議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成21年第 4回定例会−12月08日-01号




平成21年第 4回定例会

                会  議  日  程

 ┌───────┬──┬───────┬────────────────────────┐
 │  月  日 │曜日│会     議│      予          定       │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │ 12月 8日│ 火 │本  会  議│一般議案審議、人権擁護委員候補者の推薦     │
 │       │  │       │請願・陳情等委員会付託、全員協議会       │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │     9日│ 水 │委  員  会│一般質問通告午後1時締切            │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    10日│ 木 │委  員  会│                        │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    11日│ 金 │委  員  会│                        │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    12日│ 土 │休     日│                        │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    13日│ 日 │休     日│                        │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    14日│ 月 │休     会│                        │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    15日│ 火 │本  会  議│一般質問                    │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    16日│ 水 │本  会  議│一般質問                    │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    17日│ 木 │休     会│                        │
 ├───────┼──┼───────┼────────────────────────┤
 │    18日│ 金 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
 └───────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例

 議案第70号 北アルプス広域連合規約の変更について
 議案第71号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第4号)
 議案第72号 平成21年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第73号 平成21年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)
 議案第74号 平成21年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第75号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第3号)
 議案第76号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第77号 平成21年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
 議案第78号 平成21年度学校ICT環境整備事業備品購入の契約の締結について

 報告第16号 私立高校に対する大幅公費助成をお願いする陳情書
 報告第17号 松川小学校体育館バスケットボール施設の改良に関する陳情書
 報告第18号 非核三原則の法制化を求める議会決議・意見書採択のお願い
 報告第19号 核兵器の廃絶と恒久平和を求める陳情
 報告第20号 後期高齢者医療制度の即時廃止と生活実態に見合う年金支給を求める陳情書
 報告第21号 「所得税法第56条の廃止を求める意見書」採択を求める陳情書
 報告第22号 後期高齢者医療制度の廃止を求める陳情
 報告第23号 市町村国保の改善を求める陳情
 報告第24号 EPA・FTA推進路線の見直しを求め、日米FTAの推進に反対する陳情



                  陳情一覧表

 陳情
┌─────┬────────────────────┬─────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │     陳  情  者     │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.11 │松川小学校体育館バスケットボール施設の改│松川村5721-1648          │
│     │良に関する陳情書            │松川村体育協会所属バスケットボール│
│     │                    │連盟               │
│     │                    │代表者 久木田勝         │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.12 │非核三原則の法制化を求める議会決議・意見│松本市桐2丁目1番15号       │
│     │書採択のお願い             │長野県原爆被害者の会       │
│     │                    │会長 前座良明          │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.19 │核兵器の廃絶と恒久平和を求める陳情   │長野市県町532-3          │
│     │                    │日本労働組合総連合会長野県連合会 │
│     │                    │会長 近藤光           │
│     │                    │大町市大町4111          │
│     │                    │連合長野大北地域協議会      │
│     │                    │議長 久保田日出雄        │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.20 │後期高齢者医療制度の即時廃止と生活実態に│松川村5724-335          │
│     │見合う年金支給を求める陳情書      │全日本年金者組合         │
│     │                    │大北支部執行委員長 井川恵右   │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.20 │「所得税法第56条の廃止を求める意見書」│長野市西後町625-6         │
│     │採択を求める陳情書           │長野県商工団体連合会婦人部協議会 │
│     │                    │会長 小野百合子         │
│     │                    │大町市美麻13992          │
│     │                    │北アルプス民商婦人部       │
│     │                    │部長 種山千恵子         │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.26 │後期高齢者医療制度の廃止を求める陳情  │長野市鶴賀629-1長野東口ビル8階  │
│     │                    │長野県社会保障推進協議会     │
│     │                    │代表委員 熊谷嘉隆 ほか5名   │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.26 │市町村国保の改善を求める陳情      │長野市鶴賀629-1長野東口ビル8階  │
│     │                    │長野県社会保障推進協議会     │
│     │                    │代表委員 熊谷嘉隆 ほか5名   │
├─────┼────────────────────┼─────────────────┤
│ 21.11.30 │EPA・FTA推進路線の見直しを求め、日│安曇野市豊科高家3313       │
│     │米FTAの推進に反対する陳情      │農民運動長野県連合会中信農民セン │
│     │                    │ター               │
│     │                    │組合長 倉橋芳和         │
└─────┴────────────────────┴─────────────────┘



             平成21年松川村議会第4回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│12月15日(火)午前10時から                          │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │12│佐 藤 節 子│1 行政刷新会議の設置要望について   │村長     │
│  │  │       │2 松川村第6次総合計画について    │村長     │
│  │  │       │3 指定管理者制度について       │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │11│井 上 直 昭│1 22年度予算編成にあたって     │村長・教育長 │
│  │  │       │2 村第6次総合計画について      │村長・教育長 │
│  │  │       │3 寄って停まつかわ及びすずむし荘営業に│村長     │
│  │  │       │  ついて               │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 6 │横 沢 喜 造│1 改正農地法について村の対応     │村長     │
