議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成20年第 4回定例会−12月09日-01号




平成20年第 4回定例会

                会  議  日  程

 ┌──────┬──┬────────┬────────────────────────┐
 │ 月  日 │曜日│会      議│      予          定       │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │12月 9日│ 火 │本   会   議│一般議案審議、請願・陳情等委員会付託      │
 │      │  │        │全員協議会                   │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   10日│ 水 │委   員   会│一般質問通告午後1時締切            │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   11日│ 木 │委   員   会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   12日│ 金 │委   員   会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   13日│ 土 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   14日│ 日 │休      日│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   15日│ 月 │休      会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   16日│ 火 │本   会   議│一般質問                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   17日│ 水 │本   会   議│一般質問                    │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   18日│ 木 │休      会│                        │
 ├──────┼──┼────────┼────────────────────────┤
 │   19日│ 金 │本   会   議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
 └──────┴──┴────────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 議案第57号 長野県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について
 議案第58号 長野県市町村自治振興組合規約の変更及び組合を組織する市町村数の減少について
 議案第59号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第4号)
 議案第60号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第61号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)
 議案第62号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第63号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第64号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)

 議案第65号 松川村国民健康保険条例の一部を改正する条例
 議案第66号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第5号)

 報告第20号 私立高校に対する大幅公費助成をお願いする陳情書
 報告第21号 「協同出資・協同経営で働く協同組合法」(仮称)の速やかな制定について意見書の提出を求める陳情
 報告第22号 「汚染米」の食用への転用事件の全容解明と徹底回収、外米(ミニマムアクセス米)の輸入中止を求める請願書
 報告第23号 所得割重視の国保税(料)を求める陳情
 報告第24号 介護保険料を所得比例中心に変更することを求める陳情
 報告第25号 介護保険制度の抜本的改善を求める陳情書
 報告第26号 介護労働者の処遇改善を求める陳情書
 報告第27号 共済法制定を求める陳情書



                 請願・陳情一覧表

請願
┌─────┬───────────────────┬────────────┬────┐
│受付年月日│      件      名      │    請 願 者   │紹介議員│
├─────┼───────────────────┼────────────┼────┤
│ 20.12. 1 │「汚染米」の食用への転用事件の全容解明│松川村3363-409     │渡邉尚省│
│     │と徹底回収、外米(ミニマムアクセス米)│松川村農民組合     │    │
│     │の輸入中止を求める請願書       │代表 佐山 嵩     │    │
└─────┴───────────────────┴────────────┴────┘

陳情
┌─────┬────────────────────┬──────────────────┐
│受付年月日│      件       名      │      陳  情  者      │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20.11.12 │所得割重視の国保税(料)を求める陳情  │長野市鶴賀629-1長野東口ビル8階   │
│     │                    │長野県社会保障推進協議会      │
│     │                    │代表委員 熊谷嘉隆 他4名     │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20.11.12 │介護保険料を所得比例中心に変更することを│長野市鶴賀629-1長野東口ビル8階   │
│     │求める陳情               │長野県社会保障推進協議会      │
│     │                    │代表委員 熊谷嘉隆 他4名     │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20.11.12 │介護保険制度の抜本的改善を求める陳情書 │長野市鶴賀629-1長野東口ビル8階   │
│     │                    │長野県社会保障推進協議会      │
│     │                    │代表委員 熊谷嘉隆 他4名     │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20.11.12 │介護労働者の処遇改善を求める陳情書   │長野市高田276-8           │
│     │                    │長野県医療労働組合連合会      │
│     │                    │執行委員長 渡辺一信        │
├─────┼────────────────────┼──────────────────┤
│ 20.11.26 │共済法制定を求める陳情書        │長野市鶴賀629-1保険医協会気付    │
│     │                    │互助共済を守る長野県懇話会     │
│     │                    │会長 関 昌憲           │
└─────┴────────────────────┴──────────────────┘



             平成20年松川村議会第4回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│12月16日(火)午前10時から                          │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 7 │新 村 久仁男│1 村長の政治姿勢           │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │11│井 上 直 昭│1 給食施設について          │村長     │
