議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成28年第 3回定例会−09月15日-03号




平成28年第 3回定例会

           平成28年松川村議会第3回定例会会議録
                                     〔第3号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成28年9月15日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 議│平成28年 9月15日 午前10時00分│議 長│白 澤 富貴子│
│          ├───────────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成28年 9月15日 午後 4時40分│議 長│白 澤 富貴子│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │白 澤 富貴子│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │平 林 寛 也│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │6番     │矢 口 あかね│7番     │勝 家   尊│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │宮 澤 大 介│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│建設水道課長 │須 沢 和 彦│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │平 林 秀 夫│教育次長   │原   勇 一│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│社会教育課長兼│古 畑 元 大│
│          │       │       │公民館長   │       │
│職・氏名      ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │総務課長   │伊 藤 勇 二│総務課統括課長│太 田 健 一│
│   全員出席   │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │税務課長   │中 山 雅 雄│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │会計管理者兼会│大 澤   浩│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │丸 山   稿│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │白 沢 庄 市│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │別紙のとおり                         │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │別紙のとおり                         │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │別紙のとおり                         │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 一般質問
 順位1 村への要望                       4番 梨子田 長 生
     介護休業制度
 順位2 少子高齢化の加速化と村の対応について          9番 草 間 正 視
     まち・ひと・しごと創生 松川村総合戦略(第1版)
 順位3 「活性化センターセピア安曇野」について        11番 百 瀬   清
     災害時の村の対応について
 順位4 まち・ひと・しごと創生 松川村「人口ビジョン」「総合  8番 平 林 寛 也
     戦略」について
 順位5 総合戦略と地方創生事業                11番 平 林 幹 張
 順位6 高齢者福祉の充実について                3番 太 田 繁 義



                                 午前10時00分 開議
○議長(白澤富貴子君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名です。
 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。直ちに本日の会議を開きます。
△日程第1 一般質問
○議長(白澤富貴子君) 日程第1 一般質問を行います。
 順次、発言を許します。順位1番、4番梨子田長生議員の質問事項、村への要望の質問を許します。梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) おはようございます。1番目ということで緊張もしますけれども、通告に従って順次進めてまいりたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。
 若い20代、30代、子育ての世代の要望となっている質問でございます。個人によってちょっと違いもありますし、また万人とはいきませんが、一部の声を聞いていただきたいと思います。
 まずですね、7月からHAPPY BABYプロジェクト「まつかわ村からの贈り物」がございましたが、この反響はいかがでしょうか。よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 細部については、また課長に答弁させますので、よろしくお願いします。
 今年新たに誕生したプロジェクトというか贈り物でありますけれども、民生委員の皆さん、職員からの要望によりまして取り上げさせていただいたものであります。これにつきましては、細部について課長のほうから答弁させますので、よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) それでは、私のほうから説明させていただきます。村長のほうから概略を説明していただきましたけれども、この事業につきましては本年6月議会で補正予算としてお認めをいただいた本年度の新規事業ということでお願いいたします。
 村が進める子育て支援の一環といたしまして、新生児の誕生を祝し村からお誕生記念品を贈る事業でございます。記念品は村内の障害者就労施設でつくられた木工製品の3種類の中から、3種類につきましては箸、がらがら、積み木の3種類でございますが、そこから選んでいただくような形になります。詳しい内容につきましては、広報7月号でお知らせをしたところでございます。
 この反響の関係につきましては、本年4月から8月末までに出生の届け出があり、この贈り物の御案内をした新生児は17名ございました。現在までに14人の保護者から申し込みをいただいているところでございます。実際に、民生児童委員と保健センターの職員で贈り物をお持ちし訪問をした家庭が現在までに8件ございました。どの家庭からも保護者の方から好評をいただいておりますし、訪問に関しましても快く受け入れていただいている状況でございます。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) ちょっと通告にはございませんが、その3種類ありますね。その中でどれが好評だったか、よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 先ほどの中で、箸が一番多いですね。箸が10件ということで一番多いということでお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) 大変にですね、この事業は私はすばらしいものだと思っています。金銭面よりもこうした将来においてですね、こういうものをもらったといういい思い出になるのではないかと、私はこういう事業について高く評価させていただきます。
 次に行きますが、一部には村長も御存じのとおりですね、出産祝いが欲しいとか、入学金が欲しいとか村長の今までの見解をずっと私も聞いて知っています。ほかにもですね、出産のときにお祝いの品が出ているんですが、このことについてちょっと反響、出ている品物について反響がありますが、そのことについてお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) すみません、村長に質問されていますが、私のほうからちょっと答弁させていただきますけれども、新生児家庭への支援ということで平成19年度から始めている事業で、紙おむつ処理の支援ということでございます。出生の届け時に可燃ごみの袋を、袋は10枚入りの袋でございますが、それを1年分ということで12セットをお渡ししております。そのような事業を平成19年ですので足かけ10年続けておるというないようでございますが、よろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) 早くからですね、そういった取り組みをしていただいていると。私も最近知ったところで、これも知らなかったんですが、こういうことをずっとやっていてくれたということを感謝いたします。
 村長の考え方というのは、私はですね、村の考え方、村長の考え方、これはやはりその自治体によってですね、そういう方向性を示して、それでやっていくって、これはこれで私はいろいろ申し上げることはございません。だから、今までの方針どおりやっていただければ結構かと思います。
 次へ行きますが、ここからはですね、若い方ですね、20代、30代、特に主婦の方の要望でございます。保育園のことについてお伺いしますが、これはパートで働いている方のこういった要望でございますが、保育園を4時30分、今は4時だと思いますが、無料にしてほしい。一時保育料を考えてほしい。これも自治体によってはですね、こういう出し方をしているところもあるわけです。3歳未満、1時間につき250円とか、これは希望の金額でございますが、3歳以上は1時間150円という出し方もしているところもございます。これについて村としてはいかがでございましょうか。
○議長(白澤富貴子君) 教育次長。
◎教育次長(原勇一君) 先に保育園の開園時間のほうからでよろしいでしょうか。まず保育園の開園時間でございますけど、こちらにつきましては国が定める制度によりまして、短時間保育を利用する方は1日の保育利用可能時間が8時間となってございます。松川村につきましては、8時から16時までの8時間ということで決めてございますので、この時間外に保育を希望される方は、どうしても延長保育料がかかる、もしくは就労状況によりましては長時間保育、長時間保育につきましては7時から18時までの11時間の保育が可能になります。こちらのほうの利用をお願いするということで御理解いただきたいと思います。
 また、一時保育料につきましては、現在松川村は4時間ごとやってございまして、こちらにつきましては料金体系等を考慮したと思いますけど、4時間を基本に午前のみ、午後のみの利用がほとんどでございまして、こちらにつきましては預かるお子さんにつきましても1時間だけ預けたいという場合、最初の1時間は、ほとんど泣いたような状態でして、その後やっと保育できるというような状況もございますので、お子さんのことを考えていただくと4時間を1つの区切りとして預けていただくのが一番いいかと思いますが、今後1時間単位の保育等につきましても柔軟に検討はしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) 私もそう思います。保育士さんがどうしてもですね、確保するという、1時間で終わりですから帰ってくださいとか、そういうこともやっぱ村としてはなかなか言いにくいんではないかと思います。ですから、このことについてはまた御検討いただけることだと思いますが、よろしくお願いしたいと思います。
 次へ行きますが、すずの音ホール、なかなか借りられない。すずの音ホール応援団、ボランティアに入会特典をつけたらどうかと。現在ですね、このすずの音応援団に入っている方、20代の方はいらっしゃるでしょうかね。30代が一番若いんではないかと私は調べましたらなっているかと思うんですが。これはずっと続けていくことだと思いますので、若い方もバランスよく入れていただきたいなという意味で申し上げた項目でございますが、その辺はいかがでございましょうか。
○議長(白澤富貴子君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(古畑元大君) すずの音ホールがちょっと借りられないというお話もございましたが、今質問の御説明をさせていただきますけれども、社会教育団体に登録した団体等定期的に使っていただいておりまして、昼夜問わず、どこかの部屋を使っているような状況でございます。
 それから応援団でございますけれども、議員さんおっしゃるように若い方、30代の方が登録をしていただいております。特に今年に入りまして、協力隊員もそういったことで採用いたしまして、応援団を充実させようとしております。そういった関係もございまして現在73名の登録がございまして、今年になって5名ほどふえている状況でございます。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) そうですね。携わっていただける方、できるだけ年代ごとに幅広くやっていただければいいかなと、このように思います。
 次に行きます。これから建設中でございますが、子ども未来センターについてですね、これもこれからいろんな取り組みが委員会等であるかと思います。その中でですね、今こうした要望もお伝えしておけばですね、配慮していただけると、こういうことでお願いするものでございますが、子ども未来センターの中にですね、お日さまカフェ、これは大町市でやっているような内容でございます。子供が使えるホールとか支援ルーム、土日が使用できると。こういうことについて皆さんこういう関心がございます。このことについてはいかがでしょうか。よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 教育次長。
◎教育次長(原勇一君) では、今現在の計画を御説明したいと思います。
 まず、お日さまカフェでございますけど、お日さまカフェのように飲食の提供をするようなことはもともと考えてございません。2階に設置する子育て支援広場の中に簡単なキッチンがございますので、あとその隣接しました飲食交流ゾーンというようなものを設けます。そちらにつきましては持ち込みで飲食して、お子さんたちと団らんしていただければというようなスペースになってございますので、そちらのほうを利用いただきたいと思います。
 あと、子供が使えるホールにつきましては1階に遊戯室を設けます。こちらにつきましては、バドミントンコート1面の広さがございます。これとボルダリングコーナーといいまして、壁に突起物があります。そこを登っていくような遊具でございますけど、そちらを設けます。あとダンスの練習用に大型の鏡を設置しまして、自分の映る姿を見てダンスの練習等するような鏡でございます。こちらを設置する予定でございます。
 支援ルームにつきましては、2階に家族支援ルームを設けますので、そちらのほうを御利用いただければと思います。
 なお、施設の運営等につきましては、今後また検討していく予定でございますので、よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) かなり使いやすいというか要望に合った内容になっていると思いますので、ぜひとも進めていただきたいと、よろしくお願いしたいと思います。
 次に行きますが、ルーラルまつかわ公園の整備、空き家を安く貸してほしいとか、それからバーベキューなどやる交流場が欲しいと、このような内容がございますが、その辺はいかがでございましょうか。
○議長(白澤富貴子君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(古畑元大君) ルーラルまつかわ公園等は、社会教育のほうで管理していますのでお答えさせていただきます。現在、そういったバーベキュー等の交流場等や公園を整備するという計画は現在のところございません。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) 実はですね、これはどういった内容かといいますと、ルーラルまつかわについてはちょっと草の手入れというかが非常によくなくて遊びにくいと、こういうことでございますので、この辺のところは環境整備していただければありがたいかなと、こういうふうに思うわけでございます。
 空き家を貸してほしい、家賃は少しでも抑えたいという、こういう意味でのことだと思います。これはまた担当のところへ問い合わせていただければ、私は結構かと思います。
 このバーベキューの広場が欲しいということなんですが、これはですね、馬羅尾ですね、馬羅尾であれば、こういうことが今できるかと思うんですが、やはりですね、小さい子を連れてですね、熊が出たとかいうことがございますね、今ね。だから、小さい子供が行くとなかなかそういうことが不安であるということがあって、見通しのいい見やすいところにこういうものがあったらどうかと、こういう意味でございますので、こういうことも考慮しまして今後考えていただけるとありがたいのかなと、このように思うわけでございますが、もう一度すみません。公民館長その件につきましてよろしくお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(古畑元大君) 今、議員さんにお聞きして内容等はわかりましたので、またそういった御意見があるということで検討してみたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) ぜひお願いしたいと思います。いろいろな一部の意見でございまして、ここからですね、幅広く聞いていただくという意味ではですね、20代、30代の意見交換ができるような場所といいますかね、そういう機会がとれたら一番いいのかなと私は思うわけでございますが、その辺、村長いかがでございましょうか。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 若い人の意見が重要なんです。ぜひ考えていきたいというように思います。
 なお、小学校ですかね、ここで子ども議会というのをやった記憶があるんです。そういうことを今ちょっとやっていませんので、そういう中でもですね、中学生の意見を聞いてみればおもしろいかなという、いい意見が出てくるんじゃないかなというように思っておりますので、またできるだけ早く実施をしたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) 楽しみにしておりますので、ぜひよろしくお願いします。また、そういう機会とは別にですね、広く聞く意味でですね、アンケートとか調査ということも1つの考え方ではないかと思います。これ皆さんにですね、配布してアンケートをとるということは大変なことだと思いますが、無作為という方法、1つ、年代にですね、アンケートをお願いするという、そういう10人とか20人とか30人ですね。こういった1つのやり方もあろうかと思います。そうするとおよそのことは今の若い人たちは、こんなことを考えているんではないかとか、そういうことがわかるかと思います。そんなことも含めてですね、ぜひお願いしておきたいと思います。
 最後になりますが、総合的にお考えになって若い人の考え方、今まで一部紹介しましたが、これを聞いてですね、村長はどのようにお考えになるか最後に1つだけお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) それぞれ意見を全部取り上げるわけにはまいりません。これはもう全て議員の皆さん御存じだというように思いますけれども、松川村にとってですね、人口増の対策となるものについてはですね、できるだけ取り入れをしていきたいというように考えております。また、いい御意見がありましたら、ぜひお知らせをいただきまして、一緒に人口増対策を考えさせていただきたいというように思います。よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) ありがとうございます。ぜひともですね、一緒になって人口増を目指してですね、松川村が元気な村であって人が大勢いる村である、そういうように目指してまいりたいと思いますが、よろしくお願いしたいと思います。以上で終わります。
○議長(白澤富貴子君) これで、村への要望の質問を終わります。
 続いて、質問事項、介護休業制度の質問を許します。梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) この介護休業制度、改正育児・介護休業法、男女雇用機会均等法が平成29年の1月1日に施行されます。これは民間に宛てたものですので、自治体とはちょっと違うかと思いますが、その中で介護休業法についてのみ質問させていただきます。
