議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成21年第 1回定例会−03月10日-01号




平成21年第 1回定例会

                会  議  日  程

 ┌──────┬──┬────────┬────────────────────────┐
 │ 月  日 │曜日│会      議│      予          定       │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │ 3月10日│ 火 │本   会   議│一般議案審議                  │
 │      │  │        │平成21年度各会計予算上程・提案説明・補足説明 │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   11日│ 水 │本   会   議│各会計予算総括質問、予算特別委員会設置・付託  │
 │      │  │        │請願・陳情等委員会付託、全員協議会       │
 │      │  │        │一般質問通告午後1時締切            │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   12日│ 木 │委   員   会│予算特別委員会                 │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   13日│ 金 │委   員   会│予算特別委員会                 │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   14日│ 土 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   15日│ 日 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   16日│ 月 │委   員   会│予算特別委員会(まとめ)            │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   17日│ 火 │委   員   会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   18日│ 水 │本   会   議│中学校卒業式                  │
 │      │  │        │開議午後1時 一般質問             │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   19日│ 木 │本   会   議│一般質問                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   20日│ 金 │休      日│春分の日                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   21日│ 土 │休      日│小学校卒業式                  │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   22日│ 日 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   23日│ 月 │休      会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   24日│ 火 │本   会   議│保育園卒園式                  │
 │      │  │        │開議午後1時 追加議案審議、委員長報告、全員協議│
 │      │  │        │会                       │
 └──────┴──┴────────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第 1号 松川村証人等の費用弁償等の支給に関する条例
 議案第 2号 松川村固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例
 議案第 3号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 4号 分担金徴収条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例
 議案第 6号 松川村多目的交流センター設置及び管理に関する条例
 議案第 7号 松川村図書館設置条例
 議案第 8号 松川村就業改善センター設置条例を廃止する条例
 議案第 9号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
 議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分の変更について
 議案第11号 村道の廃止について
 議案第12号 村道の認定について
 議案第13号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第14号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
 議案第15号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第3号)
 議案第16号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 議案第17号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第18号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第2号)
 議案第19号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)
 議案第20号 平成21年度松川村一般会計予算
 議案第21号 平成21年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第22号 平成21年度松川村老人保健特別会計予算
 議案第23号 平成21年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第24号 平成21年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第25号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第26号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第27号 平成21年度松川村水道事業会計予算
 議案第28号 平成20年度多目的交流センター備品購入(コンサートグランドピアノ)の契約の締結について
 議案第29号 平成20年度多目的交流センター備品購入(家具備品)の契約の締結について
 議案第30号 多目的交流センター舞台照明・音響設備の購入の契約の締結について
 議案第31号 予算特別委員会の設置について
 議案第32号 松川村議会会議規則の一部を改正する規則
 議案第33号 松川村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
 議案第34号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 議案第35号 松川村後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例
 議案第36号 生活防衛のための緊急経済・雇用対策に関する意見書

 報告第 1号 平成21年度各会計予算について
 報告第 2号 平成21年度税制改正に関する要望について
 報告第 3号 県産材の利活用促進に関する要望書
 報告第 4号 松川村に弓道場設置を求める陳情書



                 請願・陳情一覧表

陳情
┌─────┬────────────────────┬──────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │      陳  情  者      │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20.12. 5 │平成21年度税制改正に関する要望について│社団法人大北法人会         │
│     │                    │会長 太田 純雄          │
│     │                    │松川支部長 榛葉 勝也       │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 21. 1.29 │県産材の利活用促進に関する要望書    │大北木材協同組合          │
│     │                    │理事長 浅見 昌敏         │
│     │                    │大北森林組合            │
│     │                    │組合長理事 嶺村 和徳       │
│     │                    │大北建設労働組合          │
│     │                    │組合長 太谷 正祥         │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 21. 2.17 │松川村に弓道場設置を求める陳情書    │松川村5794-213           │
│     │                    │長野県弓道連盟大北支部       │
│     │                    │支部長 丸山 泰利         │
└─────┴────────────────────┴──────────────────┘



             平成21年松川村議会第1回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│3月18日(水)午後1時から                            │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 6 │横 沢 喜 造│1 国営公園の開園に伴う村への観光客誘致│村長     │
│  │  │       │2 男女共同参画社会における家族経営協定│村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │ 9 │矢 口 弦八郎│                    │       │
│  │  │       │1 水田農業の維持           │村長     │
│  │  │       │2 村内道路への対応          │村長     │
│  │  │       │3 村施設(土地も含め)の今後の利活用 │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │12│佐 藤 節 子│1 第4期介護保険事業への要望について │村長     │
│  │  │       │2 着地観光としての準備について    │村長     │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│3月19日(木)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 4 │ 2 │平 林 源 起│1 村長の政治姿勢           │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │10│白 澤 富貴子│1 放課後こどもプラン等        │教育長    │
│  │  │       │2 松くい虫と有害鳥獣大対策など    │村長     │
│  │  │       │3 共同参画社会の実現         │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 6 │ 5 │平 林 寛 也│1 緊急経済対策について        │村長     │
│  │  │       │2 今後の財政運営について       │村長     │
│  │  │       │3 教育行政について          │教育長    │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 7 │ 8 │河 内 國 治│1 村長の政治姿勢について       │村長     │
│  │  │       │2 簡易舗装にできないか        │村長     │
│  │  │       │3 外来植物の駆除について       │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 8 │ 4 │渡 邉 尚 省│1 村の緊急経済対策について      │村長     │
│  │  │       │2 農政懇談会に関連して        │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成21年第1回松川村議会定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成21年3月10日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成21年 3月10日 午前10時00分│議 長│甲斐澤   明│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成21年 3月10日 午後 4時30分│議 長│甲斐澤   明│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │甲斐澤   明│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │平 林 源 起│ ○ │ 8 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │榛 葉 良 子│ ○ │ 9 │矢 口 弦八郎│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │渡 邉 尚 省│ ○ │ 10 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │平 林 寛 也│ ○ │ 11 │井 上 直 昭│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │佐 藤 節 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │  10番  │白 澤 富貴子│  11番  │井 上 直 昭│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │丸 山 正 芳│書記     │坂 爪 宏 美│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│白 澤   繁│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│環境福祉課統括│白 沢 庄 市│
│法第121条により説│       │       │課長補佐   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │綱 島 幸 男│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼 │鈴 木   智│       │       │
│          │会計課長   │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │環境福祉課長 │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │茅 野 英太郎│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │公民館長   │後 藤 拓 男│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第 1号 松川村証人等の費用弁償等の支給に関する条例
 議案第 2号 松川村固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例
 議案第 3号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 議案第 4号 分担金徴収条例の一部を改正する条例
 議案第 5号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例
 議案第 6号 松川村多目的交流センター設置及び管理に関する条例
 議案第 7号 松川村図書館設置条例
 議案第 8号 松川村就業改善センター設置条例を廃止する条例
 議案第 9号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
 議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分の変更について
 議案第11号 村道の廃止について
 議案第12号 村道の認定について
 議案第13号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第14号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
 議案第15号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第3号)
 議案第16号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 議案第17号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第18号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第2号)
 議案第19号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)
 議案第20号 平成21年度松川村一般会計予算
 議案第21号 平成21年度松川村国民健康保険特別会計予算
 議案第22号 平成21年度松川村老人保健特別会計予算
 議案第23号 平成21年度松川村後期高齢者医療特別会計予算
 議案第24号 平成21年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算
 議案第25号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算
 議案第26号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算
 議案第27号 平成21年度松川村水道事業会計予算
 議案第28号 平成20年度多目的交流センター備品購入(コンサートグランドピアノ)の契約の締結について
 議案第29号 平成20年度多目的交流センター備品購入(家具備品)の契約の締結について
 議案第30号 多目的交流センター舞台照明・音響設備の購入の契約の締結について



                               午前10時00分 開会
○議長(甲斐澤明君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名です。
 定足数に達しておりますので、これから平成21年松川村議会第1回定例会を開会します。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りをします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定をいたしました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(甲斐澤明君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、10番 白澤富貴子議員、11番 井上直昭議員を指名いたします。
△日程第2 会期の決定
○議長(甲斐澤明君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(平林源起君) (報告)
○議長(甲斐澤明君) 議会運営委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) これで議会運営委員会委員長報告を終わります。
 お諮りします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から3月24日までの15日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から3月24日までの15日間と決定をいたしました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(甲斐澤明君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。
 本日、平成21年第1回松川村定例議会を招集いたしましたところ、議員皆様方には大変お忙しい中、全員の御出席をいただきまして開会できましたことに、感謝を申し上げます。ありがとうございました。
 さて、昨年来のアメリカ発の金融危機の影響による世界的な景気悪化や経済の停滞などから、日本経済もきわめて厳しい状況となっております。
 そんな中、アメリカは新大統領となり、先日は麻生首相が世界のトップを切って懇談をされました。景気回復に大きな期待をしておりましたが、株価は低迷のまま回復基調になっておりません。一日も早い回復が待たれるところであります。
 緊急経済対策は衆議院で3分の2の再可決により、ようやく執行ができるところになりましたので、村が予定する事業の関連予算は、本日提案の補正予算に計上しております。経済効果の上がるよう、事務手続きを急がなければならないというように思っているところであります。
 最近の村政の状況などについて若干申し上げます。
 まず、多目的交流センター等についてでありますけれども、2月末に工事が竣工となり、5日には竣工検査を行いました。すばらしいできだと私は感じました。議員の皆様には本定例会期中に、施設の見学をぜひお願いをしていただきたいというように、お願いをしておきます。
 現在、4月1日のプレオープンに向けまして、引っ越しなどの準備を進めておりますが、図書館につきましては、図書の整理等に多くのボランティアの皆さん、各分館の役員さんの御協力をいただき、この12日には、また松川中学校3年生を中心に、引っ越しのお手伝いをしていただくことになっております。
 事務所につきましては、4月1日から事業を開始できるように準備をしています。ワークショップから提案された運営支援スタッフ、それから「すずの音応援団」の初顔合わせが行われ、施設運営にかかわる協力体制が整ってまいりました。
 竣工記念式典は5月20日を予定しておりますので、議員皆様には、改めて御通知をいたしますけれども、出席をお願いをいたします。
 式典に続き、5月23、24日のオープニングイベントや、「安曇節ものがたり」の上演など、大勢の皆様に御支援、御協力、準備等をいただいていることに感謝を申し上げるとともに、楽しみにしているところであります。
 なお、中央公園整備事業の多目的交流センター周辺の第3工区工事につきましては、繰越明許をお願いいたしますが、連休明けには竣工の予定となっております。
 続きまして、定額給付金・子育て応援特別手当等についてであります。
 広報3月号で内容等をお知らせいたしますが、4月上旬ころには各家庭に申請書が郵送されます。下旬には支給が開始される予定であります。現在、プロジェクトを立ち上げており、事務に万全を期しております。
 議員の皆様には貯金することなく、この給付金については、ぜひ有効に使っていただけたらというように思っております。また、30%のプレミアム商品券5,000セットにつきましては、村民の皆様の有効な生活支援になればと思っているところであります。
