いしていっていただければと、こう思います。
 それから、用地買収のことでちょっとお聞きしたいんですが、今までどのくらい進んでいるのか、それから20年度の実施計画書を見ますと、用地取得は23年度以降にということで、私のメモにもそんなようなことが書いてありました。それに間違いないか。それから、第6次総合計画の中では前半には計画が載っていません。後半いつごろ予定しているのか、もしわかればお願いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) まず未買収地につきましては約2,800平方メートルということで、21年度につきまして取得はございません。ただ、現在2名の方と用地交渉、進めておりまして、約600平方メートルにつきまして買収の見通しが立ってきたということでございます。
 それから、23年以降の用地取得というお話でございますが、以前は土地開発基金で取得しているものを一般会計で買い戻しをするということで、2年か3年ですか、実施した経緯がございます。ただ、その中で整理計画等の関係がございまして、事業実施の場合につきましては有利な補助金、それから起債等あればということになりますけれども、そういうものを活用したほうが用地費につきましても財政的に有利なことがあろうかということで、用地取得につきましては中断をしているということで、土地開発基金のほうで取得をしている部分が大変多く持っているところでございます。そういうような状況の中で、現実的に今の段階では24年度以降、整備計画とあわせまして用地取得をできればというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 24年度着手ができればということの中で、用地買収のほうも24年以降ということになろうかと思いますが、未買収の中で土地を代替といいますか、それを希望している人は何人くらいいますか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 2名いらっしゃいまして、約700平方メートルということでございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 2名という皆さんが代替ということの中で、あとは結局今のところ売るか売らないかというのがまだ疑問視されているという解釈でいいでしょうね。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 相続の関係の方がいらっしゃいます。それから、全体計画を見ないと現状のところでは用地買収にはお答えできないという方もいらっしゃいます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) そういうことの中でなるべくスムーズに進めていっていただければと思います。
 それでプロジェクトチームを立ち上げたわけなんですが、これは担当が総務課、経済課、それから教育委員会ということの中で、この4月課長さんがかわったばかりで本当に大変だと思いますが、今までプロジェクトチームを立ち上げた中で何回ぐらい検討して、どういうふうにしていったらというような内容を、もしわかれば教えていただきたいと思いますが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今まで、平成20年度からですけれども、庁内で検討委員会という形で7回ほど検討してきまして、プロジェクトチームはまだ立ち上げてはございません。内容ですけれども、具体的な方向性について検討してきまして、ちひろ美術館からの参考意見を伺うですとか、そういったことで本年度中にプロジェクトチームを立ち上げまして、管理運営、具体的な検討を進めていきたいというふうに考えております。先ほど教育長、申し上げましたけれども、平成23年度に基本構想と実施計画を策定していければというふうに考えております。検討の内容ですけれども、昨年の5月から22年の3月まで7回行ってきたわけですけれども、むらづくり委員会の答申内容の確認、それから未買収用地の用地交渉の経過と課題の検討、それから発掘調査等の検討、それからアンケートをちひろ公園で行っておりましたので、その結果の確認とかちひろ美術館との意見交換会、そういったことを検討委員会では7回にわたって行ってまいりました。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 本当にこれから大変だと思いますが、ぜひプロジェクトチームも本年度中に立ち上げるということですので、ぜひ立ち上げ、24年度には着手ができるような方向で、ぜひ検討し、頑張っていただきたいと、こう思います。
 それから、ゲートボール場の跡地で、これについて検討した経過があったら教えていただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) この件につきましては都市公園に含まれておりますので、現在のところ安曇野ちひろ公園の一部の駐車場として利用管理をしているのが状況でございます。また、遺跡公園の整備計画においても、こちらの跡地も含めまして公園整備の検討として一緒になって入れていきたいというふうに考えております。以上です。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) そういうことですので、ぜひ全体の中で検討していくということですので、よろしくお願いしたいと思います。
 私、昨日その跡地、寄ってみたんですが、きれいに草が刈ってあって、気持ちのよいものです。3台ほどの車が、子供連れのお母さんが車を駐車しておりましたが、本当にきれいに草を刈ってあったわけですが、ただちょっと、遺跡公園用地のほうがちょっと草がありました。あそこは本当にちひろと、やはり国営公園へ行く観光客の皆さんの通る道でございます。目に入るところです。ぜひ草を刈っていただければと思いますが、どうでしょう。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 議員おっしゃるとおり、草のほうはまだ刈ってございません。あそこにつきましては職員が一応刈るということになっておりまして、梅雨前に何とかというふうに考えておりましたけれども、言いわけをさせていただければ、済みませんが来週から刈るような手配になっておりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 本当に確か職員がね、刈るということはね、大変なことだと思います。私も経験あります。本当に大変だと思います。そういうことの中でその管理を今教育委員会でやっているわけなんですが、今買収地、それを住民に家庭菜園みたいな形で貸し出しすることはできないでしょうかね。管理も含めて。そうすると住民も家庭菜園ということで一生懸命草をむしったり起こしたりするじゃないかなと思うんですが、そういうことができるかどうか、ちょっとお聞きしたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) まず、管理につきましては耕作をされていらっしゃる方もおりまして、その部分については耕作の方がやっていただいています。それから、村でも未買収について耕作をされていない部分がございますが、それは非常に本当に荒れてきた場合については村のほうで一緒に草刈りと、それから起こしとやっているような状況でございます。それから、家庭菜園ということで市民農園的なものだと思いますけれども、当初あそこは遺跡公園として用地買収してきた経緯がございます。そういうことの中でできるできないは済みません、経済課のほうの担当になろうと思いますので、もし必要であれば御答弁させていただきますけれども、そういう経緯の中で一応公園の整備の計画が出てきて、その中でどうなるかという形になろうかと思いますけれども、家庭菜園ということになると、今の段階では早ければ2〜3年後に整備が着手というような話になりますと、今の段階では使用という形はとれないというふうに、期間的な話でございますが、というふうに思っております。
○議長(新村久仁男君) 井上議員。
◆3番(井上直昭君) 私も職員の大変さということの中で、できればそういうことができればなと思ったわけなんです。そういう経過があれば仕方がないなとは思いますが。
 いろいろと質問してきましたが、どうか1日も早く検討していただき、村長の公約でもありますように、農業と観光、それから花街道、ぜひ実現に向かって職員の皆さんも頑張っていただければと、こう思います。
 終わります。
○議長(新村久仁男君) これで西原遺跡公園周辺についての質問を終わります。
 以上で、3番井上直昭議員の質問を終わります。
 ここで1時10分まで休憩といたします。
                                 午前11時56分 休憩
                                 午後 1時10分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 順位3番、12番榛葉良子議員の質問事項、第6次総合計画の実現に向けての質問を許します。
 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) それでは、通告に従って質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。
 項目は1つ、第6次総合計画の実現に向けてという項目をお願いしてありますけれども、さて、いよいよ新たな10年が始まるんだと期待をしております。何といいましても、前回の第5次総合計画策定のときには合併問題も抱えておりましたし、また、このような100年に1回という世界の同時不況が起こるという、こんな難しい時代が来るとはだれもが想像していなかったと思います。こんなときだからこそ未来に向かって希望が持てるような村の将来指針を立てることは本当に期待が大きいのではないかと思います。しかし、実現していかなければ、実現するよう努力していかなければ意味がないと思っております。今後実施計画などで進めていくとは思いますけれども、私がこの実現に向けてどのように取り組んでいくのかなという疑問について、少し御質問したいと思います。