 会社などで働く人がけがや病気によって2週間以上常に介護を必要とする状態になった家族を介護するため、雇用を継続したまま休みをとれる制度。勤務先に申請し対象家族1人につき最長93日取得できる。また、介護休業とは別に介護や通院の付き添いなどで仕事を休める介護休暇もある。これは対象家族1人につき年5日、2人以上は10日。
 介護をしながら働く人を支援する介護休業制度が2016年8月から順次改正されていますが、介護休業の利用者がわずか3.2%、これは2012年の統計でございます。介護の状況に合わせ利用しやすくしたと、こういうふうに政府は言っています。政府が掲げる介護離職ゼロに向けた1つの施策でございます。
 総務省の就業構造基本調査2012年によると、介護をしながら勤めている人が約240万人いる一方、年間10万人が家族の介護や看護を理由に仕事をやめている。いざというときのために、これは認識をしていただいて、よく皆さんもこのことはわかっていただいて、いざというときのために、こういうことを知識を得ていただきたいと、こういうふうに私は思うわけでございますが、質問をさせていただきますが、今現在ですね、村の規則はどういうふうになっていますか、よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 今、議員言われた内容と多少ダブる部分もございますが、職員が配偶者、子、父母、祖父母等の負傷・疾病などで14日以上の介護の期間を要するときで勤務しないことが相当であると認められる場合、連続する6カ月以内で必要と認められる期間が取得できるということになっております。
 なお、1時間単位でも可で、祖父母、孫、兄弟・姉妹については同居要件が現時点ではございます。以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) そうですね、今現在はそのような状態になっているかと私のほうでも認識しております。
 そうしますと、2016年のこの8月ですね、ここから介護休業給付金ですね、これがどのように改善されたかよろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 給付金が標準月額の100分の40から100分の67に引き上げられております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) つまりですね、今まで賃金が40%だったのが67%に引き上がったと、こういうことでよろしいわけですね。
 次に行きますが、この施行に伴います2017年1月からどのように改正されるか、これもお聞きしたいわけですが、介護休業の取得回数ですね、それから介護休暇、短時間勤務やフレックスタイムなど残業免除とか、介護対象家族の範囲ですね、これがどのように変わるかよろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 幾つかございますが、まず介護休暇の分割が3回まで可能となります。また、祖父母、孫、兄弟・姉妹の同居要件の撤廃ということがございます。また、1日につき2時間以下で勤務しないこととできる介護時間を最長連続3年以下で取得可能となることと、あと特別養子縁組監護期間中の子の介護が追加されまして、この場合はフレックスタイム勤務内での休暇取得も可となるという改善内容でございます。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) ちょっと民間とですね、公務員とはちょっと違う今現状になっていますので、今総務課長が言われたとおり、今現状だけしかお話がないかと思います。
 これが今民間向けにはどのようになっていくかということがですね、ちょっとこれはわかりやすいでしょうかね、こういう言い方をするとわかりやすいかと思いますが、介護休業の取得回数についてですね、今までは1回93日までだったのが3回を上限に93日まで、それから介護休暇というのは1日単位で5日、年5日でしたのが半日単位で年5日。
 それから短時間フレックスタイムのことについてはですね、介護休業と通算して93日まで利用というものが、介護休業とは別に3年間利用可能と、そしてですね、残業免除、今まではなかったもの、今度は新設、介護終了まで請求可能。
 それから今度は、介護対象家族の範囲というものがあるんですがね、これが配偶者、父母、子、配偶者父母、同居かつ扶養している祖父母、兄弟・姉妹、孫、これがですね、同居・扶養をしていない祖父母、兄弟・姉妹、孫を追加と、このように拡大されるということになります。これは今現在はですね、公務員のほうは今これに沿って進めているという段階でですね、総務課長、大変申しわけなかったですが、ちょっと言いにくい質問でございましたが、適切に答えていただきまして、ありがとうございました。こういうことでございます。ぜひともですね、しっかりこういう制度があるということを覚えていただいてですね、いざというときのために、こういう制度を使っていただけるようにしていただけたらいいかなと、このように思います。
 次にそうすると例えばですね、こういう制度によってですね、例えば休暇をとると、こういうことになりますと、やはりそのところに空白ができるかと思うんですね。そうすると、そういうときのためにですね、村の対応をちょっとお伺いしておきたいと思いますが、このようなときはどのような対応をするかということをお伺いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 対応といたしましては、現状では当然課内での事務分担の調整ということが出てこようかと思います。あと、臨時職員による対応となろうかと思います。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) ぜひともですね、皆さんがとりやすいようなことにしていただきたいと、このように思いますが、よろしくお願いしたいと思います。
 次へ行きますが、既にスタート、きょうからになっていますかね、広報でも放送していますが、このことを。通告はちょっと事前に出すものですから、そのタイミングではいつやるかということがわからないものですから、これをお伺いするわけですが、2016年度の2つの給付金のことについてお伺いしますが、臨時福祉給付金、障害・遺族年金受給者向けの給付金、この概要をちょっと説明をお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) それでは、お答えしたいと思いますが、この2つの給付金の関係につきましては、それぞれ国の政策によるものでございますが、まず臨時福祉給付金でございますが、平成26年4月の消費税率引き上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して給付するものでございます。支給対象者は平成28年度分の住民税が課税されていない方が対象となります。支給額は1人3,000円となります。ただし、住民税が課税されている方の扶養になっている方、それから生活保護制度の対象となっている方は対象外となる形となります。
 次に、障害・遺族年金受給者向け給付金の関係でございますが、この関係につきましては一億総活躍社会の実現に向けまして、賃金引き上げの恩恵が及びにくい所得が少ない障害基礎年金または遺族基礎年金等の受給者に対して給付されるものでございます。支給対象者は先ほど説明いたしました臨時福祉給付金の支給対象者の方で、平成28年5月分の障害基礎年金または遺族基礎年金を受給されている方が対象となります。それから、支給額につきましては1人3万円ということでございます。これにつきましても条件がございまして、本年5月2日から8月2日まで村のほうで受け付けを行いました高齢者向け給付金を受給した人は、この給付金からの対象外ということでお願いいたします。概要は以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) わかりやすく説明していただきまして、ありがとうございます。この臨時福祉給付金、これは申請が必要になる。案内が送られて、それから申請をしなきゃいけない。申請、どのくらいの方が受け取り、受給者ですね、それと今現在がどうなっているかだけ教えていただければありがたいですが。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) この関係につきましては、まず申請の関係につきましては、受け付け期間、本日9月15日から12月15日までの期間で受け付けを行うことになります。それからあと受給者の関係でございますけれども、支給対象になる可能性のある方につきましては、今週の初めに役場のほうから申請書を郵送したところでございます。郵送件数については1,310件ということで、人数とすれば1,762人ということでございます。この郵送件数の中には住民税の申告により支給対象になる可能性の方も含まれておりますので、お願いしたいと思います。
 それから、あと進捗状況については先ほどお話したとおり、本日から始まるということで、問い合わせ等は現在来ておりますけれども、これからということでよろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) 漏れのないようにぜひお願いしたいと思います。
 それと同時にですね、障害・遺族年金の受給者、こちらのほうは受給者数、進捗状況、同じかとは思いますが、どのようになっているかお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 受給者数の関係につきましては、村で把握できている対象となる基礎年金等を受給されている方は現在93名ということで把握しております。
 それから、この申請書類については臨時福祉給付金とこの障害年金受給者向けの給付金というものは一体となった申請書で、1回の申請書類で申請できるような形をとっておりますので、先ほどと同じように今週の初めにお送りしたところでございますが、あと進捗状況は期間等も先ほどの臨時福祉給付金と同じ申請時期でございます。9月の15日から12月15日までの期間を設けてございますので、こちらのほうも本日から受け付け開始ということで御理解いただきたいと思います。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) どうしても申請が必要になるものですからね、漏れのないようにと思って確認の意味でさせてもらいました。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) ちょっともう1点お願いしたいと思いますが、今の詳しい内容につきましては、きょう発行の「広報まつかわ」で住民の皆さんにお知らせしてまいりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) わかりやすく説明していただきまして、ありがとうございました。
 最後に大変申しわけないんですが、村長、介護休業制度につきましてですね、どのようにお考えになっているか、今後そのように進むと思うんですが、改正されていくと思うんですが、どのようにお考えになるか、ひとつよろしくお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 確かにすばらしい制度ということは私わかります。ですが、しっかり読んでいませんので、わからない面がありますけれども、これによって休暇を与えられますと残っている人たちがその分を負担しなきゃいけない。そのときに今私どもは平成16年のときに80まで職員定数を減らしてくださいという答申を私は受けておりまして、82名まで減らしました。実施の条例定数は95人です。大体100人に1人が適正な職員数じゃないかというように昔から言われておりまして、現在86名までの枠をふやしていただいてあります。80名まで減らせって言われたものを86名までしてくださいということでやっております。
 そういう中でですね、こういう体制がしっかり出てくると、それで本当に住民サービスができるかなということが心配になってくるわけです。できるだけ、私としては休まないでほしいということをお願いをせざるを得ないわけです。でも、そんなことを言ってられませんので、そのときは先ほど総務課長が申し上げましたように、臨時職員なりパート職員で対応をしていかざるを得ないというように思っております。いい制度でありますので、職員がしっかりと休暇をとって、それなりの人を面倒を見るということはやっていただきたいというように思っております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 梨子田議員。
◆4番(梨子田長生君) 村長の心配事もよくわかりました。大変ありがとうございました。以上で質問を終わります。
○議長(白澤富貴子君) これで、介護休業制度の質問を終わります。
 以上で、4番梨子田長生議員の質問を終わります。
 ここで11時まで休憩いたします。
                                 午前10時38分 休憩
                                 午前11時00分 再開
○議長(白澤富貴子君) 再開します。
 休憩前に引き続いて一般質問を行います。
 順位2番、9番草間正視議員議員の質問事項、少子高齢化の加速化と村の対応についての質問を許します。
 なお、資料配付の要望がありましたので、それを許可しました。草間議員。
◆9番(草間正視君) それでは2番目になりますが、質問をさせていただきます。少子高齢化の加速化と村の対応についてでございます。今年3月、松川村総合戦略として人口ビジョンが総務課政策企画係より発表がありました。その資料に基づいていろいろ質問をさせていただきます。
 まず、固定人口についてでございます。平成27年国勢調査人口速報集計結果からでございます。日本の人口は1億2,711万人、前回平成22年から94万7,000人の減少でございます。5年間で0.7%、年平均しますと0.15%の減でございました。大正5年の調査以来初めての減少でございます。
 長野県の人口は210万、前回から5万2,000人の減、2.4%の減。松川村の人口は9,950人、前回から143人の減少、率にして1.4%の減。これは県の2.4に比べますと1%少ない1.4%の減でございました。
 平成28年3月発行の松川村人口ビジョンより、年齢3区分の人口推移、年少人口1985年の1,680人をピークに減少、2014年1,300人を割りました。同様に15歳から64歳の生産年齢人口も減少、65歳以上は1,050人から増加を続け、2015年には2,900人を超え2.7倍、人口の3.5人に1人が高齢者の状況でございます。なお、全国平均は25.1%、松川村はそれを上回る28.6%でございます。
 今年の3月31日現在のデータによる年齢別人口、これは外国人が含まれています。ゼロ歳から14歳、年少人口は1,228人、2013年に比べて1,286人、58人の減でございます。15歳から64歳、生産年齢人口5,684人、2013年5,903人、219人の減でございます。65歳以上、高齢者人口は3,091人、2013年2,885人で206人の増となっております。2015年の松川村の合計人口は9,880人、高齢化率31.3%でございます。直近のデータから少子高齢化、生産年齢人口減少が村シミュレーションよりはるかに進捗していることがわかります。
 世帯数と世帯当たりの人口の推移を見ますと、世帯数は1970年1,515世帯、2016年の1月は3,773世帯、2,558世帯の増でございます。約2.49倍でございます。世帯当たりの人口は1970年が4.17人、2016年が2.66人、マイナスの1.51人でございます。読み取れることは核家族化、単身世帯の増加ということになります。
 住民届、移動届、出生の変化により、他の理由を除く出生とただ死亡の単純比較でございます。2013年度は松川村で生まれた方が76名、亡くなった方が95人、マイナスの19人、2014年が出生が63人、死亡が113人、マイナスの50人、2015年が出生が51人、死亡数が115人、マイナスの64人、3年間で133人の人口減ということになります。
 松川村人口ビジョン第1版を拝見すると、将来人口推移は国立社会保障・人口問題研究所のデータをベースにし、そこに松川村総合戦略に基づく諸施策を加えて人口減少に歯どめをかける。一言で言うと、こんな内容として理解してよろしいでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) そのとおりでございます。よろしいかと思います。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) ここで質問です。この施策の骨は出生率の回復、現状の1.45人を2020年度には1.6人に増加させるという純移動率と社会増減を増加させるの2本立てとして受け取ってよろしいでしょうか。
 2020年といえば残り4年しかありません。いいえ、そんな先のことでなく今年度から来年度にかけて具体的施策、つまり1.45から1.6人に率を上げることです。プライオリティーの高いものからそれぞれ2、3項目で結構ですが、提示していただけませんでしょうか。もちろん、それで他市町村を含め一朝一夕に具体化できるとは思っておりません。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 前段につきましてはよろしいかと思います。
 後段の御質問、お尋ねでございますが、松川村は現在進行中の重要施策もございますので、今、議員2、3項目ということですが、ちょっと絞れないという状況で、私のほうから取り組み状況をお話したいと思います。
 まず、新たな取り組みとしまして、先ほど福祉課長のほうから申し上げましたが、HAPPY BABYプロジェクトをこの8月から実施しており、新生児に対して木のおもちゃなどのプレゼントを始めております。
 また、こうのとり支援事業として、不妊治療費用の助成を継続して実施してきております。さらには子ども未来センターの建設や認定こども園への移行など保育、子育て環境の充実や保育料の大幅な減額、子ども医療費にかかわる福祉医療給付金制度の村独自の拡充など、子育て世代の経済的負担の軽減策については従前からの取り組みでありますが、今後も継続して実施してまいります。
 また、移住・定住促進の分野でございますが、地域おこし協力隊制度活用を図る中で、7月には空き家バンクを新たに開設し、移住者の受け皿となる空き家の情報提供を始めました。また、8月には松川村移住パンフレットを発行し、ホームページや首都圏の移住相談窓口などで配布を始めたほか、都市圏での移住相談セミナーを年内に3回実施し、松川村へ移住を考えている方への直接的なPRを実施しているところでございます。以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) ただいま総務課長より御答弁をいただきましたが、他の部署の方で何かそういう施策がありましたら、ちょっとお答えをいただきたいと思いますが。
○議長(白澤富貴子君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 他の関係でございますが、人口減少対策のうち移住・定住人口の増加策の1つでございますが、土地開発公社におきまして昨年度から新規宅地造成を取り組んでいるわけでございます。28年度、今年度につきましては13区画の区画を造成するべく現在事業のほうを取り組んでいるところでございます。なるべく早くにそういった造成したところを村外の方、または村内の方も対象になると思いますが、住宅を建設していただき、早く村民として村で生活していただきたいということで取り組んでいるところでございます。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) どうもありがとうございました。以上で、主としての固定人口の施策について、安定施策についての質問を終わります。
 続いて、流動人口の増加策についての質問をさせていただきます。流動人口の増加策について、今までの質問は固定人口、増加でなく歯どめだと思います、についてでした。私は地域活性化を軸に考えた場合に、既成概念だけではどうしても限界があると思うわけでございます。各自治体が我が松川村とほとんど同じような施策を検討しているはずです。だから、流動人口増加策を早急に作成、実行すべきだといつも思っております。結果として、村の経済活性化につながればよいんじゃないかということになります。このような3次元的発想については、村長はどのように受けとめられていますか。流動人口も固定人口と同じ重要だということについてでございます。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) おっしゃるとおりなんです。流動人口も固定人口も松川村へ、固定人口はもうここへ住んでもらわなきゃいけない。流動人口は松川村へ来ていただく、昼間だけでもいい、夜だけでもいい、そういう人口をどうしてもふやしていかなきゃいけないというように思っておりますので、努力はしたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) その流動人口についてちょっとお話をいたします。8月11日、韓国始興(シフン)市から小学生20名程度が我が松川村に研修旅行に1泊し、響岳太鼓の演奏や七夕飾りを体験し、民泊して国際交流が行われました。我が家には始興市役所の国際交流チームの妙齢の女性が4名宿泊し、日本酒を交えて言葉は余り通じませんでしたが、身ぶり、手ぶりで我が家の家族ともども非常に友好的な一夜を楽しみました。