│  │  │       │3 寄って停・すずむし荘営業について  │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │ 4 │渡 邉 尚 省│1 村内商工業者に対する緊急経済対策につ│村長     │
│  │  │       │  いて                │       │
│  │  │       │2 農業問題について          │村長     │
│  │  │       │3 騒音問題対策について        │村長     │
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│12月17日(水)午前10時から                          │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 4 │12│佐 藤 節 子│1 駐輪場の環境整備について      │村長     │
│  │  │       │2 今年の越冬対策について       │村長     │
│  │  │       │3 20年度補正予算について      │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 3 │榛 葉 良 子│1 村長の政治姿勢           │村長     │
│  │  │       │2 環境にやさしい村づくりについて   │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成20年松川村議会第4回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成20年12月9日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成20年12月 9日 午前10時00分│議 長│甲斐澤   明│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成20年12月 9日 午前11時44分│議 長│甲斐澤   明│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│ 出欠 │議席?│氏     名│ 出欠 │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │甲斐澤   明│ ○ │ 7 │新 村 久仁男│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │平 林 源 起│ ○ │ 8 │河 内 國 治│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │榛 葉 良 子│ ○ │ 9 │矢 口 弦八郎│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │渡 邉 尚 省│ ○ │ 10 │白 澤 富貴子│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │平 林 寛 也│ ○ │ 11 │井 上 直 昭│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │横 沢 喜 造│ ○ │ 12 │佐 藤 節 子│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │   8番   │河 内 國 治│   9番   │矢 口 弦八郎│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │丸 山 正 芳│書記     │西 澤 なつみ│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│総務課統括課長│白 澤   繁│
│          │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │副村長    │奥 野 勝 久│環境福祉課統括│白 沢 庄 市│
│法第121条により説│       │       │課長補佐   │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │綱 島 幸 男│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│職・氏名      │総務課長   │西 澤   勇│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │会計管理者兼 │鈴 木   智│       │       │
│          │会計課長   │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │環境福祉課長 │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │茅 野 英太郎│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │公民館長   │後 藤 拓 男│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │             別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │             別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 議案第57号 長野県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について
 議案第58号 長野県市町村自治振興組合規約の変更及び組合を組織する市町村数の減少について
 議案第59号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第4号)
 議案第60号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 議案第61号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)
 議案第62号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 議案第63号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
 議案第64号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)
日程第6 請願・陳情の委員会付託



                               午前10時00分 開会
○議長(甲斐澤明君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成20年松川村議会第4回定例会を開会いたします。
 直ちに、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りをいたします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定をいたしました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(甲斐澤明君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第118条の規定により、8番 河内國治議員、9番 矢口弦八郎議員を指名いたします。
△日程第2 会期の決定
○議長(甲斐澤明君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議されておりますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(平林源起君) (報告)
○議長(甲斐澤明君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から12月19日までの11日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月19日までの11日間と決定をしました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(甲斐澤明君) 日程第3 村長あいさつを願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。
 本日、ここに松川村議会第4回定例会を開会をいたしましたところ、全議員の御出席をいただきまして開会できますことに、心から感謝を申し上げたいというように思います。
 昨年は、交通事故による死亡者が3名を数え、非常事態ということの中で、交通安全を村民の皆様に呼びかけをいたしました。おかげさまで今年は事故件数も大幅に減少し、死者ゼロも370日を超えることができました。この記録が1日も長く続くことを、皆様とともに願いたいというように思っているところであります。