 次に、農家懇談会についてでありますけれども、2月10日、12、13日の3日間、12会場で農家懇談会を実施いたしました。172名の農家の皆さんから出席をいただきました。懇談会では、大北地域の振興計画にかかわる平成21年度の村実行計画と、村水田農業ビジョンの変更点を中心に説明いたしました。農家の皆様から出されました意見、要望等につきましては検討をし、水田農業推進協議会で決定をしてまいりたいというように思っているところでございます。
 次に、経済懇談会についてであります。経済情勢につきましては、大変厳しい状況が続くものと見込まれます。村では商工会役員、工業部会、法人会の皆さんとの経済懇談会を開催しまして、村内中小企業の代表者の皆さんから、「製造業を中心に、受注量はかつてないほど大幅かつ急速に減少している。」「雇用、所得環境が悪化をしている。」などの厳しい状況が続いているとの、生の声をお聞きすることができました。
 このような状況に対応するため、経済対策の一環として、プレミアム商品券の発行により、地元消費の推進による地域経済の活性化を図ってまいります。また、中小企業者への支援策として、新たに中小企業振興資金保証料補給金交付要綱を策定し、村内の中小企業者がこの厳しい状況を乗り越えるための保証料補給による支援を行ってまいります。
 続きまして、(株)あづみ野ビバレッジについてであります。上緑町工業団地に2番目の企業としまして進出しました(株)あづみ野ビバレッジにつきましては、4月操業を目指して工場建設を進めているところでありますけれども、会社から「工場建設は予定どおり順調に進んでいる。」「新規雇用は13名を決定し、うち5名は村内者。」という報告を受けています。このほかに、女性の事務者の募集もされていると聞いております。
 また、4月10日には内覧会を行いたいとのことであります。議員皆様の出席をお願いしたいということでありますので、よろしく御出席のほどお願いをいたしたいというように思います。
 本日上程いたします議案は30件であります。概要を若干説明をさせていただきます。
 議案第1号 松川村証人等の費用弁償等の支給に関する条例は、支給水準を見直し、条例の全部を改正するものであります。
 議案第2号 松川村固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例は、委員長の選任方法、任期と関係者に対する費用弁償等を改正するものであります。
 議案第3号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例は、国の基準の改正に伴い、選挙長などの額を減額することと、住宅管理人を廃止するため別表を全部改正するものであります。
 議案第4号 分担金徴収条例の一部を改正する条例は、消防団の分団建設事業を加えるための改正であります。
 議案第5号から議案第8号までは、いずれも多目的交流センターが完成したことに伴うもので、議案第5号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例は、松川村公民館をセンターの事務室に移転するため、松川村公民館の設置及び管理に関する条例を全部改正するものであります。
 議案第6号 松川村多目的交流センターの設置及び管理に関する条例は、センターの新設による新設条例であります。
 議案第7号 松川村図書館設置条例は、図書館新設による新設条例であります。
 議案第8号 松川村就業改善センター設置条例を廃止する条例は、センター完成に伴い、就業改善センターを廃止し、あわせて使用料徴収条例も廃止するのものであります。
 議案第9号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更については、長野地区農業共済事務組合が解散し、脱退するためのものであります。
 議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分の変更につきましては、救助工作車更新事業に補助金が交付決定になり、基金の処分を6,600万とし、900万円を減額するものであります。
 議案第11号 村道の廃止について、議案第12号 村道の認定については、道路改良等により10路線を廃止し、6路線を認定するものであります。
 議案第13号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第6号)は、国の第2次補正予算に伴う定額給付金などの景気対策関連予算の追加と、年度終盤を迎え、事業費の確定等に伴う計数整理で、2億5,731万2,000円を追加し、総額を45億8,502万円とするものであります。
 主なものは、歳入では、定額給付金給付事業、地域活性化・生活対策臨時交付金、子育て応援特別手当交付金など国庫支出金2億6,975万2,000円、雑入など諸収入1,026万2,000円、県支出金856万円、村民税など村税771万4,000円の増額と、多目的交流施設建設事業基金繰入金2,373万円の減額で、歳出では、総務管理費など総務費1億7,227万9,000円、道路橋梁費など土木費3,182万2,000円、衛生費2,260万円、保健体育費など教育費1,813万8,000円、商工費1,743万6,000円の追加であります。計数整理の中で残余として見込まれる1,194万3,000円は、公共施設等整備基金に積み立てるため総務費に、238万6,000円は温泉・ふれあい交流センター整備基金へ積み立てるため商工費に計上しております。
 第3表繰越明許費は、定額給付金給付事業など6事業であります。
 議案第14号から議案第19号までは、国民健康保険特別会計ほか各特別会計等の補正予算であります。
 議案第20号から議案第27号までは、一般会計、各特別会計等の平成21年度予算であります。
 議案第28号から議案第30号までは、多目的交流センターの備品等の購入3件について、契約議決を得るものであります。
 いずれも提案時には各担当課長に説明をいたさせますので、御審議の上、決定をいただきますようお願い申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。
 長期間となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(甲斐澤明君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.穂高広域施設組合議会第1回定例会
  開催期日  平成21年2月6日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・平成20年度一般会計補正予算(第3号)
        ・平成21年度一般会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 2.高瀬広域水道企業団議会2月定例会
  開催期日  平成21年2月9日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長
  審議事項等 ・平成20年度補正予算(第1号)
        ・平成21年度会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 3.北アルプス広域連合議会2月定例会
  開催期日  平成21年2月18日、19日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・条例、新設1件、一部改正2件
        ・ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分の変更
        ・長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更
        ・平成20年度各会計補正予算
        ・平成21年度各会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 4.池田松川施設組合議会第1回定例会
  開催期日  平成21年3月3日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、白澤議員、井上議員
  審議事項等 ・長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更
        ・平成21年度一般会計予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 裏面をお願いいたします。
 5.松川村国民健康保険運営協議会
  開催期日  平成21年2月17日
  出席議員  佐藤議員
  審議事項等 村長から諮問のあった平成21年度松川村国民健康保険特別会計予算案について審議。
  審議結果等 原案のとおり承認することに決定し、2月25日に村長へ答申。答申では附帯事項として次の点を要望。
        1 税率を上げなければ予算編成が厳しい状況で、基金の取り崩しにより、現行税率で予算を組むことができたことは評価できる。しかしながら、基金残高が減少しているので、今後の運営についても経済情勢を注視しながら慎重に進められたい。
        2 特定健康診査の受診率向上、特定保健指導等を推進し、医療費抑制に努められたい。
        3 税負担の公平性の観点からも、国民健康保険税の徴収率の向上に努められたい。
 6.松川村上下水道委員会
  開催期日  平成21年2月20日
  出席議員  河内議員
  審議事項等 村長から諮問のあった平成21年度松川村上下水道事業会計予算案について審議。
  審議結果等 原案のとおり承認することに決定し、2月25日に村長へ答申。答申では第1配水池の更新事業により、流動資産が減少することから、さらに健全な財政運営を図るとともに、効率的な運営に努められたい旨を要望。
 以上です。
△日程第5 議案の上程
○議長(甲斐澤明君) 次に、日程第5 議案の上程を行います。
 議案第1号 松川村証人等の費用弁償等の支給に関する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、議案第1号につきまして御説明を申し上げます。
 証人関係人等の実費弁償等の支給に関する条例の全部を改正する内容でございます。題名につきましては、証人等という内容に統一をしてございます。
 第1条の関係でございますけれども、第2条に参考人等の規定が入るため、証人の次に参考人を追加をしてございます。
 第2条関係でございます。第1号は地方自治法の該当条文の改正。第2号につきましては、公職選挙法。それから、第3号につきましては、農業委員会等に関する法律の該当条文の改正がございまして、それぞれ条項を改正する内容でございます。第2条の内容につきましては、変更はございません。
 それから、第2条第4号では、その他の事例がある場合に対応するための条文を追加をしてございます。
 第3条につきましては、今まで職員の旅費規程を準用しておりましたけれども、日当の金額を1日2,200円、半日の場合1,100円に改正をしてございます。
 第4条では、実費弁償分、これは運賃とか宿泊料等でございますけれども、職員の旅費に関する条例を準用する内容でございます。
 附則、この条例は平成21年4月1日から施行する。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第1号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第2号 松川村固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、議案第2号につきまして御説明を申し上げます。
 松川村固定資産評価審査委員会条例の一部を次のように改正する。
 改正の内容につきましては、委員長の選任方法等の改正、関係者の出頭に対する日当などの費用弁償等につきましての改正が主な内容でございます。
 第2条第2項の関係でございますけれども、改正前は、委員長は委員の選挙によるとの規定でございますけれども、委員の互選にするという方法に改正する内容でございます。
 第5項委員長の任期につきましては、1年でございましたけれども、委員の任期にあわせまして3年とする内容でございます。
 第13条関係でございますが、地方税法第433条第7項に規定します関係者の出頭に関する日当、費用弁償につきましては、議案第1号で議決をいただきました、松川村証人等の費用弁償等の支給に関する条例の額を準用するというような内容でございます。
 附則、この条例は平成21年4月1日から施行する。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) この中の附則の前2行のところですけれど、平成21年、括弧書きの中、松川村条例第1号というふうに入れてはいけないわけですか。その辺ついてちょっと御説明をお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 条例番号につきましては、公布の番号を記入するということになっておりますので、議案番号とは違いまして、このあと議決をいただきまして、議長の方から議決の報告をいただき、それによりまして公布をすると。その番号がこちらの方に入りますので、今は空欄ということでよろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第2号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第3号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 議案第3号につきまして御説明を申し上げます。
 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を次のように改正する。
 別表の改正でございます。上から3段目の選挙長から、開票立会人までの選挙関係の報酬につきまして、法律改正によりまして、選挙執行経費の基準額の改正がございました。それぞれ100円の減額という内容でございます。
 それから、3ページ目になりますけれども、上から10番目ほどに、高瀬川河川敷有効利用計画委員会委員というものが記載してございます。以前、改正前につきましては、村営住宅管理人、特定公共賃貸住宅管理人、地域特別賃貸住宅管理人の報酬、それぞれ1万1,000円が計上をされてございました。今回削除してございます。これは連絡等の管理人の事務につきましては、各住宅に自治組合長がいらっしゃいますので、その内容で代行できるということで削除をしてございます。
 4ページ目になりますけれども、附則、この条例は平成21年4月1日から施行する。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今、削除になっております村営住宅の管理人、それから特定賃貸住宅の関係、3件あるわけなんですけれども、その管理人に、平成20年度までは管理人がいて支払いをしているという現状なのでしょうか。その辺のところは自治組合との兼ね合いの中で、どんなふうにされてきたのか、その経過もちょっとお聞きします。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) お答えいたします。管理人につきましては、ここ3年来、通常の管理体制、管理業務というものは、こちらの方からお願いはしていないという中で、支払いはしておりません。
 現在、村営住宅並びに公営住宅につきましては、直接入居者の方と職員の方がやりとりして行っておりますので、特に管理というものはないという中で、今回落とさせていただきました。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第3号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第4号 分担金徴収条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 議案第4号につきまして、御説明を申し上げます。
 分担金徴収条例の一部を次のように改正するという内容でございます。
 今回の改正につきましては、消防詰所につきまして、今まで地区において建設をお願いをしていたというところでございます。この建設に当たりましては、補助金を20万円が限度ということでお願いをしていた経緯がございます。今回、改正をお願いをいたしまして、詰所の整備に当たりましては、地域の御負担を軽減するという内容の中で、分館や集会施設の建設と同様、地元負担を3分の1とする内容でございます。
 第2条の4号の追加でございますけれども、分団建設事業(改修工事を含む)ということで、追加をさせていただいてございます。
 また、その下の別表の改正でございますが、4としまして、分団建設事業(改修工事を含む)という内容で、受益者につきましては当該建設行政区、分担額につきましては当該事業に要する経費の3分の1ということで、追加をお願いする内容でございます。
 次のページをお願いいたします。
 附則、この条例は、平成21年4月1日から施行する。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 3分の1にしていただいて、分団運営している各自治体の方々、とてもありがたいことだと思っていますけれど、ただ5分団編成になりまして、その辺の分担金の不公平感というもの、その世帯数とか、その辺の検討までされて、この3分の1という額を出されたのかどうか、ちょっとお伺いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 若干、区長会等でもお話しした経緯がございます。それから、各分団から地区の方に要望されている分団もございます。それから、先日はある分団につきまして区長さん、まあ両区長さん、2区のわたる分団でございましたけれども、御協議をさせていただきました。その中では、人数に対して云々というお話は、区長会でも出ておりません。今まで20万円という形が、3分の1でありがたいといいますか、ちょっと変な言い方で申しわけございませんけれども、改正は非常によかったという御意見をいただいております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今の3番議員の内容に、少し同じようなところもあるわけなんですけれども、やっぱり村で消防というものを防災、消防、立場が各分館の建物とはちょっと違う意味合いのものだというふうに解釈をできるわけなんですけれども、その辺のところ、5分団編成にしたりしている中で、全体的に全額を地元負担金をとらないでやっていくというような方向もあってもいいかなというふうに思うんですけれど、その辺のところの検討は、それは20万を3分の1にしてもらえばいいという、そういう発想の中での考え方とは違って、村として、全体的に全部を改修工事をして、この分団編成にもあわせながらやっていくという、そういうことをしていくというようなお考えはあるのか、できればそういう検討経過もあるのか、その辺をお聞きしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 消防所詰所につきましては、すべて地域のために働くと、消防団員が各分団がございますけれども、その分団が、その地域のためのみという働きという内容ではないというような御理解のもと、そういう御意見をいただいたというふうには思いますけれども、現実問題として、今までの当初の分団詰所の建設の経緯等ございまして、地区の方で建設をしていただいているような部分がございます。
 村としては、全額5分団の詰所を改修できればいいんですけれども、各分団1つの場合ではなくて、第2分団とか第3分団は当然2つぐらいになる可能性があろうかと思います。
 それから、4分団についても、場所変更等のお話も出ておりますし、非常に大変申しわけございませんが、大きなお金がかかるということで、地域の区長さん方に御理解をいただいて、このような形にさせていただいたというのが現状でございますので、御理解のほど、よろしくお願いをしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) このことに対して、3分の1の地元分担金でいいということは、3分の2については、国の方からとか、県とか、そういう補助的なものがあるのか、その辺のところはどんな経過になるのか、お聞きしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 地元分団の関係につきましては、現在のところ補助金はないというふうに確認をしております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第4号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第5号 松川村公民館の設置及び管理に関する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 松川村公民館の設置及び管理に関する条例(昭和38年松川村条例第16号)の全部を改正するということで、多目的交流センターの方に移転をするということで、全部改正をするものでございます。
 1条につきましては、趣旨でございます。この条例につきましては、社会教育法及び地方自治法に基づきまして、公民館の設置、管理に関し必要な事項を定めるものといたします。
 2条につきましては、名称及び位置でございます。名称は松川村公民館。位置は松川村84番地の1でございます。2項につきましては、分館関係でございます。名称、位置、設置区域につきましては、第1分館から第17分館まででございますので、御確認をいただきたいと思います。
 次ページをお願いいたします。3条については、職員の関係でございます。公民館に館長及び主事ほか必要な職員を置く。
 それから、4条から6条関係につきましては、公民館の運営審議会の設置内容でございます。御確認をいただきたいと思います。
 それから、7条から9条につきましては、本館及び分館の管理関係でございますので、御確認をいただきたいと思います。
 10条については、委任でございます。この条例に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会が別に定める。
 附則、施行期日でございますが、この条例は、平成21年4月1日から施行する。
 これに伴いまして、徴収等につきましても、多目的交流センターの方で徴収するということの中で、以下、松川村公民館使用料徴収条例の廃止ということで、松川村公民館使用料徴収条例は廃止するということでございますので、お願いいたします。
 平成21年3月10日提出、松川村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) 今までの条例と比較して、特に変わったところというところはどういう点なのか、説明していただきたいんですが。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 内容的には、ほとんど変わりはございませんけれども、今の位置、名称等、それから最後の附則にございます、使用料徴収等がございましたけれども、多目的の方に移行するという形の中で、あわせて廃止をしていくところでございます。その他、運営審議会とか、あるいは分館等につきましては、今までと同じでございますので、お願いをいたしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 今の変更の点で1つ、細かいあれかもしれませんですけれど、第7条の管理についてですけれども、旧でいきますと、教育長の命令により館長が管理するとなっておりますが、今度、今回の新しい方は、教育委員会が管理するというふうになっていますが、その辺の経過についてお伺いします。
○議長(甲斐澤明君) 休憩します。
                               午前10時43分 休憩
                               午前10時44分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開します。
 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 教育委員会の中に公民館があるという形の中で、教育長が管理をするということでなくて、教育委員会の一部という中で、教育委員会という設定をさせていただきました。あと社会教育法の中にも、公民館の選任等につきましても、すべて教育委員会というような明記をされておりますので、統一をいたしまして対応していきたいと思います。お願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第5号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第6号 松川村多目的交流センター設置及び管理に関する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 議案第6号でございますが、松川村多目的交流センターの設置及び管理に関する条例ということで、新たに建設されました建物の新設条例ということで、お願いをいたしたいと思います。