 しかし、私も現役時代海外に何度か行きましたが、国によって習慣や道徳観の違いを改めて勉強不足と実感をいたしました。例えば韓国の場合は御飯茶わんを手に持って食べるのはマナー違反とかいろいろほかにもありました。松川村は平林村長が率先垂範して、台湾の鹿港鎮との国際交流を実施してから何年になりましたか。4年目だと思います。日本でも近年インバウンドという言葉が一般化し、為替レートの関係もあって中国人による爆買いなどで東京の秋葉原の電気店などすさまじい風景がテレビでしょっちゅう放映されていました。
 そこで、この近くでインバウンド対応で先進的な白馬村あたりの実態を見ようと、8月10日、白馬村観光局を訪問し、たまたま在席しておられました伊達営業プロデューサーと吉沢メディア国際営業担当にお会いでき、いろいろな体験談をお聞きしてきて、飛び込みでしたが有意義な時間でした。
 この中でこんな話をしてくれました。なお、観光局には職員が12、3名在席しておりました。現在、黒部ダムには年間100万人の観光客が来ています。このうち40万人がインバウンド客です。この人たちの観光ルートは北陸から白馬、黒部ダム、中央道で東京なり名古屋に帰っていくと。ほとんど松川村をスルーして行ってしまうと考えていいですよと。もったいないですねと言われました。
 そもそも白馬村にインバウンド客が大幅にふえたのは2003年、スキーが下火になって旅館業の尻に火がついたとき、宿泊業者約130件だそうですが、そのグループをつくり上げたことです。ボトムアップで成功、トップダウンでは多分失敗したでしょうと。観光事業は一市町村では成立しない。現在、糸魚川、上越、白馬村、大町市で連携し、インバウンド誘致戦略会議をスタートさせた。実際問題、白馬村の基幹産業は観光であり、ここがこけたら限界集落になるのは時間の問題という危機意識が役場職員全体に浸透している。だから、彼らが語っていた言葉には真実みが強く感じられました。松川村の基幹産業は米であり、リンゴであることは十分承知しております。
 長野県では、県国際観光協会がインバウンドに関する指導をしてくれるとのことでした。固定人口の増加はほとんど不可能だと思います。しからば、地域活性化をどう行えばよいか。それは地域外から外国人を中心とした流動人口増加策を早急に検討したほうがいいですよと。松川村さんも当然同じベクトルと考えたほうが間違いないと思いますとの助言をいただきました。
 先日、地方創生推進交付金の説明がありました。その中で安曇野市、池田町と一緒になって輸出を契機として外国人旅行者誘致による観光業振興の説明がありました。白馬、大町、松本に来ている旅行者を引き込み、そんなことを白馬の担当者が指摘されたんじゃないかと思います。こんなこともあって、固定人口、ただいま流動人口増加策の質問をさせていただきました。
 前段のインバウンドに対する言語の問題ですが、ここに白馬村の村長挨拶、松川村の村長のメッセージがあります。白馬村の村長のメッセージには英語訳がついており、平林村長にはついておりません。今インバウンドで多いのは英語圏のほかに中国語、中国語にも2種類あるそうです。繁体と簡体というものがあって、繁体は香港、台湾、マカオ、簡体は中国本土とシンガポールだそうです。ほとんどの観光地やパンフレットには載っています。
 ここで質問です。村長からのメッセージにせめて友好都市である中国語、繁体ですね、の翻訳文など掲載する気はございませんでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 決算のときもお話した内容ですが、昨年度の村のホームページの改修によりまして、ホームページ全体を世界の言語に翻訳できるよう、そういったサービスを導入しております。現在、英語、中国語、台湾語、ポルトガル語、ほかにもありますが、世界各国の言語に翻訳が可能な状態でございますので、議員御確認をお願いしたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) それは大変失礼をいたしました。ちなみに村内でインバウンドの対応のサービス業が唯一ありました。しかも大変きちんとしたものです。それは安曇野ちひろ美術館のホームページで5カ国語翻訳です。もっともお話を聞けば既に何カ国かに随分前からアプローチをされているとか。インバウンド事業に対するすばらしい感性を持った仲間が近くにいるわけです。今後は行政もよい意味でちひろ美術館等のノウハウを学ぶような職員研修などをされるのはいかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) ちひろ美術館のそういった意味での評判は私も存じております。現時点では計画はないわけですが、以前すずむし荘でちひろ美術館と合同で研修をやった経緯もございますので、ちょっと調査させていただいて、今後可能であればそういったことも検討してまいりたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) それともう1カ所ありました。すずむし荘の観光予約申し込みに英語の記入欄がありました。白馬村の事例を参考にして松川村も観光協会のホームページなどに英語、中国語、韓国語等のですね、案内をするようにしたらいかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) 私ども観光協会のほうで事務局としても入っておりますので、その関係でお答えさせていただきますが、以前にやはりそういうものを検討した部分がございまして、ただ外国語当たりですね、70万ぐらいから100万ぐらいそのホームページを改修するのにかかるというようなお話もいただいてございます。そういう中で、今後も観光協会を含めて検討してまいりたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) 今のこういう時代ですので、ぜひ前向きに検討をしていただきたいと思います。
 続いての質問です。今の質問とやや関連しますが、拡充された安曇野ちひろ公園内を回ってみても、国道よりちひろ公園への案内板、主力建物や掲示板に日本語以外の言語が見当たらないのはちょっと時代おくれではないでしょうか。このようなことへの対応は、今が一番いいチャンスだと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) この部分につきましても、ちひろ美術館と相談する中でフロアマップなど英語表記されていることから、今後そのような形を公園のほうもやっていきたいというように思っております。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) ぜひ早急に御検討いただきたいと思います。
 もう1点、松川村には今後急に空き家が増加することが予測されます。そこで、この有効活用としてIターンなどによる固定人口増加策を考えられますが、加えて空き家の有効活用策として例えば民間企業との連携を考え、インバウンド需要に対応する民泊的な施設として機能を持たす等の施策を考えてみるのもよいではないかと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) まず、村の現状をお話いたしますが、約100件を空き家として把握してございます。そのうち居住が可能で所有者が特定できた物件52件を対象に所有者の方に意向調査を実施いたしました。その結果、これまで10件が賃貸あるいは売買などに応じていただけるという御回答をいただいております。現在、宅建協会と連携しながら空き家バンクに3件が登録され、村及び県でやっております楽園信州のホームページに、そういった情報を掲載しているところでございます。
 インバウンド事業に対しての空き家の利用という今、議員からのお尋ねでございますが、現在村でも移住・定住施策の一環としまして、お試し田舎暮らし体験などの事業を検討しているところですが、正直申し上げまして活用できるような物件がない状況でございます。
 今後は空き家対策と移住・定住施策、これを並行して推進していくわけですが、今後活用できる物件が確認できれば、議員の御提案の民間企業との連携も含めて検討してまいりたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) 以上で少子高齢化と村の活性化についての固定人口と流動人口の2つの視点からの質問を終わります。ありがとうございました。
○議長(白澤富貴子君) これで、少子高齢化の加速化と村の対応についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、まち・ひと・しごと創生松川村総合戦略(第1版)の質問を許します。草間議員。
◆9番(草間正視君) 先ほども申し上げましたとおり、今年の3月、松川村総合戦略の第1版が発表されました。総合戦略の基本目標と数値目標、総合戦略の施策の展開と具体的な事業及び評価指数をKPIに従い、項目の内容について質問させていただきます。
 なお、質問内容は基準値が27年度に対して、この4月から5カ月経過した28年8月末の数値の増減を質問しますのでお答えください。質問事項で、進捗状況に対する担当部署の所感をいただければありがたいと思いますので、お願いをいたします。
 まず初めに、地域の賑わいと活力ある産業の創出でございます。村内企業就業者の増加、基準値が2,251人ですが、その現在の増減の人数、製造業者17社が現在の数、認定就業者数3人が現在の数と。以上、お願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) それではまず最初に、村内の企業就業者数でございますが、今、議員おっしゃられましたように基準値が2,251人でございます。目標値が2,300人に対しまして、今現在で2,439人でございます。目標は達成してございますが、この後も重要な項目ですので、さらにふえていくように進めていきたいというように思っております。
 製造業者数でございますが、基準値が17で目標値が18社でございますが、現在は17社ということで、これからさらに頑張っていきたいというように思っています。
 認定新規就業者数でございますが、基準値3人に対しまして目標値が10人でございます。8月末現在で6人ということで順調に伸びているので、これからも引き続き頑張っていきたいというように思っております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) 今年の4月からで、既にこれから4年後の数値を達成しているということで非常に心強いと思います。
 続きまして、美しい田園風景とともに暮らす魅力ある村づくりでございます。転入、転出のバランス34人が基準値ですが、現在いかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) 34人の基準値に対しまして、27年度では13名増で未達成という状況です。この8月31日までの差でありますが、こちらにつきましてはマイナスの28人ということで、大幅な減という状況でありますので、そんな状況でございます。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) 転入、転出というのは村でどうのこうのできる問題じゃないと思いますけれども、ぜひ御努力をお願いしたいと思います。
 次に、魅力ある観光の振興でございます。外国人の宿泊者数、農家民泊の宿泊者数、これの8月末現在の数値を教えてください。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) 外国人宿泊者数につきましては基準値が33人で、目標としましては50人でございますが、8月末現在で72人ということで目標を達成してございますが、さらに外国人宿泊者がふえるように進めていきたいというように思っております。
 農家民泊の利用者数でございますが、基準値1,606人に対しまして目標値は1,800人でございます。8月末では1,698人と順調に推移しておりますので、これもこの後進めていきたいというように思っております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) ありがとうございました。
 続いて、特色ある農業の振興でございます。農業生産法人基準値が5でございます。それと特別栽培米の作付面積43ヘクタールですが、それと新規販路拡大件数、基準値がゼロなんですが、ここらはいかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) まず、農業生産法人数でございますが、基準値が5件に対しまして目標値が6件ということで、8月末現在で6件ということで達成してございますが、平成30年度からの政策も含めて、さらにこれがふえていくように頑張りたいと思っております。
 あと、特栽米の作付面積ですが、43ヘクタールが基準値でございますが、目標値は50ヘクタール。これは8月末現在で75ヘクタールということで、これも目標を達成してございますが、作付と同じように平成30年度からの米政策の中で、これもさらにふえていくように進めたいと思います。
 新規販路拡大件数でございますが、基準値がゼロ件で目標値が2件でございます。これについてはまだ残念ながらゼロ件でございますので、これから頑張っていきたいというように思っております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) ありがとうございました。
 続いて、村の魅力向上による人口定着。若者を中心とした都市圏からの移住・定住の促進でございます。現在実施している具体的内容があれば御報告をお願いしたいと思います。まず、移住相談件数、移住相談による移住世帯数、空き家バンクの閲覧者数、地域おこし協力隊の数、空き家への入居者数、以上をお答えください。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) それでは、これは8月末現在の実績ということでお答えをさせていただきます。移住相談件数は現在20件でございます。移住相談による移住世帯数はゼロ、空き家バンク閲覧者が104件、地域おこし協力隊員数は8月末現在では8名でございます。空き家への入居者数はゼロでございます。
 あと内容ということでございますが、既に実施しているところでは、この4月以降空き家バンクの開設、移住・定住支援パンフレットの作成、移住セミナーへの参加などを行っております。今後も継続して努力してまいります。
○議長(白澤富貴子君) 草間議員。
◆9番(草間正視君) それぞれお答えいただきまして、ありがとうございました。細部にわたり報告をいただき、あわせて進捗状況に対する所感をお聞かせいただきありがとうございました。特に後段の総合戦略に関してはスタートして間もないので、既に目標を達成したものも幾つかございますが、短期間での数値の評価は困難だったと思います。平成31年の目標値を達成できるようそれぞれ各部で御努力をお願いをしたいと思います。
 しかし、今はネットの時代です。数多くの村民の皆さんが関心を持って村からの情報提供に期待もしているとお聞きします。広報等の活用で、できる限りリアルタイムでの情報開示をお願いいたしまして、私の質問を終わります。
○議長(白澤富貴子君) これで、まち・ひと・しごと創生松川村総合戦略(第1版)の質問を終わります。
 以上で、9番草間正視議員の質問を終わります。
 ここで午後1時まで休憩します。
                                 午前11時32分 休憩
                                 午後 1時00分 再開
○議長(白澤富貴子君) 一般質問を行います。
 順位3番、11番百瀬 清議員の質問事項「活性化センターセピア安曇野」についての質問を許します。百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 一般質問の前に、こっちのほうに資料としてありますから、それを今まで配られたものと、それから県の出たものから調べたものを一緒に間に差し入れて、約9枚ほど入れていきたいと思いますが、よろしいでしょうかね。こういうものでございますが。
○議長(白澤富貴子君) はい、それを許します。
◆11番(百瀬清君) よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) それでは一般質問をさせていただきます。まず、質問事項のセピア安曇野についてですが、つまらない内容ですが重要な質問です。これはセピア安曇野という施設がまだあるのかないのかついてお聞きしたいと思います。というのは、3月11日付の松川村観光協会のブログのタイトルに、セピア安曇野が「安曇節会館になります」とあります。そして、「JR信濃松川駅前にあるセピア安曇野が4月より安曇節会館と生まれ変わります。」
 一方で、4月2日付の松本平タウンページには、「安曇野発祥の地・松川村は5日、緑町のJR大糸線信濃松川駅にある村活性化センターセピア安曇野内に、安曇節会館を開く」とあります。これは「広報まつかわ」3月号も同じく表現でございます。これとこれになります。
 これは受け取る人によって解釈が違うと思われます。ここで申し上げたいのは、同じ情報でしかも同じ発信元、これは村観光協会ですが、情報の統一が徹底されていない感じがするんですが、どうでしょうか。
 村民が長い間なれ親しんだセピア安曇野という名前はもうなくなって、建物全体が安曇節会館となったと理解してよろしいでしょうか。答弁お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) セピア安曇野というものは当然まだございます。安曇節会館という部分でございますが、その開館のセレモニーをですね、今年の4月5日にもやりましたので御存じかと思いますが、今まで使っていた部分、特に1階に展示室であるとかDVDによる紹介、あとは1階から2階の壁面にはですね、風景パネル等をそれぞれ展示しまして、セピア安曇野の中のその部分を安曇節会館として利用するのと、壁面にそういうような形で安曇節を知ってもらうんだという部分でございます。
 例えば道の駅についても、寄って停というような愛称がつくのと同じような形の意味で安曇節ということも含めて知っていただきたいということで、発信は観光協会なり村の商工観光が同じような発信をしていますし、広報やなんかに出ているのは同じでございますが、記者等がその話を聞いてどういう記事になるかというのは記者の主観も入りますので、そういう部分でニュアンスが違った部分もあるかと思いますが、そういうことでお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今説明を聞いてわかってきたわけですが、それではですね、今までの私の理解のもとに感想と質問に移らせていただきます。「広報まつかわ」の情報をもとにお話ししますと、今年4月5日、活性化センターセピア安曇野の中に安曇節会館が設立され、板取出身で医師の榛葉太生氏が制作し、大正12年、今から約93年前初めて披露した安曇節は、今では長野県でも相当広まっているように聞いております。松川村の歴史、伝統を次世代に継承するのにふさわしい場所だと思いますし、文化を大切にする村としても大変うれしく思います。
 ただし、その割に一般村民の関心がいまいち低いようにも感じております。これは私の期待が大きかっただけに、どうしてなのかと近所の人たちと話すこともあります。その1つは村民への宣伝のやり方ではないかと思うわけであります。そこで、セピア安曇野について少し質問したいと思います。
 従来あの施設ではいろいろな飲食施設が営業していましたが、結局どこも成功しませんでした。その意味でも安曇節会館で活用していただけるのは非常によいタイミングだったと思います。先輩議員にお聞きしたところ、あの建物の最初の目的が村の情報発信の場ということで、営利目的ではないとのことですが、現在もこれからもこの基本的スタンスは変わらないと理解してよろしいでしょうか。早い話、収入や利益が一切なくてよい施設だと考えてよいですか。まず、この点について村長のお考えをお聞かせください。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 設立目的は変わっておりません。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今、変わりないということでお聞きしましたので、わかりました。
 次に、安曇節保存会にはたしか村から年間80万円程度の補助金が支給されていましたよね。間違っていましたらごめんなさい。平成27年にセピア安曇野で維持管理費、メンテナンス費用等かかった経費はいくらですか。また、収支内容についても教えていただきたいと思っております。これが2番目の質問です。よろしくお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) 収入の部では使用料等で76万4,616円が入ってございます。支出の部では、平成27年度は駐車場の整備を行いまして、その工事費が783万5,940円、あと安曇節会館の改装が498万9,600円かかっております。総額で支出としましては1,509万9,562円となっております。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) よくわかりました。仮に建物全てが安曇節会館となった場合、今後あそこに観光協会を含めた村が出資する1年間の経費は総額で今大体聞きましたので、ありがとうございました。
