議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成21年第 2回定例会−06月19日-04号




平成21年第 2回定例会

           平成21年松川村議会第2回定例会会議録
                                     〔第4号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成21年6月19日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成21年 6月19日 午前10時00分│議 長│甲斐澤   明│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │閉 会│平成21年 6月19日 午前11時15分│議 長│甲斐澤   明│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│ 出欠 │議席?│氏     名│ 出欠 │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │甲斐澤   明│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │平 林 源 起│ ○ │ 8 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │榛 葉 良 子│ ○ │ 9 │矢 口 弦八郎│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │渡 邉 尚 省│ ○ │ 10 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │平 林 寛 也│ ○ │ 11 │井 上 直 昭│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │佐 藤 節 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  12番  │佐 藤 節 子│   2番   │平 林 源 起│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │丸 山 正 芳│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│白 澤   繁│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│環境福祉課統括│白 沢 庄 市│
│          │       │       │課長補佐   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│教育長    │綱 島 幸 男│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│総務課長   │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │会計管理者兼会│鈴 木   智│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│   全員出席   ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │環境福祉課長 │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │茅 野 英太郎│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │公民館長   │後 藤 拓 男│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘


               本日の会議に付した事件

日程第1 追加議案の上程
 議案第39号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第2号)
 議案第40号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)
 議案第41号 教育委員会委員の任命について
日程第2 請願書の取り下げについて
日程第3 委員長報告
 報告第 6号 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める請願書
 報告第 7号 30人学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書提出に関する請願書
 報告第 8号 長野県独自の30人規模学級の中学校全学年への早期拡大と複式学級の解消、県独自に教職員配置増を求める意見書提出に関する請願書
 報告第 9号 日米地位協定に関わる「裁判権放棄の日米密約」の公表と廃棄を求める請願について
 報告第10号 「定額助成事業の拡充及び山村における雇用・定住対策に関する要望」について
 報告第11号 「物価に見合う年金引き上げについて」の陳情書
 報告第12号 ヒブワクチンの早期定期予防接種化等を求める陳情書
 報告第13号 肺炎球菌ワクチンへの公費助成等に関する陳情書
日程第4 人権擁護委員候補者の推薦について
日程第5 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査について
日程第6 議員派遣の件について
日程第7 村長あいさつ

                               午前10時00分 開議
○議長(甲斐澤明君) おはようございます。ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 直ちに議事に入ります。
△日程第1 追加議案の上程
○議長(甲斐澤明君) 日程第1 追加議案の上程を行います。
 議案第39号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 今回、定例会2回目の補正予算を提出をさせていただきましたけれども、これは国の平成21年度地域活性化経済危機対策によります臨時交付金1億3,758万9,000円にかかわるものであります。県との調整が6月17日の午後つきましたので、今回の提出をさせていただきました。