 アメリカに端を発しました経済不況は瞬く間に全世界に広まり、中小企業は年末の資金繰りが厳しくなり、株価は暴落し大変な状況が続いております。政府も景気後退を懸念する声を無視できず、別枠で歳出増を考える方針と過日新聞に出ていました。そんな中、先月全国町村長大会がNHKホールで開催をされた折、麻生首相が我々の仲間からやじを飛ばされ、今までああいうことは、応援はありましたけれども、なかったわけであります。鳩山幹事長に拍手が一番であったりと、経済の混乱はいつまで続くのか心配であります。
 そんな中ではありますが、株式会社あづみ野ビバレッジは来年4月操業開始を目指し、順調に工事を進めております。聞くところによりますと、来年の創業時の社員を募集したところ、100名を超える方が応募されたというように聞いております。
 先日4日には宮澤県議に同行を願いまして、副議長とともに、県警察本部生活安全部長に駐在所の早期建設を、また、JR東日本長野支社運輸部長には特急停車増便などをお願いをしてまいりました。いずれも大変厳しい状況でありますが、さらに力を入れ要望が実現するよう努力してまいりたいというように思います。
 地域高規格道路松本糸魚川道路に関しましては、既に御承知のとおりルート案が示されました。一日も早く工事着工ができますよう、さらに運動に力を入れてまいりますが、村民皆様の理解を得る努力が急務となってまいりますので、議員皆様のお力をお借りしてまいりたいと思います。ぜひよろしくお願いをしたいというように思います。
 最近の村政の状況について若干申し上げてまいります。
 まず、多目的交流センターの進捗状況でありますけれども、11月には外から見える建物本体部分はほぼ完成をしました。内部ではフローリングなどの床張り工事が進んでおります。今後順次、衛生機具・電気器具・建具の設置、ホールでは舞台関係の機材・移動観覧席の設置が行われます。
 現在、外部では上水・下水・電気の配管工事を行っております。
 進捗率につきましては、11月末現在で約70%となっております。全体工程のとおり工事は順調に進んでおり、11月26日には、平成19年度分の出来形が終了いたしましたので、出来形検査を実施をいたしました。
 また、多目的交流センターの住民参加によるワークショップを11回開催し、実際の利用方法、住民による運営支援などを検討しております。
 なお、9月29日に愛称選考会において、多目的交流センターが「すずの音ホール」、中央公園が「リンリンパーク」に決定をいたしました。私もきのう、実は内部を視察っていうか見せていただいたわけでありますけれども、議員の皆様にも、会期中にぜひ一度内部を視察いただけたらというように思っているところであります。
 次に、松川中央公園の進捗状況でありますけれども、平成20年度整備工事については、多目的交流センター建設工事と干渉しない南側駐車場部分の第1工区は完了し、供用開始をいたしました。
 また、第2、第3工区につきましては、一般競争入札を実施して請負業者を決定しました。西側の第2工区につきましては展望広場の造作が進んでおります。センター周辺の第3工区につきましては、センター北側から順次工事を行っております。施設建設の進捗を見ながら、周りの部分の工事を実施してまいりたいというように思っております。
 次に、平成20年産水稲の作柄及び生産調整についてでありますけれども、関東農政局長野農政事務所は、10月15日現在の水稲調査結果の概要を、10月30日に公表いたしました。
 10月15日現在における水稲の作柄は、1平方メートル当たり全もみ数は平年並みに確保され、登熟はやや良が見込まれることから、10アール当たりの収量は634キロで、県下作況指数は102でありました。中信地区は10アール当たりの収量は639キログラムで、作況指数は100と県平均を若干下回りました。集荷円滑化対策の過剰米集荷はありませんでした。
 また、本年度の米生産調整は、地域間調整を図りまして、農家の皆様の御理解と御協力をいただき、生産目標数量内で実施することができました。
 次に、平成21年度の米生産調整についてであります。
 農林水産省は、平成21年産米の都道府県別の生産目標数量を発表し、長野県は対前年比約0.1%減の20万6,840トンとなりました。
 今後は、県の水田農業推進協議会が地方事務所ごとに生産目標数量を配分し、最終的には今月25日に予定されております大北水田農業推進協議会において、当村の生産目標数量が決定をされます。
 次に、鈴ひかりについてであります。11月24日、25日の両日、山形県南陽町で開催された第10回米・食味分析鑑定コンクール国際大会におきまして、鈴ひかりが総合部門で、日本全国各地、また今年から中国、台湾からの出品を含め全2,650点の中から特別優秀賞に選ばれました。この受賞により、今後より一層の販路拡大に期待しているところであります。
 次に、高校再編問題についてであります。大北地域の高校再編問題につきましては、今月6日に5市町村の首長、議会や教育委員会の代表者が集まり、大町高校、大町北高校の再編を念頭に、適正規模の新しい高校を大町市内に設けるよう求める提言書をまとめました。
 この提言書は、新しい高校の内容、再編時の留意事項などを6項目にまとめたもので、8日に関係者の代表が県教育委員会へ提言をいたしました。
 多様化する地域の状況や、将来の少子化傾向を踏まえて、当地域の将来を担う生徒にとって、よりよい高校再編となりますよう念願しているところでございます。
 それでは、本日上程いたします議案について申し上げさせていただきますけれども、本日上程いたします議案は8件でありますが、概要を若干申し上げてまいります。
 議案第57号 長野県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少については、合併に伴い清内路村が脱退するものであります。
 議案第58号 長野県市町村自治振興組合規約の変更及び組合を組織する市町村数の減少については、組合に電子自治体推進部門を新たに設置して、人材の育成、相談窓口の設置等の事業実施により、市町村職員の情報化にかかわる技術、能力の向上を図るための規約変更と、合併に伴い清内路村が脱退するものであります。
 議案第59号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第4号)は、1,277万6,000円を追加し、総額を43億1,548万円とするもので、主なものを申し上げますと、歳入は、地方交付税899万8,000円、繰入金254万7,000円の増額で、歳出は、基金積立金など総務費999万8,000円、温泉施設修繕料など商工費267万5,000円、老人福祉費の扶助費など民生費247万5,000円等となっております。
 議案第60号から議案第63号は、各特別会計の予算補正であります。
 議案第64号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)は、資本的支出の固定資産購入費に、1万7,476平方メートルの土地取得費を計上いたしました。これは、第1配水池周辺の用地を買い増しするもので、長年の懸案でありました施設用地とその周辺の水源涵養林の確保と、登記を完了することができます。
 いずれも、提案時に各担当課長等に説明をいたさせますので、御審議の上議決をいただきますようお願いを申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 村長あいさつを終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(甲斐澤明君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(丸山正芳君) 朗読いたします。
 諸般の報告(議会関係)
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.穂高広域施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成20年10月27日
  出席議員  矢口副議長
  審議事項等 ・条例の一部改正1件
        ・平成20年度一般会計補正予算
        ・平成19年度一般会計歳入歳出決算の認定
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
 2.池田松川施設組合議会第2回定例会
  開催期日  平成20年11月17日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、白澤議員、井上議員
  審議事項等 ・平成20年度一般会計補正予算
        ・平成19年度一般会計歳入歳出決算の認定
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。決算を認定。
 3.北アルプス広域連合議会11月定例会
  開催期日  平成20年11月25日
  出席議員  甲斐澤議長、矢口副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・平成20年度各会計補正予算
  審議結果等 各議案を原案のとおり可決。