│  │  │       │2 里山整備と鳥獣害対策        │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 4 │渡 邉 尚 省│1 緊急経済対策について        │村長     │
│  │  │       │2 子育て支援と教育問題について    │村長     │
│  │  │       │3 農業の活性化と有害鳥獣被害対策につい│村長     │
│  │  │       │ て                  │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 7 │新 村 久仁男│1 財政問題と施策の展開        │村長     │
│  │  │       │2 村長の政治姿勢           │村長     │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│12月16日(水)午前10時から                          │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 6 │ 8 │河 内 國 治│1 観光資源について          │村長     │
│  │  │       │2 観光協会のブログについて      │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 7 │10│白 澤 富貴子│1 防災の村づくりと第6次総合計画   │村長     │
│  │  │       │2 松川中学校環境整備         │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成21年松川村議会第4回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成21年12月8日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成21年12月8日 午前10時00分 │議 長│甲斐澤   明│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成21年12月8日 午後 1時20分 │議 長│甲斐澤   明│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席並びに欠席議員 │ 1 │甲斐澤   明│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ 出席12名 欠席 0名 │ 2 │平 林 源 起│ ○ │ 8 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │榛 葉 良 子│ ○ │ 9 │矢 口 弦八郎│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │渡 邉 尚 省│ ○ │ 10 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │平 林 寛 也│ ○ │ 11 │井 上 直 昭│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │佐 藤 節 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   5番   │平 林 寛 也│   6番   │横 沢 喜 造│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │丸 山 正 芳│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│白 澤   繁│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│環境福祉課統括│白 沢 庄 市│
│法第121条により説│       │       │課長補佐   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │綱 島 幸 男│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼会│鈴 木   智│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │環境福祉課長 │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │茅 野 英太郎│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │公民館長   │後 藤 拓 男│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例

 議案第70号 北アルプス広域連合規約の変更について
 議案第71号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第4号)
 議案第72号 平成21年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 議案第73号 平成21年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)
 議案第74号 平成21年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第75号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第3号)
 議案第76号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第77号 平成21年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
日程第6 人権擁護委員候補者の推薦について
日程第7 請願・陳情の委員会付託



                               午前10時00分 開会
○議長(甲斐澤明君) おはようございます。ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成21年松川村議会第4回定例会を開会いたします。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りをします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定をいたしました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(甲斐澤明君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、5番 平林寛也議員、6番 横沢喜造議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(甲斐澤明君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされていますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(平林源起君) (報告)
○議長(甲斐澤明君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から12月18日までの11日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月18日までの11日間と決定いたしました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(甲斐澤明君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) 皆様おはようございます。
 けさは寒かったですが、日中はいい天気になるようでありますので、この議場、暑くなりますかどうかね、いい天気の中で開会をできましたことに感謝を申し上げたいというように思います。そして、また全議員の皆さんの御出席の中で開会できましたことに感謝を申し上げます。ありがとうございます。
 本年は村政120周年の冠をつけた事業、皆さんにお願いしながらやってまいりましたが、順調に進んでまいりました。特に多目的交流センター、図書館、これは村民の皆様の利用が非常に多く、当初は何であんなものをつくるんだという意見がたくさんございましたけれども、つくってよかったという意見が今は多くなってまいりました。本当にうれしい限りであります。これからも自分たちの施設として使っていただけるよう努力をしてまいりたいというように思います。
 また、新政権が発足いたしまして約3カ月が経過をいたしました。その中で少しずつ施策が見えてまいりましたけれども、村にとりまして大きなウエートを占める農業政策が、いまだはっきりといたしません。農家の個別所得補償制度等、早く方針を示していただきたいというように思っているところでございます。
 先日は、近隣の首長さん方とともに、民主党生方副幹事長、前原国土交通大臣に直接お会いをいたしまして、この地域の問題をお願いをしてまいりました。道路問題・国営公園など親身になってお聞きをいただきました。一日も早い実施の施策ができるように期待をしたいというように思っているところでございます。
 現在、全国的にはやっております新型インフルエンザでありますけれども、12月8日現在の感染者は小学校で22名、中学校で3名でございますけれども、学級閉鎖はございません。前回の全協の中でお話をいたしましたよりも、よくなってきているかなあというように思っているところでございます。
 ワクチンの予防接種につきましては、小学校低学年が今月下旬、小学校高学年と中学生は1月上旬に、それぞれ集団接種を行うということになっております。
 また、そこに12月7日現在というように書かれておりますけれども、保育園の感染者、12月8日現在でありますけれども、南保育園が7名、北保育園が1名であります。季節性のインフルエンザの流行とあわせて、手洗い・うがい等を啓蒙し、予防に努めてまいります。
 保育園については、クラス閉鎖は今のところございません。早く治まってほしいなあというように思っているところでございます。
 最近の村政の状況について、若干申し上げたいと思います。
 まず、第6次総合計画についてでありますけれども、村行政運営の指針となります第6次総合計画の策定につきましては、現在、策定しました素々案に基づき、各分野の委員会・審議会において御審議をいただき、素案づくりを進めております。この素案によりまして、今月下旬からパブリックコメントを実施をいたしまして、多くの御意見をいただき、さらに検討を重ねてまいりたいというように思っております。
 次に、南保育園の建設についてであります。南保育園建設に伴う設計業務につきましては、この10月29日に指名業者5社を指名をいたしまして、設計業務プロポーザルの説明会を行いました。そして11月30日には審査員15名による審査を行いました。その結果、松本市の株式会社アーキディアックに決定をいたしました。実施設計業務は関係機関と協議をしながら、今年度事業として進めていきたいというように思います。