 そして、一部ですけれども、2日前の一般質問の中で、前の松香荘の跡地にありますごみの問題が出されました。現地を確認したところ、大変な騒ぎということの中で、今回、早急に片づけをしたいということの中で、この補正の中に片づけ賃を入れさせていただいてあります。
 そんなことで、それぞれの項目を担当課長が説明をいたしますので、御理解の上、議決をいただきますように、お願いをしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、総務課関係を御説明申し上げます。
 5ページをお願いいたします。歳入でございます。地方交付税2,373万6,000円の追加をお願いする内容でございます。
 その下、一段の総務費国庫補助金の地域活性化・経済危機対策臨時交付金1億3,618万9,000円でございます。村長より申し上げました1億3,758万9,000円の予定額でございますけれども、140万円につきましては特別賃貸住宅特別会計の方で充当をしてございますのでお願いいたします。
 次のページ、6ページをお願いいたします。歳出でございます。財産管理費3,377万2,000円の増額をお願いする内容でございます。13の委託料50万円でございますが、経済危機対策事業の関係で、太陽光発電設置工事の設計監理をお願いする内容でございます。15工事請負費2,710万2,000円でございます。まず260万2,000円につきましては、北細野駅の駐車場の舗装、それから信濃松川駅の駐輪場に自転車整理器具を置くという内容でございます。それから2,750万円でございますが、太陽光発電設置工事の関係でございまして、庁舎事務室棟の屋根に25キロワットくらいの太陽光発電を設置する工事費でございます。13備品購入費でございまして617万円、公用車3台ということで、低公害車の導入をする内容でございます。
 8ページをお願いいたします。消防費の関係の災害対策費1,575万円の増額でございます。19負担金、補助及び交付金としまして、補助金で住宅用火災警報器設置補助金といたしまして、火災警報器を設置されました各家庭へ補助をするということで、5,000円の上限とさせていただく内容でございます。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは環境福祉課関係、御説明申し上げます。
 6ページをお願いします。3款民生費1目の児童福祉総務費264万円の計上でございますが、18節の備品購入費としまして、南北保育園の2011年のアナログ放送終了に伴います、デジタルテレビの購入費でございます。内訳としましては、南保育園改築予定がありますが、移動ができるということで見据えて台数に加えてありますが、南北保育園の遊戯室50型のプラズマテレビ2台、それからブルーレイのディスクプレイヤーを2台、北保育園が26型の液晶テレビが10台、それから南保育園32型の液晶テレビが8台ということで、それぞれ計上させていただきました。北保育園はテレビの置くスペースをはかりまして、26型ということで計上させていただきましたので、よろしくお願いします。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは、引き続き経済課の関係をお願いいたします。
 6ページ、引き続きお願いします。目1の林業振興費450万円の増額でございますが、節13委託料、節15工事請負費として、林道内山線水路側溝敷設と、それに付随して不陸の整正、また林道北和田線の落石防止工事に伴います設計委託、それと工事費それぞれの計上でございます。工事費の内訳でございますが、内山線の関係が186万円、北和田線が232万6,000円でございます。
 引き続き、7ページをお願いいたします。目1の商工総務費1,627万5,000円の増額ですが、好評でありますプレミアム商品券の第2弾の発行を実施するものでございます。前回と同じく、1万円に対しまして村で3,000円を上乗せするプレミアム商品券5,000枚を発行する経費に対する補助金でございます。発行時期などの詳細につきましては、業務をお願いいたします商工会の皆さんと今後協議をしてまいります。
 目3の交流施設総務費84万4,000円の増額ですが、先ほど村長申し上げましたが、旧松香荘跡地東側におきまして、公共施設などの剪定木などが積まれておりましたが、駐車場にもなっておりまして、管理上好ましくないということで、これを処理していく経費でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係の御説明を申し上げます。
 7ページをお願いいたします。項1の土木管理費1目の土木総務費、委託料110万円でございますけれども、橋梁の長寿命化修繕計画ということで、国の通達によりまして、この策定業務のないものにつきましては、橋梁の修繕架けかえの補助につきましては平成23年で打ち切られるということから、本年度橋梁8本を発注してございます。この中で50メートル以上の橋梁がまだ3本ございまして、それを今回策定業務を発注して、次世代に、以後の修繕計画に基づきまして行うということでお願いしたいと思います。
 それから、2項の土木橋梁費の3目道路新設改良費でございますが、2,100万円でございます。これにつきましては、緊急経済対策で既に発注しております7−112号線、県道有明大町線から第一配水池に通ずる村道でございます。この残存の部分につきまして、今回、委託料、工事費、公有財産ということで計上させていただく内容でございます。
 次ページ、8ページをお願いいたします。4項の住宅費の1目の住宅管理費、繰出金でございます。これにつきましては、現在、特定賃貸公共住宅の世帯用といたしまして、1台の駐車場が設置されておりますけれども、昨今の世帯状況から申しますと、駐車場が1台では不足という中で、今回、その駐車場整備を行うことに対しまして繰り出す内容でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続いて、総務学校課関係お願いします。
 歳入でございます。5ページをお願いいたします。13款国庫支出金でございますけれども、4目の教育費国庫補助金として1,271万4,000円の追加をお願いするものでございます。この内容につきましては、そこに記載のように、学校情報通信技術環境整備事業補助金ということで1,156万4,000円、それから、安全・安心な学校づくり交付金といたしまして、これはデジタル対応のアンテナのみの補助事業でございますけれども、受け入れ科目が違うということの中で交付金事業になります。あわせまして1,200万円余りの追加をお願いするものでございます。