 4.総務産業建設常任委員会 行政視察研修
  視察期日  平成20年10月21日〜22日
  出席議員  甲斐澤議長、総務産業建設常任委員6名
  視察先   三重県いなべ市、滋賀県甲賀市
  視察内容  いなべ市・・農業公園事業の取り組み
        甲賀市 ・・ごみ堆肥化循環システムの取り組み
 5.社会福祉文教常任委員会 行政視察研修
  視察期日  平成20年11月10日〜11日
  出席議員  社会福祉文教常任委員5名
  視察先   愛知県幡豆町、上伊那郡南箕輪村
  視察内容  幡豆町 ・・町いきいきセンターを拠点とした福祉事業の取り組み
        南箕輪村・・子育て支援の取り組み
 以上です。
△日程第5 議案の上程
○議長(甲斐澤明君) 日程第5 議案の上程を行います。
 議案第57号 長野県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは、御説明を申し上げます。
 長野県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について。
 地方自治法第286条第1項の規定により、平成21年3月30日をもって長野県市町村総合事務組合から下伊那郡清内路村が脱退することを認めることについて、同法第290条の規定により議会の議決を求めるということでございます。
 下伊那郡清内路村が阿智村の方へ編入合併に伴いまして、清内路村が市町村総合事務組合を脱退するため、地方自治法290条の規定によりまして議会の議決を求めるものでございます。
 平成20年12月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第57号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 暫時休憩します。
                               午前10時21分 休憩
                               午前10時21分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開します。
 続いて、議案第58号 長野県市町村自治振興組合規約の変更及び組合を組織する市町村数の減少についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 御説明を申し上げます。
 長野県市町村自治振興組合規約の変更及び組合を組織する市町村数の減少について。
 地方自治法第286条第1項の規定により、次の事項について同法第290条の規定により議会の議決を求める。
 1 長野県市町村自治振興組合規約の一部を別紙のとおり変更する。
 1枚おめくりをいただきまして、別紙をお願いいたします。
 長野県市町村自治振興組合規約の一部を変更する規約。
 長野県市長村自治振興組合規約の一部を次のように改正する。
 第3条第2号を次のように改める。
 (2)市町村が共同して行う電子自治体の推進に関する事務ということでございますが、市町村自治振興組合では、平成12年から規約を改正いたしまして、組合の事務に長野県市町村行政情報センターの設置及び管理運営に関する事務を追加し、長野県市町村行政ネットワークを構築してまいりました。行政文書の交換やデータの共有化を行い、事務の効率化や情報化を図ってきたところでございます。今後、市町村の電子自治体をさらに推進するため、システムの共同構築、機器の共同購入、システムの共同調達等、人材の育成を行うため、電子自治体の推進に関する事務を総合的に取りまとめて行うため、この変更を行っている内容でございます。
 それから、次の、第4章の次に次の1章を加える。
 第5章 事務受託
 (事務の受託)
 第11条 組合は、第3条第2号の規定による事務について、関係市町村以外の長野県内の地方公共団体から、地方自治法第292条の規定において準用する同法第252条の14第1項の規定による事務の委託の申出がなされたときは、これを受託することができるという内容でございます。
 第2号の改正に伴いまして、長野県がこの自治組合の関係と共同して行う事務が想定されるということで、これを行うため事務の受託ができる旨の規定を新設するものでございます。
 附則、この規約は、平成21年4月1日から施行するという改正内容でございます。
 1枚元に戻っていただきまして、2としまして、平成21年3月30日をもって、長野県市町村自治振興組合から清内路村が脱退することを認めるという内容でございますが、清内路村が阿智村へ編入合併することに伴うものでございます。
 平成20年12月9日 提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第58号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第59号 平成20年度松川村一般会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                 (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) それでは御説明を申し上げます。
 今回の補正の主な内容につきましては、歳入では地方交付税の増額、基金繰入金等が主な内容でございます。歳出では公共整備基金への積み立て、また、それぞれの事業の現在の確定見込みに対する補正が主な内容でございます。
 6ページをお願いいたします。それでは、総務課関係につきまして御説明申し上げます。
 歳入でございますが、一番上の上段になります。地方交付税899万8,000円を増額いたしまして、13億7,373万8,000円とするものでございます。これは普通交付税の決定額でございます。
 次の7ページの中段になりますが、消防費県補助金、節の1災害対策費42万円の減額でございます。住宅・建築物耐震改修等事業補助金でございますが、南部会館の耐震診断につきまして、県と協議いたしましたところ、補助金の対象にならないということで、減額をお願いするものでございます。
 その下、総務費委託金の関係でございます。7万5,000円の増額でございます。それぞれ右側の説明欄のところ、学校基本調査交付金から一番下の経済センサスまで、それぞれ各統計調査の委託金の決定見込みの金額でございます。
 次の8ページをお願いいたします。2段目になりますけれども、寄附金の関係で、目の2ふるさと応援寄附金12万5,000円の増額でございます。今まで補正してまいりましたけれども、さらに4件分がふえましたので、その金額12万5,000円の増額でございます。合計では7件ということになっております。
 それから、8ページ一番下になりますが、諸収入、雑入でございます。総額で131万3,000円の増額でございますが、右側の政策要望活動経費、これは県町村会の方から交付されるものでございますが、59万6,000円の増額。それから1行飛びまして、自動車共済配分金ほかということでございますが、自動車配分金、それから中部会館の雪害への共済金が入っておりまして、合計で31万7,000円の増でございます。
 それから、9ページからは歳出でございます。なお、人件費の補正につきましては、計数の調整が主なものでございますので、担当課長からの説明は省略をさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。
 それでは総務費関係ですが、目の1一般管理費31万1,000円の減額でございます。節では11需用費2万7,000円の増額、印刷製本費でございますが、住民の方のお悔やみ電報の台紙の印刷でございます。
 それから、13の委託料31万6,000円の増額、職員健康診断でございますが、職員が人間ドッグを受診する場合に、今まで市町村職員共済組合の方から助成をされておった部分がございますが、その助成内容が変更されまして、定期健康診断分の負担は事業主が負担するということで改訂がございました。その分の増額でございます。
 6の財産管理費12万2,000円の増額でございます。7賃金は臨時職員の減額12万1,000円、11需用費24万3,000円の増額でございます。燃料費3万8,000円の増額でございますが、これは村バスの軽油代の補正でございます。それからその下修繕料20万5,000円の増額でございますが、村の庁舎の自家発電設備の修繕でございます。
 それから、一番下、目の7企画費1,052万2,000円の増額でございます。節19負担金、補助及び交付金32万円、これは補助金でございまして、景観保全推進事業補助金ということで7件分の今後予想される補助金の増額でございます。
 次のページをお願いいたします。節25積立金1,020万2,000円の増額でございます。基金の積立金、公共施設等整備基金1,007万7,000円の増額でございます。その下、収入でありましたふるさと応援基金の方へ12万5,000円の増額でございます。
 次のページ、11ページ一番の上段になりますけれども、目の2委託統計調査費7万5,000円の増額でございます。1報酬9万円、それから11需用費1万5,000円消耗品費の減額でございますが、先ほど歳入の方で御説明申し上げました国庫委託金の決定見込みに伴います補正でございます。