 最初に、人口目標達成のための具体的施策についてお伺いいたします。人口問題は松川村に限らず、日本全体の大きな問題であります。村におきましても今後の対策は産業の活性化、特に商業につきましては消費圏という問題がありまして、先日商工会へ伺いましたら、できることならば1万5,000を目指してもらいたいというお話も伺いました。福祉の面などでも少子高齢化対策の1つとして大変重要な課題であると思います。そしてまた達成が難しい問題でもあると思います。第5次総合計画のときにもたしか数字を1万700でしたか、立ててあったと思いますけれども、諸事情で達成ができなかったと思います。さきのそこにお座りの新村議長と村長とのこの問題に対する押し問答というのは記憶に新たなところでありますけれども、どのような対策をお考えなのか、もう一度お伺いしたいと思います。前回の押し問答といっては失礼ですけれども、質問の折には双方ともに必要な施策だったと思っております。まず村長があのとき主張を曲げなかった工場誘致による人口増を達成するという考えについてお聞きいたします。現在残っている工場用地の状況と村長が固持していました人口増対策は工場誘致なんだという根拠についてお伺いしたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 前回新村議員と押し問答というか、意見が食い違ったのか合ったのか私はわかりませんけれども、1万700人に対してのどうやって達成するんだということでやりましたけれども、今もって考え方は変わっておりません。企業誘致によりまして働く場所を見つけることによって、つくることによって新たな人が来ていただけると。ただ、ただ企業誘致をして働く場所があればいいというものじゃないというように思います。それにはこの第6次総合計画の中でお示しをしてありますとおり、道路網の整備でありますとか、特にこの通勤・通学に便利な松川村でありますけれども、現在JR大糸線、これの通勤・通学の時間が私はベストだというように思っておりません。こういう中の改正、そして医者、医療機関、これについては大町病院があったり、安曇総合病院があったり、穂高病院があったりして大変便利なところにあるというふうに思いますので、ではいかに医者に早くかかるかという、かかりやすくするかということの中で3月の定例会の中では18歳までの医療費の無料化を、全員ではありませんでしたけれども、賛成多数で可決をしていただきました。こういうような中で各市町村にないような施策を盛り込みながら1万700人を達成したいと。出張や何かで都会へ出ていっても、やっぱり人が多かないと活性化というか、活性しているな、にぎやかだな、元気だなというふうに思えないわけです。それにはどうしても人が集まる場所をつくってこなければいけないということの中で、プレコの跡地についても相当商工会の皆さんとともに動いたわけでありますけれども、残念ながら今もって跡地に来ていただけるところが見つかりません。それから、工場団地につきましてもあと1万2,500平米残っておりますけれども、話はあるんですが、最終的までには行っていません。これについてもできるだけ早く入っていただく企業を見つけたいということで動いております。そんな中でここに幾つも第6次総合計画の中には載せてありますけれども、それを今度実施計画の中でうたっていかなければいけないわけですけれども、それに基づいてやっていくことによって1万700人を達成していきたいということであります。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) この前の新村議長のときとのやりとりとちょっと違ったニュアンスで、あのときはもう工場誘致というのが全面に出てきてしまって折り合いがつかなかったのかなんて思いますけど、今伺って見ますとやはり整備をきちんとして、近隣とのいろいろな交流をしながら人口増を目指したいとおっしゃっていました。
 先ほどのJRの問題でも、私も子供さんの通学に対してとても不便になってしまったというお話も伺っております。大町高の校長先生からもそんなお話を伺いました。朝の通学列車が1両減らされてしまって大変だと。それから、帰りも丸っきり1時間半帰りの電車がないと。部活が終わって8時に乗りおくれると、もう9時半まで電車がないという状況があるということもお聞きしましたので、ぜひそんな連携もとりながら、その辺の整備も進めていただきながら、人口、住みやすい村としての環境整備を整えていただけたらと思います。
 ただ、あのときに先ほど新村議長が新築家屋をふやすことで経済的な建設業界への波及効果もあるだろうし、人口増にもできるじゃないかという多分主張だったと思います。そこがかみ合わなかったと思うんですけれども、総合計画の中の26ページにありますけれども、住環境の整備で自然と調和した利便性の高い良好な住宅地の整備に取り組むとありますけれども、その点が多分お互いに言い張っていて、今冷静になって村長、お答えいただいたのでいろいろわかりましたけれども、新築家屋をふやす対策というのも必要ではないかと思いますけれども、その辺はどのようにお考えですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 現在、この前ちょっと質問された議員を忘れちゃったんですけれども、アパートがどのくらいあいているかとか、そういう質問がありまして、そのお答えもしたんですけれども、20%から25%の空き家があるということの中で、じゃあ村が宅地造成をしても売れるかどうかということが心配なわけです。細野のルーラル、あそこについてもなかなかあと3区画が売れない状況なんです。ですので、私は細野の駅の西側の話も出ております。あそこの田んぼが原野みたいになっているところです。その話も聞いておりますが、今、よし、やろうという気にはちょっとなれません。南保育園の跡地の問題につきましても、宅地造成ではなくて、ほかのもので今考えております。そういう中での土地整備ということで、すぐここにありますように宅地造成という考え方をちょっと今捨てて、様子を見たいというように見ております。ですので、また土地開発公社のほうと一緒に、理事会の中で住宅地の造成についても考えなければいけませんけれども、ことしの予算の中で、計画の中で宅地造成をしたいということでもって予算を計上はしてはございません。しばらく様子を見ていきたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 村として、それから土地開発公社の理事長としてのお立場の宅地造成というお考えはないという、それは私も今アパートがあいているという状況の中では難しいだろうとは思います。ただ、近隣の方のお話を伺って、松川に住みたいという方は大勢いらっしゃいます。その中にはやはり子育て支援の充実もあるでしょうし、環境もきちんと整備されているということもいろいろあります。ここへ、安曇野へ来たいというIターンの方々もよくお話を伺いますけれど、では安曇野市でいいじゃないかと言うと、安曇野市は1歩出ると本当にそこらの都市の景観だけだと。大町市がいいじゃないかと言うと、大町市はちょっと奥に入っていて雪が深いという印象があって、どうしても松川村が一番環境が残っていて住みたいんだと、そういうIターンの方です。先ほどお伺いしたのは、村長がお答えのは、村としての開発ではなくて、個人の方が例えば住みたいというお話でも人口増はもちろん望めると思うんですけれど、その辺のところで私がちょっと気になるのが、次の2番目に質問してあります土地利用の基本計画との整合性の中で、そういう人口増を考える中で、松川に家を建てたいというIターンの方が大勢いらっしゃるという点ではどんなお考えでしょうか。その辺をお伺いしようと思うんですけれど。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 土地利用計画、今までこの計画によって松川村の自然環境は守られてきたという面は多いと思います。大きいと思います。ですので、山際につきましても一定のところは村道から外していると。村道から外したということは開発ができないということで、現況のままを残したいという考え方の中でやっているわけであります。Iターンの方が多いということは大変うれしいことでありますけれども、できることならば国道から東のほうで、東の地区で、ここは宅地造成をしてもいいということで村も考えておりますので、そういう中で動いていただけたらと思いますし、また、御希望の方がおいでで議員のほうへ相談がありましたら、ぜひ村のほうへ声をかけていただければ一緒になって探したいというふうに思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 今年度土地利用の見直しをするという年だと伺っていますので、その辺でも質問なんですけど、やはりIターンの方はどうしても、国道から向こうの居住ゾーンならば幾らでもいいですよというお話をするんですけれども、やはり信州の自然を求めてくる方というのはどうしても建ててはならない、環境を守りたいゾーンに住みたいという御希望の方が大勢いらっしゃるんですよね。山沿いについてはもう既に設定もされてだめだということは重々承知の上ですけれども、ただ、あの辺につきましては鳥獣害で農作物もつくれないというところも随分ありますし、開発も抑えられているという、確かに景観では残していきたいと私も思っておりますけれども、でもクラインガルテン、例えばの話ですけど、そんなようなものとか、一定の条件をつけての開発を、私は認めたほうが今後にはいいんじゃないかと思うんですけれど、いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 例としての話ならば例としてお答えをしたいと思いますけれども、食っていくか、このまま自然で残って自然にとぼっていくか、どっちかだというように考えた場合は、一番今いい方法は何かをその時々によって考えて、それに沿って動いていくのが一番いいというように思います。ですので、開発して来てもらうことがそのときに考えた中で一番いいならば、私はそのようにしていきたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ことしはあの土地利用の見直しとさっきから言っているときでもありますし、やっぱり10年たつとそれぞれニーズも違ってきますし、村の置かれている状況もいろいろ違ってくると思いますので、その辺についてはゆとりを持った見直しという点でぜひ考えていっていただきたいと思います。