 歳出の方で、8ページをお願いいたします。1番下の欄ですけれども、9款でございます。小学校費で今回2,641万8,000円の追加をお願いいたします。15の工事請負費でありますけれども、夏場の高温対策ということで、小学校の各教室へ扇風機と、それから保健室につきましてはエアコンを設置していきたいという内容でございます。それとあわせて、デジタル放送用のアンテナ工事を、この15節で追加をお願いいたします。これに伴います委託料につきましては、設計の委託ということでございます。それから18節の備品購入につきましては、教職員用のパソコン23台と、それから各教室へテレビ37台を購入していきたいというものでございます。
 続いて、その下、9ページをお願いいたします。中学校費でございますけれども、15の工事請負費では各教室へ扇風機50台、それから保健室へエアコンの設置、それからアンテナ工事の請負代金でございます。これに伴います設計につきましては、13の委託料で計上してございます。それから18節の備品購入費につきましては、教職員用のパソコン13台と、それから各教室へ50型のテレビを29台入れるという内容のものでございます。
 それから、その下、教育振興費で330万円の追加をお願いするわけですけれども、これは景気の悪化などで保護者が負担する教育費が家計を圧迫していると、このような状況の中から、子育て応援手当交付金といたしまして、中学生1人について1万円を支給していきたいというものでございます。
 総務学校課関係、以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 同じく、9ページでございます。工事請負費につきましては、老朽化施設改修事業といたしまして、南部会館の改修工事を実施するものでございます。耐震調査を実施いたしまして、一定の補強工事を実施すれば大丈夫ということの中で、あわせて工事をする関係でございます。耐震につきましては、アリーナの部分の天井のブレスの補強、それから東側の木造部については筋交い等の補強になります。それから、あわせて補修につきましては、屋根の補修、塗装、それから、とよ等の回収、それから外壁の吹きつけ、それにあわせましてアリーナの部分の3段掛けで塗装をして、整備をしていきたいと。それぞれ耐震に伴います改修も含まれておりますので、よろしくお願いいたします。
 続きまして、備品購入でございますが、医療機器整備事業といたしまして、各社会体育施設にAEDを設置をしていきたいということの中で、5台を予定をして設置をしてきたいと思います。一応予定では、南部会館、野球場、それから小中学校の各体育館の方に1台ずつ、そして貸し付け用に1台ということで5台でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありません。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) ちょっと説明をいただきたい部分ですけれども、一般質問の中で剪定木の処理ということでありましたけれども、あそこに剪定木の積み上げてあるのは不法投棄なのですか。それとも何か理由があったのですか。行政としてはどんなかかわりで、あそこに置いたのかなということを思って。これだけの84万円もの金額をかけて、その処理をしなきゃいけないのに、どういう経過だったのかなということをお聞かせいただきたいと思います、それが7ページ。
 それから、8ページの中では、消防費の中で上限5,000円ということで、火災警報器の設置補助金ですけれども、これ大事なことだと思いますし、このことについて要綱とか、そういうものをどんなふうにつくりながらされるのか。その辺のところの御説明をいただきたいと思います。
 それから、9ページですけれども、AEDを入れていくということで、本当にこれは南部会館、野球場とか、小中学校や、貸し付けということでありがたいことだと思いますが、今、村内で公費でどれだけ公の施設にあるかとか、そういうものを設定の場所を、ぜひ村の中へ広報とか、いろんなもので知らせていただければと思います。それから、これだけの緊急対策なので、村内業者にぜひ潤っていっていただきたいなという思いがあるわけなんですけれども、そういう点についてのお考えと、それだけお聞きしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) 最後の村内業者が潤うようにということは、私は前から村内業者については、できるだけ使ってほしいということを申し上げておりますので、そのとおりにしていきたいというように思います。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは、剪定木についてお答えをいたします。剪定木については、ほとんどがイベントストリート、また道の駅安曇野松川、寄って停まつかわでの剪定木でございます。これにつきましては、当初、処理費用等をみていなかった関係で、こちらからの指示した経緯もございます。以上です。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 火災警報器の補助の関係でございます。要綱は、これから作成するところでありますけれども、領収書を持ってきていただいて、申請していただいて、補助金を口座振替等によって補助していきたいという考えでございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。
◎公民館長(後藤拓男君) すみません。AEDについて。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 先般の補正も含めまして、社会体育施設すべて整うわけでございますが、先ほど御質問のとおり、広報等で周知をしてまいりたいと、そのように思います。
○議長(甲斐澤明君) 河内議員。