 18ページをお願いいたします。18ページの一番下の段、消防費でございます。目の2非常備消防費25万5,000円の増額でございます。節の9旅費、これは団員出動手当の増額でございます。
 それから、目の4災害対策費、これは県補助金の減に伴います財源振替でございます。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、環境福祉課関係御説明申し上げます。
 初めに歳入の方から、6ページお願いします。
 11款1目の民生費負担金8万7,000円ですが、鹿島荘1人入所に伴います負担金分でございます。
 7ページ、13款2目の民生費委託金3万6,000円でございますが、1節の社会福祉費委託金としまして、年金システム磁気媒体の帳票出力システムの交付金でございます。
 それから、今度は歳出の部分に移りますが、11ページをお願いします。
 下段の3款1目の社会福祉総務費でございます。7節の賃金28万3,000円ですが、児童クラブ指導員の超勤分でございます。11節の需用費4万5,000円の内訳ですが、消耗品費法規追録代2,000円、それから燃料費、光熱水費6,000円と3万7,000円ですけれども、ふれあい館分の冬期分の増額見込みでございます。それから、15節の工事請負費3万5,000円の減額ですが、ふれあい館のフェンス工事に伴います差金分でございます。20節の扶助費45万6,000円ですが、タイムケア事業の利用者増見込みによります増額でございます。
 それから、2目の老人福祉費、次ページになりますが、12ページ、13節の委託料18万5,000円ですが、介護予防支援としまして、要支援者増見込みによります増額でございます。20節の扶助費167万1,000円の内訳ですが、敬老祝金実績に伴います不用額で減額の22万円。老人保護措置費、鹿島荘入所のための扶助費164万1,000円、3月分までの見込みです。それから在宅介護者慰労金12月支給分、支給対象者増見込みによります25万円の増額でございます。
 それから、4目の老人福祉施設費の11節の需要費59万5,000円の増額ですが、消耗品費減額の7万8,000円、ゆうあい館の新聞代を社協で支出するための減額です。それから燃料費、修繕費48万4,000円と18万9,000円の増額ですが、ゆうあい館の利用分見込みによるものです。修繕につきましては、消火栓ポンプの修理代でございます。
 それから、6目の老人医療費、減額の50万8,000円の内訳ですが、13節の委託料7万8,000円の減額、レセプト内容点検の実績によります額確定に伴う減額。それから、28節の繰出金、減額の43万円ですが、老保の特別会計の過年度精算金確定によります一般会計負担減によるものでございます。
 続きまして、2項1目の児童福祉総務費でございますが、12節の役務費、通信運搬費、北保育園の電話料の増額見込みによるものでございます。
 13ページ、2目保育園費7節の賃金ですが、73万2,000円の増額ですが、臨時職員分としまして北保育園の加配保育士1人半日分、それから南保育園のゼロ・1歳児の補助1人の半日分で5月分の計上でございます。それから、11節の需用費ですが、保育園のプロパンと灯油の3月までの増額見込み分を計上してございます。
 それから、1つ飛びまして一番下段、4項1目の国民年金事務取扱費でございますが、歳入で御説明申し上げましたが、13節の委託料で、年金システムの磁気媒体の帳票システムの開発費でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは経済課関係、歳入関係、7ページ中段をお願いいたします。
 款14県支出金、目2農林水産業費県補助金、1の農業委員会補助金18万5,000円の増額ですが、農業委員会交付金の額の確定によるものでございます。
 2の農業費補助金18万7,000円の増額ですが、中山間地域等直接支払事業交付金、また、農地・水・環境保全向上活動推進交付金とも、額の確定に伴う増額でございます。
 3の林業費補助金18万1,000円の減額でございますが、野生鳥獣総合管理対策事業補助金の額の確定に伴う減額でございます。
 8ページ中段をお願いいたします。17繰入金、目4温泉施設及びふれあい交流センター整備基金の関係でございますが、すずむし荘宿泊棟の照明、それと入浴棟の券売機の修繕に伴う基金繰り入れ254万7,000円の計上でございます。
 19諸収入、目3雑入の中の真ん中でございますが、大北地域緑化推進協議会40万円でございますが、昨年松川村で実施いたしました大北植樹祭会場の下草刈りなどの維持管理経費に対して補助をいただけるという関係での計上でございます。
 続きまして、歳出の関係、14ページ下段をお願いいたします。
 目3農業振興費、12役務費40万1,000円の増額ですが、鳥獣害被害防止に伴います緩衝帯整備事業としまして、林務の緩衝帯整備とは別枠で、山沿いの農地部分の刈り払い手数料でございます。19負担金、補助及び交付金8万4,000円の増額でございますが、猿の捕獲用のおりの修繕に伴います、これは鼠穴南部鳥獣害防止推進協議会への負担金11万6,000円の計上と、農業後継者団体高嶺会が農村リーダー会と合併されたことに伴います高嶺会への補助金、これ全額になりますが、3万6,000円の減額、また、ページが変わりまして15ページになりますが、中山間地域等直接支払交付金確定に伴います4,000円の増額でございます。
 目4の地域営農支援事業費、19負担金、補助及び交付金1万円の増額でございますが、今年度大北地域が子ども農山漁村交流プロジェクトの受け入れモデル地域に指定となりました。その関係で、広域的な受け入れ組織として北アルプス山麓地域協議会が設立されたことに伴います協議会印等の消耗品等の負担金の計上でございます。
 目6の土地改良費ですが、農地・水・環境保全向上対策事業の関係で、推進交付金の増額に伴いまして、事務費として7賃金9万8,000円と、11需用費として消耗品費8万6,000円をそれぞれ増額するものでございます。また、19負担金、補助及び交付金では、高瀬川右岸土地改良区が事業主体となりまして、東細野地区において水路改修を計画しておりましたが、工法的にも非常に難しく、事業ができなくなったということでの90万円の減額でございます。
 続きまして、目1の林業振興費では、12役務費の関係で7万3,000円の増額ですが、こちらは松くい虫の心配のある枯れ損木の伐採に伴います立木伐採手数料10本分14万7,000円の増額と、林道の路肩草刈りについては、額の確定に伴います7万4,000円の減額でございます。
 続いて、16ページお願いいたします。6の商工費、目3の交流施設総務費では、11需用費11万3,000円の増額ですが、こちらはセピア安曇野の避難誘導灯のバッテリー交換と、ガス配管の修繕に伴います増額でございます。25節積立金8万5,000円の増額につきましては、人件費との調整に伴うものでございます。
 目4の温泉施設管理費では、11需用費248万9,000円の増額ですが、温泉の施設消耗品の5万8,000円の減額と、歳入の方で若干御説明いたしましたが、宿泊棟の1階廊下部分と、2階のホール部分の照明を明るいものに変更する修繕費236万3,000円、また、日帰り入浴棟の券売機の修繕としまして18万4,000円、計254万7,000円の計上でございます。12役務費、13委託料につきましては、可燃性の天然ガス事故を防ぐため温泉法の一部改正があり、源泉2カ所の天然ガスの濃度について調査をするものでございます。まず、後段の13委託料では2カ所の測定料として4万2,000円の計上と、12役務費ではその濃度が基準を超えなかった場合の保健所への確認申請手数料1万6,000円の計上でございます。
 以上でございます。御承認いただきますようよろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは、建設水道課関係お願いしたいと思います。
 17ページをお願いいたします。款7土木費、2項の道路橋梁費、1目の道路橋梁総務費でございます。19節の負担金の関係で23万7,000円を増額、今回お願いするものでございますけれども、これにつきましては松本都市圏総合都市交通体系調査の負担金ということで、北は松川・池田から南は塩尻まで3市2町6村、それから国、県の構成によりまして、都市交通計画を策定するためのものでございます。本年度を初年度といたしまして、平成22年までの3カ年で予定していくものでございますが、今回額の決定がございましたので、負担金といたしまして計上するものでございます。
 続きまして、2目の道路維持費でございます。11節の需用費でございますが、今年除雪基地を建築いたしました。これに伴いまして、光熱費といたしまして電動シャッターの電気代を今回計上するものでございます。
 3目の道路新設改良費でございますが、159万3,000円の増額でございます。17節の公有財財産購入費といたしまして2路線、村道2−13号線、それから村道4−3号線でございますが、村道2−13号線につきましては、現在転売物件としまして、現在の所有者から移るということがございまして、現在用地交渉が済んでございますので、先行して今回補正するものでございます。また4−3号線につきましては、地権者の理解が得られまして、わき線のルートの確保が見込めることによりまして、今回補正をさせていただきます。2路線で250万円を計上してございます。また、22の補償費の減額80万円でございますけれども、先線の用地交渉を次年度に繰り延べしたことによりまして減額をするものでございます。
