議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成21年第 2回定例会−06月10日-01号




平成21年第 2回定例会

                会  議  日  程

 ┌──────┬──┬────────┬────────────────────────┐
 │ 月  日 │曜日│会      議│      予          定       │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │ 6月10日│ 水 │本   会   議│一般議案審議、請願・陳情等委員会付託、全員協議会│
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   11日│ 木 │委   員   会│一般質問通告午後1時締切            │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   12日│ 金 │委   員   会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   13日│ 土 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   14日│ 日 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   15日│ 月 │委   員   会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   16日│ 火 │委   員   会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   17日│ 水 │本   会   議│一般質問                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   18日│ 木 │本   会   議│一般質問                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   19日│ 金 │本   会   議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
 └──────┴──┴────────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第 1号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 専決第 2号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 専決第 4号 松川村税条例等の一部を改正する条例
 専決第 5号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 6号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第7号)
 専決第 7号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
 専決第 8号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第4号)
 専決第 9号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 専決第10号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第11号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第3号)
 専決第12号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第13号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第4号)
 報告第 5号 平成20年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第37号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 議案第38号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第39号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第2号)
 議案第40号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第1号)
 議案第41号 教育委員会委員の任命について
 報告第 6号 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める請願書
 報告第 7号 30人学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書提出に関する請願書
 報告第 8号 長野県独自の30人規模学級の中学校全学年への早期拡大と複式学級の解消、県独自に教職員配置増を求める意見書提出に関する請願書
 報告第 9号 日米地位協定に関わる「裁判権放棄の日米密約」の公表と廃棄を求める請願について
 報告第10号 「定額助成事業の拡充及び山村における雇用・定住対策に関する要望」について
 報告第11号 「物価に見合う年金引き上げについて」の陳情書
 報告第12号 ヒブワクチンの早期定期予防接種化等を求める陳情書
 報告第13号 肺炎球菌ワクチンへの公費助成等に関する陳情書


                 請願・陳情一覧表

 請願
┌─────┬───────────────────┬──────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │     請 願 者    │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 21. 5.29 │「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求め│松川村7016-1        │平林寛也│
│     │る請願書               │長野県教組大北支部松川村単組│    │
│     │                   │代表 岡江 都志勇     │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 21. 5.29 │30人学級の早期実現、教職員定数増を求│松川村7016-1        │平林寛也│
│     │める意見書提出に関する請願書     │長野県教組大北支部松川村単組│    │
│     │                   │代表 岡江 都志勇     │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 21. 5.29 │長野県独自の30人規模学級の中学校全学│松川村7016-1        │平林寛也│
│     │年への早期拡大と複式学級の解消、県独自│長野県教組大北支部松川村単組│    │
│     │に教職員配置増を求める意見書提出に関す│代表 岡江 都志勇     │    │
│     │る請願書               │              │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 21. 6. 1 │日米地位協定に関わる「裁判権放棄の日米│須坂市墨坂5-20-7      │渡邉尚省│
│     │密約」の公表と廃棄を求める請願について│長野県平和委員会      │    │
│     │                   │代表理事 永井 光明    │    │
├─────┼───────────────────┼──────────────┼────┤
│ 21. 6. 1 │農地法の「改正」に反対する請願書   │松川村3363-409       │渡邉尚省│
│     │                   │松川村農民組合       │    │
│     │                   │代表 佐山 嵩       │    │
└─────┴───────────────────┴──────────────┴────┘

 陳情
┌─────┬────────────────────┬────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │     陳  情  者     │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 21. 3.23 │「定額助成事業の拡充及び山村における雇用│新潟県村上市三之町1番1号   │
│     │・定住対策に関する要望」について    │全国森林環境税創設促進議員連盟 │
│     │                    │会長 坂垣 一徳        │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 21. 5.28 │「物価に見合う年金引き上げについて」の陳│松川村5724-335         │
│     │情書                  │全日本年金者組合        │
│     │                    │大北支部委員長 井川恵右 他2名│
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 21. 6. 1 │ヒブワクチンの早期定期予防接種化等を求め│長野市鶴賀629-1長野東口ビル9階 │
│     │る陳情書                │長野県保険医協会        │
│     │                    │会長 鈴木 信光        │
├─────┼────────────────────┼────────────────┤
│ 21. 6. 1 │肺炎球菌ワクチンへの公費助成等に関する陳│長野市鶴賀629-1長野東口ビル9階 │
│     │情書                  │長野県保険医協会        │
│     │                    │会長 鈴木 信光        │
└─────┴────────────────────┴────────────────┘



             平成21年松川村議会第2回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│6月17日(水)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 7 │新 村 久仁男│1 経済対策について          │村長     │
│  │  │       │2 農業振興について          │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │ 4 │渡 邉 尚 省│1 緊急経済対策について        │村長     │
│  │  │       │2 水資源保全と安心対策について    │村長     │
│  │  │       │3 指定管理者制度について       │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │11│井 上 直 昭│1 村長の政治姿勢           │村長・教育長 │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│6月18日(木)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 4 │ 3 │榛 葉 良 子│1 農業を基盤産業とする今後の政策につい│村長     │
│  │  │       │  て                 │       │
│  │  │       │2 自治行政のあり方について      │村長     │
│  │  │       │3 環境にやさしい村宣言をするための施策│村長     │
│  │  │       │  について              │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │12│佐 藤 節 子│1 歓喜に沸く「すずの音ホール」について│村長     │
│  │  │       │2 ユニークな駅舎をつくり観光力を強化し│村長     │
│  │  │       │  ませんか              │       │
│  │  │       │3 中学校の部活動などの現状について  │教育長    │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成21年松川村議会第2回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成21年6月10日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成21年 6月10日 午前10時00分│議 長│甲斐澤   明│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │閉 会│平成21年 6月10日 午後 2時07分│議 長│甲斐澤   明│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│ 応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│ 出欠 │議席?│氏     名│ 出欠 │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │甲斐澤   明│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │平 林 源 起│ ○ │ 8 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │榛 葉 良 子│ ○ │ 9 │矢 口 弦八郎│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │渡 邉 尚 省│ ○ │ 10 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │平 林 寛 也│ ○ │ 11 │井 上 直 昭│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │佐 藤 節 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  12番  │佐 藤 節 子│   2番   │平 林 源 起│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │丸 山 正 芳│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│白 澤   繁│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│環境福祉課統括│白 沢 庄 市│
