議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成30年第 1回定例会−03月01日-04号




平成30年第 1回定例会

          平成30年松川村議会第1回定例会会議録
                                     〔第4号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成30年3月1日                  │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 議│平成30年 3月 1日 午前10時00分│議 長│白 澤 富貴子│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │閉 会│平成30年 3月 1日 午前10時23分│議 長│白 澤 富貴子│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │白 澤 富貴子│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   7番   │勝 家   尊│   8番   │平 林 寛 也│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │宮 澤 大 介│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│建設水道課長 │太 田 健 一│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │平 林 秀 夫│教育次長   │原   勇 一│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│社会教育課長兼│古 畑 元 大│
│          │       │       │公民館長   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │須 沢 和 彦│総務課統括課長│中 村   彰│
│          │       │       │補佐     │       │
│   全員出席   ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │税務課長   │須 沢 和 彦│営農支援センタ│高 山 重 典│
│          │       │       │ー事務局長  │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │会計管理者兼会│池 上   茂│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │丸 山   稿│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │白 沢 庄 市│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │            別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



              本日の会議に付した事件

日程第1 議案の上程
 議案第20号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
日程第2 委員長報告
 報告第 1号 平成29年度各会計予算について
日程第3 議員派遣の件について
日程第4 村長あいさつ



                            午前10時00分 開議
○議長(白澤富貴子君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 直ちに議事に入ります。
△日程第1 議案の上程
○議長(白澤富貴子君) 日程第1 議案の上程を行います。
 議案第20号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(須沢和彦君) それでは議案第20号について、御説明を申し上げます。
 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正するということで、今回の改正につきましては本定例会におきまして、議員提案により松川村議会委員会条例が一部改正されたことを受けまして、議員報酬についての改正を行うものでございます。
 条文の改正内容となりますが、第1条に規定しております常任委員長の報酬について、議会報常任委員長を除くことを第2項として加えるものでございます。
 附則としまして、この条例は平成30年3月25日から施行する。
 平成30年3月1日 提出 松川村長名。
 以上、よろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
              (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 質疑なしと認めます。
 これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありますか。
              (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) その他討論はありますか。
              (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 討論なしと認めます。
 これで討論を終わります。
 これから議案第20号を採決します。本案を原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(白澤富貴子君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第2 委員長報告