 次に経済課、3月18日更新の安曇野ウオーキングマップについては、新しいコース案内だと思います。私も体調がよくなったらぜひ散歩コースにしてみたいと思いました。
 ところで、セピア安曇野の場所にセピア内そば処せぴあとありますが、今はないわけで、できればこれを消して安曇野会館と変更するか、セピア安曇野そのものの名前を消したほうがよろしいのではないでしょうかという提案を含めた質問になりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) そのような表記になっていたら大変申しわけないと思いますので、早急に変えたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) ありがとうございました。
 それでは次に行きます。セピア安曇野の位置づけですが、村が所有者で観光協会や安曇節保存会は俗に言うテナントのような位置づけではないかと思います。したがって金銭のやりとりのありなしは別にしても、契約書または覚書のようなものはありますか。その管理部署は経済課でしょうか。お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) 村が観光協会に補助金を出しまして、あそこの管理も含めてやっていただいているという状況でございます。それに対する契約書はございません。また、安曇節の部分で会館で出したものについても契約書等はございません。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今のところはないということですので、一言私のほうで。一応なければですね、担当課で作成し保管すべき必要な処理だと思いますが、いかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) ちょっと後で調整をさせていただきまして、必要ならば委託契約をしていきたいというように思います。時間をいただきたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 後でまた議会のときでも結構ですので、よろしくお願いします。
 次に、安曇節会館の利用状況と今後の有効利用についてお尋ねしたいと思います。ここは質問が4つあります。終わったところでお答えください。
 1つ、開館以降来館者は1日平均何人くらいですか。曜日、時間帯ではどんな特徴がありますか。2番目、村内、村外を含め主にどんな人たちが来館されてくれていますか。3番目、来館者の主な目的は何だと分析されていますか。4番目、オープン前に計画していたことと現状で特に予想外だったことはありませんか。この4点についてお答え願いたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) まず1番目でございますが、1日当たりということでございますが、大体月平均500名前後が見えられます。そういう中で日平均しますと、16人から20人ぐらいの間だと思います。ただ、時間帯ごとですね、細かく分類はしてございませんので、1日というような平均で御理解いただけたらと思います。
 2番目ですね、どのような人がということですが、当然安曇節に関係する保存会の皆さんも見えられますが、観光客、電車をおりた観光客の皆さんが見えられます。そういうことで主な目的というものもですね、やはり観光客の皆さんはあそこに寄ってみたり、松川の情報を知っていただいて、それぞれ目的地、ちひろなり目的地に行かれているのかなと。安曇節の保存会の皆さんはそちらで安曇節の関係で携わっていただいているのかなというように思います。
 あとオープニングとの違いという部分でございますが、観光協会、あそこに一番メーンでありますので、今の中では従来どおりというような考え方と、あと安曇節の部分を観光客の皆さんにも寄り広く知っていただくという意味では周知にはつながっているのかなというように考えております。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 4番目のオープン前に計画していたことと現状で特に予想外だったことはどんなことだったでしょうか。ありませんか。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) すみません、先ほど最後に答えた部分と同じですが、観光協会の部分と安曇節をそれに伴って広く知っていただきたい。村外の人にも知っていただきたいという部分で計画してございますので、その後利用者はですね、昨年と比べてそんなに変わらないわけですが、安曇節についても村外の方も、そこに寄った方は知っていただけたかなというふうには思っておりますので、当初の目的とほとんど同様かなと。今現在まだ5カ月ほどの状況でございます。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) どうもありがとうございました。それでは次に行きます。
 冒頭に申し上げた村民の関心の低さを少しでも向上するために、以下の2つの提案をしたいと思いますが、御検討いただければ幸いです。
 1、この施設を利用して定期的に次世代、例えば松川小学校や池田小学校の生徒たちに保存会員が先生になって、正調安曇節の曲や踊りの指導をする、こういう地域文化伝承を小学校、教育委員会などと検討して実行する。こんなことは考えられないでしょうか。
 2番目、また時間を決めて正調安曇節をスピーカーで放送し、JR信濃松川駅を利用する観光客や通勤・通学の人にメロディーを聞いてもらう、こんなこともPRの一環になるのではないかと思い提案します。
 安曇節会館に対する質問と提案は以上ですが、今のこの2点について答弁をお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 2番目について、外の人に向かってスピーカーで流すということはですね、昔ホームの上でですね、電車が着くたびに安曇節を流したんですよ。そしたら周りの人からうるさいという文句が出まして、これについてはやめた経過があります。議員がおっしゃることもいいというように思うんですけれども、周りの人が当時と変わってですね、安曇節をどんどん流せというように言ってもらえれば、やってできないことはありませんので、ちょっと時間をいただきたいというように思います。
 それから、1番のことについては教育委員会のほうから話をしてもらいますけれども、あそこへ小中学生を集めてですね、安曇節の話をするということがちょっと私は難しいんじゃないかなというように思います。あそこでは会員の方が踊ったり、また安曇節の話を観光客の皆さんが来たときに話をするとか、それとかすずむし荘へ泊まった人をあそこへ招いて話をするとか、というようにでもして使っていかなければいけないかなというように思っております。あとは教育委員会のほうお願いします。
○議長(白澤富貴子君) 教育次長。
◎教育次長(原勇一君) 今、村長が申し上げましたとおり、会館のほうではなかなかちょっとできないと思われます。文化の伝承という面では、昨年から小学校のほうへ保存会の会員の皆様に行っていただきまして、歌の指導を始めさせていただきました。あと小学校の運動会ですとか村民運動会で小学生が踊る練習等もしておりますので、そういう面で伝承をさせていただければと、これからもやっていきたいと思っております。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) ありがとうございました。なかなか難しい問題だとは思いますが、後でまた検討していただいていきたいというふうに私も思いますので、これでセピア安曇野についての質問は終わります。
○議長(白澤富貴子君) これで「活性化センターセピア安曇野」についての質問を終わります。
 続いて、質問事項、災害時の村の対応についての質問を許します。百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 次に2番目の質問事項をお願いします。これは災害時の村の対応についてです。自然災害にはいろいろな種類があると思いますが、最近各地で発生件数が一番多いと感じるのが豪雨災害ではないでしょうか。村内でも8月1日夕方からの集中豪雨で特に西部山麓の川西地区で、大水により水田や道路に多大な被害が発生しました。人的災害がなかったのは幸いでしたが、一歩間違えると大惨事になったかと思うと肝を冷やしました。私も8月8日、現地確認をしてきましたが、松川村は扇状地で幾つもの小さな河川が流れていて、堰堤が詰まったりして氾濫すれば予想もつかないような被害の発生も考えられます。
 最初の質問です。今回の災害発生で村内の被害状況はどの程度でしたか。また、応急的または抜本的な対策はどのように実施されていましたか、教えてください。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) それでは、私のほうから農業施設関係と林業施設関係のほうをお答えさせていただきます。
 まず、今回の災害でございますが、畦畔の崩壊が主なものでございまして、圃場への直接土砂の流入がなかったために農作物の減収はそんなになくてですね、約500立米ほどの土砂が流れ込みました。お米の被害としましては5俵程度かというように思っております。
 施設等につきましては、村で対応しているものは農業施設が7カ所、林業施設が5カ所となりまして、圃場1カ所を除き全て復旧工事が完了しているという状況でございます。
 なお、水路関係も含めた農業施設でございますが、全体で395万8,000円ほど復旧費、そして林業のほうでは5件で219万5,600円ほどという見積もりでございます。以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) よくわかりました。
 続きまして、次のものに入っていきたいと思います。ここに6月7日の信濃毎日新聞1面に次の記事が記載されていました。見出しに「災害時に建設 応急仮設住宅 県内17市町村 候補地未定」ということです。この時点で未定に該当する近隣町村では池田町、白馬村、生坂村が載っていて、私はびっくりしました。
 そこで、我が松川村はどうなっているのか、改めて確認させていただきました。さすが松川むらですね。候補地が確定していました。以下の2つのところです。それは南部会館の隣地広場と下水道処理場隣接のみどりのふれあい公園です。この場所は正しいですか。まず確認させてください。お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(太田健一君) この場所が正しいかという御質問でございますけれども、まず南部会館南側のグラウンドでございますが、この場所は浸水地域、それから土砂災害地域のエリアには入っておりませんので、適切かと思っております。
 それから、もう1カ所の浄水苑みどりのふれあい公園でございますが、こちらは高瀬川の浸水区域になっておりまして、こういった水の被害がある場合は対応ができないというふうに考えております。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今のその状況によっては適さないところというふうにちょっと承りました。
 そこでさらに質問ですが、過去に私も質問しましたが、糸静北でも糸静中でも今後30年間で震度7規模の地震が発生する確率は最大30%とも言われております。つまり、いつ起きても不思議ではない危険性があるわけです。
 さて、2016年2月15日更新の松川村地域防災計画にはさまざまな情勢分析がされていますが、この中にシミュレーションでは、仮に関係する2つの断層どちらが動いても震度7の地震で松川村の木造住宅全半壊が2,000棟以上、避難者数3,000人から3,400人の発生が予想されていますよね。これは県の調べのもので、この状態、長野県の中に2つの糸魚川北と中があるわけでございますが、そういうところで前回の同じような質問もあって、しつこくてすみませんが、このレベルの地震発生時、今、村にはどのような物資が延べ何人分、また何日分くらい備蓄されていますか、お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(太田健一君) 村の備蓄の考え方でございますけれども、人口の5%ということで計画をしてございます。何が幾つあるかというのがですね、手元資料がございませんで大変申しわけございません。
 それから、長野県が昨年公表しております糸静線全体が動きました被害想定が出ております。これは冬の18時でマグニチュード8.5、震度6強という想定でございます。松川村のほうで建物の全壊被害は170戸、死者は10名というふうに想定されております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) それにしても当面の避難所として、現実3,000人もの大人数を一時収容する必要があります。今考えられる村内公共施設で最大何人ぐらいの住民を例えば3日間程度使用する能力があるかということで、今それについてお聞きしたわけですが、その辺についてもしおわかりになれば、お願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(太田健一君) 現在、村が指定します避難所では5,600人、全体で使用人数となっております。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 5,600人収容する能力があると考えてよいということですね。
 次に、もちろん地域支え合いマップなどの活用で自助、共助が大前提になると思いますが、応急仮設住宅などは多分公助に頼る部分も多くあるはずだと思います。北細野地区の災害住民支え合いマップは、このようにつくられております。こういう状態で今現在も進んでいるんですが。
 続きまして、支え合いマップにしても各区単位では全て終了しているはずですが、問題はほとんどの自治組合がこれをもとに地域を回って、危険箇所などの実施確認はできていないはずです。しかし、いざというときの対応がうまくいかないと思います。
 先日8月28日、村全体の防災訓練が行われ、私も参加しました。初期消火などはいつもの流れでしたが、その後、各区単位で公民館などに集まり、役場職員の方も参加して避難所運営マニュアル、この3冊の本ができていたと思いますが、これでございます。これをもとに各区では自治組合単位でもっと具体的な行動基準をつくらないといけないと思います。
 そこで、年に2回程度はマップのメンテナンスを含めて、役場職員の皆さんに各区を手分けして担当していただき、実地指導をしてもらうようなことを考えていただきたいと、私のところへも地域の皆さんから強い要望もあります。これは各区役員と役場職員のコミュニケーションの場としても大いに意味があると思いますが、村長のお考えはいかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(太田健一君) マップの関係でございますけれども、現在全区で整備が議員おっしゃるとおり完了しております。
 メンテナンスの関係でございますが、随時行われておりまして、各区のほうから変更がありました場合は、職員のほうが要望があった場合でありますが、各地区公民館に出向きましてマップの更新等をしております。
 それから、自治組合単位での詳細な行動指針といいますか、そんなようなものということでございますけれども、防災訓練のときには必ずこの支え合いマップを使いました避難訓練をやっていただいております。今回やっていただいたところ、ほとんどの地区でありますが、特徴的な取り組みなどもございますので、区長会などを通じて周知をしていきたいと思っております。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今答弁の中に、そういうものを入れながらやっていくということをお聞きしたので、大変安心しております。
 次に、松川村の応急仮設住宅建設の問題ですが、東北の震災を見ても、なかなか復旧・復興に時間がかかります。
 そこで質問ですが、決められた2カ所のスペースには一体どの程度の人数が収容できるとお考えですか。どう考えても100棟規模の仮設住宅建設は無理ではないかと思います。したがって、公共用地の使用がベストだと思いますが、もし足りなければ民間企業の遊休スペースなども、万一の場合を想定して今から協力を求める交渉や協定も必要だと考えますが、そんな準備はされておりますか、担当部署の考えをお聞かせください。
○議長(白澤富貴子君) 統括課長補佐。
◎総務課統括課長補佐(太田健一君) 仮設住宅の候補地でございますけれども、先ほど2番の質問でお答えしました2カ所であります。それ以前は民間企業が所有している箇所1カ所が候補地として村のほうも考えておりましたが、売却になりましたために今回見直しをして2カ所になっております。
 それから仮設住宅のですね、お住まいになる期間でございますが、東北の関係を見ましても5年たった今でも数万人の方が仮設住宅にいるということで、かなりの長期化がもう完全にわかっております。民間企業の保有地ということでございまして、非常時には必ず検討しなければならないと思いますが、最大限公有地の活用をして、足りなければ民間のほうをというように考えております。
 それから、仮設住宅の戸数でありますけれども、約現在7,000平方メートルほどの公有地の敷地確保を2カ所しておりますけれども、建てる建物の形状といいますか、そんなようなものによって大分変わりますが、東北の関係を見ますと、約1戸30平方メートルぐらいの仮設住宅が大変多うございます。それから考えますと100戸は厳しいとは思いますが、それに近い数字を考えております。
○議長(白澤富貴子君) 百瀬議員。
◆11番(百瀬清君) 今そういうことを伺いまして、本当に地震というものは想像もつかない、予告もなくやってきますので、その辺をまたさらに村全体、村民も含めてですが、そういう情報は敏感に捉えながらやっていくということで、以上で災害時の村の対応についての質問は終わらせていただきます。
○議長(白澤富貴子君) これで、災害時の村の対応についての質問を終わります。
 以上で、11番、百瀬 清議員の質問を終わります。
 続いて、順位4番、8番平林寛也議員の質問事項、まち・ひと・しごと創生松川村「人口ビジョン」「総合戦略」についての質問を許します。平林議員。
◆8番(平林寛也君) 8番、平林寛也です。今回はまち・ひと・しごと創生松川村「人口ビジョン」それから「総合戦略」についてということで質問させていただきます。
 まず、この人口ビジョンと総合戦略がつくられた背景についてちょっと確認をさせていただきたいと思います。
 我が国は非常に物すごい、今まで経験したことのないような人口減少、少子高齢化が進行しており、地方ではその傾向が一層顕著になっている。本当に危機的状況だということで、こういう中で国においては、この危機感の高まりを背景に平成26年ですかね、まち・ひと・しごと創生法を施行しました。松川村としてもこれを受け、人口ビジョンを策定し、人口減少の克服と持続可能な地域づくりを実現するための基本目標と施策の方向性を示す村総合戦略を策定したという、そういう状況だと思います。
 総合戦略については27年度から平成31年度、5カ年計画で進めているということだと理解をしております。そしてまた人口ビジョンについてはですね、それぞれ自然増減、社会増減、それらのものをですね、ある程度しっかり数字をきちんと決めて、両方ともふえていくという想定の中で2060年に9,500人程度に人口減少をとどめたいと、そういうことだと思っております。
 人口ビジョンと総合戦略の関係についてなんですけれども、人口ビジョン、2060年に9,500人程度確保したいという、その目的を達成するために総合戦略ということで各施策がうたわれているというぐあいに理解をしているところであります。こんな考え方でよろしいでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) よろしいかと思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) それともう1点、総合戦略については5年で一応計画をされておりますけれども、人口ビジョンについては2060年まで何ら変わることなく、その目的、目標といいますかね、9,500人を目指していくんだということで、途中でですね、人口ビジョンの計画が変化してきた、少なかったりした場合にですね、それを変更するということではなくて、総合戦略を変更しながらこの2060年までの人口ビジョンはそのままいくという、そういう理解でよろしいでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) そのとおりでございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) それでは、通告に従いまして質問をさせていただきます。
 まず、松川村総合戦略5カ年の具体的な施策と評価指数、目標値の達成は可能かということで、5つ点を打った部分について、総合戦略について質問させていただきます。
 まず基本目標?−1ということで、この総合戦略ですね。これの中にある部分でお願いをしたいと思います。9ページというところにあるんですけれども、活力ある工業と個性ある商業の振興と誘致ということで、お願いをしたいと思います。重要業績評価指数、それから目標値などについてはですね、同僚の草間議員が先にお伺いをしておりますので、もう少しちょっと違った部分で質問をしたいと思います。
 商工会の支援についてお伺いをしたいと思っております。商工会の方からあるとき商工会としても経営者をやっぱり育てるということもどうしても必要になってくるだろうと。会社で働いてくれる人はみんな力を入れて、池工のリアルシステムもそうですけれども、一生懸命育ててくれていると。