│法第121条により説│       │       │課長補佐   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │綱 島 幸 男│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼 │鈴 木   智│       │       │
│          │会計課長   │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │環境福祉課長 │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │茅 野 英太郎│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │公民館長   │後 藤 拓 男│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第 1号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 専決第 2号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
 専決第 4号 松川村税条例等の一部を改正する条例
 専決第 5号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 6号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第7号)
 専決第 7号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
 専決第 8号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第4号)
 専決第 9号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
 専決第10号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第11号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第3号)
 専決第12号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第13号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第4号)
 報告第 5号 平成20年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第37号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 議案第38号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第6 請願・陳情の委員会付託


                               午前10時00分 開会
○議長(甲斐澤明君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成21年松川村議会第2回定例会を開会いたします。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りをいたします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定をいたしました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(甲斐澤明君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、12番 佐藤節子議員、2番 平林源起議員を指名いたします。
△日程第2 会期の決定
○議長(甲斐澤明君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされていますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(平林源起君) (報告)
○議長(甲斐澤明君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から6月19日までの10日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月19日までの10日間と決定をいたしました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(甲斐澤明君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) 皆様おはようございます。風薫るさわやかな初夏の季節を迎えることができました。
 本日、ここに平成21年第2回松川村定例議会を開会をいたしましたところ、大変お忙しい中、全議員の皆様に御出席をいただき、まことにありがとうございました。
 村内は田植え作業もほとんど終わりまして、あぜの草刈り等が進んでおります。
 先日は、足かけ8年の歳月と9億5,000万余のお金をかけて建設をいたしました多目的交流センターの竣工式に御出席をいただきまして、まことにありがとうございました。
 また、23日、24日両日に、すずの音ホールオープニングイベント実行委員会により、住民全体の開館記念イベントが盛大に開催をされ、予想を上回る大勢の方に御来場いただき、見事に成功いたしました。感謝の念でいっぱいであります。村民の皆様の力はすごいものであると改めた感じたところであります。実行委員会、関係者に心から感謝と御礼を申し上げ、今後、すずの音ホールが村民皆様の施設として親しまれ、利用いただくよう、最善の努力をしてまいりたいというように思っているところでございます。
 さて、緊急経済対策事業につきましては、計画どおり進んでおります。土木工事も着々と進み、さらに本年度の補正予算の中で村に交付される1億三千数百万円につきましても、できるだけ早い対応を考えてまいりたいというように思っているところでございます。
 松本猛・ちひろ美術館長の御紹介による韓国の絵本画家グループの研修は、この23、24日に29名の皆様が村の農家に2泊してくださることが決定しました。初の試みでありますが、受け入れていただく板取地区の皆様や関係者に感謝するとともに、今後長く続いていってほしいなと願っているところでございます。
 次に、主な事業の取り組み状況について、若干申し上げさせていただきます。まず定額給付金給付事業についてであります。住民の皆様への生活支援と地域の経済対策を目的に行われている定額給付金給付事業の状況は、5月末現在、給付対象者の約95%の方が給付を受けられております。給付金の申請期限は今年の10月1日となっておりますので、まだ申請されていない方につきましては、早目の申請をお願いするように周知をしてまいります。
 次に、子育て応援特別手当についてであります。5月末現在で支給した世帯は136世帯、147名で、約95%の方が給付を受けられております。未申請の方は6名おりますが、さらに周知をしてまいりたいと思っております。
 続きまして、新型インフルエンザであります。今年4月、メキシコで発生した豚インフルエンザが人から人へ感染しましたことにより、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザに関する警戒レベルをフェーズ4に引き上げました。国と県はこれを受け、4月28日、対策本部を設置をいたしました。村でも県の要請を受け、同日午前中に臨時庁議を開き、行動計画を策定するとともに、行動計画に沿い、村長を本部長とする対策本部を設置をいたしました。
 その後は、国・県及び関係機関と連携する中で、行動計画に沿い、対策を行ってきましたところですが、現在、国内感染者は450人を超えていますが、鳥インフルエンザより弱毒性と言われているために、国は柔軟な対応を呼びかけています。村では現在、ホームページで周知をしているとおり、通常のインフルエンザと同様の手洗い、うがいを啓蒙しているところであります。今後も県や関係機関と連携を図る中で、迅速、柔軟に対応したいと考えております。
 続きまして、米の生産調整についてであります。村への当初配分は、前年より69トン多い4,647トンで、村内農業経営者に定率配分を実施いたしました。また、今年度も少しでも多くの水稲作付ができるように、地域間調整分を約132トン確保いたしました。6月下旬から7月下旬にかけて現地確認を行い、8月末には確定する予定でありますが、今年度も生産調整が100%達成される見込みであります。
 続きまして、松くい虫の現状についてであります。先月、初めて被害が確認されました。現在、被害木の伐倒及び薫蒸処理を実施するとともに、被害地の周辺地権者への説明、森林関係者による検討対策会議等を行ったところであります。今後はさらにパトロールを強化するとともに、地方事務所林務課の指導を受ける中で対策を講じてまいりたいというように思っております。
 続きまして、プレミアム商品券についてであります。プレミアム30%は県下1村であり、4月4日の販売開始以降、話題性とともに、利用者はもちろん、取り扱い事業者からも大変好評をいただいております。換金率は6月3日現在75.3%で、飲食店などの個人商店を初め幅広い分野で使用されている状況で、景気の低迷が続く中、地元消費の拡大を実感しているところでございます。
 続きまして、明治大学農学部ファームステイ及び公開授業についてであります。大北地域では平成13年から明治大学農学部の学生をファームステイとして受け入れてまいりました。今年も16人の学生が当地域を訪れ、そのうち2名が松川村の果樹農家で摘果作業等を体験しております。1週間という短い期間ではありますが、農家の暮らしに触れ、農業の現状を学びかけがえのない経験になったことと思います。また、今年は5月30日にすずの音ホールにおきまして、食と農業が明日の日本をつくるをテーマにした、明治大学農学部と地域とのジョイント公開授業も初めて開催をされ、OBによる授業、公開討論会などを通じ、地域における農業のあり方、役割について認識を深めたところでございます。
 続きまして、松本大学との官学連携についてであります。先月の26日、松本大学と農業分野も含めた観光振興にかかわる支援業務の委託契約を締結をいたしました。外部の目で村を評価してもらい、「すずむしの里」としてのブランド力を高めるとともに、農家への民泊事業の導入を促進するなど、今後、さらに村が発展するよう力を借りてまいりたいというように思っております。
 また、本年4月から職員1名を松本大学で研修させています。コミュニティ・ビジネスという科目の講義を受講しています。地域の課題を住民みずからが解決し、それを対価の得られる仕事に結びつけていくといった内容で、村としましては、滞在型観光を目指す上で、農家民泊等の取り組みにつながると思っているところでございます。
 続きまして、国営公園大町・松川地区開園についてであります。国営アルプスあづみの公園大町・松川地区の一部供用開始が7月18日と決まり、現在は開園準備が着々と進められております。長年待ち望んでいた本公園が開園するに当たり、村としましても波及効果、相乗効果が図れるよう、今後はさらに国と連携をとりながら、村づくりにつなげてまいりたいと思っていますので、さらに皆様のお力添えをいただきたいというようにお願いをいたします。
 続きまして、上水道第1配水池の更新についてであります。今年度より予定をしておりました第1配水池の更新工事は2億5,515万円で、森松工業株式会社代表取締役松久信夫、本社岐阜県本巣市が落札をし、来年の9月末までの工期により工事が開始をされます。配水池はステンレス製で耐震構造にもすぐれており、村民に安心して供給できる施設となるよう、万全を期し完成させたいと思っておるところでございます。
 続きまして、長野県市町村対抗駅伝競走大会についてであります。5月10日に開催されました市町村対抗駅伝大会は、5月としては大変暑い天気の中、第19回大会の一般の部と第5回大会の小学生の部にそれぞれ代表選手が出場いたしました。一般の部では、参加60チーム中総合20位、村の部で優勝はいたしました。今年の優勝で村の部4連覇の快挙をなし遂げました。また、小学生の部では、参加59チーム中総合10位に入り、惜しくも優勝は逃しましたが、村の部では2位となり、大健闘いたしました。
 次に、本日上程いたします議案の概要を若干申し上げさせていただきます。
 専決第1号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、5月28日の専決で、5月1日暫定的な措置として、6月の期末勤勉手当0.2月分を減額する人事院勧告に準じまして、手当を減額するための条例改正であります。
 専決第2号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例は、同じく5月28日の専決で、常勤の特別職、村長、副村長、教育長の6月に支給される期末手当を、一般職と同様に暫定的に減額する内容の条例改正であります。
 専決第3号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例は、同じく5月28日の専決で、議会議員の皆さんの6月に支給される期末手当を一般職と同様、暫定的に減額する内容の条例改正であります。
 専決第4号 松川村税条例の一部を改正する条例は3月31日の専決で、地方税法等の改正によるものであります。主な内容は、住民税関係では住宅ローン特別控除制度の創設、固定資産税関係では負担調整措置の延長などでございます。
 専決第5号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例は、3月31日の専決で、主な内容は、介護保険納付金課税額にかかわる課税限度額を9万円から10万円に引き上げるものであります。
 専決第6号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第7号)は、3月31日の専決で、年度末の計数整理をしたもので、9,762万円を追加をいたしまして、総額46億8,264万円となるものであります。主なものは、歳入では地方交付税、地方譲与税、村債の追加と使用料及び手数料、繰入金の減額で、歳出は剰余金を基金に積み立てましたが、当年度の利子分を含み、内訳は社会福祉施設整備基金に2億2,199万1,000円、温泉施設及びふれあい交流センター整備基金に350万1,000円等でございます。
 専決第7号から専決第13号は各特別会計等の補正予算で、年度末計数整理であります。
 報告第5号 平成20年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算については、経済対策事業の定額給付金給付事業、子育て応援特別手当事業、プレミアム商品券の商工総務事務費など、8事業を繰り越す報告であります。
 議案第37号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第1号)は、6,921万1,000円を追加し、総額を39億1,221万1,000円とするもので、主なものは、歳入では地方交付税3,310万4,000円、県支出金2,118万円、国庫支出金923万2,000円、諸収入506万4,000円であります。
