議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松川村

平成27年第 2回定例会−06月05日-01号




平成27年第 2回定例会

                 会  議  日  程

┌──────┬──┬───────┬────────────────────────┐
│ 月  日 │曜日│会     議│      予          定      │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│ 6月 5日│ 金 │本  会  議│一般議案審議、請願・陳情等委員会付託、全員協議会│
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    6日│ 土 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    7日│ 日 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    8日│ 月 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│    9日│ 火 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   10日│ 水 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   11日│ 木 │本  会  議│一般質問                    │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   12日│ 金 │委  員  会│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   13日│ 土 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   14日│ 日 │休     日│                        │
├──────┼──┼───────┼────────────────────────┤
│   15日│ 月 │本  会  議│追加議案審議、委員長報告、全員協議会      │
└──────┴──┴───────┴────────────────────────┘

付 議 事 件
 専決第 1号 松川村税条例の一部を改正する条例
 専決第 2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第9号)
 専決第 4号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 専決第 5号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
 専決第 6号 平成26年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 専決第 7号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第 8号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)
 報告第 3号 平成26年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第25号 平成27年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 議案第26号 平成27年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)
 議案第27号 介護保険に関する事務の事務委託に関する規約の変更について
 議案第28号 大糸線信濃松川〜安曇沓掛間反川踏切拡幅工事の協定の締結について



                   請願一覧表

 請願
┌─────┬───────────────────┬───────────┬─────┐
│受付年月日│     件       名     │   請 願 者   │ 紹介議員 │
├─────┼───────────────────┼───────────┼─────┤
│ 27. 5.29 │「安保法制(関連法案)」の審議は慎重に│松川村5721-154    │上田治美 │
│     │行うよう意見書提出を求める請願    │松川村9条の会    │     │
│     │                   │代表 成瀬 政博   │     │
└─────┴───────────────────┴───────────┴─────┘



             平成27年松川村議会第2回定例会
          村政に対する一般質問通告並びに質問事項、順位

┌──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┐
│順位│議席│ 氏    名 │     質  問  事  項     │答弁を求める者│
├──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┤
│6月11日(木)午前10時から                           │
├──┬──┬───────┬────────────────────┬───────┤
│ 1 │ 4 │梨子田 長 生│1 空き家対策について         │村長     │
│  │  │       │2 ひとり親の学び直しを支援について  │村長     │
│  │  │       │3 伊の神墓地について         │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 2 │12│上 田 治 美│1 「平和安全法制」に関連して     │村長     │
│  │  │       │2 福祉について            │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 3 │10│平 林 幹 張│1 地域医療の充実           │村長     │
│  │  │       │2 農業振興              │村長     │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 4 │ 5 │佐 藤 節 子│1 松川村の安心、安全に対する村民要望に│村長     │
│  │  │       │  ついて               │       │
│  │  │       │2 友好都市交流について        │村長     │
│  │  │       │3 地方創生に対する松川村の取り組みにつ│村長     │
│  │  │       │  いて                │       │
├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤
│ 5 │ 6 │矢 口 あかね│1 女性が活躍する社会の実現      │村長     │
│  │  │       │2 空き家対策特別措置法施行に伴う対応 │村長     │
│  │  │       │3 長野県地方税滞納整理機構の現状   │村長     │
└──┴──┴───────┴────────────────────┴───────┘



           平成27年松川村議会第2回定例会会議録
                                     〔第1号〕

┌──────────┬───────────────────────────────┐
│招集年月日     │     平成27年6月 5日                 │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│招集場所      │     松川村役場議場                    │
├──────────┼───┬───────────────┬───┬───────┤
│開閉会日時     │開 会│平成27年 6月 5日 午前10時00分│議 長│平 林 寛 也│
│          ├───┼───────────────┼───┼───────┤
│及び宣告      │散 会│平成27年 6月 5日 午後 0時25分│議 長│平 林 寛 也│
├──────────┼───┼───────┬───┬───┼───┴───┬───┤
│応(不応)招議員及び │議席?│氏     名│出 欠│議席?│氏     名│出 欠│
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席並びに欠席議員 │ 1 │平 林 寛 也│ ○ │ 7 │勝 家   尊│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│出席12名 欠席 0名 │ 2 │茅 野 靖 昌│ ○ │ 8 │白 澤 富貴子│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│   凡例     │ 3 │太 田 繁 義│ ○ │ 9 │草 間 正 視│ ○ │
│          ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ○…出席を示す  │ 4 │梨子田 長 生│ ○ │ 10 │平 林 幹 張│ ○ │
│ △…欠席を示す  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│ ×…不応招を示す │ 5 │佐 藤 節 子│ ○ │ 11 │百 瀬   清│ ○ │
│ △公…公務欠席  ├───┼───────┼───┼───┼───────┼───┤
│          │ 6 │矢 口 あかね│ ○ │ 12 │上 田 治 美│ ○ │
├──────────┼───┴───┬───┴───┼───┴───┬───┴───┤
│会議録署名議員   │3番     │太 田 繁 義│4番     │梨子田 長 生│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│職務のため出席した者│事務局長   │白 澤   繁│書記     │若 林 祐 子│
├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │村長     │平 林 明 人│建設水道課長 │須 沢 和 彦│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│法第121条により説│副村長    │梨子田 公 雄│教育次長   │原   勇 一│
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│明のため出席した者の│教育長    │西 澤   勇│社会教育課長兼│古 畑 元 大│
│          │       │       │公民館長   │       │
│職・氏名      ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │総務課長   │平 林 秀 夫│総務課統括課長│太 田 健 一│