 1条については趣旨でございます。趣旨につきましては、自治法によりまして、多目的交流センターの設置及び管理等に関し必要な事項を定めるものとするという内容でございます。
 2条については設置でございます。村民の生涯学習の充実に寄与することを目的とし、芸術・文化の振興を図り、村民の交流の場とするために、センターを松川村84番地の1に設置をするということでございます。
 3条については、管理の内容でございます。
 それから、4条につきましては、職員の関係でございます。
 それから、5条につきましては、使用の許可の内容でございます。
 それから、6条については、施設の使用内容でございます。
 それから、7条については、使用料でございます。使用者は別表に定める使用料を納めなければならないということでございます。
 それから、8条については、使用料の還付のことでございます。既納の使用料は特別な理由がない限り還付しない。
 それから、9条につきましては、使用料の減免でございます。村長は特に必要があると認めたときは、使用料を減免することができる。
 10条については委任でございます。この条例に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定めるということでございます。
 次ページをお願いいたします。別表でございます。1つについては、施設の使用料でございます。これにつきましては、各部屋等の区分に応じまして、1日、夜間、それから全日ということで設定をさせていただきました。それから、初めて1時間当たりということの中で設定をさせていただきました。それぞれ、1階、2階等明記をしてございますので、御確認をいただきたいと思います。
 そのほか必要な事項につきましては、表の下の備考に明記をしてございますので、御確認をいただきたいと思います。
 特に、9番目、10番目にございますが、村内の高校生以下につきましては無料とする。それから10番目といたしまして、村外の高校生以下につきましては、村内の一般料金の半額とするということで明記をさせていただきました。
 続きまして、次ページでございますが、備品及び機器の使用でございます。それぞれの区分によりまして1時間当たり、それから、その他の項目につきましては、1回あるいは1泊等の単位で設定をさせていただきました。御確認をいただきたいと思います。
 あわせて備考に、その他必要事項につきまして明記をさせていただきましたので、御確認をいただきたいと思います。
 附則、この条例は平成21年4月1日から施行する。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 設置の第2条ですけれども、芸術・文化の振興を図りとは、多目的なので、この中にスポーツ分野のことはどういうふうに考えればいいのか、やっぱりスポーツに属するような体操とか、そういうようなものも入ってくるというふうには、多目的なので思うんですけれども、その辺のところの解釈の点と。
 それから、第4条でセンターにセンター長を置くということでありますけれども、この後にもありますが、図書館には図書館長を置いたりするが、図書館の管理について、センター長という立場で多目的センター全体を、図書館も包括してやっていくお立場になるのかということ。
 それと第5条の中で、センターを使用する場合には、あらかじめ村長の許可を得なければならないというところで、センター長というふうに読みかえながら、いろいろな絡みの中で、それをやっていくという状況なのかの御説明をいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 1点の設置の、芸術・文化の振興ということで、これは多目的の施設全体、ホールも含めまして、目的につきましては音楽部門を優先して、芸術・文化という形の中での建設という解釈をしてございますので、こういった表現にさせていただきました。軽スポーツ的なダンスとか、そういうものについては、できると思いますけれども、それも1つの文化の振興という形の中で御理解をいただきたいなと、そのように思います。
 それから、センター長を置くということの中でございますが、当然センター長だけで職務ができるということではございません。事務所等が、公民館の現の職員等がセンターの方に移行いたしますので、その中で事務等は執行をさせていただきたいと、そのように思います。
 それから、センター長と図書館長の関係でございますが、センターは当然図書館も含め、全体の施設の管理運営に目を置いていかなければならないと、そのように考えております。図書館長につきましては、図書館の充実を目途に設定をしてございますので、その辺は御理解をいただきたいと思います。
 それから、センターを使用する場合、村長の許可ということでございますが、これも建物の建設する関係上、社会教育法に基づく施設でございますれば、センター長というような明記ができるわけでございますが、これは建物の建設等の絡みの中で、補助事業等の活用がございまして、要は首長の許可、申請許可等の中で使用を許可をしていきたいと、そういう中で設定をさせていただきましたので、よろしくお願いいたしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。平林源起議員。
◆2番(平林源起君) 2点お聞きしたいんですが、まず初めに新しい施設ができるんですけれども、あのところでもって会食といった方がいいのか、わかりやすく言うと、飲んだり食べたりということができる部分とできない部分があるのか、あるいはどうなのか、その辺と。
 それから、備品器具の関係で使用、例えばの話、高額なピアノやなんか借りる場合に、まあそういったことはないと思うんですが、傷めたりした場合には、じゃあどういう対応をするのか、そういうところがあるのかどうか、その辺ちょっとお聞きしたいと思っております。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 大勢の意見を聞く中で、会食につきましても、できる場所できない場所を設定をいたしております。必要な事項につきましては、規則あるいは内規等によりまして明記をして、周知徹底をしていきたいと、そんなように思っております。
 それから、当然ピアノ等につきましては高いものでございますので、当然、故意で行った場合については、それ相当の弁償が伴ってきますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。井上議員。
◆11番(井上直昭君) 別表の方で、使用時間が1時間当たりということの単価なんですが、備考の5番の関係なんですがね、1時間未満、端数は切り上げということなんですが、村内の皆さんが使う中では、一番大きいのが1,000円、安いので300円ということの中で、極端な話が1時間10分というと、2時間分とられるというような形になるんですが、この関係、四捨五入というような形、30分単位の中の四捨五入みたいな形はどんなもんか、ちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 既存の施設との整合もございまして、そういった中で、同様の対応をしていこうということの中で設定をしてございます。
 それから一応、こう明記をしてございますが、村の、村民の使用につきましては、社会教育団体に登録をしていただいてございます。当然、社会教育団体になりますと、無料というような形になりますので、通常の一般の方については、応分の負担をぜひお願いいたしたいということで、全施設こういった考え方の中で統一をしてやっていきたいと言うことの中で、御理解をいただきたいと、そのように思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。渡邉議員。
◆4番(渡邉尚省君) 第5条でですね、あらかじめ村長の許可ということなんですが、この村長の許可を必要とする場合、どういうことが考えられるのか。あるいはこの許可できないという場合がどういう場合が考えられるか。その辺の説明をひとつお願いしたいなと。
 それから、もう1つは施設の使用料ですが、いわゆる公民館部分につきまして、これまで使用している使用料とあまり遜色はないのかどうか、その辺をちょっと説明をお願いしたいんですが。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) まず5条の許可につきましては、現在の公民館の使用する関係の、要は施設の使用許可関係、すべてこの村長許可という名称でございます。事務的なことについては公民館職員が行いますが、その申請書等につきましては、全部、村長名が記載をしてございますので、お願いをいたしたいと思います。
 使用料の金額等につきましては、当然、今までの既存施設、それから近隣の施設、あるいは大きな施設等も参考にさせていただきまして設定をしてございます。当然、遜色ないということよりも、新たな施設を建設いたしましたので、そういった中で一番、どの金額が一番いいかということの中で、十分検討させていただきまして設定をさせていただきました。当然、新しい施設でございますので、今の施設よりは若干高くなっていると、そういうことでございますので、お願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 先ほどの第2条のことなんですけれども、芸術・文化の振興というふうに言い切るのはどうかというふうに考えるわけです。芸術・文化、スポーツと言わなくても、軽スポーツ等とか、芸術・文化等とか、ある程度そこのところに、生涯学習の充実に寄与するという内容になっていれば、この分野じゃなくたってあると思うんで、少しこう幅広い見方というか、芸術・文化に寄与することを目的として、村民の交流の場とするためというふうに、こういう芸術・文化というふうに言い切らないならばいいと思いますけれども、芸術・文化ということだけを突出して言うということは、多目的とか、村民の生涯学習の交流の場としてのこの管理、それから設置の条例には、ちょっと不向きかなと思うんですが、その辺の御見解をお聞きします。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 多目的交流センターを建設するという、真っ先の趣旨だと思いますけれども、やはり芸術・文化の振興という形の中で建設が始まったというふうに解釈してございますし、できた建物を確認をしていただいても、ホールというものにつきましても、音楽性を重視をしたものを主眼として、そういった設計、つくりになっているというふうに解釈をしてございます。たまたまホールの中でできるものも当然ございますけれども、そういった趣旨で建設したというふうに解釈してございますし、当然、その他軽スポーツ、あるいはスポーツ関係につきましては、村内に各体育施設等もございますので、そういったところの中で重点的に行うというふうに方向づけを持っておりますので、そういったことで御理解をいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 公民館という位置づけ、それから多目的交流センターという位置づけ、その次にあります図書館という位置づけ、図書館についてはわかるわけなんですけれども、多目的交流センターということは、イコールすずの音ホールというふうに考えるとするならば、その辺のところ、公民館という分野と、それから多目的交流センターという分野と、それから全体すずの音ホールというものの総括的な考え方と、どの辺のところをどんなふうに分けて考えればいいのか、その辺をお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 暫時休憩します。
                               午前11時02分 休憩
                               午前11時08分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開します。
 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) センターの設置及び管理につきましては、今までと同じ通り、公民館職員等が対応いたしまして管理をしていきますので、よろしくお願いいたしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 減免される団体について、今まで社会教育団体で、公民館で減免をされていたのが、そのまんま引き継いで減免されるのか、新たに登録されるのか、新しい団体も多分利用する方は出てくると思うんですけれども、その辺の審査基準なり何なりがありましたら、お願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 減免の対象につきましては、今までと同じとおり、社会教育団体に登録をした方については、村内全施設同じに対応していきたいと、そのように思っておりますので、お願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第6号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで11時25分まで休憩といたします。
                               午前11時09分 休憩
                               午前11時25分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 続いて、議案第7号 松川村図書館設置条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 議案第7号につきましては、松川村図書館設置条例でございます。これは新設条例として提案するものございます。
 1条については設置でございます。図書館法第10条及び地方自治法第244条の2第1項の規定に基づき、図書館を設置する。
 2条につきましては、名称及び位置でございます。名称につきましては、松川村図書館、位置については松川村84番地の1でございます。
 3条については、職員関係でございます。図書館に館長及び司書ほか必要な職員を置く。
 4条関係については委任でございます。この条例に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会が別に定める。
 附則、この条例は平成21年4月1日から施行する。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 第4条の、この条例に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会が別に定めるとは、その辺のところが、新しい図書館なのでどんなふうになるのかとか、全体的にどういう使用とかできるのかというようなところ、具体的にも聞きたいと思うんですけれども、そういうものは、別に教育委員会が定めて、それで規則の中か何かで定めていくということですか。もうできてるんですか。それはいつごろ示していただけますか。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 別に定めるということで、今、御指摘のとおり、図書館の管理規則というものを定めて、それにつきましても使用時間から休館、あるいは貸し出しカード等、すべて細かく規定をいたしまして、皆さんに使用していただくようにしていきたいと。これについては例規等済んでございますが、最終調整をいたしまして施行をしていきたいと、そのように思っていますのでお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第7号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第8号 松川村就業改善センター設置条例を廃止する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 議案第8号につきましては、松川村就業改善センター設置条例を廃止する条例でございます。
 これにつきましては、図書館等多目的交流センターに移行に伴いまして、就業改善センターの設置につきましては廃止をしていきたいと、そういうことで提案をさせていただきます。松川村就業改善センター設置条例は廃止するということで、よろしくお願いいたします。
 施行期日は、この条例は平成21年4月1日から施行する。
 これにあわせまして、改善センターの使用料徴収条例もございますが、同じく廃止をするということで、松川村就業改善センター使用料徴収条例を廃止するということでお願いいたします。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今まであった公民館と、それからこの就業改善センターの設置条例の廃止になったというふうに、この前、議案第5号の中と、それから第8号で、そういうふうな経過になったという状態だというふうに思うんですけれども、もし、あそこが名前が、それじゃあ全然ないということで、まだ建物はあるので、今後についてどんなふうに対応するのか、防災的な、もし何かあった場合には、設置条例もない中で、役場の附属建物というような形で、どんなふうにするのか、ちょっと将来見通しとか、今検討中のこととかあったらお聞きをしたいと思いますが。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 設置のこの条例の中身を見ますと、これ当初の農工法の指定に基づきまして、こういった施設が必要だということの中で建設した経過がございます。当然、研修室等が当時ないということの中で、こういった建物の中で利活用していくという、そういった趣旨で建設がされたというように解釈をしてございますが、そういった中で多目的交流センターの中で十分調理室もございますし、研修室もございますし、十分対応できるということの中で、この設置条例について廃止をしていきたいと。
 そういった中で、当然、検討、この施設の後につきましては、検討に入ったところでございますが、再度調整をするという形の中で、当分の間、公共施設ということの中で、役場の一部という形の中で使用してまいりたいと。名称等につきましては、当然いろんな御異論あると思いますけれども、この名前を使っちゃいけないとか、いいとかいう問題ではないと思いますので、その辺よろしくお願いをいたしたいと、そのように思います。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) そうしますと先ほどの中で、公民館とこの就業改善センターを絡めた中で、設計の費用を、昨年の12月に5万円ほど予算の中に盛ってあったわけなんですけれども、その辺についての絡みとか、そのことはまだ継続中という解釈でいいんでしょうか。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 収蔵庫の方向がまだ出ておりません。それで、こちらについては今、継続をしておりますが、まだ5万円の設計についてはでき上がっていません。そういったことでお願いいたします。
 なお、この条例の廃止に伴っての公有施設でございますけれども、今の公民館、あるいは就業センターについては、目的がはっきりした時点で設置条例を出していきたいと、こんなふうに思っております。以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第8号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第9号 長野県町村公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 今回の議案の内容でございますけれども、地方自治法252条の7第2項の規定によりまして、平成21年3月31日付で、長野地区農業共済事務組合が解散ということになりました。その関係で、長野県町村公平委員会を脱退するため、別紙規約の変更につきまして、議会の議決を求める内容でございます。
 1枚おめくりをいただきまして裏面をお願い申し上げます。長野県町村公平委員会共同設置規約の一部を改正する規約、一部を次のように改正するということで、別表中「、長野地区農業共済事務組合」を削るという内容で、附則が、この規約は平成21年4月1日から施行するという内容でございます。
 前ページお戻りをいただきまして、平成21年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を終わります。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第9号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第10号 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分の変更についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 御説明を申し上げます。
 北アルプス広域連合ふるさと市町村圏基金の財産の一部処分の変更についてという内容でございます。
 本年度、北アルプス広域連合が市町村圏基金の財産の一部を処分いたしまして、充当を予定しておりました常備消防施設整備事業の救助工作車の購入につきまして、国庫補助金がついたという形の中で、すみません、国庫補助金につきましては2,487万1,000円というものがついたということで、当初地方債を借り入れを予定しておりましたけれども、この借り入れをやめ、財産の一部処分額を900万円減額をいたしまして、6,600万円を取り崩すという内容でございます。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第10号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第11号 村道の廃止について、及び議案第12号 村道の認定についてを一括議題とします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、議案第11号 村道の廃止について並びに議案第12号 村道の認定について御説明申し上げます。
 最初に、村道の廃止につきましては、路線の廃止または変更という内容で、道路法第10条の規定によりまして、別紙のとおり村道を廃止するという内容でございます。
 裏面お願いします。廃止路線につきましては、1番から10番までございます。主な改正内容につきましては、上緑町工業団地内の4路線、これにつきましては、現在、安曇野ビバレッジ株式会社が誘致をし、整備されているという内容から、全面廃止をするといった内容でございます。
 また、大町市境、並びに安曇野市境の境界内の路線の重複している部分ございますので、一たん廃止するといった内容でございます。廃止路線の総延長につきましては、3,250.4メートル、工場団地内の4路線を除いた部分につきましては、2,386.6メートルということで、後で認定路線の説明もいたしますけれども、認定廃止合わせまして、実質的には108.7メートルの延長増という形になってございます。
 続きまして、村道の認定につきまして御説明します。市町村道の意義及びその路線の認定ということで、同じく道路法の第8条の規定によりまして、新たに認定する内容でございます。
 裏面をごらんいただきたいと思います。1番から6番まで、新たにありますけれども、先ほど廃止いたしました路線の起点、終点、並びに延長という内容を修正いたしまして、今回認定する内容でございます。認定路線の総延長につきましては、2,495.3メートルでございます。
 平成21年3月10日提出 松川村長名。以上よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第11号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第12号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第13号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第6号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 今回の補正の主な内容につきましては、国の第2次経済対策に伴います地域活性化・生活対策臨時交付金、それから定額給付金、子育て応援特別手当等の関係の計上、また、それぞれの事業の確定の見込みに対します補正が主な内容でございます。
 5ページをお願いいたします。第2表地方債補正でございます。公園整備事業費5,400万円を4,450万円ということで、950万円の減額でございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、変更はございません。
