議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成28年第 1回定例会−03月18日-05号




平成28年第 1回定例会

           平成28年松川村議会第1回定例会会議録
                                     〔第5号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成28年3月18日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 議│平成28年 3月18日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │閉 会│平成28年 3月18日 午後 1時46分│議 長│白 澤 富貴子│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │白 澤 富貴子│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │11番    │百 瀬   清│12番    │上 田 治 美│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │白 澤   繁│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│教育次長   │原   勇 一│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │梨子田 公 雄│社会教育課長兼│古 畑 元 大│
│          │       │       │公民館長   │       │
│明のため出席した者の├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │教育長    │西 澤   勇│総務課統括課長│太 田 健 一│
│職・氏名      │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│   全員出席   │総務課長   │平 林 秀 夫│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │税務課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │丸 山   稿│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │白 沢 庄 市│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │建設水道課長 │須 沢 和 彦│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │            別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 議案の上程
 議案第25号 信州安曇野・松川村ふるさと応援寄付条例の一部を改正する条例
 議案第26号 松川村副村長の選任について
 議案第27号 松川村監査委員の選任について
 議案第28号 平成27年度松川村一般会計補正予算(第6号)
 議案第29号 大糸線信濃松川〜安曇沓掛間反川踏切拡幅工事の変更協定の締結について
日程第2 委員長報告
 報告第 1号 平成28年度各会計予算について
追加日程第1 議長の辞職について
追加日程第2 選挙
 選挙第 1号 議長の選挙について
追加日程第3 議席の一部変更について
追加日程第4 選挙
 選挙第 2号 副議長の選挙について
日程第3 選挙
 選挙第 3号 常任委員の選任について
 選挙第 4号 議会運営委員の選任について
追加日程第5 選挙
 選挙第 5号 広域連合・一部事務組合議会議員の選挙について
日程第4 閉会中の継続審査及び調査の申し出について
日程第5 議員派遣の件
日程第6 村長あいさつ



                                 午前10時00分 開議
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。
 欠席議員等については、事務局より説明させます。事務局長。
◎事務局長(白澤繁君) 大澤会計管理者から欠席する旨の届け出がございました。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 直ちに議事に入ります。
△日程第1 議案の上程
○議長(平林寛也君) 日程第1 議案の上程を行います。
 議案第25号 信州安曇野・松川村ふるさと応援寄付条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) それでは議案第25号 信州安曇野・松川村ふるさと応援寄付条例の一部を、次のように改正する内容を御説明申し上げます。