 それについてですけれど、いつも私は土地利用調整基本計画は基本的には賛成なんだと、この前も同じ質問を私はしました。ですけれども、やはりそこで生きていくためにどうするのかというところがどうでしょうということが私は疑問に思っていますので、また今回も同じ質問をしますけれども、前回、土地利用の質問のところで私がちょっともう終わりにしようと思いましたら、村長が手を挙げて言ってくださった言葉は覚えていらっしゃいますか。こういうことをおっしゃいました。「土地利用計画、皆さんに考えてくださいというと、多分農地として守らないで、いつでも売れるようにしてくれという意見が強くなるように思います。その場合どうするかということも考えなければいけませんので、できるだけ村民の皆さんには知らせてやっていきますけれども、知らせたときにそういう意見が出たときはどうするかということが一番大事な問題だというように思いますので、しばらく考えさせてもらいたい」というお答えをいただきました。これは私が村民の皆さんにもう少し周知をしたほうがいいという質問に対してのお答えというか、だったんですけれども、それがやっぱり一番ね、土地を守っていくんだけれども、その守る人たちに対して理解をしてもらっていくというところが大事なことなんだと思いますよね。
 その次の3番目ですけれども、田園景観を生かした産業の活性化ということにつながるんですけれども、まずお聞きしますけれども、居住ゾーンと農業とか田園保全ゾーンなどの手当について、手当というか対応の違いというものがあるのかということです。前に私もお願いしたことがあります。田園景観保全ゾーンに対しては減反を免除してもらいたいと。田園景観保全ゾーンで田園を守りなさいというところに減反を強いることはないんじゃないかということをお願いしましたけれども、それもできないというお答えでした。例えば、土地に対する課税だとか、そのほかに何か措置の違いがあったらお願いいたします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 基本的には私はこの土地利用計画は守らなければいけないというように思います。ですので、先ほど申し上げましたようにね、守っていった中では1万700人は達成できないと、そういうように思います。ですので、先ほどと同じことになりますけれども、そのときそのときに考えなければいけないというように思いますし、今最後に私が言われたこと、私はもうちょっとこっち行っちゃってたんですけれども、また思い出しました。確かにそういうように思いますし、ただ、生産調整によりまして減反の場所を、村でここのところはぜひ減反してくださいというわけにも、水協の中でもちょっとまだ言ってありませんので、ここら辺のところは皆さんと相談をしてみたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) それは村長がね、いつでも売れるようにしてくれって例えば出たときには、強くなったときには困るとおっしゃっていましたけど、そう言われないためのやっぱり手当というのか、その地区に対するものが必要だというふうに私は思うんです。それについて今村長も今後考えていきたいとおっしゃっていましたので、ぜひそんな対応をお願いしたいんですけど、課税率の違いというのはないですよね。課税、土地に対する課税の、宅地と農地という違いはあるでしょうけど、それ以外に別に守っているからという税率の違いはないです。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 評価についての場所場所によって価格は違いますけれども、土地の値段というか、賦課価については変わりないということです。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) では、例えば水田景観保全ゾーン地域については村としてはもうここは守っていただきたいから、評価を例えば考えて、税率が下げられないなら、そこに対する免除があるとか、そういうことは今考えていないということですよね。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 税の課税の部分と土地利用計画の中でのゾーンの関係は全く別なものでございますので、今のところリンクはできない状況でございます。また、評価額につきましてはそれぞれの地域の中で設定をしてございますけれども、それも土地利用計画とは直にリンクしているものではございません。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 考えはわかりますけれど、ただ、田園景観保全ゾーンになった場合には本当に自由にならない部分ですよね。それを守りなさいというからには、やっぱりそれなりの納得できる部分というのがないと難しいと思うんです。今まではそういう問題もたくさんなかったと思うんですけど、今後高齢化したりとかね、守っていくことが大変な場合にいろいろ出てくると思うんですけど、その辺について今後少し考慮するということはどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 田園景観の生垣の助成とか、そういうものはお金を出しておりますし、土地について特にここは農地を守らなきゃいけないから安くしなきゃいけないとか、そういう考え方はしていないんですけれど、それぞれの助成等については考えております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 土蔵の改築とか、そういうのについては確かにランクづけがありまして、限度額も高くなっていることはわかっていますけど、そういうことについても、本当に村民が、村の皆さんはわかっているかなという部分が、私も何回か経験していますので、その辺について今後について税率の問題はともかくとしても、できることなら住民からしてみればぜひ考えていただきたいと思いますけれど、せめて相談窓口の充実という面で、やっていただかないと、村民の方、例えば田園景観保全ゾーンならもう絶対宅地にはなりませんよ、開発はできませんよというものだけが先入観で入っちゃっていまして、先日こういう事例がありました。
 本当に御存じだと思いますけれど、私の近隣が田園景観保全ゾーンになっていまして、そこに1枚の田んぼしかないと。だが、そこに子供の家を建てたい、だけどだめなんだってね、役場ではもうだめだって言われたんだよと言われたんです。で、私は村民の立場からすると、そこにしかない、でもそこに建てたいけれど条例上だめだと言われたと。いや、そんなはずはないから、ちょっともう一度相談してみましょうという話で、私の立場で相談に行ったんです。そうしたら開発上は新宅を出すということなら問題ないんじゃないかと。200メートルでしたっけ。そういう話でいいんですよって私も役場に相談して聞いて返事をして、ああ、そうかね、いいんかねという話で進めたんです、彼も。で、いよいよ申請を出してくるときになったら、私自身も心配にはなったんです。確かゾーン設定の中ですし、それから水道の問題も下水の問題もありましたので難しい、すごい高額な金額がかかるということがあったものですから心配していましたら、農地転用の申請が出てきたと。それで心配していましたら、やっぱり職員がすごく心配をしまして、担当の農業員の方のところへ何回も足を運んで確かにここのところに宅地を建てていいですかね、景観保全ゾーンを守らなければいけないし、何かほかの手立てはないですかねと何回も職員の方が農業員の方のところへ行ってくださったんです。農業員の方も確かにそうだと、方法はほかにないかと思って考えたら、たまたま同じ地区の中に1つそういう売ってもいいというところがあって、そこでどうだという話をして、農地転用を出したのを取り下げてもらったんです。そこの田園景観を守られたという事例がありました。
 これはすごい職員の機転がきいていましたし、私も責任を感じながら、開発されてもしあそこにぽつんと1軒家が建ったら大変だと、言った本人がすごく不安に思いながら、かといって村民の気持ちを考えるとこれは何とかしてあげたいと思ったものですから、いろいろありましたけれど、本当に職員がそんな連携をとりながらきちんと守っていただいたと、そういう事例がありまして、私は本当に感謝しました。こういうことがありますので、ぜひ相談窓口ということをきちんとしていただいて、守るからには村としてはこういうことをやりますよ、要綱の中でこれはいいですよということをきちんと知らせていっていただけたらと思います。それは窓口をきちんとして広報していただきたいということです。
 それと、先ほども言いましたけれども、集落で私たちが景観を守りながら農業を守っていくためには、私らの集落で先日笑い話でしたけれども、農業従事者の高齢化率が今は25%だけれども、これが10年後になったら85%になっちゃうという笑い話、笑い話ではないんです、現実です。本当に1人しか後継者がいない中で、今20軒の農家がある。そんな中で、本当にどうやってこれを守っていったらいいのかというのはね、大変な問題だと思うんです。で、以前から私も何回も提案していますけれども、そういう環境を守ったということをもっとこう強くアピールしながら付加価値をつけていくという動きをしていただきたいと思うんです。今回スズムシの話も出てきておりますけれども、安曇野市では既に環境宣言というのもやっておりますし、それから先日ちょっと新聞で、県内で25年前に同一面積当たりの有機質の減少で、農地が抱える炭素が16%減少したという数字が出ていました。ということは、有機質に変えるとこれはエコにもつながるのではないかと、そんなようなことも有機の農業に取り組んでいるという1つのPRの数字的な材料になると思うんです。そんなのも生かしながら、ぜひ環境宣言をした付加価値をつける取り組みをしていただきたいと以前にもお話をしましたけれど、いかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今ここですぐお答えはできませんので、また後でゆっくりお話を聞いて、いい方法を検討してみたいというように思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) スズムシの条例に関しては前向きですよね。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) これにつきましては山根教授のほうから提案をされておりますので、この間も庁内の打ち合せでは前向きに考えようということでやっております。あまり難しいというか、細かいことを決めるわけにはいかないと思いますので、簡単な条例等でスズムシがこの松川村に住んでいて、それに伴って農作物も環境にすばらしいものができるんだというようなことでつくっていきたいというように思っています。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ぜひ今度の利用計画を見直す折にそういうきちんと納得できる、みんなが頑張って、ではこの景観を守っていきたいというような方向にできるような前向きな検討をお願いします。