│   全員出席   │       │       │補佐     │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │税務課長   │伊 藤 勇 二│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │会計管理者兼会│大 澤   浩│       │       │
│          │計課長    │       │       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │住民課長   │丸 山   稿│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │福祉課長   │丸 山 正 芳│       │       │
│          ├───────┼───────┼───────┼───────┤
│          │経済課長   │白 沢 庄 市│       │       │
├──────────┼───────┴───────┴───────┴───────┤
│議事日程      │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議に付した事件  │            別紙のとおり             │
├──────────┼───────────────────────────────┤
│会議の経過     │            別紙のとおり             │
└──────────┴───────────────────────────────┘



               本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 村長あいさつ
日程第4 諸般の報告
日程第5 議案の上程
 専決第 1号 松川村税条例の一部を改正する条例
 専決第 2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 専決第 3号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第9号)
 専決第 4号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
 専決第 5号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
 専決第 6号 平成26年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)
 専決第 7号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
 専決第 8号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)
 報告第 3号 平成26年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書について
 議案第25号 平成27年度松川村一般会計補正予算(第1号)
 議案第26号 平成27年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)
 議案第27号 介護保険に関する事務の事務委託に関する規約の変更について
日程第6 人権擁護委員候補者の推薦について
日程第7 請願・陳情の委員会付託



                                 午前10時00分 開会
○議長(平林寛也君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は12名全員です。
 定足数に達しておりますので、これから平成27年松川村議会第2回定例会を開催します。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。
 会議に入る前にお諮りをします。
 本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして、議長において会議録を修文させていただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、本会議の発言で不適切な用語等があれば、その部分については、言い間違えとして会議録を修文することに決定しました。
△日程第1 会議録署名議員の指名
○議長(平林寛也君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、松川村議会会議規則第125条の規定により、3番 太田繁義議員、4番 梨子田長生議員を指名します。
△日程第2 会期の決定
○議長(平林寛也君) 日程第2 会期の決定についてを議題とします。
 会期等につきましては、議会運営委員会において審議がされていますので、委員長より報告を願います。議会運営委員長。
◎議会運営委員長(佐藤節子君) (報告)
○議長(平林寛也君) 議会運営委員長報告に対する質疑を受けます。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) これで議会運営委員長報告を終わります。
 本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり、本日から6月15日までの11日間としたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月15日までの11日間と決定しました。
△日程第3 村長あいさつ
○議長(平林寛也君) 日程第3 村長挨拶を願います。村長。
◎村長(平林明人君) おはようございます。きょうはちょっと涼しいわけでありますけれども、夏を思わせる日が続き、農家の皆様はそろそろ雨をと願っていると思います。
 本日、平成27年第2回定例議会を招集いたしましたところ、全議員皆様に大変お忙しい中、御出席をいただきまして、開会できますことに感謝を申し上げます。
 今年は昨年と違い、遅霜や降ひょうもなく、今のところ農作物、特に果実類を順調に成長しているようであります。もう一雨欲しいところでありますけれども、豊作であってほしいと皆様とともに願うところであります。
 新年度に入り2カ月が過ぎ、多くの管理者の皆様に交代をしていただきましたが、しっかりと村民のために働いていただいております。
 交流先の台湾への訪問に議会議員皆様全員を御参加をいただき、感謝をしておりますが、訪問日の関係で定例会がいつもより早目の会期となり、予定が狂った方もおいでではないかと思っておりますが、よろしくお願いをしたいと思います。
 最近の村政等の状況について若干申し上げます。
 まず、地域おこし協力隊についてであります。
 今回の補正予算に計上させていただいておりますけれども、総務省が地方への人口定着と地方の地域力の維持・強化を図ることを目的に取り組んでいる地域おこし協力隊の導入を進めたいと考えております。
 年度途中ではありますが、4名の協力隊員を募集し、各分野で活躍していただくよう検討を進めているところでございます。
 続きまして、鹿港鎮との友好都市交流についてであります。
 一昨年、友好都市協定を結びました鹿港鎮との交流も、間もなく丸2年が経過いたします。これまで中学生の相互交流を初めとして、協定締結記念訪問旅行など友好都市の協定に基づいて順調に相互交流が図られております。
 協定2周年を記念しまして企画いたしました旅行には、議会の皆様を初め34名の皆様からお申し込みをいただきました。総務課長を団長とする訪問団の皆様には今月19日から5日間の日程で鹿港鎮を訪問いただき、響岳太鼓の披露やドラゴンボートレースへの参加など、地元の方々との交流も予定されております。今まで以上に友好が深まるよう期待をしたいと思います。
 なお、鹿港鎮での記念交換会が訪問ツアー団の出発の日となったことから、交換会出席のため17日出発で村長以下6名が訪問することとなり、訪問団議員の中から2名の方に先発していただくということになりまして、感謝を申し上げております。よろしくお願いをいたします。
 次に、交通安全についてであります。
 村の交通死亡事故ゼロ日数は1,734日と継続中ではありますが、今年の交通事故発生件数は5月末で14件、昨年度比7件増、けがをされた方は22人、昨年度比16人増という状況であります。事故の傾向は午前中、信号のない交差点での出会い頭の事故で、運転手は30代から50代の働き盛りの世代が起こす事故が多く発生しております。いつ悲惨な死亡事故につながってもおかしくないくらいの状況であります。
 地区の交通防犯部長等の協力を得ながら、街頭指導の実施や広報等で村民に周知しているところでありますけれども、これからも警察と連携しながら交通安全に積極的に取り組んでまいります。
 なお、警察の情報では午前中徹底的に松川村を取り締まるということでありますので、特に御注意をいただきたいというように思います。
 続きまして、松川村職員のデフリンピック参加の報告であります。
 村福祉課勤務の中村晃大君が、3月28日から4月5日にロシアで行われました聴覚障害者のオリンピックであるデフリンオリンピックに日本の代表選手として出場いたしました。
 出場したアルペンスキー5種目のうち、総合で6位、大回転で6位、回転では4位入賞と大健闘をいたしました。
 出発に際し、議会の皆様にも激励壮行会でお見送りいただくなど、多くの村民の方に応援をいただいたおかげと感謝を申し上げております。
 昨日、中村君の報告会を職員のためにやっていただきました。大勢の職員が出席をして中村君の活躍に拍手を送ったところであります。
 次に、松川村山の日の植樹祭の開催についてであります。
 本年も4回目を迎えた安曇野松川村山の日である5月16日土曜日に、馬羅尾高原の村有林内において植樹祭を開催いたしました。小学生や村民の皆様約120人がコナラやクリ、抗体性アカマツなど700本余りを植え、山の恵みに感謝するとともに、森林を守り育てる意識の高揚を図ることができました。
 国・県でも山の日が制定され、登山を始めとするさまざまな野外活動を通じた行事が行われる見込みでありますけれども、村としても今後も植樹を通じた美しい里山を守る取り組みを継続していく考えであります。
 続きまして、中学校修学旅行生の農家民泊の受け入れについてであります。
 本年は首都圏や大阪府などから15校、1,700名の生徒が松川村を訪れます。既に6校の受け入れを行いましたけれども、多くの受け入れ農家の皆様に御協力をいただき、無事受け入れができたことに感謝をいたしております。
 村の豊かな自然と田園風景の中で、都会ではなかなか経験できない貴重な農業体験や、農家の皆さんとの心温まる交流に多くの生徒が感激をし、昨年に引き続き3年連続で訪れた学校もあります。
 今後も農家の皆さんの協力をいただき、受け入れ体制の充実を図り、多くの修学旅行生に松川村のさまざまな魅力を体験してもらうように努めてまいりたいというように思います。
 続きまして、第4回安曇野まつかわ五月の風音楽祭についてであります。
 5月24日にはリンリンパークを主会場に第4回安曇野まつかわ五月の風音楽祭が行われ、約800人の方においでをいただき、盛大に開催されました。地元関係者、ボランティアの皆様に多大な御協力をいただき実施することができました。
 関係の皆様に感謝を申し上げますとともに、来年は5周年となる音楽祭の開催に期待しているところであります。
 本日上程いたします議案の概要を若干申し上げます。
 専決第1号 松川村税条例の一部を改正する条例及び専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例は、地方税法の一部を改正する法律等が公布されたことによる条例改正であります。