 歳出は、道路新設改良費、道路維持費など土木費5,559万3,000円、小中学校費、学校管理費、体育施設費など、教育費に3,298万4,000円、土地改良費、林業振興費など農林水産業費に3,023万9,000円であります。
 議案第38号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、人事異動に伴う人件費の調整であります。
 いずれも提案時に各担当課長等に細かく説明をいたさせますので、御審議いただきまして、議決または御承認いただきますよう、特にお願いを申し上げます。
 既に新聞等で御存じと思いますが、6月8日、松川地籍で起きました大町市に住まわれる方同士の交通事故で、残念ながら死亡者1名が出てしまいました。事故死ゼロから500日を超え、皆様に事故に遭わないよう、事故を起こさないようにお願いを申し上げてまいりましたが、何とも残念であります。さらに、続いてこの事故が起きないように、安全運動には力をこれからも入れてまいりたいというように思っておるところでございます。
 以上、申し上げまして、本日の定例会招集のごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(甲斐澤明君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.池田松川施設組合議会第1回臨時会
  開催期日  平成21年4月9日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、白澤議員、井上議員
  審議事項等 ・施設組合教育委員会委員の任命同意
  審議結果等 教育委員会委員に池田町 平林康男氏を任命することに同意。
 2.穂高広域施設組合議会第1回臨時会
  開催期日  平成21年5月18日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・平成20年度一般会計補正予算の専決処分報告
        ・平成21年度一般会計補正予算
        ・工事請負契約の締結
        ・監査委員の選任
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
        議会選出の監査委員に池田町 立野議長を選任。
 3.北アルプス広域連合議会5月定例会
  開催期日  平成21年6月1日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・平成20年度各会計補正予算等の専決処分報告
        ・平成21年度広域連合会計補正予算
        ・監査委員の選任
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
        議会選出の監査委員に大町市 勝野明議員を選任。
 4.社会福祉法人 大北社会福祉事業協会第2回評議員会
  開催期日  平成21年5月28日
  出席議員  甲斐澤議長
  審議事項等 ・寄附金に関する報告
        ・平成20年度事業協会会計補正予算の専決処分報告
        ・平成20年度事業協会会計決算の認定
        ・平成21年度事業協会会計補正予算
        ・理事の選任
  審議結果等 各議案を原案のとおり承認並びに可決。
        決算を認定。
        理事に黒岩良介氏、矢口廣美氏を選任。
 以上です。
△日程第5 議案の上程
○議長(甲斐澤明君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第1号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 一般職の職員の給与に関する条例の一部を次のように改正するということで御説明を申し上げます。
 人事院は5月1日、暫定的な措置としまして、平成21年6月の期末勤勉手当を0.2月分を凍結する勧告を行いました。村では、経済情勢等を勘案いたしまして、人事院勧告どおり、期末勤勉手当の減額を決定をしております。
 6月支給される期末勤勉手当につきましては、6月1日が基準日でありますので、不利益不遡及の原則から、5月中に条例改正をする必要があり、改正につきまして専決処分を行っております。
 人事院勧告が暫定的な措置となっていることから、条例改正につきましては、平成21年6月に支給する期末手当及び勤勉手当に関する特例として、附則に追加する改正を行っております。
 それでは、条例の方になりますけれども、第4項の3行目になりますけれども、100分の125につきましては、一般の職員の期末手当を0.15月減額する内容でございます。その下、100分の110とありますのは、特定幹部職員の期末手当の額を0.1月減額。2行下になりますけれども、100分の70につきましては、再任用職員の期末手当の額を0.05月減額。1行下になりますけれども、100分の60につきましては、再任用職員の特定幹部職員の期末手当の額を0.05月減額。それから1行下になりますが、100分の70につきましては、一般の職員の勤勉手当を0.05月減額。その下になりますが、100分の85につきましては、特定幹部職員の勤勉手当の額を0.1月減額。また1行下になりますが、100分の30につきましては、再任用職員の勤勉手当の額を0.05月減額。一番下の行になりますが、100分の40につきましては、再任用職員の特定幹部職員の勤勉手当の額を0.05月減額する内容でございます。
 附則、この条例は公布の日から施行する。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので、専決処分する。
 平成21年5月28日 専決 松川村長名。
 平成21年6月10日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第1号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第2号 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 特別職の職員で常勤のもの等の給与及び旅費に関する条例の一部を次のように改正する。
 改正内容につきましては、人事院勧告に伴いまして、常勤の特別職の6月支給されます期末手当を一般職と同様、暫定的に減額する内容で、特別職の国家公務員に準じた内容でございます。専決第1号と同様、専決により条例改正を行い、附則に追加する改正をお願いするものでございます。
 内容につきましては、第4項で6月支給の期末手当を0.15カ月減額するということで、100分の160から145とする内容でございます。
 附則、この条例は公布の日から施行する。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので、専決処分する。
 平成21年5月28日 専決 松川村長名。
 平成21年6月10日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第2号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第3号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 御説明を申し上げます。議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の一部を次のように改正する。
 改正内容につきましては、先ほどの専決第2号と同様、人事院勧告に伴いまして、議会議員の6月支給される期末手当を一般職と同様、暫定的に減額する内容で、支給月数につきましては、常勤の特別職と同じ内容でございます。専決第1号及び第2号と同様、専決により条例改正を行いまして、附則に追加する改正をお願いする内容でございます。
 6月支給の期末手当を0.15月減額しまして、100分の160から100分の145とする内容でございます。
 附則、この条例は公布の日から施行する。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので、専決処分する。
 平成21年5月28日 専決 松川村長名。
 平成21年6月10日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 暫時休憩します。
                               午前10時30分 休憩
                               午前10時30分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開します。
 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 大変申しわけございません。題名の次の一部改正の条項のところで、議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、括弧というふうになっておりますけれども、その部分の条例の次「の一部を改正する条例」を削除をお願いしたいと思います。大変申しわけございません。よろしくお願い申し上げます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第3号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第4号 松川村税条例等の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 松川村税条例等の一部を改正する条例。
 主な改正内容につきましては、住民税関係につきましては、住宅ローン特別控除制度の創設。土地譲渡所得に係る特別控除の創設が主なものでございます。また、固定資産税関係につきましては、負担調整措置の延長等の内容でございます。
 それでは、第1条 松川村税条例の一部を次のように改正するという内容でございます。
 第36条の関係でございますけれども、これは村民税の申告について、寄附金控除のための様式を追加をしてございます。
 その下、第38条の第1項から13行ほど下までの規定になりますけれども、第47条の2第2項の削除によるものにつきましては、文言の修正及び項ずれの解消でございます。
 それから第47条の2の2項、これ削除する内容ですけれども、公的年金以外の所得がある場合は、当分の間、年金以外の所得の特別徴収は行わないということの条項を削除する内容でございます。
 中段になりますけれども、第54条から次のページまでになりますけれども、固定資産税関係についての改正でございます。第56条につきましては、社会福祉法人が救急医療等確保事業の用に供する固定資産に係る非課税措置の創設並びに医療関係者の養成所において教育の用に関する固定資産税の非課税の措置を追加する内容でございます。
 下から4行目、次の8ページまでになりますけれども、第58条の2につきましては、第56条の規定による非課税申請等の提出書類についての規定を追加する改正でございます。
 2ページになりますけれども、10行目になりますが、附則第7条の3の関係でございます。個人住民税に係る住宅ローン特別控除の創設に伴う改正で、3ページの上段ほどまで続く規定でございます。所得税から控除し切れなかった住宅ローン控除額を住民税から控除する制度が導入されるという内容でございます。
 3ページの9行目になりますけれども、附則第10条の2につきましては、高齢者向け優良賃貸住宅の固定資産税の減額に関する規定の整備の内容でございます。
 それから、4行ぐらい下になりますけれども、附則の10の3につきましては、阪神・淡路大震災に係る固定資産税の特例を廃止する規定でございます。
 1行下、第11条から第13条までの関係につきましては、平成21年度評価替えに当たり、引き続き土地に係る負担調整措置を23年まで延長するという改正内容でございます。
 5行下の第15条の2になりますけれども、特別土地保有税の課税保留について年度を延長する改正でございます。
 3ページの下から2行目、4ページまで続きますけれども、第16条関係につきましては、寄附金控除の規定につきまして、所得の30%を上限とするという計算がございますけれども、分離所得につきましても、あわせて計算するという内容の改正でございます。
 4ページの上から8行目ほどになりますけれども、附則第17条、それからその下の第18条がございますけれども、土地の譲渡処分に係る特別控除の創設についてということで、租税特別措置法の改正でございます。21年、22年の2年間に所得した土地につきましては、5年後たてば1,000万円を控除するという内容でございます。
 4ページの下段ぐらいになりますけれども、附則第19条の関係でございます。13ページまで続きますけれども、株式譲渡所得、先物取引に係る雑所得等につきまして、住宅所得控除、また寄附金控除の改正による規定の整備となっております。
 5ページ目の中段になりますけれども、第2条の改正、松川村税条例の一部を次のように改正するという内容でございます。附則第10条の2につきましては、長期優良住宅等に対する固定資産税の減額の規定の適用を受けようとする者がする申告についての規定ありまして、その方法等につきまして規定をしております。
 それから5ページの下、第3条から、6ページ中段まで続く内容でございますけれども、配当所得、譲渡益等に関する軽減税率の平成23年12月31日まで延長するという内容でございます。上場株式等の配当の税率適用の軽減区分の改正、源泉徴収選択口座の配当に対する申告等についての改正、また項ずれ等の解消を行っている内容でございます。
 6ページの中段の附則の改正でございます。
 第1条、施行期日の関係ですが、この条例は、平成21年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は当該各号に定める日から施行するという内容で、第1号につきましては、長期優良住宅等に対する固定資産税の減額に関する規定につきましては、平成21年6月4日となります。
 それから第2号、7ページまで続く内容でございますけれども、附則第7条の3、住宅ローン特別控除創設に伴いまして、所得の計算に対する、それぞれの所得についての改正内容につきましては、平成22年1月1日となる内容でございます。
 それから、7ページの第3号につきましては、住宅ローン減税の申告期限、土地の譲渡所得の課税の特例の関係につきましては、平成22年4月1日となる内容でございます。
 それから、第4号につきましては、先物取引に係る雑所得の分離課税の適用につきましては、平成23年1月1日。
 第5号につきましては、第54条の第6項、これは納税義務者の規定になりますけれども、農地法の改正の施行日の関係の日が、その施行日の改正の日という内容でございます。
 第2条関係、村税に関する経過措置につきましては、住宅ローン減税の改正規定につきまして、平成22年度以後の年度分の個人の村民税についての適用をするという内容でございます。
 それから、固定資産税に関する経過措置、第3条でございますけれども、別段の定めがあるものを除き、新条例の規定中固定資産税に関する部分は、平成21年度以後の年度分の固定資産税について適用し、平成20年度分までの固定資産税については、なお従前の例によるという内容でございます。