◆8番(河内國治君) すみません、今ですね、消防費の中で、火災警報器の領収書を持ってきて補助金をいただくと、もっともな話なんですけれども、なかなか、そういった形が最初からあったわけでないので、領収書を紛失したというような形も多々あるかと思いますが、この辺のところはどういうような形で考えておられるか、ちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 原則は、どうしても今の段階である時点で切らなきゃいけないということで、領収書を出していただくと。ただ、領収書を紛失という場合については、販売店の方で証明書的なものを出していただければ、それによって対応したいというふうに思っています。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) まずですね、経済危機の、この対策については、国からいつこの内示があって、計画をいつまでに策定して、県の認定をいただいて、いつまでに執行しなきゃいけないかという、その辺の流れのことをお聞きしたいと思いますが、お願いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 国の方から説明会が、すみません、ちょっと日付あれですけれど、5月だったと思います。その折に、こういう制度があるからということで、内容的な概略について説明がありました。そのあと何回か通知がありまして、こういう例があるとか、そういう部分が来ております。内示はございません。これは実施計画を今の予定では6月の末ぐらいまでに県の方へ上げるという形になっています。それを再度、国の方で審査をして内示があるという形になっております。すみません、それから原則的には繰越明許はできないという形になっています。ただ、相当の理由がある場合については繰越明許もいいということになっておりますけれども、村としましては本年度中に執行をしたいというふうに思っています。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 国の緊急で、とても忙しい事業だと思うんですけれども、前回のもそうですけれど、庁内で検討されて、こういうのが出てきたというのは、とてもありがたい事業だと思いますけれども、結局は村民の税金というのか、国民の税金に今度また負担が来るわけですけれど、できることなら、これをどこかで、大変難しいことだと思います。ヒヤリングなり、こう何か要望あるというのを聞く機会というものは全くないんですかね、時間的には。それと要綱が難しくて、難しいということでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 当初予算作成の折も当然同じことだと思いますけれども、それぞれいろんな機会を聞いて、御要望をいただいているという部分だと思います。今回の経済対策につきましては、村としては前倒し部分という部分が1点ございます。それから、この要綱にのっとった事業ということで拾い出しをして、このような形で補正をお願いするということでございます。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 今後についても、多分こういうありがたい事業があればいいんですけれど、できるだけ職員もアンテナを高くして、必要な事業にぜひ取り組んでいただくようにしていただきたいのと、それからプレミアム商品券についてですけれど、これが前回やったのが9月いっぱいですか、使用が。それについて、ぜひ執行なり、これから検討するということですけれども、前回の経験を生かした中で、できるだけ多くの村民に平等に使っていただける、それから、多くの商店なり、村の企業にできるかぎり波及効果があるような取り組みを、今回の検証をきちんとしていただいて執行していただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) この間もちょっとお話をいたしましたけれども、すべての検証は、どこへ何を買って、どこから幾ら使ったかということについてはできません。大まかなものは出てきておりますので、そういう中でしっかりと検証しながら使っていきたいと。この前は5000セット、今回5000セットで、これで松川村人口1万人に1人ずつは当たるという勘定でございますので、前回買わなかった人はぜひ今回買っていただきたいということでPRもしてまいります。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。井上議員。
◆11番(井上直昭君) 8ページ、9ページの中で、教育費の関係で、教職員にパソコンということですが、これは希望者ですか。それとも備品として置くあれでしょうかね。ちょっとお聞きしたいです。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 全教職員にこちらから支給、支給と言いますか、村の備品として配置するものでございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) お願いします。7ページのところで橋梁の検査、ちょっと前に説明をしていただいたりしてきた部分があったかと思うんですが、そのときには、もう既に8本については終わっているというお話でしたが、今の御説明でこれから8本をやるという、それでそこのところは8本は済んでいて、それで3本これからやるということでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 先ほど若干説明したと思うんですけれども、一応8本につきましては、50メートル未満の橋梁につきましては、既に発注済みでございます。ただ、50メートル以上の橋梁がまだ3本ございまして、それについては単価が高いということで、次年度で予定しておりましたけれども、今回、村長説明しましたように、前倒しといたしまして、残りの3本、50メートル以上の橋梁につきまして予定をしているものでございます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) ということは、一応23年度でいろいろ補助金とか、そういうものの対応も打ち切りになってしまうから急いでいるということで、これも緊急にやっぱりやらなきゃいけないことだと思うんですが、今、発注している部分で、何か危険だとか、そういうような結果が出ている部分ももうあるのでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 現在まだ報告書が上がってきておりませんので、その辺の詳細についてはわかりませんけれども、要するに老朽化が予定されている橋梁が、今後ますますふえてくると。永久橋で現在できているわけですけれども、40年代から50年代という橋梁があると。