○議長(白澤富貴子君) 日程第2 委員長報告を行います。
 報告第1号 平成30年度各会計予算についての委員長報告を求めます。議案等審査特別委員長。
◎議案等審査特別委員長(矢口あかね君) (報告)
 共通事項台湾鹿港鎮との友好都市協定締結5周年式典を成功させて、両町村の友好と繁栄がより一層深まっていくことを期待する。
 林道等の管理は、関係する各課が連携して推進されたい。
 細野駅前のバリアフリータイプのトイレ整備事業に期待する。
 個別事項。総務課。松川村地域づくり活動活性化支援補助金交付要綱の改正を評価し、さらなる住民参加を勧められたい。
 福祉課。特定健診の松川村受診率目標値65%を目指して、さらに努力されたい。
 学校教育課。入学等祝金の支給は、子育て支援の一環として評価する。子ども未来センター「かがやき」の有効利用を図り、目的達成に期待する。
 以上です。
○議長(白澤富貴子君) 委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
              (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 質疑なしと認めます。これで、委員長報告を終わります。
 これから、討論を行います。
 反対討論はありませんか。
              (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) その他討論はありませんか。
              (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 討論なしと認めます。
 これで、討論を終わります。
 お諮りします。報告第1号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は、起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(白澤富貴子君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
△日程第3 議員派遣の件について
○議長(白澤富貴子君) 日程第3 議員派遣の件について、を議題とします。
 議員派遣については当面予定がありません。
 急を要する場合は、松川村議会会議規則第127条の規定により、議長において議員の派遣を決定しますので、申し添えます。
 これで、付議された議案は全部終了しました。
△日程第4 村長あいさつ
○議長(白澤富貴子君) 村長、挨拶を願います。村長。
◎村長(平林明人君) 閉会に当たりまして、一言御礼の御挨拶をさせていただきます。
 2月20日から本日まで11日間にわたり、平成29年度補正予算、また平成30年度各会計予算、それに伴う条例改正など、提出案件を全て御熱心に審査をしていただいた中でお認めをいただきました。まことにありがとうございました。
 また、一般質問の中でいただきました御意見等につきましては、今後の村政運営の中でしっかりと考えてまいりたいというように、最後の議会でありますので、一般質問をされた方にお約束をしたいというように思います。
 今、申し上げましたけれども、この議会はこの任期最後の議会となりました。めでたく閉会を迎えたことに感謝を申し上げます。トットちゃん公園グランドオープン、それから黒柳徹子さんの名誉村民、信濃松川駅開業100周年、寄って停オープン20周年、消防団詰所車庫の建設、プレミアム商品券の発行、鹿港鎮とのさらなる交流が深まった、子ども未来センターの建設竣工、給食費の助成、小中学校等入学祝金の交付など、議員皆様とともに喜んだり悲しんだりしてきたところであります。楽しかった4年間でありました。
 ただ、残念に思うことは、私の不徳のいたすところでありますが、沖縄北中城村に行った視察のときでありました。同時期沖縄に行っておりましたけれども、皆様と同行させていただくことができなかったことは大変残念でありました。おわびのつき合いはもういいと、本心でつき合いたいということがよくわかったことで大変残念でありました。
 また、3月13日告示の選挙には、現職の皆さん9名の方が出馬をしたいということで表明がされております。ぜひ御当選されまして、また一緒にこの場で村民のためにお力添えをいただく、働いていただきたいということを御祈念したいと思います。
 勇退される白澤議長、長きにわたりまして役場職員約40年間であります。私がここへお世話になったときには既にこの職員として働かれておりました。そして、職場の先輩としてよく面倒を見ていただきました。とは言っても同年生であります。そんなところで小学校、中学校とでのいろいろのことは、同じクラスにならなかったためにわかりませんでしたけれども、この職場で大変お世話になりました。そして、平成11年から2年間、村初めての女性管理職として税務課長を務められておりました。平成13年には地方自治功労よりまして村表彰を受けております。平成14年3月25日から平成30年3月24日、これはまだ3月24日は来ませんけれども、4期16年間松川村の議員としまして、この間、副議長を4年間、そして平成28年からは村初の女性議長として議会運営に御尽力をいただいております。また、多年にわたり、ふきぼこ通信を発信するなど、村民に対して議会活動をお知らせするなど、開かれた議会とするため積極的に取り組まれました。今後も白澤さんの高い知識と広い人脈により、村行政運営に対しまして御支援をいただくことを切にお願いをしたいと思います。長い間ありがとうございました。
 佐藤節子副議長、長く国鉄にお勤めされ、その後、平成10年3月25日から平成13年4月10日、3年1カ月でありましたけれども議会議員としてお勤めをいただき、多くの方の御支援を受け国政選挙に立候補するなど、村内外において活躍をされました。その後、平成14年3月25日から、この3月24日、4期16年間、合わせて5期19年間の長きにわたり議員をお務めをいただきました。この間、副議長を4年間を務められるなど議長を助け、議会運営などに御尽力をいただきました。また、定例議会では積極的に一般質問され、常に女性や子供たちといった生活弱者の立場からの大変貴重な御意見をいただきました。