 次ですけれども、たびたび私もお聞きしていますけれども、前期の基本計画の中に景観を生かしてグリーンツーリズムや滞在型観光を進めるというのがありますが、今後についてどんな取り組みをなされるかお聞きいたします。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 松川村の豊かな田園風景を生かした観光振興につきましては、現在全国的なウオーキングブームでございまして、それを生かした取り組みといたしまして、ことしの9月に田園空間ウオーキング、これは村の観光協会と協力しまして開催を予定しております。村外から多くの方に参加をいただく中で、秋口ですので黄金色になった村自慢の田園風景を満喫していただきながら、村の観光スポットをめぐるコースを歩いていただきまして、いろいろなおもてなしの企画を計画しております。松川村のファンをふやし、リピーターになっていただけるよう進めてまいりたいと思います。
 そのほかに2点ほどございますけれども、特に旅行会社向けの商談会がございますけれども、特に村の提案の中で田鯉の体験コースなどの農業体験ができる観光メニューなどをPRしておりますけれども、田園風景や農業体験のメニューに旅行会社も非常に興味を示しております。松本大学からの提言にもありますけれども、農家民泊、農業体験など、農業と観光の連携によります滞在型の観光の推進を関係団体等とも協議しながら進めてまいりたいと思います。
 それから、最後にもう1点申し上げたいのが、これからの取り組みの関係での御紹介をさせていただきますが、今月から村民の皆さんにも参加していただきまして、地域の個性や魅力を生かしたウオーキングマップの作成を行う計画をしております。松本大学の助言をいただきながら新たなウオーキングコースの設定や村民の皆さんが好きな村の観光スポットや村の特色ある生活スタイル、それから耳寄りのローカル情報などを盛り込んだ松川村独自のマップをつくっていきたいということを予定してございます。村民の皆さんと共同制作のマップづくりを通じまして、観光マイスターの育成も視野に入れた取り組みも同時に行いながら、村を訪れるお客様へのおもてなしの心の育成を図り、村の観光を支える人づくりも目指していきたいという考えでございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 今行政として、商工観光として、村としての取り組みというのはこれからグリーンツーリズムが主だと思いますけれど、そんな取り組みをしていくということはよくわかりました。
 それから、観光協会長として3年目ですね、村長。先日の総会の折にもきちんとした取り組みがなされていると、随分皆さんから評価をいただきました。私も本当にこの不況のあおりの中で商工会の負担はいろいろな問題、大きいと思いますけれども、よく頑張っていてくださると思っていますが、協会長としての御感想をお願いします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 観光協会長をやれと言われまして、民間の皆さんから村へまた返ってきたわけであります。それは張本人だと思いますので言わなくてもわかると思いますけれども、そういうことの中で商工会の皆様にもお願いをし、事務局を引き受けていただいているような状況であります。独自の事務局を持てればいいわけでありますけれども、今のところそういうような状況ではありませんので、甘えながらこの村というか、観光協会で計画をした事業を進めさせていただきたいと。できることならば早く事務局が独立できればという考え方はありますけれども、今の観光状況の中でちょっと難しいかなと、全然独立した事務局を持つのはという考え方です。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 独自の事務局は難しいという、いろいろな考えの中で今観光協会で村長にお願いしたという経緯もありますし、商工会をお願いしたという経緯もありますけれども、今経済課長のほうからいろんなお話がありました。そういうもろもろ、私も見ていて、商工観光係は大変な、経済課は特に大変な仕事をしてくださって忙しい中で、商工観光係が1名減となりましたね、この4月から。その辺についての、今の村長のおっしゃる観光協会との連携の中でのお考えなのか、その辺はどのようなお考えでいらっしゃるのかお伺いします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 職員は減でありますけれども、それに対応する方に本年1年ということの中で来て働いていただいております。で、村も職員の定数等については今考えをしておりまして、むらづくり委員会のほうへも諮問をしてまいりたいというふうに思っています。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 私も前回、前々回でしたか、一般質問でやっぱり職員数についてはもう一度検討し直したほうがいいだろうというお話をしました。本当にここの、今後どういう村の姿勢を示していくのかというところで、私は商工観光係が1名減になったということはとても残念というのか、私にはちょっと理解できない部分だったんです。そうしますと、今観光協会と経済課との関係という中で、今いろいろグリーンツーリズムについてお話を伺いましたけれども、そこの観光協会との連携はどんな連携になっているのか、それから今後の、今村長が事務局を持つのは無理だろうというお話でしたけれども、今後の観光行政はどのようにお考えですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 職員が、職員というか、村の仕事が一般の臨時の方に任せられるものと、それから臨時の方ではいけないところが私はあると思います。そういう中で、臨時の方に任せられるところについてはお任せをしていきたいということの中で、今回商工観光係から1名よそへ回させてもらったわけです。ですので、これがいつまでも続くというものではありませんので、そのことについてはできるだけ早く解決をしていきたいというふうに思いますし、観光協会につきましては観光に従事している方が率先してやっていくのが私は一番だというように、前からそれは思っているわけです。首長が幾ら村と観光協会は一心同体のようなものだから長をやればいいという、そういう考え方ではちょっと今の観光はやっていけないかなと。やはり専門は専門で動いていってもらうのが一番いいかなというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 物事はいろいろやってみて結果が出てくるわけですから、今後について今の状況ではなく、よりいい状況をつくるために改革していくことはどんどんやっていっていただいて、活性化をしていくような方向でぜひお願いしたいと思います。
 それから、もう一つ、先ほどの人口増の対策の中で、前回同僚議員の質問の中で空き家の軒数について伺ったと思いますけれども、買いたい要望があるんですよね。そんなことは、貸し手と借り手の関係はどこで進めていただけるのか、その窓口は難しいかもしれないですし、それからもう一つ私は窓口が欲しいと思いますのは、滞在型観光で、例えば民泊をしたときに、これはいつも私と村長がどうしてもかみ合わないところなんですけど、私が民泊の窓口を村に何とかしてほしいというのは、自立するまでにどうしても個人ではできない部分があると思うんです。で、私が考える民泊というのは、例えば農家だけが潤う民泊ではなくて、それを受けることによって村全体が、全体というか例えば飲食とか、そういうところも潤うような関係を持っていきたいと思っているんです。そうしたときにやはり窓口というのはきちんとした体制ができるまでは行政が請け負っていただくのがいいと思うんですけど、その辺がどうしても村長とはかみ合わないんですけど、もう一度お伺いします。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 考え方がやっぱり違うもんで、どうしてもかみ合わないところは出てくると思います。商業をやっている人たちは自分の判断でもってどんどん動くと。これが村のためになったり、自分のためになったりします。民泊も自分のためになったり、村のためになったりするということの中では、人を当てにするのではなくて、自分たちがやってみてどうしてもだめだったところは何とかしてくださいというように言っていただきたいということなんです。こっちから先にやって、それについてくるようではいつでも逃げられちゃうんですよ。「あれ、村がやれって言ったでやったけどだめだった」「私たちだめです」、これではおれはだめだと。だから自分たちが先やって、どうしてもここで行き詰ったから何とかしてくれと言ってくるなら、私は十二分に手助けというか、一緒に考えていきたいと今もそう思っています。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 村長の考えはよくわかりましたし、それも1つだと思います。私のような立場が例えば受けたときには、こういうことでは困るから頼むよと言ってくるんです。だけどこれをもっと面的に広げる場合はやっぱり行政の力って必要だと思うんです。で、商業の場合はそうだとおっしゃいますけれど、やっぱり基盤である農業が活性化すれば必然的に商業にも波及効果が行くでしょうし、そういうことを私はぜひ対応していただきたいということなんです。今対応していただいていないわけではないんです。でも、もう少しこう面的広がりを持たすために、ぜひそういう窓口をお願いしたいですし、それから先ほど言った観光協会との関係、もろもろの整備をもう少し前向きというか、していただければと思います。今後について田園を整備しながらその受け入れ体制をつくっていく1つの案としてぜひ考えていただきたいと思います。