 ただ、経営者の育成については非常に素質の問題もあったり、資質っていうんですかね、難しい部分があるけれども、やっぱり避けて通れない問題になっていくんじゃないかというようなことで、昔は商工会内部でそういう動きもあったというようなことはお伺いしましたが、今はそういうことも必要とされているんじゃないだろうかというお話をお伺いしました。
 商工会に例えば経営者の育成で直接村がですね、支援をするということはなかなかできないことだと思っております。商工会には今のところ村費でその指導員1名ですか、そしてまた不況対策の特別利子の補給ですとか、県・村・商工貯蓄制度資金保証料の支払いですとか、そういうことで一生懸命応援はしているかと思っておりますけれども、ほかにですね、何か商工会が活発に活動ができるような支援といいますかね、そういうことをお考えになっているのかどうか、具体的な例があればまたお聞かせいただきたいと思いますが。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 毎年、商工会のほうからですね、来年度これだけのお金がどうしても不足するから村で対応してほしいという要望が来るわけであります。それにつきましてはできるだけ100%対応をさせていただいております。
 それからですね、またこの4月からリフォームね、これについても復活をさせていただきました。それからプレミアム商品券等もですね、適宜やらせていただいているわけであります。そういう中で商工会の皆さんにはできるだけ村として応援をしたいと、しているというように考えております。
 ちょっと今、平林議員と今の質問の中じゃありませんけれども、7月の30日でしたっけね、池工の関係で池田町で人口の増加をどうしたらいいかというような話が、県の企画振興部長の小岩部長からお話がありました。あのときの結論は、特効薬はないとはっきり言われているわけであります。だからその特効薬を見つけるために、それぞれの市町村が頑張ってやっているんですけれども、今言われたように松川村は9,500人を維持していくのが大変じゃないかと。これも多分見ていただいたと思いますけれども、大町については今2万1,000あるのが1万7,000になっちゃうと、それから池田町についても今9,900あるのが9,100になるとかですね、そういう中で松川村はその減り率が一番少ないんです。だから、こういうようによそで推計していただいていますので、この推計を裏切らないように何とか皆さんの力を借りながらですね、人口対策を考えていきたいというように思います。
 それには商工会の皆さんが元気になってもらわなきゃいけないです。だから、村がいつも何とかしてやって、何をやってくださいってお願いしますけれども、そういうときにはですね、ちょっと頼み方が遅かったから、俺はちょっとできないわとかそういうように言わないで、本当はね、村も遅かったかもしれない。例えばね、8月の14日、15、16の盆踊り大会がありました。このときに私どもの頼み方が遅かったから屋台は出せないとかですね、こういうふうに言わないで、何とか努力をして俺たちもやるよという、そういう心意気を見せていただきますと、私どもというか村としましてね、あのとき無理言った、商工会から無理言われても何とかしようっていう気になるんですけれども、いやちょっと頼み方が遅いからできないわね、ああそうかい、じゃあすずむし荘へ頼めば何とかしてくれる。そういうことをここで言うと大変何というんですか、問題になるかもしれませんけれどもね、私は商工会の皆さんには、ぜひそういうときも頑張って、1人でも2人でも俺はこれだけやるで、村も手伝ってくれと。安曇節保存会も手伝ってくれって、こういう中でもってね、一緒にやってもらいたい。議会の皆さんと村は車の両輪だって言っていますけれども、商工会の皆さんだって同じように考えてもらえばね、もうちょっとまたいろいろ出るんじゃないかというように私は思っております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) 村長のおっしゃることはもっともだと思っています。26年ぐらいまでは530万円ぐらいの補助金だったと思うんですが、今は740、750万たしか補助金支出があったように記憶をしております。やっぱり村をどうしたら元気、活性化できるかという中では、やっぱり商工業の皆さんもですね、本当に頑張っていただかなきゃいけないなという気がしておりますので、それぞれイベント等もですね、商工会の皆さんも積極的に、観光協会も含めみんなそうだと思うんですが、積極的に参加をしていただいて、おのおの個人的にですね、自分の働ける部分というのも探して見つけてですね、一生懸命やってもらわなきゃいけないなという気はしております。
 そういうためにも今回こういう戦略というんですかね、いろいろ出てきていますし、国の交付金というんですかね、そういうものも用意をされているので、何とかやって元気を出していかなきゃいけないなという思いで私もいます。村長も当然選挙のときの公約の1つにですね、2040年には8,100いくらになってしまうと。何とか村を活性化して頑張っていかなきゃ行けないんだということでおっしゃっていたと思いますので、気持ちは全く同じだと思います。またよろしくお願いをしたいと思っております。
 それから、その次に13ページ、基本目標の?−3ということで農業についての振興、これについてお伺いをしたいんですが、新規就農者や後継者の確保についてということで記載があるわけです。新規就農者については、村としてもたしか3年間でしかたね、150万ずつ出しておられるということで理解をしておりますけれども、そういう方は就農する場所がある人にはいいと思うんですが、要はこれからそういう就農の場所を探して、村でやっていきたいという方をどうやってその支援をするか、金銭的な支援以外にですね、技術的な支援ですとか精神的な支え、そういう指導者的な農業者をある程度確保していかないと、新しい就農者はなかなか難しい、確保が難しいのかなと思っておりますけれども、具体的にはどんなぐあいに進められるかお伺いをしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) 農業経営といってもやはり多岐にわたると思います。村が中心の水稲ですと、やはりある程度生活するには面積があったり機械が必要になります。果樹や何かについてももう最初からその木を植える場所であったりとかそういうもの、初期投資が必要になります。そういうことを考えると従前からですね、農業改良普及センター、県でございますが、そこが新規就農の方の相談の総合窓口になってございまして、こちらに来られる方、新規にやりたい方がどういう形でやりたいかと。先ほど議員が言われたように、基盤を持っていたり家にある方は今みたいな実家であるとか、その仲間の皆さんの中でやりながら、そのお金をいただいてやれるわけですが、新しい皆さんは、まずそこの中でどういう形でやりたいんだということで、専門の普及センターの皆さんから各市町村にそれぞれどういうことで経営しているとか、経営者の皆さんと経営者の支援協議会みたいなものがございますので、どういう形でそこで研修してということをまずやります。
 そういう中で、ここである程度何年か一緒に経営者の皆さんの圃場なり何というんですか、経営の先にいってですね、自分はこういうことならできそうだということを考えながら、実際にその後はどうやってやっていけばいいんだということで、今度は住む家であるとか農業体系によっては土地であるとかも含めて研修先の皆さんと一緒に考えているという状況でございますので、村もそういうような形で一緒にやりまして、去年から今年にかけてですね、川西に新しい新規就農の方が見えておりますので、そういう形で広域的なネットワークを組みながら、普及センターの専門的な意見を聞いて、現地には専門の農家の皆さんがいる中で、そういうものを調整しながらやっているというような現状だと思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) 村の後継者、非常に厳しい状態にある。特に水稲農家なんかはそうだと思うんです。そういう中で米プラスワンという施策もうたわれているわけですが、なかなか高齢化して、その姿を見ている若い方たちは、あんなことならちょっと就農は考え直したいなというような、そんな雰囲気もあると思うんですが。ただ、救いは果樹の皆さんがですね、非常に頑張っておられて、後継者がふえているということで、大変ありがたいし元気をもらえるというようなところがあります。おかしなもので、そういう人たちが集まってくると仲間づくりっていうんですかね、そういうものができてきて、水稲で経営の苦しい人たちもですね、そういう元気さ、元気なところを見てですね、また一頑張りしなきゃという気にもなると思っておりますので、非常に後継者が順調に育っているところは自分のところだけじゃなくて周りにも好影響を与えているんじゃないかなと思っております。
 農業についても、松川村の基盤産業は農業だということで前から村長もおっしゃっておられますし、商工会の皆さんもあれですけれども、当然農業のほうもですね、しっかりまた頑張ってやってもらわなきゃいけないなと思っております。
 それからその次、15ページにですね、基本目標の?−1ということで、村の魅力向上による人口定着という部分がございます。それでですね、先ほども草間議員のほうから質問として出ておりましたけど、その次のページの重要業績評価指標のところに地域おこし協力隊員の数ということで出ているわけなんですが、私は数よりもですね、せっかくここに来てくれたんですから、人口増という、そういう言い方をすると大変失礼かもしれないけど、松川村が好きできてくれたと理解しているものですから、どうしても定住していただきたいなという、そういう希望を持っております。
 7月ですね、池田町で公民館大会がありまして、大北の5市町村の地域おこし協力隊の活動報告がありました。それぞれの発表者は地域に愛着を持って大変活発に活動している様子がよくわかりました。村にもですね、先ほど8人というお答えだったかと思いますが、現在いらっしゃるという中で、村と協力隊員の関係といいますかね、そこら辺をちょっとお伺いをしたいなと思いまして、隊員同士のコミュニケーションをつくるような場所が設けられているのか、あるいはいろんな仕事に対する不安ですとかね、そういうものを払拭するような指導体制ができているのか、あるいはこれから自立して村に定住したいという希望があれば、そういう相談に乗ってやっているのか、そこら辺お伺いをしたいなと思っております。お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) それでは、今数々のお尋ねがあったかと思います。ちょっと順番が前後するかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
 まず、現在活動している隊員につきましては、8月末現在8名でございましたが、現在7名ということで御理解いただきたいというように思います。
 それと支援というようなことも先ほどどんなということがあった、そちらのほうからちょっと話をさせていただきますが、現在活動している協力隊員につきましては毎月の報酬、また住居にかかわる経費、そのほかに活動にかかわる経費や定住に向けた研修にかかわる費用等で上限200万まで特別交付税の対象とされておりますので、定住に向けた研修会への参加ですとか、それにかかわる旅費、それぞれのスキルに応じた資格の取得経費の補助など、そういった支援を行っているところでございます。
 私も協力隊の皆さんと話す機会はあるわけなんですが、この前、隊員から定住に向けた具体的な相談や希望は現在ございませんが、起業や就労に関する相談には随時今後も応じてまいります。
 また、任期の最終年度とその翌年度に起業する隊員に対しては100万円を上限とした支援制度がございますので、そういった制度を最大限活用して、任期後の定住に向けた村としてもバックアップをしていきたいというように考えております。
 今、議員の言われた内容でなかなか村独自の協力隊員に対する施策というものは持っておりませんが、今後そういったことも当然定住に向けて検討していかなければならないというように認識しているところでございます。以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) この間の池田の公民館大会でですね、大北地域から5市町村ですけれども、協力隊員の皆さんたくさん来てくれました。都会から人材を呼び寄せてですね、多くの人がこの大北の地域に移住をしてきているという現実です。また、少子高齢化や人口流出が深刻化している中、こういった移住者は地域課題や地域づくりを考える上でキーマンとなるというような気もしております。
 それから、移住してきた隊員の皆さんというのは、今まで住んでいた方と違う視点を当然お持ちなので、そういうところでですね、やっぱりそういう部分を生かしていただいて、なるべく村を愛していただいて住んでいただければなというように思っておりますので、今後も協力隊員に対する指導のほうもですね、よろしくお願いしたいと思っております。
 その次ですが、現在人口増の施策ということで、開発公社を使って分譲をしているということで先ほどもお話があったわけですが、私は実はこれは提案みたいなものなんですけれども、公社の宅造についてはそれはそれでね、きちんとやっていただかなきゃいけないとは思っていますけれども、例えば公社の宅造地以外、村内にですね、家をお買いになったり、お建てになったりして村外からお見えになる方について、ある程度補助金というか補助をするような体制というのは難しいのかなと思って、そこら辺もまたひとつお考えをいただければというように感じております。
 例えば固定資産税の何年間の減免だとかですね、そういうことでもいいかとは思うんですが、村で今発行している定住支援パンフレットってありますよね。この後ろのほうにですね、松川村空き家バンクというところがありまして、この空き家バンクの情報については民間の宅建業協会の皆様に御協力いただいて、情報等伝えていただいたりしているという部分があると思うんです。こういうところをですね、宅建業者さん、民間業者の皆さんにお力を借りる中で、情報として松川村へ来たいという方がいればですね、松川村は村外から来た場合には、家を買ったり、建てたりした場合にはこういう補助がありますよということで宣伝もしてもらえばいいのかなと思って。逆にそれをすることによって、民間の業者さんも成績が上がるというようなことも考えられると思いますので、開発公社1本じゃなくて、そういう部分までもし可能であれば、手を広げていただければ大変ありがたいかなと思っております。また御検討いただければと思っております。
 それから、その次に26ページというところに基本目標?−1というのがあります。心かよわせともに暮らす協働の村づくり、ここにですね、自治組合加入促進についてという部分があります。これも基準値が77%で目標値が80%というぐあいに出ているわけですが、自治組合の加入者についてはですね、この人口ビジョンの中に各地域の行政区別人口の変化ということで調べていただいて記載があります。ここで読ませていただきますと、「都市部の人口は増加傾向だが、山間部の人口は減少している」というぐあいにあります。ここら辺なんですが、私も北部というところにいます。北部と鼠穴地区が一番少ない、減り方が多いということで載っているわけですけれども。これを見てみますとね、国道から東側についてはやっぱり人がふえている部分もあります。
 ただ、村部についてはですね、これ私の提案みたいなものなんですが、土地利用調整基本計画ということで農村ゾーンということでゾーン設定されていて、もう今のところ分家を出すぐらいしか宅地を確保することができないという状態であります。常に区長さん、区長会の皆さんからは組合の加入率が悪い、それから人口が減って非常に役が難しくなるということでお話もいただくんですけれども、この土地利用調整基本計画がある以上は隣組、加入はもちろんですが、ふえるということはない。ただ減っていくばかりだろうな。新しく居抜きで買って来られる方、あるいは息子さん、あるいは分家をされる方がたくさんいればですね、それは人口増とまではいかないけれども、維持できるんじゃないかなと思っております。そこら辺もですね、全部をやれということではなくて、ある程度区長さんたちの御意見を聞く中で宅地造成ができるような部分もですね、考えていっていただきたいなと。
 これは将来的な話になると思うんです。この総合戦略の中ではですね、土地利用調整基本計画があるおかげで、村の開発についてもきちんとやっております。道路の開発というか整備もきちんとできておりますということでうたっているものですから、相反するようなところがあるもんで、非常に矛盾しているかなという気はするんですが、本当に村部のですね、人口をふやすということを考えていくと、そういう手も考えていただかなきゃいけないのかなという気がしておりますが、非常に難しい問題だと思います。ちょっと村長の忌憚のない御意見お伺いできればと思いますが、お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 先に宅造の関係から申し上げますけれども、今、議員おっしゃられましたとおり私は公社ばかじゃなくてですね、一般の皆さんがやっていただいたものも考えております。12月の定例会の中で議案を出していきたいという考え方であります。
 ただ、居抜きのうちを買ってきたとかですね、そういうことまでちょっと今考えていないので、土地を買って、そこへうちを建ててもらう。そういう人は村内の人、村外の人ということを今ちょっと考え中なんですけれども、民間がやろうと公社がやろうと同じだけを出していきたいという考え方です。前から言っておりますように1人12万、5年で60万と。こういう勘定ですので、その損得を勘定すると絶対出しても来てもらったほうが得なんです。そういうことです。
 それから、最後の安曇野と言われているこの松川村は、この利用計画があるおかげに言われているわけですね。それと人口をふやすことだけを考えてやっていいのかなという気があります。ここのところは言われるようにね、迷うところですけれども、もうしばらく時間をいただきたいと。今それぞれ区長会に諮って、それぞれ地区へおろして、このままでいいか直したほうがいいかというところでやっていると、ほとんどこのままでいいって言ってきているんですよね。だから、今こういう状況であります。
 村部の人口が減っていると言われていますけれども、緑町も減っているんですよ。一番真ん中にいながら。これは人口が減っているから仕方がないと言えば仕方がないけれども、そこら辺のところもありますので、これ悩ましい問題であります。しっかりと考えていきたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) 北部なんかはですね、ほかの区と合併しろというような話がすぐ出るんですよ。お住まいの皆さんの御意見を聞くと、まだ何とかやっていけるからいいじゃないかというね、今まで自分たちだけでやってきたのを新しい枠組みにすぽっと入れるかというのは非常に不安があるというのはよくわかるものですから、行政側としてはそういう提案は当然のことだと思いますけれども、そこら辺もやっぱり住民の皆さんのお気持ちを考えていただいて、また進めていただければなんて、そんなぐあいに考えております。お願いします。
 基本目標の?−4というのですよね、広域連携強化による地方創生ということで載っておりますが、北アルプス連合のほうで大分当初進めていただいたような気はするんですが、松川村も大町市と連携協約というんですかね、結んでいるわけです。
 私は非常にこの広域で連携してやる事業というものは、これから各自治体人口が減っていく中でね、非常に重要な位置を占めていくというぐあいに考えております。ぜひ、これは進めていただきたいんですが、8分野やっておられるということで、やるというんですかね、そこら辺について今現状で動き出している部分についてで結構でございますが、ちょっと御説明いただければと思っています。お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) それではまず全般的なお話、またそれと総務課中心としたお話をまずさせていただきます。
 この連携自立圏では本年度地方創生加速化交付金と県による市町村の広域連携推進事業交付金を受けて、若者交流、結婚支援、移住交流、福祉圏域マネジメント能力強化、そういった分野で取り組みを始めているところでございます。
 具体的な内容でございますが、まず若者交流、結婚支援の分野では、6月25日に大町市が主催しますFM長野合コン大作戦に圏域市町村で相互乗り入れを実施いたしました。また、5市町村が連携した若者の交流イベントとして12月に大町市の空き店舗を活用して100人規模のクリスマスパーティーを企画しております。
 移住・交流の分野では各市町村の相談窓口による情報提供を連携して行うため、圏域の移住パンフレットを8月に作成いたしました。また、圏域全体で移住相談会の実施を行うこととし、8月28日に東京のほうで、これは松川村も参加いたしましたが、移住セミナーに参加しております。それぞれの市町村の魅力をPRするとともに、圏域全体への移住について相談を受けているところでございます。あと魅力体験ツアーというものも現在計画されているわけなんですが、開催に向けて検討中ということでございます。