 第2項につきましては、高齢者向け優良賃貸住宅の固定資産税額の減額規定につきましては、平成22年度以後の年度分の固定資産税について適用する内容でございます。
 第3項につきましては、長期優良住宅等に対する固定資産税の減額の規定につきましては、平成21年6月4日以後に新築される同項に対する住宅に対して課すべき平成22年度以後の年度分の固定資産税について適用するという内容でございます。
 8ページになりますけれども、地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成21年3月31日 専決 松川村長名。
 平成21年6月10日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 相当幅広く住民が該当者になるという、そういう改正になってくると思いますし、それから基準日がそれぞれになっていますけれども、この税法の改正についての徹底というようなことを、やっぱりやっていっていただかなきゃ、住民がよくわからないと思うんですが、その辺のところはどんな計画でされる予定ですか。
 それと、今まで所得税の関係のところで、ローン控除をやっていたものを、住民税にも波及してくるというふうな改正もありますけれども、これらについても、所得税との関連の中でやるのか、それぞれにどういうふうにするのかとか、やっぱり住民にも周知していかなきゃいけない面があると思いますが、その辺についてもちょっとお聞かせいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) この内容につきましては、ほとんどの部分が本年度の課税分ということで、来年の申告の課税の関係になりますので、周知等につきましてはホームページ等でお知らせをしたいと思います。
 ただ、内容につきましては、一番冒頭御説明申し上げましたけれども、改正する主な内容の、特別かかってくる部分は住宅ローンの減税、これも今年からつくっていただく部分、それから今までにつきましても、住宅ローン減税が行われております。内容的には有利な方をとれるというような部分もございますので、その辺につきましては、借り入れ部分について減税があるということは周知をされているという内容で、それが金額的に大きな部分で適用されるというような状況でございますので、国税の方、所得税の方、税務署、それから県の方でも周知をしてまいると思いますので、村としましてもあわせて広報していきたいと。
 ただ、申告的に今度やる分については旧法、それから確定申告による部分で対応していく部分が主な内容でございますので、その時点で、細かく納税者の方につきましてはお話をしていきたいというふうに思っております。
 それから、あとその他改正、特に住宅ローン減税の関係で、所得の租税特別措置法の関係が非常に多く改正をされております。この中で多くの部分については株式、それから先物等の損益通算とかそういうことで、これについては証券会社等が非常に絡んでくる内容でございますので、直接住民の方にどのくらいちょっと影響出るかの部分については、不明でございますけれども、あわせて周知の方は行ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第4号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第5号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例を議題とし、提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例。
 この内容につきましては、介護保険納付金課税額に対しまして、課税限度額を9万円から10万円に引き上げるという内容でございます。
 一番上、2行目になりますけれども、第2条第4号の関係でございますけれども、先ほど御説明申し上げました介護納付金の限度額が10万円となるという改正、また項ずれの解消が主な内容でございます。
 それから4行ほど下になりますけれども、附則第12条から2ページの方に続く内容でございます。改正内容につきましては、項ずれの解消、それから介護納付金の限度額の改正によります該当する附則の改正、また中段の附則の7項の追加、それから下段の方の3項の追加につきましては、課税及び軽減判定に用いる所得の算定について、先ほど御説明申し上げました税条例の個人住民税等の改正によります。それに伴いまして、この内容をこちらの方に反映するということで条例を改正する内容でございます。
 それから2ページになりますけれども、5行下、附則になります。施行期日、第1条、この条例は平成21年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。第1号から第3号まで規定をしてございますけれども、この内容は、所得の算定に用いる税条例の個人住民税の改正に伴う内容でございまして、それぞれ住民税の改正、施行期日に伴いまして、国保税の方の施行期日も規定している内容でございます。
 それから適用区分、第2条になりますが、改正後の介護納付金の課税上限額10万円の規定は平成21年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成20年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例によるという内容でございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認めるので、専決処分する。
 平成21年3月31日 専決 松川村長名。
 平成21年6月10日 報告 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第5号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第6号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第7号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。今回の補正につきましては、事業費の確定、それから執行済みに伴う補正でございます。
 歳出につきましては、社会福祉施設整備基金への積み立てが主な内容でございます。
 計数整理等が主な内容でございますので、各項目での担当課長からの説明につきましては、大きなもののみとさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。
 また、歳出の人件費につきましても、計数整理でございますので、担当課長からの説明につきましては省略をさせていただきますので、お願いを申し上げます。
 それでは、7ページをお願いいたします。第2表繰越明許費補正追加分でございます。款8消防費項1消防費、事業名につきましては地域防災計画策定事業、金額175万4,000円でございます。この内容につきましては、村地域防災計画の中には、県の土砂災害警戒区域指定のデータを反映をさせるということになっております。これにつきまして、県によるこの指定の告示が3月25日となりました。このため、確定データの入手が3月中には困難ということがありまして、策定業務が当初計画期間に完了することができなくなったという内容でございます。
 また、この村の計画案につきましては、県知事の協議が必要であるということで、策定に期間を要するため、繰り越しをお願いする内容でございます。なお、工期につきましては、平成21年6月30日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 その下、教育費の社会教育費収蔵施設管理事業120万8,000円の繰り越しでございます。これは収蔵庫の耐震診断を行っているわけですけれども、見込み以上に老朽化が進んでいるため、診断に時間を要するということで繰り越しをお願いする内容でございます。これも工期が平成21年6月30日まで延長するということで、繰越明許費をお願いする内容でございます。
 8ページをお願いいたします。次のページでございますが、第3表地方債補正、起債の変更でございます。起債の目的、公園整備事業、限度額4,450万円から4,950万円、500万円の増額でございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては変更がございませんので、お願いを申し上げます。
 11ページをお願いいたします。それでは、総務課関係につきまして御説明を申し上げます。
 歳入でございますが、まず村税の個人でございます。1,186万9,000円の増額でございまして、現年課税分が1,009万7,000円。それから滞納繰越分を増額。それから法人につきましても現年課税分、減額となっております。それぞれ収入の確定見込みによるものでございます。個人の関係につきましては94.1%の収納率ということで、0.2%の収納率の減という内容になっております。法人につきましては99%で、プラスマイナスゼロという内容でございます。
 それから、固定資産税につきましても、現年課税分の減額、それから滞納繰越分については増額となっておりますが、収入確定見込みという内容で、固定資産税全体につきましては89.8%の収納率で、0.8%の減という内容でございます。
 それから、軽自動車税につきましても、確定見込みによるものでございますが、総体では0.3%減の93.8%の収納率という内容になっております。それぞれ滞納が収納率減額となっておりまけれども、今後、滞納整理につきましては今後とも努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。
 それから、12ページをお願いいたします。村たばこ税、それから入湯税、それぞれ収入の確定見込みによるものでございます。
 それから、款2の地方譲与税の関係、それから款3の利子割交付金、款4の配当割交付金、それから款5の株式等譲渡所得割交付金、それから消費税交付金につきましては、それぞれ決定によるものでございまして、経済状況によりまして減額等が多くなっているという内容でございます。
 14ページをお願いいたします。自動車取得税交付金、地方交付税、交通安全対策特別交付金につきましても、それぞれ決定によるものでございます。なお、地方交付税の関係、増額となっておりますけれども、特別交付税が1億3,071万9,000円の決定ということで、昨年よりも増額となっている内容でございます。
 17ページをお願いいたします。一番下段になりますけれども、国庫支出金の関係の定額給付金給付事業補助金の減額となっておりますが、これは事務費の減の精算の部分によりまして減額となっている内容でございます。
 それから、19ページの下段、県支出金の総務費委託金、それぞれございますが、確定見込みということで記載のとおりでございます。
 それから、次のページ、20ページになりますけれども、下段の不動産売り払い収入につきましては、法定外公共物の売り払いということで、2件分の計上をしてございます。
 それから、その下の21ページの一般寄附金につきましては、4件の寄附をいただいている内容でございます。
 それから、その下の繰入金につきましては、人づくり、多目的、それぞれ事業の確定によりまして減額、それから増額となっている内容でございます。
 続きまして、25ページをお願いいたします。村債の土木債の関係でございます。公園整備事業債に500万円の増額となっております。これは国の方で財対分で充当率が100%となったということで、500万円の増額をしている内容でございます。
 続きまして、26ページから歳出をお願いいたします。
 総務課関係は、款2の総務費一般管理費から27ページの広報費、財政管理費につきましては、計数整理によるものでございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それから、28ページの財産管理費も計数整理でございますけれども、15の工事請負費につきましては、庁舎改修工事の差金等の関係でございます。
 それから、7の企画費につきまして、19の負担金補助及び交付金の関係でございますが、景観補助等、それから地域づくりの活動支援金の補助金ございますけれども、景観補助につきましては、合計で25件ほどの補助を行っている内容でございます。
 それから29ページ、9の交通安全対策費のところから総合行政情報費、記載のとおりでございます。なお、12の人づくり推進費につきましては、12団体47個人の補助を行っておる内容でございます。
 それから、一番下の14の定額給付金の関係でございます。収入でも御説明いたしましたけれども、それぞれ事務費減という内容でございますので、よろしくお願いを申し上げます。
 それから、30ページでございます。税務関係、人件費が主という内容でございますので、よろしくお願いをいたします。
 それから、31ページの款2の選挙関係、それから統計関係につきましては、計数整理でございますのでお願いを申し上げます。
 続いて、48ページをお願いいたします。下段になりますけれども、土木費の都市計画費の公園費の関係でございますけれども、工事請負費の関係につきましては差金ということで、お願いを申し上げます。
 それから49ページの下、消防費、それぞれ計上してございますけれども、計数整理でございますので、ごらんをいただければと思います。
 それから次のページ、50ページになりますけれども、災害対策費の関係です。委託料でそれぞれ減となっておりますけれども、説明の方に書いてございます、それぞれ入札差金ということでお願いを申し上げます。
 それから、55ページをお願いいたします。社会教育費の7多目的交流施設整備費の関係でございます。それぞれ大きな金額、減額となっておりますけれども、それぞれ入札差金でございますので、お願いを申し上げます。
 総務課関係は以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明の途中ですが、ここで11時15分まで休憩をいたします。
                               午前11時00分 休憩
                               午前11時15分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をします。
 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは環境福祉課関係、まず歳入の方から御説明申し上げます。
 14ページお願いします。11款分担金及び負担金1目の民生費負担金は、老人・障害者関係の額の確定によるもの。
 それから、15ページの2目の関係、保育園関係の額の確定によるものでございます。
 それから、12款1目の民生使用料は、松香荘と就労センターの額の確定によります増減分でございます。
 16ページ、1目の総務手数料は、窓口業務の交付手数料の額の確定によるもの。
 それから、17ページになりますが、13款1目民生費国庫負担金2目の補助金、それから18ページになりますが、3項委託料は、交付額決定によります調整でございます。
 それから、18ページをお願いします。14款1目の民生費負担金は障害者の施設給付費、児童手当費、就労センターの額の確定によります減額でございます。
 それから、19ページの2項1目児童クラブ補助及び在宅福祉係の事業、2節の医療特別給付金補助金は、額の確定によります増減額でございます。
 それから、21ページをお願いします。17款繰越金は老保の特会からの増額でございます。
 それから、22ページをお願いします。19款の諸収入は、福祉医療の貸し付けなしによる減額と、就労センターの事業の確定によります減額でございます。