 昨年12月より、インターネットによりふるさと応援寄附を行っているわけですけれども、本定例会でも御報告申し上げましたが、寄附額が増大をしている実情がございます。改正する条例内容でございますが、今までは全額基金として積み立てていたものに対しまして、第3条におきまして、基金として積み立てる金額は、予算で定める額とするという内容に変更するものでございます。こちらにつきましては、基金の6割が経費として今までかかっているわけですけれども、必要経費を基金に積まず、委託料等で支出をしていきたいという内容でございます。いずれにしましても、予算で計上してまいりますので、その点は御報告申し上げていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 附則としまして、この条例は平成28年4月1日から施行する。
 平成28年3月18日提出 松川村長名。
 以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第25号について採決いたします。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第26号 松川村副村長の選任についてを議題とします。
 直接関係する議案ですので、平林総務課長の退場を求めます。
              (総務課長 平林秀夫君 退場)
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第26号について説明をさせていただきます。
 その前に、今まで4年間、副村長として力を発揮していただきました、初の民間出の副村長梨子田公雄でありますけれども、後進に道を譲りたいということで、かたい決意のもと、どうしても再任はできないと、受けられないというかたい気持ちがありまして、私も諦めざるを得なかったということの中で、今回26号として出させていただいてあります、現総務課長が適任者だという中で一応理解を得られましたので、本日提案をさせていただきます。
 議案第26号 松川村副村長の選任について。
 次の者を松川村副村長に選任したいので、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるということで、住所は松川村2484番地。
 氏名、平林秀夫。
 生年月日、昭和34年の11月5日生まれでございます。現在56歳になりますかね。
 若干、細部について申し上げます。平林氏は昭和53年3月に豊科高等学校の普通科を卒業されまして、57年3月に名古屋学院大学の経済学部を卒業いたしました。すぐ57年の4月に松川村職員として採用をされ現在に至っているわけでありますけれども、その中で平成3年には長野県企業局へ、これ地域開発課でありますけれども、半年間の派遣をされております。帰ってきまして平成3年10月から開発室の開発係となりました。平成6年の4月には開発係長、それから平成8年の10月から白馬村のオリンピック競技課のほうへ1年半の派遣をされておりまして、オリンピックに携わってきた者であります。帰ってきまして平成10年4月から総務課の庶務係長、これは消防主任を兼務しております。平成13年4月からは福祉課の在宅福祉係長、14年の4月から福祉課の課長補佐兼保健福祉係長、それから16年の7月に福祉課の統括課長補佐兼保健福祉係長、それから平成18年の4月から環境福祉課長、平成22年の4月から総務課長で現在に至っております。
 今まで民間の副村長の中で、職員も民間と公務員との差をしっかりと勉強していただいたというように思いました。そういう中で今度は私も出て行く機会が多くなっておりますので、中をしっかりまとめてもらうために、職員として総務課長で腕を振るっていただきました平林秀夫氏に副村長としてお願いをしたいというように思いますので、全員の皆さんの御賛成をいただきたいと思います。
 以上です。
○議長(平林寛也君) 本議案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、採決したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。これから議案第26号について採決いたします。
 本案は原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり同意することに決定しました。
 平林総務課長、議場に復帰願います。
(総務課長 平林秀夫 入場)
○議長(平林寛也君) 松川村副村長に平林秀夫君が全員一致をもって同意をされましたので、告知いたします。
 ここで平林総務課長の発言を許します。
 よろしくお願いします。総務課長、中央でお願いします。
◎総務課長(平林秀夫君) ただいま村長の推薦を受けまして、議員皆様の全員の御同意をいただきまして副村長に就任することとなりました。身に余る光栄とは存じますが、その責任の重さを痛感し身の引き締まる思いでございます。もとより微力で未熟者ではございますが、34年間村職員として私を育てていただいた恩を忘れず、松川村のさらなる発展、また村長の補佐役として、職員とともに与えられた責務を全うするとともに、誠心誠意努めるつもりでございます。
 今後も行き届かない点も多々あろうかと思いますが、議員皆様より御指導、御支援を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単ではございますが御挨拶とさせていただきます。これからもどうぞよろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 続いて、議案第27号 松川村監査委員の選任についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。村長。