 それと、圏域マネジメント能力の強化の分野では、本年度のテーマを行政不服審査法として7月に2回合同職員研修会が実施され、松川村から10名の職員が参加しております。また、圏域の相互乗り入れ職員研修事業では、各市町村が主催する職員研修に他市町村職員が参加できる体制をとり、年度内に14回の研修会開催を予定しております。松川村でも8月3日に、「災害とその対応」をテーマに信州大学の教授を招いて研修会を開催し、職員37名が参加、他市町村からも14名が参加しております。このほか、現在9つの分野で27事業について11の部会を設置し、連携自立圏の枠組みの中で取り組みが可能であるかも含めて各担当課長、また係長が参加して検討を続けている状況でございます。以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) 詳しい説明、本当にありがとうございました。どちらにしましても、各課長さんたちがそれぞれ出て行って会議をして決めてきていただいて、それをまた実行していくということだと思うんですが、非常に分野が広くてですね、仕事量がふえていくわけですけれども、何とかこれから1つの自治体だけでは不可能な部分というのは必ず出てくると思いますので、5人の課長さんになるわけですかね、よくわかりませんが、5市町村ですと。大勢の皆さんと相談しながらぜひ連携協定というか、それにのっとってですね、頑張っていただきたいなと思っております。こういうことを少しずつでもやっていかないと、元気が出ていかないのかなという感じを受けております。それでは、期待をしながらエールを送りたいと思っております。お願いします。
 それから、次のページの通告の2番のところにですね、松川村総合戦略の実施や実現に向け、その指標の達成について評価・検証を行い、また修正もするとなっていますが、いつ、どのように行うのでしょうかという、そういう質問であります。
 総務課からの議会に対する説明の中では、これは地域づくり推進委員会が担当をしてやっていくんだという説明を受けております。PDCAサイクルというんですかね、そういうことをやっていくということであります。ですから、検証をし評価をし、それで新たにアクションを起こしていくということだと思うので、これ実はですね、この地方創生の各施策を全てチェックをしていかなきゃいけないという部分だと思っております。
 これはいつ、1年後ぐらいに毎年のように見直しをかけていくのか、そこら辺で地域づくりの皆さんがまずやっていただいて結果を出していただくという、そういうことになるかと思うんですが、問題としては私は1年は1年でサイクルはいいと思うんですが、余りにも仕事量が多いというか項目が広域にわたっているものですから、地域づくり推進委員の皆さんのですね、これに対する評価・検証については枠を広げていただいてやっていただいたほうがいいんじゃないかなというような感じも受けているわけですが、ここら辺はどのようにお考えでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 検証につきましては、当然まず担当課のほうで各政策の達成状況をまとめた上でということが大前提になろうかと思いますが、それと議員おっしゃられたとおり検証については単年度、年度単位、それはおっしゃったとおりかと思います。
 地域づくり推進委員会で当然検証ということになってこようかと思いますが、部会を設けることができるという、できる規定がございますので、そこら辺も今後の検討材料として、基本は地域づくり推進委員会ということでございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) 地域づくりの皆さんは本当にね、仕事量がたくさんで大変だと思うんですよ。村の重要な施策については、本当に一手に引き受けてやっていただいている感じを受けております。これをまた上乗せでなるわけですから、地域づくり推進委員会というものの増員みたいなものもね、やっぱりある程度考えていただいて、推進委員の皆さんが働きやすい環境をですね、ぜひ整えていただきたいなと、そのように思っております。よろしくお願いします。
 それから、最後に今後の予定についてなんですが、地方創生の推進交付金事業として28年度、今月末に安曇野市、池田町、松川村の部分について、先ほど草間議員からも御質問があったかと思うんですが、これについては9月末で申請をしていくという捉え方でよろしいでしょうか。
 それともう1つ、アクションプランと言われるものがこれからある程度出てくるような気がしております。ほかの計画ですね、そこら辺どんな状態なのか、可能な限りで結構でございますが、教えていただければと思っております。お願いします。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 前段につきましては、議員おっしゃられたとおり9月末の申請に向けて今進めているところでございます。安曇野市、池田町と3者でございます。
 後段につきまして、アクションプランにつきましては、一度各課からアクションプランのほうを作成し提出いただきました。今取りまとめて、さらにグレードアップといいますか予算編成も10月末迫ってまいっておりますので、これから仕上げといいますか、している段階でございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) いろいろ質問させていただきまして丁重にお答えをいただいたわけで、感謝を申し上げます。ありがとうございました。
 最後にですね、この戦略2つ、人口ビジョンと総合戦略ですか、これは国は別に強制的にやらなくてもいいんだよという言い方をしますけれども、各自治体で手を挙げなかったところはないという、そういう結果なようでございますけれども、私はこういうことは常日ごろ既に各自治体はやっていることだと思うんですよね。それをですね、交付金を出すからやれよみたいなね、交付金っていっても明らかにこれはひもつきですから、非常に私はこういう人口減少に追い込まれているね、将来が危ういときですから、やらざるを得ないということがよくわかるんですが、国のやり方としてね、今まで地方自治体でやってきたことに対して、ついこの間までは地方分権で国と地方は同等の立場だということを言いながら、こうなると明らかに上下関係ですよね。非常に見ていて目標達成数値を出せとかね、これ何というかすっきりしない部分が多いんですけれども、やらざるを得ないところに追い込まれているのかなということで納得せざるを得ないのかなと思っているわけですけれども、村長としてはそこら辺いかがお考えでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 本当にそのとおりなんですよ。同じ立場だって言いながらね、何にもしないところは金くれないよ、何かやるときは金くれるよ。長野県だけで考えても50万人の人口が減ると言っているんですよね。今220万が160万から170万くらい。そうすると単純に考えて77で割るとですね、6,000人以下の町村はなくなるんですよ。だから、みんな考えないことはないんですよ。絶対みんな生き残るために考えているんですよ。
 こういうことをまた言うと叱られるかもしれませんけれども、前竹下内閣のときに1億くれましたよね、各市町村へみんな。ばらまきだって言われたけれども。あれで自分たちの好きなようにやれって。こういうお金をね、今の市町村にくれればいいんですよ。そうするとね、みんな生き残りでね、その金を使ってどういうふうにする、考えるんですよ。いろいろ机上で考えたものを出してよこせ。それが気に入らなければ、国はこういうように直せ、こういうように直せって言うでしょう。私は、あんなことを言うよりお金1億なら1億くれるから、おまえたち生き残りを考えろ、それでこの結果をいつまでによこせと。こういうように私は言ってもらいたいんです。そうするとね、これは職員は死に物狂いでやりますよ。机上でやったってね、なかなか難しいというように思いますが、潰れないように何とか頑張っていきたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆8番(平林寛也君) 私も地方創生、竹下さんのやり方が本当は順当なことじゃないかなと思っております。新型交付税と言いながら、ひもつきの交付税だともう何にも意味がないなと思って、それならば普通交付税でね、上乗せでくれるぐらいの太っ腹なことがどうして国はできないのかなという気がしてしようがないんですが、どちらにしてももうやらざるを得ないというところへ追い込まれているという現実があるものですから、村長を初めですね、職員の皆様には仕事量が大変になるかと思いますけれども、ぜひ頑張っていただいて、村を引っ張っていっていただきたいなと思っております。本当にありがとうございました、きょうは。これで私の質問は終わります。
○議長(白澤富貴子君) これで、まち・ひと・しごと創生松川村「人口ビジョン」「総合戦略」についての質問を終わります。
 以上で8番、平林寛也議員の質問を終わります。
 ここで2時40分まで休憩いたします。
                                 午後 2時26分 休憩
                                 午後 2時40分 再開
○議長(白澤富貴子君) 休憩前に引き続いて一般質問を行います。
 順位5番、10番平林幹張議員の質問事項、総合戦略と地方創生事業につての質問を許します。平林議員。
◆10番(平林幹張君) それでは地方版総合戦略、それから地方創生事業ということでお伺いをしてまいりたいと思いますが、先ほどまで同僚議員のほうから村長の本音の部分までお聞き取りをしたというところで、非常に質問がしづらいわけでありますが、そうは言ってもこれだけの事業を進めている形の中で、現段階でもっての村の考え方をお聞きしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。
 最初に、地方創生事業、幾つかの形がでているわけでありますけれども、その関係についてまず先行型から中間的な形の報告をいただきたいということで、先行型につきましては先ほど同僚議員からありましたように、5事業のうちの総合戦略策定事業、それから先ほど出ました商工会の補助金かかわりの地方経済創生事業、この関係を除く3事業についてお伺いをしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 最初に、村民と協働による活性化事業、この関係の具体的な事業内容と総合戦略の中での重点課題、それからこの関係の成果についてお伺いをしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 村民との協働による活性化事業につきましては、まず地域活動活性化支援として5団体に対しまして157万円の補助金を交付いたしました。また、景観形成支援事業としまして、屋敷林などの維持・保全にかかわる経費について8件で60万円の補助金を交付してございます。
 この事業の目標値KPIでございますが、地域活性化活動件数につきましては10件の目標に対して5件ということでございました。また、景観形成件数につきましては16件という目標に対しまして8件ということでございました。いずれも達成には至りませんでしたが、村民との協働による地域コミュニティーの構築、また松川村の魅力の1つであります景観の保全に効果があったと考えております。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 非常に取り組みの中で、やはり村民に対しての周知、それからやはり進めていく中でのいろんな形があろうかと思いますけれども、引き続きそんな形の充実をお願いしたいと思います。
 次に、地域資源を有効利用した観光振興ということで、この関係につきましても具体的な事業内容とそれから総合戦略の中での重点課題、成果についてお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 地域資源を有効活用した観光振興事業ということで、村の観光資源や観光施設のPRと充実を軸に観光ノベルティーの作成、商談会の開催、農家民泊事業の推進、婚活イベントの開催などを実施するとともに、セピア安曇野を安曇節会館へ改修した経費や観光情報の発信ツールとして村のホームページのリニューアル、先ほども申し上げましたが実施いたしました。こちらはKPI目標値でございますが、観光客数の増加ということで、55万人に対しまして56万1,000人、達成でございます。農家民泊利用者数1,500人に対しまして1,606人、こちらも達成でございます。こういったことで目標値はクリアしたということで、非常に効果があったんじゃないかと分析しております。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 取り組みの中で重点課題ということをやっていただいたおかげということで、実績につきましては本当にすばらしい成果が出ているかなと思いますし、今後ともいろんな事業の中でもっての展開が必要になってこようかと思いますので、引き続きそんな形でお願いしたいと思います。
 次に、農産物販路拡大ということで、同じくこの関係の事業内容とそれから重点課題、成果についてお願いをしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 農産物の販路拡大事業でございますが、村の農産物として主に酒米やリンゴなどの販路拡大を図るため、酒蔵祭りや営農支援センターが中心となって実施する新規販路の開拓を支援いたしました。また、海外への販路開拓を見込み、台湾での村長によるトップセールスを実施しております。
 こちらはですね、KPIの関係、販路商談件数が5件に対して10件、達成でございます。新規販路件数2件に対しまして5件、こちらも達成しております。目標値はクリアしたということで、こちらのほうも先ほどと同様、効果があったんではないかというように分析しております。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) この関係につきましては本資金、推進資金にも大きくかかわってくる形があるかと思います。そんなことで先行型という形で十分にそんなことで達成が得られたという形の御報告でございますので、引き続きこれは本資金、推進資金にかかわってくるかなと思いますので、そちらのほうでまた続けてお願いをしていきたいと思います。
 続きまして、同僚議員からも出ておりますので、詳細はちょっと避けたいと思いますが、緊急支援交付金の関係についてお伺いをしたいと思います。文字どおり消費喚起ということで先ほど出ておりましたプレミアム商品券のかかわりでありますが、この成果の分析とそれから今後これをどういう形でもって捉えていくかということで、今後の展開がございましたらお願いをしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) まず事業でございますが、全体で商品券の総額が9,100万円でございます。そのうち2,100万円がプレミアム分ということでございまして、30%でございます。販売はご存じのように7月25日から販売次第売り切れということで、26日、翌日に終了してございます。期間が7月25日から1月20までということで、取り扱い事業者が112事業所でございます。最終換金状況でございますが、99.73%の換金ということでございます。未換金としましては492枚で24万6,000円ほど未換金がありましたということでございます。
 総括といいますか、検証でございますが、30%のプレミアというのは非常に魅力で、あっという間に売り切れて、各村内の商工業者等に非常に活性化につながったというような評価をいただいております。これは9,100万ということで、そのうち2,100万円分が村の部分もございますが、そういうことを考えますと非常に金額的には大きいものでございますが、予算等が、また国そういう新しい事業とかもろもろありましたら、前向きに取り組んでいきたいというふうに考えております。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 同僚議員からの話もありましたように、非常に村の商工会の活性化という点で非常に大きなウエートを占めてくるかなと思いますし、やはりこの地域が潤うという形の中では重要な事業かと思いますので、さらなる検討をいただいて、できるだけそういった形の支援を継続していただければと思いますので、よろしくお願いしたいと思いします。
 次に、加速化交付金の関係でございますが、文字どおり今年開園いたしました、村として10年に及ぶ長期の総合公園事業整備ということの最終年度、安曇野ちひろ公園の開園という形でこぎつけたわけでありますが、非常にこの間、村当局におかれましてはいろんな部分で御苦労をし、それからいろんな意味でPR活動もされ、それから中ではやはり知名度の高い美術館いわさきちひろさんと、それからそれにかかわりのトットちゃん黒柳さんを名誉村民、さらに山田洋次監督を招いてオープニングができたというところで、この間テレビ放映、それからPR活動、それから銀座NAGANOにおいてのパンフの配布、いろんな形の御苦労があったかと思いますが、開園までにこぎつけた部分での総括の中で、村で考えておられることがございましたらお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 職員がね、本当によくやった。私はそれ一言に尽きるというように思っております。あとはまた総務課長のほうから。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 今、村長からお褒めの言葉をいただいたわけなんですが、開園までについて総務課より関係している部分について御説明させていただきます。
 地方創生加速化交付金につきましては、議員も御存じのとおり、観光と農業の拠点づくりと人の流れの創出事業として、安曇野ちひろ公園の拡充を軸に現在も事業を進めているところでございます。これまで公園開園準備に関連した備品整備あるいは体験農園の整備、記念イベントの開催、観光ノベルティーの作成、新聞や雑誌、テレビ、ラジオなど事前のPR広告などを実施いたしまして、誘客を図ってきたところでございます。
 総括といたしまして、何といいましてもこの目的でございますが、観光客の村内における滞在時間、これを何としてもふやしていきたいと。それと村内観光関連施設数々ございますが、そちらへの経済波及効果、そういったことを考えますと、よいスタートが切れたんじゃないかというように考えております。
 あと補足といいますか、実は信濃毎日新聞への掲載広告が第46回信毎広告賞の特別賞を受賞いたしました。先ほどちょっと広告ということが出てまいりましたので言わせていただきますが、いただいた盾につきましては、総務課のカウンターのほうに設置してございますので、また議員の皆さんごらんいただきたいというように思います。以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) そうした総括をいただいたところであって、非常に好評なうちにという形だろうと思います。村長のお言葉の中に、職員がすごい頑張ったという形があるわけでありますが、ここであえてちょっと、確認をさせていただきたいなと思います。
 と申しますのは、もちろん職員は気違い的にそのことに取り組んでいただいたんですが、そのほかにここが開園までにさらにみんな、それを支える人たちが頑張った部分で開園にこぎつけたんではないかと私としては思っております。というのは、やはり中身のメニューであるとかサポーターの皆さん、それから地域協力隊員の方々、この方々も非常に開園までには、もちろん業者の関係ももちろんございますが、やはり開園までに関してはそうした尽力が非常に大きかったんではないかという形のお言葉がいただきたかったなかなと思います。
 と申しますのは、やはりここの事業自体、やはり村が推進をしていくというところでサポーターの皆さんに体験メールであるとか、あるいはトットちゃん公園の中身のあり方だとか、十数回にわたる会議、それから事前準備をしながら、また作業もそれに付随してやっていって、ようやく開園にこぎつけたという形で、サポート隊の皆さんからもそんな形でもって、私のほうへはそんな話がありました。
 そんな中で、やはり準備会議をやっていく上で村の考え方というのが、やはりそのサポート隊の皆さんにも浸透していなかったという部分の不手際が数々あったという形で聞いております。その辺でやはり当然職員は本当にいろんな意味でもって頑張っていただいたということはあるんですが、その中にやはりここを支えたサポート隊の皆さんの努力もあったという形がどのように受けとめられておるかという形でお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 言葉が足りなくて大変申しわけなかったです。おっしゃるとおりです。竣工式の折にも私はサポート隊の皆さん、地域の関係の皆さんに御協力をいただいてできたということを申し上げました。それから次の日のオープンのときにも協力隊の皆さん、サポート隊の皆さんにしっかりと支援をしていただいたと、ありがとうございましたということは申し上げてあります。ただ、この場でちょっと職員がということだけしか申し上げなかったので、言葉が足りなかったということでおわびをしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) すみません。そういう形でその中で私はもう1つ、役場というか行政の立場でそれぞれのサポート隊の皆さんに対しての指示的なところが、どうしてもその会議の中でも村としてこういうぐあいにやってほしいんだというところが、サポート隊の皆さんに伝わらない場面というのが幾つかあったということがあったものですから、ちょっとそこを申し上げたかったという、そういうところです。