これの永久鉄筋コンクリート等で、PC等でもってつくってありますけれども、その後、そういったものの管理状況がわからないということで、これからふえるというようなことに対しまして、国の方で通達がありました。こういった計画につきましては、平成23年までにきちんとその行政でもって把握した形をつくらないと、以後、23年以後、この計画のないものについての補強に対する補助金の打ち切りというようなことがございますので、村としても計画的にこういったものをつくって、必要に応じてそれをもとに国から補助金を受けて橋梁の掛けかえということになろうかと思いますので、その準備を進めているという内容でございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) すみません。その7ページの剪定木の処理業務は、どんな方法で処理されるのかをちょっとお聞きします。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 業者に委託しての処理となってまいります。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 焼却なのか、チップにするのか、その辺はわからないですか。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 業者によって違うかと思いますが、チップにするところ、また製紙会社等に出すところ等、法に基づいてやっていくかと思います。
○議長(甲斐澤明君) 榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) もしチップにするんでありましたら、公共の施設除草のために、生のものは余りよくないとは言われますが、広葉樹だったらいいかと思いますので、使える部分については利用できませんでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 剪定木の業者委託ということになりますので、それがもう業者から見ますと産廃の処理になりますので、公共施設へという場合は、また別に買ってこないとできないことになっておりますので、御理解いただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第39号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第40号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。今回の補正につきましては、特定賃貸公共住宅入居者の入居条件の整備を図るために、駐車場1台分を増設するものでございます。
 それでは、5ページをお願いいたします。歳入の部で繰入金ですけれども、先ほど説明いたしました一般会計からの繰入金でございます。
 それから、款4の国庫支出金の1目国庫補助金でございますが、地域活性化・経済危機対策臨時交付金といたしまして、特賃の特別会計の方へ歳入を受けるものでございます。
 続きまして、6ページ歳出でございます。工事請負費といたしまして97万8,000円、これは駐車場の造成工事で舗装まで含んだものでございます。公有財産購入費でございますけれども、現在の住宅の北側にある部分でございますけれども、そこを購入して、駐車場を予定するといった内容でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第40号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第41号 教育委員会委員の任命についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第41号 教育委員会委員の任命についての説明をさせていただきます。
 下記の者を教育委員会の委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるということで、松川村7022番地の32、北澤和佳子さん、昭和40年3月30日生まれの方でございます。
 この教育委員のお願いをしているものにつきましては、現在、中村道子さんが、この6月22日を任期としております。先ほど申し上げましたように、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正する法律が、平成20年の4月1日施行でもって実施をされておりまして、この改正によりまして、新しく一番先に任期の来る人については、子供さんを持っている方になっていただきたいということがございます。5人のうち1人以上ということでありますので、今回、この任期が一番早く中村さんが来たわけであります。そんな中で、この6月23日から4年間について北澤和佳子さんにお願いをしていきたいというものであります。
 昭和58年3月に蟻ヶ崎高等学校を卒業いたしまして、60年の3月に東京家政大学短大部の食物栄養科を卒業されております。そして、60年の3月卒業と同時に日東光学の方へお勤めになりまして、平成6年の2月に退社をされております。この退社は結婚のためでありまして、それ以後、ずっと自営業に従事をされている方であります。見識とも教育委員にふさわしい方ということで、今回お願いするものでございますので、お認めをいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) この議案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、採決することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。
 これより、議案第41号について採決をいたします。
 北澤和佳子氏を教育委員会委員に任命することについて、同意することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、北澤和佳子氏を教育委員会委員に任命することに同意がされました。
△日程第2 請願書の取り下げについて
○議長(甲斐澤明君) 日程第2 請願書の取り下げについてを議題とします。
 農地法の「改正」に反対する請願書について、お手元に配付のとおり、取り下げの旨の申し出がありました。
 お諮りします。本件は、請願者申し出のとおり取り下げを許可することに、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、本請願については、取り下げを許可することと決定をいたしました。