◎村長(平林明人君) 議案第27号について、説明をさせていただきます。
 監査委員の選任であります。
 次の者を松川村監査委員に選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求める。
 住所は、5794番地の93。
 氏名は川上雅嗣さん。
 生年月日は、昭和36年2月11日生まれの方であります。
 既に皆様御存じの方でありまして、平成15年12月17日から税理士登録をされまして、川上会計事務所の所長を務めておられる方であります。松川村の監査委員といたしまして、平成20年4月の16日から24年の4月の15日まで4年間1期目を務めていただきました。現在、24年の4月の16日からこの28年の4月の15日までが2期目でありますが、務めていただいております。
 御存じのように、しっかり松川村の監査をしていただいているということの中で、もう1期お願いをしていきたいということで、本人の同意も得られましたので、ぜひ皆様の御審議をいただきたいというように思います。今回は28年の4月の16日から4年間の任期であります。
 よろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 本議案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、採決したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。
 これから議案第27号について採決いたします。
 本案は原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり同意することに決定しました。
 続いて、議案第28号 平成27年度松川村一般会計補正予算(第6号)を議題とし、事務局に朗読させます。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正につきましては、年度末農林水産業費、教育費等で事業採択による追加をするものでございます。また、民生費で国庫補助金の返還が発生したため追加をするものでございます。
 まず3ページをお願いします。第2表繰越明許費補正でございますが、記載の2事業の採択によりまして2つの合計1,869万4,000円を繰り越す内容でございます。
 6ページをお願いします。総務課関係ですが、1目の地方交付税115万6,000円は普通交付税を予定をしております。
 総務課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) それでは福祉課関係、歳出のみでございますが、7ページをお願いいたします。款3民生費、目1社会福祉総務費、節23償還金利子及び割引料115万5,000円の計上でございますが、障害者医療費国庫負担金の平成26年度事業の過年度精算に伴う過払い分の国への償還金でございます。国からの精算に伴う確定通知が、本定例会の初日提出議案に間に合わず、今回の補正でお願いするものでございます。
 福祉課関係は以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) それでは経済課関係、歳入6ページをお願いいたします。
 款14項2目3節2の農業費補助金1,407万5,000円でございます。担い手確保・経営強化支援事業補助金でございます。
 続きまして歳出、7ページお願いいたします。中段でございます。節19の負担金、補助及び交付金で同じく1,407万5,000円でございます。補助金としまして担い手確保・経営強化支援事業補助金ということで、先ほど総務課長の説明にもございましたが、新規事業で新たに2名、1法人と1個人が該当となりまして、100%補助でこのまま本人に支払うものでございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 教育次長。
◎教育次長(原勇一君) では教育委員会関係、御説明いたします。
 まず歳入6ページをお願いいたします。
 款14項2目5節4学校教育費補助金でございます。461万8,000円、こちら放課後学習支援活動補助金でございます。
 続きまして7ページ、歳出でございます。款9項1目2事務局費、節18備品購入費461万9,000円でございます。こちらにつきましては、放課後学習支援活動にかかわる備品購入整備事業でございまして、国の平成27年度補正事業としてまして、申請していた補助金が採択されたことによりまして補正をお願いするものでございます。内容につきましては、ICT機器の購入費としまして、タブレット端末、プロジェクター、アクセスポイント機器の購入費用でございます。よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第28号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第29号 大糸線信濃松川〜安曇沓掛間反川踏切拡幅工事の変更協定の締結についてを議題とします。
 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。