 それから、23ページの雑入、保育士の副食代、老人デイサービス個人分、児童クラブ、アルミ等の売却代、福祉バスの協力金がこちらの課ですが、いずれも額の確定によります増減でございます。
 それから、24ページお願いします。4節居宅介護支援収入は、国保連合会より事業確定によります増額、7節地域包括支援センター収入は、国保連合会によります事業の確定による減額でございます。
 続きまして、歳出に移りますが、31ページお願いします。2款1目窓口業務の額の確定によるものでございます。
 32ページお願いします。3款1目社会福祉総務費は、事業確定によります計数整理ですが、19節、20節は利用者減によります大幅な減額となっております。それから33ページですが、25節では減額分としまして、社会福祉施設整備基金として2億2,199万1,000円を積み立てを行っております。
 続きまして、2目の老人福祉費13節の委託料でケアプラン作成委託業者が少なかったための減額が主なものでございます。
 34ページをお願いします。3目の医療特別給付費は、福祉医療費確定に伴う減額。
 それから、4目の老人福祉施設は、ゆうあい館と松香荘の実績に伴う計数整理。
 それから、5目の介護保険費は北アルプス広域連合の実績に伴う精算分でございます。
 それから、35ページになりますが、6目の老人医療費は、後期高齢者医療広域連合と村特別会計の額の確定に伴います減額分。
 それから、2項1目の児童福祉費、それから36ページになりますが、2目の保育園費につきましては、保育関係となりますが、ともに実績に伴う計数整理でございます。
 それから、3目の児童手当費は、支払額確定に伴います減額。
 37ページの3項1目授産施設総務費、2目の授産施設運営費は、社会就労センターの実績に伴う計数整理でございます。
 38ページをお願いします。4項1目国民年金事務取扱費、1項1目保健衛生総務費は、額に伴います計数整理。
 39ページになりますが、2目の予防費につきましては、健診等事業確定に伴う計数整理、それから保険センターの管理費、4目の環境衛生費とも実績に伴う計数整理でございます。
 それから、2項1目の清掃総務費、40ページの関係になりますが、2目の清掃費も事業の確定に伴う計数整理となっております。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課歳入関係、15ページ中段をお願いいたします。目2災害復旧費分担金節1農林水産業施設災害復旧費分担金1万2,000円の増額でございますが、昨年9月6日の豪雨災害の災害復旧に伴います受益者負担金の額の確定によるものです。
 続きまして、下段になりますが、項1使用料目2農林水産業使用料節1農村婦人の家使用料12万9,000円の増額ですが、施設使用料、農産物加工使用料とも実績に伴う計数整理でございます。
 目3の商工使用料節1温泉施設使用料の関係では、692万円の減額となっておりますが、すずむし荘の入浴料、宿泊料、使用料とも実績に伴います計数整理でございます。
 また、ページが16ページお願いいたします。節2セピア安曇野使用料16万2,000円の増額につきましても、実績に伴います調整ですので、お願いをいたします。
 17ページをお願いいたします。目3の農林水産業手数料節1林業手数料ですが、ヒガラなどの鳥獣使用許可手数料の額の確定に伴います2,000円の増額でございます。
 21ページ下段をお願いいたします。目4温泉施設及びふれあい交流センター整備基金の関係では、温泉施設すずむし荘の施設の修繕等の額の確定に伴います101万2,000円の減額でございます。
 続きまして、23ページ下段をお願いいたします。目3雑入で節2温泉施設事業収入1,147万3,000円の減額ですが、宴会レストランなどの飲食に伴います特産品販売収入、自販機手数料などの減収が主な内容でございます。
 24ページをお願いいたします。節3の寄って停まつかわ事業収入76万1,000円の減額ですが、レストラン関係の特産品販売収入以下、実績に伴います調整ですのでお願いいたします。
 続きまして、歳出関係40ページをお願いいたします。目3の農業振興費から目6の土地改良費まで、また41ページ下段になりますが、項2林業費目1の林業振興費につきましては、実績に伴います計数整理でございます。
 42ページをお願いします。目1の商工総務費につきましても、実績に伴います計数整理でございます。この中で、22補償補填及び賠償金につきましては、15万1,000円の増額となっておりますが、これにつきましては村独自の経済対策といたしまして、中小企業資金補償料補給金要綱を村独自で制定いたしました。村内の中小企業者で県の中小企業振興資金緊急借換対策枠の融資利用者に対しまして、発生した補償料の2分の1を補助していくというものでございます。その関係での増額でございます。
 目2の観光費につきましては、実績に伴います計数整理でございます。
 目3の交流施設総務費の関係ですが、この中では43ページになりますが、19負担金補助及び交付金66万4,000円の増額ですが、平成7年の村と地元水利組合との契約に基づきます西部山麓地区水路改修工事第2工区の額の確定に伴います負担金の計上でございます。
 25の積立金の関係では、寄って停の実績によりまして、積立基金を350万1,000円増額するものでございます。
 今回の補正を含めまして、総体で1,312万1,000円の積み立てとなります。そのほかにつきましては、実績に伴います計数整理でございます。目4の温泉施設管理費と45ページからになりますが、寄って停まつかわ管理費につきましては、実績に伴います調整でございますので、よろしくお願いをいたします。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係歳入から御説明申し上げます。
 16ページをお願いいたします。4目の土木使用料でございますけれども、村営住宅が36戸、それから特公賃が世帯用16戸、単身用8戸といった形の中で、額の確定に伴います計数整理で、記載のとおりでございます。
 続きまして、23ページをお願いいたします。1節の雑入、下段から3段目でございますけれども、道路維持管理事業といたしまして計上してございますけれども、高瀬川右岸堤防道路の除草並びに雑木の除去で、額の確定によるものでございます。
 続きまして、歳出の関係で46ページをお願いいたします。款7、1目の土木総務費並びに2目の道路維持費、それから4目の交通安全整備施設事業費につきましては、事業確定に伴います計数整理でございます。
 3目の道路新設改良費でございますけれども、17節の公有財産購入費でございます。これにつきましては、村道4−3号線でございますけれども、行きどまり道路の解消を図るために用地交渉をしてまいってきました。交渉経過の中で購入見込みが立ったため、この分につきましては21年度へ先送りしていくといった内容でございます。なお、その他につきましては、記載のとおりで事業確定に伴うものでございます。
 48ページをお願いいたします。4項の1目住宅管理費でございますけれども、事業確定に伴う計数整理でございます。
 それから、49ページの7款の1目施設整備費、2目の国営公園対策費につきましては、計数整理でございます。
 以上でございます。よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続きまして、総務学校課関係お願いいたします。
 歳入で17ページをお願いいたします。下から2番目の4目の教育費国庫補助金でございますけれども、そこに記載のそれぞれの補助金が確定したことによる調整でございます。
 それから1枚めくっていただきまして、19ページをお願いいたします。一番下ですけれども、教育費委託金といたしまして、そこに記載の2つの事業について、委託金がそれぞれ確定したことによる調整でございます。
 続きまして、歳出をお願いいたします。
 50ページをお願いいたします。2目の事務局費でございますけれども、歳入の方で記載のありました学校支援本部事業と、それから子供の健康を守る連携事業、それぞれの確定によります調整でございますのでお願いいたします。それから、その下、スクールバスの運行費につきましては、これは運行実績に伴う調整でございます。
 それから、51ページにまいりまして、小学校費の学校管理費、そして教育振興費につきましては、それぞれ実績に伴う調整でございます。
 52ページお願いいたします。52ページの上ですけれども、20の扶助費で、これ小学校の児童の就学援助費の確定に伴うものでございます。全体といたしまして、小学校では440万円余りの援助費が支出をされております。
 それからその下、中学校費でございますけれども、これもそれぞれ学校管理費、教育振興費とも事業の実績によります調整でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは公民館関係お願いします。
 歳入で、16ページお願いいたします。5目の教育使用料でございますが、実績に伴います計数整理ですので、よろしくお願いします。
 続きまして、歳出53ページをお願いいたします。社会教育費の1目の社会教育総務費、それから2目の公民館費、それからめくっていただきまして、54ページの3目からの図書館費、そして4目生涯学習推進費、それから次ページの55ページの7目多目的交流施設整備費、それぞれ実績に伴います計数整理でございますので、よろしくお願いいたします。
 それから、その下の保健体育費2目の体育施設費でございますが、これにつきましても実績に伴います計数整理でございます。
 1点、53ページの25節積立金でございますが、多目的交流施設整備基金の利子の積み立てでございますので、よろしくお願いいたします。
 それから、55ページの多目的交流施設の工事費、それから備品購入費等、減額多いわけでございますが、入札差金等の実績でございますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑をする際は、ページ等を明示しながらお願いをいたします。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) すみません、細かいところでちょっとわからなかったので、47ページの公有財産購入費で、行きどまりの土地というお話、4−3号線は、すみません、どこなのか教えていただければと思います。
 それと、50ページの13の委託料、生活習慣病の予防健診の件なんですけれども、これと直接関係があるのか、△の6,000円となっているので、このことについても改善がなされてなのか、該当者がいないのか、その辺のところをなぜ減ったかを教えていただきたいのと。
 53ページの25の積立金ですけれども、基金積立、先ほど説明ありましたけれども、基金積立して、これから68万3,000円ですが、今後、多目的文化施設建設事業基金の中に積み立てて、今、どんなふうに今後使っていくのか、一たんそういう形で締めにしていくのか、利用する中でいろいろ不具合とかもあったりすると、そちらの方へ振り向けることができるのか、その辺のところもお聞かせください。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、先ほど申しました4−3号線の関係でございますけれども、宮本農機さん西側から入っていく道路でございます。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 50ページの関係でございますけれども、これは子供の健康を守る連携事業ということで、長野県で松川村だけが指定を受けて、県との連携事業をいうことでやってきたものでございます。この経費については、すべて県の方から委託費として村の方に交付をされたものでございます。この委託料につきましては、血液検査を信大の方へお願いするわけなんですけれども、この実績に伴っての残でございます。ですから委託料という額の中で、これだけ残があったということの調整でございますのでお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 多目的文化施設建設事業基金の内容でございます。この関係、建設の関係が終了したということで、今後は大体1億2,000万円強という基金残高になろうかと思います。これにつきましては、一応建設に充てるための基金ということで清算等ございまして、今回6月の議会には上程してございませんけれども、9月につきまして基金廃止の条例を提出していただき、この基金を一般会計に繰り入れて、そのときに、ほかの基金に積むとかどうするかにつきましては、そのときに御説明をしたいと思いますけれども、一応9月に廃止をするという予定でございます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今、教育長さんから御説明ありました、50ページの生活習慣病の予防健診をしているのは3年間ですか、2年間ですかね。委託でやってきているんですが、ここで言うのも変な質問かもしれませんが、改善がされたのか、よかったのか、その結果はどんなふうなのか、教えていただければと思います。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 今まで村独自でやってきたわけなんですけれども、この20年度において、初めて文部科学省の委託事業として取り込んでいただきました。この報告につきましては、今年の2月に県の教育委員会の方でまとめまして、村の方に届いております。この後、21年度もこの事業があるということの中で、村では手を挙げておりますので、引き続きこの調査は続けていきたいといういうふうに思っております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありますか。井上議員。
◆11番(井上直昭君) この中で工事請負費、差金等の関係で大分各課ごとに出ているわけなんですが、これ私、要望といいますかね、といいますのは、一応入札して、そしてある程度仕事をとると、そのときに設計書に基づいて仕事を進めて完了するわけですが、中には、ここをちょっとこうにやってくれないかっていうようなことを言われると。これは業者とすれば、もうどうしても仕事をとりたいというために、またこの次もということがあって、どっちかというと、正直な話は、しようがないなというようなことになるんじゃないかなとは思います。
 そういうことの中で、やはりそういう場合は設計変更して、できれば少ない金額でもやっていただければ本当はありがたいなとは思うんですが、ちょっとそういうことも、ちょっと聞いたことがありますので、その辺現状はどうか、ちょっとお聞きしたいんですが。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) その件につきましては、年度当初、あるいは年度途中で補正等で、その必要な改良費等については計上させていただいております。先ほど申しましたように、入札によりまして差金が出るといった中で、必要なものにつきましては、当然、設計変更しながら見ているといった状況でございます。どういう関係で、その今の言葉を解釈しますとサービスというようなことがあろうかと思いますけれども、必要なものについては計上した形で、こういった形で上げさせていただいているといったのが実態でございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第6号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第7号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第5号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、専決第7号につきまして御説明申し上げます。