△日程第3 委員長報告
○議長(甲斐澤明君) 日程第3 委員長報告を行います。
 報告第6号 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める請願書についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(白澤富貴子君) (報告)
 全会一致で採択することに決定しました。
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第6号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第7号 30人学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書提出に関する請願書についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(白澤富貴子君) (報告)
 全会一致で採択と決まりましたので報告します。
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第7号について、ただいまの委員長報告どおり承認にすることに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第8号 長野県独自の30人規模学級の中学校全学年への早期拡大と複式学級の解消、県独自に教職員配置増を求める意見書提出に関する請願書についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(白澤富貴子君) (報告)
 このことについて、本年度から県単独措置による小学校の全学年での30人規模学級が実現をしているという現状であります。以上で報告を終わります。
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第8号について、ただいまの委員長報告どおり承認にすることに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第9号 日米地位協定に関わる「裁判権放棄の日米密約」の公表と廃棄を求める請願についての委員長報告を求めます。総務産業建設常任委員長。
◎総務産業建設常任委員長(新村久仁男君) (報告)
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第9号について、ただいまの委員長報告どおり承認にすることに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第10号 「定額助成事業の拡充及び山村における雇用・定住対策に関する要望」についての委員長報告を求めます。総務産業建設常任委員長。
◎総務産業建設常任委員長(新村久仁男君) (報告)
 若干補足させていただきます。全国森林環境税創設促進連盟では、定額助成事業や山村における雇用対策事業について林野庁から説明を聴取し、定額助成事業の拡充及び山村における雇用、定住対策に関する要望、これを林野庁それから環境省幹部、自民党、景気・雇用創出ニューディール促進プロジェクトチームの座長、それから事務局長に提出したとの報告と、今後も協力を願う旨の全国森林環境税創設促進議員連盟からの報告と内容でありますので、全会一致で採択いたしました。
 以上であります。
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第10号について、ただいまの委員長報告どおり承認にすることに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第11号 「物価に見合う年間引き上げについて」の陳情書についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(白澤富貴子君) (報告)
 このことについて、審議をしてきました内容を触れたいと思いますけれども、審議に際しまして1名の議員の採択をとの意見がありましたけれども、検討審議する中で、一部採択としていくことに決定し、この意見書の提出に際しましては、全会一致で決定をしたという経過がございます。
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第11号について、ただいまの委員長報告どおり承認にすることに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第12号 ヒブワクチンの早期定期予防接種化等を求める陳情書についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(白澤富貴子君) (報告)
 若干説明をさせていただきますと、この記の3項にあります肺炎球菌ワクチンの早期薬事法承認というところでありますが、このことにつきましては、乳幼児に使用できる肺炎球菌ワクチンだけについて、今のところ承認がされていないので、このことを項目として挙げているものであります。この事案に対しましては、21年度の予算の議決に際しましても、議会側として意見として付してあります。そういうことで、このことを全会一致で、この今までの経過もあわせて報告をしたいと思います。以上で報告を終わります。
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第12号ついて、ただいまの委員長報告どおり承認にすることに賛成する方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 続いて、報告第13号 肺炎球菌ワクチンへの公費助成等に関する陳情書についての委員長報告を求めます。社会福祉文教常任委員長。
◎社会福祉文教常任委員長(白澤富貴子君) (報告)
 全会一致で採択に決定しましたので報告します。
○議長(甲斐澤明君) 委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りします。報告第13号について、ただいまの委員長報告どおり承認にすることに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
△日程第4 人権擁護委員候補者の推薦について