 次のとおり変更協定を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求める。
 記としまして、1、協定の金額1億2,456万9,000円を1億52万96円とするという内容でございます。
 今回の変更につきましては、当工事が軌道工事のためにJRへ工事を委託したものでございまして、そのうち協定金額を変更する内容でございます。
 変更の理由としましては、JRが道路施設、鉄道施設をさらに細分化してそれぞれ分割して発注したわけでございますが、その中で落札差金が生じたこと等によるものでございます。
 平成28年3月18日提出 松川村長名。
 よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第29号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第2 委員長報告
○議長(平林寛也君) 日程第2 委員長報告を行います。
 報告第1号 平成28年度各会計予算についての委員長報告を求めます。議案等審査特別委員長。
◎議案等審査特別委員長(矢口あかね君) (報告)
○議長(平林寛也君) 委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで委員長報告を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 賛成討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 お諮りいたします。報告第1号について、ただいまの委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は委員長報告どおり承認されました。
 ここで、議会を代表して梨子田副村長の御退任に当たり、一言御礼の御挨拶を申し上げます。
 梨子田副村長におかれましては、平成24年4月に御就任以来、平林村長を全面的に支え、多大な御尽力をいただいてまいりました。長く民間企業でお勤めになり、数多くの要職も歴任をされました。そして社会情勢全般に精通をされ、その経験に裏打ちされた高い識見と、地方自治に対する深い見識を持って3期目の平林村政に新しい感覚を取り入れていただきました。本日まで副村長として行政運営に卓越した手腕を発揮していただきましたことに対しまして、議会として心から敬意を表し感謝を申し上げる次第であります。
 どうか村政を離れられても、松川村政の先輩として松川村の発展を見守り、御指導をいただきたいと存じます。これからも御健勝で、ますます御活躍くださいますようお祈り申し上げ、慰労と御礼の言葉とさせていただきます。
 大変御苦労さまでございました。そして、ありがとうございました。
 梨子田副村長から、御退任に当たり御挨拶をいただきます。梨子田副村長、中央席においでください。よろしくお願いします。
◎副村長(梨子田公雄君) ただいま、議長から私の退任に当たりまして御挨拶の機会を与えていただきまして、まことにありがとうございます。それから議長から身に余る温かいお言葉をいただきまして、まことにありがとうございました。
 私、退任に当たりまして、今まで任期中、私に対して多くの皆様に与えてくださいました御理解、御支援に対しまして、厚く御礼を申し上げます。4年前、私は、就任の際に申し上げましたとおり、行政に対する知識も経験もなく、そして地域についても疎い役所音痴の男でございましたが、職員を初め議員皆様、関係の皆様の大変温かい御理解、御支援をいただきまして、4年間何の不安もなく、何の不満もなく過ごさせていただきましたことに心から感謝を申し上げます。
 4年前、平林村長から望まれて、望んでもできない立場に立たせていただきましたが、私はそのときに明人村長に申し上げました。4年間か、長いなと言いましたら、村長はこう言いました。何を言ってんだ、4年間なんてあっという間だよというふうに言われましたが、今まさにそれが実感でございます。ただ私は、4年間やるべきはやろうと心に決めておりましたので、4年たった今、退任するに当たりまして、何のこだわりも何のてらいもございません。ただ、村長が退任に当たって真剣に私を慰留してくれましたことは大変うれしく、これは私の若干我がままかなというような気持ちもございます。
 この4年間がなければ、多分議員皆様や職員の皆様、そして多くの皆様のすばらしい出会いもなかったでありましょうし、また未知のいろいろな経験もなかったことを思えば、大変貴重な4年間の経験をさせていただいたなと心から感謝しているところでございます。
 経験豊富で力量豊かな後任が、村長と全職員と力を合わせまして、この松川村の行政をより充実、発展させてくれることを確信しております。そしてまた議員皆様を初め、職員、関係の皆様も力を合わせまして御精進いただきますことをお願い申し上げ、そのことこそが松川村は今後なおすばらしく、住んでみたい、住んでよかったという村になることを信じております。
 再度改めまして、4年間の間、大変温かく御理解、御支援をいただきました多くの皆様に感謝を申し上げまして退任の挨拶といたします。大変ありがとうございました。(拍手)
○議長(平林寛也君) ありがとうございました。
 ここで10時45分まで休憩します。
                                 午前10時30分 休憩