 きょうですね、アーキディアックの女性社員の紹介が信毎に大きく出ておりますので、この会社の成り立ち等も出ております。ぜひ時間を割いて見ていただけたらというように思います。ちょうどタイミングがよかったかなあなんて思っているところでありますけれども。
 次に、平成21年度水稲の作柄及び生産調整についてでありますけれども、関東農政局長野農政事務所は、10月15日現在の水稲調査結果の概要を10月30日に公表をいたしました。
 作柄は、1平方メートル当たり全もみ数は平年に比べやや少なく、登熟は平年並みが見込まれることから、10アール当たりの収量を595キログラムで、県下作況指数は96となっております。中信地区は10アール当たりの収量は605キログラムで、作況指数は95と県平均を下回っている状況であります。
 また、本年度の米生産調整は地域間調整を図り、農家の皆様の御理解と御協力をいただき、生産目標数量内で実施することができました。農家の皆様には、本当に感謝をするところでございます。
 次に、平成22年度米の生産調整についてでありますけれども、農林水産省は平成22年産米の都道府県別の生産目標数量を発表いたしました。長野県は対前年比0.5%減の20万5,900トンとなりました。
 今後はですね、県の水田農業推進協議会が地方事務所ごとに生産目標数量を配分をいたしまして、最終的には、この25日に予定されております大北水田農業推進協議会において、当村の生産目標数量が決定をされます。この会議には、また議長とともに出席をするようになると思いますけれども、松川村に多くの割り当てが来ることを願うところであります。
 次に、第11回米・食味分析鑑定コンクールについてであります。
 11月28・29日の両日、福島県天栄村で開催された第11回米・食味分析鑑定コンクールの小学校部門で、今年も農業委員会が中心となって取り組んだ安曇野まつかわ農業小学校が、最上級の金賞をいただきました。
 農業小学校の水田は、平成18年の開校以来、無農薬アイガモ農法を4年間続けてまいりました。その結果、今年のような天候が不順な年でありましても、今まで続けてきた土づくりのおかげで品質の高いお米をつくることができました。稲づくりの原点、稲は地力を農業小学校を通して再認識することができました。
 次に、太っ腹商品券であります。
 4月のプレミアム商品券の第2弾といたしまして発売した太っ腹商品券につきましては、小学生の提案によるデザイン・ネーミング効果もありまして、11月1日の販売開始以降、5,000セットが4日間で完売となりました。利用者はもちろん、取扱業者からも好評をいただいております。換金率は12月2日現在42.3%で、飲食店など個人商店を始め、幅広い分野で使用されている状況であります。いまだ景気の低迷が続く中で、地元消費の拡大を実感をしているところでございます。
 次に、本日上程いたします議案は11件でありますが、概要を説明申し上げます。
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、国の人事院勧告に準じ、一般職の職員の給与を減額等の改正をするものであります。
 専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例、専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例は、一般職の職員の給与の減額改正をすることに伴います議会議員の皆さん、常勤の特別職員も同様に減額改正するものであります。
 議案第70号 北アルプス広域連合規約の変更につきましては、広域計画の更新に伴う広域連合業務の見直しにより、削除、変更するものであります。
 議案第71号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第4号)は、給与改定等による人件費の調整、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業の調整などで、3,886万9,000円を追加し、総額を42億9,196万1,000円とするものであります。
 主なものを申し上げますと、歳入は、臨時財政対策債の増額による村債3,430万円、地方交付税1,198万9,000円、諸収入734万2,000円の増額と、法人税減額等による村税1,499万2,000円の減額であります。
 歳出は、基金積立金など民生費4,673万9,000円、消防費1,364万5,000円の増額と、教育費1,376万5,000円、土木費1,105万1,000円、総務費874万6,000円の減額が主なものであります。
 議案第71号から議案第77号は、各特別会計の予算補正であります。
 いずれも、提案時に各担当課長等に説明をさせますので、御審議の上、議決をいただきますようお願いを申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。
 11日間という長い期間になりますけれども、どうぞよろしくお願いをいたします。
○議長(甲斐澤明君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(甲斐澤明君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.社会福祉法人大北社会福祉事業協会第4回評議員会
  開催期日  平成21年10月28日
  出席議員  甲斐澤議長
  審議事項等 ・寄附金に関する報告
        ・高瀬荘移転改築事業設計業者の選定についての報告
        ・職員の給与に関する規定の一部を改正する規定
        ・平成21年度事業協会会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
 2.池田松川施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成21年11月5日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、白澤議員、井上議員
  審議事項等 ・長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
        ・平成20年度一般会計歳入歳出決算の認定
        ・組合教育委員会委員の任命同意について
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
        組合教育委員会委員に井口博文氏、丸山史子氏、綱島幸男氏を任命することに同意。
 3.穂高広域施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成21年11月16日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・議長選挙
        ・平成21年度一般会計補正予算
        ・平成20年度一般会計歳入歳出決算の認定
  審議結果等 議長に安曇野市議会藤原議長が就任。各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
 4.北アルプス広域連合議会11月定例会
  開催期日  平成21年11月24日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・平成21年度広域連合会計補正予算等の専決処分報告
        ・平成21年度各会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
 以上です。
△日程第5 議案の上程
○議長(甲斐澤明君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第14号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 今回の条例改正につきましては、人事院が平成21年8月勧告を行いまして、その内容は一般職の給料につきましては平均0.2%減額、期末勤勉手当につきましては0.35月分を減額し、年間支給率を4.15月とするものです。
 村では、従来から人事院勧告に沿った措置を講じており、給与改定の実施を決定しました。また、12月に支給される期末勤勉手当は12月1日が基準日であり、不利益不遡及の原則から、11月中に条例改正をする必要があることから専決処分を行っております。
 それでは、改正の条項につきまして御説明を申し上げます。
 第1条につきまして、第15条の2、それから15条の3関係につきましては、持ち家に対する住居手当が廃止されたことから条文の整理を行っております。
 中段になりますけれども、第28条第1項関係につきましては、12月に支給される期末手当について、一般の職員の支給率は1.6月から1.5月に、特定幹部職員につきましては1.4月から1.25月に改定するものでございます。第2項では、再任用職員についての関係で0.05月減額改定する規定でございます。
 第31条関係につきましては、一般の職員の12月の勤勉手当の支給率を0.75月から0.7月に改定する規定です。
 下段になりますけれども、別表第5条関係につきましては、給料表の改正でございます。平均0.2%を引き下げるものでございますが、初任給や若年層の職員については減額が実施されない内容となっております。
 別表につきまして、5ページまで続きますけれども、5ページをお願いいたします。
 第2条関係です。第23条第3項につきましては、月60時間を超える超過勤務につきましては、支給の割合を100分の125から100分の150に引き上げる規定でございます。第4項につきましては、前項の支給割合と本来の支給割合の差額分100分の25の支給をするかわりに、代休時間を指定できる制度が新設された内容でございます。
 5ページの一番最後から6ページの中段まで続きますけれども、第28条関係は平成22年度から支給される期末手当についての規定でございます。一般の職員は6月支給される期末手当の支給率が1.4月から1.25月に、特定幹部職員につきましては6月支給分は1.2月から1.05月に、12月支給分は1.25月から1.3月にそれぞれ改定される規定でございます。
 また、再任用職員は6月支給分が0.65月に、12月支給分は0.85月となります。特定幹部職員は6月支給分が0.55月に、12月支給分は0.75月となります。
 6ページの7行目、第31条関係でございます。第1項では、特定幹部職員の勤勉手当についての支給率の改正でございます。100分の95から100分の90に減額する内容でございます。
 第2項では、再任用職員の勤勉手当の規定で、年額を規定してございます。
 6ページの中段、第3条関係でございます。平成19年の大幅な給与構造改革がございまして、その実施に伴い、経過措置として現給保障を受けている職員につきましては、当該給料月額に100分の99.76を乗じて得た額とするという内容でございます。
 附則でございますが、第1項は施行期日についての規定で、第1条及び第3条関係は12月1日より、第2条関係は平成22年4月1日施行となる内容でございます。
 第2項の規定につきましては、本年12月支給する一般職の期末手当についての特例措置に関するものでございます。若年層を除く給料の引き上げを受ける職員、減額対象職員でございますが、本年4月に支給されるべき給料、扶養手当、住居手当等の合計した金額から、100分の0.24を乗じて得た金額を、4月から11月までに支給された月額に乗じた金額、それから6月に支給されました期末勤勉手当の額に同じく100分の0.24を乗じて得た額を合計した金額を、12月に支給される期末手当の額から減額する措置でございます。