 専決第3号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第9号)は、年度末の計数整理をしたもので、歳入歳出それぞれ2,190万4,000円追加するもので、主なものは歳入では、村税、地方交付税、国庫支出金の追加と自動車取得税交付金、県支出金、基金繰入金等の減額で、歳出では、企画費の公共施設等整備基金の積立金の増と、各種事業終了に伴う計数整理の減額が主なものであります。
 専決第4号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)から、専決第8号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)までは、各特別会計等の補正予算で、年度末の計数整理であります。
 報告第3号 平成26年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書につきましては、6事業を繰り越す内容であります。
 議案第25号 平成27年度松川村一般会計補正予算(第1号)は、歳入歳出それぞれ9,416万9,000円を追加する内容であります。主なものは、歳入では、社会資本整備総合交付金の交付決定に伴う国庫支出金、強い農業づくり交付決定に伴う県支出金、コミュニティ助成事業採択による諸収入等の計上で、歳出は、地域おこし協力隊募集等にかかわる経費及びコミュニティ助成にかかわる経費を総務費で、強い農業づくり補助及び維持管理適正化事業を農林水産費で、地域活動助成事業を消防費で計上をさせていただいております。
 いずれも提案時には、担当者に細部にわたり説明をいたさせますので、よろしく御審議をいただきましてお認めをいただきますようお願いを申し上げます。
 長くなりますけれども、どうぞよろしくお願いをいたします。
○議長(平林寛也君) これで村長挨拶を終わります。
△日程第4 諸般の報告
○議長(平林寛也君) 日程第4 諸般の報告をいたします。
 お手元に配付の諸般の報告を事務局に朗読させます。事務局長。
◎事務局長(白澤繁君) 諸般の報告(議会関係)。
 前定例会以降に各議員が出席した一部事務組合議会等の主なものを報告する。
 1.社会福祉法人 大北社会福祉事業協会第2回評議員会
  開催期日  平成27年5月22日
  出席議員  平林議長
  審議事項等 ・平成26年度補正予算の専決処分報告
        ・平成26年度決算の認定
        ・就業規則の一部改正
  審議結果等 決算を認定
        議案を原案のとおり同意
 2.北アルプス広域連合議会5月定例会
  開催期日  平成27年5月25日
  出席議員  平林議長、白澤副議長、佐藤議員
  審議事項等 ・副広域連合長の選任について
        ・監査委員の選任について
        ・介護老人保健施設設置及び管理に関する条例の一部改正外1件の専決処分報告
        ・平成26年度各会計補正予算の専決処分報告
        ・平成27年度各会計補正予算の専決処分報告
        ・財産の取得について
        ・介護保険条例の一部改正について
        ・平成27年度一般会計補正予算
  審議結果等 ・副広域連合長に小谷村長 松本久志氏を選任
        ・監査委員に大町市議会議員 小林治男氏を選任
        ・高規格救急自動車1台の財産取得を議決
        ・外各議案を原案のとおり可決
 以上です。
△日程第5 議案の上程
○議長(平林寛也君) 日程第5 議案の上程を行います。
 専決第1号 松川村税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。税務課長。
◎税務課長(伊藤勇二君) それでは、専決第1号 松川村税条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明をさせていただきます。
 今回の改正は、地方税法等の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が、平成27年3月31日にそれぞれ公布され、一部を除き平成27年4月1日に施行されたことから、松川村税条例について必要な改正を行うものでございます。
 主な内容でございますが、まず全ての税に共通する改正となりますが、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆるマイナンバー制度の施行に伴い、規定の整備が行われました。
 次に個別では、まず住民税の関係で、外国法人及び恒久的施設に関する規定の整備、法人村民税の税率適用区分である資本金等の額にかかわる改正に伴う規定の整備、所得税における国外転出時課税の創設に伴い、個人住民税所得割の課税標準の計算において当該譲渡所得については所得税法の計算の例によらないものとなった内容、住宅ローン減税措置の対象期間の延長、ふるさと納税の申告の特例の整備などが主な内容でございます。
 次に、固定資産税です。地方税におけるわがまち特例の範囲の拡大に伴い、村で定める軽減割合の整備、土地に対する固定資産税の特例の負担調整措置の延長に伴う規定の整備が主な内容でございます。
 軽自動車関係では、税率の引き上げが1年延長されたことによる規定の整備と、一定の環境性能を有する軽四輪等について、グリーン化特例が導入されました。
 たばこ税関係では、旧3級品の特例が廃止されました。
 以上が主な内容でございます。
 それでは、1ページから各条文の説明をさせていただきます。
 まず第1条、松川村税条例の一部改正をお願いいたします。
 第2条関係ですが、マイナンバー制度に伴う規定の整備を行うものでございます。
 次に、第23条関係は、外国法人及び恒久的施設にかかわる規定を法人事業税と同様にするものでございます。
 第31条関係は、法人住民税均等割の税率適用区分である資本金等の額にかかわる改正に伴う規定の整備でございます。
 第33条関係は、所得税における国外転出時課税の創設に伴い、個人住民税所得割の課税標準の計算において当該譲渡所得については所得税法の計算の例によらないものとするものでございます。
 2ページをお願いします。
 第36条の2です。こちらはマイナンバー制度に伴う規定の整備でございます。
 第36条の3の3は、所得税法改正による項ずれを修正するものでございます。
 第48条、第50条は、法人税法改正に伴います項ずれを修正するものでございます。
 第51条は、マイナンバー制度に伴う規定の整備でございます。
 第57条、59条は、地方税法改正による項ずれを修正するものでございます。
 第63条の2、63条の3、第71条、74条、74条の2、89条、90条、ページがかわりますが、第139条の3、第147条につきましては、マイナンバー制度に伴う規定の整備を行うものでございます。
 次に、中段から附則の改正でございますが、附則第4条は法人税法改正に伴います条ずれによるものでございます。
 附則第7条の3の2は、個人住民税における住宅ローン控除適用期限の延長でございます。
 附則第9条、ページがかわりまして第9条の2は、ふるさと納税の申告特例について規定したものでございます。
 附則第10条の2は、わがまち特例の範囲の拡大に伴い割合を定める規定の整備でございます。
 5ページになりますが、附則第10条の3は、マイナンバー制度による規定の整備でございます。
 附則第11条、附則第11条の2、附則第12条、附則第13条は、地方税法改正に伴う固定資産税の特例期間の延長でございます。
 附則第15条は、特別土地保有税の課税の特例の年度を改正するものでございます。
 附則第16条は、一定の環境性能を有する軽自動車について、燃料性能の応じたクリーン化特例の規定を整備するものでございます。
 6ページ、最下段の附則第16条の2を削除する関係ですが、旧3級品の製造たばこにかかわる特例税率を廃止し、平成28年4月1日から平成31年4月1日までの間に段階的に税率を引き上げるということで削除する内容でございます。
 続きまして7ページからになりますが、松川村税条例の一部を改正する条例の一部改正をお願いいたします。
 第2条関係は、平成26年9月9日付松川村税条例第31号の一部を改正するものでございますが、内容は軽自動車の税率改正の1年先送りと、先ほど御説明いたしましたグリーン化特例を加える内容でございます。
 次に、8ページから附則でございますが、第1条は施行期日の規定でございます。この条例は平成27年4月1日からの施行でございますが、次の各号に掲げるものにつきましては、上位法との関連もございまして記載の期日からの施行となります。御確認をお願いしたいと思います。
 第2条は、村民税に関する経過措置を規定するものでございます。別段の定めのあるものを除き、平成27年度以降が新条例の適用となることを規定しておりますが、施行日以前に提出された申告書等については従前の規定を適用するものでございます。
 9ページ中段からになりますが、第3条は固定資産税に関する経過措置を規定するものでございます。別段の定めのあるものを除き、平成27年度以降が新条例の適用となることを規定しておりますが、住民税と同じく、施行日以前に提出された申告書等については従前の規定を適用するものでございます。
 10ページになりますが、第4条は軽自動車税に関する経過措置を規定するものでございます。該当する改正について、マイナンバー制度の施行の日以降に提出する申告書について適用となることの規定と、軽自動車税の税率について、平成28年度分の軽自動車税について適用となることを規定しております。
 第5条は、村たばこ税に関する経過措置を規定するものでございます。非常にこれ長い条文になっておりますが、16ページまでわたっております。こちらのほうは旧3級品のたばこ税の特例の段階的廃止に伴う規定でございます。
 ページ飛びまして、16ページ下段になりますが、第6条、第7条それぞれは特別土地保有税と入湯税に関する経過措置を規定するものでございます。該当する改正について、マイナンバー制度の施行の日以降に提出する申請書について、適用となることを規定しております。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会の招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成27年3月31日 専決 松川村長名。
 平成27年6月5日 報告 松川村長名。
 以上、御説明いたしましたが、御審議の上、御承認いただきますよう、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第1号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例を議題とします。
 提案者の説明を求めます。税務課長。
◎税務課長(伊藤勇二君) それでは、専決第2号 松川村国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明をさせていただきます。
 松川村国民健康保険税条例の一部を次のように改正するということで、今回の改正につきましては課税限度額の引き上げ、軽減対象者の拡大が主な内容でございます。
 まず第2条関係ですが、第2項は国民健康保険税にかかわる課税限度額について、基礎課税額にかかわる課税限度額を51万円から52万円に、第3項は後期高齢者支援金等課税限度額を16万円から17万円に、第4項は介護納付金課税額に係る課税限度額を14万円から16万円にそれぞれ引き上げる内容でございます。