 その次、田園景観を守りながらということについては終わりますけれども、次に高齢者の福祉についてですけれども、老人クラブ連合会が解散になりました。これは本当に大変に私は残念なことでして、老人クラブ連合会の方々にはいろんなお手伝いをしていただきました。御協力もいただきました。また、子供たちへの昔の技術伝承など、大切な役目をしていただいていましたけれども、解散ということでそれができなくなってしまったというお話も伺いました。先ほどの渡邉議員の話もありましたが、今後については高齢者が元気で生きがいを持っていかなければいけないんですけれども、そういうための老人クラブの解散というのは非常に私は残念だと思うんですけれども、今後その辺についてはどのような取り組みをなさっていくおつもりなのかお伺いします。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) お答えいたします。老人クラブの存続については2年前の役員改選のときから課題となっていました。会員数は大きな減少はありませんでしたが、会員の高齢化による役員の負担が多くなりまして、実際の活動に参加できる人も減ってきました。一番の問題は、役員を引き受けていただける方がいないということで、会員皆さんの総意の中で解散という形になりました。現在寿会としてはこの後も細野と緑町は活動していくようですし、ほかの地区におかれましても会員同士でみんなでお茶会や歌の会、また旅行の計画など、親睦活動をしていく予定もあるようです。また、区からの花植えの協力や、先ほどもありましたいろいろな依頼、中学校の松葉祭の協力であるとか、各種実行委員会での部分についてもそれぞれ今存続する寿会とかそれぞれの中で対応できるものについてはやっていきたいという形で、前向きな意見を持っていただいてございます。また、各地区で、ふれあい会が多くの地区でできておりまして、その後もふれあい会というような形で活動する部分もあろうかと思います。村としましてはやはり高齢者の、孤立化を防いで、近所の見守り体制をつくる中で、ふれあい会とか、1つの方法であると考えておりますので、今後も支援していきたいと考えております。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 連合会がなくなったということは本当にどこにお願いに行ったらいいのかというのもありまして、その辺のところをかわってやっていただくような組織というものは今後は無理ですよね。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) それぞれ各、先ほど言いましたどのような行事、事業への参加という部分があると思いますが、老連というような形では無理なんですが、それぞれやりたいという意向もあるものですから、各地区のふれあい会、今度はふれあい会が中心になったり、または在宅福祉のほうでもそれぞれ寿会の活動も代表者もわかっておりますので、お声かけいただいたら各地区の代表をするような皆さんにお声かけをしていきたいというように思っております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ぜひもう継続が難しいという場合もあるでしょうけれども、できるだけ支援をしていただいて、引き続きいろんな高齢者が伝承していかなければいけない部分とか、お手伝いいただける部分にお声かけをお願いしたいと思います。
 次に、障害者福祉についてですけれども、障害者と一概に言いましてもさまざまな障害がありまして、いろんな方からお話を私も伺いますけれども、一様に将来の生活、今は親が若いからいいけれども、高齢になったり、私らがいなくなったら困るというような御相談が多いと思います。特に働く場所について不安を訴えられておりますけれども、現状についてはどのようにお考えになっていらっしゃいますか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) やはり、そういう障害を持たれている保護者の方、もろもろの相談がございます。村のほうでは在宅福祉係が中心となって窓口となりまして、大北圏域にスクラム・ネットという、そういう専門の障害者の方の職業をあっせんするような専門員がございます。そういう中で、会社の中で、まずそういう障害者の方がどういう仕事をしたくて、どのようなことができるのかというようなそれぞれのニーズを把握しまして、相談員の方が中心となって就労場所等探してきていただくという、そういう状況になっております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 村内でそういう場所をつくるというお考えは、前に私は次の社会就労センターでの取り組みというので予算か何かのときにお伺いしたときには、社会就労センターというのはそういう役目をする場所ではないからというお答えだったんですけれど、先日議会の方々が就労センターを見させていただきました際には何人か見えているというお話でしたけれども、どうですか。私、ちょっと視察に伺わなかったものですから。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 実際、生活保護等を受けている方が多いんですが、障害者の方も若干名そこで働いている状況がございます。これは先ほど言いました在宅福祉係が同じ環境福祉課の中ですので、就労センターの所長等と連絡をとる中でそれぞれ対応しているところでありますし、安曇野養護学校の春と秋に職業体験をやりまして、そういう生徒さんたちにもそういうことでやったりして、そういう部分でもやっているという状況がございます。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 今後については、じゃあ社会就労センターでもそのような方向を少しずつでも取り組んでいける状況だったらやっていくということでいいですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) できるだけね、働く場所を見つけたいんですけれど、新たな場所をつくるというわけにはまいりませんので、今のところ。ですので、就労センターで取り入れてもいいものについてはその場所で考えていきたいというふうに思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ぜひ就労センターでも前向きに取り組んでいただきたいですし、村としてもさまざまな面で応援をいただけたらと思います。
 先日視察に行った方からちょっと言われたんですけど、社会就労センターにはインターネットが入っていないというお話ですけれど、そうですか。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 現在はつながっておりません。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) こういう情報の時代に仕事のニーズとか、いろいろさまざま情報を得るためには、やはり接続していなければ出おくれてしまう部分、たくさんあると思いますので、ぜひネットの接続をお考えいただきたいんですが。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) ただいま見積もりをとって検討しているところでございます。役場からの電波で飛ばすほうが初期投資はかかりますけれども、今指定管理者移行に伴ってすずむし寄って停の関係と見直しながら就労センター接続に向けて今検討しているところでございます。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ぜひ前向きな検討をお願いしたいと思います。
 次に、6番目の協働の村づくりについての質問をしたいと思いますけれども、県の元気づくり支援金、資料はいただきましたけれども、今年度についての申請と採択状況はどんなでしょうか。で、申請件数が少ないように思うんですけれども、前にも私もそんな話もした経緯があるんですけれども、その辺についてはどうでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 平成22年度の県の元気づくり支援金の採択状況ですけれども、コミュニティー施設かぶろ会館の整備で公民館の関係、それから高瀬川河川敷広場の関係で公民館の関係、それからマツクイムシの被害木の有効利用事業ということで経済課の関係、すずの音ホールの元気づくり推進事業ということですずの音応援団の関係、それから安曇野・松川DCキャンペーンの田園空間ウオーキングということで観光協会ということで採択になっております。で、PRにつきましては多くの方々にPRをして申請をしてくださいというお願いをしてありますけれども、一番多かったのが平成20年度で8事業の採択で、今回が今言った5事業ですか、の採択になっております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) それと、地域づくり活動活性化支援金の状況については今年度はどうですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の地域づくり活性化支援金、村の関係でございますけれども、20万以上の公開審査の関係、4つの申請がありましたけれども、2つの採択、風まんだらが3回目、有明山語りの会が1回目の採択となっております。それから、10万円以下の団体につきましては申請が4団体ございましたけれども、全員採択となっております。健康麻雀クラブ、それから軽音楽クラブ、松中の女子バスケットボールクラブ、それからMフードが3回目となっております。
 以上でございます。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) その合計金額はお幾らになります?