 なお、7ページの表につきましては、減額対象とならない給料表の範囲を規定をしている内容でございます。
 第3項につきましては、委任についての規定でございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので、専決処分する。
 平成21年11月30日 専決 松川村長名。
 平成21年12月8日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第14号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第15号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、御説明を申し上げます。
 議会議員の期末手当を一般職と同様減額する内容で、特別職の国家公務員に準じたものでございます。一般職と同様の理由によりまして、条例改正につきましては専決処分を行っております。
 第1条につきまして、12月に支給される期末手当について、100分の175を100分の165に改めるものでございます。
 第2条、22年度の6月から支給される期末手当につきまして、100分の160を100分の145に改めるものでございます。
 附則につきまして、施行期日についての規定でございます。第1条は12月1日より、第2条は平成22年4月1日施行となります。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成21年11月30日 専決 松川村長名。
 平成21年12月8日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第15号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第16号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 常勤の特別職の期末手当につきまして、一般職並びに議会議員と同様減額する内容でございます。
 専決第14号並びに専決第15号と同様の理由によりまして、条例改正につきまして専決処分を行っております。
 第1条につきましては、一般職の読みかえ規定がございますけれども、内容につきましては12月に支給する期末手当につきまして100分の165に改める内容でございます。
 第2条につきましても、読みかえ規定がございますが、22年度の6月から支給される期末手当につきまして、100分の145に改める内容でございます。
 附則、施行期日につきましての規定でございますが、同じく第1条は12月1日より、第2条は平成22年4月1日施行となる内容でございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成21年11月30日 専決 松川村長名。
 平成21年12月8日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第16号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、議案第70号 北アルプス広域連合規約の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 北アルプス広域連合規約の変更について、地方自治法第291条の3第1項の規定により、平成22年4月1日から、北アルプス広域連合規約の一部を別紙のとおり変更するため、同法第291条の11の規定により議会の議決を求めるということでございます。
 この変更につきましては、広域連合の見直しに伴いまして、広域連合の業務を見直した結果、4つの項目につきまして広域連合の処理する事務、また広域計画の項目につきまして変更する内容でございます。
 1ページの別紙をお願いいたします。北アルプス広域連合規約の一部を改正する規約、北アルプス広域連合規約の一部を次のように改正する。
 内容でございますが、第4条の広域連合の処理する事務につきまして、調査研究に関する項目と具体的な施策を推進する項目の2つの項目があることから、第3号では調査研究に関する事務の、イ広域的観光振興に関することを削除するものでございます。
 第11号につきましては、市立大町総合病院併設施設感染症病床の維持管理及び起債償還に関する事務のうち、繰上償還を実施したことから、及び起債償還に関する部分を削除をしております。
 第2行目の第14号につきましては、もえぎ共同作業所が閉鎖となりましたので、精神障害者社会復帰訓練施設に対する財政援助に関する事務を削除をしております。
 第16号につきましては、広域連合が総合行政ネットワークから脱退したことに伴いまして、総合行政ネットワーク並びに電子自治体システムの設置を、情報処理システムの共同設置と改める内容でございます。
 これらの改正に伴いまして、号の番号が繰り上げを行っております。
 また、6行目からの第5条の広域計画の項目、以下の改正条文、また最後のページまで続きますけれども、別表、これは市町村負担金の負担割合を定めているものですけれども、このそれぞれの改正につきましては、第4条で御説明申し上げました改正と同じ内容で改正をするものでございますので、よろしくお願いをいたします。
 一番最後のページの一番下段になりますけれども、附則、この規約は平成22年4月1日から施行するという内容でございます。
 恐れ入りますが、一番最初にお戻りをいただきたいと思います。
 平成21年12月8日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第70号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて議案第71号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 今回の補正の主な内容につきましては、歳入では地方交付税、それから臨時財政対策債、国庫補助金等の各項目の歳入見込みに対する補正でございます。それから歳出につきましては、人事院勧告に伴う人件費の措置分、地域活性化・臨時対策臨時交付金事業の調整、社会福祉施設整備基金への積み立て、また執行済みに伴います補正等が主な内容でございます。
 5ページをお願いいたします。第2表、地方債補正でございます。変更でございますが、起債の目的、臨時財政対策債、補正前が1億9,000万円、補正後が2億2,430万円の増額でございます。なお、起債の方法、利率、償還の方法につきましては変更はございません。
 8ページをお願いいたします。歳入につきまして、総務関係御説明を申し上げます。一番上段、村税の村民税の個人でございますが、2の滞納繰越分296万4,000円の増額でございます。それから目の2、法人現年課税分1,899万8,000円の減額でございます。均等割額336万4,000円の減額、法人割額1,563万4,000円の減額でございます。
 この内容につきましては、景気等の影響でございまして、企業の業績が下がったというような状況から、予定納付額が減少したことが1つの要因でございます。また、均等割につきましては、特に9号法人がなくなったということが大きく影響をしております。
 続きまして、固定資産税の関係の滞納繰越分104万2,000円の増額でございます。
 一番下段になりますが、特例交付金84万8,000円の減額。これは決定額による内容でございます。
 9ページ、一番上段になりますが、特別交付金の関係2万7,000円の増額でございます。これも決定による内容でございます。
 その下、地方交付税1,198万9,000円の増額ですが、普通交付税の決定額の内容で補正で計上したものでございます。
 それから、9ページの一番下、国庫補助金の関係の目の3消防費国庫補助金、節で災害対策費960万7,000円の増額でございます。防災情報通信設備整備事業交付金、通称J−ALERT(アラート)整備に伴う国庫補助金の内示でございます。
 10ページをお願いいたします。中段になりますけれども、国庫補助金の委託金、総務費委託金、節の2選挙費委託金3,000円の増額でございます。最高裁判所裁判官国民審査委託金の決定額でございます。
 11ページをお願いいたします。中段になりますが、県補助金の委託金、目1総務費委託金の関係、統計調査費委託金5,000円の減額でございます。工業統計調査交付金の決定による減額でございます。
 その下、寄附金でございますが、目の2ふるさと応援寄附金21万9,000円の増額でございます。7件の寄附があったという内容でございます。
 それから、12ページお願いいたします。一番下ですが、村債の関係で、臨時財政対策債3,430万円の増額でございます。許可額の決定による内容でございます。
 それから、続きまして13ページからの歳出でございます。歳出につきまして、人件費につきましては、人事院勧告に伴う措置が主な内容でございます。また、経済危機対策・臨時交付金事業の充当、それぞれ担当課長からの説明につきましては省略をさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。
 それでは、総務課関係をお願いいたします。
 13ページ、項1総務管理費の目1一般管理費528万2,000円の減額でございます。19負担金補助及び交付金4万円の増額でございますが、県町村総合事務組合負担金の増額でございます。
 それから、目の6財産管理費41万6,000円の減額でございます。節11需用費15万7,000円の増額でございますが、庁舎の前にあります非常放送用アンプバッテリーの修繕でございます。
 次のページをお願いいたします。13委託料30万円の減額、また15工事請負費360万円の減額ですけれども、それぞれ太陽光発電設備工事の入札差金等によるものが、その内容となっております。それから18備品購入費325万8,000円の増額でございますが、公共施設テレビ23台と、公用車1台を購入する内容でございます。
 目の7企画費でございます。262万8,000円の減額でございます。節の1報酬6万円の増額でございますが、地域づくり推進委員会の報酬としまして、総合計画等の御審議をいただくための関係で委員報酬の増額でございます。
 その下、負担金補助及び交付金290万7,000円の減額でございます。地域づくり活動活性化支援補助金の不用額という内容でございますが、100万円以上の関係が3件、それから10万円以下の分が5件の申請がございました。25負担金21万9,000円、ふるさと応援基金の関係で寄附金の積み立てでございます。
 続きまして、15ページの中段になりますが、選挙費の関係で目の4最高裁判所裁判官国民審査費委託金の確定によりまして、消耗品を3,000円の増額をする内容でございます。
 下段の統計調査費の関係の目2委託統計調査費5,000円の減額です。これも工業統計調査の関係の委託金の確定によりまして、需用費で3,000円の減額、消耗品費、それから12の役務費2,000円、通信運搬費の減額となっております。
 25ページをお願いいたします。中段となりますけれども、消防費の関係、目4災害対策費1,364万5,000円の増額でございます。15工事請負費の関係でございますが、J−ALERT(アラート)整備にかかる工事費でございます。