                                 午前10時45分 再開
○議長(平林寛也君) 再開します。
 ここで私の都合により、議事進行を副議長と交代いたします。よろしくお願い申し上げます。
 副議長、こちらにお願いします。
                (議長、副議長と交代)
○副議長(白澤富貴子君) 議長に交代し、私が議事進行を図ります。
△日程の追加
○副議長(白澤富貴子君) ただいま、平林議長から議長の辞職願いが提出されました。
 お諮りします。議長の辞職についてを日程に追加し、追加日程第1として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第1 議長の辞職について
○副議長(白澤富貴子君) 追加日程第1 議長の辞職についてを議題とします。
 地方自治法第117条の規定により、1番 平林寛也議員を除斥することといたします。
              (1番 平林寛也議員 退席)
○副議長(白澤富貴子君) 事務局長に平林寛也議員の議長辞職願を朗読いたさせます。事務局長。
                 (事務局長 朗読)
○副議長(白澤富貴子君) お諮りします。
 平林寛也議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、1番 平林寛也議員の議長の辞職を許可することに決定しました。
 ここで、平林寛也議員の除斥を解きます。
              (1番 平林寛也議員 復席)
○副議長(白澤富貴子君) 私から平林寛也議員に申し上げます。
 ただいま議長辞職については許可することに決定いたしました。
△議長退任挨拶
○副議長(白澤富貴子君) 平林寛也前議長より挨拶があります。平林寛也前議長の登壇を許します。
              (1番 平林寛也議員 登壇)
◆1番(平林寛也君) 議長退任に当たり、一言御礼を申し上げます。
 顧みますと、平成26年に議員皆様の温かい御支援と御推挙を得まして、議長の要職につかせていただきました。この2年間を振り返りますと、議員各位の御努力、御協力のもとに松川村議会基本条例を制定できましたことが一番うれしい出来事でありました。
 また、議会運営につきましては、私の未熟さにより議員各位の御要望に添えなかった点が多々あったように思え、反省をしているところであります。しかし幸いにも、議員各位から格別の御支持、御協力を頂戴し、また村長初め理事者各位、そして職員各位、また議会事務局から手厚い御支援と御指導も賜り、おかげをもちまして本日まで大過なくその職責を果たし得ましたことにつきまして、心から厚く御礼を申し上げる次第であります。
 とりわけ、理論的にすぐれ情感に細やかな白澤副議長と2年間御一緒できましたことは、大変ありがたく感謝を申し上げる次第であります。これからも議員皆様方とともに、松川村の発展と村民福祉の向上に頑張らせていただきたいと思いますし、村民の負託に応えるための努力を重ねてまいりたいと思っております。
 引き続き御指導を賜りますようお願いを申し上げ、簡単でありますが議長退任の御挨拶とさせていただきます。今まで本当にありがとうございました。お世話になりました。
△日程の追加
○副議長(白澤富貴子君) ただいま議長が欠員となりました。
 お諮りします。議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第2として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第2 選挙
○副議長(白澤富貴子君) 追加日程第2 選挙を行います。
 選挙第1号 議長の選挙についてを行います。
 選挙は投票で行います。議場の閉鎖を命じます。
                  (議場の閉鎖)
○副議長(白澤富貴子君) ただいまの出席議員数は12名です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に、2番 茅野靖昌議員、3番 太田繁義議員を指名します。
 投票用紙を配付します。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。
                 (投票用紙の配付)
○副議長(白澤富貴子君) ここで暫時休憩いたします。
                                 午前10時55分 休憩
                                 午前10時56分 再開
○副議長(白澤富貴子君) 再開いたします。
 投票用紙の配布漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
              (投票箱の点検。議場に示す。)
○副議長(白澤富貴子君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。事務局長。
         (事務局長、1番から議席番号と氏名を点呼・投票)
○副議長(白澤富貴子君) 投票漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○副議長(白澤富貴子君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。