 続きまして、第23条関係ですが、減額を行った後の基礎課税額にかかわる上限額を51万円を52万円に、後期高齢者支援金等課税上限額を16万円から17万円に、介護納付金課税額にかかわる課税上限額を14万円から16円にそれぞれ引き上げ、同条2号中、軽減判定の加算額を5割が24万5,000円を26万円に、2割軽減を45万円を47万円に改める内容でございます。
 附則としまして、施行期日は平成27年4月1日でございます。また適用区分として改正後の松川村国民健康保険条例の制定は、平成27年度以降の年度分の国民健康保険税について適用するという内容でございます。
 地方自治法第179条第1項の規定により、議会の招集する時間的余裕がないと認めるので専決処分する。
 平成27年3月31日 専決 松川村長名。
 平成27年6月5日 報告 松川村長名。
 以上、御説明いたしましたが、御審議の上、御承認いただきますよう、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第2号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第3号 平成26年度松川村一般会計補正予算(第9号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正、専決につきましては、事業費の確定、執行済みに伴います補正でございます。歳出につきましては、公共施設等整備基金への積み立てが主なものでございます。
 計数整理が主なものでございますので、各項目での担当課長等からの説明は大きなもののみとさせていただきます。また、歳出の人件費につきましても計数整理でございますので、担当課長からの説明は省略させていただきますのでよろしくお願いします。
 まず、6ページをお願いします。第2表繰越明許費の補正でございますけれども、総務費で3事業、商工費で1事業、土木費で2事業の明許費の計上でございますので、ごらんをいただきたいと思います。
 それでは10ページをお願いします。まず総務課関係から御説明申し上げます。
 下段の2款地方譲与税から12ページ中段、交通安全対策費特別交付金につきましては、額の確定見込みによるものでございます。
 15ページをお願いします。下段になります。下段の1目総務費国庫補助金につきましては、マイナンバー制度システム整備費の額の確定によります減額です。
 次ページ、16ページですが、消防費国庫補助金から23ページまででございますけれども、こちらつきます諸収入まで額の確定見込みに伴う計上でございます。
 次に、歳出の関係になりますが、24ページお願いします。
 総務費の一般管理費から次ページ、財産管理費は、額確定見込みによります計数整理でございます。
 26ページ下段、企画費になりますが、次ページ上段で基金積み立てを行っております。その下の8目自治振興費、2つ下の12目人づくり推進費は額の確定見込みによります計数整理、次ページの13目総合行政情報費は、委託料、OAシステムサポート料、マイナンバー制度システム整備費が大幅に減額となっております。
 30ページから32ページ上段の選挙費につきましては、実績に伴います計数整理でございます。
 飛びますが、47ページをお願いします。中段の都市計画費、下段の消防費から次ページになりますが、次ページの消防費の関係ですが、計数整理に伴うもので記載のとおりでございます。
 最後に58ページをお願いします。こちらの一番下の予備費でございますが、こちらも計数整理によるものでございますので、記載のとおりです。ごらんをいただきたいと思います。
 総務課関係、以上です。
○議長(平林寛也君) 税務課長。
◎税務課長(伊藤勇二君) それでは税務課歳入関係、9ページ上段からお願いいたします。
 まず款1項1目1個人の住民税、村民税でございますが、確定見込みによる増額でございます。要因につきましては景気の上向きと現時点では分析しております。
 また、目2の法人村民税につきましても、確定見込みによる増額となっておりますが、こちらも申告結果に基づくものでございますが、業績の上向きと考えております。
 続きまして、項2目1の固定資産税でございます。こちらも決算見込みによる増額でございます。こちらの増の要因といたしまして、企業などの設備投資による償却資産の伸びと分析しております。
 項3目1の軽自動車税につきましては、確定見込みによる増額でございます。
 10ページをお願いいたします。中段です。項4目1のたばこ税、また項5目1の入湯税につきましては、それぞれ額の確定による増額でございますので、御確認をお願いしたいというように思います。
 11ページをお願いいたします。款3の利子割交付金、款4配当割交付金、款5の株式等譲渡所得割交付金につきましても、額の確定による増額ですので、よろしくお願いいたします。
 続きまして歳出関係、28ページ中段をお願いいたします。目1の税務総務費、目2の賦課徴収費につきましては、それぞれ額の確定による計数整理でございますので、よろしくお願いいたします。この中で滞納整理機構34万8,000円減額しておりますが、26年度につきましては整理機構のほうにお願いといいますか、移管する案件がなかったということでございます。
 税務課は以上でございます。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) それでは、住民課関係をお願いしたいと思います。
 初めに14ページをお願いいたします。
 14ページ、1目総務手数料につきましては、窓口業務の交付手数料の額確定によります計数整理となっております。
 2目衛生手数料は、犬の登録、注射関係の計数整理、清掃手数料につきましても額確定による計数整理となっております。
 続きまして、15ページ中段になります。1目民生費国庫補助金でありますけれども、2節児童手当費負担金は交付額確定による計数整理でございます。
 続きまして、16ページ下段をお願いいたします。1目1節、2目1節ともに額確定によります計数整理でございます。
 続きまして17ページ、1目民生費県負担金2節児童手当費負担金は、負担金額確定による計数整理でございます。
 下段行きまして、1目民生費県補助金2節医療特別給付費補助金は、額確定による計数整理でございます。
 続きまして、18ページをお願いいたします。下段1目1節人口動態調査委託金は、額確定によります計数整理となっております。
 少し飛びまして、21ページをお願いいたします。中段になりますが、1目の福祉事業貸付金元利収入は、貸付金がなかったための計数整理でございます。
 続きまして、22ページをお願いします。3目の雑入ですけれども、下から9番目のアルミ等売却代は売却単価変更による増の計数整理でございます。
 23ページ2番目、自動車用急速充電器の助成につきましても、事業確定による増の計数整理となっております。
 続きまして、27ページをお願いいたします。
 歳出になります。9目、11目とも額確定によります計数整理となっておりますので、お願いいたします。
 続きまして、29ページ下段になります。戸籍住民基本台帳費につきましては、事業確定による計数整理となっております。
 続きまして、飛びまして33ページをお願いいたします。下段の28節の繰出金は、国保健康保険特別会計への繰出金確定による計数整理となっておりますのでお願いいたします。
 続きまして34ページ、34ページ下段から35ページにつきましては、3目の医療特別給付費は保健医療費執行に伴う計数整理でございます。
 また21節につきましては、貸付金がなかったための計数整理となっております。
 下段へ行きまして、6目老人医療費は、健診委託料確定による計数整理、繰出金は後期高齢者医療特別会計への繰出金確定によります計数整理でございます。
 36ページをお願いいたします。一番下段になりますけれども、3目の児童措置費につきましては支払額確定に伴う計数整理でございます。
 続きまして、38ページをお願いいたします。38ページ中段、1目国民年金事務取扱費につきましても、事業確定による計数整理となっております。
 続きまして、40ページへお願いいたします。40ページ下段、4目環境衛生費は事務完了に伴う計数整理、また太陽光発電システムにつきましては、補助の実績に伴います大幅な減となっておりますのでよろしくお願いいたします。
 41ページ、1目清掃総務費、2目清掃費につきましては、事業確定による計数整理でございます。
 住民課関係は以上でありますので、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) それでは福祉課関係、歳入12ページ下段をお願いいたします。
 款11目1民生費負担金節1社会福祉費負担金は、額の確定によるものでございます。
 続いて、13ページ中段をお願いいたします。款12目1民生使用料につきましては、松香荘の施設使用料と社会就労センター使用料の額の確定に伴うものでございます。
 続いて、15ページ中段をお願いいたします。款13目1民生費国庫負担金節1社会福祉費負担金でございますが、これにつきましても交付額確定によるものでございます。
 続いて、目2衛生費負担金の関係につきましては、事業確定に伴うものでございます。
 それから、項2国庫補助金目2民生費国庫補助金は、交付額決定によるものでございます。
 それから、その下の目3衛生費国庫補助金につきましては、これにつきましても交付額の確定によるものでございます。
 16ページ下段をお願いいたします。款13目2民生費委託金節2児童福祉費委託金でございますが、これにつきましても事務費の確定によりますものでございます。
 続いて17ページでございますが、款14目1民生費県負担金節1社会福祉費負担金につきましては、交付額確定によるものでございます。
 1つ飛びまして、節3生活保護費負担金につきましては、社会就労センター事務費の額の確定に伴うものでございます。
 続いて、目2衛生費負担金につきましても確定によるものでございます。
 続いて、その下の項2県補助金目1民生費県補助金節1の社会福祉費補助金の関係につきましても、事業確定に伴うものでございます。
 それから一番下段の目2衛生費県補助金の関係につきましても、額の確定によるものでございます。
 続いて、21ページ、ちょっと飛びますが、21ページ下段をお願いいたします。款19諸収入目1民生費受託事業収入の関係でございますが、社会就労センター受託事業確定に伴うものでございます。
 続いて、23ページをお願いいたします。款19諸収入節2の地域支援事業費の収入でございます。それから、その下の節3の地域包括支援センター収入につきましては、事業確定によるものでございます。
 続きまして、歳出をお願いいたします。
 32ページをごらんいただきたいと思います。32ページ中段から33ページにかけまして、款3の民生費目1の社会福祉総務費でございますが、事業確定による計数整理でございます。このうち33ページ中段の節20の扶助費の関係でございますが、給付費等が減となっております。
 続いて、下段の目2老人福祉費は34ページまでわたっておりますが、事業確定に伴う計数整理でございます。
 それから、続いて35ページ中段をお願いいたします。目4老人福祉施設費ですが、ゆうあい館と松香荘の実績に伴う計数整理でございます。
 37ページをお願いいたします。目1授産施設総務費でございますが、続いて38ページの目2授産施設運営費まで、就労センターの実績に伴う計数整理でございますのでお願いいたします。
 38ページ下段、款4目1保健衛生総務費につきましては、実績による計数整理でございます。
 それから39ページをお願いいたします。目2予防費でございますが、40ページまでかけておりますが、実績による計数整理でございます。主なものとして11需用費で医薬材料費の関係の減、それから節13委託料の関係では、妊婦乳児健康診査及び個別予防接種、健診委託料等が減になっておるものでございます。