 28ページをお願いいたします。公債費の関係の目の2利子でございます。184万5,000円の減額、節の23償還金利子及び割引料の関係でございますが、長期債利子の確定によるものでございます。
 それから29ページでございますが、給与費明細書の関係でございます。29ページは特別職の関係で、減額につきましては期末手当の支給率の改定によるものが主な内容でございます。
 30ページをお願いいたします。同じく、給与費明細書、一般職の関係でございます。同じく人勧に伴う措置分、それから共済に関係しましては、長期負担金の率の見直しがございまして増額という内容でございます。給与費明細書、一般職につきましては33ページまで続いておりますけれども、ごらんをいただければと思います。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、環境福祉課関係、まず歳入の方から御説明申し上げます。
 9ページをお願いします。13款の国庫支出金、2節で子育て応援特別手当交付金、減額の1,114万2,000円ですけれども、政権交代によります事業廃止に伴います事務費を含めたそっくり減額でございます。
 次ページをお願いします。6目の衛生費国庫補助金、1節の保健衛生費補助金109万9,000円ですけれども、新型インフルエンザの予防接種助成金臨時補助金、国分の2分の1の計上でございます。これにつきましては生活保護世帯等、それから住民税非課税世帯を予定をしております。
 続きまして、14款の県支出金、1節の社会福祉費補助金32万円ですけれども、居宅福祉事業ということで、タイムケア利用時間増に伴います県単分の2分の1で11万円。それから自殺対策緊急強化事業補助金、県単で10分の10補助ですけれども、21万円の計上でございます。
 次ページ、7目の衛生費県補助金、1節の保健衛生費補助金54万円9,000円ですが、新型インフルエンザの助成補助金、県分4分の1の計上です。
 それから、一番下の雑入ですけれども、12万3,000円のうち平成20年度分の北アルプス広域の障害程度区分認定審査会の還付金が3万4,000円分含まれております。
 続きまして、歳出、16ページお願いします。
 3款民生費1目の社会福祉総務費ですけれども、8節の報償費、先ほどの自殺防止対策としまして、無料法律相談の弁護士の謝礼18万円分。それから11節で需用費としまして法規追録分とコピー代分の4万3,000円の計上。それから19節の負担金補助及び交付金ですけれども、地域活動支援センター、大町のハーモニールームの利用者の増ということで19万円の増額。それから20節の扶助費ですけれども、先ほども申し上げましたけれども、タイムケア事業の利用者の時間が増ということで21万1,000円の計上です。25節の積立金5,301万1,000円ですけれども、社会福祉施設整備基金へ積むものでございまして、これによりまして基金残額が、基金の額が約2億8,550万となります。それから28節の繰出金ですけれども、特定健診の電算システムの保守料としまして、国保の特別会計の方へ繰り出すものです。
 続きまして、2目の老人福祉費、17ページになりますが、20節の扶助費、敬老祝金の額確定に伴います減額の6万円です。本年度につきましては、99歳が2人、88歳が35人、80歳が98人、合計135人の方に祝金を配布してございます。
 続きまして、4目の老人福祉施設費11節の需用費ですけれども、9万7,000円の計上ですが、修繕料としましてゆうあい館の誘導灯のバッテリー交換代でございます。
 それから、6目の老人医療費28節の繰出金ですが、649万1,000円の計上ですけれども、老保の特別会計へ、平成20年度分の額確定に伴います精算分の計上です。
 続きまして、2項児童福祉費1目の児童福祉総務費ですけれども、18節の備品購入で減額の33万4,000円の計上ですが、地上デジタルテレビ等で入札差金、額の確定に伴います減額です。
 続きまして、4目の子育て応援特別手当費ですけれども、11節の需用費、それから次ページになりますが、12節の役務費、13節の委託料、19節の負担金補助及び交付金、これは事業廃止に伴います、すべての減額でございます。
 続きまして、1目の授産施設総務費ですけれども、12節、18節、27節それぞれ減額となっておりますが、公用車購入に伴います額の確定に伴います減額です。
 それから、19ページの19節、減額の1万円ですけれども、県の社会就労センター協議会の額の確定に伴います減額です。
 それから、続きまして2目の授産施設運営費ですけれども、需用費としまして公用車のガソリン代2万9,000円の計上です。
 続きまして、4款の衛生費2目の予防費になりますが、19節で負担金補助及び交付金219万9,000円、新型インフルエンザの予防接種の補助金ということで計上をしてございます。
 4目の環境衛生費11節の需用費で、生活環境係の軽トラのガソリン代の計上でございます。5万2,000円です。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課、歳入関係10ページ下段をお願いいたします。款14目2農林水産業費県補助金、節1の農業委員会補助金7万7,000円の減額ですが、農業委員会交付金の額の確定見込みによるものでございます。節2の農業費補助金9万5,000円の減額ですが、中山間地域等直接支払事業交付金、米の数量調整円滑化推進事業交付金、ともに額の確定見込みに伴います減額でございます。節3の林業補助金323万円の増額ですが、間伐前の森林の状況調査などに対して交付されます森林整備地域活動支援交付金では、額の確定見込みによります140万3,000円の増額です。保全松林緊急保護整備事業につきましては、松くい虫が疑われる枯損木の伐倒薫蒸処理に対する補助金182万7,000円の計上でございます。
 11ページの下段をお願いいたします。款19目3雑入、節1雑入の中で12万3,000円の中で、農業者年金業務委託手数料の額の確定見込みによります8万9,000円の増額分が含まれております。節3寄って停まつかわ事業収入の関係ですが、寄って停の増収に伴いましてレストランの関係の特産品販売収入を95万円、売店の関係の地場産品販売収入を626万9,000円、それぞれ増額するものでございます。
 続きまして歳出関係、20ページをお願いいたします。目1農業委員会費、節9旅費10万円の減額ですが、委員旅費の額の確定見込みによる減額でございます。11需用費6万5,000円の増額ですが、農業者年金の加入促進に向けたPRに伴いますコピー代などの増額です。12役務費2万4,000円の増額につきましても、農業者年金の加入促進に向けました郵券代の増額でございます。
 続きまして、目3農業振興費、節19負担金補助及び交付金3万2,000円の減額ですが、歳入でも御説明いたしましたが、中山間地域等直接支払交付金の額の確定見込みに伴います減額でございます。
 目4地域営農支援事業費につきましては、歳入で御説明いたしました米の数量調整円滑化推進事業補助金の減額に伴います財源振替でございます。
 目5農村婦人の家管理費、節11需用費では、消耗品費としてリンゴジュースの王冠の購入1万7,000円と修繕料として和室畳の面がえ一式で15万4,000円の計上でございます。
 続いて21ページですが、節18備品購入費では、みそのフードミキサーが2基ともオイル漏れが発生するなど本体の老朽化が進み、部品を交換しても正常の使用は限界に近づいてまいりました。また、修理にも多大な時間がかかるため、新たに1台を購入し3台体制とし、1台が故障しても支障がない体制をとっていくための購入費用67万6,000円の計上でございます。
 目6土地改良費、節15工事請負費48万円の増額ですが、馬羅尾キャンプ場と隣接した芦間川の取水口に土砂が堆積しており、下流域の災害を未然に防ぐための土砂の搬出を行うものでございます。節19負担金補助及び交付金では、西部山麓水路改修工事前倒し分に伴いまして、土地改良法に基づきます長土連への負担金10万円の計上でございます。
 項2林業費目1林業振興費、節13委託料では、松くい虫関係で枯損木の伐倒薫蒸処理費用が不足したことに伴います36万5,000円の増額でございます。節19負担金補助及び交付金では、歳入でも御説明いたしましたが、森林整備地域活動支援交付金の交付内示に伴います163万9,000円の増額でございます。
 款6目1商工総務費では、22ページをお願いします。節19負担金補助及び交付金67万8,000円の増額ですが、不況対策利子補給金の交付対象者がふえたことによります増額計上でございます。節22補償補てん及び賠償金125万7,000円の増額につきましても、県、村それぞれの制度資金の借り入れがふえたことによります補償料補給金の増額計上ですので、よろしくお願いをいたします。
 目2観光費、節11需用費3万2,000円の増額ですが、来年に迫りました全国のJR6社と長野県内の観光関係者、市町村が一体となって展開する信州デスティネーションキャンペーンに向けましたPRバッチ300個の購入に伴うものでございます。
 目3交流施設総務費、節11需用費39万3,000円の増額ですが、内訳ではセピア安曇野の火災報知器のバッテリー交換、安曇野ちひろ公園の散水栓の水圧制御弁の取りかえ、同じく安曇野ちひろ公園浄化槽のブロアポンプの修繕、同じくちひろ公園内に設置しておりますベンチ2台分の修繕を予定しております。節25の積立金181万2,000円の増額につきましては、寄って停の売り上げ増に伴います基金積み立てでございます。
 目5寄って停まつかわ管理費、節1報酬2万8,000円の増額ですが、温泉施設等運営委員会の会議開催回数の増に伴います増額でございます。11需用費515万2,000円の増額ですが、内訳では売店部門の収入増に伴いまして仕入れ代438万9,000円、レジ袋の購入として76万3,000円、それぞれ増額するものでございます。ページが変わりますが、16原材料費では、飲食部門の収入増に伴いまして、原材料費を33万3,000円増額するものでございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係をお願いいたします。
 まず歳入の部で、9ページをお願いいたします。款12、4目の土木使用料でありますけれども、4月1日現在の入居者数、これ特定公共賃貸住宅でありますが、世帯用が16戸、単身用が8戸のうち、空きが世帯用1、単身用が2でありました。現在、空き率が世帯用につきましては6、単身用につきましては4ということで、かなり空き部屋があるということの見込みの中で△490万7,000円を減額するものでございます。
 続きまして、歳出、23ページをお願いいたします。2目の道路維持費であります。13委託料20万円の増でありますけれども、南神戸地区の村道改良事業に伴いまして、用地測量2筆分でございます。15節の工事請負費△150万円でございますけれども、4−46号線、これを地域活性化・緊急経済危機対策臨時交付金事業の方へ振りかえるといった形で△150万円となります。18節の備品購入費につきましては、除雪車の更新といたしまして685万円。
 それから、3目の道路新設改良費でありますけれども、13の委託料につきましては、事業見込みによります減額15万5,000円であります。15節の工事請負費につきましては、主な減額につきましては村道7−112号線、並びに3−13号線でありますけれども、この内容につきましては、先般の全協の折に総務課長説明いたしました地域活性化・緊急経済危機対策臨時交付金事業の中で、4−46号線ほか2路線を組み入れた内容で△となっております。先ほど申しましたように、主な減額につきましては2路線での内容でございます。それから17節の公有財産購入費でありますけれども、△1,238万8,000円でございます。村道1−1号線の事業年度見直しによりまして、減額という内容になっております。