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 総額99万8,000円の採択でございます。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) これはもう何年にもなりますね。ずっと500万という予算を組んであって、今回は99万という額で、県のほうの元気づくりを私、見ましたら、白馬村あたりがもう15件も申請が出ていて、これは村当局からのではなくて、それぞれの地区とか有志の会みたいなのとかNPOとかが申請を大いに出していらして、白馬村では1,900万もの元気づくりをいただいて頑張っておられるという資料もありますけれども、その辺について村は十分にこう、もうグループとか何か活動したいという方が十分に足りているということなんでしょうか。その辺についてはどんなふうに分析していらっしゃいますか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 考え方の違いではあるかもしれませんけれども、当然村としましてのPRの仕方等を白馬村に聞いてみたりしまして、また来年度あればそのようなことも参考にしたいと思いますけれども、それぞれ地域の皆さんにしっかり御理解をいただくことが大切ではないかと、そういうふうに理解しております。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 県の場合もそうですけれど、申請がとても難しいんですよね。NPOとかいろいろな知識を持った方なら対応できると思うんですけれど、その辺についても常に職員の方々もいろいろな問題が出てきたときに頭の隅に置いて、そういう申請をどうかという声かけをしていただいたり、いい補助事業なのでぜひ多くの人に応募していただくような心がけをしていただいて、それに対しての先ほど村長、自立するという話ですけど、そういう面での援助というのか、それはぜひ職員の方々にも一緒になってお願いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 次に、道路整備についてなんですけれども、集落内の道路で地区で要望を出してあるんだけれども、いつ舗装になるかわからないから、そこいらで今話題になっている資材だけを提供しておれたちがやるから、そういう制度というものができないかということを、要望をいただきましたので、その辺についてはいかがでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 現状では毎年2回道普請を行っておりますけれども、道普請のときに必要な砕石ですとか赤土につきましては各区の御要望に応じまして村のほうから提供しているのが現状です。それから、そのほかの資材につきましては具体的に今のところ御要望はいただいておりませんけれども、土木部長会の会議の折などに御要望をいただきながら検討していくことはできると思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 今よく小さな村でやっている資材提供して細い道路なんかを自分たちで舗装したいという希望なんです。そういうことってお願いできるでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(白澤繁君) 道路維持費がございますので、そちらのほうと調整がつけば検討も可能かと思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) その辺については、場所とかその辺については私も細かくは聞いておりませんけれども、もしそういう制度ができればやりたいというところは多分出てくるんじゃないかと思うんです。その辺の制度的なものはどうですか、村長。難しいですか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 何をどういうふうにしたいか場所、それからどのくらいのものができるかということ、どのくらいのものをしなければいけないかということがわからないと、単にいいですよと言うわけにはまいりません。私も4メートル以下の道についても舗装はいたしますという約束をさせてもらっておりますので、そういう舗装等のものについては要望を出していただければ順次やっておりますので、できないということはないと思います。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) ただ、要望は出しているけれども、こうランクがなかなか上がらないというんで、じゃあ自分たちで例えばそこの地区にたけた人たちいるから、それでやりたいということなんですよね。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 理屈はわかるんですけれども、それじゃあこんな細い道まで自分たちができれば何でもやっていくかということになっちゃいますので、ぜひその要望についても出してください。それで村としてそれが材料支給にやってできることだったらやっていただくようにいたしますので。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) わかりました。では、区長さんを通じてそちらへということでお願いしていきたいと思います。
 次ですけれども、女性の社会参画についてですけれども、4月の新聞報道で男女共同参画計画の県で12項目中、目標達成は4項目にとどまっているという報道がありました。村の場合、今回の選挙で議会は4人の女性議員が出ました。とてもうれしく思っていますけれども、ただ、そちら側に座っている方に女性がだれもないということは、ちょっと私としては残念だなというふうに思いますけれど、少し寂しく思いますけれども、総合計画の前期計画では平成26年度には35%の公職参加率となっていますが、現在の状況についてはどのくらいですか。
○議長(新村久仁男君) 公民館長。
◎公民館長(茅野英太郎君) 平成22年度現在ですけれども、30.9%です。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) 30.9%ということは結構多くの方が参画してくださって、前向きになっているということですけれども、先日の条例改正で育児などに取り組みやすい公務員に対して、環境が整ったんだと思いますけれども、働いている一部のお母さんから公務員の方々はそういう整備が十分行き届いているけれども、一般の企業というのはまだまだなかなか充実していないところがありますけれども、延長保育とか児童クラブなどの終了時間を延長できないかという要望も出ておりますけれども、その辺については検討いただけませんか。
○議長(新村久仁男君) 教育長。
◎教育長(西澤勇君) 児童クラブ、または子供教室につきまして父兄の方から間接的にも直接的にも今の時間を延長してくださいというお話は伺っておりません。
○議長(新村久仁男君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(白沢庄市君) 保育園のほうなんですが、保育園のほうでも入園説明会の折の説明の折、質問、または行事や保護者会、日々の見送りの中でも特段希望はないということであります。
○議長(新村久仁男君) 榛葉議員。
◆12番(榛葉良子君) じゃあ直接そちらには言っていないということですけれども、私どもには届いていますので、また直接何かの機会にお願いできることがありましたら、声を大きくしてくださいということを言っておきますので、よろしくお願いいたします。
 以上で私の質問を終わりますけれども、第6次総合計画の中に以前からいろいろな問題が出て、児童館の検討もするというようなことも記載されておりますので大いに期待しておりますけれども、あくまでも計画であって、世界情勢とか、特に目まぐるしく変わっております国政によりまして地方は本当に翻弄されております。村長がしっかりかじ取りをしていただいて、村民と一丸となって10年後には、いや、さらに先には本当に胸を張って、緑あふれる自然と暮らして心が安らぐ村になるような努力をお互いにしていくことを願っております。
 以上で私の質問を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで第6次総合計画の実現に向けての質問を終わります。
 以上で、12番榛葉良子議員の質問を終わります。
 ここで2時25分まで休憩します。
                                 午後 2時08分 休憩
                                 午後 2時25分 再開
○議長(新村久仁男君) 再開いたします。
 続いて、順位4番、11番白澤富貴子議員の質問事項、指定管理者制度の導入の質問を許します。
 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) だいぶお疲れであると思います。そしてちょっと蒸し暑かったりしていますので大変だと思いますが、私で終わりなので、ぜひ快い回答をいただきながら進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。指定管理者制度の導入の質問をさせてもらっていきます。
 平成15年に地方自治法が改正され、公の施設の管理については指定管理者制度が創設をされ、民間事業者や団体など、幅広い団体が管理運営を行うことができるようになりました。これは御存じのことでありますが、今村はすずむし荘と寄って停まつかわについて指定管理者制度を導入していくということを進めております。このすずむし荘と寄って停はおみやげを買ったり、食事に行ったり、私たちがおふろに入りに行ったり、野菜を買ったり、本当に仲間での宴会や宿泊をする一番身近な村の施設ですので、村民はそういうふうな制度を導入することによって、何がどう変わっていくのかということを身近にわからなくて心配をしております。そういう中で私は村が導入をしていくということにしたことは大きな決断であると思いますし、導入がスムーズにできて、村と指定管理者と村民が一体となって発展していくようにと大きな期待をしております。そういう立場に立って質問をしていきたいと思っております。
 まず、村では村の他の施設もたくさんあるわけなんですけれども、その施設を含め、どんな検討をしてすずむし荘と寄って停まつかわを指定管理者制度の導入をしていくということにしたのか、その経過についてお聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) それは既にもう御存じのように、村の中には施設がたくさんあります。こういう施設の中で民間の皆さんに任せてやってもらったほうが効果が上がる施設は何か、村が今までどおりやったほうがいいものは何かということで、それぞれ担当課、それからすずむし荘と寄って停につきましては運営委員会のほうからも検討していただいております。そういう中でほかの施設についてはまだ村が、直接あまり営利には関係ございませんので村がやっていったほうがいいだろうということ、それでこの寄って停とすずむし荘については民間の皆さんの知恵を借りたほうがさらによくなるだろうということの中で検討した結果、この2つに絞って指定管理者に任せていきたいというように、この間条例等も改正させていただいたわけであります。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 今民間に任せてやっていったほうがより効果が出たり、さらによくなるという、そういうことを目的に据えて検討してここを選んだというお話ですけれども、やはりそのことはとても大事なことで、この選んだことに対する意味というものはぶれないようにずっとしていかないといけないものではないかというふうに思っております。それでこの前お話の中では各課でそれぞれに関係している施設を検討もされたということも、お話もお聞きはしておりました。こういうことで新聞の3月号、「広報まつかわ」の中でも村の温泉施設等運営委員会のほうの諮問のしてあったものが答申をされているということで載ってもおりましたので、経過についてもある程度は村民も知っているというふうには理解はしております。そしてまた、この議会の初日にこの2つの施設の設置と管理、この条例が出されまして議決をしております。多様化をしていきます村民ニーズに効果的に対応し、村民サービスをより向上させ、またいかに経費の節減を図っていくか、また観光の発信拠点でもあるということを忘れてはいけないと思いますが、この条例の規則については今どんな内容になっておりますか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それぞれの規則につきましては条例の公布にあわせまして規則の公布をする準備をしてございます。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 条例は本当に全体的なざくっとしたものでありましたので、その規則の中にどんなことが定められていくのかなということも関心を持っておりますし、やはり規則とかみ合わないと条例の施行というか、運用も難しいかなというふうに思います。それでその中に来年の4月からその条例は施行するということになっておりますけれども、その以前にも準備段階にはその条例を扱っていくという、そういう附則も載っておりました。それは議会で議決をしております。そういう中で特にここでこんなことを規則に盛ってありますというようなことは知らせていただけるものがありますか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) それでは、それぞれ申し上げたいと思いますけれども、まず温泉施設の関係の管理規則の関係でございますけれども、こちらについても全部改正を予定してございます。内容につきましては、利用の申し込み方法、それから利用料金の減免申請及び減免許可の様式の関係、それから利用者の遵守事項、施設及び設備等を毀損した場合の損害賠償を規定し、条例と同様の施行日とする予定でございます。