 今回の専決補正予算につきましては、歳入額確定によります計数整理と、歳出におきましても保険給付費確定に伴う減額が主なものでございます。
 7ページをお願いします。まず歳入ですが、1款1目、2目は一般と退職の税額の確定によるものでございます。
 2款につきましては、督促手数料確定によるもの。
 それから8ページ、3款の国庫支出金につきましては、額の確定によるもの。
 それから、3目の特定健康診査等負担金につきましては、医療制度改革によりまして、平成20年度からの新規事業分の額の確定によるものでございます。
 それから、9ページから12ページの諸収入まで、それぞれ交付決定額等の計数整理ですので、ごらんをいただきたいと思います。
 このうち、10ページになりますけれども、9款の繰入金の関係ですが、当初一般会計からの借り入れを3,800万円、それから補正で支払準備基金からの取り崩し1,555万3,000円を予定しておりましたけれども、支払額の確定により、基金の取り崩しは行わないということで減額補正をさせていただきました。
 それから、歳出の関係になりますが、13ページをお願いします。1款の総務費は記載のとおりでございます。
 それから、2款1項の療養諸費につきましては、一般・退職の保険者の療養給付費の支払額確定による減額でございます。
 それから、14ページお願いします。2項の高額療養費、3項の移送費についても額の確定による減額でございます。
 それから、16ページをお願いします。3款、4款は平成20年度より開始されました後期高齢者医療制度によります新規項目で、額の確定によります減額。
 それから、5款から次ページの7款までは支払額確定によります減額。
 8款につきましては、特定健診の新規事業分の事業確定によります事業整理でございます。
 18ページをお願いします。9款、支払額の確定に伴いまして、支払準備基金積立1,890万6,000円の積み立てを行っております。これによりまして、平成20年度末の基金は約9,000万ということになる予定でございます。
 それから19ページ、10款以降は記載のとおりですので、ごらんをいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 税収のところで減になっているんですが、ここのところをパーセントはどのくらいの収納率になっているんでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 収納率が20年度82.3%ということで、マイナス2.5%という徴収率となっております。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 一般会計の方の税収もそうですし、この税収も相当落ち込んでいて、この辺について、特別、一応新しい係も設けながらされているんですけれども、何か新しい手だてで、今、県の方でもその辺について特に力を入れてやっていくといって、きのうも会議があったという新聞の報道もありますけれども、その辺のところで、何か手だてをされていることについてお聞きしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 収納率減となっているというような状況でございます。収納係係長、それから職員1名ということで2名体制で行っております。内容につきましては、大口の方が何名かいらっしゃるという部分が、非常に大きなウエートを占めている部分があろうかと思います。
 それから、県の関係につきましては、住民税の滞納額が50万円以上、住民税ですね、その部分について、一緒に対応していただいているという部分はありまして、何回か村の方へも来ていただいていますし、連絡をとって対応はしております。
 催告、それから給与照会、それから差し押さえも若干しておりますけれども、差し押さえをした部分につきましても、ほとんど配当がないと。それから、その部分にあわせまして、3年間の執行停止というような形になっておりますので、その部分につきましては、徴収はほぼできないという部分があります。そういう部分がありまして、今後も催告、それから徴収は力を入れて、特に係ができたというような部分がありますので、今後とも徴収に努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 国保はまた別、特別会計でやっているものですので、100人のうちの18人が納めていないということになるということは大きいことでありまして、やっぱり税の公平ということもありますし、事情のある場合はしようがないんですが、その辺のところを、もうちょっとまた抜本的な対策も考えられて、ぜひ取り組んでいただきたいというふうに思いますので、お願いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 国保税につきましては、非常に多くの滞納ある方については、一月ということで保険証を出して、必ず窓口へ来ていただきたい。それから、うちの方も徴収で訪問をしてやっているというような状況ですけれども、分納誓約をしていただいて支払っていただきますけれども、例えば20万ある部分で、また今年国保の部分が出てきてしまうということで、現年分を納めてもらうのが精いっぱいというような状況の方もいらっしゃいます。
 それから、短期のものを出しますけれども、医者へかからないまで来ないとか、いろんな状況がありますので、個々の国保の被保険者の方の状況を見て、今後とも対応したいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 御苦労さまだと思います、この件については。本当にいろいろ、いろんな手を尽くしていただいているということで理解はさせてもらいますけれども、やはり納めている人たちが、逆に言うと今回の法改正で、今ままで9万だった上限が10万になるというようなことで、先ほどの法改正もありまして、また負担が重くなると思います。やっぱり税金というものに対する、例えば少し怠けてというか、余りあいまいに考えて納税をしないというようなことのないように、やっぱり学校教育の中でも、ぜひ税の、自分たちが払っていかなきゃいけないというようなこともぜひ取り込んでいくような、そういうことをやっていっていただきたいなということを、かねがね思ったり進言しているんですが、そのことでもぜひ取り組んでいっていただきたいというふうに思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 当然、税、それから国保税につきましては、お支払いをしていただくということが当然義務という形になっております。広報、それから防災行政無線では納期、それからこういうことでお支払いをお願いをしたいということで、お願いをしている部分がございます。
 それから、租税教育協議会というのがございまして、小中の租税教育ということで学校に出かけまして納税の大切さ、それから標語の募集ということで、子供のときから税の大切さを周知といいますか、啓発をしているような部分がございますけれども、なかなか大きくなっていろんな御事情がある部分がございますので、今後ともPRはしていきますけれども、なかなか御事情がある部分がございますので、それぞれ納税者の方の、それぞれの個々の対応をしていきたいという部分は、一番大切だというふうには思っております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第7号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 ここで1時まで休憩といたします。
                               午前11時51分 休憩
                               午後 1時00分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 続いて、専決第8号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、専決第8号の御説明を申し上げます。
 今回の専決補正予算につきましては、歳入歳出とも支払額確定によります計数整理でございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、1款から3款までは支払基金、国・県の額決定によります計数整理でございます。
 6ページをお願いします。4款につきましては、前年度精算分を含む額確定によります減額でございます。6款は記載のとおりでございます。
 続きまして、歳出、7ページでございますが、1款の医療諸費としまして、老人医療費給付分の額確定によります減額分です。
 それから、2款1目一般会計繰出金につきましては、平成19年度分の精算によります一般会計への繰出金でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第8号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第9号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 専決第9号につきまして、御説明申し上げます。
 今回の専決補正予算につきましては、歳入歳出とも支払額確定によります計数整理でございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、1款は保険料の額決定によります増減でございます。
 2款以降、6ページまでの8款まで、額の確定によります計数整理でございます。
 続いて、7ページの歳出ですけれども、1款の総務費は、事務に係る額確定に伴います計数整理。
 2款につきましては、広域連合に支払う額の確定によります負担金の減でございます。
 次のページの予備費は、記載のとおりでございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第9号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第10号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、専決第10号の御説明を申し上げます。
 今回の専決補正予算につきましても、歳入歳出とも額確定によります計数整理でございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、1款1目公園墓地使用料ですが、永代使用料6聖域の販売を含む金額でございます。
 それから、次ページの歳出になりますが、1款の総務費につきましては、事業費確定に伴います計数整理。それから25節でその分の積み立てを行うものでございます。これによりまして、積立金約1,270万となる見込みでございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第10号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第11号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、専決第11号の御説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、事業確定に伴う計数整理が主な内容でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入の部で、款1の使用料及び手数料1目の土木使用料、並びに款2の繰入金1目の一般会計繰入金につきましては、事業確定に伴う計数整理でございます。
 次ページ、6ページをお願いいたします。歳出の関係では、1款総務費の1目一般管理費、事業確定に伴う計数整理でございます。
 2款の公債費、元金ですけれども、事業確定に伴う計数整理で記載のとおりでございます。
 以上、よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第11号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第12号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、専決第12号の御説明を申し上げます。
 歳入歳出ともに事業実績に伴います計数整理でございますので、お願いいたします。
 それでは、歳入の部で5ページ目をお願いいたします。1目の下水道負担金でございますけれども、これにつきましては、全納分納とございますけれども、全納がかなりふえたという内容で増額になってございます。
 2款から、次ページの6款諸収入までにつきましては、計数整理でございます。記載のとおりでございます。
 7ページの歳出をお願いいたします。1目の下水道管理費につきましては、事業確定に伴う計数整理でございます。
 2目の下水道管理費につきましては、これにつきましても計数整理でございます。記載のとおりでございます。
 公債費につきましては、事業確定に伴う整理でございます。
 予備費につきましても、事業確定に伴いまして計数整理をさせていただいた内容となっております。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第12号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第13号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、専決第13号の御説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、事業の確定に伴う計数整理が主な内容となっております。
 それでは、4ページをお願いいたします。収益的収入及び支出、第3条関係でございますけれども、水道事業収益、水道料金でございますが、3.4%ほど収益がふえているといった内容でございます。営業外収益につきましては、計数整理でございます。
 支出、5ページ目をお願いいたします。2目の配水及び給水費でございますけれども、道路復旧費といたしまして減額になっております。これにつきましては、漏水工事がなかったということで減額でございます。
 それから、3目の総務費、賃金でございますけれども、昨年6月より臨時職員を取りやめて職員で行っているといった関係で、減額となっております。
 次ページ、6ページお願いいたします。4目の業務費でございますけれども、これにつきましては、メーターの検針委託をしているわけでございますけれども、その入札差金でございます。
 5目の減価償却費につきましては、管並びにポンプの更新によるもので、事業確定による減額となっております。消費税の関係で若干ふえておりますけれども、工事がないということで、消費税がふえているといった内容でございます。
 資本的収入及び支出、第4条関係でございますけれども、収入につきましては、記載のとおり計数整理でございます。
 支出につきましては、工事請負費、これは工事の関係でございますけれども、入札差金といった内容で計数整理をしている内容でございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、専決第13号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、報告第5号 平成20年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書についてを議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。1枚おめくりをいただきまして、平成20年度松川村繰越明許費繰越計算書の関係でございます。