 40ページ中段をお願いいたします。保健センター管理費でございますが、実績による計数整理でございます。
 福祉課関係は以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) それでは経済課関係、歳入、13ページ下段よりお願いいたします。
 款12使用料及び手数料目2農林水産業手数料及び下段の目3商工使用料ですが、実績に伴う増減額でございます。
 15ページ上段をお願いいたします。項2手数料目3農林水産業手数料は、実績による増額でございます。
 18ページ上段をお願いいたします。款14県支出金目3農林水産業費補助金及び下段の目4商工費補助金は、事業確定に伴う増減額でございます。
 20ページ下段をお願いいたします。款17繰入金目2温泉施設及びふれあい交流センター整備基金繰入金ですが、温泉施設すずむし荘の施設修繕費等の額の確定に伴い、基金繰入金を減額するものです。
 22ページ下段をお願いいたします。款19諸収入目3の雑入、23ページまで続いておりますが、経済課関係、4項目ほどございますが、額の確定によるものでございます。
 続いて歳出関係、41ページ下段をお願いいたします。款5農林水産業費目1の農業委員会費から43ページの目6土地改良費までは実績に伴う計数整理でございますが、目1の農業委員会費節13の委託料は入札差金による大幅な減額、また目4地域営農支援事業費節19負担金補助及び交付金、経営体育成支援事業補助金が大幅な減額となっております。
 43ページをお願いいたします。下段の目1林業振興費、44ページまで続いておりますが、実績に伴う計数整理でございます。
 44ページ中段の款6商工費、これ45ページまで続いておりますが、実績に伴う計数整理でございますが、目1の商工総務費節22の補償金が大幅な減額、節3の交流施設総務費節11の修繕料が大幅な減額となっております。
 経済課関係、以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは建設水道課関係、御説明いたします。
 初めに歳入関係、13ページをお願いいたします。下段の12款使用料及び手数料4目の土木使用料につきましては、公営住宅使用料及び道路使用料の追加でございます。実績に伴う計数整理です。
 続いて16ページをお願いいたします。上段の13款国庫支出金4目の土木費国庫補助金でございますが、交付額の決定による減額でございます。
 続きまして歳出、飛びますが、45ページをお願いいたします。45ページ下段の7款土木費1項の土木管理費から47ページ上段の4項の住宅費にかけまして、それから上から3段目の7項の施設整備費につきましても、実績に伴う計数整理で記載のとおりでございます。
 なお、46ページの3目の道路新設改良費につきましては、国庫支出金の決定額が大幅に減少したことに伴います大きな減額となっております。
 建設水道課関係は以上です。
○議長(平林寛也君) 教育次長。
◎教育次長(原勇一君) それでは教育委員会関係、子育て応援課、学校教育課関係お願いいたします。
 先に12ページをお願いいたします。下段、款11項1目1節2児童福祉費負担金でございますが、保育園の保育料の実績に伴うものでございます。
 飛びまして16ページをお願いいたします。上段からですが、款13項2目6の教育費国庫補助金でございますが、交付額の確定に伴うものでございます。
 18ページをお願いいたします。款14項2目6教育費補助金でございますが、子どもプラン関係の交付額確定に伴うものでございます。
 続きまして、歳出をお願いいたします。36ページでございます。
 款3項2目1児童福祉総務費及び目2保育園費でございますが、実績に伴う計数整理でございます。
 飛びまして、49ページお願いいたします。下段からになりますが、款9項1目1教育委員会費、目2事務局費、あと次のページに行きまして目3教員住宅費、目4スクールバス運行費、それぞれでございますけれども、実績に伴う計数整理でございます。
 続きまして、同じく50ページでございますけど、下段、小学校費でございます。目1学校管理費、目2教育振興費、それぞれ実績に伴います計数整理でございます。
 続きまして、52ページをお願いいたします。中学校費でございます。こちらも目1学校管理費、目2教育振興費、ともに実績に伴います計数整理でございます。
 続きまして、55ページをお願いいたします。項4社会教育費の中の目5文化財保護費から、次のページ、目6収蔵施設管理費、目7社会教育振興費でございますが、それぞれ実績に伴います計数整理でございます。
 子育て応援課、学校教育課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(古畑元大君) それでは社会教育課関係、お願いいたします。
 歳入の13ページをお願いいたします。下段から次ページ、5目の教育使用料は、それぞれ額の確定によります増減でありますのでお願いをいたします。
 飛びまして、22ページをお願いいたします。諸収入の3目雑入の関係でございますけれども、社会教育課関係、4項目ほどございますが、事業確定によります増減でありますので、お願いをいたします。
 続きまして、歳出のほうをお願いをいたします。53ページお願いをいたします。
 1目の社会教育総務費、2目公民館費、次ページの3目図書館費、55ページの4目生涯学習推進費は、それぞれ事業終了によります額の確定によります計数整理でありますので、お願いをいたします。
 飛びまして、57ページから58ページにわたります1目の保健体育総務費、2目の体育施設費、次ページ上段3目までの体力増強事業費ですが、それぞれ事業終了によります額の確定によります計数整理でありますので、お願いをいたします。
 社会教育課関係、以上でございます。お願いをいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 歳出の40ページをお願いします。衛生費、4目の環境衛生費19の負補交ですが、先ほど御説明あったんですが、太陽光発電システム設置補助、これ当初予算1,280万円出ていたと思うんですが、こちら1,010万の状況で確定ということなんですが、実際に使われているのか270万ということで、26年度の件数と要因をお願いします。
 それからすみません、もう1点ございます。49ページをお願いします。消防費の19負補交、住宅耐震改修事業180万、こちらが丸々落とされているわけなんですけれども、あわせてこちらの要因もお願いします。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) まず最初に、太陽光発電システムの設置補助の状況ですけれども、議員さんおっしゃられるように270万円の支出となっております。件数につきましては、26年度は18件の補助申請がございました。その前段の話でいきますと、24年が52件、25年が44件ということで、26年になりまして18件ということで大幅な減となっている要因という形ですけれども、以前は住宅リフォームとともにやって、そのころの売電価格、そういったことも影響しながらかなりの利用頻度があったんではないかと。それに伴ってリフォームがなくなり、26年度に対してはそういった新築に伴う、それとあと売電の状況等を加味した中で、設置の件数が減少してきたのではないかと考えられると思っております。以上であります。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 40ページの減額の180万皆減でございますが、当初3件を予定をしておりましたが、耐震工事に至らなかったということで減額となっております。これにつきましては、やはりリフォームもなくなったということもございます。リフォームとあわせてできたわけですけれども、そのリフォームもなくなったというのが、要因の1つではないかというふうに思っております。
 ただ、神城断層地震に伴って皆さん関心はあるようではございますが、実際工事までには至っていない状況でございます。以上です。
○議長(平林寛也君) 矢口議員。
◆6番(矢口あかね君) 両方に重なると思うんですが、今、リフォーム補助金がなくなったのに伴ってという要因の1つにあるのではないかということで、それについてのニーズというのはお聞きになりますか。どちらにお答えいただいても結構です。
○議長(平林寛也君) 村長。
◎村長(平林明人君) 売電価格が安くなったというのが一番大きいというように私は思います。それからですね、リフォームにつきましては、前にもちょっとお話をいたしましたけれども、再考しております。できるだけ早い機会に復活したほうがいいかなという考え方を持っております。
 以上です。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 全体的な話ですけれども、マイナンバーについて入と出が相当減額になっています。この要因と、それから道路新設改良のページ、46ページのほうの歳出の中でもそうですが、入、出が減ってしますが、その要因を教えてください。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) マイナンバーにつきましては、施行日は決まっておりますが、詳細につきまして国からの具体的な指示がなかなか出てきておりません。当初予算で盛ってあります金額が26年度では執行できなかったといったことで減額になっております。一部繰越明許もしておりますが、額が確定にどんどんなってきていますので、減額をさせていただく分、明許をさせていただく分、確定になっておりますけれども、10月1日施行ということで付与されますので、それに基づいて今、国からの指示も待っておるところでございますので、その辺、御理解いただきたいと思います。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 今、御質問の16ページの国庫支出金、新設改良の関係で大幅に減額になっているということでございますが、これにつきましては国の社会資本整備総合交付金の内容でございます。補助率6割の交付金でございますけれども、松川村だけに限ることではございませんが、要望していた額に対しまして大幅に交付額が少なかったということでございます。これにつきましては県内ほかの町村もそうでございますが、国から来るお金でございますが、その辺が大幅に減額されたという内容の減額でございますので、よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第3号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 ここで11時20分まで休憩いたします。
                                 午前11時05分 休憩
                                 午前11時20分 再開
○議長(平林寛也君) 再開いたします。
 続いて、専決第4号 平成26年度松川村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) 今回の補正予算につきましては、歳入額確定による計数整理と、歳出につきましては保険給付費確定に伴う減額の計数整理及び支払準備基金への積み立てが主な内容となっておりますのでお願いいたします。
 7ページをお願いいたします。歳入でありますけれども、1款1目、2目は一般と退職の国庫税額の確定による計数整理です。
 下段、2款1目は督促手数料の額確定による計数整理となっております。
 8ページをお願いいたします。8ページから11ページ上段までの3款から9款繰入金まで、全て額確定による計数整理ということでお願いをしたいと思います。