 次に、ふれあい交流センターの管理規則の関係でございますが、こちらについても全部改正を予定しており、その内容でございますが、管理者の遵守事項、それから施設及び設備等を毀損等した場合の損害賠償を規定し、条例と同様の施行日とする予定でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) わかりました。具体的な話にそれぞれにまたなっていくことであろうと思いますけれども、スケジュールでありますけれども、今後のスケジュールについて案をいただいてはあります。この中では地域づくり推進委員会が指定管理者選定部会を設置して、今月中に募集要項などを審議するというふうになっております。今15人の委員会の中で専門的な方に入っていただくという、そういう話も聞いておりますけれども、そうすると16名で要項を審査し、7月に約1カ月公募をして、候補者の選定を9月初旬にするという、そういうスケジュールという解釈でいいのでしょうか。補足等ありましたら、そんな中でちょっとお答えをいただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) スケジュールの関係ですけれども、全員で部会をつくるという考えは持っておりません。地域づくり推進委員会の中の構成メンバープラス専門的な立場の方をお入れしまして、今の案ですと6名で審査に向かっていきたいというふうに考えております。地域づくり推進委員会から4名、それから法律事務所、それから観光協会という方々の中で行っていきたいと思います。その中であと募集要項の関係ですけれども、今までの運営状況をお示しする中で自由な発想や経営管理方針を応募者から提案をしていただくという内容で広報にも載せてございますけれども、1人1票持って投票するとか、そういうことではございません。内容を審議した上で点数をもってその部会のほうで選定をしていきたいというふうに考えておりまして、それをもって地域づくり推進委員会全体会へ提示をして、委員会としての答申をいただくということになっております。それから、スケジュール的ですけれども、7月上旬より公募を開始しまして、応募があった場合はそれぞれヒアリングを行いまして、8月末には候補者を選定したいというふうに考えております。先ほども申し上げましたけれども、答申をいただき、順調に行きますと9月の議会で指定管理者の指定議案を提出させていただきたいというふうに考えております。これは最短のスケジュールということで考えておりますので、よろしくお願いします。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そういうことになりますと、それで指定管理者が決定したら準備をして、来年の4月から管理を始めると、そういうふうになっていくということです。おおよそのスケジュールはわかりました。
 募集の方法についてなんですけれども、これは今スケジュールの中でお話はありましたが、募集の方法についてどんな形で募集をしていくのか、 機器、ホームページとか文書とかいろいろなもの、あると思いますけれども、どんな形で内容もわかるような募集をしていくのか、その辺のところをちょっと教えてください。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の募集につきましては当然村の広報ですとか回覧文書はもちろんのこと、新聞等のマスメディアを通じて広く募集を行っていきたいと思いますけれども、有料広告ということは考えてございません。あくまでも記事として取り上げていただくようにお願いを申し上げていきたいと思います。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 広報とか回覧文書、これは松川村に向けてということなんですけれども、やっぱり幅広くいろいろな人の企業感覚というものが入ってくるということも期待をしているところでもありますので、新聞とかそういうところに発信をしていくのはいつごろになりますか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほども申し上げましたとおり、7月上旬に公募をしていきたいというふうに考えておりますので、これから専門部会で要領等の案を御検討いただいて決定をいただかないとそれが公にできないということで、7月上旬を予定しております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そうすると最初からもうわかっていなきゃいけないことになると思うんですけれども、指定管理をする時間、時期、期間ですかね、一応3年から5年というような話も聞いておりますけれども、その辺のところはどのくらいをまずは予定しているんでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今の村の案におきましては、能力を十分出せるように今のところ3年というふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 3年ですね。「広報まつかわ」に3年から5年というふうにちょっと答えてあったので、その辺のところで今私、聞いたわけなんですけれども、地域づくり推進委員会の選定部会というところで先ほどのお話の6名ですか、6名の方で選定をして、そして移行に持っていく段階まで全体会をしながら行くということでありますけれども、この決定しました指定管理者が移行をしていきます来年の4月まで、この間にどういう体制で行くかとか、その辺のところにもこの選定のかかわった方にずっとかかわっていっていただいたほうがいいんではないかということと、それからその後評価をしたり、モニタリングとかチェック体制とかいうものを考えているというふうに聞いておりますけれども、その辺のところにもやはり地域づくりの方、最初から法律とか全体に希望的な観測を持って選定にも加わっていただいているので、その後についてもそういう体制がいいかと思うんですけれども、その辺のところはどんなふうにお考えですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 当然モニタリングの実施はしていくわけですけれども、評価につきましては、今のところ村の考え方としましては地域づくり推進委員会へお願いをしていきたいというふうに、諮問をしていきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そうするとそれは今の地域づくり推進委員会の15名プラス2名ですか、その観光の方と、それから法律の事務所の方も入って評価のところにかかわっていただくという、そういう解釈ですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今のところ地域づくり推進委員会ということで、選定のほうには法律事務所、それから観光協会、入っていただきますけれども、評価の関係につきましてはあくまでも地域づくり推進委員会、そこの中でまた部会を設けたほうがいいという話になりましたら、そこでまた検討させていただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そうするとモニタリングということをしたり、それからチェック体制をするという、この作業については地域づくり推進委員会がかかわってやっていくのか、それは行政としてやっていくんですかね。その辺のところはどんなふうにお考えですか。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 基本的にチェックは村でしていかなきゃならない部分だと思います。それに対して地域づくり推進委員会の意見を求めるということで諮問をしていきたいと、こんなふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) おおよそ様子がわかりましたが、この2つの村の施設を指定管理者が借りていくということになりますので、その費用というものはどんなふうにお考えですか。小谷の道の駅の場合には既にもう指定管理者制度を導入していて、年間700万円と売り上げの5%を村に支払うということになっているそうです。そのことについては今試算中というようなこともあるかと思いますが、お答えできる範囲で答えていただきたいと思います。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) その部分につきましては選定部会で法律的な部分、それからいろいろな経営の部分を見ていきながら、村の原案は持っておりますけれども、その意見を聞いて決めていきたいというふうに思っております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) すずむし荘については少し利用は減っているとは思いますけれども、相当の、今までの成果というものも上がっておりますし、寄って停についても本当に今活発に活動して、地域との連携、それから広域との連携みたいな形をとっているというふうに思いますので、その辺のところを価値を落とさないように、ぜひその辺のところでこれからの活性化に向けてなお飛躍していけるようなお考えで対応していっていただきたいと思います。
 今まで、この間の3月の新聞にありましたけれども、村の温泉施設等運営委員会では今回指定管理者制度の導入に対しまして、村の諮問に答申をしています。この答申の中には制度の導入について広く村民に周知すること、それから指定管理者選定について慎重に審議し、決定するとともに、指定管理者が村に支払う使用料の金額について現状を分析した上、決定すること、それから3番目には住民への福祉サービスについては継続すること、この3項目に十分配慮するようにという、そういう要望が添えてありました。これらの3項目について取り組み状況を教えてください。それで2番目については今お答えをいただいておりますので、制度の導入について広く村民にこれからどういうふうにスケジュールに沿って知らせていくのか、それから住民の福祉サービス、そういうものについては継続するということですけれども、その辺のところはどんなふうにお考えかお答えください。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 制度の導入の周知でございますけれども、この3月に「広報まつかわ」でお知らせしたとおりですけれども、業者が決まりましたら、当然ながら村の皆さんにはあらゆる手段を通じてお知らせをしてきたいというふうに考えております。また、福祉のサービスについての継続につきましては要項の中でしばっていきたいというふうに考えております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) これは今までのものを要項の中に入れながら行くということで、それを村と話し合いの中でやっていくということに、村とというか、もう村の中できちんと要項を決めて、指定管理者の選定にも対応していくという、そういう解釈でいいわけですよね。