 特に平成21年度からは、その年に当たる漢字をということで嬉(うれ)しい、響く、厳しい、幸福の幸、友、酒、百、絆(きずな)、雨というように、一年間の中で字を当てさせていただきました。今これを見ますと、そのとき何があったのかなということで、大変参考になりますし、次の議会で誰かこういうことを言っていただける人が出るのかなというように期待をしておるところであります。
 また平成24年7月9日からは、幸せの国ブータンへ一緒に行っていただきました。97%の幸せだというブータンの国民の生活をしっかりと見せてもらってきましたけれども、このときにたしか帰ってきてから言いましたけれども、松川のほうがよっぽど幸じゃないかというように思って見てきたところであります。あのとき教えた布草履は、今どうなっていますかね。また機会があったらぜひ見にいっていただけたらというように思っております。
 今は布草履づくりを通じた地域おこしを初め、自宅横に開店いたしました支え合い食堂お結びなど、今後女性たちのリーダーとして村発展にお力添えをいただきたいというふうに思います。長い間ありがとうございました。
 百瀬 清議員、長い間昭和電工にお勤めをいただきました。平成14年3月25日から平成18年3月24日、1期4年間、そしてその後平成22年から2年間、地域のまとめ役として北細野区長を務められました。その後26年の3月25日から今期3月24日まで1期4年間、合わせて2期8年間議会議員として御活躍をいただきました。百瀬議員は、いろいろな角度からのよいアイデアを御提案いただきました。今回御勇退されると聞いておりますが、これまで何度も県でラージボール、卓球でありますけれども、優勝された。また卓球を通じて地域振興をしていただけたらというように思います。
 そして、食味鑑定士を15年前からなされております。そんな中で、魚家グループの青山社長との友情というか、おつき合いを今後の村の農業のために御支援をいただきたいというように思っているところであります。
 また、皆様も御存じのように、カラオケではすばらしいという評価をいただいておりますので、ぜひ健康に御留意をされまして、美しい歌声を響かせていただいたらというように思っております。本当にありがとうございました。
 議員皆様、体調に御注意をされ、任期いっぱい3月24日までございます。それぞれの場でさらに御活躍をされますことと、再び御当選されまして、この場でお顔を合わすことができ、村民のために力強い活動ができますことを御祈念をいたしまして、長年4年間本当にお世話になった挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いをいたします。
○議長(白澤富貴子君) 村長挨拶を終わります。
 議員任期最後の定例会の終わりに当たり、挨拶を申し上げます。
 前期2年は平林寛也議員が議長を務められ、後期の2年間は私が議長職を担わせていただき、佐藤節子副議長とともに全議員の御協力のもと、松川村議会の使命を果たし活動を進めてまいりました。
 中でも、先輩議員の方々が13年間にわたって取り組みを進めてこられました議会改革を2年前に全議員で松川村議会基本条例として制定をいたしました。この条例づくりに議会改革推進の佐藤節子委員長とともに副委員長を私が拝命し、進め方や研修などを決めて、内容には松川村村民憲章を基本理念に据えた村の特色を生かした条例として、全議員で一丸となって取り組み、改革を前進させることができました。これは、今議会の大きな功績の1つであったと感じております。
 また、故伊藤勇二事務局長、そして白澤 繁事務局長には大いにお力を発揮していただき、議員も一丸となって力を出し合い、条例制定となりました。
 基本条例では、開かれた議会、討論する議会を進め、議決責任を果たすことなど議員の責務を明確化しました。また、宮澤大介事務局長には、基本条例の運用等についての取り組み及び申し合わせの整備と情報公開に重要な議会報の常任委員会創設、これらに大きなお力を発揮していただいております。また、議会報も今回で170号となり、松川村議会の先進的な取り組みを誇りに思い、今後この伝統と歴史を大事にしていっていただけることと確信をしております。
 議員平等の原則がありますが、開かれた議会のために議会構成は同じ議員が何回もその職につくのではなく、使命と責任を持ち、譲り合い助け合って議会構成をしていくことが議会としての使命であると思って取り組んでまいりました。
 先ほど、村長から身に余るお言葉も頂戴いたしましたけれども、現議員も、そして次期に向かって進まれる方、今期で先ほどお話をいただいた身を引く、そういう3名がおりますけれども、それぞれのお立場で松川村のために今後ともお力を発揮していっていただきたいということを思います。
 また、平林村長、そして平林秀夫副村長、西澤 勇教育長、須沢和彦総務課長を初め、松川村を背負っていただく方々におかれましては、緻密な連携と村民の声を聞き、議員の提言を真摯に受けとめて、松川村を立派に運営していただく姿勢をしっかりと見せていただきました。
 中でも、男性長寿日本一を受けての体制、正調安曇節を文化の中心に据えた取り組み、そして子供を村の宝と位置づけて、耐えず進歩的な先を予測されての取り組み、また高齢者をいたわり、村民全体のバランスを大切にしての徹底してぶれない施策は村民のやる気をさらに育む結果となり、響岳太鼓子供会の大活躍など村全体の大きな活力となっております。
 平林村長を初め行政の皆様方も松川村の大事な宝であります。ますます自慢できる松川村づくりのために御尽力いただくことをお願い申し上げ、松川村のさらなる発展を願い、今期12名の議員任期最終議会に当たっての挨拶といたします。
 大変お世話様になりました。
 以上で、平成30年第1回定例会を閉会します。
 御苦労さまでした。
                            午前10時23分 閉会



以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


     平成  年  月  日


         松川村議会議長


         松川村議会議員


         松川村議会議員