 続きまして、11ページをお願いいたします。11ページ下段から12ページ、11款諸収入は実績に伴う計数整理です。歳入については以上となります。
 13ページをお願いいたします。歳出でありますが、1款総務費は事務費の計数整理でございます。
 14ページをお願いいたします。2款保険給付費1項療養諸費は1・2目は一般と退職保険者の療養給付費、3・4目は一般と退職保険者の療養費ということ、それとあと5目は審査支払手数料の支払額確定による計数整理となっております。
 14ページ下段から16ページ中段までの2項高額医療費、3項移送費、4項出産育児諸費、5項葬祭諸費についても額確定による計数整理でございます。
 17ページをお願いいたします。下段3校後期高齢者支援金等、17ページ、6款介護納付金は額確定による計数整理でございます。
 中段、共同事業拠出金は、負担金額確定による計数整理でございます。
 下段から18ページ上段の8款保健事業費につきましては、特定健診等の事業確定によります計数整理でございます。
 中段、9款の基金積立金は国庫支払準備基金に積み立てを増額をするものでございます。
 続きまして、下段から19ページの10款、11款につきましては、計数整理でございますのでごらんいただきたいと思います。
 説明は以上になります。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 国保会計の減額たくさんありまして、村の施策、それからそれぞれの担当の取り組み、いろんなものがここにあらわれたかなと思って見せてもらっていました。それで、最終基金の積み立てもたくさんありますし、繰り入れもしないという、そういう状況でありますので何かうれしいわけですけれども、行政側としてはその辺のところ、分析どんなふうにされているのかなというのと、それから積立金はこれで幾らくらいになるのかなというのを2点教えてください。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) まだ細かいものは出ておりませんけれども、うちのほうの見ている部分は、高額な医療費が必要な虚血性心疾患の件数が大分減ってきたんではないかというのが大きな要因の1つではないかと思っております。
 それから、基金の積み立ての残高でございますけれども、26年度末、基金額1億4,359万2,000円程度という形の基金になりますのでお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) 健診の取り組みなんかもここに大きく響いているかなというふうにも思いますので、引き続きそんな形でやっていっていただけるのがいいかなととても感じましたので、その辺のところをお伝えしておきたいと思います。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第4号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第5号 平成26年度松川村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) 今回の専決補正予算につきましては、歳入歳出ともに額確定による計数整理でございます。
 まず最初に、5ページをお願いいたします。歳入でありますが、1款は保険料の額確定による計数整理でございます。
 2款から6ページまでの4款についても、額の確定による計数整理でございます。
 7ページ、歳出をお願いいたします。1款総務費は、事務確定による計数整理、下段、3款諸支出金、8ページ、4款予備費ともに額確定に伴う計数整理でありますのでお願いいたします。
 説明は以上となりますので、よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第5号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第6号 平成26年度松川村公園墓地造成事業特別会計補正予算(第2号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) 今回の専決補正予算は、歳入歳出ともに額確定に伴います計数整理でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入でありますけれども、1款、2款とも事業確定によります計数整理でございます。
 次に歳出、6ページをお願いいたします。こちら1目一般管理費は事業確定に伴う計数整理と、25節の積立金を行うものでございます。
 説明は以上になります。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。白澤議員。
◆8番(白澤富貴子君) すみません、6ページの積立金の金額ですけれども、どのくらいになるでしょうか。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) 26年末でございますけれども、1,957万8,000円でございます。よろしくお願いします。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第6号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第7号 平成26年度松川村特定環境保全公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。今回の補正につきましては受益者負担金、それから下水道使用料等の収入実績に伴います予算調整が主な内容でございます。
 5ページをお願いいたします。歳入では下水道負担金、一番上でございますが、下水道負担金、これは受益者の負担金でございます。下水道接続に伴います受益者負担金の追加がその内容でございます。
 それから使用料、これは下水道使用料でございますが、下水道への接続件数の増加に伴いまして、下水道使用料の追加でございます。
 なお、下水道への接続率につきましては、27年3月末現在でございますが、87.6%という状況となっております。
 次に、上から3段目の手数料でございます。下水道手数料につきましては、実績による追加でございまして、3款の国庫支出金につきましては事業完了に伴います額の確定による減額でございます。
 続きまして、6ページをお願いいたします。公共下水道整備基金の繰入金につきましては、使用料等の増に伴いまして減額調整でございます。
 その下、諸収入につきましては、大町市、それから安曇野市からの汚水の流入量の確定によります受託事業収入の減額でございます。
 続きまして、歳出の7ページお願いいたします。初めに1目の下水道管理費につきましては、8ページの上段にかけまして下水管渠と、それからマンホールポンプの維持管理の実績に伴います計数整理でございます。
 その下、2目の下水道施設管理費、中段のところでございますが、これにつきましては松川浄水苑、それからそれに隣接します、みどりのふれあい公園の維持管理の実績に伴います計数整理でございます。
 それから、下段から9ページの上段にかけまして、公債費につきましては財源の振りかえの調整を行っております。
 それから、9ページの下段でございますが、これにつきましては予備費で、実績によります減額でございます。以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。佐藤議員。
◆5番(佐藤節子君) かなり進んでいると思いますけれども、あと10%くらい下水が接続できない皆さんのその理由というか、それはどんなふうでしょうか。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) 毎年この方々には文書等で個別にお願いしているわけでありますが、一番多い理由はですね、やはり資金ということでございます。下水道をつなぐその工事費がなかなかすぐに確保できないというような理由の方が一番多いということでございます。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第7号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、専決第8号 平成26年度松川村水道事業会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは御説明申し上げます。4ページをお願いいたします。
 初めに、収益的収入及び支出についてでございます。収入では水道料金が増額となりました。そのほかにつきましては、実績に伴う計数整理でございます。
 なお、26年度の1日当たりの平均の給水量でございますが、約2,440立方メートルでございました。
 続きまして、5ページのほうをお願いいたします。支出につきましても収入同様に6ページにかけまして実績に伴います計数整理を行っておりますので、記載のとおりでございます。
 7ページをごらんいただきたいと思います。資本的収入及び支出でございます。収入につきましては給水装置の新設負担金にかかわるもので、これにつきましても実績に伴うものでございます。
 それから下段の支出につきましては、これも工事等完了に伴いましての実績でございまして、減額となっております。以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから専決第8号を採決します。
 本案は原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 続いて、報告第3号 平成26年度松川村一般会計予算繰越明許費繰越計算書についてを議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 先ほど専決第3号でお認めをいただきましたけれども、次ページになります平成26年度松川村繰越明許費繰越計算書でございます。先ほども申し上げましたが、6事業につきまして明許をお願いするものでございます。
 内容につきましては記載のとおりですが、まず初めに総務費の関係、総務管理費、最初のほうですが、行政手続法の改正によります、法改正によります村の例規の整備事業を繰り越す内容です。
 続きましてその下ですが、社会保障番号制度、通称マイナンバーに係りますOAシステムの全般に係ります委託料等の明許でございます。
 その下、地方創生推進費ですが、3月に補正をさせていただきましたが、村の総合戦略に係る委員の報酬から始まりまして、村のホームページの改修費、それから商品の販路拡大費、それからノベルティーグッズ等の開発費等を含めましての金額を繰り越すものでございます。
 その下ですが、これも地方創生の消費喚起の関係、太っ腹商品券、プレミアムつきの商品券の発行業務、その下ですが、道路橋梁費としまして村道3路線につきましての舗装工事費の繰り越し、一番下ですが、村道の2路線に係ります新設改良事業としまして繰り越すもので、以上6事業繰り越す内容でございますので、ごらんをいただきたいと思います。以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑がありませんので、以上で報告を終わります。
 続いて、議案第25号 平成27年度松川村一般会計補正予算(第1号)についてを議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 今回の補正の主な内容を御説明申し上げます。
 歳入につきましては、社会資本整備総合交付金の内示によります国庫支出金、また強い農業づくり交付金決定によります県支出金及びコミュニティ助成事業採択による雑入の計上でございます。