 次ページ、24ページをお願いいたします。4項住宅費1目の住宅管理費、28の繰出金でございますけれども、地域特別賃貸住宅特別会計の方へ繰り出しとなっております。
 以上であります。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続いて、総務学校課関係をお願いいたします。
 10ページをお願いいたします。歳入ですけれども、一番上の欄で、13款の4目の教育費国庫補助金で225万円の追加をお願いいたします。これは学校情報通信技術環境整備事業補助金の追加決定によるものでございます。
 それから、歳出をお願いいたします。25ページです。1番下の欄ですけれども、9款教育費の1目の教育委員会費でございますが、33万1,000円の追加をお願いいたします。これは私立高校の保護者補助金と、私立幼稚園の就園奨励費の補助金、それぞれ申請人数の増加によるものでございます。
 それから、26ページをお願いいたします。1目の学校管理費、小学校費の学校管理費でございますけれども、15節の工事請負費で276万7,000円の減額をお願いいたします。これは、扇風機設置工事、あるいは体育館のバスケットゴール等の入札差金でございます。それから18節の備品購入費につきましては、小学校の放送機器がもう20数年過ぎまして老朽化が進んでおります。最近うまく放送が入らないということの中で、新規にこの放送機器の更新をお願いするものでございます。
 それからその下、2目の教育振興費でございますけれども、7節の賃金で4万円の追加をお願いいたします。これは英語活動等日本語教室の講師の賃金の不足分でございますので、この追加をお願いいたします。
 それからその下、中学校費の1目の学校管理費でございますけれども、15節の工事請負費につきましては扇風機設置工事の入札差金でございます。それからその下、18節の備品購入につきましても、ストーブ、いす等の入札差金の減額でございます。
 それから、27ページをお願いいたします。5目の文化財保護費で27万3,000円の減でございますけれども、これは桜沢の遺跡公園の遊具を設置いたしましたけれども、この入札差金でございます。
 それからその下、6目の収蔵施設管理費でありますけれども、賃金で40万円の減額をお願いいたします。これは民俗資料関係の整理ということで、臨時職員をお願いしたんですけれども、予定より仕事が進んだということで減額をお願いいたします。それから18節の備品購入につきましても、これは消火器の入札差金でございます。
 それから、8目の社会教育振興費で60万円の減額でございますけれども、これは子供教室が利用人数が当初よりも少なくて、それに伴ってスタッフの人数を減らしたことによる減額でございます。
 総務学校課関係は以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 歳出27ページをお願いいたします。教育費の3目図書館費でございます。賃金11万円の増でございますが、臨時職員の超勤分の見込みでございます。
 それから、1番下でございますが、教育費2目の体育施設費でございます。1,010万5,000円の減でございます。工事請負費につきましては、南部会館の改修工事の入札差金でございます。それから、18節の備品購入費10万5,000円につきましては、AEDの購入の入札差金でございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行いますが、質疑の際にはページ、それから目・節をはっきり言って質疑をお願いいたします。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 細かいことをお聞きするようになるかと思いますが、まず、ページからいくと10ページの中で、歳入にあります自殺の対策強化事業補助金、これは支出の方にもあるわけですけれども、10分の10ということで、弁護士さんというふうに聞きましたが、ほかに何かその新しい対策というものを、強化するものを、どんなふうにされているのかなということをお聞かせいただければと思います。
 それから、すみませんね。これが18ページですね、それで早かったものでバタバタしていてすみません。20ページの関係の5・1・1の農業委員会の関係の農業者年金というものの項目でふえたりしているところもあったりするんですけれども、この年金については、村が農業者年金は委託を受けながらやっているということなので、国庫の方や国の方からそういうものを来ながらやっているのか、その辺のところをお聞きしたいと思います。
 それから、21ページ5・2・1のところの森林整備の関係になりますけれども、松くい虫とか、それから負担金の関係もあるんですが、どんなふうな状況になっているかというところを聞かせてください。
 それから、25ページですけれども、25ページの8・1・4災害対策費の中で、そのJ−ALERT(アラート)というものについて、今後どんなふうな進め方をされていくのか、どういう状況なのか、具体的なお話をお聞きできればと思います。
 それから、その下の9・1・1教育委員会費の中の補助金ですが、市立高等学校の保護者補助金と、それから私立幼稚園の方がふえたとお聞きしましたが、これはどのくらい、人数を教えていただければと思います。昨年とどうだかというようなことも教えていただければと思います。
 それから、27ページの9・4・6の収蔵施設の関係の管理費ですけれども、今、賃金が40万減となっております。旧第2倉庫の方に納めてあるその民俗資料の整理とお聞きしたんですけれども、どんな状況なのか、もうこれで整理は終了したのか、その辺のところの状況もお聞きしたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 自殺対策についてお答え申し上げます。弁護士費用とありますけれども、16ページ、報償費で無料法律相談の弁護士の費用ということで計上してございますけれども、相談内容にもよるわけですけれども、借金返済で悩んでいて自殺につながってしまうというケースが非常に多いということで、県の臨時の事業としまして要請がございまして、検討した結果、この無料法律相談で今までの内容も非常に借金の清算をどうすればいいかという部分が多いということで計画をいたしました。
 それに伴いまして、健康相談も実施するということで、保健師が体の体調や何かはチェックをしていただけるということで、その部分の予算は計上してございませんけれども、それに付随しましてコピー代とか需用費で計上しまして、予算計上をしてあるということでございます。
 新年度につきましても、また計画をしていきたいというふうに考えております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは、農業者年金の関係をお答えを申し上げます。歳入の中でも御説明いたしましたが、雑入の中で農業者年金業務委託手数料、今回増額ということでお願いしたわけなんですが、こちらの方、交付金を受ける中で加入促進に努めているという状況でございます。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 申しわけございません。まず松くい虫関連から御説明をいたします。予算の関係につきましては、現在268万8,000円ございました。現在260万2,500円執行しております。81本伐倒薫蒸処理をしておりますが、今後の予定といたしまして、議員御存じのとおり高瀬川沿いですとか、現在15本ほどの予定がございます。そちらの方を伐倒して薫蒸処理していくという内容でございます。堤防道路沿いでございます。
 続きまして、森林整備地域活動支援交付金についてでございますが、現在、北和田・滝ノ沢・南馬羅尾・川西の4団地を、森林組合などの事業体が現在実施しております。団地面積は67.64ヘクタールでございますが、こちらの方、団地化に向けての取りまとめですとか、境界の明確化等に対して、例えば境界の明確化でしたら1ヘクタール2万円ですとか、そういった関係で交付される、それに対しての支出でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) J−ALERT(アラート)の関係ですけれども、どのような状況かということですけれども、現在、国の方では21年度補正予算に伴いまして、全国全市町村にJ−ALERT(アラート)を整備をするということで、村の方につきましても、この交付金の内示があったという状況です。
 今後どのようにということですけれども、設計、それから入札という状況になっていくということで、一応、今年度中には整備ができるというふうには思っております。
 それからあと、整備後の関係でございますけれども、J−ALERT(アラート)の内容につきましては周知等をしていきたいというふうに思っております。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) それでは、25ページの私立高校と私立幼稚園の補助金の関係について御説明いたします。私立高校につきましては、今年度44人の対象見込みでございます。総額で66万円を見込んでおります。それから幼稚園の方につきましては11人で、97万円余りを支出する予定でございます。これにつきましては、それぞれ実施要綱がございまして、それに沿っての支出ということで、よろしくお願いいたします。
 なお、昨年に比べてというのは、ちょっと手元に昨年度の決算書がありませんので、また改めてお話をしたいと思います。
 それから、収蔵庫の関係でございますけれども、民俗整理につきましては、すべてのものを全部チェックをし直しまして、壊れているものと、それから展示できるものと仕分けをいたしました。それで、あとはですね、今度新しいところへ運ぶときに、再度その中身について精査をかけながら運んでいきたいと、こんなふうに思っております。3つの部屋がありますけれども、その部屋すべて一通り全部チェックをいたしました。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 自殺の対策の緊急強化の関係ですけれども、今テレビ等でもそんな話についていろいろ言っていたりするわけですけれども、こういう名前ではなくても、できれば村の方にそういう窓口があるというようなふうにPRをしていっていただきたいなあというふうに思いますので、それも合わせてやっていってもらえればと思います。
 以上でいいです。ありがとうございました。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。井上議員。
◆11番(井上直昭君) 23ページの道路維持費の関係ですが、備品で除雪機を買うということになっています。それで村内回ってみますと、道路、その下水道のマンホールの段差がちょっとあるように見受けます。そういう中で、そういう修理等の関係は、これから雪のシーズンになる中で考えているかどうか、ちょっとお聞きしたいです。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) マンホールポンプ等につきましては、除雪前に点検をいたしまして、出ているところについては舗装等で修繕をして毎年行っております。