 次のページをお願いいたします。第3表繰越明許費の関係でございます。6事業を繰越をお願いする内容でございます。一番上につきましては定額給付金の関係、2段目が子育て応援特別手当の関係でございます。3番目につきましては、プレミアム商品券発行の関係でございます。その下の土木費の関係は、道路新設改良事業3路線を予定している内容でございます。それから公園整備事業につきましては、建物は、多目的交流センターの建物は竣工してございますけれども、その周りの公園の第3工区につきましては、植栽、それから入り口の舗装等が繰越明許になるということでお願いする内容でございます。その下の体育施設整備事業につきましては、運動公園、それから中学校等の整備に関する経費でございますので、お願いをいたします。
 9ページをお願いいたします。それでは、総務課関係の歳入につきまして御説明申し上げます。まず村民税の個人の関係で、滞納繰越分263万7,000円の増額、それから法人の関係、現年課税分470万円、法人割、それから滞納繰越分といたしまして15万3,000円の増額でございます。それぞれ現在の収入見込みに伴います計上でございます。
 それから、その下、軽自動車税の関係でございますが、滞納繰越分22万4,000円の増額でございますが、現在の収入見込みを計上させていただきました。
 11ページをお願いいたします。上から2段目の土木費国庫補助金190万円の増額でございます。節の方、公園費補助金につきまして1,050万円の減額です。公園整備事業の関係でございます。また、その下の土木費補助金、まちづくり交付金1,240万円の増額でございます。それぞれ確定見込みでございます。
 それからその下、消防費国庫補助金の関係の災害対策費、すまいの安全「とうかい」防止対策事業補助金の関係でございます。簡易診断が37件の減額となっております。そのかわりといいますか、精密診断が21件増額ということで、それぞれ合わせまして20万4,000円の増額でございます。
 その下の、目の5総務費国庫補助金の関係、節の地域活性化・生活対策臨時交付金9,525万9,000円の計上でございます。決定額でございます。
 それから、その下の4の定額給付金給付事業補助金1億6,714万5,000円の増額です。これは交付額、それぞれ御家庭に届く現在の額でございますけれども、1億5,834万8,000円、それから事務費といたしまして879万7,000円が交付される予定でございます。これにつきましては、現在の見込みということでございます。
 12ページ、次のページをお願いいたします。目の3になりますけれども、消防費県補助金、災害対策費として19万8,000円の関係でございます。国庫補助金のところで御説明申し上げましたが、県の補助金につきまして、耐震工事60万円の2分の1ということが条件になっておりますけれども、2件が1件ということで、先ほどの簡易、精密合わせまして19万8,000円の減額という内容でございます。
 それから、その下の県支出金の委託金の関係、総務費委託金の徴税費委託金になります。県民税徴収委託金ということで343万3,000円の増額でございますが、これも現在の収入見込みということでお願いをいたします。
 続きまして、次のページ、13ページの2段目になりますけれども、基金繰入金、多目的文化施設建設事業基金繰入金2,373万円の減額ということで、事業費等の減額が主な内容でございます。
 それから、その下の雑入になりますけれども、一番上の1雑入の2段目になりますけれども、市町村振興資金、これは市町村振興協会の方から交付という内容でございます。宝くじ等の原資の関係で、市町村に交付をされるものでございます。それが外ということで、主な関係につきましては、保育園の落雷事故の関係の修理保険金等が含まれておりまして、外というような形で合わせまして242万4,000円の増額でございます。
 それから、次のページ、14ページをお願いいたします。村債の土木債、公園整備事業費950万円の減額でございます。事業の確定見込みに伴います減額でございます。
 それから、15ページ、歳出になります。なお、人件費の補正につきましては、計数の調整が主なものでございますので、担当課長からの説明は省略をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、総務課関係でございますが、一番上の1一般管理費47万1,000円の増額でございます。11需用費39万6,000円、消耗品費でございますが、例規等の追録代の増額でございます。その下、19負担金補助及び交付金7万5,000円でございます。まず、負担金として職員互助会の県から、県への負担金の確定で3万円の減額、補助金としまして、勤労者住宅貸付資金利子補給6件の申請がございまして、10万5,000円の増額でございます。
 それから、目の6財産管理費119万6,000円の減額でございます。7の賃金、臨時職員の関係で35万5,000円の減額、それから備品購入費74万8,000円の関係でございますが、生活対策緊急安心実現総合対策事業交付金ということで、公用車2台を購入しておりましたが、その入札差金でございます。
 それから、目の7企画費786万1,000円の増額でございます。19負担金補助及び交付金408万2,000円の減額でございますが、負担金といたしまして高瀬広域水道企業団88万2,000円、これは確定に伴うものでございます。それから補助金の関係、地域づくり活動活性化支援補助金、3団体に交付しておりまして、現在の確定見込みでございますけれども、320万円の減額でございます。それから25積立金1,194万3,000円でございますが、公共施設等整備基金に積み立てる内容でございます。
 それから、目の8自治振興費の関係で報酬33万6,000円の減額でございますが、行政区役員の報酬でございまして、確定でございます。
 それから、13の総合行政情報費166万6,000円の減額でございます。13委託料で153万4,000円の減額。それから、14使用料及び賃借料で13万2,000円の減額でございますが、それぞれOAシステムサポート料、システム使用料でございますが、エルタックスの関係の入札差金でございます。
 16ページをお願いいたします。定額給付金給付費ということで、補正額1億6,714万5,000円ということで、すべて交付金事業で対応するという内容でございます。職員手当、これは休日、それから夜間等窓口を若干開くという関係がございまして、職員手当を計上してございます。それから7の賃金69万2,000円、臨時職員を予定をしております。11需用費37万円、消耗品費でございますが、交付事務にかかります消耗品でございます。それから12役務費244万9,000円の計上でございますが、まず郵券料、電話料としまして74万8,000円、それから口座振込手数料ということで、各金融機関に口座の、基本的には口座振替という形になっておりますので、その口座振替手数料をお支払いする内容でございます。13委託料260万円でございますが、OAシステムサポート料といたしまして台帳、それから発送事務等を委託する内容でございます。14使用料及び賃借料23万8,000円ですが、コピー機のレンタル料を計上でございます。19負担金補助及び交付金1億5,834万8,000円ということで、定額給付金の金額でございます。現在のところ1万267人を予定をしてございます。
 それから、その下の徴税費でございますけれども、県民税徴収委託金の財源振替でございますので、お願いいたします。
 22ページをお願いいたします。22ページの一番下、都市計画費でございます。目の2の公園費2,005万2,000円の減額でございます。13委託料45万2,000円の減額、15工事請負費1,960万円の減額でございますが、入札差金が主な内容でございます。
 それから、その下の消防費の関係でございます。3の消防施設費、18備品購入費26万4,000円の減額でございます。これも緊急安心実現交付金の関係でございまして、消防バイク、それから車庫等の入札差金でございます。
 それから、目の4の災害対策費、13委託料40万8,000円、住宅耐震診断の関係でございますが、それぞれ国庫補助金、それから県補助金の関係の支出ということで、簡易精密等の精算といいますか、今の確定見込みの部分でございます。それから、19負担金補助及び交付金60万円減額でございますが、こちらは県補助金の関係ですが、住宅耐震改修事業が2件から1件という形の中で、減額をお願いするものでございます。
 あと25ページをお願いいたします。一番下の段になりますけれども、多目的交流施設整備費1,153万円の減額でございます。13委託料153万円の減額、設計費、それから15工事請負費1,000万円の減額でございますが、主な内容はキャノピーの入札差金が主な内容でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明の途中ですが、ここで1時10分まで休憩をいたします。
                               午前11時55分 休憩
                               午後 1時10分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 休憩前に続き、説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、環境福祉課関係、御説明申し上げます。
 まず歳入ですが、9ページをお願いします。11款分担金負担金、1目の民生費負担金ですが、保育園関係になります。188万円の減額の内訳になりますけれども、保育料の負担金としまして、131万8,000円の減額、その内訳ですけれども、税の本算定によります階層移動による減が147万6,000円、それから中途の入退園によります増額が15万8,000円で、131万8,000円の減額です。それから一時保育料負担金、利用者減によりまして56万2,000円となっております。
 次ページをお願いします。下段の13款国庫支出金、1目の民生費国庫負担金ですけれども、75万4,000円の減額、これにつきましては、国保の特別会計額の確定によります減額となっております。
 10ページの1目の民生費国庫補助金559万8,000円の増額ですが、3節の子育て応援特別手当交付金559万8,000円で、対象者は支出で詳しく説明しますが、現在のところ147名掛ける3万6,000円という内容でございます。それプラス事務費ということになっております。
 それから、下段の14款県支出金、1目の民生費県負担金につきましては、保険基盤安定費負担金、額の確定によります減額で55万8,000円、後期高齢者医療保険基盤安定費負担金としまして224万9,000円の増額をお願いするものでございます。
 次ページをお願いします。1目の民生費県補助金になりますけれども、3節の児童福祉費補助金254万3,000円の増額ですが、内訳としまして一時保育促進事業補助金、利用者減に伴います基準額の変更としまして減額の36万円、それから児童環境づくり基盤整備事業補助金ということで遊びの広場、当初ゼロでしたけれども、その関係で県の補助金がつきまして、290万3,000円計上でございます。続きまして、5節の健康増進事業補助金61万9,000円ですけれども、保健事業の中で健康手帳ですとか健康増進事業、県の補助金当初ゼロでしたけれども、内示がありまして、この数字を増額をお願いするものでございます。
 続きまして、3項の委託金、2目の民生費委託金3,000円ですけれども、保育園の関係の統計調査がございまして、その交付金3,000円分を計上してございます。
 続きまして、13ページの下段、3目の雑入になりますけれども、1節の雑入、上段の後期高齢者医療広域連合補助金、特定健診の補助の確定見込みによります減額28万8,000円、それから5節の地域支援事業収入としまして、北アルプス広域連合より額確定見込みによりまして、220万5,000円の増額をお願いするものでございます。
 それでは、歳出の方へ移らせていただきますが、17ページをお願いします。2款総務費の1目の戸籍住民基本台帳費、こちらは財源振替でございます。
 それから、3款民生費、1目の社会福祉総務費、28節の繰出金の関係ですが、国保の特別会計、額の確定見込みによります減額、174万9,000円でございます。
 2目の老人福祉費につきましては、20節の扶助費で介護者慰労金事業確定によりまして、減額で5万円。
 それから、4目の老人福祉施設費ですけれども、松香荘の関係になりますが、市町村振興資金分の財源振替220万円でございます。それから5節の介護保険費、11節の需用費ですけれども、燃料費としまして10万8,000円の減額ですが、広域の認定調査員の公用車のガソリン代を、当初、村で計上しておりましたが、ガソリン代を広域で負担ということで減額でございます。それから19節の負担金補助及び交付金、減額の413万4,000円ですけれども、額の確定によります北アルプス広域の減額でございます。
 続きまして、6目の老人医療費ですけれども、繰出金としまして、老保の会計へ509万5,000円の減額、これは確定見込みによるものでございます。それから後期高齢者医療特別会計繰出金282万2,000円の増額ですけれども、こちらも額確定見込みのための増額となっております。
 続きまして、18ページをお願いします。1目の児童福祉総務費ですけれども、需用費としまして修繕料、先ほど総務課長も御説明しましたが、保育園の緊急通報システムの修繕代でございます。
 それから、2目の保育園費の賃金252万4,000円の減額ですけれども、内訳としまして保育士、一時預かりの減に伴います保育士の賃金で118万5,000円の減額、それから栄養士、アレルギー食の減とか未満児食の減で133万9,000円の減額の内訳となっております。
 それから、4目の子育て応援特別費ですけれども、4歳から18歳のいる世帯で、4歳から6歳の2人目以降のお子さんがいる世帯を対象に、1人3万6,000円を支給するという内容になっております。ゼロ歳から3歳までにつきましては、児童手当の額が倍の月1万円となっているため、対象外となっているという内容でございます。試算でいきますと、先ほど申し上げましたが、平成21年2月1日を基準としまして、対象者147人という内容でございます。支払の方法については、定額給付金と同じく基本は口座振替にて行う予定となっておりますけれども、時期につきましては、定額金と同時に行っていきたいと思います。内訳ですけれども、職員手当部分で超勤分としまして12万円、それから賃金、臨時職員分で28万8,000円、需用費15万6,000円につきましては、文具、所要費、コピー代等でございます。それから役務費につきましては、通信費とか口座振替手数料分を計上してございます。それから19節の交付金529万2,000円は、先ほど申し上げましたが、147名掛ける3万6,000円分の計上してございます。
 続きまして、4項の国民年金事務取扱費につきましては、9万6,000円の減額ですけれども、消耗品費としまして、しなの国民年金の広報紙配布中止による減額でございます。
 続きまして、次ページになりますけれども、4款衛生費1目の保健衛生総務費ですけれども、19節で安曇野赤十字病院の改築事業補助金としまして、定額補助としまして2,242万4,000円の計上でございます。
 それから、2目の予防費ですけれども、役務費で5,000円の増額、こちらは国保連への手数料、それから13節の委託料17万1,000円ですけれども、妊婦乳児健康診査の出生増によります、5人ほどふえたということで、増額で17万1,000円でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課、歳入関係10ページを上段をお願いいたします。
 目2災害復旧費分担金、節1農林水産業施設災害復旧費分担金1万7,000円の計上でございますが、昨年9月6日の豪雨災害の災害復旧に伴います受益者負担金でございます。
 続きまして、使用料及び手数料の関係、そのすぐ下でございますが、目3の商工使用料、節1の温泉施設使用料323万3,000円の減額ですが、収入見込みによりまして入浴料199万7,000円、宿泊料123万6,000円、それぞれ減額するものでございます。
 12ページ上段をお願いいたします。目2の農林水産業費県補助金、節3の林業費補助金46万9,000円の増額ですが、森林造成事業では緩衝帯整備に伴います実行面積の確定と、来年度の植樹祭用地ごしらえに対する補助金の確定によります40万1,000円の増額でございます。森林整備地域活動支援交付金では、境界確認などの面積確定に伴います3万2,000円の増額です。森林づくり推進交付金では、森林税絡みの市町村への配分額の確定に伴います3万6,000円の増額でございます。
 13ページ下段をお願いいたします。目3雑入で、節3寄って停まつかわ事業収入の関係ですが、寄って停の増収に伴いまして、レストランの関係の特産品販売収入を456万6,000円、売店の関係の地場産品販売収入を135万5,000円、それぞれ増額するものでございます。
 続きまして歳出の関係、19ページをお願いいたします。中段以降をお願いします。目3の農業振興費では12万2,000円の減額でございますが、節16原材料費では、川西地区への猿の捕獲用おり設置に伴います材料費19万1,000円の増額です。19負担金補助及び交付金では31万3,000円の減額ですが、損害防止事業、野菜共助とも額の確定に伴いますそれぞれ減額でございます。猿害防止事業につきましては、電さくの新規要望によりまして、有害鳥獣被害防止事業の補助金が不足したことに伴います2万9,000円の増額でございます。
 目4の地域営農支援事業費では、98万2,000円の増額ですが、節19負担金補助及び交付金で農業経営基盤利子助成事業、これは認定農業者によるスーパーL資金などでございますが、実績に伴います11万6,000円の減額です。機械等購入助成につきましては、新たに4名の認定農業者からの申請があったための不足分164万3,000円の増額です。農地流動化交付金につきましては、額の確定による54万5,000円の減額でございます。
 20ページをお願いいたします。目1林業振興費では51万8,000円の減額ですが、19負担金補助及び交付金で、森林整備地域活動支援交付金の額の確定に伴います8万3,000円の増額と、森林づくり推進嵩上げ交付金につきましても、額の確定に伴います60万1,000円の減額でございます。なお、嵩上げの減額分につきましては、緩衝帯整備事業などへの森林整備事業に充当してまいります。
 続きまして、商工費の関係で目1商工総務費1,627万5,000円の増額でございますが、商工会の皆さんに事務等お願いする中で、経済対策の一環といたしまして、1万円に対して村で3,000円を上乗せするプレミアム商品券5,000セットを発行する経費に対する補助金でございます。
 目3の交流施設総務費238万6,000円の増額ですが、節25積立金の関係で、寄って停の増収見込みによりまして、基金積立を238万6,000円増額するものでございます。
 目4の温泉施設管理費につきましては、476万円の減額でございますが、節7賃金では、従業員の入院などに伴いまして80万円の減額でございます。節11需用費では、燃料費の関係で灯油代476万円の減額です。節13委託料では、賃金で説明いたしましたが、従業員の入院などによりまして、その分をシルバー人材センターに委託することに伴います80万の増額です。
 目5の寄って停まつかわ管理費353万5,000円の増額ですが、節8報償費では、従業員から売り上げ向上に向けたアイデアを募集いたしましたが、報償の該当がなかったための5,000円の減額でございます。節11需用費では、消耗品費として売店部門の収入増に伴いまして、仕入れ代94万9,000円の増額と、伝票などの印刷製本費の5万円の減額、また、光熱水費として電気料14万1,000円の増額でございます。節13委託料では、食器洗浄機などの機械設備保守点検業務の額の確定に伴います7万8,000円の減額です。節16原材料費では、飲食部門の増収に伴いまして、原材料費を159万9,000円増額するものでございます。節18備品購入費102万4,000円の計上でございますが、売店の冷蔵ショーケースの温度調整が修理不可能となったため、これから暖かい季節を控え、新たに購入するものでございます。節19負担金補助及び交付金では、道の駅連絡会への負担金の額の確定に伴います4万5,000円の減額でございます。
 26ページ下段をお願いいたします。目1農業用施設災害復旧費4万8,000円の減額でございますが、昨年9月6日の豪雨災害の復旧工事費の額の確定に伴います減額でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係を御説明申し上げます。
 21ページをお願いいたします。項2の道路橋梁費、1目の道路橋梁総務費でございますけれども、108万8,000円の減額。これにつきましては上緑町地区、引き続き行っております兼用側溝の関係で、県単事業割の額の確定に伴うものでございます。
 2目の道路維持費△27万9,000円でございます。15節の工事請負費、17節の公有財産購入費、それぞれ事業実績に伴う計数整理でございます。
 3目の道路新設改良費5,200万の増額でございます。これにつきましては、地域活性化生活対策臨時交付金に伴いまして、3路線を予定しております。工事請負費といたしまして4,450万、それから17節の公有財産購入費といたしまして560万、22節の補償補てん及び賠償金といたしまして190万、それぞれお願いするものでございます。
 4項の住宅費、1目の住宅管理費、28節の繰出金でございますけれども、地域特別賃貸住宅の特別会計へ、繰出金としてお願いするものでございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続いて、総務学校課関係をお願いいたします。
 歳入ですが、13ページをお願いいたします。13ページの一番上の段ですけれども、15款で財産貸付収入でございますけれども、42万円の減でございます。これは教員住宅の貸付料ですけれども、1戸分入居者がなかったことによります減でございます。お願いいたします。
 それから、次に歳出お願いいたします。23ページお願いいたします。下の段ですけれども、9款の教育費、1目の教育委員会費でございますけれども、19節で負担金、補助金それぞれ確定見込みに伴う増減でございます。
 それからその下、2目の事務局費でございますけれども、教職員の健診、それから心臓検診それぞれ委託の委託料でございますが、実績に伴う見込みでございます。
 それからその下、教員住宅費でございますけれども、先ほど歳入の方で申し上げましたように、42万円の減ということで、財源振替でございます。
 続いて、24ページお願いいたします。小学校費ですが、1目の学校管理費で、13節の委託料、これはパソコンの保守の委託料ですけれども、実績見込みによるところでございます。それから18の備品購入費ですが、これは入札差金によるものです。
 それからその下、中学校費の1目の学校管理費でございますが、18節の備品購入費につきましては、各種備品の入札差金でございます。
 それからその下、2目の教育振興費につきましては、8節の報償費は、総合学習等の講師の謝礼を予定しておりましたけれども、無料で済んだということの中での減額でございます。それから20の扶助費でございますけれども、これは特別支援学級に通学する生徒の奨励費でございますけれども、実績見込みに伴います減額でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 歳入、10ページお願いいたします。12款の使用料及び手数料のうち、5目の教育手数料でございますが、パターゴルフ場の使用料、それから高瀬川右岸緑地等の使用料については、実績見込みによりまして増減で、23万円の減額とするものでございます。
 続きまして、歳出24ページをお願いいたします。社会教育総務費でございますが、報酬と旅費に芸術文化交流推進委員ということで設置をして、指導助言をするということの中で設置をする予定でございましたが、設置に至りませんでしたので、これにつきましては、引き続き21年度の中で検討して設置をするということの中で、報酬、それから旅費を減額するものでございます。それから、備品購入につきましては、宝くじ助成備品の中でテントを購入いたしまして、入札差金でございます。
 それから、公民館費でございますが、需用費、光熱水費でございますが、多目的交流センターの3月分の電気、水道等の経費を計上させていただきました。それから12の役務費につきましては、手数料ということで、粗大ごみの処理手数料でございますが、公民館の移設に伴いましてのごみ処理経費といたしまして計上したものでございます。それが21万円でございます。それからその他手数料につきましては、今現在、公民館にありますピアノの移設の経費として8万6,000円を計上するものでございます。それから負担金及び交付金の減額2万6,000円でございますが、実績によりまして減額するものでございます。
 それから、4目の生涯学習推進費でございますが、実績見込みによりまして、燃料費、それから光熱水費、それぞれ計上するものでございます。
 それから、26ページをお願いいたします。保健体育総務費でございますが、体育指導員等の研修視察の関係でございますが、実績に伴いまして減額するものでございます。