 一番上、事業名の関係で定額給付金給付事業繰越額ですが、1億6,320万円となっております。既収入、それから未収入、特定財源、両方とも定額給付金事業補助金の内容でございます。
 次の子育て応援特別手当事業599万8,000円の繰り越しでございます。未収入のところで、これも交付金で599万8,000円の特定財源を見ております。
 3行目になりますが、商工総務事務費プレミアム商品券の関係でございますが、繰越額が1,627万5,000円、特定財源は交付金となっております。
 その下、道路新設改良事業3路線部分でございますが、繰越額4,664万7,000円でございます。特定財源も交付金でございます。
 その下、公園整備事業第3工区の関係で、繰越額1,125万円でございます。既収入特定財源につきましては国庫補助金、未収入につきましては起債でございます。
 その下、地域防災計画策定事業175万4,000円の繰り越しでございます。一般財源の対応となっております。
 その下、収蔵施設管理事業120万8,000円の繰越額でございます。一般財源の対応でございます。
 一番下になりますが、体育施設整備事業4事業合わせまして繰越額2,419万2,000円の金額となっております。特定財源につきましては交付金となっております。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑がありませんので、以上で報告を終わります。
 続いて、議案第37号 平成21年度松川村一般会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 今回の補正の主な内容につきましては、歳入では地方交付税、国庫補助金等の増額。歳出では土地改良事業、また道路改良事業等の事業増が主な内容でございます。
 なお、人件費関係につきましては、人事異動に伴うものが主なものでございますので、担当課長からの説明は省略をさせていただきます。よろしくお願いをいたします。
 それでは、6ページをお願いいたします。総務課関係歳入でございます。一番上段、地方交付税3,310万4,000円の増額でございます。
 それから、6ページの一番下になりますけれども、土木費国庫補助金890万円の増でございます。これはまちづくり交付金としまして810万円を道路事業、80万円を役場庁舎の舗装工事の方に充当する内容でございます。
 7ページの目5総務費県補助金で110万5,000円の増額でございます。元気づくり支援金事業2事業の採択分94万9,000円。それから、地方消費者行政活性化事業補助金、これは県の基金より交付といいますか、補助される内容でございますが、15万6,000円の増をお願いをする内容でございます。
 それから、一番下の県委託金の総務費委託金の関係で7万8,000円の増額でございます。これは統計調査費委託金でございまして、学校基本調査交付金が4,000円、経済センサスが7万4,000円の増をお願いするものでございます。
 8ページをお願いいたします。下段の雑入でございます。527万5,000円の増額です。一番上の消防団員退職報償金としまして70万3,000円の増額、コミュニティ助成事業、これはAEDの設置になりますが、100万円が採択になりました。
 それから、市町村振興資金ほかということで、主な内容は、宝くじ配分金367万2,000円、これは昨年度のサマージャンボの交付金という内容です。それから10万円減額になっておりますけれども、これはウオーキングイベントを実施するということで、参加者負担金を10万円を予定しておりましたけれども、この事業が観光協会の方へ移行したという関係で減額となっております。
 それでは歳出をお願いいたします。一般管理費29万7,000円の減額でございます。人件費等ございますが、19負担金補助交付金の関係で、長野県町村会への負担金2,000円の増額で金額が確定したためでございます。
 目の6財産管理費1万1,000円の増額でございます。賃金でございますが、臨時職員といたしまして、清掃等のために臨時職員の雇用という関係でございます。
 7の企画費28万8,000円の増額ですが、7の賃金、28万8,000円となりますが、これは総合計画等のアンケート集計等の臨時職員をお願いする内容でございます。
 それから、目10消費者行政費15万7,000円の増額でございます。歳入のところで、県の基金というようなお話をしましたけれども、消耗品費ということで、悪徳商法撃退ステッカーということで、電話のところに張っていただくようなステッカーを作製いたしまして、全戸配布をしたいというふうに思っております。
 10ページをお願いいたします。一番下の委託統計調査費7万8,000円の増額でございます。これは1報酬として6万3,000円、経済センサスの調査員の報酬でございます。その下、需用費1万5,000円、消耗品費となっておりますが、学校基本調査、また経済センサスの関係の消耗品を計上してございます。
 16ページをお願いいたします。一番下段になりますけれども、消防費の非常備消防費11万9,000円の増額でございます。これは歳入でもございましたが、6恩給及び退職年金ということで11万9,000円の増額、これは退職報償金としまして11人分の増分を計上しているものでございます。
 それから、その次のページの17ページの上段になりますが、4災害対策費115万3,000円の増額です。11消耗品費5,000円、それから18備品購入費114万8,000円でございますが、備品購入費ではAED2台をコミュニティの助成事業で受けまして、グリーンワークとかぶろ会館の方に設置をしたいと思っております。消耗品につきましては、宝くじマークを備品に張りつけるため、消耗品で購入をしていくという内容でございます。
 19ページをお願いいたします。目の7多目的交流施設整備費でございます。210万円の増額でございます。これはまちづくり交付金事業の関係でございますが、庁舎の東側の駐車場を舗装する予定でございました。そこのところの川沿いのところに土地改良区の土地がございまして、それが寄附をしていただけるという関係で、分筆等の測量業務に10万円、それから面積、それから水路等の布設がございまして、200万円の増をお願いする内容でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、環境福祉課関係御説明申し上げます。
 まず歳入の部から、6ページをお願いします。13款国庫支出金1目の民生費国庫補助金ですが、1節で社会福祉補助金4万4,000円ですけれども、手話奉仕員の養成研修事業の回数増に伴います2分の1補助でございます。
 それから、子育て応援特別手当交付金28万8,000円ですが、人数確定によります6名分10分の10でございます。
 次ページ、2項の県補助金1目の民生費県補助金ですが、1節の社会福祉費補助金64万3,000円ですけれども、高齢者に優しい住宅改良促進事業、県の2分の1分で31万5,000円。地域生活支援事業、これが先ほど申し上げました県の補助金の4分の1分、2万2,000円の計上。それから居宅福祉事業、タイムケア分としまして県単事業で2分の1分で12万円の計上。それから妊婦健康診査特例交付金2分の1補助で18万6,000円の計上でございます。
 それから、11ページをお願いします。歳出になりますが、3款1目の社会福祉総務費ですけれども、7節の賃金減額の237万2,000円ですが、準職の減員に伴います賃金の減。それから8節の報償費ですけれども、先ほど申し上げましたが、手話通訳にかかりますフォローアップ分の開催増によります奉仕員の講師謝礼分が4万9,000円。それからアシスタントの謝礼としまして4万9,000円と4万円の計上です。19節の負担金補助金及び交付金63万円ですけれども、障害者の住宅改良事業としまして、住宅改修分1件分の63万円の計上でございます。それから、20節の扶助費24万円ですけれども、タイムケア利用者増が見込まれるため、24万円の増額の計上です。
 続きまして、下段になりますが、4目の老人福祉施設費ですが、需用費としまして松香荘のタイルの補修としまして、13万4,000円の計上でございます。
 12ページをお願いします。2目の保育園費になりますが、7節の賃金としまして178万6,000円ですけれども、育休代替分の臨時職員、それから長期の加配保育士が必要となりまして、その分の賃金の計上でございます。
 それから、4目の子育て応援特別手当で28万8,000円ですが、先ほども申し上げましたが、3万6,000円の8名分、28万8,000円の計上でございます。
 それから、4款衛生費の7節の賃金、臨時職員としまして26万9,000円の計上でございます。
 2目の予防費になりますが、19節の負担金補助金及び交付金57万3,000円ですが、妊婦健康診査補助金としまして計上してございますが、内訳としまして、妊婦健診5回が6名、9回が6名、それから超音波が6名という内訳となっております。
 それから、13ページになりますが、2項清掃費1目の清掃総務費の報酬ですけれども、生活環境等推進審議会の延べ3回分の計画をしております。これから諮問をしていく案件がございますので、ここへ計上させていただきました。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課、歳入関係、6ページ中段をお願いいたします。目2農林水産業費負担金節1農業費負担金240万円の増額ですが、国の経済危機対策によりまして、22年度に予定していた西部山麓地区水路改修工事の1年前倒しに伴いまして、地元負担金を計上するものでございます。総事業費2,000万円の12%でございます。
 7ページ中段をお願いいたします。目2農林水産業費県補助金節2農業費補助金1,030万円の増額ですが、今御説明いたしました、西部山麓地区水路改修工事の22年度からの前倒しに伴います農山漁村活性化プロジェクト支援交付金の計上でございます。
 節3の林業費補助金では5万円の増額でございますが、森のエネルギー推進事業ということで、ペレットストーブ導入への補助を計上しておりましたが、国の経済対策によりまして、県の補助額が5万円から10万円に引き上げられたための増額でございます。
 目6商工費補助金節1の観光費補助金900万4,000円の増額ですが、国の経済対策によりまして創設されました、ふるさと雇用再生特別交付金として91万1,000円、緊急雇用創出事業交付金としまして809万3,000円、それぞれ計上するものでございます。この交付金を活用した事業につきましては、後ほどそれぞれ担当課より説明させていただきます。
 続きまして、歳出の関係。13ページ下段をお願いいたします。目3の農業振興費76万5,000円の増額ですが、県の元気づくり支援金を活用しまして、道の駅を拠点とした農産物販売などの地産地消に向けた、今後の検討をしていくための経費でございます。
 内訳でございますが、1報酬では、検討委員の報酬として12万円の計上でございます。9旅費では、直売所の先進地と言われております大分県などへの視察研修に伴います6名分の旅費でございます。11需用費では、消耗品として1万5,000円を計上してありますので、よろしくお願いいたします。
 14ページをお願いいたします。目4の地域営農支援事業費16万円の増額でございますが、すずむし荘を拠点に実施しております各種体験事業でございますが、今まで参加費の中から施設利用料などを差し引いておりましたが、今回、参加費と施設利用料を明確にするための、今回調整、計上でございます。
 目6の土地改良費2,020万円の増額でございますが、歳入でも説明いたしましたが、需用費以下、工事請負費まで、西部山麓水路改修工事に伴いますそれぞれ増額でございます。
 続きまして、項2林業費目1の林業振興費605万2,000円の増額でございますが、11需用費につきましては、元気づくり支援金を活用する中で、マツタケの産地を形成するための研究事業として、くま手などの消耗機材関係で20万円の計上でございます。13委託料の村有林造成事業では370万2,000円の計上ですが、歳入で御説明いたしましたが、緊急雇用創出事業を受ける中で、現在実施済みの緩衝帯の下草刈り実施に向けた委託料でございます。また、松林健全化整備事業につきましては、松くい虫被害木の伐倒、また薫蒸処理にかかわる業務委託210万円でございます。19負担金補助及び交付金では、歳入で御説明いたしましたが、県のペレットストーブ事業補助金の増額に伴う計上でございます。
 15ページ中段をお願いいたします。目2観光費80万6,000円の増額ですが、12役務費では、元気づくり支援金で要望いたしました田園空間ウオーキング事業が観光協会の事業主体で採択となったための広告料の減額でございます。13委託料では、こちらも歳入で御説明いたしましたが、ふるさと雇用再生特別交付金をいただく中で、村観光ブログ作成に向けた観光協会への委託として、91万1,000円の計上でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係をお願いします。
 15ページをお願いいたします。3目の道路新設改良費で2,433万円の増額をお願いする内容でございますけれども、現在、経済対策といたしまして前倒し発注いたしました3−13号線、これにつきましては、対象外事業といたしまして既存道路の改修分が出てきたといった内容と、舗装の取りつけ等に400万を増額をお願いする内容でございます。
 また、本年度予定しております2路線、2−13号線と4−3号線でございますが、まちづくり交付金事業の関係でございます。これにつきましては、用地交渉経過によりまして、道路構造物が若干変わってきたといった内容と、先ほど専決補正でも御説明申し上げましたけれども、新たに新設される道路がふえたといった形で、合わせまして950万円増額をお願いするものでございます。それから17節の公有財産購入費600万でございますが、先ほど説明しました20年度で専決を落とした部分を、今回上げさせていただいてございます。
 それから補償補てん及び賠償金でございますが、483万円、これにつきましては、NTTと中電の電柱移転の補償でございます。この増額による内容といたしましては、光ケーブルが乗っかっているというような形で、大幅に1本単価の移設費が上がったといった内容で、今回増額をお願いする内容でございます。
 次ページの16ページにつきましては、施設整備費につきましては人件費ということで、記載のとおりでよろしくお願いいたしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続きまして、総務学校課関係お願いいたします。
 8ページをお願いいたします。歳入の関係でございますけれども、一番上で教員住宅の貸付料につきまして、198万円の減額をお願いいたします。これにつきましては、この21年度から県の制度改正によりまして、教職員住宅に、これは各市町村が持っているものも含めてなんですけれども、この教職員住宅に入居する職員に対して、県では住居手当を支給しないということになりました。それ以外の民間等につきましては、今までどおり住居手当が支給をされます。従いまして、教職員住宅に入っている職員とそれ以外では、大きな個人負担の差が出てまいります。