○議長(甲斐澤明君) 日程第4 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。
 人権擁護委員候補者の推薦について、村長より中川弘道氏と丸山武洋氏の両名を推薦したいとして意見を求められております。
 お諮りします。まず、中川弘道氏を議会として適任と認めることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、この件については議会として適任と認めることに決定をいたしました。
 お諮りします。次に、丸山武洋氏を議会として適任と認めることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、この件については議会として適任と認めることに決定をいたしました。
△日程第5 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査について
○議長(甲斐澤明君) 日程第5 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査についてを議題とします。
 議会運営委員長から、松川村議会会議規則第75条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りします。議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定をいたしました。
△日程第6 議員派遣の件について
○議長(甲斐澤明君) 日程第6 議員派遣の件についてを議題とします。
 お手元に配付の議員派遣の件を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 朗読いたします。
                  議員派遣の件
                                平成21年6月19日
 当議会は、地方自治法第100条第13項及び松川村議会会議規則第120条の規定により、次のとおり議員を派遣するものとする。

 1 総務産業建設常任委員会及び社会福祉文教常任委員会合同行政研修視察
  (1)目  的  議会改革及びバイオマス利活用等の行政視察
  (2)派遣場所  埼玉県ときがわ町、千葉県大多喜町
  (3)期  間  平成21年7月6日〜7日
  (4)派遣議員  全議員

 2 第5回長野県地方自治政策課題研修会
  (1)目  的  議会の制度運営に関する研修
  (2)派遣場所  長野県庁講堂
  (3)期  間  平成21年7月10日
  (4)派遣議員  矢口副議長、平林源起議員、平林寛也議員、河内議員、白澤議員
           佐藤議員
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) お諮りします。お手元に配付の資料のとおり、議員派遣することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、お手元に配付の資料のとおり、議員派遣することに決定いたしました。
 なお、次期定例会までに急を要する場合は、松川村議会会議規則第120条の規定により、議長において議員の派遣を決定しますので申し添えます。
△日程第7 村長あいさつ
○議長(甲斐澤明君) これで、付議された議案は全部終了いたしました。
 村長、あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げさせていただきます。
 6月10日から本日まで、10日間にわたりまして慎重に御審議をいただきましてありがとうございました。全議案とも承認、議決をいただきまして、本当に感謝をしているところでございます。
 国の平成21年度地域活性化・経済危機対策の臨時交付金によります事業につきましても、この定例会の中で、先ほど2回にわたる補正の中でお認めをいただきました。これは、つきましては、できるだけ早く実施をいたしまして、一日も早く不況から脱し、松川村がもとの元気の姿になるように努力をしてまいりたいというように思っているところでございます。
 審議の中で、また一般質問の中で、貴重な御意見をいただきました件につきましては、今後の中で生かしてまいりたいというように思っているところでございます。
 多目的交流センター「すずの音ホール」、皆さんに本当にお世話になりながら、1万人を超える皆様に御利用いただいてきております。これからも計画がたくさんあるわけでございますけれども、まず、この28日には村民の手づくり劇「安曇節ものがたり」が上演されます。この件については楽しみにしているところであります。
 また7月4日、今まで小学校の体育館とか、川西のグランド等で行っておりました老人クラブの皆様による運動会。ことしは名前を変えまして、第33回はつらつレクリエーション交流会ということで予定をしております。これをこの多目的ホールでやる予定になっておりますので、またひとつよろしくお願いをしたいと思います。
 そして、また今週の日曜日、皆様に御出席要請がされていると思いますけれども、消防団によりますポンプ操法大会が、中学校のグラウンドで開催をされます。ぜひ御出席をいただきまして、団員の激励をしていただけたらというように思います。
 梅雨に入ったと言われておりますけれども、何か天気がよくて空梅雨のようでありますが、体調等に十分御留意をされまして、また松本市でも新型インフルエンザが出たというように、長野県では6例出ているようでありますけれども、手洗い、うがい等を励行の中で、お元気でお過ごしをいただきたいというように思います。
 そして、さらに御活躍されることを御祈念いたしまして、長い間審議をいただきました定例会の中での御尽力に御礼を申し上げて、終わらせていただきたいと思います。大変ありがとうございました。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、平成21年第2回定例会を閉会とします。
 大変御苦労さまでした
                               午前11時15分 閉会




以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


     平成  年  月  日


         松川村議会議長


         松川村議会議員


         松川村議会議員