 除雪機につきましては、トラックと今現在パジェロがあるわけなんですけれども、これにつきましては、排土板の下にそりがついておりますので、基本的には当たらないと、ただドーザーにつきましては、どうしても操作上そりついておりますけれども、歯のつめの丈とかいう関係がありまして、当たるという危険性があるんですけれども、これについては今の時期、雪降る前に確認をして修繕をしているといった内容であります。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) 27ページ、教育費、南部会館の工事請負費、こればかりじゃなくて、そのほかの工事請負費すべてがこの△になって予算が落とされているわけですけれど、入札の際にその落札制限価格みたいなものを決めてやっているのか、あるいはこの設計委託をした業者が、すべてその工事の監理監督をすることになっていて、役場の職員は一切そこへタッチしていないのかどうか。
 例えば、設計をするというか、予算をつくるときに、ちょっと過大に予算を、役場の職員が計算をして予算化するのか、実際正規に専門家に設計させたら安くなっちゃって、差金みたいなものが出るのか、その辺のところをちょっと教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) まず1点目の制限価格については設けておりません。村の方としましては、価格の調査制度、事務処理要領というものを制定いたしまして、その価格以下につきましては、再度業者、落札候補者から見積書をすべて出していただいて、それを点検し、施行が可能であれば契約という段階でやっております。
 それから設計業者は、通常設計業者は委託を出した場合につきましては、監理もお願いしている部分がございます。ただ、監理ということですけれども、すべて施設整備係がその監理者と一緒になって施設の整備を行っているという状況でございます。
 あと南部会館につきましては、設計業者の方に発注をしております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありますか。平林寛也議員。
◆5番(平林寛也君) 22ページ、商工総務費の方で節の19と22でお願いをしたいんですが、不況の対策で利子補給等やっておられるわけなんですけれども、現状をちょっと報告いただければと思うんですが、お願いします。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 資金の関係、不況対策利子補給金の関係、お答えしたいというように思います。
 現在、資金に関しましては、上半期の関係、前年との比較でございますが、県制度資金に関しましてはほぼ同じ件数でございますが、村制度資金に関しましては、これについて条件をクリアすれば村独自の施策であります、今申し上げました不況対策利子補給の対象になります。
 それと、この4月からは融資限度額を運転・設備とも500万円から1,000万円に引き上げ、また融資期間につきましても5年以内から7年以内に延長し、さらに据え置き期間も以前の半年以内から1年以内に延長するなど、利用者に対して利便を図ってきたところでございます。借りやすくしてきたということでございます。
 おかげさまで借り入れが、村制度資金でございますが、昨年同時期1件であったものに対しまして、今年度は19件にふえております。したがいまして、不況対策利子補給の関係も、これと連動いたしましてふえて、今回補正をお願いしたという経過でございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 27ページの、先ほど御説明いただきましたが賃金、8の社会教育振興費の賃金の60万の減ですけれども、これは利用者が予定より少なかったという。60万というのは、結構賃金としては大きな額だと思うんですけれども、最初予定していたのと、それからなぜこれだけしか応募がないのかという、その辺の原因についてちょっと御説明をいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) この放課後子ども教室につきましては初めての事業でありまして、それで、当初からこの10月以降、毎週水曜日のみということまでは想定をしておりませんでした。それと、もう1つは実際の利用の子供たちが、当初40人くらいいたんですけれども、大体そのうちに毎日やっているときがその半分くらい、20人くらいでした。
 スタッフの数も、あるい程度40人くらいは利用してくれるんではないかということと、それから夏休みの利用も、大勢子供たちが来るのではないかということで、スタッフもそれだけのやっぱり人数をそろえなければいけないということで予算を計上したんですけれども、今までの9月いっぱいまでの利用状況、それから10月以降は毎週水曜日のみということの中で、それから時間も非常に4時半という短い中で、そこまではもこの60万円という額は更正してもいいんではないかということで、今回出したわけでございます。
 これにつきましては、またスタッフ会議、あるいは運営委員会等で検討しながら、来年度に向けて研究していきたいと、こんなふうに思っております。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) ぜひその辺、40人応募があったのが20人に減ったというのは、何らかのやっぱり原因はあると思うんです。初年度だからわからなかったという点もあると思いますけれども、ぜひせっかくのいい事業ですので、来年度に向けてきちんと反省をしながら、より多くの人に利用していただけるようにお願いしたいと思います。
 それと、先ほどのJ−ALERT(アラート)の件ですけれども、今までも国の施策だったからということで、住基ネット等いろいろな大金をつぎ込んできているわけですけれども、今回も国から来るのに対して、一般財源も400万近くやらなきゃいけないということで、これについてもまだまだ不透明な点がたくさんあると思うんです。これもぜひ慎重に、本当に国がやる事業で、それは予算をいただくからということではなく、村民にきちんと通達ができて、安全対策が守れるという視点を忘れないように、これは3月、年度末までにきちんと整備しなきゃいけない事業なのか、その辺もお願いしたいと思いますけれども、きちんと精査をした取り組みをしていただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) まず、整備につきましては全国市町村が全部入れるということで、国の方針に従ったという内容でございます。それから当初、もう少し国庫補助金が来るんではないかという予想もしていましたが、いろいろなそれぞれ自治体によっては機器の対応する部分が違うというような状況があって、大分部分的な、ある市町村について事業費が伸してきたということで、配分額について減額になってきたという部分です。入札してみないと、どのくらいになるかわかりませんけれども、一応概算設計ではこのくらいになるのではないかということで、国の方には要望してございます。
 それから議員おっしゃるように、これからの運用について、初めて聞く名前という部分ありますし、それから運用についても、松川村にとっては初めての運用というような形になると思いますので、それにつきましては、先ほども回答させていただきましたけれども、PR等について努めてまいりたいと思っております。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 年度内に実施しなきゃいけないのか。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 一応年度内を竣工の予定ということで、国の方も来ていますが、何らかの事情、それから機器が全国一斉にいろいろな機器がある部分あろうかと思いますけれども、今のところ3月末までには入れたいということで、入札してみないと、いろいろな機器の調達わかりませんけれども、現状はそういう条件で入札をしたいと思っております。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) それについて、やはりアナログからデジタルということも、先日お話しありましたけれども、その辺の村の対応との連携の考える中で、年度末でしなきゃいけないのかどうなのか、その辺との整合性を考えながら取り組んではいただけないでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) デジタル化につきましては、移動系につきましては、もう期限が決まっているという部分で免許の関係がございます。それから同報系につきましては、いくらか延長はできる可能性もございますけれども、各家庭に配ってある部分が非常に故障が多くなってきているというのが、今実態であります。それから操作卓等、村の方の無線室の方に配備してあるのも、大分老朽化とまではいきませんけれども、修理をしてきているような部分がございます。そういうことで、同報系につきましても、あわせて実施計画の中で見ていきたいということになっています。
 それから、それぞれアナログからデジタルへ移行していくわけですけれども、この機器につきましてはデジタルへも対応できるということになっております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 今の件、ぜひ国からのこういう事業があるということですけれども、慎重に取り組んでいただきたいという要望です。お願いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) すみません。慎重にという意味が、私ちょっと理解ができないんですけれども、例えば隣の池田町さんで、来年地震が来たということでJ−ALERT(アラート)の関係で一斉放送がしたと。松川村についてはなかったというような状況は、当然村としては避けたいというふうに思っています。
 ただ、その地震発生して、一番短い部分で10秒ぐらいの部分があるようですけれども、村の方がそれで起動していくかという部分については、ちょっと不安な面もございます。ですので、国の方の交付金を使って対応したいということで、導入といいますか、機器の入札、それから整備に当たっては慎重を期してやっていきたいというふうに思っております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第71号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで、11時45分まで休憩いたします。
                               午前11時27分 休憩
                               午前11時45分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 続いて、議案第72号 平成21年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、特定健診のシステム改修によるものが主なものでございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、繰入金で一般会計繰入金としまして、5節で特定健診等事業繰入金31万5,000円でございます。
 続きまして、基金繰り入れですけれども、支払準備基金繰り入れとしまして20万8,000円でございます。