 それから体育施設費でございますが、需用費の光熱水費につきましても、スポーティプラザほか、体育施設の実績見込みによりまして、23万円を計上するものでございます。それから工事請負費につきましては、経済対策によりまして、それぞれ工事を実施するものでございまして、1つが運動公園のランニングコースの補修工事、それから野球場、グラウンドの整備ということで、内外野の土地の攪拌整地等を実施するもの、それから野球場の周辺整備ということの中で、道路舗装を予定してございます。それから、もう1点が中学校のグラウンド整備ということの中で、内野の土の入れかえを予定してございます。そのほか単独で、かぶろ会館の改修ということの中で、調理室の横にあります講座室、現在和室でございますが、それのフローリング化、それと身障トイレの改修等をして、利用者の便を図ってまいりたいと、そういうことの中で計上させていただきました。
 それから、3目の体力増強事業でございますが、それぞれ事業実績に伴いまして、減額するものでございます。
 以上であります。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑のある方は、ページ、それから目と節を言いながら質疑をしてください。それでは質疑ありませんか。矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) 13ページ、基金繰り入れでありますが、多目的文化施設建設事業基金が、事業が終わったということで、5億1,517万円ですかね、繰り入れしているわけですが、あと基金自体が残っているかどうかを、ちょっと聞かせてもらいたいということです。
 それから、もう1個は16ページ、この定額給付金でありますけれども、この事務費的なものというのは、この定額給付金のもらえる人の人数か何かによって、この事務費的なものは決まってくるんでしょうか。そこら辺を聞かせてください。
○議長(甲斐澤明君) 会計課長。
◎会計管理者兼会計課長(鈴木智君) それでは、多目的文化施設の基金の残額についてお答え申し上げます。今現在およそですけれども、4億3,100万円ほど残っております。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 定額給付金の事務費につきましては、職員の通常の人件費以外は、ほぼ認めていただけるということで、実際にかかる金額を積み上げたものでございます。国の方の基準でいけば、約1,000万円ぐらいは来るんではないかというようなことも、算定式みたいなものも来ておりますけれども、現実的にはそこまでかからない予算ということでお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) さっき基金の話なんですけれども、4億3,100万ほどあるという中で、いわゆる基金というのはその目的のために積み立てているものですから、これが例えば多目的が建設が終わったというようなことで、こういった名称で積み立ててあるものを違うものに使う、財源として使うということは、ちょっと違うんじゃないかなと思うんで、その辺の後の対応はどうするかということです。
 それと今、総務課長の答弁ですけれども、何かそのやり方によっては安いとか、安くなるとか、あるいは流動的みたいな、ちょっと答えだったんですけれど、町村によってそういった差があっていいわけですか、そこら辺を教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 町村でそれぞれ算定基準が、算定の根拠がありまして、多分、予算計上はしていると思います。松川村につきましては、この予算があれば事務の執行ができるということで、国の全額事務費をみるというような形の中でも、むだなものは計上しないということですので、この事務費があれば、給付金の支給事務には支障がないというふうに思っております。
○議長(甲斐澤明君) 会計課長。
◎会計管理者兼会計課長(鈴木智君) 多目的の基金の関係で、これを支出して、あと残る金額ですけれども、アバウトですけれども8,000万から9,000万の間くらいは残る予定です。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) いやいや、そのさっきの4億3,000いくらというのは何ですか。
○議長(甲斐澤明君) 会計課長。
◎会計管理者兼会計課長(鈴木智君) 現在の残りでございます。
○議長(甲斐澤明君) 矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) でまださらに残るという、ここへ繰り入れるということで使うということだが、あとまだ残るという話になると、多目的交流施設整備基金という、ひとつの名前がついている基金なんで、多目的の事業がすべて終わった後、その基金を使うということには、何か名前を変えていかなきゃ使えないんじゃないかというような気がします。そこの辺はどうですか。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) すべて終了した時点で、また皆様の方へ提案をしてまいります。この基金については用途が決められておりますので、振りかえます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今、いろいろの活性化資金というような、定額給付金からたくさん9項目が、繰越明許で第3表に載っているんで、この今の予算の中で、執行すぐできない状況なので、そういうふうになっているのはわかりますが、この2から9まで、第3表の繰越明許の状況をどんなふうに取り組んでいかれるか、時期的なものが予測ができていましたら、その辺は教えていただきたいと思います。
 それから、個々のところで、12ページの1の民生費の県補助金の中の、290万の遊びの広場について、どんな内容なのかその辺をお聞かせください。
 それから、その13ページの下の雑入の中ですけれども、包括支援の2事業、この関係が新しく上がってきているというふうに解釈を、御説明があったわけなんですけれども、これと、それから雑入で一番上にあります後期高齢者医療広域連合補助金というのがありますけれども、これ特定健診の部分が残というか、減になったというお話だったんですけれども、この包括支援任意事業の中の取り合いとか連携とか、その辺のところがちょっと複雑でよくわからないんで、もう1回説明していただきたいと思います。
 それから、15ページですか、15ページのちょっといろいろ説明を聞き漏らしていると思いますけれども、1番下の13の総合行政情報費の中の減額があるわけなんですけれども、これサポート減ということで、エルタックスの部分だというふうにお聞きしたんですが、そのちょっとエルタックスとあわせて、内容的な御説明、もうちょっと詳しくお聞きできたらと思います。
 それから、16ページですけれども、総務費の中で14の定額給付金の中でですけれども、休日とか夜間とか、そういうことに対しても対応をしていくという、きめ細かな対応だと感じますけれども、それも予測できる範囲で、村民の方から聞かれたら答えていきたいので、教えてください。
 それから、19ページですけれども、1の保健衛生費の関係で、日赤の方に2,200万円ほどをここに挙げてあります。この前、全体的な表みたいな形のものはいただいてありますけれども、2,242万4,000円という細かいお金なので、これが決定なのか、これに対してのちょっと案がいろいろあったように思いますので、ここへ決まった理由と、それと範囲について、どの範囲まで北アルプス広域の範囲まで及ぶのか、全体的にどういう形でここへお世話にもなっているんで、補助金というのは決まってきたのか、具体的なことがわかりましたらお願いします。
 それから、商工費の方で20ページですけれども、商工総務費、この中でプレミアム付商品券の発行になりますけれども、5,000セットというのは、1枚500円の商品券だとしますと、26枚で1セットというふうになって、1万3,000円になるのか、そうするとその5,000セットというと、金額がもっとたくさんになるんですが、その5,000セットの内訳、内容をどんなふうに5,000セットになるのかということ。
 それと、道路新設の次のページ、21ページですけれども、1番下の道路新設改良費、村内の3路線なんですけれども、ここのところをちょっと説明早いんで聞き漏らしたかと思いますが、何号線のところなのか、具体的に、ちょっとここの辺のところも教えてもらいたいです。
 それから、実施計画図もいただいてありますので見ていますが、とても不明瞭な地図なので、よくわからないので、具体的にちょっともう1回教えてもらえればと思いますのでお願いします。
 それから、ちょっと長く言ってすみません、23ページの消防費の中の消防施設費の中、備品購入費、これはいろいろ車庫とか、バイクとかいう状況だと思う説明でした。それで実際にどこへ車庫をつくったのか、そのところを教えてください。
 それから、24ページの教育費の中学校費の中で、教育振興費、扶助費ですけれども、対象人員が減になったということで62万4,000円の減になっているんですけれども、相当ふえていたりして、今の不況の状況も反映しているのかなということを感じていたわけですけれども、中学校はあって、小学校の方は上げたままなのか、その辺のところはどんな状況なのかなあということを教えてください。
 それから、26ページの体育施設費の関係ですけれども、2の15に値すると思います。このいろいろ修理、ちょっと聞くところによると、かぶろ会館の方も修理をしたり、運動公園の方の修理もされたりするようなので、これ、それぞれに行き届いて、上手にやっていただけるというふうに解釈しているわけなんですけれども、その繰越明許との関係もあったりするかと思いますので、そこのところ、もうちょっと細かい説明をいただければと思います。お願いします。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、まず総務課関係で、6ページの繰越明許費についてでございます。まず定額給付金事業につきましては、先ほど目の方へ一括計上してございます。これにつきましては、多分、申請書をお届けできるのが4月の上旬、頭ぐらいには行く予定になっております。ただ、若干郵便局の方で全部チェックをするという形になっていますので、早くなったり遅くなったりする可能性はあろうかと思います。また、第1回目の給付金の振り込みにつきましては、4月の下旬を予定をしております。その関係で繰越明許となっております。
 それから、同じく2段目の、子育て応援特別手当事業につきましても、給付金等事務のやり方につきましては同じということで、今のところ事務は一緒にやっていくような形になろうかと思います。
 それから、商工費の事務のプレミアム商品券につきましては、明許となった理由は、当然支給が約半年間ぐらいに渡ってということで、3,000円の5,000セット分につきましては、本年度支給ができないということで、繰越明許をお願いする内容でございます。
 それから、道路改良事業費につきましては、あわせて御質問ございましたので、3路線等の内容につきましては、建設水道課長の方から申し上げるということですが、契約については未契約ではなく、本年度議会の議決をいただいた後、入札に付し、本年度契約をしたいというふうに考えております。
 それから、一番下の体育施設整備事業、これについても公民館長の方から、内容につきましてはお話しすると思いますけれども、これにつきましても補正予算を議決いただいたあと、入札に発注をし、今年度中に契約をしたいというふうに考えております。
 それから、公園整備事業につきましては、植栽、入り口舗装等、現状では残っております。水路等については今年度中に上がる予定でありますけれども、植栽等どうしても整備が進まないと植えられないというような部分がございますので、その点につきましては明許をお願いすると、工事名につきましては、中央公園整備事業の第3工区ということでお願いいたします。
 なお、整備、遅くとも連休明けぐらいには上がるというふうに思っていますが、天候等の状況によりましては、早くなったり若干遅くなったりするような状況もあろうかと思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 それから、15ページのエルタックスの関係でございます。これは入札等をやりまして株式会社電算の方に委託をし、それからサポート等をお願いをしてやった状況でございます。この辺につきましては、本年から給与報告書が電子化で村の方に届けられるというような、法の関係がございまして、それに対応するように、村としましてはASPというやり方で、インターネット経由に多分なろうかと思いますけれども、そういうものを利用しまして、電子によって、紙ベースではなく、給与報告書を出していただくという形の部分で、それに対しますサポート料、それから備品等の購入の差金ということで、お願いを申し上げます。
 それから、あと定額給付金の16ページの関係でございます。職員の手当ての関係、土日それから夜間というふうに考えておりますが、今のところどこまでやるかというのは、ちょっと今はっきり決まっておりませんけれども、4月の当初から申請書の受付が始まると思います。その分で住民の方に混乱ないように、土曜日、日曜日を開設してやりたいと。それから平日について、しばらくの間8時まで対応したいというふうに思っています。様子を見まして、例えば4月の第3週までやるとか、大分減ってきたような部分についてはお知らせをし、通常の日に提出をいただくと。
 それから、あと現金の交付等が出てきますので、現金の支給の方につきましては、口座がない方ということで、ごく少数だとは思いますけれども、例えば高齢者の方とか、障害者の方等ある部分ありますので、そういう方の現金給付については、ちょっと多分4月の第1回目の口座への振り込みよりも後になろうかと思いますが、その時点で、もしたくさん出てきたような場合については、土日等にも対応していく状況でございます。
 今、事務の方でまとめて、詳細なスケジュールをつくっているところでございますので、今の段階でちょっとお示しをできないですけれども、大変申しわけございませんが、間もなく決定となろうかと思いますので、御理解をお願いをしたいと思います。
 それから、バイクの関係につきましては、統括の方から御説明申し上げます。
○議長(甲斐澤明君) 総務課統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(白澤繁君) 23ページの関係の消防費、消防施設費です。バイクの格納庫、いわゆる車庫につきましては、5分団の詰所の隣、それから2分団、これは旧2分団の詰所、南部会館のすぐ隣になりますけれども、そこの詰所の隣、それからもう1つが3分団で、旧7分団、北部の分団だった詰所のすぐ隣に設置を進めております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 環境福祉課関係ですが、12ページの県の補助金、遊びの広場の内示によるということでよろしいですかね。これにつきましては、保育園の支援ルームで行っておりまして、未就園児を対象に事業を行っておりますが、当初、補助金がつくかわからないということで予算計上をしていなかったんですけれども、内示によりまして290万3,000円いただけるということで、ここで計上させていただきました。保育園の支援ルームの中でやっている事業ということでお願いします。
 続きまして、13ページの雑入の関係ですけれども、後期高齢者医療広域連合補助金ということで、特定健診・特定保健指導は、基本的には保険者が責任を持って行うということですが、後期高齢につきましては、各市町村に委託を受けております。その関係で健診を受けた方につきまして、1人幾らということで、県の後期高齢者医療広域連合の方からお金がくるわけですけれども、健診を受けた方の額が確定見込みということで、減額の28万8,000円という内容です。
 その下段の包括支援任意事業につきましては、介護保険は北アルプス広域連合で行っておりまして、その中で松川村が任意事業ということで、いろんな事業をやっているわけですけれども、その中の額の確定見込みということで、225万円の増額をお願いするものでございます。ですので、広域連合一緒ではなくて、雑入の関係は県の後期高齢者の広域連合、それから地域支援事業につきましては北アルプス広域連合ということでお願いします。
 続きまして歳出の関係で、19ページ、安曇野赤十字病院の改築の補助金の関係ですけれども、これにつきましては、安曇野市が音頭をとりますといいますか、お声がけがありまして、安曇野日赤の利用者1%以上の市町村に補助をお願いをしたいという旨、病院の方から当初ありまして、北アルプスというか、大北管内は池田町、松川村、大町市が該当になっております。そのほか、安曇野市、松本市、それから生坂村、それから筑北村が1%以上の利用者があるということで聞いております。金額につきましては、当初2,400万ほどだったんですけれども、日赤の方で調整を行って、この金額が確定ということで、定額補助ということでお願いをいたしたいということで了承しまして、この補正でお願いをしたいということで計上をさせていただきました。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは商工総務費、プレミアム商品券5,000セットの内訳について御説明いたします。500円の商品券26枚、これを1万3,000円分になりますが、1セットとしまして、これを5,000セットを販売していくという内容でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、21ページ、3目の道路新設改良費の3路線の内訳を御説明申し上げます。まず村道3−13号線ですが、東松川地区になります。場所的にいうと、現在の工場団地から南へ五、六百メートル下の、オリンピック道路から西へ、田んぼ1枚分を挟んだ道路でございます。
 それから6−119号線、これは南神戸区になりますけれども、県道有明大町線の芦間橋から西へ100メートルほど行ったところから、南へ下っていく道路でございます。
 それから村道7−112号線です。これは県道から、村の第1配水池に上っていく路線でございますが、この3路線を予定をしてございます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 26ページの、2目の体育施設費でございますが、経済対策関係で、先ほどと同じ説明になりますが、運動公園のランニングコースの工事、それから野球場のグラウンドの整備、それから野球場周辺の道路舗装、それから中学校のグラウンド整備ということで、これからのスケジュール、段取りにつきましては、先ほどの総務課長の答弁のとおりでございますので、よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 繰越明許の期限の関係でございますけれども、一応秋口過ぎくらいをめどにしております。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) それでは、24ページの20の扶助費についてお願いいたしたいと思います。この内容はですね、生徒の特殊教育就学奨励費でございます。この事業の内容につきましては、特殊支援学級、昔は特殊学級と言われたところでございますけれども、ここに就学する、中学の場合は生徒ですけれども、生徒の保護者に対して、その保護者の収入に応じて主要な助成をするという内容のものでございます。
 その支援する内容なんでございますけれども、学用品、あるいは入学用品、修学旅行費、それから給食費、こういったものをその収入に応じてそれぞれ支援しているわけでございます。この今回、その保護者の収入の状況に応じて、この額が当初よりも支出しないで済んだということの中での減額でございますので、お願いいたします。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 小学校については、児童の特殊就学奨励費ということで予算計上してございますけれども、現計予算の中で間に合うということで、今回提出してございません。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員いいですか。ほかに質疑ありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第13号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第14号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、国、県等の交付額の決定に伴いますものが主なものでございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですが、3款の国庫支出金から次ページの諸収入までですけれども、6ページの基金繰入金を除きまして、額の確定通知による額の変更ですので、数字等省略をさせていただきます。
 続きまして支出ですけれども、8ページお願いします。2款の保険給付費から11款の諸支出金につきましても、額の確定通知による金額の変更でございます。歳入歳出の額、それぞれ数字は申し上げませんけれども、歳入歳出の額の差額分を歳入の繰入金、基金繰り入れで調整を行いました。これによりまして、基金残は約5,700万となる予定でございます。
 また、今回の保険給付費につきましては、まだ年度終了しておりません、流動的でございますので変更はしてございません。
 以上です。よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第14号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第15号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、医療費の支給額の確定見込みに伴う減額補正でございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですけれども、1款の支払基金交付金から、次ページの6款の諸収入まで、額の確定見込みによります金額の変更でございます。個々に数字は申し上げませんけれども、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、歳出ですけれども、7ページですが、これも実績見込みによる減額補正となっております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第15号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第16号 平成20年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、広域連合等の基準の額の確定見込みに伴うものでございます。5ページをお願いします。歳入につきましては、それぞれ繰入金、国庫支出金等、補助金額の確定に伴います変更で、数字は申し上げませんが、ごらんをいただきたいと思います。
 続きまして、6ページ歳出ですけれども、こちらにつきましても、額の確定に伴います変更でございます。数字につきましては省略させていただきますが、ごらんをいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 当初、該当者は1,400人くらいということで、4月から行っている事業になるわけなんですけれども、国保と老保との関連の中で、後期高齢者になって新年度予算に向けてもそうですけれど、何かトンネルというかそういう部分は、そういうほかの広域連合でやっているものなので、そういうことになると思いますが、その辺のところで、やっぱり国保に及ぼす影響というか、そういうようなことも、何か新年度に向けて感じてたり読んでいることがありましたら教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 平成21年度予算、これから御説明申し上げますけれども、20年度につきましては老保の負担金、それから後期高齢者の支援金とダブルで入っていた部分、これにつきまして、今度21年度につきましては、国保の方からの支出が後期高齢の支援金ということで、その部分で大分軽くなっている部分があります。ということで、国保の会計については、そういった部分も含めて、若干そこで助かっている部分があろうかと思いますが、後期高齢につきましては、平成20年から始まった事業でございますので、まだ数字的に固まっておりませんが、それを予測しながら、21年度も編成をしております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありますか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第16号について採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第17号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、永代貸付1件分を歳入としてみまして、公園墓地の基金に積み立てるものでございます。
 5ページをお願いします。歳入につきましては30万9,000円永代使用料、それから次ページになりますが歳出ですが、一般管理費としまして積立金へ基金として積み立てるものです。