 この村の温泉施設等運営委員会、この委員会の担う役割について今後はどんなふうになるんでしょうか。お考えを聞かせてください。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) この温泉施設等運営委員会は設置規定に基づきまして村の温泉施設、それから活性化センター、セピアの関係ですが、それとふれあい交流センターの3つの施設の円滑適正な管理運営を図るために設置された委員会でございます。各施設の予算及び決算、それから運営面での審議を今までいただいておりました。ただ、この温泉施設とふれあい交流センターの2つの施設が来年の4月1日より指定管理者制度へ移行することに伴いまして、この運営委員会の役割についても見直しが必要と考えております。今後規定の改正も視野に検討をしてまいる予定でございます。
 以上です。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) むらづくり委員会もありますし、村の職員もあるわけですけれども、やはり各立場立場をしょいながらお集まりいただいて、それで委員会の組織を構成しているわけでありまして、予算決算というものが具体的にはなくなってきても、ある程度内容について村の人の御意見や要望をこういう運営委員会の中で検討していくように、その辺の見直しをしながらこの委員会はぜひ存続をしていっていただければなというふうには思うんですが、その辺はどんなお考えですかね。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) すずむし荘、ふれあい交流センターについてはこの運営委員会の関与はできないというようにしたほうがいいというように今思っております。いろいろ口を、言い方が大変いけないんですけれど、あんまり口を出してまいりますと指定管理に任せた意味がなくなってくるというように考えております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) それでは、すずむし荘に関してはこの中から抜いても、寄って停のほうは入れておくというとですか。それとも指定管理者に。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 両方とも外します。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) その辺のところ、ちょっと微妙なところだと思って、私たちもわからないんですけれども、やはりその中に村としても細かく村の人の希望とか要望も入れてってもらえるような、そんなことにぜひ運営をしていっていただけるように配慮をしていっていただきたいと思います。それから、今まで各種イベントを実施をしてきましたけれども、観光についてとかパンフレットを制作するとかイベントの取り組みという、そんなような事業については今後どんなふうになりますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) すずむし荘のパンフレットとか寄って停のパンフレットについてはもちろん村も意見を入れさせてもらいますけれども、運営の中でやってもらわないと、そういうお金を村が出せば何もなりませんので、それぞれの管理者にやっていただくように考えています。
◆11番(白澤富貴子君) イベント。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) イベントについても村がどうしてもやらなければいけないものについてはその都度相談をさせてもらいますけれども、それぞれの指定管理者に考えてもらってやっていただいて結構だと。これにつきましては村長の許可というか、あれをとるようにこの間の中になっていましたので、そういうことは十二分に注意をしてまいります。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 今まで農業体験実習という、そういうものも含みながらいい活動をしてきたので、その辺のところもやっぱり地元の人たちが楽しく参画できるような、そういうものをぜひ続けていっていただいたりしたいという希望はみんな持っているようですので、その辺のところも加味しながら村として対応していっていただきたいと思います。
 それから、今まで実施をしていましたちひろ美術館とタイアップした取り組み、一緒の共通券とかそういう扱い、そういうものとか国営公園との連携とか、それから寄って停での今まで既得権となっていますスズムシのふ化をする場所のこと、それから野菜の販売団体へ1部屋貸したり、それから2.5%の売り上げの費用でそこを貸してもらうという、そういうようなことについてはそれぞれ具体的にはどんなふうになるんでしょうか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 基本的な考えでは今の質は落とさないような運営方法といいますか、協議をして行っていきたいということで考えております。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そうすると質は落とさないということは、やっぱりこういうものを何らかの形で1つずつ細かく書いたものでやりとりする、そういう書類とかそういうものを制作して指定管理のときに対応するという、そういうことになりますか。
○議長(新村久仁男君) 経済課長。
◎経済課長(丸山正芳君) 指定管理者が決まりましたら協定書という形をとります。で、その協定書は契約みたいな内容になりますけれども、その協定書を取り交わして行ってまいります。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) そうするとやはり質は落とさないといっても、落ちのないようにそういうものも一々確認しながら、ぜひ職員教育というようなもの、それから帳簿等についても条例の中とか、その前に少し知らせていただいたりして帳簿が必要なものがあるということもお聞きはしているんですけれども、そういうものに対して情報書類の監査というものはどこでやっていくのか、施設は村の施設ではあるので、その辺のところがどんなふうにお考えかということと、村の人から情報公開を求められた場合にどんな対応になっていくのか、その辺のところは、お聞かせください。
○議長(新村久仁男君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 村にお金を入れていただくということになりますと、収入、歳入が発生しますので、村の監査員の関与も場合によっては必要になろうかと思います、できるかと思います。それから、要望につきましては村を通じて指定管理者のほうへ要望はできるかと思います。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 今総務課長、答弁させてもらいましたけれども、これから専門家を入れて、選定に入ります。その専門家の皆さんとよく相談をしながら、村の監査員が入って監査ができるかどうかもちょっと微妙なところがあると思いますので、うちのほうは決めたお金を入れていただければいいわけです。簡単にいえば。それと、職員の、今研修と言われましたけれども、これは会社の職員を研修をやれなんて、おれたちのほうから言うことはちょっと違うんじゃないかなという気がしますので、そこら辺は指定管理者が十二分に村民に愛され、地域の皆さんに愛されるものにしていけばいいわけでありますので、あまりそういうことまでは私は口を出すつもりはないというように今のところ考えておりますけれども、最終的にはこの専門家の皆さんと相談をしながら決めさせてもらいます。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 監査についてそういうことで、内容もわからないし微妙なところもあるということですので、その辺のところはいいんですが、職員教育というのはやっぱり期待はしていますけれども、協定を結んだ中できちっとやっていただくことを1つの仕様書のような形にするということならそれで別にこちらではいいと思いますが、期待をしながらいきたいと思います。
 それで先ほどの質問の中で情報公開、これを求められたときに村の書類までは情報公開はできるという解釈で、そのほかについては情報公開というのは難しいという考え方でいいんですかね。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先ほど職員の研修ってまた言われましたけれども、今、それは私のほうは職員の研修についてはいろいろ言う必要はないというふうに考えております。これは自分の会社でもってやるのが当然ですので、村から職員の研修をしろなんていうことは言わないし、それから情報公開については、これ、会社のほうが情報公開を皆さんにしろということはないような気がするんです。村の情報を議会の皆さんに公開するのは、これはいたしますけれども、会社の情報をすべて公開しろというわけにはいかないというふうに思いますけど。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 指定管理者と、それから村がかかわったものについて村のほうから情報公開を求められれば、やはりしていったりすることは村としてやっていく範囲になるという、その程度のことで考えればいいわけです。はい、わかりました。
 いや、職員のことについては、それは村長が先ほど答弁されたので、私とすれば職員の教育というものを求める立場にはないから、大きく期待をしていきたいというふうに、そういうふうに再度言ったわけだけなんですけれどもね。そういうことも含めながら村の活性化につながるようにやっていってもらいたいという希望を話しただけです。
 この移行に関しましては、やはりクリーンで透明にしているということがとても大事だというふうに思いますので、これから移行に向けて細かい作業に入っていくわけなんですけれども、総務課、そして経済課のほうで説明いただいたりしていますけれども、全体的に各課で意識やそういう認識を共有して、ぜひこの大きな移行という作業に取り組んでいっていただきたいなということを感じますけれども、この辺について体制なんかはどんなふうにしますか。
○議長(新村久仁男君) 村長。
◎村長(平林明人君) 体制をどういうふうにするかという、ちょっとそこら辺がわかりませんけれども、4月1日に向けて支障がないように村の中では取り組んでまいりたいというように思っております。何回も前から言っておりますけれども、村民に対する福祉、低下がないようにということだけはしっかりと指定管理者に申し上げていきたいというふうに思います。
○議長(新村久仁男君) 白澤議員。
◆11番(白澤富貴子君) 移行について支障がないように、また福祉の質も落とさないようにといろいろ心に決めて進めているという様子がわかりますけれども、追加でぜひお願いをしていきたいということは、地元の食材を使ってほしいということがありますので、その辺のところもぜひ盛っていっていただきたいこと、それから従業員がどういう形で契約をしていくかわかりませんけれども、先ほど職員教育の話についてちょっとやりとりありましたけれども、就業を今の従業員が希望した場合にはぜひ優先的に雇用をしていってほしいという、そういう希望もありますし、そういうものについてはどの辺までどんなことで対応してってもらえるか、まだ未知数なところもありますが、その辺のところを意の中に置きながらぜひ対応していっていただきたいと思います。
 それから、細部について取り決め、本当にこれからあると思いますので、地域づくりの委員会の人たちと細かいことにわたってもお話をいただきながら、議会のほうにも仕様書ができたらまた見せていただければと思います。
 それから、期間については先ほど3年というお話でしたけれども、本当によかったら短期間では交代しないでいってほしいということも含めて大きな期待を寄せていますので、来年の4月の実施に向けて住民にも知らせながら、スムーズな移行でぜひ特段の配慮をしていっていただきたいと思います。
 これで指定管理者の制度導入の質問を終わります。
○議長(新村久仁男君) これで指定管理者制度導入の質問を終わります。
 以上で、11番白澤富貴子議員の質問を終わります。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 続きの一般質問は、あす午前10時より行います。
 これにて散会します。
 御苦労さまでございました。
                                 午後 2時59分 散会