 1つの例を申し上げますと、先ほど同僚議員のほうから例えばこちらの何というんですか、あくまで基本的にはボランティアですけれども、すずの音ホールのすずの音応援団のボランティアの皆さんの特典というふうな話がございましたけれども、ちひろ公園のサポート隊の皆さんも基本的にはボランティアということであるんですけれど、例えばもちろんその補助金のかかわりの中でひもつきということは当然あるわけでありますが、あの炎天下の中でいわゆる農作業あるいはいろんな作業が、除草作業から始まっていっぱいあったり、体験農園をつくるに当たってもいろんな形でもってサポート隊の皆さんが携わったわけでありますが、基本的にはボランティアということでありますけれども、その作業をやる段階でも村からの指示、挨拶も何もない中で、言ってみれば計画に基づいて準備段階としての作業を当然ずっと続けておられたり、あるいはサポート隊の皆さんの技術の部分についても、実際部分としては補足をし、それに携わるサポート隊の皆さんがいろいろな指導をしながら、ようやく体験農場もそんな形ででき上がったということで聞いております。
 そんな中で、言い方は悪いですけれど、あの炎天下の中でお茶一杯なかったということを考えて、自分たちで当然持ってくるのが当たり前だということがあるかもしれませんけれど、やはりその辺で、基本的にはもちろんボランティアだから当たり前だよということもあるかもしれませんけれど、そんな心遣いというか、その辺ができなかったものなのかという形で、これは1つは例えば、農業委員会が小学校をやっている中でもって、本当に委員長からお茶一杯もないのかという形でもって出てきたという話も聞いておりますけれども、少しその辺もお考えいただければありがたいかなと思うんですが、その辺はいかがでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 気がきかなくてですね、そういう応援隊の皆さんにもお茶の一杯も出なかったということにつきましては申しわけないというように、おわびをしたいというように思います。申しわけございませんでした。しかし、中間あたりから協力、サポート隊の皆さんにもですね、いろいろ手続をして出すようにという話は職員のほうへ申し上げてあります。そういう中で、最初確かにそうだったかもしれませんけれども、最後のほうはみんなに、それなりきのものはやらせていただいたというように思っております。それは言われてからやったのであって、言われる前からやれば今、議員がおっしゃるようなそういうことはなかったというように思いますけれども、以後の中で注意をしていきたいというように思います。すみませんでした。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) ありがとうございました。そんな思いは、何しろ成功させようとサポート隊の皆さんも、とにかく成功させようという思いはすごくあったんですが、そういった部分が私の耳に聞こえてきちゃったもんで、ここであえて村としてそんな形で考えておいていただければありがたいかなと思います。
 それでは、そういう形でもって立派に開園ができたわけでありますけれども、開園後に実際部分として、いわゆる来園者、それからいわゆる体験の関係、どの程度出ているか状況をお知らせいただきたい。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) まず入館者の人数でございますが、トモエの講堂、電車の図書室、体験交流館では7月に延べ1万3,800人、8月には延べ約3万人の方に来ていただきました。収穫体験、調理体験でも7月に163名、8月には730名の方が参加されました。以上であります。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) この数字は当初見込んだ数値なのか、それ以上なのか、その辺はいかがでしょう。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) 入館者については、当初その見込みということは基本的にはなかったものですから、先ほど言いましたように、オープニングセレモニー等を始めて広く周知できた中での伸びている数字かなと思います。これ自体の数字は今言ったとおりなんですが、ちひろ美術館さん自体が8月現在で昨年に比べて、昨年は3万人ほどでしたが、今年は4,000人ほどふえたということですので、そうやって考えると全体的に伸びているんじゃないかなというように思います。体験授業についても、それぞれの体験、やっぱり人気のある体験となかなか難しいものもございますが、ある程度は順調にいっているのかなというように思っております。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) そういう形でもって好評だという形がうかがえるかと思いますけれども、この先さらに魂入れをしていく中で、これから特に体験的な部分、それから訪問の部分の中で、ちひろ自体が閉館をしている冬期間、それからその間のこの公園の運用について、どのような形で考えておられるかということでお伺いしたいと思いますが、特に農業体験は、冬期間というのはなかなかメニューづくりの中でも苦心をしたということでもありますし、現況収穫の秋までは比較的いろいろな形ができるかと思うんですけれども、冬期間はなかなか、いわゆる体験型の施設については難しいかと思うので、その辺はどのような形で考えておられるのか。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) やはり今、議員が言われたように、当然課題の部分であると思っております。まだ正式に決定はしてございませんが、先ほどからお話がありました地域おこし協力隊の皆さん、そしてサポート隊の皆さんと相談する中で、青写真的なものは幾つかあります。例えばこれが実際やるかどうかは別としまして、冬場ですと凍り餅であるとか、野沢菜漬けであるとか、そういうようなものを含めて、今言われた皆さんと相談しながらやっていきたいというように考えております。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) ありがとうございました。当然冬期のメニューというのは難しいかと思うので、またさらなる検討をいただいてスムーズに年間の体験ができるような形でお願いしたいと思いますが、くどいようでありますけれども先ほどちょっと私が申し上げた、ボランティアに対してのいわゆる特典的な形が考えられるのかどうかというのを、ちょっと聞き落としましたので、そこら辺をお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) サポート隊ということでよろしいでしょうか。本当に毎日授業がある、例えば今ですとおにぎり体験であるとか、ほとんど交代で毎日来ていただいているものですから、非常に地域おこし協力隊の皆さんも含めて活発に意見交換ができております。トモエの講堂のほうも、やはり案内とか授業の中で活発に意見交換ができておりますので、サポート隊の意見を聞きながら、そして地域おこし協力隊の皆さんとも話をしながら、どういうことを一緒にやっていけるか、本人たちがそういうのを望んでいるかどうかは私もわかりませんので、それも含めて検討してまいりたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) ぜひそういった、いろいろな打ち合わせ会議があるようでございますので、そこでもって御検討したり、またお願いできればということでお願いしたいと思います。決して、基本的なボランティアということではあるんですけれども、周りから見ていてもそれに携わっている皆さんというのは、それぞれの経営を持っておられて、やっぱりそこの中でもって地域のことだからということで協力していただいているというところがあるもんですから、やはりそんなことが少しあれば決して、言い方は悪いですけれど、日当とかそういうことではなくして、やっぱり何というんですか、運営について丸投げということではなくて、全体がやっているんだというところがあると思うので、そんな形で少し気を使っていただいたりということであればありがたいかなと思いましたので申し上げました。
 それでは、次に新型交付金、いよいよこれが本筋というところになってこようかと思います。先日全員協議会の中で、本年度ついた496万8,000円の販路拡大調査部分ということでお聞きをしてまいりましたし、かつての地方創生事業の中での中身というのは事前にはお話はいただいてなかった、あくまで交付決定になってからという形になっておりましたので、その前ではいろいろな形でもって事前に事業の内容を、大枠をお示しをいただいたことに対しては非常にありがたいかなと思います。ずっと地方創生にかかわっては毎回質問をさせてきていただいたので、ここで改めて、この部分で事前に事業内容、そんな形をお示しいただいた部分ですので質問をさせていただきます。
 今回、非常に官民一体という形の中で、いわゆる行政間の連携というところがあって、池田町、安曇野市とともにこの事業の中で巻き込んでということでありますが、その趣旨の中で、基本的に農産物、特産品の輸出と、この事業に取り組みたいという形が事業目的の中にございました。
 そこで改めてお伺いをしたいのですが、この関係につきましては、実質上のTPPの中での体質改善策という形で、国の大綱の中でもって決めて、現状6,100億を1兆円まで輸出を伸ばすという施策という形でもって国としては考えている施策の1つかと思います。そこで、まずこの事業の取り組みに当たって、TPPに対してどういう整理をつけて、今まで村長としては基本的に中身の中では、当然農業分野においては厳しさがあるけれども、経済効果というところでは日本の将来を考える中でもって導入すべきところもあるという形でお伺いをしていますし、その中で長野県町村会の中では、基本的にはTPPは反対だよと、この線は立場上崩せないんだという形で回答をいただいておりますが、文字どおりこの事業を取り組むということになれば、そこら辺にある程度線を引かなければできないんだろうと思いますので、その辺についてお伺いをしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 基本的には町村会の立場で行きます。反対です。賛成というわけにはまいりません。ですが、村のものを輸出するのにTPP反対だから出さないという考え方は出さないという考え方はないというように思います。少しでも有利な販売ができれば、私はどんどんと外に持っていっていいというように考えております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) まさしく区分けをする、松川村の村民に対しての農産物にかかわってはという、そういう区分けをするという、そういう理解でよろしいでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 区分けというかですね、今安曇野市と池田町と松川と一緒になって、輸出がどういうようにできるか調査をしようということであります。調査をしてよければですね、持っていけばいいと思うんですよ。農業をやっている人たちは、よその町村だっていいと思うんです。持っていって、それで農民が生き残れるんなら、私はどんどんやるべきだというように思います。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) わかりました。それでは、その事業の中身ということでもってお伺いをしたいと思います。
 いろいろな部分の中で、中身についての品目の中で、食用米、それから酒米、それからリンゴについては、当然松川村の産物でもございますし、そんな形の理解をしておりますが、ワサビであるとか湧水であるとか、いわゆる湧水については多分湧水を使われるという形を考えておりますが、あえて池田町、安曇野市を何というか、選択した理由というか、その辺のメリットについてお伺いしたいと思いますが。というのは実情、大北においては、いろいろな意味のブランド化をという形でもって、大北におけるブランド化をして産地間競争に勝とうという形で取り組んでいる品目もございますし、それから例えばワサビについてはオカワサビをこちらでは使っているので、安曇野市さんのワサビとは違った形の中での展開もしている。さらに、酒米で言わせていただきますと、もちろん松川村は一大産地ということでありますが、例えば安曇野市を加えると有明の本当の一部でしかないわけで、そこでもって果たして、こちらのほうでいくと常盤、それから平、平は「ひとごこち」という品種が主体になりますが、そういったところの量的な部分と、それから生産コストが大きく違う行政を選択し、さらにそれを進めていこうというのは、何か品目的なメリットがあって抱き合わせでもって、いわゆる輸出形態に臨んでいくのか。やはり安曇野市の生産コスト、これとは大きく違いますし、それから池田町は特にそれだけではなくて、例えば今一番力を入れているブドウという、ブドウワインという形でもって戦略的に進めてくるという形があるかと思いますので、その辺でそうしたいわゆる安曇野市、池田町を加えて、松川の独自性をいかに出していくのかということも含めて、その辺のメリットについてお伺いをしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 安曇野市と連携する、池田町も含めてということかと思いますが、メリットという内容かと思います。まず安曇野市とは、1つ安曇野というこれは全国レベルのブランドだと思いますが、そういったものを共有しているという部分があろうかと思います。今回、推進交付金を検討するに当たり、これは議会の皆様にもお話したかと思いますが、7月に安曇野市から連携して取り組みたいという打診がございました。村でもこれまでリンゴを軸に農産物の台湾への輸出について模索してきたところでございますが、安曇野市側からお話いただいた内容と村が現在考えている施策の方向性が合致しているという面で、安曇野市と連携した取り組みを前向きに実施する方向で現在調整してきているところでございます。そこへ池田町も加わったという内容でございます。
 今回の計画では、米、リンゴ、日本酒、飲料水、これは松川村でございますが、品目も多岐にわたる点や、最終的な目的の1つとして外国人観光客の誘致ということが含まれているという点から、村単独での計画よりも広域的な連携の中で実施することのスケールメリットという点も判断材料といたしました。また、地域間、政策間、官民の連携による事業として、この推進交付金、有効に活用できるということも安曇野市、また池田町と連携を選択したことの1つでございます。ですので、安曇野市がワサビですとか、そういったことではなく、松川村は先ほど言いました4品目でとにかくやっていきたいと。その中でリンゴなんかは当然、安曇野市と共有している部分もございます。そういった内容でございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) そういった共通事項で、今少しお話がありました。例えば、そこにかかわる外国人旅行者の誘致という形で観光振興にも結べるという2の項目もございますが、その方法の中でもって、松本市、あるいは白馬村、それから大町市の観光客に誘導をかけるという、そういった字句もございました。やはり、観光資源というところで、例えば松本市が持っている観光資源という部分で、美ヶ原であるとか松本城であるとか、そういった資源がしっかりとしているところ、それから滞在の部分の施設もしっかりしているところ、大町市に至っては黒部アルペンルート初め、仁科三湖、そういった観光資源がしっかりしているわけでありますし、白馬村においては当然スキー場、それから夏のリゾートという形で、同僚議員の質問にもありましたように、あえて大北圏域から外れる形の部分で考えた部分の根拠というところが、そうであるとすれば、やはり大北スケールの中でもってできなかったのかというところがあるのですが、その辺の観光施設と、それから農業生産にかかわる生産物と品目的な部分と、それがどうしても一体型という形で合理的にはどうしても思えないのですが、その辺についてはいかがですか。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) 当然、大北広域圏とは今後もよきパートナーとして、特に北アルプス山麓ブランドという1つのブランドがございますので、そういったところとは連携をとっていく必要があろうかと思います。
 先ほど申し上げましたが、圏域は違いますが安曇野市とは、安曇野という、アルプスというのも1つのブランドかと思いますが、安曇野という全国レベルのブランドを共有しているということを先ほども申し上げましたが、そんな中で、安曇野市側からのアプローチでございましたので、なかなか議員のおっしゃることも重々この大北広域ということもわかりますが、なかなかアプローチがなかったと言うとちょっとあれなんですが、そんなようなことでお互いに接点を見出したということでございますので、御理解をいただきたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) そういう理解をした上で、今現段階でお話がいただける、いわゆるそれぞれの事業規模はどのぐらいを考えられておられるのか、お答えいただける範囲で結構でございますが、それにかかわって今回の調査費約500万という部分があるわけでありますので、その辺が今の段階でお知らせいただけることがありましたら。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) たびたび申し上げておりますが、この9月末に向けて今調整中でございます。特に松川村は、今まで輸出に関しまして全く知識、情報も持っておりませんでした。そんな中で、今回事業計画に含めている品目、お米、リンゴ、日本酒、飲料水などを対象にして、本年度につきましては台湾、これは村長も前々からこちらのほうを言っておりますが、台湾は相手国として仮定して、その品目の例えば市場価値、あと流通経路ですとか、そういった輸出にかかわる基本的な調査と、あと生産量など、供給側ですねこれは、そういったことについても、調査項目に含めておりまして、それらを分析の上、先ほど議員が言われた金額の範囲内でやっていくという内容でございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) やる事業自体が、非常に広大な事業でありますので、十分なそういった部分の調査をいただきたいと思いますし、その方向性をやはりきっちりとしたものをつくり上げないと、なかなかこの件については、どの県もどこの産地も常にやっているわけであります。
 特に、先ほど少しお話しましたブランド化というところでは、国内においては本当にロットがまとまらなければブランド化ではないよというところまで来ている形であります。まして、海外向け輸出ということになりますと、やはり量が問われる、量と質が問われるという形になってこようかと思いますので、その辺を十分にお願いしたいということ。それから、やはりよその行政に携わる形の中で、松川村にないノウハウをこの事業の全体の中で、どうしてもそういったことでは専門的な知識がないとなかなか輸出までにはこぎつけないなんてところがありますので、関係する機関、人材を十分に活用した形の中で調査をいただきたいなと思います。
 そんな中で、松川村の特色、本当に生かすという形で総合戦略に載っております、同僚議員がきょう農業の関係の中で質問されておりました部分を、何というんですか、十分に考慮する形の中で、実はこの推進交付金については前回の質問の中でも申し上げたように、このこととどうして加速化交付金に間に合わなかったのか、この事業の中身が、もちろんほかの行政との連合というか合体ということは別として、加速化交付金になぜ間に合わなかったのか、つくづくそれを思うわけでありますが、というのは、時間的な制約とか要綱がという形がございましたけれども、ほかの市町村においてはきっちりこれに間に合わせをしているわけであります。やっぱり今回の推進交付金自体の中身は、前回のときにはお知らせをいただいていなかったもんで、もっと広域の分野が違ったものを取り上げてやっているんだろうなという形の私も解釈をしておりましたけれども、なかなかそういった部分では間に合わなかったという形があるかと思いますが、その辺についてはいかがですか。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) それにつきましては、前回の一般質問の折にも申し上げました。職員の情報不足ということもあったけれども、過去のことばかり言っていてもだめでありますので、これに乗って今回はやっていきたいということでありますので、前向きに職員も考えておりますので、過去のことはこれで終わらせていただいて、これから安曇野市、池田町、松川村で一緒にやっていくということでやっておりますので、ぜひ、こういう言い方をすると申しわけないけれども、前向きに前向きに考えていただきたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) わかりました。ということで、切りかえをした形の中で全てそんな形で理解をしました。