 4項の住宅費、1目の住宅管理費でございます。役務費の手数料5,000円でございますが、消火器の残量不足が確認されましたので、今回補正するものでございます。15節の工事請負費9万5,000円の減額でございますが、村営住宅の南側の遊具の完了実績に伴いまして減額をするものでございます。
 以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) 続いて、総務学校課関係をお願いいたします。
 19ページでございます。9款の教育費で、1目の教育委員会費でございますけれども、19節で9万9,000円の追加をお願いいたします。内容は、私立高等学校の保護者補助金、そして私立幼稚園の就園奨励費補助金でございます。該当者の増加によるものでございます。
 それから、その下、事務局費ですが、12節で1万6,000円の追加をお願いいたします。これは来年度開設予定の放課後こども教室用の携帯電話の利用料でございます。
 それから、その下、小学校費でございますが、1目の学校管理費で、11節でございますけれども、80万1,000円の追加をお願いいたします。これは上水道と下水道の料金でございます。特に今年の夏につきましては、猛暑のために藻の発生が懸念されまして、そんな中で水の入れかえを数多くやったということが主な原因でございます。それから、その下、14節でありますけれども、これはOAのシステム使用料ということで、入札の差金でございます。それから、15節の工事請負費につきましては、体育館のフロアの塗装工事の入札差金でございます。それぞれ減額をお願いいたします。
 それから、2目の教育振興費でございますけれども、11節の需要費では、修繕料といたしまして、自動火災報知器の修繕をお願いいたします。
 続いて、20ページをお願いいたします。中学校費でございますけれども、1目の学校管理費で、11節需用費で140万円の減額をお願いいたします。これは電気工事の入札に伴っての差金でございます。それから、その下、15節の工事請負費と18節の備品購入費は、中学校のLL教室の改修と、会議用の机15台の購入をお願いするものでございます。このLL教室はオーディオなどの機器を使って外国語を学ぶ教室でございますけれども、パソコンの普及と、それからALTの配置によるTT事業によって、またLL教室の機器自体も20年近く経過いたしまして、従来の教室の機能を十分に活用されていないというような状態になっております。また、最近は心身の不調や、不登校の模様を示す生徒が見られる中で、生徒指導や教育相談等、個別の支援を一層充実させる必要がございます。このような中で、現在の会議室を生徒や保護者との懇談、相談などの部屋として利用し、この2階のLL教室を改修して、会議室、教科学習、学級活動などに使用していきたく、今回補正をお願いするものでございます。15節には、この科目には水道工事の差金がありまして、今回24万9,000円追加し、総額54万3,000円。それから、18節には、ストーブ購入の差金に今回13万7,000円を追加し、総額60万7,000円で改修を予定しております。そういったことで計上いたしましたので、よろしくお願いいたします。
 それから、その下、2目の教育振興費の14節でございますけれども、これはスキーの全中大会の引率職員のリフト代でございます。
 以上でございます。お願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 公民館長。
◎公民館長(後藤拓男君) それでは、公民館関係をお願いいたします。
 歳入、6ページをお願いいたします。11の分担金及び負担金の中の1目教育費分担金でございます。これは分館改修事業分担金ということで、中部会館の屋根修理を予定をしてございましたが、先ほど説明がございましたが、全額雪害等の共済対象によりまして減額するものでございます。
 それから、その下、使用料及び手数料で5目の教育使用料の関係でございますが、それぞれ実績によりまして野球場の使用料、及び林遊館の使用料等、増減額するものでございます。
 続きまして、歳出、20ページをお願いいたします。教育費の1目社会教育総務費の関係でございます。11需用費の13万2,000円の増でございますが、印刷製本費で、男女共同参画の推進のためのパンフレットを作成いたしまして周知をしてまいりたい。
 それから、21ページでございますが、4目の生涯学習推進費でございます。11需用費の47万円でございますが、修繕費、これにつきましては生涯学習センターのロビーチェアの劣化に伴います張りかえでございます。それから陶器窯の修理一式、これを含めまして47万円でございます。
 それから、その下の2目体育施設費でございます。11需用費の97万4,000円でございますが、消耗品等につきましては体育施設の蛍光管等の購入でございます。それから、修繕費につきましてはかぶろ会館のアリーナの修繕でございます。壁の修繕6カ所、天井、それからオペレーター等の修繕でございます。それから、その下の委託料につきましては、電気設備の点検業務ということで、同じくかぶろ会館の水銀灯の点検をするものでございます。これにつきましては、水銀灯はつり下げ式でございますが、上部の接触する部分等によりまして、ついたり消えたりするという形の中で、今回すべて点検をして万全を期していきたいと、そういうことでございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行いますが、質疑の際には、ページ等を明示するようにお願いをいたします。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) ページはありませんが、公民館の関係で改修、旧というか、今、現の公民館です。多目的施設との関係の中で、設計に対しての予算は9月で可決をしております。その中でパブリックコメント等を経まして、今どのような状況なのか。それから今後どんなふうに多目的施設との絡みの中で進めていくのか、お聞きしたいと思います。
 それから、15ページの中で、下段の5の2の1のところですけれども、手数料の中で、松くい虫の立木の伐採手数料ということで10本が上がっておりますけれども、全体的に松くい虫の状況をお聞かせください。
 それから、19ページの教育費の関係の教育委員会費9の1の1の中ですけれども、19の負補交の中の補助金、私立高等学校の保護者補助金が1名分ふえているように感じます。全体で何人になるか教えてください。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) それでは、19ページの1目の教育委員会費の負補交の関係でございますけれども、私立高校の保護者の補助金につきましては1人1万5,000円でございますので、31名でございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それでは、松くい虫の現状についてお答えをいたします。監視員の見回り、また電話での連絡等によりまして、現在まで立木伐採数30本を伐採いたしまして、うち検体を21本採取しております。現在のところ松くい虫の確認はされておりません。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 暫時休憩します。
                               午前10時56分 休憩
                               午前10時57分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 ほかに質疑はありませんか。井上議員。
◆11番(井上直昭君) 8ページお願いしたいんですが、寄附金の関係で、ふるさと応援基金の関係ですが、先ほどの説明で4件ということで、合計が7件。それで、これは税金の控除対象とかになるということの中で、当初どの程度他町村の方へ、松川村出身の方にそういうことを知らせたかちょっとお聞きしたい。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 確定申告、また、住民税の申告をしていただかないと、ほかの町村にどのくらい寄附をされたかという内容はわかりませんので、また総額の件数ぐらいは。違うんですか。
 すみません、啓発ですか。すみません、答弁が間違っていて大変申しわけございませんでした。
 他町村と言いますと、一番はホームページの方で出しているという状況が1点です。それから長野県のホームページの方でも、市町村の方へリンクをしているというような中で、長野県のホームページ等で出しているというのが対外的なPRの方法です。
○議長(甲斐澤明君) 井上議員。