 次ページをお願いします。歳出の関係ですけれども、8款の保健事業費1目の特定健診等事業費31万5,000円の内容ですが、13節でシステムの保守としましてマルチマーカーという分析ソフトを入れてあるわけですけれども、データ分析のバージョンアップ代としましての計上でございます。
 続きまして、11款の諸支出金1目の一般被保険者保険税還付金としまして20万円の計上ですけれども、一般の保険者の還付金がふえたということで計上でございます。
 続きまして、6目の高額医療費特別支給金8,000円でございますけれども、平成20年4月から始まりました後期高齢者医療制度、12月の間に75歳になった方、移行された世帯で、特例対象日の属する月に改正されました自己負担額を超える部分をその世帯に返すということで、8,000円の計上でございます。これにつきましては、21年の1月1日からは制度が改正されておりまして、自動的に負担額を超える部分については返せるようになっておりますので、その部分の計上でございます。
 これによりまして、基金の保有額は一般と高額合わせて約9,100万円の予算ですけれども、基金の取り崩し、まだしておりませんけれども、会計上では約5,800万になる予定でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第72号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第73号 平成21年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、平成20年度分の国庫負担金の精算によるものが主なものでございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、1款の支払基金交付金1目の医療費交付金、減額の2,000円ですけれども、歳出の関係の調整でございます。
 続きまして、4款の繰入金1目の一般会計繰入金649万円ですが、これにつきましては、先ほど申し上げましたが、国庫の平成20年度分の精算によるものでございます。
 続きまして、6款の諸収入2目の雑入ですけれども、3,000円の計上ですが、支払基金事務費交付金の精算分でございます。
 次ページをお願いします。歳出ですけれども、1款の医療諸費1目の医療費給付費、これは財源振替でございます。
 続きまして、2款の諸支出金1目の償還金649万1,000円ですけれども、国庫負担金の償還金としましての計上でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第73号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第74号 平成21年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、永代貸し付けによるものが主なものでございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、1款の使用料及び手数料1目の公園墓地使用料61万8,000円ですけれども、永代貸し付け分2件分の計上でございます。
 次ページをお願いします。歳出ですが、1款の総務費1目の一般管理費61万8,000円ですが、25節積立金、基金の方へ61万8,000円積み立てるものでございます。
 これによりまして、基金残が約1,450万円となります。なお、723聖域完売となったということで、今は空きがない状況でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第74号を採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第75号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 今回の補正につきましては、住宅使用料の減額に伴いますものと、一般会計からの繰入金が主な内容となります。
 3ページをお願いいたします。1目の土木使用料△122万円でございます。これにつきましては、今までの稼働率といいますか、入居率が50%、これが6月まででございます。家賃につきましては5万5,000円ということで、7月の適用から今4万円になっております。現在、満室でございますけれども、7月からの減額分と6月までの入居分の減額補正を今回させていただく内容となっております。△122万円でございます。
 繰入金につきましては、一般会計の繰入金として受けている内容でございます。
 以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第75号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第76号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 今回の補正の主な内容につきましては、現在、下水処理施設エアレーション3系列あるわけでございますが、現在、主ポンプが2本入っております。その稼働率が86%ということで、大町市の管渠の工事が来年終了ということで、現在の主ポンプでは対応できないということで、前倒しして主ポンプを増設する内容でございます。
 それに伴います大町市からの受託収入、それから国庫補助、それから基金の繰入金というものが主な内容でございます。
 5ページをお願いいたします。4款繰入金1目の下水道整備基金繰入金でございますが、264万4,000円をお願いするものでございます。
 6款の諸収入1目受託事業収入でございますが、大町からの受託事業収入分141万9,000円でございます。
 7款の国庫支出金1目の下水道事業国庫補助金でございますが、先ほど申しました主ポンプの設計委託に伴います補助金95万円でございます。
 続きまして6ページ、歳出をお願いいたします。19節の負担金でございますが、県町村総合事務組合4月から9月までの、すみません、事業確定見込みに伴います減額でございます。公課費につきましては4月から9月までの中間払いの確定に伴います消費税の増額でございます。
 2目の下水道整備管理費でございますが、11節の需用費、修繕料で52万5,000円でございますが、汚泥返送ポンプの制御板の修理で、老朽化に伴います修繕でございます。
 続きまして7ページ、1款の下水道費1目の下水道建設費でございます。役務費につきましては通信運搬費で2万円、13節の委託料につきましては第3主ポンプの設備増設業務の設計委託でございます。
 2款の公債費でございますが、財源振替でございます。
 以下、人件費につきましては、8ページ以降給与費明細書が添付してございますのでごらんいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第76号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第77号 平成21年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 今回の補正につきましては、人件費の補正でございます。
 2ページをお願いいたします。1の収益的収入及び支出の3目総係費、節、給料・手当・法定福利費・退職給与金、記載のとおりでございますので、よろしくお願いします。なお、内容につきましては3ページからの明細がついておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第77号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで、1時15分まで休憩をいたします。
                               午後 0時04分 休憩
                               午後 1時15分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をします。
△日程第6 人権擁護委員候補者の推薦について
○議長(甲斐澤明君) 日程第6 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。
 人権擁護委員候補者の推薦について、村長より今水房子氏を推薦したいとして意見を求められました。
 お諮りします。
 今水房子氏を議会として適任と認めることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、この件については、議会として今水房子氏を適任と認めることに決定をいたしました。
△日程第7 請願・陳情の委員会付託について
○議長(甲斐澤明君) 日程第7 請願・陳情の委員会付託についてを行います。
 お手元に配付の陳情についてを議題とします。
 ただいまから陳情を各委員会に付託します。
 件名 松川小学校体育館バスケットボール施設の改良に関する陳情書
 陳情者 松川村5721−1648、松川村体育協会所属バスケットボール連盟 代表者 久木田勝
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 非核三原則の法制化を求める議会決議・意見書採択のお願い
 陳情者 松本市桐2丁目1番15号、長野県原爆被害者の会 会長 前座良明
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 核兵器の廃絶と恒久平和を求める陳情
 陳情者 長野市県町532−3、日本労働組合総連合会長野県連合会 会長 近藤光
     大町市大町4111、連合長野大北地域協議会 議長 久保田日出雄
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 後期高齢者医療制度の即時廃止と生活実態に見合う年金支給を求める陳情書
 陳情者 松川村5724−335、全日本年金者組合 大北支部執行委員長 井川恵右
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 「所得税法第56条の廃止を求める意見書」採択を求める陳情書
 陳情者 長野市西後町625−6、長野県商工団体連合会婦人部協議会 会長 小野百合子
     大町市美麻13992、北アルプス民商婦人部 部長 種山千恵子
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 後期高齢者医療制度の廃止を求める陳情
 陳情者 長野市鶴賀629−1長野東口ビル8階、長野県社会保障推進協議会 代表委員 熊谷嘉隆 ほか5名
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 市町村国保の改善を求める陳情
 陳情者 長野市鶴賀629−1長野東口ビル8階、長野県社会保障推進協議会 代表委員 熊谷嘉隆 ほか5名
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 EPA・FTA推進路線の見直しを求め、日米FTAの推進に反対する陳情
 陳情者 安曇野市豊科高家3313、農民運動長野県連合会中信農民センター 組合長 倉橋芳和
 この件を総務産業建設常任委員会に。
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、以上の件は各常任委員会に審査を付託します。
 これで本日の日程は全部終了いたしました。
 これにて散会をいたします。
 大変御苦労さまでした。
                               午後 1時20分 散会