 これによりまして、基金の保有額は約1,340万円になる予定でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第17号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第18号 平成20年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、入居者の実績見込みによる補正でございます。
 まず、5ページをお願いいたします。歳入の関係で、土木使用料、特別賃貸住宅の使用料△141万7,000円でございます。これにつきましては、4月からこの3月までの入居見込みというような中で、入居率が66.7%を見込んでおります。その分の減額でございます。繰入金につきましては、先ほど承認されました不足分の繰り入れでございます。
 支出の関係、次ページ6ページですけれども、一般管理費、需用費、役務費とも実績見込みによる計数整理でございます。公債費につきましては財源振替でございます。予備費につきましては、減額でございます。
 以上です。よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第18号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第19号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、4条関係の実績見込みによります補正でございます。
 一番最後のページになりますけれども、収入で新設負担金39万円でございます。これにつきましては、株式会社安曇野ビバレッジの関係でございますが、管径の変更によりまして増額になるものでございます。
 それから、支出につきましては、委託料、それから工事請負費、それぞれ1,359万9,000円の減額になっておりますが、これにつきましては、北細野駅のホーム下に、現在、管渠がございます。これにつきまして布設がえを予定しておったわけでございますけれども、JRとの協議の中で、道路の部分に布設がえという協議に変わってきております。現在、この工法等を協議している関係で、本年度の事業実施ができないという中で、翌年度に持ち越すということで、今回減額補正をさせていただきます。
 よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第19号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここでお諮りをします。議案の順序を変更し、議案第28号から議案第30号までを先に審議したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。
 議案の順序を変更し、議案第28号から議案第30号までを先に審議することに決定をいたしました。
 議案第28号 平成20年度多目的交流センター備品購入(コンサートグランドピアノ)の契約の締結についてを議題とし、提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、議案第28号について説明をさせていただきます。
 次のとおり購入契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第8号及び、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求める。
 記、契約の目的、平成20年度多目的交流センター備品購入(コンサートグランドピアノ)の購入の契約の締結について。契約の方法、指名競争入札。契約金額、1,225万3,500円。契約の相手方、長野市高田321番地2、株式会社サンピアン、代表取締役竹内宣敏。ということでございます。
 若干、詳しく説明をさせていただきますけれども、2社を指名いたしました。そして昨年の8月に仮契約を締結いたしました。通常、直近の議会で契約議決をしていただくわけでありますけれども、このピアノについては、大変高いものと、そしてまた外国製、これはドイツ製でありますけれども、そういう中から、子供からプロの方にも弾いていただくことができるピアノを選びたいということで、やらせていただきました。
 1月8日、東京のスタインウエイジャパン株式会社に出向きまして、専門家の方お2人でありますけれども、その方に依頼をし、12月にドイツから輸入されましたピアノ3台の中から、この松川村に合ったピアノを選んでいただくということの中で選定をいただきました。これは品番については583396と、これがどういうピアノか私にはわかりませんけれども、そのプロの方が選んでくれた松川村に合ったピアノだということを聞いております。
 そんな中で、このためこのピアノの選定が終了した時点で、議会の皆さまの議決をいただきたいということで、今回提案をしたわけであります。いつもと若干違っておりますけれども、御理解をいただきたいというように思います。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第28号について採決をします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第29号 平成20年度多目的交流センター備品購入(家具備品)の契約の締結についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第29号について御説明をいたします。
 次のとおり購入契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第8号及び、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求める。
 記としまして、1、契約の目的、平成20年度多目的交流センター備品購入、これは家具でございます、家具備品であります。その購入の契約の締結について。契約の方法は指名競争入札であります。契約金額3,307万5,000円。契約の相手方、北安曇郡松川村5724番地、うるわし家具店、白井清司。ということでお願いをします。
 これにつきましては、4社を指名いたしました。そういうことで、仮契約日は20年の、去年の12月24日であります。臨時議会等なかったわけでありまして、今回が最初の議会ということの中で、この議案を提出させて、上程をさせていただきました。なお、入札日は12月の19日であります。契約を24日に、仮契約をさせていただいてありますのでよろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今、御説明で4社ってお聞きしたんですけれども、松川村に資格のあるところが4社あって、松川村だけだったのか、その辺の範囲をお聞かせください。
 それで、内容は家具ということですけれど、どういうものがどのくらいなのかとか、そういうようなことは、全体的にちょっと聞かせてもらえばと思います。
 それから、落札率はどのくらいであったのかお聞かせください。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 村内に営業所、または本店がある事業者4社に指名をいたしました。
 それから、落札率は99.05%です。この内容は入札2回で落ちなくて、見積もり2回ということで、4回目に落ちたという内容でございます。
 それから内容につきましては、主なものはスタンギングチェアー、これ267台、済みません、スタッキングチェアーですね、連結、連結じゃない部分ありまして、連結をこういう何ていうかひじかけがないのが267台、連結してやるのが319台、あと大きなものでは、いす、それからやっぱり机、あと事務的な鉄庫とかそういう部分、それからホールについては、いすとか、各部屋のいす、テーブル等ございます。明細、もし必要であればお出しをいたしますが。よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) どうしてお聞きしたかというと、このあと出てくる音響とかそういうものとは別に、どこまでが全体の工事費の中に入っていて、それでどこまで、どこからが備品なのか、具体的にはそんなにわからなくても、ある程度ちょっと大まかなところを知らせていただければありがたいなという思いでありますので、その辺のところは、もしお知らせいただけるならばお願いしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) まちづくり交付金を導入して建設しておりますので、補助の関係の見方で申し上げますと、移動できないものについては基本的に本体工事ということになります。例えば重くて冷蔵庫が非常に大きくて移動できるというものにつきましては、備品で購入と、そういうものが下へアンカーボルトで動けないようにした場合については、備品と認められる場合もありますけれども、基本的には何しろ動かないものというのが本体工事、動くものが備品購入というもので区分けをしております。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) そうすると、調理室の家具類は、そういうものは動けないという解釈とか、そういうふうに分けてあるということですね。はい、わかりました。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第29号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第30号 多目的交流センター舞台照明・音響設備の購入の契約の締結についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それでは、議案第30号について説明をさせていただきます。
 次のとおり購入契約を締結したいので、地方自治法第96号第1項第8号及び、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求める。
 契約の目的、多目的交流センター舞台照明・音響設備の購入の契約の締結について。2、契約の方法、指名競争入札。3、契約金額、827万4,000円。4、契約約の相手方、北安曇郡松川村7019番地2、有限会社浅野電器商会、代表取締役、浅野宏生。
 若干補足をさせていただきます。先ほど質問がございましたので、それについてもお話をしますけれども、今回この舞台照明・音響設備等については、村内4社に指名をさせていただきました。そういう中で、落札率については65.67%、1回で落札をいたしました。以上であります。
 それから、この入札日は3月の2日で、ことしの3月の2日であります。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 落札率とかはお聞きして、えらい安く入ったんだなあというふうに、65.67ということですか。はい。
 それで、オーディオの機器なんか、本当に音楽ホールというような部分も感ずるような形なので、そのオーディオの機器の部分も大分あると思うんですけれども、そのただの舞台照明と音響の部分についてのオーディオなんかの資格というか、そういうものも考慮して、そういう業者選択したのかということが1点と。
 それから、今後村内でありますので、すずの音応援団というような形を立ち上げて、大勢が協力しようと思っていますが、この電気機器の利用については、相当専門的な部分が入ってくると思いますので、村内業者でもありますし、ずっと向こう何年間ぐらいは協力していただいたり教えてもらったり、みんなが使い勝手を覚えられるようなふうにしていっていただけるのか、その辺のところもこの契約の中でうたってあるのか、それはなくてもやっていただけるのか、その辺のところを教えていただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 今回の舞台照明・音響設備につきましては、通常の電器屋さんに売っているものが内容です。ですので、これについて専門的な知識というのは必要ないと思います。今、設置してある舞台のミキサーとか、そういう部分については、館長の方から御説明申し上げます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 当然、舞台装置等につきましては、専門的な分野になろうかと思いますが、そういった専門の方をお願いをいたしまして、職員か、それからすずの音応援団の方も御協力いただきながら、操作できるように準備を進めていきたいと、そのように思っております。
○議長(甲斐澤明君) 白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 先ほどの説明の中で、その機器を、こちらで指定しているものを入れるだけというような状況ということですかね。ピンマイクとかいろんなもの等の関連、それからオーディオの部分の専門的な知識も相当必要になってくるし、それがうまく機能しないと、芸術文化の分野での活用に深みがないというふうに感ずるわけなんですけれども、公民館長、その辺のところは今後について、すずの音応援が覚えればいいような、いい機器を入れてもらうようになっている、心配、老婆心ですけれども、心配しないで簡単な、しかも効果的な機器ということの選定をした上で、この金額、827万4,000円でやればいいという範囲になっているんですか。その辺のところを、具体的な話をぜひお聞かせいただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) これにつきましては、CDとか、ブルーレイとか、そういう部分の機器です。それですみません、工事契約内容をちょっと今、把握していないんで申しわけありませんけれども、現状、今ホールの上の何と言うんですか、操作室というんですかね、そのところにはもう機器が3台ぐらい入っています。それはよくテレビというか、こういうような機器が、こう音響操作したり、マイクの位置を決めたりという部分が、それはもう設置をされております。その内容はちょっとすみません、私の方では把握しておりませんので、設置はもう済んでおりますので、この契約議決の内容については、通常のオーディオ機器といいますか、CDとか、そういう部分ですので、今、議員さんの御質問の内容については、違う部分でもう設置済みでございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。質疑ありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 今、館長さんの方に御説明を求めている、すずの音応援団との絡みで、このどうも機器というところの解釈は、設置をしてあるものとは、また違った部分になってくるんだったら、どんなふうにこういうものを、今後、相当たくさんのオーディオ機器、それから照明、それからいろんな専門的な分野があると思いますが、その辺の操作はどんなふうにされていくおつもりなのですか。何か、そういうグループつくって、こういうすべてのものに対応していくんでしょうか。ちょっと教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) 先日、すずの音応援団のスタッフ募集をして初顔合わせをして、最初、イベントの実行委員会的なものを組織をいたしましたけれども、当然、すずの音応援団の中には、希望の中で音響やりたい人、掃除をやりたい人、いろいろの分野で申し込みがございます。そういった中で、今後の中で調整をしながら、音響をやっていただける方を中心にいたしまして、みんなが操作できるような方向で技術指導、あるいは技術を覚えて対応していけるように段取りを組んでいきたいなと、そんなように思っております。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第30号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第20号から議案第27号までは平成21年度の各会計予算です。関連がありますので、一括上程したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。議案第20号 平成21年度松川村一般会計予算、議案第21号 平成21年度松川村国民健康保険特別会計予算、議案第22号 平成21年度松川村老人保健特別会計予算、議案第23号 平成21年度松川村後期高齢者医療特別会計予算、議案第24号 平成21年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算、議案第25号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算、議案第26号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算、議案第27号 平成21年度松川村水道事業会計予算、以上を一括上程いたします。
 事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) それではちょっと長くなりますけれども、1ページから7ページまでを、朗読をもって提案説明とさせていただきます。
 まず、松川村平成21年度当初予算案。
 初めに、世界経済の急激な減速により、日本国内はもとより長野県内においても、受注業務の減少等により、経済情勢の悪化が深刻な状態となっております。このような情勢の中、松川村の財政は地方交付税等依存財源の比率が依然高く、国、県などの制度改正が大きな影響を及ぼす予算編成となっております。
 国では、基本方針2006などに沿って歳出削減を図ることとする一方、極めて厳しい財政運営を強いられている地方の切実な声と、生活防衛のための緊急対策を踏まえ、雇用創出のための地方交付税を1兆円増額するとともに、地方財政計画の歳出を増額することとなりました。これにより、地方交付税と臨時財政対策債を合わせた総額は、対前年増額見込みとなりました。
 しかし、地方自治体の財政は依然厳しい状況に変わりありません。村においても、平成21年度予算では、地方交付税などについては増額の見込みであるものの、村税については景気の落ち込みなどにより、前年を大幅に下回る見込みとなり、大変厳しい状況となっています。
 こうした中、村では第5次総合計画の最終年度であることを踏まえて、自立の村づくり計画実行プランを推進し、村民、地域、行政による協働の村づくりを展開していきます。
 松川村の平成21年度予算は、多目的交流施設建設事業及び松川中央公園整備事業などの大型事業の終了に伴い、前年比6.6%減の総額38億4,300万円となっております。
 下の表は、後で見ていただきたいと思います。
 平成21年度当初予算の概要を申し上げます。括弧内は対前年当初予算費との比較であります。
 1、一般会計、編成方針、平成21年度予算編成は厳しい財政状況の中、施策全般にわたり徹底した整理と見直しを行い、編成をいたしました。
 予算規模でありますが、歳入歳出予算は38億4,300万円、△の6.6%、△2億7,100万円。
 主な歳入状況であります。
 村税、8億9,031万1,000円、△の2.9%、△2,701万6,000円。
 村民税、△の1.2%、△の496万5,000円。
 固定資産税、△2.9%、△1,219万6,000円。
 軽自動車税、プラス1%、プラス23万3,000円が見込まれております。
 地方譲与税、7,100万円、△の2.7%、△200万円。
 地方交付税、13億3,000万円、プラス7%、プラス8,700万円。平成20年度は骨格予算だったため、対前年度大幅な増額となっています。
 国庫支出金、1億2,264万8,000円、△51.2%、△の1億2,800万円。まちづくり交付金、都市公園整備事業補助金の減が減額の主な理由であります。
 県支出金、1億8,542万8,000円、プラス18.3%、プラス2,867万9,000円。自立支援給付費等負担金など社会福祉費負担金や、重度心身障害者医療など医療特別給付費補助金が主なものであります。
 繰入金、3億954万5,000円、△44.2%、△2億4万543万3,000円。公共施設等整備基金からの3億円が主なものであります。
 村債、1億9,000万円、△2.1%、△400万円。臨時財政対策債のみの計上であります。
 4、主な歳出状況(性質別)ということでお願いをいたします。
 まず人件費、6億7,231万円、プラス0.0%、プラス5万円で、定員適正化計画に沿い、職員の計画的な採用、適切な配置を行い、住民サービスの水準を維持してまいります。
 物件費、7億6,079万8,000円、プラス8.5%、5,990万7,000円。多目的交流施設管理費、寄って停まつかわ管理費が増額となっております。
 扶助費、3億6,425万1,000円、プラス2.1%、761万5,000円。自立支援給付費の増加により増額となっております。
 補助費、9億736万2,000円、プラス57%、3億2,959万6,000円。工場等用地取得事業補助金により増額となっております。
 普通建設事業費、2億8,274万6,000円、△の68.9%、△6億2,520万9,000円。多目的交流施設建設事業及び松川中央公園整備事業の完了に伴い、減額となっております。
 公債費、5億2,228万2,000円、△の5.1%、△2,819万9,000円。本年度は特別な償還はなく、通常償還のみとなります。
 続きまして、2番、国民健康保険特別会計であります。8億9,612万6,000円、△の3.3%、3億3,036万9,000円。この会計は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び村民保健の向上に寄与することを目的とし、計上しております。
 医療制度改革や近年の医療費の動向、並びに過去の傾向を考慮しながら、予算の総額を8億9,612万6,000円としました。うち国保税は2億3,420万7,000円を見込みました。また歳入歳出の均衡を図るため、一般会計繰入金を4,825万8,000円といたしました。
 続きまして、老人保健特別会計であります。100万8,000円、△の99%、△1億325万円であります。この会計は、平成20年3月診療分までの老人保健法による医療にかかる収入、支出について計上しております。
 歳入の主なものは、支払基金交付金50万5,000円、国庫負担金33万2,000円、県負担金8万2,000円、一般会計繰入金8万6,000円を計上しました。
 歳出の主なものは、医療給付費50万円、医療費支給費50万円を計上しました。
 続きまして、後期高齢者医療特別会計であります。7,398万8,000円、△7.8%、△の632万8,000円であります。この会計は高齢者の医療の確保に関する法律により、後期高齢者医療の保険料の徴収及び後期高齢者医療広域連合への保険料等負担金納付を主たる目的として、予算計上をしております。
 歳入の主なものは、保険料5,558万3,000円、一般会計繰入金1,840万1,000円を。歳出の主なものは後期高齢者医療広域連合給付金7,217万2,000円を計上いたしました。
 続きまして、公園墓地造成事業特別会計であります。155万4,000円、プラス0.9%、1万4,000円の増であります。今年度は公園墓地723聖域の維持管理及び環境整備に対する経費として、予算総額155万4,000円を計上しました。
 歳入の主なものは、聖域の清掃料を計上しました。
 歳出の主なものは、環境整備に伴う委託料を計上いたしました。
 続きまして、地域特別賃貸住宅特別会計であります。491万2,000円、△の0.3%、△の1万6,000円であります。平成4年度に建設した地域特別賃貸住宅A型6戸の管理に対して計上しております。
 歳入の主なものは、住宅使用料376万2,000円、一般会計繰入金114万9,000円であります。
 歳出の主なものは、管理費31万2,000円と、住宅建設資金の元利償還にかかわる452万円を計上いたしました。
 続きまして、特定環境保全公共下水道事業特別会計であります。4億5,653万1,000円、プラス4.6%、2,018万9,000円の増であります。
 歳入の主なものは、下水道受益者負担金1,793万5,000円、下水道使用料1億2,287万円、受託事業収入2,469万6,000円、一般会計繰入金6,768万5,000円、及び基金繰入金2億2,121万円であります。
 歳出の主なものは、処理場の維持管理委託費4,491万9,000円、及び長期債元利償還金3億1,434万9,000円であります。
 続きまして、水道事業会計であります。4億8,275万6,000円、プラス78.3%、2億1,203万円の増であります。
 4条予算は、第1配水池更新に2億4,396万5,000円を計上いたしました。
 3条予算は、通常経費のみで、支出予定総額は1億7,189万1,000円となっております。
 続きまして、平成21年度施策の概要であります。平成21年度予算は、第5次総合計画に沿った以下の事業を、主要施策として計上しております。
 まず、やすらぎのある自然豊かな村づくり−生活基盤−でありますが、景観保全推進事業に80万円。村の景観形成の推進に使わせていただきます。