 こういったことから、松川小中に勤務する教職員の福利厚生の促進という、この住宅の設置目的によりまして、今回、この4月から村の教職員住宅の貸付規定を改正いたしまして、減額をしてございます。具体的には、住居手当を支給された場合の個人負担に相当する額ということで改正をしております。そういったことで総額198万円の減額となりますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、続いて歳出の方をお願いいたします。18ページをお願いします。18ページの小学校費ですけれども、1目の学校管理費につきましては、13の委託料は学校施設の設備の修繕関係の工事の設計を委託していく内容でございます。それから、18の備品購入につきましては、印刷機が修理不能となりまして、1台購入したいのと、それから自動チャイムを購入したいということでございます。この自動チャイムにつきましては、学習指導要綱の変更によりまして、授業の終了時間が低学年と高学年では違うために、プログラムのコントローラーを買ってきたいという内容でございますので、お願いいたします。
 それから、先ほど経済課長の方から説明がありました、緊急雇用創出事業につきまして、この総務学校課では3つの事業に計上してありますのでお願いいたします。
 その下、教育振興費の中の財源内訳の中で48万5,000円を計上しておりますけれども、これについては、小学校の5・6年生に外国語活動がこの4月から導入されております。この外国語活動を支援するための支援職員の賃金でございます。
 それからその下、中学校費になりますけれども、ここの財源内訳の中で241万4,000円を計上してございます。これは中学校で不登校とか、あるいは教室に入れない生徒のために、村費で適応指導のための常勤の教員を1名配置するという内容のものでございます。
 それから、19ページにまいりまして、6目の収蔵施設管理費で、財源といたしまして105万1,000円を計上してございます。これは安曇節の資料とか民俗資料、あるいは遺跡から発掘されました土器等の整理作業を行っていただくための賃金でございます。
 それから1つ飛びまして、8目の社会教育振興費で10万2,000円の報酬を計上してございます。これは4月からスタートいたしました放課後子どもプランの運営委員の報酬でございます。17名の3回分を予定しております。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係お願いします。
 歳出、19ページをお願いいたします。2目の公民館費でございますが、役務費の9,000円につきましては、図書館の入り口にマット2枚を設置をして、管理上万全を期していきたいということでございます。それから工事請負費につきましては、交流センターのフローリングの部分につきまして、管理上やはり床面の自然塗料、ワックスがけをしていきたいということで計上させていただきました。
 それから、3目の図書館費でございますが、5,000円ですが、県の図書館協会の負担金ということで、お願いをいたしたいと思います。
 それから、保健体育費の1目保健体育総務費でございますが、旅費の関係につきましては、体育指導員の研究大会等の旅費でございます。
 それから、体育施設費でございますが、消耗品で9万5,000円でございますが、中央公園の樹木の銘板、これを設置をしていきたいということで計上させていただきました。
 次ページ、20ページでございますが、委託料で79万4,000円でございますが、南部会館の耐震調査、それから外部調査の中で屋根、壁、とい等の補修が必要ということの中で、設計をしていきたいということで計上させていただきました。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、これから質疑を行いますが、ページ等を明示してお願いをいたします。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 1件ですけれども、17ページのところの備品購入費4の18でAEDを設置するというお話だったというふうに聞きましたが、このかぶろ会館、グリーンワーク、そのほか村内で、今、救急医療についての講習会等をやっておりまして、いざというときに、そのAEDの使い方なんかもやっているわけなんですが、公の施設でどのような設置になっているのか、ちょっと教えていただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(白澤繁君) 現在の設置状況は、役場、すずむし荘、小学校、中学校、それからスポーティプラザに各1台ずつ設置になっております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。新村議員。
◆7番(新村久仁男君) 14ページの5款の2項13節で委託料ですね。先ほど210万という話でありました。この松の被害がもう出ているという中で、監視員をふやして早目に、要するに薫煙等を行っていくような、そういう体制をとれるのかどうか。この金額の中では駆除事業ので終わってしまうんじゃないかと思うんだが、これも入っているのかどうか聞きたいと思うんですが。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 巡視員の皆さんの経費は、ここには入っておりません。この210万円につきましては、伐倒また薫蒸処理、樹幹注入等の経費でございます。
○議長(甲斐澤明君) 新村議員。
◆7番(新村久仁男君) 実は、8日の日にこの会議ありましたけれども、池田町は17年に1だったのが1,200倍くらいでしたかね、ものすごい数になっちゃっているんですよ。だから早目にその対策をとっていくことが、あとで経費をかけなんで済むような、そういう状況になろうかと思うんですよ。だからその辺のところの対策とれているのかどうか、お聞きしたいと思うんですが。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 現在お2人の監視員の皆さん、精力的に巡視していただいております。このお2人は、特に山に精通している専門的なお2人でございます。当面はこのお2人に巡視をお願いしていくということで、増員等は現時点では考えておりません。
○議長(甲斐澤明君) 新村議員。
◆7番(新村久仁男君) そのときに村長、下からこう見たじゃあなかなか難しい部分あるから、ヘリ等、地上でなくて空から見て、早目に対策とるようなことも必要じゃないかというような話あったんですが、何かそういうような機会を早くとらえて、被害を早目に発見して、早目に対策とるというような、そういう考えを持っているのか。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 実は2週間ぐらい前に、県地方事務所林務課の方でヘリを飛ばせました。大町方面、また松川方面の中で、そういった枯損木の有無について、今現在確認ができている状況でございます。
○議長(甲斐澤明君) 新村議員。
◆7番(新村久仁男君) 要望みたいな形になるんですが、早目の何しろ発見と、それから対処をしてもらいたいと思うんですが。遅くなればなるほど被害が拡大してくるんだろうと思いますので、経費もかかりますし、お願いしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。佐藤議員。
◆12番(佐藤節子君) 14ページの一番上ですけれども、地域営農支援事業の関係で先ほどの御説明を伺いました。その中で、例えばその施設はすずむし荘だけですか、それに対象するのはね。それから、あとはその利用者としてもう少しわかりやすく、一体どういうふうになるのか、ちょっと教えてください。もう少しお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) 御説明いたします。従来、例えば参加料、体験の2,000円という料金設定した中で、食事代ですとか入浴料についてさっ引いたものを収入として入れていた状況です。今回わかりやすくするために、参加料については参加料としての入金、また歳出の中でかかった経費について計上していくと、そういった方向に変えていきたいということでの、今回補正でございます。
○議長(甲斐澤明君) 佐藤議員。
◆12番(佐藤節子君) 今まで使ってみて、やっぱりその方がいいかなあと思っていましたので、ぜひそんな形で。わかりました、はい。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 18ページの教育費のところで、教育振興費48万5,000円、外国語の指導ということで48万5,000円ですが、どのような形でやっていくのかなということをお聞きしたいと思います。
 それと、もう1つですけれども、その下のページの教育費の社会教育振興費の中で、報酬で10万2,000円、17名×3回というお話でしたけれども、現在の体制とか、その辺報酬の体系とか、その辺をどのような形でやっているのか、何名体制とか、その辺をお聞きしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) それでは、小学校の教育振興費の外国語授業の支援の関係ですけれども、新しい学習指導要領が、移行措置として今年からこの外国語授業が、松川の小学校で取り入れられております。それで担任がこの授業を行うというのが原則でございます。しかし、担任のみではなくて、それをサポートしてくれる専門の先生についていただくと。したがって、2人で授業をやるということで今やっております。そういった中で、このもう1人の先生は時給で来ていただくということでやっております。
 今回、この予算計上したのは、総事業費の半額でございます。半年分だけこの事業に乗っかって予算を組んでありますけれども、全体では1年で1,000時間組んであります。時給の先生でお願いしております。今のところ予定では日に5時間くらい来ていただいて、ほかの学習支援の方も面倒見ていただくと。英語のみならず学習支援もやっていただくということでお願いしております。
 それから、この報酬の関係ですけれども、これはあくまでも放課後子どもプランの運営委員の報酬でございます。運営委員会の報酬です。今までは児童クラブには運営委員会という組織がございまして、それでやっていたんですけれども、今度、放課後子ども教室と児童クラブと合わせた放課後子どもプランの中の運営委員会を、新しく設置いたします。その委員を今17名で、年に3回くらいやるということで、今回10万2,000円を計上したところであります。
 それからスタッフ等の、あるいは指導員等の賃金等につきましては、これは当初予算で全部組んでありますので、お願いいたします。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 先ほどのAEDのことですけれども、AEDがあるということを入り口に示したり、それから広報等で、ここにありますよということを一度周知していただきたいなと思いますが、広報じゃなくてもいいので、村民にここにあるということを知らせていただきたいと思います。お願いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(白澤繁君) はい、広報に努めていきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第37号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第38号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、議案第38号の御説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、人事異動に伴います人件費の減額補正をお願いする内容でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入の部で、基金繰入金を減額を補正する内容でございます。
 次ページの歳出でございますけれども、先ほど言いました人件費分で614万9,000円の減額。
 2の公債費につきましては、減額によります財源振替でございますので、よろしくお願いしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第38号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 請願・陳情の委員会付託
○議長(甲斐澤明君) 続いて、日程第6 請願・陳情の委員会付託を行います。
 お手元に配付の請願・陳情についてを議題とします。
 ただいまから請願・陳情を各委員会に付託します。
 請願について
 件名 「義務教育費国庫負担制度の堅持」を求める請願書
 請願者 松川村7016−1、長野県教組大北支部松川村単組 代表者 岡江都志勇
 紹介議員は、平林寛也議員です。
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 30人学級の早期実現、教職員定数増を求める意見書提出に関する請願書
 請願者 松川村7016−1、長野県教組大北支部松川村単組 代表者 岡江都志勇
 紹介議員は平林寛也議員です。
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 長野県独自の30人規模学級の中学校全学年への早期拡大と複式学級の解消、県独自に教職員配置増を求める意見書提出に関する請願書
 請願者 松川村7016−1、長野県教組大北支部松川村単組 代表者 岡江都志勇
 紹介議員は平林寛也議員です。
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 日米地位協定に関わる「裁判権放棄の日米密約」の公表と廃棄を求める請願について
 請願者 須坂市墨坂5−20−7、長野県平和委員会 代表理事 永井光明
 紹介議員は渡邉尚省議員です。
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 農地法の「改正」に反対する請願書
 請願者 松川村3363−409、松川村農民組合 代表 佐山 嵩
 紹介議員は渡邉尚省議員です。
 この件を総務産業建設常任委員会に。
 続いて、陳情について
 件名 「定額助成事業の拡充及び山村における雇用・定住対策に関する要望」について
 陳情者 新潟県村上市三之町1番1号、全国森林環境税創設促進議員連盟 会長 板垣一徳
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 件名 「物価に見合う年金引き上げについて」の陳情書
 陳情者 松川村5724−335、全日本年金者組合大北支部委員長 井川恵右 他2名
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 ヒブワクチンの早期定期要望接種化等を求める陳情書
 陳情者 長野市鶴賀629−1長野東口ビル9階、長野県保険医協会 会長 鈴木信光
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 肺炎球菌ワクチンへの公費助成等に関する陳情書
 陳情者 長野市鶴賀629−1長野東口ビル9階、長野県保険医協会 会長 鈴木信光
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。
 よって、以上の件は各常任委員会に審査を付託します。
 これで、本日の日程は全部終了いたしました。
 これにて散会をいたします。
 大変御苦労さまでした。
                               午後 2時07分 散会