 歳出につきましては、総務費では地域おこし協力隊とコミュニティ助成事業、それから各区への備品の計上、それから農林水産費で強い農業づくり補助金、維持管理事業適正化負担金、消防費ではコミュニティ助成事業が主な内容でございます。
 なお、給料、職員手当、共済費、賃金等の補正につきましては人事異動等に伴うものでございますので、担当課長からの説明は省略させていただきます。
 それでは、総務課関係、6ページからお願いします。
 まず歳入、9款地方交付税ですが、1,748万4,000円、普通交付税を予定をしております。
 それから、下段になります県支出金の土木費国庫補助金6,803万円のうち、一番下の都市計画費補助金6,110万円、こちらにつきましては都市再生整備事業、計画事業によります内示によります、ちひろ公園の工事費、それから子ども未来センターの設計費を予定をして計上してございます。
 続きまして次ページ、8ページをお願いします。繰越金になります。公共施設等整備基金繰り入れ、減額の5,400万円です。先ほど申し上げましたとおり、社会資本整備総合交付金内示によりまして取り崩しを中止する内容でございます。
 その下、諸収入の雑入になりますが、1,403万1,000円のうち、右側2段目、コミュニティ助成事業、各区それから消防に関します金額350万円、それから1つ飛びまして地域活動助成事業300万円、コミュニティ助成等負担金21万円、21万円につきましては交付決定に伴います購入の端数、地元負担金の計上です。歳出でまた御説明申し上げますのでお願いします。
 続きまして総務課関係の歳出ですが、10ページをお願いします。企画費になります。1,176万5,000円の計上でございます。主なものは地域おこし協力隊に関する経費、それから広域の経常経費が主なものでございますが、共済費、賃金、旅費、需用費、役務費、使用料、それから19節の負補交の会員費等出席者負担金、これにつきましては地域おこし協力隊4名分を予定をしております。募集事業ですとか協力隊員の社会保険料、それから賃金、それから旅費につきましては移住セミナーへの参加費、需用費は協力隊員の初期導入費用、燃料費は公用車リースに伴います燃料代、役務費ですが、郵券代と公用車リースによります自賠責の保険料、使用料ですが、車借り上げは今言いました公用車のリース料、それから住宅借り上げといたしまして隊員の住宅への補助を出す金額、それからOAの機器につきましては隊員のパソコンをリースするものでございます。
 それから、備品購入102万9,000円につきましては、細野区で要望がありました獅子頭ほかコミュニティ助成事業採択になりましたので、その計上でございます。
 それから、19節の北アルプス広域連合の経常経費ですが、北アルプス広域に総務課長が県のほうから配備されまして、そのルール分としまして村分の負担金151万4,000円の計上です。
 続きまして、8目の自治振興費256万5,000円ですが、需用費としまして1万5,000円ですが、こちらはコミュニティ宝くじ事業のシール台の作成費、次のページに行って18節の備品購入費255万円ですが、各区の一般コミュニティ事業採択に伴います備品購入費でございます。
 その下、12目の人づくり推進費75万円ですが、9の旅費50万円、それから11の需用費25万円、こちらにつきましては鹿港との交流事業の交換会の公式行事が前倒しになりまして、募集をかけました本体の旅行でいきますと、この公式行事に間に合わないということで、先発6名の職員と議会の皆さん2名分の旅費の計上。それから消耗品ですが、交友会も含めましてお土産等の購入費の計上でございます。
 その下ですけれども、総合行政情報費27万円でございますが、教育委員会が一時3階へ来た部分ですずの音ホールの基幹系のパソコンがなくなってしまいましたので、その部分の1台の購入費の計上です。
 ちょっと飛びまして17ページをお願いします。下段になります。公園費補正額はゼロでございますが、先ほどの交付決定に伴います財源の振りかえでございます。国庫支出金6,110万円を計上しまして、基金の6,100万を取り崩しをやめると、それから一財の10万円を減額するものでございます。内容としましては先ほど申し上げましたが、ちひろ公園の設計監理と工事費、それから子ども未来センターの設計費を見込んでおります。
 次ページをお願いします。18ページになりますけれども、上段の3目消防施設費112万9,000円でございますが、地域活動助成事業、コミュニティ助成事業ですが、消防関係でウオーターカーテンホース、それからバルーン投光器の交付決定によります購入費の計上。
 その下、災害対策費212万1,000円でございますが、需用費としまして2万1,000円、これにつきましては宝くじのシール台の作成費。それから、その下備品購入費210万円ですが、地域活動助成事業としまして、地域防災組織育成事業としまして各区への採択に伴います備品の購入の計上です。
 総務課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 住民課長。
◎住民課長(丸山稿君) それでは住民課関係をお願いいたします。
 まず初めに、6ページをお願いいたします。6ページ下段になりますけれども、3目衛生費国庫補助金11万7,000円でございますけれども、こちらは下水道区域外の神戸区に工房と一般住宅の新築をされる方がおられまして、そちらのところに合併浄化槽5人槽1基を設置に伴います国からの補助金でございます。
 続きまして、7ページ中段、2目衛生費県補助金11万7,000円につきましても、先ほどの説明した合併浄化槽設置に対する県からの補助金の計上でございます。
 8ページをお願いいたします。諸収入のところの雑入の部分でございますが、真ん中のところに後期高齢者医療広域連合補助金ということで54万円の計上でございます。こちらは今年度から始まりました後期の人間ドック利用者増の補助の部分でありますけれども、そちらの形が今現在で利用増が見込んでおりますので、30人分を新たに追加計上するものでございます。
 歳入については以上になります。
 13ページをお願いいたします。3目の医療特別給付費1,000円の計上でございますが、こちらは福祉医療費給付事業審査集計システム改修というものがありまして、そちらを行う負担金の計上でございます。
 6目老人医療費54万円は、委託料で人間ドック25人分45万円を追加計上するものでございます。
 その下、補助金は人間ドックの助成として5人分、9万円を追加計上させていただいておりますので、お願いをしたいと思います。
 15ページをお願いいたします。15ページ下段になりますが、1目の清掃総務費75万円でございますが、入で説明いたしました合併浄化槽設置者に対して補助をする計上でございますのでお願いいたします。
 住民課関係、以上になります。
○議長(平林寛也君) 福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) それでは福祉課関係、歳入7ページ下段をお願いいたします。
 款15財産収入目2物品売払収入で6万4,000円の計上でございますが、今回増刷を予定しております食育推進用の食育かるたの販売収入を計上しております。
 続いて歳出になりますが、15ページ中段をお願いいたします。15ページ中段、款4衛生費目2予防費でございますが、節7賃金31万9,000円でございますが、未就園児を対象としました発達支援事業で、保育士賃金の不足分の計上でございます。
 節8報償費26万5,000円の減額でございますが、大北圏域障害者総合支援センター、通称スクラム・ネットと呼んでおりますが、そこから心理判定員及び理学療法士等の派遣を受けまして、母子発達支援事業を実施しておりますが、本年4月に入り大北管内の町村申し合わせによりまして委託方式に変更することになりまして、報償費での計上を減額いたしまして、節13委託料で新たに母子発達支援業務としまして47万円を計上するものでございます。
 その上の節11需用費36万8,000円でございますが、食育推進のための印刷費で食育かるた100セットを増刷する費用の計上でございます。
 福祉課関係は以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 経済課長。
◎経済課長(白沢庄市君) それでは経済課関係、歳入、7ページ中段よりお願いいたします。
 款14項2目3節2の農業費補助金でございます。4,128万8,000円(同日「4,126万6,000円」の訂正あり)の増額でございますが、強い農業づくり交付金ということで乳川の里の乾燥施設が採択になったものでございます。すみません、26万6,000円です。すみませんでした。詳しくは歳出で説明いたします。
 続きまして、8ページ下段をお願いいたします。款19項4雑入でございます。一番上段でございます。維持管理適正化事業負担金でございますが、678万1,000円でございますが、これにつきましては西原1号ポンプが採択になったものでございます。これにつきましても詳細は歳出のほうで説明させていただきます。
 歳出、16ページをお願いいたします。款5項1目2節19の負担金補助及び交付金4,126万6,000円でございますが、先ほど言いました強い農業づくり補助金で乳川の里の乾燥施設等の採択になったものでございますが、総事業費の中の施設が3分の1、そして機械が2分の1ということの補助のものでございます。
 その下でございます。6の土地改良費、節13の委託料45万4,000円でございますが、維持管理の適正化事業ということで、これは西原の1号ポンプでございますが、これは設計監理の委託料でございます。
 その下、15工事請負費ですが、684万8,000円でございますが、これは工事によるものでございます。
 その下、19負担金補助及び交付金でございますが、52万8,000円、これはその採択に伴った負担金分をお支払いするものでございます。
 その下段、お願いいたします。工事請負費50万でございますが、林道の中で冬期の倒木等がございまして、新たに工事請負費としてお願いするものでございます。
 経済課関係、以上です。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それでは建設水道課関係お願いいたします。
 初めに歳入、6ページをお願いします。下段の13款国庫支出金4目の土木費国庫補助金6,803万円の追加のうち、1節の道路橋梁費補助金693万円の追加でございますが、社会資本整備総合交付金で東部地区の村道1−1号線反川踏切の拡幅工事費に伴います追加要望分でございます。
 続いて歳出、17ページをお願いいたします。7款土木費2目の道路維持費340万円の追加につきましては、緑町区村道3−21号、それから東細野区村道4−28号の村道維持工事に伴う工事請負費の追加でございます。
 続きまして、3目の道路新設改良費1,155万円の追加でございます。国庫支出金の社会資本整備交付金の減額決定に伴いまして、板取区村道1−4号線歩道拡幅工事にかかわります13節委託料600万円、17節公有財産購入費120万円、22節補償、補填及び賠償金400万円の減額でございます。
 15節の工事請負費の2,275万円の追加につきましては、東部区の村道1−1号線の反川踏切の拡幅工事の増額によるものでございます。
 建設水道課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 教育次長。
◎教育次長(原勇一君) 続きまして、教育委員会関係お願いいたします。
 先に子育て応援課関係でございます。6ページをお願いいたします。款13項1目1民生費負担金でございます。407万2,000円でありますが、大町市認定こども園、こちらの大町幼稚園とこまくさ幼稚園でございますけど、こちらへの施設型給付費の国庫負担分の計上でございます。