 道路維持管理事業6,987万2,000円。道路の維持補修、除雪作業などにより住民の安全及び便宜を図るためであります。
 次に、笑顔で助け合う安心して暮らせる村づくり−保健・福祉−であります。
 村社会福祉協議会の補助4,617万9,000円。生きがいづくり事業など社会福祉施策の実施に使わせていただきます。
 障害者自立支援事業9,801万3,000円。補装具、施設給付、居宅介護給付、生活介護給付、短期入所給付等に使わせていただきます。
 地域活動支援事業・地域生活支援事業843万5,000円。地域活動支援センター、コミュニケーション事業などに使わせていただきます。
 老人福祉総合対策助成事業2,084万4,000円。福祉バス運行事業、シルバー人材センター支援、老人保護措置費などに使わせていただきます。
 包括支援センター事業2,999万3,000円。介護予防事業、介護予防ケアマネジメント、総合相談・権利擁護などに使わせていただきます。
 松香荘管理1,562万円。高齢者など憩いの家としての住民の福祉の増進に使わせていただきます。
 福祉医療給付事業7,578万9,000円。高齢者や乳幼児、小中学生、障害者のなどの療養の負担に対し、福祉医療給付費であります。給付金を支給し、早期適切な受療と医療費の家計への負担軽減を図ります。
 続きまして、児童手当給付事業8,524万円であります。児童手当法に基づく児童手当などの支給に使わせていただきます。
 母子保健事業670万5,000円。乳幼児健診、育児相談などに使わせていただきます。
 健康増進事業961万4,000円。生活習慣病等に関する健康相談及び健康教育等を実施し、健康意識を高めるために使わせていただきます。
 社会就労センター運営3,344万4,000円。要保護者や高齢者などに対し、就労の場を提供いたします。そのために使わせていただきます。
 保育園運営5,173万1,000円。乳幼児が心身ともに健全に育つよう児童福祉の増進を図るために使わせていただきます。
 特別保育事業962万8,000円。発達障害児及び虐待等、要支援家庭の支援、多様化する保育需要に対応し、延長保育などを行い、子育て支援を図るために使わせていただきます。
 次に、安全でゆとりのある村づくり−生活環境−であります。
 水道事業2億4,396万5,000円。第1配水池の更新により安定供給を進めるために使わせていただきます。
 下水道事業4,491万9,000円。終末処理場維持管理などに使わせていただきます。
 自治振興事業2,382万6,000円。村内各行政区振興に対する補助金の交付などであります。
 ごみ処理リサイクル事業9,954万5,000円。リサイクル処理、ごみ処理、収集・運搬などに使わせていただきます。
 常備消防費1億1886万5,000円。北アルプス広域消防に対する負担金などであります。
 消防団運営事業2,624万2,000円。火災・災害等の消防防災力の強化に使わせていただきます。
 災害対策事業247万3,000円。耐震診断、住宅耐震改修事業などに使わせていただきます。
 続きまして、伝統と文化を生かす村づくり−教育・生涯学習・文化−であります。
 小学校就学援助事業487万7,000円。要保護及び準要保護児童などに対する就学援助を行うために使わせていただきます。
 ふれあい館運営・児童クラブ事業・子供教室事業1,806万8,000円。放課後における学童保育と、児童の安全・安心な居場所づくりに使わせていただきます。
 小学校こまやか教育プラン746万9,000円。学習習慣形成、特別支援、外国語活動支援などのため講師を配置いたします。
 小学校教育振興事業633万7,000円。教材等の整備を図り、児童の学習体制の強化を図るために使わせていただきます。
 中学校就学援助事業555万6,000円。要保護及び準要保護生徒などに対する就学援助に使わせていただきます。
 中学校こまやか教育プラン487万6,000円、少人数学習、適応指導支援のために講師の配置に使わせていただきます。
 中学校教育振興事業651万2,000円。教材等の整備を図り、生徒の学習体制の強化を図るために使わせていただきます。
 人権教育・男女共同参画推進事業113万1,000円。フォーラム、セミナー等の開催により、事業を推進させていただきます。
 生涯学習推進事業280万8,000円。文化祭・分館講座などの開催をさせていただきます。
 体育振興事業449万3,000円。マレットゴルフ大会、あずみ野松川小中学生駅伝大会などを開催し、村民のスポーツ振興、体力増強を図るために使わせていただきます。
 次に、働く日々に誇りをもつ村づくり−産業−であります。
 地域営農システム事業1,142万9,000円。村営農支援センターへの支援、農地流動化交付金や機械等購入助成、病害虫防除助成などにより、農業生産振興を図るために使わせていただきます。土地改良事業3,930万5,000円。農業基盤の強化を図るため、農業用水路等の整備を図る。骨格予算のため、負担金のみ計上を、ちょっと待ってください。ちょっと議長すみません。
○議長(甲斐澤明君) 暫時休憩します。
                               午後 3時10分 休憩
                               午後 3時10分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開します。
◎村長(平林明人君) 大変申しわけありません。今、農業基盤の土地改良事業の3,930万5,000円、農業基盤の強化を図るため、農業用水路等の整備を図る、その下のものについては誠に申しわけございませんけれども、ミスプリントでありますので、抹消をお願いをしたいと思います。すみませんでした。
 続きまして、中山間地域等直接支払事業2,292万6,000円。耕作放棄の防止と、農地の多面的機能確保のため、農業生産条件の不利を補正する。
 商工会補助金530万円。経営改善普及事業に対し補助を行い、村商工業の発展を進めるために使わせていただきます。
 制度資金補給金661万2,000円。不況対策特別利子補給などに使わせていただきます。
 観光振興事業1,239万6,000円。村観光協会などへの補助を行い、観光事業の振興を図るために使わせていただきます。
 観光施設運営費3億9,153万5,000円、すずむし荘、寄って停まつかわなどの観光施設運営経費に使わせていただきます。
 続きまして、輝く明日への村づくり−行・財政−でございます。
 人づくり推進事業217万5,000円。多種にわたる人材育成の推進に使わせていただきます。
 広域行政推進事業1,046万4,000円。周辺市町村が連携した広域的行政体制を推進するための広域連合への負担金などであります。
 地域づくり活動活性化支援事業500万円。村民で組織する団体等の地域づくり活動に対して支援し、村民の自主的な活動の活性化を図るために使わせていただきます。
 ざっと朗読をさせていただきましたけれども、このようなことで、21年度の予算の方針を立てさせていただきました。御審議をいただきまして、お認めをいただきますようお願いをしまして、提案説明とさせていただきます。
 ありがとうございました。
○議長(甲斐澤明君) 補足説明に入る前に、3時半まで休憩をいたします。
                               午後 3時13分 休憩
                               午後 3時30分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 これより、各会計予算の補足説明を行います。
 初めに、議案第20号 平成21年度松川村一般会計予算の補足説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 まず、8ページをお願いを申し上げます。一般会計歳入歳出一覧表という内容でございます。主な増減等につきましては、先ほど村長より申し上げましたので、2ページ等ごらんをいただければと思います。
 9ページになりますが、歳出の目的別を記載してございますので、御確認をお願い申し上げます。
 続いて、10ページでございますが、歳出の性質別、主な内容につきましては、3ページの方をごらんをいただければと思います。
 11ページでございます。歳出の目的別につきまして、節ごとに計上をしてございます。ごらんをいただければと思います。13ページまで続きますので、お願いいたします。
 続きまして、14ページでございます。今まで記載してございましたものをグラフ化したものでございますので、ごらんをいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、これから各課長が予算書に基づきまして、補足説明を行います。経常的な目につきましては、説明を省かさせていただきます。新規事業や説明が必要な目のみ簡潔に行いますので、よろしくお願いをいたします。
 また、前年度骨格予算ということで、各目ごと大きく増減している部分がございますけれども、よろしくお願いいたします。
 また、人件費関係につきましては、最後の方で私の方から御説明を申し上げますので、各課長の方からは説明を省略させていただきますので、お願い申し上げます。
 それでは、8ページをお願いいたします。第2表債務負担行為でございます。下記の3つの事業につきまして、それぞれ期間、限度額を定めております。御確認をお願いを申し上げます。
 続きまして、9ページでございます。第3表地方債、起債の目的として臨時財政対策債、限度額が1億9,000万円となっております。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、ごらんをいただければと思います。
 17ページをお願いいたします。それでは総務課関係から、主なものにつきまして御説明を申し上げます。
 まず村民税の個人でございますけれども、現年課税分として計上してございますけれども、所得の落ち込み等を考慮しまして減額となっております。また、法人につきましては、現年課税分、均等割、法人割それぞれ計上してございますけれども、20年度の決算見込みの約15%減を、法人割につきましては計上してございます。
 それから、項の2の固定資産税の現年課税分、大きく減額となっておりますけれども、評価がえによります減という内容でございまして、約3%ぐらい減という内容でございます。
 18ページをお願いいたします。軽自動車税、それから村たばこ税、入湯税につきましては、実績に基づきまして計上をしてございます。
 それから、19ページですけれども、上段の地方揮発油譲与税、これは道路特定財源の関係の諸税が、4月より一般財源化されるということに伴いまして、村に交付されておりました地方道路譲与税が地方揮発油譲与税というふうに名称が変更となっております。なお、2つ下のは地方道路譲与税につきまして計上してございますけれども、これは法改正前の3月分のみ計上してございます。
 19ページから21ページ、地方交付税まで、地方財政計画また平成20年度の実績を考慮しまして、それぞれ計上してございます。なお、20ページになりますけれども、この中で一番下の自動車取得税交付金につきましても、道路特定財源の一般財源化によりまして、新法、それから旧法分というふうに分かれております。なお、旧法分につきましては、措置方法が未定のため、1,000円の計上となっておりますので、お願いを申し上げます。
 25ページをお願いいたします。下段の国庫補助金の土木費補助金、まちづくり交付金の関係でございますが、交流センターが竣工ということで大きく減となっております。また、消防費国庫補助金につきましては、簡易診断、それから精密診断等の件数を計上してございます。
 次のページお願いいたします。委託金の関係で、総務費委託金、目1でございますが、ことしの関係で節の2選挙費委託金につきまして、衆議院議員の総選挙が行われるという部分で増となっております。
 28ページをお願いいたします。県支出金の総務費委託金の関係でございますが、節の2徴税費委託金、こちらも減額になっておりますけれども、これは納税義務者、今まで4,000円かけておりましたのが、3,300円に変更になったという部分が大きな理由でございます。
 その下の統計調査費につきましては、消費実態交付金、国勢調査の準備、それから農業センサスが本年度行われるという関係で増額となっております。
 それから、その下の土木費委託金ですけれども、本年度都市計画基礎調査が行われるという関係で、県の委託金を計上してございます。
 30ページをお願いをいたします。下の段の、基金繰入金の一番下の関係でございますけれども、公共施設等整備基金繰入金、これにつきましては、工場用地取得事業補助金への充当のため繰り入れを行っていく内容でございます。
 32ページをお願いいたします。雑入の、目の3の雑入でございます。それぞれ計上してございます。細かくは各担当課長の方から申し上げませんけれども、御確認の方をお願いを申し上げます。
 35ページをお願いいたします。一番下、村債でございます。本年度、臨時財政対策債、大きく増となっておりますが、交付税の関係がございまして、地方財政計画によりまして計上をしておる内容でございます。
 それでは、40ページをお願いいたします。歳出でございます。
 まず、目の1の一般管理費、人件費が主な内容でございますけれども、13の委託料に、22年度整備予定の防災行政無線の設計費を計上してございます。
 飛びまして、43ページをお願いいたします。財政管理費、一番上、上段になりますけれども、積立金としまして利息分の増ということで大きく増となっております。
 それから一番下の財産管理費ですけれども、1枚おめくりをいただきまして、45ページ、下のページになりますけれども、増となっておりますけれども、18備品購入費で公用車の購入を計上してあるため、総額的には増となっている内容でございます。
 それから、その下の目の7の企画費でございます。第6次総合計画策定業務といたしまして、印刷費、それから支援業務等、あと事務費等を計上してございます。
 それから、46ページになりますけれども、目の8の自治振興費から、次のページの目13の総合行政情報費まで、ほぼ前年並という形の中で御確認をいただければと思います。
 49ページ、項の2の徴税費関係ですけれども、経常的な内容でございますので、記載のとおりでございます。
 52ページをお願いいたします。選挙関係、項4の選挙費の関係でございます。本年度は目の3の衆議院選挙、それから次のページの中段になりますけれども、4の最高裁判所の審査費、それから目の5の村議会議員一般選挙が行われるということで、全体では大きく予算を計上してございます。
 続きまして、54ページでございます。統計調査費、先ほど収入の方で御説明申し上げましたけれども、農業センサス、消費実態調査等行われまして、増となっている内容でございます。
 あと大きく飛びますけれども、93ページをお願いいたします。こちらは93ページの項の5の都市計画費でございますが、収入の方でも御説明申し上げましたが、都市計画の基礎調査が行われますので増となっております。
 なお、目の2の公園費につきましては、中央公園整備事業が繰越明許費を除きまして減という内容で、大きく減額となっております。
 95ページをお願いいたします。消防費の関係でございます。常備消防費の関係で、広域常備消防費の方、若干増となっておりますけれども、主な理由につきましては、人件費等の増ということでございます。
 それからその下、非常備消防費につきましては、前年同の内容でございますので、御確認をお願いいたします。
 それから、次の96ページでございますが、消防施設費、前年度骨格予算の関係上、本年度が消火栓の設置工事、また消防ホースの購入が増となっている関係でございます。
 それから、あと116ページをお願いいたします。116ページ、目の7の多目的交流施設整備費、建設工事が終了したということで、大きく減となっております。本年度につきましては、庁舎東の駐車場の舗装等がその整備を計上してございます。全体では非常に大きな減額となっております。
 120ページをお願いいたします。下段の方ですけれども、公債費、それから次のページの予備費につきまして、記載上のとおりでございますので、御確認をお願いを申し上げます。
 続きまして、125ページをお願いいたします。給与費明細書でございます。125ページにつきましては、特別職の関係でございます。比較のその他につきましては、選挙の報酬等がふえているという内容でございます。
 次のページをお願い申し上げます。続きまして一般職の給与費の関係でございます。それぞれ130ページまで記載をしてございますので、御確認をお願いを申し上げます。
 続きまして133ページ、債務負担行為に関する調書ということで、内容的には136ページまで続いております。それぞれ数字、記載してございますので、御確認の方をよろしくお願い申し上げます。
 続きまして、139ページをお願いいたします。地方債に関する調書ということで、平成21年度末現在高、右の一番下になりますけれども、32億4,026万2,000円ということで、対前年比に比べまして減額となっている内容でございます。
 総務課関係は、以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 環境福祉課関係、御説明申し上げます。
 まず歳入ですけれども、22ページからお願いします。中段の11款の負担金は、1節は鹿島荘の入所負担金、2節は保育園関係の負担金でございます。
 23ページ、12款の使用料は、松香荘及び就労センター分でございます。
 それから、24ページをお願いします。12款の総務手数料は窓口業務、衛生手数料は生活環境係の手数料関係でございます。
 それから25ページ、13款国庫負担金及び補助金は、国保障害者児童手当分の計上でございます。
 それから26ページをお願いします。国庫の委託金につきましては、基礎年金の事務手数料分、下段の14款の県負担金、それから次のページになりますが県補助金につきましては、国保障害者児童手当分と県単事業の老人クラブ福祉医療費と新規事業としまして、妊婦健康診査特例交付金及びりんりんセンター事業の基盤整備事業補助金を計上してございます。
 それから、28ページをお願いします。2目の県委託金につきましては、民生児童委員の活動費等でございます。
 それから、30ページをお願いします。17款の繰入金につきましては、老保からの繰入分の計上です。
 それから、32ページをお願いします。19款諸収入につきましては、福祉医療貸付による元利収入分と、下段につきましては、就労センターの受託収入分の計上です。
 また、次ページの雑入につきましては、御確認をいただきたいと思います。
 それから歳出に入りますが、51ページをお願いします。
 2款の総務費1目の戸籍住民基本台帳費が窓口業務にかかるものでございます。
 飛びまして、56ページをお願いします。3款の民生費1目の社会福祉総務費につきましては、保健福祉係の民生児童委員に関すること、在宅福祉係の障害者の関係の事業、社協の補助などと住民係の国保の特別会計の繰り出しでございます。本年度につきましては、児童クラブ事業を社会教育振興費の方へ移したことによる減と、国保の特会への繰出金の減、自立支援給付費が増となっております。
 58ページをお願いします。2目の老人福祉費ですが、地域包括支援センター事業や敬老祝金、それから在宅介護者慰労金等が主な内容で、保護措置費が増となっている状況です。
 60ページをお願いします。3目につきましては、医療費特別給付費で福祉医療の支払いが主なものです。
 次ページの4目老人福祉施設費は、松香荘とゆうあい館の管理費でございます。
 次ページをお願いします。5目の介護保険費につきましては、北アルプス広域連合への負担金が主なものでございます。
 続いて、6目の老人医療費につきましては、後期高齢医療制度に伴います負担金と、他会計への繰り出しが主なものでございます。
 63ページ、2項1目の児童福祉総務費ですが、保育園関係の管理運営に関するものでございます。
 次ページをお願いします。2目の保育園費ですけれども、保育園の特別保育や運営にかかわる事業と、りんりんセンターの相談員や臨床心理士、作業療法士の賃金ほかで、3年間の補助事業として計画を、新規事業として計画をしております。今までの一時保育事業とあわせての申請のため、ここでの予算化となっております。
 65ページをお願いします。3目の児童手当費は、児童手当の支給にかかるものでございます。
 次ページ、3項1目の授産施設総務費については、社会就労センターにかかる経常経費、本年度はワンボックスの車両の購入の計上を計画してございます。
 続きまして、次ページの2目授産施設運営費は、就労センターの作業員の工賃が主なものでございます。
 それから次ページ、68ページになりますが、4項1目国民年金事務手数料につきましては、国民年金事務に伴う経費、それから4款1目保健衛生費につきましては、北アルプス広域連合、医師会への負担金が主な内容となっております。
 次ページをお願いします。2目の予防費につきましては、予防接種、各種健診、母子保健事業の経費が主なもので、特に本年度は国の方針によりまして、妊婦健診の充実を図るための事業が増となっております。
 70ページをお願いします。3目保健センター管理費は保健センターの経常経費、4目環境衛生費は池田松川施設組合と犬の登録に関する経費で、特に本年度から葬祭センターの炉前の対応を業務委託するための経費が増となっております。
 次ページの下段になりますけれども、2項1目清掃総務費につきましては、家庭雑排水の清掃委託や、環境に対します負担金が主なものでございます。
 72ページ、下段をお願いします。2目清掃費につきましては、ごみ処理とごみ処理の収集委託と、穂高広域施設組合の負担金が主なもので、負担金につきましては減となっております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課、歳入関係、22ページ中段をお願いいたします。
 目2農林水産業費負担金ですが、西部山麓水路改修工事に伴います地元負担金でございます。
 23ページをお願いします。目3商工使用料の温泉施設使用料ですが、入浴料、宿泊料、使用料とも、実績をもとに計上させていただきました。従業員一同、増収に努めてまいります。セピア安曇野使用料につきましても、実績をもとに計上してありますのでよろしくお願いをいたします。
 27ページ、中段以降をお願いいたします。目2農林水産業費県補助金で、農業費補助金では引き続き中山間地域等直接支払事業交付金を計上しておりますし、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金につきましては、西部山麓水路改修工事に伴います国・県からの交付金でございます。
 林業費補助金では、森林造成事業として、村植樹祭の地ごしらえ費用と、約10ヘクタールの緩衝帯整備への補助でございます。森林整備地域活動支援交付金につきましては、団地化して効率よく森林整備を進めるための、境界確認などの事前調査に伴います補助でございます。野生鳥獣総合管理対策事業補助金につきましては、有害鳥獣の個体数調整に伴う補助金でございます。森林づくり推進交付金につきましては、森林税の関係での市町村への配分でございます。28ページになりますが、森のエネルギー推進事業につきましては、新規事業としまして、ペレットストーブ購入者への補助、1台分の計上でございます。
 30ページの下段をお願いいたします。目3温泉施設及びふれあい交流センター整備基金ですが、温泉施設の修繕、ろ材交換への基金繰入でございます。
 34ページをお願いします。雑入の関係で、節2温泉施設事業収入、節3寄って停まつかわ事業収入とも、実績をもとに計上してありますので、よろしくお願いをいたします。
 それでは、歳出の関係、73ページ中段からお願いいたします。目1の農業委員会費ですが、農業委員会の運営経費です。定例会等における委員の報酬、会報発行が主な内容でございます。
 74ページ中段からお願いいたします。目2の農業総務費につきましては、職員の人件費でございます。
 目3の農業振興費につきましては、総合的な農業支援、振興にかかわる事業で、負担金補助及び交付金が主な内容でございます。この中では75ページになりますが、原材料費としまして、西原地区へ猿捕獲用おりの新設分の材料費の計上と、備品購入費としまして、軽トラックの購入を計上してあります。また、1番下段になりますが、中山間地域等直接支払交付金を計上してあります。
 76ページをお願いします。目4の地域営農支援事業費につきましては、地域営農支援システムの構築のための推進事業費が主な内容でございます。この中では新たに、収穫祭実行委員会への補助金を計上いたしました。村としましても、地産地消という観点からバックアップしてまいります。そのほかでは、負担金補助及び交付金のうち、村営農支援センターへの負担金と、認定農業者に対する機械等購入助成、農地流動化交付金が主な内容でございます。
 77ページをお願いします。目5の農村婦人の家管理費ですが、農村婦人の家の維持管理経費でございます。
 目6の土地改良費ですが、この中では工事請負費としまして、西部山麓地区水路改修工事と、新たに平岩開田組合のポンプ入れかえ工事を実施してまいります。そのほか78ページになりますが、農地・水・環境保全事業に伴う負担金と維持管理適正化事業賦課金、また、圃場整備事業に伴います農林漁業資金償還金が主な内容でございます。