◆11番(井上直昭君) たしかホームページということになりますと、全国的にホームページを開ける人はわかるじゃないかと思うんですが、私みたいにそういうことのできない方、それで特に町村、松川から出ていって成功している方、そういう方へね、できればこういうことがあります、協力できますかぐらいの、そういう対応をね、できたらやれば、もう少し協力ができるじゃないかなあと、私はこう思うんですよ。どうでしょう。
○議長(甲斐澤明君) 村長。
◎村長(平林明人君) おっしゃるとおりだというように思います。私もですね、身内が県外へ出ておりますので、それぞれ実家へ帰ってきたときに、おいちょっとおらほへ寄附してくれと、そういうように言って宣伝もしております。ですので議員の皆さんも、ぜひ自分の身内には、1つ松川村へ、ふるさと基金にしてほしいというように、一緒になってお願いをしていっていただきたいというように思います。できる限り、たまたま東京で会議があっても、ちひろの会議等ありましても、松川村へ1つお願いしますというように、だれ構わなく言っておりますので、ぜひ皆さんもそういうことでお願いしたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありますか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 今の基金に関連してですけれども、そういうPRの方法も大変重要なことだと思いますけれど、じゃあこの大町あたりは、応援隊ということでいろいろPRしているようですけれど、このことをしていただくことによって、村がこんなふうになりますよというような、そういうきちんとしたPRを、今までは広報などを送っていたという経緯もあるんですけれども、そんなようなこともきちんとしていく必要あると思うですけれども、その辺はいかがですか。
○議長(甲斐澤明君) 総務課長。
◎総務課長(西澤勇君) 口コミとかですね、知り合いとか、その関係的な対人間といいますかね、そういう部分については、機会あるごとにやっていかなければ、他市町村に負けてしまうという部分がありますし、その寄附していただいた浄財を、村の地域づくりにつかっていくと、こういうふうな結果ということは、当然寄附された方、また広報等では出していきますが、やっぱり不特定多数という話になると、どうしてもホームページという部分になろうかと思います。
 また、大町のお話の例を伺いましたけれども、なかなか村としては東京とか、そういう出張というのは非常に少ないと。住民の方へ、やはり頼りにしてお願いをしていくっていう部分が大きな部分になっていくと思いますので、その点につきましては、ちょっと研究をさせていただきたいと思います。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありますか。矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) 17ページ、一番上の目1道路橋梁総務費、この負担金で松本都市圏総合都市交通体系調査というところへ負担金を納めるというような話ですが、ちょっとこれどういう内容のものか、ちょっともう一度説明してください。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) 基本的には、この中信平の交通体系につきまして、県が10年に1回見直しをかけていくという調査ものでございます。若干10年以上経過しているわけですけれども、本年度を初年度といたしまして、いわゆる北は松川・池田まで、南は塩尻までの中の公共交通機関、あるいは道路等につきまして見直しをかけていくと。それによって、この中信平の将来像を、道路網も含めまして計画を立て直すといったものの内容でございます。
 現在、トリップ調査といたしまして、調査の方は既に無作為抽出で抜粋して、今、調査を行っておりますけれども、そういった村民の声を反映させた形、あるいは委員会等を来年立ち上げる予定になってございますけれども、各自治体と県、国が合同で、そういったものを調査して、将来のこの交通体系を、策定体系をしていくといった内容でございます。
○議長(甲斐澤明君) 矢口議員。
◆9番(矢口弦八郎君) 今、ちょっとこの松本糸魚川高規格道路が盛んに地域の盛り上がりみたいなことで、これが必要だというようなことを言われている中で、この高規格道路との関係みたいなものっていうのは、どこかで接点があって、調査結果とこの高規格と何か合致するようなものがなければ、てんで勝手にこういった調査をやる、何だかんだというようなことじゃまずいんだけれど、その辺の合わさるようなところはあるんですかね。
○議長(甲斐澤明君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) おっしゃられますとおり、地域高規格道路も当然含まれております。もうちょっと大きい網羅をした中での調査でございます。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑はありませんか。榛葉議員。
◆3番(榛葉良子君) 15ページの土地改良費ですけれども、これは村が主体ということではなくて、高瀬川右岸ということですけれども、この辺の中止になったところとか、場所とか、その辺詳しいことがわかりましたらお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 経済課長。
◎経済課長(伊藤勇二君) それではお答えをいたします。場所につきましては、北細野駅の東側になりますが、こばと美容室さんの付近の水路周りの工法的に非常に技術的に難しいということでの今回の事業中止、時期尚早ということを聞いております。
○議長(甲斐澤明君) いいですか。ほかに質疑ありますか。新村議員。
◆7番(新村久仁男君) 20ページの1目学校管理費、この関係で入札差金がそれぞれこう出たと。入札差金が出た中で、事業費として前回に上げていない部分で購入している部分ありますよね。その辺のところは実質的にいいのかどうかね。それと金額が少ないから、議会の方に説明する必要はないかもしれないけれども、その辺のところはどうなのか、教育長、答弁願いたいんですが。
○議長(甲斐澤明君) 教育長。
◎教育長(綱島幸男君) この入札差金の扱いでございますけれども、この20ページの、例えば11節を見ていただきますと、この需用費については今後予定がないということの中で、差金はそっくり減額補正をしております。今回15節と18節につきましては、入札差金は差金として減額をしながら、新規に新しい事業を追加をお願いいたしました。この減額と追加と相殺をいたしまして、差し引き24万9,000円と、こういったシステムになりますので、理解をお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 新村議員、いいですか。ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第59号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 ここで、11時20分まで休憩をいたします。
                               午前11時 7分 休憩
                               午前11時20分 再開
○議長(甲斐澤明君) 再開をいたします。
 続いて、議案第60号 平成20年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) それでは、御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、退職者医療にかかる支出増見込みに伴います歳出分を基金繰り入れより行うものでございます。
 では、5ページをお願いします。歳入の部、9款1目の支払準備基金繰入金647万3,000円でございます。基金より繰り入れるものでございます。
 次ページをお願いします。歳出ですが、1款1目の一般管理費、賃金で17万3,000円お願いするものでございますけれども、この春、国の会計検査によりまして、事後資料の提出を求められておりました。臨時職員対応にしたため、11月以降分のレセプト整理分の臨時職員の賃金分をお願いするものでございます。
 それから、2款2目の退職被保険者等の療養給付費、また4目の退職被保険者等療養、それぞれ400万と20万の増額をお願いするものでございますが、3月見込み支出増に伴います療養給付費400万、それから柔整、補装具等の療養費20万の計上でございます。
 続きまして、2目の退職被保険者等高額療養分200万ですけれども、こちらも3月までの増額予測による200万円の増額でございます。
 それから、次ページ、11款1目の一般被保険者保険税還付金10万円でございますけれども、過年度分の還付金としまして10万円をお願いするものでございます。これによりまして、基金が約5,261万円となっております。
 なお、予算上では基金取り崩しとなっておりますけれども、現段階の数字では、基金はまだ取り崩しは行っておりません。
 以上でございます。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆10番(白澤富貴子君) 7ページの11の1の1、23の過年度分の還付金ですけれども、一般被保険者分ということは、これは昨年の調定が変わるというところまで関係するんですか。それとも還付金というのは、今年度になってその事情が生じたってことですか。その辺のところをちょっと教えてください。