 同じく項2目2民生費国庫補助金12万9,000円でありますが、こちらの保育緊急確保事業が廃止となりまして、新たに地域子ども・子育て支援事業となったことによる事業名、科目の変更でございます。
 続きまして、7ページをお願いいたします。上段、款14目1民生費県負担金334万8,000円でありますが、先ほどの国庫負担金と同じく、大町市認定こども園への施設型給付費の県負担分の計上でございます。
 同じく7ページ中段、項2目1民生費県補助金、減額の48万9,000円でございますが、先ほどの民生費補助金と同じく、1列目の保育緊急確保事業が廃止となりまして、新たに4列目の地域か子ども・子育て支援事業となったことによる事業名の変更でございます。
 2列目、施設給付費補助金165万9,000円の減額は、補助金から負担金への科目変更により、前段の民生費負担金への計上となってございます。
 3列目、一時預かり保育補助金7万5,000円の減額は、事業の未実施が決定したことによる減額でございます。
 5列目、多子世帯保育料減免事業費補助金111万6,000円につきましては、第3子以降の保育料軽減に対する補助でございます。
 続いて歳出のほうをお願いいたします。13ページでございます。下段、款3項2目1の12節役務費でございます。11万9,000円でございますが、児童福祉施設の法定点検の検査料でございます。
 14ページをお願いいたします。7節の賃金188万6,000円でございますが、こちらの南保育園の未満児クラスの入園者数の増加に伴いまして、保育士1名分の賃金をお願いするものでございます。
 続きまして、節の13委託料でございますが、先ほど福祉課長から説明がありましたように、こちらの作業療法士、臨床心理士、言語聴覚士等につきまして大北圏域障害者総合福祉センター、通称スクラム・ネットでございますが、そちらに委託をするための計上でございます。
 続きまして、節の18備品購入費でございますが、南保育園の園児用の椅子、机の更新をお願いするものでございます。
 続きまして、節19負担金補助及び交付金1,113万2,000円につきましては、歳入で説明しました大町市認定こども園への施設型給付費の村負担分でございます。
 続きまして、節20扶助費につきまして244万1,000円でございますが、そのうち上段、施設型給付費234万1,000円の減額につきましては、負担金への科目変更に伴う減額でございます。
 一時預かり保育につきましては10万円の減額でございますが、入で説明しました事業未実施決定による減額でございます。
 続きまして、学校教育課関係をお願いいたします。
 18ページをお願いいたします。款9項1目4スクールバス運行費27万6,000円でございますが、スクールバスのタイヤの更新をお願いするものでございます。
 続きまして19ページ、項2目1教育振興費でございます。18節備品購入費11万2,000円でございますが、小学校で使用するラミネーター、もう1点が特別支援学級が一クラス増加したことによりまして、つい立て、仕切り用プレートになりますけど、こちらの購入をお願いするものでございます。
 続きまして、項3中学校費目1学校管理費でございます。243万円でございますが、学校敷地内のアカマツでございますけど、松くい虫の被害を防ぐための薬剤の樹幹注入業務の委託をお願いするものでございます。
 20ページをお願いいたします。項4社会教育費目5文化財保護費でございます。こちらにつきましても学校の松と同じく、こちらの川西の一本松でございますけど、5年ほど前に薬剤注入してございますけど、こちらのほうも松くい虫の被害予防として再度薬剤注入の業務をお願いするものでございます。
 教育委員会関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 社会教育課長。
◎社会教育課長兼公民館長(古畑元大君) それでは社会教育課関係お願いいたします。
 歳出の関係、20ページ中段をお願いをいたします。2目の公民館費85万円でございますが、11節の需用費10万円で、遊具点検結果によりまして中央公園遊具の修繕を行うものでございます。
 15節工事請負費75万円は、すずの音ホールの舞台袖、楽屋にスタッフ・出演者用のモニターを設置する工事でございます。
 4目の生涯学習推進費10万円は、遊具の点検結果によりまして生涯学習センター公園の遊具の修繕をする内容でございます。
 次ページの2目体育施設費25万8,000円は、11節の需用費23万2,000円で野球場雨水排水ますの補修と馬羅尾マレットゴルフ場の補修をする内容でございます。
 12節の役務費2万6,000円は、馬羅尾高原運動広場のところの上の遊具の点検をする内容でございます。
 社会教育課関係、以上でございます。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。勝家議員。
◆7番(勝家尊君) 地域おこし協力隊員4名をお迎えしたいということでありますが、大変結構なことだと思っておりますが、なるべく手厚いお迎えをしたいと思いますが、住宅のお世話はどのように考えておりますでしょうか。
○議長(平林寛也君) 総務課長。
◎総務課長(平林秀夫君) 応募があって面接で、決定にならないと何ともいえないんですが、予算的には住宅の家賃代は計上してございます。全額見てやりたいということで計上してありますが、公営住宅優先で紹介をしたいというふうに考えております。
○議長(平林寛也君) ほかに質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第25号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第26号 平成27年度松川村水道事業会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局に朗読させます。事務局長。
                  (事務局朗読)
○議長(平林寛也君) 提案者の説明を求めます。建設水道課長。
◎建設水道課長(須沢和彦君) それではよろしくお願いします。今回の補正につきましては、人事異動に伴います人件費の補正等が主なものでございます。
 2ページをお願いいたします。収益的収入及び支出におきまして、2項の営業費用3目の総係費の人件費にかかわる部分の調整を行うものでございます。
 2項の営業外費用2目雑支出につきましては、過年度分の手数料の還付に伴います追加でございます。以上です。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第26号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第27号 介護保険に関する事務の事務委託に関する規約の変更についてを議題とします。提案者の説明を求めます。福祉課長。
◎福祉課長(丸山正芳君) それでは、議案第27号 介護保険に関する事務の事務委託に関する規約の変更について、提案理由の説明をさせていただきます。
 この規約の変更につきましては、介護保険法の改正によりまして、広域連合が行う介護保険事務のうち市町村に委託する事務を規定する規約の一部変更が必要となり、地方自治法第252条の2第3項の規定に基づきまして別紙事項について議決をお願いするものでございます。
 次ページの別紙をごらんいただきたいと思います。
 介護保険に関する事務の事務委託に関する規約の一部を次のように変更する。
 第1条関係につきましては、市町村への委託事務の範囲を規定しているものでございまして、変更前は第1号、第6号で地域支援事業に関する事務については市町村に全部委託をしておりましたが、このたび広域連合が統一的に取り組むことが望ましい事業を実施できるよう市町村への委託範囲を全部から一部に変更するものでございます。
 また、新たに第7号を追加いたしまして、事業者の指導・助言に関する事務というものを加えてございますが、これにつきましては従来より広域連合で実施してきましたが、介護保険法の改正に伴いまして、平成28年4月に創設されます地域密着型通所介護事業所に開催が義務づけられます運営委員会への市町村職員の出席の関係、それから介護老人福祉施設の特例入所に関する調査事務等を新たに市町村への委託事務として加えるためのものでございます。
 続いて、第3条関係につきましては、委託事務の経費負担を規定するものでございますが、変更前は委託事務経費につきましては市町村負担とし、第6号の地域支援事業についてのみ、ただし書きにより広域連合が経費負担する内容でございましたが、ただし書きを削りまして言い直し等を変更いたしまして、委託事務経費は第6号を除き市町村負担とし、第6号の地域支援事業の事務経費につきましては新たに第2号で加えまして、政令で定める範囲で広域連合が市町村へ交付することに改めるものでございます。
 附則としまして、この規約は公布の日から施行する。
 前のページに戻っていただきまして、平成27年6月5日 提出 松川村長名。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(平林寛也君) 説明が終わりましたので、質疑を行います。質疑はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。反対討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) その他討論はありませんか。
                (「なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。
 これから議案第27号を採決します。
 本案は原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。
                 (起 立 全 員)
○議長(平林寛也君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり可決されました。
△日程第6 人権擁護委員候補者の推薦について
○議長(平林寛也君) 日程第6 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。
 人権擁護委員候補者の推薦について、村長より丸山武洋氏と山田誠氏の両名を推薦したいとして意見をもとめられました。
 お諮りします。まず、丸山武洋氏を議会として適任と認めることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、この件については議会として適任と認めることに決定しました。
 お諮りします。次に、山田誠氏を議会として適任と認めることに御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、この件については議会として適任と認めることに決定しました。
△日程第7 請願・陳情の委員会付託
○議長(平林寛也君) 続いて、日程第7 請願の委員会付託を行います。
 お手元に配付の請願についてを議題とします。
 ただいまから請願を委員会に付託します。
 件名 「安保法制(関連法案)」の審議は慎重に行うよう意見書提出を求める請願
 請願者 松川村5721−154、松川村9条の会代表 成瀬 政博
 紹介議員は、上田治美議員です。
 この件を、総務産業建設常任委員会に付託したいと思いますが、御異議ありませんか。
               (「異議なし」の声あり)
○議長(平林寛也君) 異議なしと認めます。よって、以上の件は総務産業建設常任委員会に審査を付託します。
 これで、本日の日程は全て終了しました。
 これにて散会します。
 大変御苦労さまでした。
                                 午後 0時25分 散会