 開票を行います。
 2番 茅野靖昌議員、3番 太田繁義議員、開票の立ち合いをお願いします。
                  (開票計算)
○副議長(白澤富貴子君) 選挙の結果を報告します。
 投票総数12票。出席議員と符合しています。
 有効投票12票、無効投票ゼロ票です。
 有効投票のうち、議席順に平林寛也議員4票、佐藤節子議員2票、白澤富貴子議員6票。
 以上のとおりです。
 この選挙の法定得票数は3票です。
 よって、私、白澤富貴子が議長に当選しました。
                (議場の閉鎖を解く)
△議長就任あいさつ
○議長(白澤富貴子君) 当選承諾及び就任挨拶を行います。
 このたびは議員各位の御協力をいただき、この議長の職につかせていただくことになりました。身に余る光栄であり、感謝申し上げます。
 今議会は前半2年が終わり松川村村民憲章を基本理念に据えて、全議員で制定しました松川村議会基本条例を今年1月1日に施行しました。議会基本条例では村民に身近で開かれた議会、村民の声を聞き村政に反映していく議会を進め、村民福祉の向上と村発展のために務める役割を確認し行動する議会として責任を果たしていくことを決めました。
 平林前議長におかれましては、この議会基本条例の制定に御尽力され、まず第一歩を踏み出していただいた御功績に対し、衷心より敬意を申し上げます。議員公平の原則の上に、今後はさらに開かれた議会の実現など、議会の果たす役割を全議員の協力のもとに進めてまいりたいと思っております。今後2年間、村長初め理事者各位、並びに管理職の村政執行機関の皆様には御指導、御鞭撻をいただき、議会もともに村民福祉の向上のために、是々非々で使命を果たしてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
 また、村長におかれましては4期目の村長として、過去3期を無投票という村民の期待と信任を背負っての初議会です。健康に御留意され、松川村の限りない発展のためにお力を発揮されますようお願いいたします。
 以上をもって、議長就任の挨拶といたします。
△日程の追加
○議長(白澤富貴子君) 続いて、お諮りします。
 議席の一部変更についてを日程に追加し、追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第3 議席の一部変更について
○議長(白澤富貴子君) 追加日程第3 議席の一部変更についてを行います。
 今回、議長選挙に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、1番 平林寛也議員の議席を8番に、8番 白澤富貴子議員の議席を1番に変更します。
 ここで暫時休憩します。
                                 午前11時11分 休憩
                                 午前11時12分 再開
○議長(白澤富貴子君) 再開します。
△日程の追加
○議長(白澤富貴子君) ただいま、副議長が欠員となりました。
 お諮りします。副議長の選挙についてを日程に追加し、追加日程第4として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、副議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第4 選挙
○議長(白澤富貴子君) 追加日程第4 選挙を行います。
 選挙第2号 副議長の選挙についてを行います。
 選挙は投票で行います。議場の閉鎖を命じます。
                  (議場の閉鎖)
○議長(白澤富貴子君) ただいまの出席議員数は12名です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に、4番 梨子田長生議員、6番 矢口あかね議員を指名します。
 投票用紙を配付します。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。
                 (投票用紙の配付)
○議長(白澤富貴子君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
              (投票箱の点検。議場に示す。)
○議長(白澤富貴子君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
         (事務局長、2番から議席番号と氏名を点呼・投票)
○議長(白澤富貴子君) 投票漏れはありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。
 開票を行います。
 4番 梨子田長生議員、6番 矢口あかね議員、開票の立ち合いをお願いします。
                  (開票計算)
○議長(白澤富貴子君) 選挙の結果を報告します。
 投票総数12票。出席議員と符合しています。
 有効投票12票、無効投票ゼロ票です。
 有効投票のうち、議席順に茅野靖昌議員5票、佐藤節子議員7票。
 以上のとおりです。
 この選挙の法定得票数は3票です。よって、佐藤節子議員が副議長に当選されました。
 議場の閉鎖を解きます。