○議長(甲斐澤明君) 環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) すみません。過年度分と申し上げましたので、平成19年度はもう決算済んでおりますので、19年度分の調定額はもう変わりはございません。過年度分の還付金ということは、さかのぼって社会保険に加入していたということで、その分を今年度の予算から返さなきゃいけないということで補正をさせていただきました。
 よろしくお願いします。
○議長(甲斐澤明君) ほかに質疑ありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第60号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第61号 平成20年度松川村老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、過年度診療分の過誤精算によります財源振替ということでお願いしたいと思います。
 3ページをお願いします。歳入で、4款の繰入金、1目の一般会計繰入金、一般会計の方でも御説明申し上げましたが43万円の減額。
 それから、6款3目の雑入ということで43万円の計上でございますけれども、給付費の過誤精算金15万9,000円、それから給付費の過誤精算金、支払基金より27万、それから手数料の過誤精算金で1,000円という計上でございますけれども、こちらの方から過誤分としまして受けましたので、一般会計からの歳入を減額するものでございます。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第61号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第62号 平成20年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。環境福祉課長。
◎環境福祉課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、聖域売却によります歳入増によるものでございます。
 5ページをお願いします。まず歳入ですけれども、1款1目の公園墓地使用料123万6,000円の増額をお願いするものですが、永代使用料としまして4聖域分、30万9,000円の4聖域分を計上してございます。
 次ページをお願いします。歳出ですが、1款1目の一般管理費123万6,000円ということで、25節の積立金、基金の積み立ての方へ回しております。これによりまして、現在723聖域中、残りが1聖域ということになっております。また、基金につきましては、約、この基金を積むことによりまして1,357万2,000円の基金となっております。
 以上です。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第62号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第63号 平成20年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、長期債利子の不足によります補正をお願いするものでございます。
 それでは、5ページをお願いいたします。繰入金につきましては90万8,000円をお願いするものでございます。
 6ページをお願いいたします。1目の下水道管理費13節の委託料、それから2目の下水道施設管理費13節の委託料、それぞれ事業確定に伴う減額を補正するものでございます。
 続きまして、2款の公債費1目の利子でございます。長期債利子といたしまして137万1,000円を補正するものでございますけれども、これにつきましては、終末処理場のエアレーション並びに管理棟を昨年度完成してございます。そのときに財政融資、それから公庫資金を借り入れてございまして、この利息分の不足分をお願いするものでございます。
 なお、前年度借り入れ分といたしまして、△の145万4,000円でございますが、従来ですと当年分の借入金枠といたしまして、ここで見ておりましたけれども、実質、財務省、公営企業金融公庫等で確定してございますので、そちらの方に振りかえているものでございます。また、一時借入金利子につきましては見込みで10万円見ておりましたけれども、今後の見込みがなしということで、今回減額補正するものでございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑は終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第63号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第64号 平成20年度松川村水道事業会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(甲斐澤明君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(茅野英太郎君) それでは御説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、第1配水池の周辺の土地の購入、それから企業債利子の不足に伴います補正が主な内容でございます。
 それでは、3ページ目をお願いしたいと思います。村長、冒頭のあいさつで述べましたとおり、第1配水池周辺の土地1万7,476平米、地権者1名でございますけれども、来年配水池の建てかえに伴いまして周辺整備、涵養土地として確保するということで地権者との交渉が成立いたしましたため、今回補正をお願いするものでございます。
 1目の資本的支出、固定資産購入費といたしまして511万7,000円でございます。
 それから、1目の企業債償還金でございますけれども、これにつきましては、平成19年度におきまして7%以上の高利率につきまして2本償還をいたしました。金額としまして594万8,000円でございますけれども、この分につきまして、一括平成20年度の予算で控除してしまいましたために予算が不足をしたということで、今回補正をお願いするものでございます。
 よろしくお願いいたします。
○議長(甲斐澤明君) 説明が終わりましたので質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから、議案第64号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(甲斐澤明君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 請願・陳情の委員会付託
○議長(甲斐澤明君) 続いて、日程第6 請願・陳情の委員会付託を行います。
 お手元に配付の請願・陳情についてを議題とします。
 ただいまから請願・陳情を各委員会に付託します。
 まず、請願について
 件名 「汚染米」の食用への転用事件の全容解明と徹底回収、外米(ミニマムアクセス米)の輸入中止を求める請願書
 請願者 松川村3363−409、松川村農民組合 代表 佐山 嵩
 紹介議員は、渡邉尚省議員です。
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 続いて、陳情について
 件名 所得割重視の国保税(料)を求める陳情
 陳情者 長野市鶴賀629−1長野東口ビル8階、長野県社会保障推進協議会、代表委員 熊谷嘉隆 ほか4名
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 介護保険料を所得比例中心に変更することを求める陳情
 陳情者 長野市鶴賀629−1長野東口ビル8階、長野県社会保障推進協議会、代表委員 熊谷嘉隆 ほか4名
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 介護保険制度の抜本的改善を求める陳情書
 陳情者 長野市鶴賀629−1長野東口ビル8階、長野県社会保障推進協議会、代表委員 熊谷嘉隆 ほか4名
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 介護労働者の処遇改善を求める陳情書
 陳情者 長野市高田276−8、長野県医療労働組合連合会、執行委員長 渡辺一信
 この件を、社会福祉文教常任委員会に。
 件名 共済法制定を求める陳情書
 陳情者 長野市鶴賀629−1保険医協会気付、互助共済を守る長野県懇話会、会長 関昌憲
 この件を、総務産業建設常任委員会に。
 それぞれ付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(甲斐澤明君) 異議なしと認めます。
 よって以上の件は各常任委員会に審査を付託します。
 これで、本日の日程は全部終了いたしました。
 これにて散会をいたします。
 大変御苦労さまでございました。
                               午前11時44分 散会