 続きまして、項2林業費目1の林業振興費では、森林整備を中心とした村有林の維持管理経費と、有害鳥獣対策が主な内容でございます。猿害対策も含めて緩衝帯整備の充実と、森林育成のための植樹祭を実施してまいります。また、歳入で御説明いたしましたが、間伐材などの活用という観点から、下段になりますが、ペレットストーブ購入者への補助1台分を計上してございます。
 80ページをお願いいたします。目1の商工総務費では、商工会への助成、中小企業者への融資に対する利子補給、補償料補給が主な内容でございます。この中では、株式会社東京アートへの工場等用地取得事業補助金の計上と、厳しい経済状況が続く中、県・村制度資金の補償料を増額してございます。
 81ページ中段からお願いいたします。目2の観光費では、観光振興に伴う各種団体への補助と、イベント等への助成が主な内容でございます。新たな事業といたしまして、村内ウオーキングイベントの開催、松本大学との村観光振興についての連携を図るべき経費を計上してございます。また、古くなった村のマスコットキャラクターの着ぐるみ2体を、新たに制作してまいりますし、堤防道路をおりて政所周辺の観光案内が不足しているという観点から、案内看板を整備してまいります。
 82ページ中段からお願いいたします。目3の交流施設総務費では、セピア安曇野イベント広場、ちひろ公園の維持管理経費が主な内容でございます。この中では83ページになりますが、すずむし荘、寄って停の収益見込み分を、積立基金として計上してございます。
 目4の温泉施設管理費では、温泉施設すずむし荘の管理運営経費です。来年度は和室、かけぶとんの新調を初め、客室のふすまの張りかえ、また、敷地内へ案内看板の整備など受け入れ環境の向上を図ってまいります。
 86ページ下段からお願いいたします。目5の寄って停まつかわ管理費では、寄って停まつかわの管理運営経費でございます。この中では88ページになりますが、備品といたしまして、厨房の冷凍庫とレストランの子供用のいすを購入してまいります。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係を御説明申し上げます。
 まず歳入の部で23ページをお願いしたいと思います。中段になりますけれども、4目の土木使用料132万2,000円減額になっておりますけれども、これにつきましては、村営住宅36戸、特公賃24戸、特賃が6戸ということで、減額の理由といたしましては、公営住宅法の収入区分の改正により減額となってくる内容でございます。2節の道路使用料につきましては、中電、NTT等の占用料となってきております。
 それでは、歳出の関係で89ページをお願いいたします。項1の土木管理費、1目の土木総務費でございますけれども、昨年と変わってきておりますのは、橋梁長寿命化修繕計画業務ということで、今後老朽化する道路橋の増大に大幅に対応するような形の中で、現在、村内にかかっております橋の修繕計画を作成するといった内容で、新たに出てきております。
 2項の道路橋梁費、1目の道路橋梁総務費でございますけれども、負担金でございます。昨年骨格予算でございましたので、大きく変わったところにつきましては県単事業割、それから昨年12月に補正いたしました松本市圏の総合都市交通体系調査の関係で、新たに出てきている内容でございます。
 90ページをお願いいたします、2目の道路維持費でございますけれども、これも同じく骨格予算のため、若干ふえておりますけれども、工事請負費の中で、主要村道の補修舗装が500万、道路維持補修が300万という内容になってございます。
 91ページの道路新設改良費でございますけれども、主なものといたしましては、まちづくり交付金事業といたしまして、村道2−13号線、並びに4−3号線を今年度予定をしております。4目の交通安全施設整備事業費につきましては、昨年同様で記載のとおりでございます。
 92ページの河川総務費につきましても、19の負担金という内容で、記載のとおりでございます。
 4項の住宅費、住宅管理費でございますけれども、主なものといたしましては繰出金、それから修繕料でございます。修繕料につきましては、耐用年数等ボイラーが傷んできておりますので、その分計上してございます。
 それから、93ページの下水道費でございますけれども、繰出金で記載のとおりでございます。
 続きまして94ページ、施設整備費でございますが、1目の施設整備費、2目の国営公園対策費でございますが、経常経費で記載のとおりでございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続いて、総務学校課関係お願いいたします。
 歳入につきましては、教員住宅の使用料と、それから放課後子どもプランにかかります県補助金でございますので、そこが主なところでございますのでお願いいたします。
 では、歳出をお願いいたします。ページでは97ページをお願いいたします。97から98にかけましては経常経費でありますので、記載のとおりでございます。
 99ページの一番下、19節でございますけれども、学校交付金ということで、新規に特色ある学校づくりということで、小中学校の方に交付金を支出していきたいという内容のものでございます。
 それから、100ページをお願いいたします。教員住宅費と、それからスクールバス運行費については、記載のとおりでございます。それからその下、外国語指導費ということで、中学校のALTの委託料を計上してございます。今までは、外国青年招致費ということでもって事業を載せていたんですけれども、今回、事業名を変更いたしましたのでお願いいたします。
 それから飛びまして、103ページをお願いいたします。103ページ、小学校費でございますけれども、15節の工事請負費につきましては、南校舎のトイレの洋式化と、それからプールのインターロッキングの修理、あるいはバスケットゴールの修繕等の工事を予定しております。それから18節の備品購入につきましては、今年度は3年生、4年生の机、いすの更新をお願いしたいということで計上してございます。
 それから、104ページをお願いいたします。小学校の教育振興費でございますけれども、7の賃金でありますが、この4月から小学校で英語活動が行われます。そのための先生、講師を村費で手当てをしてございます。7賃金の中に、村費の外国語指導の講師の賃金を手当てしてございます。
 それから飛びまして、107ページお願いいたします。中学校費の備品購入費でございますけれども、ストーブの更新と特別教室用のいすの更新、約200でございますけれども、計上してございます。
 それから、108ページお願いいたします。中学校の教育振興費で、7節の賃金でございますけれども、この中に今学校が抱えております課題の、大きな課題の1つであります、不登校と保健室登校の生徒たちのために適応指導の教員を、常勤ですけれども、1名配置する賃金が、この中に計上をされております。
 それから109ページにまいりまして、一番下、一番下でなくて相談事業でございますけれども、今年度事業費はゼロでございます。これは今まで心療内科医によります相談費ということで、それにかかわる予算を計上していたわけなんですけれども、21年度からNPOが直接その事業に助成をしてくれるということで、継続して行うわけなんですけれども、村費の予算はいい、要らなくなったということで、今回ゼロということで計上しておりますのでお願いいたします。
 それから、ちょっと飛びまして115ページをお願いいたします。115ページの19節文化財保護費でございますけれども、今年度新たに板取雲照院のセキュリティについて助成をしたいということで、補助金をここで計上してございます。
 それからその下、収蔵施設管理費でございますけれども、大きく伸びております。これは7の賃金につきましては、安曇節資料の翻訳、あるいは土器の整理等の賃金でございます。
 それから11節、13節等につきましては、今の公民館の管理費をこちらの方に計上してございます。
 それから、116ページお願いいたします。8目の社会教育振興費でございます。新規に大きく載っておりますけれども、先ほど福祉課長が説明しましたように、この目では、今まで行ってきておりました児童クラブと、それから新規に始まります放課後子ども教室、これに関われる経費がここに計上してございます。
 総務学校課関係は、以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 歳入、22ページをお願いいたします。分担金及び負担金の関係でございますが、分館改修事業負担金ということで、コミュニティ赤芝の外壁、屋根等の補修で計上をさせていただきました。
 23ページでございますが、教育使用料、社会教育使用料でございますが、実績をもとに計上をさせていただきましたが、次ページ、24ページの最後のところに、多目的交流センターということで、ここに新たに計上をさせていただきました。
 続きまして、歳出でございますが、109ページをお願いいたします。社会教育総務費の関係でございます。ここはほとんど総務関係については人件費関係でございますけれども、社会教育委員の研修、あるいは男女共同参画の推進ということで経常的経費を計上してございますので、御確認をいただきたいと思います。
 続きまして、2目の公民館費でございます。ここは特に報償費、記念式典ということの中で、オープニングイベントを企画をしてございます。それから需用費、役務費、それから次の委託料につきましては、多目的交流センターの維持管理経費がほとんどでございまして、大幅な増になっておりますので、御確認をいただきたいと思います。
 続きまして、3目の図書館費でございます。ここも新たに図書館としてスタートする関係の中の、維持管理経費でございます。賃金等につきましては職員体制、常時2人体制ということの中で計上をさせていただきました。それから備品購入ということで、図書の購入等、大幅な増とさせていただいております。
 続きまして、4目の生涯学習推進費でございます。生涯学習事業の推進と生涯学習センターの維持管理経費が入ってございますが、特に生涯学習講師の謝礼ということで、多目的交流センターの活用をしていくという中で、生涯学習事業ということで、大きな事業、4つほど計画をいたしまして実施をしていきたいということで、大幅に増になっております。このほか学習センターの関係については、経常経費でございますので、御確認をいただきたいと思います。
 続きまして、117ページでございます。保健体育総務費の関係につきましては、体育指導員、それからあと負担金、補助金等につきましては経常経費でございますので、御確認をいただきたいと思います。
 それから次ページ、118ページの2目体育施設費でございます。ここにつきましては、各社会体育施設の維持管理経費でございますので、御確認をいただきたいと思います。特に需用費の修繕料でございますが、中学校の夜間照明の取りかえ、あるいはスポーティープラザの高圧受電設備の修繕等計上してございますので、お願いをいたします。
 3目の体力増強事業につきましては、健康増進等体力向上の事業を計画をいたしましたので、御確認をいただきたいと思います。
 以上であります。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第20号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第21号 平成21年度松川村国民健康保険特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 議案第21号の御説明を申し上げます。
 平成21年度の国民健康保険の特別会計につきましては、昨年当初予算に比べて約3,000万円の減額となっておりますが、これは老人保健拠出金の減額が主なものでございます。予算編成につきましては、まず年間の医療費等を見込み、歳出を確定いたしました。そして歳入で国・県の負担金、補助金、交付金、また一般会計よりの法定繰入金等見込み、税率は昨年20%増としましたけれども、不足分を一般会計からの借り入れで調整してまいりました。
 本年度については、税率は昨年と同額とし、不足分を基金からの取り崩しにより予算編成をいたしました。
 では、8ページをお願いします。歳入の関係、1款の保険税に関しましては、一般と退職合わせて、20年度の同じ税率で算出しております。
 2款、3款につきましては国庫負担金と補助金で御確認をいただきたいと思います。
 4款の療養給付費交付金につきましても、支払基金より退職医療費交付金の関係の数字でございます。
 10ページになりますけれども、5款の前期高齢者交付金も同様でございます。
 6款の県支出金負担金補助金でございますけれども、11ページ、7款の共同事業交付金につきましては、高額の医療費が発生した場合に、保険者の財政運営の不安定を緩和する制度で、ことしの実績にあわせて計上してございます。
 8款は利子、9款は繰入金、1目の一般会計からの繰入金で、1節から4節が法定内繰り入れといったことで減額となっておりますけれども、昨年度は一般会計より3,800万繰り入れをここで行っていたものがないということで、減額となっております。それから12ページ、5節の特定健診等の繰入分と基金の分でございます。基金繰り入れです。
 それから10款繰越金、11款諸収入等は御確認をいただきたいと思います。
 それから14ページをお願いします。歳出の関係になりますけれども、1款の総務費は一般管理費ほかの経常経費でございます。
 2款につきましては、保険給付費、1項の療養給付費につきましては、一般と退職保険者の医療費等で、20年度の実績から算定をしてございます。
 16ページをお願いします。2項につきましては高額療養費、そのうち3目と4目は新設ですけれども、介護を受けている方の高額療養費分の計上でございます。
 17ページになりますけれども、3項の移送費、4項の出産育児諸費、5項の葬祭費は、昨年並みの計上でございます。
 それから、3款の後期高齢者支援金等は、県の連合会からの数字を記載してございます。
 18ページお願いします。4項前期高齢者納付金は65歳から74歳までの方の医療費を、社会保険等も含めて均等に調整をしているものでございます。
 5款につきましては、老人保健拠出金については、後期高齢者医療制度の創設に伴いまして、19年度で事業が終了しておりますので、過年度の過誤調整分のみの計上となっております。
 それから19ページ、6款から7款、8款につきましては、記載のとおりでございますので御確認をいただきたいと思いますが、20ページの2項の保健事業費は、人間ドックの助成分を計上してございます。
 それから21ページ以降、9款、10款、11款並びに予備費については、昨年同様の計上となっております。御確認をお願いしたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第21号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第22号 平成21年度松川村老人保健特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 議案第22号の御説明を申し上げます。
 平成21年度の老人保健特別会計につきましては、平成20年度から施行された後期高齢者医療特別会計に移行したため、過誤調整分等の計上となっております。なお、この会計はあと2年残りますけれども、歳入の方、6ページをお願いします。
 1款からそれぞれ歳入、記載してございますけれども、国・県・村分の負担分でございます。
 それから5款、6款については口あけでございます。
 歳出の関係、9ページをお願いします。1款、2款とも、1款医療諸費は医療機関等に支払う医療費、それから2款については端数調整でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第22号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第23号 平成21年度松川村後期高齢者医療特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、議案23号の御説明を申し上げます。
 平成21年度の後期高齢者医療特別会計につきましては、老人保健特別会計にかわる平成20年度からの特別会計でございます。
 それでは、収入から御説明を申し上げますが、6ページをお願いします。1款保険料では、特別徴収分を90%と見込み、計上してございます。
 2款は督促手数料、3款繰入金につきましては、一般会計より事務費と保険基盤安定繰入金として7割5割2割分を計上してございます。
 それから、7ページの4款は口あけ。
 続きまして歳出に移りますが、8ページお願いします。1款の総務費につきましては、一般管理費からの経常経費。2款の後期高齢者医療広域連合納付金は、県の広域連合への負担金。それから9ページの3款予備費。5款は還付金加算金となっておりますので、御確認をいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第23号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第24号 平成21年度松川村公園墓地造成事業特別会計予算についての補足説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、議案第24号の御説明を申し上げます。
 平成21年度の公園墓地造成事業特別会計につきましては、公園墓地の管理費が主なもので、昨年とほぼ同額を計上してあります。
 6ページをお願いします。まず歳入ですが、使用料としまして、1聖域2,100円の722聖域を予定をしております。
 2款の財産収入は基金利子の計上、3款の繰越金は口あけです。
 歳出ですが、次ページ、7ページですが、1款の一般管理費、公園墓地の管理費、及び2款は予備費の計上となっております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第24号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第25号 平成21年度松川村地域特別賃貸住宅特別会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、御説明申し上げます。
 本予算につきましては、6戸分の経常経費を計上したものでございます。
 歳入の主なものといたしましては、使用料、それから繰入金が主なものでございます。
 6ページをお願いいたします。歳入の関係で特賃の使用料ということで、記載のとおりでございます。また繰入金につきましても、記載のとおりという内容になってございます。
 歳出の関係につきましては、経常経費でございますけれども、特に修繕につきましては、ボイラー等が古くなってきているという関係で、若干上乗せしてございます。
 公債費につきましては、長期債元金、利子ともに記載のとおりでございます。
 8ページをお願いいたします。地方債に関する調書といたしまして、平成21年度末の残高ということで見込額が記入してございます。これにつきましては、平成24年までの償還ですべて満了という形になっておりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第25条に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第26号 平成21年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、議案第26号の松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計予算について、御説明申し上げます。
 本予算につきましては、下水道の終末処理場、布設管渠の経常経費を計上したものでございます。
 歳入の主なものといたしましては、受益者負担金、下水道使用料、一般会計繰入金と基金繰入金でございます。
 支出につきましては、処理場の維持管理費と公債費が主なものとなってきております。
 6ページをお願いいたします。下水道の受益者負担金が減額になっておりますけれども、年を重ねるごとに、完納分がふえるということで、受益者負担金については減額傾向となってまいります。また逆に使用料につきましては、接続率の向上に伴いましてふえていくといった形の中で、記載のとおりでございます。
 また、手数料につきましては、3年ごとの更新を行っておりますけれども、本年の見込みといたしましては、若干ふえてくるということで計上してございます。
 それから、財産収入といたしましては、現在、基金積立が4億6,000万ほど、年度末の予定になっております。その利子でございます。繰越金につきましては口あけということで、繰入金につきましては記載のとおりということでございます。
 それから、次ページの8ページですけれども、受託事業収入分といたしまして、大町市側が94%、安曇野市が6%といった内容になってございます。
 また、歳出につきましては、一般の経常経費でございますけれども、本年、神戸と南神戸のマンホールポンプのオーバーホールを計上してございます。
 それから、10ページの負担金の中で、使用料徴収負担金ということで、水道企業会計の方へ負担していくわけですけれども、接続率がアップしている関係で、その分の増をここで見込んでございます。
 27節の公課費でございます。消費税が大幅に上がっておりますけれども、処理場、下水道管等の建設費用がなくなったという形の中で、消費税がふえてきている内容になってございます。
 それから、2目の下水道施設管理費でございますが、ほぼ昨年同様の予算になってございます。需用費の中で修繕料が若干ふえているわけですけれども、脱水機撹拌装置のオーバーホールという形で予定をしております。
 それから、12ページの公債費につきましては、記載のとおりでございます。
 なお14ページから、給与費明細書等が添付しておりますのでごらんいただきたいと思います。
 一番最後の方に、19ページですけれども、地方債に関する調書がついてございます。下水道事業債の平成21年度末残高の見込額ということで掲載しておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第26号に対する補足説明を終わります。
 続いて、議案第27号 平成21年度松川村水道事業会計予算についての補足説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、議案第27号の説明をさせていただきます。
 本予算につきましては、給水戸数が3,600戸、年間給水量が95万5,000トンということで、本年度、主な事業といたしまして、第1配水池の更新工事を予定してございます。
 それでは、3ページをお願いいたします。収益的収入及び支出、第3条予算であります。これにつきましては、経常的なものが掲載されております。節の中の雑収益がございます。先ほど下水道の方で説明いたしました、接続率が高くなったという関係で、若干ふえてきてございます。
 それから事務費、5ページになりますけれども、事務費の中の委託料がふえております。これにつきましては、検満ということで昨年度の約2.5倍、ことし予定をしてございます。
 それから、6ページの資産減耗費でございます。固定資産の除却費でございますけれども、これにつきましては、第1配水池の更新に伴う除却でございます。
 それから、7ページの資本的収入及び支出、第4条関係でございますけれども、建設改良費といたしまして、第1配水池の更新工事、それに伴います委託料をここで計上してございます。
 9ページをお願いいたします。債務負担行為に関する調書といたしまして、事項、第1配水池の更新事業限度額5,100万円ということで記載してございます。財源の内訳といたしましては、工事費で5,000万、委託費で100万を計上した内容となってございます。
 それから、10ページをお願いいたします。予定貸借対照表でございますけれども、前年度、平成20年度分といたしまして、当年度末の処分利益剰余金といたしまして、580万ほど黒字経営となります。また貸借対照表でございますけれども、平成20年度ということで、流動資産のイ現金及び預金といたしまして、4億2,400万ほどあるということでございます。また、負債の部の中では余剰金といたしまして、580万ほど利益が出てくるといった内容でございます。
 また、平成21年度の予定貸借対照表ですけれども、13ページから記載してございますが、預金現金といたしまして、第1配水池の更新をするという形で減額になってきております。
 また、負債の部の中の、14ページでございますが、余剰金といたしましては、600万ほど黒字になるといった予定でございます。
 なお、15ページからは給付費明細表等が添付してございますので、ごらんいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 以上で、議案第27号に対する補足説明を終わります。
 以上で、平成21年度各会計の提案説明並びに補足説明を終わります。
 本日の日程は全部終了いたしました。
 これにて散会をいたします。
 大変御苦労さまでした。
                               午後 4時30分 散会