                (議場の閉鎖を解く)
○議長(白澤富貴子君) ただいま、副議長に当選されました佐藤節子議員が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって、当選の告知をします。
△副議長就任あいさつ
○議長(白澤富貴子君) ここで、佐藤節子副議長、副議長当選承諾及び就任挨拶を願います。
 登壇願います。
              (副議長 佐藤節子議員 登壇)
○副議長(佐藤節子君) 今少し驚いていますけれども、皆様の投票で副議長をやらせていただくことになりました。
 もとより、名字も佐藤ということで甘さも若干あるかもしれませんが、みんなで仲よく、そして村民から信頼をされ、改めて4期目の村長の胸の中のやりたいことを一生懸命応援しながら村民のために福祉の向上、村発展に努めたいと思います。議員の皆様の御協力をどうぞよろしくお願いいたします。
○議長(白澤富貴子君) 以上で就任挨拶を終わります。
 ここで暫時休憩します。
                                 午前11時27分 休憩
                                 午後 1時33分 再開
○議長(白澤富貴子君) 再開します。
△日程第3 選挙
○議長(白澤富貴子君) 日程第3 選挙を行います。
 議長、副議長の選挙により、選挙番号を2番ずつ、順次繰り下げて行いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、選挙番号を繰り下げて、選挙を行うことに決定しました。
 選挙第3号 常任委員の選任についてを行います。
 お諮りします。常任委員の選任については、松川村議会委員会条例第6条第1項の規定により、1番 白澤富貴子議員、4番 梨子田長生議員、6番 矢口あかね議員、8番 平林寛也議員、10番 平林幹張議員、12番 上田治美議員、以上6議員を総務産業建設常任委員に。
 2番 茅野靖昌議員、3番 太田繁義議員、5番 佐藤節子議員、7番 勝家 尊議員、9番 草間正視議員、11番 百瀬 清議員、以上6議員を社会福祉文教常任委員に、それぞれ指名したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名した以上の諸氏を、それぞれの常任委員に選任することに決定しました。
 続いて、選挙第4号 議会運営委員の選任についてを行います。
 お諮りします。議会運営委員の選任については、松川村議会委員会条例第6条第1項の規定により、5番 佐藤節子議員、6番 矢口あかね議員、7番 勝家 尊議員、8番 平林寛也議員、以上4議員を指名したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名した以上の諸氏を議会運営委員に選任することに決定しました。
△日程の追加
○議長(白澤富貴子君) 広域連合及び一部事務組合議会議員は、当村議会の構成にあわせた選任が慣例になっており、辞任とみなされます。
 お諮りします。この辞任を認め、広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、追加日程第5として日程の順序を変更し、直ちに議題にすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。
△追加日程第5 選挙
○議長(白澤富貴子君) 追加日程第5 選挙を行います。
 選挙第5号 広域連合及び一部事務組合議会議員の選挙についてを行います。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にしたいと思いますが御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選の方法で行うことに決定しました。
 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決定しました。
 では、指名します。
 北アルプス広域連合議会議員に、白澤富貴子議員、佐藤節子議員、梨子田長生議員。
 高瀬広域水道企業団議会議員に、白澤富貴子議員、佐藤節子議員。
 池田松川施設組合議会議員に、白澤富貴子議員、佐藤節子議員、勝家 尊議員、茅野靖昌議員。
 穂高広域施設組合議会議員に、白澤富貴子議員、佐藤節子議員。
 以上の方を当選人と決定することに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。
 よって、以上の方が、それぞれの議員に当選されました。
 ただいま、北アルプス広域連合議会、高瀬広域水道企業団議会、池田松川施設組合議会、穂高広域施設組合議会の議員に当選されました、それぞれの議員が議場におりますので、会議規則第33条第2項の規定により告知します。
△日程第4 閉会中の継続審査及び調査の申し出について
○議長(白澤富貴子君) 日程第4 閉会中の継続審査及び調査の申し出についてを議題とします。
 議会運営委員長より議会運営委員長及び各常任委員長から、松川村議会会期規則第75条の規定により、お手元に配付のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(白澤富貴子君) 異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。