 というところで、実はこの通告書を書いた以後、きょうの質問をするためにまた私パソコンをのぞきました。そうしたら、通告にはない質問をどうしてもせざるを得ないという形、前回村長にも言われました。そういう情報があったときには、こういう一般質問の段階ではなくして、お知らせをいただきたいということがございましたので、あえて追加質問になりますが、あくまで地方創生の観点という形でもって出ておりますので、そういう関連でもって、この推進資金とは別に新たに出ている資金が、実は8月24日に、これは内閣府地方創生推進室から出ておりました。それを実は夕べパソコンを開いたら出てきた形のものですから、とても期間的な形の中でどうかと思いましたけれども、実はその資金につきましては、11月末までに取りまとめをして1月交付決定ということであります。地方創生の拠点整備交付金という新たな資金という形です。
 これは、村のほうにも話が来ているということでありまして、ここであえてその質問をさせていただいて確認をしていきたいと思いますが、この資金につきましては、通常の5年サイクルの計画に基づいたそういう新制度ではなく、単年1年間でもってやる資金だという形でここにはうたわれております。事業の中身については、当然地方創生というか再生大綱を用い、それから総合戦略を実施しているところでないと対応にならないというところがありますが、その中でこの事業に加わることができるかというところで非常に問題があるよというところがあるかと思います。従来、この事業については箱物、いわゆる箱物は対応にはならないということでありますが、今回はその拠点の建物についてやるという資金でございます。例えば市町村における廃校の校舎とか、あるいは旧の役場であるとか、公民館等の改修だとか、そういったことを事業として行って拠点づくりをしていくと。推進資金をカバーする、そういう施設をつくってもいいよという形で予算枠は国ベースでもって900億、事業ベースでもって1,800億の2分の1負担という形でもってなされております。この関係の事業検討というところで非常に難しさはあるかと思いますが、これについてどうでしょうか。
 もう一つ、この事業について、それぞれ申請部分が内閣府であるか総務省だとか農林水産省だとか、経産省とか、さまざまな事業形態でもって出ているので、松川村の総合戦略の、あるいは人口ビジョン総合戦略にうたわれた形の中で、この事業が対応になるかどうかという検討がなされているかということでお伺いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 総務課長。
◎総務課長(伊藤勇二君) この地方創生拠点整備交付金につきましては、議員が言われましたとおり8月24日に閣議決定された件でございます。事業費等も今、議員が言われましたので割愛させていただきますが、村の対応といたしまして、閣議決定の翌日8月25日から庁内の掲示板にて制度内容等について各課等への情報提供し、対象となり得る事業について現在抽出作業を進めているところでございます。申請までの期間、また事業実施期間が非常にタイトといいますか、短いということ、また限度額の設定ですとか、単年度事業、議員も言われましたが、そんなようなことがありますので、現時点では具体的な対象事業をお示しする段階には至っておりません。また、1つ加えますと、正式な文書は9月12日にこちらのほうに参っております。以上でございます。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) そんなことで、前回もアンテナを高くという形でありましたので、実は私も本当に夕べパソコンを開くまではこのこと自体はわかっておらなくて、今、総務課長が言われましたように、この事業自体、地方創生にかかわっている部分は、当初国が定めた状況の中で大分変化しております。私もちょっと理解不足だったんですが、最終的に推進資金までという形が最後のとりでかと思っておりました。ところが実態として見ましたら、最大1兆円規模で随時そういった形の国の方針がどんどんどんどん変わりつつ来ているんだなという形が、改めてきのうのこの新たな900億の事業枠を見て理解したところでございます。
 したがって、今後においても松川村の総合戦略に基づいた事業を進めていく上でまだまだ重要な何というんですか、交付内容のものが出てくる可能性があるかと思いますので、今後においても十分にそこら辺アンテナを高くして、それからまた各課それぞれの対応の中でもって、この創生事業が十分に取り組みの中でもって発揮ができるような、村長、交付金自体はひもつきだよということもありますが、国がそういう1兆円規模でもってやっていくということになれば、何としてでも有利なものはやっぱり獲得して、やはり地方としてはやっていかなきゃいけないんじゃないかなと、そんなことで私としては思うわけであります。確かにひもつきという形のものについて当然いろいろな制約があって、先ほど私が言ったような話もしなきゃいけないというところも十分にわかった上で、やはり国がそうやって進める以上乗っかれるところと有利性が村としてあるものについては、ぜひそういう形でもって取り上げをしていただきたいなと思いますので、その辺でお願いしたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 取り入れられるものについては取り入れをしていきたいというように思いますけれども、これはさっき言われましたように2分の1なんですよね。だから2分の1を自分の金をどこかから見つけてきて、それに乗っけなければいけないということでありますので、何が何でも手を挙げていくというものではありませんので、そこら辺のところもぜひ御理解をいただきたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 当然、また話を返すようで申しわけなかったわけでありますが、加速化までは100%だったもんですから、あえてそんな形で私はそれに間に合わなかったのかということをぶり返してしまいました。当然2分の1ということでの補助事業ということで、村の財政が厳しい中でもってやっていくことは間違いないことであります。
 しかし、やはりこれを充実をしていかないと、やはり取り残されてしまうというおそれも逆な面ではあるし、本当に松川村の将来というところでもって、やはりそういった何というか歯どめの事業という形は、本当に松川村の自然を守るというところでもってどうなのかということも村長の中にはあろうかと思いますけれども、やはり国がそういう形でもって地方を何とか元気づけようという形でやっているもの、それから特に松川村としてそういうことでもって望んだ将来像という形の中で、やはり必要なものはやっぱりやっていかなきゃいけないという考えがどうしてもありましたし、ひもつきの事業というのはやりづらいというところも十分に承知した上で、私としてはやっぱりその選択は、やはり行政にあるわけでありますので、その辺を十分にお考えをいただいて今後もお願いをしたいなと思いますが。
○議長(白澤富貴子君) 村長。
◎村長(平林明人君) 何回も言うようでありますけれども、私どもも松川村が生き残るためにずっと一生懸命やっているわけであります。そういう中で、2分の1を一般財源を使わなければいけないというものでありますので、平林議員が思っていることと私が思っていることは若干相違が出てくると思うんです。これが一緒になったときにはぐいっとやりますけれども、そういうことでありますので、職員を信用していただいて、村を残すためにこれからも頑張っていきたいということでやっておりますので、ぜひ御理解をいただきたいというように思います。
○議長(白澤富貴子君) 平林議員。
◆10番(平林幹張君) 1つ言い忘れましたが今、村長に言われて非常におっしゃるとおりだと思うんですが、よその行政のこの地方創生の取り組み姿勢の中で、当然村がそうやってお示しをいただいたことは重々わかります。しかし、村民とこの事業に対しての理解度というところでは、この松川村において言える形は、いわゆる地域づくりの推進委員の皆さん、そういった形の中に人口ビジョンをつくったときも総合戦略をつくったときも、そこにお示しをしてという形で捉えておりますが、よその市町村一部では、そういった組織の拡大をしっかりして、その中でもって国から示されたものをやはり文殊の知恵ではないですけれど、その道のプロに意見聴取をし、それからその事業の実施というところでもっていろいろなアドバイスをいただいて最終的に総合戦略にまとめて実施をしてきているという、そういう市町村もございます。
 そこで、同僚議員の中でもって、地域づくり推進委員をふやせという形のお話もございましたけれども、やはり村の考え方、それがやっぱり村民に伝わるというところでは非常に重要なところがありますので、同僚議員がそういう形で言われた地域づくり推進委員をふやしていただいて、やはりそこでもってこういった、特に地方創生事業はそういったことでもって村全体が1つになってやっていかなければ、やっぱりならないというところで、どうしても机上の論理ではなくして現場の部分でもって、実際どうなんだというところが、本当に理解をしていかないとなかなか進められないし、またその申請した事業自体を実施していく中でも、そのことが重要かと思います。村の皆さんにも浸透がしっかりなされて、こういう事業を村としてやっていくんだという形がうんと重要になってこようかと思いますので、その辺もぜひ御検討いただきたいと思います。時間が参りましたので、終わります。
○議長(白澤富貴子君) これで、総合戦略と地方創生事業の質問を終わります。
 以上で、10番平林幹張議員の質問を終わります。
 ここで、4時20分まで休憩いたします。
                                 午後 3時39分 休憩
                                 午後 4時20分 再開
○議長(白澤富貴子君) 休憩前に引き続いて、一般質問を行います。
 順位6番、3番太田繁義議員の質問事項、高齢者福祉の充実についての質問を許します。太田議員。なお、3番議員の質問が終了するまで会議時間とします。太田議員。
◆3番(太田繁義君) 一番最後で、後ろの傍聴人の方も全部お帰りになりまして、非常にさみしい状況でございます。そこでですね、この質問に当たりまして、高齢者福祉の充実ということで上げたんですけれども、実はですね、あるところから、まさかおまえの自分のための質問かやというような嫌みの言葉を言われました。嫌みの言葉を言われてもですね、松川村は長寿日本一の村でございます。ですから、こういうような高齢者福祉の充実を上げたと、こういうように思っていただきたいと、このように思います。
 高齢者が急速に進行する中、保健、福祉、医療、生活保障、生きがいなど、高齢者にかかわる問題は国を初め自治体の大きな問題となっています。当村の高齢化率も年々上昇しており、それに伴って介護が必要な高齢者も増加しています。当村では、介護を社会全体で支える介護保険制度により各種の在宅及び施設サービスを提供しています。介護保険サービスについては、村内及び近隣町村に事業所が充足され利用しやすい状況となっておりますが、さらに健康長寿社会の実現のため関係機関と連携し、生きがいづくりを進めていると思っています。また、高齢者の憩いの家である松香荘や地域の公民館を活用して介護予防事業の推進を図られ、参加者はふえ、教室終了後には自主グループ活動も行われるなど、地域住民との交流も図られております。そこでですね、今後に向けた課題についてお聞きしたいんですが。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 議員言われるとおり、当村の高齢化率も年々上昇しております。2025年、平成37年には松川村でも3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上となることが見込まれております。高齢者が住みなれた自宅や地域で安心して暮らし続けられるためには、健康づくりや介護予防の支援、それから在宅医療と介護の連携、そして住民同士が地域で支え合える仕組みづくりの構築等が課題となっております。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) よくわかりました。そこでですね、後期の6次総合計画の中で、高齢者福祉の充実の基本方針ということで、高齢者が生き生きと快適な日常生活を送れるよう健康づくり、介護予防を推進し、さらなる健康長寿の村づくりを推進しますと。健康長寿と健康寿命は両方とも長生きという意味もありますが、健康長寿は人間の身体と健康のあるべき姿でございますが、平均寿命をとってみると男性は世界第2位、女性は世界第1位であるが、その一方、生活習慣病や寝たきりの高齢者が多いのが現実です。
 そこでですね、健康長寿を伸ばすのは食事と運動が鍵のようです。さらなる健康長寿の村づくりを一層推進していただきたい。高齢者がですね、尊厳を保ちながら暮らし続けることができる社会の実現を目指し、高齢者が介護が必要になっても住みなれた地域や住まいで尊厳ある自立した生活ができるようにするため、医療、介護連携の充実、強化、認知症施策の推進、公的サービス以外の生活支援サービスや互助活動の推進などを行い、地域において医療、介護、予防、住まい、生活支援の5つの要素が切れ目なく一体に提供できる支援体制が、地域包括ケアシステムでございますが、そこでですね、高齢者福祉の具体的な施策についてお伺いします。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 村では、地域包括支援センターが総合的な高齢者福祉の推進を担っております。高齢者の総合相談窓口として、介護に関すること、医療、認知症など、生活や健康上の心配や不安など、さまざまな相談に対応しているところでございます。
 そのほかの事業といたしましては、介護予防事業の推進、高齢者の権利擁護、円滑な介護サービスの支援などを行っておるところでございます。また、高齢者を支える新たな仕組みづくりといたしましては、先ほどお話が出ておりますが、地域ケアの関係での会議の推進、それから在宅医療、介護の連携の推進、認知症施策の推進などを現在進めているところでございます。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) わかりました。
 続きまして、介護予防、生きがい活動の推進についてもお伺いします。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 介護予防の関係でございますけれども、介護予防を推進することが健康寿命の延伸につながるということで、地域包括支援センターでは介護予防事業を推進するため、介護予防教室を松香荘、それからすずの音ホール、各地区の公民館で現在開催しているところでございます。年々会場数をふやす中で、参加者は年間約300人となっておる現状でございます。この教室で介護予防に対する認識が高まった高齢者は、その後自主グループをつくり、継続的な活動を行っております。現在6グループが活動をしておる状況でございます。
 また、地区のふれあい会活動が、地域での高齢者同士の交流や生きがい活動の推進に貢献いただいておることも報告したいと思います。よろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) ただいまの説明の中に、継続的な活動を行っている現在6グループとありますが、27年度、私の記憶では5グループしかなかったんですが、その5つは、例えば三軒家会館、それからコミュニティ緑町、板取会館、それから北細野会館、それから川西公民館と、この5つなんですが、新たに現在6グループとなっておりますが、どこの地域がふえたんでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 東部区がふえておりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) それでは、次に介護・医療体制の充実についてお伺いします。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 現在、在宅医療と介護の連携が課題となっておりまして、まずは大北圏内の状況でございますが、医療や介護等の多職種の連携ネットワーク会議が開催されており、連携強化を図っておるところでございます。
 松川村におきましても医療や介護の現場の関係者、それから民生児童委員、医師、歯科医師、薬剤師にも参加いただく中で、月1回の地域ケア会議「こうふくサたん会議」と呼んでおりますけれども、それを開催いたしまして顔の見える関係づくりから地域の課題と連携強化を図っておるところでございます。課題としましては、住民への啓発活動が今後の課題となっております。以上です。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) 続いて、認知症施策、地域支え合い活動の推進についてもお伺いします。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 認知症施策では、認知症地域支援推進員を中心といたしまして、認知症カフェ、それから認知症サポーター養成講座を開催いたしまして、認知症の正しい理解の普及、それから住民同士の支え合いが大事になってきますので、それができる地域づくりを現在進めておるところでございます。特に今年度につきましては、小学校を対象とした認知症サポーター養成講座を開催しているところでございます。今後も幅広い年代が、認知症高齢者の理解を深め、地域づくりに関心が持てるように推進してまいります。
 それから、地域支え合い活動の関係でございますけれども、これにつきましては、各区を基盤といたしました災害時支え合いマップの作成、それから地区のふれあい会など自主的な地域住民の支え合い活動の支援を現在進めておるところでございます。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) 今の問題でですね、認知症になっても地域で生活をということで認知症介護の専門的知識と経験を持った認知症地域支援推進員を配置し、相談、訪問を行っているというように、私記憶しておるんですが、間違いございませんか。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 議員おっしゃるとおりでございます。この推進員については、地域包括支援センターのほうに2名職員が取得してございます。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) ありがとうございます。
 それでですね、ちょっと先ほど1番で聞くのをちょっと忘れちゃったので、すみませんが、総合的な高齢者福祉の推進の中で、これはもう確認でございますけれども、介護に関することや、福祉、医療のこと、どこに相談したらよいのかわからないという心配事とか悩み事、または消費者被害などさまざまな諸問題があるわけです。それに対応してくださるのは、地域包括センターに相談すればよいという理解でよろしいでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 先ほどの中で消費者問題等も若干含まれてはおりますけれども、高齢者のそれぞれの相談総合窓口は先ほど申し上げたとおり、包括支援センターでございますので、またそれぞれ相談の内容によってはほかのところの専門的なところへ紹介してまいりたいと思いますので、最初の相談はワンストップということで、高齢者の方の相談は包括支援センターのほうにしていただきたいと思います。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) ありがとうございました。ただいま聞いた総合的な福祉でですね、行政が積極的に地域住民と協力して、高齢者福祉のために活動していただいていることがよくわかりました。今後についても、積極的に活躍をぜひお願い申し上げます。ただいまをもちまして、高齢者の福祉の具体的施策についての質問は終わります。
 次に3番目としまして、実は8月28日、村を挙げて防災訓練が行われ大勢の皆さんが参加されましたが、参加者は高齢者でも元気な人がほとんどで、例えば高齢者や障害者、寝たきりの人などはとても参加することは無理です。まして、突然やってくる災害には行政や地域住民の理解が必要だと思います。そこで、地域が高齢者が安心して生活を続けるために、高齢者の災害対策とそのための支援体制の強化は避けて通れない急務であり、いざというときを念頭に置いた対策が必要だと思いますが、いかがなものでしょうか。
○議長(白澤富貴子君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) 災害時に高齢者などの支援のために、全区で災害時住民支え合いマップが現在作成されております。災害時には地区防災会と連携いたしまして、そのマップを活用する中で高齢者支援をしてまいりたいと考えております。
○議長(白澤富貴子君) 太田議員。
◆3番(太田繁義君) よくわかりました。先ほどから行政についてお聞きしておりましたが、非常に行政が地域住民としっかり手を取り合って福祉、それから災害のためにも頑張っていただいていることが確認をとれましたが、非常にありがとうございます。これからも村の長寿のために頑張っていただきたいと思います。これをもちまして、私の高齢者福祉の充実についての質問は終わります。
○議長(白澤富貴子君) これで、高齢者福祉の充実についての質問を終わります。
 以上で、3番太田繁義議員の質問を終わります。
 これで、本日の日程は全部終了しました。続きの一般質問は、あす午前10時より行います。
 これにて散会します。御苦労さまでした。
                                午後  4時40分 散会