△日程第5 議員派遣の件
○議長(白澤富貴子君) 日程第5 議員派遣の件を議題とします。
 議員派遣については、当面予定がありません。次期定例会までに急を要する場合は、松川村議会会議規則第120条の規定により、議長において議員の派遣を決定しますので、申し添えます。
 これで、付議された議案は全部終了しました。
△日程第6 村長あいさつ
○議長(白澤富貴子君) 村長挨拶を願います。村長。
◎村長(平林明人君) この8日から開会をされました3月定例議会、本日まで11日間にわたりまして、村が提出をさせていただきました議案等に御熱心に御審議をいただきまして、まことにありがとうございました。そして原案どおりお認めいただきましたことに心から感謝を申し上げたいというように思います。
 特に、人事案件につきましては、川上監査委員の継続、そしてまた4年間一緒に副村長としてやってきていただきました梨子田副村長の交代に伴う、新たな副村長の同意をいただきました。梨子田副村長には、本当に一生懸命村のために頑張っていただきました。そのことについて、この場から御礼を申し上げたいというように思います。なお、これからは特に体調に注意をされまして、さらに村のために御活躍をいただきますようお願いをしておきたいというように思います。なおまた、平林副村長につきましては一緒にこれからはやらせていただきます。ぜひ御支援をいただきたいというように思います。
 また、一般質問の中でいただきました貴重な御意見等につきましては、今後の村政の運営の中で検討をさせてまいりたいというように思いますので、すぐ結論の出るものはありませんというようにここで言っちゃいますと、なんだということになりますが、できるだけ検討させていただいて、いいものは取り入れさせていただきたいというように思っておりますので、よろしくお願いをいたします。
 そしてまた、今回の議会の中では、長年御苦労をいただきました平林議長が退任をされまして、白澤新議長になられたと。そしてまた、副議長の白澤さんから佐藤さんに副議長がバトンタッチされたということの中で、これから村と一緒になっていただきまして頑張っていただきますようにお願いをしたいと思いますし、また平林前議長につきましては、大変お世話さまになりました。ありがとうございました。ぜひまた、議会運営の中でお力を発揮していただけたらというように思います。よろしくお願いをいたします。
 ちょっとあの、本当の近況の中での報告がございますので、この中でさせていただきたいというように思いますけれども、昨夜、団長、副団長の選考会がございました。この4月10日でもって湯口団長の任期が満了するということの中で、新たな団長は今、副団長の青山さんがやっていただけると、そして副団長には東松川の山崎さんが、佳之さんですかね、やっていただけるということに夕べなりましたので、また4月の団長退就任式の折、団員の入退団式の折に発表、紹介をさせていただきますのでよろしくお願いをいたします。
 それから先ほど、地方創生の加速化交付金について内示がありました。そんな中で、5,250万のお願いをしておきましたけれども、5,110万円の内示があったということであります。あと140万円減額されているわけでありますけれども、これにつきましてはハード事業の中でありますけれども、一般財源をつけてやっていかなければいけないというようになりました。一般質問の中でも御質問はございましたけれども、ちひろ公園の充実、それからトットちゃん広場の中で、大きなものを使わせていただくようになりますけれども、議会を招集するいとまがございませんので専決でやらせていただきます。よろしくお願いをしたいというように思います。
 それからまた、あしたからは子供太鼓、松川響岳太鼓の子供太鼓が全国大会に出場するということの中で、議会の皆様と一緒に私ども職員も3名同行をさせていただきます。ちょっと3日ほど留守になりますので、この後は副村長が全部責任を持ってやっていただけるようにしてありますので、よろしくお願いをしたいと思いますし、また鹿港鎮に派遣する子供たちが21日に出発をいたします。これについてもちょっと見送りができませんので、これも副村長がやっていただけるということになっておりますので、お知らせだけしておきたいというように思います。
 暖かくなってまいりまして、これから農作業等が始まるというように思います。大変また忙しくなると思いますけれども、議員の皆様はお体に御注意をされまして、さらにその場その場で御活躍ができますことを御祈念をいたしまして、閉会の挨拶とさせていただきます。長い間大変ありがとうございました。
○議長(白澤富貴子君) 村長の挨拶を終わります。
 以上で、平成28年松川村議会第1回定例会を閉会します。
 御苦労さまでした。
                                 午後 1時46分 閉会



以上会議のてん末を記載し、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


     平成  年  月  日


         松川村議会議長(旧)


         松川村議会議長(新)


         松川村議会副議長(旧)


         松川村議会副議長(新)


         松川村議会議員


         松川村議会議員